検索:
徳島大学大学院社会産業理工学研究部生物資源産業学域応用生命系応用生物資源学分野
徳島大学生物資源産業学部生物資源産業学科応用生命講座
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1903007 革新的な光医療技術の開発に資する先進的フォトバイオニクス研究
徳島大学工学部生物工学科生物機能工学講座
徳島大学先端技術科学教育部物質生命システム工学専攻生命テクノサイエンスコース生物機能工学講座
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004012 大気圧非平衡空気プラズマ照射による環境中微生物に対する制御技術の基盤確立
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1904005 光・ナノライフサイエンスに基づく野菜収穫量増加技術の開発
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004016 放電プラズマを用いた新しい炎症性腸疾患治療法の開発
徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

有機化学 (Organic Chemistry), 微生物学 (Microbiology)

研究テーマ

環境調和型微生物制御剤の開発に関する研究

著書・論文

著書:

1. 川上 烈生, 白井 昭博 :
第7章第3節第2項「LEDと光触媒」,
株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2019年12月.
2. 白井 昭博, 大政 健史 :
第10章「バイオ医薬品における生産性向上手法とその課題」,
サイエンス&テクノロジー株式会社, 東京, 2011年8月.

学術論文(審査論文):

1. Tohru Tasaka, Katsuhiko Maehashi, Hisatsugu Yamada, Akihiro Shirai, Hideki Unuma, Ken Tokunaga, Akio Hayakawa, Akiteru Go, Kikyo Go and Yoshihiro Uto :
Therapeutic Effect and Mechanism of Action of Low-molecular-weight Whey Protein Capable of Activating Macrophages in Bovine Mastitis,
Anticancer Research, Vol.40, No.8, 4701-4706, 2020.
(DOI: 10.21873/anticanres.14470,   PubMed: 32727795)
2. Retsuo Kawakami, Yuki Yoshitani, Akihiro Shirai, Shin-ichiro Yanagiya, Hirofumi Koide, Yuki Mimoto, Kosuke Kajikawa, Masahito Niibe, Yoshitaka Nakano, Chisato Azuma and Takashi Mukai :
Effects of Nonequilibrium Atmospheric-Pressure O2 Plasma-Assisted Annealing on Anatase TiO2 Nanoparticles,
Applied Surface Science, Vol.526, 146684:1-146684:12, 2020.
(DOI: 10.1016/j.apsusc.2020.146684)
3. 安友 優子, 葉田 敬子, 田端 京子, 菅野 由佳, 白井 昭博 :
釜揚げしらす由来分離株の系統解析および釜揚げしらすとその分離株に対する紫外線LEDの影響,
日本防菌防黴学会誌, Vol.47, No.5, 191-198, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113335,   CiNii: 120006713012)
4. Akihiro Shirai and Yu-ko Yasutomo :
Bactericidal action of ferulic acid with ultraviolet-A light irradiation,
Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology, Vol.191, 52-58, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 112825,   DOI: 10.1016/j.jphotobiol.2018.12.003,   PubMed: 30580185,   Elsevier: Scopus)
5. Akihiro Shirai, Takashi Watana and Hitoshi Matsuki :
Inactivation of foodborne pathogenic and spoilage microorganisms using ultraviolet-A light in combination with ferulic acid,
Letters in Applied Microbiology, Vol.64, No.2, 96-102, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111085,   DOI: 10.1111/lam.12701)
6. Akihiko Tsuji, Shuji Kuwamura, Akihiro Shirai and Keizo Yuasa :
Identification and Characterization of a 25 kDa Protein That Is Indispensable for the Efficient Saccharification of Eisenia bicyclis in the Digestive Fluid of Aplysia kurodai,
PLoS ONE, Vol.12, No.1, e0170669, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111878,   DOI: 10.1371/journal.pone.0170669,   PubMed: 28129373,   Elsevier: Scopus)
7. Akihiro Shirai, Masato Kajiura, Kyohei Matsumura and Takeshi Omasa :
Improved photobactericidal activity of ultraviolet-A light in combination with isomerizable p-coumaric acid derivatives,
Biocontrol Science, Vol.20, No.4, 231-238, 2015.
(DOI: 10.4265/bio.20.231,   Elsevier: Scopus)
8. Akihiro Shirai, Masato Kajiura and Takeshi Omasa :
Synergistic photobactericidal activity based on ultraviolet-A irradiation and ferulic acid derivatives,
Photochemistry and Photobiology, Vol.91, No.6, 1422-1428, 2015.
(DOI: 10.1111/php.12507,   PubMed: 26268548)
9. Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Effect of polyphenols on reactive oxygen species production and cell growth of human dermal fibroblasts after irradiation with ultraviolet-A light,
Biocontrol Science, Vol.20, No.1, 27-33, 2015.
(DOI: 10.4265/bio.20.27,   PubMed: 25817810,   CiNii: 130005061978,   Elsevier: Scopus)
10. Masayoshi Onitsuka, Miki Tatsuzawa, Ryutaro Asano, Izumi Kumagai, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Trehalose suppresses antibody aggregation during the culture of Chinese hamster ovary cells,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.117, No.5, 632-638, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jbiosc.2013.10.022,   PubMed: 24315529,   CiNii: 110009823142,   Elsevier: Scopus)
11. Akihiro Shirai, Mutsumi Aihara, Akira Takahashi, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Synergistic antimicrobial activity based on the combined use of a gemini-quaternary ammonium compound and ultraviolet A light,
Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology, Vol.130, 226-233, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jphotobiol.2013.11.027,   PubMed: 24362318,   Elsevier: Scopus)
12. Akihiro Shirai, Toshiyuki Endo, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Synthesis of thiazole derivatives and evaluation of their antiamoebic activity and cytotoxicity,
Biocontrol Science, Vol.18, No.4, 183-191, 2013.
(DOI: 10.4265/bio.18.183,   PubMed: 24366623,   Elsevier: Scopus)
13. Akihiro Shirai, Yasuko Fumoto, Tomoaki Shouno, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Synthesis and biological activity of thiazolyl-acetic acid derivatives as possible antimicrobial agents,
Biocontrol Science, Vol.18, No.2, 59-73, 2013.
(DOI: 10.4265/bio.18.59,   CiNii: 130003373489)
14. Uwate Maki, Ichise Yu-ki, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda :
Two routes of MexS-MexT-mediated regulation of MexEF-OprN and MexAB-OprM efflux pump expression in Pseudomonas aeruginosa,
Microbiology and Immunology, Vol.57, No.4, 263-272, 2013.
(DOI: 10.1111/1348-0421.12032,   PubMed: 23586630)
15. Akihiro Shirai, Shoko Ueta, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai and Takeshi Omasa :
Action of reactive oxygen species in the antifungal mechanism of gemini-pyridinium salts against yeast,
Biocontrol Science, Vol.17, No.2, 77-82, 2012.
(DOI: 10.4265/bio.17.77,   PubMed: 22790843,   CiNii: 10030826450)
16. Uwate Maki, Ichise Yu-ki, Kayama Shizuo, Akihiro Shirai, Miyake Yoichiro, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda :
Functionalization of MexT Enhances MexEF-OprN Expression to Overcome Its Repression by MvaT in Pseudomonas aeruginosa,
Journal of Bioindustrial Science, Vol.1, 10-14, 2012.
17. Hideaki Maseda, Hashida Yumiko, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa and Nakae Taiji :
Mutation in the sdeS gene promotes expression of the sdeAB efflux pump gene and multidrug resistance in Serratia marcescens,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.55, No.6, 2922-2926, 2011.
(DOI: 10.1128/AAC.01755-10,   PubMed: 21422216)
18. 白井 昭博, 久保山 泰典, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ATP測定法を利用したアカントアメーバの栄養体およびシストの定量評価と抗アメーバ性試験法の確立,
防菌防黴誌, Vol.38, No.10, 651-660, 2010年.
(CiNii: 10026732709)
19. 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム化合物を担持させた無機-有機ハイブリッド抗菌剤の開発,
防菌防黴誌, Vol.38, No.3, 133-142, 2010年.
(CiNii: 10026327124)
20. Hideaki Maseda, Hashida Yumiko, Konaka Rumi, Akihiro Shirai and Hiroki Kourai :
Mutational upregulation of a resistance-nodulation-cell division-type multidrug efflux pump, SdeAB, upon exposure to a biocide, cetylpyridinium chloride, and antibiotic resistance in Serratia marcescens,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.53, No.12, 5230-5235, 2009.
(DOI: 10.1128/AAC.00631-09,   PubMed: 19752278)
21. Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Mayuko Kurimoto, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai :
The mode of the antifungal activity of gemini-pyridinium salt against yeast,
Biocontrol Science, Vol.14, No.1, 13-20, 2009.
(DOI: 10.4265/bio.14.13,   PubMed: 19344094)
22. 白井 昭博, 住友 倫子, 岡村 菜穂, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
銀担持アクリル繊維を含む抗菌紙の魚病原因細菌に対する殺菌特性,
防菌防黴誌, Vol.36, No.9, 579-585, 2008年.
(CiNii: 10024288308)
23. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Motoaki Ohkita, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Antibacterial activity and characteristics of modified ferrite powder coated with a gemini pyridinium salt molecule,
Biocontrol Science, Vol.12, No.3, 83-91, 2007.
(DOI: 10.4265/bio.12.83,   PubMed: 17927048,   CiNii: 10019858615)
24. Tomoko Sumitomo, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Construction of a leftover bath water model for microbial testing,
Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 107-114, 2006.
(DOI: 10.4265/bio.11.107,   PubMed: 17017128)
25. Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Munehiro Yoshida, Tomoyo Kaimura, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai :
Synthesis and biological properties of gemini quaternary ammonium compounds,5,5'-[2,2'-(α,ω-polymethylnedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazolium iodide) and 5,5'- [2,2'-(ρ-phenylenedicarbonyldioxy)diethyl] bis(3-alkyl-4-methylthiazolium bromide),
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.5, 639-645, 2006.
(DOI: 10.1248/cpb.54.639,   PubMed: 16651758)
26. Hiroki Kourai, Tadao Yabuhara, Akihiro Shirai, Takuya Maeda and Hideaki Nagamune :
Syntheses and antimicrobial activities of series of new bis-quaternary ammonium compounds,
European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.41, No.4, 437-444, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ejmech.2005.10.021,   PubMed: 16517025)
27. Kiyo Okazaki, Munehiro Yoshida, Mari Mayama, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Antifungal characteristics of N,N'-hexamethylenebis (4-carbamoyl-1-decylpyridinium bromide),
Biocontrol Science, Vol.11, No.1, 37-42, 2006.
(DOI: 10.4265/bio.11.37,   PubMed: 16637437,   CiNii: 10017316677)
28. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Hiroki Kourai :
Biological and physicochemical properties of gemini quaternary ammonium compounds in which the positions of a cross-linking sulfur in the spacer differ,
European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.40, No.1, 113-123, 2005.
(DOI: 10.1016/j.ejmech.2004.09.015,   PubMed: 15642416)
29. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Ichiro Hara, Azumi Yoshinari, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Antimicrobial characteristics of bis-quaternary ammonium compounds possessing a p-phenylene group in their spacer chains,
Biocontrol Science, Vol.8, No.4, 151--157, 2003.
(DOI: 10.4265/bio.8.151,   CiNii: 10011872134,   Elsevier: Scopus)
30. 白井 昭博, 佐久間 貴子, 青木 美保, 三好 弘一, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
銀担持アクリル繊維を含む抗菌紙の殺菌作用機構,
防菌防黴誌, Vol.31, No.4, 173-181, 2003年.
(CiNii: 80015877240)
31. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Ichiro Hara, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai :
Synthesis and antimicrobial characteristics of 4,4',4''-(1,2,3-propylene trithio)tris(1-alkylpyridinium iodide)s,
Biocontrol Science, Vol.7, No.2, 55-61, 2002.
32. Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Masayo Ito, Genji Kawano and Hiroki Kourai :
Control of Legionella species and host amoeba by bis-quaternary ammonium compounds,
Biocontrol Science, Vol.5, No.2, 97-102, 2000.

