検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 口腔顎顔面補綴学 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 口腔顎顔面補綴学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > そしゃく科(第一補綴科) >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 市川 哲雄, 岸本 卓大, 後藤 崇晴 :
歯科におけるSpeechを再認識する:「発声・発語・構音」から「Speech」への転換.4 Speechの機能を利用した補綴歯科治療,
2020年8月.
2. 市川 哲雄, 後藤 崇晴 :
高齢者の状態に合わせた義歯・補綴治療―フレイル,長期入院後,麻痺,認知症,在宅療養患者の口腔機能改善― 第3章 フレイル患者への義歯・補綴治療の考え方,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2020年7月.
3. 後藤 崇晴 :
社会福祉養成 基本テキスト 第1巻 クライエント理解と援助技術 第12章 人の理解 第4節 国際生活機能分類(ICF),
2020年4月.
4. 後藤 崇晴, 中道 敦子, 市川 哲雄 :
咀嚼の本2 ‐ライフステージから考える咀嚼・栄養・健康‐ Q18 一口30回以上噛むようにしていますが,なかなかできません.もっといい工夫はありませんが?,
2017年.

学術論文(審査論文):

1. Takaharu Goto, Nobuaki Higaki, Takahiro Kishimoto, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Does periodontal tactile input uniquely increase cerebral blood flow in the prefrontal cortex?,
Brain Sciences, Vol.10, No.8, E482, 2020.
(DOI: 10.3390/brainsci10080482,   PubMed: 32722618)
2. Takashi Matsuda, Kosuke Kurahashi, Naoki Maeda, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Geometric assessment of imaging methods for complete denture form: Comparisons among cone-beam computed tomography, desktop dental scanning, and handheld optical scanning.,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.64, No.4, 485-489, 2020.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2020.01.003,   PubMed: 32063544)
3. 一ノ宮 実咲, 藤原 真治, 市川 哲雄, 後藤 崇晴, 柳沢 志津子, 白山 靖彦 :
消滅可能性地域における後期高齢者の社会的フレイル傾向の実態と地域保健活動の可能性-美馬市木屋平の持続可能性に向けた通いの場の活用-,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.65, No.1, 69-75, 2020年.
4. Hihara Tsukasa, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Assessment of potential clinical cascade between oral hypofunction and physical frailty: Covariance structure analysis in a cross-sectional study,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.47, No.1, 61-66, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114175,   DOI: 10.1111/joor.12862,   PubMed: 31332828,   Elsevier: Scopus)
5. 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
高齢者における身体的能力の低下とその意識との関係:咬合力,握力,歩行速度,
日本全身咬合学会雑誌, Vol.25, No.2, 39-43, 2019年.
(DOI: 10.34420/jjaoh.25.2_39)
6. 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 南 憲一, 藤本 けい子, 市川 哲雄 :
アルコール含有義歯安定剤であるホームリライナーが呼気中アルコール濃度へ与える影響の評価,
日本補綴歯科学会誌, Vol.11, No.4, 376-382, 2019年.
(DOI: 10.2186/ajps.11.376,   CiNii: 130007739757)
7. Takahiro Kishimoto, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Prefrontal cortex activity induced by periodontal afferent inputs downregulates occlusal force,
Experimental Brain Research, Vol.237, No.11, 2767-2774, 2019.
(DOI: 10.1007/s00221-019-05630-y,   PubMed: 31440800,   Elsevier: Scopus)
8. Tsukasa Hihara, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Investigating eating behaviors and symptoms of oral frailty using questionnaires,
Dentistry Journal, Vol.7, No.3, 66, 2019.
(DOI: 10.3390/dj7030066,   PubMed: 31261847,   Elsevier: Scopus)
9. 白山 靖彦, 湯浅 雅志, 樫森 節子, 北村 美渚, 後藤 崇晴, 寺西 彩, 柳沢 志津子, 竹内 祐子, 市川 哲雄, 臼谷 佐和子 :
地域住民の認知症に対する理解の促進と偏見の軽減・除去に関するバーチャルリアリティ技術の応用と有用性,
日本老年医学会雑誌, Vol.56, No.2, 156-163, 2019年.
(DOI: 10.3143/geriatrics.56.156,   PubMed: 31092781,   Elsevier: Scopus)
10. Yuki Iwawaki, Takashi Matsuda, Kosuke Kurahashi, Tsuyoshi Honda, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Effect of the temperature of water on ultrasonic denture cleaning,
Journal of Oral Science, Vol.61, No.1, 140-145, 2019.
(DOI: 10.2334/josnusd.17-0387,   PubMed: 30918210,   Elsevier: Scopus)
11. Yuki Iwawaki, Muraoka Yuki, Higashiyama Hiroaki, Kishimoto Takahiro, Liu Lipei, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Comparison between two assessment tests for oral hygiene: adenosine triphosphate + adenosine monophosphate swab test and bacteria number counting by dielectrophoretic impedance measurement,
Dentistry Journal, Vol.7, No.1, 10, 2019.
(DOI: 10.3390/dj7010010,   PubMed: 30717111,   Elsevier: Scopus)
12. 友竹 偉則, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 内藤 禎人, 荒井 安希, 清野 方子, 渡邉 恵, 市川 哲雄 :
歯磨剤に配合された顆粒成分のインプラント周囲溝への侵入性の調査,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.31, No.4, 309-319, 2018年.
13. Takuro Baba, Takaharu Goto, Keiko Fujimoto, Hideki Suito, Kazutomo Yagi, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Geniohyoid muscle affects directly masticatory function: Evaluation using a decision tree analysis,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.31, No.6, 569-572, 2018.
(DOI: 10.11607/ijp.5862,   PubMed: 30408137,   Elsevier: Scopus)
14. Shizuko Yanagisawa, Masanori Nakano, Takaharu Goto, Masami Yoshioka and Yasuhiko Shirayama :
Development of an oral assessment sheet for evaluating older adults in nursing homes,
Research in Gerontological Nursing, Vol.10, No.5, 234-239, 2017.
