検索:
徳島大学教養教育院
徳島大学総合科学部社会創生学科環境共生コース
徳島大学総合科学教育部地域科学専攻環境共生分野
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1804032 ゲノム編集技術を用いたホヤ・カエル胚でのヒト疾患モデルの開発
徳島大学理工学部理工学科応用理数コース生物科学講座
徳島大学創成科学研究科理工学専攻自然科学コース(創成科学研究科)生物科学講座(創成科学研究科)
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004011 生物の代謝酵素を利用した環境に優しい 次世代地盤改良技術「バイオグラウト」の開発
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

分子生物学 (Molecular Biology), 発生生物学 (Developmental Biology)

研究テーマ

両生類胚を用いた初期発生の分子生物学的研究 (アフリカツメガエル (Xenopus laevis), 転写調節, シグナル伝達 (signal transduction), RNA干渉 (RNAi), 発生 (development), 形態形成 (morphogenesis), 転写因子 (transcription factor), ゲノム編集 (genome editing))

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Satoshi Yoshitome, Yukito Aiba, Masahiro Yuge, Nobuaki Furuno, Minoru Watanabe and Nobushige Nakajo :
Involvement of Myt1 kinase in the G2 phase of thefirst cell cycle inXenopus laevis,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.515, No.1, 139-144, 2019.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.05.104,   PubMed: 31128913)
2. Minoru Watanabe, Yuuri Yasuoka, Shuuji Mawaribuchi, Aya Kuretani, Michihiko Ito, Mariko Kondo, Haruki Ochi, Hajime Ogino, Akimasa Fukui, Masanori Taira and Tsutomu Kinoshita :
Conservatism and variability of gene expression profiles among homeologous transcription factors in Xenopus laevis.,
Developmental Biology, Vol.426, No.2, 301-324, 2017.
(DOI: 10.1016/j.ydbio.2016.09.017,   PubMed: 27810169)
3. Adam M. Session, Yoshinobu Uno, Taejoon Kwon, Jarrod A. Chapman, Atsushi Toyoda, Shuji Takahashi, Akimasa Fukui, Akira Hikosaka, Atsushi Suzuki, Mariko Kondo, Simon Heeringen J. van, Ian Quigley, Sven Heinz, Hajime Ogino, Haruki Ochi, Uffe Hellsten, Jessica B. Lyons, Oleg Simakov, Nicholas Putnam, Jonathan Stites, Yoko Kuroki, Toshiaki Tanaka, Tatsuo Michiue, Minoru Watanabe, Ozren Bogdanovic, Ryan Lister, Georgios Georgiou, Sarita S. Paranjpe, Ila Kruijsbergen van, Shengquiang Shu, Joseph Carlson, Tsutomu Kinoshita, Yuko Ohta, Shuuji Mawaribuchi, Jerry Jenkins, Jane Grimwood, Jeremy Schmutz, Therese Mitros, Sahar V. Mozaffari, Yutaka Suzuki, Yoshikazu Haramoto, Takamasa S. Yamamoto, Chiyo Takagi, Rebecca Heald, Kelly Miller, Christian Haudenschild, Jacob Kitzman, Takuya Nakayama, Yumi Izutsu, Jacques Robert, Joshua Fortriede, Kevin Burns, Vaneet Lotay, Kamran Karimi, Yuuri Yasuoka, Darwin S. Dichmann, Martin F. Flajnik, Douglas W. Houston, Jay Shendure, Louis DuPasquier, Peter D. Vize, Aaron M. Zorn, Michihiko Ito, Edward M. Marcotte, John B. Wallingford, Yuzuru Ito, Makoto Asashima, Naoto Ueno, Yoichi Matsuda, Gert Jan C. Veenstra, Asao Fujiyama, Richard M. Harland, Masanori Taira and Daniel S. Rokhsar :
Genome evolution in the allotetraploid frog Xenopus laevis.,
Nature, Vol.538, No.7625, 336-343, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110155,   DOI: 10.1038/nature19840,   PubMed: 27762356)
4. k Tanaka, A Kato, C Angelocci, Minoru Watanabe and Y Kato :
A potential molecular pathogenesis of cardiac/laterality defects in Oculo-Facio-Cardio-Dental syndrome.,
Developmental Biology, Vol.387, No.1, 28-36, 2014.
(DOI: 10.1016/j.ydbio.2014.01.003,   PubMed: 24440151,   Elsevier: Scopus)
5. Makoto Yanagisawa, Keiko Kashiwagi, Hideki Hanada, Tadashi Shinkai, Satoshi Yoshitome, Hideo Kubo, Masao Sakai, Hirotada Fujii, Masamichi Yamashita, Akihiko Kashiwagi, Minoru Watanabe and Nobuaki Furuno :
Hypergravity Specifically Affects Anterior Head Formation in Early Xenopus Embryos,
