検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域医科学部門外科系消化器・移植外科学
徳島大学病院診療科外科消化器・移植外科
徳島大学医学研究科医学専攻器官病態修復医学講座
徳島大学医学部医学科器官病態修復医学講座消化器・移植外科学分野
徳島大学病院診療科外科小児外科・小児内視鏡外科
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 石橋 広樹 :
肝・胆・膵, --- 先天性胆道拡張症・胆管非拡張型膵・胆管合流異常・肝内胆管減少症A.症候性肝内胆管減少症B.非症候性肝内胆管減少症・胆石症,胆嚢炎・膵癒合不全・輪状膵・膵炎A.急性膵炎B.慢性膵炎・膵嚢胞A.真性嚢胞B.仮性嚢胞 ---,
医学書院, 東京, 2022年3月.
2. 石橋 広樹 :
今日の診断指針2019(先天性胆道拡張症,膵・胆管合流異常)分担,
株式会社 医学書院, 2019年4月.

学術論文(審査論文):

1. 石橋 広樹 :
膵・胆管合流異常(先天性胆道拡張症を含む),
今日の治療指針2013, 518-519,
2. Shoko Yamashita, Chie Takasu, Yuji Morine, Hiroki Ishibashi, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Shinichiro Yamada, Takeshi Oya, Koichi Tsuneyama and Mitsuo Shimada :
Characteristic submucosal alteration in biliary carcinogenesis of pancreaticobiliary maljunction with a focus on inflammasome activation.,
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, Vol.30, No.4, 462-472, 2022.
(DOI: 10.1002/jhbp.1253,   PubMed: 36259178)
3. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
【先天性胆道拡張症up-to-date】胆嚢外瘻と手術術式,
小児外科, Vol.54, No.9, 861-864, 2022年.
(DOI: 10.24479/ps.0000000224,   CiNii: 1390014183340621440)
4. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Noriko Yokota and Mitsuo Shimada :
Risk factors for metachronous contralateral inguinal hernia after laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure for unilateral inguinal hernia in children.,
Surgery Today, Vol.52, No.10, 1491-1496, 2022.
(DOI: 10.1007/s00595-022-02480-0,   PubMed: 35211805)
5. 石橋 広樹, 横田 典子, 森 大樹, 島田 光生 :
【小児外科疾患の家族内発生】側頸瘻,
小児外科, Vol.53, No.12, 1243-1247, 2021年.
(DOI: 10.24479/j00645.2022081267,   CiNii: 1390858608270543872)
6. Ken-ichi Suga, Masashi Suzue, Ryuji Nakagawa and Hiroki Ishibashi :
Neonatal Fever with Hepatomegaly and a Rapidly Involuting Congenital Hemangioma,
The Journal of Pediatrics, Vol.237, 315-316, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 117564,   DOI: 10.1016/j.jpeds.2021.06.003,   PubMed: 34118240)
7. 石橋 広樹, 横田 典子, 森 大樹, 島田 光生 :
【消化管重複症のすべて】腹部食道,
小児外科, Vol.53, No.9, 924-929, 2021年.
(DOI: 10.24479/j00645.2022002817,   CiNii: 1390858608270600576)
8. 森根 裕二, 石橋 広樹, 島田 光生 :
【胆管損傷と(医原性)術後胆管狭窄:回避とリカバリー法】先天性胆道拡張症手術における胆道再建と術後胆管狭窄へのリカバリーショット,
胆と膵, Vol.42, No.7, 631-637, 2021年.
9. 石橋 広樹, 横田 典子, 森 大樹, 島田 光生 :
【シミュレーションとナビゲーション】胸腔鏡下肺葉切除術,
小児外科, Vol.53, No.5, 520-524, 2021年.
(DOI: 10.24479/j00645.2021229968,   CiNii: 1390577133293882240)
10. 石橋 広樹, 島田 光生, 森根 裕二 :
【膵・胆管合流異常と先天性胆道拡張症】疫学,
臨床消化器内科, Vol.35, No.4, 355-362, 2020年.
(DOI: 10.19020/cg.0000001104,   CiNii: 1390285300151312256)
11. 石橋 広樹, 森 大樹 :
手術のtips and pitfalls 腹腔鏡下手術(LPEC法),
日本外科学会雑誌, Vol.120, No.6, 696-699, 2019年.
(CiNii: 1520853833544978944)
12. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
先天性胆道拡張症と膵・胆管合流異常,
小児内科, Vol.51, No.10, 1516-1520, 2019年.
13. 石橋 広樹, 島田 光生, 森 大樹, 森根 裕二, 安藤 久實 :
【慢性炎症から肝胆膵癌にいたるランドスケープ】膵・胆管合流異常と胆道癌,
肝·胆·膵, Vol.77, No.3, 659-667, 2018年.
14. Keigo Yada, Yuji Morine, Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori and Mitsuo Shimada :
Treatment strategy for successful hepatic resection of icteric liver.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.1.2, 37-42, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111389,   DOI: 10.2152/jmi.65.37,   PubMed: 29593191)
15. 石橋 広樹, 島田 光生, 矢田 圭吾 :
【先天性胆道拡張症の最前線】 先天性胆道拡張症の診療ガイドライン(ダイジェスト版),
日本消化器病学会雑誌, Vol.113, No.12, 2004-2015, 2016年.
(DOI: 10.11405/nisshoshi.113.2004,   PubMed: 27916767,   CiNii: 1390282681380115328,   Elsevier: Scopus)
16. Keigo Yada, Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori and Mitsuo Shimada :
Intrascrotal lipoblastoma: report of a case and the review of literature.,
Surgical Case Reports, Vol.2, No.1, 34, 2016.
(DOI: 10.1186/s40792-016-0160-7,   PubMed: 27059472)
17. Keigo Yada, Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori, Yuji Morine, Chengzhan Zhu, Rui Feng, Toru Kono and Mitsuo Shimada :
The Kampo medicine "Daikenchuto (TU-100)" prevents bacterial translocation and hepatic fibrosis in a rat model of biliary atresia.,
Surgery, Vol.159, No.6, 1600-1611, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109712,   DOI: 10.1016/j.surg.2016.02.002,   PubMed: 26994485)
18. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 森根 裕二, 島田 光生 :
【イラストでみる最新の胆・膵消化管吻合術】 肝管空腸吻合 先天性胆道拡張症,戸谷分類IV-A型,
胆と膵, Vol.37, No.3, 215-220, 2016年.
19. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, Hiroki Ishibashi and Toru Utsunomiya :
Detection of Lymph Nodes Metastasis in Biliary Carcinomas:Morphological Criteria by MDCT and the Clinical Impact of DEI-MRI,
Hepato-Gastroenterology, Vol.62, No.140, 777-781, 2015.
(PubMed: 26901999)
20. 石橋 広樹 :
膵・胆管合流異常(先天性胆道拡張症を含む),
今日の治療指針2013, 518-519, 2013年.
(CiNii: 1520291855074460416)
21. 矢田 圭吾, 島田 光生, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 森 大樹, 淺野間 理仁 :
縦隔腫瘍と鑑別を要した左肺葉外肺分画症の1例,
日本小児外科学会雑誌, Vol.48, No.3, 592, 2012年.
(CiNii: 1390001204831280128)
22. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 淺野間 理仁, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
腹腔鏡補助下肝部分切除術を施行した肝芽腫の1例,
日本小児外科学会雑誌, Vol.48, No.3, 450, 2012年.
(CiNii: 1390001204831901184)
23. 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 森 大樹, 島田 光生 :
血流障害,遊走脾を伴った急性胃軸捻転症の1例,
日本小児外科学会雑誌, Vol.48, No.2, 274, 2012年.
(CiNii: 1390282679808212992)
24. Hiroki Ishibashi, Tomomi Kuwahara, H Nakayama-Imaohji, Y Ohnishi, Hiroki Mori and Mitsuo Shimada :
Effects of indole-3-carbinol and phenethyl isothiocyanate on bile and pancreatic juice excretion in rats.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.3-4, 246-252, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106028,   DOI: 10.2152/jmi.59.246,   PubMed: 23037195)
25. Hiroki Ishibashi, Takehito Oshio, Tomoko Sogami, Akira Nii, Hiroki Mori and Mitsuo Shimada :
Torsion of an accessory spleen with situs inversus in a child.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1-2, 220-223, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106024,   DOI: 10.2152/jmi.59.220,   PubMed: 22450011)
26. 石橋 広樹, 曽我美 朋子, 新居 章 :
短食道に対する腹腔鏡下噴門形成術 どこで開腹移行?,
小児外科, Vol.42, No.8, 813-816, 2010年.

学術論文(紀要・その他):

1. Hiroki Mori, Kazunori Masahata, Satoshi Umeda, Yuji Morine, Hiroki Ishibashi, Noriaki Usui and Mitsuo Shimada :
Risk of carcinogenesis in the biliary epithelium of children with congenital biliary dilatation through epigenetic and genetic regulation.,
Surgery Today, Vol.52, No.2, 215-223, 2022.
