検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 社会医学系 > 医療教育学 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 社会環境医学講座 > 医療教育学 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 社会環境医学講座 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 内科 > 循環器内科 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 赤池 雅史 :
歯科医師のための医学ハンドブック「呼吸困難・息切れ・喘息」,
医歯薬出版株式会社, 2014年5月.
2. 吉本 勝彦, 赤池 雅史, 苛原 稔, 青田 桂子 :
歯科医師のための医学ハンドブック,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2014年5月.
3. 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
V 実験的研究 6.血管内皮障害―nitric oxideの観点から―,
株式会社 金芳堂, 2010年10月.

学術論文(審査論文):

1. 植野 美彦, 関 陽介, 赤池 雅史, 野間口 雅子 :
教育連動型AO入試の設計と実施ーー地方国立大学における研究医の養成・確保をめざしてーー,
大学入試研究ジャーナル, No.30, 2020年.
2. Shusuke Yagi, Daisuke Kondo, Takayuki Ise, Daiju Fukuda, Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Yutaka Kawabata, Hiroyuki Ito, Yoshihito Saijo, Hiromitsu Seno, Kumiko Sutou, Rie Ueno, Takafumi Todoroki, Kenya Kusunose, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Michio Shimabukuro, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Association of Decreased Docosahexaenoic Acid Level After Statin Therapy and Low Eicosapentaenoic Acid Level with In-Stent Restenosis in Patients with Acute Coronary Syndrome,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.26, No.3, 272-281, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113220,   DOI: 10.5551/jat.44735,   PubMed: 30135329,   Elsevier: Scopus)
3. Shusuke Yagi, Robert Zheng, Seiichi Nishiyama, Yutaka Kawabata, Takayuki Ise, Kosuke Sugiura, Haruhiko Yoshinari, Toshihiko Nishisho, Yoshimi Bando, Kumiko Kagawa, Daiju Fukuda, Tomohiro Soga, Yoshihito Saijoh, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Shinji Kawahito, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Osteolytic primary bone lymphoma in the multiple bones,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3,4, 347-350, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114167,   DOI: 10.2152/jmi.66.347,   PubMed: 31656303,   Elsevier: Scopus)
4. Shusuke Yagi, Rie Ueno, Kumiko Sutou, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Yoshihito Saijo, Tomoya Hara, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Mika Bando, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Lambda-like J wave due to acute myocardial infarction of the diagonal branch,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1,2, 185-187, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113420,   DOI: 10.2152/jmi.66.185,   PubMed: 31064936,   Elsevier: Scopus)
5. K Adachi, S Hashiguchi, M Saito, S Kashiwagi, T Miyazaki, H Kawai, Hirotsugu Yamada, T Iwase, Masashi Akaike, Shoichiro Takao, M Kobayashi, M Ishizaki, T Matsumura, M Mori-Yoshimura and E Kimura :
Detection and management of cardiomyopathy in female dystrophinopathy carriers,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.386, 74-80, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jns.2017.12.024,   PubMed: 29358000)
6. T Miyamoto, A Akaishi, T Takagai, K Kida, Masashi Akaike and Hiroaki Yanagawa :
Implementation of clinical research coordinator hospital certification course to spread understanding of clinical trials,
Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, Vol.49, No.1, 7-11, 2018.
(DOI: 10.3999/jscpt.49.7,   Elsevier: Scopus)
7. Hiromu Yamazaki, Shusuke Yagi, Yuta Torii, Rie Amano, Yasuyuki Oomichi, Teruaki Sangawa, Daiju Fukuda, Muneyuki Kadota, Takayuki Ise, Rie Ueno, Tomoya Hara, Kenya Kusunose, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Edoxaban improves acute venous thromboembolism while preserving protein C and protein S levels,
Journal of Cardiology, Vol.71, No.3, 305-309, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jjcc.2017.09.009,   PubMed: 29100817,   Elsevier: Scopus)
8. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Takeshi Kondo, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Daiju Fukuda, Yutaka Nakaya, Kin-Ichiro Suwaki, Takashi Takeji, Toshihiro Wada, Masdan Hotimah Salim, Saori Hama, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Munehide Matsuhisa, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Predictors for the Treatment Effect of Sodium Glucose Co-transporter 2 Inhibitors in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.,
Advances in Therapy, Vol.35, No.1, 124-134, 2017.
(DOI: 10.1007/s12325-017-0639-z,   PubMed: 29185199,   Elsevier: Scopus)
9. Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Ken-Ichi Aihara, Daiju Fukuda, Takayuki Ise, Muneyuki Kadota, Sachiko Bando, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Low Serum Levels of Eicosapentaenoic Acid and Docosahexaenoic Acid are Risk Factors for Cardiogenic Syncope in Patients with Brugada Syndrome,
International Heart Journal, Vol.58, No.5, 720-723, 2017.
(DOI: 10.1536/ihj.16-278,   PubMed: 28966307,   CiNii: 130006179141,   Elsevier: Scopus)
10. Yuriko Takagawa, Shusuke Yagi, Takayuki Ise, Ayumi Ishii, Koji Nishikawa, Daiju Fukuda, Kenya Kusunose, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Shinsuke Katoh, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Improved Exercise Capacity After Cardiac Rehabilitation Is Associated with Reduced Visceral Fat in Patients with Chronic Heart Failure.,
International Heart Journal, Vol.58, No.5, 746-751, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110111,   DOI: 10.1536/ihj.16-454,   PubMed: 28966316,   Elsevier: Scopus)
11. Shusuke Yagi, Yukina Hirata, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Daiju Fukuda, Salim Masdan Hotimah, G Maimaituxun, Susumu Nishio, Yuriko Takagawa, Saori Hama, Tomomi Matsuura, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Canagliflozin reduces epicardial fat in patients with type 2 diabetes mellitus.,
Diabetology & Metabolic Syndrome, Vol.9, 78, 2017.
(DOI: 10.1186/s13098-017-0275-4,   PubMed: 29034006,   Elsevier: Scopus)
12. Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, KI Aihara, Masashi Akaike, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
n-3 Polyunsaturated Fatty Acids: Promising Nutrients for Preventing Cardiovascular Disease.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.24, No.10, 999-1010, 2017.
(DOI: 10.5551/jat.RV17013,   PubMed: 28835582,   Elsevier: Scopus)
13. Shusuke Yagi, Minoru Mitsugi, Teruaki Sanagawa, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Paget-Schroetter Syndrome in a Baseball Pitcher.,
International Heart Journal, Vol.58, No.4, 637-640, 2017.
(DOI: 10.1536/ihj.16-447,   PubMed: 28701678,   Elsevier: Scopus)
14. Takeshi Mitsuhashi, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Toshio Matsumoto, Masashi Akaike and Ken-ichi Aihara :
Endothelial Nitric Oxide Synthase-Independent Pleiotropic Effects of Pitavastatin Against Atherogenesis and Limb Ischemia in Mice.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017.
(DOI: 10.5551/jat.37747,   PubMed: 28592707)
15. M Kadota, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike, R Ueno, Y Kawabata, T Hara, K Ogasawara, Mika Bando, S Bando, Tomomi Matsuura, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Response prediction and influence of tolvaptan in chronic heart failure patients considering the interaction of the renin-angiotensin-aldosterone system and arginine vasopressin.,
International Heart Journal, Vol.57, No.4, 461-465, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109694,   DOI: 10.1536/ihj.15-491,   PubMed: 27357439,   Elsevier: Scopus)
16. T Shigekiyo, E Sekimoto, H Shibata, Shuji Ozaki, T Okumura, H Fujinaga, H Shibata, Ken-ichi Aihara and Masashi Akaike :
Factor VII Tokushima: the first case of factor VII Cys22Gly with the development of myocardial infarction in the proband receiving recombinant factor VIIa replacement therapy.,
Blood Coagulation & Fibrinolysis, Vol.26, No.8, 956-958, 2015.
(DOI: 10.1097/MBC.0000000000000346,   PubMed: 26517065,   Elsevier: Scopus)
17. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, Akira Takashima, Mika Bando, Tomoya Hara, Sachiko Nishimoto, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Reduced ratio of eicosapentaenoic acid and docosahexaenoic acid to arachidonic acid is associated with early onset of acute coronary syndrome.,
Nutrition Journal, Vol.14, No.1, 111, 2015.
(DOI: 10.1186/s12937-015-0102-4,   PubMed: 26514181,   Elsevier: Scopus)
18. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Daiju Fukuda, HM Salim, Masayoshi Ishida, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Predictive factors for efficacy of dipeptidyl peptidase-4 inhibitors in patients with type 2 diabetes mellitus.,
Diabetes & Metabolism Journal, Vol.39, No.4, 342-347, 2015.
(DOI: 10.4093/dmj.2015.39.4.342,   PubMed: 26301197,   Elsevier: Scopus)
19. Tomoya Hara, Shusuke Yagi, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Transdermal patch of bisoprolol for the treatment of hypertension complicated with aortic dissection.,
International Journal of Cardiology, Vol.198, 220-221, 2015.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2015.06.112,   PubMed: 26173061,   Elsevier: Scopus)
20. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, Akira Takashima, Tomoya Hara, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Effects of docosahexaenoic acid on the endothelial function in patients with coronary artery disease.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.22, No.5, 447-454, 2015.
(DOI: 10.5551/jat.26914,   PubMed: 25342567,   CiNii: 130004700298,   Elsevier: Scopus)
21. S Kimura, Yuka Ueda, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, K Nishikawa, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Shinsuke Katoh, Masashi Akaike, Natsuo Yasui and Masataka Sata :
Impact of supervised cardiac rehabilitation on urinary albumin excretion in patients with cardiovascular disease.,
International Heart Journal, Vol.56, No.1, 105-109, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109367,   DOI: 10.1536/ihj.14-161,   PubMed: 25742947)
22. Shusuke Yagi, A Takashima, M Mitsugi, T Wada, Junko Hotsuchi, Ken-ichi Aihara, T Hara, Masayoshi Ishida, Daiju Fukuda, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Effect of combination tablets containing amlodipine 10 mg and irbesartan 100 mg on blood pressure and cardiovascular risk factors in patients with hypertension.,
Therapeutics and Clinical Risk Management, Vol.11, 83-88, 2015.
(DOI: 10.2147/TCRM.S72299,   PubMed: 25624765,   Elsevier: Scopus)
23. Shusuke Yagi, T Hara, R Ueno, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, A Takashima, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Serum concentration of eicosapentaenoic acid is associated with cognitive function in patients with coronary artery disease.,
Nutrition Journal, Vol.13, No.1, 112, 2014.
(DOI: 10.1186/1475-2891-13-112,   PubMed: 25471307,   Elsevier: Scopus)
24. A Takashima, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, S Kimura, Yuka Ueda, K Nishikawa, A Ishii, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Shinsuke Katoh, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Cardiac rehabilitation reduces serum levels of oxidized low-density lipoprotein.,
Circulation Journal, Vol.78, No.11, 2682-2687, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109368,   DOI: 10.1253/circj.CJ-14-0532,   PubMed: 25241889)
25. Nhat-Tu Le, Yuichiro Takei, Yuki Izawa-Ishizawa, Kyung-Sun Heo, Hakjoo Lee, V Alan Smrcka, L Benjamin Miller, Ae Kyung Ko, Sara Ture, Craig Morrell, Keigi Fujiwara, Masashi Akaike and Jun-Ichi Abe :
Identification of Activators of ERK5 Transcriptional Activity by High-Throughput Screening and the Role of Endothelial ERK5 in Vasoprotective Effects Induced by Statins and Antimalarial Agents.,
The Journal of Immunology, Vol.193, No.7, 3803-3815, 2014.
(DOI: 10.4049/jimmunol.1400571,   PubMed: 25187658)
26. T Hara, K Kishi-Tanaka, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Utility of lower limb positive pressure test for diagnosis of diastolic heart failure: a case report.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 404-408, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109593,   DOI: 10.2152/jmi.61.404,   PubMed: 25264062,   CiNii: 130004822749,   Elsevier: Scopus)
27. Shusuke Yagi, M Fujimura, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, M Tada, Yuka Ueda, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Increase in serum triglyceride was associated with coronary plaque vulnerability in a patient with rheumatoid arthritis.,
Journal of Cardiology Cases, Vol.10, No.2, 54-57, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jccase.2014.04.009,   Elsevier: Scopus)
28. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
High serum parathyroid hormone and calcium are risk factors for hypertension in Japanese patients.,
Endocrine Journal, Vol.61, No.7, 727-733, 2014.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ14-0004,   PubMed: 24849536,   CiNii: 130004443979,   Elsevier: Scopus)
29. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hiroaki Yanagawa, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Sato Chiho, Saijo Tomoka, Hiroaki Mikasa, Kashiwada Yoshizaki, Yoshihisa Takaishi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Efficacy and safety of Citrus sudachi peel in obese adults:A randomized, double-blind, pilot study,
Functional Foods in Health and Disease, Vol.4, No.6, 276-284, 2014.
30. S Bando, Takeshi Soeki, T Matsuura, Toshiyuki Niki, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, T Aiba, W Shimizu and Masataka Sata :
Congenital long QT syndrome with compound mutations in the KCNH2 gene.,
Heart and Vessels, Vol.29, No.4, 554-559, 2014.
(DOI: 10.1007/s00380-013-0406-2,   PubMed: 24057343,   Elsevier: Scopus)
31. 坂東 智子, 赤池 雅史, 鶴尾 美穂, 石本 寛子, 宮内 和瑞, 坂東 良美, 生島 葉子, 宮 恵子, 瀧 雅, 原田 和代, 角瀬 裕子, 豊崎 纏 :
徳島市医師会の女性医師支援事業,
四国医学雑誌, Vol.70, No.5-6, 161-166, 2014年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109897,   CiNii: 40020331916)
32. Kyung-Sun Heo, J Hannah Cushman, Masashi Akaike, Chang-Hoon Woo, Xin Wang, Xing Qiu, Keigi Fujiwara and Jun-ichi Abe :
ERK5 activation in macrophages promotes efferocytosis and inhibits atherosclerosis.,
Circulation, Vol.130, No.2, 180-191, 2014.
(DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.113.005991,   PubMed: 25001623)
33. Takayuki Ise, Takashi Iwase, S Masuda, Shusuke Yagi, Masashi Akaike, S Nishio, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Acute pulmonary thromboembolism from deep vein thrombosis induced by trauma to the popliteal vein with a tennis racket.,
Journal of Cardiology Cases, Vol.9, No.4, 162-164, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jccase.2014.01.001,   Elsevier: Scopus)
34. Shusuke Yagi, Kadota Muneyuki, Ken-ichi Aihara, Nishikawa Koji, Hara Tomoya, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Michio Shimabukuro, Shinsuke Katoh and Masataka Sata :
Association of lower limb muscle mass and energy expenditure with visceral fat mass in healthy men,
Diabetology & Metabolic Syndrome, Vol.6, No.1, 27, 2014.
(DOI: 10.1186/1758-5996-6-27,   PubMed: 24571923,   Elsevier: Scopus)
35. Takeshi Soeki, Toshiyuki Niki, E. Uematsu, S. Bando, T. Matsuura, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Yuka Ueda, N. Tomita, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Michio Shimabukuro, I. Kishimoto, Kenji Kangawa and Masataka Sata :
Ghrelin protects the heart against ischemia-induced arrhythmias by preserving connexin-43 protein.,
Heart and Vessels, Vol.28, No.6, 795-801, 2013.
(DOI: 10.1007/s00380-013-0333-2,   PubMed: 23494606)
36. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Takashi Iwase and Masataka Sata :
Renin-angiotensin-aldosterone system has a pivotal role in cognitive impairment.,
Hypertension Research, Vol.36, No.9, 753-758, 2013.
(DOI: 10.1038/hr.2013.51,   PubMed: 23698805,   Elsevier: Scopus)
37. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo-Ueda, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yasuhiro Mouri, Matomo Sakari, Takahiro Matsumoto, Ken-ichi Takeyama, Masashi Akaike, Mitsuru Matsumoto, Masataka Sata, Kenneth Walsh, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling.,
Circulation, Vol.128, No.1, 60-71, 2013.
(DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.113.001533,   PubMed: 23723256)
38. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, Masayoshi Ishida, Takayuki Ise, Toshiyuki Niki, Yuka Ueda, Koji Yamaguchi, Takashi Iwase, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Pharmacology of Aldosterone and the Effects of Mineralocorticoid Receptor Blockade on Cardiovascular Systems.,
Acta Cardiologica Sinica, Vol.29, No.3, 201-207, 2013.
(Elsevier: Scopus)
39. Shuji Kato, Itsuro Endo, Mitsunori Fujimura, Rika Kuriwaka-Kido, Yuichi Fujinaka, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Daisuke Inoue, Masashi Akaike, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen (ICTP) as a surrogate marker for vulnerable plaques in atherosclerotic patients: A pilot study.,
Atherosclerosis, Vol.229, No.1, 182-185, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 105936,   DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2013.03.030,   PubMed: 23639859)
40. Takayuki Ise, K Fujioka, Takashi Iwase, J. Hotchi, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Ulcer-like projection caused by a penetrating branch to the bronchial artery.,
Journal of the American College of Cardiology, Vol.61, No.8, e147-147, 2013.
(DOI: 10.1016/j.jacc.2012.10.047,   PubMed: 23428223,   Elsevier: Scopus)
41. 高島 啓, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 前田 香代子, 西川 幸治, 小笠原 梢, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 發知 淳子, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 加藤 真介, 赤池 雅史, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーションは酸化LDLを低下させる,
心臓リハビリテーション, Vol.18, No.1, 130-133, 2013年.
(CiNii: 40019709674)
42. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeaki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, promotes angiogenesis via activation of the AMP-activated protein kinase-endothelial nitric-oxide synthase signaling pathway,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.41, 34256-34263, 2012.
(DOI: 10.1074/jbc.M112.353532,   PubMed: 22904320)
43. 久岡 白陽花, 上田 由佳, 前田 香代子, 西川 幸治, 坂東 左知子, 林 修司, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 冨田 紀子, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 髙田 信二郎, 赤池 雅史, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
(若手優秀演題セッション)尿中アルブミン排泄量に及ぼす心臓リハビリテーションの効果,
心臓リハビリテーション, Vol.17, No.1, 159-161, 2012年.
44. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
ロスバスタチンによる脂質低下作用非依存的な形態的および機能的頸動脈硬化改善作用,
Progress in Medicine, Vol.32, No.2, 315-320, 2012年.
45. Hirotsugu Kurobe, Ken-ichi Aihara, Higashida Mayuko, Hirata Yoichiro, Nishiya Masako, Matsuoka Yuki, Tamotsu Kanbara, Nakayama Taisuke, Hajime Kinoshita, Mikio Sugano, Eiki Fujimoto, Kurobe Ayako, Sugawara Noriko, Takashi Kitaichi, Masashi Akaike, Masataka Sata, Toshio Matsumoto and Tetsuya Kitagawa :
Ezetimibe monotherapy ameliorates vascular function in patients with hypercholesterolemia through decreasing oxidative stress.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.18, No.12, 1080-1089, 2011.
(DOI: 10.5551/jat.9548,   PubMed: 22027560)
46. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Local persistent hypercoagulability after sirolimus-eluting stent implantation in patients with stable angina.,
International Journal of Cardiology, Vol.153, No.3, 272-276, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2010.08.014,   PubMed: 20826025)
47. Takeshi Soeki, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, Sachiko Bando, Yoichiro Hirata, Noriko Tomita, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Elevated concentrations of pentraxin 3 are associated with coronary plaque vulnerability.,
Journal of Cardiology, Vol.58, No.2, 151-157, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jjcc.2011.04.005,   PubMed: 21676590)
48. Yoichiro Hirata, Minoru Tabata, Hirotsugu Kurobe, Tatsuo Motoki, Masashi Akaike, Chika Nishio, Mayuko Higashida, Hiroaki Mikasa, Yutaka Nakaya, Shuichiro Takanashi, Takashi Igarashi, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
Coronary atherosclerosis is associated with macrophage polarization in epicardial adipose tissue.,
Journal of the American College of Cardiology, Vol.58, No.3, 248-255, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jacc.2011.01.048,   PubMed: 21737014)
49. Toshiyuki Niki, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Comparison of chronic-stage histopathological findings among 3 coronary stents implanted in the same patient.,
International Journal of Cardiology, Vol.150, No.1, e25-e27, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2009.08.032,   PubMed: 19735952)
50. M Bando, Takeshi Soeki, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, N Tomita, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Ventricular tachycardia in cardiac sarcoidosis controlled by radiofrequency catheter ablation.,
Internal Medicine, Vol.50, No.11, 1201-1206, 2011.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.50.4580,   PubMed: 21628935)
51. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Noriko Tomita, Susumu Nishio, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Serial imaging changes during treatment of Takayasu arteritis with pulmonary artery stenosis.,
International Journal of Cardiology, Vol.148, No.3, 47-50, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2009.02.036,   PubMed: 19299026)
52. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Takashi Iwase, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Acute hemodynamic effects of adaptive servo ventilation in patients with pulmonary hypertension.,
International Journal of Cardiology, Vol.148, No.1, 125-127, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2011.01.074,   PubMed: 21334081)
53. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Effect of low-dose (1 mg/day) pitavastatin on left ventricular diastolic function and albuminuria in patients with hyperlipidemia.,
The American Journal of Cardiology, Vol.107, No.11, 1644-1649, 2011.
(DOI: 10.1016/j.amjcard.2011.01.054,   PubMed: 21458773)
54. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo-Ueda, Sumiko Yoshida, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Bosentan improves systemic sclerosis-related peripheral circulation insufficiency.,
International Journal of Cardiology, Vol.147, No.3, 472-475, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2011.01.025,   PubMed: 21296436)
55. Yoichiro Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Fumio Chikugo, Takaki Hori, Yoshimi Bando, Chika Nishio, Mayuko Higashida, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
Enhanced inflammation in epicardial fat in patients with coronary artery disease.,
International Heart Journal, Vol.52, No.3, 139-142, 2011.
(DOI: 10.1536/ihj.52.139,   PubMed: 21646734)
56. Shunji Hashizume, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Activation of peroxisome proliferator-activated receptor α in megakaryocytes reduces platelet-derived growth factor-BB in platelets.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.18, No.2, 138-147, 2011.
(DOI: 10.5551/jat.5868,   PubMed: 21060209)
57. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Susumu Nishio, Yukio Mizuguchi, Masahito Choraku, Yasuhiro Maeda, Shinobu Hosokawa, Nobuo Yamazaki, Noriko Tomita, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Validation of longitudinal peak systolic strain by speckle tracking echocardiography with visual assessment and myocardial perfusion SPECT in patients with regional asynergy.,
Circulation Journal, Vol.75, No.1, 141-147, 2011.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-10-0551,   PubMed: 21099120)
58. 門田 宗之, 竹谷 善雄, 若槻 哲三, 山口 浩司, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 上田 由佳, 冨田 紀子, 竹内 秀和, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
繰り返す心不全と維持透析導入から離脱しえた腎動脈狭窄症の一例,
四国医学雑誌, Vol.66, No.5, 6, 175-180, 2010年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110339)
59. Takayuki Ise, Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Plasma heparin cofactor II activity is inversely associated with left atrial volume and diastolic dysfunction in humans with cardiovascular risk factors.,
Hypertension Research, Vol.34, No.2, 225-231, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.211,   PubMed: 21107326)
60. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Takashi Iwase, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Ken-ichi Aihara, Yoichiro Hirata, Munkhbaatar Dagvasumberel, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Bosentan ameliorated exercise-induced pulmonary arterial hypertension complicated with systemic sclerosis.,
Internal Medicine, Vol.49, No.21, 2309-2312, 2010.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.49.3812,   PubMed: 21048365,   CiNii: 130000413347)
61. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Kazue Ishikawa, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
High plasma aldosterone concentration is a novel risk factor of cognitive impairment in patients with hypertension.,
Hypertension Research, Vol.34, No.1, 74-78, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.179,   PubMed: 20861841)
62. Yuka Sumitomo-Ueda, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Ryoko Uemoto, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Yoichiro Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II protects against angiotensin II-induced cardiac remodeling via attenuation of oxidative stress in mice.,
Hypertension, Vol.56, No.3, 430-436, 2010.
(DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.110.152207,   PubMed: 20660821)
63. Hiroaki Yanagawa, Masatoshi Kishuku, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Minoru Irahara :
View of physicians on and barriers to patient enrollment in a multicenter clinical trial: experience in a Japanese rural area,
International Archives of Medicine, Vol.3, No.1, 7, 2010.
(DOI: 10.1186/1755-7682-3-7,   PubMed: 20525325)
64. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Ryoko Uemoto, Yuka Sumitomo-Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Susumu Nishio, Hiromi Kawano, Junko Miki, Hirotsugu Yamada, Yoichiro Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is inversely associated with sex-dependent diverse carotid atherosclerosis regardless of endothelial function.,
Atherosclerosis, Vol.212, No.1, 310-315, 2010.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.05.011,   PubMed: 20627295)
65. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Takashi Sato, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Hiroyuki Azuma, Kenneth Walsh, Toshiaki Tamaki, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor counteracts Doxorubicin-induced cardiotoxicity in male mice.,
Molecular Endocrinology, Vol.24, No.7, 1338-1348, 2010.