(DOI: 10.3928/19404921-20170621-04,   PubMed: 28926671)
15. 檜原 司, 後藤 崇晴, 柳沢 志津子, 中道 敦子, 市川 哲雄 :
各年齢階層におけるオーラルフレイルと身体的フレイルに関連する兆候:アンケートによる実態調査,
老年歯科医学, Vol.32, No.1, 33-47, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111815)
16. Sachie Wada, Takaharu Goto, Keiko Fujimoto, Megumi Watanabe, Kan Nagao, Atsuko Nakamichi and Tetsuo Ichikawa :
Changes in food bolus texture during mastication,
Journal of Texture Studies, Vol.48, No.2, 171-177, 2017.
(DOI: 10.1111/jtxs.12228,   PubMed: 28370114,   Elsevier: Scopus)
17. Kosuke Kurahashi, Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Teruaki Ito and Tetsuo Ichikawa :
Duplication of complete dentures using general-purpose handheld optical scanner and 3-dimensional printer: Introduction and clinical considerations,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.1, 81-86, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2016.06.002,   PubMed: 27345254,   Elsevier: Scopus)
18. Takuro Baba, Takaharu Goto, Keiko Fujimoto, Megumi Watanabe, Tsuyoshi Honda, Kazutomo Yagi, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Age-related changes in geniohyoid muscle morphology predict reduced swallowing function,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.1, 18-25, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111064,   DOI: 10.20738/johb.30.1_18)
19. 倉橋 宏輔, 岩脇 有軌, 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 伊藤 照明, 市川 哲雄 :
汎用デジタル機器を用いて製作した複製義歯:材料特性と臨床評価,
日本補綴歯科学会誌, Vol.9, No.4, 357-364, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111854)
20. Tsuyoshi Honda, Takuro Baba, Keiko Fujimoto, Takaharu Goto, Kan Nagao, Masafumi Harada, Eiichi Honda and Tetsuo Ichikawa :
Characterization of Swallowing Sound: Preliminary Investigation of Normal Subjects,
PLoS ONE, Vol.11, No.12, e0168187, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111817,   DOI: 10.1371/journal.pone.0168187,   PubMed: 27959902,   Elsevier: Scopus)
21. Takaharu Goto, Nobuaki Higaki, Kazutomo Yagi, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
An innovative masticatory efficiency test using odor intensity in the mouth as a target marker: a feasibility study,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.43, No.12, 883-888, 2016.
(DOI: 10.1111/joor.12444,   PubMed: 27658497,   Elsevier: Scopus)
22. Nobuaki Higaki, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Periodontal tactile input activates the prefrontal cortex,
Scientific Reports, Vol.6, 36893, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110095,   DOI: 10.1038/srep36893,   PubMed: 27833164,   Elsevier: Scopus)
23. Yuichi Ishida, Kumer Kiran, Takaharu Goto, Megumi Watanabe, Wigianto Rudi, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Magnet-retained two-mini-implant overdenture: Clinical and mechanical consideration.,
Dentistry Journal, Vol.4, No.4, 35, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111819,   DOI: 10.3390/dj4040035,   PubMed: 29563477)
24. Keiko Fujimoto, Norikazu Minami, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Hardness, cohesiveness, and adhesiveness of oral moisturizers and denture adhesives: selection criteria for denture wearers.,
Dentistry Journal, Vol.4, No.4, 34, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111818,   DOI: 10.3390/dj4040034,   PubMed: 29563476)
25. Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Kazutomo Yagi, Toshiya Kashiwabara and Tetsuo Ichikawa :
Part-digitizing system of impression and interocclusal record for complete denture fabrication,
Journal of Prosthodontics, Vol.25, No.6, 503-509, 2016.
(DOI: 10.1111/jopr.12375,   PubMed: 26619371,   Elsevier: Scopus)
26. Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Kosuke Kurahashi, Toshiya Kashiwabara, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Digital assessment of preliminary impression accuracy for edentulous jaws: Comparisons of 3-dimensional surfaces between study and working casts,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.60, No.3, 206-212, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109708,   DOI: 10.1016/j.jpor.2015.12.007,   PubMed: 26822762,   Elsevier: Scopus)
27. 石田 雄一, 藤本 けい子, 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
審美歯治療のエンドポイントと評価方法,
日本補綴歯科学会誌, Vol.8, No.2, 161-166, 2016年.
28. Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Kosuke Kurahashi, Toshiya Kashiwabara and Tetsuo Ichikawa :
Development of a digital impression procedure using photogrammetry for complete denture fabrication,
International Journal of Computerized Dentistry, Vol.19, No.3, 193-202, 2016.
(PubMed: 27644177)
29. Yuki Iwawaki, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata, Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Katsuhiko Yoshimoto :
MiR-494-3p induced by compressive force inhibits cell proliferation in MC3T3-E1 cells.,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.120, No.4, 456-462, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109479,   DOI: 10.1016/j.jbiosc.2015.02.006,   PubMed: 25795570,   Elsevier: Scopus)
30. 友竹 偉則, 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 西中 英伸, 市川 哲雄 :
インプラント上部構造における前装材破折と主機能部位との関連について,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.28, No.3, 326-333, 2015年.
31. Yuichi Ishida, Keiko Fujimoto, Nobuaki Higaki, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
End points and assessments in esthetic dental treatment.,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.59, No.4, 229-235, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2015.05.002,   PubMed: 26077379)
32. Takaharu Goto, Atsuko Nakamichi, Megumi Watanabe, Kan Nagao, Miwa Matsuyama and Tetsuo Ichikawa :
Influence of food volume per mouthful on chewing and bolus properties,
Physiology & Behavior, Vol.141, 58-62, 2015.
