検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 内科 > 脳神経内科 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (選定) > 2003001 ジストニア・運動異常症における新規脳画像マーカーの開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1904001 人工知能技術に基づく個々の病態に最適化された治療的介入技法(AI-Based Behavior Modification: AiBM)の創出 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 武内 俊明, 宮本 亮介, 大崎 裕亮, 阿部 考志, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 梶 龍兒 :
中脳黒質におけるT1強調画像高信号,
2. 武内 俊明, 宮本 亮介, 大崎 裕亮, 阿部 考志, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 梶 龍兒 :
中脳黒質におけるT1強調画像高信号,
3. 武内 俊明, 宮本 亮介, 大崎 裕亮, 阿部 考志, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 梶 龍兒 :
中脳黒質におけるT1強調画像高信号,
4. 武内 俊明, 宮本 亮介, 大崎 裕亮, 阿部 考志, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 梶 龍兒 :
中脳黒質におけるT1強調画像高信号,
5. 原田 雅史, 里見 淳一郎, 藤田 浩司, 山本 信昭, 阿部 考志 :
脳・脊髄の画像診断 ''鑑別診断力"を磨く厳選22題: 専門医試験の画像問題に自信がもてる!,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2016年4月.
6. 鹿草 宏, 溝渕 佳史, 中島 公平, 藤田 浩司, 阿部 考志, 影治 照喜, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
眼科内腫瘍性病変,
2015年7月.
7. 武内 俊明, 宮本 亮介, 大崎 裕亮, 阿部 考志, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 梶 龍兒 :
中脳黒質におけるT1強調画像高信号,
株式会社メディカ出版, 大阪市淀川区宮原3-4-30, 2015年6月.
8. 山本 伸昭, 宮城 愛, 藤田 浩司, 阿部 考志, 里見 淳一郎, 梶 龍兒 :
亜急性に経過した基底核・脳幹部病変,
2015年5月.
9. 宮城 愛, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 阿部 考志, 寺澤 由佳, 梶 龍兒 :
大脳半球に多発するT2*強調画像の点状低信号,
2015年2月.
10. 山本 伸昭, 宮城 愛, 藤田 浩司, 阿部 考志, 梶 龍兒 :
T1強調画像における基底核高信号,
2014年6月.

学術論文(審査論文):

