検索:
徳島大学大学院社会産業理工学研究部理工学域応用化学系物質機能化学分野
徳島大学理工学部理工学科応用化学システムコース物質機能化学講座
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (選定)2003005 Beyond Graphene-新規ナノ空間高精度制御ポーラスカーボンの創製と医理工光連携による応用展開-
徳島大学先端技術科学教育部物質生命システム工学専攻化学機能創生コース物質機能化学講座
徳島大学工学部化学応用工学科物質機能化学講座
徳島大学創成科学研究科理工学専攻応用化学システムコース(創成科学研究科)物質機能化学講座(創成科学研究科)
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

物理化学 (Physical Chemistry), 溶液化学 (Solution Chemistry)

研究テーマ

液体,流体中の物理化学

著書・論文

著書:

1. 吉田 健 :
理科年表 2021, --- 物理/化学部 520∼527頁「熱化学」,532∼535頁「電気化学・溶液化学『溶解度』『難溶塩の溶解度積』」 ---,
丸善出版 株式会社, 東京, 2020年11月.
2. 吉田 健, :
理科年表 2020, --- 物理/化学部 520∼527頁「熱化学」,532∼535頁「電気化学・溶液化学『溶解度』『難溶塩の溶解度積』」 ---,
丸善出版 株式会社, 東京, 2019年11月.
3. 吉田 健, :
理科年表 平成31年版, --- 物理/化学部 513∼520頁「熱化学」,525∼528頁「電気化学・溶液化学『溶解度』『難溶塩の溶解度積』」 ---,
丸善出版 株式会社, 東京, 2018年11月.
4. 吉田 健, :
理科年表 平成30年版, --- 物理/化学部 511∼518頁「熱化学」,523∼526頁「電気化学・溶液化学『溶解度』『難溶塩の溶解度積』」 ---,
丸善出版 株式会社, 東京, 2017年11月.
5. 中原 勝, 吉田 健 :
理科年表 平成29年版, --- 物理/化学部 502∼509頁「熱化学」,514∼517頁「電気化学・溶液化学『溶解度』『難溶塩の溶解度積』」 ---,
丸善出版 株式会社, 東京, 2016年11月.
6. 中原 勝, 吉田 健 :
理科年表 平成28年版, --- 物理/化学部 502∼509頁「熱化学」,514∼517頁「電気化学・溶液化学『溶解度』『難溶塩の溶解度積』」 ---,
丸善出版 株式会社, 東京, 2015年12月.
7. 吉田 健, 中原 勝 :
極限環境の生体分子 過酷な環境下での機能を科学する(CSJカレントレビュー17),2章 Basic concept-1, 高圧力の化学の基礎,
株式会社 化学同人, 京都, 2014年11月.

学術論文(審査論文):