(DOI: 10.1016/j.physbeh.2015.01.007,   PubMed: 25582518,   Elsevier: Scopus)
33. 松田 岳, 後藤 崇晴, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
無歯顎補綴における咬合平面設定に関する文献考察,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.28, No.1, 13-19, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109864,   CiNii: 120005823519)
34. Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of female attachment installation load on movement and resultant forces in implant overdentures,
Journal of Prosthodontics, Vol.24, No.2, 156-163, 2015.
(DOI: 10.1111/jopr.12177,   PubMed: 24975368,   Elsevier: Scopus)
35. 中道 敦子, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
一口量に着目した食行動評価:YN食行動質問票の有効性,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.27, No.2, 71-80, 2015年.
(CiNii: 120005823511)
36. 市川 哲雄, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 檜垣 宣明, 内藤 禎人 :
補綴装置および歯の延命のために(Part 6) 力のコントロール 力を受ける生体側の観点から,
日本補綴歯科学会誌, Vol.7, No.4, 357-362, 2015年.
(DOI: 10.2186/ajps.7.357)
37. 市川 哲雄, 後藤 崇晴, 後藤 崇晴, 檜垣 宣明, 内藤 禎人 :
補綴装置および歯の延命のために(Part 6) 力のコントロール 力を受ける生体側の観点から,
日本補綴歯科学会誌, Vol.7, No.4, 357--362, 2015年.
38. Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Do sensation differences exist between dental implants and natural teeth?: a meta-analysis.,
Clinical Oral Implants Research, Vol.25, No.11, 1307-1310, 2014.
(DOI: 10.1111/clr.12271,   PubMed: 25279692)
39. Takanori Kawano, Widyasri Prananingrum, Yuichi Ishida, Takaharu Goto, Yoshihito Naitou, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Blue-violet laser modification of titania treated titanium: antibacterial and osteo-inductive effects,
PLoS ONE, Vol.8, No.12, e84327, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0084327,   PubMed: 24358355,   Elsevier: Scopus)
40. Kan Nagao, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Tetsuo Ichikawa, M Hideshima, H Koshino, K Hoshiai and Y Umekawa :
Should Occlusal Pressure be Applied in Fixing Magnet Assenmlies to Denture? An Evaluation using the Delphi Technique,
The Journal of the Japanese Sociaty of Magnetic Applications in Dentistry, Vol.22, No.2, 43-46, 2013.
41. Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Long-term follow-up case reports on the use of magnetic attachment as intracoronal/extracoronal attachments,
The Journal of the Japanese Sociaty of Magnetic Applications in Dentistry, Vol.22, No.2, 12-14, 2013.
42. 市川 哲雄, 後藤 崇晴, 友竹 偉則 :
磁性アタッチメントを用いたミニインプラントオーバーデンチャーにおける力学的解析,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.26, No.4, 660-667, 2013年.
(DOI: 10.11237/jsoi.26.660,   CiNii: 130004631899)
43. 柏原 稔也, 米山 武義, 中道 敦子, 本田 剛, 東岡 紗知江, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
In vitroカンジダバイオフィルムに対する電解次亜水の効果,
老年歯科医学, Vol.28, No.3, 277-283, 2013年.
(DOI: 10.11259/jsg.28.277,   CiNii: 130004835462)
44. Hideki Suito, Yuki Iwawaki, Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Oral factors affecting titanium elution and corrosion: an in vitro study using simulated body fluid.,
PLoS ONE, Vol.8, No.6, e66052, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0066052,   PubMed: 23762461,   Elsevier: Scopus)
45. 市川 哲雄, 友竹 偉則, 後藤 崇晴 :
インプラントの感覚能に関する文献的考察 天然歯との比較,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.26, No.2, 272-280, 2013年.
(CiNii: 10031183800)
46. 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
磁性アッタチメントを用いたミニインプラントオーバーデンチャーの力学的解析,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.26, No.4, 660-667, 2013年.
47. Yoshihito Naitou, Ashrin N. Meinar, Yuki Iwawaki, Toshiya Kashiwabara, Takaharu Goto, Teruaki Ito, Tetsuro Sakuma and Tetsuo Ichikawa :
Recording of individual identification information on dental prostheses using fluorescent material and ultraviolet light,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.26, No.2, 172-174, 2013.
(DOI: 10.11607/ijp.3350,   PubMed: 23476913,   Elsevier: Scopus)
48. 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
固定方法からみたインプラント上部構造の臨床的・文献的考察,
四国歯学会雑誌, Vol.25, No.2, 39-46, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109827)
49. Takaharu Goto, Hidenobu Nishinaka, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Main occluding area in partially edentulous patients: changes before and after implant treatment,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.39, No.9, 677-683, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1365-2842.2012.02318.x,   PubMed: 22672204)
50. 中道 敦子, 後藤 崇晴, 東岡 紗知江, 松山 美和, 市川 哲雄 :
一般青年の食行動についての実態調査,
日本咀嚼学会雑誌, Vol.22, No.1, 26-35, 2012年.
(CiNii: 10031137212)
51. Jing Li, Katsuhiko Hirota, Takaharu Goto, Hiromichi Yumoto, Yoichiro Miyake and Tetsuo Ichikawa :
Biofilm formation of Candida albicans on implant overdenture materials and its removal.,
Journal of Dentistry, Vol.40, No.8, 686-692, 2012.
(DOI: 10.1016/j.jdent.2012.04.026,   PubMed: 22580351)
52. 楓公 士朗, 後藤 崇晴, 田中 佑人, 菱川 龍樹, 藤野 智子, 前田 望, 村上 大輔, 米田 博行, Wirianski Alexander, 小嶺 裕子, 服部 佳功 :
下顎に対する理学療法が咀嚼動作に及ぼす影響,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.18, No.2, 161-166, 2012年.
(DOI: 10.7144/sgf.18.161,   CiNii: 10030125935)
53. Tetsuo Ichikawa, Kan Nagao and Takaharu Goto :
Alternative Decision Making Considerations in Prosthodontics,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.25, No.3, 260-261, 2012.