(DOI: 10.1007/s00595-021-02325-2,   PubMed: 34132887)
2. Noriko Yokota, Hiroki Ishibashi, Kenichi Suga, Hiroki Mori, Akiko Kitamura, Ryuji Nakagawa and Mitsuo Shimada :
A case of Gross E esophageal atresia discovered following a unique clinical course.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.69, No.1.2, 141-144, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117025,   DOI: 10.2152/jmi.69.141,   PubMed: 35466136)
3. Hiroki Mori, Yuji Morine, Kazuaki Mawatari, Ayumi Chiba, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Hiroki Ishibashi, Akira Takahashi and Mitsuo Shimada :
Bile Metabolites and Risk of Carcinogenesis in Patients With Pancreaticobiliary Maljunction: A Pilot Study.,
Anticancer Research, Vol.41, No.1, 327-334, 2021.
(DOI: 10.21873/anticanres.14779,   PubMed: 33419827)
4. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 石橋 広樹, 島田 光生 :
【臨床に役立つ胆と膵の解剖学】膵・胆管合流異常の解剖と病型分類,
胆と膵, Vol.41, No.11, 1085-1092, 2020年.
5. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生, 遠藤 秀子, 坂東 良美 :
同時性・異時性に多発した小児脂肪芽腫の1例,
日本小児外科学会雑誌, Vol.56, No.6, 988-991, 2020年.
(DOI: 10.11164/jjsps.56.6_988,   CiNii: 1391130851445583872)
6. 石橋 広樹, 横田 典子, 森 大樹, 島田 光生 :
【そこが知りたいシリーズ:手術で必要な局所解剖(腹壁・後腹膜・泌尿器・腫瘍編)】大腿ヘルニア,
小児外科, Vol.52, No.10, 1049-1053, 2020年.
7. 石橋 広樹, 横田 典子, 森 大樹, 島田 光生 :
【そこが知りたいシリーズ:手術で必要な局所解剖(腹部編)】PSARP(中間位直腸肛門奇形),
小児外科, Vol.52, No.2, 158-162, 2020年.
8. Keigo Yada, Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori and Mitsuo Shimada :
Laparoscopic resection of hepatoblastoma: report of a case.,
Asian Journal of Endoscopic Surgery, Vol.7, No.3, 267-270, 2014.
(DOI: 10.1111/ases.12106,   PubMed: 25131326,   Elsevier: Scopus)
9. Hideya Kashihara, Mitsuo Shimada, Nobuhiro Kurita, Takashi Iwata, Hirohiko Sato, Kozo Yoshikawa, Tomohiko Miyatani, Chie Takasu, Noriko Matsumoto and Hiroki Ishibashi :
Duodenal-Jejunal Bypass Improves Insulin Resistance by Enhanced Glucagon-Like Peptide-1 Secretion Through Increase of Bile Acids.,
Hepato-Gastroenterology, Vol.61, No.132, 1049-1054, 2014.
(DOI: 10.5754/hge13029,   PubMed: 26158164)
10. Keigo Yada, Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori, Hirohiko Sato and Mitsuo Shimada :
The Role Of Surgical Treatment In The Multidisciplinary Therapy For Hepatoblastoma.,
Hepato-Gastroenterology, Vol.61, No.131, 553-556, 2014.
(DOI: 10.5754/hge14068,   PubMed: 26176034)
11. Akira Nii, Tohru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Toru Ikegami, Hiroki Ishibashi, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hajime Sasaki and Akihiro Kawashima :
A hydrolyzed whey peptide-based diet ameliorates hepatic ischemia-reperfusion injury in the rat nonalcoholic fatty liver.,
Surgery Today, Vol.44, No.12, 2354-2360, 2014.
(DOI: 10.1007/s00595-014-0853-0,   PubMed: 24492979)
12. Bat-Erdene Batsaikhan, Nobuhiro Kurita, Takashi Iwata, Hirohiko Sato, Kozo Yoshikawa, Chie Takasu, Hideya Kashihara, Noriko Matsumoto, Hiroki Ishibashi and Mitsuo Shimada :
The role of activation-induced cytidine deaminase expression in gastric adenocarcinoma.,
Anticancer Research, Vol.34, No.2, 995-1000, 2014.
(PubMed: 24511045)
13. Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori, Keigo Yada, Mitsuo Shimada, Tomoko Sogami and Akira Nii :
Indigo carmine dye-assisted lymphatic-sparing laparoscopic Palomo varicocelectomy in children.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1-2, 151-155, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109543,   DOI: 10.2152/jmi.61.151,   PubMed: 24705760)
14. Hiroki Ishibashi, Takehito Oshio, Tomoko Sogami, Akira Nii, Hiroki Mori, Keigo Yada and Mitsuo Shimada :
Iliopsoas abscess in an infant.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1-2, 213-216, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109542,   DOI: 10.2152/jmi.61.213,   PubMed: 24705769)
15. 大西 理子, 榊 美佳, 田中 靖, 廣川 満良, 佐野 壽昭, 石橋 広樹, 嵩原 裕夫 :
【内分泌病理学最近の進歩2002】副腎髄質と傍神経節から同時発生した小児褐色細胞腫,
ホルモンと臨床, Vol.50, No.suppl., 200-205, 2002年.

総説・解説:

1. 石橋 広樹, 島田 光生, 森 大樹, 森根 裕二, 安藤 久實 :
膵・胆管合流異常と胆道癌(特集 慢性炎症から肝胆膵癌にいたるランドスケープ),
肝·胆·膵, Vol.77, No.8, 659-667, 2019年4月.
2. 石橋 広樹 :
【技術認定取得医が解説する高難度内視鏡外科手術】先天性横隔膜ヘルニア手術(胸腔鏡),
小児外科, Vol.51, No.4, 331-335, 2019年4月.
3. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
【先天性胆道拡張症の最前線】 先天性胆道拡張症における胆道癌の発癌機序,
胆と膵, Vol.38, No.4, 351-355, 2017年4月.
4. 石橋 広樹, 島田 光生, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 森 大樹 :
【先天性胆道拡張症の最前線】 先天性胆道拡張症の診療ガイドライン,
胆と膵, Vol.38, No.4, 329-337, 2017年4月.
5. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
【小児外科 ディベート対決(日常よくみる疾患)】 鼠径ヘルニアの手術 LPEC,
小児外科, Vol.49, No.2, 184-188, 2017年4月.
6. 森根 裕二, 島田 光生, 石橋 広樹, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
【膵・胆管合流異常の診断基準の改訂をめぐって】 膵・胆管合流異常の診断の最前線 胆汁中アミラーゼ値,
胆と膵, Vol.35, No.10, 921-925, 2014年10月.
7. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
嵌頓にて発症し術後縦隔膿瘍を来したcentral tendon defectの1例,
日本小児外科学会雑誌, Vol.50, No.5, 906-909, 2014年8月.
8. 齋藤 裕, 島田 光生, 石橋 広樹, 森根 裕二, 居村 暁, 森 大樹, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 髙須 千絵 :
【肝胆膵・術後病態を學ぶ】 膵胆管合流異常・先天性胆道閉鎖症術後 膵胆管合流異常術後発癌の特徴,
肝·胆·膵, Vol.69, No.1, 37-49, 2014年7月.
9. 森根 裕二, 島田 光生, 石橋 広樹 :
【膵・胆管合流異常の最前線】 全国集計からみた膵・胆管合流異常,
日本消化器病学会雑誌, Vol.111, No.4, 699-705, 2014年4月.
10. C Enkhbold, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Hiroki Ishibashi, S Yamada, Mami Kanamoto, Yusuke Arakawa, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Satoru Imura :
One-stop shop for 3-dimensional anatomy of hepatic vasculature and bile duct with special reference to biliary image reconstruction.,
Hepato-Gastroenterology, Vol.60, No.128, 1861-1864, Nov. 2013.
(DOI: 10.5754/hge13536,   PubMed: 24088317)
11. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
若手小児外科医のECFMG certificate取得への挑戦∼米国小児外科臨床留学を目指して∼,
四国医学雑誌, Vol.69, No.3,4, 187-192, 2013年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109637,   CiNii: 1050845762395111040)
12. 森 大樹, 島田 光生, 石橋 広樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾 :
【膵・胆管合流異常アップデート】膵・胆管合流異常の全国集計 成人の特徴,
小児外科, Vol.45, No.6, 614-616, 2013年8月.
13. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
【プロが見せる手術シリーズ(2):難易度の高い消化管手術】胃食道分離術,
小児外科, Vol.45, No.8, 813-817, 2013年8月.
14. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, H Takamatsu, T Araida, I Endo, M Kubota, A Toki, T Noda, T Matsumura, S Miyakawa, Hiroki Ishibashi, T Kamisawa and H Shimada :
Clinical features of pancreaticobiliary maljunction: update analysis of 2nd Japan-nationwide survey.,
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, Vol.20, No.5, 472-480, Jun. 2013.
