検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 口腔保健学系 > 口腔保健教育学 >
徳島大学 > 歯学部 > 口腔保健学科 > 口腔保健基礎学講座 >
徳島大学 > 口腔科学教育部 > 口腔保健学専攻 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

口腔解剖学 (Oral Anatomy), 口腔組織学 (Oral Histology), 細胞生物学 (Cell Biology)
骨代謝学

研究テーマ

骨芽細胞の分化機構, 歯周病と全身疾患の関連性, 歯周病における細胞外小胞の役割

著書・論文

著書:

1. Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Jie Wang and Tatsuji Haneji :
Oral Oncology 12, --- The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A ---,
Ocean Papers & Printers, New Delhi, India, May 2008.

学術論文(審査論文):

1. Yusuke Sumitani, Kenta Uchibe, Kaya Yoshida, Yao Weng, Jiajie Guo, Haoze Yuan, Mika Ikegame, Hiroshi Kamioka and Hirohiko Okamura :
Inhibitory effect of retinoic acid receptor agonists on in vitro chondrogenic differentiation.,
Anatomical Science International, Vol.95, No.2, 202-208, 2020.
(DOI: DOI: 10.1007/s12565-019-00512-3,   PubMed: 31732869)
2. Jiajie Guo, Kaya Yoshida, Mika Ikegame and Hirohiko Okamura :
Quorum sensing molecule N-(3-oxododecanoyl)-L-homoserine lactone: An all-rounder in mammalian cell modification.,
Journal of Oral Biosciences, Vol.S1349-0079, No.(20), 30001-30003, 2020.
(DOI: DOI: 10.1016/j.job.2020.01.001,   PubMed: 31982630,   Elsevier: Scopus)
3. Mariko Seyama, Kaya Yoshida, Kayo Yoshida, Natsumi Fujiwara, Kisho Ono, Takanori Eguchi, Hotaka Kawai, Jiajie Guo, Yao Weng, Yuan Haoze, Kenta Uchibe, Mika Ikegame, Akira Sasaki, Hitoshi Nagatsuka, Kuniaki Okamoto, Hirohiko Okamura and Kazumi Ozaki :
Outer membrane vesicles of Porphyromonas gingivalis attenuate insulin sensitivity by delivering gingipains to the liver,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1866, No.(6), 165731, 2020.
(DOI: doi: 10.1016/j.bbadis.2020.165731.,   PubMed: 32088316)
4. Kohei Nonaka, Yukari Kajiura, Mika Bandou, Eijiro Sakamoto, Yuji Inagaki, JH Lew, Koji Naruishi, Takahisa Ikuta, Kaya Yoshida, Tesuo Kobayashi, Hiromasa Yoshie, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Advanced glycation end-products increase IL-6 and ICAM-1 expression via RAGE, MAPK and NF-kB pathways in human gingival fibroblasts,
Journal of Periodontal Research, Vol.53, No.3, 334-344, 2018.
(DOI: 10.1111/jre.12518,   PubMed: 29193068,   Elsevier: Scopus)
5. Kaya Yoshida, Jumpei Teramachi, Kenta Uchibe, Mika Ikegame, Lihong Qiu, Di Yang and Hirohiko Okamura :
Reduction of protein phosphatase 2A Ca promotes in vivo bone formation and adipocyte differentiation.,
Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.470, 251-258, 2018.
(DOI: 10.1016/j.mce.2017.11.005,   PubMed: 29128580,   Elsevier: Scopus)
6. Yuka Hiroshima, Eijiro Sakamoto, Kaya Yoshida, Kaori Abe, Koji Naruishi, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Jun-ichi Kido and Carolyn L Geczy :
Advanced glycation end-products and Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide increase calprotectin expression in human gingival epithelial cells.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.119, No.2, 1591-1603, 2018.
(DOI: 10.1002/jcb.26319,   PubMed: 28771806)
7. Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Yuka Hiroshima, Kaori Abe, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Kazumi Ozaki :
PKR induces the expression of NLRP3 by regulating the NF-κB pathway in Porphyromonas gingivalis-infected osteoblasts,
Experimental Cell Research, Vol.354, No.1, 57-64, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111349,   DOI: 10.1016/j.yexcr.2017.03.028,   PubMed: 28341446)
8. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto, Jumpei Teramachi, Kazuhiko Ochiai, Tatsuji Haneji and Akihito Yamamoto :
Role of Protein Phosphatase 2A in Osteoblast Differentiation and Function.,
Journal of Clinical Medicine, Vol.6, No.3, 2017.