1. Ken Yoshida, Haruka Yoshioka, Natsuko Ushigusa and Masaru Nakahara :
14N NMR Evidence for Initial Production of NH3 Accompanied by Alcohol from the Hydrolysis of Ethylamine and Butylamine in Supercritical Water,
Chemistry Letters, 2020.
(DOI: 10.1246/cl.200783)
2. Ken Yoshida and Masaru Nakahara :
Self-diffusion of water-cyclohexane mixtures in supercritical conditions as studied by NMR and molecular dynamics simulation,
The Journal of Chemical Physics, Vol.150, No.17, 174505, 2019.
(DOI: 10.1063/1.5047540,   PubMed: 31067893,   Elsevier: Scopus)
3. 平野 朋広, 吉田 健, 押村 美幸, 右手 浩一 :
合成高分子の高圧高温NMR観測:亜臨界流体中の高い分子運動性を利用した高分解能測定,
高圧力の科学と技術, Vol.28, No.2, 95-101, 2018年.
(DOI: 10.4131/jshpreview.28.95,   Elsevier: Scopus)
4. Tomohiro Hirano, Yuya Miyamoto, Shinya Amano, Kazuya Tatsumi, Takuya Anmoto, Hiroshi Kimura, Ken Yoshida, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Hydrogen-bond-assisted isotactic-specific radical polymerization of N-vinyl-2-pyrrolidone with tartrate additives in toluene at low temperatures: high-resolution 1H NMR analysis,
RSC Advances, Vol.4, No.95, 53079-53089, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 115212,   DOI: 10.1039/C4RA08743G)
5. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Effect of Rotational Couplings on Vibrational Spectrum Line Shape of Bending Mode in Low-Density Supercritical Water: Density and Hydrogen Isotopes Dependencies,
Journal of Solution Chemistry, Vol.43, No.9-10, 1499-1508, 2014.
(DOI: 10.1007/s10953-014-0220-1,   Elsevier: Scopus)
6. Hiroshi Kimura, Masaki Hirayama, Ken Yoshida, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Effect of Water on Hydrolytic Cleavage of Non-Terminal α-Glycosidic Bonds in Cyclodextrins To Generate Monosaccharides and Their Derivatives in a Dimethyl SulfoxideWater Mixture,
The Journal of Physical Chemistry A, Vol.118, No.8, 1309-1319, 2014.
(DOI: 10.1021/jp412628y,   PubMed: 24527672,   Elsevier: Scopus)
7. Hiroshi Kimura, Ken Yoshida, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Effect of Water Content on Conversion of D-Cellobiose into 5-Hydroxymethyl-2-furaldehyde in DimethylsulfoxideWater Mixture,
The Journal of Physical Chemistry A, Vol.117, No.43, 10987-10996, 2013.
(DOI: 10.1021/jp407801u,   PubMed: 24147840)
8. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Effect of heavy hydrogen isotopes on the vibrational line shape for supercritical water through rotational couplings,
The Journal of Chemical Physics, Vol.138, No.13, 134508, 2013.
(DOI: 10.1063/1.4798933,   PubMed: 23574245)
9. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Density effect on infrared spectrum for supercritical water in the low- and medium-density region studied by molecular dynamics simulation,
The Journal of Chemical Physics, Vol.137, No.19, 194506, 2012.
(DOI: 10.1063/1.4767352,   PubMed: 23181325)
10. Jianjun Pan, Qiang Chen, Dan Willenbring, Ken Yoshida, Tommy Tillman, B. Ossama Kashlan, Aina Cohen, Xiang-Peng Kong, Yan Xu and Pei Tang :
Structure of the pentameric ligand-gated ion channel ELIC cocrystallized with its competitive antagonist acetylcholine,
Nature Communications, Vol.3, 714, 2012.
(DOI: 10.1038/ncomms1703,   PubMed: 22395605)
11. Megumi Shintani, Ken Yoshida, Shun Sakuraba, Masaru Nakahara and Nobuyuki Matubayasi :
NMR-NOE and MD Simulation Study on Phospholipid Membranes: Dependence on Membrane Diameter and Multiple Time Scale Dynamics,
The Journal of Physical Chemistry B, Vol.115, No.29, 9106-9115, 2011.
(DOI: 10.1021/jp204051f,   PubMed: 21728286)
12. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Scaled Polynomial Expression for Self-Diffusion Coefficients for Water, Benzene, and Cyclohexane over a Wide Range of Temperatures and Densities,
Journal of Chemical and Engineering Data, Vol.55, No.8, 2815-2823, 2010.
(DOI: 10.1021/je100206s)
13. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Self-diffusion in supercritical water and benzene in high-temperature high-pressure conditions studied by NMR and dynamic solvation-shell model,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 012093, 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012093)
14. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Self-diffusion coefficients for water and organic solvents at high-temperatures along the coexistence curve,
The Journal of Chemical Physics, Vol.129, No.21, 214501, 2008.
(DOI: 10.1063/1.3006420,   PubMed: 19063563)
15. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Self-diffusion coefficients for water and organic solvents in extremely low-density supercritical states,
Journal of Molecular Liquids, Vol.147, No.1-2, 96-101, 2008.
(DOI: 10.1016/j.molliq.2008.10.006)
16. Cristiano Giordani, Chihiro Wakai, Ken Yoshida, Emiko Okamura, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Cholesterol Location and Orientation in Aqueous Suspension of Large Unilamellar Vesicles of Phospholipid Revealed by Intermolecular Nuclear Overhauser Effect,
The Journal of Physical Chemistry B, Vol.112, No.9, 2622-2628, 2008.
(DOI: 10.1021/jp0760713,   PubMed: 18257564,   Elsevier: Scopus)
17. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Solvation shell dynamics studied by molecular dynamics simulation in relation to the translational and rotational dynamics of supercritical water and benzene,
The Journal of Chemical Physics, Vol.127, No.17, 174509, 2007.
(DOI: 10.1063/1.2780871,   PubMed: 17994829,   Elsevier: Scopus)
18. Yoshiro Yasaka, Ken Yoshida, Chihiro Wakai, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Kinetic and Equilibrium Study on Formic Acid Decomposition in Relation to the Water-Gas-Shift Reaction,
The Journal of Physical Chemistry A, Vol.110, No.38, 11082-11090, 2006.
(DOI: 10.1021/jp0626768,   PubMed: 16986841)
19. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Self-diffusion of supercritical water in extremely low-density region,
The Journal of Chemical Physics, Vol.125, No.7, 074307, 2006.
(DOI: 10.1063/1.2333511,   PubMed: 16942339)
20. Tomoyuki Tajima, Takahiro Sasamori, Nobuhiro Takeda, Norihiro Tokitoh, Ken Yoshida and Masaru Nakahara :
Synthesis of Bis(germacyclopropa)benzenes and Structures of Their Annelated Benzene Rings,
Organometallics, Vol.25, No.1, 230-235, 2005.
(DOI: 10.1021/om0507629)
21. Ken Yoshida, Chihiro Wakai, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
A new high-temperature multinuclear-magnetic-resonance probe and the self-diffusion of light and heavy water in sub- and supercritical conditions,
The Journal of Chemical Physics, Vol.123, No.16, 164506, 2005.
(DOI: 10.1063/1.2056542,   PubMed: 16268711)
22. Ken Yoshida, Chihiro Wakai, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
NMR Spectroscopic Evidence for an Intermediate of Formic Acid in the Water-Gas-Shift Reaction,
The Journal of Physical Chemistry A, Vol.108, No.37, 7479-7482, 2004.
(DOI: 10.1021/jp047086t)
23. Chihiro Wakai, Ken Yoshida, Yasuo Tsujino, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Effect of Concentration, Acid, Temperature, and Metal on Competitive Reaction Pathways for Decarbonylation of Formic Acid in Hot Water,
Chemistry Letters, Vol.33, No.5, 572-573, 2004.
(DOI: 10.1246/cl.2004.572,   CiNii: 10012943734)