(DOI: 10.1007/s00534-013-0606-2,   PubMed: 23579999,   CiNii: 1523951030185921920,   Elsevier: Scopus)
15. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
【膵・胆管合流異常アップデート】膵・胆管合流異常と胆道癌,
小児外科, Vol.45, No.6, 661-664, 2013年6月.
16. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾 :
鼠径ヘルニア (特集 小児腹部疾患における開腹手術と鏡視下手術の現状),
小児科, Vol.54, No.4, 415-421, 2013年4月.
(CiNii: 1524232505405393792)
17. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
【膵・胆管合流異常診療ガイドラインを巡る残された問題点】 非拡張型膵・胆管合流異常の胆管癌発生頻度を巡る問題点,
胆と膵, Vol.34, No.3, 241-244, 2013年3月.
18. Yu Saitou, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 杉本 光司, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 and Hiroki Ishibashi :
Hepatic epithelioid angiomyolipoma with arterioportal venous shunting mimicking hepatocellular carcinoma : report of a case.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 262-266, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106366,   DOI: 10.2152/jmi.60.262,   PubMed: 24190045)
19. Shinichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Mami Kanamoto, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Hiroki Ishibashi :
Hilar cholangiocarcinoma accompanied by pancreaticobiliary maljunction without bile duct dilatation 20 years after cholecystectomy: report of a case,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 169-173, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106060,   DOI: 10.2152/jmi.60.169,   PubMed: 23614928)
20. 石橋 広樹 :
クリニカルパスで示す私たちの標準治療 鼠径ヘルニア(腹腔鏡手術),
Vol.43, No.10, 1129-1134, 2011年10月.

国際会議:

1. Mitsuo Shimada, Hiroki Ishibashi, Yuji Morine, Kubota Masayuki and Fujii Hideki :
Nationwide survey of pancreaticobiliary maljunction focusing on biliary cancer incidence in Japan.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2020.
(DOI: 10.1200/JCO.2020.38.4_suppl.587)
2. Keigo Yada, Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori, Mitsuo Shimada, T Oshio and M Ishikawa :
Kampo medicine ``Daikenchuto (TU-100)'' prevents bacterial translocation and hepatic fibrosis in biliary atresia rat model.,
PAPS2016 (49th Annual Meeting of the pacific Association of Pediatric Surgeons), Hawaii, Apr. 2016.
3. Hiroki Ishibashi, Keigo Yada, Hiroki Mori, Mitsuo Shimada, T Oshio and M Ishikawa :
Prevention of Bacterial Dermatitis during Adhesive Strapping of Infantile Umbilical Herni.,
PAPS2016 (49th Annual Meeting of the pacific Association of Pediatric Surgeons), Hawaii, Apr. 2016.
4. Hiroki Ishibashi, Keigo Yada, Hiroki Mori and Mitsuo Shimada :
Laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure (LPEC) for inguinal hernia repair in premature infants weighing 3kg or less: is it safe?,
PAPS2016 (49th Annual Meeting of the pacific Association of Pediatric Surgeons), Hawaii, Apr. 2016.
5. Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori, Keigo Yada and Mitsuo Shimada :
How many lymphatic vessels need to be preserved in dye assisted lymphatic sparing laparoscopic palomo varicocelectomy in children?,
IPEG's 23rd Annual Congress for Endosurgery in Children, スコットランド, Jul. 2014.
6. Keigo Yada, Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori and Mitsuo Shimada :
Usefulness of ultrasonography-guided hydrostatic reduction for intussusception in children,
Pacific Association of Pediatric Surgeons 47th Annual Meeting(PAPS 2014), カナダ, May 2014.
7. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, 矢田 圭吾 and Mitsuo Shimada :
Risk of carcinogenesis in the biliary epithelium in patients with pancreaticobiliary maljunction through both epigenetic and genetic regulation,
International Surgical Week 2013(ISW), ヘルシンキ, Aug. 2013.
8. Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Hiroki Ishibashi, H Takamatsu and H Shimada :
Characteristics of Biliary Tract Cancer in Patients with Pancreaticobiliary Maljunction : The Report of Japan-Nationwide Survey.,
The 2nd JSGE International Topic Conference, Mar. 2013.
9. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hidenori Miyake and Mitsuo Shimada :
Risk of carcinogenesis in the biliary epithelium in patients with pancreaticobiliary maliunction through both epigenetic and genetic pathway.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
10. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 杉本 光司, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, Hidenori Miyake and Mitsuo Shimada :
Risk of carcinogenesis in the biliary epithelium in patients with pancreaticobiliary maljunction.,
Digestive Disease Week (DDW2012), San Diego, May 2012.

国内講演発表:

1. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
小児重症心身障害児のGERDに対する腹腔鏡下Nissen-Rossetti噴門形成術の有用性,
第35回日本内視鏡外科学会総会, 2022年12月.
2. 森 大樹, 森根 裕二, 石橋 広樹, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 山下 祥子, 常山 幸一, 島田 光生 :
慢性炎症状態の膵・胆管合流異常におけるNLRP3活性化を介した腫瘍微小環境と発癌に関する検討,
第33回日本消化器癌発生学会総会, 2022年11月.
3. 森 大樹, 石橋 広樹, 島田 光生 :
小児LPEC法症例における対側腹膜鞘状突起開存に対するBurning methodの有用性,
第38回日本小児外科学会秋季シンポジウム(PSJM2022), 2022年10月.
4. 森 大樹, 石橋 広樹, 島田 光生 :
小児abdominoscrotal hydrocele(ASH)に対するLPEC法の有用性,
第38回日本小児外科学会秋季シンポジウム(PSJM2022), 2022年10月.
5. 森 大樹, 石橋 広樹, 横田 典子, 島田 光生 :
鎖肛術後の高度便秘に対するサルベージ手術,
第38回日本小児外科学会秋季シンポジウム(PSJM2022), 2022年10月.
6. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
再発鼠径ヘルニア症例に対するLPEC法によるサルベージ,
第38回日本小児外科学会秋季シンポジウム(PSJM2022), 2022年10月.
7. 森 大樹, 石橋 広樹, 島田 光生 :
緊急気管切開術により救命できた巨大頚部リンパ管腫の1例,
第32回小児外科QOL研究会, 2022年10月.
8. 森 大樹, 森根 裕二, 石橋 広樹, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 山下 祥子, 常山 幸一, 島田 光生 :
慢性炎症化下の膵・胆管合流異常におけるNLRP3活性化を介した腫瘍微小環境と発癌に関する検討,
第45回日本膵・胆管合流異常研究会, 2022年9月.
9. 加地 剛, 今泉 絢貴, 白河 綾, 吉田 あつ子, 石橋 広樹, 岩佐 武 :
胎児鎖肛における瘻孔の部位診断,
第58回日本周産期・新生児医学会, 2022年7月.
10. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 渡邊 浩良, 福良 翔子, 生島 仁史 :
急速な肝腫大に対し緊急放射線照射が奏功した神経芽腫4Sの乳児例,
第58回日本小児放射線学会学術集会, 2022年6月.
11. 良元 俊昭, 柏原 秀也, 吉川 幸造, 石橋 広樹, 島田 光生 :
ロボット支援下前立腺全摘後の鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡手術症例の検討,
第20回日本ヘルニア学会学術集会, 2022年6月.
12. 加地 剛, 今泉 絢貴, 吉田 あつ子, 石橋 広樹, 岩佐 武 :
胎児診断した留水腫を伴わない重複子宮の一例.,
第95回日本超音波医学会, 2022年5月.
13. 加地 剛, 吉本 夏実, 今泉 絢貴, 白河 綾, 吉田 あつ子, 石橋 広樹, 岩佐 武 :
胎児鎖肛における瘻孔の部位診断,
第95回日本超音波医学会, 2022年5月.
14. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 住田 智志, 上原 久典, 島田 光生 :
ロタワクチン接種を契機に発症した神経鞘腫を伴う回腸腸重積の1例,
第59回日本小児外科学会学術集会, 2022年5月.
15. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
早期治癒を目指した乳児臍ヘルニア圧迫療法の検討,
第59回日本小児外科学会学術集会, 2022年5月.
16. 森 大樹, 山下 祥子, 森根 裕二, 石橋 広樹, 常山 幸一, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常におけるNLRP3活性化を介した腫瘍微小環境と発癌に関する検討,
第59回日本小児外科学会学術集会, 2022年5月.
17. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
極低出生体重児発症の鼠径ヘルニアに対するLPEC法の妥当性,
第59回日本小児外科学会学術集会, 2022年5月.
18. 石橋 広樹, 森根 裕二, 齋藤 裕, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
小児膵SPNに対する腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除術,
第59回日本小児外科学会学術集会, 2022年5月.
19. 鈴江 真史, 須賀 健一, 中川 竜二, 石橋 広樹, 横田 典子, 森 大樹 :
腸回転異常を伴わない中腸軸捻転を来したSGA児の一例,
第118回徳島周産期研究会, 2022年5月.
20. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
小児鼠径ヘルニアに対するLPEC法の治療成績および適応拡大,
第122回日本外科学会定期学術集会, 2022年4月.
21. 加地 剛, 今泉 絢貴, 白河 綾, 吉田 あつ子, 須賀 健一, 中川 竜二, 石橋 広樹, 岩佐 武 :
生後の性別判定のため羊水染色体検査を行った胎児外性器異常の一例,
第18回中四国出生前診断研究会, 2022年2月.
22. 福良 翔子, 渡邊 浩良, 七條 光市, 近藤 秀治, 横田 典子, 森 大樹, 石橋 広樹, 大藤 純, 生島 仁史 :
緊急放射線照射を施行した神経芽腫stage4Sの乳児例,
第63回日本小児血液・がん学会学術集会, 2021年11月.
23. 山下 祥子, 森根 裕二, 石橋 広樹, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 常山 幸一, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常におけるNLRP3を介した腫瘍微小環境と発癌に関する検討,
第57回日本胆道学会学術集会, 2021年10月.
24. 山下 祥子, 森根 裕二, 石橋 広樹, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 常山 幸一, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常におけるNLRP3活性化と発癌に関する検討,
第76回日本消化器外科学会総会, 2021年7月.
25. Yuji Morine, Hiroki Ishibashi, Hiroki Mori, T Araida, Mitsuo Shimada and H Fujii :
Short-and long-term outcomes after surgical treatment of pancreaticobiliary maljunction:JSPBM nationwide survey data,
第33回日本肝胆膵外科学会学術集会, Jun. 2021.
26. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
異時性に磁石3個を誤飲し小腸イレウスを起こした1例,
第58回日本小児外科学会学術集会, 2021年4月.
27. 森 大樹, 森根 裕二, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常の胆道癌発癌機構にNrf2依存的インフラマソーム活性化が関与する,
第58回日本小児外科学会学術集会, 2021年4月.
28. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
巨大胸骨後ヘルニアに対して腹壁筋Flapを併用した横隔膜修復術,
第58回日本小児外科学会学術集会, 2021年4月.
29. 森 大樹, 森根 裕二, 横田 典子, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常におけるNrf2依存的インフラマソーム活性化を介した胆道癌発癌機構に関する検討,
第121回日本外科学会定期学術集会, 2021年4月.
30. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
リンパ管温存腹腔鏡下精巣動静脈切離術(Palomo法)における色素を用いた術中イメージングの有用性,
第121回日本外科学会定期学術集会, 2021年4月.
31. 山下 祥子, 森根 裕二, 石橋 広樹, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 常山 幸一, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常における腫瘍微小環境と発癌に関する検討,
第121回日本外科学会定期学術集会, 2021年4月.
32. 福良 翔子, 渡邊 浩良, 七條 光市, 近藤 秀治, 横田 典子, 森 大樹, 石橋 広樹, 大藤 純 :
緊急放射線照射を施行した神経芽腫stage4Sの乳児例,
第154回日本小児科学会徳島地方会学術集会, 2020年12月.
33. 森根 裕二, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 居村 暁, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常の発癌メカニズムに関する基礎研究:徳島大学の場合,
第43回日本膵・胆管合流異常研究会, 2020年11月.
34. 森根 裕二, 島田 光生, 石橋 広樹, 新井田 達雄, 藤井 秀樹 :
膵・胆管合流異常における術式と短期・長期合併症:全国追跡調査から,
第82回日本臨床外科学会総会, 2020年10月.
35. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
小児慢性便秘症の特徴と治療効果に関する検討,
第57回日本小児外科学会学術集会, 2020年9月.
36. 石橋 広樹, 横田 典子, 森 大樹, 島田 光生 :
幽門腫瘤の固定に血管鉗子を用いた腹腔鏡下ラムステッド幽門筋切開術,
第57回日本小児外科学会学術集会, 2020年9月.
37. 森 大樹, 横田 典子, 石橋 広樹, 島田 光生 :
小児片側鼠径ヘルニアにおけるLPEC施行後対側発症例の特徴,
第57回日本小児外科学会学術集会, 2020年9月.
38. 石橋 広樹, 横田 典子, 森 大樹, 島田 光生 :
余剰皮膚を有する臍ヘルニア(臍突出症)に対する臍形成術(梶川法),
第57回日本小児外科学会学術集会, 2020年9月.
39. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
便秘で紹介になった小児の特徴と治療に関する検討,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
40. 森 大樹, 横田 典子, 石橋 広樹, 島田 光生 :
小児片側鼠径ヘルニアにおけるLPEC施行後対側発症を認めた5例の特徴,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
41. 石橋 広樹, 森 大樹, 森根 裕二, 島田 光生, 藤井 秀樹 :
小児先天性胆道拡張症における晩期合併症と長期予後について-重症度分類と全国登録症例の追跡調査による検討-,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
42. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
小児鼠径ヘルニアに対する片側LPEC施行後に対側発症を来した5例,
第32回日本内視鏡外科学会総会, 2019年12月.
43. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
小児鼠径ヘルニアに対するLPEC法のTips and Pitfalls,
第32回日本内視鏡外科学会総会, 2019年12月.
44. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
胆道閉鎖症lcystの4例,
第46回日本胆道閉鎖症研究会, 2019年11月.
45. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
小児先天性胆道拡張症の根治術を考える(開腹アプローチの立場から),
第81回日本臨床外科学会総会, 2019年11月.
46. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
小児鼠径ヘルニアに対するLPEC法の適応拡大と限界,
第81回日本臨床外科学会総会, 2019年11月.
47. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
便秘を主訴に当科紹介された小児例の検討,
第30回日本小児外科QOL研究会, 2019年11月.
48. 森 大樹, 森根 裕二, 横田 典子, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常におけるDNA切断修復応答を介した胆道癌発癌機構に関する検討,
第30回日本消化器癌発生学会総会, 2019年11月.
49. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
腹腔鏡下手術を行った,大網嚢胞が脱出した鼠径ヘルニアの1例,
PSJM2019, 2019年10月.
50. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
管理に難渋している前腸の多発奇形を合併した喉頭気管食道裂の1例,
PSJM2019, 2019年10月.
51. 森 大樹, 森根 裕二, 横田 典子, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常の胆道癌発癌機構にDNA損傷修復経路が関与する,
第42回日本膵・胆管合流異常研究会, 2019年9月.
52. 吉田 光輝, 山上 真樹子, 丹黒 章, 北市 隆, 西 正暁, 滝沢 宏光, 石橋 広樹, 島田 光生 :
徳島大学外科専門医研修プログラムの現状と今後の課題,
第94回中国四国外科学会総会・第24回中国四国内視鏡外科研究会, 2019年9月.
53. 森 大樹, 石橋 広樹, 横田 典子, 島田 光生 :
小腸端側吻合術後に大量下血を伴ったblind loop syndrome(盲管症候群)の1例,
第58回日本小児外科学会中国四国地方会, 2019年9月.
54. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
LPEC法のTips and Pitfalls,
第58回日本小児外科学会中国四国地方会, 2019年9月.
55. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
腹腔鏡高位鎖肛根治術におけるFinger-assist併用の有用性,
第58回日本小児外科学会中国四国地方会, 2019年9月.
56. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
早期治療を目指した臍ヘルニアテープ固定法の有用性,
第58回日本小児外科学会中国四国地方会, 2019年9月.
57. 石橋 広樹 :
小児abdominoscrotal hydrocele(ASH)に対する腹腔鏡下手術(LPEC法)の有用性,
第28回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会, 2019年7月.
58. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 柏原 秀也, 吉川 幸造, 島田 光生 :
AYA世代の外鼠径ヘルニアに対するLPEC法の適応および妥当性,
第44回日本外科系連合学会学術集会, 2019年6月.
59. 石橋 広樹, 島田 光生 :
小児先天性胆道拡張症における成人移行への現状と問題点-全国登録症例の追跡調査と重症度分類による検討-,
第55回日本肝臓学会総会, 2019年5月.
60. 吉川 幸造, 柏原 秀也, 石橋 広樹 :
腹腔鏡下腹壁瘢痕ヘルニア根治術に対するIPOM-Plus法の有用性,
第17回日本ヘルニア学会学術集会, 2019年5月.
61. 横田 典子, 森 大樹, 石橋 広樹, 島田 光生 :
Finger-assistを併用し腹腔鏡下高位鎖肛根治術を施行した3例,
第56回日本小児外科学会学術集会, 2019年5月.
62. 森 大樹, 森根 裕二, 横田 典子, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常におけるDNA損傷修復応答を介した胆道癌発癌機構に関する検討,
第56回日本小児外科学会学術集会, 2019年5月.
63. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
新生児先天性横隔膜ヘルニアに対する胸腔鏡下横隔膜修復術,
第56回日本小児外科学会学術集会, 2019年5月.
64. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
重症心身障害児における腹腔鏡下噴門形成術後のwrap herniation(再発)に関する検討,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
65. 森 大樹, 森根 裕二, 横田 典子, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常におけるDNA損傷修復経路を介した胆道癌発癌機構に関する検討,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
66. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
小児LPEC法症例における対側腹膜鞘状突起開存率と予防的閉鎖の適応および手技について,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
67. 石橋 広樹 :
小児鼠径ヘルニア手術の最近の動向,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
68. 森 大樹, 石橋 広樹, 横田 典子, 島田 光生 :
重症心身障害児のGERDに対する腹腔鏡下Nissen-Rossetti噴門形成術の治療成績に関する検討,
第31回日本内視鏡外科学会総会, 2018年12月.
69. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
小児胸腔鏡補助下肺切除術における定型化および3D simulation・navigationの有用性,
第31回日本内視鏡外科学会総会, 2018年12月.
70. 森 大樹, 森根 裕二, 横田 典子, 石橋 広樹, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常における発がんメカニズムに関する検討,
第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月.
71. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
腹腔鏡下で肝静脈穿刺によりBroviacカテーテル留置を行った短腸症候群の1例,
PSJM2018, 2018年10月.
72. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
腹腔鏡下修復術を行った稀な小腸内ヘルニアの1例,
PSJM2018, 2018年10月.
73. 森 大樹, 石橋 広樹, 横田 典子, 島田 光生 :
内臓逆位,無脾症候群を伴ったGERD症例に対して腹腔鏡下Nissen-Rossetti噴門形成術を施行した1例,
PSJM2018, 2018年10月.
74. 石橋 広樹, 横田 典子, 森 大樹, 島田 光生 :
鎖肛術後の高度便秘,限局性直腸拡張症に対する腹腔鏡下直腸切除術の有用性,
PSJM2018, 2018年10月.
75. 齋藤 裕, 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 馬渡 一論, 髙橋 章, 島田 光生 :
メタボローム解析を用いた膵・胆管合流異常の胆汁中発癌物質の同定,
第54回日本胆道学会学術集会, 2018年9月.
76. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
新生児期に腎盂穿孔を来した先天性水腎症の1例,
第57回日本小児外科学会中国四国地方会, 2018年9月.
77. 森 大樹, 石橋 広樹, 横田 典子, 島田 光生 :
Icyst型胆道閉鎖症を合併したCurrarino症候群の1例,
第57回日本小児外科学会中国四国地方会, 2018年9月.
78. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
内視鏡下膜切開術が有効であった球部尿道弁の1例,
第57回日本小児外科学会中国四国地方会, 2018年9月.
79. 石橋 広樹, 森 大樹, 横田 典子, 島田 光生 :
出生前の肝門部嚢胞で先天性胆道拡張症が疑われた胆道閉鎖症Ⅰcystの3例,
第41回日本膵・胆管合流異常研究会, 2018年9月.
80. 森根 裕二, 島田 光生, 石橋 広樹, 窪田 正幸, 安藤 久實 :
膵・胆管合流異常症全国集計追跡調査2015・2017-特に非癌合併症例における短期・長期合併症について-,
第41回日本膵・胆管合流異常研究会, 2018年9月.
81. 石橋 広樹, 吉川 幸造 :
AYA世代および成人の外鼠径ヘルニアに対するLPEC法の妥当性,
第16回日本ヘルニア学会学術集会, 2018年6月.
82. 横田 典子, 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
先天性梨状窩嚢胞に対して新生児期に手術を行った2例,
第55回日本小児外科学会学術集会, 2018年5月.
83. 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 島田 光生 :
メタボローム解析を用いた膵・胆管合流異常における胆汁発癌物質の検討,
第55回日本小児外科学会学術集会, 2018年5月.
84. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 横田 典子, 島田 光生 :
女児卵巣脱出,卵管滑脱ヘルニアに対するLPEC法の有用性,
第55回日本小児外科学会学術集会, 2018年5月.
85. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 横田 典子, 森根 裕二, 島田 光生, 安藤 久實 :
先天性胆道拡張症の全国集計からみた小児から成人移行への問題点―追跡調査と重症度分類での検討―,
第55回日本小児外科学会学術集会, 2018年5月.
86. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 横田 典子, 島田 光生 :
小児鼠径ヘルニアに対するLPEC法の短期・長期成績,
第55回日本小児外科学会学術集会, 2018年5月.
87. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Keigo Yada and Mitsuo Shimada :
Identification of bile carcinogens in patient with pancreaticobiliary maljunction using metabolome analysis.,
PAPS, May 2018.
88. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
大建中湯 (TU-100) の肝星細胞抑制を介したNASH発癌抑制効果に関する検討,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
89. 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 島田 光生 :
メタボローム解析を用いた膵・胆管合流異常の胆汁中発癌物質の同定,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
90. 森 大樹, 横田 典子, 石橋 広樹, 島田 光生 :
腹腔鏡下修復術を行った稀な内ヘルニアの1例,
第2回徳島外科医会, 2018年2月.
91. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
小児再発鼠径ヘルニア症例に対するLPEC法の有用性,
第30回日本内視鏡外科学会総会, 2017年12月.
92. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生, 安藤 久實 :
先天性胆道拡張症の診療ガイドライン,
第79回日本臨床外科学会総会, 2017年11月.
93. 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常における胆汁発癌物質のメタボローム解析,
第28回日本消化器癌発生学会総会, 2017年11月.
94. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
2カ所のapple peel型閉鎖を伴った先天性小腸閉鎖症に対する手術におけるpitfall,
第33回日本小児外科学会 秋季シンポジウム, 2017年10月.
95. 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常の胆汁中発癌物質におけるメタボローム解析の検討,
第40回日本膵・胆管合流異常研究会, 2017年9月.
96. 石橋 広樹, 森根 裕二, 島田 光生, 安藤 久實 :
先天性胆道拡張症の重症度分類(案)-指定難病取得に向けた取り組み-,
第40回日本膵・胆管合流異常研究会, 2017年9月.
97. 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 森根 裕二, 島田 光生 :
大建中湯は胆道閉鎖症ラットモデルにおけるバクテリアルトランスロケーションと肝線維化を抑制する,
第72回日本消化器外科学会総会, 2017年7月.
98. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
当科の小児鼠径ヘルニアに対するLPEC法の現況,
第14回中国四国ヘルニア手術研究会, 2017年7月.
99. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
小児鼠径ヘルニアに対するLPEC法の術後成績,
第15回日本ヘルニア学会学術集会, 2017年6月.
100. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
小児内視鏡外科手術における術前3D CTシミュレーション・術中ナビゲーションの有用性,
第54回日本小児外科学会学術集会, 2017年5月.
101. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
重症心身障害児のGERDに対する腹腔鏡下Nissen-Rossetti噴門形成術の検討,
第54回日本小児外科学会学術集会, 2017年5月.
102. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
胸部腎を伴った左遅発性Bochdale孔ヘルニアに対する人工シートを用いた完全腹腔鏡下横隔膜修復術,
第54回日本小児外科学会学術集会, 2017年5月.
103. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
手術時体重3㎏未満の鼠径ヘルニア症例に対するLPEC法の妥当,
第54回日本小児外科学会学術集会, 2017年5月.
104. 壱岐 豊, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
術前3DCT simulationを行った小児先天性胆道拡張症の1例,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
105. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
大建中湯(TU-100)の肝星細胞活性化抑制効果に関する検討,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
106. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 東島 潤, 西 正暁, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 島田 光生 :
慢性炎症下の小児先天性胆道拡張症の胆道上皮における発癌関連遺伝子発現の検討,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
107. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 柏原 秀也, 東島 潤, 吉川 幸造, 島田 光生 :
AYA世代の外鼠径ヘルニアに対するLPEC法の適応について,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
108. 森根 裕二, 石橋 広樹, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 島田 光生 :
「胆道拡張症,膵・胆管合流異常症の標準術式は?-小児外科および成人外科の立場から-」,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
109. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
急性陰嚢症を契機に診断された再発性急性リンパ性白血病の1例,
第58回中国四国小児がん研究会, 2017年4月.
110. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
脂肪芽腫が疑われた先天性舌腫瘍の1例,
第58回中国四国小児がん研究会, 2017年4月.
111. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
術中膵管損傷を来した巨大嚢腫を伴う小児先天性胆道拡張症の1例,
第25回徳島外科術後管理研究会, 2017年2月.
112. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹 :
小児先天性胆道拡張症の胆道上皮における発癌関連遺伝子発現の検討,
第106回日本消化器病学会四国支部例会, 2016年12月.
113. 石橋 広樹 :
小児外科領域における技術認定取得のポイント,
第29回日本内視鏡外科学会総会, 2016年12月.
114. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
鼠径ヘルニアを合併した小児精索静脈瘤に対する腹腔鏡下手術,
第29回日本内視鏡外科学会総会, 2016年12月.
115. 小谷 裕美子, 香美 祥二, 石橋 広樹, 位田 忍 :
卵巣ヘルニア手術を契機に発見された46,XY性分化異常症の1例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
116. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
小児内視鏡外科手術における術前3Dシミュレーション・術中ナビゲーションの有用性に関する検討,
第25回日本コンピュータ外科学会大会, 2016年11月.
117. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
多発狭窄を伴った先天性十二指腸狭窄症の1例,
第32回日本小児外科学会秋季シンポジウム(PSJM), 2016年10月.
118. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(LPEC法)時に発見された性分化疾患の1例,
第32回日本小児外科学会秋季シンポジウム(PSJM), 2016年10月.
119. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
慢性炎症下にある小児先天性胆道拡張症の胆道上皮における発癌関連遺伝子発現の検討,
第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年9月.
120. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
術前3DCT simulationを行った小児先天性胆道拡張症の1例,
第39回日本膵・胆管合流異常研究会, 2016年9月.
121. 森根 裕二, 島田 光生, 窪田 正幸, 石橋 広樹, 安藤 久實 :
膵・胆管合流異常症に対する術式選択の特徴―全国集計解析から―,
第39回日本膵・胆管合流異常研究会, 2016年9月.
122. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
小児精索・陰嚢水瘤の診断と治療―特任腹腔鏡下根治術の有用性―,
第5回日本小児診療多種研究会, 2016年7月.
123. 森根 裕二, 島田 光生, 石橋 広樹, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登 :
全国集計からみた膵・胆管合流異常症の臨床摘特徴と術式選択の現状.,
第71回日本消化器外科学会総会, 2016年7月.
124. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 良元 俊昭, 森根 裕二, 島田 光生 :
大建中湯(TU-100)はTLR4/TNFαを介して総胆管結紮ラットモデルにおける肝障害を抑制する.,
第23回外科侵襲とサイトカイン研究会, 2016年7月.
125. 庄野 実希, 中川 竜二, 渡辺 典子, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹 :
胎児期から巨大膀胱を呈した潜在性二分脊椎の1例,
日本小児科学会雑誌, Vol.120, No.7, 1138-1139, 2016年7月.
126. 須賀 健一, 市原 裕子, 中川 竜二, 渡辺 典子, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 山上 貴司 :
肝膿瘍・肝芽腫との鑑別を要した肝被膜下出血の新生児例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
127. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
若手小児外科医のUSMLE step1,2,3取得への挑戦∼グローバルに活躍できる小児外科医を目指して∼.,
第53回日本小児外科学会学術集会, 2016年5月.
128. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
新生児喉頭蓋谷嚢胞に対する鏡視下開窓術.,
第53回日本小児外科学会学術集会, 2016年5月.
129. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
小児abdominoscrotal hydrocele (ASH) に対するLPEC法の応用.,
第53回日本小児外科学会学術集会, 2016年5月.
130. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 島田 光生 :
小児肝外性門脈体循環シャント(2型)に対する腹腔鏡下手術の有用性に関する検討.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
131. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
重症心身障害児(者)における腹腔鏡下噴門形成術後のwrap herniation(再発)に関する検討,
第28回日本内視鏡外科学会総会, 2015年12月.
132. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
新生児・乳児CCAMに対する胸腔鏡補助下肺切除術の定型化および工夫,
第28回日本内視鏡外科学会総会, 2015年12月.
133. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 本間 友佳子, 井上 奈巳, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹 :
多剤併用化学療法後も全摘出困難であった神経芽細胞腫(中間リスク限局例),
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
134. 須賀 健一, 庄野 実希, 中川 竜二, 渡辺 典子, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹 :
巨大膀胱を呈した潜在性二分脊椎の1例,
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
135. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
重傷心身障害児(者)のGERDに対する腹腔鏡下噴門形成術の予後と術式変遷に関する検討,
第52回日本小児外科学会学術集会, 2015年5月.
136. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 新居 章, 島田 光生 :
術中ナビゲーションが有用で胸腔鏡下に摘出し得た中縦隔原発気管原性嚢胞,
第52回日本小児外科学会学術集会, 2015年5月.
137. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
大建中湯(TU-100)は胆道閉鎖症ラットモデルにおける肝線維化を抑制する,
第52回日本小児外科学会学術集会, 2015年5月.
138. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 新居 章, 島田 光生 :
小児鼠径ヘルニアに対するLPEC法の適応と限界,
第52回日本小児外科学会学術集会, 2015年5月.
139. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 山田 眞一郎, 島田 光生 :
腹腔鏡下Palomo法術後の陰嚢水瘤予防に対する少数リンパ管温存の妥当性,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
140. 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 髙須 千絵, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
大建中湯(TU-100)は胆道閉鎖症ラットモデル由来の肝星細胞活性化を抑制する,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
141. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
腹腔鏡下に内鼠径輪縫縮と鼠径管後壁補強を可能とするAdvanced LPEC法,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
142. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森根 裕二, 島田 光生 :
大建中湯(TU-100)は胆道閉鎖症ラットモデルにおける肝線維化を抑制する,
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
143. 庄野 実希, 中川 竜二, 渡辺 典子, 西條 隆彦, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 香美 祥二 :
胎児期より診断・経過フォローし得た仙尾部奇形腫の1例,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
144. 杉本 真弓, 小野 朱美, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 神邊 紀子, 香美 祥二 :
術中のアナフィラキシーショックを契機に診断したラテックスアレルギーの1例,
第66回 中国四国小児科学会, 2014年11月.
145. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
小児腸重積症に対する超音波装置を用いた診断および非観血的整復術,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
146. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
巨大肛門ポリープを伴った女児低位鎖肛の1例,
第30回日本小児外科学会秋季シンポジウム, 2014年10月.
147. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
鼠径ヘルニアを合併した小児精索静脈瘤に対する腹腔鏡下手術,
第30回日本小児外科学会秋季シンポジウム, 2014年10月.
148. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
胎児診断され腹腔鏡下手術を行った腹腔鏡内精巣奇形腫の1例,
第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014年10月.
149. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
成人外科に学ぶ術前3Dシミュレーション・術中ナビゲーション-小児鏡視下肝切除・肺切除への応用-,
第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014年10月.
150. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 島田 光生 :
成人腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術における鼠径部膜構造から学ぶ小児LPEC法,
第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014年10月.
151. 石橋 広樹 :
小児膵・胆管合流異常における共通管拡張・非拡張別の臨床像について-合流異常研究会登録症例の解析-,
第37回日本膵・胆管合流異常研究会, 2014年9月.
152. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 髙須 千絵, 島田 光生 :
小児先天性胆道拡張症の胆道上皮における発癌関連遺伝子発現の検討,
第39回 日本外科系連合学会学術集会, 2014年6月.
153. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 新居 章, 島田 光生 :
若手小児外科医が考える理想の卒後教育キャリアデザイン∼初期研修と成人外科後期研修の意味と意義∼,
第51回日本小児外科学会学術集会, 2014年5月.
154. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 新居 章, 島田 光生 :
小児胸腔鏡下肺切除における術前3DシミュレーションおよびiPadを用いた術中ナビゲーション画像の有用性,
第51回日本小児外科学会学術集会, 2014年5月.
155. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
小児先天性胆道拡張症の胆道上皮における発癌関連遺伝子発現の検討,
第51回日本小児外科学会学術集会, 2014年5月.
156. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
手術手袋が原因のラテックスアレルギーにより術中アナフィラキシーを来した小児例,
第51回日本小児外科学会学術集会, 2014年5月.
157. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
乳児横隔膜弛緩症に対してラパヘルクロージャーを用い2ポートで行う胸腔鏡下横隔膜縫縮術,
第51回日本小児外科学会学術集会, 2014年5月.
158. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
小児鼠径部ヘルニア疾患に対するLPEC法の基本手技と応用,
第51回日本小児外科学会学術集会, 2014年5月.
159. 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生, 森根 裕二 :
小児膵・胆管合流異常における共通管拡張・非拡張別の臨床像について―合流異常研究会登録症例の解析―,
第51回日本小児外科学会学術集会, 2014年5月.
160. 新居 章, 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
先天性胆道拡張症・小児例の胆道上皮における発癌関連遺伝子発現の検討,
第114回 日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
161. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
小児難治性リンパ管腫に対する治療戦略,
第114回 日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
162. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 新居 章 :
小児胸腔鏡下肺切除における術前3DシミュレーションおよびiPadを用いた術中ナビゲーション画像の有用性,
第114回 日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
163. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 新居 章, 島田 光生 :
小児鼠径部ヘルニア疾患に対するLPEC法の功罪,
第114回 日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
164. 森 大樹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
Finger assistを併用した腹腔鏡補助下高位鎖肛根治術,
第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月.
165. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
極低出生体重児発症の鼠径ヘルニアに対するLPEC法,
第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月.
166. 森 大樹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
重症心身障害児(者)のGERDに対する腹腔鏡下Nissen噴門形成術の検討,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
167. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
小児鼠径部ヘルニア疾患に対するLPEC法の現況と適応拡大,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
168. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
若手外科医のECFMG取得への挑戦:初期・外科後期研修中に効率よくECFMGを取得するためのコツとピットフォール,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
169. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
胎児診断され先天性胆道拡張症との鑑別を要した胆道閉鎖症の1例,
第40回 日本胆道閉鎖症研究会, 2013年11月.
170. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 森 大樹, 島田 光生 :
胎児診断され胆道拡張症との鑑別を要した胆道閉鎖症の1例,
第52回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2013年9月.
171. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
緊急気管切開術を要した頚部リンパ管腫の1例,
第52回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2013年9月.
172. 石橋 広樹 :
ソケイヘルニア関連疾患に対するLPEC,
第52回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2013年9月.
173. 荒川 悠佑, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 矢田 圭吾, 山田 眞一郎, 石川 大地, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
膵・胆管合流異常症例における胆道癌発癌機構に関する研究,
第49回 日本胆道学会学術集会, 2013年9月.
174. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 森 大樹, 島田 光生 :
腹腔鏡補助下高位鎖肛根治術におけるFinger assistの有用性について,
第88回 中国四国外科学会総会/第18回 中国四国内視鏡外科研究会, 2013年9月.
175. 森 大樹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
重症心身障害児(者)のGERDに対する腹腔鏡下Nissen噴門形成術の術後成績に関する検討,
第88回 中国四国外科学会総会/第18回 中国四国内視鏡外科研究会, 2013年9月.
176. 森 大樹, 島田 光生, 石橋 広樹, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一 :
膵・胆管合流異常症に対する長期経過中に胆道癌を合併した3症例の検討,
第68回 日本消化器外科学会総会, 2013年7月.
177. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾 :
先天性尿道皮膚瘻の1例,
第22回 日本小児泌尿器科学会総会, 2013年7月.
178. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
胎生期発生の腹腔内停留精巣奇形腫の1例,
第22回 日本小児泌尿器科学会総会, 2013年7月.
179. 矢田 圭吾, 島田 光生, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 森 大樹 :
胆道閉鎖症ラットモデルにおけるバクテリアルトランスロケーションと大建中湯による予防効果についての検討,
第50回 日本小児外科学会学術集会, 2013年5月.
180. 森 大樹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
ラットの膵・胆管合流異常症モデルの意義と課題,
第50回 日本小児外科学会学術集会, 2013年5月.
181. Keigo Yada, Mitsuo Shimada, Hiroki Ishibashi, Horohiko Sato, Hiroki Mori and Toru Utsunomiya :
Clinical features and outcomes of Hepatoblastoma.,
第50回 日本小児外科学会学術集会, May 2013.
182. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
小児abdominoscrotal hydroceole(ASH)に対する腹腔鏡下手術,
第50回 日本小児外科学会学術集会, 2013年5月.
183. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
小児精巣卵黄嚢癌の1例,
第54回 中国四国小児がん研究会, 2013年5月.
184. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
胎児診断され腹腔鏡下手術を行った腹腔内精巣腫瘍の1例,
第54回 中国四国小児がん研究会, 2013年5月.
185. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
腹腔鏡下手術を行った卵巣奇形腫茎捻転の1例,
第54回 中国四国小児がん研究会, 2013年5月.
186. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
小児鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下修復術(LPEC法),
第11回 日本ヘルニア学会学術集会, 2013年5月.
187. 新居 章, 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 浅野間 理仁, 島田 光生 :
重症心身障害児(者)のGERDに対する腹腔鏡下噴門形成術の術後成績と予後について,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
188. 矢田 圭吾, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
Bevacizumabの小胞体ストレス応答を介した肝切除後肝機能障害改善・肝再生促進効果,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
189. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 浅野間 理仁, 佐藤 宏彦 :
小児鼠径ヘルニア再発症例に対する腹腔鏡下手術の有用性,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
190. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 矢田 圭吾 :
胆道癌発がんモデルの膵・胆管合流異常症での発がん特性の解析,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
191. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 新居 章, 島田 光生 :
手術手袋が原因のラテックスアレルギーにより術中アナフィラキシーを来した小児例,
第22回 徳島外科術後管理研究会, 2013年3月.
192. 鈴江 真史, 香美 祥二, 中川 竜二, 渡辺 典子, 西條 隆彦, 石橋 広樹 :
腹膜透析管理を行っている両側性多嚢胞性異形成腎の1例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
193. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 淺野間 理仁, 島田 光生, 新居 章 :
重症心身障害児(者)のGERDに対する腹腔鏡下噴門形成術の検討,
第25回 日本内視鏡外科学会総会, 2012年12月.
194. 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 森 大樹, 淺野間 理仁, 島田 光生, 新居 章 :
肥厚性幽門狭窄賞に対する腹腔鏡下幽門筋切開術の標準化の工夫,
第25回 日本内視鏡外科学会総会, 2012年12月.
195. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 淺野間 理仁, 島田 光生, 新居 章 :
小児腸重積症に対する診断および整復術における超音波装置の有用性,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
196. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 淺野間 理仁, 島田 光生, 新居 章 :
過去15年間に経験した小児肝芽腫10例の臨床的検討,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
197. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 淺野間 理仁, 島田 光生, 新居 章 :
小児鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下修復術(LPEC法)の有用性,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
198. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 淺野間 理仁, 島田 光生 :
横隔膜ヘルニア術後の縦隔膿瘍に対して胸腔鏡膿瘍ドレナージが有用であった1例,
第32回 日本小児内視鏡外科・手術手技研究会, 2012年11月.
199. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
膵胆管合流異常症におけるepigenetic/genetic修飾を介した胆道癌発癌機構に関する検討,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
200. 矢田 圭吾, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 石橋 広樹 :
膵・胆管合流異常症に胆道癌を合併した3症例についての検討,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
201. 石橋 広樹, 島田 光生, 佐藤 宏彦, 森 大樹, 矢田 圭吾, 淺野間 理仁 :
小児肝芽腫の臨床的特徴と治療成績に関する検討,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
202. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
原因不明の腸腰筋膿瘍および胸壁皮下膿瘍を来した乳児例,
第51回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2012年9月.
203. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, Hidenori Miyake and Mitsuo Shimada :
Risk of carcinogenesis in patients with pancreaticobiliary maljunction through both epigenetic and genetic regulation.,
第71回 日本癌学会学術総会, Sep. 2012.
204. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
腱中心に発生した遅発性先天性横隔膜ヘルニア嵌頓の1例,
第51回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2012年9月.
205. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
小児外科研修を始めるにあたって∼一研修医が考える卒後臨床研修と一般外科研修の意味と意義∼,
第51回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2012年9月.
206. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
原因不明の腸腰筋膿瘍および胸壁皮下膿瘍を来した乳児例,
第51回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2012年9月.
207. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
小児鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術(LPEC法)の術後成績および有用性,
第51回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2012年9月.
208. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
幽門腫瘤の固定に血管鉗子を用いた腹腔鏡下幽門筋切開術,
第51回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2012年9月.
209. 矢田 圭吾, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
非拡張型膵・胆管合流異常症の胆道上皮は発癌ポテンシャルを有する,
第35回 日本膵・胆管合流異常研究会, 2012年9月.
210. 森 大樹, 石橋 広樹, 宇都宮 徹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 淺野間 理仁, 三宅 秀則, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常症の胆道上皮における遺伝子異常からみた治療方針,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
211. 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 森 大樹, 島田 光生 :
小児肝芽腫の臨床的特徴と治療成績に関する検討,
第245回 徳島医学会学術集会, 2012年7月.
212. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常の胆道上皮における分子生物学的検討,
第245回 徳島医学会学術集会, 2012年7月.
213. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
膵・胆管合流異常症における胆道癌発癌機構の解明,
第97回 日本消化器病学会四国支部例会, 2012年6月.
214. 矢田 圭吾, 島田 光生, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦 :
縦隔腫瘍と鑑別を要した左肺葉外肺分画症の1例,
第49回 日本小児外科学会学術集会, 2012年5月.
215. 森 大樹, 島田 光生, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦 :
鼠径ヘルニアに対するLPEC施行後に対側発症を来した3例,
第49回 日本小児外科学会学術集会, 2012年5月.
216. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 淺野間 理仁 :
小児鼠径部疾患におけるadvanced LPEC法の適応と成績,
第49回 日本小児外科学会学術集会, 2012年5月.
217. 石橋 広樹, 森 大樹, 矢田 圭吾, 淺野間 理仁 :
腹腔鏡補助下肝部分切除術を施行した肝芽腫の1例,
第49回 日本小児外科学会学術集会, 2012年5月.
218. 森 大樹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
腸管蠕動不全が疑われた先天性小腸閉鎖の1例,
第101回徳島周産期研究会, 2012年5月.
219. 森 大樹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
最近経験した新生児卵巣嚢胞の3例,
第53回 中国四国小児がん研究会, 2012年4月.
220. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
膵・胆管合流異常症の胆道上皮は発癌ポテンシャルを有する,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
221. 石橋 広樹, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 矢田 圭吾, 島田 光生 :
腹腔鏡補助下手術を施行した肝芽腫の1例,
第53回 中国四国小児がん研究会, 2012年4月.
