検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児歯科 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 発達育成系臨床歯学講座 > 小児歯科学 (小児歯科学講座) >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

障害者歯科学 (Disability and Oral Health), 小児歯科学 (Pediatric Dentistry)
神経解剖学 (Neuroanatomy)
神経解剖学 (Neuroanatomy)
神経科学 (Neuroscience)

研究テーマ

自閉症患者に対する視覚素材の有効性について (障害者歯科, 小児歯科)
三叉神経中のGABAの役割に関する研究,カプサイシンの作用に関する研究 (GABA (GABA), カプサイシン (capsaicin))
角膜に分布する神経の特性について (角膜, 感覚神経, カプサイシン, TRPチャネル)
TRPチャネルを用いた新規局所麻酔薬の開発 (TRPチャネル, 局所麻酔薬, カプサイシン (capsaicin), メンソール, QX-314)

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Kimiko Ueda Yamaguchi, Yuki Akazawa, Kawarabayashi Keita, Asuna Sugimoto, Hiroshi Nakagawa, miyazaki aya, Weih Falk, Kurogoushi Rika, Iwata Kokoro, Takamasa Kitamura, Yamada Aya, Tomokazu Hasegawa, Fukumoto Satoshi and Tsutomu Iwamoto :
Combination of ions promotes cell migration via extracellular signalregulated kinase 1/2 signaling pathway in human gingival fibroblasts.,
Molecular Medicine Reports, Vol.19, No.6, 5039-5045, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113289,   DOI: 10.3892/mmr.2019.10141,   PubMed: 31059063,   Elsevier: Scopus)
2. 上田(山口) 公子, 郡 由紀子, 中川 弘, 岩本 勉 :
自閉スペクトラム症児者の特性と歯科受診時の適応状態および唾液α-アミラーゼ活性値との関連について,
障害者歯科, Vol.37, No.4, 401-406, 2016年.
3. 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 岩本 勉 :
広汎性発達障害児者の歯科受診適応性評価の試み,
障害者歯科, Vol.37, No.2, 186-191, 2016年.
4. 山本 愛美, 中川 弘, 郡 由紀子, 北村 尚正, 杉本 明日菜, 岩本 勉 :
災害時要援護者である小児および障碍児・者を持つ保護者の防災意識に関する調査,
小児歯科学雑誌, Vol.53, No.3, 373-382, 2015年.
5. Yuki Akazawa, Tomokazu Hasegawa, Yoshitaka Yoshimura, Naoyuki Chosa, Takeyoshi Asakawa, Kimiko Ueda Yamaguchi, Asuna Sugimoto, Takamasa Kitamura, Hiroshi Nakagawa, Akira Ishisaki and Tsutomu Iwamoto :
Recruitment of mesenchymal stem cells by stromal cell-derived factor 1 in pulp cells from deciduous teeth,
International Journal of Molecular Medicine, Vol.36, 442-448, 2015.
(DOI: 10.3892/ijmm.2015.2247,   PubMed: 26082290,   Elsevier: Scopus)
6. Hiroshi Nakagawa and Akio Hiura :
QX-314 Induces Analgesia to Nociceptive Thermal Stimulus by Co-Application with Capsiate or Anandamide,
Austin Biomarkers & Diagnosis, Vol.1, No.1, 1-4, 2014.
7. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 高石 和美, 中川 弘, 富岡 重正, 郡 由紀子, 橋本 俊顕, 北畑 洋, 東 雅之 :
いわゆる病病連携による障害者歯科医療連携が奏功した集学的歯科治療について,
四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 35-40, 2014年.
8. Yukiko Kori, Kimiko Ueda Yamaguchi, Aimi Yamamoto, Hiroshi Nakagawa, Masami Yoshioka and Tsutomu Iwamoto :
Evaluation of dental treatment adaptability for patient with pervasive developmental disorder(PDD),
Journal of Disability and Oral Health, Vol.15, No.3, 73, 2014.
