検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 応用化学系 > 物質機能化学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 応用化学システムコース > 物質機能化学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (選定) > 1804003 生体材料の宇宙環境利用に関する研究を志向した 国際宇宙ステーション実験における要素技術の開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704083 ナノ構造体の高度な配列制御による機能創発 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > 物質生命システム工学専攻 > 化学機能創生コース > 物質機能化学講座 >
徳島大学 > 工学部 > 化学応用工学科 > 物質機能化学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

結晶成長学 (Crystal Growth)

研究テーマ

生体高分子の結晶化, コロイド結晶, 生体高分子の熱測定, 高圧力下での結晶成長 (タンパク質結晶成長, コロイド結晶, 高圧力科学, 示差走査熱量計)

著書・論文

著書:

1.Yoshihisa Suzuki :
Modern Aspects of Bulk Crystal and Thin Film Preparation, --- Chapter 19 Protein Crystal Growth Under High Pressure ---,
Intech, Rijeka, Jan. 2012.
2.近田 恵美, 鈴木 良尚, 本同 宏成, 田村 勝弘 :
高圧力下の生物科学: 第7章 リゾチーム三斜晶系結晶の溶解度に及ぼす温度・圧力・pHの効果,
さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年8月.
3.浅井 俊高, 鈴木 良尚, 竹重 和也, 田村 勝弘 :
高圧力下の生物科学: 第6章 リゾチーム単斜晶系結晶の成長速度に及ぼす圧力効果,
さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年8月.
4.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
高圧力下の生物科学: 第8章 タンパク質結晶表面のステップ前進速度に及ぼす圧力効果,
さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年8月.
5.山本 忠, 田村 勝弘, 鈴木 良尚 :
高圧力下の生物科学, --- 第5章 シクロプロパンガス加圧下におけるリン脂質二分子膜の相転移挙動 ---,
さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年8月.
6.田村 勝弘, 松本 知浩, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚 :
生物科学·食品科学への高圧利用(再掲), --- 第9章 ガス圧高圧熱量計の応用 ---,
さんえい出版 株式会社, 京都, 2003年8月.
7.Toshiaki Arao, Yoshihisa Muramoto, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology II, --- Effects of High-Pressure Gas on the Growth Thermograms of Yeast ---,
Springer-Verlag, Berlin Heidelberg New York, Jun. 2003.
8.Yoshihisa Suzuki, Hiroshi Suto, Tsutomu Sawada and Katsuhiro Tamura :
Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology II, --- Effects of Pressure on the Growth Kinetics of Orthorhombic Lysozyme Crystals ---,
Springer-Verlag, Berlin Heidelberg New York, Jun. 2003.
9.Katsuhiro Tamura, Matsumoto Tomohiro and Yoshihisa Suzuki :
Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology II, --- Effects of Gas Pressure on the Phase Transition Temperature of Liposomal Bilayer Membranes ---,
Springer-Verlag, Berlin Heidelberg New York, Jun. 2003.
10.Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Tsutomu Sawada, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Hiroshi Komatsu, Toshiaki Arao and Katsuhiro Tamura :
Progress in Biotechnology Vol. 19: Trends in High Pressure Bioscience and Biotechnology, --- Effects of pressure on growth kinetics of protein crystals ---,
Elsevier Science, Jan. 2002.
11.Kazuhiro Hisada, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Progress in Biotechnology Vol. 19: Trends in High Pressure Bioscience and Biotechnology, --- Thermotolerance and barotolerance of alcohol-shocked yeast ---,
Elsevier Science, Jan. 2002.
12.Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Progress in Biotechnology Vol. 19: Trends in High Pressure Bioscience and Biotechnology, --- Effects of saccharide in medium on stress tolerance of yeast ---,
Elsevier Science, Jan. 2002.
13.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Satoru Miyashita, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Hiroshi Komatsu, Toshiaki Arao and Katsuhiro Tamura :
Progress in Biotechnology Vol. 19: Trends in High Pressure Bioscience and Biotechnology, --- In situ measurements of the solubility of protein crystals under high pressure ---,
Elsevier Science, Jan. 2002.

学術論文(審査論文):