1. Yamamoto Yuki, Nobuaki Yamamoto, Koji Fujita, Fukumoto Tatsuya, Murakami Nagahisa, Hideo Mure, Yasuhisa Kanematsu, Yasushi Takagi and Yuishin Izumi :
Cerebral Venous Thrombosis: An Unexpected Complication with Cerebrospinal Fluid Leaks after a Fall in a Patient with Spinocerebellar Ataxia Type 6.,
Internal Medicine, 2020.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.4388-20,   PubMed: 32238726)
2. Koji Fujita, Tomoyasu Matsubara, Ryosuke Miyamoto, Hiroyuki Sumikura, Toshiaki Takeuchi, Keiko Saladini Maruyama, Toshitaka Kawarai, Hiroyuki Nodera, Fukashi Udaka, Kodai Kume, Hiroyuki Morino, Hideshi Kawakami, Masato Hasegawa, Ryuji Kaji, Shigeo Murayama and Yuishin Izumi :
Co-morbidity of progressive supranuclear palsy and amyotrophic lateral sclerosis: a clinical-pathological case report.,
BMC Neurology, Vol.19, No.1, 168, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114373,   DOI: 10.1186/s12883-019-1402-7,   PubMed: 31319800)
3. Yuishin Izumi, Ryosuke Miyamoto, Koji Fujita, Yuki Yamamoto, Hirotsugu Yamada, Tomoyasu Matsubara, Yuki Unai, Ai Tsukamoto, Naoko Takamatsu, Hiroyuki Nodera, Shinya Hayashi, Masaya Oda, Atsuko Mori, Yoshihiko Nishida, Shunsuke Watanabe, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Shigeo Murayama, Masataka Sata and Ryuji Kaji :
Distinct Incidence of Takotsubo Syndrome Between Amyotrophic Lateral Sclerosis and Synucleinopathies: A Cohort Study.,
Frontiers in Neurology, Vol.9, 1099, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113228,   DOI: 10.3389/fneur.2018.01099,   PubMed: 30619056)
4. Koji Fujita, Yusuke Osaki, Ryosuke Miyamoto, Shimatani Yoshimitsu, Takashi Abe and Shimatani Yoshimitsu :
Neurologic attack and dynamic perfusion abnormality in neuronal intranuclear inclusion disease,
Neurology. Clinical Practice, Vol.7, No.6, e39-e42, 2017.
(DOI: 10.1212/CPJ.0000000000000389,   PubMed: 29431160)
5. Waka Sakai, Naoko Matsui, Mitsuyo Ishida, Takahiro Furukawa, Yoshimichi Miyazaki, Koji Fujita, Ryosuke Miyamoto, Nobuaki Yamamoto, Wataru Sako, Kenta Sato, Kazuya Kondo, Yoshihiko Nishida, Takao Mitsui, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Late-onset myasthenia gravis is predisposed to become generalized in the elderly,
eNeurologicalSci, Vol.2, 17-20, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110923,   DOI: 10.1016/j.ensci.2016.02.004)
6. 酒井 和香, 松井 尚子, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 西田 喜彦, 高橋 利幸, 神林 崇, 梶 龍兒 :
抗利尿ホルモン分泌異常症候群で発症し,橋中心・橋外髄鞘崩壊症を合併した視神経脊髄炎関連疾患の1例,
臨床神経学, Vol.54, No.7, 556-560, 2014年.
(DOI: 10.5692/clinicalneurol.54.556,   PubMed: 25087556,   Elsevier: Scopus)
7. 藤田 浩司, 大崎 祐亮, 宮本 亮介, 安部 孝志, 里見 淳一郎 :
拡散強調画像で皮質直下に高信号を呈する白質脳症,
脳神経外科速報, Vol.24, No.3, 293-297, 2014年.
8. Yoshiteru Tada, Junichiro Satomi, Takashi Abe, Kazuyuki Kuwayama, Shu Sogabe, Koji Fujita, Nobuaki Yamamoto, Ryuji Kaji, Masafumi Harada and Shinji Nagahiro :
Intra-arterial signal on arterial spin labeling perfusion MRI to identify the presence of acute middle cerebral artery occlusion,
Cerebrovascular Diseases, Vol.38, No.3, 191-196, 2014.
(DOI: 10.1159/000365653,   PubMed: 25300901,   Elsevier: Scopus)
9. Mungunkhuyag Majigusuren, Masafumi Harada, Takashi Abe, Koji Fujita, Naoko Matsui and Ryuji Kaji :
Longitudinal Monitoring with Multiple MR Techniques in a Case of Progressive Multifocal Leukoencephalopathy Associated with Multiple Myeloma,
Magnetic Resonance in Medical Sciences, Vol.13, No.1, 55-59, 2014.
(DOI: 10.2463/mrms.2013-0037,   PubMed: 24492738,   Elsevier: Scopus)
10. Nobuaki Yamamoto, Yuka Terasawa, Junichiro Satomi, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Reversibility of ischemic findings on 3-tesla magnetic resonance T2(*)-weighted image after recanalization,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1,2, 190-196, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109553,   DOI: 10.2152/jmi.61.190,   PubMed: 24705765,   Elsevier: Scopus)
11. Yuka Terasawa, Nobuaki Yamamoto, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Yuishin Izumi, Junichiro Satomi, Masafumi Harada, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Brush sign on 3-T t2*-weighted MRI as a potential predictor of hemorrhagic transformation after tissue plasminogen activator therapy,
Stroke, Vol.45, No.1, 274-276, 2014.
(DOI: 10.1161/STROKEAHA.113.002640,   PubMed: 24172577,   Elsevier: Scopus)
12. Koji Fujita, Naoko Matsui, Yukitoshi Takahashi, Yasushi Iwasaki, Mari Yoshida, Tatsuhiko Yuasa, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Increased interleukin-17 in the cerebrospinal fluid in sporadic Creutzfeldt-Jakob disease: a case-control study of rapidly progressive dementia,
Journal of Neuroinflammation, Vol.10, 135, 2013.
(DOI: 10.1186/1742-2094-10-135,   PubMed: 24219883)
13. Syunya Nakane, Koji Fujita, Yoshiko Shibuta, Naoko Matsui, Masafumi Harada, Ryo Urushihara, Yoshihiko Nishida, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Successful treatment of stiff person syndrome with sequential use of tacrolimus,
Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.84, No.10, 1177-1180, 2013.
(DOI: 10.1136/jnnp-2013-305425,   PubMed: 23715915)
14. Koji Fujita, W Sakai, Masafumi Harada, Mika Sakaki, Hideo Mure, Shinji Nagahiro, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Basal ganglia hyperintensity on T1-weighted imaging of a patient with central nervous system metastasis producing carcinoembryonic antigens,
Internal Medicine, Vol.52, No.3, 381-383, 2013.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.52.8835,   PubMed: 23370750,   Elsevier: Scopus)
15. 矢野 祖, 西條 敦郎, 近藤 真代, 河野 弘, 豊田 優子, 柿内 聡司, 岸 潤, 埴淵 昌毅, 古川 貴大, 藤田 浩司, 西岡 安彦 :
神経根障害で発症した神経サルコイドーシスの一例,
四国医学雑誌, Vol.68, No.3,4, 153-158, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 102837,   CiNii: 40019424520)
16. Wataru Sako, Hidefumi Ito, Mari Yoshida, Hidetaka Koizumi, Masaki Kamada, Koji Fujita, Yoshio Hashizume, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Nuclear factor B expression in patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis and hereditary amyotrophic lateral sclerosis with optineurin mutations,
Clinical Neuropathology, Vol.31, No.6, 418-423, 2011.
(DOI: 10.5414/NP300493,   PubMed: 22762947,   Elsevier: Scopus)
17. 古北 一泰, 久保 宜明, 福本 大輔, 飛田 泰斗史, 荒瀬 誠治, 藤田 浩司 :
Isaacs症候群を合併し難治であったびまん性筋膜炎の1例,
皮膚科の臨床, Vol.52, No.3, 413-417, 2010年.
(CiNii: 40017017146)
18. 宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 西 京子, 松原 俊二, 中根 俊成, 和泉 唯信, 藤田 浩司, 永廣 信治 :
3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点,
脳卒中, Vol.29, No.6, 824-829, 2007年.
(DOI: 10.3995/jstroke.29.824)

