検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 統合医薬創製科学系 > 有機合成薬学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704034 高齢化社会に対応する「虚弱」の評価・治療モダリティーの創出 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (選定) > 1703015 不良土壌を緑地化する革新的農薬PDMAの実用化に関する研究 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 医薬資源学講座 (医薬創薬教育研究センター) > 有機合成薬学 >

研究活動

専門分野

有機合成化学 (Synthetic Organic Chemistry)
天然物有機化学
ケミカルバイオロジー (Chemical Biology)

研究テーマ

高次構造天然有機化合物の全合成研究 (全合成, 生物活性天然物)
イネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する有機化学的研究 (ムギネ酸, 実用的合成)
新規機能性蛍光分子の開発と応用 (トリアザペンタレン)

著書・論文

著書:

1.土川 博史, 難波 康祐, 中尾 佳亮, 田中 克典 :
第12章 機器分析による分析,
丸善出版株式会社, 2015年11月.
2.難波 康祐, 谷野 圭持 :
Click 反応を利用した小型蛍光分子の合成,
2014年8月.
3.早川 一郎, 難波 康祐 :
野崎—檜山—岸反応(NHK)反応,
化学同人, 2011年10月.

学術論文(審査論文):

1.Tsukiho Hayashi, Ayumi Osawa, Takehiro Watanabe, Yoshiko Murata, Atsushi Nakayama and Kosuke Namba :
Development of 1,3a,6a-triazapentalene-labeled enterobactin as a fluorescence quenching sensor of iron ion,
Tetrahedron Letters, Vol.58, No.20, 1961-1964, 2017.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.04.011)
2.Mera Akane, Ito Masami, Atsushi Nakayama and Kosuke Namba :
Synthesis of 2,6-Disubstituted-1,3a,6a-Triazapentalenes and Their Fluorescence Properties,
Chemistry Letters, Vol.46, No.4, 539-542, 2017.
(DOI: 10.1246/cl.170078)
3.Erisa Harada, Kenji Sugase, Kosuke Namba and Yoshiko Murata :
The helical propensity of the extracellular loop is responsible for the substrate specificity of Fe(III)-phytosiderophore transporters.,
FEBS Letters, Vol.590, No.24, 4617-4627, 2016.
(DOI: 10.1002/1873-3468.12482,   PubMed: 27861811)
4.Jun-ichi Sawada, Ayumi Osawa, Tomoki Takeuchi, Masato Kaneda, Shinya Oishi, Nobutaka Fujii, Akira Asai, keiji Tanino and Kosuke Namba :
Functional 1,3a,6a-triazapentalene scaffold: Design of fluorescent probes for kinesin spindle protein (KSP),
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.26, No.23, 5765-5769, 2016.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2016.10.047,   PubMed: 27793568)
5.Rui Kamada, Fumi Tano, Fuki Kudoh, Nozomi Kimura, Yoshiro Chuman, Ayumi Osawa, Kosuke Namba, Keiji Tanino and Kazuyasu Sakaguchi :
Effective Cellular Morphology Analysis for Differentiation Processes by a Fluorescent 1,3a,6a-Triazapentalene Derivative Probe in Live Cells,
PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0160625, 2016.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0160625,   PubMed: 27490470)
6.Masahiro Yoshida, Ohno Shoko, Eguchi Sayaka, Mizuguchi Tomotaka and Kosuke Namba :
Direct cyclization of 1,3-diaryl propargylic alcohols with dicarbonyl compounds by palladium-boric acid dual-catalyst system,
Tetrahedron, Vol.72, No.36, 5633-5639, 2016.
(DOI: 10.1016/j.tet.2016.07.055)
7.Takeuchi Kohei, Atsushi Nakayama, Tanino Keiji and Kosuke Namba :
Facile Guanidine Formation under Mild Acidic Conditions,
Synlett, Vol.27, No.18, 2591-2596, 2016.
(DOI: 10.1055/s-0035-1562478)
8.Atsushi Nakayama, Nishio Satoshi, Otani Akira, Mera Akane, Osawa Ayumi, Tanino keiji and Kosuke Namba :
Substituent Effect at C4-Position of 1,3a,6a-Triazapentalene,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 830-837, 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c16-00196,   PubMed: 27373639,   Elsevier: Scopus)
9.Masahiro Yoshida, Asuka Kobayashi, Atsushi Nakayama and Kosuke Namba :
Synthesis of functionalized 2,3-dihydropyrroles by oxidative radical cyclization of N-Sulfonyl β-enamino esters with alkenes,
Tetrahedron, Vol.72, No.20, 2544-2551, 2016.
(DOI: 10.1016/j.tet.2016.03.055,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
10.Kosuke Namba, Kohei Takeuchi, Yukari Kaihara, Masataka Oda, Akira Nakayama, Atsushi Nakayama, Masahiro Yoshida and Keiji Tanino :
Total synthesis of palau'amine,
Nature Communications, Vol.6, 8731, 2015.
(DOI: 10.1038/ncomms9731,   PubMed: 26530707,   Elsevier: Scopus)
11.Miki Shibata, Ryuichi Fuchigami, Ryota Kotaka, Keiji Tanino and Kosuke Namba :
Acid-catalyzed [4+3] cycloaddition reaction of N-nosyl pyrroles,
Tetrahedron, Vol.71, No.26-27, 4495-4499, 2015.
(DOI: 10.1016/j.tet.2015.02.071,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
12.Yoshiko Murata, Yoshiyuki Ito, Takashi Iwashita and Kosuke Namba :
Transgenic Petunia with the Iron(III)-Phytosiderophore Transporter Gene Acquires Tolerance to Iron Deficiency in Alkaline Environments,
PLoS ONE, Vol.10, No.3, e0120227, 2015.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0120227,   PubMed: 25781941,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
13.Kosuke Namba, Ayumi Osawa, Akira Nakayama, Akane Mera, Fumi Tano, Yoshiro Chuman, Eri Sakuda, Tetsuya Taketsugu, Kazuyasu Sakaguchi, Noboru Kitamura and Keiji Tanino :
Synthesis of Yellow and Red Fluorescent 1,3a,6a-Triazapentalenes and the Theoretical Investigation of Their Optical Properties.,
