検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 知能情報系 > 知能工学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 情報光システムコース > 知能工学講座 >
徳島大学 > 工学部 > 知能情報工学科 > 知能工学講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > システム創生工学専攻 > 知能情報システム工学コース > 知能工学講座 >

研究活動

専門分野

情報ネットワーク

研究テーマ

インテリジェントネットワーキング技術全般 (モバイルネットワーク, 無線マルチホップネットワーク, ネットワークアーキテクチャ (network architecture), 自律分散制御, 経路制御)

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.Kazuhiko Kinoshita, Natsuki Inoue, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode and Takashi Watanabe :
Fair Routing for Overlapped Cooperative Heterogeneous Wireless Sensor Networks,
IEEE Sensors Journal, Vol.16, No.10, 3981-3988, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109927,   DOI: 10.1109/JSEN.2016.2539360)
2.國立 忠秀, 木下 和彦, 渡辺 尚 :
自動車内における高信頼通信の実証的検討,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J99-B, No.4, 323-333, 2016年.
3.木下 和彦, 山崎 公敬, 井上 優也, 廣田 悠介, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ネット ワーク制御を一元化したサービス提供プラットホームの提案と実装,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J98-B, No.4, 345-356, 2015年.
4.Kazuhiko Kinoshita, M. Nakagawa, K. Kawano and K. Murakami :
An Efficient Spectrum Sharing Method Based on Genetic Algorithm in Heterogeneous Wireless Network,
International journal of Computer Networks & Communications, Vol.6, No.5, 145-156, 2014.
(DOI: 10.5121/ijcnc.2014.6510)
5.Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Fair and Efficient Agent Scheduling Method for Content-based Information Retrieval with Individual Time Constraints and Its Implementation,
IEICE Transactions on Communications, Vol.E97-B, No.5, 945-951, 2014.
(DOI: 10.1587/transcom.E97.B.945,   CiNii: 130004519047,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
6.Kazuhiko Kinoshita, K. Kawano and K. Murakami :
Joint Spectrum Sharing and Routing for WiFi/WiMAX Interworking Mesh Networks,
International Journal of Multimedia Technology, Vol.3, No.3, 74-79, 2013.
7.サンパト プリヤンカラ, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ノード性能の不均質な無線センサネットワークのためのハイブリッド型ルーチング方式,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J96-B, No.2, 102-113, 2013年.
(CiNii: 110009578216)
8.Kazuhiko Kinoshita, E. Hirota, Y. Hirota, H. Tode and K. Murakami :
A Unified Failure Detection Method for Network Services Based on Distributed Components,
International Journal of Information Technology and Network Application (IJITNA), Vol.2, No.2, 1-14, 2012.
9.Kazuhiko Kinoshita, Y. Kanamori, K. Kawano and K. Murakami :
A Dynamic Spectrum Assignment Method for Call Blocking Probability Reduction in WiFi/WiMAX Integrated Networks,
IEICE Transactions on Communications, Vol.94, No.12, 3498-3504, 2011.
(DOI: 10.1587/transcom.E94.B.3498,   CiNii: 130002119780,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
10.S. Priyankara, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
A Clustering Method for Wireless Sensor Networks with Heterogeneous Node Types,
IEICE Transactions on Communications, Vol.94, No.8, 2254, 2011.
(DOI: 10.1587/transcom.E94.B.2254,   CiNii: 10030186990,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
11.Kazuhiko Kinoshita, A. Narishige, Y. Hara, N. Yamai and K. Murakami :
An Efficient Agent Execution Control Method for Content-based Information Retrieval with Time Constraints,
IEICE Transactions on Communications, Vol.94, No.7, 1892-1900, 2011.
(DOI: 10.1587/transcom.E94.B.1892,   CiNii: 10029803405,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
12.山崎 公敬, 横江 直輔, 宮崎 渉, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散コンポーネント管理により耐障害性と安定したQoSを実現するサービスプラットフォーム,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.94, No.7, 833-846, 2011年.
(CiNii: 110008672830)
13.勝山 恒男, 安家 武, 野村 祐士, 若本 雅晶, 野島 聡, 木下 和彦, 村上 孝三 :
レイヤ2ネットワークにおけるループ障害のリモート診断方式,
情報処理学会論文誌, Vol.50, No.8, 1810-1822, 2009年.
14.伊藤 正也, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ネットワーク・端末総合系におけるTCPスループット上限値の導出,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.92, No.7, 1098-1112, 2009年.
15.Y. Ochi, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
A Design of Wide Area MANET by Dynamic Linkage with IP-Based Infrastructure,
IEICE Transactions on Communications, Vol.92, No.3, 889, 2009.
(DOI: 10.1587/transcom.E92.B.889,   CiNii: 10026836532,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
16.Tran Nguyen TRUNG, Hideo KAMADA, Kazuhiko Kinoshita, Nariyoshi YAMAI, Tetsuya TAKINE and Koso MURAKAMI :
An Efficient Agent Control Method for Time-Constrained Applications,
IEICE Transactions on Communications, Vol.91, No.9, 2972, 2008.
(DOI: 10.1093/ietcom/e91-b.9.2972,   CiNii: 10026832315,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
17.K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and N. Yamai :
A Distributed Network Mobility Management Scheme for Hierarchical Mobile IPv6 Networks,
IEICE Transactions on Communications, Vol.91, No.7, 2272, 2008.
(DOI: 10.1093/ietcom/e91-b.7.2272,   CiNii: 10026830987,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
18.前田 潤, 福田 健一, 木下 和彦, 村上 孝三 :
情報の連想的結合によるコンテキストアウェアサービス制御方式,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.91, No.1, 22-34, 2008年.
19.ラナトゥンガ ヴィジタ, 細川 晃, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
マルチエージェントシステムのための公平かつ効率的なスケジューリングアルゴリズム,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.90, No.6, 555-565, 2007年.
(CiNii: 110007378993)
20.Keita KAWANO, Kazuhiko Kinoshita and Koso MURAKAMI :
Multilevel Hierarchical Mobility Management in Densely Meshed Networks,
IEICE Transactions on Communications, Vol.89, No.7, 2002-2011, 2006.
(DOI: 10.1093/ietcom/e89-b.7.2002,   CiNii: 110007538238,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
21.Hideki TODE, Makoto Wada, Kazuhiko Kinoshita, Toshihiro MASAKI and Koso MURAKAMI :
Enhanced Flooding Algorithms Introducing the Concept of Biotic Growth,
IEICE Transactions on Communications, Vol.88, No.3, 903-910, 2005.
(DOI: 10.1093/ietcom/e88-b.3.903,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
22.Kazuhiko Kinoshita, H. Tanioka, T. Takine and K. Murakami :
Enhanced Fallback+: An Efficient Multiconstraint Path Selection Algorithm for QoS Routing,
IEICE Transactions on Communications, Vol.87, No.9, 2708-2718, 2004.
(CiNii: 110003222551,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
23.K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
A Study on Estimation of Mobility of Terminals for Hierarchical Mobility Management Scheme,
IEICE Transactions on Communications, Vol.87, No.9, 2557-2566, 2004.