1.Yoshihisa Suzuki, Torii Kumi, Inaka Koji, Takahisa Fujiwara, Tanaka Hiroaki and Arai Yasutomo :
A novel handling-free method of mounting single protein crystals for synchrotron structure analyses at room temperature,
The Review of Scientific Instruments, Vol.90, 054101-1-054101-4, 2019.
(DOI: 10.1063/1.5070122)
2.Atsushi Mori, Masahide Sato and Yoshihisa Suzuki :
Effect of density change at crystallization on a one-dimensional heat balance equation at solid-liquid interface,
Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.58, 045506-1-045506-6, 2019.
(DOI: 10.7567/1347-4065/ab0707,   Elsevier: Scopus)
3.Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara, Katsuo Tsukamoto, Fukuyama Seijiro, Shimaoka Taro, Tsuchiya Kazuma, Ninomiya Ai, Murakumo Yumiko, Ikeuchi Akiho, Minamizono Hitomi, Yamazaki Tomokazu, Sone Takehiko, Sakashita Tetsuya, Nagai Masae and Arai Yasutomo :
Very low nucleation rates of glucose isomerase crystals under microgravity in the International Space Station,
Crystals, Vol.9, No.2, 90-1-8, 2019.
(DOI: 10.3390/cryst9020090)
4.Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara, Shiomoto Tomohiro, Toyooka Tetsuya, Nakahashi Daidoh, Katsuo Tsukamoto and Inatomi Yuko :
Dependence of Convection Flow Rates on Gravity around Growing Hen Egg-White Lysozyme Crystals,
International Journal of Microgravity Science and Application, Vol.35, No.3, 350304-1-350304-5, 2018.
(DOI: 10.15011//jasma.35.350304)
5.Ryo Suzuki, Haruhiko Koizumi, Kenichi Kojima, Seijiro Fukuyama, Yasutomo Arai, Katsuo Tsukamoto, Yoshihisa Suzuki, Masaru Tachibana and Satoshi Uda :
Characterization of grown-in dislocations in high-quality glucose isomerase crystals by synchrotron monochromatic-beam X-ray topography,
Journal of Crystal Growth, Vol.468, 299-304, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2016.10.047)
6.Haruhiko Koizumi, Ryo Suzuki, Masaru Tachibana, Katsuo Tsukamoto, Izumi Yoshizaki, Seijiro Fukuyama, Yoshihisa Suzuki, Satoshi Uda and Kenichi Kojima :
Importance of Determination of Crystal Quality in Protein Crystals when Performing High-Resolution Structural Analysis,
Crystal Growth & Design, Vol.16, 4906-4909, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.cgd.6b00457)
7.Yoshihisa Suzuki, Yoshiaki Hattori, Jun Nozawa, Satoshi Uda, Akiko Toyotama and Junpei Yamanaka :
Adsorption, Desorption, Surface Diffusion, Lattice Defect Formation, and Kink Incorporation Processes of Particles on Growth Interfaces of Colloidal Crystals with Attractive Interactions,
Crystals, Vol.6, No.7, 80-1-80-11, 2016.
(DOI: 10.3390/cryst6070080)
8.Yoshihisa Suzuki, Katsuo Tsukamoto, Izumi Yoshizaki, Hitoshi Miura and Takahisa Fujiwara :
First Direct Observation of Impurity Effects on the Growth Rate of Tetragonal Lysozyme Crystals under Microgravity as Measured by Interferometry,
Crystal Growth & Design, Vol.15, 4787-4794, 2015.
(DOI: 10.1021/acs.cgd.5b00456,   Elsevier: Scopus)
9.Takahisa Fujiwara, Yoshihisa Suzuki, Izumi Yoshizaki, Katsuo Tsukamoto, Kenta Murayama, Seijiro Fukuyama, Kouhei Hosokawa, Kentaro Oshi, Daisuke Ito, Tomoya Yamazaki, Masaru Tachibana and Hitoshi Miura :
Correction of the equilibrium temperature caused by slight evaporation of water in protein crystal growth cells during long-term space experiments at International Space Station,
The Review of Scientific Instruments, Vol.86, 083704-1-083704-6, 2015.
(DOI: 10.1063/1.4928491,   Elsevier: Scopus)
10.Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki :
Identification of triangular-shaped defects often appeared in hard-sphere crystals grown on a square pattern under gravity by Monte Carlo simulations,
Physica B : Condensed Matter, Vol.452, No.1, 58-65, 2014.
(DOI: 10.1016/j.physb.2014.07.012)
11.Mamoru Fujine, Masahide Sato, Tetsuya Toyooka, Hiroyasu Katsuno, Yoshihisa Suzuki and Tsutomu Sawada :
Crystallization of Brownian particles in thin systems constrained by walls,
Physical Review E, Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics, Vol.90, 032404-1-.032404-7, 2014.
(DOI: 10.1103/PhysRevE.90.032404,   Elsevier: Scopus)
12.Haruhiko Koizumi, Masaru Tachibana, Izumi Yoshizaki, Seijiro Fukuyama, Katsuo Tsukamoto, Yoshihisa Suzuki, Satoshi Uda and Kenichi Kojima :
Dislocations in High-quality Glucose Isomerase Crystals Grown from Seed Crystals,
Crystal Growth & Design, Vol.14, No.10, 5111-.5116, 2014.
(DOI: 10.1021/cg500731v,   Elsevier: Scopus)
13.Masahide Sato, Hiroyasu Katsuno and Yoshihisa Suzuki :
Ordering of Brownian Particles from Walls Due to an External Force,
Journal of Crystal Growth, Vol.401, 87-92, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2014.01.074,   CiNii: 120005411667,   Elsevier: Scopus)
14.Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Masahide Sato, Hiroyasu Katsuno and Tsutomu Sawada :
Colloidal crystallization on tilted substrates under gravitational fields,
Journal of Crystal Growth, Vol.401, No.1, 905-909, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2013.11.101,   Elsevier: Scopus)
15.Mamoru Fujine, Masahide Sato, Hiroyasu Katsuno and Yoshihisa Suzuki :
Effect of container shape and walls on solidification of Brownian particles in a narrow system,
Physical Review E, Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics, Vol.89, 042401, 2014.
(DOI: 10.1103/PhysRevE.89.042401,   PubMed: 24827254,   Elsevier: Scopus)
16.Izumi Yoshizaki, Katsuo Tsukamoto, Tomoya Yamazaki, Kenta Murayama, Kentaro Oshi, Seijiro Fukuyama, Taro Shimaoka, Yoshihisa Suzuki and Masaru Tachibana :
Growth rate measurements of lysozyme crystals under microgravity conditions by laser interferometry,
The Review of Scientific Instruments, Vol.84, 103707-1-103707-8, 2013.
(DOI: 10.1063/1.4826090,   Elsevier: Scopus)
17.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Kaori Hashimoto, Takahisa Fujiwara and Yoshinori Furukawa :
Colloidal crystallization utilizing interfaces of unidirectionally growing ice crystals,
Journal of Crystal Growth, Vol.383, 67-71, 2013.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2013.08.026)
18.Masahide Sato, Hiroyasu Katsuno and Yoshihisa Suzuki :
Crystallization of Brownian Particles from Walls Induced by a Uniform External Force,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.82, No.8, 084804-1-084804-8, 2013.
(DOI: 10.7566/JPSJ.82.084804,   Elsevier: Scopus)
19.Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki :
Vanishing linear term in chemical potential difference in volume term of work of critical nucleus formation for phase transition without volume change,
Journal of Crystal Growth, Vol.375, No.1, 16-19, 2013.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2013.04.005)
20.Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki :
Grand potential formalism of interfacial thermodynamics for critical nucleus,
Natural Science, Vol.5, No.5, 631-639, 2013.
(DOI: 10.4236/ns.2013.55078)
21.Masahide Sato, Hiroyasu Katsuno and Yoshihisa Suzuki :
Formation of a crystal of Brownian particles under a uniform external force,
Physical Review E, Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics, Vol.87, No.3, 032403, 2013.
(DOI: 10.1103/PhysRevE.87.032403,   CiNii: 120005254059)
22.Yoshihisa Suzuki, Jin Endoh, Atsushi Mori, Tomoki Yabutani and Katsuhiro Tamura :
Gravitational Annealing of Colloidal Crystals,
Defect and Diffusion Forum, Vol.323-325, 555-558, 2012.
(DOI: 10.4028/www.scientific.net/DDF.323-325.555)
23.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo :
Monte Carlo Simulation of Defects in Hard-Sphere Crystal Grown on a Square Pattern,
World Journal of Engineering, Vol.9, No.1, 37-44, 2012.
(DOI: 10.1260/1708-5284.9.1.37)
24.Takahisa Fujiwara, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Solubility measurements by in situ observation of the apex region formed by the (110), (1-10) and (101) faces of tetragonal lysozyme crystals,
Journal of Crystal Growth, Vol.334, No.1, 134-137, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2011.08.007)
25.Takahisa Fujiwara, Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura :
Effects of high pressure on the step velocity on the {110} faces of tetragonal lysozyme crystals,
World Journal of Engineering, Vol.8, No.4, 307-312, 2011.
(DOI: 10.1260/1708-5284.8.4.307)
26.Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of gas pressurization with ethylene on the ultrastructure of the yeast Saccharomyces cerevisiae,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.75, No.4, 790-792, 2011.
(DOI: 10.1271/bbb.100871,   PubMed: 21512223)
27.Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Takahisa Fujiwara and Katsuhiro Tamura :
Precise characterization of grain structures, stacking disorders and lattice disorders of a close-packed colloidal crystal,
Journal of Crystal Growth, Vol.322, No.1, 109-113, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2011.03.027)
28.Yoshihisa Suzuki, Emi Konda, Hironori Hondoh and Katsuhiro Tamura :
Effects of temperature, pressure, and pH on the solubility of triclinic lysozyme crystals,
Journal of Crystal Growth, Vol.318, No.1, 1085-1088, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2010.11.107)
29.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada and Katsuhiro Tamura :
Colloidal crystallization by a centrifugation method,
Journal of Crystal Growth, Vol.318, No.1, 780-783, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2010.11.036)
30.Yoshihisa Suzuki, Takeshi Maruoka and Katsuhiro Tamura :
Activation volume of crystallization and effects of pressure on the three-dimensional nucleation rate of glucose isomerase,
High Pressure Research, Vol.30, No.4, 483-489, 2010.
(DOI: 10.1080/08957959.2010.526941)
31.Satoshi Kawachi, Yoshio Hara, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of compressed hydrocarbon gases on the growth activity of Saccharomyces cerevisiae,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.10, 1991-1996, 2010.
(DOI: 10.1271/bbb.100156,   PubMed: 20944432)
32.Yoshihisa Suzuki, Masayuki Tsukamoto, Haruhiko Sakuraba, Masamitsu Matsumoto, Makoto Nagasawa and Katsuhiro Tamura :
Design of a stand-alone-type Beryllium vessel for high-pressure protein crystallography,
The Review of Scientific Instruments, Vol.81, No.8, 084302-1-084302-3, 2010.
(DOI: 10.1063/1.3478000,   PubMed: 20815618)
33.Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki :
Interplay between elastic fields due to gravity and a partial dislocation for a hard-sphere crystal coherently grown under gravity: driving force for defect disappearance,
Molecular Physics, Vol.108, No.13, 1731-1738, 2010.
(DOI: 10.1080/00268976.2010.489523)
34.Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki, Katsuhiro Tamura and :
Effects of compressed unsaturated hydrocarbon gases on yeast growth,
Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 121-126, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1749-6632.2009.05206.x,   PubMed: 20233377)
35.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Masamitsu Matsumoto, Makoto Nagasawa, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura :
First Direct Observation of Elementary Steps on the Surfaces of Glucose Isomerase Crystals under High Pressure,
Crystal Growth & Design, Vol.9, No.10, 4289-4295, 2009.
(DOI: 10.1021/cg800119w)
36.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo :
Disappearance of a Stacking Fault in Hard-Sphere Crystals under Gravity,
Progress of Theoretical Physics Supplement, Vol.178, 33-40, 2009.
(DOI: 10.1143/PTPS.178.33,   CiNii: 110007225703,   Elsevier: Scopus)
37.村本 桂久, 田村 勝弘, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 岩橋 均 :
酸素・窒素ガスハイブリッド加圧食品殺菌装置の開発,
高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, 101-108, 2008年.
38.河内 哲史, 原 好男, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
代謝熱測定法による炭化水素ガス加圧下の酵母の増殖挙動解析,
高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, 88-95, 2008年.
39.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shin-ichiro Yanagiya :
Succession of stacking fault in hard-sphere crystal under gravity by Monte Carlo simulation,
Fluid Phase Equilibria, Vol.257, No.2, 131-138, 2007.
(DOI: 10.1016/j.fluid.2007.01.012)
40.Satoshi Kawachi, Yoshio Hara, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of Some Compresed Hydrocarbon Gases on Yeast Growth,
High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 139-145, 2007.
(DOI: 10.11229/hpbb.1.139)
41.Tadashi Yamamoto, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of Antioxidants (α-Lipoic Acid and Vitamin E) on the Phase Transition Temperature of Bilayer Membrane of Phospholipids under Oxygen-Gas Pressure,
High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 86-89, 2007.
(DOI: 10.11229/hpbb.1.86)
42.Yoshio Hara, Katsuhiro Tamura, Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao and Yoshihisa Suzuki :
Effects of Some Compressed Rare Gases of Yeast Growth,
High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 146-152, 2007.
(DOI: 10.11229/hpbb.1.146)
43.Toshiaki Arao, Yoshihisa Muramoto, Takanori Taniwaki, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Sterilization of Sudachi Juice by Hybrid Gas Compression of Oxygen and Nitrogen,
High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 264-271, 2007.
(DOI: 10.11229/hpbb.1.264)
44.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki, Shin-ichiro Yanagiya, Tsutomu Sawada and Kensaku Ito :
Shrinking stacking fault through glide of the Shockley partial dislocation in hard-sphere crystal under gravity,
Molecular Physics, Vol.105, No.10, 1377-1383, 2007.
(DOI: 10.1080/00268970701348725,   Elsevier: Scopus)
45.鈴木 良尚, 澤田 勉, 森 篤史, 田村 勝弘 :
遠心沈降法を用いたコロイド結晶の作製,
高分子論文集, Vol.64, No.3, 161-165, 2007年.
(DOI: 10.1295/koron.64.161,   CiNii: 40015450205)
46.Yoshihisa Suzuki, Atsuto Arai and Katsuhiro Tamura :
Solubility Measurements of Tetragonal Lysozyme Crystals,
International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 4117-4122, 2006.
(DOI: 10.1142/S0217979206040957,   Elsevier: Scopus)
47.Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya, Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada and Kensaku Ito :
Monte Carlo simulation of crystal-fluid coexistence states in the hard-sphere system under gravity with step-wise control,
The Journal of Chemical Physics, Vol.124, No.17, 174507-1-174507-10, 2006.
(DOI: 10.1063/1.2193149,   PubMed: 16689583)
48.Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya, Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada and Kensaku Ito :
Crystal structure of hard spheres under gravity by Monte Carlo simulation,
Science and Technology of Advanced Materials, Vol.7, No.3, 296-302, 2006.
(DOI: 10.1016/j.stam.2006.03.002)
49.Hiroyuki Matsuoka, Y. Suzuki, Hitoshi Iwahashi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
The biological effects of high-pressure gas on the yeast transcriptome,
Brazilian Journal of Medical and Biological Research, Vol.38, No.8, 1267-1272, 2005.
(DOI: 10.1590/S0100-879X2005000800016,   PubMed: 16082469)
50.Shin-ichiro Yanagiya, Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki, Yasuo Miyoshi, Masashi Kasuga, Tsutomu Sawada, Kensaku Ito and Tetsuo Inoue :
Enhancement of Crystallization of Hard Spheres by Gravity: Monte Carlo Simulation,
Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.44, No.7A, 5113-5116, 2005.
(DOI: 10.1143/JJAP.44.5113,   CiNii: 150000045403)
51.Toshiaki Arao, Yoshio Hara, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effect of high-pressure gas on yeast growth,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.69, No.7, 1365-1371, 2005.
(DOI: 10.1271/bbb.69.1365,   PubMed: 16041143)
52.村本 桂久, 田村 勝弘, 谷脇 孝典, 高井 信吾, 鈴木 良尚 :
窒素ガス加圧によるスダチ果汁中溶存酸素の除去,
日本食品科学工学会誌, Vol.52, No.4, 178-182, 2005年.
(DOI: 10.3136/nskkk.52.178,   CiNii: 130000052619,   Elsevier: Scopus)
53.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Matsui Takuro, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura :
High Pressure Acceleration of the Growth Kinetics of Glucose Isomerase Crystals,
The Journal of Physical Chemistry B, Vol.109, No.8, 3222-3226, 2005.
(DOI: 10.1021/jp046419j,   PubMed: 16851344,   CiNii: 80017259121)
54.村本 桂久, 田村 勝弘, 荒尾 俊明, 谷脇 孝典, 鈴木 良尚 :
スダチ果汁の酸素ガス加圧殺菌,
日本食品科学工学会誌, Vol.51, No.11, 604-612, 2004年.
(DOI: 10.3136/nskkk.51.604,   CiNii: 10014019762,   Elsevier: Scopus)
55.Toshitaka Asai, Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Katsuhiro Tamura, Tsutomu Sawada and Kazuo Nakajima :
Effects of high pressure on the solubility and growth kinetics of monoclinic lysozyme crystals,
Cellular and Molecular Biology, Vol.50, No.4, 329-334, 2004.
(PubMed: 15529742)
56.Toshiaki Arao, Mitsuaki Asakura, Yoshihisa Suzuki, Katsuhiro Tamura, Arihide Okamoto, Hiroyuki Inubushi and Michihiro Miki :
Bioassay of various pesticides by microcalorimetry measuring the metabolic heat of yeast,
Environmental Sciences, Vol.11, No.6, 303-312, 2004.
(PubMed: 15750576)
57.Yukiko Nagatoshi, Gen Sazaki, Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Takuro Matsui, Toru Ujihara, Kozo Fujiwara, Noritaka Usami and Kazuo Nakajima :
Effects of high pressure on the growth kinetics of orthorhombic lysozyme crystals,
Journal of Crystal Growth, Vol.254, No.1, 188-195, 2003.
(DOI: 10.1016/S0022-0248(03)01151-5,   CiNii: 80015959905)
58.松本 知浩, 田村 勝弘, 鈴木 良尚 :
リン脂質二分子膜の相転移に及ぼす溶存気体の影響,
麻酔と蘇生, Vol.38, No.4, 233-236, 2002年.
(Elsevier: Scopus)
59.Hiroshi Matsuo, Yoshihisa Suzuki and Seiji Sawamura :
Solubility of α-amino acids in water under high pressure - glycine, L-alanine, L-valine, L-leucine, and L-isoleucine,
Fluid Phase Equilibria, Vol.200, No.2, 227-237, 2002.
(DOI: 10.1016/S0378-3812(02)00029-8,   Elsevier: Scopus)
60.田村 勝弘, 松本 知浩, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚 :
リン脂質二分子膜に及ぼす溶存気体の影響,
麻酔と蘇生, Vol.37, No.3, 77-79, 2001年.
61.Yoshihisa Suzuki, Hiroshi Matsuo, Yoshikata Koga, Katsuya Mukae, Tetsuya Kawakita and Seiji Sawamura :
Effects of Pressure and Temperature on the Solubility of Monosodium l-Glutamate Monohydrate in Water,
High Pressure Research, Vol.21, No.2, 93-104, 2001.
(DOI: 10.1080/08957950108201007,   Elsevier: Scopus)
62.田村 勝弘, 荒尾 俊明, 久田 和洋, 鈴木 良尚 :
アルコールショック酵母の増殖とストレス応答,
麻酔と蘇生, Vol.36, No.4, 171-174, 2000年.
63.Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Tsutomu Sawada and Hiroshi Komatsu :
Effects of pressure on growth kinetics of tetragonal lysozyme crystals,
Journal of Crystal Growth, Vol.208, 638-644, 2000.
(DOI: 10.1016/S0022-0248(99)00537-0,   Elsevier: Scopus)
64.Gen Sazaki, Yukiko Nagatoshi, Yoshihisa Suzuki, Stephen Duen Durbin, Satoru Miyashita, Toshitaka Nakada and Hiroshi Komatsu :
Solubility of tetragonal and orthorhombic lysozyme crystals under high pressure,
Journal of Crystal Growth, Vol.196, 204-209, 1999.
65.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Satoru Miyashita and Hiroshi Komatsu :
In situ measurements of the solubility of crystals under high pressure by an interferometric method,
The Review of Scientific Instruments, Vol.69, No.7, 2720-2724, 1998.
66.Kazuo Kurihara, Satoru Miyashita, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Yoshihisa Suzuki and Hiroshi Komatsu :
Interferometric study on the crystal growth of tetragonal lysozyme crystal,
Journal of Crystal Growth, Vol.166, 904-908, 1996.
67.Satoru Miyashita, Hiroshi Komatsu, Yoshihisa Suzuki and Toshitaka Nakada :
Observation of the concentration distribution around a growing lysozyme crystal,
Journal of Crystal Growth, Vol.141, 419-424, 1994.