Chemical Science, Vol.6, No.2, 1083-1093, 2015.
(DOI: 10.1039/C4SC02780A,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
14.Ryoichi Araki, Kayoko Kousaka, Kosuke Namba, Yoshiko Murata and Jun Murata :
2'-Deoxymugineic acid promotes growth of rice (Oryza sativa L.) by orchestrating iron and nitrate uptake processes under high pH conditions,
The Plant Journal : for Cell and Molecular Biology, Vol.81, No.2, 233-246, 2015.
(DOI: 10.1111/tpj.12722,   PubMed: 25393516,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
15.Masahiro Yoshida, Tomotaka Mizuguchi and Kosuke Namba :
One-pot synthesis of tri- and tetrasubstituted pyridines by sequential ring-opening-cyclization-oxidation reaction of N-arylmethyl 3-aziridinylpropiolate esters,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.53, No.52, 14550-14554, 2014.
(DOI: 10.1002/anie.201409015,   PubMed: 25353377)
16.Kosuke Namba, Yoshihiro Shobo, Kazuki Fujimoto, Isamu Shoji, Masahiro Yoshida and Keiji Tanino :
N-Acyl-N-tosylhydrazine as a Synthon To Construct Tetrasubstituted Carbon Centers Possessing a Nitrogen Group,
European Journal of Organic Chemistry, Vol.2014, No.24, 5196-5203, 2014.
(DOI: 10.1002/ejoc.201402650,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
17.Masahiro Yoshida, Tomoyo Kasai, Tomotaka Mizuguti and Kosuke Namba :
Total synthesis of (-)-HM-3 and (-)-HM-4 utilizing a palladium-catalyzed addition of an arylboronic acid to an allenic alcohol-Eschenmoser-Claisen rearrangement,
Synlett, Vol.25, No.8, 1160-1162, 2014.
(DOI: 10.1055/s-0033-1341059,   CiNii: 120005597235,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
18.Masahiro Yoshida, Kouki Kinoshita and Kosuke Namba :
Synthesis of functionalized 2-vinyl-2,3-dihydropyrroles and 3-methylene-1,2,3,4-tetrahydropyridines by palladium-catalyzed cyclization of ß-enaminocarbonyl compounds with allylic bisacetates,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.15, 2394-2403, 2014.
(DOI: 10.1039/C3OB42510J,   PubMed: 24595409,   CiNii: 120005597011,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
19.Masahiro Yoshida, Shoko Ohno and Kosuke Namba :
Synthesis of substituted tetrahydrocyclobuta[b]benzofurans by palladium-catalyzed domino substitution-[2+2] cycloaddition of propargylic carbonates with 2-vinylphenols,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.52, No.51, 13597-13600, 2013.
(DOI: 10.1002/anie.201306903,   PubMed: 24174159)
20.Ayumi Osawa, Akane Mera, Kosuke Namba and Keiji Tanino :
Transformations of 1-(Oxiranylmethyl)-1,2,3-triazoles into 2-(Oxiranylmethyl)-1,2,3-triazoles and Alkanenitriles.,
Synlett, Vol.24, No.2, 207-210, 2013.
(DOI: 10.1055/s-0032-1317937,   Elsevier: Scopus)
21.Yasufumi Ohfune, Kentaro Oe, Kosuke Namba and Tetsuro Shinada :
Total Synthesis of Manzacidins. An Overview and Perspective,
Heterocycles, Vol.85, No.11, 2617-2649, 2012.
(DOI: 10.3987/REV-12-746,   CiNii: 40019465282,   Thomson Reuters: Web of Science™)
22.Ryuichi Fuchigami, Kosuke Namba and Keiji Tanino :
Concise [4+3] cycloaddition reaction of pyrroles leading to tropinone derivatives,
Tetrahedron Letters, Vol.53, No.43, 5725-5728, 2012.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2012.07.130,   CiNii: 120004883875)
23.Kosuke Namba, Akane Mera, Ayumi Osawa, Eri Sakuda, Noboru Kitamura and Keiji Tanino :
One-pot Synthesis of Highly Fluorescent 2,5-Disubstituted-1,3a,6a-triazapentalene.,
Organic Letters, Vol.14, No.21, 5554-5557, 2012.
(DOI: 10.1021/ol302668y,   PubMed: 23072579,   Thomson Reuters: Web of Science™)
24.Kosuke Namba, Michika Kanaki, Hiroki Suto, Mugio Nishizawa and Keiji Tanino :
Hg(OTf)2-Catalyzed Vinylogous Semi-Pinacol Rearrangement Leading to 1,4-Dihydroquinolines.,
Organic Letters, Vol.14, No.5, 1222-1225, 2012.
(DOI: 10.1021/ol2034492,   PubMed: 22339178)
25.Hirofumi Yamamoto, N. Yamasaki, S. Yoshidome, Ikuo Sasaki, Kosuke Namba, Hiroshi Imagawa and Mugio Nishizawa :
Carbon-Nitrogen Bond Formation Between Allyl Silyl Ether and Hydrazide Promoted by Mercuric Triflate Catalyst.,
Synlett, Vol.23, No.7, 1069-1073, 2012.
(DOI: 10.1055/s-0031-1290758,   Thomson Reuters: Web of Science™)
26.Kosuke Namba, Ayumi Osawa, Shoji Ishizaka, Noboru Kitamura and Keiji Tanino :
Direct Synthesis of Fluorescent 1,3a,6a-Triazazapentalene Derivatives via Click-Cyclization-Aromatization Cascade Reaction.,
Journal of the American Chemical Society, Vol.133, No.30, 11466-11469, 2011.
(DOI: 10.1021/ja203917r,   PubMed: 21736311,   Thomson Reuters: Web of Science™)
27.Kosuke Namba, Kaori Kobayashi, Yoshiko Murata, Hiroko Hirakawa, T. Yamagaki, Takashi Iwashita, Mugio Nishizawa, Shoichi Kusumoto and Keiji Tanino :
Mugineic acid derivatives as molecular probes for the mechanistic elucidation of iron acquisition in barley.,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.49, No.51, 9956-9959, 2010.