総説・解説:

1. 吉田 健, 松林 伸幸, 中原 勝, 魚崎 泰弘 :
超臨界水の振動スペクトルに対する回転運動の影響:密度効果および水素の同位体効果による解析,
高圧力の科学と技術, Vol.26, No.4, 323-332, 2016年12月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.26.323)
2. 吉田 健 :
超臨界水中の伸縮振動の分子描像 ──振動スペクトル波形を決める動的な起源の解明,
化学と工業, Vol.67, No.3, 250-251, 2014年3月.
3. 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
鉄で水素を貯蔵する-水素の「化学タンク」となるギ酸の合成,
化学, Vol.68, No.10, 63-64, 2013年10月.
4. 吉田 健 :
高圧高温NMR分光法の開発と超臨界水中のダイナミクス・構造・反応の研究,
高圧力の科学と技術, Vol.22, No.2, 153-163, 2012年5月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.22.153,   CiNii: 10030642312)
5. 中原 勝, 辻野 康夫, 八坂 能郎, 吉田 健, 魚崎 泰弘, 若井 千尋, 松林 伸幸 :
高温高圧水における有機反応研究の進歩,
高圧力の科学と技術, Vol.20, No.1, 40-49, 2010年2月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.20.40,   CiNii: 10026122135)
6. 吉田 健 :
動的溶媒和殻モデルによる超臨界流体中の並進ダイナミクスの解析,
分子シミュレーション研究会誌 アンサンブル, Vol.12, No.1, 79-84, 2010年1月.
(CiNii: 40017058954)
7. Ken Yoshida, Nobuyuki Matsubayashi, Masaru Nakahara, Takeyoshi Ikeda and Takahiro Anai :
A new high-temperature multinuclear-magnetic-resonance probe for structure, dynamics, and reaction in supercritical water,
JEOL NEWS, Vol.42, No.1, 16-20, Jul. 2007.
8. 吉田 健, 松林 伸幸, 中原 勝 :
広い密度・圧力領域における超臨界流体に対する精密密度測定の新しい方法,
高圧力の科学と技術, Vol.16, No.4, 379-380, 2007年1月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.16.379,   CiNii: 10018820921,   Elsevier: Scopus)
9. 吉田 健, 松林 伸幸, 中原 勝, 池田 武義, 穴井 孝弘 :
高温多核拡散NMRプローブの開発と超臨界水中のダイナミクスの解析,
日本電子ニュース, Vol.39, 2-7, 2007年.