(PubMed: 22545255)
54. Jian-Rong CHENJ, Kenji Oka, Takanori KAWANO, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Carbon dioxide laser application enhances the effect of silane primer on the shear bone strength between porcelain and composite resin,
Dental Materials Journal, Vol.29, No.6, 731-737, 2010.
(DOI: 10.4012/dmj.2009-106,   PubMed: 21099155)

学術論文(紀要・その他):

1. 白山 靖彦, 市川 哲雄, 吉岡 昌美, 柳沢 志津子, 竹内 祐子, 後藤 崇晴, 高橋 美和, 寺西 彩, 北村 美渚 :
高次脳機能障害者を支える法制度(社会的支援),
リハビリテーション医学, Vol.9, No.54, 710-716, 2017年.
2. 後藤 崇晴 :
主機能部位と補綴治療,
四国歯学会雑誌, Vol.26, No.1, 11-15, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109838)

総説・解説:

1. 白山 靖彦, 柳沢 志津子, 一ノ宮 実咲, 渡邉 彩, 竹内 祐子, 市川 哲雄, 後藤 崇晴, 藤原 真治 :
徳島県における地域包括ケアシステムの現状と課題 -美馬市木屋平の健康調査を通じて-,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.33, No.1, 24-27, 2020年6月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114868)
2. 石田 雄一, 藤本 けい子, 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
審美補綴のための補綴前処置,アタッチメントレベル・歯頸線 審美歯科治療のエンドポイントと評価方法,
日本補綴歯科学会誌, Vol.8, No.2, 161-166, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111853)
3. 市川 哲雄, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 檜垣 宜明, 内藤 禎人 :
力を受ける生体側の観点から(シリーズ:補綴装置および歯の延命のために Part 6 -力のコントロール-),
日本補綴歯科学会誌, Vol.7, No.4, 357-362, 2015年10月.
4. 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 渡邉 恵, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
補綴装置による個人認証システムに関する文献的考察,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.27, No.2, 21-27, 2015年2月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109855,   CiNii: 120005823510)
5. 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 市川 哲雄 :
問題を抱えた歯の治療計画における意思決定アルゴリズム,
ザ·クインテッセンス, Vol.33, No.9, 183-192, 2014年9月.
6. 永尾 寛, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 市川 哲雄 :
磁性アタッチメントの診療ガイドライン策定 デルファイ法とは,
日本磁気歯科学会雑誌, Vol.21, No.1, 32-36, 2012年12月.

国際会議:

1. Takaharu Goto, Tsukasa Hihara, Keiko Fujimoto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Sex difference of clinical cascade from oral hypofunction to physical frailty,
The 7th Biennial Joint Congress of KAP-CPS-JPS, Mar. 2019.
2. Kishimoto Takahiro, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Neuroscientific evaluation of periodontal tactile with/without sensory integration task: comparison between incisor and molar teeth,
11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics, Kuala Lumpur, Malaysia, Sep. 2018.
3. Takaharu Goto, Tsukasa Hihara, Tagami Yoshihiro, Yuki Iwawaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Investigation with questionnaires on symptoms of physical frailty and eating behaviors,
11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics, Kuala Lumpur, Malaysia, Sep. 2018.
4. Tetsuo Ichikawa, Takaharu Goto, Tsukasa Hihara, Tagami Yoshihiro and Kan Nagao :
A quantitative evaluation of oral frailty-physical frailty relationship model based on covariance structure analysis,
11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics, Kuala Lumpur, Malaysia, Sep. 2018.
5. Takaharu Goto, Hihara Tsukasa, Kishimoto Takahiro, Takashi Matsuda, Yuki Iwawaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Investigation with questionnaires on symptoms of oral frailty and eating behaviors: Importance of chewing,
Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP, Wenzhou, China, Oct. 2017.
6. Tetsuo Ichikawa, Higaki Nobuaki, Takaharu Goto, Kishimoto Takahiro, Yuki Iwawaki, Takashi Matsuda, Ishida Yuichi and Watanabe Megumi :
A comparison of the occlusal force-sustaining ability of natural and dental implant patients during a sensory integration task,
Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP, Wenzhou, China, Oct. 2017.
7. Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Frailty and Oral Frailty in super-aging society: Physiological considerations and Prosthodontic Strategy,
Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP, Wenzhou, China, Oct. 2017.
8. Takashi Matsuda, Kurahashi Kosuke, Ishida Yuichi, Takaharu Goto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Part-digitizing system for complete denture fabrication using digital impression and specialized CAD/CAM tray,
The 17th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Santiago, Chile, Sep. 2017.
9. Kishimoto Takahiro, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Differences in prefrontal activities under sensory integration task: Comparison between incisor and molar teeth,
The 17th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Santiago, Chile, Sep. 2017.
10. Takaharu Goto, Hihara Tsukasa, Kishimoto Takahiro, Takashi Matsuda and Tetsuo Ichikawa :
Influence of solitary eating in the elderly on symptoms on Oral frailty and Physical frailty,
The 17th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Santiago, Chile, Sep. 2017.
11. Takaharu Goto :
Fraitly and Oral Fraitly: Biomarker and Prosthodontic Strategy,
Advanced on Seminar Digital Dentistry Joint Meeting Tokushima University Alumnae Association-Indonesia Dental Association, Lombok island, Indonesia, Jan. 2017.
12. Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake, Yuichi Ishida, Nobuaki Higaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Functional Significance of the Main Occluding Area for Partially Edentulous,
16th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Sep. 2015.
13. Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Yuki Iwawaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Brain Function on Modulation of Occlusal Force and Sensory Integration,
16th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Sep. 2015.
14. Shiori Nakamura, Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Effect analysis of oral stimulation to prevent dementia focusing on the individual sensibility,
16th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Sep. 2015.
15. Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Possibility of Complete Denture Fabrication using Digital Technology: the possibility of Contactless Digital Preliminary Impression,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference on ``Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life'', Makassar, Dec. 2014.
16. Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Effects of vibratory and gustatory stimulations on cerebral blood flows,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference ``Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life'', Makassar, Dec. 2014.
17. Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake, Yuichi Ishida, Nobuaki Higaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Clinical significance of the main occluding in prosthodontic treatment,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference on ``Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life'', Makassar, Dec. 2014.
18. Takashi Matsuda, Tetsuo Ichikawa, Takaharu Goto, Toshiya Kashiwabara and Kan Nagao :
Digital preliminary impression for complete denture fabrication,
Indonesia Japan Prosthodontic Society JOINT MEETING, Bali, Oct. 2014.
19. Kan Nagao, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Which is better for complete denture wearers, fully balanced occlusion or lingualized occlusion,
Indonesian and Japan Prosthodontic Society JOINT MEETING, Bali, Oct. 2014.
20. Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Location of the main occluding area after implant treatment,
38th Annual Conference of The European Prosthodontic Association, Istanbul, Sep. 2014.
21. Takaharu Goto, Atsuko Nakamichi, Sachie Toko, Tsuyoshi Honda, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Assessments of Quality of mastication: Relationship between overall eating behavior and mastication,
The 15th Biennial Meeting of International College of prosthodontics, Turin, Sep. 2013.
22. Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Yuki Iwawaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Efficiency of oral stimulations on brain function activities: Evaluations using wearable near-infrared spectroscopy,
The 15th Biennial Meeting of International College of prosthodontics, Turin, Sep. 2013.
23. Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Systematic literature review on sensation of osseointegrated implants.,
Programs and Abstracts of Biennial Meeting of Asian Academy of Prosthodontics., Vol.8, 137, Dec. 2012.
24. Yoritoki Tomotake, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
The Relationship between Main Occluding Area and Prosthetic Complains in Implant Superstructure.,
The 8th Biennial Meeting of Asian Academy of Prosthodontics, Vol.8, 139, Chennai, Dec. 2012.
25. Hideki Suito, Takaharu Goto, Yuki Iwawaki, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Oral factors affecting titanium elution and corrosion; in vitro study using SBF solution.,
ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference"Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life", Dec. 2012.
26. Takaharu Goto, Nobuaki Higaki, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Sensation of osseointegrated implants: literature review and new neurophysiological approach,
ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference"Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life", Dec. 2012.
27. Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
A Trial of Complete Denture Fabrication using Digital Technology: in vitro Evaluation of digital impression,
ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference"Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life", Yogyakarta, Dec. 2012.
28. Takaharu Goto, Takashi Matsuda, Yuichi Ishida, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Digital dentistry in complete denture fabrication, --- Feasibility study ---,
International Symposium on Oral Health Education and Research, Balikpapan, Dec. 2011.
29. Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of Attachments On Load Transfer in Implant Overdentures: Effect Of Denture Rigidity,
14th Meeting of International College of Prosthodontists, Hawaii, Sep. 2011.

国内講演発表:

1. 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 松田 岳, 藤本 けい子, 永尾 寛, 吉村 賢治, 江下 義之, 矢納 義高, 市川 哲雄 :
イソデシルガラクトシド配合泡沫状製剤の高齢者における有効性の評価,
一般社団法人日本老年歯科医学会 第31回学術大会, 2020年11月.
2. 藤本 けい子, 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 岩脇 有軌, 水頭 英樹, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
ルシフェラーゼアッセイによる口腔不潔の定量評価,
一般社団法人日本老年歯科医学会 第31回学術大会, 2020年11月.
3. 後藤 崇晴, 松田 岳, 市川 哲雄 :
中山間地域在住高齢者の食品摂取,高次生活機能に関連する要因の検討,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第31回学術大会, 2020年10月.
4. 田上 義弘, 後藤 崇晴, 藤本 けい子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
超音波画像における輝度を用いた舌筋の評価,
令和2年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2020年8月.
5. 後藤 崇晴, 南 憲一, 松田 岳, 市川 哲雄 :
口腔内スキャナと3次元プリンターを用いた開口障害および小口症を伴う下顎歯肉癌術後患者に対する無歯顎補綴治療症例,
令和2年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2020年8月.
6. 水頭 英樹, 藤本 けい子, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
歯科材料研磨時の微粒子の飛散測定:口腔外バキュームの有効性の検討,
令和2年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 第129回学術大会, 2020年6月.
7. 藤本 けい子, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 岸本 卓大, 南 憲一, 市川 哲雄 :
ATPふき取り検査による口腔不潔の客観的評価,
日本義歯ケア学会第12回学術大会, 2020年2月.
8. 市川 哲雄, 岸本 卓大, 後藤 崇晴 :
臼歯で噛むことの意義:前頭前野における脳活動に関する研究から,
日本全身咬合学会第29回学術大会, 2019年11月.
9. 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 松田 岳, 市川 哲雄 :
口腔機能における前頭前野の活動:振動,味覚刺激の影響,
日本顎口腔機能学会第63回学術大会, 2019年10月.
10. 岸本 卓大, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
タッピング運動が前頭前野の脳血流量に与える影響,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第30回記念学術大会, 2019年10月.
11. 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 田上 義弘, 市川 哲雄 :
唾液分泌量計測の信頼性に関する研究,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第30回記念学術大会, 2019年10月.
12. 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 南 憲一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
異なる表面性状を持つチタン上での骨芽細胞におけるmicroRNA発現の同定,
第49回 公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2019年9月.
13. 田上 義弘, 後藤 崇晴, 藤本 けい子, 岩脇 有軌, 石田 雄一, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
フレイル評価における音声評価の意義,
令和元年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2019年9月.
14. 市川 哲雄, 後藤 崇晴, 松田 岳, 藤本 けい子, 永尾 寛, 白山 靖彦 :
地域の看取りと口腔健康管理:限界集落で口腔健康管理はされているか,
令和元年度 一般社団法人日本老年歯科医学会 第30回学術大会, 2019年6月.
15. 岸本 卓大, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 藤本 けい子, 市川 哲雄 :
においセンサによる唾液流量推定法の検討,
平成31年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 第128回学術大会, 2019年5月.
