検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 外科系 > 耳鼻咽喉科学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 感覚·皮膚·運動機能科 > 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 感覚情報医学講座 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 感覚情報医学講座 > 耳鼻咽喉科学分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
メカニズム:生理学的機序,
株式会社 最新医学社, 2017年.
2. 福井 裕行, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
抗アレルギー天然物医薬,苦参の有効成分,(-)マーキアインの分子薬理機構,
公益社団法人 日本薬理学会, 2016年3月.
(DOI: 10.1254/fpj.147.148,   PubMed: 26960774,   CiNii: 130005131662)
3. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Hisao Nemoto, Yoshiaki Kitamura, Yoshiki Kashiwada and Noriaki Takeda :
Histamine H1 receptor gene expression and drug action of antihistamines.,
Springer Science, NewYork, 2016.
4. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura and Noriaki Takeda :
Clinical significance of histamine H1 receptor gene expression and drug action of antihistamines.,
Springer Science, NewYork, 2016.
5. 北村 嘉章 :
鼻副鼻腔炎,
, 2015年8月.

学術論文(審査論文):

1. Tatsuya Fujii, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Kentaroh Okamoto, Nanae Sanada, Takuya Yamada, Manabu Sugiyama, Shotaro Michinaga, Mika Kitayama, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of irradiation with narrowband-ultraviolet B on up-regulation of histamine H1 receptor mRNA and induction of apoptosis in HeLa cells and nasal mucosa of rats.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.138, No.1, 54-62, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113541,   DOI: 10.1016/j.jphs.2018.08.011,   PubMed: 30301597)
2. Aurpita Shaha, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, Hiromichi Fujino, Masami Yabumoto, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Receptor and Interleukin-9 Gene Expressions Responsible for the Pathogenesis of the Allergic Rhinitis.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.9, 1440-1447, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b18-00325,   PubMed: 30175778)
3. Rezwanul Islam, Hiroyuki Mizuguchi, Aurpita Shaha, Kohei Nishida, Masami Yabumoto, Hisashi Ikeda, Hiromichi Fujino, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effect of wild grape on the signaling of histamine H1 receptor gene expression responsible for the pathogenesis of allergic rhinitis.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 242-250, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112246,   DOI: 10.2152/jmi.65.242,   PubMed: 30282868)
4. Yoshiro Wada, Suetaka Nishiike, Tadashi Kitahara, Toshiaki Yamanaka, Takao Imai, Taeko Ito, Gou Satou, Kazunori Matsuda, Yoshiaki Kitamura and Noriaki Takeda :
Effects of repeated snowboard exercise in virtual reality with time lags of visual scene behind body rotation on head stability and subjective slalom run performance in healthy young subjects,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.136, No.11, 1121-1124, 2016.
(DOI: 10.1080/00016489.2016.1193890,   PubMed: 27319356)
5. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Kentaro Okamoto, Mika Kitayama, Tatsuya Fujii, Akira Fujioka, Toshio Matsushita, Takashi Mukai, Yoshiaki Kubo, Nobuo Kubo, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Irradiation with narrowband-ultraviolet B suppresses phorbol ester-induced up-regulation of H1 receptor mRNA in HeLa cells,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.136, No.4, 409-413, 2016.
(DOI: 10.3109/00016489.2015.1129555,   PubMed: 26824787)
6. Hiroyuki Mizuguchi, AK Das, Kazutaka Maeyama, S Dev, M Shahriar, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Antihistamines suppress upregulation of histidine decarboxylase gene expression with potencies different from their binding affinities for histamine H1 receptor in toluene 2,4-diisocyanate-sensitized rats.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.130, No.4, 212-218, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113027,   DOI: 10.1016/j.jphs.2016.02.002,   PubMed: 26980430,   Elsevier: Scopus)
7. Hiroyuki Mizuguchi, N Orimoto, T Kadota, T Kominami, AK Das, A Sawada, M Tamada, K Miyagi, T Adachi, M Matsumoto, T Kosaka, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Suplatast tosilate alleviates nasal symptoms through the suppression of nuclear factor of activated T-cells-mediated IL-9 gene expression in toluene-2,4-diisocyanate-sensitized rats.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.130, No.3, 151-158, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113026,   DOI: 10.1016/j.jphs.2015.12.008,   PubMed: 26874672)
8. Manik Chandra Shill, Hiroyuki Mizuguchi, Sanmoy Karmakar, Takuya Kadota, Pulok K. Mukherjee, Yoshiki Kashiwada, Yoshiaki Kitamura, Hisao Nemoto, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
A novel benzofuran, 4-methoxybenzofuran-5-carboxamide, from Tephrosia purpurea suppressed histamine H1 receptor gene expression through a protein kinase C--dependent signaling pathway.,
International Immunopharmacology, Vol.30, 18-26, 2016.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2015.11.021,   PubMed: 26619301,   Elsevier: Scopus)
9. Yoshiaki Kitamura, H Nakagawa, Tatsuya Fujii, T Sakoda, T Enomoto, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of antihistamine on up-regulation of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis induced by controlled cedar pollen challenge in an environmental exposure unit.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.129, No.3, 183-187, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jphs.2015.10.007,   PubMed: 26598006)
10. Rie Tsutsumi, Masakazu Goda, Chisa Fujimoto, Kyoko Kanno, Misaki Nobe, Yoshiaki Kitamura, Koji Abe, Misako Kawai, Hideki Matsumoto, Tohru Sakai and Noriaki Takeda :
Effects of chemotherapy on gene expression of lingual taste receptors in patients with head and neck cancer.,
The Laryngoscope, Vol.126, No.3, E103-E109, 2015.
(DOI: 10.1002/lary.25679,   PubMed: 26422579)
11. Yuki Nariai, Hiroyuki Mizuguchi, T Ogasawara, H Nagai, Y Sasaki, Y Okamoto, Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiaki Kitamura, Hisao Nemoto, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Disruption of Heat Shock Protein 90 (Hsp90)-Protein Kinase Cδ (PKCδ) Interaction by (-)-Maackiain Suppresses Histamine H1 Receptor Gene Transcription in HeLa Cells,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.290, No.45, 27393-27402, 2015.
(DOI: 10.1074/jbc.M115.657023,   PubMed: 26391399)
12. Hiroyuki Mizuguchi, Y Nariai, S Kato, T Nakano, T Kanayama, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Maackiain is a novel antiallergic compound that suppresses transcriptional upregulation of the histamine H1 receptor and interleukin-4 genes.,
Pharmacology Research & Perspectives, Vol.3, No.5, e00166, 2015.
(DOI: 10.1002/prp2.166,   PubMed: 26516579)
13. 内藤 圭介, 島田 亜紀, 合田 正和, 遠藤 亜紀, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
上顎犬歯から発生した腺様歯原性腫瘍例,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.108, No.6, 461-464, 2015年.
(DOI: 10.5631/jibirin.108.461,   CiNii: 130005072175,   Elsevier: Scopus)
14. 北村 嘉章, 三好 仁美, 松岡 百百世, 藤井 達也, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
鼻涙管下鼻甲介スイング法にて内視鏡下に摘出した上顎洞血瘤腫例,
日本鼻科学会会誌, Vol.54, No.1, 25-30, 2015年.
15. 松岡 百百世, 北村 嘉章, 遠藤 亜紀, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
内視鏡下に摘出しえたsinonasal-type hemangiopericytoma例,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.108, No.1, 13-17, 2015年.
(DOI: 10.5631/jibirin.108.13,   CiNii: 130004720937,   Elsevier: Scopus)
16. 武田 憲昭, 神村 盛一郎, 嶽村 貞治, 太田 有美, 森鼻 哲生, 猪原 秀典, 北村 嘉章, 阿部 晃治 :
難治性中耳炎症状を呈するANCA陽性症例の疫学調査と診断基準の問題点に関する検討,
Otology Japan, Vol.24, No.5, 760-765, 2014年.
17. Eiji Kondou, Osamu Jinnouchi, Hiroki Ohnishi, Ikuji Kawata, Seiichi Nakano, Masakazu Goda, Yoshiaki Kitamura, Koji Abe, Hiroshi Hoshikawa, Hidehiko Okamoto and Noriaki Takeda :
Effects of aural stimulation with capsaicin ointment on swallowing function in elderly patients with non-obstructive dysphagia.,
Clinical Interventions in Aging, Vol.9, 1661-1667, 2014.
(DOI: 10.2147/CIA.S67602,   PubMed: 25328387)
18. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
アレルギー性鼻炎におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進の分子機構とその制御,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.107, No.4, 261-270, 2014年.
