検索:
徳島大学 > 病院 > 中央診療施設等 > 地域産婦人科診療部 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児·周産·女性科 > 産科婦人科 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 山本 由理, 加藤 剛志, 炬口 恵理, 吉田 加奈子, 田中 優, 加地 剛, 山本 哲史, 桑原 章, 苛原 稔 :
抗NMDAR(N-methy-D-aspartate receptor)脳炎をきたした卵巣成熟奇形腫の一例,
2010年9月.

学術論文(審査論文):

1. Kana Kasai, Takeshi Katou, Yuri Kadota, Otgontsetseg Erdenebayar, Kaoru Keyama, Takako Kawakita, Kanako Yoshida, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Intraperitoneal administration of activin A promotes development of endometriotic lesions in a mouse model of endometriosis.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 123-127, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113270,   DOI: 10.2152/jmi.66.123,   PubMed: 31064924)
2. Kaoru Keyama, Takeshi Katou, Yuri Kadota, Otgontsetseg Erdenebayar, Kana Kasai, Takako Kawakita, Anna Tani, Sumika Matsui, Takeshi Iwasa, Kanako Yoshida, Masahiko Maegawa, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Lipopolysaccharide promotes early endometrial-peritoneal interactions in a mouse model of endometriosis.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 70-74, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113324,   DOI: 10.2152/jmi.66.70,   PubMed: 31064958)
3. Kanako Yoshida, Masato Nishimura, Akiko Abe, Takeshi Katou, Hiroyuki Furumoto and Minoru Irahara :
Can systematic lymphadenectomy be omitted for low-risk endometrial cancer?,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3,4, 221-224, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112242,   DOI: 10.2152/jmi.65.221,   PubMed: 30282864)
4. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Kana Kasai, Kanako Yoshida, Takeshi Katou, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Circulating dehydroepiandrosterone-sulphate decreases even with a slight change in oestradiol.,
Journal of Obstetrics and Gynaecology, Vol.38, No.2, 231-235, 2017.
(DOI: 10.1080/01443615.2017.1344829,   PubMed: 28903616)
5. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Kana Kasai, Kaoru Keyama, Kanako Yoshida, Takeshi Katou, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Sex hormone-binding globulin and antithrombin III activity in women with oral ultra-low-dose estradiol.,
Journal of Obstetrics and Gynaecology, Vol.37, No.5, 627-632, 2017.
(DOI: 10.1080/01443615.2017.1285275,   PubMed: 28317410)
6. Takeshi Katou, Kaoru Keyama, Sumika Matsui, Mikio Yamasaki, Kanako Yoshida and Minoru Irahara :
Step Up from Salpingo-Oophorectomy to Total Laparoscopic Hysterectomy Incorporating Incision Dissectiong Procedures.,
Journal of Minimally Invasive Gynecology, Vol.22, No.6S, S217, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jmig.2015.08.772,   PubMed: 27679084)
7. Yasuyo Saijo, Hiroyuki Furumoto, Kanako Yoshida, Masato Nishimura and Minoru Irahara :
Clinical Significance of Vascular Endothelial Growth Factor Expression and Microvessel Density in Invasive Cervical Cancer.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 154-160, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111271,   DOI: 10.2152/jmi.62.154,   PubMed: 26399340)
8. 河見 貴子, 古本 博孝, 吉田 加奈子, 加藤 剛志, 西村 正人, 苛原 稔 :
子宮頸癌放射線療法後の局所再発に対する子宮摘出の有用性と安全性について,
現代産婦人科, Vol.61, No.2, 321-324, 2013年.
(CiNii: 10031174208)
9. 東元 あゆか, 加藤 剛志, 阿部 彰子, 海老沢 桂子, 吉田 加奈子, 西村 正人, 古本 博孝, 苛原 稔 :
当院におけるプラチナ耐性再発卵巣癌に対するドキシルの使用経験,
現代産婦人科, Vol.60, No.1, 173-177, 2011年.
(CiNii: 40019163514)
10. Kanako Yoshida, Hiroyuki Furumoto, Akiko Abe, Takeshi Katou, Masato Nishimura and Minoru Irahara :
The possibility of vertical transmission of human papillomavirus through maternal milk,
Journal of Obstetrics and Gynaecology, Vol.31, No.6, 503-506, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 113613,   DOI: 10.3109/01443615.2011.570814,   PubMed: 21823849)
11. 笠井 可菜, 加藤 剛志, 谷口 友香, 田中 優, 阿部 彰子, 海老沢 桂子, 吉田 加奈子, 古本 博孝, 苛原 稔 :
Leiomyomatosis peritonealis desseminata(LPD)の一例,
現代産婦人科, Vol.59, No.2, 271-273, 2011年.
(CiNii: 40018846298)
12. 吉田 加奈子, 七條 あつ子, 阿部 彰子, 海老沢 桂子, 加藤 剛志, 古本 博孝, 苛原 稔 :
外陰のpapillary hidradenomaの1例,
現代産婦人科, Vol.59, No.2, 221-224, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113615,   CiNii: 40018846288)
13. Akiko Abe, Hiroyuki Furumoto, Kanako Yoshida, Takeshi Katou, Yasuyo Saijo and Minoru Irahara :
Gene gun-mediated skin transfection with FL gene suppresses the growth of murine fibrosarcoma.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 39-45, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 83931,   DOI: 10.2152/jmi.58.39,   PubMed: 21372485,   Elsevier: Scopus)
14. 吉田 加奈子, 加藤 剛志, 田中 優, 山本 哲史, 桑原 章, 松崎 利也, 苛原 稔 :
当科における子宮内膜症性嚢胞を伴う不妊症患者に対する手術療法の検討,
日本エンドメトリオーシス学会会誌, Vol.32, 106-108, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113616)
15. 吉田 加奈子, 加藤 剛志, 山本 由理, 田中 優, 苛原 稔 :
骨盤内膿瘍に対する腹腔鏡手術の有用性,
現代産婦人科, Vol.59, No.1, 59-63, 2010年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113614,   CiNii: 40017360433)
16. 柴田 真紀, 加藤 剛志, 吉田 加奈子, 佐藤 美紀, 田中 優, 苛原 稔 :
妊娠初期に捻転を起こし腹腔鏡下手術を行ったmassive ovarian edema の一例,
現代産婦人科, Vol.59, No.1, 55-57, 2010年.
(CiNii: 40017360432)