9. 長谷川 智一, 赤澤 友基, 永井 宏和, 北村 尚正, 石丸 直澄, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 郡 由紀子, 山本 愛美, 岩本 勉 :
幼児期の小児の口蓋に発生した血管腫の1例,
小児歯科学雑誌, Vol.52, No.3, 448-453, 2014年.
(DOI: 10.11411/jspd.52.3_448,   CiNii: 130005084435)
10. Hiroshi Nakagawa and Akio Hiura :
Comparison of the transport of QX-314 through TRPA1, TRPM8 and TRPV1 channels (Cited in "Current Neuropharmacology, 12/2013 11(6); Pharmacological Review, 2014 66(3)"),
Journal of Pain Research, Vol.6, 223-230, 2013.
(DOI: 10.2147/JPR.S41614,   PubMed: 23525210)
11. 山本 愛美, 中川 弘 :
自閉症患者へのブラッシング指導における視覚支援の効果と継続的支援による学習効果,
障害者歯科, Vol.34, No.1, 12-18, 2013年.
(CiNii: 10031156330)
12. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
Changes in response behaviors to noxious heat and mechanical stimuli after carrageenan-induced inflammation in mice treated with capsaicin 2 or 15 days after birth,
WebmedCentral NEUROSCIENCES, 1-13, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 104177,   CiNii: 120005037543)
13. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
Analysis of DNA extracted from the trigeminal ganglion cells after neonatal capsaicin treatment by agarose gel electrophoresis,
WebmedCentral TOXICOLOGY, Vol.3, No.9: WMC003708, 1-6, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 103612)
14. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
Innervation of TRPV1-, PGP-, and CGRP-immunoreactive nerve fibers in the subepithelial layer of the whole mount preparation of the rat cornea(Cited in "Survey of Opthalmology, 2014; Journal of Chemical Neuroanatomy, 01/2014"),
Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.89, No.2, 47-50, 2012.
(DOI: 10.2535/ofaj.89.47,   PubMed: 23117304)
15. Hiroshi Nakagawa, Akio Hiura, Masato Mitome and Kazunori Ishimura :
Nerve fibers that were not stained with the non-specific acetylcholinesterase (NsAchE) method, and TRPV1- and IB4-positive nerve fibers in the rat cornea.(Cited in "Journal of Chemical Neuroanatomy, 01/2014"),
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3,4, 157-165, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111323,   DOI: 10.2152/jmi.56.157,   PubMed: 19763029)
16. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
Induction of corneal lesion and nerve fiber sprouting by neonatal capsaicin application depends on the dose of the drug and survival time after treatment,
Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.82, No.2, 57-66, 2005.
(DOI: 10.2535/ofaj.82.57,   PubMed: 16212277,   Elsevier: Scopus)
17. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
Capsaicin-resistant, nonspecific acetylcholinesterase (NsAchE) reactive nerve fibers in the rat cornea: a quantitative and developmental study (Cited in "Investigative Ophtalmology & Visual Science, 52(5), 2010"),
Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.81, No.4, 75-84, 2004.
(PubMed: 15615030,   CiNii: 80017039070)
18. Hiroshi Nakagawa, Akio Hiura and YOSHIHIRO KUBO :
Preliminary Studies on GABA-immunoreactive Neurons in the Rat Trigeminal Ganglion (Cited in "Cephalagia, 26(1), 2006; Molecular Pain, 09/2009; Neurochemical Journal, 8(2), 2014"),
Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.80, No.1, 15-22, 2003.
(DOI: 10.2535/ofaj.80.15,   PubMed: 12858961,   Elsevier: Scopus)
19. 中川 弘, 松本 文博, 久保 吉廣 :
成人型異染性白質ジストロフィーの1同胞例の歯科治療経験,
日本障害者歯科学会雑誌, Vol.24, No.1, 14-18, 2003年.
