検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 口腔保健学系 > 口腔保健支援学 >
徳島大学 > 歯学部 > 口腔保健学科 > 口腔保健支援学講座 >
徳島大学 > 口腔科学教育部 > 口腔保健学専攻 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > むし歯科(第一保存科) >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

保存修復学 (Operative Dentistry), 歯周治療学 (Periodontology)

研究テーマ

象牙質齲蝕の発症機構に関する研究 (Streptococcus mutans, 齲蝕原性, 菌体内多糖)

著書・論文

著書:

1.片岡 佳子, 尾崎 和美 :
太田敏子 岡崎充宏 金森政人 古畑勝則 松村充 山本容正 (編集): メデイカルサイエンス 微生物検査学 第2版, --- Ⅳ 感染症の検体検査 p353-363 口腔感染症 ---,
近代出版, 東京, 2016年11月.
2.尾崎 和美 :
Chapter2 歯の硬組織欠損の種類,
クインテッセンス株式会社, 東京, 2012年9月.
3.尾崎 和美 :
Ⅳ感染症の検体検査 6. 口腔感染症,
近代出版, 東京, 2008年9月.
4.尾崎 和美 :
第Ⅱ部 臨床編 第5章 壮・中年期(25∼64歳),
永末書店, 2008年3月.
5.蓮井 義則, 尾崎 和美 :
歯科衛生士ポケットブック OSARAI,
株式会社 デンタルダイヤモンド社, 東京, 2007年3月.
6.尾崎 和美 :
辺縁漏洩による細菌の侵入はどの程度問題か?,
永末書店, 京都, 2006年1月.
7.尾崎 和美, :
取り残し細菌のアクティビティは?,
永末書店, 京都, 2006年1月.
8.今里 聡, 尾崎 和美 :
やさしい説明,上手な治療[4], --- 根面う蝕 ---,
永末書店, 京都, 2004年9月.
9.Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Proceedings of the International Conference on Dentin/Pulp Complex 2001, --- An Immunohistologic Study on the Localization of Selected Bacteria and Chemokines in Human Deep-Carious Teeth ---,
Quintessence Publishing CO.,Ltd., Tokyo, Jun. 2002.
10.松尾 敬志, 吉山 昌宏, 尾崎 和美, 中江 英明 :
第2章有髄歯への対応 根面齲蝕への対応:シールドストレーションの応用,
ヒョーロン·パブリッシャーズ, 東京, 2000年8月.

学術論文(審査論文):

