検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 応用化学系 > 物質合成化学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 応用化学システムコース > 物質合成化学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704098 LED利用による高機能性有機分子の創出 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804030 研究創発を活性化する有機化合物ライブラリーの構築 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > 物質生命システム工学専攻 > 化学機能創生コース > 物質機能化学講座 >
徳島大学 > 工学部 > 化学応用工学科 > 物質機能化学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

高分子合成化学 (Synthetic Polymer Chemistry)

研究テーマ

ラジカルおよびアニオン重合による立体規則性ポリマーの合成およびキャラクタリゼーション (アニオン重合 (anionic polymerization), ラジカル重合 (radical polymerization), 立体規則性ポリマー (stereoregular polymer))

著書・論文

著書:

1. Tomohiro Hirano and Takehiro Kitaura :
Stereospecific polymerization, In "Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials",
Springer-Verlag, Heidelberg, Jul. 2015.
(DOI: 10.1007/978-3-642-36199-9_216-1)
2. 平野 朋広 :
高分子学会編・基礎高分子科学演習編, --- 6.6 ラジカル重合,6.7 ラジカル重合の方法,6.8 ラジカル共重合 ---,
株式会社 東京化学同人, 東京, 2011年7月.

学術論文(審査論文):

1. Koto Suganuma, Tetsuo Asakura, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute and H-N. Cheng :
NMR Analysis of Poly(Lactic Acid) via Statistical Models,
Polymers, Vol.11, No.3, 725-733, 2019.
(DOI: 10.3390/polym11040725)
2. 平野 朋広, 吉田 健, 押村 美幸, 右手 浩一 :
合成高分子の高圧高温NMR観測:亜臨界流体中の高い分子運動性を利用した高分解能測定,
高圧力の科学と技術, Vol.28, No.2, 95-101, 2018年.
(DOI: 10.4131/jshpreview.28.95,   Elsevier: Scopus)
3. Tomohiro Hirano, Ryotaro Kizu, Junpei Hashimoto, Nenji Munekane, Yohei Miwa, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Thermally induced cationic polymerization of isobutyl vinyl ether in toluene in the presence of solvate ionic liquid,
Polymer Chemistry, Vol.9, No.12, 1421-1429, 2018.
(DOI: 10.1039/c8py00164b)
4. Hsu Yuchin, Chuang Mingyeh, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Multivariate analysis of 13C NMR spectra to extract information about monomer sequences in poly(methyl methacrylate-co-benzyl methacrylate)s prepared by various polymer reactions,
Polymer Journal, Vol.50, No.5, 355-363, 2018.
(DOI: 10.1038/s41428-018-0027-9)
5. Miyuki Oshimura, Tomoki Hirata, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Synthesis of aliphatic polycarbonates by irreversible polycondensation catalyzed by dilithium tetra-tert-butylzincate,
Polymer, Vol.131, 50-55, 2017.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2017.10.022)
6. Shunsuke Kametani, Sokei Sekine, Takahiro Ohkubo, Tomohiro Hirano, Koichi Ute, N. H. Cheng and Tetsuo Asakura :
NMR studies of water dynamics during sol-to-gel transition of poly (N-isopropylacrylamide) in concentrated aqueous solution,
Polymer, Vol.109, 287-296, 2017.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2016.12.063)
7. Takanori Tada, Tomohiro Hirano, Koichi Ute, Yukiteru Katsumoto, Taka-aki Asoh, Tatsuya Shoji, Noboru Kitamura and Yasuyuki Tsuboi :
Effects of Syndiotacticity on the Dynamic and Static Phase Separation Properties of Poly(N-Isopropylacrylamide) in Aqueous Solution,
The Journal of Physical Chemistry B, Vol.120, No.31, 7724-7730, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.jpcb.6b03200,   PubMed: 27414162,   Elsevier: Scopus)
8. Tomohiro Hirano, Ryota Kamiike, Yuchin Hsu, Hikaru Momose and Koichi Ute :
Multivariate analysis of 13C NMR spectra of branched copolymers prepared by initiator-fragment incorporation radical copolymerization of ethylene glycol dimethacrylate and tert-butyl methacrylate,
Polymer Journal, Vol.48, No.7, 793-800, 2016.
(DOI: 10.1038/pj.2016.16,   Elsevier: Scopus)
9. Miyuki Oshimura, Yuki Oda, Keita Kondoh, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Efficient acylation and transesterification catalyzed by dilithium tetra-tert-butylzincate at low temperatures,
Tetrahedron Letters, Vol.57, No.19, 2070-2073, 2016.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2016.03.096,   Elsevier: Scopus)