(CiNii: 10010528664)
20. Akio Hiura, Yoshiko Nakae and Hiroshi Nakagawa :
Cell death of primary afferent nerve cells in neonatal mice treated with capsaicin (Cited in "European Journal of Pharmacology, 500(1-3), 2004; The book [Neurogenic Inflammation in Health and Disease] ed. by G. Jancso, Elsevier, 2009; Biomed Research International, 01/2014; 05/2014"),
Anatomical Science International, Vol.77, No.1, 47-50, 2002.
(DOI: 10.1046/j.0022-7722.2002.00004.x,   PubMed: 12418083,   Elsevier: Scopus)
21. 中川 弘, 樋浦 明夫, 久保 吉廣 :
新生仔期にカプサイシン投与したマウスの侵害熱刺激応答に対する抗NGFとNGFの影響,
日本薬理学雑誌, Vol.116, No.2, 93-100, 2000年.
22. 松本 文博, 中川 弘, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
徳島大学歯学部附属病院特殊歯科総合治療部顎口腔機能治療部門における顎関節症の実態調査,
四国歯学会雑誌, Vol.12, No.2, 227-283, 2000年.
23. Akio Hiura, Hiroshi Nakagawa, YOSHIHIRO KUBO, Yuichiro Koshigae, Ayumi Yoshizako and Hiroshi Ishizuka :
Age-related changes in the response to thermal noxious heat and reduction of C-fibers by neonatal treatment with capsaicin (Cited in "Journal of Physiology, 549(1), 2003; International Review of Neurobiology, 87, 2009"),
Somatosens Mot Res, Vol.16, No.2, 115-121, 1999.
24. 中川 弘, 松本 文博, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
特殊歯科総合治療部を受診した患者の実態調査,
四国歯学会雑誌, Vol.11, No.2, 245-252, 1999年.
25. 清水 謙, 笠井 啓次, 中川 弘, 天野 智子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 :
小手術時の心身の状態把握のための看護アセスメント,
小児歯科学雑誌, Vol.36, No.3, 446-452, 1998年.
26. 中川 弘, 石塚 寛, 樋浦 明夫 :
マウスの腰部後根神経節と後根内有髄神経の生後発達,
醫學と生物學, Vol.136, No.5, 129-134, 1998年.
27. 中川 弘, 原田 桂子, 鎌田 浩二, 宮本 幸子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 :
小児の歯科診療時の協力性に関する研究, --- 第5報 母親の不安度と小児の歯科治療に対する適応性との関連 ---,
小児歯科学雑誌, Vol.29, No.2, 325-329, 1991年.
28. 中川 弘, 原田 桂子, 鎌田 浩二, 宮本 幸子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 :
小児の歯科診療時の協力性に関する研究, --- 第4報 小児の歯科治療前および治療中の身体行動および情動反応と治療に対する適応性との関連 ---,
小児歯科学雑誌, Vol.28, No.4, 984-995, 1990年.
29. 佐々木 保行, 西野 瑞穗, 鈴木 敏昭, 有田 憲司, 高梨 一彦, 原田 桂子, 岡本 多恵, 中川 弘 :
小児の歯科診療における適応性の心理学的研究(第2報),
鳴門教育大学研究紀要(教育科学編), Vol.3, 105-116, 1988年.
30. 西野 瑞穗, 有田 憲司, 原田 桂子, 岡本 多恵, 中川 弘, グァダルーペ アルバラード ラリナガ, 佐々木 保行, 鈴木 敏昭 :
小児の歯科診療時の協力性に関する研究 第1報, --- 歯科受診時の小児の行動と情緒安定度 ---,
小児歯科学雑誌, Vol.25, No.1, 100-108, 1987年.
31. 原田 桂子, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 岡本 多恵, 中川 弘, 佐々木 保行, 鈴木 敏昭 :
小児の歯科診療時の協力性に関する研究, --- 第3報 小児の人格的要因と歯科受診時の行動との相関性 ---,
小児歯科学雑誌, Vol.25, No.4, 830-839, 1987年.