学術レター:

1.Yoshihisa Suzuki, Hideaki Tsuge, Hironori Hondoh, Yusuke Kato, Yuta Uehara, Nobuo Maita, Kohei Hosokawa and Shoko Ueta :
Precipitant-free lysozyme crystals grown by centrifugal concentration reveal structural changes,
Crystal Growth & Design, Vol.18, No.8, 4226-4229, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112469,   DOI: 10.1021/acs.cgd.8b00326)
2.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Masahide Sato :
Gravitational Tempering in Colloidal Epitaxy To Reduce Defects Further,
Crystal Growth & Design, Vol.14, No.5, 2083-2086, 2014.
(DOI: 10.1021/cg401884k)
3.Kaori Hashimoto, Atsushi Mori, Katsuhiro Tamura and Yoshihisa Suzuki :
Enlargement of Grains of Silica Colloidal Crystals by Centrifugation in an Inverted-Triangle Internal-Shaped Container,
Japanese Journal of Applied Physics, Vol.52, No.3, 030201-1-030201-3, 2013.
(DOI: 10.7567/JJAP.52.030201)
4.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo :
Possibility of Gravitational Tempering in Colloidal Epitaxy to Obtain a Perfect Crystal,
Chemistry Letters, Vol.41, No.10, 1069-1071, 2012.
(DOI: 10.1246/cl.2012.1069)
5.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Kalevi Visuri, Katsuhiro Tamura, Kazuo Nakajima and Shin-ichiro Yanagiya :
Significant Decrease in the Solubility of Glucose Isomerase Crystals under High Pressure,
Crystal Growth & Design, Vol.2, No.5, 321-324, 2002.
(DOI: 10.1021/cg025509f,   CiNii: 80015513107)
6.Tsutomu Sawada, Yoshihisa Suzuki, Akiko Toyotama and Nobuo Iyi :
Quick Fabrication of Gigantic Single-Crystalline Colloidal Crystals for Photonic Crystal Applications,
Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.40, No.11B, 1226-1228, 2001.
7.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Satoru Miyashita, Hiroshi Komatsu, Gen Sazaki and Toshitaka Nakada :
An interferometric study of the solubility of lysozyme crystals under high pressure,
Journal of Crystal Growth, Vol.209, 1018-1022, 2000.
(DOI: 10.1016/S0022-0248(99)00746-0,   Elsevier: Scopus)
8.Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Hiroshi Komatsu, Kiyotaka Sato and Takehiko Yagi :
Crystal Growth of Hen Egg White Lysozyme under High Pressure,
Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.33, 1568-1570, 1994.
9.Hiroshi Komatsu, Satoru Miyashita and Yoshihisa Suzuki :
Interferometric Observation of the Interfacial Concentration Gradient Layers Around a Lysozyme Crystal,
Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.32, 1855-1857, 1993.

総説・解説:

1.鈴木 良尚, 南園 仁美, 土谷 一眞, 二宮 愛, 塚本 勝男, 稲富 裕光 :
枯渇凝集引力系コロイド結晶の成長プロセスに及ぼす重力効果,
Space Utilization Research, Vol.33, SA6000132021-1-SA6000132021-4, 2019年1月.
2.鈴木 良尚, 土谷 一眞, 藤原 貴久, 塚本 勝男, 稲富 裕光 :
完全対流停止条件における結晶のらせん成長ステップの前進速度に及ぼす不純物効果,
Space Utilization Research, Vol.31, SA6000061011-1-SA6000061011-3, 2017年1月.
3.Junpei Yamanaka, Yoshihisa Suzuki, Jun Nozawa and Tsutomu Sawada :
In-situ observation of colloidal crystallization,
Progress in Crystal Growth and Characterization of Materials, Vol.62, No.2, 413-416, Apr. 2016.
(DOI: 10.1016/j.pcrysgrow.2016.04.025,   Elsevier: Scopus)
4.鈴木 良尚, 藤原 貴久 :
溶解度・結晶成長速度の圧力依存性から見る水和・脱水和プロセス,
日本結晶成長学会誌, Vol.42, No.4, 274-282, 2016年1月.
5.鈴木 良尚, 塚本 勝男, 藤原 貴久, 塚本 勝男, 柳谷 伸一郎 :
地上対流抑制実験におけるタンパク質結晶のステップ前進速度,
Space Utilization Research, Vol.30, SA6000048034-1-SA6000048034-4, 2016年1月.
6.鈴木 良尚, 塚本 勝男, 吉崎 泉, 福山 誠二郎, 藤原 貴久, 柳谷 伸一郎, 橘 勝, 小泉 晴比古 :
溶液相の状態変化によるタンパク質結晶の界面成長kineticsおよび界面morphologyの変化,
Space Utilization Research, Vol.29, No.3, 53-56, 2015年1月.
7.塚本 勝男, 三浦 均, 鈴木 良尚, 村山 健太, 藤原 貴久, 吉崎 泉 :
地上とKiboで精密測定されたリゾチーム結晶成長速度,
Space Utilization Research, Vol.29, No.3, 35-37, 2015年1月.
8.鈴木 良尚, 塚本 勝男, 吉崎 泉, 福山 誠二郎, 橘 勝, 小泉 晴比古, 藤原 貴久, 塩澤 宏章, 植原 悠太, 塩本 知弘, 中橋 大道 :
グルコースイソメラーゼの結晶化に及ぼす微小重力効果, --- Nanostep 2 プロジェクト提案に向けた共同研究 ---,
International Journal of Microgravity Science and Application, Vol.31, No.3, 124-129, 2014年6月.
9.鈴木 良尚, 佐崎 元, 藤原 貴久, 塚本 雅之 :
圧力を使ったタンパク質の結晶成長の研究,
日本結晶成長学会誌, Vol.40, No.2, 107-114, 2013年7月.
(CiNii: 110009635531)
10.塚本 雅之, 鈴木 良尚, 櫻庭 春彦, 田村 勝弘 :
高圧力下で成長したグルコースイソメラーゼ結晶の常圧下でのX線結晶構造解析,
高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー 第15回生物関連高圧研究会20周年記念シンポジウム抄録集, Vol.2, 29-37, 2008年9月.
11.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
高圧力下における蛋白質結晶表面の分子ステップのその場観察,
高圧力の科学と技術, Vol.17, No.1, 50-56, 2007年2月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.17.50,   CiNii: 10018918449,   Elsevier: Scopus)
12.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
圧力印加による酵素の結晶成長の促進,
食品と容器, Vol.47, No.6, 320-327, 2006年6月.
13.佐崎 元, 鈴木 良尚, 宮下 哲, 澤田 勉, 小松 啓, 田村 勝弘, 中嶋 一雄 :
タンパク質の結晶化に及ぼす圧力効果,
日本結晶学会誌, Vol.46, No.2, 152-158, 2004年1月.
14.佐崎 元, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 宮下 哲, 佐藤 孝雄, 松浦 良樹, 松井 拓郎, 中嶋 一雄 :
タンパク質結晶化への新たなアプローチ : 磁場および高圧力の利用,
生物物理, Vol.44, No.2, 58-63, 2004年1月.
(DOI: 10.2142/biophys.44.58,   CiNii: 110001158630)
15.鈴木 良尚, 佐崎 元, 澤田 勉, 宮下 哲, 小松 啓, 田村 勝弘 :
高圧力下におけるタンパク質の結晶化,
高圧力の科学と技術, Vol.13, No.2, 149-156, 2003年5月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.13.149,   CiNii: 130000257365)
16.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Satoru Miyashita, Tsutomu Sawada, Katsuhiro Tamura and Hiroshi Komatsu :
Protein crystallization under high pressure,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Protein Structure and Molecular Enzymology, Vol.1595, No.1, 345-356, Mar. 2002.
(DOI: 10.1016/S0167-4838(01)00355-7,   PubMed: 11983407)
17.宮下 哲, 佐崎 元, 永利 由紀子, 鈴木 良尚, 澤田 勉, 中田 俊隆, 小松 啓, 中嶋 一雄 :
リゾチームの結晶化に及ぼす圧力の効果,
日本結晶成長学会誌, Vol.26, No.4, 192-202, 1999年7月.

国際会議:

1.Hitomi Minamizono and Yoshihisa Suzuki :
In situ observation of growth process of polystyrene colloidal crystal with depletion force,
International Symposium & School on Crystal Growth Fundamentals, Sendai, Nov. 2018.
2.Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara, Hideaki Tsuge, Hironori Hondoh, Yusuke Kato, Yuta Uehara, Nobuo Maita, Kohei Hosokawa and Shoko Ueta :
Precipitant-free crystallization of proteins,
International Symposium & School on Crystal Growth Fundamentals, Sendai, Nov. 2018.
3.Katsuo Tsukamoto, Hitoshi Miura, Yoshihisa Suzuki and Izumi Yoshizaki :
In-Situ Measurement of Lysozyme Crystal Growth Rate vs Supersaturation with different impurity level in the International Space Station,
18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Nagoya, Aug. 2016.
4.Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara and Shoko Ueta :
Protein Crystallization by Slow Evaporation of Precipitant-free Solution in the Presence of Hydrochloric Acid,
18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Nagoya, Aug. 2016.
5.Ryo Suzuki, Takeharu Kishi, Haruhiko Koizumi, Katsuo Tsukamoto, Yasutomo Arai, Seijiro Fukuyama, Yoshihisa Suzuki, Kenichi Kojima and Masaru Tachibana :
Characterization of grown-in dislocation in high quality glucose isomerase crystals by synchrotron X-ray topography,
18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Vol.468, 299-304, Nagoya, Aug. 2016.
(DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2016.10.047,   Elsevier: Scopus)
6.Takahisa Fujiwara, Daido Nakahashi, Shin-ichiro Yanagiya and Yoshihisa Suzuki :
Step velocities of glucose isomerase crystals in the presence of hen egg-white lysozyme in solution,
18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Nagoya, Aug. 2016.
7.Yoshihisa Suzuki, Katsuo Tsukamoto, Takahisa Fujiwara, Tomohiro Shiomoto, Daido Nakahashi, Izumi Yoshizaki, Seijiro Fukuyama, Masaru Tachibana, Haruhiko Koizumi, Shin-ichiro Yanagiya, Yasutomo Arai and Makoto Natuisaka :
Recent Advances on the Ground-Based Experiments of Protein Crystallization after the NanoStep Project,
The Joint Conference of 6th International Symposium on Phshycs in Space & 10th Inerntional Conference on Two-Phase System for Space and Ground Applications, Kyoto, Sep. 2015.
8.Haruhiko Koizumi, Masaru Tachibana, Izumi Yoshizaki, Seijiro Fukuyama, Katsuo Tsukamoto, Yoshihisa Suzuki, Satoshi Uda and Kenichi Kojima :
Dislocations in High-quality Glucose Isomerase Crystals Grown from Seed Crystals,
The Joint Conference of 6th International Symposium on Phshycs in Space & 10th Inerntional Conference on Two-Phase System for Space and Ground Applications, Kyoto, Sep. 2015.
9.Masahide Sato, Mamoru Fujine, Hiroyasu Katsuno and Yoshihisa Suzuki :
Effect of Container Shape and Force Direction on Crystallization of Brownian Particles in Sedimentation,
The Joint Conference of 6th International Symposium on Phshycs in Space & 10th Inerntional Conference on Two-Phase System for Space and Ground Applications, Kyoto, Sep. 2015.
10.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Masahide Sato :
Some Details of Gravitational Tempering in Colloidal Epitaxy Using Hard-Sphre Model,
The Joint Conference of 6th International Symposium on Physics in Space & 10th International Conference on Two-Phase System for Space and Ground Applications, 17, Kyoto, Sep. 2015.
11.AlexanderE.S. VanDriessche, Mike Sleutel, James Lutsko, Dominique Maes, Katsuo Tsukamoto, Yoshihisa Suzuki and Izumi Yoshizaki :
New Insights on Impurity Effects During Crystal Growth Under Various Gravity Conditions,
The Joint Conference of 6th International Symposium on Phshycs in Space & 10th Inerntional Conference on Two-Phase System for Space and Ground Applications, Kyoto, Sep. 2015.
12.Yoshihisa Suzuki, Masayuki Tsukamoto, Takahisa Fujiwara and Yuta Uehara :
High pressure crystallization and crystallography of glucose isomerase,
23rd Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography (IUCr2014), Montreal, Aug. 2014.
13.Sho Kawakami, Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki, Shuichi Hashimoto, Masanobu Haraguchi and Tsutomu Sawada :
Nanostructure for Localized Surface Plasmon Coupled with Photonic Band of Gel-Immobilized Colloidal Photonic Crystal,
Proceedings of the JSME/ASME 2014 International Conferenec on Materials and Processing, ICPM2014, Detroit, Jun. 2014.
14.Sho Kawakami, Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki :
Gravitational Tempering in Colloidal Epitaxy,
Proceedings of the JSME/ASME 2014 International Conferenec on Materials and Processing, ICPM2014, Detroit, Jun. 2014.
15.Yoshihisa Suzuki, Jin Endoh, Yohei Hamada, Atsushi Mori, Masahide Sato and Hiroyasu Katsuno :
Crystallization and annealing of colloidal crystals under gravitational field,
The 17th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Warsaw, Aug. 2013.
16.Masahide Sato, Hiroyasu Katsuno and Yoshihisa Suzuki :
Ordering of Brownian Particles from Walls Due to an External Force,
The 17th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Warsaw, Aug. 2013.
17.Katsuo Tsukamoto, Izumi Yoshizaki, Yoshihisa Suzuki, Hitoshi Miura, Gen Sazaki, Masaru Tachibana, Kentaro Oshi and Manuel Juan Garcia-Ruiz :
Growth Mechanism of Lysozyme Crystals in The International Space Station Based on The Analysis of In-Situ Interferometric Observation,
The 17th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, Warsaw, Aug. 2013.
18.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo :
Monte Carlo Simulation of Gravitational Temperig in Colloidal Epitaxy,
International Topical Team on Crystal Growth, Colloidal Crystallization and Protein Crystallization, Sendai, Mar. 2013.
19.Yuki Miyauchi, Satoshi Kawachi, Yoshihisa Suzuki, Yasuhiro Uosaki and Katsuhiro Tamura :
Sterilization of satsuma mandarin juice by oxygen-nitrogen gas hybrid pressurization,
The 7th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Otsu, Nov. 2012.
20.Takahisa Fujiwara, Gen Sazaki, Shin-ichiro Yanagiya and Yoshihisa Suzuki :
Activation volume of crystallization of tetragonal lysozyme crystals,
The 7th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Otsu, Nov. 2012.
21.Satoshi Kawachi, Yoshihisa Suzuki, Yasuhiro Uosaki and Katsuhiro Tamura :
Effect of high-pressure gases on the growth of Escherichia coli determined by microcalorimetry,
The 7th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Otsu, Oct. 2012.
22.Yohei Yamada, Shota Toyama, Takahito Suzuta, James Metson, David Williams, Yoshihisa Suzuki, Tomoki Yabutani and Toshio Takayanagi :
Characterization of penetration of metallic oxide precursor into ferritin crystal as a template for highly orderedmesoporous materials,
JAIMA Discussion on Analytical Science and Technology 2012, The Royal Society of Chemistry Tokyo International Conference 2012, Chiba, Sep. 2012.
23.Yoshihisa Suzuki :
Enlargement and annealing of a single colloidal crystal grain,
JANE-2012 Japan-Netherlands Symposium on Crystal Growth -Theory and in situ Measurements-, Sendai, Jul. 2012.
24.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo :
Monte Carlo simulation of improvement of crystallinity in colloidal epitaxy on square pattern under gravitational field using hard-sphere model,
14th International Association of colloid and Interface Scientist, Conference, Sendai, May 2012.
25.Takahisa Fujiwara, Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura :
Step Velocity On The {110} Faces Of Tetragonal Lysozyme Crystals Under High Pressure,
Nineteenth Annual International Coference on Composite or Nano Engineering, Shanghai, Jul. 2011.
26.Makiko Sakabe, Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura :
Observation Of Mobile Lattice Defects In A Colloidal Crystal,
Nineteenth Annual International Conference on Composite or Nano Engineering, Shanghai, Jul. 2011.
27.Kaori Hashimoto, Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura :
Enlargement Of Grains Of Silica Colloidal Crystals By Centrifugation With An Inverted- Triangle Shaped Container,
Nineteenth Annual International Conference on Composite or Nano Engineering, Shanghai, Jul. 2011.
28.Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo :
Monte Carlo Simulation Of Defects In Hard-Sphere Crystal Grown On A Square Pattern,
Nineteenth Annual International Conference on Composite or Nano Engineering, Shanghai, Jul. 2011.
29.Jin Endoh, Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Tomoki Yabutani and Katsuhiro Tamura :
Gravitational Annealing of Colloidal Crystals,
8th International Conference in Diffusion in Materials, Dijion, Jul. 2011.
30.Yoshihisa Suzuki, Masayuki Tsukamoto, Haruhiko Sakuraba, Masamitsu Matsumoto, Makoto Nagasawa and Katsuhiro Tamura :
Design of a stand-alone type high-pressure vessel for protein crystallography,
Program and abstract book 6th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 95, Freising, Aug. 2010.
31.Satoshi Kawachi, Katsuhiro Tamura, Yoshihisa Muramoto, Hitoshi Iwahashi and Yoshihisa Suzuki :
Development of food sterilization equipment by oxygen-nitrogen gas hyprid pressurization system,
Program and abstract book 6th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 91, Freising, Aug. 2010.
32.Masayuki Tsukamoto, Yoshihisa Suzuki, Haruhiko Sakuraba and Katsuhiro Tamura :
Compressed crystal structure of glucose isomerase determined by high-pressure crystallography,
Program and abstract book 6th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 63, Freising, Aug. 2010.
33.Yoshihisa Suzuki, Takeshi Maruoka and Katsuhiro Tamura :
Activation volume of crystallization and effects of pressure on the three-dimensional nucleation rate of glucose isomerase crystals,
Program and abstract book 6th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 62, Freising, Aug. 2010.
34.Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Tsutomu Sawada and Katsuhiro Tamura :
Fabrication of bulk close-packed colloidal crystals by centrifugation with the control of substrate angles,
Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
35.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Atsushi Mori, Harutoshi Asakawa and Katsuhiro Tamura :
Grain-size control of a pilllar-like colloidal crystal by centrifugation,
Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
36.Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori and Katsuhiro Tamura :
SEM observations of the fracture surface of a close-packed colloidal crystal,
Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
37.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada and Katsuhiro Tamura :
Colloical crystallization by centrifugation method,
Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
38.Makiko Sakabe, Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura :
Relaxation of mobile lattice defects in a colloidal crystal,
Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
39.Kaori Hashimoto, Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura :
Elimination and enlargement of grains of silica colloidal crystals by centrifugation with an inverted-triangle shaped container,
Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 112, Beijing, Aug. 2010.
40.Yoshihisa Suzuki, Emi Konda, Hironori Hondoh and Katsuhiro Tamura :
Effects of temperature, pressure, and pH on the solubility of triclinic lysozyme crystals,
Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
41.Takahisa Fujiwara, Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura :
Effects of pressure on the solubility and thermodynamic parameters of tetragonal lysozyme crystals,
Program and abstract book 6th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 16, Bristol, Aug. 2010.
42.Takahisa Fujiwara, Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura :
Effects of pressure on the step velocity of tetragonal lysozyme crystals,
Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 112, Beijing, Aug. 2010.
43.Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao, Yoshio Hara, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of compression with ethane, ethylene and their fluorinated derivatives on yeast growth,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 012168-1-012168-5, Apr. 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012168)
44.Takahisa Fujiwara, Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki and Katsuhiro Tamura :
Solubility measurements of protein crystals under high pressure by in situ observation of steps on crystal surfaces,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 012159-1-012159-5, Bristol, Apr. 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012159)
45.Takeshi Maruoka, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of High Pressure on the Three-Dimensional Nucleation Rates of Glucose Isomerase Crystals,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 012158-1-012158-5, Bristol, Apr. 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012158)
46.Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of some compressed unsaturated hydrocarbon gases on yeast growth,
Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 87, San Diego, Sep. 2008.
47.Katsuhiro Tamura, Yoshihisa Muramoto, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Hitoshi Iwahashi :
Development of food sterilization equipment by oxygen-nitrogen gas hyprid pressurization system,
Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 86, San Diego, Sep. 2008.
48.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Masamitsu Matsumoto, Makoto Nagasawa, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura :
Effects of pressure on the step velocity, two-dimensional nucleation rate and solubility of glucose isomerase crystals,
Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 44-45, San Diego, Sep. 2008.
49.Takahisa Fujiwara, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Solubility measurements by in situ observation of the steps of tetragonal lysozyme crystals under high pressure,
Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 74, San Diego, Sep. 2008.
50.Masayuki Tsukamoto, Yoshihisa Suzuki, Haruhiko Sakuraba and Katsuhiro Tamura :
X-ray structure analysis of glucose isomerase crystals prepared under high pressure,
Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 73, San Diego, Sep. 2008.
51.Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori and Katsuhiro Tamura :
Colloidal Crystallization on Tilted Flat Substrates by Centrifugation,
2007 MRS Fall Meeting, Boston, Nov. 2007.
52.Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki :
Stacking disorder in hard-sphere crystal under gravity,
YITP Workshop 2007 "New Frontiers in Colloidal Physics : A Bridge between Micro- and Macroscopic Concepts in Soft Matter", Vol.89, No.1, 126-127, Kyoto, Jul. 2007.
53.Satoshi Kawachi, Shin-ichi Nakayama, Yoshio Hara, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of Compressed Rare Gases on Yeast Growth,
The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
54.Yoshio Hara, Shin-ichi Nakayama, Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of Compressed Rare Gases on Yeast Growth,
The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
55.Tadashi Yamamoto, Yoshihisa Suzuki, Katsuhiro Tamura and :
Effects of Antioxidants (α-Lipoic Acid and Vitamin E) on the Phase Transition Temperature of Bilayer Membranes of Phospholipids under Oxygen-Gas Pressure,
The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
56.Toshiaki Arao, Yoshihisa Muramoto, Kei Tanigawa, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Sterilization of Sudachi Juice by Hybrid Gas Compression of Oxygen and Nitrogen,
The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
57.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Masamitsu Matsumoto, Makoto Nagasawa, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura :
High-Pressure Acceleration of the Step Velocities and Two-Dimensional Nucleation Rates on {1 0 1} Faces of Glucose Isomerase Crystals,
The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
58.Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Yoshihisa Suzuki :
Succession of stacking fault in hard-sphere crystal under gravity by Monte Carlo simulation,
4th International Symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation, Book of Abstract,, 20, Chiba, May 2006.
59.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Atsushi Mori and Katsuhiro Tamura :
Grain-size Control of a Colloidal Crystal by using a Centrifugal Sedimentation Method,
2006 MRS Spring Meeting, San Francisco, Apr. 2006.
60.Yoshihisa Suzuki, Atsuto Arai and Katsuhiro Tamura :
Solubility Measurements of Tetragonal Lysozyme Crystals,
International Conference on Advanced Materials Development & Performance, Auckland, Jul. 2005.
61.Yoshihisa Muramoto, Katsuhiro Tamura, Toshiaki Arao, Takanori Taniwaki and Yoshihisa Suzuki :
Sterilization of Sudachi juice with compressed oxygen gas,
3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
62.Hiroyuki Matsuoka, Yoshiteru Suzuki, Hitoshi Iwahashi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Evaluation of biological effects of high-pressure gas using yeast DNA microarray,
3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
63.Takeshi Maruoka, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of pressure on the nucleation of glucose isomerase crystals,
3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
64.Toshitaka Asai, Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Katsuhiro Tamura and Tsutomu Sawada :
High-pressure effects on the solubility and growth kinetics of monoclinic lysozyme crystals,
3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
65.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Yoshiki Matsuura, Hironori Hondoh, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura :
A Molecular Level Study on the Growth Kinetics of Glucose Isomerase Crystals,
3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
66.Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya, Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Kensaku Ito and Tetsuo Inoue :
Monte Carlo simulation of hard-sphere crystal under gravity,
The 57th Divisional Meeting on Colloid and Surface Chemistry with the 2004 Japan-Australia International Symposium, 500, 小野田市, Sep. 2004.
67.Yoshihisa Suzuki, Ning Shi, Tsutomu Sawada and Katsuhiro Tamura :
Colloidal Crystallization by Sedimentation,
The 1st. NIMS International Conference, Tsukuba, Mar. 2003.
68.Toshiaki Arao, Yoshihisa Muramoto, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of High-Pressure Gas on the Growth Thermograms of Yeast,
Second International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Dortmund, Germany, Sep. 2002.
69.Katsuhiro Tamura, Tomohiro Matsumoto and Yoshihisa Suzuki :
Effects of Gas Pressure on the Phase Transition Temperature of Liposomal Bilayer Membranes,
Second International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Dortmund, Germany, Sep. 2002.
70.Yoshihisa Suzuki, Hiroshi Suto, Tsutomu Sawada and Katsuhiro Tamura :
Effects of Pressure on the Growth Kinetics of Orthorhombic Lysozyme Crystals,
Second International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Dortmund, Germany, Sep. 2002.
71.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Kalevi Visuri, Katsuhiro Tamura and Kazuo Nakajima :
Growth Acceleration of Glucose Isomerase Crystals at High Pressure,
Second International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Dortmund, Germany, Sep. 2002.
72.Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Kalevi Visuri, Katsuhiro Tamura and Kazuo Nakajima :
Remarkable Decrease in the Solubility of Glucose Isomerase under High Pressure,
9th International Conference on the Crystallization of Biological Macromolecules, Jena, Germany, Mar. 2002.
73.Yoshihisa Suzuki and Tsutomu Sawada :
Growth rate of highly concentrated colloidal crystal,
The Thirteenth International Conference on Crystal Growth in Conjunction with The Eleventh International Conference on Vapor Growth and Epitaxy, Kyoto, Aug. 2001.
74.Hiroshi Matsuo, Seiji Sawamura, Yoshihisa Suzuki and Tetsuya Kawakita :
Effect of pressure on the solubility of L-amino acids in water at 298.15 K,
18th International Conference of High Pressure Science and Technology & 11th High Pressure Conference of China, Beijing, Jul. 2001.
75.Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Tsutomu Sawada, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Hiroshi Komatsu, Toshiaki Arao and Katsuhiro Tamura :
Effect of pressure on protein crystallization,
The satellite meeting of The First International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Kyoto, Nov. 2000.
76.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Satoru Miyashita, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Hiroshi Komatsu, Toshiaki Arao and Katsuhiro Tamura :
In situ measurements of the solubility of protein crystals under high pressure,
The First International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Kyoto, Nov. 2000.
77.Kazuhiro Hisada, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Thermotolerance and Barotolerance of Alcohol-Shocked Yeast,
The Ist International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Kyoto, Nov. 2000.
78.Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura :
Effects of Saccharide in Medium on Stress Tolerance of Yeast,
The Ist International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Kyoto, Nov. 2000.
79.Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Tsutomu Sawada, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Hiroshi Komatsu, Toshiaki Arao and Katsuhiro Tamura :
Effects of pressure on growth kinetics of protein crystals,
The First International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Kyoto, Nov. 2000.
80.Tsutomu Sawada and Yoshihisa Suzuki :
Flow-induced modification of texture of colloidal crystal,
International Conference on Colloid and Surface Science, Tokyo, Nov. 2000.
81.Yoshihisa Suzuki and Tsutomu Sawada :
Coagulation condition of highly concentrated latex suspension,
International Conference on Colloid and Surface Science, Tokyo, Nov. 2000.
82.Gen Sazaki, Yukiko Nagatoshi, Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Toru Ujihara, Kazuo Nakajima and Hiroshi Komatsu :
Effects of hydrostatic pressure on the growth kinetics of tetragonal and orthorhombic lysozyme crystals,
Recent Advances in Macromolecular Crystallization, San Diego, Aug. 1999.
83.Yoshihisa Suzuki, Hiroshi Matsuo, Tomohiro Takagi, Osamu Fujimoto and Seiji Sawamura :
Effect of Pressure on the Solubilities of Glycine, L-Glutamic Acid and Monosodium L-Glutamate Monohydrate in Water,
The eighth International Symposium on Solubility Phenomena, Niigata, Aug. 1998.
84.Yukiko Nagatoshi, Gen Sazaki, Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Toshitaka Nakada, Duen Stephen Durbin and Hiroshi Komatsu :
Solubility measurement of lysozyme under high pressure by two-beam interferometry,
The 7th International Conference on the Crystallization of Biological Macromolecules, Granada, May 1998.
85.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Satoru Miyashita and Hiroshi Komatsu :
Effect of Pressure on Crystal Growth Kinetics of Lysozyme,
The 7th International Conference on the Crystallization of Biological Macromolecules, Granada, May 1998.
86.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Satoru Miyashita and Hiroshi Komatsu :
Effect of pressure on crystallization of lysozyme,
RU-UBC Joint Symposium "Proteins and Biosolutions", Kusatsu, Dec. 1997.
87.Masanori Matsuki, Seiji Sawamura, Yoshihisa Suzuki and Yoshihiro Taniguchi :
Effect of pressure on the solubility of lysozyme in water,
The satellite meeting of AIRAPT-16 & HPCJ-38 "Structure and Function of Biological Systems under Extreme Conditions", Kyoto, Aug. 1997.
88.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Satoru Miyashita and Hiroshi Komatsu :
Effect of pressure on protein crystal growth,
The satellite meeting of AIRAPT-16 & HPCJ-38 "Structure and Function of Biological Systems under Extreme Conditions", Kyoto, Aug. 1997.
89.Yoshihisa Suzuki, Hiroshi Komatsu, Tsutomu Sawada and Satoru Miyashita :
Effect of pressure on protein crystal growth,
Recent Advances in Macromolecular Crystallization, Le Bischenberg, Jun. 1996.
90.Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Satoru Miyashita and Hiroshi Komatsu :
Pressure dependence of the solubility of hen egg white lysozyme measured by in situ observation,
The 6th International Conference on Crystallization of Biological Macromolecules, Hiroshima, Nov. 1995.
91.Kazuo Kurihara, Satoru Miyashita, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Yoshihisa Suzuki and Hiroshi Komatsu :
Interferometric study on crystal growth of tetragonal lysozyme crystal,
The 11th International Conference on Crystal Growth, Hague, Jun. 1995.