(DOI: 10.1210/me.2009-0402,   PubMed: 20501642)
66. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Takashi Iwase, Susumu Nishio, Noriko Tomita, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Shoichiro Takao, Masafumi Harada, Noriko Kagawa, Eiji Kudo and Masataka Sata :
Images in cardiovascular medicine. Cardiac magnetic resonance imaging and 2-dimensional speckle tracking echocardiography in secondary cardiac amyloidosis.,
Circulation Journal, Vol.74, No.7, 1494-1496, 2010.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-10-0141,   PubMed: 20501956)
67. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Mitsunori Fujimura, Takehiko Kimura, Takeshi Nishiuchi, Takashi Iwase, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoichiro Hirata, Munkhbaatar Dagvasumberel, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Congenital ventricular aneurysm as an unexpected complication of monomorphic premature ventricular contractions.,
Internal Medicine, Vol.49, No.10, 907-912, 2010.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.49.3008,   PubMed: 20467175,   CiNii: 130000251561)
68. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Kazue Ishikawa, Takashi Iwase, Yasumasa Ikeda, Takeshi Soeki, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Endothelial nitric oxide synthase-independent protective action of statin against angiotensin II-induced atrial remodeling via reduced oxidant injury.,
Hypertension, Vol.55, No.4, 918-923, 2010.
(DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.109.146076,   PubMed: 20194307)
69. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoichiro Hirata, Munkhbaatar Dagvasumberel, Yoshio Taketani, Noriko Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Ezetimibe ameliorates metabolic disorders and microalbuminuria in patients with hypercholesterolemia.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.17, No.2, 173-180, 2010.
(DOI: 10.5551/jat.2378,   PubMed: 20150722)
70. Hirotsugu Kurobe, Masahisa Urata, Masaki Ueno, Masaaki Ueki, Shiro Ono, Yuki Izawa-Ishizawa, Yayoi Fukuhara, Yu Lei, Adiratna Mat Ripen, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Keisuke Ishizawa, Masashi Akaike, Frank J. Gonzalez, Toshiaki Tamaki, Yousuke Takahama, Masanori Yoshizumi, Tetsuya Kitagawa and Shuhei Tomita :
Role of Hypoxia-Inducible Factor 1α in T Cells as a Negative Regulator in Development of Vascular Remodeling,
Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Vol.30, No.2, 210-217, 2010.
(DOI: 10.1161/ATVBAHA.109.192666,   PubMed: 20007912)
71. Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, K Adachi, Y Sumitomo-Ueda, Shusuke Yagi, T Niki, Kenya Kusunose, N Tomita, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, KI Aihara, Masafumi Harada, H Nishitani and Masataka Sata :
Diagnostic utility of cardiac magnetic resonance for detection of cardiac involvement in female carriers of Duchenne muscular dystrophy.,
Heart Asia, Vol.2, 52-55, 2010.
(DOI: 10.1136/ha.2010.002006,   PubMed: 27325943)
72. Masatomo Mihara, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Kiyoe Kurahashi, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Inhibition of thrombin action ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice.,
Endocrinology, Vol.151, No.2, 513-519, 2009.
(DOI: 10.1210/en.2009-0661,   PubMed: 19966184)
73. Y Hirata, Takeshi Soeki, Masashi Akaike, Y Sakai, T Igarashi and Masataka Sata :
Synthetic prostacycline agonist, ONO-1301, ameliorates left ventricular dysfunction and cardiac fibrosis in cardiomyopathic hamsters.,
Biomedicine & Pharmacotherapy, Vol.63, No.10, 781-786, 2009.
(DOI: 10.1016/j.biopha.2009.09.003,   PubMed: 19906506)
74. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, T Niki, K Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Y Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Clinical Utility of Single Beat E/e' Obtained by Simultaneous Recording of Flow and Tissue Doppler Velocities in Atrial Fibrillation with Preserved Systolic Function.,
JACC. Cardiovascular Imaging, Vol.2, No.10, 1147-1156, 2009.
(DOI: 10.1016/j.jcmg.2009.05.013,   PubMed: 19833302)
75. H Iwata, K Nakamura, M Sumi, M Ninomiya, Y Sakai, Y Hirata, Masashi Akaike, T Igarasi, S Takamoto, R Nagai and Masataka Sata :
Local delivery of synthetic prostacycline agonist augments collateral growth and improves cardiac function in a swine chronic cardiac ischemia model.,
Life Sciences, Vol.85, No.5-6, 255-261, 2009.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2009.06.002,   PubMed: 19527738)
76. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Nobuyuki Takamori, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Masataka Sata, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is an independent protective factor against peripheral arterial disease in elderly subjects with cardiovascular risk factors.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.16, No.2, 127-134, 2009.
(DOI: 10.5551/jat.E695,   PubMed: 19403987)
77. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 上田 由佳, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 近藤 彰, 田村 克也, 松本 俊夫 :
アンジオテンシンII受容体拮抗薬バルサルタンのNO bioavailability改善効果に関する臨床的検討,
Progress in Medicine, Vol.29, No.7, 1777-1782, 2009年.
78. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Takashi Todoroki, Susumu Nishio, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
Platypnea-orthodeoxia syndrome associated with patent foramen ovale and aortic ectasia.,
Echocardiography, Vol.26, No.1, 114-117, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1540-8175.2008.00780.x,   PubMed: 19017323)
79. K Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Kenya Kusunose, T Niki, K Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masashi Akaike :
A case of neurogenic myocardial stunning presenting transient left ventricular mid-portion ballooning simulating atypical takotsubo cardiomyopathy.,
Journal of Cardiology, Vol.52, No.1, 53-58, 2008.
(DOI: 10.1016/j.jjcc.2008.03.004,   PubMed: 18639778)
80. 赤池 雅史, 小原 卓爾, 日浅 光春, 藤村 光則, 加藤 みどり, 横井 健治, 小島 章裕, 岡崎 誠司, 井内 貴彦, 井上 利彦, 住友 由佳, 八木 秀介, 池田 康将, 岩瀬 俊, 粟飯原 賢一, 東 博之 :
高コレステロール血症患者に対するピタバスタチンの有効性 総合的脂質プロファイルに関する検討,
Progress in Medicine, Vol.28, No.11, 2745-2751, 2008年.
81. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Masataka Sata, Nobuyuki Takamori, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo, Hirotaka Kawano, Takashi Yamada, Toru Fukuda, Takahiro Matsumoto, Keisuke Sekine, Takashi Sato, Yuko Nakamichi, Yoko Yamamoto, Kimihiro Yoshimura, Tomoyuki Watanabe, Takashi Nakamura, Akimasa Oomizu, Minoru Tsukada, Hideki Hayashi, Toshiki Sudo, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Strain-dependent embryonic lethality and exaggerated vascular remodeling in heparin cofactor II-deficient mice,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.117, No.6, 1514-1526, 2007.
(DOI: 10.1172/JCI27095,   PubMed: 17549254)
82. Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Hiroshi Yamaguchi, Mitsunori Fujimura, Shunji Hashizume, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Intra-vascular ultrasound findings of diffuse coronary atherosclerotic change in systemic lupus erythematosus with secondary antiphospholipid syndrome,
Circulation Journal, Vol.70, No.8, 1082-1085, 2006.
(DOI: 10.1253/circj.70.1082,   PubMed: 16864946)
83. Y. Kuroda, Takao Mitsui, M. Kunishige, Masayuki Shono, Masashi Akaike, H. Azuma and Toshio Matsumoto :
Parkin enhances mitochondrial biogenesis in proliferating cells.,
Human Molecular Genetics, Vol.15, No.6, 883-895, 2006.
(DOI: 10.1093/hmg/ddl006,   PubMed: 16449237)
84. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Takashi Sato, Masashi Akaike, Masanori Yoshizumi, Yuki Suzaki, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsunori Fujimura, Shunji Hashizume, Midori Kato, Shusuke Yagi, Toshiaki Tamaki, Hirotaka Kawano, Takahiro Matsumoto, Hiroyuki Azuma, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor gene knockout male mice exhibit impaired cardiac growth and exacerbation of angiotensin II-induced cardiac fibrosis.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.33, 29661-29666, 2005.
(DOI: 10.1074/jbc.M411694200,   PubMed: 15961403)
85. Midori Kato, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takahiko Iuchi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume and Toshio Matsumoto :
Aspirin inhibits thrombin action on endothelial cells via up-regulation of aminopeptidase N/CD13 expression.,
Atherosclerosis, Vol.183, No.1, 49-55, 2005.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2005.03.003,   PubMed: 16216591)
86. Tomonori Yoshida, Hiroyuki Azuma, Ken-ichi Aihara, Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Takao Mitsui and Toshio Matsumoto :
Vascular smooth muscle cell proliferation is dependent upon upregulation of mitochondrial transcription factor A (mtTFA) expression in injured rat carotid artery,
Atherosclerosis, Vol.178, No.1, 39-47, 2005.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2004.08.029,   PubMed: 15585199)
87. 山口 普史, 池田 康将, 藤村 光則, 森岡 将臣, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 稲山 真美, 埴淵 昌毅 :
アミオダロン肺合併症との鑑別を要したマイコプラズマ肺炎合併拡張型心筋症の1例,
Progress in Medicine, Vol.25, No.Suppl.1, 1552-1556, 2005年.
88. Masashi Akaike, Wenyi Che, Nicole-Lerner Marmarosh, Shinsuke Ohta, Masaki Osawa, Bo Ding, Bradford C. Berk, Chen Yan and Jun-ichi Abe :
The Hinge-Helix 1 Region of Peroxisome Proliferator-Activated Receptor γ1 (PPARγ1) Mediates Interaction with Extracellular Signal-Regulated Kinase 5 and PPARγ1 Transcriptional Activation, --- Involvement in Flow-Induced PPARγ Activation in Endothelial Cells ---,
Molecular and Cellular Biology, Vol.24, No.19, 8691-8704, 2004.
(DOI: 10.1128/MCB.24.19.8691-8704.2004,   PubMed: 15367687)
89. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Michiko Yamashita, Toshiki Sudo, Hideki Hayashi, Yoshihisa Yamada, Fuminari Endoh, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume, Midori Kato, Kimihiro Yoshimura, Yoko Yamamoto, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Disruption of nuclear vitamin D receptor gene causes enhanced thrombogenicity in mice,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.34, 35798-35802, 2004.
(DOI: 10.1074/jbc.M404865200,   PubMed: 15205460,   CiNii: 80016878495,   Elsevier: Scopus)
90. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Nobuyuki Takamori, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Shunji Hashizume, Midori Kato, Hiroshi Yamaguchi, Shuji Kato, Yasumasa Ikeda, Tomoko Arase, Akira Kondo and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is a novel protective factor against carotid atherosclerosis in elderly individuals.,
Circulation, Vol.109, No.22, 2761-2765, 2004.
(DOI: 10.1161/01.CIR.0000129968.46095.F3,   PubMed: 15148272)
91. 赤池 雅史, 東 博之, 石川 雅康, 井上 利彦, 遠藤 武徳, 岡崎 誠司, 小島 章裕, 佐藤 幸一, 田村 克也, 田村 隆一, 長楽 雅仁, 中平 晴仁, 林 郁郎, 日浅 光春, 藤村 光則, 松本 直也, 宮 恵子, 山口 普史, 吉田 健三, 渡部 滋夫, 松本 俊夫 :
日本動脈硬化学会による診療ガイドラインからみた高コレステロール血症治療の動向とその問題点, --- 四国高脂血症スタディ(続報) ---,
Progress in Medicine, Vol.24, No.3, 767-772, 2004年.
92. Nobuyuki Takamori, Hiroyuki Azuma, Midori Kato, Shunji Hashizume, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Katsuya Tamura and Toshio Matsumoto :
High plasma heparin cofactor II activity is associated with reduced incidence of in-stent restenosis after percutaneous coronary intervention,
Circulation, Vol.109, No.4, 481-486, 2004.
(DOI: 10.1161/01.CIR.0000109695.39671.37,   PubMed: 14744972)
93. Itsuro Endo, Daisuke Inoue, Takao Mitsui, Yoshifumi Umaki, Masashi Akaike, Tatsuya Yoshizawa, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Deletion of Vitamin D Receptor Gene in Mice Results in Abnormal Skeletal Muscle Development with Deregulated Expression of Myoregulatory Transcription Factors,
Endocrinology, Vol.144, No.12, 5138-5144, 2003.
(DOI: 10.1210/en.2003-0502,   PubMed: 12959989)
94. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 山口 普史, 池田 康将, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
ビタミンD-ビタミンD受容体システムは生体における血液凝固調節因子である,
第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 420, 2003年.
95. Takao Mitsui, Yoshifumi Umaki, Masakazu Nagasawa, Masashi Akaike, Satoshi Ohtsuka, Masaaki Odomi, Kenji Aki and Toshio Matsumoto :
Motor neuron involvement in a patient with long-term corticosteroid administration,
Internal Medicine, Vol.42, No.9, 862-866, 2003.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.42.862,   PubMed: 14518677,   CiNii: 130000766885)
96. Nicole Lerner-Marmarosh, Masanori Yoshizumi, Wenyi Che, James Surapisitchat, Masashi Akaike, Bo Ding, Qunhua Huang, Chen Yan, Bradford C. Berk and Jun-ichi Abe :
Inhibition of Tumor Necrosis Factor- Induced SHP-2 Phosphatase Activity by Shear Stress,
Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Vol.23, No.10, 1775-1781, 2003.
(DOI: 10.1161/01.ATV.0000094432.98445.36,   PubMed: 12947019)
97. Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Masashi Akaike, Masakazu Kawajiri, Masayuki Shono, Hisaomi Kawai and Toshio Matsumoto :
Overexpressions of myoglobin and antioxidant enzymes in ragged-red fibers of skeletal muscle from patients with mitochondrial encephalomyopathy,
Muscle & Nerve, Vol.28, No.4, 484-492, 2003.
(DOI: 10.1002/mus.10466,   PubMed: 14506721)
98. Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Midori Kato, Nobuyuki Takamori, Masahiro Abe, Takeshi Nishiuchi, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Aggressive antiplatelet therapy before coronary stent implantation in acute coronary syndrome with essential thrombocythemia--a case report,
Angiology, Vol.54, No.4, 485-490, 2003.
(DOI: 10.1177/000331970305400414,   PubMed: 12934770)
99. Scott J. Cameron, Sundeep Malik, Masashi Akaike, Nicole Lerner-Marmarosh, Chen Yan, Jiing-Dwan Lee, Jun-ichi Abe and Jay Yang :
Regulation of Epidermal Growth Factor-induced Connexin 43 Gap Junction Communication by Big Mitogen-activated Protein Kinase 1/ERK5 but Not ERK1/2 Kinase Activation,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.278, No.20, 18682-18688, 2003.
(DOI: 10.1074/jbc.M213283200,   PubMed: 12637502)
100. Takahiko Iuchi, Masashi Akaike, Takao Mitsui, Yasushi Ohshima, Yasumi Shintani, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Glucocorticoid Excess Induces Superoxide Production in Vascular Endothelial Cells and Elicits Vascular Endothelial Dysfunction,
Circulation Research, Vol.92, No.1, 81-87, 2003.
(DOI: 10.1161/01.RES.0000050588.35034.3C,   PubMed: 12522124)
101. Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Ayako Kagawa, Kazuya Matsumoto, Ikuro Hayashi, Katsuya Tamura, Takeshi Nishiuchi, Takahiko Iuchi, Nobuyuki Takamori, Ken-ichi Aihara, Tomonori Yoshida, Yasuhiko Kanagawa and Toshio Matsumoto :
Effect of Aspirin Treatment on Serum Concentrations of Lipoprotein(a) in Patients with Atherosclerotic Diseases,
Clinical Chemistry, Vol.48, No.9, 1454-1459, 2002.
(PubMed: 12194922)
102. Takao Mitsui, Yoshifumi Umaki, Masakazu Nagasawa, Masashi Akaike, Kenji Aki, Hiroyuki Azuma, Shuji Ozaki, Masaaki Odomi and Toshio Matsumoto :
Mitochondrial damage in patients with long-term corticosteroid therapy: development of oculoskeletal symptoms similar to mitochondrial disease,
Acta Neuropathologica, Vol.104, No.3, 260-266, 2002.
(DOI: 10.1007/s00401-002-0553-5,   PubMed: 12172911)
103. Takao Mitsui, Hiroyuki Azuma, Masakazu Nagasawa, Takahiko Iuchi, Masashi Akaike, Masaaki Odomi and Toshio Matsumoto :
Chronic corticosteroid administration causes mitochondrial dysfunction in skeletal muscle,
Journal of Neurology, Vol.249, No.8, 1004-1009, 2002.
(DOI: 10.1007/s00415-002-0774-5,   PubMed: 12195445)
104. Yoshifumi Umaki, Takao Mitsui, Itsuro Endo, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Apoptosis-related changes in skeletal muscles of patients with mitochondrial diseases,
Acta Neuropathologica, Vol.103, No.2, 163-170, 2002.
(DOI: 10.1007/s004010100446,   PubMed: 11810183)
105. Y Kuroda, Takao Mitsui, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Homozygous deletion mutation of the parkin gene in patients with atypical parkinsonism,
Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.71, No.2, 231-234, 2001.
(DOI: 10.1136/jnnp.71.2.231,   PubMed: 11459900)
106. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike, Masahiro Abe, Takashi Sugihara and Toshio Matsumoto :
Successful combination therapy--flunarizine,pentoxifylline, and cholestyramine--for spur cell anemia,
International Journal of Hematology, Vol.73, No.3, 351-355, 2001.
(PubMed: 11345202)
107. Yasuhiko Kanagawa, Toshio Shigekiyo, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Molecular mechanism of type I congenital heparin cofactor (HC) II deficiency caused by a missense mutation at reactive P2 site: HC II Tokushima,
Thrombosis and Haemostasis, Vol.85, No.1, 101-107, 2001.
(PubMed: 11204559,   Elsevier: Scopus)
108. 赤池 雅史, 井内 貴彦, 加藤 みどり, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 高森 信行, 藤村 光則, 金川 泰彦, 東 博之, 松本 俊夫 :
冠動脈疾患の予防ならびに治療の観点からみた高コレステロール血症治療の現状とその問題点, --- 四国高脂血症スタディ ---,
診断と治療, Vol.89, No.3, 527-532, 2001年.
109. 足立 克仁, 木村 千代美, 齋藤 美穂, 上田 由利子, 乾 俊夫, 国重 誠, 馬木 良文, 赤池 雅史, 川井 尚臣 :
悪性肢帯型筋ジストロフィー(三好)患者におけるサリコグリカンの遺伝子異常ならびに臨床像と剖検心所見,
医療, Vol.54, No.9, 419-423, 2000年.
(DOI: 10.11261/iryo1946.54.419)
110. Takao Mitsui, Masakazu Kawajiri, Makoto Kunishige, Takenori Endo, Masashi Akaike, Kenji Aki and Toshio Matsumoto :
Functional association between nicotinic acetylcholine receptor and sarcomeric proteins via actin and desmin filaments,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.77, No.4, 584-595, 2000.
111. Ayako Kagawa, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasuhiko Kanagawa and Toshio Matsumoto :
Aspirin Reduces Apolipoprotein(a) (Apo(a)) Production in Human Hepatocytes by Suppression of Apo(a) Gene Transcription,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.274, No.48, 34111-34115, 1999.
(DOI: 10.1074/jbc.274.48.34111,   PubMed: 10567380,   Elsevier: Scopus)
112. 赤池 雅史, 東 博之, 香川 礼香, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 松山 まどか, 井内 貴彦, 高森 信行, 吉田 智則, 松本 俊夫, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健 :
高リポ蛋白(a)血症に及ぼすaspirinの影響, --- アポリポ蛋白(a)アイソフォームとの関連 ---,
四国医学雑誌, Vol.55, No.3, 109-114, 1999年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112143)
113. Hisaomi Kawai, Masashi Akaike, Makoto Kunishige, Toshio Inui, Katsuhito Adachi, Chiyomi Kimura, Masakazu Kawajiri, Yoshihiko Nishida, Itsuro Endo, Setsuko Kashiwagi, Hiroshi Nishino, Tsutomu Fujiwara, Shiro Okuno, Carinne Roudaut, Isabelle Richard, Jacques S. Beckmann, Kazuo Miyoshi and Toshio Matsumoto :
Clinical, pathological, and genetic features of limb-girdle muscular dystrophy type 2A with new calpain 3 gene mutations in seven patients from three Japanese families,
Muscle & Nerve, Vol.21, No.11, 1493-1501, 1998.
(DOI: 10.1002/(SICI)1097-4598(199811)21:11<1493::AID-MUS19>3.0.CO;2-1,   PubMed: 9771675)
114. K Fukuhara, Y Urano, Masashi Akaike, K Ahsan and S Arase :
Psoriatic arthritis associated with dilated cardiomyopathy and Takayasu's arteritis,
The British Journal of Dermatology, Vol.138, No.2, 329-333, 1998.
(PubMed: 9602885)
115. Ktsuhito Adachi, Hisaomi Kawai, Miho Saito, Takako Naruo, Chiyomi Kimura, Hideki Mine, Toshio Inui, Setsuko Kashiwagi and Masashi Akaike :
Plasma levels of brain natriuretic peptide as an index for evaluation of cardiac function in female gene carriers of Duchenne muscular dystrophy,
Internal Medicine, Vol.36, No.7, 497-500, 1997.
116. Masashi Akaike, Hisaomi Kawai, Kenji Yokoi, Makoto Kunishige, Hideki Mine, Yoshihiko Nishida and Shiro Saito :
Cardiac dysfunction in patients with chronic progressive external ophthalmoplegia,
Clinical Cardiology, Vol.20, No.3, 239-243, 1997.
117. 峯 秀樹, 川井 尚臣, 赤池 雅史, 国重 誠, 柏木 節子, 馬木 良文, 仁木 伸二, 川井 恵子, 齋藤 史郎 :
多腺性自己免疫症候群3型に強皮症を合併したHTLV-1キャリアの1例,
ホルモンと臨床, Vol.45, 93-97, 1997年.
118. 足立 克仁, 川井 尚臣, 齋藤 美穂, 柏木 節子, 赤池 雅史 :
Duchenne型筋ジストロフィー女性保因者における不顕性の心障害,
神経内科, Vol.46, 253-258, 1997年.
119. N Matsumoto, Masashi Akaike, Takeshi Nishiuchi, Hisaomi Kawai and Shiro Saito :
Different secretion profiles of atrial and brain natriuretic peptides after acute volume loading in patients with ischemic heart disease,
Acta Cardiologica, Vol.52, No.3, 261-272, 1997.
(PubMed: 9217917)
120. Kazue Yamabe, Masashi Akaike, Michihisa Kato, Fumihiko Tada, Hirotsugu Yamada, Tomoko Arase and Arifumi Kohyama :
The efficacy of inhaled nitic oxide in a patient with acute massive pulmonary thromboembolism.,
Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine, Vol.3, No.4, 283-287, 1996.
121. Miho Saito, Hisaomi Kawai, Masashi Akaike, Katsuhito Adachi, Yoshihiko Nishida and Shiro Saito :
Cardiac Dysfunction with Becker Muscular Dystrophy,
American Heart Journal, Vol.132, No.3, 642-647, 1996.
122. Hideki Mine, Hisaomi Kawai, Kenji Yokoi, Masashi Akaike and Shiro Saito :
High frequencies of human T-lymphotropic virus type I (HTLV-I) infection and presence of HTLV-II proviral DNA in blood donors with anti-thyroid antibodies,
Journal of Molecular Medicine, Vol.74, No.8, 471-477, 1996.
(PubMed: 8872861,   Elsevier: Scopus)
123. 川井 尚臣, 横井 健治, 峯 秀樹, 川尻 真和, 西田 善彦, 斎藤 史郎, 赤池 雅史 :
自己免疫性甲状腺疾患の発病とHTL-2との関係について, --- 自己免疫性甲状腺疾患には白血球DNA中にHTLV-2関連プロウイルスDNAを有する患者が高頻度に存在する ---,
日本医事新報, Vol.3768, 37-42, 1996年.
124. Takao Mitsui, Hisaomi Kawai, Masakazu Nagasawa, Makoto Kunishige, Masashi Akaike, Yuzo Kimura and Shiro Saito :
Oxidative damage to skeletal muscle DNA from patients with mitochondrial encephalomyopathies,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.139, No.1, 111-116, 1996.
125. Hisaomi Kawai, Takao Mitsui, Kenji Yokoi, Masashi Akaike, K Hirose, K Hizawa and S Saito :
Evidence of HTLV-I in thyroid tissue in an HTLV-I carrier with Hashimoto's thyroiditis,
Journal of molecular medicine, Vol.74, No.5, 275-278, 1996.
126. 遠藤 武徳, 赤池 雅史, 川井 尚臣, 松村 喜一郎, 齋藤 史郎 :
悪性肢帯型筋ジストロフィーにみられたadhalin遺伝子の異常とadhalin欠損筋ジストロフィーにおける臨床像の特徴,
臨床神経学, Vol.36, No.3, 415-422, 1996年.
127. M. Kunishige, Takao Mitsui, Masashi Akaike, Masayuki Shono, H. Kawai and Shiro Saito :
Localization and amount of myoglobin and myoglobin mRNA in ragged-red fiber of patients with mitochondrial encephalomyopathy.,
Muscle-Nerve., Vol.19, No.2, 79-86, 1996.
128. Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Masashi Akaike, Masayuki Shono, Hisaomi Kawai and Shiro Saito :
Localization and amount of myoglobin and myoglobin mRNA in ragged-red fiber of patients with mitochondrial encephalomyopathy,
Muscle & nerve, Vol.19, No.2, 175-182, 1996.
129. 柏木 節子, 赤池 雅史, 川井 尚臣, 足立 克仁, 斎藤 史郎 :
Duchenne型筋ジストロフィーにおける心機能の血漿脳性ナトリウム利尿ペプチド濃度による評価,
臨床神経学, Vol.36, No.1, 7-11, 1996年.