総説・解説:

1. 高石 和美, 藤原 茂樹, 江口 覚, 大塚 良, 赤澤 友基, 北村 尚正, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 可児 耕一, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 山村 佳子, 工藤 景子, 大江 剛, 玉谷 哲也, 宮本 洋二, 東 雅之, 岩本 勉, 北畑 洋 :
当院における全身麻酔下歯科治療について -障害をもつ方へ安全な歯科治療の提供-,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.1, 62-67, 2018年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111940,   DOI: 10.20738/johb.31.1_62,   CiNii: 130007402951)
2. Hiroshi Eguchi, Akio Hiura, Hiroshi Nakagawa, Kusaka Shunji and Shimomura Yoshikazu :
Corneal nerve fiber structure, its role in corneal function, and its changes in corneal diseases,
BioMed Research International, Vol.2017, 3242649, Nov. 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112390,   DOI: 10.1155/2017/3242649,   PubMed: 29238714,   Elsevier: Scopus)
3. Hiroshi Nakagawa :
Current Status of Care for Patients with Disabilities in Tokushima Prefecture and Future Perspectives,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.1, 40-44, Jun. 2017.
4. Hiroshi Nakagawa and Akio Hiura :
Four Possible Itching Pathways Related to the TRPV1 Channel, Histamine, PAR-2 and Serotonin (Cited in "Fundamental and Clinical Pharmacology, 02/2015"),
The Malaysian Journal of Medical Sciences : MJMS, Vol.20, No.4, 5-12, Aug. 2013.
(PubMed: 24043991,   Elsevier: Scopus)
5. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
Participation of Glias and Immune Cells in Neuropathic Pain,
WebmedCentral, Vol.3, No.9: WMC003728, 1-8, Sep. 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 103613,   DOI: 10.9754/journal.wmc.2012.003728)
6. 中川 弘, 樋浦 明夫 :
カプサイシンの作用とそのレセプター,TRPV1, 及びそれらと関連する小型一次知覚ニューロンの概観,
四国歯学会雑誌, Vol.25, No.1, 1-10, 2012年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 104975,   CiNii: 120005267180)
7. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
Roles of Glia, Immune Cells and the Thermo-TRP Channels, TRPV1, TRPA1 and TRPM8, in Pathological Pain,
The Open Neuroscience Journal, Vol.6, 10-26, Mar. 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 85867,   DOI: 10.2174/1874082001206010010,   CiNii: 120004059003,   Elsevier: Scopus)
8. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
An overview of the action of capsaicin and its receptor , TRPV1, and their relations to small primary sensory neurons (In the Hot-Topic of "Anti-inflammatory and anti-allergy functions of capsaicin in association with its actions on primary sensory neurons" eds. by A. Hiura & G. Jancso),
Anti-Inflammatory & Anti-Allergy Agents in Medicinal Chemistry, Vol.10, No.1, 2-9, Feb. 2011.
(DOI: 10.2174/187152311795325505,   Elsevier: Scopus)
9. 中川 弘, 樋浦 明夫 :
カプサイシンとTRP チャネル・サブファミリーおよびカプサイシン受容体 (TRPV1) と小型一次知覚ニューロンの特性とその相関関係,
四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 197-218, 2007年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 289)
10. Hiroshi Nakagawa and Akio Hiura :
Capsaicin, transient receptor potential (TRP) protein subfamilies and the particular relationship between capsaicin receptors and small primary sensory neurons (Cited in " Physiology & Behavior, 90(5), 2007; American Journal of Physiology, 295(5), 2008; Journal of Neurochemistry, 112(2), 2009; Pharmacology & Therapeutics, 112(2), 2010; Acta Physiologica (Oxford), 2011; Human Physiology, 2012; FEBS Letter, 586(8), 2012; PLoS ONE, 8 (3), 2013; Frontiers in Neuroendocrinology, 04/2014; Molecular Pain, 10(1), 2014"),
Anatomical Science International, Vol.81, No.3, 135-155, Sep. 2006.