10. Tomohiro Hirano, Tadashi Segata, Junpei Hashimoto, Yohei Miwa, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Syndiotactic- and heterotactic-specific radical polymerization of N-n-propylmethacrylamide complexed with alkali metal ions,
Polymer Chemistry, Vol.6, No.27, 4927-4939, 2015.
(DOI: 10.1039/C5PY00755K,   Elsevier: Scopus)
11. Tomohiro Hirano, Tatsuya Saito, Yoshitaka Kurano, Yohei Miwa, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Dual role for alkali metal cations in enhancing the low-temperature radical polymerization of N,N-dimethylacrylamide,
Polymer Chemistry, Vol.6, No.11, 2054-2064, 2015.
(DOI: 10.1039/C4PY01662A,   Elsevier: Scopus)
12. Miyuki Oshimura, Ryo Okazaki, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Ring-opening polymerization of epsilon-caprolactone with dilithium tetra-tert-butylzincate under mild conditions,
Polymer Journal, Vol.46, No.12, 866-872, 2014.
(DOI: 10.1038/pj.2014.76)
13. Tomohiro Hirano, Yuya Miyamoto, Shinya Amano, Kazuya Tatsumi, Takuya Anmoto, Hiroshi Kimura, Ken Yoshida, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Hydrogen-bond-assisted isotactic-specific radical polymerization of N-vinyl-2-pyrrolidone with tartrate additives in toluene at low temperatures: high-resolution 1H NMR analysis,
RSC Advances, Vol.4, No.95, 53079-53089, 2014.
(DOI: 10.1039/C4RA08743G)
14. Tomohiro Hirano, Akiko Ono, Hiroaki Yamamoto, Takeshi Mori, Yasushi Maeda, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Effect of composition and stereoregularity on phase-transition behavior of aqueous N-ethylacrylamide/N-n-propylacrylamide copolymer solutions,
Polymer, Vol.54, No.21, 5601-5608, 2013.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2013.08.006)
15. Tomohiro Hirano, Takahiro Furutani, Tatsuya Saito, Tadashi Segata, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Isotactic-specific anionic polymerization of N-isopropylacrylamide with dilithium tetra-tert-butylzincate in the presence of a fluorinated alcohol or Lewis acid,
Polymer, Vol.53, No.22, 4961-4966, 2012.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2012.09.004)
16. Hikaru Momose, Maeda Tomoya, Hattori Kosuke, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Statistical Determination of Chemical Composition and Monomer Sequence Distribution of Poly(methyl methacrylate-co-tert-butyl methacrylate)s by Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra,
Polymer Journal, Vol.44, No.8, 808-814, 2012.
(DOI: 10.1038/pj.2012.110)
17. Tomohiro Hirano, Takuya Anmoto, Nao Umezawa, Hikaru Momose, Yukiteru Katsumoto, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Application of Multivariate Analysis of NMR Spectra of Poly(N-isopropylacrylamide) to Assignment of Stereostructures and Prediction of Tacticity Distribution,
Polymer Journal, Vol.44, No.8, 815-820, 2012.
(DOI: 10.1038/pj.2012.61)
18. Pei Cheng Chua, Malcolm A. Kelland, Tomohiro Hirano and Hiroaki Yamamoto :
Kinetic Hydrate Inhibition of Poly(N-isopropylacrylamide)s with Different Tacticities,
Energy & Fuels, Vol.26, No.8, 4961-4967, 2012.
(DOI: 10.1021/ef300178u)
19. Tomohiro Hirano, Takahiro Furutani, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Syndiotactic- and Heterotactic-Specific Radical Polymerizations of N-n-Propyl-α-fluoroacrylamide and Phase-Transition Behaviors of Aqueous Solutions of Poly(N-n-propyl-α-fluoroacrylamide),
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.50, No.12, 2471-2483, 2012.
(DOI: 10.1002/pola.26024)
20. Tomohiro Hirano, Takahiro Kamikubo and Koichi Ute :
Syndiotactic specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide in toluene at low temperatures in the presence of silyl alcohols,
Polymer International, Vol.61, No.6, 966-970, 2012.
(DOI: 10.1002/pi.4166)
