検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域医科学部門病理系分子病理学
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (重点)1802003 がんの統合的診断・治療を目指した分子から組織のマルチスケール・バイブレーショナル光学顕微鏡の創成
徳島大学医科学教育部医学専攻器官病態修復医学講座
徳島大学医学部医学科器官病態修復医学講座分子病理学分野
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

人体病理学 (Pathology)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 尾矢 剛志 :
腎疾患の病理アトラス 尿細管間質疾患と血管疾患のWHO分類 第10章 重金属による尿細管間質性腎症. (ISBN4-88563-159-9: 訳Renal Disease. Classification and Atlas of Tubulo-Interstitial and Vascular Diseases. Seshan SV et al.),
株式会社 東京医学社, 2005年10月.

学術論文(審査論文):

1. 山下 理子, 中園 雅彦, 春藤 譲治, 黒田 直人, 尾矢 剛志 :
2002年以前に報告された日本人胃のHamartomatous inverted polyp (inverted hyperplastic polyp)の臨床病理学的所見の検討(now in print),
四国医学雑誌, Vol.76, No.1,2, 2020年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114857,   CiNii: 120006860012)
2. Tomoi Sato, Ichiro Muto, Takeshi Oya and Takeshi Sakai :
Invasive Paget's disease of the male nipple: a case report.,
Journal of Surgical Case Reports, Vol.2017, No.7, 1-3, 2017.
(DOI: 10.1093/jscr/rjx137,   PubMed: 28775835)
3. 林 真也, 池田 友美, 橋詰 香織, 八木 美菜, 上原 桂月, 建部 勝彦, 高橋 直子, 尾矢 剛志, 酒井 剛, 岩渕 三哉, 関谷 政雄 :
当院における甲状腺穿刺吸引細胞診鑑別困難例の検討,
新潟県臨床検査技師会誌, Vol.56, No.2, 72-77, 2016年.
4. Shoji Seki, Noriyuki Tsumaki, Hiraku Motomura, Makiko Nogami, Yoshiharu Kawaguchi, Takeshi Hori, Kayo Suzuki, Yasuhito Yahara, Mami Higashimoto, Takeshi Oya, Shiro Ikegawa and Tomoatsu Kimura :
Cartilage intermediate layer protein promotes lumbar disc degeneration.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.446, No.4, 876-881, 2014.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.03.025,   PubMed: 24631904)
5. Kayo Suzuki, Taketoshi Yasuda, Takeshi Hori, Takeshi Oya, Kenta Watanabe, Masahiko Kanamori and Tomoatsu Kimura :
Pleomorphic hyalinizing angiectatic tumor arising in the thigh: A case report.,
Oncology Letters, Vol.7, No.4, 1249-1252, 2014.
(DOI: 10.3892/ol.2014.1883,   PubMed: 24944701)
6. 林 真也, 橋詰 香織, 北澤 綾, 上原 桂月, 武田 順子, 建部 勝彦, 尾矢 剛志, 酒井 剛, 関谷 政雄 :
乳腺組織における検体処理時間短縮の試み,
新潟県立中央病院医誌, Vol.22, No.1, 11-13, 2014年.
7. Shoji Seki, Yoshiharu Kawaguchi, Hirokazu Ishihara, Takeshi Oya and Tomoatsu Kimura :
Lumbar spinal stenosis due to a large calcified mass in the ligamentum flavum.,
Asian Spine Journal, Vol.7, No.3, 236-241, 2013.
(DOI: 10.4184/asj.2013.7.3.236,   PubMed: 24066222)
8. Tomoi Sato, Ichiro Muto, Masaki Hasegawa, Takashi Aono, Takeshi Sakai and Takeshi Oya :
Ductal carcinoma in situ with isolated tumor cells in the sentinel lymph node in a 17-year-old adolescent girl.,
Breast Cancer, Vol.20, No.3, 271-274, 2013.
(DOI: 10.1007/s12282-010-0205-x,   PubMed: 20411367)
9. Kenji Yasuda, Akira Komiya, Akihiko Watanabe, Akihiro Morii, Takeshi Oya, Osamu Nagakawa, Yasuyoshi Fujiuchi and Hideki Fuse :
Expression of Hepatocyte growth factor activator inhibitor type-1 (HAI-1) in prostate cancer.,
Anticancer Research, Vol.33, No.2, 575-581, 2013.
(PubMed: 23393351)
10. 内山 昌則, 村田 大樹, 尾矢 剛志 :
臨床報告 幼児巨大ウィルムス腫瘍(腎芽腫)の1手術例,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.67, No.10, 1322-1326, 2012年.
(CiNii: 40019441213)
11. H Suzuki, I Usui, I Kato, Takeshi Oya, Y Kanatani, S Fujisaka, S Senda, Y Ishii, M Urakaze, A Mahmood, S Takasawa, H Okamoto, M Kobayashi, K Tobe and M Sasahara :
Deletion of platelet-derived growth factor receptor-β improves diabetic nephropathy in Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase IIα (Thr286Asp) transgenic mice.,
Diabetologia, Vol.54, No.11, 2953-2962, 2011.
(DOI: 10.1007/s00125-011-2270-x,   PubMed: 21833587)
12. Norifumi Shioda, Shigeki Moriguchi, Takeshi Oya, Yoko Ishii, Jie Shen, Takako Matsushima, Hisao Nishijo, Masakiyo Sasahara and Kohji Fukunaga :
Aberrant hippocampal spine morphology and impaired memory formation in neuronal platelet-derived growth factor β-receptor lacking mice.,
Hippocampus, Vol.22, No.6, 1371-1378, 2011.
(DOI: 10.1002/hipo.20973,   PubMed: 21997856)
13. Noriko Nakajima, Yuko Sato, Harutaka Katano, Hideki Hasegawa, Toshio Kumasaka, Satoru Hata, Shinya Tanaka, Tomonori Amano, Takahiko Kasai, Ja-Mun Chong, Toshihiko Iizuka, Toshihiko Iiduka, Iwao Nakazato, Yohko Hino, Akihiko Hamamatsu, Hisashi Horiguchi, Tomoyuki Tanaka, Akio Hasegawa, Akio Hasagawa, Yoshiaki Kanaya, Reiko Oku, Takeshi Oya and Tetsutaro Sata :
Histopathological and immunohistochemical findings of 20 autopsy cases with 2009 H1N1 virus infection.,
Modern Pathology, Vol.25, No.1, 1-13, 2011.
(DOI: 10.1038/modpathol.2011.125,   PubMed: 21874012)
14. 尾矢 剛志, 楡井 淳, 青木 信将 :
急激な経過をたどりウイルス性疾患が疑われた2剖検例,
新潟県立病院医学会誌, No.59, 29-33, 2011年.
15. Taizo Nakagawa, Kiyoshi Izumino, Yoko Ishii, Takeshi Oya, Takeru Hamashima, Shen Jie, Shin Ishizawa, Fumihiro Tomoda, Toshihiko Fujimori, Yo-ichi Nabeshima, Hiroshi Inoue and Masakiyo Sasahara :
Roles of PDGF receptor-beta in the structure and function of postnatal kidney glomerulus.,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.26, No.2, 458-468, 2010.
(DOI: 10.1093/ndt/gfq468,   PubMed: 20693161)
16. Yutaka Tsubata, Fumihiro Akiyama, Takeshi Oya, Junya Ajiro, Takako Saeki, Shinichi Nishi and Ichiei Narita :
IgG4-related chronic tubulointerstitial nephritis without autoimmune pancreatitis and the time course of renal function.,
Internal Medicine, Vol.49, No.15, 1593-1598, 2010.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.49.3787,   PubMed: 20686296)
17. 田村 哲郎, 近 貴志, 青木 悟, 塚本 佳広, 尾矢 剛志, 関 泰弘 :
Subclinical Cushing病に伴ったCrooke cell microadenomaの1例,
日本内分泌学会雑誌, Vol.85, No.Suppl., 127-129, 2009年.