(DOI: 10.1002/anie.201004853,   PubMed: 21108292)
28.Kosuke Namba, Makoto Inai, Uta Sundermeier and Robert M. Williams :
Synthetic Studies on Palauamine. Construction of the Cyclopentane Core via an Asymmetric [1,3]-Dipolar Cycloaddition.,
Tetrahedron Letters, Vol.51, 6557-6559, 2010.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.10.037,   PubMed: 21286237)
29.難波 康祐 :
生物活性天然有機化合物の機能解明を指向した実践的合成手法の開発,
有機合成化学協会誌, Vol.68, 1249-1260, 2010年.
(DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.68.1249,   CiNii: 10027409394,   Thomson Reuters: Web of Science™)
30.Hirofumi Yamamoto, Elizabeth Ho, Kosuke Namba, Hiroshi Imagawa and Mugio Nishizawa :
Hg(OTf)2-BINAPHANE-Catalyzed Enantioselective Anilino Sulfonamide Allyl Alcohol Cyclization.,
Chemistry - A European Journal, Vol.16, No.37, 11271-11274, 2010.
(DOI: 10.1002/chem.201001656,   PubMed: 20730843,   Thomson Reuters: Web of Science™)
31.Mugio Nishizawa, Shinya Shiomi, Daiki Odate, Ikuo Sasaki, Kosuke Namba, Hirofumi Yamamoto and Hiroshi Imagawa :
Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization of Aryl- and Hetero- Substituted 1,3-Dienes.,
Chemistry Letters, Vol.39, No.8, 830-831, 2010.
(DOI: 10.1246/cl.2010.830,   CiNii: 10027183656,   Thomson Reuters: Web of Science™)
32.Kosuke Namba and Yoshiko Murata :
Toward Mechanistic Elucidation of Iron Acquisition in Barley: Efficient Synthesis of Mugineic Acids and Their Transport Activities.,
Chemical Record, Vol.10, No.2, 140-150, 2010.
(DOI: 10.1002/tcr.200900028,   PubMed: 20354995)
33.Kosuke Namba, Isamu Shoji, Mugio Nishizawa and Keiji Tanino :
4-Aminopyridines-Catalyzed Direct and Regioselective Acylation of N-Tosylhydrazide,
Organic Letters, Vol.11, No.21, 4970-4973, 2009.
(DOI: 10.1021/ol9021194,   PubMed: 19795873)
34.Kosuke Namba, Yukari Kaihara, Hirofumi Yamamoto, Hiroshi Imagawa, Keiji Tanino, Robert M. Williams and Mugio Nishizawa :
Toward Palauamine; Hg(OTf)2-Catalyzed Synthesis of Cyclopentane Core.,
Chemistry - A European Journal, Vol.15, No.27, 6560-6563, 2009.
(DOI: 10.1002/chem.200900622,   PubMed: 19492366,   Thomson Reuters: Web of Science™)
35.C-L. Chen, Kosuke Namba and Yoshito Kishi :
Attempts to Improve the Overall Stereoselectivity of Ireland-Claisen Rearrangement,
Organic Letters, Vol.11, No.2, 409-412, 2009.
(DOI: 10.1021/ol8027225,   PubMed: 19128191)
36.Mugio Nishizawa, T. Takemoto, Ikuo Sasaki, Mayo Nakano, Elizabeth Ho, Kosuke Namba, Hirofumi Yamamoto and Hiroshi Imagawa :
Hg(OTf)2-Catalyzed Instantaneous Hydration of β- and δ-Hydroxy Internal Alkynes with Complete Regioselectivity,
Synlett, 1175-1179, 2009.
(DOI: 10.1055/s-0028-1088153)
37.Hirofumi Yamamoto, Ikuo Sasaki, Y Hirai, Kosuke Namba, Hiroshi Imagawa and Mugio Nishizawa :
Silaphenylmercuric Triflate-Catalyzed Reactions: The First Solid Supported Mercuric Salt Catalyst.,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.48, 1244-1247, 2009.
(DOI: 10.1002/anie.200804641,   PubMed: 19137523,   Thomson Reuters: Web of Science™)
38.Kosuke Namba, Hirofumi Yamamoto, Ikuo Sasaki, Kumiko Mori, Hiroshi Imagawa and Mugio Nishizawa :
Hg(OTf)2-Catalyzed Arylene Cyclization.,
Organic Letters, Vol.10, No.9, 1767-1770, 2008.
(DOI: 10.1021/ol800450x,   PubMed: 18396886)
39.Hiroshi Imagawa, Atsushi Kinoshita, Hirofumi Yamamoto, Kosuke Namba and Mugio Nishizawa :
Efficient Glycosylation Using ODS Adsorption Method Based on the Affinity of Long Alkoxybenzyl Glycoside.,
Synlett, 1981-1984, 2008.
(DOI: 10.1055/s-2008-1077948,   Thomson Reuters: Web of Science™)
40.Kosuke Namba, Yuki Nakagawa, Hirofumi Yamamoto, Hiroshi Imagawa and Mugio Nishizawa :
Hg(OTf)2-Catalyzed Cyclization of N-Tosylanilinoallylic Alcohols to 2-Vinylindolines,
Synlett, Vol.11, 1719-1723, 2008.
(DOI: 10.1055/s-2008-1077881)
41.Yoshiko Murata, Emiko Harada, Kenji Sugase, Kosuke Namba, Manabu Horikawa, J.-F. Ma, Nahoko Yamaji, D. Ueno, Kyosuke Nomoko, Takashi Iwashita and Shoichi Kusumoto :
A specific transporter for iron (III)-phytosiderophore complex involved iron acquisition by bareley roots.,
Pure and Applied Chemistry, Vol.80, No.12, 2689-2697, 2008.
(DOI: 10.1351/pac200880122689)
42.Mugio Nishizawa, Hiroko Hirakawa, Yuki Nakagawa, Hirofumi Yamamoto, Kosuke Namba and Hiroshi Imagawa :
Virtually Complete E-Selective -Unsaturated Ester Synthesis by Hg(OTf)2-Catalyzed Hydration of sec-Ethoxyalkynyl Acetate.,
Organic Letters, Vol.9, No.26, 5577-5580, 2007.
(DOI: 10.1021/ol702548r,   PubMed: 18041847)
43.Hirofumi Yamamoto, G. Pandey, Yumiko Asai, Mayo Nakano, Atsushi Kinoshita, Kosuke Namba, Hiroshi Imagawa and Mugio Nishizawa :
Catalytic Activation of the Leaving Group in the SN2 Reaction.,
Organic Letters, Vol.9, No.20, 4029-4032, 2007.