学術論文(紀要・その他):

1. 川阪 凱士, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
フェノール酸とブルーライトを併用した真菌の光不活性化,
LED総合フォーラム 2021 in 徳島 論文集, Vol.P-6, 149-150, 2021年.
2. 白井 昭博, 市村 優一朗, 中村 怜, 岡久 修己, 榎本 康, 岡田 宏 :
深紫外線および青色LEDによる釜揚げしらすの光殺菌,
LED総合フォーラム 2021 in 徳島 論文集, Vol.P-5, 147-148, 2021年.
3. 鈴木 昭浩, 大塚 邦紘, 髙成 広起, 永松 謙太郎, 白井 昭博 :
次世代光による細胞光応答の解明,
LED総合フォーラム 2020 in 徳島 論文集, Vol.P-17, 105-106, 2020年.
4. 白井 昭博, 市村 優一朗, 安友 優子, 菅野 由佳, 池田 博行, 榎本 康, 岡田 宏 :
紫外線および青色LEDによる釜揚げしらすの細菌の不活化,
LED総合フォーラム 2020 in 徳島 論文集, Vol.P-5, 81-82, 2020年.
5. 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構の解析,
LED総合フォーラム 2019 in 徳島 論文集, Vol.P-6, 67-68, 2019年.
6. 白井 昭博, 菅野 由佳, 安友 優子 :
紫外線および青色LEDによる釜揚げしらすの微生物制御,
LED総合フォーラム 2019 in 徳島 論文集, Vol.P-5, 65-66, 2019年.
7. 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構とそのポストハーベスト保存法としての検討,
LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-16, 119-124, 2018年.
8. 白井 昭博, 國見 明加, 横田 優子 :
フェルラ酸と紫外線-Aの併用殺菌機構,
LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-15, 113-117, 2018年.
9. Akihiro Shirai and Yuko Yokota :
Bactericidal action of UV-A light-irradiated ferulic acid,
4th World Congress and Expo on Applied Microbiology J. Microb. Biochem. Technol., Vol.9, No.6, 114, 2017.
10. 白井 昭博, 渡部 貴志, 松木 均 :
フェルラ酸と紫外線(UV-A)の併用による食品媒介病原性微生物および食品腐敗微生物の不活化,
LED総合フォーラム 2016 in 徳島 論文集, Vol.P-9, 145-150, 2016年.
11. 白井 昭博, 梶浦 雅斗, 大政 健史 :
フェルラ酸とその誘導体を用いた近紫外光殺菌とその殺菌機構,
LED総合フォーラム 2015 in 徳島 論文集, Vol.P-7, 109-112, 2015年.
12. 白井 昭博, 松村 恭平, 梶浦 雅斗, 間世田 英明, 大政 健史 :
フォトクロミック分子を応用した光応答型殺菌剤の開発,
LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島 論文集, Vol.P-8, 121-122, 2015年.
13. 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
ジェミニ型抗菌剤ハイジェニアとLED近紫外光の併用による相乗殺菌効果とその殺菌機構の解明,
LED総合フォーラム2013 in 徳島 論文集, Vol.P-8, 73-74, 2013年.
14. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果とその殺菌機構,
LED総合フォーラム2012 in 徳島 論文集, Vol.P-8, 81-82, 2012年.
15. Uwate Maki, Nakae Taiji, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa and Hideaki Maseda :
MexT-mediated Regulation of MexEF-OprN Multidrug Efflux Pump via Nod Box in Pseudomonas aeruginosa,
Resouces Envionment Life, 191-198, 2011.
16. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果とその殺菌機構,
LED総合フォーラム2011 in 徳島 論文集, Vol.P-11, 93-94, 2011年.
17. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果,
LED総合フォーラム論文集, No.P-6, 75-76, 2010年.
18. Takuya Maeda, Kazuki Yoshiura, Akihiro Shirai and Hiroki Kourai :
Novel antimicrobial agents, immobilized 1-alkyl-1'-(ω-hydroxypolymethylene)-4,4'-dipyridinium dibromides on inorganic materials,
Proceedings of the 2nd International Conference on Advanced Materials Development and Performance Evaluation and Application, Vol.2, 649-654, 1999.