1.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Honokiol and Magnolol Inhibit CXCL10 and CXCL11 Production in IL-27-Stimulated Human Oral Epithelial Cells.,
Inflammation, Vol.41, No.6, 2110-2115, 2018.
(DOI: 10.1007/s10753-018-0854-z,   PubMed: 30039429)
2.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Transforming growth factor-β1 increases C-C chemokine ligand 11 production in interleukin 4-stimulated human periodontal ligament cells.,
Cell Biology International, Vol.42, No.10, 1395-1400, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112813,   DOI: 10.1002/cbin.11030,   PubMed: 29993161)
3.Natsumi Fujiwara, Hiromichi Yumoto, Koji Miyamoto, Katsuhiko Hirota, Hiromi Nakae, Saya Tanaka, Keiji Murakami, Yasusei Kudo, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
2-Methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC)-polymer suppresses an increase of oral bacteria: a single-blind, crossover clinical trial,
Clinical Oral Investigations, 1-8, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113011,   DOI: 10.1007/s00784-018-2490-2,   PubMed: 29766378,   Elsevier: Scopus)
4.尾崎 和美 :
地域高齢者の口腔・食支援の``見える化''システム,
日本歯周病学会会誌, Vol.60, No.1, 35-43, 2018年.
5.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
IL-27 Modulates Chemokine Production in TNF- -Stimulated Human Oral Epithelial Cells.,
Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.43, No.3, 1198-1206, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112954,   DOI: 10.1159/000481760,   PubMed: 28977795)
6.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
IL-29 Enhances CXCL10 Production in TNF--stimulated Human Oral Epithelial Cells.,
Immunological Investigations, Vol.46, No.6, 615-624, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112817,   DOI: 10.1080/08820139.2017.1336176,   PubMed: 28753407)
7.Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
Antibacterial and antibiofilm effects of Reuterin-Related Compounds to periodontopathic bacteria,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.1, 8-17, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111063,   DOI: 10.20738/johb.30.1_8)
8.Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Yuka Hiroshima, Kaori Abe, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Kazumi Ozaki :
PKR induces the expression of NLRP3 by regulating the NF-κB pathway in Porphyromonas gingivalis-infected osteoblasts,
Experimental Cell Research, Vol.354, No.1, 57-64, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111349,   DOI: 10.1016/j.yexcr.2017.03.028,   PubMed: 28341446)
9.Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
Novel reuterin-related compounds suppress odour by periodontopathic bacteria,
Oral Diseases, Vol.23, No.4, 492-497, 2017.
(DOI: 10.1111/odi.12638,   PubMed: 28083982,   Elsevier: Scopus)
10.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Gomisin N Decreases Inflammatory Cytokine Production in Human Periodontal Ligament Cells.,
Inflammation, Vol.40, No.2, 360-365, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112816,   DOI: 10.1007/s10753-016-0482-4,   PubMed: 27896541)
11.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Yoshihiro Ohta, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Alkannin inhibits CCL3 and CCL5 production in human periodontal ligament cells.,
Cell Biology International, Vol.40, No.12, 1380-1385, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112812,   DOI: 10.1002/cbin.10692,   PubMed: 27743458)
12.Takamura Haruna, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki :
Porphyromonas gingivalis attenuates the insulin-induced phosphorylation and translocation of forkhead box protein O1 in human hepatocytes,
Archives of Oral Biology, Vol.69, 19-24, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111993,   DOI: 10.1016/j.archoralbio.2016.05.010,   Elsevier: Scopus)
13.Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Melatonin Inhibits CXCL10 and MMP-1 Production in IL-1-Stimulated Human Periodontal Ligament Cells.,
Inflammation, Vol.39, No.4, 1520-1526, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112815,   DOI: 10.1007/s10753-016-0386-3,   PubMed: 27271323)
14.Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Shikonin Inhibits Inflammatory Cytokine Production in Human Periodontal Ligament Cells.,
Inflammation, Vol.39, No.3, 1124-1129, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112814,   DOI: 10.1007/s10753-016-0344-0,   PubMed: 27072015)
15.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
IL-4 Modulates CCL11 and CCL20 Productions from IL-1-Stimulated Human Periodontal Ligament Cells.,
Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.38, No.1, 153-159, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112953,   DOI: 10.1159/000438617,   PubMed: 26765337)
16.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Calcitriol Suppressed Inflammatory Reactions in IL-1-Stimulated Human Periodontal Ligament Cells.,
Inflammation, Vol.38, No.6, 2252-2258, 2015.
(DOI: 10.1007/s10753-015-0209-y,   PubMed: 26156812,   Elsevier: Scopus)
17.湊 晶帆, 尾崎 和美, 藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 松山 美和 :
歯科衛生士教育におけるOSCE形式実技試験の環境構築,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.6, No.1, 30-39, 2015年.
(CiNii: 40020499003)
18.Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Genipin inhibits MMP-1 and MMP-3 release from TNF--stimulated human periodontal ligament cells.,
Biochimie, Vol.107PB, 391-395, 2014.
(DOI: 10.1016/j.biochi.2014.10.008,   PubMed: 25457105,   Elsevier: Scopus)
19.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
IL-22 Enhances CCL20 Production in IL-1-Stimulated Human Gingival Fibroblasts.,
Inflammation, Vol.37, No.6, 2062-2066, 2014.
(DOI: 10.1007/s10753-014-9939-5,   PubMed: 24902798,   Elsevier: Scopus)
20.藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 中江 弘美, 薮内 さつき, 白山 靖彦, 尾崎 和美 :
歯科衛生士養成臨床実習における学習プロセスに関する質的分析,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.5, No.1, 39-45, 2014年.
(CiNii: 40020121403)
21.中野 雅德, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 那賀川 明美, 中江 弘美, 伊賀 弘起, 大熊 るり, 藤島 一郎 :
要介護高齢者の口腔ケアを支援する簡易版アセスメントシートの開発,
日本摂食嚥下リハビリテーション学会誌, Vol.18, No.1, 3-12, 2014年.
22.Yoshitaka Hosokawa, Satoru Shindo, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
IL-6 trans-signaling enhances CCL20 production from IL-1-stimulated human periodontal ligament cells.,
Inflammation, Vol.37, No.2, 381-386, 2014.
(DOI: 10.1007/s10753-013-9750-8,   PubMed: 24081898,   Elsevier: Scopus)
23.Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Genipin inhibits IL-1-induced CCL20 and IL-6 production from human periodontal ligament cells.,
Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.33, No.2, 357-364, 2014.
(DOI: 10.1159/000356675,   PubMed: 24557363,   Elsevier: Scopus)
24.Ishikawa Makoto, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Kazuhiko Ochiai, Takamura Haruna, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki :
Oral porphyromonas gingivalis translocates to the liver and regulates hepatic glycogen synthesis through the Akt/GSK-3b signaling pathway,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1832, No.12, 2035-2043, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bbadis.2013.07.012,   PubMed: 23899607)
25.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
(-)-Epigallocatechin-3-Gallate Inhibits CC Chemokine Ligand 11 Production in Human Gingival Fibroblasts.,
Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.31, No.6, 960-967, 2013.
(DOI: 10.1159/000350114,   PubMed: 23839108)
26.白山 靖彦, 尾崎 和美, 中野 雅德, 薮内 さつき, 中江 弘美, 那賀川 明美, 伊賀 弘起 :
クラウドコンピューティングを活用した口腔保健業務支援システムの有用性に関する検討,
総合リハビリテーション, Vol.41, No.6, 569-572, 2013年.
(CiNii: 40019654895)
27.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
TLR3 agonist enhances CC chemokine ligand 20 production in IL-1-stimulated human gingival fibroblasts.,
Cellular Immunology, Vol.283, No.1-2, 8-11, 2013.
(DOI: 10.1016/j.cellimm.2013.05.005,   PubMed: 23850670)
28.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Tumor necrosis factor-like weak inducer of apoptosis increases CC chemokine ligand 20 production in interleukin 1-stimulated human gingival fibroblasts.,
Human Immunology, Vol.73, No.5, 470-473, 2012.
(DOI: 10.1016/j.humimm.2012.02.021,   PubMed: 22425737)
29.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Interleukin (IL)-17A synergistically enhances CC chemokine ligand 20 production in IL-1-stimulated human gingival fibroblasts.,
Human Immunology, Vol.73, No.1, 26-30, 2012.
(DOI: 10.1016/j.humimm.2011.10.004,   PubMed: 22019504)
30.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Black tea polyphenol inhibits CXCL10 production in oncostatin M-stimulated human gingival fibroblasts.,
International Immunopharmacology, Vol.11, No.6, 670-674, 2011.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2011.01.009,   PubMed: 21255696)
31.中江 弘美, 日野出 大輔, 薮内 さつき, 竹内 祐子, 吉岡 昌美, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 尾崎 和美, 羽田 勝, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域高齢者との福祉体験学習の教育効果と地域貢献事業としての評価,
大学教育研究ジャーナル, Vol.8, 17-24, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82982,   CiNii: 110008436657)
32.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Oncostatin M synergistically induces CXCL10 and ICAM-1 expression in IL-1beta-stimulated-human gingival fibroblasts.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.111, No.1, 40-48, 2010.
(DOI: 10.1002/jcb.22648,   PubMed: 20680966)
33.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Tea polyphenols inhibit IL-6 production in tumor necrosis factor superfamily 14-stimulated human gingival fibroblasts.,
Molecular Nutrition & Food Research, Vol.54 Suppl 2, S151-8, 2010.
(DOI: 10.1002/mnfr.200900549,   PubMed: 20461739)
34.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Catechins inhibit CXCL10 production from oncostatin M-stimulated human gingival fibroblasts,
The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.21, No.7, 659-664, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jnutbio.2009.04.005,   PubMed: 19616927)
35.Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Proinflammatroy effects of muramyldipeptide on human gingival fibroblasts,
Journal of Periodontal Research, Vol.45, No.2, 193-199, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2009.01217.x,   PubMed: 20470259)
36.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
TNFSF14 coordinately enhances CXCL10 and CXCL11 production from IFN-gamma-stimulated human gingival fibroblasts,
Molecular Immunology, Vol.47, No.4, 666-670, 2010.
(DOI: 10.1016/j.molimm.2009.10.018,   PubMed: 19939453)
37.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Catechins Inhibit CCL20 Production in IL-17A-stimulated Human Gingival Fibroblasts,
Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.24, No.5-6, 391-396, 2009.
(DOI: 10.1159/000257431,   PubMed: 19910679)
38.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Human gingival fibroblasts express functional chemokine receptor CXCR6.,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.156, No.3, 413-418, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2009.03915.x,   PubMed: 19438592)
39.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Cytokines differentially regulate CXCL10 production by interferon-gamma-stimulated or tumor necrosis factor-alpha-stimulated human gingival fibroblasts.,
Journal of Periodontal Research, Vol.44, No.2, 225-231, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2008.01124.x,   PubMed: 18973545)
40.伊賀 弘起, 日野出 大輔, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 尾崎 和美, 羽田 勝, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 星野 由美, 松本 尚子, 永田 俊彦 :
徳島大学パイロット事業支援プログラム「歯科医療系学生の口腔保健・福祉体験実習による健康長寿支援」,
大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 108-114, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82696,   CiNii: 110007591420)
41.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
CC Chemokine ligand 17 in periodontal diseases: expression in diseased tissues and production by human gingival fibroblasts,
Journal of Periodontal Research, Vol.43, No.4, 471-477, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2007.01080.x,   PubMed: 18557811)
42.Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Adrenomedullin suppresses tumour necrosis factor alpha-induced CXC chemokine ligand 10 production by human gingival fibroblasts.,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.152, No.3, 568-575, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2008.03647.x,   PubMed: 18435806)
43.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
CXC chemokine ligand 16 in periodontal diseases: expression in diseased tissues and production by cytokine-stimulated human gingival fibroblasts.,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.149, No.1, 146-154, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2007.03398.x,   PubMed: 17459077)
44.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Proinflammatory effects of tumour necrosis factor-like weak inducer of apoptosis (TWEAK) on human gingival fibroblasts.,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.146, No.3, 540-549, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2006.03233.x,   PubMed: 17100776)
45.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Cytokines differentially regulate ICAM-1 and VCAM-1 expression on human gingival fibroblasts.,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.144, No.3, 494-502, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2006.03064.x,   PubMed: 16734619)
46.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Increase of CCL20 expression by human gingival fibroblasts upon stimulation with cytokines and bacterial endotoxin,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.142, No.2, 285-291, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2005.02912.x,   PubMed: 16232215)
47.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo :
CXCL12 and CXCR4 expression by human gingival fibroblasts in periodontal disease,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.141, No.3, 467-474, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2005.02852.x,   PubMed: 16045736)
48.Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio Ishikawa, Kazumi Ozaki, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu :
Ammonium hexafluorosilicate increase acid resistance of bovine enamel and dentine,
Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.16, No.5, 461-466, 2005.
(DOI: 10.1007/s10856-005-6987-2,   PubMed: 15875257)
49.Takashi Matsuo, Toshiyuki Shirakami, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto and Shigeyuki Ebisu :
An immunohistological study of the localization of bacteria invading root pulpal walls of teeth with periapical lesions,
Journal of Endodontics, Vol.29, No.3, 194-200, 2003.
(DOI: 10.1097/00004770-200303000-00008,   PubMed: 12669880)
50.Yoshitaka Hosokawa, Tadashi Nakanishi, Daisuke Yamaguchi, Kanako Takahashi, Hiromichi Yumoto, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Macrophage Inflammatory Protein 3α-CC chemokine receptor 6 interactions play an important role in CD4+ T-cell accumulation in periodontal diseased tissue.,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.128, No.3, 548-554, 2002.
(DOI: 10.1046/j.1365-2249.2002.01865.x,   PubMed: 12067311)
51.藤中 恵子, 川﨑 有希子, 吉田 佳子, 松岡 希実, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
ヒト感染根管における侵入細菌の局在性に関する免疫組織学的研究,
日本歯科保存学雑誌, Vol.43, No.2, 407-416, 2000年.
52.綿城 香, 石川 利栄子, 蓮井 義則, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
エナメル質形成不全症の1症例,
小児歯科学雑誌, Vol.37, No.3, 620-624, 1999年.
53.浦山 明久, 吉山 昌宏, 木持 健, 松岡 希実, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
人工う蝕象牙質へのレジン浸透性,
日本歯科保存学雑誌, Vol.42, No.3, 529-535, 1999年.
54.吉山 昌弘, 浦山 明久, 木持 健, 松岡 希実, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
う蝕感染象牙質のレジン浸透性,
日本歯科保存学雑誌, Vol.42, No.1, 86-95, 1999年.
55.Yuichiro Noiri, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu :
An immunohistochemical study on the localization of Porphyromonas gingivalis, Campylobacter rectus and Actinomyces viscosus in human periodontal pockets,
Journal of Periodontal Research, Vol.32, No.7, 598-607, 1997.
56.Takashi Matsuo, Chisato Tagawa, Kazumi Ozaki, Yuichiro Noiri and Shigeyuki Ebisu :
A Histological Analysis of T and B Cells in Periodontal Tissue Destruction,
Oral Medicine & Pathology, Vol.1, No.2, 77-83, 1996.
(CiNii: 110002985135)
57.野杁 由一郎, 尾崎 和美, 藤中 恵子, 岡本 妙, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
ヒト歯肉縁下プラークの研究 ープラークフリーゾーンにおける歯周病関連細菌の走査免疫電顕法による検索ー,
日本歯周病学会会誌, Vol.38, No.1, 60-68, 1996年.
58.野杁 由一郎, 藤中 恵子, 近藤 妙, 尾崎 和美, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
ヒト歯肉縁下プラークの研究 -プラーク細菌の定着·増殖における細菌バイオフィルムの関与についてー,
日本歯周病学会会誌, Vol.37, No.2, 329-336, 1995年.
59.Kazumi Ozaki, Takashi Matsuo, Hideaki Nakae, Yuichiro NOIRI, Masahiro YOSHIYAMA and Shigeyuki EBISU :
A quantitative comparison of selected bacteria in human carious dentine by microscopic counts.,
Caries Research, Vol.28, No.3, 137-145, 1994.
60.野杁 由一郎, 松尾 敬志, 中江 英明, 尾崎 和美, 恵比須 繁之 :
ヒト歯肉縁下プラークの研究 -ヒト歯周ポケットにおける歯周病原性細菌の局在性-,
日本歯周病学会会誌, Vol.36, No.2, 429-436, 1994年.
61.野杁 由一郎, 松尾 敬志, 中江 英明, 尾崎 和美, 恵比須 繁之 :
ヒト歯肉縁下プラークの研究 歯根付着性プラークの免疫組織学的検索,
日本歯周病学会会誌, Vol.36, No.1, 223-232, 1994年.
62.尾崎 和美, 松尾 敬志, 中江 英明, 野杁 由一郎, 大木元 玲子, 吉山 昌宏, 恵比須 繁之 :
歯根部の象牙質齲蝕病巣における侵入細菌の局在性に関する免疫組織学的研究,
日本歯科保存学雑誌, Vol.36, No.5, 1284-1291, 1993年.
63.尾崎 和美, 松尾 敬志, 中江 英明, 野杁 由一郎, 大木元 玲子, 吉山 昌宏, 恵比須 繁之 :
小窩裂溝部および平滑面部の象牙質齲蝕病巣における侵入細菌の局在性に関する免疫組織学的研究,
日本歯科保存学雑誌, Vol.36, No.4, 1059-1069, 1993年.
64.Masahiro Yoshiyama, Kazumi Ozaki and Shigeyuki Ebisu :
Morphological characterization of hypersensitive human radicular dentin and the effect of a light-curing resin liner on tubular occlusion,
Proceedings of the Finnish Dental Society, Vol.88, No.Suppl 1, 337-344, 1992.
65.吉山 昌宏, 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 片岡 健哉, 中西 正, 大木元 玲子, 中江 英明, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
象牙質知覚過敏症の治療法ー光重合型レジンライナーによる象牙細管封鎖効果ー,
日本歯科保存学雑誌, Vol.34, No.1, 76-81, 1991年.
66.野杁 由一郎, 尾崎 和美, 中西 正, 片岡 健哉, 天野 伊知郎, 吉山 昌宏 :
歯根部象牙質に対する修復材の接着性に関する研究, --- 1.コンポジットレイジンインレー修復用レジンセメントの歯冠部および歯根部象牙質に対する接着性 ---,
日本歯科保存学雑誌, Vol.33, No.3, 639-647, 1990年.
67.Masahiro Yoshiyama, Yuichiro Noiri, Kazumi Ozaki, Akitsugu Uchida, Yasuko Ishikawa and Hajime Ishida :
Transmission electron microscopic characterization of hypersensitive human radicular dentin.,
Journal of Dental Research, Vol.69, No.6, 1293-1297, 1990.
(DOI: 10.1177/00220345900690061401,   PubMed: 2355124,   CiNii: 10004943367,   Elsevier: Scopus)
68.尾崎 和美, 野杁 由一郎, 大木元 玲子, 正田 二郎, 吉山 昌宏, 内田 昭次, 石田 甫 :
ラット歯牙象牙質形成に及ぼすツブロゾールーCの影響,
日本歯科保存学雑誌, Vol.32, No.5, 1490-1497, 1989年.