(DOI: 10.1021/ol701737x,   PubMed: 17764194,   Thomson Reuters: Web of Science™)
44.Emiko Harada, Kenji Sugase, Kosuke Namba, Takashi Iwashita and Murata Yoshiko :
Structural element responsible for the Fe(III)-specific transport as phytosiderophore complex by HvYS1 transporter of barley.,
FEBS Letters, Vol.581, No.22, 4298-4302, 2007.
(DOI: 10.1016/j.febslet.2007.08.011,   PubMed: 17707820)
45.Tetsuro Shinada, Eijiro Ikebe, Kentaro Oe, Kosuke Namba, Masanori Kawasaki and Yasufumi Ohfune :
Synthesis and Absolute Structure of Manzacidin B,
Organic Letters, Vol.9, No.9, 1765-1767, 2007.
(DOI: 10.1021/ol0704789,   PubMed: 17411060)
46.Kosuke Namba, Yoshiko Murata, Manabu Horikawa, Takashi Iwashita and Shoichi Kusumoto :
A Practical Synthesis of a Phytosiderophore 2-Deoxymugineic Acid. A Key to the Mechanistic Study of Iron Acquisition by Graminaceous Plants,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.46, No.37, 7060-7063, 2007.
(DOI: 10.1002/anie.200702403,   PubMed: 17691091,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
47.Mugio Nishizawa, Tomoaki Iyenaga, Takahiro Kurisaki, M. Sharfuddin, Kosuke Namba, Hiroshi Imagawa, Y. Shizuri and Y. Matsuo :
Total synthesis and morphogenesis-inducing activity of (±)-thallusin and its analogues.,
Tetrahedron Letters, Vol.48, No.24, 4229-4233, 2007.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2007.04.075)
48.Tetsuro Shinada, Tadashi Kawakami, Hiroshi Sakai, Hiromi Matsuda, Taiki Umezawa, Masanori Kawasaki, Kosuke Namba and Yasufumi Ohfune :
On the Stereoselectivity of Asymmetric Strecker Synthesis in a Cyclohexane System: Synthesis of Optically Active Cis- and Trans-1-amino-2-hydroxycyclohexane-1-carboxylic Acids.,
Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.79, No.5, 768-774, 2006.
(DOI: 10.1246/bcsj.79.768,   CiNii: 10017499016)
49.Kosuke Namba, J. Wang, S. Cui and Yoshito Kishi :
Surprisingly Efficient Catalytic Cr-Mediated Coupling Reactions.,
Organic Letters, Vol.7, No.24, 5421-5425, 2005.
(DOI: 10.1021/ol052085k,   PubMed: 16288521)
50.Kosuke Namba, S. Cui, J. Wang and Yoshito Kishi :
A New Method for Translating the Asymmetric Ni/Cr-Mediated Coupling Reactions from Stoichiometric to Catalytic.,
Organic Letters, Vol.7, No.24, 5417-5419, 2005.
(DOI: 10.1021/ol052084s,   PubMed: 16288520)
51.Kosuke Namba and Yoshito Kishi :
Catalytic Ni/Cr-Mediated Macrocyclization without Use of High-Dilution Techniques.,
Journal of the American Chemical Society, Vol.127, 15382-15383, 2005.
(DOI: 10.1021/ja055966v,   PubMed: 16262397,   Thomson Reuters: Web of Science™)
52.Kosuke Namba and Yoshito Kishi :
New Catalytic Cycle for Couplings of Aldehydes with Organochromium Reagents.,
Organic Letters, Vol.6, No.26, 5031-5033, 2004.
(DOI: 10.1021/ol047661b,   PubMed: 15606128)
53.Kosuke Namba, H.-S. Jun and Yoshito Kishi :
A Simple but Remarkably Effective Device for Forming the C8-C14 Polycyclic Ring System of Halichondrin B.,
Journal of the American Chemical Society, Vol.126, No.25, 7770-7771, 2004.
(DOI: 10.1021/ja047826b,   PubMed: 15212512)
54.Yasufumi Ohfune, Takashi Demura, Seiji Iwama, Hiromi Matsuda, Kosuke Namba, Keiko Shimamoto and Tetsuro Shinada :
Stereocontrolled Synthesis of a Potent Agonist of Group II Metaabolropic Glutamate Receptors, (+)-LY354740, and its Related derivatives.,
Tetrahedron Letters, Vol.44, No.29, 5431-5434, 2003.
(DOI: 10.1016/S0040-4039(03)01316-9)
55.Masanori Kawasaki, Kosuke Namba, Hidekazu Tsujishima, Tetsuro Shinada and Yasufumi Ohfune :
Efficient Synthesis of Optically Active α-Substituted Glutamate Analogs Possessing α-Hydroxymethyl and α-Alkoxymethyl Groups.,
Tetrahedron Letters, Vol.44, No.6, 1235-1238, 2003.
(DOI: 10.1016/S0040-4039(02)02810-1)
56.Kakako Konoike, Kosuke Namba, Tetsuro Shinada, Kazuhiko Sakaguchi, G. C. Papavassiliou, Keizo Murata and Yasufumi Ohfune :
Efficient Synthesis of EDO-S,S-DMEDT-TTF, a Potent Organic-Donor for Syntheti Metals.,
Synlett, 1476-1478, 2001.
(Elsevier: Scopus)
57.Kosuke Namba, Masanori Kawasaki, Ichinori Takada, Seiji Iwama, Masashi Izumida, Tetsuro Shinada and Yasufumi Ohfune :
Novel and Efficient Transformation of -Amino Nitrile to -Imino and -Amide Nitriles in Asymmetric Strecker Synthesis.,
Tetrahedron Letters, Vol.42, 3733-3736, 2001.
(DOI: 10.1016/S0040-4039(01)00551-2,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
58.Kosuke Namba, Tetsuro Shinada, Toshiyuki Teramoto and Yasufumi Ohfune :
Total Synthesis and Absolute Structure of Manzacidin A and C.,
Journal of the American Chemical Society, Vol.112, 10708-10709, 2000.
(DOI: 10.1021/ja002556s,   Elsevier: Scopus)
59.Yasufumi Ohfune, Kosuke Namba, Ichinori Takada, Toshiyuki Kan and Manabu Horikawa :
Asymmetric synthesis of 5- and 6-Membered Carbocyclic Serine Analogs via an Intramolecular Strecker Synthesis.,
Chirality, No.9, 459-462, 1997.