国際会議:

1. Ken Yoshida :
Report on progress toward IAPWS Guideline on diffusivity of ordinary water,
IAPWS Annual Meeting 2019, Banff, Oct. 2019.
2. Ken Yoshida and Masaru Nakahara :
Self-diffusion of water and cyclohexane in supercritical mixture studied by NMR and MD,
Joint Conference of EMLG/JMLG Meeting 2018 and 41st Symposium on Solution Chemistry of Japan, Nagoya, Nov. 2018.
3. Ken Yoshida and Masaru Nakahara :
High-Temperature NMR and MD study on self-diffusion coefficients of water and cyclohexane in binary mixture in supercritical states,
17th International Conference on the Properties of Water and Steam, Praha, Sep. 2018.
4. Ken Yoshida, Yasuo Tsujino and Masaru Nakahara :
Unimolecular pyrolysis of dimethyl ether: Elementary fragmentation into methane and formaldehyde evidenced by gas 1H NMR,
17th International Conference on the Properties of Water and Steam, Praha, Sep. 2018.
5. Ken Yoshida :
Progress in the development of a guideline on self-diffusion coefficients of sub- and Supercritical Water,
IAPWS Annual Meeting 2018, Praha, Sep. 2018.
6. Ken Yoshida :
Self-Diffusion Coefficients of Sub- and Supercritical Water: Available Data, Reliable Fitting Functions, and Effects of Temperature and Density,
IAPWS Annual Meeting 2017, Kyoto, Aug. 2017.
7. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Masaru Nakahara and Yasuhiro Uosaki :
NMR and MD studies on dynamics in sub- and supercritical water and application to conversion of renewable resources,
Joint EMLG/JMLG Annual Meeting 2016, Chania, Sep. 2016.
8. Ken Yoshida :
Recent research trends in the conversion of carbohydrate biomass into value-added compounds in aqueous solutions,
IAPWS Annual Meeting 2015, Stockholm, Jun. 2015.
9. Ken Yoshida, Hiroshi Kimura, Masaki Hirayama, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Hydrothermal Cleavage of Glycosidic Bonds in Biomass for Valuable Chemicals and Fuels,
The 15th IUMRS-International Conference in Asia, Fukuoka, Aug. 2014.
10. Ken Yoshida :
Self-diffusion in supercritical water: NMR and MD studies on dynamics of hydrogen bonds,
IAPWS Annual Meeting 2014, Moscow, Jun. 2014.
11. Masaru Nakahara, Ken Yoshida, Hiroshi Kimura and Yasuhiro Uosaki :
Hydrothermal Chemical Reactions in Biomass,
IAPWS Annual Meeting 2014, Moscow, Jun. 2014.
12. Satoshi Kubota, Toshihide Horikawa, Ken-Ichiro Sotowa and Ken Yoshida :
Phase Transfer Mechanism of TiO2 nanoparticles by NMR diffusometry,
Chemeca2013, Brisbane, Sep. 2013.
13. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
INFRARED SPECTRUM LINE SHAPE FOR SUPERCRITICAL WATER STUDIED BY MOLECULAR DYNAMICS SIMULATION: THE EFFECT OF THE ROTATIONAL COUPLINGS,
16th International Conference on the Properties of Water and Steam, Sep. 2013.
14. Ken Yoshida, Masashi Katanazaka, Hiroshi Kimura, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
HIGH-PURITY HYDORGEN PRODUCTION FROM FORMIC ACID USING ZINC (II) CATION AS HOMOGENEOUS CATALYST,
16th International Conference on the Properties of Water and Steam, Sep. 2013.
15. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Vibrational Spectrum Line Shape for Supercritical Water: Effect of Rotational Couplings on Density, Temperature, and Hydrogen Isotopes Dependencies,
33rd International Conference on Solution Chemistry, Kyoto, Jul. 2013.
16. Ogo Hiroyuki, Ken Yoshida and Yasuhiro Uosaki :
Supercritical Impregnation of Azobenzene into ARTON® Film,
Book of Abstracts of 49th EHPRG Conference, 241-242, Budapest, Sep. 2011.
17. Masaru Nakahara, Ken Yoshida, Yoshiro Yasaka, Yasuo Tsujino, Chihiro Wakai and Nobuyuki Matubayasi :
Hydrothermal Chemistry of Formic Acid and a New Scheme of Hydrogen Technology,
Joint AIRAPT-22 & HPCJ-50, Tokyo, Jul. 2009.
18. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara :
Self-Diffusion for Water and Organic Solvents in Sub- and Supercritical Conditions Studied by High-Temperature NMR method,
Joint AIRAPT-22 & HPCJ-50, Tokyo, Jul. 2009.
19. Takeyoshi Ikeda, Takahiro Anai, Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Structure, Dynamics, Chemical Reactions in Supercritical Water,
15th International Conference on the Properties of Water and Steam, Berlin, Sep. 2008.
20. Yoshiro Yasaka, Ken Yoshida, Chihiro Wakai, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Kinetics and Equilibrium of the Reversible Formic Acid Decomposition in Hot Water,
The 15th International Conference on the Properties of Water and Steam, Berlin, Sep. 2008.
21. Nobuyuki Matubayasi, Ken Yoshida and Masaru Nakahara :
Diffusion Dynamics of Supercritical Water Studied by NMR and MD,
The 15th International Conference on the Properties of Water and Steam, Berlin, Sep. 2008.
22. Yoshimichi Ando, Noriyuki Yoshii, Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Masaru Nakahara and Susumu Okazaki :
Molecular dynamics study on molecular origin of 1H-NMR spectrum of cholesterol in lipid bilayer,
The 15th International Conference on the Properties of Water and Steam, Berlin, Sep. 2008.
23. Yoshimichi Ando, Noriyuki Yoshii, Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Masaru Nakahara and Susumu Okazaki :
Molecular dynamics study on molecular origin of 1H-NMR spectrum of cholesterol in lipid bilayer,
EMLG/JMLG Annual Meeting 2008, Lisbon, Sep. 2008.
24. Yoshimichi Ando, Noriyuki Yoshii, Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Masaru Nakahara and Susumu Okazaki :
Molecular dynamics study on molecular origin of 1H-NMR spectrum of cholesterol in lipid bilayer,
The 1st International Conference of the Grand Challenge to Next-Generation Integrated Nanoscience, Tokyo, Jun. 2008.
25. Ken Yoshida, Megumi Shintani, Nobuyuki Matubayashi and Masaru Nakahara :
NMR NOE Study on Vertical Fluctuation and Orientational Relaxation of Intermolecular Correlation in Lipid Bilayer,
Joint Conference of JMLG/EMLG Meeting 2007 and 30th Symposium on Solution Chemistry of Japan, Fukuoka, Nov. 2007.
26. Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi and Masaru Nakahara :
Self-diffusion and rotation in supercritical water and benzene and their dependencies on the solvation shell state and lifetime,
Joint Conference of JMLG/EMLG Meeting 2007 and 30th Symposium on Solution Chemistry of Japan, Fukuoka, Nov. 2007.
27. Ken Yoshida, Chihiro Wakai, Nobuyuki Matubayashi and Masaru Nakahara :
Generation and Storage of Hydrogen in Formic Acid Intermediate of the Water-Gas-Shift Reaction Pacifichem 2005,
アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル, Dec. 2005.
28. Ken Yoshida, Chihiro Wakai, Nobuyuki Matubayashi and Masaru Nakahara :
HIGH-TEMPERATURE NMR STUDY OF DIFFUSION DYNAMICS OF WATER AND AN ION IN HYDROTHERMAL AND SUPERCRITICAL CONDITIONS 14th International Conference on the Properties of Water and Steam,
京都, Aug. 2004.