総説・解説:

1.白山 靖彦, 市川 哲雄, 尾崎 和美, 柳沢 志津子 :
徳島県地域包括ケアシステム学会,
月刊介護保険, No.264, 28, 2018年2月.
2.白山 靖彦, 市川 哲雄, 柳沢 志津子, 尾崎 和美 :
離島における福祉崩壊の危機,
月刊介護保険, No.249, 23, 2016年11月.
3.松尾 敬志, 尾崎 和美, 中西 正, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 平尾 功治, 武川 大輔 :
歯髄疾患の病態と診断,
日本歯内療法学会雑誌, Vol.34, No.2, 67-76, 2013年5月.
(CiNii: 10031183916)
4.中西 正, 高橋 加奈子, 細川 義隆, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄反応,
四国歯学会雑誌, Vol.14, No.2, 255-263, 2002年.
5.Takashi Matsuo, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto and Masahiro Yoshiyama :
Caries-A disease of bacteria infection,
Caries Preventive restoration, 1-8, 2001.
6.吉山 昌宏, 松尾 敬志, 尾崎 和美 :
齲蝕象牙質へのシールド·レストレーションの可能性 細菌を封じ込める治療とその現在,
ザ·クインテッセンス, Vol.18, No.1, 77-89, 1999年1月.

国際会議:

1.Kaya Yoshida, Seyama Mariko, Natsumi Fujiwara, Hirohiko Okamura and Kazumi Ozaki :
The effects of outer membrane vesicles delived from Porphyromonas gingivalis on hepatic glucose metabolisms.,
International Society for ExtracellularVesicles 2019 Annual Meeting, Kyoto, Apr. 2019.
2.Natsumi Fujiwara, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Yasusei Kudo, Hiromi Nakae, Katsuhiko Hirota, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
2-methacryloyloxyethyl-phosphorylcholine (MPC)-polymer suppresses the adherence of oral bacteria,
2018 IADR/PER General Session (ExCel London Convention Center, London, England) 25-28th July, 2018, Jul. 2018.
3.Shindo Satoru, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
The effect of genipin on dendritic cells activation,
93rd General Session & Exhibition of the IADR, Boston, Mar. 2015.
4.Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Shindo Satoru, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Melatonin inhibits inflammatory mediators productions in human periodontal ligament cells,
93rd General Session & Exhibition of the IADR, Mar. 2015.
5.Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
IL-4 modulates chemokine productions from IL-1-stimulated human periodontal ligament cells,
93rd General Session & Exhibition of the IADR, Boston, Mar. 2015.
6.Kaya Yoshida, Haruna Takamura, Hirohiko Okamura, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki :
Oral porphyromonas gingivalis translocates to liver and regulates hepatic glycogen metabolisms by attenuating insulin signaling,
10 th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Japan, Sep. 2013.
7.Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Pro-inflammatory Roles of NOD2 in Human Gingival Fibroblasts,
The 3rd International Symposium on "Oral Sciences to Improve the Quality of Life", Sep. 2008.
8.Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Pro-inflammatory Roles of NOD2 in Human Gingival Fibroblasts,
86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Jul. 2008.
9.Tomoko Kimura, Kazumi Ozaki, Keiji Murakami, Kikumi Fujisaka and Takashi Matsuo :
The Analysis of role of Phosphoenolpyruvate-Dependent Sucrose Phosphotransferase System in pathogenicity of Streptococcus mutans.,
第1回国際シンポジウム・FDワークショップ, Awaji, Mar. 2007.
10.Natsuko Ida, Kazumi Ozaki, Shinji Suenobu, Kanako Takahashi, Daisuke Yamaguchi and Takashi Matsuo :
Opsonized Streptococcus mutans influences maturation of human dendritic cells,
The 82nd General Session of IADR Meeting, Hawaii, Mar. 2004.
11.Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Expression of adrenomedullin and its receptors in inflamed gingival tissue,
The 82nd General Session of IADR Meeting, Hawaii, Mar. 2004.
12.Natsuko Ida, Kazumi Ozaki, Shinji Suenobu, Kanako Takahashi, Daisuke Yamaguchi and Takashi Matsuo :
Opsonized Streptococcus mutans influences maturation of human dendritic cells.,
Seoul, Nov. 2003.
13.Takuya Shibutani, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Comparison of root canal preparation by three Ni-Ti instruments,
Seoul, Nov. 2003.
14.Kazumi Ozaki, Shinji Suenobu, Natsuko Ida and Takashi Matsuo :
Bacterial Viability Assay at an Electron Microscopic Leved,
The 81th General Session of IADR Meeting, Goteborg, Sweden, Jun. 2003.
15.Shinji Suenobu, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
The Analysis of mRNA Expression of Glucosyltransferases and Dextranase A from Streptococcs mutans Adhered to the Dentin,
The 81th General Session of IADR Meeting, Goteborg, Sweden, Jun. 2003.
16.Takuya Shibutani, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Comparison of the Effects of Three Ni-Ti Preparation Techniques by Micro-computed Tomography,
The 81th General Session of IADR Meeting, Goteborg, Sweden, Jun. 2003.
17.Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio Ishikawa, Kazumi Ozaki, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu :
Ammonium hexafluorosilicate increase acid resistance of bovine enamel and dentin,
Journal of Dental Research, Vol.82, No.Special Issue B, B-71, Goteborg, Jun. 2003.
18.Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio ISHIKAWA, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Ammonium hexafluorosilicate increased acid resistance of bovine enamel and dentin,
Transactions of the fourth international congress on dental materials, Vol.16, 195, Honolulu, Jan. 2002.
19.Takashi Matsuo, Keiko Fujinaka, Yoshiko Yoshida and Kazumi Ozaki :
Scanning electron microscope observations in the apices of roots with refractory apical periodontitis,
The 3rd Joint Scientific Meeting between KACD and JSCD, Seoul, Nov. 2001.
20.Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
An immunohistological study on the localization of selected bacteria and chemokines in human deep-carious teeth,
The International Conference on Dentin/Pulp complexs, Chiba, Jul. 2001.
21.Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
A three-dimensional examination of morphological changes in experimental cementum caries lesions,
77th General Session of IADR Meeting, Vancouver, Mar. 1999.
22.Kazumi Ozaki, Yuichirou Noiri, Hideaki Nakae, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu :
A histopathological and microbiological study on experimental root-surface caries in humans,
74th General Session of IADR Meeting, San Francisco, Mar. 1996.
23.Yuichirou Noiri, Kazumi Ozaki, Tae Okamoto, Keiko Fujinaka, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu :
Localization of periodontal disease-associated bacteria in human periodontal pockets,
74th General Session of IADR Meeting, San Francisco, Mar. 1996.
24.Masahiro Yoshiyama, Kazumi Ozaki and Shigeyuki Ebisu :
Morphological characterization of hypersensitive human radicular dentin and the effect of a light-curing resin liner on tubular occlusion,
International Conference Pathobiology of Dentin/Pulp Complex, May 1991.

国内講演発表:

1.木戸 理恵, 廣島 佑香, 生田 貴久, 吉田 賀弥, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 尾崎 和美, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
最終糖化産物はヒト口腔上皮細胞のリポカリン2発現を増加する,
第62回春季日本歯周病学会学術大会, 2019年5月.
2.吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージが由来の膜小胞が肝臓糖代謝に及ぼす影響,
第61回 秋季日本歯周病学会学術大会 2018年10月26日(大阪市), 2018年10月.
3.尾崎 和美, 濵田 邦美, 湯浅 雅志, 藤原 奈津美 :
要援護者の個別課題を共有・管理するICTシステムの開発,
日本歯周病学会会誌, Vol.60, 135, 2018年10月.
4.三浦 久美子, 尾崎 和美, 柳沢 志津子, 白山 靖彦, 藤原 奈津美 :
ICTを活用した歯科衛生士による要介護高齢者の口腔健康管理について,
日本歯周病学会会誌, Vol.60, 135, 2018年10月.
5.吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 :
Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージが産生する膜小胞が肝臓糖代謝に及ぼす影響,
第60回 日本歯科基礎医学会学術大会 2018年9月5-7日(九州大学病院キャンパス 百年講堂, 福岡市), 2018年9月.
6.藤原 奈津美, 村上 圭史, 吉田 賀弥, 工藤 保誠, 弘田 克彦, 尾崎 和美, 藤猪 英樹, 湯本 浩通 :
MPCポリマーコーティングによる義歯用レジンのカンジダ付着(撥菌)効果,
第60回 日本歯科基礎医学会学術大会 2018年9月5-7日(九州大学病院キャンパス 百年講堂, 福岡市), 2018年9月.
7.Kaya Yoshida, Natsumi Fujiwara, Kazumi Ozaki, 内部 健太, 池亀 美華 and Hirohiko Okamura :
Extracellular vesicles from Porphyromonas gingivalis-infected macrophages include histone proteins and translocate to the liver,
第10回日本RNAi研究会・第5回日本細胞外小胞学会 (グランドプリンスホテル広島・広島市), Aug. 2018.
8.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
IL-27はヒト口腔上皮細胞のCXCR3リガンド産生を誘導する,
第61回日本歯周病学会春季学術大会, 2018年6月.
9.瀬山 真莉子, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisの分泌小胞は肝臓の糖代謝に影響を与える,
第61回日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
10.藤原 奈津美, 尾崎 和美, 柳沢 志津子, 瀬山 真莉子, 松村 祐季, 河野 りか, 白山 靖彦 :
徳島県那賀町における口腔ケア実施の実態調査 と支援職員への口腔ケア研修会の取り組み,
第67回日本口腔衛生学会・総会_平成30年5月18-20日_北海道札幌市, Vol.68, 165, 2018年5月.
11.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
IL-29はTNF-αが誘導するヒト口腔上皮細胞のCXCL10産生を増強する,
第60回日本歯周病学会秋季学術大会, 2017年12月.
12.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
IL-29はヒト口腔上皮細胞のCXCL10産生を増強する,
第60回日本歯周病学会春季学術大会, 2017年10月.
13.藤原 奈津美, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 村上 圭史, 尾崎 和美 :
MPC ポリマーによる口腔細菌の抑制効果,
第59回歯科基礎医学会学術大会 プログラム・抄録集 平成29年9月16-18日(松本歯科大学,長野県塩尻市), 341, 2017年9月.
14.藤原 奈津美, 土井 登紀子, 中江 弘美, 十川 悠香, 吉岡 昌美, 高橋 侑子, 真杉 幸江, 尾崎 和美, 日野出 大輔 :
本学歯科衛生学生の病棟口腔ケア臨床実習の取り組みとその効果,
第14回 日本口腔ケア学会総会・学術大会 プログラム・抄録集, 208, 2017年4月.
15.進藤 智, 池田 淳史, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
シトルリン化ビメンチンは破骨細胞分化を促進する,
日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会, 2016年10月.
16.細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
Gomisin Nはヒト歯根膜由来細胞の炎症性サイトカイン産生を抑制する,
日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会, 2016年10月.
17.池田 真己, 中上 久美子, 三野 聖子, 榎 恵子, 一宮 麗子, 井手口 英章, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 岩田 貴 :
スキルス・ラボを活用した歯科衛生士の教育効果,
日本歯科衛生教育学会, Vol.7, No.2, 197, 2016年10月.
18.藤原 奈津美, 中江 弘美, 吉岡 昌美, 十川 悠香, 高橋 侑子, 田口 侑子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 尾崎 和美, 日野出 大輔 :
某大学における周術期口腔機能管理の臨床実習の取り組みとその効果,
日本歯科衛生学会 第11回学術大会 2016年9/17日~19日 広島県広島市 広島国際会議場, Vol.11, No.1, 174, 2016年9月.
19.藤原 奈津美, 村上 圭史, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 尾崎 和美, 三宅 洋一郎 :
歯周病原菌に対する新規化合物の効果,
第58回 歯科基礎医学会学術大会 北海道札幌市 2016年8月24-26日, 2016年8月.
20.細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
Alkanninはヒト歯根膜由来細胞のIL-6およびCCL20産生を抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
21.吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 廣島 佑香, 阿部 佳織, 木戸 淳一, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisはSOCS3やIRS-1を制御して肝臓におけるインスリンシグナルを抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
22.中江 弘美, 薮内 さつき, 藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 松山 美和, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 中野 雅德, 白山 靖彦 :
健口体操ポスターを活用した口腔機能向上の取り組み,
第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
23.柳沢 志津子, 白山 靖彦, 吉岡 昌美, 高村 春菜, 尾崎 和美, 中野 雅德 :
老人福祉施設における食形態決定に関する観察項目の検討,
第13回日本口腔ケア学会総会, 2016年4月.
24.濱本 恵, 白山 靖彦, 中野渡 有香, 中原 恵子, 佐藤 紀, 尾崎 和美, 加藤 真介 :
重なり五角形を用いた高次脳機能スクリーニング検査の検討(第2報),
第39回日本高次脳機能障害学会学術集会, 2015年12月.
25.細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
Alkanninはヒト歯根膜由来細胞のCCR5 ligand産生を誘導する,
日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会, 2015年11月.
26.柳沢 志津子, 白山 靖彦, 吉岡 昌美, 高村 春菜, 尾崎 和美, 竹内 祐子, 中野 雅德 :
常食化に向けた食物形態と口腔評価との関連に関する研究-口腔評価の精度向上と「不適合」要因の解明-,
平成27年度 全国老人福祉施設研究会議, 2015年10月.
27.Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura and Kazumi Ozaki :
PKRやインフラマソームがP. gingivalisを感染させた骨芽細胞において骨吸収に関連する因子の発現に与える影響,
第57回歯科基礎医学会学術大会, Sep. 2015.
28.細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
IL-4がヒト歯根膜由来細胞のCCL11およびCCL20産生に及ぼす影響,
第58回秋季日本歯周病学会学術大会, 2015年9月.
29.薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
歯学部学生の情動知能に対する高齢者交流学習の効果,
第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 鹿児島市, 2015年7月.
30.藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 尾崎 和美 :
歯科衛生士学生の自己教育力に関する実態について,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2015年7月.
31.柳沢 志津子, 白山 靖彦, 吉岡 昌美, 高村 春菜, 尾崎 和美, 竹内 祐子, 中野 雅德 :
施設介護職員における口腔評価の精度向上の検討,
第12回日本口腔ケア学会総会, 2015年6月.
32.薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域育成型歯学教育プログラムの評価(第2報)地域福祉体験学習における教育効果の変化,
平成26年度FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島, 62-63, 2014年12月.
33.進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
Shikoninがヒト歯根膜由来細胞のIL-6およびIL-8産生に与える影響,
第141回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2014年10月.
34.星野 由美, 溝部 潤子, 中道 敦子, 渡辺 朱理, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 岩城 重次, 菅 武雄 :
口腔ケアシミュレータを応用したリカレント教育の試み -学生実習との比較- ・北九州,
第33回日本歯科医学教育学会, 2014年7月.
35.薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 星野 由美, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢者交流学習後の歯学部生の高齢者イメージの変化 ・北九州,
日本歯科医学教育学会雑誌, 105, 2014年7月.
36.柳沢 志津子, 白山 靖彦, 中野 雅德, 尾崎 和美, 伊賀 弘起 :
口腔保健業務支援システムを用いた離島高齢者福祉施設における連携体制の構築,
第11回日本口腔ケア学会総会, 2014年6月.
37.進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
GenipinはE.coli LPSが誘導するヒト歯根膜細胞のIL-6およびIL-8産生を抑制する,
第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
38.細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
活性型ビタミンDはIL-1β刺激ヒト歯根膜細胞の炎症性サイトカイン産生を抑制する,
第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
39.北中 祐太郎, 細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
genipinはTNF-αが誘導するヒト歯根膜由来細胞のIL-6産生を抑制する,
第57回春季歯周病学会学術大会, 2014年5月.
40.星野 由美, 中道 敦子, 管 武雄, 渡辺 朱理, 藤原 奈津美, 松山 美和, 尾崎 和美, 岩城 重次, 日野出 大輔, 伊賀 弘起 :
歯科衛生士学生を対象とした新しい口腔ケア教育の取り組み-口腔ケアシミュレータを応用したケア実習の効果-,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.14, No.2, 109, 2013年12月.
41.木村 智子, 尾崎 和美, 湯本 浩通, 村上 圭史, 菅原 千恵子, 篠原 千尋, 武川 恵美, 三宅 洋一郎, 松尾 敬志, 河野 文昭 :
Streptococcus mutans の病原性における scrA 遺伝子の役割,
第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 38, 2013年11月.
42.進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
GenipinはIL-1betaが誘導するヒト歯根膜細胞のCCL20およびIL-6 産生を抑制する,
第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
43.進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
GenipinはIL-1betaが誘導するヒト歯根膜細胞のCCL20およびIL-6産生を抑制する,
日本歯科保存学雑誌, 70, 2013年10月.
44.細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
IL-6はIL-1βが誘導するヒト歯根膜由来細胞のCCL20産生を増強する,
日本歯周病学会会誌, 97, 2013年5月.
45.細川 育子, 細川 義隆, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
Adrenomedullinが樹状細胞のTh17関連サイトカイン産生に関与するcell signalingに及ぼす影響,
日本歯科保存学雑誌, 2012年11月.
46.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
IL-17AはTNF-aが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を増強する,
日本歯科保存学雑誌, 2012年11月.
47.石川 真琴, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美 :
歯周病原性細菌Porphyromonas gingivalis感染が肝臓糖代謝に及ぼす影響,