総説・解説:

1. 川上 烈生, 白井 昭博 :
医療・食品・環境分野で注目される抗菌技術:光触媒による殺菌と食品鮮度保持,
日本防菌防黴学会誌, Vol.46, No.7, 321-327, 2018年7月.
(CiNii: 40021634512)
2. 白井 昭博 :
近紫外線反応を利用した殺菌:第四アンモニウム塩とフェノール酸による相乗殺菌効果,
クリーンテクノロジー, Vol.28, No.6, 10-14, 2018年6月.
3. 白井 昭博 :
医療・食品・環境分野で注目される抗菌技術:開講にあたって,
防菌防黴誌, Vol.46, No.4, 175-176, 2018年4月.
4. 白井 昭博 :
抗菌剤と芳香分子を徐放するケイ酸アルミニウム系ハイブリッドの開発,
アロマリサーチ, Vol.53, No.14, 51-52, 2013年2月.
5. 鬼塚 正義, 白井 昭博, 大政 健史 :
糖タンパク質生産における翻訳後プロセスの解明と制御(バイオ医薬製造技術シリーズ),
ファームテク ジャパン, Vol.28, No.5, 73-78, 2012年4月.

国際会議:

1. Akihiro Shirai, Watanabe Takashi and Hitoshi Matsuki :
Effect of ferulic acid addition on the photobactericidal activity of ultraviolet-A light against food-borne pathogenic and spoilage microbes,
IV International Conference on Antimicrobial Research, Vol.T7, 149, Torremolinos-Malaga, Jun. 2016.
2. Akihiro Shirai, Matsumura Kyohei, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Application of photochromism to the molecular design of antimicrobial agents: synthesis of phenolic derivatives and their bactericidal activity based on a photo-reaction with ultraviolet-A light,
III International Conference on Antimicrobial Research, No.T64, 289, Madrid, Oct. 2014.
3. Ichise Yu-ki, Uwate Maki, Akihiro Shirai, Nakae Taiji and Hideaki Maseda :
Role of MexEF-OprN efflux pump in wild type strain of Pseudomonas aeruginosa,
114th General Meeting, American Society for Microbiology, 145, Boston, May 2014.
4. Uwate Maki, Ichise Yu-ki, Nakae Taiji, Akihiro Shirai and Hideaki Maseda :
The mechanism of mexT gene activation in the expression of the mexEF-oprN operon in Pseudomonas aeruginosa,
114th General Meeting, American Society for Microbiology, 168, Boston, May 2014.
5. Noda Masahiro, Tatsuzawa Miki, Masayoshi Onitsuka, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa :
Chemical shaperon suppresses the antibody aggregation in CHO cell culture,
ESACT Meeting 2013 in Lille, No.A121, 97, Lille,France, Jun. 2013.
6. Masayoshi Onitsuka, Tatsuzawa Miki, Noda Masahiro, Koguma Ichiro, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa :
Dynamical analysis of antibody aggregation in the CHO cell culture with thermo responsive protein A (TRPA) column,
ESACT Meeting 2013 in Lille, No.A122, 97, Jun. 2013.
7. Mai Takahashi, Syuichi Kimura, Haghparast Mohammad Ali Seyed, Yihua Cao, Takayuki Itoi, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka and Takeshi Omasa :
Relationship between chromosomal instability an cell characterization in Chinese hamster ovary cell line,
25th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT 2012), 108, Nagoya, Nov. 2012.
8. Tomomi Tsutsui, Akitoshi Nishizawa, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Expression profiling in UPR-regulated Chinese hamster ovary cell line,
25th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT 2012), 107, Nagoya, Nov. 2012.
9. Miki Tatsuzawa, Masayoshi Onitsuka, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Trehalose suppress the antibody aggregation in CHO cell culture,
25th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT 2012), 106, Nagoya, Nov. 2012.
10. Masayoshi Onitsuka, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa :
Rapid evalution of glycosylation CHO antibody production,
25th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT 2012), 110, Nagoya, Nov. 2012.
11. Masayoshi Onitsuka, Miki Tatsuzawa, Kazuo Okuyama, Ichiro Koguma, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa :
Purification and aggregation analysis of humanized IgG-like bispecific diabody-Fc with thermo responsive Protein A (TRPA) column,
25th Annual and international meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT 2012), 111, Nagoya, Nov. 2012.
12. Akihiro Shirai, Ohtsu Yuki and Hiroki Kourai :
Synergistic antimicrobial activity of a gemini-quaternary ammonium compound and ultraviolet A light generated by a light-emitting diode,
II International Conference on Antimicrobial Research, 98, Lisbon, Nov. 2012.
13. Michiko Hoashi, Mai Takahashi, Masayoshi Onitsuka, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Construction of new mammalian expression vector on the basis of gene-amplified structure in CHO genome,
The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 118, Tokushima, Oct. 2012.
14. Mai Takahashi, Syuichi Kimura, Haphparast Mohammad Ali Seyed, Yihua Cao, Takayuki Itoi, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka and Takeshi Omasa :
Clonal variability and chromosomal heterogeneity in Chinese hamster ovary cell lines during long-term cultivation,
The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 117, Tokushima, Oct. 2012.
15. Tomomi Tsutsui, Akitoshi Nishizawa, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Expression profiling in UPR-engineered Chinese hamster ovary cell line,
The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 116, Tokushima, Oct. 2012.
16. Miki Tatsuzawa, Masayoshi Onitsuka, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Aggregation-controlled Chinese hamster ovary cell cultivation in antibody production,
The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 115, Tokushima, Oct. 2012.
17. Akihiro Shirai, Koichiro Sato, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
The effect of WFS1 over-expression on recombinant protein production in Chinese Hamster Ovary Cells,
The 18th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), 113, Tokushima, Oct. 2012.
18. Ichise Yu-ki, Uwate Maki, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda :
Regulation of mexT-Mediated mexEF-oprN Expression and mexAB-oprM Depression by An Upper Regulator mexS in Pseudomonas aeruginosa,
The 5th Japan-China-Korea Graduate Student Forum, 110, Tsukuba, Sep. 2012.
19. Uwate Maki, Ichise Yuki, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda :
Regulation of mexT-Mediated mexEF-oprN Expression and mexAB-oprM Depression by an Upper Regulator mexS in Pseudomonas aeruginosa,
American Society for Microbiology 112th General Meeting, 143, San Francisco, Jun. 2012.
20. Masayoshi Onitsuka, Miki Tatsuzawa, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Suppression of antibody aggregation in CHO cell culture by trehalose addition,
Cell Culture Engineering XIII, 210, Scottsdale, Arizona, USA, Apr. 2012.
21. Tomomi Tsutsui, Akitoshi Nishizawa, Akihiro Shirai, Masayoshi Onitsuka, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Gene expression profiles in ATF4-overexpressing CHO cell line,
Cell Culture Engineering XIII, 275, Scottsdale, Arizona, USA, Apr. 2012.
22. Masayoshi Onitsuka, Tatsuzawa Miki, Akihiro Shirai, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
Effects of trehalose on antibody production: Supression of protein aggregation and enhancement of productivity,
The 17th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-9, 121, Incheon, Oct. 2011.
23. Akihiro Shirai, kuboyama Yasunori, Masayoshi Onitsuka, Katsu Satoshi, Takami Takayuki, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa :
The effects of CHOP over-expression/down-regulation on recombinant Antithrombin III production in Chinese Hamster Ovary Cells,
The 17th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-8, 120, Incheon, Oct. 2011.
24. Uwae Maki, Ichise Yuki, Akihiro Shirai, Takeshi Omasa, Nakae Taiji and Hideaki Maseda :
MexS cancels the MexT-dependent repression of MexAB-OprM efflux pump in Pseudomonas aeruginosa,
International Union of Microbiology Societies 2011 Congress, 221, Sapporo, Sep. 2011.
25. Akihiro Shirai, Yasuko Fumoto, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai :
Synthesis and biological properties of novel anionic surfactant, potassium acetate salt of (5-alkyl-2-methyl-1,3-thiazole)s,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), No.04-ORGN-1613, 139, Honolulu, Dec. 2010.
26. Toshiyuki Endoh, Kanae Sakaguchi, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai, Akihiro Shirai and Takeshi Omasa :
Development of new antimicrobial agents: synthesis and biological properties of hybrid-type quaternary ammonium salts as a safe antimicrobial agent,
The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-13, 72, Taoyuan, Nov. 2010.
27. Akihiro Shirai, Yuki Ohtsu, Yasunori Kuboyama, Hideaki Maseda, Hiroki Kourai and Takeshi Omasa :
Water disinfection system based on the combined use of gemini-quaternary ammonium salt and ultraviolet (A)-light emitting diode,
The 16th Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC), No.F-17, 74, Taoyuan, Nov. 2010.
28. Akihiro Shirai, Yasuko Fumoto, Shou Nashino, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai :
Synthesis and antimicrobial properties of novel anionic heterocyclic surfactant derivatives of 5-alkyl-2-methyl-1,3-thiazole,
42nd IUPAC Congress: Chemistry Solutions, Vol.P206_018, Glasgow, Aug. 2009.