総説・解説:

1.大澤 歩, 難波 康祐 :
小型蛍光発色団1,3a,6a-Triazapentalene,
社団法人日本化学会生体機能関連化学部会, Vol.29, 11-14, 2015年3月.
2.難波 康祐 :
実践的合成研究を基盤としたイネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する研究,
ファルマシア, Vol.50, No.4, 305-309, 2014年4月.
3.難波 康祐 :
ムギネ酸類の実用的合成と機能解明プローブへの展開,
月刊ファインケミカル, Vol.43, No.2, 15-22, 2014年2月.
4.難波 康祐 :
イミニウムイオンの新しい発生法,
月刊化学, Vol.66, 63-64, 2011年.
5.難波 康祐 :
イネ科植物の鉄の取り込み機構に関する天然物有機化学研究,
化学工業, Vol.62, 633-641, 2011年.
6.難波 康祐 :
触媒的不斉多成分連結型反応,
有機合成化学協会誌, Vol.65, No.1, 67-68, 2007年1月.
(DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.65.65,   CiNii: 10018462000,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
7.難波 康祐 :
薬剤耐性がん細胞に有効なGemcitabineプロドラッグの創製,
ファルマシア, Vol.44, No.2, 170-171, 2007年.

国際会議:

1.Atsushi Nakayama, Nakayama Shinichiro and Kosuke Namba :
Total Synthesis and Medicinal Study of Resorcylic Acid Lactone, LL-Z1640-2,
The 10th International Symposium. on Integrated Synthesis, Awaji, Hyogo, Japan, Nov. 2016.
2.Eisaku Ohashi, Kohei Takeuchi, Atsushi Nakayama, Keiji Tanino and Kosuke Namba :
Second Generation Synthetic Study on Palau'amine,
The 10th International Symposium on Integrated Synthesis, Awaji yumebutai International Conference Center, 兵庫県淡路市, Nov. 2016.
3.Kohei Takeuchi, Yukari Kaihara, Keiji Tanino and Kosuke Namba :
Total Synthesis of Palau'amine,
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, USA, Dec. 2015.
4.Kosuke Namba, Ayumi Osawa, Atsushi Nakayama, Akane Mera, Akira Otani and Keiji Tanino :
Synthesis of 1,3a,6a-triazapentalene derivatives and their interesting fluorescence properties,
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, USA, Dec. 2015.
5.Kosuke Namba :
Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants,
Osaka City University International Conference, Osaka, Mar. 2015.
6.Kosuke Namba :
Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants,
The 3rd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products, Osaka, Oct. 2014.
7.Kohei Takeuchi, Yukari Kaihara, Kosuke Namba and Keiji Tanino :
Synthetic Studies on Palau'amine,
13th International Conference on the Chemistry of Antibiotics and other bioactive compounds, ICCA-13, Yamanashi, Sep. 2013.
8.Masahiro Yoshida, Tomotaka Muzuguchi and Kosuke Namba :
Synthesis of Oxazolidinones by Efficient Fixation of Atmospheric CO2 with Propargylic Amines by using a Silver/1,8-Diazabicyclo[5.4.0] undec-7-ene (DBU) Dual-Catalyst System,
13th International Conference on the Chemistry of Antibiotics and other bioactive compounds, Yamanashi, Sep. 2013.
9.Masahiro Yoshida, Shoko Ohno and Kosuke Namba :
Palladium-catalyzed cascade nucleophilic substitution[2+2] cyclization of propargylic esters with 2-vinylphenols,
The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
10.Masahiro Yoshida, Miki Shibata and Kosuke Namba :
Palladium-catalyzed unusual cascade cyclization of 4-hydroxy-2-pyrones with allylic bisacetates,
The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
11.Masahiro Yoshida, Tomotaka Muzuguchi and Kosuke Namba :
Synthesis of substituted pyridines by a ring openingcyclization reaction of propargylic aziridines,
The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
12.Masahiro Yoshida, Tomoyo Kasai and Kosuke Namba :
Enantioselective Total Synthesis of HM-3,
The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
13.Kosuke Namba :
Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants,
The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
14.Masahiro Yoshida, Shota Yodokawa, Hironobu Takai, Kozo Shishido and Kosuke Namba :
Regio-and Diastereoselective Oxidative Radical Cyclization of Cyclic -Keto Ester with Alkenes,
The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
15.Kosuke Namba :
Direct Synthesis of 1,3a,6a-Triazapentalene Derivatives and Their Interesting Fluorescent Properties.,
Cambodian Malaysian Chemical Conference (CMCC), Siem Reap, Cambodia, Oct. 2012.
16.Kosuke Namba :
Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants,
17th Malaysian Chemical Congress 2012 (17MCC), Kuala Lumpur, Malaysia, Oct. 2012.
17.Yoshiko Murata, Kyoko Kousaka, Kosuke Namba, Hiroyuki Kimura and Atsushi Yamagata :
Structure and function study on iron-mugineic acids complex transporter of graminaceous plants,
XVI International Symposium on Iron Nutrition and Interactions in Plants (ISINIP), Amherst, USA, Jul. 2012.
18.Kosuke Namba, Ayumi Osawa and Keiji Tanino :
Direct Synthesis of Fluorescent 1,3a,6a-Triazapentalene Derivatives via Click-Cyclization-Aromatization Cascade Reaction,
The 7th International Symposium on Integrated Synthesis, Kobe, Japan, Oct. 2011.
19.Kosuke Namba :
Practical Synthesis of the Phytosiderophore Mugineic Acids: Toward Mechanistic Elucidation of Iron Acquisition in Barley.,
14th Asian Chemical Congress 2011 (14 ACC), Bangkok, Thailand, Sep. 2011.
20.Hiroki Suto, Kosuke Namba and Keiji Tanino :
Synthetic Study of Lapidilectine B,
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), Honolulu, USA, Dec. 2010.
21.Kosuke Namba, Kaori Kobayashi, Yoshiko Murata and Keiji Tanino :
Synthesis and its Iron Transport Activities of Mugineic Acid,
The 5th Japan-Korea Young Scientists Meeting on Bioorganic and Natural Products Chemistry, Shizuoka, Japan, Aug. 2009.
22.Isamu Shoji, Kosuke Namba and Keiji Tanino :
4-Aminopyridines-Catalyzed Direct and Regioselective Acylation of N-tosylhydrazide,
The 5th Japan-Korea Young Scientists Meeting on Bioorganic and Natural Products Chemistry, Shizuoka, Japan, Aug. 2009.

国内講演発表:

1.中山 淳, 佐藤 次朗, 難波 康祐 :
フジツボ着床阻害活性を有する天然物Eurotiumide Bの全合成と蛍光プローブへの展開,
2017年度日本付着生物学会総会・研究集会, 2017年3月.
2.佐藤 次朗, 中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 :
Eurotiumide類の網羅的不斉全合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
3.佐々木 彩花, 津川 稜, 西尾 賢, 向山 はるか, 占部 敦美, 鈴木 基史, 中山 淳, カランジット サンギータ, 難波 康祐 :
アルカリ性不良土壌での農耕を指向したムギネ酸類の実用化研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
4.米良 茜, 小田 真隆, 中山 淳, カランジット サンギータ, 難波 康祐 :
細菌類の迅速同定を目指した蛍光標識vivrioferrinの合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
5.牛山 和輝, 石川 裕大, 中山 淳, 須藤 宏城, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
(+)-LapidilectineBの全合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
6.岡本 翼, 柴田 弥希, 中山 淳, カランジット サンギータ, 難波 康祐 :
ピロールの触媒的分子内[4+3]環化付加反応の開発,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
7.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
8.財間 俊宏, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippiine型アルカロイドDippinine B の全合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
9.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
日本薬学会第137年会,東北大学, 2017年3月.
10.難波 康祐 :
生物活性天然物の実践的合成研究,
大阪市立大学談話会,大阪市立大学, 2017年2月.
11.難波 康祐 :
生物活性天然物の機能解明を志向した実践的合成研究,
有機合成2月セミナー, 有機化学のニュートレンド2017,大阪科学技術センター, 2017年2月.
12.難波 康祐 :
実用化や機能解明を志向した生物活性天然物の実践的合成研究,
微生物化学研究所講演会,微生物化学研究所, 2017年1月.
13.西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規蛍光分子1,3a,6a-triazapentalene類を用いた単分子白色発光化合物の創製と発光メカニズム研究,
第22回プロセス化学東四国フォーラムセミナー,徳島大学, 2017年1月.
14.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第42回反応と合成の進歩シンポジウム,静岡市清水文化会館マリナート, 2016年11月.
15.中山 淳, 中山 慎一朗, 難波 康祐 :
Ring-Closing-Metathesis反応を利用した天然マクロライドLL-Z1640-2の不斉全合成,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
16.中山 淳, 中山 慎一朗, 難波 康祐 :
Ring-Closing-Metathesis反応を利用した天然マクロライドLL-Z1640-2の不斉全合成,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
17.堤 大洋, 笠井 知世, 中山 淳, 難波 康祐 :
アシル化反応におけるDMAP触媒機構に関する研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
18.草加 裕基, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規AChE阻害剤の創製を目指したリコポセラミン-C(LS-C)の短段階合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
19.岡本 翼, 柴田 弥希, 中山 淳, 難波 康祐 :
ピロールの触媒的分子内[4+3]環化付加反応の開発,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
20.伊藤 雅美, 米良 茜, 中山 淳, 難波 康祐 :
1,3a,6a-ペンタレンナノワイヤーの合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
21.牛山 和輝, 石川 裕大, 中山 淳, 須藤 宏城, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
(+)-LapidilectineBの全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
22.佐藤 次朗, 中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 :
抗グラム陰性菌抗生物質Eurotiumide類の網羅的全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
23.西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規蛍光分子1,3a,6a-triazapentalene類を用いた単分子白色発光化合物の創製と発光メカニズム研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
24.佐々木 彩花, 津川 稜, 向山 はるか, 西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
ムギネ酸類の実用的合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
25.向山 はるか, 竹内 公平, 中山 淳, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄イオン取り込み機構の解明に向けたムギネ酸プローブの開発,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
26.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Kansuinine Aの不斉全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
27.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
28.財間 俊宏, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippiine型アルカロイドDippinine B の全合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
29.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,就実大学, 2016年11月.
30.中山 淳, 中山 慎一朗, 難波 康祐 :
天然マクロライドLL-Z1640-2の不斉全合成と医薬化学研究,
第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 2016年10月.
31.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第74回パネル討論会:次世代を切り拓く全合成研究の若い力,徳島大学, 2016年10月.
32.財間 俊宏, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippiine型アルカロイドDippinine B の全合成研究,
第74回パネル討論会:次世代を切り拓く全合成研究の若い力, 2016年10月.
33.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
第74回パネル討論会:次世代を切り拓く全合成研究の若い力,徳島大学, 2016年10月.
34.難波 康祐 :
イネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する有機化学的研究,
第40回日本鉄バイオサイエンス学会学術大会,名古屋大学, 2016年9月.
35.佐藤 亮太, 古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第32回若手化学者のための化学道場,にぎたつ会館, 2016年8月.
36.財間 俊宏, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippiine型アルカロイドDippinine B の全合成研究,
第32回若手化学者のための化学道場,にぎたつ会館, 2016年8月.
37.中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 :
TAK1阻害剤 LL-Z-1640-2の不斉全合成,
第32回若手化学者のための化学道場,にぎたつ会館, 2016年8月.
38.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
第32回若手化学者のための化学道場,にぎたつ会館, 2016年8月.
39.難波 康祐 :
生物活性天然物の高効率合成研究,
新学術領域「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第2回公開成果報告会,千里ライフサイエンスセンター, 2016年7月.
40.難波 康祐 :
生物活性天然物の機能解明を志向した実践的合成研究,
第28回万有札幌シンポジウム, フロンティアを超えて:有機化学その先, 北海道大学, 2016年7月.
41.中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 :
TAK1 LL-Z-1640-2,
創薬懇話会2016 in 蓼科, エクシブ蓼科, 2016年6月.
42.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
創薬懇話会2016 in 蓼科, エクシブ蓼科, 2016年6月.
43.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成研究,
2016年度第1回(第20回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 徳島大学, 2016年6月.
44.難波 康祐 :
有機合成化学:分子を創る,操る,役立てる,
夢ナビライブ2016, インテックス大阪, 2016年6月.
45.飯國 文香, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
希少イミノ糖Fagomine類の網羅的合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
46.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Kansuinine A の全合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
47.加藤 光貴, 藤本 夏月, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Nagelamide K の全合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
48.坂本 光, 大澤 歩, 中山 淳, 難波 康祐 :
Calyciphylline G の全合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
49.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成法の開発,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
50.難波 康祐 :
Palau'amineの全合成,
日本薬学会第136年会,シンポジウム「天然物ケミカルバイオロジー」, 2016年3月.
51.伊藤 雅美, 米良 茜, 中山 淳, 難波 康祐 :
1,3a,6a-トリアザペンタレンナノワイヤーの合成研究,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
52.西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規蛍光分子1,3a,6a-Triazapentalene類の単分子白色発光への展開,
日本薬学会第136年会,パシフィコ横浜, 2016年3月.
53.難波 康祐 :
化学合成の限界に挑むものづくり:palau'amineの全合成,
日本化学会第96春季年会 特別企画「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」,同志社大学, 2016年3月.
54.難波 康祐 :