(DOI: 10.5631/jibirin.107.261,   CiNii: 130003395637,   Elsevier: Scopus)
19. A Olivera, Yoshiaki Kitamura, LD Wright, ML Allende, W Chen, T Kaneko-Goto, Y Yoshihara, RL Proia and J Rivera :
Sphingosine-1-phosphate can promote mast cell hyper-reactivity through regulation of contactin-4 expression,
Journal of Leukocyte Biology, Vol.94, No.5, 1013-1024, 2013.
(DOI: 10.1189/jlb.0313163,   PubMed: 23904439,   Elsevier: Scopus)
20. 神村 盛一郎, 遠藤 亜紀, 阿部 晃治, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
難治性MPO-ANCA関連中耳疾患例,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.106, No.7, 585-589, 2013年.
(DOI: 10.5631/jibirin.106.585,   CiNii: 130003374089)
21. Wakana Kuroda, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Yuko Miyamoto, Bukasa Kalubi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Combination of leukotoriene receptor antagonist with antihistamine has an additive suppressive effect on the up-regulation of H1-receptor mRNA in the nasal mucosa of toluene 2,4-diisocyanate-sensitized rat.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.122, No.1, 55-58, 2013.
(DOI: 10.1254/jphs.12250SC,   PubMed: 23615224,   Elsevier: Scopus)
22. Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi, Yuko Baba, Shohei Ono, Tomohiro Nakano, Qian Zhang, Yohei Sasaki, Makoto Kobayashi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Quercetin inhibits transcriptional up-regulation of histamine H1 receptor via suppressing protein kinase C-/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-ribose) polymerase-1 signaling pathway in HeLa cells.,
International Immunopharmacology, Vol.15, No.2, 232-239, 2013.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2012.12.030,   PubMed: 23333628)
23. Hiroyuki Mizuguchi, Miyagi Kohei, Terao Takuma, Sakamoto Noriko, Yamawaki Yosuke, Adachi Tsubasa, Ono S., Sasaki Y., Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
PMA-induced dissociation of Ku86 from the promoter causes transcriptional up-regulation of histamine H1 receptor.,
Scientific Reports, Vol.2, 916, 2012.
(DOI: 10.1038/srep00916,   PubMed: 23209876)
24. 福田 潤弥, 合田 正和, 藤本 知佐, 池園 哲郎, 中川 尚志, 日比野 浩, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 :
Perilymphatic oozer が疑われたCTP陽性の耳性髄液漏症例,
Otology Japan, Vol.22, No.3, 274-279, 2012年.
(DOI: 10.11289/otoljpn.22.274,   CiNii: 10030959187)
25. 松田 和徳, 川田 育二, 阿部 律子, 北村 嘉章, 関根 和教, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 :
突発性難聴難治例に対するプロスタグランディンI2製剤を用いた二次治療の検討,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.105, No.4, 375-379, 2012年.
(DOI: 10.5631/jibirin.105.375,   CiNii: 10030517388)
26. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Hirotaka Ogishi, Wakana Kuroda, Masashi Hattori, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Preseasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses IL-5 but not IL-33 mRNA expression in the nasal mucosa of patients with seasonal allergic rhinitis caused by Japanese cedar pollen.,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.132, No.4, 434-438, 2012.
(DOI: 10.3109/00016489.2011.644804,   PubMed: 22216765)
27. Nobuko Sarukura, Shinji Takai, Shinji Ikemoto, Tomoo Korin, Yukiko Ueda, Yoshiaki Kitamura, Bukasa Kalubi, Shigeru Yamamoto and Noriaki Takeda :
Effects of dietary zinc deprivation on zinc concentration and ratio of apo/holo-activities of angiotensin converting enzyme in serum of mice.,
Auris, Nasus, Larynx, Vol.39, No.3, 294-297, 2012.
(DOI: 10.1016/j.anl.2011.05.007,   PubMed: 21862265)
28. Nobuko Sarukura, Miho Kogirima, Shinji Takai, Yoshiaki Kitamura, Bukasa Kalubi, Shigeru Yamamoto and Noriaki Takeda :
Dietary zinc intake and its effects on zinc nutrition in healthy Japanese living in the central area of Japan.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3-4, 203-209, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 83834,   DOI: 10.2152/jmi.58.203,   PubMed: 21921421)
29. Hiroyuki Mizuguchi, Takuma Terao, Mika Kitai, Mitsuhiro Ikeda, Yoshiyuki Yoshimura, Asish Kumar Das, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Involvement of protein kinase Cdelta/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-ribose) polymerase-1 (PARP-1) signaling pathway in histamine-induced up-regulation of histamine H1 receptor gene expression in HeLa cells.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.35, 30542-30551, 2011.
(DOI: 10.1074/jbc.M111.253104,   PubMed: 21730054)
30. 武田 憲昭, 神村 盛一郎, 千田 いづみ, 北村 嘉章, 陣内 自治, 阿部 晃治, 田村 公一, 宇高 二良, 遠藤 亜紀 :
感音難聴と顔面神経麻痺を示すMPO-ANCA関連中耳疾患の1例 診断基準案の提案,
Otology Japan, Vol.21, No.5, 808-815, 2011年.
(DOI: 10.11289/otoljpn.21.808,   CiNii: 10030285311)
31. 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構のアレルギー疾患における病理学的意義,
薬学雑誌, Vol.131, No.2, 171-178, 2011年.
(DOI: 10.1248/yakushi.131.171,   CiNii: 130000451446)
32. 中山 壽孝, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
徳島県における過去26年間のヒノキ科花粉の飛散状況,
日本鼻科学会会誌, Vol.49, No.4, 474-480, 2010年.
(CiNii: 10027734586)
33. Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, Y Kondo, W Kuroda, H Yoshida, Y Miyamoto, M Hattori, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Preseasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses nasal symptoms and expression of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis.,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.32, No.10, 745-748, 2010.
(DOI: 10.1358/mf.2010.32.10.1533687,   PubMed: 21225011)
34. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症における初期療法の作用機序の検討,
日本鼻科学会会誌, Vol.49, No.3, 375, 2010年.
35. Tsukasa Takaoka, Nobuko Sarukura, Chizuru Ueda, Yoshiaki Kitamura, Bukasa Kalubi, Naoki Toda, Koji Abe, Shigeru Yamamoto and Noriaki Takeda :
Effects of zinc supplementation on serum zinc concentration and ratio of apo/holo-activities of angiotensin converting enzyme in patients with taste impairment.,
Auris, Nasus, Larynx, Vol.37, No.2, 190-194, 2010.
(DOI: 10.1016/j.anl.2009.07.003,   PubMed: 19716667)
36. Kumar Asish Das, Hiroyuki Mizuguchi, Madoka Kodama, Shrabanti Dev, Hayato Umehara, Yoshiaki Kitamura, Chiyo Matsushita, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Sho-seiryu-to suppresses histamine signaling at the transcriptional level in TDI-sensitized nasal allergy model rats.,
Allergology International, Vol.58, No.1, 81-88, 2009.
(DOI: 10.2332/allergolint.O-07-526,   PubMed: 19050374)
37. Masum Shahriar, Hiroyuki Mizuguchi, Kazutaka Maeyama, Yoshiaki Kitamura, Naoki Orimoto, Shuhei Horio, Hayato Umehara, Masashi Hattori, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Suplatast tosilate inhibits histamine signaling by direct and indirect down-regulation of histamine H1 receptor gene expression through suppression of histidine decarboxylase and IL-4 gene transcriptions.,
The Journal of Immunology, Vol.183, No.3, 2133-2141, 2009.
(DOI: 10.4049/jimmunol.0901058,   PubMed: 19596986)
38. Gou Satou, Atsuhiko Uno, Arata Horii, Hayato Umehara, Yoshiaki Kitamura, Kazunori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of hypergravity on histamine H1 receptor mRNA expression in hypothalamus and brainstem of rats: implications for development of motion sickness,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.129, No.1, 45-51, 2009.
(DOI: 10.1080/00016480802008173,   PubMed: 18607976)
39. 佐藤 豪, 今井 貴夫, 関根 和教, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
頸性めまいを訴えたBow hunter's stroke例,
Equilibrium Research, Vol.67, No.4, 301-306, 2008年.
(DOI: 10.3757/jser.67.301,   CiNii: 10026087728)
40. 北村 嘉章, 黒田 若奈, K DasAsish, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
鼻過敏症モデルおけるヒスタミンH1受容体発現上昇機構とその制御について,
頭頚部自律神経, Vol.22, 24-26, 2008年.
