検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児·周産·女性科 > 小児科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 発生発達医学講座 > 小児医学分野 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1802002 食用コオロギの機能性検証と生産システムの社会実装 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Makoto Irahara, Wakako Shinahara, Mayumi Sugimoto, Yukiko Ogawa, Keiji Shitsukawa, Kenji Kubota, Yukihiro Ohya, Hirohisa Saito, Shoji Kagami and Hiroshi Kido :
Ovomucoid-specific IgG4 level in cord blood associates negatively with later sensitization.,
Pediatric Allergy and Immunology, 2019.
(DOI: 10.1111/pai.13116,   PubMed: 31441111)
2. Makoto Irahara, Wakako Shinahara, Mayumi Sugimoto, Yukiko Ogawa, Keiji Shitsukawa, Kenji Kubota, Limin Yang, Yukihiro Ohya, Hirohisa Saito, Shoji Kagami, Kokichi Arisawa and Hiroshi Kido :
Trajectories of class-switching-related egg and cow's milk allergen-specific immunoglobulin isotype formation and its modification by eczema with low- and high-affinity immunoglobulin E during early infancy,
Immunity, Inflammation and Disease, Vol.7, No.2, 74-85, 2019.
(DOI: 10.1002/iid3.245,   PubMed: 30859748,   Elsevier: Scopus)
3. 西川 真理恵, 中瀧 恵実子, 杉本 真弓, 綱野 祐美子, 板垣 大雅, 小野寺 睦雄, 大藤 純, 西村 匡司 :
慢性肺疾患に細気管支炎,重症air leak syndromeを併発し膜型人工肺により救命した一例,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.26, No.3, 195-196, 2019年.
(DOI: 10.3918/jsicm.26_195,   CiNii: 130007641275)
4. Kamenura Norio, Mayumi Sugimoto, Tamehiro Norimasa, Adachi Reiko, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe and Taro Mito :
Cross-allergenicity of crustacean and the edible insect Gryllus bimaculatus in patients with shrimp allergy,
Molecular Immunology, Vol.106, 127-134, 2019.
(DOI: 10.1016/j.molimm.2018.12.015,   PubMed: 30597474)
5. Ayumi Sasaki, Mayumi Sugimoto, Narumi Tokaji, Makoto Irahara, Koichi Okamoto, Hisanori Uehara and Shoji Kagami :
Efficacy of an elimination diet in a patient with eosinophilic gastroenteritis : a pediatric case with multiple food allergies.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 201-204, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113467,   DOI: 10.2152/jmi.66.201,   PubMed: 31064942)
6. Masamichi Ae, Naohiro Imura, Tomoko Inubushi, Shin Abe, Bekki Yusuke, Mayumi Sugimoto and Norio Kamemura :
Biphenyl-induced cytotoxicity is mediated by an increase in intracellular Zn.,
Drug and Chemical Toxicology, 1-6, 2018.
(DOI: 10.1080/01480545.2018.1499771,   PubMed: 30203682,   Elsevier: Scopus)
7. Tomoko Inubushi, Mayumi Sugimoto, Haruka Kunimi, Haruka Hino, Atsushi Tabata, Naohiro Imura, Shin Abe and Norio Kamemura :
Biphenyl increases the intracellular Ca2+ concentration in HL-60 cells,
Fundamental Toxicological Sciences, Vol.5, No.3, 99-103, 2018.
(DOI: 10.2131/fts.5.99)
8. Mayumi Sugimoto, Akemi Ono, Keigo Yada, Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Noriko Niki and Shoji Kagami :
Manifestation of intraoperative anaphylactic shock along with latex allergy:a pediatric case report.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 292-295, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112277,   DOI: 10.2152/jmi.65.292,   PubMed: 30282877,   Elsevier: Scopus)
9. 杉本 真弓, 鈴木 修一, 夏目 統, 荒川 浩一 :
CQ6 小児気管支喘息患者において,急性増悪時にβ2刺激薬をスペーサーを用いてpMDIで反復吸入することはβ2刺激薬吸入液を用いた電動式ネブライザーでの反復吸入と比較しより有用か?,
日本小児アレルギー学会誌, Vol.31, No.3, 326-335, 2017年.
(DOI: 10.3388/jspaci.31.326)
10. Mizuho Nagao, Magnus P. Borres, Mayumi Sugimoto, Carl Johan Petersson, Satoshi Nakayama, Yu Kuwabara, Sawako Masuda, Patrik Dykiel and Takao Fujisawa :
Sensitization to secretoglobin and lipocalins in a group of young children with risk of developing respiratory allergy.,
Clinical and Molecular Allergy : CMA, Vol.15, 4, 2017.
(DOI: 10.1186/s12948-017-0061-8,   PubMed: 28270741)
11. Mayumi Sugimoto, Norio Kamemura, Mizuho Nagao, Makoto Irahara, Shoji Kagami, Takao Fujisawa and Hiroshi Kido :
Differential response in allergen-specific IgE, IgGs and IgA levels for predicting outcome of oral immunotherapy.,
Pediatric Allergy and Immunology, Vol.27, No.3, 276-282, 2016.
(DOI: 10.1111/pai.12535,   PubMed: 26764899,   Elsevier: Scopus)
12. 杉本 真弓, 長尾 みづほ, 近藤 真理, 貝沼 圭吾, 熱田 純, 駒田 幹彦, 藤澤 隆夫 :
鶏卵アレルギー経口負荷試験結果を予測する因子について 病院とクリニックにおける負荷試験症例比較による解析,
日本小児アレルギー学会誌, Vol.27, No.2, 188-195, 2013年.
(DOI: 10.3388/jspaci.27.188)