16. 倉林 卓弘, 永尾 寛, 藤本 けい子, 渡邉 恵, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
高齢者歯科関連キーワードの変遷 ―学術論文検索とインターネット検索による調査―,
四国歯学会第54回例会, 2019年3月.
17. 岩脇 有軌, 藤本 けい子, 岸本 卓大, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
義歯安定剤が呼気中アルコール濃度へ与える影響の評価,
日本義歯ケア学会第11回学術大会, 2019年2月.
18. 岸本 卓大, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
咬合力の維持タスクと前頭前野の脳血流量:開口量と前歯,臼歯の違いによる影響,
第28回日本全身咬合学会学術大会, 2018年11月.
19. 田上 義弘, 後藤 崇晴, 檜原 司, 中道 敦子, 市川 哲雄 :
高齢者における「やせ」と食行動との関連について,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第29回総会・学術大会, 2018年10月.
20. 村岡 佑紀, 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 市川 哲雄 :
咀嚼刺激が顔側面部近赤外光計測装置における血流量に与える影響,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第29回総会・学術大会, 2018年10月.
21. 檜原 司, 小西 洋子, 小野寺 亜也子, 中西 真希, 立石 友子, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
身体的フレイル,オーラルフレイル関連徴候に関する高齢者の意識調査 ―「20歳代と比べてどうですか」ー,
第2回徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会, 2018年8月.
22. 檜原 司, 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 柳沢 志津子, 中道 敦子, 市川 哲雄 :
身体的フレイルに影響を及ぼすオーラルフレイル要因の共分散構造分析,
平成30年度 一般社団法人日本老年歯科医学会 第29回学術大会, 2018年6月.
23. 藤本 けい子, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
舌の厚み測定の臨床的意義の検討,
平成30年度 一般社団法人日本老年歯科医学会 第29回学術大会, 2018年6月.
24. 岸本 卓大, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
マグニチュード推定法を用いた口腔内の感受性評価と脳血流量との関連,
平成30年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 第127回学術大会, 2018年6月.
25. 知野 圭佑, 後藤 崇晴, 藤原 茂弘, 大川 敏永 :
シンポジウム「共同研究からひろげる知の探求心」,
日本顎口腔機能学会第60回大会, 2018年4月.
26. 村岡 佑紀, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 岸本 卓大, 市川 哲雄 :
口腔内の清潔度と口腔機能との関連∼若年者と高齢者の比較∼,
四国歯学会第52回例会, 2018年3月.
27. 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 藤本 けい子, 水頭 英樹, 市川 哲雄 :
高齢者における口腔機能と口腔内清浄度との関連,
日本義歯ケア学会第10回学術大会, 2018年1月.
28. 荒井 安希, 清野 方子, 友竹 偉則, 和田 匡史, 高瀬 維彦, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 市川 哲雄 :
臼歯部インプラント補綴のセルフクリーニングに関する研究,
公益社団法人 日本口腔インプラント学会 第37回中国・四国支部学術大会, 2017年11月.
29. 荒井 安希, 清野 方子, 友竹 偉則, 和田 匡史, 高瀬 維彦, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 市川 哲雄 :
臼歯部インプラント補綴のセルフクリーニングに関する研究,
公益社団法人 日本口腔インプラント学会 第37回中国・四国支部学術大会, 2017年11月.
30. 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 檜原 司, 中道 敦子, 市川 哲雄 :
一口量とフレイル・オーラルフレイル関連兆候との関係∼主観的評価からの検討∼,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第28回総会・学術大会, 2017年9月.
31. 友竹 偉則, 荒井 安希, 清野 方子, 内藤 禎人, 田島 登誉子, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 市川 哲雄 :
歯磨剤に配合された顆粒成分のインプラント周囲溝への侵入性の調査,
第47回 公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2017年9月.
32. 松田 岳, 倉橋 宏輔, 田上 義弘, 石田 雄一, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化-全部床義歯形状のデジタル化の精度検討-,
平成29年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2017年8月.
33. 田上 義弘, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 岸本 卓大, 水頭 英樹, 松田 岳, 市川 哲雄 :
天然歯と連結したインプラント上部構造に関する力学的考察,
平成29年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2017年8月.
34. 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 檜原 司, 松田 岳, 渡邉 恵, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
オーラルフレイル関連兆候と食行動との関係:噛むことの重要性,
日本補綴歯科学会第126回学術大会, 2017年7月.
35. 藤本 けい子, 本田 剛, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
咀嚼の主観的評価に関わる客観的指標の検討,
日本老年歯科医学会第28回学術大会, 2017年6月.
36. 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 檜原 司, 柳沢 志津子, 中道 敦子, 市川 哲雄 :
アンケートを用いたフレイル・オーラルフレイル関連兆候の検討,
日本老年歯科医学会第28回学術大会, 2017年6月.
37. 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 松田 岳, 市川 哲雄 :
健常若年者における歯の圧感受性と前頭前野の血流量との関連,
日本顎口腔機能学会第58回学術大会, 2017年4月.
38. 水頭 英樹, 藤本 けい子, 南 憲一, 本田 剛, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
義歯安定剤の使用は嚥下造影検査食の物性に影響するか,
日本義歯ケア学会第9回学術大会, 2017年2月.
39. 岩脇 有軌, 倉橋 浩輔, 檜垣 宜明, 松田 岳, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
洗浄水の温度の違いによる義歯洗浄効果の検討,
日本義歯ケア学会第9回学術大会, 2017年2月.
40. 岸本 卓大, 後藤 崇晴, 檜垣 宜明, 檜原 司, 中道 敦子, 市川 哲雄 :
オーラルフレイルと食行動に関する実態調査,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第27回総会・学術大会, 2016年11月.
41. 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 石田 雄一, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
咬合力維持における前頭前野の活動と感覚統合:インプラントと天然歯の比較,
第46回 公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2016年9月.