(CiNii: 110003222534,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
24.T. Nomura, K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
A Design for Integrated Wireless Network with Flexible Bandwidth Assignment,
IEICE Transactions on Communications, Vol.87, No.5, 1177-1183, 2004.
(CiNii: 110003222342,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
25.Hideaki TANIOKA, Kazuhiko Kinoshita and Koso Murakami :
A Multipoint-to-Multipoint Routing Method for Load Balanced Communications in Large Scale Networks,
IEICE Transactions on Communications, Vol.86, No.8, 2463-2471, 2003.
26.A. Hosokawa, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Location Transparent Multi-Agent System with Terminal Mobility Support,
Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol.2662, 426-435, 2003.
(Elsevier: Scopus)
27.木下 和彦, 神原 正義, 谷岡 秀昭, 村上 孝三 :
複数のQoS要求を満たすマルチキャストツリーを生成するリンク状態アルゴリズム,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.85, No.10, 1738, 2002年.
28.Keita Kawano, Kazuhiko Kinoshita and Koso Murakami :
A Mobility-Based Terminal Management in Ipv6 Networks,
IEICE Transactions on Communications, Vol.E85-B, No.10, 2090-2099, 2002.
29.Kazuhiko Kinoshita, T. Masuda, K. Kawano, H. Tanioka, Tetsuya Takine and K. Murakami :
Network Map Architecture using Inter-Agent Communication Techniques for Multiple QoS Routing,
IEICE Transactions on Communications, Vol.85, No.7, 1333-1341, 2002.
30.河野 圭太, 益田 智員, 木下 和彦, 村上 孝三 :
複数のQoSを考慮したサービス情報検索方式,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.84, No.3, 443-451, 2001年.
31.谷岡 秀昭, 木下 和彦, 滝根 哲哉, 村上 孝三 :
複数のQoS要求を満たす経路選択アルゴリズム Fallback+ の提案,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.83, No.5, 690-696, 2000年.
32.木下 和彦, 添田 純一郎, 山井 成良, 滝根 哲哉, 村上 孝三 :
多対多地点間通信のための経路制御とネットワーク構成法,
電子情報通信学会論文誌(B), Vol.82, No.10, 1773-1781, 1999年.
33.Kazuhiko Kinoshita, T. Takine, K. Murakami and H. Terada :
Holonic Network: A New Network Architecture for Personalized Multimedia Communications Based on Autonomous Routing,
IEICE Transactions on Communications, Vol.80, No.2, 282-288, 1997.

学術レター:

1.Kazuhiko Kinoshita, Y. Ito, H. Kimura and Y. Maeda :
Technologies and Emergency Management for Disaster Recovery - With Focus on the Great East Japan Earthquake,
IEICE Transactions on Communications, Vol.95, No.6, 1911-1914, 2012.
(DOI: 10.1587/transcom.E95.B.1911,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1.木下 和彦 :
ディジタル無線通信のこれまでとこれから,
電気学会誌, Vol.133, No.5, 294-297, 2013年5月.
(DOI: 10.1541/ieejjournal.133.294,   CiNii: 10031166932,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1.Ginnan Kazuki, Kawano Keita, Kazuhiko Kinoshita and Watanabe Takashi :
Access Point Virtualization for Multiple Services in Heterogeneous WLANs,
Proceedings of the 14th Annual IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC2017), Jan. 2017.
2.Nishikori Shu, Kazuhiko Kinoshita, Tanigawa Yosuke, Tode Hideki and Watanabe Takashi :
A Cooperative Channel Control Method of ZigBee and WiFi for IoT Services,
Proceedings of the 14th Annual IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC2017), Jan. 2017.
3.Takahide Kunitachi, Kazuhiko Kinoshita and Takashi Watanabe :
An Experimental Study of Reliable Wireless Communications in Vehicles,
Proceedings of the 18th Asia Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2016), Oct. 2016.
4.Toshihiko Aramaki, Kazuhiko Kinoshita, Yusuke Tanigawa, Hideki Tode and Takashi Watanabe :
A Congestion Control Method for Multiple Services on Shared M2M Network,
Proceedings of the 5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics, 873-877, Jul. 2016.
5.Shusaku Shibata, Kazuhiko Kinoshita, Keita Kawano and Takashi Watanabe :
A Fair Spectrum Sharing Method in Consideration of CoMP,
Proceedings of the Eighth IEEE/IFIP International Workshop on Management of the Future Internet, 1137-1142, Apr. 2016.
6.Masahiko Aihara, Shiori Kono, Kazuhiko Kinoshita, Nariyoshi Yamai and Takashi Watanabe :
Joint Bandwidth Scheduling and Routing Method for Large File Transfer with Time Constraint,
Proceedings of the Eighth IEEE/IFIP International Workshop on Management of the Future Internet, 1125-1130, Apr. 2016.
7.Kensuke Saito, Kazuhiko Kinoshita, Nariyoshi Yamai and Takashi Watanabe :
A Distributed Bandwidth Assignment Method for Large File Transfer with Time Constraints,
17th Asia-Pacific Network Management Symposium (APNOMS 2015), Aug. 2015.
8.Hiroki Matsuyama, Yuya Inoue, Yusuke Hirota, Kazuhiko Kinoshita, Hideki Tode and Takashi Watanabe :
A Traffic Load Balancing Method for Component-based Service Platform with Heterogeneous Wireless Access Networks,
16th Asia-Pacific Network Management Symposium (APNOMS 2014), Sep. 2014.
9.Natsuki Inoue, Yosuke Tanigawa, Kazuhiko Kinoshita, Hideki Tode, Koso Murakami and Takashi Watanabe :
Cooperative Routing Method with Shared Nodes for Overlapping Wireless Sensor Networks,
Proceedings of the International Wireless Communications and Mobile Computing Conference (IWCMC 2014), Aug. 2014.
10.Y. Maruyama, K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
A Spectrum Sharing Method based on Adaptive Threshold Management between Non-cooperative WiMAX/WiFi Providers,
13th International Conference on Networks (ICN2014), Feb. 2014.
11.K. Katsumoto, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Bandwidth Assignment Method for Downloading Large Files with Time Constraints,
5th International Conference on Emerging Network Intelligence (EMERGING 2013), Oct. 2013.
12.Y. Inoue, Y. Hirota, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
A Prototype of Service Platform Uniting Network Control in Multiple OpenFlow Domains,
15th Asia-Pacific Network Management Symposium (APNOMS 2013), Sep. 2013.
13.M. Yamazaki, Y. Inoue, Y. Hirota, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
A New Service Platform Unifying Network Control and Its Prototyping,
Proceedings of the IFIP/IEEE Integrated Network Management Symposium (IM 2013), May 2013.
14.H. Takemoto, K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
A Spectrum Sharing Method Considering Users' Behavior for Uncooperative WiFi/WiMAX Providers,
12th International Conference on Networks (ICN 2013), 2013.
15.Yuya Inoue, Masanori Yamazaki, Kazuhiko Kinoshita, Yusuke Hirota, Hideki Tode and Koso Murakami :
A Bandwidth Management Method Using Available Wavelength Resources in Backend Servers for Network Services Based on Distributed Components,
Proceedings of the 14th Asia-Pacific Network Management Symposium (APNOMS 2012), Sep. 2012.