国内講演発表:

1.鈴木 良尚, 藤原 貴久, 津下 英明, 本同 宏成, 加藤 有介, 植原 悠太, 真板 宣夫, 細川 晃平, 上田 昭子 :
濃縮のみによるタンパク質結晶化と結晶構造解析,
日本物理学会年次大会, 2019年3月.
2.鈴木 良尚, 池内 亜紀穂, 田岡 滉一朗, 薮谷 智規, 西田 典由, 永井 正恵, 福山 誠二郎 :
タンパク質結晶成長プロセスの長期間継続観察用セルの開発と溶液媒介相転移の観察,
第47回結晶成長国内会議, 2018年11月.
3.二宮 愛, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 柳谷 伸一郎, 荒井 康智, 永井 正恵 :
グルコースイソメラーゼ結晶のスパイラル成長丘におけるステップのその場観察,
第47回結晶成長国内会議, 2018年11月.
4.鈴木 良尚, 藤原 貴久, 津下 英明, 本同 宏成, 加藤 有介, 植原 悠太, 真板 宣夫, 細川 晃平, 上田 昭子 :
濃縮するだけで実現するタンパク質結晶化,
第47回結晶成長国内会議, 2018年11月.
5.土谷 一眞, 鈴木 良尚, 伊中 浩治, 田仲 広明, 永井 正恵 :
常温におけるタンパク質結晶の放射光X線構造解析,
第47回結晶成長国内会議, 2018年11月.
6.鈴木 良尚, 服部 義亮, 野澤 純, 宇田 聡, 豊玉 彰子, 山中 淳平 :
枯渇凝集コロイド結晶の成長界面における粒子の吸着,脱着,表面拡散,格子欠陥形成およびキンク取り込み過程,
第46回結晶成長国内会議, 2017年11月.
7.土谷 一眞, 藤原 貴久, 二宮 愛, 伊中 浩治, 田仲 広明, 佐藤 正英, 鈴木 良尚 :
放射光を用いたグルコースイソメラーゼ結晶の常温での構造解析,
第46回結晶成長国内会議, 2017年11月.
8.藤原 貴久, 柳谷 伸一郎, 橘 勝, 薮谷 智規, 佐藤 正英, 鈴木 良尚 :
異種タンパク質存在下で結晶化させたグルコースイソメラーゼ結晶のステップ前進速度,
第46回結晶成長国内会議, 2017年11月.
9.鈴木 良尚, 小泉 晴比古, 橘 勝, 田仲 広明, 伊中 浩治 :
放射光を用いて得られたロッキングカーブと振動写真を併用したタンパク質結晶の品質評価,
第46回結晶成長国内会議, 2017年11月.
10.森 篤史, 佐藤 正英, 鈴木 良尚 :
重⼒操作によるコロイド結晶中の⽋陥の消失のシミュレーション,
化学工学会第49回秋季大会, 2017年9月.
11.鈴木 凌, 岸 健晴, 小泉 晴比古, 塚本 勝男, 荒井 康智, 福山 誠二郎, 鈴木 良尚, 小島 謙一, 橘 勝 :
グルコースイソメラーゼ結晶の成長転位の同定,
日本物理学会第71回年次大会, 2016年3月.
12.鈴木 良尚, 真板 宣夫 :
グルコースイソメラーゼの沈澱剤フリー結晶化と結晶構造解析,
日本物理学会第71回年次大会, 2016年3月.
13.鈴木 良尚, 塚本 勝男, 藤原 貴久, 柳谷 伸一郎 :
地上対流抑制実験におけるタンパク質結晶のステップ前進速度,
第30回宇宙環境利用シンポジウム, 2016年1月.
14.中橋 大道, 柳谷 伸一郎, 藤原 貴久, 松本 賢臣, 塩本 知弘, 鈴木 良尚 :
リゾチーム存在下におけるグルコースイソメラーゼ結晶のステップ前進速度と二次元核生成頻度,
第45回結晶成長国内会議, 2015年10月.
15.塩本 知弘, 柳谷 伸一郎, 藤原 貴久, 松本 賢臣, 中橋 大道, 鈴木 良尚 :
グルコースイソメラーゼ結晶の分子取り込み過程における活性化エネルギー,
第45回結晶成長国内会議, 2015年10月.
16.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 佐藤 正英, 佐崎 元, 勝野 弘康 :
異種タンパク質存在下で結晶化させたグルコースイソメラーゼ結晶の成長速度,
第45回結晶成長国内会議, 2015年10月.
17.鈴木 凌, 岸 健晴, 小泉 晴比古, 塚本 勝男, 荒井 康智, 福山 誠二郎, 鈴木 良尚, 小島 謙一, 橘 勝 :
グルコースイソメラーゼ結晶の転位の運動と塑性変形,
第45回結晶成長国内会議, 2015年10月.
18.豊岡 哲弥, 佐藤 正英, 鈴木 良尚 :
遠心力による粒子沈降方向に垂直なセル壁面へのコロイド結晶の配向の変化,
第45回結晶成長国内会議, 2015年10月.
19.鈴木 良尚, 塚本 勝男, 吉崎 泉, 三浦 均, 藤原 貴久 :
宇宙空間での正方晶系リゾチーム結晶の成長プロセスに及ぼす不純物効果,
第45回結晶成長国内会議, 2015年10月.
20.鈴木 良尚 :
遠心濃縮によるグルコースイソメラーゼの結晶化,
第45回結晶成長国内会議, 2015年10月.
21.鈴木 凌, 岸 健晴, 小泉 晴比古, 塚本 勝男, 荒井 康智, 福山 誠二郎, 鈴木 良尚, 小島 謙一, 橘 勝 :
放射光単色X線トポグラフィによるグルコースイソメラーゼ結晶中の転位発生の観察,
日本物理学会2015年秋季大会, 2015年9月.
22.塚本 勝男, 三浦 均, 鈴木 良尚, 村山 健太, 藤原 貴久, 吉崎 泉 :
地上とKiboで精密測定されたリゾチーム結晶成長速度,
第29回宇宙環境利用シンポジウム, 2015年1月.
23.鈴木 良尚, 塚本 勝男, 吉崎 泉, 福山 誠二郎, 藤原 貴久, 柳谷 伸一郎, 橘 勝, 小泉 晴比古 :
溶液相の状態変化によるタンパク質結晶の界面成長kineticsおよび界面morphologyの変化,
第29回宇宙環境利用シンポジウム, 2015年1月.
24.植原 悠太, 加藤 有介, 上田 昭子, 鈴木 良尚 :
高圧力下におけるタンパク質結晶のその場X線結晶構造解析,
第55回高圧討論会, 2014年11月.
25.藤根 守, 佐藤 正英, 勝野 弘康, 鈴木 良尚 :
ブラウン動力学法を用いた容器形状と外力による結晶構造制御,
第44回結晶成長国内会議, 2014年11月.
26.岸 健晴, 鈴木 凌, 橘 勝, 小泉 晴比古, 若生 啓, 小島 謙一, 吉崎 泉, 福山 誠二郎, 鈴木 良尚, 塚本 勝男 :
X線トポグラフィによるグルコースイソメラーゼ結晶の完全性評価,
第44回結晶成長国内会議, 2014年11月.
27.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 吉崎 泉, 塚本 勝男, 村山 健太, 福山 誠二郎, 橘 勝, 三浦 均 :
長期宇宙実験での蒸発によるリゾチーム溶液の過飽和度変化への対応方法,
第44回結晶成長国内会議, 2014年11月.
28.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 佐藤 正英, 佐崎 元, 勝野 弘康, 柳谷 伸一郎, 加藤 有介 :
タンパク質の結晶化における異種タンパク質の影響,
第44回結晶成長国内会議, 2014年11月.
29.鈴木 良尚, 柳谷 伸一郎, 塚本 勝男, 吉崎 泉, 橘 勝, 藤原 貴久, 加藤 有介 :
環境相の変化に伴うリゾチーム結晶の界面モルフォロジーの変化,
第44回結晶成長国内会議, 2014年11月.
30.鈴田 崇仁, 山田 洋平, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 鈴木 良尚 :
トラックエッチドメンブレンフィルター孔でのリゾチーム結晶成長,
日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
31.山田 洋平, 鈴田 崇仁, 薮谷 智規, 鈴木 良尚, 永瀬 丈嗣, 保田 英洋, 髙栁 俊夫 :
フェリチンの結晶を鋳型とした規則構造体の合成,
日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
32.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 佐藤 正英, 佐崎 元, 勝野 弘康 :
リゾチーム存在下でのグルコースイソメラーゼ結晶の平衡温度,
第43回結晶成長国内会議, 2013年11月.
33.鈴木 良尚, 津下 英明, 上田 昭子, 細川 晃平 :
沈澱剤フリー高濃度リゾチーム溶液からの結晶成長,
第43回結晶成長国内会議, 2013年11月.
34.鈴田 崇仁, 山田 洋平, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 鈴木 良尚 :
リゾチーム単結晶への金属酸化物前駆体の含浸,
第3回CSJ化学フェスタ2013, 2013年10月.
35.東 伸悟, 森 篤史, 鈴木 良尚, 原口 雅宣, 橋本 修一, 澤田 勉 :
フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッド効果の発現 を目指したゲル固定化コロイド結晶上への金属ナノ粒子の付着,
日本物理学会2013年秋季大会, 2013年9月.
36.森 篤史, 鈴木 良尚 :
熱浴の化学ポテンシャルと平衡状態の化学ポテンシャル の差で表した臨界核生成可逆仕事の表式と核生成定理,
日本物理学会2013年秋季大会, 2013年9月.
37.森 篤史, 鈴木 良尚 :
正方格子基板上へ成長した重力下剛体球系結晶中の欠陥の同定,
日本物理学会2013年秋季大会, 2013年9月.
38.鈴田 崇仁, 山田 洋平, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 鈴木 良尚 :
Penetration of precursors of metallic oxide into lysozyme crystals,
第19回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2013年9月.
39.森 篤史, 東 伸悟, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 :
フォトニックバンドとプラズモニクスとのハイブリッド効果による強力な電場増強を起こすナノ構造の作成,
第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
40.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 佐藤 正英, 佐崎 元, 勝野 弘康 :
グルコースイソメラーゼ結晶の成長過程に及ぼすリゾチームの不純物効果,
第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
41.中尾 恭兵, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 佐藤 正英, 佐崎 元, 勝野 弘康 :
リゾチーム結晶成長に及ぼすグルコースイソメラーゼの不純物効果,
第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
42.塩澤 宏章, 鈴木 良尚 :
タンパク質結晶の乾燥,
第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
43.細川 晃平, 鈴木 良尚 :
遠心濃縮によるリゾチームの結晶化と溶解度測定,
第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
44.鈴木 良尚 :
沈澱剤フリーで結晶化したリゾチーム結晶の構造解析,
第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
45.伊藤 大祐, 鈴木 良尚 :
撥水性基板を用いたコロイド結晶のグレインサイズ制御,
第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
46.森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 :
コロイドエピタキシーにおける重力テンパリングの可能性,
第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
47.東 伸悟, 大久保 佳祐, 森 篤史, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 :
フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッドによる強力な電場増強効果を起こすナノ構造の作製,
日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2012, 2012年10月.
48.森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹, 伊藤 研策 :
コロイドエピタキシーにおける重力テンパリングによる欠陥低減化のモンテカルロ・シミュレーション,
第2回ソフトマター研究会, 2012年9月.
49.森 篤史, 東 伸悟, 大久保 佳祐, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 :
ゲル固定化コロイド結晶を用いたフォトニックバンド/プラスモニクスハイブリッド効果による強力な電場増強効果を示すナノ構造の作製,
第2回ソフトマター研究会, 2012年9月.
50.森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 :
剛体球系のモンテカルロシミュレーションから示唆されるコロイドエピタキシーにおける重力テンパリングの可能性,
日本物理学会2012年秋季大会, 2012年9月.
51.森 篤史, 東 伸悟, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 :
フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッド効果を起こすナノ構造の作製,
化学工学会第44回秋季大会, 2012年9月.
52.山田 洋平, 外山 翔太, James METSON, David WILLIAMS, Geoff WATERHOUSE, 鈴木 良尚, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫 :
タンパク質結晶を鋳型とした規則性多孔質材料の作製,
日本分析化学会第61年会, 165, 2012年9月.
53.東 伸悟, 森 篤史, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 :
フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッドによる強力な電場増強効果を起こすナノ構造の作製,
第61回高分子討論会, 2012年9月.
54.森 篤史, 東 伸悟, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 :
プラズモニクスのハイブリッド効果による強い電場増強効果を起こすナノ構造の作製を目指したゲル固定化コロイド結晶の作製,
日本物理学会2012年秋季大会, 2012年9月.
55.細川 晃平, 鈴木 良尚 :
沈澱剤を用いないタンパク質の結晶化と溶解度測定,
日本物理学会第67回年次大会, 2012年3月.
56.鈴木 良尚, 津下 英明 :
沈澱剤フリーのタンパク質結晶化法の開発,
日本物理学会第67回年次大会, 2012年3月.
57.森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 :
剛体球模型を用いたコロイドエピタキシーのモンテカルロ・シミュレーションにおける多結晶化の回避,
第25回分子シミュレーション討論会, 2011年12月.
58.近藤 大貴, 藤原 貴久, 鈴木 良尚 :
リゾチーム正方晶系結晶のステップ前進速度の温度依存性,
2011年日本化学会西日本大会講演要旨集, 171, 2011年11月.
59.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 佐崎 元, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
ニワトリ卵白リゾチーム正方晶系結晶の{110}面上のステップ前進速度に及ぼす圧力効果,
第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
60.鈴木 良尚 :
沈澱剤を用いないタンパク質の結晶化,
第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
61.松本 賢臣, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚 :
グルコースイソメラーゼ結晶のステップ前進速度の温度依存性と活性化エネルギー,
第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
62.橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
逆三角形型セルを利用した遠心沈降法でのコロイド結晶の大型グレインの作製,
第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