42. 倉橋 宏輔, 松田 岳, 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 本釜 聖子, 薦田 淳司, 市川 哲雄 :
Additive Manufacturingを用いた印象用複製義歯の製作とその評価,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 九州支部,中国・四国支部合同学術大会, 2016年9月.
43. 檜原 司, 後藤 崇晴, 今井 守夫, 多田 望, 萬好 哲也, 井上 三四郎, 薦田 淳司, 佐藤 修斎, 堀内 政信, 宮本 雅司, 岡島 雅代, 市川 哲雄 :
オーラルフレイルとフレイルに関するアンケート調査:実態の把握,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 九州支部,中国・四国支部合同学術大会, 2016年9月.
44. 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
マウス骨芽細胞におけるストレス誘導性microRNAの解析,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 九州支部,中国・四国支部合同学術大会, 2016年9月.
45. 倉橋 宏輔, 松田 岳, 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 本釜 聖子, 薦田 淳司, 市川 哲雄 :
Additive Manufacturingを用いた印象用複製義歯の製作とその評価,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 九州支部,中国・四国支部合同学術大会, 2016年9月.
46. 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
歯根膜からの感覚情報が前頭前野の活動に与える影響,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 第125回学術大会, 2016年7月.
47. 松田 岳, 倉橋 宏輔, 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄, 市場 裕康 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化:咬合圧印象用トレーによる印象採得の評価,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 第125回学術大会, 2016年7月.
48. 後藤 崇晴, 檜垣 宜明, 石田 雄一, 渡邉 恵, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
口腔内のにおい強度に着目した新しい咀嚼能率測定方法の開発,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 第125回学術大会, 2016年7月.
49. 倉橋 宏輔, 松田 岳, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
歯科訪問診療でも対応可能なハンディスキャナーを用いた複製義歯製作法,
一般社団法人日本老年歯科医学会第27回総会・学術大会, 2016年6月.
50. 馬場 拓朗, 藤本 けい子, 本田 剛, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
オトガイ舌骨筋に着目した口腔機能低下予測因子の検討,
一般社団法人日本老年歯科医学会第27回総会・学術大会, 2016年6月.
51. 高野 栄之, 小野 信二, 桃田 幸弘, 後藤 崇晴, 水頭 英樹, 金川 裕子, 松本 文博, 青田 桂子, 可児 耕一, 東 雅之 :
徳島大学病院における癌化学療法に対する周術期口腔機能管理の現状と課題,
第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
52. 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
歯科介入による入院義歯患者の口腔環境の変化,
日本義歯ケア学会第8回学術大会, 2016年1月.
53. 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
歯科介入による入院義歯患者の口腔環境の変化,
日本義歯ケア学会第8回学術大会, 2016年1月.
54. 後藤 崇晴, 藤本 けい子, 水藤 英樹, 南 憲一, 柏原 捻也, 鴨居 浩平, 市川 哲雄 :
義歯への情報書き込みに関する検討,
日本義歯ケア学会第8回学術大会, 2016年1月.
55. 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 中村 詩織, 中道 敦子, 市川 哲雄 :
咀嚼回数と食塊物性との関連について,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第26回総会・学術大会, 2015年9月.
56. 中村 詩織, 後藤 崇晴, 檜垣 宜明, 中道 敦子, 市川 哲雄 :
一般青年の食行動と健康関連QOLおよび口腔関連QOLとの関連性の検討,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第26回総会・学術大会, 2015年9月.
57. 後藤 崇晴, 檜垣 宜明, 中村 詩織, 市川 哲雄 :
においセンサを用いた咀嚼能率測定方法の検討,
特定非営利活動法人 日本咀嚼学会 第26回総会・学術大会, 2015年9月.
58. 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄, 萬好 哲也, 井上 三四郎 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化 -咬合圧印象用トレーの臨床評価-,
平成27年度 公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2015年9月.
59. 藤本 けい子, 馬場 拓朗, 本田 剛, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
テクスチャープロファイル分析による義歯安定剤および口腔保湿剤の選択法の検討,
日本老年歯科医学会 第26回学術大会, 2015年6月.
60. 後藤 崇晴 :
高齢者の口腔ケア,
第18回徳島摂食嚥下研究会 学術講演会, 2015年6月.
61. 岩脇 有軌, 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
microRNA -mirR-494-3p -,
平成27年度 社団法人日本補綴歯科学会 第124回学術大会, 2015年5月.
62. 藤本 けい子, 南 憲一, 本田 剛, 後藤 崇晴, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
義歯安定剤および口腔保湿剤の選択基準:材料学的見地から,
日本義歯ケア学会第7回学術大会, 2015年1月.
63. 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化-非接触式デジタル印象採得の可能性の検討-, --- -非接触式デジタル印象採得の可能性の検討- ---,
平成26年度(公社)日本補綴歯科学会中国・四国,関西支部合同支部学術大会, 2014年9月.
64. 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
補綴装置における個人認証システムの開発,
第13回警察歯科医会全国大会, 2014年8月.
65. 柏原 稔也, 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
第107回歯科医師国家試験における有床義歯分野問題の分析:教員,受験生,学生への調査,
四国歯学会 第45回総会, 2014年6月.
66. 岩脇 有軌, 水澤 典子, 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
メカニカルストレスに応答するmiR-494-3pはFGFR2の発現を抑制する,
公益社団法人日本補綴歯科学会第123回学術大会, 2014年5月.
67. Bayarmagnai Sapaar, 永尾 寛, 後藤 崇晴, 内藤 禎人, 市川 哲雄 :
ノンメタルクラスプデンチャーのクラスプと義歯床のデザインに関する検討,
公益社団法人日本補綴歯科学会第123回学術大会, 2014年5月.
68. 南 憲一, 藤本 けい子, 本田 剛, 後藤 崇晴, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
咬合採得用リムを用いた無歯顎咬合採得:咬合床の動揺から見た検討,
日本義歯ケア学会第7回学術大会, 2014年1月.