日本歯科保存学雑誌, 155, 2012年11月.
48.尾崎 和美, 那賀川 明美, 中野 雅德, 白山 靖彦, 松山 美和, 日野出 大輔, 羽田 勝, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 市川 哲雄 :
社会福祉施設での訪問口腔ケアを支援する包括ケア型地域ICTシステムについて,
第22回日本歯科医学会総会プログラム・事前抄録集, 163, 2012年11月.
49.星野 由美, 中道 敦子, 岩城 重次, 菅 武雄, 金久 弥生, 日野出 大輔, 尾崎 和美 :
歯科衛生士教育のための新規口腔ケアシミュレータの開発とその評価,
第3回 日本歯科衛生教育学会, Vol.3, No.1, 63, 2012年11月.
50.星野 由美, 中道 敦子, 菅 武雄, 岩城 重次, 金久 弥生, 日野出 大輔, 尾崎 和美 :
新規口腔ケアシミュレータを応用した経口揷管患者の口腔ケア実習の教育効果,
日本歯科衛生教育学会, Vol.3, No.1, 78, 2012年11月.
51.藤原 奈津美, 白山 靖彦, 中道 敦子, 星野 由美, 尾崎 和美 :
歯科衛生士学生の成長プロセスに着目した臨床実習効果に関する質的研究,
日本歯科衛生教育学会, Vol.3, No.1, 54, 2012年11月.
52.薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 羽田 勝, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢社会を担う地域育成型歯学教育:専門教育終了時の授業アンケートから考察される教育効果,
第31回日本歯科医学教育学会総会および学術大会プログラム・抄録集, 124, 2012年7月.
53.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
TNF-alphaとIL-4刺激が誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL11産生に及ぼす緑茶カテキンの影響,
日本歯科保存学雑誌, 2012年6月.
54.薮内 さつき, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 尾崎 和美, 中江 弘美, 石川 真琴, 江頭 陽子 :
介護施設職員のための口腔ケアセミナープログラム構築の試み,
第9回日本口腔ケア学会総会学術大会プログラム・抄録集, 106, 2012年6月.
55.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
IL-22はIL-1betaが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を増強する,
日本歯周病学会会誌, 2012年5月.
56.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 松尾 敬志 :
TWEAKがヒト歯肉線維芽細胞のIL-1beta誘導CCL20産生に与える影響,
日本歯科保存学雑誌, 2011年10月.
57.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
TheaflavinがTNFSF14刺激ヒト歯肉線維芽細胞のIL-6産生に与える影響,
日本歯科保存学雑誌, 2011年6月.
58.尾崎 和美, 藤原 奈津美, 石川 真琴, 細川 育子, 細川 義隆, 湯本 浩通 :
う蝕関連細菌の家族内伝播と生活習慣による影響に関する研究 ―兄弟姉妹間の差異について―,
134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
59.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
TLR3 ligandがヒト歯肉線維芽細胞のIL-1beta誘導CCL20産生に与える影響,
日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
60.進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
Oncostatin Mが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCXCL10産生に及ぼす紅茶ポリフェノールの影響,
日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
61.竹内 久裕, 菅 俊行, 桃田 幸弘, 尾崎 和美, 中道 敦子, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本歯科大学臨床実習視察報告,
第38回四国歯学会例会, 2011年3月.
62.薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 中道 敦子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
徳島大学教育GP「高齢社会を担う地域育成型歯学教育」授業アンケートから考察される教育効果,
平成22年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島, 2011年1月.
63.中江 弘美, 日野出 大輔, 薮内 さつき, 伊賀 弘起, 吉岡 昌美, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 尾崎 和美, 羽田 勝, 中道 敦子 :
地域高齢者との福祉体験学習の教育効果と地域貢献事業としての評価,
第7回日本口腔ケア学会学術大会, 2010年11月.
64.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
CatechinがTNFSF14刺激ヒト歯肉線維芽細胞のIL-6産生に与える影響,
日本歯科保存学雑誌, 2010年10月.
65.橋本 玲奈, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
IL-1betaが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCXCL10産生に及ぼす緑茶カテキンの影響,
日本歯周病学会会誌, 2010年9月.
66.薮内 さつき, 伊賀 弘起, 中江 弘美, 日野出 大輔, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
「人間力の向上」を目指した教育プログラム-「高齢者交流学習」-,
第29回日本歯科医学教育学会, 2010年7月.
67.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
IL-17AはIL-1betaが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を増強する,
日本歯周病学会会誌, 2010年5月.
68.木村 智子, 尾崎 和美, 湯本 浩通, 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 高橋 加奈子, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus mutansの病原性におけるscrAおよびhtrA遺伝子の役割,
第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
69.伊賀 弘起, 中野 雅德, 日野出 大輔, 尾崎 和美, 竹内 久裕, 吉本 勝彦, 林 良夫 :
口腔保健学を基軸とした国際的社会福祉教育プログラムの構築に向けて,
平成21年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2010年3月.
70.中江 弘美, 日野出 大輔, 薮内 さつき, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 松本 尚子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域育成型歯学教育プログラムの評価 -地域福祉体験学習の取り組みを通して-,
平成21年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2010年3月.
71.日野出 大輔, 中江 弘美, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 松本 尚子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
「高齢社会を担う地域育成型歯学教育」—地域福祉体験学習の取り組みと教育効果—,
第28回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2009年11月.
72.日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 星野 由美, 松本 尚子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢社会を担う地域育成型歯学教育 -初年次教育における達成課題-,
平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2009年1月.
73.木村 智子, 尾崎 和美, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 湯本 浩通, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
74.木村 智子, 尾崎 和美, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
75.星野 由美, 尾崎 和美, 松本 尚子, 吉田 賀弥, 吉岡 昌美, 竹内 祐子, 吉田 秀夫, 日野出 大輔, 中野 雅德, 伊賀 弘起, 羽田 勝 :
歯科衛生士教育の4年生教育に関するニーズ,
第2回 日本衛生士教育学術大会, 2007年11月.
76.Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Proinflammatory Roles of NOD2 in Human Gingival Fibroblasts,
第55回 国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会, Nov. 2007.
77.木村 智子, 尾崎 和美, 藤坂 菊美, 松尾 敬志 :
Streptococcus mutans の病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について,
第126回日本歯科保存学会春季学術大会, 2007年6月.
78.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
ヒト歯肉線維芽細胞におけるCCL17産生の解析,
第50回 春季日本歯周病学会学術大会, 2007年5月.
79.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
サイトカイン刺激によるヒト歯肉線維芽細胞におけるCXCL16産生の解析,
第36回 日本免疫学会総会・学術集会, 2006年12月.
80.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
サイトカインがヒト歯肉線維芽細胞上のICAM-1およびVCAM-1発現に与える影響,
第49回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2006年10月.
81.木村 智子, 尾崎 和美, 藤坂 菊美, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について,
第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
82.藤坂 菊美, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
S. mutans com遺伝子の象牙質への侵入に及ぼす影響について,
第124回日本歯科保存学会春季学会, 2006年5月.
83.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
TWEAKがヒト歯肉線維芽細胞における炎症性サイトカイン産生ならびに接着分子発現に与える影響の解析,
第49回 春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
84.菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
患者のコンプライアンスに配慮した歯周治療について,
第49回 春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
85.大森 幸子, 三木 千津, 石川 清美, 菅 悦子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
咬合に問題を有する歯周病患者の治療経過について,
第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
86.細川 義隆, 細川 育子, 中江 英明, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
炎症性サイトカインおよびLPSはヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を誘導する,
第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
87.細川 育子, 細川 義隆, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
Langerhans細胞における抗菌ペプチドの発現について,
第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
88.菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
糖尿病を有する患者の歯周治療における管理の重要性,
第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年4月.
89.末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 大嶋 隆 :
培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析,
第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
90.藤坂 菊美, 末延 慎司, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, --- 変異株を用いて培養した象牙質板の形態学的観察 ---,
第121回 日本歯科保存学会秋季学会, 2004年11月.
91.末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, --- Glucosyltransferase関連遺伝子とグルカン合成量の関係 ---,
第121回 日本歯科保存学会秋季学会, 2004年11月.
92.三木 千津, 石川 清美, 菅 悦子, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
口腔癌患者における歯周治療および長期的管理の重要性,
第47回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
93.細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
ヒト歯肉線維芽細胞におけるCXCL12産生ならびに機能的解析,