41. 近藤 英司, 北村 嘉章, 陣内 自治, 秋月 裕則, 由良 いづみ, 中川 英幸, 中川 伸一, 佐野 暢哉, 武田 憲昭 :
ボリコナゾールが著効した副鼻腔と中耳の侵襲性アスペルギルス症例,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.100, No.6, 473-483, 2007年.
(DOI: 10.5631/jibirin.100.473,   CiNii: 40015502881,   Elsevier: Scopus)
42. K Asish Das, Sachiho Yoshimura, Ryoko Mishima, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi, Shrabanti Dev, Yousuke Wakayama, Yoshiaki Kitamura, Shuhei Horio, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Stimulation of histamine H1 receptor up-regulates histamine H1 receptor itself through activation of receptor gene transcription.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.103, No.4, 374-382, 2007.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0061411,   PubMed: 17409634)
43. 松田 和徳, 北村 嘉章, 関根 和教, 宮崎 かつし, 田村 公一, 山本 由佳, 西山 佳宏, 武田 憲昭 :
頭頸部癌の診断にFDG-PETが有用であった4例,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.99, No.9, 771-780, 2006年.
(DOI: 10.5631/jibirin.99.771,   CiNii: 10019283966,   Elsevier: Scopus)
44. Yoshiaki Kitamura, K Asish Das, Takayuki Shimamura, Kazutaka Maeyama, Shrabanti Dev, Yousuke Wakayama, Bukasa Kalubi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Dexamethasone suppresses histamine synthesis by repressing both transcription and activity of HDC in allergic rats.,
Allergology International, Vol.55, No.3, 279-286, 2006.
(DOI: 10.2332/allergolint.55.279,   PubMed: 17075268,   Elsevier: Scopus)
45. Chizuru Ueda, Tsukasa Takaoka, Nobuko Sarukura, Kazunori Matsuda, Yoshiaki Kitamura, Naoki Toda, Takeshi Tanaka, Shigeru Yamamoto and Noriaki Takeda :
Zinc nutrition in healthy subjects and patients with taste impairment from the view point of zinc ingestion, serum zinc concentration and angiotensin converting enzyme activity.,
Auris, Nasus, Larynx, Vol.33, No.3, 283-288, 2006.
(DOI: 10.1016/j.anl.2006.01.006,   PubMed: 16530365)
46. Yoshiaki Kitamura, Ayako Miyoshi, Takayuki Shimamura, Bukasa Kalubi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effect of glucocorticoid on upregulation of histamine H1 receptor mRNA in nasal mucosa of rats sensitized by exposure to toluene diisocyanate.,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.124, No.9, 1053-1058, 2004.
(DOI: 10.1080/00016480410022525,   PubMed: 15513549)

学術論文(紀要・その他):

1. Yuki Murata, Ayako Miyoshi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Up-regulation of histamine H1 receptors in an allergic rat nasal mucosa model,
Inflammation Research, Vol.53, No.Suppl 1, S11-S12, 2004.
(DOI: 10.1007/s00011-003-0304-7,   PubMed: 15054595)
2. Yoshiaki Kitamura, Ayako Miyoshi, K Maeyama, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Increase in the level of histidine decarboxylase mRNA expression in nasal mucosa of rats sensitized by toluene diisocyanate,
Inflammation Research, Vol.53, No.Suppl 1, S13-S14, 2004.
(DOI: 10.1007/s00011-003-0305-6,   PubMed: 15054596)

総説・解説:

1. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の亢進メカニズムと花粉症初期療法の分子機構,
臨床免疫·アレルギー科, Vol.57, No.1, 45-51, 2012年1月.
(CiNii: 40019192474)
2. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
初期療法はなぜ有効なのか?,
JOHNS, Vol.28, No.1, 55-58, 2012年1月.
3. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対する初期療法 (特集 遺伝子解析からアレルギー疾患の治療戦略を考える),
小児科, Vol.52, No.6, 853-858, 2011年5月.
(CiNii: 40018848757)
4. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スプラタストのヒスタミンシグナルの抑制を介した抗アレルギー作用,
頭頚部自律神経, Vol.25, 33-35, 2011年4月.
5. 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
鼻粘膜過敏性亢進における軸索反射を介した神経原性炎症の役割,
アレルギーと神経ペプチド, Vol.4, 33-41, 2008年2月.

国際会議:

1. Seiichiro Kamimura, Yoshiaki Kitamura, Sanada Nanae, Okamoto Kentaro, Tatsuya Fujii, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Irradiation with narrow-band-ultraviolet B suppresses up-regulation of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of rat model of allergic rhinitis,
World Histamine Symposium 2018, Jul. 2018.
2. Koji Abe, Ryo Kanamura, Gou Satou, Yoshiaki Kitamura and Noriaki Takeda :
Parapharyngeal tumors of 30 cases and their complication of first bite syndrome.,
IFOS ENT World Congress, Paris, Jun. 2017.
3. Yoshiaki Kitamura, Esu T., Hiroyuki Mizuguchi, Tatsuya Fujii and Noriaki Takeda :
molecular mechanism of PMA-induced up-regulation of interleukin-33 gene expression and the effect of Sho-seiryu-tou on IL-33 and histamine H1 receptor gene expression,
26th Congress of European Rhinological Society, Stockholm, Jul. 2016.
4. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Takako Esu, Shiho Naniwa, Tatsuya Fujii, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Molecular mechanism of PMA-induced up-regulation of interleukin-33 gene expression,
16th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery, Mar. 2016.
5. Tatsuya Fujii, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Narrow-band-ultraviolet-B-irradiatio n suppresses phorbol ester-induced u p-regulation of histamine H1 recepto r mRNA in HeLa cells without inducti on of apoptosis,
13th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Tokyo, Dec. 2015.
6. Yoshiaki Kitamura, Hideyuki Nakagawa, Tatsuya Fujii, Sakoda Takema, Enomoto Tadao, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of Antihistamine On Histamine H1 Receptor Gene Expression In Nasal Mucosa Of Patients With Pollinosis Induced By The Artificial Exposure Of Cedar Pollen.,
44th Annual Meeting of the European Histamine Research Society, May 2015.
7. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura and Noriaki Takeda :
Improvement of symptoms with correalative suppression of allergic disease-sensitive gene expression.,
The 43rd European Histamine Research Society Annual Meeting, May 2014.
8. Yoshiaki Kitamura :
The effect of antihistamine on up-regulation of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis induced by the artificial exposure of cedar pollen,
16th Asian Research Symposium in Rhinology, Tokyo, Aug. 2013.
9. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura and Noriaki Takeda :
Clinical significance of histamine H1 receptor-PKC delta-HSP90 signaling in allergic symptoms.,
42nd European Histamine Research Society Annual Meeting, Lodz, Poland, May 2013.
10. Michioki Maki, Hiroyuki Mizuguchi, Ohgishi Hirotaka, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Exploring transcriptional network causally associated with pollinosis by tokuene-2,4-diisocyanate-sensitized rats.,
42nd European Histamine Research Society Annual Meeting, Lodz, Poland, May 2013.
11. Nakano Tomohiro, Hiroyuki Mizuguchi, Hattori Masashi, Baba Yuko, Ono Shohei, Zhang Qian, Sasaki Youhei, Kobayashi Makoto, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Quercetin inhibits transcriptional up-regulation of histamine h1 receptor via suppressing protein kinase C-/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-rebose)polymelase-1 signaling pathway in HeLa cells.,
42nd European Histamine Research Society Annual Meeting., Lodz, Poland, May 2013.
12. Hiroyuki Mizuguchi, Masashi Hattori, Asish Kumar Das, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Macrophage-derived protein kinase C- is a key molecule for pancreatic -cell destruction in streptozotocin-induced diabetes.,
The 2nd Kinshukai International Symposium Inflammatory Bowel Diseases: Science, safety, and clinical vcare in IBD., Osaka, Oct. 2012.
13. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Kondo Yuto, Kuroda Wakana, Yoshida Haruko, Miyamoto Yuko, Hattori Masashi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Pre-seasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses nasal symptoms and expressions of H1 receptor and IL-5 mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis.,
11th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Kobe, Dec. 2011.
14. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Y. Kondo, Wakana Kuroda, H. Yoshida, Y. Miyamoto, M. Hattori, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
The effect of preseasonal prophylactic treatment with antihistamines on nasal symptoms and histamine H1 reseptor expression in the nasal mucosa of patients,
14th International Rhinologic Society. 30th International Symposium on Infection and Allergy of the Nose, Tokyo, Sep. 2011.
15. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, W Kuroda and Noriaki Takeda :
Histamine H1 receptor gene as an allergic rhinitis sensitive gene.,
14th International Congress of Immunology, Aug. 2010.