国内講演発表:

1. 川阪 凱士, 土屋 浩一郎, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
フェノール酸とブルーライトを併用した真菌の光不活性化,
日本農芸化学会2021年度仙台大会, Vol.3G01-06, 829, 2021年3月.
2. 泉 匠人, 川上 烈生, 粟飯原 睦美, 白井 昭博, 宮脇 克行, 向井 孝志 :
大気圧低温プラズマジェット照射による植物養液殺菌効果,
第68回春季応用物理学会学術講演会, 07-070, 2021年3月.
3. 立石 義憲, 大山 永治, 酒巻 奨, 白井 昭博, 中川 忠彦, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 寺西 研二 :
放電プラズマを照射した⽣理⾷塩⽔がJurkat細胞に及ぼす影響,
第58回⽇本⼈⼯臓器学会⼤会, 2020年11月.
4. 大山 永治, 立石 義憲, 酒巻 奨, 白井 昭博, 中川 忠彦, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 寺西 研二 :
放電プラズマを照射した⽣理⾷塩⽔が⾎液の溶⾎と凝固に及ぼす影響,
第58回⽇本⼈⼯臓器学会⼤会, 2020年11月.
5. 泉 匠人, 川上 烈生, 粟飯原 睦美, 白井 昭博, 宮脇 克行, 向井 孝志 :
植物養液への非平衡大気圧空気プラズマジェット照射効果,
2020年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 10, 2020年8月.
6. 白井 昭博 :
物理的殺菌手法を用いた殺菌技術-プラズマ,UV-LED-,
令和元年度微生物汚染と対策に関する基礎講座, No.8, 35-39, 2019年12月.
7. 芳谷 勇樹, 白井 昭博, 梶川 耕介, 安友 優子, 小出 洋史, 東 知里, 向井 孝志, 川上 烈生 :
酸素プラズマ支援アニーリング処理した酸化チタンナノ粒子の殺菌効果,
日本防菌防黴学会 第46回年次大会, 196, 2019年9月.
8. 寺西 研二, 小田 直輝, 水田 康治, 白井 昭博, 下村 直行 :
ヘリウム誘電体バリア放電型プラズマジェットのプラズマ内部に酸素あるいは窒素を供給した際の枯草菌芽胞の不活化特性,
日本防菌防黴学会第46回年次大会要旨集, 215, 2019年9月.
9. 白井 昭博 :
LEDによる殺菌と食品に対するLED照射の実際,
日本防菌防黴学会第46回年次大会要旨集, No.1S1-Bp02, 141, 2019年9月.
10. 市村 優一朗, 安友 優子, 菅野 由佳, 白井 昭博 :
405nmをピークとするLEDによる徳島県産釜揚げしらすの殺菌処理としらす由来分離株に対する殺菌効果,
日本防菌防黴学会第46回年次大会要旨集, No.1P-AC42, 85, 2019年9月.
11. 白井 昭博, 國見 明加, 長宗 秀明 :
紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌機構の解析とポストハーベスト殺菌への応用,
日本防菌防黴学会第46回年次大会要旨集, No.2P-AA36, 201, 2019年9月.
12. 水田 康治, 赤田 壮佑, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットの放電電力と照射距離が枯草菌芽胞の不活化に及ぼす影響,
平成30年度第45回日本防菌防黴学会年次大会講演要旨集, 215, 2018年11月.
13. 安友 優子, 菅野 由佳, 白井 昭博 :
可視光領域のLED照射による徳島県産釜揚げしらすの殺菌処理の検討,
日本防菌防黴学会第45回年次大会要旨集, No.2P-Ca50, 231, 2018年11月.
14. 白井 昭博, 菅野 由佳, 安友 優子 :
農水産物に対する405nm LEDの殺菌・増殖抑制効果,
日本防菌防黴学会第45回年次大会要旨集, No.2P-Ca51, 232, 2018年11月.
15. 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌機構の解析,
日本防菌防黴学会第45回年次大会要旨集, No.2P-Cp70, 329, 2018年11月.
16. 白井 昭博, 菅野 由佳, 安友 優子 :
405 nm照射による水産物の微生物汚染低減効果の検討,
第39回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P20, 110, 2018年9月.
17. 安友 優子, 菅野 由佳, 白井 昭博 :
紫外および可視光領域のLED照射による徳島県産釜揚げしらすの殺菌処理の検討,
第39回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P19, 109, 2018年9月.
18. 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
紫外線-Aとフェルラ酸を利用したポストハーベスト殺菌手法の検討,
第39回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P18, 108, 2018年9月.
19. 白井 昭博, 横田 優子, 田端 京子, 葉田 敬子 :
釜揚げしらす由来分離菌の菌種同定と280 nmの光による分離菌の不活化,
第91回日本細菌学会総会, Vol.73, No.P-101, 75, 2018年3月.
20. 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
ポストハーベスト殺菌に資する紫外線-Aとフェルラ酸の併用手法の検討,
第38回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P38, 130, 2017年10月.
21. 横田 優子, 田端 京子, 葉田 敬子, 白井 昭博 :
280 nm LEDによるしらすの細菌汚染低減効果の検討,
第38回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P37, 129, 2017年10月.
22. 寺西 研二, 赤田 壮佑, 水田 康治, 木村 栄輝, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型ジェット状プラズマ源による枯草菌芽胞の不活化,
平成29年度第44回日本防菌防黴学会年次大会講演要旨集, 151, 2017年9月.
23. 白井 昭博 :
光反応分子を利用した殺菌,
日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.1S2-Bp02, 118, 2017年9月.
24. 横田 優子, 田端 京子, 葉田 敬子, 白井 昭博 :
徳島県産釜揚げしらす由来分離菌の菌種同定および280 nm LEDの殺菌力の検討,
日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa08, 145, 2017年9月.
25. 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌法を用いた酵母の増殖抑制の検討,
日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa52, 189, 2017年9月.
26. 坂東 陽介, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
紫外線-A反応分子であるフェルラ酸を用いたフェノール酸誘導体の合成とその殺菌特性,
日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa58, 195, 2017年9月.
27. 白井 昭博, 國見 明加 :
紫外線-A照射におけるフェルラ酸の殺菌機構の解明,
日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa63, 200, 2017年9月.
28. 水田 康治, 赤田 壮佑, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットによる枯草菌芽胞の殺菌特性(II) - 枯草菌芽胞の試料厚さが殺菌特性に及ぼす影響 -,
平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 35, 2017年9月.
29. 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 :
酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌力とその殺菌機構,
日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, No.A-2, 21, 2017年6月.
30. 赤田 壮佑, 木村 栄輝, 水田 康治, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットによる 枯草菌芽胞の殺菌特性,
平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 136, 2017年3月.
31. 白井 昭博, 渡部 貴志, 松木 均 :
紫外線(UV-A)殺菌におけるフェルラ酸の併用効果,
日本防菌防黴学会第43回年次大会要旨集, No.27Pa-D01, 245, 2016年9月.
32. 上手 麻希, 市瀨 裕樹, 北島 圭, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
リアレンジメントによる新たな遺伝子発現調節機構,
日本細菌学会雑誌, Vol.71, No.1, 144, 2016年3月.
33. 市瀨 裕樹, 上手 麻希, 北島 圭, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
緑膿菌の一過的な耐性株の出現機構についての解析,
日本細菌学会雑誌, Vol.71, No.1, 143, 2016年3月.
34. 香川 悠馬, 野村 嘉紀, 鬼塚 正義, 山野 範子, 白井 昭博, 大政 健史 :
ヒト及びサメ由来抗体配列の融合による新規定常領域創製の試み,
化学工学会 第81年会, 2016年3月.
35. 阿賀 万里菜, 山野 範子, 隈元 信貴, フランク ヤナ, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 大政 健史 :
de novo型DNAメチル化酵素欠損CHO細胞株の構築とその応用,
化学工学会 第81年会, 2016年3月.
36. Yuanshan Lai, 山野 範子, 鬼塚 正義, フランク ヤナ, 白井 昭博, 大政 健史 :
CHO細胞同士の細胞融合による染色体不安定性の誘発が高抗体生産を導く,
第67回 日本生物工学会大会, 2015年10月.
37. 阿賀 万里菜, 山野 範子, 隈元 信貴, フランク ヤナ, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 大政 健史 :
CRISPR/Cas9システムを用いた de novo型DNAメチル化酵素欠損CHO細胞株の構築,
第67回 日本生物工学会大会, 2015年10月.
38. 川村 菜美子, 松山 莉麻, 筒井 智美, Kyoungho Lee, 山野 範子, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 大政 健史 :
細胞周期チェックポイント制御による遺伝子増幅系の効率化及びその組換えタンパク質生産への応用,
第67回 日本生物工学会大会, 2015年10月.
39. 山野 範子, 高橋 舞, フランク ヤナ, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 大政 健史 :
ゲノムライブラリーを利用したCHO細胞の各染色体の安定性と配列解析,
第67回 日本生物工学会大会, 2015年10月.
40. 香川 悠馬, 鬼塚 正義, 山野 範子, 白井 昭博, 大政 健史 :
2P-266 CHO 細胞を宿主とした重鎖抗体の発現及び精製の試み(セル&ティッシュエンジニアリング,一般講演),
日本生物工学会大会講演要旨集, Vol.67, 241, 2015年9月.
(CiNii: 110010009353)
41. 藤野 祐輝, 隈元 信貴, 鬼塚 正義, 山野 範子, 白井 昭博, 大政 健史 :
2P-261 転写及び翻訳後プロセス改善手法の融合による抗体生産CHO 細胞の構築(セル&ティッシュエンジニアリング,一般講演),
日本生物工学会大会講演要旨集, Vol.67, 240, 2015年9月.
(CiNii: 110010009348)
42. 白井 昭博 :
薬剤による殺菌・除菌技術の現状と新展開:界面活性剤,
日本防菌防黴学会第42回年次大会要旨集, No.1S2p-02, 107, 2015年9月.
43. 白井 昭博, 大野 仁詩, 岸本 貴宗, 大政 健史, 延嶋 浩文 :
アニオン種の異なるピリジニウム塩系抗菌剤の熱化学的特性と抗菌特性,
日本防菌防黴学会第42回年次大会要旨集, No.2Pp-49, 255, 2015年9月.
44. 浜垣 秀平, 鬼塚 正義, 角屋 行紀, 山野 範子, 白井 昭博, 大政 健史 :
抗体医薬品の凝集抑制を目指したケミカルシャペロン添加培養法の開発,
第15回 日本蛋白質科学会年会, 2015年6月.
45. 鬼塚 正義, 野田 真広, 浅野 竜太郎, 熊谷 泉, 山野 範子, 白井 昭博, 大政 健史 :
CHO細胞培養における非天然型抗体の凝集性解析,
第15回 日本蛋白質科学会年会, 2015年6月.
46. 北島 圭, 上手 麻希, 市瀬 裕樹, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
多剤耐性緑膿菌NfxC変異株におけるOprDポーリンの発現機構の解析,
日本細菌学雑誌, Vol.70, No.1, 194, 2015年2月.
47. 市瀬 裕樹, 上手 麻希, 北島 圭, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
緑膿菌MexEF-OprN薬剤排出ポンプの新規発現機構の解析,
日本細菌学雑誌, Vol.70, No.1, 192, 2015年2月.
48. 白井 昭博, 松村 恭平, 鬼塚 正義, 間世田 英明, 大政 健史 :
新規抗菌剤の分子設計におけるフォトクロミック特性の応用,
日本防菌防黴学会第41回年次大会要旨集, No.24Ap-12, 55, 2014年9月.