18. Takashi Yamazaki, Hemragul Sabit, Takeshi Oya, Yoko Ishii, Takeru Hamashima, Ayano Tokunaga, Shin Ishizawa, Shen Jie, Yoichi Kurashige, Takako Matsushima, Isao Furuta, Makoto Noguchi and Masakiyo Sasahara :
Activation of MAP kinases, Akt and PDGF receptors in injured peripheral nerves.,
Journal of the Peripheral Nervous System : JPNS, Vol.14, No.3, 165-176, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1529-8027.2009.00228.x,   PubMed: 19909480)
19. Shiho Fujisaka, Isao Usui, Agussalim Bukhari, Masashi Ikutani, Takeshi Oya, Yukiko Kanatani, Koichi Tsuneyama, Yoshinori Nagai, Kiyoshi Takatsu, Masaharu Urakaze, Masashi Kobayashi and Kazuyuki Tobe :
Regulatory mechanisms for adipose tissue M1 and M2 macrophages in diet-induced obese mice.,
Diabetes, Vol.58, No.11, 2574-2582, 2009.
(DOI: 10.2337/db08-1475,   PubMed: 19690061)
20. Hiroshi Kudo, Yutaka Yata, Terumi Takahara, Kengo Kawai, Yasuhiro Nakayama, Masami Kanayama, Takeshi Oya, Seiichi Morita, Masakiyo Sasahara, A Derek Mann and Toshiro Sugiyama :
Telmisartan attenuates progression of steatohepatitis in mice: role of hepatic macrophage infiltration and effects on adipose tissue.,
Liver International, Vol.29, No.7, 988-996, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1478-3231.2009.02006.x,   PubMed: 19386026)
21. Yasuhito Yahara, Yoshiharu Kawaguchi, Shoji Seki, Yumiko Abe, Takeshi Oya and Tomoatsu Kimura :
Ligamentum flavum cyst of the cervical spine associated with rheumatoid arthritis.,
Journal of Orthopaedic Science, Vol.14, No.2, 215-218, 2009.
(DOI: 10.1007/s00776-008-1313-8,   PubMed: 19337815)
22. Taketoshi Yasuda, Masahiko Kanamori, Shigeharu Nogami, Takeshi Hori, Takeshi Oya, Kayo Suzuki and Tomoatsu Kimura :
Establishment of a new human osteosarcoma cell line, UTOS-1: cytogenetic characterization by array comparative genomic hybridization.,
Journal of Experimental & Clinical Cancer Research, Vol.28, 2009.
(DOI: 10.1186/1756-9966-28-26,   PubMed: 19239720)
23. 濱島 丈, 尾矢 剛志, 石井 陽子, 申 杰, 石澤 伸, 笹原 正清 :
皮下嚢胞として発症した類血管腫型線維性組織球腫の1例,
診断病理 : Japanese journal of diagnostic pathology, Vol.26, No.1, 62-67, 2009年.
(CiNii: 10024946223)
24. Tomoko Watanabe, Takuto Fujii, Takeshi Oya, Naoki Horikawa, Yoshiaki Tabuchi, Yuji Takahashi, Magotoshi Morii, Noriaki Takeguchi, Kazuhiro Tsukada and Hideki Sakai :
Involvement of aquaporin-5 in differentiation of human gastric cancer cells.,
The Journal of Physiological Sciences, Vol.59, No.2, 113-122, 2009.
(DOI: 10.1007/s12576-008-0017-3,   PubMed: 19340551)
25. Hikari Suzuki, Ichiro Kato, Isao Usui, Ichiro Takasaki, Yoshiaki Tabuchi, Takeshi Oya, Koichi Tsuneyama, Hiroshi Kawaguchi, Koichi Hiraga, Shin Takasawa, Hiroshi Okamoto, Kazuyuki Tobe and Masakiyo Sasahara :
Characterization of diabetic nephropathy in CaM kinase IIalpha (Thr286Asp) transgenic mice.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.379, No.1, 38-42, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.11.143,   PubMed: 19070598)
26. Ichiro Kato, Takeshi Oya, Hikari Suzuki, Kumi Takasawa, M Andi Ichsan, Shinji Nakada, Yoko Ishii, Yutaka Shimada, Masakiyo Sasahara, Kazuyuki Tobe, Shin Takasawa, Hiroshi Okamoto and Koichi Hiraga :
A novel model of insulin-dependent diabetes with renal and retinal lesions by transgenic expression of CaMKIIalpha (Thr286Asp) in pancreatic beta-cells.,
Diabetes/Metabolism Research and Reviews, Vol.24, No.6, 486-497, 2008.
(DOI: 10.1002/dmrr.864,   PubMed: 18551708)
27. Ayano Tokunaga, Takeshi Oya, Yoko Ishii, Hiraku Motomura, Chieko Nakamura, Shin Ishizawa, Toshihiko Fujimori, Yo-Ichi Nabeshima, Akihiro Umezawa, Masahiko Kanamori, Tomoatsu Kimura and Masakiyo Sasahara :
PDGF receptor beta is a potent regulator of mesenchymal stromal cell function.,
Journal of Bone and Mineral Research, Vol.23, No.9, 1519-1528, 2008.
(DOI: 10.1359/jbmr.080409,   PubMed: 18410236)
28. Syota Kagawa, Yoshiyuki Soeda, Hajime Ishihara, Takeshi Oya, Masakiyo Sasahara, Saori Yaguchi, Ryo Oshita, Tsutomu Wada, Hiroshi Tsuneki and Toshiyasu Sasaoka :
Impact of transgenic overexpression of SH2-containing inositol 5'-phosphatase 2 on glucose metabolism and insulin signaling in mice.,
Endocrinology, Vol.149, No.2, 642-650, 2007.
(DOI: 10.1210/en.2007-0820,   PubMed: 18039790)
29. Futoshi Mio, Kazuhiro Chiba, Yuichiro Hirose, Yoshiharu Kawaguchi, Yasuo Mikami, Takeshi Oya, Masaki Mori, Michihiro Kamata, Morio Matsumoto, Kouichi Ozaki, Toshihiro Tanaka, Atsushi Takahashi, Toshikazu Kubo, Tomoatsu Kimura, Yoshiaki Toyama and Shiro Ikegawa :
A functional polymorphism in COL11A1, which encodes the alpha 1 chain of type XI collagen, is associated with susceptibility to lumbar disc herniation.,
American Journal of Human Genetics, Vol.81, No.6, 1271-1277, 2007.
(DOI: 10.1086/522377,   PubMed: 17999364)
30. Emiko Hori, Masanori Kurimoto, Osamu Fukuda, Chiaki Takahashi, Shoichi Nagai, Takeshi Oya and Shunro Endo :
Recurrent intracranial solitary fibrous tumor initially diagnosed as hemangiopericytoma.,
Brain Tumor Pathology, Vol.24, No.1, 31-34, 2007.
(DOI: 10.1007/s10014-006-0212-y,   PubMed: 18095142)
31. Shinobu Kawamura, Takafumi Nakamura, Takeshi Oya, Shin Ishizawa, Yuta Sakai, Tomonori Tanaka, Shigeru Saito and Junya Fukuoka :
Advanced malignant solitary fibrous tumor in pelvis responding to radiation therapy.,
Pathology International, Vol.57, No.4, 213-218, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1440-1827.2007.02083.x,   PubMed: 17316417)
32. Kimiko Umemura, Ichiro Kato, Yutaka Hirashima, Yoko Ishii, Takao Inoue, Junken Aoki, Nozomu Kono, Takeshi Oya, Nakamasa Hayashi, Hideo Hamada, Shunro Endo, Masaya Oda, Hiroyuki Arai, Hiroyuki Kinouchi and Koichi Hiraga :
Neuroprotective role of transgenic PAF-acetylhydrolase II in mouse models of focal cerebral ischemia.,
Stroke, Vol.38, No.3, 1063-1068, 2007.