学術論文(紀要・その他):

1. 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 阿部 考志, 原田 雅史, 梶 隆兒 :
T2*強調画像における脳実質・脳表の低信号,
脳神経外科速報, Vol.25, No.1, 38-42, 2015年.
2. 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 阿部 考志, 高橋 利幸, 原田 雅史 :
脳室周囲および延髄背側の病変,
脳神経外科速報, Vol.24, No.10, 1100-1105, 2014年.
3. 大崎 裕亮, 藤田 浩司, 瓦井 俊孝, 寺澤 由佳, 乾 俊夫, 阿部 考志 :
年単位で持続する大脳白質の拡散強調画像高信号,
脳神経外科速報, Vol.24, No.9, 980-986, 2014年.
4. 平井 聡, 桑山 一行, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 阿部 考志, 藤田 浩司 :
T2*強調画像における脳静脈洞,皮質静脈の低信号病変,
脳神経外科速報, Vol.24, No.7, 700-704, 2014年.
5. 沖 良祐, 藤田 浩司, 庄野 健児, 里見 淳一郎, 阿部 考志 :
大脳白質・線条体に相次いで出現する拡散低下,
脳神経外科速報, Vol.24, No.5, 528-531, 2014年.
6. 大崎 裕亮, 藤田 浩司, 阿部 考志, 梶 隆兒 :
大脳基底核における左右対称の浮腫性病変,
脳神経外科速報, Vol.24, No.4, 400-403, 2014年.