国内講演発表:

1. 岡本 実来, 堀河 俊英, 吉田 健 :
二価金属イオンの炭素細孔内吸着ダイナミクス,
化学工学会広島大会2020, 11, 2020年12月.
2. 吉田 健 :
超臨界水溶液中の拡散および溶媒和の構造とダイナミクスの解析,
2020年 日本化学会中国四国支部大会 島根大会, 2020年11月.
3. 吉田 健, 中原 勝 :
NMRとMDによる超臨界条件下の水―シクロヘキサン混合系の並進拡散の解析,
2019年 日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
4. 吉田 健, 中原 勝 :
高温NMRとMDシミュレーションによる超臨界条件下の水―有機溶媒混合系の並進拡散に対する水素結合の影響の解析,
第42回 溶液化学シンポジウム, 2019年10月.
5. 池北 尚人, 吉田 健, 平野 朋広, 右手 浩一 :
Pure Shift NMRを用いたポリ(N-ビニルピロリドン)の構造解析,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
6. 吉田 健 :
MDとNMRによる超臨界水中のダイナミクス解析,
化学工学会 第48回秋季大会, 2016年9月.
7. 吉田 健 :
高温高圧水中のダイナミクス研究:並進・ 回転・振動の分子描像,
九重分子科学セミナー2016, 2016年9月.
8. 秋山 雅彦, 久保田 智史, 堀河 俊英, 吉田 健, 外輪 健一郎, アルカンタラ アビラ ヘスース ラファエル :
ポーラスカーボンへの液相吸着における吸着質分子のNMRによる動的挙動観察,
第29回日本吸着学会研究発表会, 2015年11月.
9. 前田 佳寬, 吉田 健, 木村 浩, 中原 勝, 魚崎 泰弘 :
水 -DMSO 混合溶媒を用いたアミロースの分解反応における水濃度効果の 13 C NMR 解析,
第38回 溶液化学シンポジウム, 2015年10月.
10. 吉田 健 :
その場観察NMR法による高温水・水溶液系のダイナミクスと反応の解析,
電気化学会 第82回大会, 2015年3月.
11. 天野 真也, 宮本 裕也, 木村 浩, 吉田 健, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
高温NMRによるポリビニルピロリドンの構造解析,
第55回高圧討論会, 2014年11月.
12. 平山 雅貴, 吉田 健, 木村 浩, 魚崎 泰弘, 中原 勝 :
オリゴ糖の水熱分解におけるアノマー末端の選択的脱離の速度論解析,
第55回 高圧討論会, 2014年11月.
13. 吉田 健, 平山 雅貴, 木村 浩, 魚崎 泰弘, 中原 勝 :
その場観察NMR法によるセロビオースのグリコシド結合および5-HMFへの水熱転換の速度論解析,
第55回 高圧討論会, 2014年11月.
14. 魚崎 泰弘, 佐伯 知美, 吉田 健 :
圧縮二酸化炭素流体中のメントールの融解挙動,
第55回 高圧討論会, 2014年11月.
15. 吉田 健 :
高温NMR法による超臨界水のダイナミクス研究と再生可能資源利用への応用展開,
第37回 溶液化学シンポジウム, 2014年11月.
16. 天野 真也, 宮本 裕也, 押村 美幸, 内田 哲也, 吉田 健, 平野 朋広, 右手 浩一 :
立体規則性の規制されたポリ(1-ビニル-2-ピロリドン)の合成,
第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年7月.
17. 魚崎 泰弘, 大隅 慎介, 吉田 健 :
二酸化炭素中のビフェニル誘導体の融解挙動,
第54回 高圧討論会, 2013年11月.
18. 吉田 健, 平山 雅貴, 松林 伸幸, 魚崎 泰弘, 中原 勝 :
超臨界水中の振動スペクトルに対するH/D同位体効果,
第54回 高圧討論会, 2013年11月.
19. 吉田 健, 平山 雅貴, 松林 伸幸, 魚崎 泰弘, 中原 勝 :
分子動力学法による超臨界水中の赤外スペクトル線形に対する回転運動の影響の解析,
第36回 溶液化学シンポジウム, 2013年10月.
20. 久保田 智史, 堀河 俊英, 吉田 健, 加藤 雅裕, 外輪 健一郎 :
NMRを用いたナノ粒子近傍分子の動的挙動観察と粒子相間移動メカニズムの検討,
化学工学会 高松大会, 2012年12月.
21. 刀坂 大志, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
分子動力学法による超臨界水中の並進速度相関関数の減衰に対する水和・脱水和の影響の解析,
第35回 溶液化学シンポジウム, 2012年11月.
22. 魚崎 泰弘, 島田 綾乃, 吉田 健 :