(DOI: 10.3390/jcm6030023,   PubMed: 28241467)
9. Takamura Haruna, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki :
Porphyromonas gingivalis attenuates the insulin-induced phosphorylation and translocation of forkhead box protein O1 in human hepatocytes,
Archives of Oral Biology, Vol.69, 19-24, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111993,   DOI: 10.1016/j.archoralbio.2016.05.010,   Elsevier: Scopus)
10. Kaya Yoshida, Masami Yoshioka, Hirohiko Okamura, Moriyama Satomi, Kazuyoshi Kawazoe, Grenier Daniel and Daisuke Hinode :
Preventive effect of Daiokanzoto (TJ-84) on 5-fluorouracil-induced human gingival cell death through the inhibition of reactive oxygen species production,
PLoS ONE, Vol.9, No.11, e112689, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0112689,   PubMed: 25389767)
11. Hirohiko Okamura, Di Yang, Kaya Yoshida, Jumpei Teramachi and Tatsuji Haneji :
Reduction of PP2A C stimulates adipogenesis by regulating the Wnt/GSK-3/-catenin pathway and PPAR expression,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1843, No.11, 2376-2384, 2014.
(DOI: 10.1016/j.bbamcr.2014.06.008,   PubMed: 24949891,   Elsevier: Scopus)
12. Ishikawa Makoto, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Kazuhiko Ochiai, Takamura Haruna, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki :
Oral porphyromonas gingivalis translocates to the liver and regulates hepatic glycogen synthesis through the Akt/GSK-3b signaling pathway,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1832, No.12, 2035-2043, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bbadis.2013.07.012,   PubMed: 23899607)
13. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Di Yang and Tatsuji Haneji :
Protein phosphatase 2A Cα regulates osteoblast differentiation and the expressions of bone sialoprotein and osteocalcin via osterix transcription factor.,
Journal of Cellular Physiology, Vol.228, No.5, 1031-1037, 2013.
(DOI: 10.1002/jcp.24250,   PubMed: 23042641)
14. Hirohiko Okamura, Di Yang, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji :
Protein phosphatase 2A C is involved in osteoclastogenesis by regulating RANKL and OPG expression in osteoblasts.,
FEBS Letters, Vol.587, No.1, 48-53, 2013.
(DOI: 10.1016/j.febslet.2012.10.041,   PubMed: 23183242)
15. Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Kazuhiko Ochiai, Yumi Hoshimo, Tatsuji Haneji, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Hideo Yoshida :
PKR plays a positive role in osteoblast differentiation by regulating GSK-3b activity through a b-catenin-independent pathway,
Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.361, No.1-2, 99-105, 2012.
(DOI: 10.1016/j.mce.2012.03.019,   PubMed: 22484461)
16. Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Yumi Hoshimo, Masayuki Shono, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Hideo Yoshida :
Interaction between PKR and PACT mediated by LPS-inducible NF-kB in human gingival cells,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.113, 165-173, 2012.
(DOI: 10.1002/jcb.23340,   PubMed: 21882225)
17. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kazuhiko Ochiai and Tatsuji Haneji :
Reduction of protein phosphatase 2A Cα enhances bone formation and osteoblast differentiation through the expression of bone-specific transcription factor Osterix.,
Bone, Vol.49, No.3, 368-375, 2011.
(DOI: 10.1016/j.bone.2011.06.004,   PubMed: 21683816)
18. Heni Susilowati, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Masayuki Shono, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
Intermedilysin induces EGR-1 expression through calcineurin/NFAT pathway in human cholangiocellular carcinoma cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.404, No.1, 57-61, 2011.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.11.057,   PubMed: 21094139)
19. Yuji Inagaki, Kaya Yoshida, Hirofumi Ohba, Hiroyuki Seto, Jun-ichi Kido, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata :
High glucose levels increase osteopontin production and pathologic calcification in rat dental pulp tissues.,
Journal of Endodontics, Vol.36, No.6, 1014-1020, 2010.
(DOI: 10.1016/j.joen.2010.03.018,   PubMed: 20478457,   Elsevier: Scopus)
20. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji :
Negative regulation of TIMP1 is mediated by transcription factor TWIST1,
International Journal of Oncology, Vol.35, No.1, 181-186, 2009.
(DOI: 10.3892/ijo_00000327,   PubMed: 19513566)
21. Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Bruna Rabelo Amorim, Daisuke Hinode, Hideo Yoshida and Tatsuji Haneji :
PKR-mediated degradation of STAT1 regulates osteoblast differentiation,
Experimental Cell Research, Vol.315, No.12, 2105-2114, 2009.
(DOI: 10.1016/j.yexcr.2009.02.003,   PubMed: 19230833)
22. 伊賀 弘起, 日野出 大輔, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 尾崎 和美, 羽田 勝, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 星野 由美, 松本 尚子, 永田 俊彦 :
徳島大学パイロット事業支援プログラム「歯科医療系学生の口腔保健・福祉体験実習による健康長寿支援」,
大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 108-114, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82696,   CiNii: 110007591420)
23. Hirohiko Okamura, Bruna Rabelo Amorim, Jie Wang, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji :
Calcineurin regulates phosphorylation satus of transcriptionfactor osterix,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.379, No.2, 440-444, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.12.094,   PubMed: 19114031)
24. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim and Tatsuji Haneji :
Histone H1.2 is translocated to mitochondria and associates with Bak in bleomycin-induced apoptotic cells,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.103, No.5, 1488-1496, 2008.