第47回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
94.菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
歯周治療中に発見した口腔粘膜疾患の一例,
第47回 春季日本歯周病学会学術大会, 2004年5月.
95.末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 大嶋 隆 :
Streptococcus mutansの象牙質への付着とグルカン合成量の関係,
第77回 日本細菌学会, 2004年4月.
96.渋谷 拓也, 尾崎 和美, 松尾 敬志, 石川 邦夫, 恵比須 繁之 :
マイクロCTによる3種Ni-Ti製ロータリーファイルの比較,
第119回 日本歯科保存学会秋季大会, 2003年11月.
97.坂本 治美, 尾崎 和美, 大石 慶二, 川﨑 有希子, 横山 希実, 松尾 敬志 :
大規模ネットワークにおける歯周病検査・歯科保健指導の電子記録ならびにその運用について,
日本歯周病学会会誌, Vol.45, 197, 2003年10月.
98.大森 幸子, 渡邊 久恵, 三木 千津, 石川 清美, 山下 美由紀, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
歯肉退縮にともなう発音及び審美障害に対する対応, --- ステントを用いた症例 ---,
第46回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2003年10月.
99.末延 慎司, 尾崎 和美 :
浮遊,付着状態におけるStreptococcus mutansのglucosyltransferaseならびにdextranase遺伝子発現の解析,
第56回 日本細菌学会 中国四国支部総会, 2003年10月.
100.菅 俊行, 川﨑 有希子, 尾崎 和美, 松尾 敬志, 石川 邦夫, 恵比須 繁之 :
フッ化ジアミンシリケートによる歯質耐酸性の向上効果,
第118回 日本歯科保存学会春季学会, 2003年6月.
101.位田 夏子, 尾崎 和美, 末延 慎司, 高橋 加奈子, 山口 大輔, 松尾 敬志 :
S.mutans刺激によるヒト樹状細胞の成熟化の異差について,
第118回 日本歯科保存学会春季学会, 2003年6月.
102.渡邊 久恵, 三木 千津, 石川 清美, 山下 美由紀, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
歯周治療におけるリコールシステムの現状, --- アンケートによる患者の意識調査 ---,
第46回 春季日本歯周病学会学術大会, 2003年4月.
103.末延 慎司, 位田 夏子, 尾崎 和美 :
Streptococcus mutansの環境変化におけるGlucosyltransferase関連遺伝子発現の解析,
第76回 日本細菌学会, 2003年4月.
104.高橋 加奈子, 中西 正, 山口 大輔, 細川 義隆, 湯本 浩通, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯髄炎の病態形成におけるLARCおよびCCR6の役割,
第32回 日本免疫学会, 2002年12月.
105.蓮井 義則, 荒木 哲也, 尾崎 和美, 篠崎 文彦 :
小学生の咬合力と新スポーツテストの比較検討,
第14回 日本小児口腔外科学会, 2002年11月.
106.尾崎 和美 :
象牙細管内細菌の挙動,
第117回 日本歯科保存学会秋季学会, Vol.45, 4, 2002年11月.
107.石川 清美, 渡邊 久恵, 三木 千津, 久保 万友美, 山下 美由紀, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
小学校全児童を対象にした経年的な歯科検診・検査の解析, --- 歯科衛生士による口腔保健指導の効果について ---,
第45回 秋季日本歯周病学会学術大会, Vol.44, 209, 2002年10月.
108.尾崎 和美, 木持 健, 末延 慎司, 松尾 敬志 :
象牙細管に侵入させた細菌の超微組織学的検索,
第116回 日本歯科保存学会春季学会, Vol.45, 46, 2002年5月.
109.篠原 千尋, 中西 正, 末延 慎司, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
抜歯に至った難治性根尖性歯周炎の1症例, --- マイクロCTならびに走査型電子顕微鏡による原因の考察 ---,
第116回 日本歯科保存学会春季学会, Vol.45, 114, 2002年5月.
110.細川 義隆, 中西 正, 山口 大輔, 清水 洋利, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯周炎病変局所におけるLARCおよびCCR6の発現,
第31回 日本免疫学会, 2001年12月.
111.末延 慎司, 尾崎 和美, 位田 夏子, 川﨑 有希子, 菅 俊行, 松尾 敬志 :
銀担持シリカを添加した合着用グラスアイオノマーセメントの諸性質,
第115回 秋季日本歯科保存学会, 2001年11月.
112.高橋 加奈子, 中西 正, 細川 義隆, 篠原 千尋, 湯本 浩通, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
炎症歯髄におけるLARCおよびCCR6の発現,
第115回 秋季日本歯科保存学会, 2001年11月.
113.細川 義隆, 中西 正, 山口 大輔, 清水 洋利, 湯本 浩通, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
歯周炎病変局所におけるLARCおよびCCR6の発現,
第44回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2001年10月.
114.藤中 恵子, 川﨑 有希子, 吉田 佳子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
難治性根尖性歯周における根尖部の走査型電子顕微鏡による検索,
第114回 日本歯科保存学会, 2001年6月.
115.松尾 敬志, 中西 正, 高橋 加奈子, 尾崎 和美, 中江 英明 :
歯髄炎の不可逆性化に関する臨床的および病理学的考察,
第14回 「歯内療法の集い」, 2001年5月.
116.中西 正, 松岡 希実, 高橋 加奈子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
深在う蝕における侵入細菌の局所と歯髄反応,
第113回 秋季日本歯科保存学会, 2000年11月.
117.尾崎 和美, 湯本 浩通, 篠原 千尋, 木持 健, 松尾 敬志 :
象牙質齲蝕に侵入した細菌種の同定, --- 電顕用樹脂包埋試料から抽出した16S rDNAを用いて ---,
第113回 日本歯科保存学会秋季学会, 2000年11月.
118.細川 義隆, 山口 大輔, 清水 洋利, 中西 正, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯周炎の病巣局所におけるケモカインおよびケモカイン受容体の発現,
第30回 日本免疫学会総会, 2000年11月.
119.渡邊 久恵, 三木 千津, 石川 清美, 久保 万友美, 石丸 毅, 石川 利栄子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
口腔ケアで完治した難治性の口角ビランの一例,
第43回 春季日本歯周病学会学術大会, 2000年5月.
120.清水 洋利, 細川 義隆, 山口 大輔, 中西 正, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯周炎の病巣局所におけるリンパ球浸潤に対するケモカインの関与,
第29回 日本免疫学会総会, 1999年12月.
121.尾崎 和美, 中西 正, 藤中 恵子, 松尾 敬志 :
歯根部象牙質齲蝕誘発モデルの細菌学ならびに形態学的検索,
第110回 日本歯科保存学会春季学会, 1999年5月.
122.浦山 明久, 木持 健, 松岡 希実, 尾崎 和美, 吉山 昌宏, 松尾 敬志 :
人工う蝕象牙質へのレジン浸透性, --- 培養期間が接着力に及ぼす影響 ---,
第110回 日本歯科保存学会春季学会, 1999年5月.
123.清水 洋利, 細川 義隆, 中西 正, 尾崎 和美, 中江 英明 :
歯周炎の病巣局所におけるVCAM-1,VLA-4を介する接着系の解析,
第28回 日本免疫学会, 1998年12月.
124.木持 健, 浦山 明久, 尾崎 和美, 吉山 昌宏, 松尾 敬志 :
齲蝕象牙質へのレジン浸透性, --- 試作カリエスコンディショナーの応用 ---,
第109回 日本歯科保存学会春季学会, 1998年11月.
125.浦山 明久, 尾崎 和美, 吉山 昌宏, 松尾 敬志 :
人工齲蝕象牙質へのレジン浸透性,
第108回 日本歯科保存学会春季学会, 1998年6月.
126.尾崎 和美, 藤中 恵子, 糸田川 徳則, 松尾 敬志 :
歯根部齲蝕誘発モデルの細菌学ならびに形態学検索, --- 長期経過例について ---,
第107回 日本歯科保存学会秋季学会, 1997年11月.
127.吉山 昌宏, 糸田川 徳則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
齲蝕象牙質へのレジン浸透性, --- コラゲナーゼの応用 ---,
第107回 日本歯科保存学会秋季学会, 1997年11月.
128.向井 知里, 吉田 佳子, 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 松尾 敬志 :
ヒト感染根管における細菌侵入に免疫組織学的解析,
第106回 日本歯科保存学会春季学会, 1997年6月.
129.吉山 昌宏, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
齲蝕象牙質へのレジン浸透性,
第106回 日本歯科保存学会春季学会, 1997年6月.
130.中西 正, 清水 洋利, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
多形核白血球の集積化による歯髄組織破壊機構の解析, --- 歯髄細胞の剥離とフィブロネクチンの動態 ---,
第105回 日本歯科保存学会春秋季学会, 1996年11月.
131.尾崎 和美, 川戸 純奈, 野杁 由一郎, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
歯根部齲蝕誘発モデルにおける齲蝕関連細菌の免疫電顕による検索,
第104回 日本歯科保存学会春季学会, 1996年5月.
132.平尾 清司, 中江 英明, 尾崎 和美, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
歯周病原細菌の付着を促進させるヒト顎舌下腺唾液糖蛋白に対するモノクロナール抗体の作製,
第39回春季日本歯周病学会学術大会, 1996年4月.
133.尾崎 和美, 川戸 純奈, 野杁 由一郎, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
ヒト口腔内における歯根部齲蝕誘発モデルの細菌学ならびに形態学的検索,
第103回 日本歯科保存学会秋季学会, 1995年10月.
134.野杁 由一郎, 藤中 恵子, 岡本 妙, 尾崎 和美, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
ヒト歯周ポケット底部における歯周関連細菌の免疫電顕法による検索,
第38回 秋季日本歯周病学会学術大会, 1995年10月.
135.白神 俊之, 尾崎 和美, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
感染根管処置に反応せず,抜歯に至った1症例,
第2回「歯内療法の集い」, 1995年6月.
136.尾崎 和美 :
歯根部齲蝕に関する基礎的研究,
平成6年度 徳島県歯科医学大会, 1995年1月.
137.白神 俊之, 松尾 敬志, 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 恵比須 繁之 :
根尖病巣を有する歯の歯根部象牙細管侵入細菌の免疫組織学的検索,
第101回 日本歯科保存学会秋季学会, 1994年11月.
138.野杁 由一郎, 近藤 妙, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
ヒト歯周ポケットにおける異種菌体間相互作用の形態学的検索,
第37回 日本歯周病学会秋季学会, 1994年10月.
139.野杁 由一郎, 松尾 敬志, 中江 英明, 尾崎 和美, 恵比須 繁之 :
ヒト歯肉縁下プラークの研究, --- ヒト歯周ポケットにおける歯周病原性細菌の局在性 ---,
第17回 四国歯学会, 1994年7月.
140.尾崎 和美, 野杁 由一郎, 恵比須 繁之 :
ヒト歯根部齲蝕病巣の超微細形態学的検索,
第100回 日本歯科保存学会春季学会, 1994年5月.
141.野杁 由一郎, 近藤 妙, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
ヒト歯周ポケットにおける歯周病関連細菌の免疫組織学的2重染色法による検索,
第36回 秋季日本歯周病学会学術大会, 1993年10月.
142.白神 俊之, 松尾 敬志, 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 恵比須 繁之 :
歯根部象牙細管に侵入した細菌の免疫組織学的検索,
第98回日本歯科保存学会春季学会, 1993年6月.
143.野杁 由一郎, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
ヒト歯周ポケットにおける歯周病関連細菌の局在性の検索,
第36回 春季日本歯周病学会学術大会, 1993年5月.
144.尾崎 和美, 松尾 敬志, 中江 英明, 吉山 昌宏, 恵比須 繁之 :
象牙質齲蝕病巣における侵入細菌の免疫組織学的検索,
第15回 四国歯学会, 1992年6月.
145.尾崎 和美, 松尾 敬志, 中江 英明, 吉山 昌宏, 恵比須 繁之 :
象牙質齲蝕における侵入細菌の免疫組織学的検索,
第96年 日本歯科保存学会春季学会, 1992年6月.
146.吉山 昌宏, 菅 俊行, 白神 俊之, 尾崎 和美, 恵比須 繁之 :
象牙質知覚過敏症の発症機構, --- 塩酸コラゲナーゼ消化した象牙質生検試料の走査電顕的検討 ---,
硬組織研究技術談話会, 1992年3月.
147.尾崎 和美, 松尾 敬志, 中江 英明, 吉山 昌宏, 恵比須 繁之 :
齲蝕における象牙質侵入細菌の動態に関する免疫組織化学的検討,
第95回 日本歯科保存学会秋季学会, 1991年11月.
148.吉山 昌宏, 菅 俊行, 尾崎 和美, 恵比須 繁之 :
象牙質知覚過敏症の発症機構, --- レジンライナー塗布法による有効例および無効例の微細形態学的検討 ---,
第95回 日本歯科保存学会秋季学会, 1991年11月.
149.松尾 敬志, 中西 正, 片岡 健哉, 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 大木元 玲子, 中江 英明, 吉山 昌宏, 恵比須 繁之 :
覆髄法の適応範囲の拡大に関する臨床的検討,
第14回 四国歯学会, 1991年7月.
150.吉山 昌宏, 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 片岡 健哉, 中西 正, 大木元 玲子, 中江 英明, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
象牙質知覚過敏症の治療法, --- 光重合型レジンライナーによる象牙細管封鎖効果 ---,
第93回 日本歯科保存学会秋季学会, 1990年9月.
151.尾崎 和美, 野杁 由一郎, 中西 正, 片岡 健哉, 吉山 昌宏 :
コンポジットレジンの歯根部象牙質に対する接着性,
第92回 日本歯科保存学会春季学会, 1990年6月.