49. 上手 麻希, 横田 優子, 黒山 亜美, 市瀬 裕樹, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
多剤耐性緑膿菌NfxC変異株におけるイミペネム耐性機構の解析,
日本細菌学会雑誌, Vol.69, No.1, 201, 2014年3月.
50. 市瀬 裕樹, 上手 麻希, 黒山 亜美, 横田 優子, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
MexEF-OprN薬剤排出ポンプの発現と緑膿菌野生株での役割,
日本細菌学会雑誌, Vol.69, No.1, 200, 2014年3月.
51. 黒山 亜美, 市瀬 裕樹, 上手 麻希, 横田 優子, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
多剤耐性緑膿菌NfxC変異株におけるイミペネム耐性機構の解析,
日本細菌学会雑誌, Vol.69, No.1, 200, 2014年3月.
52. 横田 優子, 上手 麻希, 市瀬 裕樹, 黒山 亜美, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
特定の塩基配列の欠失による耐性関連遺伝子出現機構の解析,
日本細菌学会雑誌, Vol.69, No.1, 200, 2014年3月.
53. 野田 真広, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
二重特異性抗体のドメイン配置が凝集性に及ぼす影響,
第65回日本生物工学会大会, 245, 2013年9月.
54. 森下 明彦, 高橋 舞, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
異数性を有するChinese hamster ovary細胞における染色体不安定性解析,
第65回日本生物工学大会, 245, 2013年9月.
55. 高橋 舞, 森下 明彦, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
Chinese hamster ovary 細胞株における染色体不安定性解析と抗体生産への応用,
第65回日本生物工学大会, 73, 2013年9月.
56. 筒井 智美, Kyoung Ho Lee, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
細胞周期制御による抗体医薬品高生産CHO細胞株構築系の確率,
第65回日本生物工学大会, 73, 2013年9月.
57. 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
ジェミニ型抗菌剤ハイジェニアとUVA波長光を併用することによる相乗殺菌効果とその殺菌機構の解明,
日本防菌防黴学会第40回年次大会要旨集, No.10Pp-44, 81, 2013年9月.
58. 木下 幸恵, 筒井 智美, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
抗体生産CHO細胞株におけるNFKBIZ発現の影響,
日本動物細胞工学会2013年度大会(JAACT2013), 68, 2013年7月.
59. 筒井 智美, KyoungHo Lee, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
細胞周期エンジニアリングによるChinese hamster ovary (CHO) 細胞における効率的な遺伝子増幅システムの構築,
日本動物細胞工学会2013年度大会(JAACT2013), 50, 2013年7月.
60. 松村 しずか, 井川 翔太, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 内山 圭司, 大政 健史 :
CHO細胞における小胞出芽関連因子Arfのクローニングと発現抑制によるタンパク質生産への影響,
日本動物細胞工学会2013年度大会(JAACT2013), 69, 2013年7月.
61. 森下 明彦, 高橋 舞, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
組換えバイオ医薬品生産CHO細胞株構築過程における染色体不安定性解析,
化学工学会第77年会, 2013年3月.
62. 野田 真広, 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
トレハロース添加によるCHO細胞培養過程の抗体凝集抑制,
化学工学会第77年会, 2013年3月.
63. 木下 幸恵, 筒井 智美, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
NFKBIZ発現による高生産CHO細胞株の構築と解析,
化学工学会第77年会, 2013年3月.
64. 市瀬 裕樹, 上手 麻希, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
緑膿菌mexS遺伝子による多剤耐性化抑制機構の解析,
日本細菌学会, Vol.68, No.1, 195, 2013年3月.
65. 間世田 英明, 上手 麻希, 中江 太治, 市瀬 裕樹, 白井 昭博, 大政 健史 :
緑膿菌多剤耐性株におけるmexS-mexT遺伝子による耐性制御,
第41回薬剤耐性菌研究会, 31, 2012年10月.
66. 白井 昭博, 佐藤 浩一郎, 鬼塚 正義, 間世田 英明, 大政 健史 :
組換えタンパク質高生産CHO細胞株におけるWFS1発現の影響,
第64回日本生物工学会大会, 33, 2012年10月.
67. 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
トレハロースを用いたCHO細胞培養における抗体の凝集抑制,
第64回日本生物工学会大会, 33, 2012年10月.
68. 筒井 智美, 白井 昭博, 鬼塚 正義, 西沢 明敏, 間世田 英明, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 :
ATF-4高発現CHO細胞における遺伝子発現解析,
第64回日本生物工学会大会, 33, 2012年10月.
69. 黒山 亜美, 上手 麻希, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
高度多剤耐性緑膿菌nfxC変異株の出現はmexT遺伝子の転写に依存する?,
日本細菌学会, 2012年10月.
70. 横田 優子, 上手 麻希, 白井 昭博, 中江 太治, 間世田 英明 :
ダイレクトリピートの欠失による緑膿菌mexT遺伝子出現機構の解析,
日本細菌学会, 2012年10月.
71. 白井 昭博, 遠藤 聡志, 間世田 英明, 大政 健史 :
チアゾール系新規抗アメーバ剤の抗微生物活性および細胞毒性,
日本防菌防黴学会第39回年次大会要旨集, No.12Pa-01, 157, 2012年9月.
72. 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
CHO細胞培養における凝集体抑制培養:トレハロース添加の影響,
日本生物工学会 西日本支部 第2回講演会, 33, 2012年7月.
73. 間世田 英明, 上手 麻希, 白井 昭博, 大政 健史 :
緑膿菌多剤耐性株の耐性機構の解析とその性状,
日本生物工学会 西日本支部 第2回講演会, 24, 2012年7月.
74. 松本 知浩, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
CHO細胞を用いた抗体生産における糖鎖修飾変動解析,
第63回日本生物工学会大会講演要旨集, No.1Gp14, 51, 2011年9月.
75. 帆足 理子, 鬼塚 正義, 木村 修一, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
遺伝子増幅を応用した蛋白質医薬品の高生産株取法の構築,
第63回日本生物工学会大会講演要旨集, No.1Gp13, 51, 2011年9月.
76. 久保山 泰典, 白井 昭博, 鬼塚 正義, 勝 聡, 高見 貴之, 間世田 英明, 大政 健史 :
hAT-III高生産CHO細胞株におけるCHOP発現の影響,
第63回日本生物工学会大会講演要旨集, No.1Gp12, 51, 2011年9月.
77. 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
トレハロースを用いた細胞培養過程における抗体凝集抑制の検討,
化学工学会第43回秋季大会, 628, 2011年9月.
78. 遠藤 聡志, 白井 昭博, 久保山 泰典, 間世田 英明, 大政 健史 :
チアゾールを主骨格とする新規抗アメーバ剤の合成とその生物学的特性,
日本防菌防黴学会第38回年次大会要旨集, No.P39-31P, 117, 2011年8月.
79. 白井 昭博 :
微生物胞子の化学的殺菌を考える,
日本防菌防黴学会第38回年次大会要旨集, No.S2-5, 47, 2011年8月.
80. 龍澤 実季, 鬼塚 正義, 白井 昭博, 間世田 英明, 大政 健史 :
トレハロース添加による一本鎖二重特異性抗体の凝集抑制効果の検討,
日本農芸化学会中四国支部第30回講演会, 30, 2011年5月.
81. 白井 昭博, 坂口 香苗, 間世田 英明, 高麗 寛紀, 大政 健史 :
ハイブリッド型第四アンモニウム塩の抗菌特性と安全性,
日本化学会第91春季年会, No.1B5-56, 41, 2011年3月.
82. 西沢 明敏, Ahmad Haredy, 白井 昭博, 高見 貴之, 大屋 智資, 本田 孝祐, 大竹 久夫, 大政 健史 :
細胞内品質管理機構を用いた蛋白質生産向上法の開発,
化学工学会第76年会, No.A104, 4, 2011年3月.
83. 石橋 学, 清水 和也, 小林 弘明, 白井 昭博, 大政 健史, 杉浦 則夫, 間世田 英明 :
ミクロシスチンの分解に関わるMlrDタンパク質の関与,
日本水処理生物学会誌, No.30, 28, 2010年11月.
84. 久保山 泰典, 白井 昭博, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
栄養体およびシストアメーバに対する抗アメーバ性試験法とその評価法の確立,
第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.2PP-17, 215, 2010年9月.
85. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤ハイジェニアとUVA-LED照射による殺菌相乗効果,
第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.1PP-19, 110, 2010年9月.
86. 白井 昭博, 庄野 知明, 布本 泰子, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規チアゾール系抗菌剤の合成とその抗菌特性,
第37回日本防菌防黴学会年次大会, No.1PA-07, 58, 2010年9月.
87. 白井 昭博, 伊藤 優花, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム化合物を吸着させた無機-有機ハイブリッド抗菌剤の開発,
日本化学会第90春季年会(2010), No.1G7-03, 95, 2010年3月.
88. 布本 泰子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規アニオン性界面活性剤の開発,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
89. 坂口 香苗, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成と抗菌特性,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
90. 白井 昭博, 谷村 賢一, 遠藤 聡志, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
徐放性を付与したポリマー型固定化殺菌剤の構築,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
91. 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩の最適構造の検討,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
92. 白井 昭博, 大徳 桃子, 大平 匡彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
対称・非対称型ジェミニ新規抗菌剤の合成と抗菌機能,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
93. 白井 昭博, 冨脇 真理, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
抗菌タイマー機能を付与したジェミニ型第四アンモニウム塩の構築,
日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月.
94. 大平 匡彦, 白井 昭博, 三宅 洋一郎, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩結合型菌種特異的ペプチドの合成と生物学的特性,
第61回日本生物工学会大会, 2009年9月.
95. 白井 昭博, 黒木 祐輔, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規gemini型ベタインの合成とその殺菌特性,
第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
96. 坂口 香苗, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成とその生物学的特性,
第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
97. 筒井 舞子, 白井 昭博, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩による環境病原性アメーバの制御,
第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