16. Gou Satou, Hayato Umehara, Arata Horii, Atsuhiko Uno, Yoshiaki Kitamura, Kazunori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of Hypergravity on the Expression of Histamine H1-receptor mRNA in the Rat Brain,
XXV Bárány Society Meeting, Kyoto, Apr. 2008.
17. Yoshiaki Kitamura, Masaya Hatano, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Suppression of histamine H1 receptor mRNA elevation by early treatment of antihistamines.,
RCAI-JSI International Symposium on Immunology 2006, Yokohama, Jun. 2006.
18. Gou Satou, H. Umehara, Arata Horii, Atsuhiko Uno, Yoshiaki Kitamura, Kaznori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of hypergravity on the expression of H1-receptor mRNA in the rat hypothalamus,
24TH Barany Society Meeting, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
19. Hiroyuki Fukui, Yoshiaki Kitamura, Yuki Murata, Sachiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Kazutaka Maeyama and Noriaki Takeda :
Elevation of histamine H1 receptor mRNA and histidine decarboxylase mRNA in nasal mucosa of allergy model rats.,
World Allergy Congress 2005, Munich, Germany, Jun. 2005.
20. Hiroyuki Fukui, Shiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Yuki Murata, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-related gene.,
Experimental Biology 2005, San Diego, CA, USA, Apr. 2005.
21. Yuki Murata, Yoshiaki Kitamura, Kyoko Kumagai, Misato Motomura, Kazutaka Maeyama, Noriaki Takeda, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Increase in histidine decarboxylase mRNA expression in neurogenic inflammation,
33rd Annual Meeting of Society for Neuroscience, New Orleans, Nov. 2003.
22. Yoshiaki Kitamura, Ayako Miyoshi, Yuki Murata, Shuhei Horio, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Increased the level of histidine decarboxylase mRNA expression in nasal mucosa of rats sensitized,
32nd Annual Meeting of the European Histamine Research Society, Noordwijkerhout, The Netherlands, May 2003.

国内講演発表:

1. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行 :
ナローバンドUVB照射のHeLa細胞およびTDIアレルギー性鼻炎モデルラットのヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進への影響,
第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2019年2月.
2. 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
プロテインキナーゼCσシグナルの抑制によるヒスタミンH1受容体とIL-33遺伝子発現亢進の抑制効果,
第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2019年2月.
3. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 中野 誠一, 武田 憲昭, 藤井 達也 :
ナローバンドUVB照射のHeLa細胞およびTDIアレルギー性鼻炎モデルラットのヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進への影響,
日本耳鼻咽喉科学会第44回四国四県地方部会, 2018年12月.
4. 松田 和徳, 北原 糺, 伊藤 妙子, 福田 潤弥, 佐藤 豪, 関根 和教, 東 貴弘, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
動物モデルを用いた前庭代償の新しい評価法の開発とヒスタミンH3 受容体拮抗薬による,
第77回日本めまい平衡医学会総会, 2018年11月.
5. 藤井 達也, 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 武田 憲昭 :
鼻中隔から発生した多形腺腫瘍,
第57回日本鼻科学会, 2018年9月.
6. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバ ンドUVBがアレルギー性鼻炎モデルラットの鼻症状とヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進に与える影響,
第57回日本鼻科学会, 2018年9月.
7. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
鼻副鼻腔乳頭腫の腫瘍マーカーとしての血中SCC抗原の検討,
第57回日本鼻科学会, 2018年9月.
8. 阿部 晃治, 北村 嘉章, 東 貴弘, 松田 和徳, 近藤 英司, 田村 公一, 武田 憲昭 :
当科における副咽頭間隙腫瘍症例の検討,
第80回耳鼻咽喉科臨床学会, 2018年6月.
9. 山本 綾香, 蔭山 麻美, 松田 和徳, 福田 潤弥, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
慢性副鼻腔炎術後に顎下腺腫脹を呈したIgG4関連疾患症例,
日本耳鼻咽喉科学会第44回中国四国地方連合学会, 2018年6月.
10. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBのアレルギー性鼻炎モデルラットの鼻症状と鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響,
第67回日本アレルギー学会学術大会, 2018年6月.
11. 北村 嘉章, 中野 誠一, 近藤 英司, 松田 和徳, 東 貴弘, 佐藤 豪, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
鼻副鼻腔乳頭腫の術後再発のマーカーとしての血中SCC抗原の検討,
第119回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2018年5月.
12. 藤井 達也, 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBがアレルギー性鼻炎モデルラットの鼻症状とH1受容体遺伝子発現亢進に与える影響,
第119回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2018年5月.
13. 松田 和徳, 北原 糺, 伊藤 妙子, 佐藤 豪, 中野 誠一, 近藤 英司, 東 貴弘, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
一側内耳破壊ラットにおける免疫組織化学的手法を用いたThioperamideによる前庭代償の促進効果,
第119回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2018年5月.
14. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVB光線療法のアレルギー性鼻炎モデルラットの鼻症状と鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現に対する効果,
第36回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2018年2月.
15. 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スプラタストのNFATシグナルを介したIL-9遺伝子発現抑制効果,
第36回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2018年2月.
16. 近藤 英司, 中野 誠一, 坂本 幸, 阿部 晃治, 北村 嘉章, 宇高 二良, 武田 憲昭 :
徳島県の難聴児に対する聴覚補償の現状と経緯,
日本耳鼻咽喉科学会第43回四国四県地方部会連合学会, 2017年12月.
17. 松田 和徳, 北原 糺, 伊藤 妙子, 佐藤 豪, 蔭山 麻美, 東 貴弘, 関根 和教, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
一側内耳破壊ラットにおける免疫組織化学的手法による前庭代償の新しい評価法と前庭代償の進行過程の可視化,
第76回日本めまい平衡医学会, 2017年12月.
18. 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
経外耳道的内視鏡下耳科手術が有用であった中耳の鉄粉異物症例,
第27回日本耳科学会, 2017年11月.
19. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
小青竜湯によるヒスタミンH1受容体遺伝子,及び,IL-33遺伝子発現抑制作用,
第33回日本耳鼻咽喉科漢方研究会, 2017年10月.
20. 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
視神経管に浸透した蝶型骨洞内反性乳頭腫再発例,
第56回日本鼻科学会, 2017年9月.
21. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 武田 憲昭 :
好酸球性副鼻腔炎患者における血中EPA/AA比の検討,
第56回日本鼻科学会, 2017年9月.
22. 庄野 仁志, 北村 嘉章, 高岡 奨, 武田 憲昭, 大櫛 哲史 :
上顎洞に発生したClear cell odontogenic carcinoma の1 例,
第79回耳鼻咽喉科臨床学会, 2017年7月.
23. 両角 遼太, 髙橋 美香, 神村 盛一郎, 中野 誠一, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 戸村 美紀 :
フソバクテリウム感染による耳下腺炎症例,
日本耳鼻咽喉科学会第43回中国四国地方部会, 2017年6月.
24. 佐藤 豪, 松田 和徳, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 和田 佳郎, 山中 敏彰, 北原 糺, 武田 憲昭 :
両側前庭機能低下症例の姿勢制御に対する感覚代行装置の効果,
第33回耳鼻咽喉科情報処理研究会, 2017年6月.
25. 阿部 晃治, 近藤 英司, 松田 和徳, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
徳島大学における未固定遺体を用いた手術トレーニング,
第118回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会, 2017年5月.
26. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBがHeLa細胞およびTDIアレルギー性鼻炎モデルラットのヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進に与える影響,
第35回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2017年4月.
27. 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
アレルギー性鼻炎患者の鼻粘膜のIL-33遺伝子発現と小青竜湯の抑制効果,
第35回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2017年4月.
28. 石谷 圭佑, 庄野 仁志, 松田 和徳, 遠藤 亜紀, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 棚本 洋文 :
Outside-inアプローチで内視鏡下拡大前頭洞手術を行った前頭洞嚢胞症例,
第74回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2017年3月.
29. 佐藤 豪, 高岡 奨, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
長期間の抗菌薬点滴投与を要した悪性外耳道炎例,
第27回日本頭頸部外科学会, 2017年2月.
30. 江洲 貴子, 水口 博之, 浪花 志帆, 小西 由貴, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 藤野 裕道, 福井 裕行 :
小青龍湯によるアレルギー性鼻炎疾患感受性遺伝子発現抑制,
第20回日本ヒスタミン学会(倉敷), 2016年11月.
31. 小笠原 健泰, 水口 博之, 給田 愛結美, 河井 真季子, 岡島 菜津希, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 藤野 裕道, 福井 裕行 :
苦参由来抗アレルギー化合物(-)マーキアインのステロイドシグナルへの影響,
第130回日本薬理学会近畿部会(京都), 2016年11月.