130. Yukiko Kuroda, Takao Mitsui, Makoto Kunishige, M Shono, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Parkin enhances mitochondrial biogenesis in proliferating cells,
Hum Mol Genet, Vol.15, No.6, 883-895, 1996.
131. 山部 一恵, 赤池 雅史, 加藤 道久, 多田 文彦, 山田 博胤, 荒瀬 友子, 神山 有史 :
一酸化窒素吸入療法が有効であった急性広汎型血栓塞栓症の1例,
日本集中治療学会雑誌, Vol.3(4), 283-288, 1996年.
132. 市原 寿江, 美馬 伸章, 赤池 雅史, 東 博之, 重清 俊雄, 斎藤 史郎 :
播種性血管内血液凝固症候群を合併した孤立性腸骨動脈瘤の1例,
日本老年医学会雑誌, Vol.32, No.12, 822-824, 1995年.
133. Hisaomi Kawai, Masashi Akaike, Takenori Endo, Katsuhito Abachi, Takao Mitsui, Setsuko Kashiwagi, Ysutomu Fujiwara, Shiro Okuno, Sadahito Shin, Kazuo Miyoshi, Kevin P Campbell, Hiroki Yamada, Shimizu Teruo, Kiichiro Matsumura and Shiro Saito :
Adhalin Gene Mutations in Patients with Autosomal Recessive Childhood Onset Muscular Dystrophy with Adhalin Deficiency,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.96, No.3, 1202-1207, 1995.
(DOI: 10.1172/JCI118152,   PubMed: 7657792)
134. 横井 健治, 赤池 雅史, 重清 俊雄 :
抗リン脂質抗体が陽性であった高齢者多発性脳梗塞の2例,
内科専門医会誌, Vol.7, No.3, 236-239, 1995年.
135. 川井 尚臣, 峯 秀樹, 横井 健治, 三ツ井 貴夫, 土橋 孝之, 柏木 節子, 斎藤 史郎, 赤池 雅史 :
HTLV-1 感染に関連した自己免疫性甲状腺疾患の存在,
日本医事新報, Vol.3716, 1995年.
136. Hisaomi Kawai, Masashi Akaike, Kenji Yokoi, Yoshihiko Nishida, Makoto Kunishige, Hideki Mine and Shiro Saito :
Mitochondrial encephalomyopathy with autosomal dominant inheritance, --- a clinical and genetic entity of mitochondrial diseases ---,
Muscle & nerve, Vol.18, No.7, 753-760, 1995.
137. Kenji Yokoi, Hisaomi Kawai, Masashi Akaike, Hideki Mine and Shiro Saito :
Presence of human T-lymphotropic virus type II-related genes in DNA of peripheral leukocytes from patients with autoimmune thyroid diseases,
Journal of Medical Virology, Vol.45, No.4, 392-398, 1995.
138. 赤池 雅史, 川井 尚臣, 国重 誠, 斎藤 史郎 :
無症状の母親に筋ミトコンドリア異常が認められたKearns-Sayre症候群の1例,
臨床神経学, Vol.35, No.2, 190-194, 1995年.
139. Hisaomi Kawai, Kenji Yokoi, Masashi Akaike, Makoto Kunishige, Masahiro Abe, Y Tanouchi, Hideki Mine, Y Mimura and Shiro Saito :
Graves' disease in HTLV-I carriers,
Journal of molecular medicine, Vol.73, No.2, 85-88, 1995.
140. 安藤 公, 赤池 雅史, 加藤 道久, 荒瀬 友子, 田村 雅人 :
低分子ヘパリンによる抗凝固治療法を併用し救命し得た急性抗汎型肺血栓塞栓症の1例,
ICUとCCU, Vol.19, No.7, 641-646, 1995年.
141. 川井 恵子, 赤池 雅史, 井出 眞, 新谷 保実, 板東 浩, 斎藤 史郎 :
慢性甲状腺炎の経過中にインスリン依存性糖尿病を発生した多腺性自己免疫症候群3型の1例,
ホルモンと臨床, Vol.43, 217-221, 1995年.
142. 赤池 雅史, 瀬戸山 操, 田村 隆一, 中尾 克之, 西内 健, 林 郁郎, 松本 直也, 横井 健治, 斎藤 史郎 :
冠動脈疾患を合併した高脂血症に対するSimvastatinの有用性,
基礎と臨床, Vol.28, No.13, 4289-4295, 1994年.
143. 日野 明子, 中平 晴仁, 小原 卓爾, 久保 克之, 原田 武彦, 赤池 雅史, 中村 宗夫 :
心房浸潤による心房細動を初発症状とした悪性リンパ腫の1剖検例,
呼吸と循環, Vol.42, No.11, 1119-1123, 1994年.
144. 斎藤 美穂, 川井 尚臣, 足立 克仁, 赤池 雅史 :
Becker型筋ジストロフィーにおける心不全の病態とその発生機序,
臨床神経学, Vol.34, No.2, 134-140, 1994年.
145. Masashi Akaike, Takeshi Nishiuchi, Naoya Mtsumoto, Hisaomi Kawai and Shiro Saito :
Enhanced Secretion and Impaired Natriuretic Natriuretic Action of Atrial Natriuretic Peptide in Response to Hypertonic saline Infusion in Patients with Essential Hypertension,
Journal of Human Hypertension, Vol.8, No.1, 15-18, 1994.
146. 横井 健治, 赤池 雅史, 重清 俊雄, 斎藤 史郎 :
抗リン脂質抗体陽性の高齢者大動脈炎症候群の1例,
日本老年医学会雑誌, Vol.31, No.9, 716-719, 1994年.
147. 横井 健治, 川井 尚臣, 峯 秀樹, 赤池 雅史, 安倍 正博, 国重 誠, 三ツ井 貴夫, 斎藤 史郎 :
バセドウ病を発症したHTLV-Iキャリアの2家系3症例,
ホルモンと臨床, Vol.42, 94-97, 1994年.
148. 日野 明子, 赤池 雅史, 横越 浩, 西田 善彦, 斎藤 史郎, 上田 博巳, 曽我 哲朗, 関貫 聖二, 松本 圭蔵, 佐野 壽昭 :
中枢性尿崩症を合併したリンパ球性下垂体炎の1例,
ホルモンと臨床, Vol.42, No.10, 71(971)-75(975), 1994年.
149. 赤池 雅史, 西内 健, 小原 聡彦, 岡内 泰弘, 川井 尚臣, 斎藤 史郎 :
術前診断しえたUnroofed Coronary Sinusの1例,
呼吸と循環, Vol.41, No.9, 905-909, 1993年.
150. 赤池 雅史, 横井 健治, 和田 美智子, 瀬部 俊彦, 重清 俊雄, 川井 尚臣, 斎藤 史郎 :
腹部真性大動脈瘤に汎播種性血管内凝固を合併した2症例と凝固線溶系の活性化,
呼吸と循環, Vol.41, No.3, 267-270, 1993年.
151. 川井 尚臣, 赤池 雅史, 横井 健治, 玉木 康民, 斎藤 史郎 :
常染色体優性の遺伝型を示すミトコンドリアミオパチー, --- 自験例と貢献例における臨床的特徴とミトコンドリアDNA異常 ---,
臨床神経学, Vol.33, No.2, 162, 1993年.
152. 川井 尚臣, 横井 健治, 赤池 雅史, 土橋 孝之, 近藤 彰, 仁木 伸二, 有井 敬治, 玉木 康民, 斎藤 美穂, 斎藤 史郎 :
橋本病患者の白血球DNAに見出されたHTLV-2プロウイルスDNA,
医学のあゆみ, Vol.164, No.2, 151-152, 1993年.
153. 日野 明子, 赤池 雅史, 岡川 和人, 小阪 昌明, 斎藤 史郎 :
rhG-CSFが著効を示した塩酸チクロピジンによる再生不良貧血の1例,
Biotherapy, Vol.6, No.11, 1713-1717, 1992年.
154. 三木 理, 北川 哲也, 吉栖 正, 増田 裕, 加藤 逸夫, 江川 善康, 瀬部 俊彦, 赤池 雅史 :
播種性血管内凝固症候群(DIC)と腎不全を合併した高齢者腹部大動脈瘤の1手術治験例,
四国医学雑誌, Vol.48, No.1-3, 45-50, 1992年.
155. Masashi Akaike, Fuminobu Ishikura, Seiki Nagata, Kohji Kimura and Kunio Miyatake :
Direct secretion from left atrium and pulmonary extraction of human atrial natriuretic peptide,
American Heart Journal, Vol.123, No.4 Pt1, 984-989, 1992.
(DOI: 10.1016/0002-8703(92)90707-3)
156. Kenji Yokoi, Masashi Akaike, Takeshi Nishiuchi, Hisaomi Kawai and Shiro Saito :
Scar Formation in the Cardiac Conduction System of a Patient,
Cardiology, Vol.81, 378-383, 1992.
157. Jun Tamai, Seiki Nagata, Fuminobu Ishikura, Masashi Akaike and Kunio Miyatake :
Alterations in Atrial Filling Fraction in Patients with Mitral Stenosis After Percutaneous Transvenous Mitral Commissurotomv,
The American Journal of Cardiology, Vol.6, 247-251, 1992.
158. Takayuki Tsuchihashi, Hisaomi Kawai, Masashi Akaike, Hideo Takahashi and Shiro Saito :
Determination of Calcitonin Gene-Related Peptid(CGRP) in Plasma and Cerebrospinal spinal Fluid in patients with Various Diseases,
Biomedical Research (India), Vol.13, No.Supplement 2, 305-307, 1992.
159. Seiki Nagata, Fuminobu Ishikura, Takashi Yamabe, Masashi Akaike, Kohji Kimura and Kunio Miyatake :
Balloon diameter of the Inoue balloon catheter during percutaneous transvenous mitral commissurotomy: clinical and experimental study,
Catheterization and cardiovascular diagnosis, Vol.23, No.1, 14-19, 1991.
160. Fuminobu Ishikura, Seiki Nagata, Masashi Akaike, Jun Tamai and Kunio Miyatake :
Effects of percutaneous transvenous mitral commissurotomy on levels of plasma atrial natriuretic peptide during exercise,
The American Journal of Cardiology, Vol.67, No.1, 74-78, 1991.
161. Jun Tamai, Seiki Nagata, Masashi Akaike, Fuminobu Ishikura, Koji Kimura, Makoto Takamiya, Kunio Miyatake and Yasuharu Nimura :
Improvement in mitral flow dynamics during exercise after percutaneous transvenous mitral commissurotomy. Noninvasive evaluation using continuous wave Doppler technique,
Circulation, Vol.81, No.1, 46-51, 1990.
162. 赤池 雅史, 星島 康男, 秋山 靖人, 吉田 恭典, 松本 勲 :
月経時喀血を呈した肺子宮内膜症の1例,
臨床雑誌 内科, Vol.61, No.5, 945-947, 1988年.
163. 赤池 雅史, 竹田 勝則, 宮崎 修一, 井石 安比古, 小阪 昌明, 斎藤 史郎 :
胃病変を主とした成人T細胞性リンパ腫の1症例,
日本内科学会雑誌, Vol.76, No.1, 144-145, 1987年.

学術論文(紀要・その他):

1. 赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 久保田 祐歌, 上岡 麻衣子 :
2015年度徳島大学FD推進プログラムの実施報告,
大学教育研究ジャーナル, No.13, 94-118, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110937)
2. 赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 上岡 麻衣子 :
2014年度徳島大学FD推進プログラムの実施報告,
大学教育研究ジャーナル, No.12, 90-111, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110965)
3. Tetsuzo Wakatsuki, K Yamaguchi, T Niki, Kenya Kusunose, K Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-term endothelial dysfunction after coronary artery stenting with drug-eluting stent associated with local inflammatory response.,
Circulation, Vol.118, S_749, 2008.
4. K Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, K Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Local hypercoagulability and endothelial dysfunction after sirolimus-eluting stent implantation: implication for late stent thrombosis.,
Circulation, Vol.118, S_651, 2008.
5. Tetsuzo Wakatsuki, K Yamaguchi, Kenya Kusunose, T Niki, K Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-term local inflammatory response after coronary artery stenting with drug-eluting stent.,
Eur Heart J, Vol.29, 505-732, 2008.
6. S Nishio, Hirotsugu Yamada, H Motonari, H Okada, Kenya Kusunose, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Assessment of Left Atrial Ejection Force in Patients with Hypertensive Heart Disease.,
Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 552, 2008.
7. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, Y Tadatsu, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Importance of Left Atrial Function in Cardiac Response to Increment of Preload in Patients with Old Myocardial Infarction: Assessment by Automated Left Atrial Volume Tracking Method.,
Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 552, 2008.
8. S Nishio, Hirotsugu Yamada, H Motonari, Kenya Kusunose, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Beat-To-Beat Variation of Mitral Annular Velocities in Atrial Fibrillation.,
Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 550, 2008.
9. Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
The Mitral L-Wave Predicts the Cardiac Response to Preload Increment in Atrial Fibrillation.,
Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 545, 2008.
10. S Nishio, Hirotsugu Yamada, H Motonari, Kenya Kusunose, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Usefulness of Tei Index in Atrial Fibrillation: Assessment by Dual Doppler Echocardiography.,
Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 543, 2008.
11. Kenya Kusunose, K Takechi, Hirotsugu Yamada, S Nishio, Y Tadatsu, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, M Choraku and Y Maeda :
Multicenter Trial for the Validation of Automated Function Imaging in Patients with Local Left Ventricular Asynergy (VANILLA Study).,
Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 538, 2008.
12. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Role of Left Atrial Function for Pseudonormalization of Transmitral Flow Velocity Pattern in Patients with Hypertrophic Cardiomyopathy.,
Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.21, 524, 2008.
13. 岩瀬 俊, 黒部 裕嗣, 八木 秀介, 原 朋子, 長楽 雅仁, 藤村 光則, 尾崎 修治, 赤池 雅史, 安部 正博, 増田 裕, 東 博之, 松本 俊夫, 北川 哲也 :
末梢単核球細胞を用いた抹消動脈閉塞症に対する新たな血管新生治療の試み,
四国医学雑誌, Vol.62, No.3,4, 137-141, 2006年.
(徳島大学機関リポジトリ: 49311)

学術レター:

1. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Rino Suzukawa, Yukina Hirata, Masami Yamao, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Effects of Transthoracic Echocardiographic Simulator Training on Performance and Satisfaction in Medical Students.,
Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.29, No.4, 375-377, 2016.
(DOI: 10.1016/j.echo.2015.12.002,   PubMed: 26743736,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 赤池 雅史 :
多職種連携教育で推進する医療教育学,
日本栄養学教育学会雑誌, Vol.3, No.1, 10-14, 2018年.
2. 赤池 雅史 :
医学部における教育評価の特殊性 ―臨床医学の面から―,
医学教育, Vol.47, No.2, 63-68, 2016年4月.
3. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 門田 宗之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木下 肇, 阪田 美穂, 早渕 康信, 北川 哲也, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
単心室症患児の開心術後にフェイススケールを用いて心臓リハビリテーションを試みた1症例,
心臓, Vol.48, No.2, 181-186, 2016年2月.
4. 赤池 雅史 :
これからの医学教育∼総合診療への期待∼,
日本プライマリ・ケア連合学会四国支部論文集, Vol.8, 2-5, 2015年6月.
5. 赤池 雅史 :
クリニカル・クラークシップの現状と展望∼求められる指導医像とは∼,
徳島市民病院医学雑誌, Vol.29, 1-4, 2015年.
6. 今田 久美子, 八木 秀介, 山口 浩司, 若槻 哲三, 伊勢 孝之, 太田 理絵, 門田 宗之, 高島 啓, 松浦 朋美, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心不全を合併した腎血管性高血圧に対する経皮的腎動脈形成術の有効性(第11回若手奨励賞受賞論文),
四国医学雑誌, Vol.70, No.3, 4, 87-92, 2014年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109759,   CiNii: 40020209425)
7. Masashi Akaike :
Pentraxin-3, --- A potential novel biomarker detecting vulnerable plaque and predicting prognosis in acute myocardial infarction ---,
Circulation Journal, Vol.78, No.1, 65-66, 2014.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-13-1424,   PubMed: 24284958)
8. 足立 克仁, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 斎藤 美穂, 柏木 節子, 橋口 修二, 佐田 政隆, 髙尾 正一郎, 原田 雅史, 川井 尚臣 :
Duchenne型筋ジストロフィー女性保因者における心臓MRIガドリニウム遅延造影と下腿筋CT,
医療, Vol.67, No.2, 63-69, 2013年2月.
(CiNii: 40019680575,   Elsevier: Scopus)
9. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Effects of Statins on Cardiorenal Syndrome.,
International Journal of Vascular Medicine, Vol.2012, 162545, Jun. 2012.
(DOI: 10.1155/2012/162545,   PubMed: 22792467)
10. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Effects of androgens on cardiovascular remodeling.,
The Journal of Endocrinology, Apr. 2012.
(DOI: 10.1530/JOE-12-0126,   PubMed: 22493003)
11. 赤池 雅史 :
後期専門研修医の教育のあり方,
日本臨床麻酔学会誌, Vol.31, No.7, 916, 2011年11月.
(DOI: 10.2199/jjsca.31.916,   CiNii: 10030464236)
12. Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Transforming Growth Factor-1 as a Common Target Molecule for Development of Cardiovascular Diseases, Renal Insufficiency and Metabolic Syndrome.,
Cardiology Research and Practice, Vol.2011, 175381, Dec. 2010.
(DOI: 10.4061/2011/175381,   PubMed: 21234356)
13. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Heparin Cofactor II as a Novel Vascular Protective Factor Against Atherosclerosis.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.16, No.5, 523-531, Sep. 2009.
(DOI: 10.5551/jat.1552,   PubMed: 19729870)
14. 赤池 雅史 :
徳島大学の医学教育を考えるー臨床医学教育―,
四国医学雑誌, Vol.63, No.1,2, 5-10, 2007年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 84163)
15. 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
NO bioavailability,
CLINICAL CALCIUM, Vol.17, No.6, 864-870, 2007年.
16. 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
血管内皮細胞に対するステロイドの影響と大腿骨頭壊死,
整形外科, Vol.48, 25-29, 2005年.
17. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 井上 大輔, 東 博之, 松本 俊夫 :
副甲状腺機能亢進症,
ホルモンと臨床, Vol.52, No.5, 93(483)-96(486), 2004年5月.
18. 松本 俊夫, 赤池 雅史, 井上 大輔 :
内分泌疾患,
臨床雑誌 内科, Vol.86, No.6, 1119-1127, 2000年12月.
19. 松本 俊夫, 赤池 雅史 :
骨と脈管系との関わり,
骨と骨代謝, Vol.12, No.4, 319-323, 1999年.
20. 赤池 雅史, 川井 尚臣 :
筋ジストロフィーの遺伝子診断, --- とくに悪性肢帯型筋ジストロフィーにおけるα-sarcoglycan(adhalin)の遺伝子異常について ---,
臨床病理, Vol.45, No.2, 136-140, 1997年2月.
21. 川井 尚臣, 赤池 雅史 :
Adhalin欠損悪性肢帯型筋ジストロフィーにおけるadhalin遺伝子の異常,
Annual Review 神経 1996, 261-266, 1996年2月.
22. 川井 尚臣, 赤池 雅史 :
悪性肢帯型筋ジストロフィーにおけるadhalin遺伝子の異常,
神経内科, Vol.44, No.1, 24-30, 1996年.
23. 川井 尚臣, 赤池 雅史 :
筋疾患,
オルソペディクス, Vol.9, No.3, 53-62, 1996年.
24. 川井 尚臣, 赤池 雅史 :
症例研究 ミトコンドリア脳筋症,
Medical Student, Vol.6, No.7, 47-51, 1993年.
25. H Yokoi, Hisaomi Kawai, Masashi Akaike, Takao Mitsui, Y Tamaki, Setsuko Kashiwagi and Shiro Saito :
Involvements of HTLV-1 and HTLV-2 in the Pathogenesis Hashimoto Thyroiditis,
80 years of Hashimoto Disease, 115-120, Dec. 1992.
26. 永田 正毅, 赤池 雅史 :
ドプラーエコー X,心筋症,
臨床雑誌 内科, Vol.64, No.5, 911-916, 1989年11月.

国際会議:

1. Takashi Iwata, Masashi Akaike, Jun Higashijima, Takuya Tokunaga, Masaaki Nishi, Hideya Kashihara, Chie Takasu, Daichi Ishikawa and Mitsuo Shimada :
Usefulness of the rubric evaluation as the qualitative evaluation of the laparoscopic training.,
SAGES, Seattle, Apr. 2018.
2. Takashi Iwata, Masashi Akaike, Kouzou Yoshikawa, Jun Higashijima, Masaaki Nishi, Chie Takasu, Hideya Kashihara, Daichi Ishikawa and Mitsuo Shimada :
Development of the simulator for laparoscopic eye hand coordination training for teaching oneself training,
American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons, Apr. 2017.
3. Takashi Iwata, Masashi Akaike, Kouzou Yoshikawa, Jun Higashijima, Masaaki Nishi, Chie Takasu, Hideya Kashihara, Daichi Ishikawa and Mitsuo Shimada :
Development of the simulator for laparoscopic eye hand coordination training for teaching oneself training.,
SAGES, Houston, Mar. 2017.
4. Shusuke Yagi, Takayuki Ise, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Adaptive Servo-ventilation Supported Exercise Increases Exercise Capacity in Patients With Severe Heart Failure,
AHA Scientific Sessions 2016, New Orleans, Nov. 2016.
5. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Masahiro Abe :
Pleiotropic Effects of Pitavastatin against Vascular Stress in eNOS-deficient Mice,
The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, Tokyo, Jul. 2016.
6. Takashi Iwata, Masashi Akaike, Kouzou Yoshikawa, Jun Higashijima, Toshihiro Nakao, Masaaki Nishi, Chie Takasu and Mitsuo Shimada :
Trial of the filipped classroom for open suturing and simulated laparoscopic cholecystectomy for medical.,
Society American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES 2016), Boston, Mar. 2016.
7. Takashi Iwata, Masashi Akaike, Kouzou Yoshikawa, Jun Higashijima, Toshihiro Nakao, Masaaki Nishi, Chie Takasu, 江藤 祥平 and Mitsuo Shimada :
Investigation of training for students who is weak in maneuver of laparoscopic surgery Laborer of the off-the-job training,
Surgical Education Week, Seattle, Apr. 2015.
8. Nhat-Tu Le, Yuichiro Takei, Yuki Izawa-Ishizawa, Kyung-Sun Heo, Hakjoo Lee, Alan V. Smrcka, Benjamin Miller, Kyung Ae Ko, Craig Morrell, Keigi Fujiwara, Masashi Akaike and Jun-ichi Abe :
A HMG-CoA Reductase Inhibitor (statin) Directly Activates Endothelial Erk5 And Prevents Endothelial Dysfunction And Acute Cardiac Allograft Rejection,
AHA scientific sessions 2013, Nov. 2013.
9. Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Yasuhiko Nishioka, Masafumi Harada and Masataka Sata :
Differentiation of left ventricular systolic dysfunction related to cardiac sarcoidosis and other heart diseases using contrast-enhanced cardiovascular magnetic resonance.,
ESC Congress 2013, Amsterdam, Aug. 2013.
10. K Nishikawa, Shusuke Yagi, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Michio Shimabukuro, Shinsuke Katoh and Masataka Sata :
Visceral fat mass is associated with daily physical activity, leg skeletal muscle mass and fiber intake in healthy men.,
ESC Congress 2013, Amsterdam, Aug. 2013.
11. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Androgen Receptor is Required for Cellular Survival and Angiogenesis in Response to Ischemia via Activation of VEGF Receptor Signaling Pathway Regardless of Sex,
American Heart Association Scientific Session 2012, Nov. 2012.
12. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masataka Sata, Masashi Akaike, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin Cofactor II Promotes Angiogenesis in Response to Ischemic Hindlimb via an AMPK-eNOS-dependent Manner,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
13. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Eicosapentaenoic acid administration ameliorates cardiac remodeling in humans and protects against Ang II-induced cardiovascular remodeling via attenuation of oxidative stress in mice.,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
14. Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike, M Kadota, T Hara, S Bando, Toshiyuki Niki, J Hotchi, N Tomita, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Acute Hemodynamic Effects of Adaptive Servo-Ventilation in Patients with Chronic Left Heart Failure.,
AHA Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
15. A. Takashima, Takayuki Ise, Masashi Akaike, Yuka Ueda, Takashi Iwase, T. Hara, M. Kadota, R. Ohta, K. Ogasawara, Toshiyuki Niki, J. Hotchi, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Cardiac Rehabilitation Reduces Levels of Oxidized LDL.,
AHA Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
16. S. Kimura, Yuka Ueda, Takayuki Ise, Takashi Iwase, K. Maeda, K. Nishikawa, K. Ogasawara, Mika Bando, S. Bando, Toshiyuki Niki, J. Hotchi, Koji Yamaguchi, N. Tomita, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Effect of Cardiac Rehabilitation with Supervised Exercise Training on Urinary Albumin Excretion in Patients with Cardiovascular Disease.,
AHA Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
17. Masashi Akaike :
Current Advances of Medical Education in University of Tokushima,
Current advances in medical education, International conference dedicated to the 70th anniversry of Health Sciences University of Mongolia, ウランバートル, Oct. 2012.
18. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, is a novel regulating factor for glucose metabolism and albuminuria,
Keystone Symposia: Complications of Diabetes: Mechanisms of Injury and Failure of Repair, Mar. 2012.
19. Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, Takayuki Ise, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, Yuka Ueda, N. Tomita, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Ken-ichi Aihara, Tetsuzo Wakatsuki, Masafumi Harada and Masataka Sata :
Detection of Cardiac Involvement in Patients with Sarcoidosis Using Cardiac Magnetic Resonance.,
AHA Scientific Sessions 2011, Orlando, Nov. 2011.
20. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Shuhei Tomita, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin Cofactor Promotes Angiogenesis via an AMPK-eNOS Signaling Pathway,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
21. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 林 修司, 玉井 利奈, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 仁木 敏之, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ストレインイメージング法を用いた心房細動例の左室心筋機能評価―左室圧曲線との同時記録による検討―,
第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 徳島, 2011年5月.
22. S Nishio, Hirotsugu Yamada, R Tamai, K Endo, S Hayashi, Kenya Kusunose, N Tomita, J Miki, S Bando, S Hisaoka, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Relationship Between Carotid Artery Stiffness Parameter β and Brachial Artery Flow-mediated Dilation in coronary Artery Disease.,
American College of Cardiology 2011, New Orleans, Apr. 2011.
23. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor is essential for cell survival and neovascularization after ischemia.,
American Heart Association Scientific Sessions 2010, Chicago, Nov. 2010.
24. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Toshiyuki Niki, Yoshio Taketani, S. Bando, S. Hisaoka, Kenya Kusunose, Yuka Ueda, H. Takeuchi, Takashi Iwase, N. Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Time-dependent Changes Of Local Coagulative Response Up To Five Years After Sirolimus-eluting Stent Implantation.,
American Heart Association 2010, Chicago, Nov. 2010.
25. Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-Term Local Inflammatory and Coagulative Responses after Coronary Artery Stenting with Drug-Eluting Stent.,
American Heart Association 2010, Chicago, Nov. 2010.
26. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S. Nishio, N. Tomita, S. Hayashi, S. Bando, S. Hisaoka, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Left Ventricular Dyssynchrony during Lower Leg Positive Pressure Assessed by Real-time 3-dimensional Echocardiography.,
American Heart Association 2010, Chicago, Nov. 2010.
27. Takeshi Soeki, Toshiyuki Niki, S. Bando, S. Hisaoka, H. Takeuchi, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Y. Hirata, N. Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, K. Kangawa and Masataka Sata :
Ghrelin Protects Heart Against Ischemia-Induced Arrhythmias by Preserving Connexin43 Protein.,
American Heart Association 2010, Chicago, Nov. 2010.
28. Y. Hirata, T. Motoki, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, M. Tabata, S. Takanashi, T. Igarashi, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
Macrophage Polarization in Epicardial Adipose Tissue is Correlated with Severity of Human Coronary Artery Disease.,
American Heart Association 2010, Chicago, Nov. 2010.
29. S. Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, T. Ise, Yuka Ueda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and T. Matsumoto :
Androgen Receptor is Essential for Cell Survival and Neovascularization after Ischemia.,
American Heart Association 2010, Chicago, Nov. 2010.
30. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S. Nishio, N. Tomita, S. Hayashi, S. Bando, S. Hisaoka, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Time Difference between Onset of Mitral Inflow and Onset of Early Diastolic Mitral Annulus Velocity Predicts Left Ventricular End-diastolic Pressure: Assessment by Dual Doppler Echocardiography.,
American Heart Association 2010, Chicago, Nov. 2010.
31. Takeshi Soeki, Toshiyuki Niki, S. Bando, S. Hisaoka, H. Takeuchi, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Y. Hirata, N. Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, K. Kangawa and Masataka Sata :
Ghrelin Attenuates Myocardial Ischemia/Reperfusion Injury via the Extracellular Signal-Regulated Kinase 1/2 and Phosphatidylinositol 3-Kinase/Akt Pathway.,
American Heart Association 2010, Chicago, Nov. 2010.
32. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor participants in ischemia-induced tissue damage and angiogenesis in male mice,
23rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension Vancouver, Vancouver, Sep. 2010.
33. Takashi Iwase, S. Takao, Masashi Akaike, K. Adachi, Yuka Ueda, M. Harada, H. Nishitani and Masataka Sata :
Detection of Myocardial Damage in Female Carriers of Duchenne Muscular Dystrophy Using Cardiac Magnetic Resonance.,
ESC CONGRESS 2010, Stockholm, Aug. 2010.
34. Toshiyuki Niki, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Kenya Kusunose, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Impact of Statin Theraphy on Local Coagulative Response after sirolimus-eluting Stent Implantation in late chronic Phase.,
ESC CONGRESS 2010, Stockholm, Aug. 2010.
35. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, K Endo, H Takashima, C Mimura, M Yamanaka, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Effect of Preload on Left Ventricular Dyssynchrony in Patients with Dilated Cardiomyopathy: Assessment with Real-Time Three-Dimensional Echocardiography.,
American Society of Echocardiography 2010 21st Annual Scientific Sessions, San Diego, Jun. 2010.
36. H Takashima, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, C Mimura, K Endo, M Yamanaka, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Association of Carotid Artery Atherosclerosis with Aortic Valve Sclerosis.,
American Society of Echocardiography 2010 21st Annual Scientific Sessions, San Diego, Jun. 2010.
37. Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, J Miki, N Tomita, H Takashima, C Mimura, M Yamanaka, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Identification of Pseudonormal / Restrictive Transmitral Flow Velocity Pattern Using its Response to Nitroglycerin Spray Oral Administration.,
American Society of Echocardiography 2010 21st Annual Scientific Sessions, San Diego, Jun. 2010.
38. Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Plasma heparin cofactor II activity is an independent determinant for cardiac remodeling in subjects with cardiovascular risk factors,
20th International Society for Heart Research(ISHR), Kyoto, May 2010.
39. Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is a novel anticardiac remodeling factor against angiotensin II excess,
20th International Society for Heart Research(ISHR), Kyoto, May 2010.
40. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Exacerbation of cell survival and impaired neovascularization after hindlimb ischemia in male androgen receptor null mice,
20th International Society for Heart Research(ISHR), Kyoto, May 2010.
41. S. Yoshida, K. Aihara, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, T. Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and T. Matsumoto :
Exacerbation of Cell Survival and Impaired Neovascularization after Hindlimb Ischemia in Male Androgen Receptor Null Mice.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
42. Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, F. Chikugo, Takaki Hori, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
CD-8 Positive T-lymphocyte Infiltration in Epicardial Adipose Tissue in Patients with Coronary Artery Disease.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
43. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, K. Ishikawa, S. Yoshida, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, T. Matsumoto and Masataka Sata :
Glucocorticoid causes vascular endothelial dysfunction through activation of mineralocorticoid receptor.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
44. Ken-ichi Aihara, T. Ise, Yuka Ueda, S. Yoshida, Yasumasa Ikeda, R. Uemoto, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Y. Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata and T. Matsumoto :
Plasma heparin cofactor II activity is an independent determinant for cardiac remodeling in subjects with cardiovascular risk factors.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
45. Y. Hirata, Masashi Akaike, S. Nagahiro and Masataka Sata :
Increased expression of HMGB1 in human and murine atherosclerotic lesions.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
46. Yuka Ueda, Ken-ichi Aihara, T. Ise, S. Yoshida, Yasumasa Ikeda, R. Uemoto, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Y. Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata and T. Matsumoto :
Heparin cofactor II is a novel anticardiac remodeling factoragainst angiotensin II excess.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
47. Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
48. Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, J Miki, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Identification of Pseudonormal Transmitral Flow Velocity Pattern using its Change by Nitroglycerin Spray Oral Administration.,
American College of Cardiology 2010, Mar. 2010.
49. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Doppler Echocardiographic Estimation of Left Ventricular End-diastolic Pressure in Challenging,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
50. S Nishio, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, N Tomita, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Evaluation of Secondary Pulmonary Hypertension by Tricuspid Annular Velocity Profile Using Pulsed Tissue Doppler Imaging.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
51. N Tomita, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, K Endo, H Takashima, C Mimura, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, Yoshio Taketani, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Detection of Patent Foramen Ovale by Contrast Realtime 3-dimensional Transesophageal Echocardiography.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
52. K Endo, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Ken Saito and Masataka Sata :
N-3 Fatty Acids, IMT and CKD as Risk Factors in Coronary Artery Disease.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
53. S Nishio, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, N Tomita, J Miki, K Endo, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Clinical Evaluation of Stiffness Parameter beta of Common Carotid Artery Obtained by Echo-tracking Method in Coronary Heart Disease.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
54. T Niki, Takeshi Soeki, Kunihiko Koshiba, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Y Hirata, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Role of Circulating High-Mobility Group Box-1 (HMGB1) in Patients with Coronary Artery Disease.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
55. Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, K Adachi, Y Sumitomo, Shusuke Yagi, T Niki, Kenya Kusunose, N Tomita, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Ken-ichi Aihara, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Masataka Sata :
Utility of Cardiac Magnetic Resonance for Detection of Cardiac Involvement in Female Carriers of Duchenne Muscular Dystrophy.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
56. Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, Yoshio Taketani, N Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-Term Local Inflammatory and Coagulative Responses after Coronary Artery Stenting with Drug-Eluting Stent.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
57. Takeshi Soeki, Kunihiko Koshiba, T Niki, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Y Hirata, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Kenji Kangawa and Masataka Sata :
Ghrelin Protects Heart against Ischemia-Induced Arrhythmias by Preserving Connexin43 Protein.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
58. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Detection of Myocardial Amyloid Involvement Using 2-Dimentional Speckle Tracking Echocardiography: Utilization of Inner and Outer Myocardial Strain and Strain Rate.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
59. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, N Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Time-Dependent Changes of Local Coagulative Response up to Five Years after Sirolimus-Eluting Stent Implantation.,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
60. C Mimura, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, J Miki, H Takashima, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Predictive Value of Subepicardial Fat Thickness in Coronary Artery Sclerosis in Comparison with Intima-media Thickness,
第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
61. Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, Mar. 2010.
62. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Uemoto Ryoko, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Rosuvastatin attenuates left ventricular mass even in subjects without cardiac hypertrophy,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, Mar. 2010.
63. Yuka Ueda, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Exacerbation of Angiotensin ll-induced Cardiac Remodeling through Enhancement of NADPH oxidase-TGF- 1 Pathway in Heparin Cofactor ll-Deficient Mice,
Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
64. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Nishio Susumu, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an endothelial function-independent protective factor against carotid atherosclerosis.,
Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
65. Ken-ichi Aihara, Mizuho Kinouchi, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging,
Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
66. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, N Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Predictors of Local Persistent Hypercoagulability After Sirolimus-eluting Stent Implantation: Implication for Correlates of Late Stent Thrombosis.,
American Heart Association 2009, Nov. 2009.
67. Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, K Endo, H Takashima, C Mimura, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Prognostic Value of Changes in Transmitral Flow Velocity Pattern During Leg Positive Pressure in Mild Heart Failure: A Clinical Application of "Preload Stress Echocardiography",
American Heart Association 2009, Nov. 2009.
68. Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-Term Local Inflammatory Response After Coronary Artery Stenting. Bare Metal vs Sirolimus-Eluting vs Paclitaxel-Eluting Stent.,
American Heart Association 2009, Nov. 2009.
69. Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-Term Local Inflammatory Response After Coronary Artery Stenting with Drug-Eluting Stent.,
American Heart Association 2009, Nov. 2009.
70. Kunihiko Koshiba, Takeshi Soeki, T Niki, Kenya Kusunose, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Kenji Kangawa and Masataka Sata :
C-type Natriuretic Peptide Ameliorates the Progression of Experimental Autoimmune Myocarditis.,
American Heart Association 2009, Nov. 2009.
71. Tatsuya Okada, Tomiaki Morikawa, Yuu Tamaki, Masato Tagi, Hiroki Moriguchi, Yoshiyasu Terashima, Hiroaki Mikasa, Masashi Akaike and Yoneo Yano :
Scenario making support in PBL,
E-Learn 2009, Vancouver, Oct. 2009.
72. Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-term local inflammatory response after coronary artery stenting -BMS vs SES vs PES-.,
ESC Congress 2009, Aug. 2009.
73. Takeshi Soeki, T Niki, Kunihiko Koshiba, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Plasma concentration of pentraxin 3 is a useful marker for monitoring the anti-plaque effect of telmisartan.,
ESC Congress 2009, Aug. 2009.
74. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Local persistent hypercoagulability after drug-eluting stent implantation: siroliumus-eluting stent vs. paclitaxel-eluting stent.,
ESC Congress 2009, Aug. 2009.
75. Y Fukuda, Takeshi Soeki, N Fukuda, S Morishita, K Sakabe, H Shinohara, Y Tamura, Masashi Akaike, Tetsuzo Wakatsuki, Hirotsugu Yamada, Takashi Iwase, Shusuke Yagi, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Kenya Kusunose, T Niki and Masataka Sata :
Pentraxin 3, a Novel Inflammatory Marker, Predicts Left Ventricular Remodeling in Patients with Acute Myocardial Infarction.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
76. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Takashi Iwase, Kenya Kusunose, T Niki, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, N Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, S Yoshida, Y Sumitomo, Ken-ichi Aihara, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Bosentan, an Endothelin Receptor Antagonist, Exerts Protective Actions against Systemic Sclerosis-related Peripheral Circulation Insufficiency.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
77. Y Hirata, H Iwata, K Nakamura, Y Sakai, N Tomita, T Niki, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Synthetic Prostacycline Agonist, ONO-1301, Ameliorates Left Ventricular Dysfunction and Cardiac Fibrosis in Cardiomyopathic Hamsters.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
78. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Prediction of Cardiac Response to Preload Augmentation by Dual Doppler Echocardiography and Left Arial Volume Auto Tracking System.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
79. M Yamanaka, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, N Tomita, S Nishio, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Shinji Nagahiro and Masataka Sata :
Utilization of Echocardiography in Stroke Care Unit of Tokushima University Hospital.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
80. Takeshi Soeki, T Niki, Kunihiko Koshiba, Y Hirata, N Tomita, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, H Satoh and Masataka Sata :
Plasma Concentration of Pentraxin 3 is a Useful Marker for Monitoring the Anti-plaque Effect of Telmisartan.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
81. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, S Yoshida, Y Sumitomo, Kenya Kusunose, T Niki, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, N Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Pitavastatin Exerts LDL Cholesterol Reduction-independent Protective Action for Cardiac and Renal Function in Patients with Dyslipidemia.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
82. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, S Yoshida, Y Sumitomo, Kenya Kusunose, T Niki, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Takashi Iwase, N Tomita, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Plasma Aldosterone Concentration is Associated with Cognitive Impairement in Patients with Hypertension.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
83. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, N Tomita, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Local Persistent Hypercoagulability after Drug-Eluting Stent Implantation: Sirolimus-Eluting Stent vs. Paclitaxel-Eluting Stent.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
84. Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, K Adachi, Y Sumitomo, Shusuke Yagi, T Niki, Kenya Kusunose, N Sakamoto, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Ken-ichi Aihara, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Masataka Sata :
Early Detection of Myocardial Damage in Female Carriers of Duchenne Muscular Dystrophy - the Utility of Cardiac Magnetic Resonance.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
85. Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, N Tomita, S Nishio, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Angiotensin-II Receptor Blocker Prevents the Deterioration of Left Ventricular Geometry and Diastolic Function in Hypertrophic Cardiomyopathy.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
86. Takeshi Soeki, Kunihiko Koshiba, T Niki, Y Hirata, N Tomita, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Effect of Ghrelin on Autonomic Activity in Healthy Volunteers.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
87. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Elevation of Left Ventricular End-diastolic Pressure Enhances Mismatch between Mitral Inflow and Annular Motion.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
88. S Nishio, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, N Tomita, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Clinical utility of B-Flowimaging on ultrasound examination of carotid artery.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
89. M Yamanaka, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, N Tomita, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Postsystolic Shortening is Superior to Peak Systolic Strain on the Prediction of Ischemia in Normal Wall Motion Segments.,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
90. Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, T Niki, Kenya Kusunose, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-Term Local Inflammatory Response after Coronary Artery Stenting -BMS vs. SES vs. PES-,
73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
91. Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
The Mitral L-wave Predicts Adverse Response to Volume Overloading in Patients with Atrial Fibrillation.,
58th American College of Cardiology, Mar. 2009.
92. S Nishio, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, N Tomita, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Tricuspid Annular Velocity Profile by Pulsed Tissue Doppler Imaging for the Assessment of Serial Change of Pulmonary Artery Pressure in Secondary Pulmonary Hypertension.,
58th American College of Cardiology, Mar. 2009.
93. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Increased serum triglyceride but not LDL cholesterol is associated with left ventricular diastolic dysfunction.,
Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008.
94. Takayuki Ise, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Ishikawa Kazue, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Plasma Heparin Cofactor II Activity Is Inversely Associated with Left Atrial Volume and Left Ventricular Diastolic Dysfunction.,
Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008.
95. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an antivascular remodeling factor in elderly individuals.,
Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008.
96. Takashi Iwase, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Shunji Nakano, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Natsuo Yasui, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
Erythropoietin administration with autologous blood donation - a novel strategy to enhance mobilization of circulating progenitor cells,
American Heart Association Sessions 2008, New Orleans, Nov. 2008.
97. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Ishikawa Kazue, Sumitomo Yuka, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Pitavastatin, an HMG-CoA Reductase Inhibitor, Prevents Glucocorticoid-induced Hypertension through Ameliorating Imbalance of Oxidative Stress and Nitric Oxide Production,
American Heart Association Sessions 2008, New Orleans, Nov. 2008.
98. Tetsuzo Wakatsuki, K Yamaguchi, T Niki, Kenya Kusunose, K Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-term endothelial dysfunction after coronary artery stenting with drug-eluting stent associated with local inflammatory response.,
American Heart Association 2008, New Orleans, Nov. 2008.
99. K Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Niki, Kenya Kusunose, K Koshiba, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Local hypercoagulability and endothelial dysfunction after sirolimus-eluting stent implantation: implication for late stent thrombosis.,
American Heart Association 2008, New Orleans, Nov. 2008.
100. Tetsuzo Wakatsuki, K Yamaguchi, Kenya Kusunose, T Niki, K Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Long-term local inflammatory response after coronary artery stenting with drug-eluting stent.,
ESC Congress 2008, Munich, Aug. 2008.
101. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Ishikawa Kazue, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Takashi Iwase and Toshio Matsumoto :
Pitavastatin, an HMG-CoA Reductase Inhibitor, Prevents Glucocorticoid-induced Hypertension through Increased Nitric Oxide Production as a Pleiotropic Effect on Vascular Endothelial Cells,
Hypertension 2008 18th Scientific Meeting of the European Society of Hypertension 22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Berlin, Jun. 2008.
102. Takashi Iwase, Masashi Akaike, Shunji Nakano, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Natsuo Yasui and Toshio Matsumoto :
Single erythropoietin administration with autologous blood donation - a novel strategy to enhance mobilization of endothelial progenitor cells,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
103. Sumitomo Yuka, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Acceleration of angiotensin II-induced cardiac remodeling through enhancement of oxidative stress in heparin cofactor II knockout mice,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
104. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate regulates carotid blood flow in elderly individuals,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
105. Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Serum Lipid Disorder is Associated with Left Ventricular Diastolic Dysfunction in Elderly Individuals,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
106. Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
The active form of vitamin D, 1,25(OH)2D3, prevents vascular remodeling and glucose intolerance in elderly individuals,
22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, Jun. 2008.
107. S Nishio, Hirotsugu Yamada, H Motonari, H Okada, Kenya Kusunose, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Assessment of Left Atrial Ejection Force in Patients with Hypertensive Heart Disease.,
18th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Toronto, Jun. 2008.
108. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, Y Tadatsu, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Importance of Left Atrial Function in Cardiac Response to Increment of Preload in Patients with Old Myocardial Infarction: Assessment by Automated Left Atrial Volume Tracking Method.,
18th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Toronto, Jun. 2008.
109. S Nishio, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Beat-To-Beat Variation of Mitral Annular Velocities in Atrial Fibrillation.,
18th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Toronto, Jun. 2008.
110. Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
The Mitral L-Wave Predicts the Cardiac Response to Preload Increment in Atrial Fibrillation.,
18th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Toronto, Jun. 2008.
111. S Nishio, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, Y Tadatsu, M Sato, H Hiraoka, H Kawano, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Usefulness of Tei Index in Atrial Fibrillation: Assessment by Dual Doppler Echocardiography.,
18th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Toronto, Jun. 2008.
112. Kenya Kusunose, K Takechi, S Nishio, Y Tadatsu, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, M Choraku, Y Maeda and Hirotsugu Yamada :
Multicenter Trial for the Validation of Automated Function Imaging in Patients with Local Left Ventricular Asynergy (VANILLA Study),
18th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Toronto, Jun. 2008.
113. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Role of Left Atrial Function for Pseudonormalization of Transmitral Flow Velocity Pattern in Patients with Hypertrophic Cardiomyopathy.,
18th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Toronto, Jun. 2008.
114. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
Effect of Preload Increment on Early Diastolic Transmitral and Mitral Annular Velocities in Patients with Old Myocardial Infarction.,
The 16th Congress of the international Cardiac Doppler Society, Kobe, Apr. 2008.
115. Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masashi Akaike :
The Mitral L-wave Predicts the Cardiac Response to an Increase of Preload in Atrial Fibrillation.,
The 16th Congress of the international Cardiac Doppler Society, Kobe, Apr. 2008.
116. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Sumitomo Yuka, Masataka Sata, Kato Shigeaki and Toshio Matsumoto :
Heparin Cofactor II Deficiency Causes Accelerated Thrombosis and Atherosclerosis in Mice,
American Heart Association Scientific Sessions 2006, Chicago, USA, Nov. 2006.
117. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Takashi Iwase, Shusuke Yagi, Kondo Akira, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Valsartan Enhances Nitric Oxide Bioavailability and Reduces Arterial Stiffness in Patients with Essential Hypertension,
The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, 2006, Fukuoka, Japan, Oct. 2006.
118. Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Y Fukuhara, Tamotsu Kanbara, A Kurushima, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Hiroyuki Azuma, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi :
HIF-ARNT transcriptional system in Tcells has a pivotal role in vascular inflammation and remodeling,
XIL International Symposium on Atherosclerosis, Italy, Jun. 2006.
119. Yutaka Masuda, H Kurobe, Takashi Kitaichi, Masashi Kano, A Kurushima, Tetsuya Kitagawa, T Iwase, Masashi Akaike, M Abe and Toshio Matsumoto :
Erythropoietin induced peripheral stem cell transplantation for severe ischemic limbs,
The 14th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery, Osaka, Jun. 2006.
120. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Fujimura Mitsunori, Shusuke Yagi, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Takamori Nobuyuki, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto :
Plasma Heparin Cofactor II Activity is a Predictor for Incidence of Peripheral Arterial Disease in Patients with Cardiovascular Risk Factors,
XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, Jun. 2006.
121. Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto :
Argatroban, a synthetic thrombin antagonist, can reduce insulin resistance though thrombin inactivation in the db/db mouse model of type 2 diabetes mellitus,
XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, Jun. 2006.
122. Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukuhara, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Tetsuya Kitagawa, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Masaki Ueno, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi :
T Cell-specific HIF-1α-deficient Mice, but Not ARNT-deficient Mice, Exhibit Exacerbated Inflammation and Vascular Remodeling in Response to Cuff Injury,
American Heart Association 2005 Scientifc Sessions, Dallas, Nov. 2005.
123. Takamori Nobuyuki, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hirono Akira, Yamaguchi Hiroshi, Hiroyuki Azuma, Tamura Katsuya and Toshio Matsumoto :
Plasma Heparin Cofactor II Activities Predict Cardiovascular Risk in Patients with Coronary Heart Disease,
American Heart Associations Scientific Sessions 2005, Dallas, USA, Nov. 2005.
124. Ken-ichi Aihara, Takamori Nobuyuki, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Fujimura Mitsunori, Yoshida Tomonori, Hashizume Shunji, Kato Midori, Yasumasa Ikeda, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is inversely related to the severity of carotid atherosclerosis,
American Heart Association, Scientific Sessions 2003 Orland Florida USA, Nov. 2003.

国内講演発表:

1. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心血管病における性機能障害と男性ホルモンの心血管保護作用,
日本性機能学会第30回学術集会,シンポジウム, 2019年9月.
2. 吾妻 雅彦, 長宗 雅美, 岩田 貴, 西岡 安彦, 赤池 雅史 :
電子聴診器を用いた呼吸音聴診教育についての取り組み,
第51回日本医学教育学会大会, 2019年7月.
3. 岩田 貴, 島田 光生, 吾妻 雅彦, 長宗 雅美, 赤池 雅史 :
VR+AR実習は学生の腹腔鏡模擬手術実習における局所解剖理解に有用である,
第51回日本医学教育学会大会, 2019年7月.
4. 吉田 光輝, 岩田 貴, 赤池 雅史, 鈴木 恵美, 山田 亮, 高嶋 美佳, 松本 大資, 河北 直也, 澤田 徹, 坪井 光弘, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章, 鶴尾 吉宏 :
《ワークショップ》外科手術教育の当院における取り組み,
第42回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2019年7月.
5. 谷 彰浩, 楠瀬 賢也, 松本 和久, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
拡張期僧帽弁逆流の治療適応判断に心房心室同時ペーシングが有効であった1例,
第114回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2019年6月.
6. 植野 美彦, 関 陽介, 赤池 雅史, 野間口 雅子 :
教育連動型AO入試の設計と実施ー地方国立大学における研究医の養成・確保をめざしてー,
令和元年度全国大学入学者選抜研究連絡協議会大会(第14回) 招待研究会, 2019年5月.