(DOI: 10.1002/jcb.21537,   PubMed: 17879944)
25. Kazumi Akita, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto, Hiroaki Ogawa-Iyehara and Tatsuji Haneji :
Cobalt chloride induces apoptosis and zinc chloride suppresses cobalt-induced apoptosis by bcl-2 expression in human submandibular gland HSG cells,
International Journal of Oncology, Vol.31, No.4, 923-929, 2007.
(DOI: 10.3892/ijo.31.4.923,   PubMed: 17786326,   Elsevier: Scopus)
26. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Eiko Sasaki, Lihong Qiu, Bruna Rabelo Amorim, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji :
Expression of PTEN and Akt phosphorylation in Lippopolysacccharide-treated NIH3T3 cells,
Cell Biology International, Vol.31, No.2, 119-125, 2007.
(DOI: 10.1016/j.cellbi.2006.09.014,   PubMed: 17081778)
27. Hiroaki Tanaka, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Calyculin A induces apoptosis and stimulates phosphorylation of p65NF-κB in human osteoblastic osteosarcoma MG63 cells,
International Journal of Oncology, Vol.31, No.2, 389-396, 2007.
(PubMed: 17611696)
28. Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hiroaki Tanaka, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji :
Differntial expression of protein phosphatase type 1 isotypes and nucleolin during cell cycle arrest,
Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.4, 369-375, 2007.
(DOI: 10.1002/cbf.1300,   PubMed: 16329155)
29. Lihong Qiu, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji :
Calyculin A stimulates the expression of TNF-a mRNA via phosphorylation of Akt in mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells,
Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.271, No.1-2, 38-44, 2007.
(DOI: 10.1016/j.mce.2007.03.005,   PubMed: 17482757)
30. Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji :
The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.355, No.2, 347-351, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2007.01.150,   PubMed: 17303075)
31. Kaya Yoshida, Hiroyuki Shinohara, (名) Suryono, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata :
Arachidonic acid inhibits osteoblast differentiation through cytosolic phospholipase A2-dependent pathway.,
Oral Diseases, Vol.13, No.1, 32-39, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1601-0825.2006.01239.x,   PubMed: 17241427)
32. Akiko Ozaki, Hiroyuki Morimoto, Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim and Tatsuji Haneji :
Okadaic acid induces phosphorylation of p65NF-κB on serine 536 adn activates NF-κB transcriptional activity in human osteoblastic MG63 cells,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.99, No.5, 1275-1284, 2006.
(DOI: 10.1002/jcb.20873,   PubMed: 16795036)
33. Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Bruna Rabelo Amorim, Akiko Ozaki, Hiroaki Tanaka, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji :
Double-stranded RNA-dependent protein kinase is required for bone calcification in MC3T3-E1 cells in vitro,
Experimental Cell Research, Vol.311, No.1, 117-125, 2005.
(DOI: 10.1016/j.yexcr.2005.09.006,   PubMed: 16216244)
34. Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji :
Okadaic acid induces tyrosine phosphorylation of IkBa that mediated by PKR pathway in human osteoblastic MG63 cells,
Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.276, No.1-2, 211-217, 2005.
(DOI: 10.1007/s11010-005-4440-y,   PubMed: 16132703)
35. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji :
PTEN expression by Egr-1 transcription factor in calyculin A-induced apoptotic cells,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.94, No.1, 117-125, 2005.
(DOI: 10.1002/jcb.20283,   PubMed: 15517593)
36. Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji :
Okadaic acid induces apoptosis through double-stranded RNA-dependent protein kinase/eukaryotic initiation factor-2a pathway in human osteoblastic MG63 cells,
The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 433-438, 2004.
(DOI: 10.1093/jb/mvh144,   PubMed: 15625311)
37. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Eiko Sasaki, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji :
Transcription factor NF-Y regulates mdr1 expression through binding to inverted CCAAT sequence in drug-resistant human squamous carcinoma cells,
International Journal of Oncology, Vol.25, No.4, 1031-1037, 2004.
(PubMed: 15375553)
38. Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji :
Double-stranded RNA mediates selective gene silencing of protein phosphatase type 1 delta isoform in HEK-293 cells,
Journal of Enzyme Inhibition and Medicinal Chemistry, Vol.19, No.4, 327-331, 2004.
(PubMed: 15558948)
39. Michi Fujita, Kaho Goto, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto, Shinji Kito, Jinichi Fukuda and Tatsuji Haneji :
Okadaic acid stimulates expression of Fas receptor and Fas ligand by activation of nuclear factor kappa-B in human oral squamous carcinoma cells,
Oral Oncology, Vol.40, No.2, 199-206, 2004.
(DOI: 10.1016/S1368-8375(03)00152-0,   PubMed: 14693245)
40. Eiko Sasaki, Yoshifumi Okamoto, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Katsuhide Shimizu, Fumio Nasu, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji :
Transblot and cytochemical identification of avidin-interacting proteins in mitochondoria of cultured cells,
Histochemistry and Cell Biology, Vol.120, No.4, 327-333, 2003.
(DOI: 10.1007/s00418-003-0572-x,   PubMed: 14574588)
41. Shinji Kito, Katsuhide Shimizu, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Michi Fujita, Hiroyuki Morimoto, Yasuhiro Morimoto, Takeshi Ohba and Tatsuji Haneji :
Cleavage of nucleolin and argyrophilic nucleolar organizer region associated proteins in,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.300, No.4, 950-956, 2003.