98. 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩の抗菌活性および細胞毒性評価,
第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月.
99. 大津 勇貴, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩で修飾された菌種特異的ペプチド誘導体の合成と生物学的特性,
日本化学会第3回関東支部大会, 2009年9月.
100. 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型ピリジニウム分子をインターカレーションしたモンモリロナイトを担体とする無機-有機ハイブリッドの抗菌特性とその特性,
日本化学会第3回関東支部大会, 2009年9月.
101. 橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
多剤耐性Serratia marcescens の抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定,
第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
102. 上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現制御の解析,
第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
103. 上田 昭子, 橘 あゆみ, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
真菌類に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の作用機構,
日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
104. 森下 裕生, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
無機/有機ハイブリッド抗菌剤の収着・徐放性に関する研究,
日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
105. 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩の安全性評価,
第121回徳島生物学会, 2008年11月.
106. 上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現に及ぼすmvaT遺伝子の効果,
第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
107. 橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
多剤耐性Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定,
第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
108. 藤岡 耕太郎, 白井 昭博, 高麗 寛紀, 斉藤 美佳子, 松岡 英明 :
超深焦点可変域顕微システムを使用した抗菌加工固相表面の抗菌作用機作の迅速評価方法の検討,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
109. 大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規ハイブリット型第四アンモニウム塩の合成,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
110. 冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
エステル結合型疎水性基を有する新規抗菌剤の合成と抗菌活性,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
111. 谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
徐放型固定化殺菌剤の合成とその特性,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
112. 森下 裕生, 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩の毒性・抗菌活性の定量的構造活性相関解析,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
113. 室巻 良彦, 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩の環境毒性および抗菌性の評価,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
114. 白井 昭博, 小野 勉, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
新規gemini型グリシンベタインの合成とその抗菌特性,
第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
115. 間世田 英明, 上手 麻希, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
緑膿菌多剤耐性化遺伝子mexTの機能解析,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
116. 間世田 英明, 橋田 裕美子, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定と解析,
第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
117. 上田 昭子, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構,
第119回徳島生物学会, 2007年12月.
118. 辻 陽平, 伊藤 雅代, 延嶋 浩文, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩化合物のレジオネラ殺菌に及ぼすCa2+,Mg2+の影響,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
119. 冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
種々のN-側鎖を有するビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
120. 谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
第四アンモニウム塩系ポリマー型固定化殺菌剤の合成とその殺菌特性,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
121. 大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
モノ型とジェミニ型第四アンモニウム塩の抗菌特性の差異,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
122. 森下 裕生, 室巻 良彦, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の毒性と化学構造の定量的構造活性相関解析,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
123. 福居 麻弓, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
エーテル結合を有するGemini型第四アンモニウム塩の合成及び殺菌特性の検討,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
124. 岡村 菜穂, 住友 倫子, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
魚病細菌に対する光触媒抗菌紙の殺菌特性,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
125. 白井 昭博, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 間世田 英明, 高麗 寛紀 :
酵母に対するジェミニ型ピリジニウム塩系薬剤の殺菌機構,
日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
126. 住友 倫子, 白井 昭博, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズムの解明,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
127. 住友 倫子, 白井 昭博, 藪原 忠男, 吉成 安純, 唐木 真理, 渡辺 裕子, 浅田 舞子, 栗本 麻友子, 野々宮 正晃, 浜川 智江, 林 正道, 三上 勝弘, 高麗 寛紀 :
微生物試験用モデル残り湯の構築,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
128. 住友 倫子, 白井 昭博, 藪原 忠男, 吉成 安純, 唐木 真理, 渡辺 裕子, 浅田 舞子, 栗本 麻友子, 野々宮 正晃, 浜川 智江, 林 正道, 三上 勝弘, 高麗 寛紀 :
風呂残り湯の微生物学的及び化学的解析,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
129. 野々宮 正晃, 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, Vol.IC-33, 2005年5月.
130. 吉成 安純, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
新規gemini型第四アンモニウム塩殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
131. 栗本 麻友子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
Saccharomycesに対するビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌特性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
132. 浅田 舞子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺カビ特性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
133. 三上 勝弘, 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
Gemini型第四アンモニウム塩の物理化学的特性と定量的構造活性相関研究,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
134. 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
新規ビス型第四アンモニウム塩の抗菌活性とその溶血活性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
135. 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
新規ビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第32回年次大会, 2005年5月.
136. 唐木 真理, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 :
ポリリジンの抗菌特性,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
137. 渡辺 裕子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構の解明,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
138. 住友 倫子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
ビス型第四アンモニウム塩系殺菌剤の殺菌メカニズムの解明,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
139. 吉成 安純, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
140. 野々宮 正晃, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
141. 白井 昭博, 片岡 大也, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-3, 2004年5月.
142. 白井 昭博, 川端 サヤカ, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性,
日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-2, 2004年5月.
143. 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 青木 美保, 竹田 茂 :
銀担持アクリル繊維の光触媒殺菌機構による浴槽レジオネラ属菌の殺菌,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
144. 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
ビス型四級アンモニウム塩の抗菌活性においてのスぺーサ鎖の影響,
日本防菌防黴学会 第30回年次大会, 2003年5月.
145. 白井 昭博, 前田 拓也, 高麗 寛紀 :
アメーバと共生するレジオネラの制御,
徳島生物学会会報 第100回総会, Vol.50, No.2, 5, 1997年12月.

