検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 自然科学系 > 化学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 応用理数コース > 化学講座 >
徳島大学 > 創成科学研究科 > 理工学専攻 > 自然科学コース(創成科学研究科) > 化学講座(創成科学研究科) >
徳島大学 > 総合科学教育部 > 地域科学専攻 > 基盤科学分野 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804030 研究創発を活性化する有機化合物ライブラリーの構築 >
徳島大学 > 総合科学部 > 総合理数学科 > 物質総合コース >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

有機化学 (Organic Chemistry)

研究テーマ

新規有機合成手法の開発, 新有機反応の開発 (有機反応, 有機化学, 新規反応) (安価で安全な原料と反応試剤を用いて,高付加価値な物質を,簡便で高選択的な新しい有機合成手法の開発を行っている. また,最近全く新しい着眼の下進行する反応の開発も行っている.)

著書・論文

著書:

1. Norikazu Miyoshi :
Science of Synthesis; Houben-Weyl 7, --- Product Class 8; Strontium Compounds ---,
Georg Thieme Verlag, Stuttgart (Germany), Jul. 2004.

学術論文(審査論文):

1. Masaharu Ueno, Norikazu Miyoshi, Hanada Kentaro and Kobayashi Shu :
Three-component, one-pot tandem Sonogashira/Suzuki-Miyaura coupling reactions for the synthesis of a library of ceramide-transport protein inhibitors that were designed in silico,
Asian Journal of Organic Chemistry, Vol.9, No.2, 267-273, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115072,   DOI: 10.1002/ajoc.201900689)
2. Satoshi D. Ohmura, Toshikazu Hirao, Norikazu Miyoshi and Toshiyuki Moriuchi :
Cocrystal Structure of the Redox-active Phenylenediamine and Quinonediimine Derivatives,
X-ray Structure Analysis Online, Vol.35, No.11, 63-65, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113986,   DOI: 10.2116/xraystruct.35.63,   Elsevier: Scopus)
3. Satoshi D. Ohmura, Keisuke Yamana, Masaharu Ueno and Norikazu Miyoshi :
Methoxycarbonyl Group as a Conformational Regulator for the Benzene Ring of Triphenylamines,
ChemistrySelect, Vol.4, No.13, 3799-3802, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113987,   DOI: 10.1002/slct.201900076)
4. Masaharu Ueno, Satoshi D. Ohmura, Makoto Wada and Norikazu Miyoshi :
Aerobic oxidation of alcohols using bismuth bromide as a catalyst,
Tetrahedron Letters, Vol.60, No.7, 570-573, 2019.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2019.01.034)
5. Masaharu Ueno, Kusaka Ryo, Satoshi D. Ohmura and Norikazu Miyoshi :
Environmentally Benign Ritter Reaction Using Bismuth Salt as a Catalyst,
European Journal of Organic Chemistry, Vol.2019, No.8, 1796-1800, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113060,   DOI: 10.1002/ejoc.201801882)
6. Satoshi D. Ohmura, Masaharu Ueno and Norikazu Miyoshi :
Strontium-mediated selective protonation of unsaturated linkage of aromatic hydrocarbons and these derivatives,
Tetrahedron Letters, Vol.59, No.23, 2268-2271, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113988,   DOI: 10.1016/j.tetlet.2018.04.074)
7. Keisuke Oyama, Norikazu Miyoshi and Yasuo Oyama :
Cytometric analysis on cytotoxicity of 4,4 -methylenediphenyl diisocyanate, a chemical allergen, in rat thymocytes,
Fundamental Toxicological Sciences, Vol.4, No.4, 173-178, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111202,   DOI: 10.2131/fts.4.173)
8. Satoshi D. Ohmura, Yasuaki Miyazaki, Daisuke Kanehiro, Yuka Yamaguchi, Saki Kitakata, Sawa Tateda, Takahiro Nishizawa, Ryosuke Shimoda, Gen Nagaoka, Masaharu Ueno and Norikazu Miyoshi :
Superior Alkylating Agents for Bulky Esters/Ketones via Strontium-Mediated Barbier-Type Reaction,
Asian Journal of Organic Chemistry, Vol.6, No.7, 821-824, 2017.
(DOI: 10.1002/ajoc.201700209,   Elsevier: Scopus)
9. Satoshi D. Ohmura, Choki MUROI, Hajime SAKATA, Makoto Wada and Norikazu Miyoshi :
Depolymerization of Waste PET with Phosphoric Acid-Modified Silica Gel Under Microwave Irradiation,
Journal of Polymers and the Environment, Vol.25, No.2, 250-257, 2016.
(DOI: 10.1007/s10924-016-0802-7)
10. Yusuke Takahashi, Kaori Kanemaru, Shoji Imai, Norikazu Miyoshi, Takuya Kawanai and Yasuo Oyama :
Yttrium decreases the intracellular Zn2+ concentration in rat thymocytes by attenuating a temperature-sensitive Zn2+ influx,
Environmental Toxicology and Pharmacology, Vol.34, No.2, 574-578, 2012.
(DOI: 10.1016/j.etap.2012.07.002,   PubMed: 22854244,   Elsevier: Scopus)
11. Takuya Kawanai, Masahiro Fujinaga, Kazuki Koizumi, Isao Kurotani, Erika Hashimoto, Masaya Satoh, Shoji Imai, Norikazu Miyoshi and Yasuo Oyama :
Some characteristics of membrane Cd2+ transport in rat thymocytes: An analysis using Fluo-3,
Biometals, Vol.24, No.5, 903-914, 2011.
(DOI: 10.1007/s10534-011-9444-3,   PubMed: 21455662,   Elsevier: Scopus)
12. 山本 孝, 菊池 淳, 岡田 咲紀, 山下 和秀, 佐田 知沙, 今井 昭二, 三好 德和, 和田 眞 :
スチレン類二量化に有効な鉄シリカ触媒のXAFS法による構造解析,
X線分析の進歩, Vol.42, 237-248, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111220,   CiNii: 40018795857)
13. 三好 德和, 菊池 淳, 和田 眞 :
金属ストロンチウムを用いる新しい合成手法の開発,
有機合成化学協会誌, Vol.67, No.12, 1274-1281, 2009年.
(DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.67.1274,   CiNii: 10026867321)
14. Hisao Nemoto, Tomoyuki Kawamura and Norikazu Miyoshi :
A Highly Efficient Carbon-Carbon Bond Formation Reaction via Nucleophilic Addition to N-Alkylaldimines without Acids or Metallic Species,
Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.42, 14546-14547, 2005.
(DOI: 10.1021/ja054010h,   PubMed: 16231887)
15. Hisao Nemoto, Tmoaki Kawano, Nobuo Ueji, Nobutaka Sakamoto, Takaaki Araki, Norikazu Miyoshi, Ichiro Suzuki and Masayuki Shibuya :
Synthesis of a water-soluble molecular tweezer and a recognition study in an aqueous media,
Tetrahedron Letters, Vol.46, No.4, 551-553, 2005.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2004.12.002)
16. Kyoko Iwase, Tomoko Tatsuishi, Yumiko Nishimura, Jun-ya Yamaguchi, Yasuo Oyama, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada :
Cytometric analysis on adverse action of diphenyl ditellurde on rat thymocytes: Cell shrinkage as cytotoxic parameter,
Environmental Toxicology, Vol.19, No.6, 614-619, 2004.
(DOI: 10.1002/tox.20070,   PubMed: 15526268)
17. Keith Smith, Sandra Lock, Gamal A El-Hiti, Makoto Wada and Norikazu Miyoshi :
A convenient procedure for bismuth-mediated Barbier-type allylation of aldehydes in water containing fluoride ions.,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.2, No.6, 935-938, 2004.
(DOI: 10.1039/b400179f,   PubMed: 15007425)
18. Hisao Nemoto, Hiroe Tsutsumi, Satomi Yuzawa, Xian Peng, Weihui Zhong, Jun Xie, Norikazu Miyoshi, Ichiro Suzuki and Masayuki Shibuya :
Highly efficient chiral resolution and determination of absolute configuration of 2-alkanols by using a cyclopenta[b]furan derivative.,
Tetrahedron Letters, Vol.45, No.8, 1667-1670, 2004.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2003.12.104,   CiNii: 80016416174)
19. Norikazu Miyoshi, Koji Kamiura, Hiromi Oka, Akiko Kita, Rika Kuwata, Daitetsu Ikehara and Makoto Wada :
The Barbier-type alkylation of aldehydes with alkyl halides in the presence of metallic strontium.,
Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.77, No.2, 341-345, 2004.
(DOI: 10.1246/bcsj.77.341,   CiNii: 10012095036)
20. Norikazu Miyoshi, Mami Nishio, Shun-suke Murakami, Tomohiro Fukuma and Makoto Wada :
4) A Convenient One Pot Allylation of Aldehydes with Allylic Halides Prepared in situ from Allylic Alcohols in the Presence of Metallic Bismuth,
Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.78, 689-692, 2000.
21. Yasuo Oyama, Mami Nakata, Mineshi Sakamoto, Lumi Chikahisa, Norikazu Miyoshi and Masaya Satoh :
Methylmercury toxicity in rat brain neurons: modificatons by compounds possessing SH-group and comparison with dimethylmercury, N-ethylmaleimide, and ionomycin,
Environmental Toxicology and Pharmacology, Vol.6, 221-227, 1998.
22. Lumi Chikahisa, Yasuo Oyama, Yoko Iguchi, Eisuke Okazaki, Norikazu Miyoshi, Masaya Satoh and Yuji Yamada :
Effects of triphenyltin on growth and viability of K562 leukemia cells,
Environmental Toxicology and Pharmacology, Vol.6, 209-215, 1998.
23. Makoto Wada, Munekazu Honna, Yoshihiro Kuramoto and Norikazu Miyoshi :
A Grignard-Type Addition of an Allyl Unit to Carbonyl Compounds Containing a Carboxyl Group by Using BiCl3-Zn(0)-Allyl Bromide.,
Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.70, No.9, 2265-2267, 1997.
24. Makoto Wada, Toshikazu Takahashi, Terutomo Domae, Tomohiro Fukuma, Norikazu Miyoshi and Keith Smith :
Asymmetric trimethylsilylcyanation of aldehydes utilizing chiral bismuth compounds. A frontier in bismuth mediated synthetic reactions.,
Tetrahedron: Asymmetry, Vol.8, No.23, 3939-3946, 1997.
25. Norikazu Miyoshi, Seiji Takeuchi and Yoshiaki Ohgo :
Regioselective allylation of ketenes promoted by SmI2.,
Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.67, No.2, 445-451, 1994.
26. Seji Takeuchi, Akiko Ohira, Norikazu Miyoshi, Hajime Mashio and Yoshiaki Ohgo :
Enantioselective protonation of samarium enolates by a C2-symmetric chiral diol.,
Tetrahedron: Asymmetry, Vol.5, No.9, 1763-1780, 1994.
27. Seiji Takeuchi, Norikazu Miyoshi, Kenji Hirata, Haruyoshi Hayashida and Yoshiaki Ohgo :
Asymmetric synthesis of benzoin by samarium diiodide-mediated enantioselective protonation.,
Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.65, No.7, 2001-2003, 1992.
28. Seiji Takeuchi, Yoshiaki Ohgo, Norikazu Miyoshi, Gi Chung Shin and Yasuchika Yonezawa :
Asymmetric reactions. XVI. Asymmetric synthesis of a piperazine alkaloid.,
Heterocycles, Vol.31, No.11, 2073-2708, 1990.