(DOI: 10.1016/S0006-291X(02)02942-X,   PubMed: 12559966)
42. Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Okadaic acid stimulates the expression of receptor activator of nuclear factor-kappa B ligand RANKL in mouse osteoblastic cells,
Biomedical Research (India), Vol.14, No.2, 126-132, 2003.
(CiNii: 10013504618,   Elsevier: Scopus)
43. 吉田 賀弥 :
アラキドン酸による骨芽細胞の分化抑制作用およびその機構解明に関する研究,
四国歯学会, Vol.16, No.1, 141-151, 2003年.

総説・解説:

1. 吉田 賀弥 :
旬の研究紹介 歯周病と糖尿病の関連性を証明する,
医歯薬学研究部だより, No.8, 4, 2018年10月.
2. 吉田 賀弥 :
骨芽細胞の分化におけるPKRの役割について,
四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 223-227, 2008年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109766)
3. Kaya Yoshida :
The role of double-stranded RNA-dependent protein kinase in osteoblasts,
Journal of Oral Biosciences, Vol.49, No.3, 155-162, Aug. 2007.
(DOI: 10.1016/S1349-0079(07)80027-2,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1. Kaya Yoshida, Seyama Mariko, Natsumi Fujiwara, Hirohiko Okamura and Kazumi Ozaki :
The effects of outer membrane vesicles delived from Porphyromonas gingivalis on hepatic glucose metabolisms.,
International Society for ExtracellularVesicles 2019 Annual Meeting, Kyoto, Apr. 2019.
2. Yuka Hiroshima, Eijiro Sakamoto, Kaori Abe, Kaya Yoshida, Koji Naruishi, Toshihiko Nagata, Yasuo Shinohara, Geczy Carolyn and Jun-ichi Kido :
Advanced Glycation End-Products Increase Calprotectin in Human Gingival Epithelial Cells,
The 95th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), San Francisco, Mar. 2017.
3. Kaya Yoshida, Haruna Takamura, Hirohiko Okamura, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki :
Oral porphyromonas gingivalis translocates to liver and regulates hepatic glycogen metabolisms by attenuating insulin signaling,
10 th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Japan, Sep. 2013.
4. Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
Nuclear Translocation of NF-kB induced by Streptococcus intermedius intermedilysin,
International Conference of Indonesian Society for Microbiology: Recent advances of Microbiology in Health, Agriculture, Bioindustry, Surabayai, Nov. 2009.
5. Tatsuji Haneji, Hirohiko Okamura and Kaya Yoshida :
Bleomycin-induced apoptosis and Histone H1.2,
The 9th China-Japan Joint Seminar on Histochemistry and Cytochemistry, Nanning, China, Nov. 2009.
6. Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
The molecular mechanism for Streptococcus intermedius intermedilysin-induced cell death inhuman cholangiocellular carcinoma cells,
International Joint Symposium Frontier in Biomedical Sciences: From Genes to Applications, Yogyakarta, Nov. 2008.
7. Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji :
The bone transcriptional factor Osterix interacts with RNA helicase A,
The 3rd International Symposium on ''Oral Sciences to Improve the Quality of Life'', Tokushima, Japan, Sep. 2008.
8. Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Jie Wang, Lihong Qiu and Tatsuji Haneji :
The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A,
12th International Congress on Oral Cancer, Shanghai, China, May 2008.
9. Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
NFAT1 activation in intermedilysin-induced human cholangiocellular carcinoma cell HuCCT1,
The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
10. Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Phosphorylation of p65NF-kB and degradation of IkB in Calyculin-A-induced apoptotic cells,
The 2nd international symposium on and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'' -Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Japan, Dec. 2007.
11. Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji :
Osterix directly interacts with RNA helicase A,
The 2nd international symposium on and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'' -Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Japan, Dec. 2007.
12. Hiroaki Tanaka, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Phosphorylation of NF-kB in calyculin A-induced apoptotic cells,
21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
13. Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
Intermedilysin induces cell death in HepG2 cells,
21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
14. Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji :
About the protein interacting with transcriptional factor Osterix,
The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
15. Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji :
Calyculin A induces apoptosis and phosphorylation of p65NF-kB,
The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
16. Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake :
The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines,
The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
17. Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji :
Double-stranded RNA-dependent protein kinase is required for bone calcification in MC3T3-E1 cells in vitro,
The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
18. Lihong Qiu, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji :
Calyculin A stimulates TNF-a expression and transcriptional activity via phosphorylation of Akt in MC3T3-E1 cells,
The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
19. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Bruna Rabelo Amorim and Tatsuji Haneji :
Translocation of histone H1.2 from nucleus to mitochondoria in bleomycin-induced apoptotic cells,
The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
20. Tatsuji Haneji, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura and Lihong Qiu :
Cleavage of nucleolin and argyrophilic nuclear organizer region associated proteins in apoptosis-induced cells,
The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
21. Yuji Inagaki, Hirofumi Ohba, Hiroyuki Seto, Masumi Horibe, Kaya Yoshida, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata :
Dental Pulp Calcification and Osteopontin Expression in Diabetic Rats,
International Association for Dental Research, Brisbane, Australia, Jun. 2006.
22. Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji :
Protein phosphatase regulates apoptosis through PKR/EIF-2Éø pathway in human osteoblastic cells.,
16 th Internatinal Congress of the IFAA., Kyoto, Japan., Aug. 2004.
23. Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji :
Protein phosphatase regulates apoptosisi through PKR/EIF-2 pathway in human osteoblastic cells.,
Kyoto,Japan, Aug. 2004.
24. Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto, Fumio Nasu and Tatsuji Haneji :
PTEN expression by EGR-1 tanscriptional factor in calyculin A-induced apoptotic cells,
The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
25. Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji :
Potent requirement of functional double-stranded RNA-dependent protein kinase (PKR) for the activation of NF-kB by lipopolysaccaride in MC3T3-E1 cells,
The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
26. Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji :
Protein phosphatase reglates apoptosis through PKR/eIF-2 a family in human osteoblastic cells,
The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
27. Kaya Yoshida, Hiroyuki Shinohara, (名) Suryono, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata :
Inhibition of osteoblastic differentiation by arachidonic acid treatment through increase of prostaglandin E2 in MC3T3-E1 cells,
The 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society, Osaka, Jun. 2003.

国内講演発表:

1. 廣島 佑香, 木戸 淳一, 木戸 理恵, 吉田 賀弥, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 湯本 浩通 :
オーラルケアへの応用を目指した抗菌ペプチド合成とリポソーム封入,
第62回秋季日本歯周病学会学術大会, 2019年10月.
2. 吉田 賀弥, 吉田 佳世, 尾崎 和美, 岡村 裕彦 :
Porphyromonas gingivalis感染マクロファージの細胞外小胞が多臓器に及ぼす影響,
第6回日本細胞外小胞学会, 2019年10月.
3. 吉田 賀弥 :
歯周病原菌感染マクロファージが放出する膜小胞の臓器移行とその障害性について,
四国歯学会第38回総会, 2019年9月.
4. 吉田 賀弥, 吉田 佳世, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 岡村 裕彦 :
感染マクロファージの膜小胞は歯周病関連疾患発症に関与するか?,
第38回分子病理学研究会淡路島シンポジウム, 2019年7月.
5. 木戸 理恵, 廣島 佑香, 生田 貴久, 吉田 賀弥, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 尾崎 和美, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
最終糖化産物はヒト口腔上皮細胞のリポカリン2発現を増加する,
第62回春季日本歯周病学会学術大会, 2019年5月.
6. 吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージが由来の膜小胞が肝臓糖代謝に及ぼす影響,
第61回 秋季日本歯周病学会学術大会 2018年10月26日(大阪市), Vol.60, 115, 2018年10月.
7. 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 :
Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージが産生する膜小胞が肝臓糖代謝に及ぼす影響,
第60回 日本歯科基礎医学会学術大会 2018年9月5-7日(九州大学病院キャンパス 百年講堂, 福岡市), 2018年9月.
8. 藤原 奈津美, 村上 圭史, 吉田 賀弥, 工藤 保誠, 弘田 克彦, 尾崎 和美, 藤猪 英樹, 湯本 浩通 :
MPCポリマーコーティングによる義歯用レジンのカンジダ付着(撥菌)効果,
第60回 日本歯科基礎医学会学術大会 2018年9月5-7日(九州大学病院キャンパス 百年講堂, 福岡市), 2018年9月.
9. Kaya Yoshida, Natsumi Fujiwara, Kazumi Ozaki, 内部 健太, 池亀 美華 and Hirohiko Okamura :
Extracellular vesicles from Porphyromonas gingivalis-infected macrophages include histone proteins and translocate to the liver,
第10回日本RNAi研究会・第5回日本細胞外小胞学会 (グランドプリンスホテル広島・広島市), Aug. 2018.
10. 瀬山 真莉子, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisの分泌小胞は肝臓の糖代謝に影響を与える,
第61回日本歯周病学会学術大会, Vol.60, 128, 2018年6月.
11. 木目 隆大, 内部 健太, 池亀 美華, 吉田 賀弥, 岡村 裕彦 :
ヒストン脱メチル化酵素Jmjd3は転写調節因子Runx2とOsterixを介して骨芽細胞分化を制御する,
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2018年3月.
12. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 内部 健太, 池亀 美華 :
骨芽細胞の分化におけるプロテインホスファターゼPP2A Caの役割とその標的因子,
第59回歯科基礎医学会学術大会, 2017年9月.
13. 廣島 佑香, 木戸 淳一, 坂本 英次郎, 阿部 佳織, 吉田 賀弥, 永田 俊彦, 篠原 康雄 :
最終糖化産物はヒト歯肉上皮細胞におけるS100A8およびS100A9発現を上昇する,
第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月.
14. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦 :
PKRは骨芽細胞においてPorphylomonas gingivalisが誘導するNLRP3発現をNF-kB経路を介して制御する,
第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016年8月24-26日, 札幌コンベンションセンター(札幌市), 2016年8月.