総説・解説:

1. 和泉 唯信, 島 かさ音, 藤田 浩司 :
神経疾患治療ノート ビタミンB12欠乏,
Clinical Neuroscience, Vol.38, No.4, 510-512, 2020年.
2. 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 阿部 考志, 高橋 利幸, 原田 雅史, 梶 龍兒 :
見逃し危険!MRIで迫る中枢神経疾患の画像診断(第8回) 脳室周囲および延髄背側の病変 心因性障害と考えられていた39歳女性,
脳神経外科速報, Vol.24, No.10, 1094-1099, 2014年.

国際会議:

1. Nobuaki Yamamoto, Yuka Terasawa, Junichiro Satomi, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Masafumi Harada, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Reversibility of ischemic findings on 3-tesla magnetic resonance T2*-weighted image after recanalization,
European Stroke Conference 2014, Nice, France, May 2014.

国内講演発表:

1. 隅田 奈美, 原田 雅史, 河野 理, 松元 友暉, 金澤 裕樹, Gonchigsuren Oyundari, 藤田 浩司 :
運動異常症の安静時 fMRIにおける脳機能ネットワークの検討,
第48回日本磁気共鳴医学会大会Web開催, 2020年9月.
2. 牟礼 英生, 藤田 浩司, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 松田 拓, 後藤 惠, 髙木 康志, 後藤 惠 :
FDG PETを用いたジストニア患者の脳代謝ネットワークパターンの描出,
機能的脳神経外科, 132, 2020年1月.
3. 牟礼 英生, 藤田 浩司, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 後藤 惠, 髙木 康志 :
FDG PETを用いたジストニア患者の脳代謝ネットワークパターンの描出,
日本脳神経外科学会第78回学術集会, 2019年10月.
4. 福本 竜也, 宮本 亮介, 山﨑 博輝, 村上 永尚, 大崎 裕亮, 藤田 浩司, 野寺 裕之, 瓦井 俊孝, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
特異な歩行障害を呈したGerstmann-Straussler-Scheinker病の31歳男性,
第105回日本神経学会中国・四国地方会, 2018年12月.
5. 鎌田 正紀, 中根 俊成, 松井 尚子, 樋口 理, 酒井 和香, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 松尾 秀徳, 梶 龍兒 :
抗MuSK抗体陽性の眼筋型重症筋無力症,
第28回日本神経免疫学会学術集会, 172, 2016年9月.
6. 松井 尚子, 宮﨑 由道, 大崎 裕亮, 宮城 愛, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 藤田 浩司, 野寺 裕之, 梶 龍兒 :
ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果,
第26回日本神経免疫学会学術集会, 2015年9月.
7. 和泉 唯信, 隅蔵 大幸, 宇髙 不可思, 武内 俊明, 藤田 浩司, 野寺 裕之, 瓦井 俊孝, 村山 繁雄, 梶 龍兒 :
進行性核上性麻痺が先行した筋萎縮性側索硬化症2例の臨床病理学的検討,
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月.
8. 古川 貴大, 松井 尚子, 宮城 愛, 野寺 裕之, 藤田 浩司, 清水 文祟, 宮本 勝一, 高橋 幸利, 神田 隆, 楠 進, 梶 龍兒 :
MMNのサイトカイン・ケモカインプロファイル,
第56日本神経学会学術大会, 2015年5月.
9. 竹内 俊明, 宮本 亮介, 大崎 裕亮, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
弛緩性麻痺と不随意運動を呈した日本脳炎の一例,
第111回 日本内科学会四国地方会, 2014年11月.
10. 沖良 祐, 藤田 浩司, 松井 尚子, 村上 永尚, 宮本 亮介, 宮﨑 由道, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
高齢発症破傷風例の治療経験を通じた本邦破傷風診療に関する提言,
第19回日本神経感染症学会総会, 2014年9月.
11. 大崎 裕亮, 松井 尚子, 葛目 大輔, 藤田 浩司, 野寺 裕之, 尾本 雅俊, 海田 賢一, 和泉 唯信, 神田 隆, 梶 龍兒 :
抗Neurofascin抗体陽性Lewis-Sumner症候群の1例,
第96回 日本神経学会 中国・四国地方会, 2014年6月.
12. 橋口 修二, 足立 克仁, 川村 和之, 有井 敬治, 三ツ井 貴夫, 乾 俊夫, 岡田 稔子, 香川 典子, 藤田 浩司, 梶 龍兒 :
Creutzfeldt-Jacob病の剖検例の検討 -大脳皮質のMRI拡散強調画像と病理所見ー,
第55回日本神経学会学術大会, 2014年5月.
13. 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 森垣 龍馬, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
急性期虚血性脳卒中患者のT2*強調画像所見とその変化,
2014年脳卒中学会総会, 2014年3月.
14. 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 森垣 龍馬, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
急性期虚血性脳卒中患者のT2*強調画像所見とその変化,
第39回日本脳卒中学会総会, 2014年3月.
15. 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 森垣 龍馬, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 原田 雅史 :
主幹動脈閉塞に伴う虚血性脳卒中における3T-MR T2*-weighted image所見とその変化,
第16回徳島脳卒中研究会, 2014年2月.