学術論文(紀要・その他):

1. Yoshihiko Okada, Yasuo Oyama, Toshiko Ueha-Ishibashi, Kaori Kanemaru, Norihiko Akaike, Norikazu Miyoshi and Masaya Satoh :
Cytotoxic action of tri-n-butyltin hydride, a nucleaphilic triorganotin, on rat thymocytes: a flow cytometric study,
Natural Science Research, Vol.14, 21-34, 2001.
2. Yuko Yamazaki, Mami Nakata, Noriko Kajita, Megumi Funai, Sachi Noguchi, Yasuo Oyama, Norikazu Miyoshi and Masaya Satoh :
Effects of organic and inorganic mercuries on growth and viability of K562 human leukemia cells,
Natural Science Research, Vol.12, 15-26, 1999.

学術レター:

1. Norikazu Miyoshi, Asaoka Masashi, Miyazaki Yasuaki, Tajima Takahiro, Makoto Kikuchi and Makoto Wada :
The Convenient and Useful Esterification of Bulky Tertiary Alcohols Using Strontium Compounds,
Chemistry Letters, Vol.2012, No.41, 35-36, 2012.
(DOI: 10.1246/cl.2012.35,   CiNii: 10030222214)
2. Norikazu Miyoshi, Tadashi Kohno, Makoto Wada, S. Matsunaga, I. Mizota and Makoto Shimizu :
Reductive Self-coupling Reaction of Imines and Aldehydes Induced by Strontium Metal,
Chemistry Letters, Vol.38, No.10, 984-985, 2009.
(DOI: 10.1246/cl.2009.984,   CiNii: 10025547236)
3. Norikazu Miyoshi, Tsuyoshi Matsuo, Mariko Mori, Aki Matsui, Makoto Kikuchi, Makoto Wada and Masahiko Hayashi :
A New Synthetic Method for Para Alkylation of Benzoic Acids Using Metallic Strontium and Alkyl Iodide,
Chemistry Letters, Vol.38, No.10, 996-997, 2009.
(DOI: 10.1246/cl.2009.996,   CiNii: 10025547384)
4. Norikazu Miyoshi, Tsuyoshi Matsuo, Asaoka Masashi, Matsui Aki and Makoto Wada :
A New Synthetic Method for Methyl Ketones from Carboxylic Acids Using Metallic Strontium and Methyl Iodide,
Chemistry Letters, Vol.36, No.1, 28-29, 2007.
(DOI: 10.1246/cl.2007.28,   CiNii: 10018662532)
5. Norikazu Miyoshi, Tsuyoshi Matsuo and Makoto Wada :
The Chemistry of Alkylstrontium Halide Analogue Part 2: Barbier-Type Dialkylation of Esters with Alkyl Halides,
European Journal of Organic Chemistry, Vol.2005, No.20, 4253-4255, 2005.
(DOI: 10.1002/ejoc.200500484)
6. Norikazu Miyoshi, Ikehara Daitetsu, Kohno Tadashi, Matsui Aki and Makoto Wada :
The Chemistry of Alkylstrontium Halide Analogues: Barbier-type Alkylation of Imines with Alkyl Halides,
Chemistry Letters, Vol.34, No.6, 760-761, 2005.
(DOI: 10.1246/cl.2005.760,   CiNii: 10015663031)
7. Sandra Jacqueline Lock, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada :
Solvent-free Imino-Aldol Three-component Couplings on a Conveniently-prepared and Reusable Phosphoric Acid-Silica Gel Support,
Chemistry Letters, Vol.33, No.10, 1308-1309, 2004.
(DOI: 10.1246/cl.2004.1308,   CiNii: 10013658398)
8. Tomohiro Fukuma, Sandra Lock, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada :
Water Accelerated Allylation of Aldehydes by Using Water Tolerant Grignard-Type Allylating Agents from Allylmagnesium Chloride and Various Metallic Salts,
Chemistry Letters, Vol.2002, No.3, 376-377, 2002.
(CiNii: 10009621825,   Elsevier: Scopus)
9. Ryouich Hiroi, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada :
Organic Solvent-Free One-Pot Reduction of Imines Generated in situ from Aldehydes and Aniline by Tributyltin Hydride on Silica Gel,
Chemistry Letters, Vol.2002, 274-275, 2002.
10. Makoto Wada, Sonoe Nagayama, Kaori Mizutani, Ryouichi Hiroi and Norikazu Miyoshi :
Bismuth Trichloride Catalyzed Efficient Reductive Etherification of Carbonyl Compounds with Alcohols: A Novel Method for Preparation of Symmetrical and Unsymmetrical Ethers,
Chemistry Letters, Vol.2002, 248-249, 2002.
(Elsevier: Scopus)
11. Makoto Wada, Tomohiro Fukuma, Mika Morioka, Toshikazu Tkahashi and Norikazu Miyoshi :
A novel aqueous Barbier-Grignard-type allylation of aldehydes in a Mg/BiCl3 bimetallic system.,
Tetrahedron Letters, Vol.70, No.9, 2265-2267, 1997.
12. Norikazu Miyoshi, Tomohiro Fukuma and Makoto Wada :
The cross-coupling reaction of aldehydes with -diketones by the use of bismuth trichloride and metallic zinc.,
Chemistry Letters, Vol.1995, No.11, 999-1000, 1995.
13. Norikazu Miyoshi, Seiji Takeuchi and Yoshiaki Ohgo :
The SmI2 mediated cross-coupling reaction of aldehydes with a-diketones in their aqueous forms.,
Chemistry Letters, Vol.1993, No.12, 2129-2132, 1993.
14. Norikazu Miyoshi, Seiji Takeuchi and Yoshiaki Ohgo :
A facile synthesis of 2,3-dihydroxy ketones from 1,2-diketones and aldehydes using samarium diiodide.,
Chemistry Letters, Vol.1993, No.6, 959-962, 1993.
15. Seiji Takeuchi, Norikazu Miyoshi and Yoshiaki Ohgo :
Asymmetric synthesis of ketones by samarium diiodide-mediated allylation or benzylation of ketenes followed by enantioselective protonation.,
Chemistry Letters, Vol.1992, No.2, 551-554, 1992.
16. Koichi Narasaka, Norikazu Miyoshi, Kazunori Iwakura and Tatsuo Okauchi :
The addition reaction of -keto carboxylic acids to olefinic compounds by the use of Mn(III) tris(2-pyridinecarboxylate) as an oxidant.,
Chemistry Letters, Vol.1989, No.12, 2169-2172, 1989.
17. Koichi Narasaka, Fumihiko Kanai, Makoto Okudo and Norikazu Miyoshi :
Kinetic resolution of -arylcarboxylic acid derivatives by a catalytic use of a chiral titanium alkoxide.,
Chemistry Letters, Vol.1989, No.7, 1187-1190, 1989.
18. Teruaki Mukaiyama, Masahiro Ohshima and Norikazu Miyoshi :
An efficient and convenient method for the asymmetric allylation of aldehydes with allyltrimethylsilane catalyzed by diphenylboryl triflate.,
Chemistry Letters, Vol.1987, No.6, 1124-1127, 1987.
19. Masahiro Ohshima, Norikazu Miyoshi and Teruaki Mukaiyama :
An efficient method for the kinetic resolution of cyclic dl-dicarboxylic anhydrides catalyzed by diphenylboryl triflate.,
Chemistry Letters, Vol.1987, No.6, 1233-1236, 1987.
20. Teruaki Mukaiyama, Norikazu Miyoshi, Jun-ichi Kato and Masahiro Ohshima :
A facile method for the oxidation of aldehydes to carboxylic acids via acetal-type diperoxides.,
Chemistry Letters, Vol.1986, No.8, 1385-1388, 1986.
21. Teruaki Mukaiyama, Jun-ichi Kato, Norikazu Miyoshi and Nobuharu Iwasawa :
A novel and useful method for the preparation of methyl esters from dimethyl acetals.,
Chemistry Letters, Vol.1985, No.8, 1255-1258, 1985.

総説・解説:

1. 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いる新しい合成手法の開発,
化学工業, Vol.61, No.9, 35-38, 2010年9月.
2. 三好 德和, 和田 眞 :
金属ストロンチウムを用いるBarbier型アルキル化反応の開発, --- 簡便な第3級アルコール製造法 ---,
ファインケミカル, Vol.36, No.9, 28-36, 2007年8月.
(CiNii: 40015612999)
3. 三好 德和, 池原 大哲, 松尾 強, 幸野 正志, 松井 亜希, 和田 眞 :
金属ストロンチウムを用いるBarbier型アルキル化反応の開発,
有機合成化学協会誌, Vol.64, No.8, 845-852, 2006年8月.
(DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.64.845,   CiNii: 10017652355,   Elsevier: Scopus)
4. 和田 眞, 三好 德和 :
ビスマスやスズ化合物を用いる有機合成―含水溶媒中や水中での有機合成反応を中心にして―,
有機合成化学協会誌, Vol.57, No.8, 689-697, 1999年8月.

国際会議:

1. Norikazu Miyoshi, Yasuaki Miyazaki, Daisuke Kanehiro, Yuka Yamaguchi, Satoshi D. Ohmura and Makoto Wada :
The Convenient and Useful Sr-mediated Superior Alkylating Agents for Esters or Bulky Ketones,
Meeting Abstract of XXVI Interernational Conference on Organometallic Chemistry, Jul. 2014.
2. Norikazu Miyoshi, Tsuyoshi Matsu, Masashi Asaoka, Mariko Mori, Aki Matsui and Makoto Wada :
Strontium-Mediated Alkylation of Carboxylic Acids and Salts,
OMCOS14, P486, Nara, Aug. 2007.
3. Norikazu Miyoshi, Daitetsu Ikehara, Tadashi Kouno, Tsuyoshi Matsuo, Aki Matsui and Makoto Wada :
The Chemistry of Alkylstrontium Halide Analogues: Barbier-Type Alkylation of Carboxylic Derivatives,
OMCOS13, P310, Geneva, Jul. 2005.
4. Norikazu Miyoshi :
The Chemistry of Alkylstrontium Halide Analogues: The Barbier-Tpye Alkylation of Carbonyl Compounds,
Proceeding of Choshu-London Memorial Symposium in Organic Chemistry, 1-7, Yamaguchi, Mar. 2005.
5. Norikazu Miyoshi, Daitetsu Ikehara, Tadashi Kouno, Tsuyoshi Matsuo and Makoto Wada :
Chemistry of Alkylstrontium Halide Analogues: The Barbier-Type Alkylation of Carbonyl Compounds,
International Symposium on Chemicals and Pharmaceuticals, Vol.2004, 17-18, Guangzhou, Dec. 2004.
6. Norikazu Miyoshi, Daitetsu Ikehara, Tadashi Kouno, Tsuyoshi Matsuo and Makoto Wada :
Alkylation of Aldehydes and Imines Using Metallic Strontium and Alkyl Iodides,
International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2004, Vol.2004, P-20, Hong Kong, Dec. 2004.