15. 廣島 佑香, 木戸 淳一, 吉田 賀弥, 阿部 佳織, 篠原 康雄, 永田 俊彦 :
低酸素環境はヒト口腔上皮細胞におけるS100A8発現を抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
16. 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 廣島 佑香, 阿部 佳織, 木戸 淳一, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisはSOCS3やIRS-1を制御して肝臓におけるインスリンシグナルを抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
17. 中江 弘美, 薮内 さつき, 藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 松山 美和, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 中野 雅德, 白山 靖彦 :
健口体操ポスターを活用した口腔機能向上の取り組み,
第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
18. Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura and Kazumi Ozaki :
PKRやインフラマソームがP. gingivalisを感染させた骨芽細胞において骨吸収に関連する因子の発現に与える影響,
第57回歯科基礎医学会学術大会, Sep. 2015.
19. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域育成型歯学教育プログラムの評価(第2報)地域福祉体験学習における教育効果の変化,
平成26年度FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島, 62-63, 2014年12月.
20. 吉田 賀弥, 吉岡 昌美, 岡村 裕彦, 日野出 大輔 :
大黄甘草湯は活性酸素やインフラマソームを介して5-fluorouracilが誘導する細胞死を改善させる,
第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2014年9月.
21. 石川 真琴, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美 :
歯周病原性細菌Porphyromonas gingivalis感染が肝臓糖代謝に及ぼす影響,
日本歯科保存学雑誌, 155, 2012年11月.
22. 尾崎 和美, 那賀川 明美, 中野 雅德, 白山 靖彦, 松山 美和, 日野出 大輔, 羽田 勝, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 市川 哲雄 :
社会福祉施設での訪問口腔ケアを支援する包括ケア型地域ICTシステムについて,
第22回日本歯科医学会総会プログラム・事前抄録集, 163, 2012年11月.
23. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦 :
ヒト歯肉においてLPSはNF-kB経路依存的にPACTとPKRの結合を促進する,
第53回歯科基礎医学会学術大会, 2011年10月.
24. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 星野 由美, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
GSK-3bを介したPKRの骨芽細胞分化調節機構について,
第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
25. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 中道 敦子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
徳島大学教育GP「高齢社会を担う地域育成型歯学教育」授業アンケートから考察される教育効果,
平成22年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島, 2011年1月.
26. 羽地 達次, 寺町 順平, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之 :
PKR変異型骨芽細胞株における蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるアポトーシス誘導とIkBの発現,
第51回歯科基礎医学会総会, 2009年9月.
27. 羽地 達次, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之 :
カリクリンAによるMG63細胞のアポトーシス誘導,I-kBの分解,NF-kBのリン酸化,
日本Cell Death学会 第18回学術集会, 2009年8月.
28. 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 星野 由美, 松本 尚子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢社会を担う地域育成型歯学教育 -初年次教育における達成課題-,
平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2009年1月.
29. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 :
ブレオマイシン誘導アポトーシス細胞におけるヒストンH1.2とBakの細胞内局在,
第49回日本組織細胞化学会総会・学術集会, 2008年10月.
30. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 :
骨芽細胞の分化における蛋白質リン酸化と脱リン酸化,
第49回日本組織細胞化学会総会・学術集会, 2008年10月.
31. 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 :
Streptococcus intermediusが誘導するヒト胆管上皮細胞死の分子機構の解明,
第50回歯科基礎医学会学術大会, 2008年9月.
32. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 :
転写因子TWISTの標的因子の探索と扁平上皮癌細胞における発現,
第50回歯科基礎医学会総会, 2008年9月.
33. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 :
PKR によるSTAT1 の発現調節機構の解明,
第50回歯科基礎医学会総会, 2008年9月.
34. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim :
転写因子TWISTの標的因子の探索と扁平上皮癌細胞における発現,
第50回歯科基礎医学会総会, 2008年9月.
35. 弘田 克彦, Susilowati Heni, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死,
第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月.
36. 弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死,
第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月.
37. 星野 由美, 尾崎 和美, 松本 尚子, 吉田 賀弥, 吉岡 昌美, 竹内 祐子, 吉田 秀夫, 日野出 大輔, 中野 雅德, 伊賀 弘起, 羽田 勝 :
歯科衛生士教育の4年生教育に関するニーズ,
第2回 日本衛生士教育学術大会, 2007年11月.
38. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, アモリン ハベロ ブルーナ, 羽地 達次 :
ブレオマイシン誘導アポトーシスとヒストンH1.2の細胞内局在変化,
日本解剖学会第62回中国,四国地方会, 2007年10月.
39. 田中 宏明, 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 吉澤 尚樹, 羽地 達次 :
蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAによるアポトーシス誘導とNF-kBのリン酸化,
日本解剖学会第62回中国,四国地方会, 2007年10月.
40. 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysin が誘導する非アポトーシス型細胞死の分子機構の解明,
第49 回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
41. 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
カリクリンA 誘導アポトーシス細胞によおけるIkB の分解とNF-kB のリン酸化,
第49 回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
42. Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji :
The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A in HEK 293 cells,
The 49th Annual Meeting of Japanese Association for Oral Biology, Aug. 2007.
43. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 :
PKR がSTAT1の発現や機能に及ぼす影響について,
第49回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
44. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 :
GeneFishing法による転写因子TWISTの標的遺伝子探索,
第49回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
45. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 :
骨芽細胞におけるプロテインフォスファターゼの発現と機能,
第49回歯科基礎医学会総会 -サテライトシンポジウムー, 2007年8月.
46. 田中 宏明, 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 :
カリクリンAによるMG63細胞のアポトーシスとNF-kBのリン酸化,
第26回分子病理研究会 -湘南シンホ シ ウムー, 2007年6月.
47. 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 :
蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAによるアポトーシス誘導とNF-kBのリン酸化,
第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.
48. 森本 景之, 西野 朋子, 佐藤 永洋, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 土肥 良秋 :
蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるアポトーシス誘導機序の解明,
日本顕微鏡学会第48回九州地方会, 2006年12月.
49. 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 尾崎 明子, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 :
蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAとオカダ酸によるNF-kBのリン酸化,
日本解剖学会第61回中国,四国地方会, 2006年11月.
50. Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji :
PKR mediates osterix expression in IGF-1 treated MC3T3-E1 cells,
日本解剖学会第61回中国,四国地方会, Nov. 2006.
51. 森本 景之, 西野 朋子, 土肥 良秋, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 :
軟骨細胞の分化過程におけるPKRとSTATの発現,
日本解剖学会第62回九州地方会, 2006年10月.
52. 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 :
IntermedilysinによるHucCT1細胞核抗原の異所性表出,
第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
53. 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 :
Intermedilysin によるHuCCT1 細胞核抗原の異所性表出,
第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
54. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, アモリン ハベロ ブルーナ, 森本 景之, 羽地 達次 :
ブレオマイシン誘導アポトーシス細胞におけるヒストンH1.2とBak,
第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
55. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, アモリン ハベロ ブルーナ, 森本 景之, 羽地 達次 :
PKR変異型骨芽細胞株におけるRunx2の発現について,
第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
56. 森本 景之, 西野 朋子, 土肥 良秋, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 :
軟骨細胞分化ににおけるPKRの役割,
第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
57. 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 西野 朋子, 土肥 良秋 :
蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAとオカダ酸によるNF-kBのリン酸化,
第38回日本臨床分子形態学会総会, 2006年9月.
58. 稲垣 裕司, 大場 博史, 瀬戸 浩行, 堀部 ますみ, 吉田 賀弥, 永田 俊彦 :
2型糖尿病モデルラットにおける歯髄内石灰化物形成とオステオポンチンの関与,
第124回春季日本歯科保存学会学術大会, 2006年5月.
59. 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 田中 宏明, 森本 景之, 羽地 達次 :
骨芽細胞の分化と石灰化におけるPKRの役割について,
日本解剖学会第60回中国,四国地方会, 2005年10月.
60. 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 田中 宏明, 森本 景之, 羽地 達次 :
PKRが骨の石灰化に及ぼす影響,
第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
61. 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 :
蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAPの発現とアポトーシス,
第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
62. 尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 :
オカダ酸によるNF-kBのリン酸化とリン酸化部位の同定,
第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
63. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 尾崎 明子, 田中 宏明, Bruna Rabelo Amorim, 那須 史男, 羽地 達次 :
ブレオマイシン誘導アポトーシスとH1.2,
第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
64. 田中 宏明, 岡村 裕彦, 弘田 克彦, 尾崎 明子, Bruna Rabelo Amorim, 吉田 賀弥, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
Streptococcus Intermedius由来毒素intermedilysin処理細胞におけるPTEN, Akt, 及びPDK-1の発現,
第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
65. 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 :
蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定.,
第110回日本解剖学会総会・全国学術集会., 2005年3月.
66. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 尾崎 明子, 田中 宏明, 羽地 達次 :
LPS刺激によるPTENの発現とAktのリン酸化,
第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
67. 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 :
蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定,
第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
68. 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 森本 景之, 羽地 達次 :
骨芽細胞分化におけるPKRの役割について,
第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
69. 尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 :
オカダ酸処理細胞における NF-kB のリン酸化,
第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
70. 田中 宏明, 岡村 裕彦, 尾崎 明子, 吉田 賀弥, 森本 景之, 羽地 達次 :
カリクリンA誘導アポトーシス細胞におけるPTENとAktの発現,
第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
71. 尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 :
オカダ酸処理細胞におけるNF-kBのリン酸化,
第59回日本解剖学会中国,四国地方会, 2004年11月.
72. 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 :
蛋白脱リン酸化酵素剤によるIkB/NF-kBの調節,
第46回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2004年9月.
73. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 尾崎 明子, 森本 景之, 羽地 達次 :
骨芽細胞の分化におけるPKRの役割について,
第46回歯科基礎医学会総会, 2004年9月.
74. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 田中 宏明, 羽地 達次 :
LPS処理線維芽細胞におけるPTENの発現とAktのリン酸化,
第46回歯科基礎医学会総会, 2004年9月.