32. 古南 隆光, 水口 博之, 門田 卓也, 澤田 明歩, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 藤野 裕道, 福井 裕行 :
スプラタストによるNFATシグナルを介した鼻過敏症症状改善効果,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本薬剤師会中国四国支部大会(岡山), 2016年11月.
33. 戸村 美紀, 松田 和徳, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 和田 佳郎, 山中 敏彰, 北原 糺, 武田 憲昭 :
「健常人の姿勢制御に対する傾斜感覚適正化装置(TPAD)の効果 ─ラバー負荷重心動揺検査を用いた検討─,
第75回日本めまい平衡医学会, 2016年10月.
34. 松岡 百百世, 佐藤 豪, 松田 和徳, 関根 和教, 東 貴弘, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
当科における良性発作性頭位めまい症再発例の臨床的特徴,
第75回日本めまい平衡医学会, 2016年10月.
35. 岡本 健太郎, 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 山田 拓也, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 藤野 裕道, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響,
2016感染・免疫クラスター・ミニリトリート(徳島), 2016年10月.
36. 北村 嘉章, 松田 和徳, 藤本 知佐, 武田 憲昭 :
視神経管開放術により診断したアスペルギルス症による眼窩先端症候群例,
第55回日本鼻科学会, 2016年10月.
37. Yoshiaki Kitamura, Tatsuya Fujii, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Low dose irradiation with narrowband-ultraviolet B suppresses phorbol ester-induced up-regulation of histamine H1 receptor mRNA in HeLa cells without induction of apoptosis,
第65回日本アレルギー学会学術大会, Jun. 2016.
38. 近藤 英司, 北村 嘉章, 金村 亮, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
頭頸部原発の悪性黒色腫の2例,
日本耳鼻咽喉科学会第42回中国四国地方部会連合学会, 2016年6月.
39. 高岡 奨, 佐藤 豪, 高橋 美香, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
長期間の抗生剤投与を要した悪性外耳道炎例,
日本耳鼻咽喉科学会第42回中国四国地方部会連合学会, 2016年6月.
40. 松田 和徳, 北原 糺, 佐藤 豪, 関根 和教, 東 貴弘, 近藤 英司, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
Fos要請ニューロンの発現様式によるラットにおける静的前庭代償の完成時期の検討,
第117回日本耳鼻咽喉科学会, 2016年5月.
41. 阿部 晃治, 近藤 英司, 松田 和徳, 東 貴弘, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
徳​島​大​学​に​お​け​る​ク​リ​ニ​カ​ル​ア​ナ​ト​ミ​ー​ラ​ボ​の​開​設,
第117回日本耳鼻咽喉科学会, 2016年5月.
42. 中林 えみ, 島田 亜紀, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
1歳児の人工内耳埋込み術における手術手技の工夫,
第73回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2016年3月.
43. 水口 博之, 門田 卓也, 折本 直樹, Kumar Asish Das, 澤田 明歩, 古南 隆光, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬とスプラタスト併用による鼻過敏症症状軽減効果,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
44. Takuya Kadota, Hiroyuki Mizuguchi, 折本 直樹, Kumar Asish Das, 澤田 明歩, 古南 隆光, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
スプラタストと抗ヒスタミン薬の併用投与は鼻過敏症アレルギーモデルラットにおいてそれぞれの薬物の単独投与よりも著しく症状を軽減させる,
第89回日本薬理学会年会, Mar. 2016.
45. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
HaLa細胞のPMA刺激によるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進とナローバンドUVBによる抑制,
第34回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2016年2月.
46. 北村 嘉章, 藤井 達也, 硲田 猛真, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉暴露がスギ花粉症患者の鼻粘膜のヒスチジン脱炭酸酵素とサイトカイン遺伝子発現におよぼす影響,
第34回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2016年2月.
47. 中林 えみ, 東 貴弘, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭, 松田 和徳 :
当科で経験したKüttner腫瘍の3症例,
第26回日本頭頸部外科学会, 2016年1月.
48. 北村 嘉章, 東 貴弘, 佐藤 豪, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
眼窩病変に対して内視鏡下経鼻アプローチを行った症例の検討,
第26回日本頭頸部外科学会, 2016年1月.
49. 大西 皓貴, 藤井 達也, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
視神経管開放により診断しえた真菌症による眼窩先端症候群の一例,
日本耳鼻咽喉科学会第41回四国四県地方部会, 2015年12月.
50. 水口 博之, 山本 沙弥香, 江洲 貴子, 浪花 志帆, 奈邉 健, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
Swiss 3T3細胞におけるPMA刺激に伴うIL-33遺伝子発現亢進機構,
第38回日本分子生物学会年会,第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
51. 松田 和徳, 北原 糺, 佐藤 豪, 関根 和教, 東 貴弘, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
ラットにおける静的前庭代償の完成時期の検討,
第74回日本めまい平衡医学会, 2015年11月.
52. 岡本 健太郎, 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制の分子機構,
第128回 日本薬理学会近畿部会, 2015年11月.
53. 岡本 健太郎, 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響,
第19回 日本ヒスタミン学会, 2015年11月.
54. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
低用量のナローバンドUVBはヒスタミンH1受容体遺伝子発現をアポトーシスを誘導することなく抑制する,
第54回日本鼻科学会, 2015年10月.
55. 北村 嘉章, 藤井 達也, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
眼窩減圧術により視力障害が改善した甲状腺視神経症例,
第54回日本鼻科学会, 2015年10月.
56. 高岡 奨, 北村 嘉章, 近藤 英司, 遠藤 亜紀, 武田 憲昭 :
眼球運動障害が改善した副鼻腔真菌症例,
日本耳鼻咽喉科学会第41回中国四国地方部会連合学会, 2015年6月.
57. 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
マウス線維芽細胞におけるIL―33遺伝子発現亢進機構,
第116回日本耳鼻咽喉科学会, 2015年5月.
58. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
低用量のナローバンドUVBはヒスタミンH1受容体遺伝子発現を波長特異的,用量依存的,可逆的に抑制する,
第116回日本耳鼻咽喉科学会, 2015年5月.
59. 中林 えみ, 藤井 達也, 島谷 美映, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
眼窩減圧術により視力障害が改善した甲状腺眼症例,
第72回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会学術講演会, 2015年3月.
60. 江洲 貴子, 水口 博之, 米本 卓弥, 藤井 達也, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
小青竜湯による IL-33 遺伝子発現の抑制,
第88回日本薬理学会年会, 2015年3月.
61. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBによるヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制効果の波長特異性,要領依存性,可逆性の検討,
第33回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2015年2月.
62. 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
Swiss3T3細胞におけるIL-33遺伝子発現亢進機構とその抑制,
第33回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2015年2月.
63. 藤井 達也, 北村 嘉章, 島谷 美映, 武田 憲昭, 水口 博之, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBによるHaLa細胞のヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進の抑制効果の検討,
日本耳鼻咽喉科学会第40回四国四県地方部会連合学会, 2014年12月.
64. 武田 憲昭, 神村 盛一郎, 嶽村 貞治, 太田 有美, 森鼻 哲生, 猪原 秀典, 北村 嘉章, 阿部 晃治 :
難治性中耳炎症状を呈する ANCA 陽性症例の疫学調査と診断基準の問題点に関する検討,
第24回日本耳科学会, 2014年10月.
65. 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 北村 嘉章, 久保 伸夫, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
HeLa細胞におけるナローバンドUVBによるヒスタミンH1受容体遺伝子発現の抑制,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
66. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBによるヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制効果の波長依存性,用量依存性についての検討,
第53回日本鼻科学会, 2014年9月.
67. 北村 嘉章, 藤井 達也, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
内視鏡下経鼻副鼻腔アプローチで診断した眼窩先端部悪性リンパ腫症例,
第53回日本鼻科学会, 2014年9月.
68. 阿河 誠治, 北村 嘉章, 藤井 達也, 三好 仁美, 高橋 美香, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
外鼻切開法による鼻中隔再建術を施行した1例,
日本耳鼻咽喉科学会第40回中国四国地方部会連合学会, 2014年6月.
69. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 久保 伸夫, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進に対する効果,
第115回日本耳鼻咽喉科学会, 2014年5月.
70. 四宮 加容, 江川 麻理子, 北村 嘉章, 岡本 里江, 木虎 亜希子, 三田村 佳典 :
涙嚢鼻腔吻合術後のコントラスト視力と両眼視機能.第118回日本眼科学会総会(2014.4.2-6,東京),
第118回日本眼科学会総会(2014.4.2-6,東京), 2014年4月.