国内講演発表:

1. 三好 德和, 宮崎 泰彰, 山口 祐佳, 北方 咲, 久保 誠輝, 菊池 淳, 和田 眞 :
ストロンチウムを用いる嵩高いアルコールと嵩高いシリルクロリドからの簡便なエーテル合成手法の開発,
第60回有機金属討論会, P1B-01,
2. 藤田 真美, 西澤 高宏, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
ストロンチウムーメタラサイクル中間体を用いた機能性含ケイ素化合物の簡便な合成手法の開発及びその置換基効果による物性評価,
日本化学会第100春季年会, 東京理科大学(千葉), 公演番号3H8-49, 2020年3月.
3. 上野 雅晴, 小畠 美穂, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
ワンポットタンデムカップリング反応を用いた Riccardin Cの全合成研究,
日本化学会第100春季年会, 東京理科大学(千葉), 公演番号3B5-10, 2020年3月.
4. 上野 雅晴, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
スチルバゾール類の光異性化/環化反応制御に関する研究,
日本化学会第100春季年会, 東京理科大学(千葉), 公演番号1C4-46, 2020年3月.
5. 大村 D. 聡, 野田 大雅, 上野 雅晴, 三好 德和 :
ベンゼン環上がアルキル置換されたN-アリールカルバゾール誘導体の発光特性,
日本化学会第100春季年会, 東京理科大学(千葉), 公演番号1C3-57, 2020年3月.
6. 野田 大雅, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
N-アリールカルバゾール誘導体へのアルキル基の導入による立体効果に基づく発光特性変化の検討,
2019年度第3回 日本プロセス化学会東四国地区フォーラムセミナー, 2020年1月.
7. 中村 滉諒, 高橋 春香, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
多置換イソベンゾフラノン合成を指向した金属ストロンチウムを用いるアセチレン骨格を二つ以上持つ化合物の合成手法の検討,
2019年度第3回 日本プロセス化学会東四国地区フォーラムセミナー, 2020年1月.
8. 野田 大雅, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
N-アリールカルバゾール誘導体におけるアルキル基の導入による立体効果に基づく発光特性の検討,
2019年日本化学会中国四国支部大会, 徳島大学(徳島), 講演番号1P-029, 2019年11月.
9. 中村 滉諒, 高橋 春香, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
多置換イソベンゾフラノン合成を指向した金属ストロンチウムを用いるアセチレン骨格を二つ持つ化合物の合成手法の検討,
2019年日本化学会中国四国支部大会, 徳島大学(徳島), 講演番号1P-026, 2019年11月.
10. 藤田 真美, 西澤 高宏, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
ストロンチウム-メタラサイクル中間体を用いた機能性ケイ素化合物を指向した簡便な合成手法の開発,
2019年日本化学会中国四国支部大会, 徳島大学(徳島), 講演番号1F-07, 2019年11月.
11. 平田 和也, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いる含窒素ディスク状分子へのアルキル置換基導入の検討,
日本化学会第99春季年会, 甲南大学(兵庫), 講演番号3PC-057, 2019年3月.
12. 大村 D. 聡, 木村 将大, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを電子源とする芳香族カルボニル/アミド官能基変換反応の検討,
日本化学会第99春季年会, 甲南大学(兵庫), 講演番号3PC-056, 2019年3月.
13. 日下 亮, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 :
ビスマス化合物を触媒とする環境調和型有機合成反応の開発,
日本化学会第99春季年会, 甲南大学(兵庫), 講演番号3PC-027, 2019年3月.
14. 上野 雅晴, 奥村 眞優, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
スチルバゾール類の一方的な光異性化反応の研究,
日本化学会第99春季年会, 甲南大学(兵庫), 講演番号1B4-42, 2019年3月.
15. 日下 亮, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 :
有機ビスマスを含む協奏機能触媒を用いた新規カップリング反応の研究,
2018年日本化学会中国四国支部大会,愛媛大学城北キャンパス(愛媛),講演番号2G-08, 2018年11月.
16. 石井 悠佑, 西澤 高宏, 立田 彩和, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いる嵩高い含窒素化合物の合成手法の開発,
2018年日本化学会中国四国支部大会,愛媛大学城北キャンパス(愛媛),講演番号2G-07, 2018年11月.
17. 木村 将大, 久保 誠輝, 西澤 高宏, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるラジカル種の生成とその応用,
2018年日本化学会中国四国支部大会,愛媛大学城北キャンパス(愛媛),講演番号1P-030, 2018年11月.
18. 三好 德和, 西澤 高宏, 北方 咲, 大村 D. 聡, 上野 雅晴 :
ストロンチウム-メタラサイクル中間体の構造推定とその反応性に関する研究,
第29回基礎有機化学討論会, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京),講演番号3C08, 2018年9月.
19. 大村 D. 聡, 木村 将大, 久保 誠輝, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを反応剤として用いる選択的官能基変換,
第29回基礎有機化学討論会,東京工業大学大岡山キャンパス(東京),講演番号1P106, 2018年9月.
20. 木村 将大, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるアミド化合物へのアルキル化反応の 応用と発展,
日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号4H2-03, 2018年3月.
21. 谷 和紀, 林 俊輝, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
水中でのワンポット薗頭-鈴木タンデムカップリング反応の開発,
日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号2PC-122, 2018年3月.
22. 藤田 真美, 宮崎 泰彰, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いる Peterson 反応を利用したオレフィン 類の新しい合成手法の開発,
日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号2PC-098, 2018年3月.
23. 石井 悠佑, 立田 彩和, 西澤 高宏, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いる含有窒素化合物に対するアルキル化 反応とその応用,
日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号2PC-097, 2018年3月.
24. 日下 亮, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 :
協奏機能型ビスマス触媒を用いた新規カップリング反応の研究,
日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部(千葉), 講演番号2H2-08, 2018年3月.
25. 藤田 真美, 宮崎 泰彰, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いたアリルシランの新規合成法,
2017年日本化学会中国四国支部大会,鳥取産業体育館(鳥取),講演番号 OR54P, 2017年11月.
26. 谷 和紀, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 :
薗頭-鈴木タンデムカップリング反応による水溶媒中でのワンポット多成分連結法の開発,
2017年日本化学会中国四国支部大会,鳥取産業体育館(鳥取),講演番号 OR44P, 2017年11月.
27. 木村 将大, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
Metallic Strontium-Mediated Monoalkylation of N,N-Dimethylamides,
第64回有機金属化学討論会, 東北大学川内キャンパス(宮城), 講演番号P3-02, 2017年9月.
28. 西澤 高宏, 北方 咲, 立田 彩和, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
Preparation of Metallacycle Intermediates Using Metallic Strontium and Its Application for New Reaction,
第64回有機金属化学討論会, 東北大学川内キャンパス(宮城), 講演番号 P3-01, 2017年9月.
29. 下田 亮介, 宮崎 恭彰, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
ストロンチウムアルコキシドを用いる新規合成手法の開発,
