検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域先端臨床医学教育研究プロジェクト
徳島大学病院診療科脳·神経·精神科精神科神経科
徳島大学病院診療科脳·神経·精神科心身症科
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域医科学部門内科系精神医学
徳島大学医学部医学科情報統合医学講座精神医学分野
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Junji Chida, Hideyuki Hara, Masashi Yano, Keiji Uchiyama, Rani Nandita Das, Etsuhisa Takahashi, Hironori Miyata, Yukiko Tomioka, Toshihiro Ito, Hiroshi Kido and Suehiro Sakaguchi :
Prion protein protects mice from lethal infection with influenza A viruses.,
PLoS Pathogens, Vol.14, No.5, e1007049, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112206,   DOI: 10.1371/journal.ppat.1007049,   PubMed: 29723291)
2. Yukiko Tomioka, Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Y Iwayama, T Toyota, M Ikeda, H Yamamori, S Shimodera, A Tajima, R Hashimoto, N Iwata, T Yoshikawa and Tetsuro Ohmori :
Decreased serum pyridoxal levels in schizophrenia: meta-analysis and Mendelian randomization analysis.,
Journal of Psychiatry & Neuroscience, Vol.43, No.3, 194-200, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114064,   DOI: 10.1503/jpn.170053,   PubMed: 29688875)
3. Masatoshi Inoshita, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Makoto Kinoshita, Yukiko Tomioka, Atsushi Tajima, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori :
Elevated peripheral blood glutamate levels in major depressive disorder.,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 945-953, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114063,   DOI: 10.2147/NDT.S159855,   PubMed: 29670355,   Elsevier: Scopus)
4. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Masashi Ohta, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita and Tetsuro Ohmori :
Impaired central coherence in patients with anorexia nervosa,
Psychiatry Research, Vol.259, 77-80, 2017.
(DOI: 10.1016/j.psychres.2017.09.086,   PubMed: 29031167,   Elsevier: Scopus)
5. Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Shinya Watanabe, Yutaka Hatakeyama, Makoto Kinoshita, Yukiko Tomioka, Kiyoshi Nakahara, Takeshi Nikawa and Tetsuro Ohmori :
Altered KYN/TRP, Gln/Glu, and Met/methionine sulfoxide ratios in the blood plasma of medication-free patients with major depressive disorder.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 4855, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110182,   DOI: 10.1038/s41598-017-05121-6,   PubMed: 28687801)
6. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Y Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita, Masashi Ohta and Tetsuro Ohmori :
Influence of cognitive function on quality of life in anorexia nervosa patients,
Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.71, No.5, 328-335, 2017.
(DOI: 10.1111/pcn.12491,   PubMed: 27973723)
7. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori :
Impaired social cognition in anorexia nervosa patients,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.12, 2527-2531, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110040,   DOI: 10.2147/NDT.S116521,   PubMed: 27785029,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 富岡 有紀子, 沼田 周助, 大森 哲郎 :
ビタミンB6と統合失調症,
会誌ビタミン vitamins(Japan), Vol.92, No.10, 450-456, 2018年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114104)

国際会議:

1. Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Yukiko Tomioka, Makoto Kinoshita, Masahito Nakataki, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori :
Effects of processing conditions on plasma L-glutamate levels in non-psychiatric healthy subjects.,
6th Congress of AsCNP Asian College of Neuropsychopharmacology, Fukuoka, Oct. 2019.
2. Yukiko Tomioka, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Masuda Rumiko, Kazuaki Mawatari, Takeshi Nikawa, Akira Takahashi, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori :
Altered plasma metabolites related to one-carbon metabolism in schizophrenia.,
WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry, Kobe, Sep. 2018.
3. Hamatani Sayo, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori :
Characteristics of social cognition in women with anorexia nervosa.,
London Eating Disorders Confirence., London, Mar. 2017.
4. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori :
Impaired social cognition in anorexia nervosa patients,
13th London International Eating Disorders Conference, Vol.12, 2527-2531, London, Mar. 2017.
(DOI: 10.2147/NDT.S116521,   PubMed: 27785029,   Elsevier: Scopus)

国内講演発表:

1. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
歩行不能だったが,多職種の高度な連携と患者特性に配慮したケアにより 自宅生活可能となった高度肥満症の一例,
第261回徳島医学会学術集会, 2020年8月.
2. 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 鈴木 佳子, 秋月 佐代, 富岡 有紀子, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
療養環境整備に苦慮した,歩行不能の高度肥満症の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
3. 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 梅原 英裕, 渡部 真也, 沼田 周助, 大森 哲郎 :
統合失調症患者における血清葉酸濃度の検討,
第14回日本統合失調症学会, 2019年4月.
4. 松本 唯, 富岡 有紀子, 渡部 真也, 大森 哲郎 :
多職種が介入しクロザピン導入・継続が可能となった治療抵抗性統合失調症の一例,
第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
5. 井下 真利, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 木下 誠, 富岡 有紀子, 田嶋 敦, 沼田 周助, 大森 哲郎 :
うつ病患者の末梢血グルタミン酸濃度のメタ解析,
第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月.
6. 富岡 有紀子, 沼田 周助, 木下 誠, 梅原 英裕, 渡部 真也, 中瀧 理仁, 岩山 佳美, 豊田 倫子, 池田 匡志, 山森 英長, 下寺 信次, 田嶋 敦, 橋本 亮太, 岩田 仲生, 吉川 武男, 大森 哲郎 :
血清ピリドキサール(ビタミンB6)と統合失調症の関連研究,
第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.
7. 富岡 有紀子 :
統合失調症におけるone-carbon metabolism 関連解析,
第9回脳科学クラスター・ミニリトリート, 2018年2月.
8. 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 :
うつ病における血漿グルタミン,グルタミン酸,グルタミン/グルタミン酸比,
第27回日本臨床精神神経薬理学会, 2017年11月.
9. 松葉 尚隆, 富岡 有紀子, 渡部 真也, 大森 哲郎 :
ECTが病相治療と予防に著効した精神病症状を伴う反復性うつ病性障害の一例,
第57回中国・四国精神神経学会, 2016年11月.
10. 吉田 智之, 富岡 有紀子, 沼田 周助, 大森 哲郎 :
クロザピン導入により攻撃性が著名に改善した統合失調症の一例,
第56回中国・四国精神神経学会, 2015年11月.

その他・研究会:

1. 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 :
うつ病のメタボローム解析,
第2回メタボローム解析シンポジウム, 2017年6月.
2. 木下 誠, 沼田 周助, 富岡 有紀子, 吉田 冬子, 功刀 浩, 大森 哲郎 :
Evaluation of causal associations between C-reactive protein levels and bipolar disorder.,
第35回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2016年11月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)