(DOI: 10.1161/01.STR.0000257981.09329.d2,   PubMed: 17272759)
33. Noriko Yamabe, Takako Yokozawa, Takeshi Oya and Mujo Kim :
Therapeutic potential of (-)-epigallocatechin 3-O-gallate on renal damage in diabetic nephropathy model rats.,
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.319, No.1, 228-236, 2006.
(DOI: 10.1124/jpet.106.107029,   PubMed: 16835369)
34. Chunmei Cheng, Koichi Tsuneyama, Huachuan Zheng, Takeshi Oya, Zhengguo Cui, B Loreto Feril and Yasuo Takano :
Enhanced scavenging of lipid substances is a possible effect of corticosteroids in the treatment of cholesterol crystal embolism.,
Pathology, Research and Practice, Vol.202, No.8, 591-598, 2006.
(DOI: 10.1016/j.prp.2006.04.005,   PubMed: 16814943)
35. Yoko Ishii, Takeshi Oya, Lianshun Zheng, Zhiyang Gao, Makoto Kawaguchi, Hemragul Sabit, Takako Matsushima, Ayano Tokunaga, Shin Ishizawa, Etsuro Hori, Yo-ichi Nabeshima, Toshikuni Sasaoka, Toshihiko Fujimori, Hisashi Mori and Masakiyo Sasahara :
Mouse brains deficient in neuronal PDGF receptor-beta develop normally but are vulnerable to injury.,
Journal of Neurochemistry, Vol.98, No.2, 588-600, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1471-4159.2006.03922.x,   PubMed: 16805849)
36. 津田 基晴, 一木 克之, 土岐 善紀, 薄田 勝男, 三崎 拓郎, 荒井 信貴, 清水 正司, 尾矢 剛志 :
甲状腺癌手術後15年に発見された縦隔リンパ節転移の1例,
胸部外科, Vol.59, No.6, 487-490, 2006年.
(CiNii: 40007327155)
37. Yoshiharu Kawaguchi, Takeshi Oya, Yumiko Abe, Masahiko Kanamori, Hirokazu Ishihara, Taketoshi Yasuda, Shigeharu Nogami, Takeshi Hori and Tomoatsu Kimura :
Spinal stenosis due to ossified lumbar lesions.,
Journal of Neurosurgery. Spine, Vol.3, No.4, 262-270, 2005.
(DOI: 10.3171/spi.2005.3.4.0262,   PubMed: 16266066)
38. Takako Yokozawa, Takako Nakagawa, Takeshi Oya, Tsutomu Okubo and Raj Lekh Juneja :
Green tea polyphenols and dietary fibre protect against kidney damage in rats with diabetic nephropathy.,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.57, No.6, 773-780, 2005.
(DOI: 10.1211/0022357056154,   PubMed: 15969933)
39. Shoji Seki, Yoshiharu Kawaguchi, Kazuhiro Chiba, Yasuo Mikami, Hideki Kizawa, Takeshi Oya, Futoshi Mio, Masaki Mori, Yoshinari Miyamoto, Ikuko Masuda, Tatsuhiko Tsunoda, Michihiro Kamata, Toshikazu Kubo, Yoshiaki Toyama, Tomoatsu Kimura, Yusuke Nakamura and Shiro Ikegawa :
A functional SNP in CILP, encoding cartilage intermediate layer protein, is associated with susceptibility to lumbar disc disease.,
Nature Genetics, Vol.37, No.6, 607-612, 2005.
(DOI: 10.1038/ng1557,   PubMed: 15864306)
40. Tatsuhiko Kashii, Tomoharu Gomi, Takeshi Oya, Yoko Ishii, Hirofumi Oda, Muneharu Maruyama, Masashi Kobayashi, Tohru Masuda, Mitsuaki Yamazaki, Takuya Nagata, Kazuhiro Tsukada, Akinori Nakajima, Kazuhito Tatsu, Hisashi Mori, Fusao Takusagawa, Hirofumi Ogawa and C Henry Pitot :
Some biochemical and histochemical properties of human liver serine dehydratase.,
The International Journal of Biochemistry & Cell Biology, Vol.37, No.3, 574-589, 2005.
(DOI: 10.1016/j.biocel.2004.08.004,   PubMed: 15618015)
41. Shigeharu Nogami, Yoko Ishii, Makoto Kawaguchi, Nobuo Sakata, Takeshi Oya, Kiyoshi Takagawa, Masahiko Kanamori, Toshiyuki Obata, Tomoatsu Kimura and Masakiyo Sasahara :
ZFH-4 protein is expressed in many neurons of developing rat brain.,
The Journal of Comparative Neurology, Vol.482, No.1, 33-49, 2005.
(DOI: 10.1002/cne.20382,   PubMed: 15612017)
42. Zhiyang Gao, Toshiyasu Sasaoka, Toshihiko Fujimori, Takeshi Oya, Yoko Ishii, Hemragul Sabit, Makoto Kawaguchi, Yoko Kurotaki, Maiko Naito, Tsutomu Wada, Shin Ishizawa, Masashi Kobayashi, Yo-Ichi Nabeshima and Masakiyo Sasahara :
Deletion of the PDGFR-beta gene affects key fibroblast functions important for wound healing.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.10, 9375-9389, 2004.
(DOI: 10.1074/jbc.M413081200,   PubMed: 15590688)
43. Yuichiro Oshima, Satoshi Kawaguchi, Satoshi Nagoya, Takuro Wada, Yasuo Kokai, Tatsuru Ikeda, Shigeharu Nogami, Takeshi Oya and Yasuo Hirayama :
Abdominal small round cell tumor with osteoid and EWS/FLI1.,
Human Pathology, Vol.35, No.6, 773-775, 2004.
(DOI: 10.1016/j.humpath.2004.02.001,   PubMed: 15188147)
44. Yoko Ishii, Makoto Kawaguchi, Kiyoshi Takagawa, Takeshi Oya, Shigeharu Nogami, Amane Tamura, Yutaka Miura, Akio Ido, Nobuo Sakata, Tomoko Hashimoto-Tamaoki, Tomoatsu Kimura, Takayoshi Saito, Taiki Tamaoki and Masakiyo Sasahara :
ATBF1-A protein, but not ATBF1-B, is preferentially expressed in developing rat brain.,
The Journal of Comparative Neurology, Vol.465, No.1, 57-71, 2003.
(DOI: 10.1002/cne.10807,   PubMed: 12926016)
45. Ying-Luan Zhao, Kiyoshi Takagawa, Takeshi Oya, Hong-Fa Yang, Zhi-Yang Gao, Makoto Kawaguchi, Yoko Ishii, Toshiyasu Sasaoka, Koji Owada, Isao Furuta and Masakiyo Sasahara :
Active Src expression is induced after rat peripheral nerve injury.,
Glia, Vol.42, No.2, 184-193, 2003.
(DOI: 10.1002/glia.10223,   PubMed: 12655602)
46. Yumiko Abe, Hiroshi Nakamura, Osamu Yoshino, Takeshi Oya and Tomoatsu Kimura :
Decreased neural damage after spinal cord injury in tPA-deficient mice.,
Journal of Neurotrauma, Vol.20, No.1, 43-57, 2003.
(DOI: 10.1089/08977150360517173,   PubMed: 12614587)
47. Takeshi Oya, Ying-Luan Zhao, Kiyoshi Takagawa, Makoto Kawaguchi, Kamon Shirakawa, Tadakazu Yamauchi and Masakiyo Sasahara :
Platelet-derived growth factor-b expression induced after rat peripheral nerve injuries.,
Glia, Vol.38, No.4, 303-312, 2002.
(DOI: 10.1002/glia.10074,   PubMed: 12007143)
48. T Nakagawa, T Yokozawa, Takeshi Oya, M Sasahara and K Terasawa :
Evaluation of Keishi-bukuryo-gan in diabetic nephropathy model by comparing with aminoguanidine, butylated hydroxytoluene and captopril.,
Journal of Traditional Medicines, Vol.19, No.6, 200-208, 2002.