第28回基礎有機化学討論会, 九州大学伊都キャンパス(福岡), 講演番号 2P107, 2017年9月.
30. 大村 D. 聡, 長岡 玄, 山名 啓介, 上野 雅晴, 三好 德和 :
アルキル置換基導入に基づくトリアリールアミン誘導体の発光特性制御,
第28回基礎有機化学討論会, 九州大学伊都キャンパス(福岡), 講演番号 2P085, 2017年9月.
31. 下田 亮介, 阿比留 保奈美, 小松 翔, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
ストロンチウムアルコキシドを用いる新規合成手法の開発,
日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 4D4-02, 2017年3月.
32. 西澤 高宏, 北方 咲, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるメタラサイクル中間体の調製とそれを用いる新たな反応の開発,
日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 4D4-01, 2017年3月.
33. 日下 亮, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 :
ビスマス塩を環境調和型触媒として用いるRitter反応の開発,
日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 2E5-39, 2017年3月.
34. 上野 雅晴, 喜多 亜希子, 室井 超帰, 大村 D. 聡, 和田 眞, 三好 德和 :
ビスマス塩を触媒として用いた簡便かつ多様な酸化反応の開発,
日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 2E5-38, 2017年3月.
35. 長岡 玄, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
発光特性を有するトリアリールアミン誘導体の合成とストロンチウム試剤を用いた置換基効果の検討,
日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 2PC-060, 2017年3月.
36. 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるアミド化合物の還元反応,
日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 1PB-111, 2017年3月.
37. 木村 将大, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるアミド化合物のモノアルキル化反応,
日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川),講演番号 1PB-110, 2017年3月.
38. 上野 雅晴, 喜多 亜希子, 室井 超帰, 大村 D. 聡, 和田 眞, 三好 德和 :
ビスマス塩を触媒として用いるアルコール類の空気酸化反応およびアルデヒドの酸化的エステル化反応の開発,
第49回酸化反応討論会, 講演番号 1O-05, 2016年11月.
39. 日下 亮, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 :
ビスマス塩を触媒として用いるRitter反応の開発,
2016年日本化学会中国四国支部大会,香川大学(香川),講演番号 2P84, 2016年11月.
40. 西澤 高宏, 北方 咲, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるメタラサイクル中間体の合成とそれを用いた反応の開発,
2016年日本化学会中国四国支部大会,香川大学(香川),講演番号 1J13, 2016年11月.
41. 立田 彩和, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
ストロンチウムアミドを利用した合成手法の開発,
2016年日本化学会中国四国支部大会,香川大学(香川),講演番号 1J12, 2016年11月.
42. 山名 啓介, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
有機機能性材料を指向したトリアリールアミン誘導体の合成と電子的特性,
第27回基礎有機化学討論会, 広島国際会議場(広島), 講演番号 2P084, 2016年9月.
43. 大村 D. 聡, 森田 健司, 三好 德和, 平尾 俊一, 森内 敏之 :
アミノ酸部位の導入により誘起されたレドックス活性フェニレンジアミンの不斉構造,
第27回基礎有機化学討論会, 広島国際会議場(広島), 講演番号 2P067, 2016年9月.
44. 三好 德和, 北方 咲, 立田 彩和, 西澤 高宏, 大村 D. 聡, 上野 雅晴 :
ストロンチウム-メタラサイクル中間体の合成とその反応性に関する研究,
第27回基礎有機化学討論会, 広島国際会議場(広島), 講演番号 1C05, 2016年9月.
45. 上野 雅晴, 喜多 亜希子, 室井 長帰, 大村 D. 聡, 和田 眞, 三好 德和 :
ビスマス塩を触媒として用いる環境調和型酸化反応の開発,
日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス(京都),講演番号 3H1-33, 2016年3月.
46. 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いる芳香族炭化水素の水素化反応の開発,
日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス(京都),講演番号 3H7-30, 2016年3月.
47. 高橋 春香, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムとアセチレンカルボン酸を用いるアセチレン骨格を二つ持つエステルの簡便合成手法の開発,
日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス(京都),講演番号 3H7-29, 2016年3月.
48. 立田 彩和, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
ストロンチウムアミドを用いる新規合成手法の開発,
日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス(京都),講演番号 3PC-072, 2016年3月.
49. 西澤 高宏, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるメタラサイクル中間体の調製とそれを用いるストロンチウムアセチリドの合成,
日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス(京都),講演番号 3PC-071, 2016年3月.
50. 高橋 春香, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムとアセチレンカルボン酸を用いる多置換イソベンゾフラノンの簡便合成手法の開発,
2015年日本化学会中国四国支部大会,岡山大学(岡山),講演番号 15EA04, 2015年11月.
51. 北方 咲, 宮崎 泰章, 国井 博史, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いた新たなメタラサイクル中間体の合成と新規合成手法の開発,
2015年日本化学会中国四国支部大会,岡山大学(岡山),講演番号 15EA03, 2015年11月.
52. 林 俊樹, 大村 D. 聡, 三好 德和, 上野 雅晴 :
ワンポットタンデム薗頭/鈴木-宮浦カップリング反応を用いたポリアリール化合物の効率的合成手法の開発,
2015年日本化学会中国四国支部大会,岡山大学(岡山),講演番号 14P59, 2015年11月.
53. 西澤 高宏, 宮崎 泰章, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
金属ストロンチウムと共役ジエンを用いるメタラサイクルの調製とその応用,
2015年日本化学会中国四国支部大会,岡山大学(岡山),講演番号 14P57, 2015年11月.
54. 立田 彩和, 大村 D. 聡, 上野 雅晴, 三好 德和 :
有機ストロンチウムを塩基として用いる新規合成手法の開発,
2015年日本化学会中国四国支部大会,岡山大学(岡山),講演番号 14P55, 2015年11月.
55. 三好 德和, 高橋 春香, 大村 D. 聡, 上野 雅晴 :
金属ストロンチウムとアセチレンカルボン酸エステルを用いる多置換イソベンゾフラノンの簡便合成法の開発,
第62回有機金属討論会,関西大学千里山キャンパス(大阪),講演番号 P3-01, 2015年9月.
56. 大村 D. 聡, 森内 敏之, 平野 みさと, 三好 德和, 平尾 俊一 :
フェニレンジアミン誘導体の置換基効果に基づく発光挙動,
日本化学会春季年会予稿集, 2015年3月.
57. 高橋 春香, 立田 彩和, 山口 祐佳, 宮崎 泰彰, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
金属ストロンチウムによるエステルのジアルキル化を用いるアセチレン骨格の簡便な合成法,
日本化学会春季年会予稿集, 2015年3月.
58. 北方 咲, 山口 祐佳, 宮崎 泰彰, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
Grignard試薬より効率のよい金属ストロンチウムを用いた嵩高いカルボニル化合物に対するアルキル化反応の開発,
日本化学会春季年会予稿集, 2015年3月.
59. 久保 誠輝, 北方 咲, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いたアミド化合物へのモノアルキル化反応の開発,
日本化学会春季年会予稿集, 2015年3月.
60. 古屋 S. 玲, 齋藤 隆仁, 井戸 慶治, 宮崎 隆義, 饗場 和彦, 三好 德和, 荒木 秀夫, 日野出 大輔, 吉本 勝彦, 佐々木 奈三江 :