その他・研究会:

1.吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 :
歯周病が糖尿病を重症化する機序について,
2018 Bioscience retreat in Awaji, 2018年11月.
2.藤原 奈津美, 鶴熊 美樹, 吉田 賀弥, 村上 圭史, 尾崎 和美, 藤猪 英樹, 湯本 浩通 :
MPCポリマーコーティングによる義歯用レジンのカンジダ付着抑制効果,
2018 Bioscience retreat in Awaji, 2018年11月.
3.瀬山 真莉子, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisの分泌小胞が肝臓インスリンシグナルに及ぼす影響について,
2017 Bioscience Retreat in Tosa, 2017年12月.
4.吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 :
Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージはインスリンシグナル抑制因子を含むエクソソームを産生する,
2017 Bioscience Retreat in Tosa, 2017年12月.
5.竹内 久裕, 菅 俊行, 桃田 幸弘, 尾崎 和美, 中道 敦子, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本歯科大学臨床実習視察報告,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 85-94, 2012年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109821)

報告書:

1.尾崎 和美, 白山 靖彦, 加藤 真介, 市川 哲雄, 濵田 康弘, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 竹内 祐子 :
「阿波なかつむぎプロジェクト」報告書,
平成30年度老人保健事業推進費等補助金 中山間地域におけるICT利活用によるフレイル・オーラルフレイル予防のためのベストプラクティス確立・普及に関する調査研究事業「阿波なかつむぎプロジェクト」報告書, 1-92, 2019年3月.
2.白山 靖彦, 尾崎 和美, 加藤 真介, 市川 哲雄, 岩本 里織, 永廣 信治, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美 :
「那賀イ∼と,つながる・みまもるプロジェクト」報告書,
平成29年度老人保健事業推進費等補助金 中山間地域の地域包括ケアシステム構築における食支援連携促進に資するICT利活用に関する調査研究事業「那賀イーと,つながる・みまもるプロジェクト」報告書, 1-86, 2018年3月.
3.尾崎 和美, 藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 白山 靖彦 :
口腔ケア関連ICTツールを併用した経口摂取支援業務運用ガイドラインの策定に関する研究,
公益財団法人 全国老人福祉施設協議会 平成29年度 全国老人福祉施設研究会議 高知会議 要覧, 247-252, 2017年10月.
4.尾崎 和美 :
象牙細管侵入細菌の菌体内多糖合成に関する動的解析,
平成17年度∼平成18年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書, 徳島, 2007年3月.
5.尾崎 和美, 松尾 敬志 :
Bacterial Viability Assay at an Electron Microscopic Leved,
カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 51-58, 2005年3月.
6.尾崎 和美, 松尾 敬志 :
PCR Amplificcation of Target DNA Extracted From Bacterial Cells Embedded in Plastic Material for Electron Microscopy,
カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 29-49, 2005年3月.
7.尾崎 和美, 松尾 敬志 :
電顕用樹脂埋試料から抽出した細菌の16SrDNAを利用した象牙齲蝕病巣深部の細菌の同定,
カリオロジーに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 15-27, 2005年3月.
8.尾崎 和美 :
齲蝕象牙質の細管侵入細菌におけるスクロース代謝の動的解析,
平成15年度∼平成16年度 科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2005年3月.
9.尾崎 和美 :
微小組織切片中の核酸を利用した露髄部の細菌種の同定および炎症歯髄の病態解析,
平成13年度∼平成14年度 科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2003年3月.
10.尾崎 和美 :
象牙細管内の環境をシミュレーションした露出歯根象牙の齲蝕の誘発モデルの確立,
平成11年度∼平成12年度 科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2001年3月.
11.尾崎 和美 :
In situにおける露出歯根象牙質での齲蝕誘発とその細菌学的および形態学的解析, --- 光学顕微鏡連続切片を用いたコンピュータ立体構築による三次元的解析 ---,
研究報告書 [第13回]平成8年度助成事業, 37-48, 東京, 1999年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 口腔バイオフィルムの分散能と抗菌能を有する光触媒・ポリフェノール合剤の新規開発 (研究課題/領域番号: 19K10132 )
  • ICTを用いた高齢者の口腔機能維持・管理データベースの開発と構築 (研究課題/領域番号: 17K11754 )
  • ポリフェノール・銀ナノ粒子複合体を応用した口腔バイオフィルム形成制御技術の開発 (研究課題/領域番号: 16K11554 )
  • 複数菌種を用いたオーラルプロバイオティクスの開発 (研究課題/領域番号: 25670886 )
  • オートインデューサーの分解を機作とした口腔バイオフィルム形成制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 25462962 )
  • 菌体外DNA・蛋白複合体を標的とした口腔バイオフィルム感染症の予防と治療法の開発 (研究課題/領域番号: 24592872 )
  • アドレノメデュリンの抗菌作用による口腔バイオフィルムの 形成抑制効果に関する研究 (研究課題/領域番号: 22592122 )
  • 難治性根尖性歯周炎と根尖孔外バイオフィルムに対する電磁・高周波の歯内療法への応用 (研究課題/領域番号: 21592423 )
  • 根面齲蝕の病態・病因の解析に基づく新しい診断法と治療法の開発 (研究課題/領域番号: 20592229 )
  • 象牙質齲蝕侵入細菌におけるクオラムセンシング機構の実態の解明 (研究課題/領域番号: 19592204 )
  • 歯周病によるアテローム性動脈硬化症の惹起・促進メカニズムの解明と原因因子の同定 (研究課題/領域番号: 18592263 )
  • 象牙細管侵入細菌の菌体内多糖合成に関する動的解析 (研究課題/領域番号: 17591993 )
  • 歯髄炎の病態形成におけるリンパ球浸潤機構と歯髄線維芽細胞の役割に関する研究 (研究課題/領域番号: 16591915 )
  • 齲蝕象牙質の細管侵入細菌におけるスクロース代謝の動的解析 (研究課題/領域番号: 15592021 )
  • カリオロジーに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発 (研究課題/領域番号: 14207081 )
  • 微小組織切片中の核酸を利用した露髄部の細菌種の同定および炎症歯髄の病態解析 (研究課題/領域番号: 13672000 )
  • 象牙細管内の環境をシミュレーションした露出歯根象牙質齲蝕の誘発モデルの確立 (研究課題/領域番号: 11671896 )
  • ヒト感染根管の最近侵襲の実態と根尖部における宿主・細菌の相互関係の解析 (研究課題/領域番号: 10470406 )
  • 歯根部象牙質齲蝕発症おける齲蝕原性細菌の動態の三次元的解析 (研究課題/領域番号: 09771621 )
  • In situにおける露出歯根象牙質で齲蝕誘発とその細菌学的および形態学的解析 (研究課題/領域番号: 08771700 )
  • 歯根部象牙質齲蝕の進行と防御に関する免疫組織学的研究 (研究課題/領域番号: 07771764 )
  • In vivoにおける歯根部齲蝕の誘発とその細菌学的ならびに形態学的解析 (研究課題/領域番号: 07672078 )
  • 非進行性の歯根部齲蝕の診断に関する細菌学的および形態学的研究 (研究課題/領域番号: 06771720 )
  • 歯周ポケットにおける歯周病関連細菌の局在性の検索とその組織破壊との関連性 (研究課題/領域番号: 04454472 )
  • 象牙質知覚過敏症における象牙細管の石灰化を阻害する物質の同定とその局在 (研究課題/領域番号: 03670894 )
  • 研究者番号(90214121)による検索