16. 宮﨑 由道, 宮本 亮介, 宮城 愛, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
塩酸ドネペジルにて歩行障害の改善を見たiNPHの一例,
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 105, 2014年.
17. 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之, 梶 龍兒 :
ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果,
臨床神経学, Vol.54, No.Suppl., S107, 2014年.
18. 宮﨑 由道, 鎌田 正紀, 藤田 浩司, 松井 尚子, 和泉 唯信, 村山 繁雄, 梶 龍兒 :
急激な経過をたどったLymphomatosis cerebriの1例,
第109回 日本内科学会四国地方会, 2013年12月.
19. 藤田 浩司, 湯浅 龍彦, 高橋 幸利, 田中 恵子, 岩崎 靖, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
抗NMDA受容体抗体陽性のCreutzfeldt-Jakob病と免疫関連脳炎の鑑別,
第25回日本神経免疫学会学術集会, 2013年11月.
20. 松井 尚子, 古川 貴大, 藤田 浩司, 宮﨑 由道, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 西田 善彦, 梶 龍兒 :
Fingolimodはrecent thymic emigrantへの影響,
第25回日本神経免疫学会学術集会, 2013年11月.
21. 橋口 修二, 川村 和之, 有井 敬治, 三ツ井 貴夫, 足立 克仁, 藤田 浩司, 梶 龍兒, 香川 典子 :
緩徐進行性の孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病(MM1+2型)の79歳剖検例,
第108回日本内科学会四国地方会, 2013年6月.
22. J Hotchi, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 佐田 政隆, 近藤 剛史, 福森 知治, 藤田 浩司, 寺澤 由佳, 井上 昌幸, H Sato :
原発性副甲状腺機能亢進症・高血圧・糖尿病・脂質異常症に合併した若年性多発性脳梗塞の一例,
第246回徳島医学会学術集会(平成24年度冬期), 2013年2月.
23. 宮﨑 由道, 佐藤 健太, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
早期PD患者のMIBG心筋シンチとwearing-off発症の関連,
臨床神経学, Vol.53, No.12, 1613, 2013年.
24. Toshitaka Kawarai, Mitsuya Morita, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Satoshi Goto, Imaharu Nakano and Ryuji Kaji :
Pathomechanisms of motor neuron death by mutant TFG.,
Clinical Neurology, Vol.23, No.11, 1199, 2013.
(DOI: 10.5692/clinicalneurol.53.1199,   PubMed: 24291928,   Elsevier: Scopus)
25. 香川 耕造, 河野 弘, 藤田 浩司, 村上 永尚, 岸 潤, 埴淵 昌毅, 梶 龍兒, 西岡 安彦 :
MPO-ANCA関連肥厚性硬膜炎の1例,
第107回日本内科学会四国地方会, 2012年12月.
26. 古川 貴大, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 清水 文崇, 宮本 勝一, 高橋 幸利, 神田 隆, 楠 進, 梶 龍兒 :
MMNおよびALSにおけるサイトカイン・プロファイル,
第24回日本神経免疫学会学術集会, 2012年9月.
27. 酒井 和香, 松井 尚子, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 佐藤 健太, 鎌田 正紀, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
50歳以上発症重症筋無力症における臨床像 64歳迄vs65歳以上,
第53回日本神経学会学術大会, 2012年5月.
28. 矢野 祖, 近藤 真代, 河野 弘, 西條 敦郎, 豊田 優子, 柿内 聡司, 岸 潤, 埴淵 昌毅, 西岡 安彦, 古川 貴大, 藤田 浩司 :
神経サルコイドーシスの1例,
第244回徳島医学会学術集会, 2012年2月.
29. 森 剛志, 村松 直美, 犬伏 祥子, 山口 仁孝, 矢野 雅司, 藤田 浩司, 坂口 末廣 :
プリオン蛋白過剰発現誘導性細胞死の分子機構,
第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月.
30. 森 剛志, 村松 直美, 犬伏 祥子, 山口 仁孝, 矢野 雅司, 藤田 浩司, 坂口 末廣 :
プリオン蛋白過剰発現誘導性細胞死の分子機構,
第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生化学会大会合同大会 プリオン蛋白過剰発現誘導性細胞死の分子機構 神戸ポートアイランド, 2010年12月.
31. 村松 直美, 森 剛志, 山口 仁孝, 藤田 浩司, 坂口 末廣 :
A prion protein with familial mutation, PrP-Y145Stop, induces cell death through G2 cell cycle arrest,
第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生化学会大会合同大会 神戸ポートアイランド, 2010年12月.
32. 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 森垣 龍馬, 里見 淳一郎, 梶 龍兒, 永廣 信治 :
3T MRI T2強調画像におけるischemic vessel signsの検討,
第39回日本脳卒中の外科学会, 2010年4月.
33. 宮﨑 由道, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 中村 和己, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
脳小血管病変(SVD)はパーキンソン症状を悪化させる,
臨床神経学, Vol.50, No.12, 1248, 2010年.