222. 新居 章, 石橋 広樹, 淺野間 理仁, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
キャリーオーバーした小児期発症胆道拡張症例の検討,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
223. 石橋 広樹, 森 大樹, 淺野間 理仁, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
小児内鼠径部疾患におけるadvanced LPEC法の有用性,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
224. 石橋 広樹 :
血流障害,遊走脾を伴った小児急性胃軸捻転症に対して腹腔鏡下手術を行った1例.,
第48回 日本腹部救急医学会, 2012年3月.
225. 森 大樹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 浅野間 理仁, 島田 光生, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 木下 ゆき子 :
膀胱尿管逆流症術後に急性薬剤性腎不全を来した1小児例.,
第20回 徳島外科術後管理研究会, 2012年2月.
226. 森 大樹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 淺野間 理仁, 島田 光生, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 木下 ゆき子 :
膀胱尿管逆流症術後に急性薬剤性腎不全を来した1小児例,
第20回 徳島外科術後管理研究会, 2012年2月.
227. 森 大樹, 島田 光生, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 浅野間 理仁 :
foregut duplication cystに対する鏡視下手術.,
第24回 日本内視鏡外科学会総会, 2011年12月.
228. 石橋 広樹, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 浅野間 理仁, 島田 光生, 新居 章, 曽我美 朋子 :
小児先天性門脈体循環シャント(Type2)に対する腹腔鏡下手術.,
第24回 日本内視鏡外科学会総会, 2011年12月.
229. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森 大樹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石橋 広樹, 浅野間 理仁 :
膵・胆管合流異常における胆道上皮の分子生物学的検討—胆道上皮は発癌ポテンシャルを有するー.,
第22回 日本消化器癌発生学会総会, 2011年11月.
230. 森 大樹, 島田 光生, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 浅野間 理仁 :
腹腔鏡下小児鼠径ヘルニア手術(LPEC法)術後に対側発症した1例.,
第73回日本臨床外科学会総会, 2011年11月.
231. 石橋 広樹, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 浅野間 理仁, 島田 光生, 新居 章 :
小児鼠径部疾患に対する内視鏡下手術の現状.,
第73回日本臨床外科学会総会, 2011年11月.
232. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
経験から学ぶ内視鏡下手術のトラブルシューティング(肝臓・胆道・膵臓) 腹腔鏡下肝切除術の短期治療成績の評価 術中合併症対策を含めて,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 343, 2011年11月.
233. 森 大樹, 島田 光生, 森根 裕二, 佐藤 宏彦, 石橋 広樹, 宇都宮 徹 :
膵胆管合流異常症の胆道上皮の分子生物学的検討 胆道上皮は発癌ポテンシャルを有する,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 623, 2011年11月.
234. 石橋 広樹, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 浅野間 理仁, 島田 光生, 新居 章, 曽我美 朋子 :
小児鼠径部疾患に対する内視鏡下手術の現状(VW).,
第31回 日本小児内視鏡外科・手術手技研究会, 2011年10月.
235. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 斎藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
膵胆管合流異常症例における胆道癌発癌機構に関する検討,
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 778, 2011年10月.
236. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 斎藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
Bevacizumabの大量肝切除後における肝障害・肝再生改善効果の基礎研究,
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 912, 2011年10月.
237. 石橋 広樹, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 島田 光生 :
血流障害,遊走脾を伴った急性胃軸捻転症の1例.,
第50回 日本小児外科学会中国四国地方会, 2011年9月.
238. 森 大樹, 島田 光生, 久山 寿子, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 :
ラット胆管拡張症モデルを用いた膵・胆管合流異常症に関する実験的検討,
胆道, Vol.25, No.3, 499, 2011年9月.
239. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 石橋 広樹 :
胆嚢摘出術を施行後,20年経過して胆管癌を発症した胆管非拡張型膵・胆管合流異常の1例,
日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス, Vol.34, 46-47, 2011年9月.
240. 森 大樹, 島田 光生, 森根 裕二, 佐藤 宏彦, 石橋 広樹, 宇都宮 徹, 浅野間 理仁 :
膵・胆管合流異常症の胆道上皮における分子生物学的検討,
日本膵・胆管合流異常研究会, Vol.34, 52, 2011年9月.
241. 森 大樹, 嵩原 裕夫, 久山 寿子, 佐藤 宏彦, 石橋 広樹, 島田 光生 :
食道重複症に対し腹腔鏡下摘出術を施行した1例.,
第48回 日本小児外科学会学術集会, 2011年7月.
242. 久山 寿子, 嵩原 裕夫, 新居 章, 森 大樹, 佐藤 宏彦, 石橋 広樹 :
鏡視下手術中, 偶然発見された異所性副腎皮質の女児例.,
第48回 日本小児外科学会学術集会, 2011年7月.
243. 新居 章, 石橋 広樹, 曽我美 朋子 :
小児穿孔性虫垂炎に対する開腹手術と腹腔鏡下手術の比較検討.,
第48回 日本小児外科学会学術集会, 2011年7月.
244. 石橋 広樹, 新居 章, 曽我美 朋子 :
LPEC法の基本手技と適応拡大について.,
第48回 日本小児外科学会学術集会, 2011年7月.
245. 石橋 広樹, 曽我美 朋子, 新居 章, 猪谷 元宏, 岩井 朝幸, 粟井 艶子 :
膵腺房細胞癌の1例.,
第51回 中国四国小児がん研究会, 2011年4月.
246. 石橋 広樹, 大塩 猛人, 曽我美 朋子 :
小児内鼠径ヘルニアに対して腹腔鏡下修復術を行った3例,
第47回 日本小児外科学会総会, 2010年5月.
247. 石橋 広樹, 大塩 猛人, 曽我美 朋子 :
再発性小児鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術の有用性,
第47回 日本小児外科学会総会, 2010年5月.
248. 石橋 広樹, 大塩 猛人, 曽我美 朋子 :
胃潰瘍穿通から幽門閉塞を来し,手術を施行したcampomelic dysplasiaの1乳児例,
第47回 日本小児外科学会総会, 2010年5月.

その他・研究会:

1. 吉本 夏実, 加地 剛, 吉田 あつ子, 祖川 英至, 米谷 直人, 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二, 石橋 広樹, 苛原 稔 :
胎児超音波にて直腸腟前庭瘻を描出できた鎖肛の一例,
超音波医学, Vol.46, No.Suppl., S695, 2019年4月.
2. 加地 剛, 七條 あつ子, 米谷 直人, 須賀 健一, 中川 竜二, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹 :
鎖肛の胎児超音波所見についての検討,
徳島産婦人科医報, No.51, 33, 2018年8月.
3. 市原 裕子, 渡辺 典子, 須賀 健一, 中川 竜二, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 大隅 敬太, 森 一博, 香美 祥二 :
消化管アレルギーの合併が疑われたHirschsprung 病の一例,
第148回日本小児科学会徳島地方会, 2017年6月.
4. 加地 剛, 七條 あつ子, 米谷 直人, 苛原 稔, 須賀 健一, 中川 竜二, 石橋 広樹 :
鎖肛の胎児超音波所見についての検討,
第111回徳島周産期研究会, 2017年5月.
5. 杉本 真弓, 小野 朱美, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 神邊 紀子 :
術中のアナフィラキシーショックを契機に診断した,ラテックスアレルギーの1例,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
6. 寺田 知正, 中川 竜二, 渡辺 典子, 西條 隆彦, 近藤 朝美, 香美 祥二, 加地 剛, 中山 聡一朗, 苛原 稔, 石橋 広樹, 矢田 圭吾 :
完全気管輪を伴った右肺欠損の低出生体重児の管理,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
7. 白河 綾, 小畠 久和, 森 大樹, 石橋 広樹, 奥田 菜緒, 綱野 祐美子, 中瀧 恵実子, 板垣 大雅, 小野寺 睦雄, 今中 秀光, 西村 匡司 :
経鼻栄養カテーテルにより十二指腸穿孔をきたした内臓逆位の一乳児例,
第20回徳島外科術後管理研究会, 2012年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 膵・胆管合流異常におけるNrf2 addictionを介した間質反応の解明 (研究課題/領域番号: 21K08671 )
  • 鎖肛術後の排便機能障害に対する脂肪由来Schwann様細胞を用いた治療法の開発 (研究課題/領域番号: 21K08596 )
  • 小児先天性胆道拡張症における胆道癌発癌機構解明に関する研究 (研究課題/領域番号: 17K11510 )
  • 分子標的薬Bevacizumabの肝再生制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 26461913 )
  • スキルス・ラボの海外交流プログラムによる国際感覚育成に関する研究 (研究課題/領域番号: 26460603 )
  • 脂肪組織由来幹細胞を用いた三次元腸管組織再生法の開発 (研究課題/領域番号: 25462775 )
  • 黄疸肝におけるバクテリアル・トランスロケーションのメカニズム解明と制御 (研究課題/領域番号: 24890151 )
  • 肝虚血再灌流傷害・再生制御における小胞体ストレス応答の解明と制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 24791426 )
  • 研究者番号(20314867)による検索