7. 赤池 雅史 :
四国での専門医研修について語る,
第113回日本循環器学会四国地方会ダイバーシティシンポジウム, 2018年12月.
8. 岩田 貴, 長宗 雅美, 吾妻 雅彦, 島田 光生, 赤池 雅史 :
クリニカル・クラークシップでの手技実習の質的評価としてのルーブリック評価の有用性の検討,
第50回日本医学教育学会大会, 2018年8月.
9. 三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒 :
医療系学部におけるアクティブラーニングの実施状況と満足度および自学自修時間との関係,
第50回日本医学教育学会大会, 2018年8月.
10. Yamada Yoshiko, Yada Keigo, Hiroyuki Nodera, Koichi Sairyo, Masashi Akaike and Akiyoshi Nishimura :
Effectiveness of the medical English course taught by an all-Japanese clinician team,
第21回日本医学英語教育学会, Jul. 2018.
11. 岩田 貴, 島田 光生, 東島 潤, 徳永 卓哉, 西 正暁, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 石川 大地, 赤池 雅史 :
腹腔鏡トレーニングの質的評価としてのルーブリック評価の有用性の検討,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
12. 八木 秀介, 伊勢 孝之, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
経カテーテル大動脈弁植込み術を施した超高齢大動脈弁狭窄症の1例,
日本老年医学会四国地方会, 2018年2月.
13. 轟 貴史, 八木 秀介, 楠瀬 賢也, 伊勢 孝之, 西條 良仁, 瀬野 弘光, 廣野 明, 松浦 朋美, 福田 大受, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
膠原病患者での肺動脈楔入圧と左室拡張期末期圧の関係,
第65回日本心臓病学会学術集会, 2017年9月.
14. 赤池 雅史 :
多職種連携教育で推進する医療教育学,
第6回日本栄養学教育学会学術総会, 2017年9月.
15. 吾妻 雅彦, 長宗 雅美, 岩田 貴, 川添 和義, 石澤 啓介, 竹谷 豊, 西岡 安彦, 赤池 雅史 :
徳島大学における担当患者を用いた多職種連携教育の取り組み,
第49回日本医学教育学会大会, 2017年8月.
16. 三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒 :
学生の視点に基づいた授業改善の実践とその成果,
第49回日本医学教育学会大会, 2017年8月.
17. 岩田 貴, 島田 光生, 東島 潤, 西 正暁, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 石川 大地, 長宗 雅美, 赤池 雅史 :
腹腔鏡下ペグタッチトレーニングの自学実習を目指したシミュレータの開発,
第49回日本医学教育学会大会, 2017年8月.
18. 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 澤田 徹, 河北 直也, 坪井 光弘, 梶浦 耕一郎, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 近藤 和也, 丹黒 章, 岩田 貴, 赤池 雅史, 金山 博臣, 東野 恒作, 鶴尾 吉宏 :
鏡視下手術時代の教育の開発 未固定遺体を用いた胸腔鏡手術トレーニングの経験,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
19. 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 吉田 卓弘, 坪井 光弘, 河北 直也, 澤田 徹, 梶浦 耕一郎, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 近藤 和也, 丹黒 章, 岩田 貴, 赤池 雅史, 金山 博臣, 東野 耕作, 鶴尾 吉宏 :
《考える外科学》未固定遺体とのシミュレーションを用いた新たな実践型内視鏡下低侵襲手術トレーニングプログラムの構築,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
20. 岩田 貴, 島田 光生, 吉川 幸造, 東島 潤, 西 正暁, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 石川 大地, 赤池 雅史 :
腹腔鏡下eye hand coordinationトレーニングの自学実習を目指したシミュレータの開発,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
21. 轟 貴史, Shusuke Yagi, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Takayuki Ise, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Serum Level of Lipoprotein (a) is a Risk Factor for Aortic Valve Sclerosis in Women,
第81回日本循環器学会学術集会, Mar. 2017.
22. 山本 清成, 轟 貴史, 大櫛 祐一郎, 上野 理恵, 伊勢 孝之, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 高木 恵理, 原 知也, 川端 豊, 斎藤 友子, 伊藤 浩敬, 松浦 朋美, 飛梅 威, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 門田 友里, 西村 正人, 苛原 稔 :
PET/CTにて診断できた心サルコイドーシスの1例,
第254回徳島医学会学術集会, 2017年2月.
23. 八木 秀介, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 石井 亜由美, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心不全患者に対するAdaptive servo-ventilation装着下6分間歩行における運動耐容能改善効果,
第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年9月.
24. 岩田 貴, 赤池 雅史, 吾妻 雅彦, 長宗 雅美 :
医療系学部中・高学年に対する他職種連携PBLチュートリアル授業の試み,
第48回日本医学教育学会大会, 2016年7月.
25. 赤池 雅史, 三笠 洋明, 西村 明儒 :
診療参加型臨床実習における学生の満足度と学修到達度の規定因子,
第48回日本医学教育学会大会, 2016年7月.
26. 岩田 貴, 島田 光生, 吉川 幸造, 東島 潤, 中尾 寿宏, 西 正暁, 髙須 千絵, 赤池 雅史 :
若手外科医育成のための卒然教育からの工夫∼移植シンポの早期体験と反転授業を応用した実習の試み∼.,
第71回日本消化器外科学会総会, 2016年7月.
27. 松浦 一義, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 鈴川 理乃, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 西尾 進, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
医学生の心エコー実習におけるシミュレーター教育の効果,
日本超音波医学会第89回学術集会, 2016年5月.
28. 八木 秀介, 西條 良仁, 高川 由利子, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
左副腎に腫瘤を認めた両側性特発性アルドステロン症の1例,
日本内科学会第114回四国地方会, 2016年5月.
29. 赤池 雅史 :
Current Status and Issues of Clinical Clerkship in Undergraduate Medical Education in Japan - Analysis of Students Satisfaction -,
第80回日本循環器学会学術集会 会長特別企画 10「日米の医学教育を考える」, 2016年3月.
30. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, A Takashima, Mika Bando, T Hara, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Reduced Ratio of Eicosapentaenoic Acid and Docosahexaenoic Acid to Arachidonic Acid is Associated with Early Onset of Acute Coronary Syndrome.,
第80回日本循環器学会学術集会, Mar. 2016.
31. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, T Hara, Takayuki Ise, Daiju Fukuda, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Modulation of Tissue Thrombin Action is a Novel Therapeutic Approach for Prevention of Polyvascular Disease.,
第80回日本循環器学会学術集会, Mar. 2016.
32. 近藤 大祐, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 若槻 哲三, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山田 博胤, 添木 武, 福田 大受, 赤池 雅史, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
急性冠症候群発症時のイコサペント酸とドコサヘキサエン酸の血中濃度低下は慢性期冠動脈 ステント内再狭窄の予測因子である,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
33. 岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生 :
臨床実習での技能トレーニングにおける反転授業の効果,
大学教育カンファレンスin徳島, 2016年1月.
34. 三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒 :
共通教育課程における留年のリスクファクターに関する研究,
大学教育カンファレンスin徳島, 2016年1月.
35. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
グルココルコイド過剰誘導酸化ストレスの臨床的評価とeNOSの有無におけるピタバスタチンの虚血臓器保護効果機構の差異,
平成27年度 第1回班会議, 2015年12月.
36. 白川 光雄, 本田 壮一, 松田 啓次, 折野 真哉, 坂東 弘康, 赤池 雅史 :
徳島県海部郡医療方言用語集作成の試み,
第15回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2015年11月.
37. 赤池 雅史 :
医療教育の充実と看護教育への期待,
日本看護学教育学会第25回学術集会 教育講演Ⅱ, 2015年8月.
38. 岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生 :
鏡視下手技が苦手な学生に対するoff-the-jobトレーニングの工夫,
第251回徳島医学会学術集会, 2015年8月.
39. 三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒 :
講義の反転授業化により学生の自学自習は促進されるか,
第47回日本医学教育学会大会, 2015年7月.
40. 岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生 :
クリニカルクラークシップ学生対象の反転授業応用縫合実習の試み,
第47回日本医学教育学会大会, 2015年7月.
41. 西 晃, 村山 美咲, 赤池 雅史 :
ぬいぐるみ病院活動が参加学生に及ぼす教育的効果に関する検討,
第47回日本医学教育学会大会, 2015年7月.
42. 山田 佳子, Bukasa Kalubi, Masashi Akaike and Akiyoshi Nishimura :
Improving doctor-patient communication in extracurricular activities,
第18回日本医学英語教育学会, Jul. 2015.
43. 八木 秀介, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 石井 亜由美, 高川 由利子, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
重症心不全患者におけるAdaptive servo-ventilation装着による運動耐容能改善効果,
第21回日本心臓リハビリテーション学会, 2015年7月.
44. 岩田 貴, 島田 光生, 吉川 幸造, 東島 潤, 中尾 寿宏, 西 正暁, 徳永 卓哉, 髙須 千絵, 江藤 祥平, 赤池 雅史 :
内視鏡手術時代における卒前教育からのoff-the-jobと反転授業を応用した実習の試み,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
45. 赤池 雅史 :
確かな学力による,確かな実力―能動的学習について―,
第63回中国・四国地区大学教育研究会, 2015年6月.
46. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 赤池 雅史, 玉置 俊晃, 松本 俊夫 :
心血管疾患における男性ホルモンの意義,
第15回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム「知って得するテストステロンアップデート」, 2015年5月.
47. 岩田 貴, 島田 光生, 吉川 幸造, 東島 潤, 中尾 寿宏, 西 正暁, 徳永 卓哉, 髙須 千絵, 赤池 雅史 :
鏡視下手技が苦手な学生をどうトレーニングするか?―off-the-job トレーニングの工夫―,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
48. 岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生 :
反転授業を応用したクリニカルクラークシップ学生対象の縫合実習の試み,
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
49. 本田 壮一, 谷 憲治, 白川 光雄, 橋本 崇代, 小原 聡彦, 赤池 雅史, 吉本 勝彦 :
医学生実習を受け入れて(第2報),
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
50. 三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒 :
授業のアクティブラーニング化は学生の自学自習を促進するかー反転授業の場合―,
大学教育カンファレンスin徳島大学, 2014年12月.
51. 長宗 雅美, 岩田 貴, 辻 暁子, 石田 加寿子, 東 瞳, 赤池 雅史 :
医療系学科1年生合同ワークショップの効果的実践∼8年間の振り返りより,
大学教育カンファレンスin徳島大学, 2014年12月.
52. 今田 久美子, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 高木 恵理, 松本 和久, 高川 由利子, 原 知也, 高島 啓, 齋藤 友子, 坂東 美佳, 山﨑 宙, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
慢性血栓塞栓性肺高血圧症にリオシグアトを使用した1症例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
53. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 高川 由利子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木下 肇, 阪田 美穂, 早渕 康信, 赤池 雅史, 加藤 真介, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
単心室症患児の開心術後に心臓リハビリテーションを有効に施行し得た一例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
54. 八木 秀介, 鳥居 祐太, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
突然の片側性下肢腫脹を呈した変形性関節症の2例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
55. 稲垣 太造, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
治療抵抗性本態性高血圧に対する利尿剤の効果-インダパミドが効果的であった2例の検討-,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
56. 赤池 雅史 :
これからの医学教育∼総合診療への期待∼,
第14回日本PC連合学会四国ブロック支部/第21回四国地域医学研究会学術集会・合同集会ミニレクチャー, 2014年11月.
57. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 添木 武, 佐田 政隆 :
血清PTH濃度は高血圧の発症と関連する,
第37回日本高血圧学会総会, 2014年10月.
58. 岩田 貴, 島田 光生, 吉川 幸造, 東島 潤, 西 正暁, 徳永 卓哉, 髙須 千絵, 江藤 祥平, 中尾 寿宏, 赤池 雅史 :
内視鏡外科手術におけるOff-the-jobトレーニングを科学する,
第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014年10月.
59. Yosuke Sakai, Bukasa Kalubi, Masashi Akaike and A. Nishimura :
Enhancing English communication skills through a students-run English-only extracurricular activity,
Journal of Medical English Education, Vol.13, No.2, 38, Jul. 2014.
60. Bukasa Kalubi, Omar Maningo Rodis, Masashi Akaike and Kiyoshi Fukui :
Communication Know-how course: A practical approach to improving professional communication skills in graduate and post-graduate education,
17th JASMEE Academic Meeting, Jul. 2014.
61. 西川 幸治, 石井 亜由美, 後藤 強, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
運動習慣の有無が運動耐用能および動脈機能の関係に及ぼす影響について,
第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年7月.
62. 石井 亜由美, 八木 秀介, 西川 幸治, 後藤 強, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーション実施期間中の体重増加が運動耐容能におよぼす影響,
第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年7月.
63. 長宗 雅美, 岩田 貴, 福富 美紀, 赤池 雅史 :
医学生に必要な医療コミュニケーション能力―臨床実習前教育とクリニカルクラークシップとのギャップー,
第46回日本医学教育学会大会, 2014年7月.
64. 今田 久美子, 伊勢 孝之, 原 知也, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 西條 良仁, 小笠原 梢, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心不全を合併した頻脈性心房細動にランジオロールを有効に使用することができた2症例,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
65. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
動脈硬化および虚血に対するeNOS非依存的なピタバスタチンの臓器保護効果の検討,
第46回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2014年7月.
66. 本田 壮一, 小原 聡彦, 谷 憲治, 白川 光雄, 赤池 雅史, 吉本 勝彦 :
医学生実習を受け入れて-5年間の経験よりー,
第110回 日本内科学会四国地区支部主催四国地方会 徳島, 2014年6月.
67. 岩田 貴, 島田 光生, 栗田 信浩, 佐藤 宏彦, 吉川 幸造, 西 正暁, 近清 素也, 髙須 千絵, 柏原 秀也, 松本 規子, 赤池 雅史 :
大学と関連病院が連携した若手医師の研修プログラム構築―地方からの提言―,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
68. Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike, A Takashima, Mika Bando, S Bando, T Matsuura, Junko Hotsuchi, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Impact of cardiac rehabilitation on oxidized stress in patients with heart failure.,
第78回日本循環器学会学術集会, Mar. 2014.
69. 石澤 有紀, Le Nhat-Tu, 竹井 雄一郎, Heo Kyung-Sun, Lee Hakjoo, Smrcka Alan, Miller Benjamin, Ko Kyung-Ae, Ture Sara, Morrell Craig, 藤原 敬己, 赤池 雅史, 玉置 俊晃, 阿部 純一 :
内皮細胞におけるERK5活性化を介したスタチン・抗マラリア薬の抗炎症作用の検討,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
70. 長宗 雅美, 岩田 貴, 福富 美紀, 赤池 雅史 :
臨床実習における医学生のコミュニケーションの現状,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
71. 宮本 登志子, 明石 晃代, 楊河 宏章, 赤池 雅史, 他, 木田 菊枝, 近藤 佐地子 :
CRCの人材育成の試み-院内キャリア形成支援センター・看護部との連携モデル-,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
72. 今田 久美子, 八木 秀介, 山口 浩司, 若槻 哲三, 伊勢 孝之, 太田 理絵, 門田 宗之, 高島 啓, 松浦 朋美, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心不全を合併した腎血管性高血圧に対する経皮的腎動脈形成術の有効性,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
73. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 松本 幸子, 福田 大受, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
DPP-4阻害薬の血糖降下作用に対する有効性予測因子,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
74. 岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 福富 美紀, 島田 光生 :
海外交流体験実習を利用したスキルスラボでのグローバルスキルトレーニング,
第248回 徳島医学会学術集会(平成25年度冬期), 2014年2月.
75. 赤池 雅史 :
学生教育環境における病院情報システム機能と運用,
大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2014年2月.
76. 岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生 :
反転授業を応用したクリニカルクラークシップ学生対象の縫合実習の試み,
第250回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
77. 長宗 雅美, 岩田 貴, 福富 美紀, 赤池 雅史 :
医療系学生は医療コミュニケーションをどこで学んでいるか,
大学教育カンファレンスin徳島, 2013年12月.
78. 岩田 貴, 福富 美紀, 長宗 雅美, 赤池 雅史 :
スキルス・ラボにおける海外交流トレーニング,
大学教育カンファレンスin徳島, 2013年12月.
79. 發知 淳子, 山田 博胤, 原 知也, 太田 理絵, 高島 啓, 坂東 美佳, 小笠原 梢, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 木村 恵理子, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
下肢陽圧負荷の効果があった薬剤抵抗性起立性低血圧の2症例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
80. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 門田 宗之, 西條 良仁, 高島 啓, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 中山 泰介, 赤池 雅史, 加藤 真介, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
人工呼吸管理中の心不全症例に心臓リハビリテーションが有効に施行しえた症例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
81. 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 西條 良仁, 高木 恵理, 太田 理絵, 門田 宗之, 原 知也, 小笠原 梢, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
当院でのAdaptive-Servo Ventilationが有効であった拡張障害心不全の症例検討,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
82. 宮本 登志子, 明石 晃代, 田島 壮一郎, 天羽 亜美, 大和 志保, 吉丸 倫子, 小杉 千里, 楊河 宏章, 赤池 雅史, 木田 菊枝, 近藤 佐地子 :
CRCの人材育成の試み-院内キャリア形成支援センター・看護部との連携モデル-,
第34回日本臨床薬理学会年会, 2013年12月.
83. 岩田 貴, 島田 光生, 栗田 信浩, 佐藤 宏彦, 吉川 幸造, 東島 潤, 西 正暁, 近清 素也, 柏原 秀也, 松本 規子, 徳永 卓哉, 赤池 雅史 :
腹腔鏡下手術トレーニングボックスを用いた鏡視下手術手技理解促進のための基礎的検討,
第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月.
84. Takayuki Ise, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Shusuke Yagi, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Progression of a Case of Myocardial Damage Caused by Beckers Muscular Dystrophy.,
第17回日本心不全学会学術集会, Nov. 2013.
85. 岩田 貴, 島田 光生, 栗田 信浩, 佐藤 宏彦, 吉川 幸造, 東島 潤, 西 正暁, 近清 素也, 徳永 卓哉, 松本 規子, 赤池 雅史 :
開腹手術は内視鏡下手術トレーニングに必要である∼鏡視下手術理解促進のための基礎的検討∼,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
86. 門田 宗之, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 原 知也, 太田 理絵, 坂東 美佳, 高島 啓, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
慢性心不全患者に対するトルバプタン投与における薬物血中濃度と利尿効果の検討,
第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年9月.
87. 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 西尾 進, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
Intramural Hematoma症例のUlcer Like Projection形成と拡大における穿通枝の重要性,
第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年9月.
88. 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 坂東 美佳, 西尾 進, 山口 浩司, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
Becker型筋ジストロフィーによる心筋障害の経過を観察し得た1例,
第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年9月.
89. 岩瀬 俊, 髙尾 正一郎, 太田 理絵, 山口 浩司, 赤池 雅史, 伊勢 孝之, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 原田 雅史, 佐田 政隆 :
3ステラ非造影心臓MRI検査が左室内壁在血栓の検出ならびに治療方針決定に有用であった無症候性心筋虚血の1例,
第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年9月.
90. 岩瀬 俊, 髙尾 正一郎, 赤池 雅史, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 西岡 安彦, 原田 雅史, 佐田 政隆 :
左室収縮不全を伴う心サルコイドーシスと他の心疾患鑑別におけるガドリニウム遅延造影定量評価の有用性,
第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年9月.
91. 岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 福富 美紀, 島田 光生 :
腹腔鏡下手術トレーニングボックスを用いた鏡視下手術手技理解促進のための基礎的検討,
第247回 徳島医学会学術集会(平成25年度夏期), 2013年8月.
92. 門田 宗之, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 太田 理絵, 原 知也, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史 :
慢性心不全における新規利尿薬tolvaptanの効果予測因子,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
93. 石井 亜由美, 西川 幸治, 加藤 真介, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 上田 由佳, 門田 宗之, 高島 啓, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 中川 泰介, 北川 哲也, 赤池 雅史 :
人工呼吸管理中に心臓リハビリを有効に施行しえた開心術後の心不全症例,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
94. 岩田 貴, 島田 光生, 長宗 雅美, 福富 美紀, 赤池 雅史 :
システム,支援,フィードバックに着眼した腹腔鏡下手術トレーニング,
第45回日本医学教育学会大会, 2013年7月.
95. 赤池 雅史, 三笠 洋明, 西村 明儒 :
臨床医学の教育業績評価,
第45回日本医学教育学会大会, 2013年7月.
96. 三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒 :
ルーブリック評価を活用した項目特性分析による記述式試験問題の評価,
第45回日本医学教育学会大会, 2013年7月.
97. 長宗 雅美, 岩田 貴, 福富 美紀, 石田 加寿子, 赤池 雅史 :
OSCEにおける模擬患者演技の均一化を目標としたトレーニングの方策,
第45回日本医学教育学会大会, 2013年7月.
98. 福富 美紀, 岩田 貴, 長宗 雅美, 赤池 雅史 :
スキルスラボを活用した高校生医学体験実習の卒後進路に及ぼす影響,
第45回日本医学教育学会大会, 2013年7月.
99. 岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 福富 美紀, 島田 光生 :
腹腔鏡下手術トレーニングボックスを用いた鏡視下手術手技理解促進のための基礎的検討,
第1回日本シミュレーション医療教育学会大会, 2013年7月.
100. 平田 有紀奈, 西尾 進, 友藤 達陽, 坂東 美佳, 林 修司, 發知 淳子, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
超音波検査で計側した各種脂肪組織厚と冠動脈硬化症との関連,
第86回日本超音波医学会学術集会, 2013年5月.
101. 幸田 舞子, 伊勢 孝之, 川端 豊, 門田 宗之, 原 知也, 太田 理絵, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 仁木 敏之, 發知 淳子, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 赤池 雅史, 林 友鴻, 長谷川 拓也, 佐田 政隆 :
経皮的中隔心筋焼灼術が奏功した閉塞性肥大型心筋症の1例,
第102回日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2013年5月.
102. 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 川端 豊, 門田 宗之, 仁木 敏之, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 山口 浩司, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心病変の経過を観察し得たBecker型筋ジストロフィーによる心不全の1例,
第102回日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2013年5月.
103. 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 門田 宗之, 仁木 敏之, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
慢性心不全におけるAdaptive-Servo Ventilationの血行動態に対する効果,
第102回日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2013年5月.
104. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 盛 真友, 松本 高広, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は性差非依存的にVEGF受容体を介して虚血反応性血管新生を促進する,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
105. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上元 良子, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
重症下肢虚血壊死に対するピタバスタチンの組織保護効果に関する検討,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
106. Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Takashi Iwase, M Kadota, R Ota, Y Kawabata, T Hara, K Ogasawara, Mika Bando, S Bando, T Matsuura, Toshiyuki Niki, J Hotchi, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Adaptive Servo-Ventilation Improves Symptoms and Hemodynamics in Both Patients with Systolic and Diastolic Heart Failure.,
第77回 日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
107. Takayuki Ise, Takashi Iwase, Shoichiro Takao, M Kadota, Mika Bando, S Bando, T Matsuura, Toshiyuki Niki, J Hotchi, Shusuke Yagi, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Masafumi Harada and Masataka Sata :
Evaluation of Right Ventricular Hypertrophy by Cardiac Magnetic Resonance is Useful for Detecting Cardiac Amyloidosis.,
第77回 日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
108. Shusuke Yagi, Takayuki Ise, Hirotsugu Yamada, S Nishio, Yuka Ueda, Takashi Iwase, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Ratio of Eicosapentaenoic Acid to Arachidonic Acid is a Predictive Factor of Albuminuria and Endothelial Function in Patients with Dyslipidemia.,
第77回 日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
109. Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, Takayuki Ise, Toshiyuki Niki, Yuka Ueda, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Ken-ichi Aihara, Tetsuzo Wakatsuki, Yasuhiko Nishioka, Masafumi Harada and Masataka Sata :
Differentiation of Left Ventricular Systolic Dysfunction Related to Cardiac Sarcoidosis and Other Heart Diseases Using contrast-enhanced Cardiovascular Magnetic Resonance.,
第77回 日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
110. M Kadota, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike, R Ota, Y Kawabata, T Hara, K Ogasawara, Mika Bando, S Bando, T Matsuura, Toshiyuki Niki, J Hotchi, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Effects of Tolvaptan are Predicted by Vasopressin/Aldosterone Ratio and Urine Osmolality in Patients with Chronic Heart Failure.,
第77回 日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
111. S Sakamoto, M Kadota, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, S Bando, T Matsuura, 仁木 敏之, J Hotchi, N Tomita, 上田 由佳, 山口 浩司, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史, M Takeuchi :
再熱と寛解を繰り返す特発性心膜炎に対しイブプロフェンが有効であった1例,
第246回徳島医学会学術集会(平成24年度冬期), 2013年2月.
112. M Koda, 佐田 政隆, 伊勢 孝之, Y Kawabata, 岩瀬 俊, M Kadota, T Hara, R Ota, 坂東 美佳, S Bando, T Matsuura, 仁木 敏之, J Hotchi, N Tomita, 上田 由佳, 山口 浩司, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, S Okazaki, 林 友鴻, T Hasegawa :
難治性の閉塞性肥大型心筋症に対して経皮的中隔心筋焼灼術が著効した1例,
第246回徳島医学会学術集会(平成24年度冬期), 2013年2月.
113. 上田 由佳, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, K Maeda, K Nishikawa, M Kadota, T Hara, Y Kawabata, R Ota, 仁木 敏之, 山口 浩司, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 加藤 真介, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーションにおける禁煙継続効果の検討,
第101回日本循環器学会四国地方会, 2012年12月.