その他・研究会:

1. 川上 烈生, 味元 勇樹, 宮脇 克行, 白井 昭博, 吉田 雅彦 :
熱支援プラズマ処理したアナターゼ/ルチル混晶型光触媒TiO2ナノ粒子の光分解と鮮度保持効果,
LED総合フォーラム2021 in 徳島, 145-146, 2021年2月.
2. 白井 昭博 :
紫外線LEDおよび青色LEDを用いた殺菌技術,
令和2年度地域産業技術セミナー, 2020年11月.
3. 白井 昭博 :
UV-LEDを活用した殺菌∼釜揚げしらすおよび農作物の殺菌への応用∼,
2020年6月例会・講演会(Web会議), 2020年6月.
4. 白井 昭博 :
釜揚げしらすLED殺菌,
徳島新聞, 8, 2020年5月.
5. 芳谷 勇樹, 川上 烈生, 梶川 耕介, 白井 昭博, 東 知里 :
紫外線LED照射によるTiO2ナノ粒子の光触媒効果,
LED総合フォーラム2020 in 徳島, 85-86, 2020年2月.
6. 川上 烈生, 髙見 直樹, 芳谷 勇樹, 味元 勇樹, 東 知里, 宮脇 克行, 白井 昭博, 吉田 雅彦, 山路 諭 :
可視光LED照射下でのプラズマ支援アニーリングした光触媒TiO2ナノ粒子の鮮度保持効果,
LED総合フォーラム2020 in 徳島, 83-84, 2020年2月.
7. 白井 昭博 :
「徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所 研究紹介」 近紫外線LEDを活用した殺菌技術,
All about Photonics 2020, No.2W-P15-02, 2020年1月.
8. 白井 昭博 :
"未来へのバイオ技術" 勉強会「もっと光を!!次世代の光が魅せる新しい未来」 紫外線と光反応分子フェルラ酸の及ぼす驚異の殺菌力 ∼食品,医療分野の革新,
2020年1月.
9. 白井 昭博 :
UV-LEDを活用した医療・食品用殺菌技術,
第9回 おおた研究・開発フェア, No.67, 2019年10月.
10. 白井 昭博, 池田 博行, 榎本 康, 岡田 宏 :
深紫外線および可視光LEDを利用した食品用殺菌装置の開発-LEDによる徳島県産釜揚げしらすの殺菌処理-,
第9回 おおた研究・開発フェア, No.69, 2019年10月.
11. 白井 昭博, 池田 博行, 榎本 康, 岡田 宏 :
深紫外線および可視光LEDを利用した食品用殺菌装置の開発-LEDによる徳島県産釜揚げしらすの殺菌処理-,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2019年10月.
12. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 吉田 雅彦, 芳谷 勇樹, 髙見 直樹, 東 知里, 山路 諭 :
可視光LEDによる光触媒ナノ複合材シートの鮮度保持効果,
LED総合フォーラム2019 in 徳島, 77-78, 2019年2月.
13. 白井 昭博 :
徳島大学ライフオプティクス研究プロジェクト・光反応を利用した微生物制御,
赤外・紫外応用技術展, Vol.E-35, 2018年4月.
14. 白井 昭博 :
紫外線LEDによる釜揚げしらす殺菌について,
徳島新聞, 8, 2018年3月.
15. 白井 昭博 :
紫外線反応を利用した微生物制御,
LED関連技術講座, 2018年3月.
16. 白井 昭博 :
紫外線LEDによる食品表面殺菌,
徳島県LEDバレイ構想推進協議会, 2018年2月.
17. 白井 昭博 :
徳島大学ライフオプティクス研究プロジェクト・光反応を利用した微生物制御,
メディカル ジャパン2018, Vol.8-70, 2018年2月.
18. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 芳谷 勇樹, 吉岡 誠人, 南 雄也, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助 :
LED照射下での光触媒ナノ複合材の鮮度保持機能,
LED総合フォーラム2018 in 徳島, 125-126, 2018年2月.
19. 白井 昭博 :
光反応を利用した微生物制御,
BioOpto Japan 2017, Vol.22-H6, 2017年10月.
20. 白井 昭博, 横田 優子, 菅野 由佳 :
徳島県産釜揚げしらすの鮮度保持を目的とする紫外線LED殺菌技術の開発,
第17回社会産業理工学研究交流会2017 SCI-Tech Festival, No.40, 26, 2017年9月.
21. 白井 昭博, 國見 明加 :
紫外線(UV-A)とフェルラ酸を併用した殺菌,
平成28年度LED総合プラットフォーム事業&LEDライフプロジェクト合同シンポジウム, 2017年3月.
22. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 冨士本 賢吾, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 :
LED光触媒ナノ粒子を使った鮮度保持技術の開発,
LED総合フォーラム2016 in 徳島, 157-160, 2016年12月.
23. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 冨士本 賢吾, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 :
LED光触媒ナノ粒子を使った鮮度保持技術の開発,
LED総合フォーラム2016 in 徳島, 157-160, 2016年12月.
24. 白井 昭博 :
紫外光(UV-A)反応分子を利用した生体制御技術の構築,
第6回次世代ものづくり基盤技術産業展TECH Biz EXPO 2016, 2016年11月.
25. 白井 昭博 :
光反応分子を利用した微生物制御,
第16回エンジニアリングフェスティバル2016, No.16, 15, 2016年9月.
26. 白井 昭博 :
紫外光(UV-A)反応分子を利用した生体制御技術の構築,
BioOpto Japan 2016, 2016年9月.
27. 白井 昭博 :
有機化合物を併用した近紫外線殺菌,
LEDバレイ徳島・新用途開発フォーラム, 2016年3月.
28. 白井 昭博 :
光反応分子を利用した微生物制御,
県と徳島大学との農林水産関係研究推進ワークショップ, 2016年3月.
29. 白井 昭博 :
LED近紫外線殺菌の向上に資するフェノール酸誘導体の創製,
平成27年度革新的特色研究シンポジウム LEDライフフォトニクス研究プロジェクト, 2015年12月.
30. 木村 栄輝, 安東 康太, 植野 優香, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットの放電特性と枯草菌芽胞の殺菌実験,
電気学会研究会資料, Vol.ED-15-152, 11-16, 2015年12月.
31. 白井 昭博 :
光反応を利用した抗生物活性分子による生体制御技術の構築,
BioOpto Japan 2015, 2015年10月.
32. 白井 昭博, 松村 恭平, 梶浦 雅斗, 間世田 英明, 大政 健史 :
LED光殺菌に及ぼす有機系抗菌剤の相乗効果,
平成26年度革新的特色研究シンポジウム LEDライフフォトニクス研究プロジェクト・LEDライフイノベーション研究プロジェクト, 2015年2月.
33. 白井 昭博 :
光反応を利用した抗生物活性分子による生体制御技術の構築,
第4回次世代ものづくり基盤技術産業展TECH Biz EXPO 2014, 2014年10月.
34. 白井 昭博 :
光反応と有機系化合物による微生物制御,
第4回次世代ものづくり基盤技術産業展TECH Biz EXPO 2014, 12, 2014年10月.
35. 白井 昭博 :
LED光殺菌への有機系抗菌剤の併用効果,
平成25年度革新的特色研究シンポジウム LEDライフフォトニクス研究プロジェクト, 2014年2月.
36. 白井 昭博 :
LED光反応とジェミニ型抗菌剤ハイジェニアの併用による有害微生物の制御とその殺菌機構の解明,
第3回次世代ものづくり基盤技術産業展TECH Biz EXPO 2013, 2013年10月.
37. 白井 昭博 :
有害微生物の制御とその殺菌機構の解明,
第3回次世代ものづくり基盤技術産業展TECH Biz EXPO 2013, 2013年10月.
38. 白井 昭博 :
ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射を併用した殺菌法の構築,
赤外・紫外・可視光応用技術展 2013, 2013年4月.
39. 白井 昭博 :
カチオン交換能およびエーテル加水分解能を有するケイ酸アルミニウムを利用した新規抗菌-芳香性ハイブリッドの開発,
日経産業新聞, 11, 2012年11月.
40. 白井 昭博, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUV-A-LED照射を併用した殺菌法の構築,
BioOpto Japan 2012, 2012年9月.
41. 白井 昭博, 大津 勇貴, 高麗 寛紀 :
ジェミニ型抗菌剤とUVA-LED照射による殺菌相乗効果とその殺菌機構,
赤外・紫外・可視光応用技術展 2012, 2012年4月.
42. 高麗 寛紀, 白井 昭博, 大津 勇貴 :
ジェミニ型抗菌剤と紫外部(UV-A)LEDライト照射による殺菌相乗作用メカニズム,
赤外・紫外・可視光応用技術展 2011, 2011年4月.
43. 白井 昭博, 上田 昭子, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 :
酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の殺菌機構,
神戸学院大学ライフサイエンス産業連携研究センター研究成果発表会, 2009年9月.