49. M Kawaguchi, Y Miura, A Ido, T Morinaga, N Sakata, Takeshi Oya, T Hashimoto-Tamaoki, M Sasahara, F Koizumi and T Tamaoki :
DNA/RNA-dependent ATPase activity is associated with ATBF1, a multiple homeodomain-zinc finger protein.,
Biochimica et Biophysica Acta, Vol.1550, No.2, 164-174, 2001.
(DOI: 10.1016/s0167-4838(01)00284-9,   PubMed: 11755205)
50. 小泉 富美朝, 尾矢 剛志, 酒井 剛, 渡辺 行雄 :
扁桃腺病巣敗血症の1剖検例,
口腔·咽頭科, Vol.10, No.3, 333-337, 1998年.
(CiNii: 10009351680)
51. 酒井 剛, 尾矢 剛志, 小泉 富美朝 :
慢性関節リウマチの滑膜組織に出現する多核巨細胞の免疫組織学的検討,
中部リウマチ, Vol.29, No.2, 79-80, 1998年.
52. 小泉 富美朝, 尾矢 剛志, 酒井 剛, 渡辺 行雄 :
10 扁桃病巣敗血症の一剖検例,
口腔·咽頭科, Vol.10, No.1, 46, 1997年.
(DOI: 10.14821/stomatopharyngology1989.10.1_46,   CiNii: 130006825848)

総説・解説:

1. 常山 幸一, 森本 友樹, 加地 将真, 尾矢 剛志 :
AIと分子病理学の新展開,
四国医学雑誌, Vol.76, No.1,2, 23-28, 2020年4月.
(CiNii: 120006860007)
2. 常山 幸一, 松本 穣, 米田 亜樹子, 尾矢 剛志 :
【肝細胞性腫瘍の分類・亜分類の最前線】肝細胞腺腫 肝細胞腺腫の分類と分子生物学的成り立ち(解説/特集),
肝·胆·膵, Vol.80, No.4, 691-699, 2020年4月.
3. 常山 幸一, 尾矢 剛志, 小川 博久, 松本 穣, 佐竹 宣法 :
【自己免疫性肝疾患-自己免疫性肝炎,原発性胆汁性胆管炎,原発性硬化性胆管炎-】発症機序,病理 自己免疫性肝炎 自己免疫性肝炎の病理(解説/特集),
日本臨牀, Vol.78, No.1, 65-70, 2020年1月.
4. 常山 幸一, 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小林 智子, 小川 博久, 西辻 和親, 山下 理子 :
肝臓病理所見のとり方とその解釈,
法医病理, Vol.25, No.1, 1-12, 2019年7月.
5. 尾矢 剛志 :
病理診断のTurn-Around Time,
新潟県立中央病院医誌, Vol.17, No.1, 9-10, 2009年12月.
6. 笹原 正清, 石井 陽子, 尾矢 剛志, 濱島 丈, 石澤 伸 :
ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して 血小板由来増殖因子の情動を含む高次脳機能における役割解明へのアプローチ,
Biophilia, Vol.3, No.4, 43-48, 2007年12月.
7. 笹原 正清, 尾矢 剛志, 石井 陽子 :
神経組織に発現する血小板由来増殖因子 (特集 脳の遺伝子--どこでどのように働いているのか),
生体の科学, Vol.56, No.4, 292-295, 2005年7月.
(CiNii: 40006868498)

国際会議:

1. Mayuko Ichimura, Takeshi Oya and Koichi Tsuneyama :
Fibrogenesis of nonalcoholic steatohepatitis begins around cholesterol-laden macrophage in the experimental mouse model,
UEG Week 2019, Barcelona, Oct. 2019.

国内講演発表:

1. 木内 華由, 松本 穣, 常山 幸一, 尾矢 剛志 :
胃腫瘍,
日本病理学会中国四国支部学術集会 第133回スライドカンファレンス(Web開催), 2020年11月.
2. 吉田 光輝, 近藤 和也, 北市 隆, 尾矢 剛志, 松本 穣, 宮本 直輝, 南城 和正, 庄野 隆志, 牧 秀則, 山本 清成, 坂本 晋一, 髙嶋 美佳, 松本 大資, 河北 直也, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 丹黒 章 :
分類不能型縦隔高悪性度腫瘍の手術例の経験,
第73回日本胸部外科学会定期学術集会(Web開催), 2020年10月.
3. 溝渕 海, 吉田 光輝, 近藤 和也, 北市 隆, 尾矢 剛志, 松本 穣, 竹原 恵美, 宮本 直輝, 髙嶋 美佳, 松本 大資, 河北 直也, 坪井 光弘, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 丹黒 章 :
前縦隔に発生した分類不能型高悪性度腫瘍の一切除例,
第37回日本呼吸器外科学会学術集会(Web開催), 2020年9月.
4. 市村 真祐子, 平 修, 松本 穣, 尾矢 剛志, 小川 博久, 常山 幸一 :
イメージング質量分析によるNASH線維化肝で増加する脂質の同定,
第109回日本病理学会総会, 2020年7月.
5. 廣兼 百合, 尾矢 剛志, 松本 穣, 常山 幸一 :
側頭骨腫瘍,
日本病理学会中国四国支部学術集会 第132回スライドカンファレンス, 2020年6月.
6. 吉田 光輝, 近藤 和也, 北市 隆, 尾矢 剛志, 松本 穣, 宮本 直輝, 鈴木 恵美, 高嶋 美佳, 松本 大資, 河北 直也, 坪井 光弘, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 丹黒 章 :
前縦隔に発生した分類不能型高悪性度腫瘍の一切除例,
第39回日本胸腺研究会, 2020年2月.
7. 市村 真祐子, 平 修, 松本 穣, 尾矢 剛志, 小川 博久, 常山 幸一 :
NASH線維化肝におけるpathogen lipidsの同定,
第260回徳島医学会学術集会, 2020年2月.
8. 常山 幸一, 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小川 博久 :
自然発症メタボリックシンドローム-NASH-HCCモデルマウスにおけるプレバイオティクスによる腸内細菌叢への介入効果の検討,
第30回日本消化器癌発生学会総会, 2019年11月.
9. 尾矢 剛志, 松本 穣, 香川 典子, 山下 理子, 小川 博久, 常山 幸一 :
小腸腫瘍の1例,
日本病理学会中国四国支部学術集会 第130回スライドカンファレンス, 2019年10月.
10. 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 小川 博久, 大曲 勝久, 常山 幸一 :
非アルコール性脂肪肝炎モデルマウスにおける肝線維化発症とコレステロール貪食マクロファージの関連,
第108回日本病理学会総会, 2019年5月.
11. 久保 美和, 渡邉 俊介, 山下 理子, 尾矢 剛志, 常山 幸一 :
子宮頸部病変,
日本病理学会中国四国支部学術集会 第128回スライドカンファレンス, 2019年2月.
12. 尾矢 剛志, 松本 穣, 小川 博久, 常山 幸一 :
胃病変,
日本病理学会中国四国支部学術集会 第128回スライドカンファレンス, 2019年2月.
13. 坂東 弘基, 近藤 真代, 宮城 亮, 荻野 広和, 飛梅 亮, 尾矢 剛志, 小川 博久, 河野 弘, 豊田 優子, 軒原 浩, 吾妻 雅彦, 後東 久嗣, 西良 浩一, 西岡 安彦 :
エイの刺創後に発症した皮膚Mycobacterium massiliense症の一例,
第69回日本結核病学会中国四国支部会, 2018年12月.
14. 常山 幸一, 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小川 博久 :
異なる系統で作成したストレプトゾトシン誘導肝細胞癌モデルマウスの病態比較,
第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月.
15. 森本 友樹, 小川 博久, 尾矢 剛志, 常山 幸一 :
液状化検体細胞診における迅速質量分析の有用性,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.57, No.Suppl.2, 585, 2018年10月.