114. Y Kawabata, 伊勢 孝之, T Matsuura, S Bando, 岩瀬 俊, K Ogasawara, 坂東 美佳, 仁木 敏之, J Hotchi, N Tomita, 上田 由佳, 山口 浩司, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
高度肥満を伴った拡張型心筋症の1例,
第101回日本循環器学会四国地方会, 2012年12月.
115. S Sakamoto, M Kadota, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, S Bando, T Matsuura, 仁木 敏之, J Hotchi, N Tomita, 上田 由佳, 山口 浩司, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
再燃と寛解を繰り返す特発性心膜炎に対しイブプロフェンが有効であった1例,
第101回日本循環器学会四国地方会, 2012年12月.
116. 岩田 貴, 島田 光生, 栗田 信浩, 佐藤 宏彦, 森本 慎也, 吉川 幸造, 宮谷 知彦, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 松本 規子, 赤池 雅史 :
システム,支援,フィードバックに注目した内視鏡下手術トレーニング,
第25回 日本内視鏡外科学会総会, 2012年12月.
117. M Kadota, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Prediction of Responder and Influence for Cardio-Renal Interaction by Tolvaptan in Patients with Chronic Heart Failure.,
第16回日本心不全学会学術集会, Nov. 2012.
118. Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Takashi Iwase, M Kadota, T Hara, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Acute Hemodynamic Effects of Adaptive Servo-Ventilation in Patients with Chronic Heart Failure.,
第16回日本心不全学会学術集会, Nov. 2012.
119. 岩田 貴, 島田 光生, 栗田 信浩, 佐藤 宏彦, 森本 慎也, 吉川 幸造, 宮谷 知彦, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 赤池 雅史 :
最良の外科医の教育とは何か∼システム,支援,フィードバックに着眼した教育∼,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
120. 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, K Nanjo, 髙尾 正一郎, R Ota, S Bando, 仁木 敏之, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 原田 雅史, 佐田 政隆 :
心臓MRIを用いた左室肥大患者における右室壁厚の検討,
第60回日本心臓病学会学術集会, 2012年9月.
121. 岩田 貴, 島田 光生, 栗田 信浩, 佐藤 宏彦, 森本 慎也, 吉川 幸造, 宮谷 知彦, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 松本 規子, 赤池 雅史 :
腹腔鏡下胃切除術のトレーニングにおける開腹術からのフィードバックの有用性について,
第17回 中国四国内視鏡外科研究会, 2012年9月.
122. Y Yokota, M Kadota, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, T Hara, R Ota, Y Kawabata, K Ogasawara, 坂東 美佳, S Bando, T Matsuura, 仁木 敏之, J Hotchi, N Tomita, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史, 江川 麻理子, 三田村 佳典 :
眼病変の経過中に心室中隔の肥厚および完全房室ブロックで発症した心サルコイドーシスの一例,
第245回徳島医学会学術集会(平成24年度夏期), 2012年7月.
123. 岩田 貴, 島田 光生, 長宗 雅美, 赤池 雅史 :
腹腔鏡下胃切除術の術者研修中における開腹術からのフィードバックの有用性について,
第44回日本医学教育学会大会, 2012年7月.
124. 三笠 洋明, 赤池 雅史, 西村 明儒, 福井 義浩 :
共用試験OSCEによる臨床実習前教育の評価:項目特性曲線による評価方法,
第44回日本医学教育学会大会, 2012年7月.
125. 上田 由佳, 岩瀬 俊, 伊勢 孝之, K Maeda, K Nishikawa, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, 山口 浩司, N Tomita, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 加藤 真介, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
喫煙継続者における心臓リハビリテーションの効果の検討,
第18回心臓リハビリテーション学会, 2012年7月.
126. K Maeda, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, K Nishikawa, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, 山口 浩司, N Tomita, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 加藤 真介, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
患者の気持ちを汲んだ患者教育の実際,
第18回心臓リハビリテーション学会, 2012年7月.
127. A Takashima, 伊勢 孝之, 上田 由佳, K Maeda, K Nishikawa, K Ogasawara, 坂東 美佳, N Tomita, 仁木 敏之, J Hotchi, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 加藤 真介, 赤池 雅史, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
心臓リハビリテーションは酸化LDLを低下させる,
第18回心臓リハビリテーション学会, 2012年7月.
128. A Tachibana, 伊勢 孝之, 添木 武, 岩瀬 俊, R Ota, M Kadota, T Hara, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, N Tomita, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
CRT-Dが著効した重症拡張型心筋症の2症例,
第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年6月.
129. S Nagasaka, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, R Ota, M Kadota, T Hara, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, N Tomita, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
マルチモダリティを用いて鑑別し得た冠動脈病変合併たこつぼ型心筋症の1症例,
第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年6月.
130. 伊勢 孝之, K Nanjo, 岩瀬 俊, 髙尾 正一郎, R Ota, M Kadota, T Hara, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 原田 雅史, 佐田 政隆 :
左室肥大患者における右室壁厚の検討,
第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年6月.
131. 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, R Ota, M Kadota, T Hara, A Takashima, H Yamasaki, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, N Tomita, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
Adaptive Servo-Ventilationが心不全治療に有効であった心アミロイドーシスの2症例,
第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年6月.
132. K Maeda, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, K Nishikawa, 坂東 美佳, K Ogasawara, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, 山口 浩司, N Tomita, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 加藤 真介, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
チーム医療で取り組む重症心不全に対する心臓リハビリテーション,
第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年6月.
133. S Taoka, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, R Ota, M Kadota, T Hara, K Ogasawara, 坂東 美佳, S Bando, 仁木 敏之, J Hotchi, N Tomita, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
テニスラケットによる打撲が誘引で深部静脈血栓・急性肺塞栓症を来した1症例,
第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年6月.
134. 鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 笠松 哲司, 近藤 絵里, 木内 美瑞穂, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 赤池 雅史 :
粥状動脈硬化病変を呈した高Lp(a)血症合併糖尿病の姉妹例,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
135. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペントエン酸は酸化ストレス抑制を介して心臓リモデリングを抑制する,
日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム, 2012年5月.
136. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
血管内皮機能制御における血圧関連指標の意義,
日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム, 2012年5月.
137. 赤池 雅史 :
ステロイドによる血管内皮細胞障害と骨壊死の関係,
第56回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2012年4月.
138. Munkbaatar Dagvasumberel, 島袋 充生, Nishiuchi Takeshi, Hirata Yoichiro, 添木 武, 赤池 雅史, 岩瀬 俊, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 竹谷 善雄, 八木 秀介, Tomita Noriko, 山田 博胤, 若槻 哲三, 黒部 裕嗣, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
Gender Disparities in Association of Epicardial Adipose Tissue Volume and Coronary Atherosclerosis.,
第76回 日本循環器学会学術集会, 2012年3月.
139. Kimura Sahika, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, Takashima Akira, Yamazaki Hiromu, Ogasawara Kozue, Bando Sachiko, Hayashi Shuji, Takeuchi Hidekazu, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, Tomita Noriko, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
Cardiac Rehabilitation decreases Urinary Albumin Excretion in Patients with Cardiovascular Disease.,
第76回 日本循環器学会学術集会, 2012年3月.
140. Takashima Akira, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Yuka Ueda, Masashi Akaike, Yamazaki Hiromu, Mika Bando, Ogasawara Kozue, Bando Sachiko, Tomita Noriko, Takeuchi Hidekazu, Toshiyuki Niki, Hotchi Junko, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Effect of Cardiac Rehabilitation on Level of Oxidized LDL.,
第76回 日本循環器学会学術集会, Mar. 2012.
141. 添木 武, 仁木 敏之, 山口 浩司, 坂東 左知子, 上田 由佳, 冨田 紀子, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
Inflammatory Biomarkers as Predictors of Vulnerable Coronary Plaques.,
第76回 日本循環器学会学術集会,Symposium 3, 2012年3月.
142. 立花 綾香, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 高島 啓, 山崎 宙, 小笠原 梢, 坂東 左知子, 仁木 敏之, 發知 淳子, 冨田 紀子, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史, 廣野 明 :
CRT-Dが著効した重症慢性心不全の1例,
第244回 徳島医学会学術集会 (平成23年度冬期), 2012年2月.
143. 田岡 志保, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 高島 啓, 山崎 宙, 小笠原 梢, 坂東 左知子, 仁木 敏之, 發知 淳子, 冨田 紀子, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史, 井上 洋行 :
テニスラケットによる外傷が誘因で深部静脈血栓・急性肺塞栓症を来した一症例,
第244回 徳島医学会学術集会 (平成23年度冬期), 2012年2月.
144. 坂東 美佳, 山田 博胤, 冨田 紀子, 發知 淳子, 小笠原 梢, 高島 啓, 山崎 宙, 坂東 左知子, 伊勢 孝之, 仁木 敏之, 上田 由佳, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 西尾 進, 林 修司, 中川 摩耶, 玉井 利奈, 平田 有紀奈, 弘田 大智 :
脂質低下療法による頸動脈プラーク安定化の評価:超音波integrated backscatterを用いたカラーマッピングシステムの臨床応用,
第244回 徳島医学会学術集会 (平成23年度冬期), 2012年2月.
145. 太田 理絵, 若槻 哲三, 岩瀬 俊, 髙尾 正一郎, 山田 博胤, 赤池 雅史, 坂東 左知子, 仁木 敏之, 能勢 隼人, 冨田 紀子, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 添木 武, 西岡 安彦, 原田 雅史, 佐田 政隆 :
肺,皮膚病変診断4年後に心病変が顕在化したサルコイドーシスの1例,
第22回 日本心血管画像動態学会, 2012年1月.
146. 前田 香代子, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 西川 幸治, 高島 啓, 小笠原 梢, 山崎 宙, 坂東 左知子, 仁木 敏之, 發知 淳子, 山口 浩司, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 髙田 信二郎, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
大学病院での心臓リハビリテーション立ち上げの問題点,
第99回 日本循環器学会四国地方会, 2011年12月.
147. 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀, 木戸 里佳, 湯浅 智之, 吉田 守美子, 笠松 哲司, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 赤池 雅史 :
粥状動脈硬化病変を呈した糖尿病合併高Lp(a)血症の姉妹例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
148. 岩田 貴, 島田 光生, 栗田 信浩, 佐藤 宏彦, 西岡 将規, 森本 慎也, 吉川 幸造, 宮谷 知彦, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 赤池 雅史 :
スキルスラボのシミュレーターを駆使した医療トレーニングの有用性 (第49回 日本癌治療学会学術集会),
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 727, 2011年10月.
149. 岩瀬 俊, 髙尾 正一郎, 赤池 雅史, 能勢 隼人, 伊勢 孝之, 小笠原 梢, 山崎 宙, 髙島 啓, 坂東 左知子, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 發知 淳子, 冨田 紀子, 上田 由佳, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 西岡 安彦, 原田 雅史, 佐田 政隆 :
心臓MRIによるサルコイドーシス心病変検出の有用性,
第31回 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会, 2011年10月.
150. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペントエン酸の酸化ストレス抑制を介したアンジオテンシンII刺激による心血管リモデリング抑制効果の検討,
第34回 日本高血圧学会総会, 2011年10月.
151. 木谷 光宏, 添木 武, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 山本 浩史, 折野 俊介, 角谷 昭佳, 坂東 重信, 佐田 政隆 :
高血圧患者におけるシルニジピンの酸化ストレスに対する作用,
第34回 日本高血圧学会総会, 2011年10月.
152. Takayuki Ise, Takashi Iwase, Kumiko Kagawa, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, 冨田 紀子, Yuka Ueda, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Abe, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Successful Autologous Peripheral Blood Stem Cell Transplantation for Primary Cardiac Amyloidosis Patients with Heart Failure : three cases report.,
第15回 日本心不全学会学術集会, Oct. 2011.
153. 岩瀬 俊, 髙尾 正一郎, 赤池 雅史, 能勢 隼人, 久岡 白陽花, 伊勢 孝之, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 西岡 安彦, 原田 雅史, 佐田 政隆 :
サルコイドーシス心病変検出における心臓MRI検査の有用性,
第59回 日本心臓病学会学術集会, 2011年9月.
154. 坂東 左知子, 添木 武, 仁木 敏之, 久岡 白陽花, 竹内 秀和, 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 寒川 賢治, 佐田 政隆 :
グレリンによる自律神経およびConnexin43発現調節を介した抗不整脈作用の検討,
第59回 日本心臓病学会学術集会, 2011年9月.
155. 添木 武, 坂東 左知子, 仁木 敏之, 久岡 白陽花, 竹内 秀和, 楠瀬 賢也, 上田 由佳, 冨田 紀子, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心房細動における局所炎症反応に関する検討,
第59回 日本心臓病学会学術集会, 2011年9月.
156. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 久岡 白陽花, 平田 陽一郎, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Eicosapentaenoic acid-to-arachidonic acid ratio is inversely associated with albuminuria in individuals with cardiovascular risk factors,
第75回日本循環器学会総会・学術集会 パシフィコ横浜, 2011年8月.
157. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Eicosapentaenoic acid protects against angiotensin II-induced cardiovascular remodeling via attenuation of oxidative stress.,
第75回 日本循環器学会総会・学術集会 パシフィコ横浜, 2011年8月.
158. C. Nishio, M. Higashida, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
GLP-1 Receptor Agonist Attenuates Vascular Remodeling after Endovascular Injury.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Aug. 2011.
159. M. Higashida, C. Nishio, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
HMGB1 Plays a Critical Role in Chronic Inflammation and Vascular Remodeling after Endovascular Injury.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Aug. 2011.
160. 赤池 雅史, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 玉置 俊晃, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 楊河 宏章 :
生活習慣病関連リスクファクターに及ぼすスダチ果皮加工品の効果 ∼探索的臨床試験による検討∼,
第243回徳島医学会学術集会 公開シンポジウム, 2011年7月.
161. 赤池 雅史, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 玉置 俊晃, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 粟飯原 賢一, 吉田 守実子, 松本 俊夫, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 楊河 宏章 :
生活習慣病関連リスクファクターに及ぼすスダチ果皮加工品の効果-探索的臨床試験による検討-,
第243回 徳島医学会学術集会, 2011年7月.
162. 高木 恵理, 高島 啓, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 坂東 左知子, 冨田 紀子, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 森本 篤志, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 和田 美智子, 石本 武男, 田蒔 正治 :
重症下肢虚血病変に対して経皮的下肢動脈血管形成術が奏功し,予定されていた下肢切手術を回避できた一症例,
第243回 徳島医学会学術集会, 2011年7月.
163. 高島 啓, 添木 武, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 坂東 左知子, 林 修司, 久岡 白陽花, 冨田 紀子, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
埋め込み型デバイスにより胸郭内インピーダンスの増悪と改善が観察できた拡張相肥大型心筋症の一例,
第243回 徳島医学会学術集会, 2011年7月.
164. 長宗 雅美, 岩田 貴, 赤池 雅史 :
医療安全をめざした多職種間連携教育の取り組みー徳島大学のIPEモデルー,
第43回日本医学教育学会大会, 2011年7月.
165. 岩田 貴, 赤池 雅史, 長宗 雅美, 島田 光生, 栗田 信浩, 西岡 将規, 沖津 宏 :
地域で研修する若手医師に対する大腸癌鏡下手術の教育における問題点と対策:地方からの提言,
第43回日本医学教育学会大会, 2011年7月.
166. 三笠 洋明, 赤池 雅史, 福井 義浩 :
看護学専攻学生に対する統計学教育改善の試み,
2011年7月.
167. 西川 幸治, 上田 由佳, 久岡 白陽花, 前田 香代子, 岩瀬 俊, 坂東 左知子, 林 修司, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 髙田 信二郎, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
当院心臓リハビリテーション参加者の運動能力について,
第17回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2011年7月.
168. 前田 香代子, 上田 由佳, 久岡 白陽花, 岩瀬 俊, 西川 幸治, 坂東 左知子, 林 修司, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 髙田 信二郎, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
大学病院での心臓リハビリテーション立ち上げに携わって,
第17回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2011年7月.
169. 久岡 白陽花, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 前田 香代子, 西川 幸治, 坂東 左知子, 林 修司, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 髙田 信二郎, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
尿中アルブミン排泄量に及ぼす心臓リハビリテーションの効果,
第17回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2011年7月.
170. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 林 修司, 玉井 利奈, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
TE-e'は左室拡張末期圧を反映する―下肢腸圧および硝酸薬負荷を用いた検討―,
第84回 日本超音波医学会学術集会, 2011年5月.
171. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 玉井 利奈, 佐藤 光代, 冨田 紀子, 林 修司, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
冠動脈硬化症を最も反映する非侵襲的血管検査指標は何か?,
第84回 日本超音波医学会学術集会, 2011年5月.
172. 前田 香代子, 上田 由佳, 久岡 白陽花, 岩瀬 俊, 西川 幸治, 坂東 左知子, 林 修司, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 髙田 信二郎, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
通院型心臓リハビリテーションの継続における開始3カ月目の重要性,
第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
173. 西川 幸治, 上田 由佳, 久岡 白陽花, 前田 香代子, 岩瀬 俊, 坂東 左知子, 林 修司, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 髙田 信二郎, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
心臓リハビリによる運動能力改善を阻害する因子の検討,
第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
174. 太田 理絵, 岩瀬 俊, 久岡 白陽花, 山田 博胤, 西岡 安彦, 髙尾 正一郎, 坂東 左知子, 能勢 隼人, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 冨田 紀子, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 曽根 三郎, 佐田 政隆 :
心室固有調律が心病変診断のきっかけとなったサルコイドーシスの1例,
第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
175. 原 知也, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 林 修司, 玉井 利奈, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 仁木 敏之, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心サルコイドーシスにおける左室形態異常の多様性,
第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
176. 本田 壮一, 川井 尚臣, 白川 光雄, 小原 聡彦, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
急性冠症候群の医療連携―「海部プロジェクト」自験症例より―,
第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
177. 久岡 白陽花, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 前田 香代子, 西川 幸治, 坂東 左知子, 林 修司, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 髙田 信二郎, 安井 夏生, 佐田 政隆 :
尿中アルブミン排出量に及ぼす通院心臓リハビリテーションの効果,
第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
178. 坂東 左知子, 添木 武, 久岡 白陽花, 冨田 紀子, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
房室結節三重伝道路の存在が示唆された房室結節リエントリー性頻拍の1例,
第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
179. 外磯 千智, 岩瀬 俊, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史, 髙尾 正一郎, 原田 雅史 :
心臓MRI検査で左室に広範なガドリニウム異常集積を認めたNoonan syndromeの1例,
第104回 日本内科学会四国地方会, 2011年5月.
180. 安積 麻衣, 岩瀬 俊, 仁木 敏之, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史, 髙尾 正一郎, 原田 雅史, 西岡 安彦, 曽根 三郎 :
眼,肺,筋病変に続いて経過中に新病変の顕在化を認めたサルコイドーシスの一例,
第104回 日本内科学会四国地方会, 2011年5月.
181. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
フェノフィブラートはアンジオテンシンⅡ負荷による高血圧と心筋リモデリングを抑制する,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
182. 黒部 裕嗣, 平田 陽一郎, 西雄 千佳, 東田 真由子, 松岡 祐貴, 赤池 雅史, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
GLP-1 receptor agonist が血管リモデリングに与える影響の検討,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
183. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 佐藤 隆史, 赤池 雅史, 玉置 俊晃, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
心血管リモデリングにおける男性ホルモンの作用,
第84回日本内分泌学会学術集会 シンポジウム「心血管病を内分泌・代謝面から考察する」, 2011年4月.
184. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害に対するアルドステロン受容体拮抗薬の効果,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
185. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペントエン酸は酸化ストレス抑制を介してアンジオテンシンⅡ刺激による心血管リモデリングを抑制する,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
186. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
虚血ストレスによる骨格筋アポトーシスおよび血管新生におけるアンドロゲン受容体の意義,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
187. 黒部 裕嗣, 粟飯原 賢一, 平田 陽一郎, 西矢 昌子, 中山 泰介, 元木 達夫, 菅野 幹雄, 神原 保, 北市 隆, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 北川 哲也, 松本 俊夫 :
エゼチミブ投与による脂質代謝および血管機能改善効果の検討,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
188. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Masataka Sata, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin cofactor II enhances vascular endothelial cells function and angiogenesis,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
189. S. Bando, Takeshi Soeki, Toshiyuki Niki, Y. Hirata, N. Tomita, H. Takeuchi, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Plasma Brain Natriuretic Peptide (BNP) Level is Elevated in Patients with Cancer.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
190. 添木 武, 仁木 敏之, 山口 浩司, S. Bando, 上田 由佳, N. Tomita, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
Inflammatory Biomarkers as Predictors of Vulnerable Coronary Plaques.,
第76回 日本循環器学会学術集会,Symposium 3, 2011年3月.
191. C. Nishio, M. Higashida, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
GLP-1 Receptor Agonist Attenuates Vascular Remodeling after Endovascular Injury.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
192. M. Higashida, C. Nishio, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
HMGB1 Plays a Critical Role in Chronic Inflammation and Vascular Remodeling after Endovascular Injury.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
193. S. Nishio, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, N. Tomita, S. Hayashi, K. Endo, R. Tamai, J. Miki, S. Bando, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Takashi Iwase, Yoshio Taketani, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Which Noninvasive Vascular Index is the Best Predictor of the Severity of Coronary Atherosclerosis?,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
194. S. Hayashi, Hirotsugu Yamada, S. Nishio, N. Tomita, Kenya Kusunose, K. Endo, R. Tamai, S. Bando, S. Hisaoka, H. Takeuchi, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Tricuspid Annular Motion Velocity in Left Ventricular Hypertrophy: Comparison between Hypertensive Heart Disease and Hypertrophic Cardiomyopathy.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
195. Toshiyuki Niki, Takeshi Soeki, S. Bando, Kenya Kusunose, S. Hisaoka, S. Hayashi, Yuka Ueda, S. Tomita, H. Takeuchi, Takashi Iwase, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Role of Circulating High-Mobility Group Box-1 (HMGB1) in Patients with Coronary Artery Disease.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
196. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, N. Tomita, S. Nishio, S. Bando, S. Hisaoka, S. Hayashi, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Clinical Efficacy of Beat-to-beat Variability of Diastolic Filling in Atrial Fibrillation.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
197. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, S. Bando, S. Hisaoka, S. Hayashi, Yuka Ueda, N. Tomita, H. Takeuchi, Kenya Kusunose, Takashi Iwase, Yoshio Taketani, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Local Persistent Coagulative Response to Zotarolimus-eluting, Sirolimus-eluting and Bare-metal Stents Implanted in Patients with Stable Angina.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
198. Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, S. Bando, S. Hisaoka, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, N Tomita, Y. Hirata, Yuka Ueda, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Ken-ichi Aihara, M. Harada and Masataka Sata :
Diagnostic Utility of Cardiac Magnetic Resonance for Prediction of Cardiac Events in Patients with Hypertrophic Cardiomyopathy.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
199. Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, N. Tomita, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Analysis of Tissue Characteristics of In-Stent Restenotic Lesion 5-Years after Coronary Stenting with Drug-Eluting Stent Using Integrated Backscatter Intravascular Ultrasound.,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
200. 高柳 友貴, 仁木 敏之, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 林 修司, 上田 由佳, 冨田 紀子, 竹内 秀和, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 中山 泰介, 北川 哲也, 村野 栄一 :
ペースメーカーリードの弁尖穿通による重症三尖弁逆流症の一例,
第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
201. 坂東 美佳, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹内 秀和, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 能勢 隼人, 大塚 秀樹, 原田 雅史 :
拡張型心筋症として診断・加療されていた心サルコイドーシスの一例,
第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
202. 末広 英也, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 林 修司, 仁木 敏之, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 能勢 隼人, 大塚 秀樹, 髙尾 正一郎, 原田 雅史 :
心サルコイドーシスにおける左室形態異常の多様性,
第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
203. 太田 理絵, 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 林 修司, 竹内 秀和, 仁木 敏之, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 木村 建彦, 西内 健, 黒部 裕嗣, 北川 哲也 :
出産後の甲状腺機能亢進症が発見の契機となったLeft Main Coronary Trunk Compression Syndromeの一例,
第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
204. 岩田 貴, 長宗 雅美, 辻 暁子, 福富 美紀, 射場 智美, 赤池 雅史 :
医療安全の学習基盤形成を目指した早期職種間連携教育の取り組み.,
第242回 徳島医学会学術集会, 2011年2月.
205. 髙島 啓, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 林 修司, 仁木 敏之, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 竹崎 彰夫, 多田 浩也, 曽根 三郎 :
コントラスト心エコー法で診断できたHepatopulmonary Syndromeの1例,
第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
206. 清水 拓, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 玉井 利奈, 遠藤 桂輔, 佐藤 光代, 河野 裕美, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
運動負荷心エコー法を用いた膠原病例における潜在性肺動脈性高血圧症の検出,
第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
207. 竹内 秀和, 久岡 白陽花, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Fibrinogen relates to free triiodothyronin (FT3) negatively, which might be regulated via Hdac3.,
第97回日本循環器学会四国地方会, Feb. 2011.
208. 平田 陽一郎, 元木 達夫, 黒部 裕嗣, 赤池 雅史, 田端 実, 高梨 秀一郎, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
心臓周囲脂肪組織における炎症性サイトカインの発見と冠動脈病変の関連,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
209. 山田 博胤, 玉井 利奈, 清水 拓, 西尾 進, 岩瀬 俊, 楠瀬 賢也, 遠藤 桂輔, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 八木 秀介 :
膠原病と肺高血圧,
肺高血圧症とエンドセリン学術講演会, 2010年12月.