(DOI: 10.1111/j.1447-073X.2006.00141.x,   PubMed: 16955665)

国際会議:

1. Yukiko Kori, Kimiko Ueda Yamaguchi, Aimi Yamamoto, Hiroshi Nakagawa, Masami Yoshioka and Tsutomu Iwamoto :
Evaluation of dental treatment adaptability for patient with pervasive developmental disorder(PDD),
22nd Congress of the International Association of Disability and Oral Health, Vol.15, No.3, 73, Berlin, Oct. 2014.
2. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
Paradoxical behaviors in response to nociceptive stimuli after inflammation in mice pretreated with capsaicin at neonate. 8th FENS FOrum of Neuroscience, Barcelona, July, 2012,
8th FENS Forum of Neuroscience, Barcelona, Jul. 2012.
3. Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa :
Innervation of VR1-IR nerve fibers in the rat cornea,
16th International Congress of the IFAA, 334, Kyoto, Aug. 2004.
4. Akio Hiura, Yoshiko Nakae and Hiroshi Nakagawa :
Mouse DRG cell death by neonatal capsaicin treatment is mainly necrosis rather than apoptosis.,
Abstract Bookelt of the 15th International Symposium on Morphological Sciences, 227, Kyoto, Sep. 2000.
5. Akio Hiura, Hiroshi Nakagawa and YOSHIHIRO KUBO :
Sprouting from remained primary afferent neurons in the mouse superficial dorsal horn after neonatal capsaicin treatment,
29th Annual Meeting of the Society for Neuroscience, Miami Beach (USA), Oct. 1999.
6. Akio Hiura, Hiroshi Nakagawa, Hiroshi Ishizuka and YOSHIHIRO KUBO :
Effect of anti-NFG on the responses to noxious heat in mice treated with capsaicin at neonate.,
28th Annuai Meeting of the Society for Neuroscience, 381, Los Angeles (USA), Nov. 1998.

国内講演発表:

1. 山村 佳子, 高石 和美, 中川 弘, 尼寺 理恵, 岩本 勉 :
当科におけるスペシャルニーズ患者の全身麻酔下歯科治療の臨床的検討,
第36回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2019年11月.
2. 杉本 明日菜, 宮嵜 彩, 河原林 啓太, 岩田 こころ, 黒厚子 璃佳, 赤澤 友基, 長谷川 智一, 上田(山口) 公子, 北村 尚正, 中川 弘, 岩本 勉 :
象牙芽細胞におけるピエゾ型イオンチャネル1(PIEZO1)の発現とその役割,
第37回日本小児歯科学会中四国地方会大会, 2018年11月.
3. 黒厚子 璃佳, 杉本 明日菜, 岩田 こころ, 宮嵜 彩, 河原林 啓太, 藤島 史帆, 赤澤 友基, 北村 尚正, 上田(山口) 公子, 尼寺 理恵, 長谷川 智一, 中川 弘, 岩本 勉 :
当科における5年間の障害児の初診時実態調査,
第37回日本小児歯科学会中四国地方会大会, 2018年11月.
4. 岩田 こころ, 杉本 明日菜, 黒厚子 璃佳, 河原林 啓太, 宮嵜 彩, 藤島 史帆, 北村 尚正, 赤澤 友基, 尼寺 理恵, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 長谷川 智一, 岩本 勉 :
当科における初診患者の実態調査~平成における30年間の変遷~,
第37回日本小児歯科学会中四国地方会大会, 2018年11月.
5. 中川 弘, 上田(山口) 公子, 北村 尚正, 宮嵜 彩, 岩本 勉 :
p-HPPHを分子標的とした新規口腔粘膜創傷治癒促進薬の開発ー歯肉線維芽細胞におけるp-HPPHによる細胞遊走の促進作用についてー,
障害者歯科, Vol.38, No.3, 288, 2017年10月.