71. 服部 将史, 水口 博之, 馬場 祐子, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
抗アレルギー化学物質,ケルセチンの薬理機構,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
72. 山本 沙弥香, 水口 博之, 松井 恒樹, 江洲 貴子, 北村 嘉章, 奈邉 健, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
Swiss 3T3 細胞におけるイオノマイシン刺激に伴うインターロイキン-33遺伝子発現亢進の分子機構,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
73. 藤井 達也, 北村 嘉章, 島谷 美映, 武田 憲昭, 水口 博之, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBがHeLa細胞のヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進に与える抑制効果,
日本耳鼻咽喉科学会第71回徳島県地方部会, 2014年3月.
74. 山本 沙弥香, Hiroyuki Mizuguchi, 松井 恒樹, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Molecular mechanism of PMA-induced up-regulation of interleukin-33 gene expression in Swiss 3T3 cells.,
第87回 日本薬理学会年会, Mar. 2014.
75. 神村 盛一郎, 嶽村 貞治, 太田 有美, 森鼻 哲生, 猪原 秀典, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
難治性中耳炎症状を呈するANCA陽性症例のアンケート調査,
第32回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2014年2月.
76. 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 久保 伸夫, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBがHeLa細胞のヒスタミンH1受容体遺伝子発現に与える影響,
第32回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2014年2月.
77. 藤井 達也, 北村 嘉章, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
花粉曝露による花粉症患者の鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進 に対する抗ヒスタミン薬の効果,
第32回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2014年2月.
78. 合田 正和, 北村 嘉章, 高橋 美香, 島谷 美映, 堤 理恵, 酒井 徹, 武田 憲昭 :
頭頸部癌化学療法が舌の味覚受容体遺伝子発現に及ぼす影響,
日本耳鼻咽喉科学会第39回四国四県地方部会連合学会, 2013年12月.
79. 北村 嘉章, 藤井 達也, 硲田 猛真, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉暴露によるスギ花粉症患者鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の亢進に対する抗ヒスタミン薬の効果,
第63回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2013年11月.
80. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンHi受容体拮抗薬はほんとうにinverse agonistか?,
第17回日本ヒスタミン学会, 2013年11月.
81. 山本 沙弥香, 水口 博之, 松井 恒樹, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
Swiss3T3細胞におけるIL-33遺伝子発現亢進機構,
第17回日本ヒスタミン学会, 2013年11月.
82. 北村 嘉章 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬は本当にinverse agonistか?,
第17回日本ヒスタミン学会, 2013年11月.
83. 北山 美香, 水口 博之, 北村 嘉章, 藤井 達也, 関田 泰子, 久保 宣明, 久保 伸夫, 柏田 良樹, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
HeLa細胞におけるナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響,
第124回日本薬理学会近畿部会, 2013年11月.
84. 山本 沙弥香, 水口 博之, 松井 恒樹, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
Swiss3T3細胞におけるIL-33遺伝子発現亢進機構,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中四国支部学術大会, 2013年10月.
85. 藤井 達也, 中川 英幸, 北村 嘉章, 硲田 猛真, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
花粉暴露が花粉症患者の鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現に及ぼす影響,
第52回日本鼻科学会, 2013年9月.
86. 北村 嘉章, 藤井 達也, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
上顎洞血瘤腫に対する鼻涙管下鼻甲介スイング法の一例,
第52回日本鼻科学会, 2013年9月.
87. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
天然物由来抗アレルギー化合物ケルセチンの分子薬理機構,
第30回和漢医薬学会学術大会, 2013年8月.
88. 藤井 達也, 中川 英幸, 北村 嘉章, 硲田 猛真, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉曝露がスギ花粉症患者鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現におよぼす影響,
第31回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会, 2013年8月.
89. 阿部 晃治, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
鼻性髄液漏への閉鎖術に対する頬部脂肪体の使用経験,
第75回耳鼻咽喉科臨床学会, 2013年7月.
90. 北村 嘉章, 松岡 百百世, 遠藤 亜紀, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
鼻中隔から発生したSinonasal-type hemangiopericytomaの1例,
第75回耳鼻咽喉科臨床学会, 2013年7月.
91. 服部 将史, 水口 博之, 馬場 祐子, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ケルセチンの分子薬理機構と抗アレルギー作用,
第123回日本薬理学会近畿部会, 2013年7月.
92. 三好 仁美, 北村 嘉章, 島田 亜紀, 宇高 良, 武田 憲昭, 久保井 徹, 岡崎 薫 :
上気道閉塞症状を呈した両側先天性涙嚢ヘルニアの新生児の一例,
日本耳鼻咽喉科学会第39回中国四国地方部会連合学会, 2013年5月.
93. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミン受容体の役割,
第25回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2013年5月.
94. 田村 公一, 北村 嘉章, 合田 正和, 武田 憲昭, 堀 洋二, 戸田 直紀, 神村 盛一郎 :
頭頸部腫瘍の耳下腺転移の4例,
第114回日本耳鼻咽喉科学会, 2013年5月.
95. 北村 嘉章, 阿部 晃治, 合田 正和, 藤井 達也, 武田 憲昭 :
当科における内視鏡下涙嚢鼻腔吻合術の検討,
第114回日本耳鼻咽喉科学会, 2013年5月.
96. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎の診断と治療,
小松島医師会学術講演会, 2013年4月.
97. 北村 嘉章 :
スギ花粉症の診断と治療,
今治市小児科医会学術講演会, 2013年3月.
98. 堤 理恵, 酒井 徹, 合田 正和, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭, 藤本 知佐, 河合 美佐, 松本 英希 :
頭頸部癌の放射線・化学療法中における味覚異常と味覚受容体について,
日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第70回学術講演会, 2013年3月.
99. 松岡 百百世, 川田 仁美, 島田 亜紀, 島谷 美映, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 平賀 智 :
鼻涙管下鼻甲介スイング法が有用であった上顎洞血瘤腫の一例,
日本耳鼻咽喉学会徳島県地方部会第70回学術講演会, 2013年3月.
100. 高石 静, 千田 いづみ, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
van der Hoeve 症候群に対してアブミ骨手術を行った一例,
日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第70回学術講演会, 2013年3月.
101. 水口 博之, 服部 将史, 馬場 祐子, 張 倩, 小林 誠, 石丸 直澄, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
タンパクキナーゼCδシグナル抑制化合物ケルセチンのストレプトゾトシン誘発β細胞破壊に対する効果,
日本薬学会 第133回年会, 2013年3月.
102. 服部 将史, Hiroyuki Mizuguchi, 馬場 祐子, 小野 将平, 張 倩, 小林 誠, Naozumi Ishimaru, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Effect of quercetin on streptozotocin-induced diabetic mice.,
第86回日本薬理学会年会, Mar. 2013.
103. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対する鼻噴霧ステロイド薬の初期療法とH1受容体遺伝子発現への効果,
第31回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2013年2月.
104. 中川 英幸, 北村 嘉章, 千田 いづみ, 高石 静, 武田 憲昭 :
上顎洞血瘤腫の3症例,
日本耳鼻咽喉科学会第38回四国四県地方部会連合学会, 2012年12月.
105. 川田 仁美, 北村 嘉章, 島谷 美映, 松岡 百百世, 武田 憲昭 :
当科における内視鏡下涙嚢鼻腔吻合術,
当科における内視鏡下涙嚢鼻腔吻合術, 2012年12月.
106. 水口 博之, 宮城 恒平, 寺尾 拓馬, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 吉村 好之, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の分子機構,
第85回日本生化学会年会, 2012年12月.
107. 水口 博之, 成相 祐希, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参由来抗アレルギー性化合物マーキアインの標的タンパク質の同定,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤 師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
108. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
抗アレルギー和漢薬苦参由来PKCσシグナル抑制薬,(-)マーキアインの分子薬理機構,
第62回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2012年11月.
109. 大岸 弘敬, 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若菜, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
花粉症におけるアレルギー疾患感受性遺伝子群,
第16回日本ヒスタミン学会, 2012年10月.
110. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
鼻噴霧ステロイド薬のヒスタミンH1受容体遺伝子発現への効果,
第51回日本鼻科学会, 2012年9月.
111. 中川 英幸, 武田 憲昭, 北村 嘉章, 堀 洋二, 松田 和徳 :
緩和ケアにおけるMohs chemosurgeryの試み 上顎洞癌末期医療が改善しえた症例,
第51回日本鼻科学会, 2012年9月.
112. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 武田 憲昭 :
抗ヒスタミン薬のアレルギー疾患症状改善に関する薬理機構,
第63回日本薬理学会北部会, 2012年9月.