国内講演発表:

1. 吉田 加奈子, 門田 友里, 笠井 可菜, 河北 貴子, 加藤 剛志, 苛原 稔 :
妊娠中の腹腔鏡下卵巣腫瘍手術におけるアプローチ法の工夫,
日本女性医学学会雑誌, Vol.26, 2018年10月.
2. Kanako Yoshida, Kadota Yuri, Kasai Kana, Kawakita Takako, Takeshi Katou and Minoru Irahara :
Healthcare for young gynecologic malignant tumor patients at our hospital,
Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica, Vol.70, No.2, 637, Feb. 2018.
3. 吉田 加奈子, 門田 友里, 笠井 可菜, 河北 貴子, 加藤 剛志, 苛原 稔 :
妊娠中の腹腔鏡下卵巣腫瘍手術におけるアプローチ法の工夫,
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, Vol.34, 2018年.
4. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 笠井 可菜, 吉田 加奈子, 加藤 剛志, 上村 浩一, 苛原 稔 :
ホルモン補充療法中,デヒドロエピアンドロステロンサルフェートは,わずかなエストロゲンの増加でも低下する,
第32回日本女性医学学会学術集会, 2017年11月.
5. 吉田 加奈子 :
ワークショップ:深部子宮内膜症に対する治療戦略 子宮腺筋症患者における術前MRIによる深部子宮内膜症の評価,
第29回日本内視鏡外科学会総会, 2016年12月.
6. 加藤 剛志, 毛山 薫, 河北 貴子, 谷 杏奈, 松井 寿美佳, 吉田 加奈子, 西村 正人, 上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔 :
P2-31-8 当院におけるがん患者に対するHRT施行の現状(Group 69 更年期・老年期・閉経1,一般演題,第66回学術講演会),
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.66, No.2, 665, 2014年2月.
(CiNii: 110009812214)
7. 吉田 加奈子 :
婦人科がんにおける妊孕性温存治療,
第44回徳島母性衛生学会, 2012年9月.
8. 吉田 加奈子, 加藤 剛志, 西村 正人, 古本 博孝, 苛原 稔 :
シンポジウム:子宮頸癌における腺系異常, --- 各領域における腺系腫瘍診断の工夫と最新技術 ---,
第27回日本臨床細胞学会中国四国連合会総会・学術集会, 2012年7月.
9. 西村 正人, 古本 博孝, 吉田 加奈子, 苛原 稔 :
支部長推薦演題:幽門腺化生∼悪性腺腫の頸管粘液中の胃型ムチンと細胞像,
第53回日本臨床細胞学会(春期大会), 2012年6月.
10. 吉田 加奈子 :
子宮頸がんは予防する時代に, --- 子宮頸がん検診とHPVワクチンについて ---,
おぎゃっと21, 2012年5月.
11. 吉田 加奈子, 東元 あゆか, 阿部 彰子, 海老沢 桂子, 加藤 剛志, 西村 正人, 古本 博孝, 苛原 稔 :
ワークショップ: 子宮体癌新FIGO分類pTla期に対するリンパ節郭清の必要性について,
第50回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2011年7月.

その他・研究会:

1. 吉田 加奈子 :
教育講演: 子宮内膜症の治療における手術療法と薬物療法,
第64回徳島不妊・内分泌研究会, 2019年2月.
2. 吉田 加奈子 :
パネルディスカッション: 高齢出産時代の女性のからだとキャリア形成, --- 家庭と仕事を両立したいあなたのための知っておきたい高齢出産時代の女性のからだの話 ---,
平成24年度徳島産科婦人科学会市民公開講座, 2013年3月.
3. 西村 正人, 古本 博孝, 東元 あゆか, 吉田 加奈子, 苛原 稔 :
シンポジウム: 幽門腺化生∼悪性腺腫の頸管粘液中の胃型ムチンと細胞像,
第26回日本臨床細胞学会中国四国連合会学術集会, 2011年7月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)