徳島大学における「大学入門講座・読書レポート2014」の試み:読書からアカデミック・ライティングへ-,
平成26年度 FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
61. 古屋 S. 玲, 齊藤 隆仁, 井戸 慶治, 宮崎 隆義, 饗場 和彦, 三好 德和, 荒木 秀夫, 日野出 大輔, 佐々木 奈三江 :
徳島大学における「大学入門講座・読書レポート2014」の試み, --- 読書からアカデミック・ライティングへ ---,
平成26年度全学FD 徳島大学教育カンファレンスin徳島, 14-15, 2014年12月.
62. 北方 咲, 国井 博史, 宮崎 泰彰, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いた新たなメタラサイクル中間体の生成と新規合成手法の開発,
2014ハロゲン利用ミニシンポジウム予稿集, 2014年12月.
63. 三好 德和, 北方 咲, 国井 博史, 宮﨑 泰彰, 大村 D. 聡 :
金属ストロンチウムとアゾ化合物を用いた新規反応活性種の創製とその応用,
第61回有機金属化学討論会予稿集, 2014年9月.
64. 久保 誠輝, 宮﨑 泰彰, 山口 祐佳, 北方 咲, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
ストロンチウムとシリルクロリドを用いるアルコールとの嵩高いシリルエーテルの簡便合成手法,
日本化学会春季年会予稿集, 2014年3月.
65. 山口 祐佳, 宮﨑 泰彰, 兼弘 大介, 北方 咲, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
Grignard試薬より効率の良い金属ストロンチウムを用いたカルボニル化合物へのアルキル化反応とその応用,
日本化学会春季年会予稿集, 2014年3月.
66. 北方 咲, 国井 博史, 宮﨑 泰彰, 山口 祐佳, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
金属ストロンチウムとアゾ化合物を用いた新規合成手法の開発-アゾ化合物のアルキル化反応と新規反応活性種の創製-,
日本化学会春季年会予稿集, 2014年3月.
67. 三好 德和, 宮﨑 泰彰, 山口 祐佳, 北方 咲, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 和田 眞 :
ストロンチウムアルコキシドと嵩高いシリルクロリドを用いる簡便なエーテル合成法の開発,
第66回有機合成化学協会関東支部シンポジウム予稿集, 2013年11月.
68. 山口 祐佳, 宮﨑 泰彰, 阿比留 保奈美, 兼弘 大介, 北方 咲, 久保 誠輝, 和田 眞, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いたGrignard試薬を凌駕するエステルのジアルキル化反応の開発,
日本化学会中国四国支部大会講演要旨集, 142, 2013年11月.
69. 久保 誠輝, 宮﨑 泰彰, 山口 祐佳, 北方 咲, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
ストロンチウムアルコキシドを用いるシリルエーテルの簡便合成手法の開発,
日本化学会中国四国支部大会講演要旨集, 238, 2013年11月.
70. 北方 咲, 宮﨑 泰彰, 国井 博史, 山口 祐佳, 久保 誠輝, 大村 D. 聡, 三好 德和 :
金属ストロンチウムとハロゲン化アルキルを用いるアゾ化合物のアルキル化反応,
日本化学会中国四国支部大会講演要旨集, 237, 2013年11月.
71. 三好 德和 :
Development and Application for Unexpected Sr-mediated Reaction,
有機合成化学協会中国四国支部第69回パネル討論会 + Seminar on Green Sustainable Chemistry in Tottori(2013-1), 2013年6月.
72. 山口 祐佳, 宮崎 泰彰, 阿比留 保奈美, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
Grignard試薬を凌駕する金属ストロンチウムを用いたエステルのジアルキル化反応の開発とその応用,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.93, 3F4-59, 2013年3月.
73. 宮崎 泰彰, 田嶋 孝裕, 兼弘 大介, 阿比留 保奈美, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
Srを用いるエステル化反応の開発とその応用,
2012年日本化学会西日本大会, Vol.2012, 2L07, 2012年11月.
74. 三好 德和, 宮崎 泰彰, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 菊池 淳, 和田 眞 :
金属Srを用いるGrignard試薬を凌駕するエステルのジアルキル化反応の開発とその応用,
有機金属討論会, Vol.59, P2C-21, 2012年9月.
75. 宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
アルキルストロンチウムの還元性を利用したメタラサイクル中間体の生成とその応用,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.92, 4L2-05, 2012年3月.
76. 三好 德和, 宮崎 泰彰, 田嶋 孝裕, 兼弘 大介, 菊池 淳, 和田 眞 :
ストロンチウムを用いる嵩高い第3級アルコールエステルの簡便迅速合成法の開発,
第62回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, C16, 2011年11月.
77. 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成法,
2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 2H-10, 2011年11月.
78. 宮崎 泰彰, 福原 早百合, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
ストロンチウムを用いる嵩高い第三級エステルの簡便な合成法,
2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 2H-09, 2011年11月.
79. 菊池 淳, 岡田 咲紀, 三好 德和, 和田 眞 :
鉄-ケイ素複合酸化物を触媒とする炭化水素類の官能基化反応,
2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-03, 2011年11月.
80. 菊池 淳, 井上 岳, 三好 德和, 和田 眞 :
無溶媒下で行う固体ブレンステッド酸を用いたRitter反応,
2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-03, 2011年11月.
81. 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
Barbier型反応で進行するSrを用いたエステルへの嵩高いアルキル基の付加反応,
2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-02, 2011年11月.
82. 宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
アルキルストロンチウム種と二酸化炭素及びその等価体との反応の開発,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-163, 2011年3月.
83. 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成とその応用,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-162, 2011年3月.
84. 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
Srを用いた簡便な代替えGrignard試薬の開発,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-161, 2011年3月.
85. 三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 宮崎 泰彰, 菊池 淳, 和田 眞 :
金属ストロンチウムを用いる簡便な代替Grignard 試薬の創製とその発展に関する検討,
第60回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, B14, 2010年12月.
86. 三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 菊池 淳, 和田 眞 :
金属ストロンチウムを用いるハロゲン化アルキルとカルボン酸誘導体との反応,
2010年日本化学会西日本大会, Vol.2010, 1L-15, 2010年11月.
87. 山本 孝, 菊池 淳, 岡田 咲紀, 佐田 知沙, 三好 德和, 和田 眞 :
スチレン類二量化に有効な鉄―ケイ素複合酸化物触媒のXAFS解析,
第46回X線分析研究討論会, 2010年10月.
88. 三好 德和 :
高校の化学教育と大学における高大接続科目・基礎科目・教養科目との連携について,
2009年日本化学会西日本大会, Vol.2009, 1MO01, 2010年3月.
89. 三好 德和, 松尾 強, 森 真理子, 菊池 淳, 和田 眞 :
金属ストロンチウムを用いる安息香酸類へのp-アルキル化反応について,
2009年日本化学会西日本大会, Vol.2009, 2H21, 2010年3月.
90. 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