16. 林 真也, 池田 友美, 橋詰 香織, 八木 美菜, 上原 桂月, 尾矢 剛志, 酒井 剛, 岩渕 三哉 :
当院における甲状腺穿刺吸引細胞診判定の適正化,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.56, No.Suppl.1, 230, 2017年4月.
17. 松原 崇史, 日野 祐資, 荒川 文敬, 尾矢 剛志, 前田 宜延 :
耳下腺腺房細胞癌の1例,
Japanese Journal of Radiology, Vol.35, No.Suppl., 24, 2017年2月.
18. 角谷 嘉亮, 日野 祐資, 荒川 文敬, 尾矢 剛志, 前田 宜延 :
喉頭に生じたadenoid cystic carcinomaの1例,
Japanese Journal of Radiology, Vol.35, No.Suppl., 33, 2017年2月.
19. 芝原 一繁, 辻 敏克, 岩城 吉孝, 松永 正, 棚田 安子, 竹原 朗, 野崎 善成, 佐々木 正寿, 前田 宣延, 尾矢 剛志 :
腹腔鏡下胃部分切除術を施行したBrunner腺腫の1例,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.76, 845, 2015年10月.
20. 岩佐 桂一, 田森 俊一, 川原 順子, 望月 果奈子, 宮津 克幸, 小林 孝一郎, 前田 宜延, 尾矢 剛志, 笠原 寿郎 :
PS3の未治療切除不能ALK遺伝子転座陽性肺癌に対してcrizotinibが奏効した1例,
肺癌, Vol.55, No.4, 302, 2015年8月.
21. 上嶋 克, 小川 加奈子, 植田 亮, 品川 和子, 圓谷 朗雄, 尾矢 剛志, 前田 宜延 :
0-IIa+IIc様形態を呈した胃NETの1例,
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease, Vol.31, No.1, 102, 2015年5月.
22. 田森 俊一, 岩佐 桂一, 小林 孝一郎, 宮津 克幸, 前田 宜延, 尾矢 剛志, 笠原 寿郎 :
RS3PE症候群様症状で発見された肺腺癌の1例,
肺癌, Vol.54, No.6, 877-878, 2014年10月.
23. 林 真也, 池田 友美, 八木 美菜, 上原 桂月, 建部 勝彦, 尾矢 剛志, 酒井 剛, 関谷 政雄 :
当院における甲状腺穿刺吸引細胞診鑑別困難例の検討,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.53, No.Suppl.2, 624, 2014年10月.
24. 桃井 明仁, 永井 孝一, 飯酒盃 訓充, 本間 美帆, 尾矢 剛志, 酒井 剛, 関谷 政雄 :
胸腺原発marginal zone lymphomaの2症例,
日本リンパ網内系学会会誌, Vol.54, 102, 2014年6月.
25. 繁野 美紀, 尾矢 剛志, 上原 桂月, 建部 勝彦, 北澤 綾, 関谷 政雄 :
HHV-8陰性primary effusion lymphoma(PEL)-様リンパ腫の一例,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.52, No.Suppl.2, 698, 2013年10月.
26. 尾矢 剛志, 田村 哲郎, 関谷 政雄 :
小児脳腫瘍の一例,
第77回日本病理学会東北支部学術集会, 2013年7月.
27. 北澤 綾, 上原 桂月, 尾矢 剛志, 酒井 剛, 関谷 政雄, 大野 正文, 西尾 美沙樹, 内山 三枝子 :
当院で経験したendometrial intraepithelial carcimomaの細胞像と組織像,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.51, No.Suppl.2, 678, 2012年9月.
28. 桃井 明仁, 河本 啓介, 飯酒盃 訓充, 永井 孝一, 酒井 剛, 尾矢 剛志, 関谷 政雄 :
濾胞性リンパ腫と古典的ホジキンリンパ腫を合併した2例,
日本リンパ網内系学会会誌, Vol.52, 130, 2012年5月.
29. 北原 哲彦, 青木 正, 矢澤 正知, 尾矢 剛志 :
BAC部分切除後の切除断端近傍に発生した第二癌の1切除例,
肺癌, Vol.52, No.2, 255, 2012年4月.
30. 田村 哲郎, 富川 勝, 高尾 哲郎, 斎藤 祥二, 尾矢 剛志 :
7 トルコ鞍周辺部肥厚性硬膜炎に伴った下垂体炎の2例(I.一般演題,第93回新潟内分泌代謝同好会),
新潟医学会雑誌, Vol.126, No.1, 59-60, 2012年1月.
(CiNii: 120006749204)
31. 内山 昌則, 村田 大樹, 大野 正文, 尾矢 剛志 :
PD2-24 腹痛・発熱で発症した卵巣粘液性嚢胞腺腫の1手術例(ポスター展示2),
日本小児外科学会雑誌, Vol.48, No.3, 636, 2012年.
(DOI: 10.11164/jjsps.48.3_636_2,   CiNii: 110009582288)
32. 内山 昌則, 村田 大樹, 酒井 剛, 尾矢 剛志 :
乳幼児脂肪芽腫2例と幼児線維性過誤腫1例の検討,
小児がん, Vol.48, 332, 2011年11月.
33. 北原 哲彦, 青木 正, 白戸 亨, 矢澤 正知, 尾矢 剛志 :
血痰を契機に発見された肺原発淡明細胞腺癌の1切除例,
肺癌, Vol.51, No.4, 279, 2011年8月.
34. 尾矢 剛志, 酒井 剛, 関谷 政雄, 川口 誠 :
左足皮下腫瘍の一例,
第73回日本病理学会東北支部学術集会, 2011年7月.
35. 永井 孝一, 桃井 明仁, 飯酒盃 訓充, 尾矢 剛志, 酒井 剛, 関谷 政雄 :
全身性エリテマトーデス,慢性関節リウマチに合併した悪性リンパ腫,
日本リンパ網内系学会会誌, Vol.51, 95, 2011年6月.
36. 小倉 良介, 近 貴志, 田村 哲郎, 尾矢 剛志 :
9 剖検例からみた中枢神経系原発悪性リンパ腫の進展についての考察(一般演題,第36回上信越神経病理懇談会),
新潟医学会雑誌, Vol.125, No.4, 241, 2011年4月.
(CiNii: 120006748274)
37. 中島 典子, 佐藤 由子, 片野 晴隆, 長谷川 秀樹, 熊坂 利夫, 羽田 悟, 田中 伸哉, 笠井 孝彦, 鄭 子文, 飯塚 利彦, 仲里 巌, 樋野 陽子, 濱松 晶彦, 堀 尚, 田中 智之, 長谷川 章雄, 尾矢 剛志, 佐多 徹太郎 :
2009H1N1パンデミックインフルエンザウイルス感染症20剖検例の臨床病理学的解析,
日本病理学会会誌, Vol.100, No.1, 373, 2011年3月.
38. 尾矢 剛志, 武田 幸彦, 酒井 剛, 関谷 政雄, 山崎 学 :
下顎骨腫瘍の一例,
第72回日本病理学会東北支部学術集会, 2011年2月.
39. 関 庄二, 妻木 範行, 松井 好人, 川口 善治, 阿部 由美子, 鈴木 賀代, 岩井 昭子, 佐野 明美, 尾矢 剛志, 池川 志郎, 木村 友厚 :
CILP(cartilage intermediate layer protein)トランスジェニックマウスの椎間板変性促進効果,
日本整形外科學會雜誌, Vol.84, No.8, S1247, 2010年8月.
40. 中川 泰三, 石井 陽子, 石澤 伸, 濱島 丈, 笹原 正清, 尾矢 剛志 :
腎切除後の糸球体リモデリングに対する血小板由来増殖因子(PDGF)β受容体抑制の影響,
日本病理学会会誌, Vol.99, No.1, 192, 2010年3月.
41. 尾矢 剛志, 濱島 丈, 笹原 正清 :
Valsalva洞動脈瘤破裂による心タンポナーデの1剖検例,
日本病理学会会誌, Vol.99, No.1, 267, 2010年3月.