63.坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 上原 侑紀, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 佐藤 正英, 田村 勝弘 :
コロイド結晶内のグレイン境界の時間変化,
第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
64.吉田 尚貴, 東 伸悟, 室井 佑介, 坂部 真貴子, 上原 侑紀, 森 篤史, 鈴木 良尚 :
蛍光PMMAコロイド粒子の合成と共晶点顕微鏡による三次元像解析,
第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
65.鈴木 良尚 :
遠心場でのコロイド結晶成長,
第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
66.森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 :
正方格子パターン上へ成長した剛体球系結晶中の欠陥の振舞のモンテカルロシミュレーションによる研究,
第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
67.上原 侑紀, 鈴木 良尚, 坂部 真貴子, 柳谷 伸一郎, 森 篤史 :
光ピンセット効果の粒子収集プロセスを用いたコロイド結晶の局所的核生成過程のその場観察,
第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
68.森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 :
正方格子パターン上へ成長した剛体球系結晶中の欠陥の振舞のモンテカルロシミュレーションによる研究,
第60回高分子討論会, 2011年9月.
69.坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
コロイド結晶の格子欠陥の時間変化,
日本物理学会2011年秋季大会, 2011年9月.
70.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 佐崎 元, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
高圧力下におけるニワトリ卵白リゾチーム正方晶系結晶のステップ前進速度,
日本物理学会2011年秋季大会, 2011年9月.
71.鈴木 良尚, 佐崎 元, 藤原 貴久, 古川 義純 :
ポリスチレン粒子水分散液の一方向凍結プロセスにおけるコロイド結晶化および不可逆凝集,
日本物理学会2011年秋季大会, 2011年9月.
72.森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 :
正方格子パターン上へ成長した剛体球系結晶中の欠陥の振舞のモンテカ ルロシミュレーションによる研究,
第一回ソフトマター研究会, 2011年8月.
73.橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
逆三角型セルを利用したコロイド結晶の大型グレインの作成,
化学工学会第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010年10月.
74.坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
コロイド結晶内の粒子層の積層状態の経時変化,
化学工学会第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010年10月.
75.三角 祐規, 鈴木 良尚, 田村 勝弘, 田村 勝弘 :
ガス加圧法による枯草菌の殺菌,
化学工学3支部合同徳島大会講演要旨集, 136, 2010年10月.
76.平野 美紗, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
ニワトリ卵白リゾチーム正方晶系結晶のステップ前進速度に及ぼすpHの効果,
化学工学3支部合同徳島大会講演要旨集, 87, 2010年10月.
77.松本 賢臣, 鈴木 良尚, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
グルコースイソメラーゼ結晶のステップ前進速度の測定と活性化エネルギー,
化学工学3支部合同徳島大会講演要旨集, 86, 2010年10月.
78.河内 哲史, 原 好男, 一宮 雅史, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
ガス加圧下の微生物代謝熱測定による気体毒性評価,
化学工学3支部合同徳島大会講演要旨集, 12, 2010年10月.
79.細井 則宏, 河内 哲史, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
酸素・窒素ガスハイブリッド加圧による香酸柑橘果汁の殺菌,
化学工学3支部合同徳島大会講演要旨集, 1, 2010年10月.
80.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 佐崎 元, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
リゾチーム正方晶系結晶のステップ前進速度に及ぼす圧力効果,
化学工学3支部合同徳島大会講演要旨集, 89, 2010年10月.
81.鈴木 良尚, 森 篤史, 澤田 勉, 田村 勝弘 :
遠心力を用いた結晶化制御,
第57回応用物理学関係連合講演会, 2010年3月.
82.鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
基板角度および容器形状を利用した遠心沈降法によるバルク密充填コロイド結晶の作製,
NCCG-39予稿集, 185, 2009年11月.
83.鈴木 良尚, 佐崎 元, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
グルコースイソメラーゼ結晶の結晶化素過程における活性化体積,
NCCG-39予稿集, 130, 2009年11月.
84.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
リゾチーム正方晶系結晶の外形変化とステップ速度から求めた溶解度の比較,
NCCG-39予稿集, 9, 2009年11月.
85.坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
共焦点顕微鏡によるコロイド結晶の構造決定と格子欠陥の観察,
NCCG-39予稿集, 56, 2009年11月.
86.橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
逆三角形型セルを用いたコロイド結晶のグレインの肥大化と生成数の制限,
NCCG-39予稿集, 55, 2009年11月.
87.鈴木 良尚 :
遠心沈降法による密充填コロイド結晶の大型化,
2009年秋季大会領域9,領域12合同シンポジウム 主題:コロイド・巨大分子の結晶成長, 2009年9月.
88.鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
遠心沈降法による微粒子の自己集積過程,
2008日本化学会西日本大会, 2008年11月.
89.内田 直祐, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
正方晶系リゾチーム結晶のステップ前進速度に及ぼすpHの効果,
2008日本化学会西日本大会, 2008年11月.
90.田中 孝典, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
共焦点微分干渉顕微鏡を用いたリゾチーム単斜晶系結晶表面のステップ前進速度の測定,
NCCG-38予稿集, 31, 2008年11月.
91.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
リゾチーム正方晶系結晶の外形・表面のその場観察による溶解度測定法,
NCCG-38予稿集, 30, 2008年11月.
92.坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
共焦点顕微鏡による蛍光分散媒中の微粒子の沈降集積過程の観察,
NCCG-38予稿集, 6, 2008年11月.
93.橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
コロイド結晶のグレインサイズ制御への結晶化容器形状の利用,
NCCG-38予稿集, 5, 2008年11月.
94.鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
遠心沈降法によるバルク密充填大型コロイド結晶の作製,
NCCG-38予稿集, 4, 2008年11月.
95.森 篤史, 鈴木 良尚 :
正方格子パターン上への剛体球系結晶の成長,
日本物理学会講演概要集, Vol.63, No.2, 332, 2008年9月.
96.濱 克彰, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
遠心力場中での異粒径粒子間の沈降速度差を利用した二元系コロイド結晶の作製と評価,
第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 366, 2008年9月.
97.鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
遠心沈降法によるバルク密充填コロイド結晶育成,
第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 98, 2008年9月.
98.森 篤史, 小林 正裕, 鈴木 良尚 :
fcc(111)積層の密充填コロイド結晶における積層不整,
第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 97, 2008年9月.
99.小林 正裕, 森 篤史, 鈴木 良尚 :
重力下で{111}成長したの剛体球系結晶中の積層不整のモンテカルロシミュレーション,
第21回分子シミュレーション討論会講演概要集, 2007年11月.
100.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
リゾチーム正方晶系結晶の三面角付近の観察による溶解度測定,
NCCG-37予稿集, 97, 2007年11月.
101.塚本 雅之, 鈴木 良尚, 櫻庭 春彦, 田村 勝弘 :
高圧力下で成長したグルコースイソメラーゼ結晶の常圧下でのX線結晶構造解析,
NCCG-37予稿集, 43, 2007年11月.
102.鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
遠心沈降法と平坦基板を用いたコロイド結晶のグレインサイズ制御,
NCCG-37予稿集, 42, 2007年11月.
103.濱 克彰, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
遠心沈降法による二元系コロイド結晶の作製と評価,
第60回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 377, 2007年9月.
104.麻川 明俊, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 :
遠心沈降法でガラス基板上に成長させたコロイド多結晶中のグレインの結晶方位とグレインサイズに及ぼす基板平坦性の効果,
第60回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 376, 2007年9月.
105.鈴木 良尚, 森 篤史, 春日 聖司, 田村 勝弘 :
遠心沈降法による傾角ガラス基板上のコロイド結晶のグレインサイズ制御,
第60回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 153, 2007年9月.
106.森 篤史, 鈴木 良尚 :
重力下の剛体球系結晶中の積層不整の安定性,
高分子学会年次大会予稿集, Vol.56, No.2, 2007年9月.
107.塚本 雅之, 鈴木 良尚, 櫻庭 春彦, 田村 勝弘 :
グルコースイソメラーゼの三次元分子構造に及ぼす圧力効果,
第15回生物関連高圧研究会20周年記念シンポジウム, 2007年9月.
108.鈴木 良尚, 佐崎 元, 田村 勝弘 :
位相差顕微鏡によるグルコースイソメラーゼ結晶表面の分子ステップ観察,
第15回生物関連高圧研究会20周年記念シンポジウム, 2007年9月.
109.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
高圧力下におけるタンパク質結晶表面の分子ステップのその場観察,
第47回高圧討論会 講演要旨集, 299, 2006年11月.
110.逢坂 明彦, 西村 展洋, 森 篤史, 鈴木 良尚, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫 :
ポリスチレンラテックス合成中の粒径および形状の変化,
日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 341, 2006年11月.
111.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
高圧力下におけるグルコースイソメラーゼ結晶のステップ速度と二次元核生成頻度,
日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 350, 2006年11月.
112.森 篤史, 鈴木 良尚 :
コロイド結晶に及ぼす重力の効果,
日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 252-253, 2006年11月.
113.西村 展洋, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
重力場でのコロイド結晶化の体積分率の塩濃度依存性,
化学工学会徳島大会講演要旨集, 49, 2006年10月.
114.大森 政也, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
コロイド結晶の欠陥消滅過程とそれに及ぼす外場の影響,
化学工学会徳島大会講演要旨集, 48, 2006年10月.
115.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
タンパク質結晶表面のステップ前進速度および二次元核生成頻度の圧力変化,
化学工学会徳島大会講演要旨集, 47, 2006年10月.
116.原 好男, 河内 哲史, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
酵母増殖に及ぼす高圧希ガスの影響-代謝熱測定法によるアプローチ-,
化学工学会徳島大会講演要旨集, 2006年10月.
117.河内 哲史, 原 好男, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
代謝熱測定法による炭化水素ガス加圧下の酵母増殖挙動解析,
化学工学会徳島大会講演要旨集, 2006年10月.
118.荒尾 俊明, 村本 桂久, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
酸素・窒素ガスハイブリッド加圧法によるスダチ果汁殺菌技術の開発,
化学工学会徳島大会講演要旨集, 2006年10月.
119.森 篤史, 小林 正裕, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹, 柳谷 伸一郎 :
ピラミッド型のくぼみに沈降した重力下の剛体球系の挙動のモンテカルロシミュレーション,
日本物理学会講演概要集, Vol.61, No.2, 282, 2006年9月.
120.麻川 明俊, 鈴木 良尚, 森 篤史, 松尾 繁樹, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫, 田村 勝弘 :
遠心沈降濃縮法で得られたコロイド結晶のグレインサイズに及ぼす基板平坦性の影響,
第59回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 350, 2006年9月.
121.鈴木 良尚, 森 篤史, 澤田 勉, 田村 勝弘 :
遠心沈降法によるコロイド結晶の結晶粒界と積層欠陥の制御,
第59回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 50, 2006年9月.
122.森 篤史, 小林 正裕, 鈴木 良尚 :
重力下の剛体球系結晶中の安定な積層不整の複合構造,
第59回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 51, 2006年9月.
123.小林 正裕, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 井上 哲夫 :