嵩高い第3級アルコール由来のエステル合成法の開発,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-166, 2010年3月.
91. 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 :
THP中で進行するストロンチウムを用いる簡便な第3級アルコール合成法の開発,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-165, 2010年3月.
92. 菊池 淳, 渡辺 崇史, 三好 德和, 和田 眞 :
シリカゲル担持鉄触媒の調製とスチレン類の二量化反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-170, 2010年3月.
93. 菊池 淳, 井上 岳, 三好 德和, 和田 眞 :
リン酸シリカゲルを触媒とするRitter反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-044, 2010年3月.
94. 三好 德和, 幸野 正志, 和田 眞, 松永 星, 溝田 巧, 清水 真 :
金属ストロンチウムを用いるイミン及びアルデヒドのピナコールカップリング,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 3F7-51, 2010年3月.
95. 三好 德和, 浅岡 真司, 森 真理子, 湯浅 綾, 和田 眞 :
金属ストロンチウムを用いるカルボン酸類へのBarbier型アルキル化反応の開発,
第54回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 114-115, 2007年11月.
96. 湯浅 綾, 高木 翔吾, 浅岡 真司_, 森 真理子, 和田 眞, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いたエステルのBarbier型ジアルキル化反応の新展開,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.87, 2D7-06, 2007年3月.
97. 浅岡 真司, 高木 翔吾, 湯浅 綾, 森 真理子, 和田 眞, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いた三級エステル類の簡便な合成手法の開発,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.87, 2D7-05, 2007年3月.
98. 柚木 康史, 遠藤 翔太, 三好 德和, 和田 眞 :
リン酸シリカゲル上で進行するアルデヒドとアミンを用いる簡便なストレッカー合成法,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.87, 3C6-47, 2007年3月.
99. 坂田 祖, 加納 由梨子, 室井 超帰, 三好 德和, 和田 眞 :
リン酸シリカゲル上で進行するマイクロウェーブを用いたPET樹脂の分解,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.87, 4C5-28, 2007年3月.
100. 遠藤 翔太, 吉武 智江, 佐伯 よしみ, 三好 德和, 和田 眞 :
リン酸シリカゲル上で進行するエステルの分解反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, 3H4-17, 2006年3月.
101. 加納 由梨子, 佐伯 よしみ, 室井 超帰, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
メタホウ酸上で進行するDehydroxylationを利用した還元的Friedel-Crafts反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, 1H5-10, 2006年3月.
102. 細川 優佳, 濱松 克仁, 牧田 憲人, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
無溶媒シリカゲル上大気中にて進行するアルコールの酸化反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, 4J1-14, 2006年3月.
103. 浅岡 真司, 松井 亜希, 松尾 強, 和田 眞, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるカルボン酸のBarbier型モノアルキル化反応の開発,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, 3H2-51, 2006年3月.
104. 森 真理子, 池原 大哲, 松尾 強, 和田 眞, 三好 德和 :
金属ストロンチウムとヨウ化アルキルを用いた安息香酸および安息香酸誘導体のBarbier型1,6-付加反応の開発,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, 3H2-50, 2006年3月.
105. 湯浅 綾, 松尾 強, 和田 眞, 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるエステルのBarbier型アルキル化反応の開発,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, 3H2-49, 2006年3月.
106. 三好 德和 :
金属ストロンチウムを用いるBarbier型合成手法の開発, --- 全く新しい合成試薬の開発について ---,
第21回 若手化学者のための化学道場, 15-18, 2005年9月.
107. 幸野 正志, 池原 大哲, 松尾 強, 和田 眞, 三好 德和 :
ストロンチウムを用いる合成手法の開発(3)∼イミンを用いた反応∼,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 3B3-06, 2005年3月.
108. 松井 亜希, 松尾 強, 池原 大哲, 和田 眞, 三好 德和 :
ストロンチウムを用いる合成手法の開発(2)∼カルボン酸のBarbier型アルキル化反応∼,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 3B3-05, 2005年3月.
109. 松尾 強, 池原 大哲, 幸野 正志, 和田 眞, 三好 德和 :
ストロンチウムを用いる合成手法の開発(1)∼エスステルのBarbier型アルキル化反応∼,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 3B3-04, 2005年3月.
110. 室井 超帰, 吉成 潤一, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
無溶媒ホウ酸シリカゲル上で進行するアルデヒドと不活性ジエンを用いるhetero Diels-Alder反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 1B2-32, 2005年3月.
111. 浜松 克仁, 三谷 佳史, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
無溶媒ホウ酸シリカゲル上で進行するN-アリールイミンとオレフィンを用いる[4+2]型環化反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 1B2-33, 2005年3月.
112. Sandra Jacqueline Lock, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada :
Formation of Nitrogen-containing Hetercycle Compounds on a Rapidly-prepared Phosphoric Acid-Silica Gel Support,
Abstracts of Annual Meeting of Japan Chemical Society, Vol.85, 1B2-32, Mar. 2005.
113. 佐伯 よしみ, 澤 和代, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
ホウ酸シリカゲルを用いる穏和な条件下でのシリルエーテルの新規脱保護反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 1C2-48, 2005年3月.
114. 池原 大哲, 松尾 強, 幸野 正志, 大平 昌史, 和田 眞, 三好 德和 :
金属ストロンチウムとヨウ化アルキルを用いるイミンのBarbier型アルキル化反応の試み,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.84, 1B704, 2004年3月.
115. 中西 和彦, 牧田 憲人, 三好 德和, 和田 眞 :
臭化水素酸と過酸化水素を用いるアルコールの酸化反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.84, 2K332, 2004年3月.
116. 浜松 克仁, 三谷 佳史, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
無溶媒かつホウ酸シリカゲル上にて進行するカルボニル-エン反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.84, 2K312, 2004年3月.
117. 吉成 潤一, 三谷 佳史, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
ホウ酸シリカゲルおよびメタホウ酸上で進行する無溶媒炭素-炭素結合生成反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.84, 2K311, 2004年3月.
118. 岩田 伸, 三好 德和, 和田 眞 :