69. 南 憲一, 後藤 崇晴, 本田 剛, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
義歯安定剤の使用が咬合接触および下顎運動に与える影響,
第6回 日本義歯ケア学会学術大会, 2014年1月.
70. 石田 雄一, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
フルートの演奏を仕事とする患者に対してインプラント治療を行った1 症例,
第33回公益社団法人日本口腔インプラント学会 中国・四国支部総会学術大会, 2013年11月.
71. 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
メカニカルストレスに応答するmicroRNAの同定,
第43回 公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2013年9月.
72. Sapaar Bayarmagnai, Yoshihito Naitou, Takaharu Goto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Loss of retentive force and per,manent deformation of polyethylene terephthalate and polyster clasps retainers,
平成25年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, Sep. 2013.
73. 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄, 多田 望 :
口腔内刺激が脳機能活動に与える影響,
平成25年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2013年8月.
74. 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄, 岡島 雅代 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化 ―3Dスキャナによる研究用模型と作業用模型の一致度の検討―,
平成25年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2013年8月.
75. 本田 剛, 後藤 崇晴, 内藤 禎人, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
ルミテスターを用いた義歯の超音波洗浄効果の評価,
第5回日本義歯ケア学会学術大会, 2013年1月.
76. 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
磁性アタッチメントを応用したミニインプラントオーバーデンチャーの負担圧分布と義歯の動揺解析,
第32回日本口腔インプラント学会 中国・四国支部学術大会, 2012年11月.
77. 後藤 崇晴, 永尾 寛, 石田 雄一, 柏原 稔也, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラントオーバーデンチャー床下組織の負担分布と義歯の動揺に関する研究,
第22回日本歯科医学会総会, 2012年11月.
78. 永尾 寛, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 市川 哲雄, 秀島 雅之, 越野 寿, 星合 和基, 梅川 義忠 :
マグネットを義歯に付着する際は,加圧状態の方が無圧よりも経過がよいか?-デルファイ法による調査-,
第22回日本磁気歯科学会学術大会, 2012年11月.
79. 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
磁性アタッチメントを歯冠内・歯冠外アタッチメントとして用いた長期経過症例について,
第22回日本磁気歯科学会学術大会, 2012年11月.
80. 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 西村 良一 :
チタンの溶出に影響を及ぼす因子の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.25, 292, 2012年9月.
81. 岩脇 有軌, 西中 英伸, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント上部構造における主機能部位と補綴学的問題の関連について,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.25, 295, 2012年9月.
82. 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 西村 良一 :
チタンの溶出に影響を及ぼす因子の検討,
第42回公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2012年9月.
83. Sapaar Bayarmagnai, Yoshihito Naitou, Takaharu Goto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Extracellular DNA of Candida albicans and its effect on biofilm formation on denture base materials,
平成24年度 (社)日本補綴歯科学会中国・四国・九州合同学術大会, Sep. 2012.
84. 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄, 薦田 淳司 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化 -無歯顎模型に対するデジタル印象の印象精度の検討-,
平成24年度 (社)日本補綴歯科学会中国・四国・九州合同学術大会, 2012年9月.
85. 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄, 宮本 雅司 :
義歯の動揺計測からインプラントオーバーデンチャー床下組織の負担分布を推定できるか,
社団法人日本補綴歯科学会 第121回学術大会, 2012年5月.
86. 後藤 崇晴, 永尾 寛, 松田 岳, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
デルファイ法を用いた義歯にとっての妥当なリコール間隔に関するアンケート調査,
第4回 日本義歯ケア学会学術大会, 2012年1月.
87. 岩脇 有軌, 石田 雄一, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント治療に対する認識 -学生・研修医へのアンケート調査-,
第31回 日本口腔インプラント学会 中国四国支部総会学術大会, 2011年10月.
88. 石田 雄一, 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント暫間上部構造による最終上部構造の推定:前装部破損と隣接面コンタクトの離開,
第41回公益社団法人日本口腔インプラント学会・学術大会, 2011年9月.
89. 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 柏原 稔也, 市川 哲雄, 佐藤 修斎, 井上 三四郎 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化:デジタル印象・咬合採得のシステム化の試み,
平成23年度(社)日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2011年9月.

その他・研究会:

1. 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
義歯の識別,義歯の刻印,予備の義歯,
らくらくお口のケア 義歯ケア事典, 119-121, 2018年.
2. 後藤 崇晴, 檜垣 宜明, 市川 哲雄 :
有床義歯咀嚼機能検査の活用法,
ジーシサークル CASE PRESENTATION, 2017年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • におい検知を利用した新たな唾液分泌量と咀嚼能率の同時推定法の開発 (研究課題/領域番号: 20K10037 )
  • 地域包括ケアシステムにおける歯科・福祉連携の定式化に向けたプログラムの構築 (研究課題/領域番号: 19K10227 )
  • 金属アレルギーにみられる皮膚・粘膜疾患形成メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 18K09661 )
  • 高次脳機能-咬合・咀嚼・栄養との因果関係解明と補綴健康管理モデルの構築 (研究課題/領域番号: 18H02993 )
  • におい強度に着目した唾液流量測定法の開発 (研究課題/領域番号: 17K19762 )
  • ニューロフィードバックトレーニングを応用した新しい口腔機能訓練法の開発とその評価 (研究課題/領域番号: 17K17374 )
  • PEEK樹脂による審美的クラスプの開発 (研究課題/領域番号: 16K11597 )
  • 認知科学に基づく施設介護従事者における口腔機能維持・管理能力向上プログラムの開発 (研究課題/領域番号: 16K11596 )
  • 金属アレルギー発症過程における樹状細胞遊走因子の解析 (研究課題/領域番号: 15K11161 )
  • デジタル技術を用いたより衛生的で治療負荷の少ない全部床義歯治療法の実用化 (研究課題/領域番号: 26462922 )
  • 定量的感覚閾値測定法の確立とインプラントにおける咬合調整への応用 (研究課題/領域番号: 25861849 )
  • 研究者番号(00581381)による検索