特許:

1. 延嶋 浩文, 白井 昭博 : 除菌組成物及びそれを用いる細菌芽胞の除菌方法, 特願2020-038418 (2020年10月), .
2. 延嶋 浩文, 白井 昭博 : 除菌組成物及びそれを用いる細菌芽胞の除菌方法, 特願2019-190206 (2019年10月), .
3. 白井 昭博, 安友 優子, 菅野 由佳, 岡田 宏, 板東 知裕 : 可視光LEDを用いた微生物の増殖抑制方法及び装置, 特願2019-157391 (2019年8月), 特開2020-036589 (2020年3月), .
4. 白井 昭博, 安友 優子, 菅野 由佳, 岡田 宏, 板東 知裕 : 可視光LEDを用いた微生物の増殖抑制方法及び装置, 特願2018-163762 (2018年8月), 特開2020-036589 (2020年3月), .
5. 白井 昭博, 延嶋 浩文 : 抗菌・抗黴性ピリジン化合物,抗菌・抗黴性樹脂組成物,及び樹脂成形品, 特願2015-087255 (2015年4月), 特開2016-204301 (2016年12月), 特許第6403161号 (2018年9月).
6. 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 除菌方法, 特願2011-87753 (2011年4月), 特開2012-77065 (2012年4月), 特許第5833332号 (2015年11月).
7. 高麗 寛紀, 白井 昭博 : 抗菌性・抗黴性ケイ酸アルミニウムおよびその製造方法, 特願2010-013162 (2010年1月), 特開2011-148754 (2011年8月), 特許第5542460号 (2014年5月).
8. 高麗 寛紀, 白井 昭博 : 抗菌性モンモリロナイトおよびその製造法, 特願2009-189706 (2009年8月), 特開2011-42582 (2011年3月), .
9. 高麗 寛紀, 間世田 英明, 白井 昭博 : ペプチド, 特願2009-65464 (2009年3月), 特開2009-254355 (2009年11月), .
10. Yoshito Andou, Jae-Mun Jeong, Masao Kaneko, Haruo Nishida, Takeshi Endo and Akihiro Shirai : Gas Phase Radical Polymerization for Fabric Treatment, WO2006EP12559 (Dec. 2006), WO2007087892 (Aug. 2007), .
11. 高麗 寛紀, 白井 昭博, 野々宮 正晃 : ビス四級アンモニウム塩化合物およびその製造方法, 特願2005-104970 (2005年3月), 特開2006-151942 (2006年6月), .
12. 高麗 寛紀, 白井 昭博, 吉成 安純 : ビス四級アンモニウム塩化合物およびその製造方法, 特願2005-104958 (2005年3月), 特開2006-151941 (2006年6月), .
13. 高麗 寛紀, 伊藤 雅代, 風間 真知子, 白井 昭博 : 水系の処理方法, 特願2000-132086 (2000年5月), 特開2001-310191 (2001年11月), .
14. 高麗 寛紀, 河野 源, 白井 昭博 : 固定化殺菌材,その製造方法及びビス第四アンモニウム化合物, 特願平11-330171 (1999年11月), 特開2001-151608 (2001年6月), .
15. 高麗 寛紀, 遠藤 卓郎, 河野 源, 石間 智生, 白井 昭博 : 水系中のレジオネラ属細菌の除菌方法, 特願平10-2246 (1998年1月), 特開平11-197673 (1999年7月), 特許第2969133号 (1999年8月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ポリフェノールを活用した光殺菌の実用化に資するカビ胞子の表面電位解析技術の開発 (研究課題/領域番号: 20H02934 )
  • 光波長応答型殺菌性分子を応用した細胞・組織加工製品の無菌化技術の開発 (研究課題/領域番号: 15K05632 )
  • 再生医療の実用化に資する殺菌性光異性化分子を応用した滅菌技術の構築 (研究課題/領域番号: 25870476 )
  • 再生医療の発展に資する殺菌性ラジカル生成光反応を応用した滅菌技術の構築 (研究課題/領域番号: 23750217 )
  • 細胞内品質管理プロセスを用いた次世代蛋白質生産システム創製 (研究課題/領域番号: 23360371 )
  • CHO細胞のゲノム解析とその応用 (研究課題/領域番号: 20360373 )
  • 研究者番号(40380117)による検索