フェニルボロン酸/シリカゲルを用いる無溶媒向山アルドール反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.84, 2K310, 2004年3月.
119. 澤 和代, 吉成 潤一, 三好 德和, 和田 眞 :
無溶媒かつメタホウ酸-シリカゲル上で進行するアルデヒドの還元反応及びα,β-不飽和ケトンの選択的1,4-還元反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.84, 2K308, 2004年3月.
120. 吉武 智江, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
ホウ酸シリカゲルと過酸化水素を用いる無溶媒Baeyer-Villiger酸化反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.84, 2K307, 2004年3月.
121. 井内 めぐみ, 園田 敏弘, 三好 德和, 和田 眞 :
二塩化ニッケルとn-Butyl Grignard試薬を用いる含水溶媒中でのアリルアルコールのケトンへの異性化反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.84, 1K335, 2004年3月.
122. Sandra Jacqueline Lock, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada :
調製·再利用が容易なリン酸シリカゲル上にて進行するイミノアルドール反応,
Abstracts of Annual Meeting of Japan Chemical Society, Vol.84, 3K211, Mar. 2004.
123. 三好 德和, 池原 大哲, 和田 眞 :
金属ストロンチウムを用いるアルキル化反応,
第46回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 97-98, 2003年11月.
124. 吉武 智江, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
固体酸触媒と過酸化水素水を用いる新規酸化反応の開発,
第19回若手化学者のための化学道場2003, P-20, 2003年9月.
125. 三谷 佳史, 井上 正之, 浜松 克仁, 三好 德和, 和田 眞 :
ホウ酸シリカゲル上にて進行する三成分連結型イミノアルドール反応およびカルボニルエン反応,
第19回若手化学者のための化学道場2003, P-16, 2003年9月.
126. ロック ジャクリーン サンドラ, 三好 德和, 和田 眞 :
調製容易かつ再利用可能なリン酸シリカゲル上にて進行する無溶媒イミノアルドール反応,
第19回若手化学者のための化学道場2003, P-13, 2003年9月.
127. 澤 和代, 吉成 潤一, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
無溶媒かつホウ酸シリカゲルまたはメタホウ酸―シリカゲル上にて進行するアルデヒドの還元反応,
第19回若手化学者のための化学道場2003, P-12, 2003年9月.
128. 井内 めぐみ, 桑田 理香, 三好 德和, 和田 眞 :
ビスマス化合物を用いる含水溶媒中,又は完全水中にて進行するカルボニル化合物及びニトロ化合物の還元反応,
第19回若手化学者のための化学道場2003, P-09, 2003年9月.
129. 松尾 光子, 中西 和彦, 吉武 智江, 三好 德和, 和田 眞 :
三塩化ビスマスと過酸化水素を用いるケトンのα-塩素化反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.83, 3J111, 2003年3月.
130. 牧田 憲人, 前田 慎治, 松尾 光子, 三好 德和, 和田 眞 :
三塩化ビスマスと過酸化水素を用いるα―ヒドロキシケトンの酸化開裂反応およびアジピン酸の合成,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.83, 3J110, 2003年3月.
131. 澤 和代, 北島 千春, 上原 沙和子, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 :
ホウ酸シリカゲル上にて進行するアルデヒドの還元反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.83, 3H646, 2003年3月.
132. 三谷 佳史, 井上 正之, 吉成 潤一, 三好 德和, 和田 眞 :
ホウ酸シリカゲル上にて進行する三成分連結型イミノアルドール反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.83, 3H645, 2003年3月.
133. 園田 敏弘, 雛元 愛, ウィルム ジョーンズ, 井内 めぐみ, 三好 德和, 和田 眞 :
二塩化ニッケルとn-ブチルリチウムを用いる含水溶媒中でのCannizzaro反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.83, 1H437, 2003年3月.
134. ロック ジャクリーン サンドラ, Keith Smith, 三好 德和, 和田 眞 :
フッ化物イオンを含んだ水あるいは0.5M塩酸溶媒中,ビスマスと臭化アリルを用いるホモアリリックアルコールのone-pot合成反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.83, 4G602, 2003年3月.
135. 池原 大哲, 上浦 晃二, 和田 眞, 三好 德和 :
ストロンチウムを用いる合成手法の開発,
日本化学会西日本大会講演予稿集, Vol.2002, 2C24, 2002年11月.
136. 喜多 亜希子, 松尾 光子, 牧田 憲人, 三好 德和, 和田 眞 :
三塩化ビスマスと過酸化水素を用いる環境調和適応型新規酸化反応の開発,
第35回酸化反応討論会, O-05, 2002年11月.
137. 三谷 佳史, 三好 德和, 和田 眞 :
シリカゲルまたはホウ酸シリカゲル上にて進行するアルドール反応およびイミノアルドール反応,
第18回若手化学者のための化学道場2002, P-33, 2002年7月.
138. 牧田 憲人, 三好 德和, 和田 眞 :
三塩化ビスマスと過酸化水素を用いる新規酸化反応の開発,
第18回若手化学者のための化学道場2002, P-33, 2002年7月.
139. 園田 敏弘, 三好 德和, 和田 眞 :
二塩化ニッケルとベンジルGrignard試薬を用いる含水溶媒中でのアルデヒドの還元反応および末端オレフィンの異性化反応,
第18回若手化学者のための化学道場2002, P-21, 2002年7月.
140. 園田 敏弘, 桑田 理香, 据樹 勇也, 三好 德和, 和田 眞 :
二塩化ニッケルとベンジルGrignard試薬を用いる含水溶媒中でのアルデヒドの還元反応及び末端オレフィンの異性化反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.81, 3G8-14, 2002年3月.
141. 三谷 佳史, 桑田 理香, 塩 敦, 三好 德和, 和田 眞 :
三塩化ビスマスとアルミニウムを用いる水中で進行するカルボニル化合物の還元反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.81, 3G8-13, 2002年3月.
142. 上原 沙和子, 村部 圭吾, 池渕 尚治郎, 南 成記, 三好 德和, 和田 眞 :
三塩化ビスマスを触媒とした過酸化水素を用いるBaeyer-Villiger酸化,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.81, 3G8-10, 2002年3月.
143. 松尾 光子, 喜多 亜希子, 牧田 憲人, 前田 真, 三好 德和, 和田 眞 :
三塩化ビスマスと過酸化水素を用いるアルデヒドの酸化的エステル化反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.81, 3G809, 2002年3月.
144. 北島 千春, 三谷 佳史, 進藤 宏隆, 三好 德和, 和田 眞 :
シリカゲル上で進行するアルドール反応およびイミノアルドール反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.81, 2G9-09, 2002年3月.
145. 三好 德和 :
ストロンチウム金属の還元性を利用した合成反応の開発,
第17回若手化学者のための化学道場2001, 2001年7月.
146. 三好 德和, 和田 眞 :
三塩化ビスマスと過酸化水素を用いる新規酸化反応の開発,
第17回若手化学者のための化学道場2001, P-22, 2001年7月.
147. 桑田 理香, 三好 德和, 和田 眞 :
三塩化ビスマスとアルミニウムを用いる含水溶媒中での還元反応,
第17回若手化学者のための化学道場2001, P-21, 2001年7月.
148. 北島 千春, 三好 德和, 和田 眞 :
シリカゲル上で進行するアルデヒド,アミンを用いるイミンへの求核的付加反応,
第17回若手化学者のための化学道場2001, P-20, 2001年7月.
149. 三好 德和, 上浦 晃二, 曽根 美加, 細川 純子, 喜多 亜希子, 桑田 理香 :
ストロンチウム金属の還元性を利用する有機合成反応の検討,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.78, 3F4-31, 2000年3月.
150. 上浦 晃二, 村上 俊介, 三好 德和, 和田 眞 :
メタノールまたは含水溶媒中で進行するトリブチルスズヒドリドを用いるアルデヒドの還元反応,
日本化学会春季年会予稿集, Vol.76, No.2B6, 32, 1999年3月.
151. 福間 智裕, 長山 園絵, 土浦 暁史, 三好 德和, 和田 眞 :
ビスマス化合物を用いる新しい有機合成反応の開発,
ヘテロ原子化学討論会講演予稿集, Vol.25, 53, 1998年12月.