42. 尾矢 剛志, 酒井 剛, 関谷 政雄 :
大腿軟部腫瘍の一例,
第70回日本病理学会東北支部学術集会, 2010年2月.
43. 田邊 繁世, 津畑 豊, 安城 淳哉, 秋山 史大, 尾矢 剛志, 今井 直史, 西 慎一, 成田 一衛 :
高度腎機能障害で発見され,ステロイド治療が著効したIgG4関連間質性腎炎の一例,
日本腎臓学会誌, Vol.51, No.6, 671, 2009年8月.
44. 末山 博男, 福田 貴徳, 関谷 政雄, 酒井 剛, 尾矢 剛志 :
4 化学放射線療法時代の食道癌の剖検所見(I.一般演題,第10回新潟食道・胃癌研究会),
新潟医学会雑誌, Vol.123, No.5, 262, 2009年5月.
(CiNii: 120006747586)
45. 山崎 隆志, 石井 陽子, 濱島 丈, 石澤 伸, 尾矢 剛志, Hemragul Sabit, 徐 桂華, 松島 貴子, 笹原 正清 :
末梢神経の再生におけるPDGF受容体および細胞シグナル活性化の解析,
日本病理学会会誌, Vol.98, No.1, 212, 2009年3月.
46. 中川 泰三, 尾矢 剛志, 石井 陽子, 石澤 伸, 濱島 丈, 倉茂 洋一, 泉野 潔, 笹原 正清 :
条件的KOマウスを用いた成体期腎糸球体における血小板由来増殖因子(PDGF)beta受容体の役割,
日本病理学会会誌, Vol.98, No.1, 235, 2009年3月.
47. 尾矢 剛志, 酒井 剛, 関谷 政雄 :
Capnocytophaga canimorsusによる敗血症の1剖検例,
日本病理学会会誌, Vol.98, No.1, 343, 2009年3月.
48. 加藤 一郎, 鈴木 ひかり, 尾矢 剛志, 川口 博, 高沢 伸, 岡本 宏, 戸邊 一之, 笹原 正清, 平賀 紘一 :
変異型CaM Kinase2(T286D)遺伝子導入マウスにおける重症糖尿病とその発症機序の解析,
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 3T21-5, 2008年11月.
49. 徳永 綾乃, 尾矢 剛志, 元村 拓, 中村 千恵子, 石井 陽子, 石澤 伸, 金森 昌彦, 木村 友厚, 笹原 正清 :
血小板由来増殖因子β受容体は間葉系間質細胞機能を強く制御する,
日本整形外科學會雜誌, Vol.82, No.8, S1222, 2008年8月.
50. 濱島 丈, 尾矢 剛志, 石井 陽子, 石澤 伸, 笹原 正清 :
肘部軟部腫瘍の一例,
第 61 回日本病理学会中部支部交見会, 2008年7月.
51. 永井 正一, 尾矢 剛志, 濱田 秀雄, 野本 一博, 栗本 昌紀, 遠藤 俊郎 :
脳室発生の高悪性度紡錘形細胞腫瘍の一例,
Brain Tumor Pathology, Vol.25, No.Suppl., 131, 2008年5月.
52. 谷 奈津美, 林 龍二, 松島 千紘, 山田 徹, 河岸 由紀男, 三輪 敏郎, 松井 祥子, 丸山 宗治, 戸邉 一之, 尾矢 剛志, 菓子井 達彦 :
7.大腿骨遠位部転移を来し,単関節炎症状を生じた肺腺癌の1剖検例(第57回日本肺癌学会北陸支部会,北陸支部,支部活動),
肺癌, Vol.48, No.2, 142, 2008年4月.
(CiNii: 110006668159)
53. 鈴木 ひかり, 薄井 勲, 尾矢 剛志, 加藤 一郎, 山崎 夕, 藤坂 志帆, 仙田 聡子, Agussalim Bukhari, 浅水 幸恵, 金谷 由紀子, 石木 学, 浦風 雅春, 高沢 伸, 岡本 宏, 笹原 正清, 小林 正, 戸邉 一之 :
インスリン分泌低下型糖尿病モデルマウスにおける糖尿病性腎症とPDGF経路についての検討,
糖尿病, Vol.51, No.Suppl.1, S-296, 2008年4月.
54. 藤坂 志帆, 薄井 勲, 尾矢 剛志, 金谷 由紀子, 山崎 夕, Agussalim Bukhari, 鈴木 ひかり, 仙田 聡子, 高崎 一朗, 常山 幸一, 浦風 雅春, 小林 正, 戸辺 一之 :
テルミサルタンは脂肪組織のM1マクロファージを選択的に減少させることでインスリン抵抗性を改善する,
糖尿病, Vol.51, No.Suppl.1, S-348, 2008年4月.
55. 中川 泰三, 泉野 潔, 徳永 綾乃, 尾矢 剛志, 石井 陽子, 供田 文宏, 井上 博, 笹原 正清 :
Cre-lox P系を用いた制限的ノックアウト(KO)による成体期の糸球体におけるPDGFR-βの機能解析,
日本腎臓学会誌, Vol.50, No.3, 292, 2008年4月.
56. 徳永 綾乃, 尾矢 剛志, 石井 陽子, 石澤 伸, 濱島 丈, 藤森 俊彦, 鍋島 陽一, 梅澤 明弘, 笹原 正清 :
間葉系間質細胞の機能制御因子としてのPDGF受容体βの可能性,
日本病理学会会誌, Vol.97, No.1, 310, 2008年3月.
57. 鄭 蓮順, 石井 陽子, 尾矢 剛志, 徳永 綾乃, 濱島 丈, 松島 貴子, 倉茂 洋一, 申 杰, 石澤 伸, 近藤 隆, 笹原 正清 :
PDGF-Bは,細胞内カルシウムイオン濃度上昇の抑制を介して,酸化ストレス性細胞死から神経細胞を保護する,
日本病理学会会誌, Vol.97, No.1, 380, 2008年3月.
58. 田中 淳, 堀場 千尋, 尾矢 剛志, 野本 一博, 福岡 順也, 徳永 綾乃, 濱島 丈, 石井 陽子, 石澤 伸, 笹原 正清 :
診断困難な脳室発生の高悪性度紡錘形細胞腫瘍の一例,
日本病理学会会誌, Vol.97, No.1, 389, 2008年3月.
59. 鈴木 ひかり, 薄井 勲, 尾矢 剛志, 加藤 一郎, 山崎 夕, 藤坂 志帆, Agussalim Bukhari, 浅水 幸恵, 金谷 由紀子, 石木 学, 浦風 雅春, 高沢 伸, 岡本 宏, 笹原 正清, 小林 正, 戸邉 一之 :
変異型CaM Kinase 2トランスジェニックマウスはインスリン依存型糖尿病・糖尿病性腎症を呈し,腎でのPDGF-B発現が増強する,
日本内分泌学会雑誌, Vol.83, No.4, 940, 2008年3月.
60. 嶋田 孝紀, 前田 宜延, 尾矢 剛志, 福岡 順也 :
119 Mixed squamous cell and glandular papillomaの1例(呼吸器1(5),一般演題,第46回日本臨床細胞学会秋期大会),
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.46, No.2, 471, 2007年9月.
(CiNii: 110006601016)
61. 鈴木 ひかり, 薄井 勲, 尾矢 剛志, 加藤 一郎, 山崎 夕, 藤坂 志帆, Agussalim Bukhari, 浅水 幸恵, 金谷 由紀子, 石木 学, 浦風 雅春, 高沢 伸, 岡本 宏, 笹原 正清, 戸邉 一之, 小林 正 :
腎症 変異型CaM Kinase2トランスジェニックマウス(インスリン分泌低下型糖尿病モデルマウス)における腎糸球体病変とPDGFシグナルについての検討,
糖尿病合併症, Vol.21, No.Suppl.1, 109, 2007年9月.