Biological Sciences in Space, Vol.26, 47-52, 2013.
(DOI: 10.2187/bss.26.47)
6. Makoto Yanagisawa, Keiko Kashiwagi, Hideki Hanada, Tadashi Shinkai, Satoshi Yoshitome, Hideo Kubo, Masao Sakai, Hirotada Fujii, Masamichi Yamashita, Akihiko Kashiwagi, Nobuaki Furuno and Minoru Watanabe :
Analysis of Head-Defects Caused by Hypergravity in Early Xenopus Embryos,
Biological Sciences in Space, Vol.26, 1-6, 2012.
(DOI: 10.2187/bss.26.1)
7. 柳澤 誠, 古野 伸明, 渡部 稔, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 鈴木 賢一, 山下 雅道, 柏木 明彦 :
過重力はアフリカツメガエルの頭部形成(特に眼と脳)に特異的に影響を与える,
Space Utilization Research, Vol.28, 172-175, 2012年.
8. 柳澤 誠, 古野 伸明, 渡部 稔, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 鈴木 賢一, 山下 雅道, 柏木 昭彦 :
過重力によって生じたアフリカツメガエル初期胚の頭部形成異常の解析 II,
Space Utilization Research, Vol.27, 198-200, 2011年.
9. 佐藤 高則, 佐山 哲雄, 谷 啓二, 中原 由加里, 藤本 順子, 渡部 稔 :
高大連携による高校生への生命科学体験型講座の実施報告, --- ∼SPPおよびSSHを例として∼ ---,
大学教育研究ジャーナル, No.7, 173-186, 2010年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82851,   CiNii: 110007605438)
10. 柏木 桂子, 藤原 好恒, 坂尾 智美, 古野 伸明, 柳澤 誠, 花田 秀樹, 谷本 能文, 山下 雅道, 渡部 稔, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 内藤 富夫, 鈴木 賢一, 柏木 昭彦 :
両生類の生活環における強磁場の影響ー初期発生の形態学的および分子生物学的解析ー,
Space Utilization Research, Vol.26, 232-235, 2010年.
11. 渡部 稔, 柳澤 誠, 古野 伸明, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 酒井 雅夫, 藤井 博匡, 山下 雅道, 柏木 昭彦 :
過重力下で見られるアフリカツメガエル頭部形成異常の解析,
Space Utilization Research, Vol.25, 155-158, 2009年.
12. Kanako Waki, Akiko Noami, Mikiko Hashimoto, Akio Okuma, Ituka Kubo, Taku Kanai, 佐藤 高則, 渡部 稔, 後藤 壽夫 :
Novel S-S loops in the globin chains from the giant hemoglobin of the polychaete Perinereis aibuhitensis.,
Natural Science Research, Vol.22, 105-125, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 62134,   CiNii: 110008694564)
13. H Ueno, N Nakajo, Minoru Watanabe, M Isoda and N Sagata :
FoxM1-driven cell division is required for neuronal differentiation in early Xenopus embryos.,
Development, Vol.135, No.11, 2023-2030, 2008.
(DOI: 10.1242/dev.019893,   PubMed: 18469223)
14. 新海 正, 柏木 昭彦, 柏木 啓子, 古野 伸明, 花田 秀樹, 吉留 賢, 渡部 稔, 藤井 博匡, 坂井 雅夫, 山下 雅道 :
過重力によるニシツメガエル脳下垂体‐甲状腺系の絹小低下に対する甲状腺ホルモン投与の効果,
Space Utilization Research, Vol.24, 242-245, 2008年.
15. 古野 伸明, 田澤 一朗, 柏木 啓子, 新海 正, 吉留 賢, 渡部 稔, 山下 雅道, 柏木 昭彦 :
アフリカツメガエル卵成熟過程に対する過重力の影響II,
Space Utilization Research, Vol.23, 311-313, 2007年.
16. Tadashi Shinkai, Akihiko Kashiwagi, Keiko Kashiwagi, Michihiko Matsuda, Shiro Urano, Hiroya Sato, Hideo Kubo, Nobuaki Furuno, Masao Sakai, Minoru Watanabe, Satoshi Yoshitome, Hirotada Fujii and Masamichi Yamashita :
Effects of Hypergravity on Pituitary-Target Organs in the Frog, Xenopus laevis,
Biological Sciences in Space, Vol.20, No.2, 40-43, 2006.
(DOI: 10.2187/bss.20.40,   CiNii: 10018709351)
17. 新海 正, 柏木 昭彦, 柏木 啓子, 古野 伸明, 浦野 四郎, 佐藤 嘉哉, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 渡部 稔, 吉留 賢, 藤井 博匡, 山下 雅道 :
過重力環境がアフリカツメガエルの脳下垂体‐標的器官系におよぼす影響についての研究,
Space Utilization Research, Vol.22, 231-234, 2006年.
18. 古野 伸明, 田澤 一朗, 柏木 啓子, 川上 智美, 吉留 賢, 渡部 稔, 山下 雅道, 柏木 昭彦 :
アフリカツメガエル卵成熟過程に対する過重力の影響,
Space Utilization Research, Vol.22, 228-230, 2006年.
19. 柏木 昭彦, 古野 伸明, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 川上 智美, 渡部 稔, 山下 雅道 :
両生類の生活環に対する重力影響ー初期発生,形態形成や変態の形態学的および分子生物学的解析,
Space Utilization Research, Vol.21, 270-273, 2005年.
20. Minoru Watanabe, L Martha Rebbert, Massimiliano Andreazzoli, Nobuhiro Takahashi, Reiko Toyama, Steven Zimmerman, Malcolm Whitman and B Igor Dawid :