Palau'amineの全合成,
有機合成化学協会東海支部 総合講演会,名古屋大学, 2015年12月.
55.難波 康祐 :
有機合成を基盤とした新規機能性分子の合成研究,
徳島大学大学院医歯薬学研究部 第12回公開シンポジウム, 2015年11月.
56.大橋 栄作, 竹内 公平, 中山 淳, 難波 康祐 :
Palau'amineの第二世代合成法の開発,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年11月.
57.加藤 光貴, 藤本 夏月, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Nagelamide K の全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
58.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
グラム陰性菌の鉄取り込み機構解明を指向した鉄イオン応答型蛍光シデロフォアの開発,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
59.古高 涼太, 淵上 龍一, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
60.坂本 光, 大澤 歩, 中山 淳, 難波 康祐 :
Calyciphylline G の全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
61.財間 俊宏, 竹内 公平, 中山 淳, 難波 康祐 :
Chippine型アルカロイドDippinine B の不斉全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
62.中山 慎一郎, 中山 淳, 難波 康祐 :
LL-Z-1640-2 の不斉全合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
63.伊藤 雅美, 米良 茜, 中山 淳, 難波 康祐 :
1,3a,6a-トリアザペンタレンナノワイヤーの合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
64.西尾 賢, 中山 淳, 難波 康祐 :
新規蛍光分子1,3a,6a-トリアザペンタレン類の単分子白色発光への展開,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
65.飯國 文香, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
有機触媒を用いた希少イミノ糖Fagomine類の短段階合成研究,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
66.向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部大会,高知市文化プラザかるぽーと, 2015年10月.
67.米良 茜, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
トリアザペンタレン類を用いた微生物迅速同定法の開発,
第5回CSJ化学フェスタ2015,タワーホール船堀, 2015年10月.
68.難波 康祐 :
Palau'amineの全合成~なぜ複雑な天然物を作るのか?~,
プロセス化学会東四国フォーラムセミナー,徳島文理大学, 2015年10月.
69.難波 康祐 :
生物活性天然物の実践的合成研究,
愛媛大学大学院特別講演会, 2015年9月.
70.向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成,
第32回有機合成セミナー,ニューウェルシティ湯河原, 2015年9月.
71.竹内 公平, 海原 由香理, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Palau'amineの全合成,
第57回天然有機化合物討論会,神奈川県民ホール, 2015年9月.
72.加藤 光貴, 藤本 夏月, 中山 淳, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Nagelamide K の全合成研究,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
73.向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
74.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
グラム陰性菌の鉄取り込み機構解明を指向した鉄イオン応答型蛍光シデロフォアの開発,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
75.大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
1,3a,6a-Triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開,
第107回有機合成シンポジウム2015,慶應義塾大学, 2015年6月.
76.加藤 光貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
プロパルギルスチリルエーテルの連続的異性化-[2+2]環化付加反応の開発,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
77.津川 稜, 金木 美知佳, 小林 香織, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
ムギネ酸類の実用的合成,
日本薬学会135年会, 2015年3月.
78.難波 康祐 :
イネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する有機化学的研究,
日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月.
79.吉田 昌裕, 小林 明日香, 中山 淳, 難波 康祐 :
一電子酸化剤を用いた酸化的カップリング反応による置換ピロリンの合成,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[ポスター], 2015年3月.
80.竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
パラウアミンの全合成,
日本化学会第95春季年会, 千葉県船橋市, 2015年3月.
81.大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
1,3a,6a-triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
82.向山 はるか, 竹内 公平, 村田 佳子, 渡辺 健宏, 中山 淳, 吉田 昌裕, 山垣 亮, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄輸送阻害剤の設計と合成,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
83.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
細菌性シデロフォアを用いた新規鉄イオンセンサーの開発,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
84.笠井 知世, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
(+)-Furanonaphthoquinone Iの合成研究,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
85.柴田 弥希, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
Himandrineの全合成研究,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
86.米良 茜, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
蛍光標識ビブリオフェリンの合成,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
87.水口 智貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
アルキニルアジリジンの1,5-水素移動を鍵とする置換ピぺリジンの立体選択的合成,
日本薬学会135年会,兵庫,2015年3月[口頭], 2015年3月.
88.大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
1,3a,6a-Triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開,
2014年度第3回(第16回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2015年1月.
89.難波 康祐 :
機能解明および実用化を指向した天然有機化合物の実践的合成研究,
慶應義塾大学理工学部講演会, 2014年12月.
90.難波 康祐 :
機能解明や実用化を指向した微量天然有機化合物の実践的合成研究,
関西学院大学理工学部講演会, 2014年11月.
91.難波 康祐 :
ムギネ酸およびパラウアミンの合成研究~有機合成の実力向上を目指して~,
有機合成化学協会中四国支部第71回パネル討論会:天然物合成を通してみる「有機合成の実力」, 2014年11月.
92.難波 康祐 :
複雑な天然有機化合物の実践的合成研究,
熊本大学大学院特別講義, 2014年11月.
93.吉田 昌裕, 水口 智貴, 難波 康祐 :
プロパルギルアジリジンの開環ー環化反応による置換ピリジンのワンポット合成,
第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月.
94.柴田 弥希, 難波 康祐 :
Himandrine の全合成研究,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
95.津川 稜, 金木 美知佳, 小林 香織, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
ムギネ酸類の実用的合成,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
96.坂本 光, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
Calyciphylline Gの全合成研究,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
97.林 月穂, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
細菌性シデロフォアを用いた新規鉄イオンセンサーの開発,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
98.大谷 彬, 中山 淳, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
1,3a,6a-triazapentalene類の最小蛍光標識試薬への展開,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
99.大野 祥子, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いたプロパルギルアルコールと環状ジケトンの連続的環化反応,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
100.加藤 光貴, 吉田 昌裕, 中山 淳, 難波 康祐 :
フェニルプロパルギルエーテルの連続的異性化ー[2+2]環化付加反応の開発,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
101.Ayumi Osawa, Kosuke Namba and Keiji Tanino :
Development and Application of 1,3a,6a-Triazapentalene Derivatives as a Novel Fluorescent Molecule,
大津会議, Oct. 2014.
102.大澤 歩, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Kansuinine A の全合成研究,
第56回天然有機化合物討論会, 2014年10月.
103.米良 茜, 大澤 歩, 中山 淳, 吉田 昌裕, 谷野 圭時, 難波 康祐 :
蛍光分子トリアザペンタレン類の高機能化と液性応答型蛍光シデロフォアへの応用,
2014年度第2回(第15回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2014年9月.
104.難波 康祐 :
生物活性天然物の機能解明を指向した実践的合成研究,
武田薬品工業CMC研究センター, 2014年9月.
105.Kosuke Namba :
Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants,
Asubio Pharmaceuticals, Inc., Sep. 2014.
106.津川 陵, 小林 香織, 金木 美知佳, 難波 康祐 :