113. 松岡 百百世, 北村 嘉章, 川田 仁美, 佐藤 豪, 武田 憲昭 :
鼻中隔より発生したhemangiopericytoma-like rumorの一例,
第38回中国四国地方部会連合学会, 2012年6月.
114. 田村 公一, 北村 嘉章, 中川 英幸, 武田 憲昭 :
耳下腺部への後発転移をきたした嗅神経芽細胞腫の1例,
第36回日本頭頸部癌学会, 2012年6月.
115. 田村 公一, 阿部 晃治, 北村 嘉章, 千田 いづみ, 合田 正和, 中川 英幸, 高橋 美香, 武田 憲昭 :
副咽頭間隙腫瘍22症例の検討,
第113回日本耳鼻咽喉科学会, 2012年5月.
116. 庄野 仁志, 高橋 美香, 合田 正和, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 四宮 加容, 宇高 良 :
当科における内視鏡下涙嚢鼻腔吻合術,
第69回徳島県地方部会, 2012年3月.
117. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対する鼻噴霧ステロイド薬のH1受容体遺伝子発現への効果,
第30回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2012年2月.
118. 田村 公一, 阿部 晃治, 北村 嘉章, 合田 正和, 中川 英幸, 武田 憲昭 :
副咽頭間隙腫瘍22症例の検討,
第22回日本頭頸部外科学会, 2012年1月.
119. 宇高 良, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 千田 いづみ, 武田 憲昭 :
肝細胞癌の鼻中隔転移の一例,
第37回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会, 2011年12月.
120. 金村 亮, 北村 嘉章, 島谷 美映, 東 貴弘, 武田 憲昭 :
原発性上咽頭結核の一例,
第37回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会, 2011年12月.
121. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬を用いたスギ花粉症初期療法におけるH1受容体とサイトカイン遺伝子発現の検討,
第50回日本鼻科学会, 2011年12月.
122. 福井 裕行, 北村 嘉章, 水口 博之, 黒田 若奈, 武田 憲昭 :
アレルギー性鼻炎の研究の進歩 花粉症におけるアレルギー疾患感受性遺伝子群,
第61回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2011年11月.
123. 福井 裕行, 北村 嘉章, 水口 博之, 黒田 若奈, 武田 憲昭 :
アレルギー性鼻炎の研究の進歩 花粉症におけるアレルギー疾患感受性遺伝子群,
第 61 回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2011年11月.
124. 寺尾 拓馬, 水口 博之, 池田 光広, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミン H 1受容体遺伝子発現メカニズムの解明,
第15回日本ヒスタミン学会, 2011年10月.
125. 大西 皓貴, 高橋 美香, 阿部 晃治, 北村 嘉章, 田村 公一, 武田 憲昭, 立花 文寿 :
側頭骨に発生したランゲルハンス細胞組織球症の1例,
日本耳鼻咽喉科学会第37回中国四国地方部会連合学会, 2011年6月.
126. 阿部 晃治, 関根 和教, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
当科におけるメニエール病に対する内リンパ嚢手術について,
日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第68回学術講演会, 2011年3月.
127. 太原 一彦, 合田 正和, 島田 亜紀, 北村 嘉章, 田村 公一, 武田 憲昭 :
当科で経験したミクリッツ病症例,
日本耳鼻咽喉科学会第36回四国四県地方部会, 2010年12月.
128. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の亢進メカニズムと花粉症初期療法の分子機構,
第60回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2010年11月.
129. 水口 博之, 玉田 美咲, 石丸 直澄, 北村 嘉章, 林 良夫, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
鼻過敏症ラット鼻粘膜におけるヒスタミンシグナルとサイトカインシグナルのクロストーク,
日本薬理学会第118回近畿部会, 2010年11月.
130. 福井 裕行, 大岸 弘敬, 近藤 勇人, 黒田 若菜, 北村 嘉章, 水口 博之, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体シグナルにより調節を受けるアレルギー疾患感受性遺伝子群,
第14回日本ヒスタミン学会, 2010年10月.
131. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症における初期療法の作用機序の検討,
第49回日本鼻科学会, 2010年8月.
132. 大岸 弘敬, 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
花粉症患者鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体シグナルに依存したアレルギー性疾患関連遺伝子の同定,
第117回日本薬理学会 近畿部会, 2010年7月.
133. 宇高 良, 北村 嘉章, 東 貴弘, 田村 公一, 武田 憲昭 :
Von Recklinghausen病に併発した副咽頭間隔腫瘍の1例,
日本耳鼻咽喉科学会第36回中国四国地方部会, 2010年6月.
134. 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
スフィンゴシン1リン酸の肥満細胞に対する反応性亢進効果,
第111回日本耳鼻咽喉科学会, 2010年5月.
135. 福井 裕行, 水口 博之, 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
疾患感受性遺伝子発現亢進機構研究と新規治療薬開発のためのアレルギー性鼻炎モデルラット,
第22回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2010年5月.
136. 北村 嘉章, 関根 和教, 陣内 自治, 田村 公一, 武田 憲昭 :
Von Recklinghausen病に併発した副咽頭間隙腫瘍の1例,
日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第67回学術講演会, 2010年3月.
137. 玉田 美咲, 水口 博之, 石丸 直澄, 北村 嘉章, 林 良夫, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ラット鼻粘膜におけるヒスタミンとインターロイキン -4 のクロストーク,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
138. 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構のアレルギー疾患における病理学的意義,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
139. 水口 博之, 近藤 勇人, 北村 嘉章, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
花粉症患者において抗ヒスタミン薬の初期療法はヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子発現を抑制する,
第83回日本薬理学会年会, 2010年3月.
140. 中山 壽孝, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
徳島県南部における30年間のヒノキ科花粉飛散状況について,
第28 回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2010年2月.
141. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 近藤 雄人, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対するヒスタミンH1受容体拮抗薬による,
第28 回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2010年2月.
142. 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スフィンゴシン1リン酸の肥満細胞の反応性に対する影響,
第28回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2010年2月.
143. 戸田 直紀, 北村 嘉章, 高橋 美香, 武田 憲昭, 谷口 雅彦 :
耳かき外傷により外リンパ瘻が疑われた一例,
第35回四国四県地方部会連合学会, 2009年12月.
144. 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬を用いたスギ花粉症初期療法の作用機序の検討,
第116回日本薬理学会近畿部会, 2009年11月.
145. 近藤 勇人, 水口 博之, 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
スギ花粉症に対する抗ヒスタミン薬を用いた初期療法の作用機序の検討,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
146. 水口 博之, 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬を用いた花粉症初期療法におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現の意義,
第59回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2009年10月.
147. 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
肥満細胞の反応性に対するスフィンゴシン1リン酸の役割,
第48回日本鼻科学会, 2009年10月.
148. 黒田 若奈, 近藤 勇人, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対するH1受容体拮抗薬を用いた初期療法の作用機序の検討,
第48回日本鼻科学会, 2009年10月.
149. 水口 博之, Masum Shahriar, Kazutaka Maeyama, 北村 嘉章, Naoki Orimoto, 堀尾 修平, 梅原 隼人, Masashi Hattori, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
トシル酸スプラタストはヒスチジン脱炭酸酵素及びIL-4遺伝子発現抑制を介してヒスタミンH1受容体遺伝子発現を抑制する,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
150. 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
鼻過敏症に対する抗ヒスタミン薬初期療法によるヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制と症状改善,
第13回日本ヒスタミン学会, 2009年10月.
151. Shahriar Masum, 水口 博之, 前山 一隆, 北村 嘉章, 折本 直樹, 堀尾 修平, 梅原 隼人, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
トシル酸スプラタストはヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子,IL-4遺伝子,及び,ヒスタミンH1受容体遺伝子の発現抑制を介してヒスタミンシグナルを抑制する,
第115回日本薬理学会近畿部会, 2009年6月.
152. 黒田 若奈, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDI によるラット鼻粘膜H1 受容体up―regulation に対する効果,
第47回日本鼻科学会, 2008年9月.
153. 佐藤 豪, 宇野 敦彦, 堀井 新, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 武田 憲昭 :
過重力刺激によるラット脳内のヒスタミンH1受容体発現への影響 動揺病発症との関連,
第109回日本耳鼻咽喉科学会, 2008年5月.
154. 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDIによるラット鼻粘膜H1受容体up-reglationに対する効果:鼻過敏症モデル動物を用いた研究,
日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第65回学術講演会, 2008年3月.
155. 黒田 若奈, 宮本 裕子, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDIによるラット鼻粘膜H1受容体up-regulationに対する効果,
第26回日本耳鼻咽喉科学会免疫アレルギー学会, 2008年2月.