62. 森田 誠市, 尾矢 剛志, 石井 陽子, アムラ サビット, 徳永 綾乃, 石澤 伸, 松島 貴子, 倉茂 洋一, 笹原 正清 :
マウス肝星細胞活性化における血小板由来増殖因子β受容体の役割,
日本病理学会会誌, Vol.96, No.1, 172, 2007年2月.
63. 鄭 蓮順, 石井 陽子, 尾矢 剛志, アムラ サビット, 石澤 伸, 松島 貴子, 倉茂 洋一, 笹原 正清 :
PDGF-Bは酸化ストレス誘導性細胞死から神経細胞を保護し,その作用はPI3K/AKT経路を介する,
日本病理学会会誌, Vol.96, No.1, 175, 2007年2月.
64. 徳永 綾乃, 尾矢 剛志, 石井 陽子, アムラ サビット, 松島 貴子, 倉茂 洋一, 石澤 伸, 金森 昌彦, 笹原 正清 :
皮膚培養線維芽細胞の遊走におけるPDGFβ受容体の機能解析,
日本病理学会会誌, Vol.96, No.1, 320, 2007年2月.
65. 堯天 孝之, 笹原 正清, 尾矢 剛志, 石井 陽子, 石澤 伸 :
乳幼児突然死症候群と診断された症例の死因の検討,特に,肺胞出血と微小脳石灰化について,
日本病理学会会誌 (0300-9181)96巻1号 Page356(2007.02), Vol.96, No.1, 356, 2007年2月.
66. Muhammad Andi Ichsan, 加藤 一郎, 尾矢 剛志, 笹原 正清, 高澤 伸, 岡本 宏, 早坂 征次, 高澤 久美, 平賀 紘一 :
糖尿病網膜症類似病変を発症する常時活性化型CaMキナーゼ2遺伝子導入マウスの解析(その2),
眼科臨床医報, Vol.101, No.1, 95, 2007年1月.
67. 藤井 拓人, 渡辺 智子, 尾矢 剛志, 堀川 直樹, 田渕 圭章, 竹口 紀晃, 塚田 一博, 酒井 秀紀 :
ヒト胃癌におけるaquaporin-5の機能,
日本生理学会大会発表要旨集, Vol.2007, No.0, 77, 2007年.
(DOI: 10.14849/psjproc.2007.0_077_3,   CiNii: 130005448789)
68. 嶋田 孝紀, 前田 宜延, 尾矢 剛志 :
P-39 肺原発性滑膜肉腫の1例(呼吸器1-(4),一般演題・示説,第45回 日本臨床細胞学会秋期大会),
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.45, No.2, 432, 2006年9月.
(CiNii: 110006211508)
69. M. Andi Ichsan, 加藤 一郎, 尾矢 剛志, 登美 斉俊, 立川 正憲, 細谷 健一, 笹原 正清, 高沢 伸, 岡本 宏, 早坂 征次, 平賀 紘一 :
1型糖尿病モデルマウスにおける糖尿病性網膜病変の解析,
生化学, Vol.78, No.8, 793, 2006年8月.
70. Muhammad Andi Ichsan, 加藤 一郎, 尾矢 剛志, 笹原 正清, 高澤 伸, 岡本 宏, 早坂 征次, 高澤 久美, 平賀 紘一 :
糖尿病網膜症類似病変を発症する常時活性化型CaMキナーゼ2遺伝子導入マウスの解析,
眼科臨床医報, Vol.100, No.6, 459, 2006年6月.
71. 梅村 公子, 加藤 一郎, 平島 豊, 石井 陽子, 尾矢 剛志, 林 央周, 平賀 紘一, 遠藤 俊郎 :
一過性局所脳虚血におけるPAF-AHr神経保護作用について トランスジェニックマウスを用いての検討,
神経組織の成長・再生・移植研究会学術集会プログラム, 2006年5月.
72. 山崎 隆志, 尾矢 剛志, Sabit Hemragul, 石井 陽子, 石澤 伸, 古田 勲, 笹原 正清 :
末梢神経再生におけるPDGF受容体およびシグナル伝達に関する検討,
日本病理学会会誌, Vol.95, No.1, 230, 2006年4月.
73. 加藤 一郎, 平賀 紘一, 尾矢 剛志, 細谷 健一, 高沢 伸, 岡本 宏 :
変異型CaM Kinase2トランスジェニック糖尿病モデルマウスにおける網膜病変の発症とその集学的解析,
糖尿病, Vol.49, No.Suppl.1, S164, 2006年4月.
74. 香川 正太, 石原 元, 添田 義行, 恒枝 宏史, 和田 努, 尾矢 剛志, 小林 正, 笹岡 利安 :
SH2 Containing 5'-Inositol Phosphatase 2(SHIP2)全身過剰発現が個体でのインスリン作用に与える影響の検討,
糖尿病, Vol.49, No.Suppl.1, 268, 2006年4月.
75. 川村 しのぶ, 木屋 千恵子, 尾矢 剛志, 坂井 祐太, 中川 加奈子, 江尻 哲, 福岡 順也 :
骨盤腔中の悪性孤発性線維性腫瘍 1症例報告,
日本病理学会会誌, Vol.95, No.1, 385, 2006年4月.
76. 関 庄二, 川口 善治, 千葉 一裕, 三上 靖夫, 尾矢 剛志, 三尾 太, 森 正樹, 益田 郁子, 鎌田 修博, 久保 俊一, 戸山 芳昭, 木村 友厚, 池川 志郎 :
腰椎椎間板ヘルニアの遺伝子解析,
日本整形外科學會雜誌, Vol.80, No.4, S390, 2006年4月.
77. 中川 加奈子, 木屋 千恵子, 森谷 鈴子, 室坂 千鶴子, 中村 隆文, 坂井 祐太, 田中 伴典, 江尻 哲, 尾矢 剛志, 福岡 順也 :
P-145 Giant Sertoli-stromal Cell Tumor with Rhabdomyoblastic Element of the Ovary,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.45, No.1, 283, 2006年3月.
(CiNii: 110005856429)
78. Muhammad Andi Ichsan, 加藤 一郎, 尾矢 剛志, 笹原 正清, 高澤 伸, 岡本 宏, 早坂 征次, 高澤 久美, 平賀 紘一 :
糖尿病網膜症類似病変を発症する常時活性化型CaMキナーゼ2遺伝子導入マウスの解析,
日本眼科学会雑誌, Vol.110, 197, 2006年3月.
79. 前田 美代子, 和田 重人, 山田 なつめ, 尾矢 剛志, 古田 勲 :
上顎に転移した肝癌の1例,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.51, No.12, 640-641, 2005年12月.
80. 嶋田 孝紀, 宮ヶ丁 芙実, 新出 友美, 前田 宜延, 尾矢 剛志 :
胞巣型横紋筋肉腫の1例(脳・頭頸部-(1), 第44回日本臨床細胞学会秋期大会),
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.44, No.2, 349, 2005年9月.
(CiNii: 110004046370)
81. 浦風 雅春, 柳楽 清文, 日高 隆雄, 尾矢 剛志, 石澤 伸, 齋藤 滋, 小林 正 :
Struma ovarii with papillary carcinomaの一例,
日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.2, 341, 2005年9月.
82. 加藤 一郎, 尾矢 剛志, 高沢 伸, 岡本 宏, 笹原 正清, 平賀 紘一 :
Mutant CaM Kinase2遺伝子導入による1型糖尿病および糖尿病性腎症モデルマウスの新規開発,
糖尿病, Vol.48, No.Suppl.2, S220, 2005年4月.
83. Zhiyang Gao, 笹原 正清, 笹岡 利安, 尾矢 剛志, 石井 陽子, Hemragul Sabit, 石澤 伸 :
The activation of ERKI/2 and JNK,but not p38,was attenuated after PDGFR-β depletion,
日本病理学会会誌, Vol.94, No.1, 233, 2005年3月.