重力下の剛体球系結晶中のモンテカルロシミュレーションによる欠陥の安定性の研究,
応用物理学会中四国支部日本物理学会中国支部・四国支部日本物理教育学会四国連絡会議 支部学術講演会講演予稿集, 150, 2006年7月.
124.藤本 直樹, 佐藤 秀樹, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘, 高田 次郎 :
微生物の代謝熱測定による農薬の毒性評価,
第40回日本水環境学会年会, 2006年3月.
125.田村 勝弘, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚 :
微生物の代謝熱測定による気圏バイオアッセイ,
第40回日本水環境学会年会, 2006年3月.
126.春日 聖司, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫, 田村 勝弘 :
濃厚なコロイド結晶のグレインサイズの塩濃度,遠心加速度,粘性率,角度依存性,
日本物理学会第61回年次大会, Vol.61, No.1, 384, 2006年3月.
127.麻川 明俊, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫, 田村 勝弘 :
遠心沈降濃縮法で得られたコロイド結晶のグレインサイズの基板依存性,
日本物理学会第61回年次大会, Vol.61, No.1, 384, 2006年3月.
128.鈴木 良尚, 澤田 勉, 森 篤史, 田村 勝弘 :
遠心沈降濃縮法によるコロイド結晶のグレインサイズ制御,
日本物理学会第61回年次大会, Vol.61, No.1, 383, 2006年3月.
129.森 篤史, 鈴木 良尚, 柳谷 伸一郎 :
重力下の剛体球系における多様な構造に対する自由エネルギー計算,
日本物理学会講演概要集, Vol.61, No.1, 384, 2006年3月.
130.森 篤史, 湯浅 元明, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚 :
重力下の剛体球系結晶のモンテカルロシミュレーション,
第19回分子シミュレーション討論会講演概要集, 2005年11月.
131.岩橋 均, 小谷 峰, 松岡 寛之, 北河 恵美子, 石藤 恵美, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
各種高圧条件が酵母細胞に与える影響,
第14回生物関連高圧研究会シンポジウム「高圧力下の生物科学」講演要旨集, 22, 2005年9月.
132.松岡 寛之, 鈴木 福英, 岩橋 均, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
酵母DNAマイクロアレイを用いた気体のバイオアッセイ,
第14回生物関連高圧研究会シンポジウム「高圧力下の生物科学」講演要旨集, 21, 2005年9月.
133.栗林 努, 松岡 寛之, 鈴木 福英, 岩橋 均, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
酵母DNAマイクロアレイを用いた二酸化炭素の影響評価,
第14回生物関連高圧研究会シンポジウム「高圧力下の生物科学」講演要旨集, 20, 2005年9月.
134.中山 真一, 原 好男, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
酵母の代謝熱測定による加圧気体の毒性評価,
第14回生物関連高圧研究会シンポジウム「高圧力下の生物科学」講演要旨集, 19, 2005年9月.
135.谷脇 孝典, 村本 桂久, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
ガス加圧法によるスダチ果汁の殺菌と酸化防止技術,
第14回生物関連高圧研究会シンポジウム「高圧力下の生物科学」講演要旨集, 18, 2005年9月.
136.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
タンパク質結晶表面のステップ前進速度に及ぼす圧力効果,
第14回生物関連高圧研究会シンポジウム「高圧力下の生物科学」講演要旨集, 10, 2005年9月.
137.近田 恵美, 鈴木 良尚, 本同 宏成, 田村 勝弘 :
リゾチーム三斜晶系結晶の溶解度に及ぼす圧力温度pH効果,
第14回生物関連高圧研究会シンポジウム「高圧力下の生物科学」講演要旨集, 9, 2005年9月.
138.森 篤史, 湯浅 元明, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 井上 哲夫 :
重力下の剛体球系における結晶化に対する境界条件の影響,
日本物理学会講演概要集, Vol.60, No.2, 232, 2005年9月.
139.大森 政也, 鈴木 良尚, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫, 田村 勝弘 :
コロイド結晶のグレインサイズに及ぼす磁場効果,
第58回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, 280, 2005年9月.
140.森 篤史, 北台 佑馬, 湯浅 元明, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 澤田 勉, 井上 哲夫 :
重力下において壁から成長するコロイド結晶の競合のモンテカルカルロシミュレーション,
第58回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 131, 2005年9月.
141.春日 聖司, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫, 田村 勝弘 :
濃厚なコロイド結晶のドメインサイズの塩濃度,遠心加速度,粘性率依存性,
第58回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 279, 2005年9月.
142.鈴木 良尚, 澤田 勉, Xia Younan, 森 篤史, 田村 勝弘 :
沈降速度の変化によるコロイド結晶のドメインサイズ制御,
第58回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, 130, 2005年9月.
143.村田 壮介, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 鈴木 良尚, 田村 勝弘, 井上 哲夫 :
TGS水溶液のオーバーヒーティングが結晶成長に及ぼす影響,
日本結晶成長学会誌, Vol.32, No.3, 223, 2005年8月.
144.近田 恵美, 鈴木 良尚, 本同 宏成, 田村 勝弘 :
リゾチーム三斜晶系結晶の溶解度に及ぼす圧力温度効果,
第35回日本結晶成長学会誌, 230, 2005年8月.
145.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
高圧力下におけるグルコースイソメラーゼ結晶表面上の単位ステップのその場観察,
第35回日本結晶成長学会誌, 228, 2005年8月.
146.下村 英之, 鈴木 良尚, 丸岡 武史, 田村 勝弘 :
グルコースイソメラーゼ結晶の核生成頻度に及ぼす圧力効果,
第35回日本結晶成長学会誌, 183, 2005年8月.
147.大森 政也, 鈴木 良尚, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫, 田村 勝弘 :
コロイド結晶のグレインサイズに及ぼす磁場効果,
第35回日本結晶成長学会誌, 182, 2005年8月.
148.春日 聖司, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫, 田村 勝弘 :
濃厚なコロイド結晶のグレインサイズ制御,
第35回日本結晶成長学会誌, 181, 2005年8月.
149.鈴木 良尚, 澤田 勉, Xia Younan, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
沈降法によるコロイド結晶化制御,
第35回日本結晶成長学会誌, 180, 2005年8月.
150.森 篤史, 湯浅 元明, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 井上 哲夫 :
重力数の急激増加による剛体球系結晶のサイズ変化,
日本結晶成長学会誌, Vol.32, No.3, 184, 2005年8月.
151.北台 佑馬, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 井上 哲夫 :
重力下における剛体球系結晶の欠陥消失機構,
第18回分子シミュレーション討論会講演要旨集, 123-124, 2004年12月.
152.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松浦 良樹, 本同 宏成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
高圧力下におけるグルコースイソメラーゼ結晶の成長促進機構に関する分子論的考察,
第45回高圧討論会, 2004年10月.
153.鈴木 良尚, Xia Younan, 澤田 勉, 森 篤史, 田村 勝弘 :
沈降法によるコロイド結晶化,
第57回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, 373, 2004年9月.
154.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松浦 良樹, 本同 宏成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 :
グルコースイソメラーゼの結晶成長kineticsの分子論的考察,
第34回結晶成長国内会議, 2004年8月.
155.春日 聖司, 鈴木 良尚, 森 篤史, 井上 哲夫, 田村 勝弘 :
沈降法を用いた粒子性フォトニック結晶の育成,
第34回結晶成長国内会議, Vol.31, No.3, 163, 2004年8月.
156.松岡 寛之, 鈴木 福英, 岩橋 均, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
酵母DNAマイクロアレイを用いた加圧窒素ガスのストレス応答解析,
生物関連高圧研究会第13回シンポジウム, 2003年9月.
157.荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
酵母のガス加圧増殖サーモグラムとその利用,
生物関連高圧研究会第13回シンポジウム, 2003年9月.
158.浅井 俊高, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
ニワトリ卵白リゾチーム単斜晶系結晶の成長機構に及ぼす圧力,温度効果,
生物関連高圧研究会第13回シンポジウム, 2003年9月.
159.丸岡 武史, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
グルコースイソメラーゼの結晶成長に及ぼす圧力,温度,塩濃度効果,
生物関連高圧研究会第13回シンポジウム, 2003年9月.
160.三好 康夫, 中原 将海, 森 篤史, 鈴木 良尚, 澤田 勉, 伊藤 研策, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫 :
重力下の剛体球結晶の構造:モンテカルロシミュレーション,
日本結晶成長学会誌, Vol.30, No.3, 129, 2003年8月.
161.中原 将海, 三好 康夫, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 鈴木 良尚, 澤田 勉, 伊藤 研策, 井上 哲夫 :
遮蔽クーロン系結晶の分子動力学シミュレーション,
日本結晶成長学会誌, Vol.30, No.3, 128, 2003年8月.
162.鈴木 良尚, 佐崎 元, Kalevi Visuri, 田村 勝弘, 中嶋 一雄 :
高圧力下におけるグルコースイソメラーゼの結晶化制御,
日本物理学会年会, Vol.58, 2003年3月.
163.三好 康夫, 中原 将海, 森 篤史, 鈴木 良尚, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫, 澤田 勉, 伊藤 研策 :
重力下の剛体球系の固液共存状態のモンテカル ロシミュレーション,
日本物理学会講演概要集, Vol.58, No.1, 336, 2003年3月.
164.鈴木 良尚, 佐崎 元, Kalevi Visuri, 田村 勝弘, 中嶋 一雄 :
加圧によるタンパク質結晶化の促進,
第43回高圧討論会, 2002年11月.
165.施 寧, 鈴木 良尚, 田村 勝弘, 澤田 勉 :
コロイド結晶化·凝集条件の塩濃度依存性,
日本物理学会2002年秋季大会, 2002年9月.
166.三好 康夫, 斎藤 好延, 森 篤史, 鈴木 良尚, 澤田 勉, 伊藤 研策 :
重力下の剛体球系の結晶化のモンテカルロシミュレーション,
日本結晶成長学会誌, Vol.29, No.2, 87, 2002年8月.
167.鈴木 良尚, 佐崎 元, Kalevi Visuri, 田村 勝弘, 中嶋 一雄 :
グルコースイソメラーゼの結晶成長に及ぼす圧力効果の速度論的研究,
第32回結晶成長国内会議, 2002年8月.
168.鈴木 良尚, 佐崎 元, Kalevi Visuri, 田村 勝弘, 中嶋 一雄 :
加圧によるグルコースイソメラーゼ結晶成長の促進効果,
日本物理学会第57回年次大会, 2002年3月.
169.田村 勝弘, 荒尾 俊明, 朝倉 光昭, 鈴木 良尚, 高島 京子, 土佐 政二 :
微生物の代謝熱を利用した気圏および水圏環境汚染物質のバイオアッセイ,
第36回日本水環境学会年会, 2002年3月.
170.澤田 勉, 豊玉 彰子, 鈴木 良尚 :
フォトニック結晶としてのコロイド単結晶の作製と分光特性,
第40回人工結晶討論会, 2001年12月.
171.荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
代謝熱測定による酵母のストレス応答の研究 -糖の影響-,
日本生物物理学会第39回年会, 2001年10月.
172.松本 知浩, 田村 勝弘, 鈴木 良尚 :
リン脂質二分子膜のゲル-液晶主転移温度に及ぼす圧力の影響,
第39回日本生物物理学会, 2001年10月.
173.澤田 勉, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子 :
せん断流動のクエンチによるコロイド結晶の単結晶化,
第54回コロイドおよび界面化学討論会, 2001年9月.
174.田村 勝弘, 松本 知浩, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚 :
ガス圧高圧熱量計の応用,
第12回生物関連高圧研究会シンポジウム, 2001年9月.
175.鈴木 良尚, 佐崎 元, Kalevi Visuri, 田村 勝弘, 中嶋 一雄 :
加圧によるタンパク質結晶の成長促進効果,
第12回生物関連高圧研究会シンポジウム, 2001年9月.
176.田村 勝弘, 松本 知浩, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚 :
リン脂質二分子膜の相転移に及ぼす溶存気体の影響,
第19回麻酔メカニズム研究会, 2001年7月.
177.鈴木 良尚, 澤田 勉 :
濃厚な単分散粒子溶液における凝集挙動,
第31回結晶成長国内会議, 2000年7月.
178.鈴木 良尚, 澤田 勉 :
コロイド粒子の凝集挙動の塩濃度依存性,
第30回結晶成長国内会議, 1999年7月.
179.鈴木 良尚, 澤村 精治, 松尾 博史, 高木 友裕, 藤本 修 :
アミノ酸の水に対する溶解度の圧力依存性,
第29回結晶成長国内会議, 1998年7月.
180.鈴木 良尚, 澤田 勉, 宮下 哲, 小松 啓 :
HEW lysozyme正方晶の成長kineticsへの圧力効果II,
第28回結晶成長国内会議, 1997年7月.
181.鈴木 良尚, 澤田 勉, 宮下 哲, 小松 啓 :
HEW lysozyme正方晶の成長kineticsへの圧力効果,
第27回結晶成長国内会議, 1996年8月.
182.鈴木 良尚, 澤田 勉, 宮下 哲, 小松 啓 :
圧力制御によるタンパク質の結晶成長,
第51回日本物理学会年会「結晶成長シンポジウム」, 1996年4月.
183.鈴木 良尚, 澤田 勉, 宮下 哲, 小松 啓 :
ニワトリ卵白リゾチームの溶解度の圧力依存の''その場観察'',
日本物理学会秋の分科会, 1995年9月.
184.鈴木 良尚, 宮下 哲, 小松 啓, 八木 健彦, 佐藤 清隆 :
高圧力下でのHEWリゾチームの結晶成長II,
第25回結晶成長国内会議, 1994年7月.
185.鈴木 良尚, 宮下 哲, 小松 啓, 八木 健彦, 佐藤 清隆 :
高圧力下でのHEWリゾチームの結晶成長,
第24回結晶成長国内会議, 1993年7月.