16.Kazuhiko Kinoshita, M. Yamazaki, Y. Hirota, H. Tode and K. Murakami :
A Service Platform Unifying Network Control and Service Control,
Proceedings of the 8th International Conference on Networking and Services (ICNS 2012), Mar. 2012.
17.J. Nagata, Y. Tanigawa, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
A Routing Method for Cooperative Forwarding in Multiple Wireless,
Proceedings of the 8th International Conference on Networking and Services (ICNS 2012), Mar. 2012.
18.S. Priyankara, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
A Generalized Spatial Boundary Analysis Method for Clustering/Multi-hop Hybrid Routing in Wireless Sensor Networks,
Proceedings of the IEEE Globecom 2011, Dec. 2011.
19.Masanori Yamazaki, Naosuke Yokoe, Yusuke Hirota, Kazuhiko Kinoshita, Hideki Tode and Koso Murakami :
Sustainable QoS Provisioning Platform for Network Services based on Flexible Combination of Distributed Components,
Proceedings of the 12th IFIP/IEEE International Symposium on Integrated Network Management (IM2011), May 2011.
20.Kazuhiko Kinoshita, M. Nakagawa, K. Kawano and K. Murakami :
A Fair and Efficient Spectrum Assignment for WiFi/WiMAX Integrated Networks,
Proceedings of the 6th International Conference on Systems and Networks Communications (ICSNC 2011), 2011.
21.Koso Murakami, Hideki Tode, Kazuhiko Kinoshita, Hirota Yusuke and Yosuke Tanigawa :
Future Network Architecture for High-Quality Multimedia Communication Services,
Proceedings of the Korea Multimedia Society Conference, 2011.
22.S. Priyankara, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
Clustering/Multi-hop Hybrid Routing Method for Wireless Sensor Networks with Heterogeneous Node Types,
Proceedings of the IEEE Globecom 2010, Workshop on Heterogeneous, Multi-hop, Wireless and Mobile Networks (HeterWMN), Dec. 2010.
23.E. Hirota, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode, K. Murakami, S. Kikuchi, S. Tsuchiya, A. Sekiguchi and T. Katsuyama :
Multilayer Failure Detection Method for Network Services Based on Distributed Components,
Proceedngs of the 2010 IEEE/IFIP Network Operations and Management Symposium (NOMS 2010), 2010.
24.Kazuhiko Kinoshita, M. Yoshimoto, K. Kawano and K. Murakami :
An Effective Spectrum Sharing Method for WiFi/WiMAX Interworking Mesh Network,
Proceedngs of the 8th International Conference on Industrial Informatics (INDIN 2010), 2010.
25.Kazuhiko Kinoshita, Y. Kanamori, K. Kawano and K. Murakami :
A Dynamic Spectrum Assignment Method based on Call Blocking Probability Prediction in WiFi/WiMAX Integrated Networks,
Proceedings of the 19th International Conference on Computer Communications and Networks (ICCCN 2010), 2010.
26.Kazuhiko Kinoshita, Y. Yokoe, Y. Hirota, H. Tode and K. Murakami :
A Network Service Platform Providing Stable QoS Based on Dynamic Allocation of Distributed Components,
Proceedings of the 6th International Conference on Network and Services Management (CNSM 2010), 2010.
27.A. Narishige, Y. Hara, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
An Agent Execution Control Method for Content-based Information Retrieval with Time Constraints,
Proceedings of the 2010 IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems (PDCS 2010), 2010.
28.M. Morishita, Y. Hara, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Fair Agent Scheduling Method Considering Individual Time Constraint for Content-based Information Retrieval,
Proceedings of the 2010 IASTED International Conference on Software Engineering and Applications (SEA 2010), 2010.
29.N. Yokoe, W. Miyazaki, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode, K. Murakami, S. Kikuchi, S. Tsuchiya, A. Sekiguchi and T. Katsuyama :
Dynamic Reconstruction of Multiple Overlay Networks for Next Generation Network Services with Distributed Components,
Proceedings of the 12th Asia-Pacific Network Management Symposium (APNOMS 2009), Sep. 2009.
30.H. Okada, T. N. Trung, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Cooperative Routing Method for Multiple Overlay Networks,
Proceedings of the 6th Annual IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2009), Jan. 2009.
31.M. Nakagawa, K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
A Spectrum Assignment Method based on Genetic Algorithm in WiMAX/WiFi Integrated Network,
Proceedings of the 5th ACM International Conference on emerging Networking EXperiments and Technologies (ACM CoNEXT 2009), 2009.
32.S. Priyankara, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
A Clustering Method for Wireless Sensor Networks with Heterogeneous Node Types,
Proceedings of the 18th International Conference on Computer Communications and Networks (ICCCN 2009), Vol.94, No.8, 2254, 2009.
33.S. Priyankara, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
Cluster-based Routing Method for Wireless Sensor Networks with Heterogeneous Node Types,
Proceedings of the 2009 International Conference on Multimedia, Information Technology and its Applications (MITA 2009), 2009.
34.Y. Kanamori, K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
An effective Dynamic Spectrum Assignment in WiFi/WiMAX Integrated Networks,
Proceedings of the 8th International Conference on Networks (ICN 2009), 2009.
35.Y. Hara, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
An Efficient Agent Control Method for Information Retrieval with Time Constraints,
Proceedings of the 9th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS 2009), 2009.
36.W. Miyazaki, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode, K. Murakami, S. Kikuchi, S. Tsuchiya, A. Sekiguchi and T. Katsuyama :
An Efficient Failure Recovery Scheme for Next Generation Network Services based on Distributed Components,
Proceedings of the 11th Asia-Pacific Network Management Symposium (APNOMS 2008), Sep. 2008.
37.Kazuhiko Kinoshita, T. Okazaki, H. Tode and K. Murakami :
A Data Gathering Scheme for Environmental Energy-based Wireless Sensor Networks,
Proceedings of the 2008 IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2008), Jan. 2008.
38.Kazuhiko Kinoshita, T. Okazaki, H. Tode and K. Murakami :
A Data Gathering Scheme for Environmental Energy-based Wireless Sensor Networks,
Proceedings of IEEE CCNC 2008, Jan. 2008.
39.K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and N. Yamai :
A Distributed Mobility Management Scheme for Large-scale Mobile Networks,
Proceedings of the 33rd IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN 2008), 2008.
40.Y. Ochi, T. Okazaki, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
An Extended AODV Routing for Reduction of Control Messages in Ad hoc Networks,
Proceedings of the 2007 IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2007), Jan. 2007.
41.M. Yoshimoto, Kazuhiko Kinoshita, K. Kawano, T. Matsuda and K. Murakami :
Handoff Performance Enhancement for TCP-based Streaming Services in Heterogeneous Networks,
Proceedings of the 32nd IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN 2007), 2007.
42.V. Ranatunga, A. Hosokawa, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Fair and Effective Scheduling Algorithm for Multi-Agent Systems,
Proceedings of the 2nd IEEE/Create-Net International Conference on Communications System softWAre and MiddlewaRE (COMSWARE 2007), 2007.