その他・研究会:

1. 山本 伸昭, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 山口 泉, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山田 博胤, 木下 肇, 北川 哲也 :
心内巨大血栓に伴う急性期脳梗塞の1例,
第16回徳島脳血管障害カンファレンス, 2014年4月.
2. 梶 龍兒, 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之 :
ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果,
免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 2014年1月.
3. Sakai Waka, Naoko Matsui, Koji Fujita and Ryuji Kaji :
A case of NMO spectrum disorder associated with SIADH,
Sendai Conference 2012, Jul. 2012.
4. 森 剛志, 村松 直美, 山口 仁孝, 犬伏 祥子, 矢野 雅司, 藤田 浩司, 坂口 末廣 :
プリオン蛋白過剰発現により誘導される細胞死の機序,
第26回中国四国ウイルス研究会 岡山大学創立50周年記念館 岡山, 2010年6月.

報告書:

1. 梶 龍兒, 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之 :
ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果,
免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 154-155, 東京, 2014年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ジストニアの安静時機能的ネットワークの解明および白質微細構造情報の統合 (研究課題/領域番号: 20K07868 )
  • ジストニアの白質微細構造ネットワーク (研究課題/領域番号: 19K21302 )
  • プリオン病においてNMDA型グルタミン酸受容体抗体が病態に果たす役割の解明 (研究課題/領域番号: 25860715 )
  • 研究者番号(80601765)による検索