Regulation of the Lim-1 gene is mediated through conserved FAST-1/FoxH1 sites in the first intron,
Developmental Dynamics, Vol.225, No.4, 448-456, 2002.
(DOI: 10.1002/dvdy.10176,   PubMed: 12454922)
21. Hidetaka Shiratori, Rui Sakuma, Minoru Watanabe, Hiromi Hashiguchi, Kyoko Mochida, Yasuo Sakai, Jinsuke Nishino, Yukio Saijoh, Malcolm Whitman and Hiroshi Hamada :
Two step regulation of left-right asymmetric Pitx2 expression: Initiation by Nodal signaling and maintenance by Nkx2,
Molecular Cell, Vol.7, No.1, 137-149, 2001.
(DOI: 10.1016/S1097-2765(01)00162-9,   PubMed: 11172719,   CiNii: 30010673881,   Elsevier: Scopus)
22. Shin-Ichi Osada, Yukio Saijoh, Amanda Frisch, Chang-Yeol Yeo, Hitoshi Adachi, Minoru Watanabe, Malcolm Whitman, Hiroshi Hamada and VE Christopher Wright :
Activin/Nodal responsiveness and asymmetric expression of a Xenopus nodal-related gene converge on a FAST-regulated module in intron 1,
Development, Vol.127, No.11, 2503-2514, 2000.
(PubMed: 10804190,   Elsevier: Scopus)
23. Yukio Saijoh, Hitoshi Adachi, Rui Sakuma, Chang-Yeol Yeo, Kenta Yashiro, Minoru Watanabe, Hiromi Hashiguchi, Kyoko Mochida, Sachiko Ohishi, Masahiro Kawabata, Kohei Miyazono, Malcolm Whitman and Hiroshi Hamada :
Left-right asymmetric expression of lefty2 and nodal is induced by a signaling pathway that includes the transcription factor FAST2,
Molecular Cell, Vol.5, No.1, 35-47, 2000.
(DOI: 10.1016/S1097-2765(00)80401-3,   PubMed: 10678167,   Elsevier: Scopus)
24. Minoru Watanabe and Malcolm Whitman :
The role of transcription factors involved in TGFß superfamily signaling during development,
Cellular and Molecular Biology, Vol.45, No.5, 537-543, 1999.
25. Minoru Watanabe and Malcolm Whitman :
FAST-1 is a key maternal effector of mesodermal inducers in the early Xenopus embryo,
Development, Vol.126, 5621-5634, 1999.
26. Gretchen Poortinga, Minoru Watanabe and M. Susan Parkhurst :
Drosophila CtBP: a Hairy-interacting protein required for embryonic segmentation and Hairy-mediated transcriptional repression,
The EMBO Journal, Vol.17, 2067-2078, 1998.
27. Xin Chen, Ellen Weisberg, Valerie Fridmacher, Minoru Watanabe, Grace Naco and Malcolm Whitman :
Smad4 and FAST-1 in the assembly of activin-responsive factor,
Nature, Vol.389, No.6646, 85-89, 1997.
(DOI: 10.1038/38008,   PubMed: 9288972)
28. Naoyuki Hayashi, Hiroaki Seino, Kenji Irie, Minoru Watanabe, KL Clark, Kunihiro Matsumoto and Takeharu Nishimoto :
General interaction of DED1 encoding a putative ATP-dependent RNA helicase with SRM1 encoding a mammalian RCC1 homologue in Saccharomyces cerevisiae,
Molecular and General Genetics, Vol.253, 149-156, 1996.
29. Minoru Watanabe, R. Andrew Zinn, C. David Page and Takeharu Nishimoto :
Functional equivalence of human X- and Y-encoded isoforms of ribosomal protein S4 consistent with a role in Turner syndrome,
Nature Genetics, Vol.4, No.3, 268-271, 1993.
(DOI: 10.1038/ng0793-268,   PubMed: 8358435)
30. Minoru Watanabe, Toshiro Hayashida, Takeharu Nishimoto and Hideki Kobayashi :
Nucleotide sequence of Xenopus homeobox gene, En-1,
Nucleic Acids Research, Vol.21, 2513, 1993.
31. Minoru Watanabe, Nobuaki Furuno, Mark Gobel, Mitiko Go, Kumi Miyauchi, Takeshi Sekiguchi, Claudio Basilico and Takeharu Nishimoto :
Molecular cloning of the human gene, CCG2, that complements the BHK-derived temperature-sensitive cell cycle mutant tsBN63: identification of CCG2 with the human X chromosomal SCAR/RPS4 gene,
Journal of Cell Science, Vol.100, 35-43, 1991.