43.Masaya Ito, Kotaro Asai, Tokumichi Murakami, Kazuhiko Kinoshita, Hideki Tode and Koso Murakami :
An Estimation of the upper bound of TCP throughput in High-speed Networks,
Proceedings of The IASTED International Conference on Internet and Multimedia Systems and Applications, Vol.516-061, Feb. 2006.
44.T. Yamada, S. Yohimura, Kazuhiko Kinoshita, K. Kawano and K. Murakami :
A Multicast Tree Reconstuction Method for Many-to-Many Mobile Communications with Delay Constraint,
Proceedings of the 31st Annual IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN 2006), 2006.
45.T. N. Trung, H. Kamada, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
An Efficient Agent Control Method for Time-Constrained Applications with Heterogeneous Work Demand,
Proceedings of the First International Conference on Communications and Electronics (ICCE 2006), 2006.
46.T. Okazaki, H. Kamada, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
Efficient Flooding Control Suitable for Multiple Requests,
Proceedings of the 2006 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2006), 2006.
47.S. Yoshimura, H. Ueno, K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
Mobile Multicast Routing for Broadband Communication Services,
Proceedings of the 14th IEEE International Conference on Computer Communications and Networks (ICCCN 2005), 2005.
48.H. Kamada, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai, H. Tode and K. Murakami :
An Efficient Agent Control Method for Time Constraint Applications,
Proceedings of the 2005 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2005), 2005.
49.H. Tode, M. Wada, Kazuhiko Kinoshita, T. Masaki and K. Murakami :
Enhanced Flooding Control Methods based on Biotic Growth,
Proceedings of the 2005 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2005), 2005.
50.Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Logical Network Topology Design for Mobile Agent Systems,
Proceedings of the 4th International Conference on Networking (ICN 2005), 2005.
51.H. Ueno, T. Nomura, K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
Management and Provision of Access Point Information Considering Service Continuity,
Proceedings of the 1st International Workshop on Mobility Aware Technologies and Applications (MATA 2004), 2004.
52.K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
Multilevel Hierarchical Mobility Management Scheme in Complicated Structured Networks,
Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2004), 2004.
53.K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
An Enhanced Mobility Estimation Method for Hierarchical Mobility Management,
Proceedings of the IASTED International Conference on Communications Systems and Applications (CSA 2004), 2004.
54.T. Nomura, K. Kawano, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
A Design for Integrated Wireless Network with Flexible Bandwidth Assignment,
Proceedings of the IASTED International Conference on Communication Systems and Networks 2003 (CSN 2003), 125-130, Sep. 2003.
55.M. Moriguchi, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakam :
Distributed Security Methods for Mobile Agent Systems,
Proceedings of the IASTED International Conference on Communication Systems and Networks 2003 (CSN 2003), Sep. 2003.
56.Akira Hosokawa, Kazuhiko Kinoshita, Nariyoshi Yamai and Koso Murakami :
A Location Transparent Multi-Agent System with Terminal Mobility Support,
Proceedings of the International Conference on Information Networking 2003(ICOIN 2003), Vol.3, 1393-1402, Feb. 2003.
57.Keita Kawano, Kazuhiko Kinoshita and Koso Murakami :
A Multilevel Hierarchical Distributed IP Mobility Management Scheme for Wide Area Networks,
Proceedings of the 11th International Conference on Computer Communications and Networks (ICCCN 2002), 480-484, Oct. 2002.
58.M. Kanbara, H. Tanioka, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
A Multicast Routing Algorithm for Multiple QoS Requirements,
Proceedings of the INC 2002, Jul. 2002.
59.H. Tanioka, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
Multipoint-to-Multipoint Routing for Multimedia Communication Service,
Proceedings of the ICC 2002, May 2002.
60.Hiroaki Tokumaru, Kazuhiko Kinoshita, Nariyoshi Yamai and Koso Murakami :
A Fast and Efficient Dynamic Routing for Inter-Agent Communications,
Proceedings of the International Conferences on Info-tech&Info-net, Nov. 2001.
61.Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
Future Personalized Multimedia Communication Network Composed of Optical CDM Switching and Cooperative Network Maps,
Proceedings of the AIC2001, Jul. 2001.
62.Kazuhiko Kinoshita, M. Takase, N. Yamai and K. Murakami :
Remote Program Execution Mechanism with Network Transparency on Multi-Platform Environment,
Proceedings of the ISTN 2000, 336-339, Nov. 2000.
63.T. Nagamatsu, K. Watanabe, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and and K. Murakami :
A Fast and Efficient Routing Method for Inter-Agent Communications,
Proceedings of the SEA 2000, Nov. 2000.
64.K. Kawano, T. Masuda, Kazuhiko Kinoshita and K. Murakami :
An Efficient Method to Search for the Location of Network Services with Multiple QoSs Guarantee,
Proceedings of the SoftCOM 2000, 665-674, Oct. 2000.
65.K. Watanabe, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai, M. Kuwada and K. Murakami :
Agent Gateway: A Location Transparent Agent Platform on Multi-Plane Logical Network,
Proceedings of the SoftCOM '99, Vol.99, No.507, 13-18, Oct. 1999.
66.T. Masuda, K. Kawano, H. Tanioka, Kazuhiko Kinoshita, T. Takine and K. Murakami :
Network Map Design for QoS routing on WAN,
Proceedings of the APCC '99, 196-199, Oct. 1999.
67.M. Kuwada, K. Watanabe, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Design of Mobile Agent System with Network Transparency,
Proceedings of EUROMEDIA 99, 170-174, Apr. 1999.
68.Kazuhiko Kinoshita, M. Fujisawa, T. Takine and K. Murakami :
Performance Evaluation Method of Cellular Networks with Retrial,
Proceedings of the 1999 IEEE International Conference on Personal Wireless Communications (ICPWC '99), 389-393, Feb. 1999.
69.H. Tanioka, Kazuhiko Kinoshita, T. Takine and K. Murakami :
Fallback+: A Routing Algorithm Subject to Multiple QoS Constraints,
Proceedings of the 1998 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC '98), 319-322, Jul. 1998.
70.Kazuhiko Kinoshita, J. Soeda, N. Yamai, T. Takine and K. Murakami :
Network Design and Control for Multipoint-to-Multipoint Communications,
Proceedings of the 1998 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS '98), 529-532, Jun. 1998.
71.Kazuhiko Kinoshita, H. Tanioka, N. Yamai, T. Takine and K. Murakami :
Network Map Design for Holonic Routing,
Proceedings of the 1997 International Seminar on Teletraffic and Network (ISTN '97), 189-192, Nov. 1997.
72.Koso Murakami, Satoshi Uno, Kazuhiko Kinoshita, Manabu Higashida and Tetsuya Takine :
Distributed Cooperative Networking Architecture for Multimedia Communications Based on Autonomous Routing,
Proceedings of the 1996 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 83-86, Seoul, Jul. 1996.

その他・研究会:

1.銀杏 一輝, 木下 和彦, 河野 圭太, 中山 裕貴, 林 經正, 渡辺 尚 :
公衆無線LANのバックホール仮想化における異種サービスを考慮した帯域割り当て手法,
電子情報通信学会技術研究報告, ICM2017-1, 2017年5月.
2.清 将貴, 木下 和彦 :
無線センサネットワークにおける遅延とパケット到達率の保証に関する一検討,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, BS-3-9, 2017年3月.