156. 宮本 裕子, 黒田 若奈, 水口 博之, 藤本 勝巳, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
細胞依存的ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の経時変化,
第112回日本薬理学会 近畿部会, 2007年11月.
157. 佐藤 豪, 今井 貴夫, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
頸部捻転により誘発されたBow Hunter's stroke例,
第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
158. 佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
過重力刺激がラットの脳内のヒスタミンH1受容体遺伝子発現に及ぼす影響,
第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
159. 黒田 若奈, 秦野 昌弥, 宮本 裕子, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体,IL-4遺伝子発現の抑制:TDIモデル動物による研究,
第46回日本鼻科学会, 2007年9月.
160. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 中山 壽孝, 武田 憲昭 :
徳島県における過去26年間のヒノキ花粉の飛散状況,
第46回日本鼻科学会, 2007年9月.
161. 秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Asish-K Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるアレルギー関連遺伝子発現抑制,
第10回日本ヒスタミン研究会, 2006年12月.
162. 近藤 英司, 北村 嘉章, 陣内 自治, 武田 憲昭 :
緊急気管切開を要したGerhardt症候群症例,
第32回中国四国地方部会連合学会, 2006年12月.
163. Asish-K Das, Kazutaka Maeyama, Shrabanti Dev, Masum Shahriar, Masaya Hatano, Chiyo Matsushita, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Suppression of HDC gene expression by histamine H1 receptor antagonists: A new therapeutic target against allergic rhinitis.,
第110回日本薬理学会近畿部会, Nov. 2006.
164. 佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ラット視床下部のヒスタミンH1受容体mRNA発現に対する過重力の影響,
第65回日本めまい平衡医学会, 2006年11月.
165. 秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shariar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Asish-K Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるH1受容体とインターロイキン4遺伝子発現抑制,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
166. 中川 英幸, 東 貴弘, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 戸田 直紀 :
鼻粘膜焼灼術の検討―APCとCO2レーザーの比較―,
第45回日本鼻科学会, 2006年9月.
167. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 武田 憲昭 :
難治性通年性アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術の治療成績,
第45回日本鼻科学会, 2006年9月.
168. 黒田 若奈, 秦野 昌弥, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体mRNA発現の抑制:TDIモデル動物を用いた研究,
第45回日本鼻科学会, 2006年9月.
169. 佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 関根 和教, 北村 嘉章, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
過重力負荷ラットの視床下部におけるヒスタミンH1受容体mRNA発現の変化,
第24回頭頸部自律神経研究会, 2006年8月.
170. 黒田 若奈, 秦野 昌弥, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体mRNA発現の抑制 TDIモデル動物を用いた研究,
第32回四国四県地方部会連合学会, 2006年6月.
171. 秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shariar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるH1受容体遺伝子発現抑制,
第109回日本薬理学会近畿部会, 2006年6月.
172. 近藤 英司, 武田 憲昭, 中川 伸一, 陣内 自治, 秋月 裕則, 北村 嘉章, 中川 英幸 :
ボリコナゾールが有用であった侵襲性アスペルギルス症の2例,
第68回耳鼻咽喉科臨床学会, 2006年6月.
173. 関田 拓馬, 北村 嘉章, 陣内 自治, 遠藤 亜紀, 武田 憲昭 :
KTPレーザー手術が有効であった声門下気管閉塞の1例,
第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
174. 近藤 英司, 陣内 自治, 秋月 裕則, 中川 伸一, 武田 憲昭, 北村 嘉章, 中川 英幸 :
ボリコナゾールが有用であった侵襲性アスペルギルス症の2例,
第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
175. 秦野 昌弥, Asish-K Das, 北村 嘉章, 村田 有希, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
グルココルチコイドのヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子転写の抑制によるヒスタミン合成の抑制,
第9回日本ヒスタミン研究会, 2005年12月.
176. Asish-K Das, Yoshiaki Kitamura, Yuki Murata, Kazutaka Maeyama, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Glucocorticoid suppresses histamine synthesis through repression of Histidine Decarboxylase gene transcription in allergic rats.,
第108回日本薬理学会近畿部会, Nov. 2005.
177. 松田 和徳, 北村 嘉章, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 :
耳鼻咽喉科領域の診断においてFDG-PETが有用であった2症例,
第62日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
178. 堀長 志帆, 吉村 祥穂, 児玉 まどか, 村田 有希, 北村 嘉章, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
アレルギー治療薬のヒスタミンH1受容体mRNA上昇及びヒスチジン脱炭酸酵素mRNA上昇に対する影響,
日本薬学会第125年会, 2005年3月.
179. 村田 有希, 北村 嘉章, 三好 綾子, 神農 智子, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
神経性鼻炎アレルギーモデルラット鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体およびヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現とアレルギー疾患治療薬の影響,
第13回神経行動薬理若手研究者の集い, 2004年3月.

その他・研究会:

1. 北村 嘉章 :
通年性及び季節性アレルギー鼻炎の治療,
徳島県病院薬剤師会学術講演会, 2018年11月.
2. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎に対する薬物療法,
日本耳鼻咽喉科学会福井県地方部会学術講演会, 2018年6月.
3. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎の基礎と臨床,
南予アレルギーセミナー, 2018年2月.
4. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎の基礎と臨床,
東四国医療セミナー, 2017年12月.
5. 北村 嘉章 :
抗ヒスタミン薬のインバースアゴニスト作用と拡大副鼻腔手術,
神戸地区耳鼻咽喉科医会総会,学術講演会・臨床セミナー, 2017年11月.
6. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎の診断と治療,
板野郡医師会学術講演会, 2017年9月.
7. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法,
小松島市医師会学術講演会, 2017年5月.
8. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎におけるヒスタミンH1受容体発現の亢進機構とその制御,
第76回関西耳鼻咽喉科アレルギー研究会, 2017年4月.
9. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎の最新の知見,
平成28年度徳島県耳鼻咽喉科医会総会及び第136回医会研修会, 2017年4月.
10. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法,
名西郡・徳島西医師会学術講演会, 2017年3月.
11. 北村 嘉章 :
Advanced Endoscopic Sinus Surgery,
わくわく会, 2017年3月.
12. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進の分子機構とその制御,
徳島鼻アレルギー研究会, 2017年2月.
13. 北村 嘉章 :
スギ花粉症の診断と治療,
徳島アレルギーフォーラム2017, 2017年2月.
14. 北村 嘉章 :
花粉症,
平成28年度第2回徳島県医師会認定学校医研修会, 2016年12月.
15. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎の診断と治療,
東四国医療セミナー, 2016年10月.
16. 北村 嘉章 :
Balanced decompressionを行った甲状腺眼症例,
第6回Allergic Rhinitis Seminar, 2016年10月.
17. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法,
美馬市医師会学術講演会, 2016年7月.
18. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎における抗ヒスタミン薬のインバースアゴニスト作用,
アレルギーに関する講演会, 2016年4月.
19. 北村 嘉章 :
Advanced Endoscopic Sinus Surgery,
第27回徳島耳鼻咽喉科治療研究会, 2015年6月.
20. 北村 嘉章 :
スギ花粉症の診断と治療,
今治市小児科医会学術講演会, 2013年3月.
21. 北村 嘉章 :
内視鏡下鼻内涙嚢鼻腔吻合術,
第24回徳島耳鼻咽喉科治療手技研究会, 2012年7月.
22. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎の治療,
GSK社内勉強会, 2010年12月.
23. 北村 嘉章 :
アレルギー性鼻炎におけるヒスタミンH1受容体発現,
第34回高松頭頸部疾患研究会, 2010年10月.
24. 北村 嘉章 :
ナビゲーションシステムを利用した内視鏡下鼻内手術,
第5回徳島県耳鼻咽喉科疾患研究会, 2005年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 深部知覚刺激による前庭代償促進効果:動物モデルを用いた平衡訓練の実験的根拠の解明 (研究課題/領域番号: 19K09871 )
  • 狭帯域紫外線によるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進の抑制機構の解明 (研究課題/領域番号: 16K11214 )
  • 前庭代償の新しい評価法を用いた前庭代償の促進薬の開発:動物モデルを用いた研究 (研究課題/領域番号: 16K11183 )
  • 花粉症に対する鼻噴霧ステロイド薬の初期療法の効果と分子メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 24791783 )
  • 血中好酸球増多に相関するIL-33遺伝子発現亢進の天然物由来抑制薬の同定 (研究課題/領域番号: 24659474 )
  • 花粉症に対する初期療法の分子メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 22791607 )
  • 鼻粘膜ヒスタミン遺伝子発現のsiRNAによる抑制:動物モデルを用いた研究 (研究課題/領域番号: 17791177 )
  • 研究者番号(60380028)による検索