学術論文(紀要・その他):

1. 渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」の実施報告,
大学教育研究ジャーナル, No.6, 85-101, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82694,   CiNii: 110007591279)
2. 大橋 眞, 渡部 稔, 佐藤 高則, 石井 愃義 :
現代GP体験ゼミ 吉野川源流の自然と文化を見て・知って・考えてみる, --- 現代GP「豊穣な吉野川を持続可能とする共生環境教育」の一環として ---,
大学教育研究ジャーナル, No.6, 115-119, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82697,   CiNii: 110007591423)
3. 山中 瑞江, 脇加 奈子, 尾崎 絵里香, 金井 拓, 金井 悠一郎, 中辻 嵩, 谷川 和代, 橋本 美城子, 森 由美子, 倉林 陽子, 岸本 慎哉, 水本 浩太, 渡部 稔, 佐藤 征弥, 真壁 W. 和裕, 大橋 眞, 後藤 壽夫 :
中国産アオゴカイPerinereis aibuhitensisと徳島産イトメTylonrrhynchus heterochaetusの血液に浮遊する巨大ヘモグロビンのグロビン鎖の一次構造比較,
徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.19, 63-92, 2005年.

学術レター:

1. 土屋 敦, 三笠 洋明, 渡部 稔, 新原 将義, 古澤 修一 :
アクティブ・ラーニングを取り入れた授業実践,
平成28年度徳島大学「大学教育再生加速プログラム」シンポジウム アクティブ・ラーニング&反転授業 発表抄録集, 4-5, 2016年.

総説・解説:

1. 渡部 稔 :
FAST-1: TGFßシグナルによる中胚葉誘導に必須の転写因子,
細胞工学, Vol.19, 280-282, 2000年.

国際会議:

1. Keiji Minagawa, Minoru Watanabe, Takahito Saito and Hiroyuki Ukida :
Learning through Teaching Programs of Science and Technology for University Students,
8th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2019), Innovation in Education for Global Business, 175-180, Kota Kinabalu, Jun. 2019.
2. Keiji Minagawa, Minoru Watanabe and Takahito Saito :
Design of General/Basic Education Courses Utilizing Learning through Teaching at School Visit Programs,
7th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2018), Niigata, Jun. 2018.
3. Ryutaroh Tanaka, Miyu Yoshida, Yoshitome Satoshi, Furuno Nobuaki, Nakajo Nobushige and Minoru Watanabe :
Developmental roles for Wee1B, a negative regulator for the cell cycle, in Xenopus laevis,
International Symposium at Hiroshima University. Amphibian development, regeneration, evolution and beyond., 26, Mar. 2018.
4. Minoru Watanabe :
Application of CRISPR/Cas system to Xenopus laevis,
International Symposium Frontiers in Amphibian Biology: Endangered Specices Consevation and Genome Editing, 59-60, Mar. 2014.
5. Mari Yamada, Takeshi Nishiyama, Yuta Tagami and Minoru Watanabe :
Suppression of gene function in Xenopus laevis,
International Symposium on RNAi and Genome Editing Methods, Mar. 2014.
6. Kanako Nakada, Noriyuki Kinoshita and Minoru Watanabe :
A novel zinc finger transcription factor is required for the mesoderm induction during early Xenopus development,
11th International Xenopus Conference, Abstruct, 81, Kazusa (Chiba, Japan), Sep. 2006.
7. Minoru Watanabe :
Functional analysis of a transcription factor XSPR2b during early Xenopus development,
2nd International Symposium and annual meeting of Dynamics of Developmental Systems, Abstruct, 31, Chiba (Japan), Nov. 2005.
8. Minoru Watanabe, Junji Mirikuma, Atsushi Kitayama and Naoto Ueno :
XSPR-2b, a novel Nodal/FAST-1 target gene, is involved in the early mesodermal gene expression during Xenopus development,
10th International Xenopus Conference, Abstruct, 129, Woods Hole (Massachusetts, USA), Sep. 2004.
9. Minoru Watanabe and Malcolm Whitman :
The role of the FAST-1 gene: identification as a component of mesodermal inducing signaling in the Xenopus early embryo,
7th International Xenopus conference, Abstruct, 103, Chia Laguna (Sardegna, Italy), Sep. 1998.
10. Minoru Watanabe and Malcolm Whitman :
Role of FAST-1 in early Xenopus patterning,
Molecular Genetics of Development, Abstruct, 8, Airlie (Virginia, USA), May 1998.
11. Minoru Watanabe and Malcolm Whitman :
Function of the FAST-1 gene during Xenopus early development,
The Society for Developmental Biology, Northeast Regional Meeting, Abstruct, 9, Woods Hole (MA, USA), Apr. 1998.
12. Minoru Watanabe and M Susan Parkhurst :
Identification of genes that interact with hairy,
36th Annual Drosophila Reserach Conference, Abstruct, 282, Atlanta (Georgia, USA), Apr. 1995.

国内講演発表:

1. 渡部 稔 :
日本の大学で働く(日本の大学の現実),
第42回日本分子生物学会年会フォーラム, 2019年12月.
2. 田中 隆太郎, 吉田 美優, 吉留 賢, 古野 伸明, 中條 信成, 渡部 稔 :
CRISPR/Cas9法によるアフリカツメガエルwee1b遺伝子のノックアウトと表現型の解析,
第12回日本ツメガエル研究集会・第4回次世代両生類研究会合同シンポジウム, 2018年9月.
3. Minoru Watanabe, Ryutaroh Tanaka, Miyu Yoshida, Satoshi Yoshitome, Nobuaki Furuno and Nobushige Nakajo :
Gene knockout and phenotypic analyses of Xenopus laevis wee1B gene, a negative regulator of cell cycle, by CRISPER/Cas9 method,
Joint Annual Meeting of JSCB 51st and JSCB 70th, Jun. 2018.
4. 渡部 稔, 田中 隆太郎, 吉田 美優, Satoshi Yoshitome, Nobuaki Furuno, Nobushige Nakajo :
Gene knockout and phenotypic analyses of Xenopus laevis wee1B gene, a negative regulator of cell cycle, by CRISPER/Cas9 method,
Joint Annual Meeting of JSDB 51st and JSCB 70th, 168, 2018年5月.
5. 渡部 稔, 宇野 好宣, 福井 彰雅, 松田 洋一, 平良 眞則 :
アフリカツメガエルのサブゲノム染色体Sにおける大規模逆位の構造,
2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
6. 渡部 稔, 宇野 好宣, 福井 彰雅, 松田 洋一, 平良 眞則 :
アフリカツメガエル同祖染色体間の逆位構造の解析,
第11回 ツメガエル研究集会 要旨集, 21, 2017年9月.
7. 渡部 稔 :
異質四倍体生物アフリカツメガエルに対するゲノム編集,
第3回 日本生物工学会西日本支部講演会 講演要旨集, 17, 2016年12月.
8. 三浦 真紀, 岡本 悠輝, 光森 瞳子, 渡部 稔 :
Kruppel-like factor 6(KLF6)によるアフリカツメガエルの胚葉形成,
日本動物学会中四国支部会報, Vol.68, 4, 2016年5月.
9. 岡本 悠輝, 光森 瞳子, 渡部 稔 :
Kruppel-like factor 6(KLF6)によるアフリカツメガエルの胚葉形成,
第9回日本ツメガエル研究集会 要旨集, 20, 2015年9月.
10. 山田 真里, 渡部 稔 :
CRISPR/Cas9 法によるアフリカツメガエル初期胚のゲノム編集,
日本動物学会中国四国支部会報第67号, 13, 2015年5月.
11. 渡部 稔, 山城 考, 小川 誠 :
タンポポを題材とした遺伝子解析の実験,
日本生物教育学会第98回研究発表予稿集, 30, 2015年1月.
12. Mari Yamada and Minoru Watanabe :
Taegeted mutagenesis of Xenopus laevis gene by CRISPR/Cas system,
第47回日本発生生物学会年会, 76, May 2014.
13. 山田 真里, 渡部 稔 :
人工ヌクレアーゼのアフリカツメガエル初期胚への応用,
日本動物学会中国四国支部会報第66号, 15, 2014年5月.
14. 北村 友哉, 渡部 稔, 吉留 賢, 古野 伸明 :
ネッタイツメガエルMyt-1遺伝子のクローニングと初期発生における機能解析,
日本動物学会中国四国支部会報第66号, 14, 2014年5月.
15. 前高 明典, 西山 剛司, 渡部 稔 :
アフリカツメガエル初期胚におけるβ-catenin遺伝子の下流因子の解析,
第128回徳島生物学会 会報, 13, 2012年12月.
16. 渡部 稔 :
ツメガエルを用いた高大連携事業,
第6回XCIJ首都圏支部会(XCIJ-MA)兼第6回日本ツメガエル研究集会, 2012年7月.
17. 柳澤 誠, 古野 伸明, 渡部 稔, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 鈴木 賢一, 山下 雅道, 柏木 明彦 :
過重力はアフリカツメガエルの頭部形成(特に眼と脳)に特異的に影響を与える,
第28回宇宙利用シンポジウム, 2012年1月.
18. 西山 剛司, 麻植 汐那, 水本 菜摘, 山根 真由香, 渡部 稔 :
KN3クラスホメオボックス遺伝子のアフリカツメガエル初期発生における機能解析,
第5回日本ツメガエル研究集会要旨集, 20, 2011年10月.
19. Minoru Watanabe and Takeshi Nishiyama :
Involvement of the Nk3 class homeobox gene in the regulation of mesoderm gene expression during eraly Xenopus development,
第44回日本発生生物学会年会, May 2011.
20. 柳澤 誠, 古野 伸明, 渡部 稔, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 鈴木 賢一, 山下 雅道, 柏木 昭彦 :
過重力によって生じたアフリカツメガエル初期胚の頭部形成異常の解析II,
第27回宇宙利用シンポジウム, 2011年1月.
21. 西山 剛司, 有家 翔子, 前高 明典 and Minoru Watanabe :
cDNA microarray analysis of Xenopus laevis beta-catenin knock-down embryos by RNAi,
第33回日本分子生物学会年会プログラム, 218, Dec. 2010.
22. 柏木 啓子, 藤原 好恒, 板尾 智美, 古野 伸明, 柳澤 誠, 花田 秀樹, 谷本 能文, 山下 雅道, 渡部 稔, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 内藤 富夫, 鈴木 賢一, 柏木 昭彦 :
両生類の生活環に対する強磁場の影響ー初期発生の形態学的および分子生物学的解析ー,
第26回宇宙利用シンポジウム, 2010年1月.
23. 西山 剛司, 渡部 稔 :
RNAi法によりbeta-catenin遺伝子の機能を抑制されたアフリカツメガエル初期胚の解析,
第32回日本分子生物学会年会 プログラム, 182, 2009年12月.
24. 渡部 稔, 西山 剛司 :
RNAi法によりbeta-catenin遺伝子の機能を抑制されたアフリカツメガエル初期胚の解析,
第3回日本ツメガエル研究集会 要旨集, 25, 2009年10月.
25. Yuta Tagami, Yuki Okamoto, Takeshi Nishiyama and Minoru Watanabe :
Application of RNAi technology to Xenopus beta-catenin gene,
日本発生生物学会第42回大会 発表要旨集, 125, May 2009.
26. 渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告,
第120回徳島生物学会 会報, 17, 2008年12月.
27. 田上 雄大, 岡元 悠輝, 西山 剛司, 渡部 稔 :
アフリカツメガエルbeta-catenin遺伝子に対するRNAi法の適応,