3.深田 琴美, 木下 和彦 :
異種無線LAN混在環境における不均一な配置を考慮した仮想アクセスポイント構成手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.116, No.484, 117-120, 2017年3月.
4.柴田 修作, 木下 和彦, 河野 圭太, 渡辺 尚 :
周波数共用を考慮したCoMPクラスタ形成による公平性向上,
電子情報通信学会技術研究報告, No.NS2016-154, 2017年1月.
5.銀杏 一輝, 木下 和彦, 河野 圭太, 中山 裕貴, 林 經正, 渡辺 尚 :
公衆無線LANにおける帯域保証のためのバックホール仮想化,
電子情報通信学会技術研究報告, ICM2016-30, 2016年11月.
6.相原 雅彦, 木下 和彦, 山井 成良, 渡辺 尚 :
制限時間付き大容量ファイル転送における省電力帯域割り当て方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.116, No.256, 35-38, 2016年10月.
7.Tadahide Kunitachi, Kazuhiko Kinoshita and Takashi Watanabe :
An Experimental Evaluation on Reliable Wireless Communications with Substitute Forwarding in Vehicles,
Proceedings of IEICE Society Conference, BS5-9, Sep. 2016.
8.銀杏 一輝, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 :
高密度無線LAN環境における異種サービスを考慮した仮想アクセスポイント構成手法,
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム講演論文集, 1157-1163, 2016年7月.
9.錦織 秀, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 渡辺 尚 :
IoTサービスの満足率を考慮したZigBeeと無線LANのチャネル制御手法,
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム講演論文集, 1093-1099, 2016年7月.
10.銀杏 一輝, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 :
異種無線LAN混在環境における複数のサービスを考慮した仮想アクセスポイント構成手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2016-27, 75-80, 2016年5月.
11.錦織 秀, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 渡辺 尚 :
ZigBee/WiFi共存環境における協調的チャネル制御手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2016-26, 69-74, 2016年5月.
12.銀杏 一輝, 松山 拓紀, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 :
異なるサービスの満足度を考慮した仮想APの構成法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-6-107, 2016年3月.
13.錦織 秀, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 渡辺 尚 :
ZigBeeと無線LANの共存環境における協調的チャネル制御手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-6-100, 2016年3月.
14.松山 拓紀, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 :
異種無線アクセスシステムにおける帯域保証サービスを考慮したカバレッジ最適化手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2015-193, 145-148, 2016年3月.
15.柴田 修作, 木下 和彦, 河野 圭太, 渡辺 尚 :
基地局間協調送受信を考慮した周波数共用による公平性向上,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2015-101, 79-80, 2015年10月.
16.相原 雅彦, 木下 和彦, 山井 成良, 渡辺 尚 :
制限時間付きファイル転送における消費電力を考慮した帯域割り当て方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.132, 27-32, 2015年7月.
17.松山 拓紀, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 :
異種無線システムを考慮したカバレッジ最適化に関する一検討,
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム講演論文集, 1555-1559, 2015年7月.
18.斎藤 健允, 木下 和彦, 山井 成良, 渡辺 尚 :
制限時間付き大容量データマイグレーションのための分散型帯域割り当て方式の検討,
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム講演論文集, 1129-1135, 2015年7月.
19.荒巻 敏彦, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 渡辺 尚 :
M2Mサービスの要求パケット到達率を考慮したバッファ制御手法,
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム講演論文集, 541-546, 2015年7月.
20.荒巻 敏彦, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 渡辺 尚 :
M2Mネットワークにおける要求パケット到達率を考慮した輻輳回避手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol.B-6-61, 2015年3月.
21.相原 雅彦, 木下 和彦, 山井 成良, 渡辺 尚 :
制限時間付き大容量ファイル転送における消費電力を考慮した経路選択と帯域制御,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol.B-6-116, 2015年3月.
22.柴田 修作, 木下 和彦, 河野 圭太, 渡辺 尚 :
CoMPを考慮した周波数共用によるセル端スループット向上,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol.B-6-22, 2015年3月.
23.丸山 幸香, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 :
ユーザ行動と事業者利益を考慮した周波数共用方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2014-61, 2015年3月.
24.河野 史織, 木下 和彦, 山井 成良, 渡辺 尚 :
制限時間付き大容量ファイル転送における帯域割当を考慮した経路制御方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2014-181, 2015年3月.
25.河野 史織, 木下 和彦, 山井 成良, 渡辺 尚 :
制限時間付き大容量ファイル転送のための帯域スケジューリングと経路制御,
電子情報通信学会技術研究報告, NS2014-111, Vol.114, No.252, 49-52, 2014年10月.
26.井上 夏樹, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 渡辺 尚 :
不均質な無線センサネットワークにおける共有ノードを用いた協調ルーチング,
電子情報通信学会技術研究報告, NS2014-114, Vol.114, No.252, 59-62, 2014年10月.
27.丸山 幸香, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 :
非協力的なWiMAX/WiFi事業者間におけるユーザ行動推測を用いた周波数共用,
電子情報通信学会技術研究報告, NS2014-109, Vol.114, No.252, 43-46, 2014年10月.
28.松山 拓紀, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 渡辺 尚 :
コンポーネント連結に基づいたサービスプラットフォー ムにおける無線アクセスシステム利用,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.132, 23-28, 2014年7月.
29.河野 史織, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三, 渡辺 尚 :
制限時間付き大容量ファイル転送のための動的経路制御方式,
電子情報通信学会技術研究報告, NS2014-26, Vol.114, No.28, 11-16, 2014年5月.
30.井上 優也, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 渡辺 尚 :
コンポーネント連結に基づくサービスプラットフォームにおける計算機/ネットワーク資源を同時に考慮した負荷分散手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2013-56, 2014年3月.
31.鮫島 遥介, 河野 圭太, 木下 和彦, 渡辺 尚 :
複数の非協力的なプライマリユーザを考慮した周波数共用方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol.B-6-112, 2014年3月.
32.松山 拓紀, 井上 優也, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 渡辺 尚 :
コンポーネント連結に基づいたサービスプラットフォームにおける無線アクセスを考慮した負荷分散手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol.B-14-4, 2014年3月.
33.斎藤 健允, 木下 和彦, 山井 成良, 渡辺 尚 :
制限時間付大容量ファイルダウンロードのための分散制御による帯域割り当て方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol.B-6-22, 2014年3月.
34.丸山 幸香, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三, 渡辺 尚 :
非協力的なWiMAX/WiFi事業者間の周波数共用にユーザ行動が与える影響,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2013, 2014年1月.
35.木下 和彦 :
異種無線ネットワークにおける効率的周波数共用,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.SR2013-68, 2013年10月.
36.勝元 健, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
大容量ファイルダウンロードにおけるユーザ効用最大化を目的とした帯域割り当て方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2013-104, 2013年10月.
37.勝元 健, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三, 渡辺 尚 :
制限時間付きファイル転送におけるユーザ効用最大化を目的とした帯域割り当て方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2013-104, 2013年10月.
38.井上 優也, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ネットワーク制御とサービス制御を一元化したサービスプラットフォームにおける短・長期的負荷分散手法,
電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, Vol.NS2013-103, 2013年10月.