6. 上田(山口) 公子, 赤澤 友基, 北村 尚正, 杉本 明日菜, 長谷川 智一, 中川 弘, 岩本 勉 :
ヒト歯肉線維芽細胞におけるS-PRGフィラー抽出液による細胞遊走の促進,
小児歯科学雑誌, Vol.54, No.1, 145, 2015年10月.
7. 上田(山口) 公子, 益富 由佳子, 尼寺 理恵, 北村 尚正, 山本 愛美, 赤澤 友基, 杉本 明日菜, 白石 真紀, 中川 弘, 長谷川 智一, 郡 由紀子, 岩本 勉 :
当科における小児の乳歯と永久歯の外傷の実態調査,
小児歯科学雑誌, Vol.53, No.2, 272, 2015年5月.
8. 山本 愛美, 中川 弘, 郡 由紀子, 北村 尚正, 杉本 明日菜, 岩本 勉 :
小児および障碍児・者への防災意識に関する研究,
小児歯科学雑誌, Vol.53, No.2, 330, 2015年5月.
9. 長谷川 智一, 赤澤 友基, 吉村 善隆, 帖佐 直幸, 浅川 剛吉, 杉本 明日菜, 北村 尚正, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 白石 真紀, 石崎 明, 岩本 勉 :
乳歯歯根膜由来細胞のSDF-1αを介した歯周組織恒常性に関わる細胞間相互作用,
小児歯科学雑誌, Vol.53, No.2, 222, 2015年.
10. 上田(山口) 公子, 郡 由紀子, 中川 弘, 山本 愛美, 尼寺 理恵, 真杉 幸江, 岩本 勉 :
広汎性発達障害児・者の歯科受診適応性と唾液アミラーゼ活性値を指標としたストレス評価,
障害者歯科, Vol.35, No.3, 504, 2014年10月.
11. 北村 尚正, 中川 弘, 杉本 明日菜, 赤澤 友基, 長谷川 智一, 岩本 勉 :
含歯性嚢胞の間葉系結合組織層が骨吸収に与える影響,
歯基礎誌抄録, 141, 2014年.
12. 中川 弘, 山本 愛美, 赤澤 友基, 北村 尚正, 長谷川 智一, 岩本 勉 :
p-HPPHを分子標的としたフェニトインによる歯肉増殖症に対する新規治療薬の開発,
障害者歯科, Vol.35, No.3, 478, 2014年.
13. 赤澤 友基, 長谷川 智一, 久保-藤原 百合, 北村 尚正, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 岩本 勉 :
当科にて長期的口腔内管理を行った伊藤白斑の1例,
小児歯科学雑誌, Vol.52, No.2, 354, 2014年.
14. 長谷川 智一, 赤澤 友基, 北村 尚正, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 岩本 勉 :
幼児期の小児の口蓋に発生した血管腫の1例,
小児歯科学雑誌, Vol.52, No.2, 355, 2014年.
15. 長谷川 智一, 赤澤 友基, 中川 弘, 上田 公子, 岩本 勉 :
乳歯歯髄細胞による細胞走化性因子の調節機構,
小児歯科学雑誌, Vol.52, No.1, 125-126, 2014年.
16. 上田(山口) 公子, 山本 愛美, 郡 由紀子, 中川 弘, 長谷川 智一, 岩本 勉 :
上顎中切歯の萌出遅延を起こした集合性歯牙腫の1症例,
第32回日本小児歯科学会中四国地方会大会, Vol.52, No.1, 180-181, 2013年11月.
17. 上田(山口) 公子, 郡 由紀子, 山本 愛美, 赤澤 友基, 北村 尚正, 中川 弘, 長谷川 智一, 岩本 勉 :
過剰歯摘出によって歯の位置異常が改善した症例についての検討,
第31回日本小児歯科学会北日本地方会大会, Vol.52, No.1, 122-123, 2013年10月.