総説・解説:

1. 杉本 真弓 :
こどもの食物アレルギー:食べて防ぐ, 食べて治す,
四国医学雑誌, Vol.74, No.5-6, 153-158, 2018年12月.
(徳島大学機関リポジトリ: 112981,   CiNii: 120006552364)
2. 木戸 博, 杉本 真弓 :
クラススイッチを基盤に免疫応答をモニターする高性能タンパクチップの臨床応用,
アレルギー, Vol.65, No.6, 764-769, 2016年.
(DOI: 10.15036/arerugi.65.764,   PubMed: 27439579,   CiNii: 130005166055)
3. 木戸 博, 杉本 真弓, 亀村 典生, 窪田 賢司, 鈴木 宏一 :
クラススイッチを基盤に免疫環境と免疫応答をモニターする高性能タンパクチップの臨床応用,
臨床免疫·アレルギー科, Vol.64, No.5, 488-494, 2015年11月.

国際会議:

1. Mayumi Sugimoto, Norio Kamemura, Suzuki Koichi, Kubota Kenji, Nagao Mizuho, Fujisawa Takao, Shoji Kagami and Hiroshi Kido :
Analysis of Allergen-Specific Immunoglobulin in Rush Oral Immunotherapy for Severe Food Allergy by a Highly Sensitive Allergen Microarray,
European Academy of Allergy and Clinical Immunology Congress 2014, Jun. 2014.
2. Mayumi Sugimoto, Nagao Mizuho, Tanaka Akira, Önell Annica, Borres P. Magnus and Fujisawa Takao :
Early sensitization to dog and cat in a cohort of food allergic infants,
European Academy of Allergy and Clinical Immunology & World Allergy Organization, World Allergy & Asthma Congress 2013, Jun. 2013.

国内講演発表:

1. 杉本 真弓, 山田 進一, 七條 光市, 久原 孝, 田中 宏実, 田口 義行, 市岡 隆男, 田山 正伸 :
徳島県における小児アレルギー疾患管理システムと行政・学校との連携,
第56回日本小児アレルギー学会学術集会, 2019年11月.
2. 七條 光市, 山田 進一, 杉本 真弓, 久原 孝, 田中 宏実, 田口 義行, 市岡 隆男, 田山 正伸 :
徳島県における小児食物アレルギー診療に関するアンケート調査,
第56回日本小児アレルギー学会学術大会, 2019年11月.
3. 本間 友佳子, 早渕 康信, 杉本 真弓, 須賀 健一, 香美 祥二, 井本 逸勢 :
肺高血の進行を来した心房中隔欠損(小欠損孔) を伴う Inflammatory skin and bowel disease, neonatal, 1 (NISBD1) 疑いの一例,
PH-CHDミーティング, 2019年8月.
4. 杉本 真弓, 香美 祥二 :
抗原特異的IgEクラス5,6症例における食物経口負荷試験の検討,
第68回日本アレルギー学会学術大会, 2019年6月.
5. 杉本 真弓, 香美 祥二 :
抗原特異的IgEクラス5,6症例における食物経口負荷試験の検討,
第70回中国四国小児科学会, 2018年11月.
6. 佐々木 亜由美, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
当院で実施した少量経口負荷試験に関する検討,
第149回日本小児科学会徳島地方会, 2017年12月.
7. 木戸 博, 苛原 誠, 品原 和加子, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
生後6ヵ月までの母乳栄養児と人工乳栄養児の抗原摂取量の違いを背景とした湿疹誘発IgEクラススイッチパターンの違い,
第54回日本小児アレルギー学会学術大会, 2017年11月.
8. 佐々木 亜由美, 杉本 真弓, 戸梶 成美, 苛原 誠, 寺田 知正, 香美 祥二 :
6種除去療法が有用であった好酸球性胃腸炎の1例,
第54回日本小児アレルギー学会学術大会, 2017年11月.
9. 苛原 誠, 佐々木 陽平, 品原 和加子, 杉本 真弓, 香美 祥二, 木戸 博 :
乳児期におけるイムノグロブリンクラススイッチの進展と抗原親和性,
第66回日本アレルギー学会学術大会, 2017年6月.
10. 杉本 真弓, 苛原 誠, 香美 祥二 :
鶏卵少量負荷試験とその後の摂取状況に関する検討,
第66回日本アレルギー学会学術大会, 2017年6月.
11. 戸梶 成美, 苛原 誠, 杉本 真弓, 佐々木 亜由美, 寺田 知正, 香美 祥二 :
大豆が原因と考えられた好酸球性胃腸炎の一例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
12. 苛原 誠, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
多抗原の食物除去が身体発育に与える影響,
第53回日本小児アレルギー学会, 2016年10月.
13. 苛原 誠, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
多抗原の食物除去が身体発育に与える影響,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
14. 桑原 優, 長尾 みづほ, 伊藤 卓洋, 平山 淳也, 貝沼 圭吾, 杉本 真弓, 藤澤 隆夫 :
重症食物アレルギー児に対する経口免疫療法の長期経過について,
第65回日本アレルギー学会学術大会, 2016年6月.
15. 苛原 誠, 佐々木 陽平, 品原 和加子, 杉本 真弓, 香美 祥二, 木戸 博 :
0-6ヵ月乳児のアレルゲン特異的抗体価イムノグロブリンクラススイッチの検討,
第65回日本アレルギー学会学術大会, 2016年6月.
16. 苛原 誠, 佐々木 陽平, 品原 和加子, 杉本 真弓, 香美 祥二, 木戸 博 :
乳児期の卵白アレルゲン特異的IgE抗体の低から高親和性変化の検討,
第65回日本アレルギー学会学術大会, 2016年6月.
17. 苛原 誠, 松本 苑美, 杉本 真弓, 森 一博, 香美 祥二 :
著明な体重減少,低蛋白血症,電解質異常を呈したアトピー性皮膚炎の乳児例,
第119回日本小児科学会学術集会, 2016年5月.
18. 杉本 真弓, 苛原 誠, 香美 祥二 :
当院における鶏卵負荷試験症例に関する検討,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
19. 苛原 誠, 本間 友佳子, 松崎 苑美, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
呼気性喘鳴を伴う急性呼吸不全に対してHigh flow nasal cannulaを使用した3例,
第52回日本小児アレルギー学会, 2015年11月.
20. 杉本 真弓, 本間 友佳子, 松崎 苑美, 苛原 誠, 香美 祥二 :
呼気性喘鳴を伴う急性呼吸不全に対するHigh flow nasal cannulaの使用経験,
第27回四国小児アレルギー研究会, 2015年6月.
21. 苛原 誠, 杉本 真弓, 香美 祥二, 松本 苑美, 森 一博 :
著明な体重増加不良,低蛋白血症,電解質異常を呈したアトピー性皮膚炎の乳児例,
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
22. 桑原 優, 長尾 みづほ, 杉本 真弓, 藤澤 隆夫 :
アトピー性皮膚炎/食物アレルギー児の乳幼児期ペット感作について,
第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年5月.
23. 杉本 真弓, 亀村 典生, 長尾 みづほ, 香美 祥二, 藤澤 隆夫, 木戸 博 :
急速経口免疫療法における抗原特異的IgGおよびIgAと予後に関する検討,
第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年5月.
24. 阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 木下 肇, 北市 隆, 北川 哲也 :
急激な循環不全を呈し,慢性期に拡張型心筋症へ移行した急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第29回日本小児循環器学会近畿中四国地方会, 2015年3月.
25. 阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 木下 肇, 北市 隆, 北川 哲也 :
急激な循環不全を呈し,慢性期に拡張型心筋症へ移行した急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第29回日本小児循環器学会近畿中四国地方会, 2015年3月.
26. 杉本 真弓, 山田 進一, 市岡 隆男, 榎本 新也, 田口 義行, 田中 宏実, 久原 孝, 七條 光市, 苛原 誠, 田山 正伸, 香美 祥二 :
徳島県における食物アレルギー対応の現状と今後の取り組みについて,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
27. 杉本 真弓, 小野 朱美, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 神邊 紀子, 香美 祥二 :
術中のアナフィラキシーショックを契機に診断したラテックスアレルギーの1例,
第66回 中国四国小児科学会, 2014年11月.
28. 田端 祐一, 池田 久嗣, 貝沼 圭吾, 平沼 淳也, 長尾 みづほ, 藤澤 隆夫, 杉本 真弓, 冨樫 健二 :
適切な抗炎症治療による小児気管支喘息患者の身体活動性向上に関する研究 ライフコーダEXによる客観評価の妥当性,
第51回日本小児アレルギー学会, 2014年11月.
29. 林 大輔, 立元 千帆, 今村 直人, 北條 菜穂, 今井 孝成, 野村 伊知郎, 堀向 健太, 大矢 幸弘, 苛原 誠, 杉本 真弓, 新垣 洋平, 松本 健治 :
乳による誘発の既往が無いSolid FPIESの感作経路に関する検討,
第51回日本小児アレルギー学会, 2014年11月.
30. 杉本 真弓, 長尾 みづほ, 藤澤 隆夫, 香美 祥二 :
シンポジウム 気道アレルギー発症予防の戦略(AD/FA,鼻炎からの喘息進展阻止),
第51回日本小児アレルギー学会, 2014年11月.
31. 阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
拡張型心筋症へ移行した急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第23回日本小児心筋疾患学会, 2014年10月.
32. 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 阪田 美穂, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 渡邊 浩良, 早渕 康信, 香美 祥二 :
激症型心筋炎を来した特発性好酸球増多症の一例,
第142回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
33. 阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
経皮的心肺補助が必要であった急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第63回徳島心エコー図研究会, 2014年5月.
34. 杉本 真弓, 亀村 典生, 鈴木 宏一, 窪田 賢司, 長尾 みづほ, 藤澤 隆夫, 香美 祥二, 木戸 博 :
高感度定量測定法による,急速経口免疫療法における抗原特異的免疫グロブリンの検討,
第26回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2014年5月.
35. 杉本 真弓, 長尾 みづほ, 近藤 真理, 山下 敦士, 平山 淳也, 貝沼 圭吾, 藤澤 隆夫 :
食物アレルギー急速経口免疫療法の長期経過,
第63回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2013年11月.
36. 杉本 真弓 :
食物アレルギー診療におけるトピックス; 診断から積極的摂取まで,
第184回徳島県小児科医会学術講演会, 2013年9月.
37. 杉本 真弓, 長尾 みづほ, 近藤 真理, 貝沼 圭吾, 徳田 玲子, 田中 昭, 藤澤 隆夫 :
食物アレルギー/アトピー性皮膚炎を持つ乳幼児コホートにおけるペット感作率の検討,
第25回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2013年5月.