39.井上 優也, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ネットワーク制御とサービス制御を一元化したサービスプラットフォームの複数OpenFlowドメインを用いたプロトタイプ実装,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2013-10, 2013年7月.
40.丸山 幸香, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
非協力なWiMAX/WiFi事業者間における適応的しきい値制御による周波数共用,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2013-28, 2013年5月.
41.勝元 健, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
制限時間付き大容量ファイルダウンロードのための帯域スケジューリング方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2013-2, 2013年4月.
42.サンパト プリヤンカラ, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
無線センサネットワークのためのハイブリッド型ルーティングプロトコルとその動的再構成手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2012-125, 2012年12月.
43.竹本 裕明, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
非協力的な事業者間でのWiFi/WiMAX周波数共有に関する一検討,''電子情報通信学会技術研究報告,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2012-100, 2012年10月.
44.井上 夏樹, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
重畳されたセンサネットワークのための共有ノードを用いた協調ルーチング,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2012-50, 2012年7月.
45.勝元 健, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
制限時間付き大容量ファイルダウンロードのための動的帯域割り当て方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2012-38, 2012年6月.
46.井上 優也, 木下 和彦, 廣田 悠介, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
分散コンポーネントで構成されたネットワークサービスのためのバックエンドサーバで利用可能な波長資源を考慮した帯域管理手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2012-13, 2012年5月.
47.S. Priyankara, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
Spatialy Boundary Analysis Method for Clustering/Multi-hop Hybrid Routing in Homogeneous Wireless Sensor Networks,
IEICE General Conference, Mar. 2012.
48.一色 崇志, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 小西 啓介 :
大規模ネットワークにおけるルータの内部構造を考慮した障害検知のためのテストパケット送信手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012年3月.
49.井上 優也, 山崎 公敬, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
分散コンポーネントで構成されたネットワークサービスのためのバックエンドサーバで利用可能な波長チャネル数を考慮した帯域管理手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012年3月.
50.勝元 健, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
大容量ファイルダウンロードのための制限時間を考慮した帯域割り当て方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012年3月.
51.井上 夏樹, 谷川 陽祐, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
共有ノードを用いた複数センサネットワーク間協調ルーチング手法の検討,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012年3月.
52.竹本 裕明, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
WiMAX/WiFi統合ネットワークにおけるスループットと各事業者の利潤を考慮した動的周波数割り当て,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012年3月.
53.山崎 公敬, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ネットワーク制御を一元化したサービス提供プラットフォームのプロトタイプ実装と評価,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2011-70, 2012年3月.
54.森下 美希, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
異なる制限時間を持つエージェントのための公平なスケジューリング方式とその実装,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2011-269, 2012年3月.
55.永田 純子, 谷川 陽祐, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
重畳された無線センサネットワーク間の協調による負荷分散のためのルーチング手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2011, 2012年3月.
56.山崎 公敬, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ネットワーク制御を一元化したサービス提供プラットフォームにおけるサービス生成手法(奨励講演),
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2011-43, 2012年1月.
57.山崎 公敬, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ネットワーク制御を一元化したサービス提供プラットフォームのための分散コンポーネント管理機構(奨励講演),
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2011-15, 2011年7月.
58.森下 美希, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
制約時間の異なるエージェントのための獲得スコア期待値に基づく公平なスケジューリング方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2011-57, 2011年7月.
59.井本 圭佑, 木下 和彦, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
複数の送受信機を備えたノードで構成される無線センサネットワークのための経路制御方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011年3月.
60.原田 祐輔, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 小西 啓介 :
バックボーンネットワークにおけるルータの内部構造を考慮した故障箇所推定手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011年3月.
61.バイダル ニマ, 成重 篤志, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
時間制約付き情報検索におけるエージェント実行制御方式のためのパラメタ推定方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011年3月.
62.廣田 英輔, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
分散コンポーネントで構成されたネットワークサービスにおける複数層の障害に対応した分散協調型検知手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2010-58, 2011年3月.
63.中川 将史, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
WiFi/WiMAX統合ネットワークにおけるハンドオーバを考慮した周波数共有手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2010-200, 2011年3月.
64.成重 篤志, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
時間制約つき情報検索のためのエージェント実行制御方式におけるスコア分布推定手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2010-281, 2011年3月.
65.S. Priyankara, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
A Study on Efficient Node Placement for Clustering/Multi-hop Hybrid Routing in Heterogeneous Wireless Sensor Networks,
IEICE General Conference, Vol.BS-7-23, Sep. 2010.
66.中川 将史, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
WiFi/WiMAX統合ネットワークにおけるシステム間の公平性を考慮した周波数共有手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2010-63, 2010年9月.
67.山崎 公敬, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散コンポーネントで構成されたネットワークサービスにおける相互通信遅延を考慮した動的コンポーネント配置手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2010, 2010年7月.
68.森下 美希, 原 佑輔, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
エージェントを用いたマルチメディア情報検索のための制限時間の違いを考慮した公平なスケジューリング方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2010, 2010年6月.
69.山崎 公敬, 横江 直輔, 廣田 悠介, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散コンポーネントで構成されたネットワークサービスにおけるコンポーネント間通信を考慮した動的配置手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年3月.
70.上窪 加奈, サンパト プリヤンカラ, 谷川 陽祐, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ノード性能の不均質なセンサネットワークのための拡張DSRプロトコル,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年3月.
71.杉本 貴史, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
WiMAX/WiFi連携メッシュネットワークのためのチャネル割り当てを考慮した経路制御,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年3月.
72.森下 美希, 原 佑輔, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
制約時間の異なるエージェントのための公平性を考慮したスケジューリング方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年3月.
73.横江 直輔, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散コンポーネントの動的配置によって安定したQoSを提供するネットワークサービスプラットフォーム,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2009-52, 2010年3月.
74.金森 悠一, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
WiFi/WiMAX統合ネットワークにおける呼損率予測に基づく動的周波数割り当て手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2009-170, 2010年3月.
75.木下 和彦, 廣田 悠介, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ネットワーク制御とサービス制御を一元化するサービス提供プラットフォーム,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2009-40, 2010年1月.
76.中川 将史, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
WiMAX/WiFi統合網におけるスループット向上のための遺伝的アルゴリズムを用いた周波数割当方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2009-53, 2009年7月.
77.金森 悠一, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
WiFi /WiMAX統合ネットワークにおけるマルチメディアサービスの呼損率を低減する動的周波数割当手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2009-10, 2009年5月.
78.廣田 英輔, 横江 直輔, 宮崎 渉, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散コンポーネントで構成されたネットワークサービスのためのマルチレイヤ障害検知手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2009-8, 2009年5月.
79.サンパト プリヤンカラ, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
無線センサネットワークにおけるシンク周辺の負荷分散を考慮したハイブリッド型ルーティングプロトコル,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2009-255, 2009年3月.
80.吉本 将宣, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
WiMAX/WiFi連携メッシュネットワークにおける効率的な周波数共有手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2008-213, 2009年3月.
81.八田 武, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
太陽電池を用いた無線センサネットワークにおける予測発電量を考慮した情報収集法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009年3月.
82.成重 篤志, 原 佑輔, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
時間制約付き情報検索における中間結果を考慮したエージェント実行方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009年3月.