75. 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 :
蛋白質脱リン酸化酵素阻害によるIkB/NF-kBの調節,
第46回歯科基礎医学総会, 2004年9月.
76. 森本 景之, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 :
蛋白質脱リン酸化酵素阻害によるアポトーシス誘導機構,
第45回歯科基礎医学会総会, 2003年9月.
77. 吉田 賀弥, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
アラキドン酸がプロスタグランジンE2合成経路に与える影響について,
第45回歯科基礎医学会総会, 2003年9月.
78. 岡村 裕彦, 森本 景之, 吉田 賀弥, 清水 克英, 羽地 達次 :
カリクリンA処理扁平上皮癌細胞におけるEgr-1およびPTENの発現,
第45回歯科基礎医学会総会, 2003年9月.
79. 森本 景之, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 北村 清一郎, 羽地 達次 :
フォスファターゼ阻害によるアポトーシス誘導,
第1回日本プロテインフォスファターゼ研究会学術集会, 2003年7月.
80. 岡村 裕彦, 森本 景之, 吉田 賀弥, 羽地 達次 :
上皮癌細胞での転写因子NF-YによるMDR1の発現調節,
第20回分子病理研究会, 2003年7月.
81. 東 智子, 張 剛太, 鈴木 敬三, 吉田 賀弥, 堀部 ますみ, 中村 輝夫, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病性腎症患者の歯周病罹患に関する疫学的研究,
日本歯周病学会会誌, 2003年4月.
82. 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 永田 俊彦, 北村 清一郎, 羽地 達次 :
薬剤感受性の異なる口腔扁平上皮癌細胞におけるMDR1の発現と転写調節,
第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月.
83. 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
マウス骨芽細胞様細胞MC3T3-E1においてオカダ酸はRANKLの発現を促進する,
第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月.

その他・研究会:

1. 藤原 奈津美, 邵 文華, 吉田 賀弥, 新垣 理恵子, 尾崎 和美, 石丸 直澄, 工藤 保誠 :
Fusobacterium nucleatumが与える口腔癌細胞への影響,
第38回 分子病理学研究会 淡路島シンポジウム(兵庫県) 2019年7月19-20日, 2019年7月.
2. 吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 :
歯周病が糖尿病を重症化する機序について,
2018 Bioscience retreat in Awaji, 2018年11月.
3. 藤原 奈津美, 鶴熊 美樹, 吉田 賀弥, 村上 圭史, 尾崎 和美, 藤猪 英樹, 湯本 浩通 :
MPCポリマーコーティングによる義歯用レジンのカンジダ付着抑制効果,
2018 Bioscience retreat in Awaji, 2018年11月.
4. 瀬山 真莉子, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisの分泌小胞が肝臓インスリンシグナルに及ぼす影響について,
2017 Bioscience Retreat in Tosa, 2017年12月.
5. 吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 :
Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージはインスリンシグナル抑制因子を含むエクソソームを産生する,
2017 Bioscience Retreat in Tosa, 2017年12月.
6. 吉田 賀弥 :
歯肉においてPKRがリン酸化する機構:歯周病との関連性は?,
第22回HBS月例交流セミナー, 2011年7月.
7. 稲垣 裕司, 吉田 賀弥, 大場 博史, 中島 由紀子, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 羽地 達次, 永田 俊彦 :
高血糖は歯髄組織におけるオステオポンチン産生と病的石灰化を促進する,
第1回骨バイオサイエンス研究会 (岡山), 2010年6月.
8. 吉田 賀弥 :
PKRと骨代謝,
電気学会 光・量子デバイス研究会, 2008年5月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 歯周病原菌が放出する小胞の組織障害性と病態評価への応用 (研究課題/領域番号: 19H04051 )
  • 人工細胞を用いたオーラルケアシステムの基礎研究 (研究課題/領域番号: 17H04418 )
  • PKRが骨代謝を制御し糖尿病関連歯周炎を重症化する分子機構の解明 (研究課題/領域番号: 16K11506 )
  • 最終糖化産物AGEsによる糖尿病関連歯周炎の重症化機序の解明と診断システムの構築 (研究課題/領域番号: 15H05054 )
  • プロテインホスファターゼPP2Aによる骨形成と間葉系細胞分化機構の解明 (研究課題/領域番号: 26462786 )
  • PKRはインフラマソームを介して歯周病の進行を制御するか? (研究課題/領域番号: 25462918 )
  • 漢方薬を応用した口腔保健管理による入院患者への医療支援の確立 (研究課題/領域番号: 24390471 )
  • プロテインホスファターゼPP2Aによる新たな骨芽細胞分化機構の解明 (研究課題/領域番号: 23592703 )
  • PKRによるSTAT1のユビキチン化を介した骨石灰化調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 21791791 )
  • 専門的口腔ケアによる自己免疫疾患の抑制 (研究課題/領域番号: 20390536 )
  • PKRによる骨石灰化調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 19791346 )
  • PKR-骨石灰化における新たな調節因子- (研究課題/領域番号: 17791304 )
  • 研究者番号(60363157)による検索