18. 中川 弘, 山本 愛美, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 赤澤 友基, 北村 尚正, 長谷川 智一, 岩本 勉 :
歯科治療恐怖症患者に応用した心理検査結果の経時的変化について,
障害者歯科, Vol.34, No.3, 375, 2013年10月.
19. 山本 愛美, 有田 憲司, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 岩本 勉 :
当院小児摂食外来を受診した初診患児の実態調査,
第30回日本障害者歯科学会学術大会, 2013年10月.
20. 山本 愛美, 有田 憲司, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 岩本 勉 :
当院小児摂食外来を受診した初診患児の実態調査,
障害者歯科, Vol.34, No.3, 289, 2013年9月.
21. 中川 弘, 山本 愛美, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 赤澤 友基, 北村 尚正, 長谷川 智一, 岩本 勉 :
歯科治療恐怖症患者に応用した心理検査結果の経時的変化について,
障害者歯科, Vol.34, No.3, 375, 2013年9月.
22. 山本 愛美, 有田 憲司, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 岩本 勉 :
当院小児摂食外来を受診した初診患児の実態調査,
障害者歯科, Vol.34, No.3, 289, 2013年9月.
23. 上田 公子, 山本 愛美, 郡 由紀子, 中川 弘, 長谷川 智一, 岩本 勉 :
上顎中切歯の萌出遅延を起こした集合性歯牙腫の1症例,
小児歯科学雑誌, Vol.52, No.1, 180-181, 2013年.
24. 中川 弘, 山本 愛美, 郡 由紀子, 赤澤 友基, 北村 尚正, 長谷川 智一, 岩本 勉 :
歯科治療恐怖症患者に応用した心理検査結果の経時的変化について,
障害者歯科, Vol.34, No.3, 375, 2013年.
25. 尼寺 理恵, 郡 由紀子, 中川 弘, 山本 愛美 :
障害者施設での実習前後における学生の意識変化,
障害者歯科, Vol.33, No.3, 412, 2012年9月.
26. 中川 弘, 山本 愛美, 尼寺 理恵, 郡 由紀子 :
TRPチャネルを用いた新しい局所麻酔薬の開発 -TRPV1チャネルとTRPA1チャネルの比較ー,
障害者歯科, Vol.32, No.3, 230, 2011年11月.
27. 山本 愛美, 中川 弘, 三留 雅人 :
自閉症患者へのブラッシング指導における継続的な視覚支援による学習効果,
小児歯科学雑誌, Vol.48, No.5, 634, 2010年11月.
28. 西野 瑞穗, 粟飯原 靖司, 有田 憲司, 原田 桂子, 加藤 邦子, 岡本 多恵, 西田 文彦, 中川 弘, 金城 聡子, 田村 由紀, 菊地 賢司, グァダルーペ アルバラード ラリナガ :
貼付型表面麻酔剤の考案とその使用成績,
歯界展望(臨時増刊), Vol.71, No.3, 818, 1988年2月.

その他・研究会:

1. 樋浦 明夫, 中川 弘 :
QX-314 はカプシエイトまたはアナンドアミドとの併用投与で侵害熱刺激を抑制する,
平成24年度生理学研究所研究会「痛み研究の新たな展開」(岡崎), 2012年12月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • p-HPPHを分子標的とした新規創傷治癒促進薬の開発 (研究課題/領域番号: 16K11805 )
  • TRPA1チャネル阻害剤を応用した薬物性歯肉増殖症の治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 25463180 )
  • 広汎性発達障害児者の歯科受診における効果的な行動調整支援プログラムの開発 (研究課題/領域番号: 24653296 )
  • 新規歯科用局所麻酔薬の開発と無針注射器(シリジェット)への応用について (研究課題/領域番号: 22592289 )
  • 顎補綴患者の発音・嚥下機能回復に対する評価法の確立 (研究課題/領域番号: 15592054 )
  • 発音・嚥下機能回復が確実にできる補綴装置製作法 (研究課題/領域番号: 12671890 )
  • 研究者番号(70192218)による検索