その他・研究会:

1.鈴木 良尚 :
沈澱剤を用いないタンパク質結晶化および結晶構造解析,
結晶表面・界面での成長カイネティクスの理論とその場観察, 2016年1月.
2.鈴木 良尚 :
環境相の状態変化に伴うタンパク質結晶表面カイネティックスの変化,
学習院大学計算機センター特別研究プロジェクト「結晶成長の数理」第9回研究会―濡れと結晶成長―, 2014年12月.
3.鈴木 良尚, 藤原 貴久, 細川 晃平, 塩澤 宏章 :
タンパク質結晶化への新たなる試み,
結晶表面・界面での成長カイネティクスの理論とその場観察, 2014年1月.
4.森 篤史, 鈴木 良尚 :
コロイドエピタキシーにおける重力テンパリングによるコロイド結晶中の欠陥の低減,
学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第8回研究会―濡れと結晶成長―, 2013年12月.
5.鈴木 良尚 :
相互作用の制御によるナノ粒子の結晶化制御,
その場観察と理論による結晶成長素過程の解明, 2013年1月.
6.鈴木 良尚 :
相互作用の制御によるナノ粒子の規則構造形成,
学習院大学計算機センター特別研究プロジェクト「結晶成長の数理」第7回研究会―ソフトマターと結晶成長―, 2012年12月.
7.森 篤史, 鈴木 良尚 :
化学ポテンシャル差で表現した核生成可逆仕事におけるバルク項の表式,
学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第7回研究会―ソフトマターと結晶成長―, 2012年12月.
8.東 伸悟, 森 篤史, 大久保 佳祐, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 :
フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッドによる強力な電場増強効果を起こすナノ構造の作製,
学習院大学計算機センター特別研究プロジェクト「結晶成長の数理」第7回研究会―ソフトマターと結晶成長―, 2012年12月.
9.鈴木 良尚 :
ナノ∼サブミクロン粒子の結晶成長,
第36回結晶成長討論会, 2012年9月.
10.鈴木 良尚 :
ナノ∼サブミクロン粒子を単位とした結晶化およびその結晶の高品質化,
化学工学会材料界面部会晶析技術研究会夏季セミナー2012in徳島, 2012年9月.
11.鈴木 良尚, 森 篤史 :
核生成その1, --- 「結晶は生きている」からのスタート ---,
第35回結晶成長討論会 結晶成長基礎講習会 シリーズ1「結晶成長の基礎」, 1-6, 2011年9月.
12.森 篤史, 鈴木 良尚 :
核生成その2, --- 均一核生成の熱力学 ---,
第35回結晶成長討論会 結晶成長基礎講習会 シリーズ1「結晶成長の基礎」, 7-13, 2011年9月.
13.坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
経時変化によるコロイド結晶内の格子欠陥の観察,
「結晶成長の数理」第五回研究会―鏡像対称性と結晶成長, 2010年12月.
14.橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘, 田村 勝弘 :
結晶化容器形状を用いたコロイド結晶のグレインの肥大化,
「結晶成長の数理」第五回研究会―鏡像対称性と結晶成長, 2010年12月.
15.鈴木 良尚 :
超濃厚タンパク溶液のX線回折,
「結晶成長の数理」第五回研究会―鏡像対称性と結晶成長, 9, 2010年12月.
16.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 佐崎 元, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 :
高圧力下におけるリゾチーム正方晶系結晶のステップ前進速度,
「結晶成長の数理」第五回研究会―鏡像対称性と結晶成長, 2010年12月.
17.森 篤史, 鈴木 良尚, 金繁 美希, 松尾 繁樹 :
剛体球模型を用いたコロイドエピタキシーのシミュレーション,
学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第5回研究会, 2010年12月.
18.森 篤史, 鈴木 良尚 :
重力下の剛体球系結晶におけるショックレーの部分転位の弾性場と重力による弾性場の相互作用,
第20回統計物理学研究会研究報告集, 55-75, 2010年5月.
19.鈴木 良尚 :
結晶成長学的視点で行ったコロイド結晶のグレインサイズ大型化,
平成21年度学習院大学計算機センター研究会講演資料集, 58-61, 2009年12月.
20.藤原 貴久, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
リゾチーム正方晶系結晶のその場観察による溶解度測定法,
平成21年度学習院大学計算機センター研究会講演資料集, 19-22, 2009年12月.
21.鈴木 良尚 :
沈降プロセスにおけるコロイド結晶の構造制御,
学習院大学計算機センター特別研究プロジェクト「結晶成長の数理」第三回研究会―パターン形成と構造の制御―, 376, 2008年12月.
22.浅井 俊高, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
ニワトリ卵白リゾチーム単斜晶系結晶の成長機構に及ぼす圧力,温度効果,
有機·生体物質の結晶化シンポジウム, 2003年3月.
23.丸岡 武史, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 :
グルコースイソメラーゼの結晶成長に及ぼす圧力,温度,塩濃度の効果,
有機·生体物質の結晶化シンポジウム, 2003年3月.
24.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松井 拓郎, Kalevi Visuri, 田村 勝弘, 中嶋 一雄 :
高圧力下におけるグルコースイソメラーゼ結晶の速度論的解析,
有機·生体物質の結晶化シンポジウム, 2003年3月.
25.鈴木 良尚, 佐崎 元, 松井 拓郎, Kalevi Visuri, 田村 勝弘, 中嶋 一雄 :
グルコースイソメラーゼの結晶成長kineticsに及ぼす圧力効果,
生体高分子結晶成長ワークショップ, 2003年1月.
26.鈴木 良尚 :
グルコースイソメラーゼ結晶の溶解度の圧力変化,
「タンパク質·核酸の結晶成長」ワークショップ, 2002年2月.
27.鈴木 良尚 :
たんぱく質の結晶化における圧力の可能性,
日本材料学会第149回高圧力部門委員会, 2001年4月.
28.鈴木 良尚, 澤田 勉, 田村 勝弘 :
高粒子濃度におけるコロイド結晶化及び凝集条件の探索,
徳島大学サテライトベンチャービジネスラボラトリー平成12年度第3回講演会, 2001年3月.
29.Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Tsutomu Sawada, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Toshiaki Arao, Katsuhiro Tamura and Hiroshi Komatsu :
Protein crystallization and high pressure,
workshop Protein Crystallization and Interfacial Phenomena -Present and Future-, Feb. 2001.
30.鈴木 良尚 :
lysozymeの結晶成長速度に及ぼす圧力効果,
「タンパク質·核酸の結晶成長」ワークショップ, 2000年3月.
31.鈴木 良尚 :
高圧力下のアミノ酸の溶解度測定,
結晶成長学会バイオクリスタル分科会第6回研究会, 1998年11月.
32.鈴木 良尚 :
hen egg white lysozyme 正方晶系結晶の成長kineticsに及ぼす圧力効果,
第1回タンパク質結晶成長機構ワークショップ, 1998年3月.
33.Satoru Miyashita, Hiroshi Komatsu, Yoshihisa Suzuki and Toshitaka Nakada :
Observation of the Concentration Distribution Around a Growing Lysozyme Crysta,
Proc. 7th Topical Meeting on Crystal Growth Mechanism, 401-412, Jan. 1994.

報告書:

1.薮谷 智規, 鈴木 良尚 :
化学応用工学科のFD活動,
平成24年度FD研究報告書, 24-34, 2013年3月.
2.薮谷 智規, 鈴木 良尚, 西内 優騎, 倉科 昌, 堀河 俊英 :
化学応用工学科のFD活動について,
平成23年度FD研究報告書, 32-49, 2012年2月.
3.松尾 繁樹, 森 篤史, 鈴木 良尚 :
高品質コロイド結晶成長技術の確立,
徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 徳島, 2005年.
(徳島大学機関リポジトリ: 74504)

特許:

1.澤田 勉, 鈴木 良尚 : コロイド結晶,並びにゲル化コロイド結晶の形成方法,及びこれに基づく コロイド結晶素子,ゲル化コロイド結晶素子,並びにコロイド結晶シートの作製方法と, 作製されるコロイド結晶素子,ゲル化コロイド結晶素子,並びにコロイド結晶シート, 特願2000-217660 (2000年7月), 特許第3533442号 (2004年3月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 生体内塩濃度条件下でのタンパク質の結晶化と結晶構造解析 (研究課題/領域番号: 18K04960 )
  • 不純物が結晶成長へ及ぼす効果-不純物が動くと何が変わるのか- (研究課題/領域番号: 16K05470 )
  • 新規タンパク結晶場としてのフィルター孔の活用とその構造解析・分離デバイスへの展開 (研究課題/領域番号: 15K05668 )
  • タンパク質結晶の融液様成長 (研究課題/領域番号: 26390054 )
  • タンパク質分子のコロイド結晶化 (研究課題/領域番号: 24656016 )
  • 不純物が結晶形態不安定に及ぼす動的効果と静的効果 (研究課題/領域番号: 23540444 )
  • 非強酸・非窒素系溶媒を活用した低環境負荷的希少元素リサイクル法の開発 (研究課題/領域番号: 22656207 )
  • 高圧力下のステップ前進速度のその場測定による分子取り込み過程の活性化体積の研究 (研究課題/領域番号: 19760009 )
  • 圧力変化によるタンパク質の立体構造変化と酵素活性の圧力依存性の相関 (研究課題/領域番号: 16760014 )
  • 磁場配向させたゲルを利用した種々の結晶材料のゲル成長 (研究課題/領域番号: 16656012 )
  • 酵母DNAマイクロアレイを用いた環境汚染気体の毒性評価 (研究課題/領域番号: 16510024 )
  • 高圧マイクロ熱量計を用いた微生物の代謝熱測定による環境汚染気体のバイオアッセイ (研究課題/領域番号: 13680629 )
  • 研究者番号(60325248)による検索