第31回日本分子生物学会 講演要旨集, 803, 2008年12月.
28. 上野 裕之, 中條 信成, 渡部 稔, 磯田 道孝, 佐方 功幸 :
FoxM1依存の細部尾分裂はツメガエル胚の神経分化に必須である,
第31回日本分子生物学会 講演要旨集, 801, 2008年12月.
29. 上野 裕之, 中條 信成, 渡部 稔, 磯田 道孝, 佐方 功幸 :
FoxM1依存の細胞分裂はツメガエル神経分化に必要である,
日本発生生物学会第41回大会 発表要旨集, 285, 2008年5月.
30. Hiryuki Ueno, Nobushige Nakajo, Minoru Watanabe, Michitaka Isoda and Noriyuki Sagata :
FoxM1-driven cell division is required for neuronal differentiation in early Xenopus embryos,
日本発生生物学会第41回大会 発表要旨集, 113, May 2008.
31. 仲田 香奈子, 岡本 悠輝, 田上 雄大, 光森 瞳子, 木下 典行, 渡部 稔 :
アフリカツメガエル初期胚におけるKLF遺伝子群の解析,
第1回日本ツメガエル研究集会 要旨集, 17, 2007年8月.
32. 村田 碧, 渡部 稔 :
アフリカツメガエルXSPR2b遺伝子の発現調節機構の研究,
平成19年度生物系三学会中国四国支部大会,会報, 2, 2007年5月.
33. 仲田 香奈子, 渡部 稔 :
アフリカツメガエルの中胚葉形成に重要な機能を持つ新しい転写因子の研究,
平成19年度生物系三学会中国四国支部大会,会報, 1, 2007年5月.
34. 上野 裕之, 中條 信成, 渡部 稔 :
細胞周期制御転写因子FoxM1はツメガエル胚神経領域の細胞分裂と神経分化に必須である,
日本分子生物学会2006フォーラム,講演要旨集, 468, 2006年12月.
35. 渡部 稔 :
高校生の大学研究室への体験入学∼「ひらめき☆ときめきサイエンス」プログラム,
第116回徳島生物学会会報, 15, 2006年12月.
36. 山尾 郁美, 村田 碧, 諸熊 淳治, 喜多山 篤, 上野 直人, 渡部 稔 :
Functional analysis and transcriptional regulation of XSPR2b gene during early Xenopus development,
日本発生生物学会第39回大会,発表要旨集, 148, 2006年6月.
37. 山尾 郁美, 村田 碧, 仲田 香奈子, 渡部 稔 :
アフリカツメガエルXSPR2遺伝子の発現調節機構と機能の解析,
平成18年度生物系三学会中国四国支部大会,会報, 18, 2006年5月.
38. 渡部 稔, 水本 浩太, 山中 瑞恵, 真壁 W. 和裕, 後藤 壽夫 :
アオゴカイ巨大ヘモグロビンのグロビンmRNAとその発現組織,
平成18年度生物系三学会中国四国支部大会,会報, 18, 2006年5月.
39. 水本 浩太, 山中 瑞江, 真壁 W. 和裕, 渡部 稔, 後藤 壽夫 :
アオゴカイ細胞外ヘモグロビンのグロビン鎖に含まれるCyc残基の位置とグロビン鎖の共通名,
第116回徳島生物学会会報, 15, 2005年12月.
40. 中條 信成, 上野 裕之, 渡部 稔, 住友 洋美, 毛利 宣子, 佐方 功幸 :
サイクリンE2はアフリカツメガエルにおける正常発生に必須である,
第28回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 701, 2005年12月.
41. 山尾 郁美, 諸熊 淳治, 喜多山 篤, 上野 直人, 渡部 稔 :
アフリカツメガエル初期発生における転写因子XSPR2bの機能解析,
第28回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 663, 2005年12月.
42. Valerie Fridmacher, 渡部 稔, Chang-Yeol Yeo, Melissa Rubock, Malcolm Whitman :
A novel member of the Rel/NFkB family binds to activin-responsive promoter elements and regulates gene expression in the Xenopus embryo,
日本発生生物学会第38回大会,発表要旨集, 230, 2005年6月.
43. 中條 信成, 住友 洋美, 毛利 宣子, 渡部 稔, 佐方 功幸 :
サイクリンE2は原腸胚期以降のツメガエル正常発生に必要である,
日本発生生物学会第38回大会,発表要旨集, 98, 2005年6月.
44. 後藤 壽夫, 尾崎 絵理香, 野網 明子, 金井 拓, 水本 浩太, 渡部 稔, 真壁 W. 和裕 :
アオゴカイPerinereis aibuhitensis巨大ヘモグロビンのアミノ酸配列,
平成17年度生物系三学会中国四国支部大会岡山大会,会報, 18, 2005年5月.
45. 渡部 稔 :
アフリカツメガエルを用いた初期発生における形態形成機構の研究ーTGFβシグナルとその下流因子の機能解析ー,
第113回徳島生物学会会報, 7, 2004年6月.
46. 渡部 稔, 諸熊 淳治, 喜多 山篤, 上野 直人, 中川 敏幸 :
Nodal/FAST-1シグナル標的遺伝子XSPR-2bのアフリカツメガエル初期発生における機能の解析,
第26回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 1006, 2003年12月.
47. 渡部 稔, 諸熊 淳治, 喜多 山篤, 上野 直人, 中川 敏幸 :
Nodalシグナルの下流転写因子FAST-1の標的遺伝子(アフリカツメガエル初期胚由来)の探索と機能解析,
第25回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 892, 2002年12月.
48. 渡部 稔, Malcolm Whitman :
FAST-1はアフリカツメガエル初期胚におけるアクチビン/TGFßによる中胚葉誘導に必須の因子である,
第22回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 592, 1999年12月.
49. 渡部 稔, 西本 毅治 :
温度感受性変異株tsBN63株の変異遺伝子の単離,
第14回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 1992年12月.
50. 渡部 稔, 古野 伸明, 宮内 久美, 西本 毅治 :
温度感受性変異株tsBN63株を相補するヒト遺伝子のクローニング,
第13回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 1991年12月.
51. 渡部 稔, 古野 伸明, 宮内 久美, 西本 毅治 :
温度感受性変異株tsBN63株を相補するヒト遺伝子のクローニング,
第13回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 2278, 1990年12月.
52. 林田 敏朗, 渡部 稔, 西本 毅治, 小林 英紀 :
アフリカツメガエル(xenopus leavis)ホメオボックス遺伝子・Xen-1のcDNAの構造及びその産物の解析,
第13回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 2217, 1990年12月.
53. 渡部 稔, 林田 敏朗, 山名 清隆, 小林 英紀 :
アフリカツメガエルのengrailed遺伝子のクローニング,
第11回日本分子生物学会年会,講演要旨集, 1989年12月.