その他・研究会:

1. 杉本 真弓 :
徳島県における食物アレルギー対応の現状と課題,
Food Allergy & Anaphylaxis Regional Expert Forum in CHUSHIKOKU, 2019年6月.
2. 佐々木 亜由美, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
重症呼吸器感染にECMO導入を要した気管支喘息の一例,
第30回四国小児アレルギー研究会, 2018年9月.
3. 佐々木 亜由美, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
重症呼吸器感染にECMO導入を要した気管支喘息の一例,
第150回日本小児科学会徳島地方会, 2018年6月.
4. 戸梶 成美, 苛原 誠, 杉本 真弓, 佐々木 亜由美, 寺田 知正, 香美 祥二 :
大豆が原因と考えられた好酸球性胃腸炎の一例,
第29回四国小児アレルギー研究会, 2017年6月.
5. 杉本 真弓, 苛原 誠, 森 一博, 七條 光市, 香美 祥二 :
徳島県における小児の喘息発作入院の状況,
第28回四国小児アレルギー研究会, 2016年6月.
6. 杉本 真弓 :
食物アレルギー児も安心して学校生活を送るために;徳島県での取り組み,
第26回四国小児アレルギー研究会, 2014年6月.
7. 杉本 真弓 :
小児気管支喘息最近の話題 -よりよいコントロールを目指して-,
第20回徳島小児アレルギー研究会, 2014年2月.
8. 杉本 真弓, 小野 朱美, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 神邊 紀子 :
術中のアナフィラキシーショックを契機に診断した,ラテックスアレルギーの1例,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
9. 杉本 真弓, 長尾 みづほ, 藤澤 隆夫 :
小児気管支喘息の発症・進展に及ぼす鼻アレルギーの影響に関する前向きコホート研究:中間報告,
第25回四国小児アレルギー研究会, 2013年5月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 食物アレルギー早期寛解治療の開発に向けた皮膚バリア機能・炎症・掻痒との相関解析 (研究課題/領域番号: 19K17365 )
  • 経口免疫療法が抗原特異的免疫グロブリンのクラススイッチと質変化に与える影響と予後 (研究課題/領域番号: 16K19648 )
  • 研究者番号(20771314)による検索