ムギネ酸類の実用的合成を志向したアゼチジンカルボン酸合成法開発,
創薬懇話会2014, 2014年7月.
107.吉田 昌裕, 小林 明日香, 難波 康祐 :
一電子酸化剤を用いた酸化的カップリング反応による置換ピロリンの合成,
創薬懇話会2014, 2014年7月.
108.大谷 彬, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
1,3a,6a-triazapentaleneを用いた最小蛍光標識基の開発,
創薬懇話会2014, 2014年7月.
109.米良 茜, 大澤 歩, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
機能性系高分子トリアザペンタレン類の高機能化と液性応答型シデロフォアへの応用,
創薬懇話会2014, 2014年7月.
110.吉田 昌裕, 水口 智貴, 難波 康祐 :
プロパルギルアジリジンの開環ー環化反応による置換ピリジンのワンポット合成,
創薬懇話会2014, 2014年7月.
111.吉田 昌裕, 大野 祥子, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いた炭酸プロパルギルエステルと2-ビニルフェノールの連続的求核置換-[2+2]環化付加反応,
第49回天然物化学談話会, 2014年7月.
112.笠井 知世, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いるアレンとアリールボロン酸の付加反応を鍵とする天然物の合成研究,
第49回天然物化学談話会, 2014年7月.
113.笠井 知世, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いるアレンとアリールボロン酸の付加反応を鍵とするHM-3の不斉全合成,
2014年度第1回(第14回)プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2014年6月.
114.難波 康祐 :
生物活性天然有機化合物の機能解明及び実用化を指向した実践的合成研究,
住友化学株式会社 健康・農業関連事業研究所, 2014年6月.
115.難波 康祐 :
イネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する有機化学的研究,
理研シンポジウムー有機合成化学を起点とするものづくり戦略ー, 2014年6月.
116.竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
Palau'amineの全合成研究,
第24回万有福岡シンポジウム, 2014年6月.
117.難波 康祐 :
実践的合成研究を基盤とした新規土壌改良素材および蛍光素材の開発,
新規素材探索研究会, 2014年6月.
118.吉田 昌裕, 笠井 知世, 水口 智貴, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いたアレンとアリールボロン酸の付加反応を鍵とするHM-3の不斉全合成,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
119.米良 茜, 大澤 歩, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
機能性蛍光分子1,3a,6a-トリアザペンタレンの置換基効果,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
120.吉田 昌裕, 水口 智貴, 難波 康祐 :
プロパルギルアジリジンの開環-環化反応による置換ピリジンのワンポット合成,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
121.吉田 昌裕, 木下 航輝, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いたアリルジエステルとβ‐エナミノエステルの連続的環化反応の開発,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
122.石川 裕大, 須藤 宏城, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Lapidilectine B の全合成研究,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
123.古高 涼太, 淵上 龍一, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
124.竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
Palau'amineの全合成研究,
日本化学会第94春季年会, 2014年3月.
125.藤本 夏月, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
Nagelamide Kの全合成研究,
日本化学会第94春季年会, 2014年3月.
126.難波 康祐 :
作用機序解明を指向したpalau'amineの全合成研究,
日本化学会第94春季年会特別企画「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」, 2014年3月.
127.難波 康祐 :
生体機能制御分子の創製へと繋ぐ実践的合成化学研究,
岡山大学異分野融合研究支援事業「有機合成を基盤とした生体機能制御分子の創製」, 2013年11月.
128.吉田 昌裕, 大野 祥子, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いた炭酸プロパルギルエステルと2-ビニルフェノールの 連続的求核置換-[2+2]環化付加反応,
第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 2013年11月.
129.大澤 歩, 米良 茜, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
機能性蛍光分子トリアザペンタレンの開発と応用,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2013年10月.
130.石川 裕大, 須藤 宏城, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
(±)-Lapidilectine B の全合成研究,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2013年10月.
131.古高 涼太, 淵上 龍一, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 :
Calyciphylline F の全合成研究,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2013年10月.
132.小林 明日香, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
パラジウム触媒並びに酸化剤を用いた環化反応による置換フロクロメノンの合成,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2013年10月.
133.大野 祥子, 吉田 昌裕, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いた炭酸プロパルギル化合物とβ - エナミノエステルの連続的環化反応による四置換ピ ロールの位置選択的合成,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2013年10月.
134.大澤 歩, 米良 茜, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
機能性蛍光分子1,3a,6a-トリアザペンタレンの開発と応用,
第3回CSJ化学フェスタ, 2013年10月.
135.竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
Palau'amineの全合成研究,
第3回CSJ化学フェスタ, 2013年10月.
136.難波 康祐 :
イネ科植物の鉄イオン取り込み機構に学ぶものづくり戦略,
第3回CSJ化学フェスタ2013,ナノ機能への挑戦-材料,素子,バイオ,そして未来-,東京, 2013年10月.
137.竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
Palau'amineの全合成研究,
第30回有機合成化学セミナー, 2013年9月.
138.難波 康祐 :
生物活性天然有機化合物の機能解明および実用化を指向した実践的合成研究,
第29回若手化学者のための化学道場, 2013年8月.
139.吉田 昌裕, 木下 航揮, 難波 康祐 :
パラジウム触媒を用いたアリルジエステルとβ-エナミノエステルの連続的環化反応の開発,
第29回若手化学者のための化学道場, 2013年8月.
140.竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
Palau'amineの全合成研究,
第25回万有札幌シンポジウム, 2013年7月.
141.難波 康祐 :
実践的合成研究を基盤としたイネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する研究,
有機合成化学講習会, 2013年6月.
142.竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 :
パラウアミンの全合成研究,
日本化学会第93春季年会, 2013年3月.
143.難波 康祐 :
発蛍光型クリック反応の開発とその革新的蛍光特性,
大阪市立大学有機化学セミナー, 2013年3月.
144.難波 康祐 :
生物活性天然有機化合物の機能解明及び実用化を指向した実践的合成研究,
徳島大学薬学部講演会, 2013年2月.
145.難波 康祐 :
植物鉄輸送体のケミカルバイオロジー,
日本化学会第92春季年会 特別企画「ケミカルバイオロジー」,横浜, 2012年3月.
146.難波 康祐 :
オオムギの鉄取り込み機構に関する有機化学的研究,
第84回日本生化学大会 生体金属イオン:生命と分子をつなぐメッセンジャー, 京都, 2011年9月.
147.難波 康祐 :
ムギネ酸類の実践的合成を基盤としたオオムギの鉄取り込み機構に関する研究,
日本化学会第91春季年会 特別企画「ケミカルバイオロジーの分子基盤」,横浜, 2011年3月.
148.難波 康祐 :
Hg(OTf)2触媒を活用したPalau'amine コアの合成,
第14回創薬を目指した生理活性研究会および第43回未来開拓研究会合同シンポジウム,東京, 2008年12月.
149.難波 康祐 :
実用的な分子変換法開発に基づく複雑な生物活性天然有機化合物の合成,
若手研究者のための有機化学札幌セミナー, 2008年10月.
150.難波 康祐 :
ムギネ酸類の実用的合成:イネ科植物の鉄吸収機構解明の鍵,
第43回天然物化学談話会(夜ゼミ),大阪, 2008年7月.
151.難波 康祐 :
ハリコンドリン類の実用的合成,
第41回天然物談話会(ショートトーク),日高, 2006年7月.
152.難波 康祐 :
ハリコンドリン類の実用的合成,
大日本住友製薬株式会社, 2006年5月.
153.難波 康祐 :
複雑な生理活性天然有機化合物の合成研究,
徳島文理大学薬学部,徳島, 2006年2月.
154.難波 康祐 :
ハリコンドリン類の実用的合成への展開,
薮田講演会(東北大学農学部),仙台, 2006年1月.
155.難波 康祐 :
ハリコンドリン類の実用的合成への展開,
エーザイ株式会社,筑波, 2005年5月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 天然物創薬を志向した生物活性天然中分子の高効率全合成 (研究課題/領域番号: 16H01156 )
  • ムギネ酸前駆体による哺乳類の腸管鉄吸収の分子機構解明 (研究課題/領域番号: 16K01927 )
  • 不良土壌を緑地化する革新的農薬の分子設計:ムギネ酸類のケミカルバイオロジー研究 (研究課題/領域番号: 16H03292 )
  • 食糧不足問題の解決策提案:植物鉄輸送体のケミカルバイオロジー研究 (研究課題/領域番号: 26102734 )
  • 細胞内でのクロスリンク過程を可視化する発蛍光型光親和性標識基の開発 (研究課題/領域番号: 26560449 )
  • 哺乳動物における植物内在性物質・ニコチアナミンによる鉄輸送の分子機構解明 (研究課題/領域番号: 25350973 )
  • アルカリ性不良土壌での農耕を目指す植物鉄輸送体のケミカルバイオロジー研究 (研究課題/領域番号: 24102501 )
  • 微生物迅速同定の新原理:極小蛍光分子とシデロフォアの化学 (研究課題/領域番号: 24310162 )
  • イネ科植物のムギネ酸類による鉄取り込み機構の解明 (研究課題/領域番号: 21310148 )
  • ムギネ酸誘導体を用いたイネ科植物の鉄認識メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 20710173 )
  • 新触媒系の構築 (研究課題/領域番号: 19020070 )
  • 植物の鉄輪送メカニズムの機構解明を目指したムギネ酸類縁体の設計と合成 (研究課題/領域番号: 18710191 )
  • ムギネ酸によるイネ科植物の3価鉄イオン取り込みの分子機構 (研究課題/領域番号: 18510200 )
  • 研究者番号(50414123)による検索