その他・研究会:

1. 渡部 稔, 大橋 眞 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験学習型プログラム」実施報告(第8報),
平成29年度全学FD推進プログラム 大学共育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 58-59, 2018年1月.
2. 渡部 稔, 大橋 眞 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験型学習プログラム」実施報告(第7報),
平成28年度全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 48-49, 2016年12月.
3. 佐藤 高則, 渡部 稔 :
「高校生物の復習テスト」結果について,
FD企画 平成27年度大学入門講座・オリエンテーション反省会, 2015年9月.
4. 渡部 稔, 大橋 眞 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第6報),
平成26年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 48-49, 2014年12月.
5. 渡部 稔 :
CRISPR/Cas9法によるアフリカツメガエル遺伝子の改変,
第9回XCIJ-MA・第8回ツメガエル研究会ジョイント研究集会, 2014年11月.
6. 渡部 稔, 佐藤 高則, 大橋 眞 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第5報),
平成25年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 46-47, 2013年12月.
7. 前高 明典, 西山 剛司, 渡部 稔 :
C/EBPα遺伝子による中胚葉遺伝子の発現制御,
第7回 日本ツメガエル研究集会要旨集, 20, 2013年9月.
8. 渡部 稔, 佐藤 高則, 大橋 眞 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第4報),
平成24年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 54-55, 2012年12月.
9. 渡部 稔, 佐藤 高則, 山城 考, 大橋 眞 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第3報),
平成23年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 66-67, 2012年1月.
10. 渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第2報),
平成21年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島,発表抄録集, 28-29, 2010年3月.
11. 渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 :
高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告,
平成20年度全学FD徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 8-9, 2009年1月.
12. 渡部 稔 :
高校生の大学研究室への体験入学ー「ひらめき☆ときめきサイエンス」プログラム報告ー,
平成18年度全学FD徳島大学教育カンファレンス,発表抄録集, 53-54, 2007年3月.

報告書:

1. 佐藤 高則, 大橋 眞, 渡部 稔, Munkhtsetseg Janlav, Ichinkhorloo Zesem :
モンゴル国家畜乳および乳製品の生物資源としての利用を指向した免疫作用 および細菌・機能性生体分子の調査研究,
平成24年度 学部長裁量経費・創生研究プロジェクト 報告書, 20-22, 徳島, 2013年9月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 転写因子FAST-1標的遺伝子の機能解析による脊椎動物の初期形態形成機構の研究 (研究課題/領域番号: 16027219 )
  • 新規Nodal標的転写因子によるFGFシグナル抑制の分子機構と胚葉形成制御の研究 (研究課題/領域番号: 15570172 )
  • 超分子ヘモグロビンの形成と適応進化 (研究課題/領域番号: 14540629 )
  • 転写因子FAST-1を用いた形態形成遺伝子の網羅的探索と機能解析 (研究課題/領域番号: 14034253 )
  • 研究者番号(60338952)による検索