圧縮流体中におけるトリフェニルホスフィン類の融解挙動,
第53回高圧討論会, 2012年11月.
23. 刀坂 大志, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
超臨界水中の並進速度相関関数の減衰挙動に対する溶媒和数依存性と 水和・脱水和の効果の分子動力学解析,
第53回高圧討論会, 2012年11月.
24. 一宮 宜也, 吉田 健, 右手 浩一 :
高温高圧下におけるビニルポリマー溶液の高分解能1H NMR,
第17回高分子分析討論会, 2012年10月.
25. 野間 時郎, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
熱水中におけるセロビオースのグリコシド結合の分解の溶液NMRによる速度論解析,
第34回 溶液化学シンポジウム, 2011年11月.
26. 野間 時郎, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
溶液NMRを用いた二糖のグリコシド結合の水熱分解の速度論解析,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
27. 中谷 和斗, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
ギ酸の水熱分解の経路選択性における塩化ナトリウムと金属触媒の効果,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
28. 大塚 敬介, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
超臨界流体中での PMMA へのアゾベンゼンの含浸に対する流体の影響,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
29. 清原 裕貴, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
脂質膜中におけるコレステロールの動的効果:水和水の回転ダイナミクスに対する影響,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
30. 吉田 健, 中谷 和斗, 魚崎 泰弘 :
NaClと金属触媒を組み合わせたギ酸の水熱分解経路の選択的制御,
第52回高圧討論会, 2011年11月.
31. 魚崎 泰弘, 小田 竜也, 吉田 健 :
二酸化炭素中における飽和脂肪酸の融解挙動,
第52回高圧討論会, 2011年11月.
32. 新谷 恵, 吉田 健, 櫻庭 俊, 中原 勝, 松林 伸幸 :
脂質膜の曲率がダイナミクスに及ぼす効果 : 溶液NMR-NOE測定と大規模MDによる研究,
日本化学会第91春季年会, 2011年3月.
33. 中谷 和斗, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
超臨界・亜臨界水中のギ酸の分解速度に対する溶存塩の影響,
第33回 溶液化学シンポジウム, 2010年11月.
34. 野間 時郎, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
スクロースの水熱分解の反応経路および反応速度の溶液NMR解析,
第33回 溶液化学シンポジウム, 2010年11月.
35. 吉田 健, 中原 勝, 松林 伸幸, 魚崎 泰弘 :
超臨界水中の自己拡散に対する水素結合の異方性の影響の動的溶媒和殻モデルによる解析,
第33回 溶液化学シンポジウム, 2010年11月.
36. 新谷 恵, 吉田 健, 櫻庭 俊, 中原 勝, 松林 伸幸 :
曲率の異なる脂質膜の分子間相互作用とダイナミクス : NMR-NOE測定と大規模MDによる研究,
膜シンポジウム 2010, 2010年11月.
37. 新谷 恵, 吉田 健, 櫻庭 俊, 中原 勝, 松林 伸幸 :
溶液NMRと大規模MDによる異なる曲率の脂質膜の分子間相互作用とダイナミクスの研究,
第33回 溶液化学シンポジウム, 2010年11月.
38. 小江 宏幸, 野村 賢一, 吉田 健, 魚崎 泰弘 :
超臨界二酸化炭素中でのアゾベンゼンのPMMAフィルムへの拡散,
第51回 高圧討論会, 2010年10月.
39. 吉田 健, 中原 勝, 松林 伸幸, 魚崎 泰弘 :
分子動力学法による超臨界水中の並進拡散に対する 相互作用の異方性の影響の解析,
第51回 高圧討論会, 2010年10月.
40. 吉田 健, 中原 勝, 松林 伸幸, 魚崎 泰弘 :
超臨界水中の並進および溶媒和殻のダイナミクスに対して 水素結合相互作用の異方性の与える影響,
第32回 溶液化学シンポジウム, 2009年11月.