その他・研究会:

1. 三好 德和 :
金属Srを用いるGrignard試薬を凌駕する?した?ちょっと変わった反応の開発とその応用,
日本プロセス化学会東四国地区フォーラム, 2014年1月.
2. 三好 德和 :
新しい反応試剤の開発, --- ―ストロンチウムを用いた合成反応を中心として― ---,
中国四国支部化学懇談会, 2001年12月.
3. 和田 眞, 三好 德和 :
環境調和適応型有機合成反応-水中での有機合成反応を中心にして-,
日本化学会中国四国支部第32回化学懇談会, 2000年4月.

報告書:

1. 佐藤 高則, 宮田 政徳, 堤 和博, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 古屋 S. 玲, 吉本 勝彦, 三好 德和, 荒木 秀夫 :
全学共通教育センター FDの歴史,
徳島大学FDの歴史, Vol.2, 91-111, 徳島, 2014年12月.

特許:

1. 三好 德和, 松尾 強, 湯浅 綾, 三谷 育子 : 第3級アルコールの製造方法, 特願2009-199807, .
2. 三好 德和, 菊池 淳, 田嶋 孝裕 : 第3級アルコール由来のエステルの製造方法, 特願2011-052693 (2011年3月), .
3. 和田 眞, 三好 德和 : ポリエステルの分解方法および芳香族ジカルボン酸の回収方法, 特願2006-03415 (2006年2月), .
4. 三好 德和, 松尾 強, 和田 眞 : 第3級アルコールの製造方法, 特願2005-174781 (2005年6月), 特許第4825969号 (2011年9月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 金属ストロンチウムを利用した還元的極性変換による新しい活性種の創製とその応用 (研究課題/領域番号: 24550056 )
  • 多機能反応剤の開発-有機ストロンチウムの調製と反応- (研究課題/領域番号: 19020049 )
  • グリーン化学―環境調和適応型酸化反応の開発― (研究課題/領域番号: 13640536 )
  • 含水溶媒中でのGrignard型付加反応の開発と実践的合成プロセスへの応用 (研究課題/領域番号: 11554024 )
  • 新規有機合成反応の開発と有用化学物質合成への応用 (研究課題/領域番号: 10045029 )
  • ビスマス化合物を用いる水存在下でも進行する簡便なGrignard型反応の開発 (研究課題/領域番号: 09740474 )
  • 結晶格子に制御された固相特異的並びに不斉選択的反応 (研究課題/領域番号: 04640516 )
  • 研究者番号(40219829)による検索