83.中川 将史, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
WiMAX/WiFi統合ネットワークにおける遺伝的アルゴリズムを用いた効率的周波数割り当て,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009年3月.
84.廣田 英輔, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散コンポーネントで構成されたネットワークサービスのための単一障害検知手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009年3月.
85.山本 裕, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
無線マルチホップ網を用いた監視システムにおけるカメラ選択スケジューリング,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2008-201, 2009年3月.
86.岡田 洋輝, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
複数のオーバレイネットワークにおける残余通信時間を考慮した協調ルーチング,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2008-69, 2009年3月.
87.宮崎 渉, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散コンポーネント数の自律的な増減による適応負荷分散手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2008-88, 2009年3月.
88.原 佑輔, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
時間制約付き情報検索における要求結果数を考慮したエージェント実行制御方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2008-141, 2009年1月.
89.浜口 航, 河野 圭太, 木下 和彦, 山井 成良 :
大規模移動ネットワークのための経路制御メッセージ送信タイミング制御手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2008-122, 2008年12月.
90.横江 直輔, 宮崎 渉, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散Webサービスを管理する多重オーバレイネットワークの動的再構築手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ICM2008-49, 2008年11月.
91.サンパト プリヤンカラ, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
ノード性能の不均質なセンサネットワークのためのクラスタリング方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2008-78, 2008年10月.
92.S. Priyankara, Kazuhiko Kinoshita, H. Tode and K. Murakami :
A Clustering Method for Wireless Sensor Networks with Heterogeneous Node Types,
Proceedings of the Society Conference of IEICE, Vol.94, No.8, 2254, Sep. 2008.
93.岡田 洋輝, チャン グェン チュン, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
複数のオーバレイネットワークにおける効率的な帯域利用のための協調ルーチング,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2008-47, 2008年9月.
94.金森 悠一, 山田 剛, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
マルチメディアサービスの呼損率を低減するコグニティブ無線技術を利用した動的周波数割当,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2008年3月.
95.横江 直輔, 宮崎 渉, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
分散Webサービスにおいて複数コンポーネントを保持するノードの障害に対応するオーバレイネットワーク構築手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2008年3月.
96.原 佑輔, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
複数の検索結果を要求する時間制約付き情報検索のためのエージェント実行制御方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2008年3月.
97.山田 剛, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
コグニティブ無線技術を用いたWiMAX/WLAN統合ネットワークにおける効率的な周波数割り当て手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2007-190, 2008年3月.
98.越智 佳景, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
IP基盤網を透過的に利用する広域アドホックネットワーク構築法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2007-183, 2008年3月.
99.吉本 将宣, 河野 圭太, 木下 和彦, 松田 崇弘, 村上 孝三 :
TCPストリーミングサービスのためのIEEE802.11eを用いたハンドオフ性能向上手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2007-104, 2007年11月.
100.宮崎 渉, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散Webサービスの障害復旧のための多重オーバーレイネットワーク,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2007-58, 2007年9月.
101.岡崎 高久, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
環境エネルギーを利用可能なセンサネットワークに適した発電量予測法とセンサ情報収集法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.577, 35-40, 2007年3月.
102.宮崎 渉, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三, 菊池 慎司, 土屋 哲, 関口 敦二, 勝山 恒男 :
分散Webサービス障害時における代替コンポーネント探索手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2007年3月.
103.河野 圭太, 木下 和彦, 山井 成良 :
多数の端末が接続された移動ネットワークのための分散型モビリティ制御方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.577, 47, 2007年3月.
104.木下 和彦, 鎌田 英朗, チャングェン チュン, 山井 成良, 村上 孝三 :
[奨励講演]時間制約付き情報検索における実行時間の不均質性を考慮したエージェント制御方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2006-152, 2007年1月.
105.吉本 将宣, 河野 圭太, 木下 和彦, 松田 崇弘, 村上 孝三 :
無線統合網におけるTCPを用いたストリーミングサービスのためのハンドオフ性能向上手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2007年.
106.チャングェン チュン, 鎌田 英朗, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
時間制約のあるアプリケーションのための不均質なワークデマンドを考慮したエージェント実行制御方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2006-121, 2006年10月.
107.山田 剛, 吉村 匠二, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
多対多モバイル通信のための遅延制約を考慮した共有木型経路再構成手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2006-119, 2006年10月.
108.越智 佳景, 岡崎 高久, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
アドホックネットワークにおける制御メッセージ数を抑制する拡張AODVルーチング,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2006-59, 2006年7月.
109.木下 和彦, 鎌田 英朗, 山井 成良, 村上 孝三 :
時間制約付き情報検索における処理結果の質を考慮したエージェント実行制御方式,
電子情報通信学会技術研究報告,NS2006-36, 2006年6月.
110.N. T. Tran, H. Kamada, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Control Method of Agents with Heterogeneous Work Demand for Time Constraint Applications,
Proceedings of the IEICE General Conference, Vol.BS-8-5, Mar. 2006.
111.越智 佳景, 岡崎 高久, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
AODVにおける無効状態を利用したフラッディングメッセージ削減法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2006年3月.
112.山田 剛, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
モバイル多対多マルチキャスト通信のための遅延制約を考慮した経路再構成手法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2006年3月.
113.河野 圭太, 木下 和彦, 山井 成良 :
階層化モバイルIPv6を利用した効率的なネットワークモビリティ制御方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol.B-6-2, 2006年3月.
114.伊藤 正也, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
エンドツーエンドフィードバック型TCP制御方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.CS2005, 2006年1月.
115.伊藤 正也, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
TCPスループット上限値の考察,
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2005年9月.
116.吉村 匠二, 上野 肇, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
遅延制約を満たすモバイルマルチキャスト経路選択法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2005-65, 2005年7月.
117.岡崎 高久, 鎌田 英朗, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
複数要求を考慮に入れた高効率フラッディング制御,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IN2005-59, 2005年7月.
118.ラナトゥンガ ヴィジタ, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
不均質な環境におけるマルチエージェントシステムのための公平かつ効率的なスケジューリングアルゴリズム,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IN2005-51, 2005年7月.
119.岡崎 高久, 鎌田 英朗, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
複数要求を考慮に入れた効率的なフラッディング制御の検討,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2005年3月.
120.吉村 匠二, 上野 肇, 野村 貴則, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
広帯域通信サービスのためのモバイルマルチキャスト経路選択法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2005年3月.
121.Vijitha S. Ranatunga, Kazuhiko Kinoshita, N. Yamai and K. Murakami :
A Fair and Effective Scheduling Algorithm for Multi-Agent Systems on Heterogeneous Environments,
Proceedings of the IEICE General Conference, Mar. 2005.
122.河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
多階層分散型モビリティ制御のための自律的負荷分散基準設定手法,
電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-301, Vol.104, No.692, 285, 2005年2月.
123.森口 昌和, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
エージェント間通信におけるビザンチン障害への耐性を持つメッセージ転送方式,
電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-302, Vol.104, No.692, 289, 2005年2月.
124.鎌田 英朗, 木下 和彦, 山井 成良, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
時間制約下での効率的エージェント制御方式,
電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-97, 2004年9月.