その他・研究会:

1. 池北 尚人, 石井 雄大, 平野 朋広, 吉田 健, 右手 浩一 :
Pure Shift NMRを用いたポリ乳酸およびポリ(N-ビニルピロリドン)の構造解析,
18-1 NMR研究会, 2018年5月.
2. 吉田 健 :
Self-Diffusion Coefficients of Sub- and Supercritical Water: Available Data, Reliable Fitting Functions, and Effects of Temperature and Density,
蒸気性質第139委員会 第10期・第12回全体会議 特別講演, 2017年7月.
3. 吉田 健 :
水溶液中における炭水化物バイオマスから高付加物質への転換反応の最新研究動向,
蒸気性質第139委員会 第10期・第4回全体会議 特別講演, 2015年6月.
4. 吉田 健 :
高温高圧NMR法による水・水溶液系のダイナミクスと反応の解析,
蒸気性質第139委員会 第10期・第2回全体会議 特別講演, 2015年2月.
5. 久保田 智史, 堀河 俊英, 吉田 健, 加藤 雅裕, 外輪 健一郎 :
NMRを用いたナノ粒子近傍分子の動的挙動観察と粒子相間移動メカニズムの検討,
第6回 中四国若手CE合宿, 2012年12月.
6. Ken Yoshida, Kazuto Nakatani, Shiho Mukai and Yasuhiro Uosaki :
Selective Path Control of Decomposition of Formic Acid in Hot Water with Hybrid Use of Electrolytes,
Workshop on Smart Energy Systems, Mar. 2012.

報告書:

1. 市原 太郎, 沖田 信雄, 粥川 洋平, 澤津橋 徹哉, 妹尾 茂樹, 寺田 慎一, 中原 勝, 泰岡 顕治, 吉田 健 :
国際水・蒸気性質協会 第50回 理事会,専門委員会 2019年度 概況報告書,
2020年1月.
2. 市原 太郎, 内田 裕, 粥川 洋平, 河村 浩孝, 澤津橋 徹哉, 妹尾 茂樹, 中原 勝, 平野 秀朗, 泰岡 顕治, 吉田 健, 沖田 信雄 :
国際水・蒸気性質協会 第49回 理事会,専門委員会 及び 第17回国際水・蒸気性質会議 2018年度 概況報告書,
2018年12月.
3. 石原 伸夫, 市原 太郎, 上野 正勝, 内田 裕, 粥川 洋平, 中原 勝, 平野 秀朗, 福島 仁, 宮本 泰行, 森 信太郎, 泰岡 顕治, 山口 尚子, 吉田 健, 和田 陽一, 沖田 信雄 :
国際水・蒸気性質協会第48回理事会および国際水・蒸気性質協会専門委員会 2017年度 概況報告書,
2017年12月.
4. 石原 伸夫, 市原 太郎, 内田 裕, 沖田 信雄, 粥川 洋平, 篠塚 渉, 中原 勝, 平野 秀朗, 和田 陽一, 吉田 健 :
国際水・蒸気性質協会第47回理事会および国際水・蒸気性質協会専門委員会 2016年度 概況報告書,
2016年12月.
5. 石原 伸夫, 市原 太郎, 内田 俊介, 内田 裕, 中原 勝, 平野 秀朗, 宮本 泰行, 吉田 健 :
国際水・蒸気性質協会第46回理事会および国際水・蒸気性質協会専門委員会 2015年度 概況報告書,
2015年11月.
6. 堀河 俊英, 吉田 健 :
化学応用工学科のFD活動,
平成26年度FD研究報告書, 2015年3月.
7. 中原 勝, 平野 秀朗, 市原 太郎, 木戸 遥, 吉田 健, 塙 悟史, 内田 俊介 :
国際水・蒸気性質協会第45回理事会および国際水・蒸気性質協会専門委員会 2014年度 概況報告書,
2014年11月.
8. 吉田 健 :
第16回国際水・蒸気性質会議(ICPWS)報告,
高圧力の科学と技術, Vol.24, No.3, 232-234, 2014年8月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.24.232,   Elsevier: Scopus)

特許:

1. 中原 勝, 松林 伸幸, 若井 千尋, 吉田 健 : 水熱反応を利用した水素の製造方法, 特願2004108287 (2004年3月), 特開2005289742 (2005年10月), 特許第4481060号 (2010年3月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 蒸気発電装置用の新規防食剤の膜形成機構の解明 (研究課題/領域番号: 20K05433 )
  • 超・亜臨界水-有機混合溶媒の局所的水素結合とゆらぎに関するNMRおよび計算機実験 (研究課題/領域番号: 17K05754 )
  • 超臨界水中の並進・回転に対する伸縮振動の役割の分子動力学計算および高温NMR解析 (研究課題/領域番号: 25410019 )
  • 膜中のコレステロールの動態と溶媒和に関する実験的および理論的解析 (研究課題/領域番号: 21850021 )
  • 研究者番号(80549171)による検索