84. 石澤 伸, 高橋 博之, 尾矢 剛志, 常山 幸一 :
Diffuse-type giant cell tumorの1例,
第54回 日本病理学会中部支部交見会, 2004年12月.
85. 石井 陽子, 野上 重治, 川口 誠, 尾矢 剛志, 笹原 正清 :
Expression analysis of ATBF1 and ZFH4,the zinc-finger and homeodomain family proteins,in developing rat brains,
神経化学, Vol.43, No.2-3, 485, 2004年8月.
86. 尾矢 剛志, 石澤 伸, 石井 陽子, 笹原 正清 :
乳腺腫瘤の一例,
第53回中部支部交見会, 2004年7月.
87. 石井 陽子, 尾矢 剛志, 鄭 蓮順, 高 之揚, 高川 清, アムラ サビット, 笹原 正清 :
マウス脳cyroinjuryにおけるPDGF-β受容体発現の解析,
日本病理学会会誌, Vol.93, No.1, 249, 2004年5月.
88. Zhiyang Gao, 石井 陽子, 尾矢 剛志, 高川 清, 川口 誠, 笹岡 利安, 内藤 麻衣子, 小林 正, 笹原 正清 :
Akt activation is attenuated after PDGFR-β knockout in fibroblast cells,
日本病理学会会誌, Vol.93, No.1, 252, 2004年5月.
89. 大和 太郎, 温井 剛史, 菅原 浩之, 今井 哲也, 藤岡 重一, 村田 修一, 若狭 林一郎, 尾矢 剛志 :
胃潰瘍を契機に腸管気腫,門脈内ガス像を呈した1例,
日本腹部救急医学会雑誌, Vol.24, No.2, 543, 2004年2月.
90. 嶋田 孝紀, 高田 益子, 宮ヶ丁 芙実, 前田 雅美, 前田 宜延, 尾矢 剛志, 舘野 政也 :
82.乳腺のglycogen-rich clear cell carcinomaの3例(乳腺4)(第42回日本臨床細胞学会秋期大会),
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.42, No.2, 382, 2003年9月.
(CiNii: 110001222661)
91. 野上 重治, 石井 陽子, 川口 誠, 坂田 宣夫, 尾矢 剛志, 高川 清, 金森 昌彦, 木村 友厚, 笹原 正清 :
発達ラット脳におけるATBF1及びZFH-4転写因子の発現解析,
日本整形外科學會雜誌, Vol.77, No.8, S1173, 2003年8月.
92. 石井 陽子, 川口 誠, 高川 清, 尾矢 剛志, 野上 重治, Zhi-Yang Gao, 笹原 正清 :
ラット発達期脳におけるATBF1の定量的解析と神経分化過程における発現の検討,
日本病理学会会誌, Vol.92, No.1, 263, 2003年4月.
93. 尾矢 剛志, 笹原 正清, 中川 孝子, 横澤 隆子 :
糖尿病性腎症に対するcaptopril,aminoguanidine,butylated hydroxytoluenne,桂枝茯苓丸の効果の比較検討,
日本病理学会会誌, Vol.92, No.1, 302, 2003年4月.
94. 宮ヶ丁 芙実, 嶋田 孝紀, 前田 宜延, 舘野 政也, 尾矢 剛志 :
64 術前細胞診において推定し得たpleomorphic carcinomaの一例(第41回日本臨床細胞学会秋期大会),
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.41, No.2, 414, 2002年9月.
(CiNii: 110001222137)
95. 尾矢 剛志, 野上 重治, 石井 陽子, 大森 義明, 高川 清, 川口 誠, 笹原 正清 :
骨盤・腹腔内に発生した神経外胚葉への分化と骨形成を伴う小細胞肉腫の一例,
日本病理学会会誌, Vol.91, No.1, 331, 2002年3月.
96. Ying-Luan Zhao, 高川 清, 尾矢 剛志, 大和田 幸嗣, 川口 誠, 石井 陽子, 古田 勲, 笹原 正清 :
末梢神経再生過程における活性型Srcの発現とその細胞骨格への移行に関する研究,
日本病理学会会誌, Vol.91, No.1, 180, 2002年3月.
97. 石井 陽子, 川口 誠, 野上 重治, 高川 清, 尾矢 剛志, 井戸 章雄, 三浦 裕, 橋本 知子[玉置], 坂田 宣夫, Ying-luan Zhao, 玉置 大器, 笹原 正清 :
ATBF1(AT-motif Binding Factor 1)のラット脳における発現解析,
神経化学, Vol.40, No.2-3, 366, 2001年9月.
98. 尾矢 剛志, Yingluan Zhao, 笹原 正清 :
末梢神経再生におけるPDGF-B発現,
神経化学, Vol.40, No.2-3, 372, 2001年9月.
99. 嶋田 孝紀, 前田 雅美, 前田 宜延, 舘野 政也, 尾矢 剛志 :
109 顔面に発生した血管肉腫の一例,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.40, No.2, 365, 2001年9月.
(CiNii: 110001227189)
100. 川口 誠, 三浦 裕, 井戸 章雄, 森永 伴法, 坂田 宣夫, 尾矢 剛志, 橋本 知子[玉置], 笹原 正清, 小泉 富美朝, 玉置 大器 :
ATBF1(AT-motif binding factor 1)におけるDNA/RNA-dependent ATPase活性の検討,
日本病理学会会誌, Vol.90, No.1, 205, 2001年3月.
101. 尾矢 剛志, 趙 英れん, 高川 清, 石井 陽子, 川口 誠, 笹原 正清 :
末梢神経再生におけるPDGF-Bの発現に関する検討,
日本病理学会会誌, Vol.90, No.1, 154, 2001年3月.
102. 趙 英れん, 高川 清, 尾矢 剛志, 石井 陽子, 川口 誠, 大和田 幸嗣, 古田 勲, 笹原 正清 :
末梢神経再生過程における活性型srcの発現に関する検討,
日本病理学会会誌, Vol.90, No.1, 163, 2001年3月.
103. 石井 陽子, 川口 誠, 井戸 章雄, 三浦 裕, 橋本 知子[玉置], 田村 周, 高川 清, 尾矢 剛志, 坂田 宣夫, Yingluan Zhao, 笹原 正清 :
ラット発達期脳におけるATBF1(AT-motief binding factor 1)発現の解析,
日本病理学会会誌, Vol.90, No.1, 205, 2001年3月.
104. 尾矢 剛志, 酒井 剛, 若木 邦彦, 小泉 富美朝 :
脳原発anaplastic large cell lymphomaの一症例,
日本病理学会会誌, Vol.86, No.1, 357, 1997年4月.

その他・研究会:

1. 笹原 正清, 尾矢 剛志 :
2006 年度実施のイタイイタイ病等病理解剖検査報告(症例 1),
平成 18 年度環境省委託業務 結果報告書〔イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒等に関する研究(重金属等の健康影響に関する総合研究)〕, 209-213, 2007年.
2. 高川 清, 尾矢 剛志, 笹原 正清 :
イタイイタイ病病理解剖検査成績:症例1 (カドミウムの健康影響に関する研究 平成14年度イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒等に関する総合的研究--イタイイタイ病患者等に関する資料の収集・保存等に関する研究班報告) -- (イタイイタイ病患者等の病理解剖記録の収集と保存等に関する研究),
環境保健レポ-ト, No.69, 157-160, 2005年5月.
(CiNii: 40007057823)

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 領域・時期特異的ノックアウトマウスを用いた脳における血小板由来増殖因子の機能解析 (研究課題/領域番号: 18790267 )
  • 神経組織における血小板由来増殖因子機能の解明 (研究課題/領域番号: 16390114 )
  • 末梢神経再生における血小板由来増殖因子B鎖およびβ受容体の機能解明 (研究課題/領域番号: 15790197 )
  • ノックアウトモデルによる生後脳形成における血小板由来増殖因子の役割の解明 (研究課題/領域番号: 12470053 )
  • 研究者番号(00343179)による検索