125.上野 肇, 野村 貴則, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
サービスの連続性を考慮したアクセスポイント情報管理提供法,
電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-75, 2004年7月.
126.上野 肇, 野村 貴則, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
サービスエリアの連続性を考慮した無線システム選択のためのアクセスポイント情報管理提供法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2004年3月.
127.鎌田 英朗, 木下 和彦, 山井 成良, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
時間制約のあるアプリケーションにおける効率的なエージェント移動制御,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2004年3月.
128.和田 真, 戸出 英樹, 木下 和彦, 正城 敏博, 村上 孝三 :
生物の繁殖過程に基づくフラッディング制御方式の検討,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2003-220, 2003年12月.
129.伊藤 正也, 木下 和彦, 戸出 英樹, 村上 孝三 :
レートベースマルチストリームTCPの検討,
電子情報通信学会通信ソサイエティ大会, 2003年9月.
130.野村 貴則, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
異種アクセス網間での負荷分散を考慮した無線統合ネットワーク構成法,
電子情報通信学会技術研究報告,NS2003-63, 2003年7月.
131.谷岡 秀昭, 木下 和彦, 滝根 哲哉, 村上 孝三 :
Enhanced Fallback+:複数のQoS要求を満たす効率的な経路選択アルゴリズム,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NS2003-27, 2003年6月.
132.神原 正義, 木下 和彦, 村上 孝三 :
コンテンツ配信サービスのための動的サーバ選択方式,
電子情報通信学会技術研究報告,NS2002-212, Vol.102, No.648, 7-12, 2003年2月.
133.河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
多階層分散型IPモビリティ制御方式のための端末移動特性類推手法に関する検討,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.102, No.309, 1-6, 2002年9月.
134.河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
端末の移動速度に着目した多階層分散型IPモビリティ制御方式,
電子情報通信学会ネットワークシステム研究会,NS2002-44, Vol.102, No.129, 17-22, 2002年6月.
135.細川 晃, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
端末移動を考慮したユーザ/エージェント間通信方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2002年3月.
136.松井 知章, 河野 圭太, 木下 和彦, 村上 孝三 :
ホロニックネットワークにおける端末の移動を考慮した経路切り替え方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2002年3月.
137.神原 正義, 谷岡 秀昭, 木下 和彦, 村上 孝三 :
マルチキャスト通信における複数のQoS要求を考慮したルーチング方式,
電子情報通信学会技術研究報告,NS2001-182,PS2001-48, Vol.101, No.510, 73-78, 2001年12月.
138.徳丸 裕章, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
エージェント間通信における迂回ルーチング方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2001年3月.
139.木下 和彦, 益田 智員, 村上 孝三 :
大規模ネットワークにおけるQoS保証を考慮したフロー管理方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2001年3月.
140.神原 正義, 谷岡 秀昭, 木下 和彦, 村上 孝三 :
複数のQoSを考慮したマルチキャストルーチング方式,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2001年3月.
141.谷岡 秀昭, 木下 和彦, 村上 孝三 :
マルチメディア通信サービスのための多対多ルーチング方式,
電子情報通信学会技術研究報告,SSE2000-276,IN2000-232, Vol.100, No.670, 299-304, 2001年3月.
142.渡辺 君人, 永松 孝之, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
多面的論理ネットワークによる位置透過性を考慮したエージェントシステムAgent Gatewayの提案,
ソフトウェアエージェントとその応用ワークショップ(SAA2000), 53-60, 2000年11月.
143.河野 圭太, 益田 智員, 木下 和彦, 村上 孝三 :
経路状況を考慮したマルチメディアサービス検索方式,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.100, No.394, 55-60, 2000年10月.
144.河野 圭太, 益田 智員, 木下 和彦, 村上 孝三 :
ネットワークマップにおける経路情報を利用したサービス情報検索,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2000年3月.
145.渡辺 君人, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
モバイルエージェント復元のための分散オブジェクトデータベース,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2000年3月.
146.永松 孝之, 渡辺 君人, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
エージェント間通信のための広域ルーチング方式,
ネットワーキングアーキテクチャワークショップ, 77-82, 2000年2月.
147.渡辺 君人, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
Agent Gateway:多面論理ネットワークによる位置透過性を考慮したモバイルエージェントプラットフォーム,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.SSE99-124, 1999年12月.
148.益田 智員, 河野 圭太, 木下 和彦, 滝根 哲哉, 村上 孝三 :
QoSルーチングのためのネットワークマップ構成法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1999年3月.
149.谷岡 秀昭, 木下 和彦, 滝根 哲哉, 村上 孝三 :
複数のQoS要求を満たす経路選択アルゴリズム,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1999年3月.
150.桑田 倫彦, 木下 和彦, 山井 成良, 村上 孝三 :
ネットワーク透過性を考慮したエージェントシステム,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.98, No.427, 77-80, 1998年11月.
151.谷岡 秀昭, 木下 和彦, 滝根 哲哉, 村上 孝三 :
Fallback+: 複数のQoS要求を満たす経路選択アルゴリズム,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.83, No.5, 31-36, 1998年5月.
152.木下 和彦, 藤嶋 貴志, 滝根 哲哉, 村上 孝三 :
マルチレート衛星通信における帯域割り当て法,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1998年3月.
153.木下 和彦, 谷岡 秀昭, 山井 成良, 滝根 哲哉, 村上 孝三 :
ホロニックルーチングのためのネットワークマップ構成法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.97, No.241, 25-30, 1997年8月.
154.木下 和彦, 滝根 哲哉, 村上 孝三, 寺田 浩詔 :
ホロニックネットワークを指向した網制御アーキテクチャ,
ネットワーキングアーキテクチャワークショップ,4-1-1∼4-1-6, 1996年12月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 異種無線マルチホップネットワークにおける協調型動的周波数割当 (研究課題/領域番号: 16K00128 )
  • 超多端末時代におけるユーザ体感向上を目指す無線ネットワークの実証的基礎研究 (研究課題/領域番号: 16H01718 )
  • 異種無線統合ネットワークにおけるエージェント間協調を用いた動的周波数共用方式 (研究課題/領域番号: 21760290 )
  • マルチ仮想ネットワーキングによる高信頼ネットワークシステムアーキテクチャの研究 (研究課題/領域番号: 21360187 )
  • 光パケット交換網のブロッキング性能を向上させるネットワーク制御技術 (研究課題/領域番号: 19560383 )
  • 多対多広帯域通信サービスのためのQoSを考慮したモバイルマルチキャスト技術 (研究課題/領域番号: 18700060 )
  • リアルタイム分散協調制御を用いた高信頼マルチメディア情報ネットワークの研究 (研究課題/領域番号: 16300018 )
  • IPを基盤とした無線統合網のためのエージェント技術を用いたモビリティ制御方式 (研究課題/領域番号: 15700056 )
  • 多対多型マルチキャスト通信のためのエージェント技術を用いた自律的経路制御方式 (研究課題/領域番号: 13750346 )
  • ホロニック光情報ネットワークにおけるマルチメディア統合スイッチング方式 (研究課題/領域番号: 13450159 )
  • マルチメディアネットワーク用高機能ルータに関する研究 (研究課題/領域番号: 11450148 )
  • 研究者番号(40304018)による検索