210. 小笠 原梢, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 竹崎 彰夫, 多田 浩也, 曽根 三郎, 佐田 政隆 :
コントラスト心エコー法で診断できたHepatopulmonary Syndromeの1例,
第97回日本循環器学会四国地方会, 2010年12月.
211. 坂東 左知子, 添木 武, 仁木 敏之, 久岡 白陽花, 平田 陽一郎, 冨田 紀子, 竹内 秀和, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
二種類の上室性頻拍出が認められた例,
第97回日本循環器学会四国地方会, 2010年12月.
212. 高柳友 貴, 仁木 敏之, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ペースメーカーリードの弁尖穿通による重症三尖弁逆流症の1例,
第97回日本循環器学会四国地方会, 2010年12月.
213. 竹内 秀和, 平田 陽一郎, 冨田 紀子, Kenya Kusunose, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
HDL-C interacts to EPA positively,which might mean HDL-C regulates EPA via SREBP.,
第97回日本循環器学会四国地方会, Dec. 2010.
214. 坂東 美佳, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹内 秀和, 竹谷 義雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心サルコイドーシスの1例,
第97回日本循環器学会四国地方会, 2010年12月.
215. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は虚血後骨格筋細胞のアポトーシスと血管新生を制御する,
第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
216. 平田 陽一郎, Tatsuo Motoki, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, 田端 実, 高梨 秀一郎 and Masataka Sata :
Macrophages shift toward inflammatory state in epicardial fat of patients with coronary artery disease.,
第18回日本血管生物医学会学術集会, Dec. 2010.
217. 平田 陽一郎, Tatsuo Motoki, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, 田端 実, 高梨 秀一郎 and 佐田 政隆 :
Macrophages shift toward inflammatory state in epicardial fat of patients with coronary artery disease.,
Dec. 2010.
218. 赤池 雅史 :
虚血性心疾患と喫煙 ∼職場における喫煙対策を含めて∼,
第5回日本禁煙科学会学術総会, 2010年11月.
219. 末広 英也, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心室中隔肥厚を認めた心サルコイドーシスの1例,
第103回日本内科学会四国地方会, 2010年11月.
220. 山崎 宙, 山口 浩司, 楠瀬 賢也, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
趾間部のマダニ咬傷後に足趾血行不良から壊死に陥った1例,
第103回日本内科学会四国地方会, 2010年11月.
221. 赤池 雅史 :
後期専門研修医の教育のあり方,
日本臨床麻酔学会第30回大会, 2010年11月.
222. 遠藤桂 輔, 斉藤 憲, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 西尾 進, 林 修司, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
高度僧帽弁輪石灰化による多発性脳梗塞の1例,
第20回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2010年10月.
223. 太田 理恵, 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 遠藤 桂輔, 佐藤 光代, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
産後の甲状腺機能亢進が診断の契機となったLeft Main Coronary Trunk Compression Syndromeの一例,
第20回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2010年10月.
224. 河野 裕美, 山田 博胤, 佐藤 光代, 西尾 進, 冨田 紀子, 遠藤 桂輔, 楠瀬 賢也, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
Intramural hematoma(IMH)を呈したStanford B型大動脈解離の二例,
第20回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2010年10月.
225. 玉井 利奈, 山田 博胤, 西尾 進, 遠藤 桂輔, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
三次元心エコー法により術前診断ができたペースメーカーリードの弁尖穿通による重症三尖弁逆流の一例,
第20回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2010年10月.
226. 林 修司, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 冨田 紀子, 遠藤 桂輔, 玉井 利奈, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
徐脈の高齢者において僧帽弁口血流波形がE>Aを呈するメカニズムについての検討,
第20回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2010年10月.
227. 清水 拓, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 玉井 利奈, 遠藤 桂輔, 佐藤 光代, 河野 裕美, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
運動負荷心エコー法を用いた膠原病例における潜在性肺動脈性肺高血圧症の検出,
第20回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2010年10月.
228. 末広 英也, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 佐藤 光代, 冨田 紀子, 玉井 利奈, 遠藤 桂輔, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心室中隔肥厚を認めた心サルコイドーシスの1例,
第20回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2010年10月.
229. 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 石川 カズ江, 池田 康将, 吉田 守美子, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
ピタバスタチンによる血管内皮細胞での一酸化窒素合成酵素の発現亢進作用とその機序の検討,
第33回日本高血圧学会総会, 390, 2010年10月.
230. 山田 博胤, 三代 裕一郎, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 林 修司, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
高齢者および壮年者における高圧利尿薬インダパミドの少量追加投与の有効性と安全性-連日投与と隔日投与の比較-,
第33回日本高血圧学会総会, 2010年10月.
231. 山口 浩司, 若槻 哲三, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 竹内 秀和, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 麻植塚 浩康 :
冠動脈プラークに対する薬剤多面的効果の検討-Integrated backscatter IVUS観察による観点から-,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
232. 若槻 哲三, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
薬剤溶出ステントによる冠動脈内皮機能障害の経年変化に関する検討,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
233. 冨田 紀子, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 林 修司, 遠藤 桂輔, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
S字状中隔を呈する例の心エコー・ドプラ所見についての検討,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
234. 坂東 左知子, 添木 武, 仁木 敏之, 久岡 白陽花, 竹内 秀和, 平田 陽一郎, 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)と癌との関係について,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
235. 添木 武, 仁木 敏之, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 竹内 秀和, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 平田 陽一郎, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 寒川 賢治, 佐田 政隆 :
グレリンの心臓自律神経への作用と心血管系における意義,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
236. 林 修司, 山田 博胤, 中田 拓史, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 冨田 紀子, 玉井 利奈, 遠藤 桂輔, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
僧帽弁口血流速波形用いた左室拡張能評価の限界:E>Aパターンを呈する高齢者での検討,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
237. 遠藤 桂輔, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 冨田 紀子, 三木 淳子, 林 修司, 玉井 利奈, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 齋藤 憲, 佐田 政隆 :
EPA/AA比は冠動脈疾患の重症度に相関する:徳島大学病院循環器内科データベースを用いた検討,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
238. 仁木 敏之, 若槻 哲三, 山口 浩司, 楠瀬 賢也, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 冨田 紀子, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
薬剤溶出ステント植え込み慢性期における冠動脈局所凝固異常に対するスタチンの効果,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
239. 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 玉井 利奈, 遠藤 桂輔, 西尾 進, 三木 淳子, 林 修司, 仁木 敏之, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
出産後の甲状腺機能亢進症が発見の契機となったLeft Main Coronary Trunk Compression Syndromeの一例,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
240. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 玉井 利奈, 遠藤 桂輔, 三木 淳子, 坂東 左知子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
拡張型心筋症の左室内同期不全に対する前負荷増大の影響:3次元心エコー法を用いた検討,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
241. 玉井 利奈, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 冨田 紀子, 三木 淳子, 林 修司, 遠藤 桂輔, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
下肢陽圧負荷心エコー法が臨床的に有用であった肥大型心筋症の2例,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
242. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 林 修司, 玉井 利奈, 遠藤 桂輔, 三木 淳子, 竹崎 彰夫, 多田 浩也, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 曽根 三郎, 佐田 政隆 :
コントラスト心エコー法で診断できたHepatopulmonary Syndoromeの1例,
第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
243. Hirata Yoichiro, Tatsuo Motoki, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Tabata Minoru, Takanashi Shuichiro, Igarashi Takashi, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
Macrophage Polarization in Epicardial Adipose Tissue Enhances Atherosclerosis of Human Coronary Arteries.,
The58th Annual Scientific Session of the Japanese College of Cardiology, Sep. 2010.
244. 赤池 雅史, 寺嶋 吉保, 三笠 洋明, 土井 俊夫, 福井 義浩 :
共用試験医学系OSCE医療面接ステーションに並施した臨床推論筆記試験の試み,
第42回日本医学教育学会, 2010年7月.
245. 赤池 雅史, 三笠 洋明, 岡田 達也, 森川 富昭, 寺嶋 吉保, 泉 啓介, 福井 義浩 :
WEB講義日程表による講義データベースの構築とその活用,
第42回日本医学教育学会, 2010年7月.
246. 赤池 雅史 :
第42回日本医学教育学会ランチョンセミナー「専門医研修のブースター」 ―高度医療人養成推進事業とシミュレーション教育―人工心肺補助訓練および豚を用いた技能講習会,
第42回日本医学教育学会, 2010年7月.
247. 三笠 洋明, 赤池 雅史, 寺嶋 吉保, 大森 哲郎, 福井 義浩 :
医学科卒業試験問題の難易度・識別力判定のための項目特性分析,
第42回日本医学教育学会大会, 2010年7月.
248. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
A role of androgen receptor in ischemia-induced tissue damage and angiogenesis in male,
第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会 長良川国際会議場, 2010年7月.
249. Y. Sumiko, Ken-ichi Aihara, T. Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
A role of androgen receptor in iscchemia-induced tissue damage and angiogenesis in male.,
第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会, Jul. 2010.
250. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
アンドロゲンーアンドロゲン受容体系は下肢虚血における組織傷害防御と血管新生に必須である,
2010 年度(第 52 回)日本老年医学会学術集会 神戸国際会議場・神戸商工会議所・神戸ポートピアホテル, 2010年6月.
251. 小笠原 梢, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 北川 哲也 :
IgA腎症ともやもや病を合併した若年発症の感染性心内膜炎の一例,
第96回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2010年6月.
252. 岩河 早保, 楠瀬 賢也, 岩瀬 俊, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 橋詰 俊二, 木村 建彦, 西内 健 :
出産後left main compression syndromeによる狭心症を発症した心内膜床欠損(不完全型)の1例,
第96回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2010年6月.
253. 坂東 美佳, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 冨田 紀子, 小柴 邦彦, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
高度拡張不全による心不全症状の再燃を認めた心尖部肥大型心筋症の1例,
第96回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2010年6月.
254. 阿部 容子, 添木 武, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 平田 陽一郎, 冨田 紀子, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 坂東 正章, 清水 渉, 佐田 政隆 :
KCNH2遺伝子にダブル変異を認めた先天性QT延長症候群の1例,
第96回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2010年6月.
255. 楠瀬 賢也, 竹谷 善雄, 西尾 進, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 岩瀬 俊, 冨田 紀子, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
右腎癌摘出後に心不全を繰り返した腎動脈狭窄症の一例,
第96回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2010年6月.
256. 仁木 敏之, 添木 武, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 冨田 紀子, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心電図異常が乏しいBrugada症候群の1例,
第96回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2010年6月.
257. 鹿草 宏, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
急性大動脈解離の1例,
日本内科学会第102回四国地方会, 2010年5月.
258. 原 知也, 仁木 敏之, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 関 啓 :
大動脈二尖弁における感染性心内膜炎に合併した大動脈弁輪周囲膿瘍の1例,
日本内科学会第102回四国地方会, 2010年5月.
259. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 林 修司, 河野 裕美, 佐藤 光代, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
虚血の診断に有用な指標は何か?,
日本超音波医学会第83回学術集会, 2010年5月.
260. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 林 修司, 河野 裕美, 佐藤 光代, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
卵円孔開存の診断におけるコントラストリアルタイム3次元経食道心エコー法の有用性,
日本超音波医学会第83回学術集会, 2010年5月.
261. 高島 弘光, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 冨田 紀子, 三村 千尋, 佐藤 光代, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
大動脈弁硬化における頸動脈の動脈硬化所見の検討,
日本超音波医学会第83回学術集会, 2010年5月.
262. 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 河野 裕美, 佐藤 光代, 冨田 紀子, 林 修司, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
下肢陽圧負荷時の僧帽弁口血流速波形の反応性を用いた軽症心不全患者の予後予測:''前負荷ストレス心エコー法''の臨床応用,
日本超音波医学会第83回学術集会, 2010年5月.
263. 竹谷 善雄, 若槻 哲三, 山田 博胤, 山口 浩司, 西尾 進, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 林 修司, 仁木 敏之, 小柴 邦彦, 岩瀬 俊, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
スタチンによる冠動脈プラーク性状の短期変化についてのIB-IVUSを用いた検討,
第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年5月.
264. 林 修司, 山田 博胤, 西尾 進, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 三木 淳子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
3次元経食道心エコー(3D-TEE)法にて経過が観察できた巨大左心耳血栓の1例,
第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年5月.
265. 遠藤 桂輔, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 林 修司, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 河野 裕美, 三木 淳子, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 齋藤 憲 :
リアルタイム3次元経食道エコー法により観察しえた孤立性僧帽弁クレフトの1例,
第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年5月.
266. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 岩瀬 俊, 冨田 紀子, 林 修司, 三木 淳子, 遠藤 桂輔, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心房のみの心アミロイドーシスにおける心筋局所ストレインとMRIガドリニウム遅延造影所見の比較,
第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年5月.
267. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 林 修司, 遠藤 桂輔, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 三木 淳子, 竹谷 善雄, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
コントラスト心エコー法で診断した肝肺症候群の1例,
第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年5月.
268. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 林 修司, 三木 淳子, 遠藤 桂輔, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心房のみの心病変を認めた多発性筋炎の一例,
第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年5月.
269. 中田 拓史, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 冨田 紀子, 林 修司, 遠藤 桂輔, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 三木 淳子, 竹谷 善雄, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
僧帽弁口血流速波形がE>Aパターンを呈する高齢者の内訳,
第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年5月.
270. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ロスバスタチンによる心筋リモデリング抑制効果の検討,
第83回日本内分泌学会学術総会, 2010年3月.
271. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Accelerated cellular apoptosis and impaired angiogenesis after hindlimb ischemia in male mice lacking androgen receptor,
第74回 日本循環器学会総会・学術集会 国立京都国際会館, 2010年3月.
272. 黒部 裕嗣, 浦田 将久, 福原 弥生, 神原 保, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 高浜 洋介, 玉置 俊晃, 松本 俊夫, 冨田 修平, 北川 哲也 :
血管リモデリング時の転写因子HIF-1αの役割 (第110回日本外科学会定期学術集会),
日本外科学会雑誌, Vol.111, No.2, 701, 2010年3月.
(CiNii: 110007718434)
273. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 遠藤 桂輔, 河野 裕美, 佐藤 光代, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 平岡 葉月 :
心エコー・ドプラ指標により前負荷軽減に対する心反応性は予測できるか,
日本超音波医学会四国地方会, 2009年12月.
274. 岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基, 寺嶋 吉保, 三笠 洋明, 赤池 雅史, 矢野 米雄 :
PBLにおけるシナリオ作成支援,
医療情報学連合大会論文集29回, 913-914, 2009年11月.
275. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 山田 博胤, 佐田 政隆, 西尾 進 :
副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用における性差の検討,
第32回日本高血圧学会学術集会, 2009年10月.
276. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 平田 陽一郎, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
内臓脂肪蓄積制御に関わる因子の臨床的検討,
第32回日本高血圧学会総会, 196, 2009年10月.
277. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用における性差の検討,
第32回日本高血圧学会総会, 2009年10月.
278. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 上田 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
ミネラルコルチコイド受容体を介したグルココルチコイド過剰による血管内皮細胞障害作用,
第32回日本高血圧学会総会, 244, 2009年10月.
279. 山口 浩司, 若槻 哲三, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 冨田 紀子, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
シロリムス溶出性ステント留置後における局所凝固反応とステント長の関連性,
第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
280. 岩瀬 俊, 髙尾 正一郎, 赤池 雅史, 足立 克仁, 八木 秀介, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 原田 雅史, 西谷 弘, 佐田 政隆 :
Duchenne型筋ジストロフィー女性キャリアにおける心病変早期検出の試み-心臓MRIによる検討-,
第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
281. 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 遠藤 桂輔, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
大動脈弁硬化の進行に関連する因子,
第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
282. 小柴 邦彦, 添木 武, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 平田 陽一郎, 山口 浩司, 冨田 紀子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
Th1/Th2バランスの改善を介したPravastatinの実験的自己免疫性心筋炎抑制効果,
第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
283. 若槻 哲三, 山口 浩司, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 冨田 紀子, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
薬剤溶出ステント植え込み後慢性期の冠動脈局所炎症と凝固異常遷延の関連性,
第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
284. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 遠藤 桂輔, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心房細動におけるE/e'の計測法:dual Doppler法を用いた検討,
第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
285. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ASD,PSに合併した右室転移性腫瘤の1例,
第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
286. 添木 武, 仁木 敏之, 小柴 邦彦, 楠瀬 賢也, 平田 陽一郎, 山口 浩司, 八木 秀介, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
血漿pentraxin3 (PTX3)濃度は冠動脈不安定プラークの指標となり得るか?,
第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
287. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 遠藤 桂輔, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
僧帽弁口血流と僧帽弁輪運動の開始時間の差は左室拡張末期圧を反映する:下肢陽圧負荷を用いた検討,
第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
288. 近藤 可菜, 八木 秀介, 赤池 雅史, 岩瀬 俊, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 竹谷 善雄, 冨田 紀子, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
重症心不全患者に対するAdaptive-servo ventilator療法の効果,
第239回徳島医学会学術集会, 2009年8月.
289. 平田 陽一郎, 仁木 敏之, 山口 浩司, 楠瀬 賢也, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 黒部 裕嗣, 神原 保, 筑後 文雄, 北川 哲也, 堀 貴樹 :
冠動脈周囲脂肪組織におけるマクロファージ浸潤の動脈硬化病変形成に与える影響,
第239回徳島医学会学術集会, 2009年8月.
290. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 上田 由佳, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Influence of lipid profile on endothelial function in subjects with cardiovascular risk factors,
第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月.
291. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Regular use of rosuvastatin attenuates carotid atherosclerosis regardless of LDL cholesterol lowering effect,
第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月.
292. 平岡 葉月, 山田 博胤, 西尾 進, 佐藤 光代, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 赤池 雅史, 北市 隆, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
3D経食道心エコー法で診断できた僧帽弁位人工弁機能不全の一例,
第34回日本超音波検査学会, 2009年6月.
293. 仁木 敏之, 若槻 哲三, 山口 浩司, 楠瀬 賢也, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 冨田 紀子, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
たこつぼ型心筋障害の亜型と考えられた左室mid-portion ballooningの二例,
第94回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2009年6月.
294. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心エコーによる心病変の経過観察が可能であった続発性(AA)アミロイドーシスの一例,
第94回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2009年6月.
295. 小柴 邦彦, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 平田 陽一郎, 山口 浩司, 冨田 紀子, 竹谷 善雄, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
多発性筋炎に伴う心障害の一例,
第94回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2009年6月.
296. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 多田津 陽子, 冨田 紀子, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
安静時post systolic shortening による虚血心筋の検出,
日本超音波医学会第82回学術集会, 2009年5月.
297. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 多田津 陽子, 冨田 紀子, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
下肢静脈血栓スクリーニング検査で発見されたベーカー嚢胞破裂の2症例,
日本超音波医学会第82回学術集会, 2009年5月.
298. 鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀, 三原 正明, 湯浅 智之, 江尻 純子, 笠松 哲司, 瀬尾 浩二, 木内 美瑞穂, 工藤 美千代, 吉田 守美子, 赤池 雅史 :
著名な高Lp(a)血症を合併した糖尿病患者における血管障害の検討,
第52回日本糖尿病学会年次学術集会, 2009年5月.
299. 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
一酸化炭素中毒にて急性心筋梗塞を発症した2型糖尿病の1例,
第100回日本内科学会四国地方会, 2009年5月.
300. 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
重症心不全患者における酸素療法とAdaptive-servo ventilator療法の効果の比較検討,
日本内科学会第100回四国地方会, 2009年5月.
301. 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 283, 2009年4月.
302. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 住友 由佳, 吉田 守美子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害におけるミネラルコルチコイド受容体の関与,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 373, 2009年4月.
303. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 西尾 進, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
副腎アンドロゲンDHEASは血管内皮機能非依存的に頸動脈硬化を抑制する,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 366, 2009年4月.
304. 佐藤 光代, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 平岡 葉月, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
経食道心エコー検査により治療経過が観察できた高安動脈炎に伴う肺動脈狭窄症の一例,
第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
305. 平岡 葉月, 山田 博胤, 西尾 進, 佐藤 光代, 高松 直子, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心エコーによる心病変の経過観察が可能であった続発性(AA)アミロイドーシスの一例,
第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
306. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
三尖弁輪運動速波形を用いた二次性肺高血圧の評価,
第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
307. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
Post systolic shortening(PSS)による心筋虚血の検出,
第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
308. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
僧帽弁口血流と僧帽弁輪運動の不整合は左室拡張能の評価に有用か:dual Doppler systemを用いた検討,
第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
309. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史 :
DHEASは血管内皮機能に依存せず動脈硬化を抑制する(頸動脈エコーを用いた臨床的検討),
第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 139, 2009年4月.
310. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ロスバスタチンによる心筋リモデリング抑制効果の検討,
第83回 日本内分泌学会学術総会 国立京都国際会館, 2009年3月.
311. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Increased serum triglyceride but not LDL cholesterol is associated with left ventricular diastolic dysfunction.,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
312. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an antivascular remodeling factor,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
313. 住友 由佳, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Heparin Cofactor II-deficient Mice Exert Exacerbation of Angiotensin II-induced Cardiac Remodeling through Enhancement of NADPH oxidase - TGF- 1 Pathway,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
314. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
Glucocorticoid Excess Causes Vascular Endothelial Cell Dysfunction through Activation of Mineral Corticoid Receptor,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
315. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 仁木 敏之, 冨田 紀子, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 河野 智彦, 佐田 政隆 :
右心不全を契機に診断された肺動脈狭窄症の一例,
第93回日本循環器学会四国地方会, 2008年12月.
316. 八木 秀介, 岩瀬 俊, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 冨田 紀子, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
強皮症に伴う難治性末梢循環不全に対するエンドセリン受容体拮抗薬の有用性,
第93回日本循環器学会四国地方会, 2008年12月.
317. 小柴 邦彦, 添木 武, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 冨田 紀子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
両側肺血栓症と多発性体循環系塞栓症を合併した1例,
第93回日本循環器学会四国地方会, 2008年12月.
318. 山口 浩司, 若槻 哲三, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 小柴 邦彦, 冨田 紀子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
冠動脈ステント3種(CYPHER, TAXUS, DRIVER)の慢性期病理組織所見の比較と局所凝固反応の関連性,
第93回日本循環器学会四国地方会, 2008年12月.
319. 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP,
第26回日本骨代謝学会学術集会, 194, 2008年10月.
320. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
左室拡張能に対する脂質代謝異常の意義,
第31回 日本高血圧学会総会, 2008年10月.
321. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
副腎アンドロゲンDHEASは頚動脈血流の制御因子である,
第31回日本高血圧学会学術集会, 2008年10月.
322. 住友 由佳, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ヘパリンコファクターⅡは抗酸化ストレス作用を介してアンジオテンシンIIによる心房および心室のリモデリングを抑制する,
第31回日本高血圧学会総会, 2008年10月.
323. 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 石川 カズ江, 池田 康将, 吉田 守美子, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 阿部 純一, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
ピタバスタチンはERK5-KLF2経路の活性化を介して血管内皮細胞での一酸化窒素合成酵素の発現を亢進する,
第31回日本高血圧学会総会, 2008年10月.
324. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
副腎アンドロゲンDHEASの血管への作用(頚動脈エコーを用いた臨床的検討),
第13回 武田高血圧シンポジウム, 2008年10月.
325. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 佐藤 光代, 高松 直子, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
頸動脈狭窄性病変におけるB-Flowの有用性,
第18回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2008年10月.
326. 山中 森晶, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 佐藤 光代, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
壁運動正常例におけるpost systolic shortening (PSS) についての検討,
第18回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2008年10月.
327. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 佐藤 光代, 添木 武, 赤池 雅史, 阿部 美保, 河野 和弘, 角谷 昭佳, 佐田 政隆 :
リアルタイム3次元経食道心エコー図で診断しえた肺動脈狭窄症の一例,
第18回日本超音波医学会四国地方会学術集会, 2008年10月.
328. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 山口 浩司, 八木 秀介, 小柴 邦彦, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 永峰 康孝, 佐田 政隆 :
Automated Function Imaging法による左室局所壁運動異常評価:心エコー初心者による肉眼的評価との比較,
第56回日本心臓病学会学術集会, 2008年9月.
329. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 仁木 敏之, 山口 浩司, 八木 秀介, 小柴 邦彦, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
高血圧性心疾患における左房ポンプ機能の評価:Left Atrial Ejection Forceを用いた検討,
第56回日本心臓病学会学術集会, 2008年9月.
330. 若槻 哲三, 山口 浩司, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
薬剤溶出ステント植え込み後の冠動脈内皮機能障害と局所炎症遷延の関連性,
第56回日本心臓病学会学術集会, 2008年9月.
331. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 仁木 敏之, 山口 浩司, 八木 秀介, 小柴 邦彦, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心房細動におけるTEI indexの有用性:Dual Doppler法を用いた検討,
第56回日本心臓病学会学術集会, 2008年9月.
332. 仁木 敏之, 添木 武, 小柴 邦彦, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 福田 大和, 篠原 尚典, 福田 信夫, 田村 禎通, 佐田 政隆 :
虚血性心疾患におけるHMGBI (high mobility group box 1) の診断的意義,
第56回日本心臓病学会学術集会, 2008年9月.
333. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
脂質代謝異常による左室拡張障害の臨床的検討,
第40回日本動脈硬化学会総会, 249, 2008年7月.
334. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
副腎アンドロゲンの頸動脈硬化抑制作用に関する検討,
第40回日本動脈硬化学会総会, 253, 2008年7月.
335. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 住友 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 添木 武, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
ピタバスタチンはRac-1を介した酸化ストレス制御によりeNOS非依存的にアンジオテンシンIIによる心房リモデリングを抑制する,
第40回日本動脈硬化学会総会, 203, 2008年7月.
336. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
頸動脈血行動態における副腎アンドロゲンの臨床的意義,
第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 202, 2008年5月.
337. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
左室拡張能における脂質代謝異常の影響に関する検討,
第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 222, 2008年5月.
338. 三原 正朋, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 小杉 知里, 木内 美瑞穂, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
トロンビンによるインスリン抵抗性制御機構の解析,
第52回日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.51, No.Suppl.1, S-126, 2008年5月.
339. 岡田 早未, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 西尾 進, 河野 裕美, 多田津 陽子, 添木 武, 赤池 雅史 :
高血圧性心疾患における左室リモデリングと左室拡張能の関連,
第81回日本超音波医学会学術集会, 2008年5月.
340. 佐藤 光代, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 平岡 葉月, 西尾 進, 河野 裕美, 多田津 陽子, 添木 武, 赤池 雅史 :
高血圧患者における心電図の左房負荷は何を表しているか?-心エコー・ドプラ法による再検討-,
第81回日本超音波医学会学術集会, 2008年5月.
341. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 河野 裕美, 西尾 進, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 多田津 陽子, 添木 武, 赤池 雅史 :
心房細動症例におけるTEI indexの有用性:Dual Doppler法を用いた検討,
第81回日本超音波医学会学術集会, 2008年5月.
342. 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
1α 25 dihydroxyvitamin D3 is a protective factor against vascular remodeling and glucose tolerance in elderly individuals,
第72回日本循環器学会学術集会, 2008年3月.
343. 住友 由佳, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
Angiotensin II-induced cardiac remodeling is exacerbated with increased oxidative stress in heparin cofactor II-deficient mice.,
第72回日本循環器学会総会・学術集会, 2008年3月.
344. 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 住友 由佳, 岩瀬 俊, Abe Jun-ichi, 松本 俊夫 :
HMG-CoA Reductase Inhibitor Pitavastatin Increases the Expression of Endothelial NOS through Activation of ERK5-KLF2 Pathway in Vascular Endothelial Cells,
第72回日本循環器学会学術集会, 2008年3月.
345. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 添木 武, 若槻 哲三, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 阿部 美保, 北川 哲也 :
両心房腫瘤の一例,
第102回UCG談話会, 2008年2月.
346. 楠瀬 賢也, 添木 武, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 山田 博胤, 若槻 哲三, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史 :
心エコーで心室中隔瘤の診断に苦慮した心サルコイドーシスの一例,
第91回日本循環器学会四国地方会学術集会, 2007年11月.
347. 住友 由佳, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
レニン・アンジオテンシン活性下におけるヘパリンコファクターIIの心筋リモデリングへの影響,
第30回日本高血圧学会総会, 170, 2007年10月.
348. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
Pitavastatinはangiotensin IIによる心腎障害をeNOS非依存性にrac1抑制による酸化ストレス抑制を介して改善する,
第30回日本高血圧学会総会, 205, 2007年10月.
349. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 八木 秀介, 池田 康将, 石川 カズ江, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 :
グルココルチコイド誘発性高血圧に対するピタバスタチンの効果とその機序の検討,
第30回日本高血圧学会総会プログラム, 210, 2007年10月.
350. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
血管リモデリング制御因子としての活性化ビタミンD,
第30回日本高血圧学会総会, 260, 2007年10月.
351. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 栗若 里佳, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 住友 由佳, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
活性型ビタミンDは血漿アンチトロンビン活性の制御に関与する,
日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月.
352. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 添木 武, 若槻 哲三, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 谷口 哲三, 髙尾 正一郎 :
不可解な心電図異常を呈し,肥大型心筋症を疑う1例,
第12回中国四国心筋症研究会, 2007年9月.
353. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
活性化ビタミンDは臨床的動脈硬化抑制因子である,
第39回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 250, 2007年7月.
354. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
活性化ビタミンDの抗動脈硬化作用に関する臨床的検討,
第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 159, 2007年6月.
355. 岩瀬 俊, 住友 由佳, 八木 秀介, 池田 康将, 粟飯原 賢一, 尾崎 修治, 赤池 雅史, 安倍 正博, 松本 俊夫, 北川 哲也 :
エリスロポイエチンを用いた新たな血管新生療法の試み,
第104回日本内科学会総会・講演会, Vol.96, No.Suppl., 133, 2007年4月.
356. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 松本 俊夫 :
活性化ビタミンDによる血管リモデリング制御作用,
第104回日本内科学会総会・講演会, Vol.96, No.Suppl., 194, 2007年4月.
357. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
PitavastatinはAngiotensin IIによる心血管リモデリングと腎障害をeNOS非依存性に抑制する,
第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 24, 2007年2月.
358. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムによる血管リモデリング制御機構の解析,
第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 35, 2007年2月.
359. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 :
ピタバスタチンは血管内皮機能の改善を介してグルココルチコイド過剰による高血圧を予防する,
第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 39, 2007年2月.
360. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
ApoE欠損マウスにおける血漿ヘパリンコファクターII活性の低下は酸化ストレスを増大させ粥状動脈硬化を促進させる,
第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 41, 2007年2月.
361. 多田 真理枝, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 山田 博胤 :
心不全症状を繰り返した心尖部肥大型心筋症の一例,
第89回日本循環器学会四国地方会, 2006年12月.
362. Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukumura, Tamotsu Kanbara, Atsushi Kurushima, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Hiroyuki Azuma, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi :
HIF-ARNT transcriptional system in T cells has a pivotal role in vascular in flammation and remodeling.,
第70回日本循環器学会学術総会, Mar. 2006.
363. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Kurobe Hirotsugu, Fujimura Mitsunori, Yagi Syusuke, Hashizume Syunji, Ikeda Yasumasa, Takashi Iwase, Takamori Nobuyuki, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto :
Plasma Heparin Cofactor II Activity is Inversely Associated with Prevalence of Peripheral Arterial Disease in Elderly individuals.,
第70回日本循環器学会学術総会, Mar. 2006.
364. Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Azuma Hiroyuki, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto :
Thrombin inactivation by synthetic thrombin antagonist argatroban ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice,
The 70th Anniversary Annual Scientific Meetings of the Japanese Circulation Society, Mar. 2006.
365. 黒部 裕嗣, 冨田 修平, 井澤 有紀, 福原 弥生, 神原 保, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 北川 哲也, 松本 俊夫, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 :
T細胞特異的HIF1αKOマイスではカフモデルにて血管リモデリングが促進される,
第15回日本循環薬理学会, 2005年11月.
366. 山口 浩司, 若槻 哲三, 福田 大和, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 添木 武, 岩瀬 俊, 藤村 光則, 赤池 雅史, 東 博之 :
たこつぼ型心筋障害の亜型と考えられた左室mid-portion ballooningの一例,
第87回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2005年11月.
367. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 岩瀬 俊, 北川 哲也, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞症に対する独立した防御因子である,
第28回日本血栓止血学会学術集会, 2005年11月.
368. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 佐田 政隆, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 大水 章正, 塚田 稔, 北川 哲也, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの臨床 および分子生物学的解析,
第13回日本血管生物医学会, 2005年10月.
369. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 池田 康将, 橋詰 俊二, 東 博之, 松本 俊夫 :
Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈リモデリングを抑制する,
第37回日本動脈硬化学会総会, 232, 2005年7月.
370. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 大水 正章, 塚田 稔, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
新規血管リモデリング抑制因子ヘパリンコファクターIIの分子生物学的解析,
第37回日本動脈硬化学会総会, 233, 2005年7月.
371. 粟飯原 賢一, 三原 正朋, 池田 康将, 八木 秀介, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 松下 隆哉, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
トロンビン作用の阻害は2型糖尿病モデルdb/dbマウスのインスリン抵抗性を改善する,
第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.1, 190, 2005年7月.
372. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムはドキソルビシンによる心筋酸化ストレスに対して防御的に作用する,
第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 548, 2005年7月.
373. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 松本 俊夫 :
Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈および心筋リモデリングを抑制する,
第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 564, 2005年7月.
374. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata, Fujimura MItsunori, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Kawano Hirotaka, Yamada Takashi, Fukuda Tohru, Sekine Keisuke, Sato Takashi, Nakamichi Yuko, Yamamoto Yoko, Yoshimura Kimihiro, Watanabe Tomoyuki, Nakamura Takashi, Ohmizu Akira, Tsukada Minoru, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is required for fetal development and attenuates cuff-injured vascular remodeling in mice,
The 37th Japan Atherosclerosis Society Annual Meeting, Jul. 2005.
375. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 北川 哲也, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞性病変進展に対する新規抑制因子である,
第102回日本内科学会総会・講演会, Vol.94, No.Suppl., 228, 2005年4月.
376. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Kato Midori, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Shusuke Yagi, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Angiotensin II Antagonist Valsartan Ameliorates Nitric Oxide Bioavailability and Arterial Stiffness Accompanied with The Reduction of Blood Pressure and Pulse Pressure in Elderly Hypertensives,
第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
377. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Toshio Matsumoto :
Arterial Cuff Injury Causes Enhanced Neointimal Formation and Increased Adventitial Area in Heterozygous Heparin Cofactor II Deficient Mice,
第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
378. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン-アンドロゲン受容体系は生体の心筋防御機構である,
第42回日本臨床分子医学会学術総会, 78, 2005年.
379. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 八木 秀介, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターII欠乏マウスにおける 血管リモデリング異常の解析,
第27回日本血栓止血学会学術集会, 2004年11月.
380. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 池田 康将, 周藤 俊樹, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
ビタミンD-ビタミンD受容体システムによる血液凝固調節作用の解析,
第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 138, 2004年6月.
381. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 山口 普史, 藤村 光則, 吉田 智則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムは生体における心筋肥大及び心筋線維化の調節因子である,
第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 96, 2004年6月.
382. 山口 普史, 七條 加奈, 松下 隆哉, 池田 康将, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 井上 大輔, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
拡張型心筋症様病態を呈したCushing病の一例,
第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
(CiNii: 110002690512)
383. 池田 康将, 山口 普史, 七條 加奈, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 木村 建彦, 西内 健 :
Torsade de pointesを合併した汎下垂体機能低下症の一例,
第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
(CiNii: 110002690511)
384. 橋詰 俊二, 池田 康将, 加藤 みどり, 山口 普史, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
核内受容体PPARαの活性化は巨核球/血小板内PDGF-BBの産生を抑制する,
第36回日本動脈硬化学会総会, 196, 2004年.
385. 粟飯原 賢一, 高森 信行, 金川 泰彦, 藤村 光則, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 池田 康将, 田村 克也, 近藤 彰, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターIIの動脈硬化抑制作用に関する臨床的検討,
第41回日本臨床分子医学会学術総会, 55, 2004年.
386. 山口 普史, 池田 康将, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
遺伝性出血性末梢血管拡張症9家系における臨床病型と遺伝子変異に関する解析,
第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 456, 2003年11月.
387. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 高森 信行, 金川 泰彦, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 山口 普史, 池田 康将, 加藤 修司, 荒瀬 友子, 近藤 彰, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターIIは高齢者における新規動脈硬化抑制因子である,
第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 439, 2003年11月.
388. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Fujimura Mitsunori, Sudo Toshiki, Hayashi Hideki, Yamada Yoshihisa, Yoshida Tomonori, Yamaguchi Hiroshi, Hashizume Shunji, Kato Midori and Toshio Matsumoto :
Vitamin D/Vitamin D Receptor System Regulates Antithrombogenicity in vivo,
第68回日本循環器学会総会学術集会, Mar. 2003.
389. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Toshio Matsumoto, Michiko Yamashita, Yoshimura Kimihiro and Imagawa Jun-ichi :
Elevated blood pressure with a cardiovascular remodeling in mice lacking vitamin D receptor,
第66回日本循環器学会総会・学術集会, Apr. 2002.
390. 高森 信行, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 松山 まどか, 石川 カズ江, 藤村 光則, 金川 泰彦, 赤池 雅史 :
ヘパリンコファクターIIと動脈硬化発症との関連性 甲状腺機能異常症患者での解析,
第22回日本血栓止血学会学術集会, Vol.11, No.5, 485, 2000年11月.
391. 赤池 雅史, 東 博之, 香川 礼香, 井内 貴彦, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 高森 信行, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 金川 泰彦, 松本 俊夫, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健 :
血中リポ蛋白(a)濃度に及ぼすアスピリンの影響 : アポリポ蛋白(a)アイソフォーム解析を用いた検討,
第64回日本循環器学会学術集会, Vol.64, No.0, 427, 2000年3月.
(CiNii: 110002570646)
392. 高森 信行, 橋詰 俊二, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 井内 貴彦, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターIIと動脈硬化発症の関連性,
第21回日本血栓止血学会学術集会, Vol.10, No.5, 393, 1999年11月.
393. 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 高森 信行, 吉田 智則, 井内 貴彦, 赤池 雅史, 重清 俊雄, 東 博之, 松本 俊夫 :
Pro443からLeuへの変異を有する先天性ヘパリンコファクター(HC)II欠乏症の分子機構の解明,
第21回日本血栓止血学会学術集会, Vol.10, No.5, 355, 1999年11月.
394. 赤池 雅史, 井内 貴彦, 高森 信行, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 金川 泰彦, 遠藤 逸朗, 三ツ井 貴夫, 東 博之, 重清 俊雄, 松本 俊夫 :
先天性ヘパリンコファクターII(HC II)欠乏症でみられた多発性動脈病変 : 動脈硬化症の進展におけるHCIIの臨床的意義の検討,
第63回日本循環器学会学術集会, Vol.63, No.1, 645, 1999年3月.
(CiNii: 110002575132)
395. 赤池 雅史, 東 博之, 高森 信行, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健, 粟飯原 賢一, 金川 泰彦, 井内 貴彦 :
高リポ蛋白(a)血症に及ぼすアスピリンの影響 アポリポ蛋白(a)アイソフォームとの関連,
動脈硬化, Vol.26, No.8, 137, 1999年.
396. 赤池 雅史, 井内 貴彦, 高森 信行, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 金川 泰彦, 遠藤 逸朗, 三ツ井 貴夫, 東 博之, 重清 俊雄 :
先天性ヘパリンコファクターII(HC II)欠乏症でみられた多発性動脈病変 動脈硬化症の進展におけるHCIIの臨床的意義の検討,
Japanese Circulation Journal, Vol.63, No.Suppl.I, 645, 1999年.
397. 赤池 雅史, 東 博之, 香川 礼香, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 井内 貴彦, 高森 信行, 吉田 智則, 松本 俊夫, 松本 和也 :
高リポ蛋白(a)血症に及ぼすaspirinの影響 アポリポ蛋白(a)アイソフォームとの関連,
四国医学雑誌, Vol.55, No.2, 82, 1999年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112136)
398. 赤池 雅史, 東 博之, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健, 香川 礼香, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 井内 貴彦 :
血中リポ蛋白(a)濃度に及ぼすアスピリンの影響 アポ蛋白(a)アイソフォームとの関連,
日本内分泌学会雑誌, Vol.75, No.1, 175, 1999年.
399. 赤池 雅史, 金川 泰彦, 香川 礼香, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 東 博之, 松本 俊夫, 松本 和也 :
高Lp(a)血症に及ぼすaspirinの影響 Lp(a)アイソフォーム解析を用いた検討,
日本内科学会雑誌, Vol.88, 139, 1999年.
400. 金川 泰彦, 重清 俊雄, 粟飯原 賢一, 松山 まどか, 香川 礼香, 宮本 和正, 井内 貴彦, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
先天性ヘパリンコファクターII(HCII)欠乏症1家系の遺伝子解析,
第20回日本血栓止血学会学術集会, Vol.9, No.4, 315, 1998年11月.
401. 柴田 泰伸, 若槻 真紀, 加部 一行, 赤池 雅史, 新谷 保実, 齋藤 史郎, 吉本 勝彦, 川人 智久, 筑後 文雄, 堀 隆樹, 北川 哲也 :
僧帽弁に粘液腫様変性が認められた先端巨大症合併MEN 1型の1例,
第208回徳島医学会(平成5年度冬期総会), 1994年1月.
402. 新谷 保実, 吉本 勝彦, 金崎 淑子, 赤池 雅史, 堀江 秀茂, 細井 恵美子, 横越 浩, 板東 浩, 山崎 柳一, 依田 啓司, 松本 圭蔵, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎 :
MEN I型のGHRH産生膵腫瘍に見い出されたGH分泌下垂体腫瘍,
第66回日本内分泌学会学術総会(金沢), 1993年6月.

その他・研究会:

1. 赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 新原 将義, 上田 勇仁, 上岡 麻衣子 :
2017年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告,
大学教育研究ジャーナル, No.15, 77-99, 2018年3月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110954,   CiNii: 120006455419)
2. 赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 新原 将義, 上岡 麻衣子, 久保田 祐歌 :
2016年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告,
大学教育研究ジャーナル, No.14, 99-119, 2017年3月.
(CiNii: 40021160523)
3. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
ステロイド性大腿骨頭壊死症予防に向けた,大量グルココルチコイドによる酸化ストレスおよび血管内皮機能の変化と,ピタバスタチンの臨床的有効性の検討,
特発性大腿骨頭壊死症の治療法確立と革新的予防法開発にむけた全国学術研究, 2016年8月.
4. 村上 貴寛, 八木 秀介, 原 知也, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 赤池 雅史, 春藤 譲治, 佐田 政隆 :
原発性アルドステロン症の診断に有用な臨床所見の検討,
第253回徳島医学会学術集会(平成28年度夏期), 2016年7月.
5. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
グルココルコイド過剰誘導酸化ストレスの臨床的評価とeNOSの有無におけるピタバスタチンの虚血臓器保護効果機構の差異,
厚生労働科学研究費補助金 平成27年度 第1回班会議, 2015年8月.
6. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
虚血耐性における性差非依存性のアンドロゲン受容体作用,
第5回核内受容体・ホルモン研究会, 2013年3月.
7. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
Pitavastatinは血管内皮機能障害を背景にした重症虚血誘導 組織壊死を抑制する,
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24 年度 第2回班会議, 2013年1月.
8. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
血管内皮機能障害を背景にした重症虚血誘導組織壊死に対するpitavastatinの効果,
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24 年度 第1回班会議, 2012年8月.
9. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は,虚血ストレスに対する骨格筋アポトーシス防御および血管新生に必須である,
第4回核内受容体研究会, 2012年4月.
10. 坂東 美佳, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 發知 淳子, 林 修司, 中川 摩耶, 玉井 利奈, 平田 有紀奈, 弘田 大智, 小笠原 梢, 髙島 啓, 山崎 宙, 坂東 左知子, 伊勢 孝之, 仁木 敏之, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
質低下療法による頸動脈プラーク安定化の評価,
第5回T0kushima Young Investigators Conference, 2012年3月.
11. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
酸化ストレス抑制作用を介した グルココルチコイド誘発性 血管内皮細胞障害治療,
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成23 年度 第2回班会議, 2011年12月.
12. 岩瀬 俊, 伊勢 孝之, 小笠原 梢, 山崎 宙, 高島 啓, 坂東 左知子, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 發知 淳子, 冨田 紀子, 上田 由佳, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 髙尾 正一郎, 能勢 隼人, 原田 雅史, 赤池 雅史, 足立 克仁 :
Duchenne型筋ジストロフィー女性キャリアの心病変検出における心臓MRI検査の有用性,
第16回中四国心筋症・心不全研究会, 2011年9月.
13. 原 知也, 岩瀬 俊, 高島 啓, 山崎 宙, 小笠原 梢, 坂東 左知子, 伊勢 孝之, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 上田 由佳, 冨田 紀子, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史, 能勢 隼人, 髙尾 正一郎, 大塚 秀樹, 原田 雅史, 西岡 安彦 :
心サルコイドーシス診断の手引きにおける各種診断モダリティーの検討,
第16回中四国心筋症・心不全研究会, 2011年9月.
14. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 :
グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害 に対する酸化ストレス抑制の意義,
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成23 年度 第1回班会議, 2011年8月.
15. 清水 拓, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 玉井 利奈, 遠藤 桂輔, 佐藤 光代, 河野 裕美, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
運動負荷心エコー法を用いた膠原病例における潜在性肺動脈性高血圧症の検出,
第2回徳島肺高血圧研究会, 2011年4月.
16. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は,虚血ストレスに対する骨格筋アポトーシス防御および血管新生に必須である,
第3回 核内受容体研究会 帝人ファーマ株式会社, 2011年3月.
17. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペンタエン酸の心血管リモデリング抑制効果の検討,
第3回Tokushima Young Investigators Conference, 2011年3月.
18. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
EPAによる心血管リモデリング抑制効果の検討,
第30回心血管セミナー, 2011年1月.
19. 遠藤 桂輔, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 冨田 紀子, 三木 淳子, 林 修司, 玉井 利奈, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 齋藤 憲, 佐田 政隆 :
陳旧性心筋梗塞症における心電図左房負荷所見の意義:心エコー・ドプラ法を用いた検討,
心・血管クラスターミニリトリート, 2011年1月.
20. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 林 修司, 三木 淳子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
左室内同期不全に対する前負荷の影響 拡張型心筋症における下肢陽圧負荷3次元心エコー法を用いた検討,
先進血管エコー研究会, 2010年8月.
21. 遠藤 桂輔, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 林 修司, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 河野 裕美, 三木 淳子, 玉井 利奈, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 齋藤 憲 :
心電図異常を指摘され,心エコー検査で発見された左室緻密化障害の1例,
第3回蔵本エコーカンファレンス, 2010年7月.
22. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
虚血および血管新生におけるアンドロゲン作用の検討,
興和学術講演会, 2010年5月.
23. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
心血管ストレスに対するandrogen-androgen 受容体系の役割,
第2回核内受容体研究会, 2010年3月.
24. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
下肢虚血モデルを用いたアンドロゲン受容体による虚血臓器保護効果の検討,
第15回徳島内分泌研究会, 2009年11月.
25. 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 遠藤 桂輔, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心房細動におけるE/e'の計測法:dual Doppler法を用いた検討,
第8回先進血管エコー研究会, 2009年8月.
26. 倉橋 清衛, 中村 信元, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
一酸化炭素中毒を契機に発見された急性心筋梗塞の一例,
第9回徳島総合診療研究会, 2009年7月.
27. 山中 森晶, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 西尾 進 :
脳卒中患者における心エコー検査の現状:徳島大学病院SCU搬送例における検討,
第11回徳島脳卒中研究会, 2009年2月.
28. 山中 森晶, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 仁木 敏之, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 西尾 進 :
脳卒中患者における心エコー検査の現状:徳島大学病院SCU搬送例における検討,
脳卒中研究会, 2009年2月.
29. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 :
新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの 分子生物学的解析,
第9回四国循環器研究会, 2007年9月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • クリニカル・クラークシップでの新たな診療現場指導・評価法導入による教育効果の研究 (研究課題/領域番号: 18K10004 )
  • 医療安全能力向上のための未固定遺体とシミュレータを用いた教育プログラムの研究 (研究課題/領域番号: 17K08918 )
  • 360度コミュニケーション能力の修得を目指した臨床実習準備教育プログラムの開発 (研究課題/領域番号: 15K08554 )
  • スキルス・ラボの海外交流プログラムによる国際感覚育成に関する研究 (研究課題/領域番号: 26460603 )
  • ヘパリンコファクターIIによる心リモデリングおよびインスリン抵抗性制御機構の解析 (研究課題/領域番号: 21591140 )
  • ミネラルコルチコイド受容体を介したグルココルチコイドによる血管内皮障害機構の解明 (研究課題/領域番号: 21590955 )
  • 血管内皮機能を標的としたグルココルチコイド誘発性血管障害に対する新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 19590866 )
  • ヘパリンコファクターIIの動脈硬化進展抑制に対するトランスレーショナルリサーチ (研究課題/領域番号: 18590816 )
  • BMK1/ERK5による新たな血管内皮機能制御機構の解明と動脈硬化症治療への応用 (研究課題/領域番号: 17590740 )
  • 骨格系のホメオスターシス維持と病態発症に関わる分子制御機構の解明と治療法の開発 (研究課題/領域番号: 17209035 )
  • ヘパリンコファクターIIの新規動脈硬化・血栓症抑制作用の発見と臨床応用に関する研究 (研究課題/領域番号: 16590692 )
  • グルココルチコイド受容体活性化を介したミトコンドリア障害機序の解明 (研究課題/領域番号: 14570601 )
  • トロンビンによる活性酸素産生亢進を介した血管障害に関する研究 (研究課題/領域番号: 12670674 )
  • 活性酸素によるミトコンドリア障害の病態解析:ステロイド筋症とミトコンドリア脳筋症での検討 (研究課題/領域番号: 12670606 )
  • ミトコンドリアでの活性酵素産生亢進による心血管系病変の発症に関する研究(グルココルチコイド過剰症における検討) (研究課題/領域番号: 10670663 )
  • 高リポ蛋白(a)血症に対するapo(a)遺伝子の転写活性を指標とした治療薬の開発(apo(a)遺伝子プロモーター導入細胞を用いたスクリーニング) (研究課題/領域番号: 10557105 )
  • 遺伝性出血性毛細血管拡張症の遺伝子変異と発症機構の解明ならびに病型解折法の確立 (研究課題/領域番号: 09671117 )
  • 高リポ蛋白(a)血症に対する治療薬の作用機序の解明と新しい治療薬のスクリーニング (研究課題/領域番号: 07807072 )
  • 脳性ナトリウム利尿ペプチドによる筋ジストロフィー患者の心機能評価 (研究課題/領域番号: 07770510 )
  • 研究者番号(90271080)による検索