21. Tomohiro Hirano, Hiroaki Yamamoto and Koichi Ute :
Effects of chemical composition and stereoregularity on phase-transition behaviors of aqueous solutions of copolymers composed of N-isopropylacrylamide and N-n-propylacrylamide,
Polymer, Vol.52, No.23, 5277-5281, 2011.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2011.09.039)
22. Tomohiro Hirano, Akihiro Morikami and Koichi Ute :
Control of Stereospecificity in the Radical Polymerization of N-Methyl-N-(2-pyridyl)acrylamide by Conformational Switching of the Monomer with Protonation,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.49, No.19, 4164-4171, 2011.
(DOI: 10.1002/pola.24858)
23. Tomohiro Hirano, Akihiro Morikami, Yasuhiro Fujioka and Koichi Ute :
Effect of a combination of hexamethylphosphoramide and alkyl alcohol on the stereospecificity of radical polymerization of N-isopropylacrylamide,
Polymer, Vol.52, No.3, 629-634, 2011.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2010.12.035)
24. Tomohiro Hirano, Ryosuke Yamaoka, Takamasa Miyazaki and Koichi Ute :
Stereospecific Radical Polymerization of N-tert-Butoxycarbonylacrylamide in the Presence of Fluorinated Alcohols,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.48, No.24, 5718-5726, 2010.
(DOI: 10.1002/pola.24373,   Elsevier: Scopus)
25. Mohamed Reda Berber, Hironori Mori, Inas Hazzaa Hafez, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Takuro Niidome, Yoshiki Katayama, Atsushi Maruyama, Tomohiro Hirano, Yasushi Maeda and Takeshi Mori :
Unusually Large Hysteresis of Temperature-Responsive Poly(N-Ethyl-2-Propionamidoacrylamide) Studied by Microcalorimetry and FT-IR,
The Journal of Physical Chemistry B, Vol.114, No.23, 7784-7790, 2010.
(DOI: 10.1021/jp102681q,   PubMed: 20499912)
26. Takeshi Mori, Suguru Beppu, Mohamed Reda Berber, Hironori Mori, Takumi Makimura, Ayako Tsukamoto, Keiji Minagawa, Tomohiro Hirano, Masami Tanaka, Takuro Niidome, Yoshiki Katayama, Tatsuya Hirano and Yasushi Maeda :
Design of Temperature-Responsive Polymers with Enhanced Hysteresis: α,α-Disubstituted Vinyl Polymers,
Langmuir, Vol.26, No.12, 9224-9232, 2010.
(DOI: 10.1021/la100020t,   PubMed: 20465233)
27. Tomohiro Hirano, Shou Nasu, Akihiro Morikami and Koichi Ute :
The Effect of the N-Substituent s-trans to the Carbonyl Group of N-Methylacrylamide Derivatives on the Stereospecificity of Radical Polymerizations,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.47, No.23, 6534-6539, 2009.
(DOI: 10.1002/pola.23696)
28. Hikaru Momose, Kosuke Hattori, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Multivariate analysis of 13C NMR spectra of methacrylate copolymers and homopolymer blends,
Polymer, Vol.50, No.15, 3819-3821, 2009.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2009.05.048,   CiNii: 80020801055)
29. Tomohiro Hirano, Hideaki Ishizu, Ryosuke Yamaoka, Koichi Ute and Tsuneyuki Sato :
Metal-free isotactic-specific radical polymerization of N-alkylacrylamides with 3,5-dimethylpyridine N-oxide: The effect of the N-substituent and solvent on the isotactic specificity,
Polymer, Vol.50, No.15, 3522-3527, 2009.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2009.05.053)
30. Tomohiro Hirano, Takahiro Kamikubo, Yuya Okumura, Yoichi Bando, Ryosuke Yamaoka, Takeshi Mori and Koichi Ute :
Heterotactic-specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide and phase transition behavior of aqueous solution of heterotactic poly(N-isopropylacrylamide),
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.47, No.10, 2539-2550, 2009.
(DOI: 10.1002/pola.23338)
31. Tomohiro Hirano, Shuhei Masuda, Shou Nasu, Koichi Ute and Tsuneyuki Sato :
Syndiotactic-specific radical polymerization of N,N-dimethylacrylamide in the presence of tartrates: A proposed mechanism for the polymerization,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.47, No.4, 1192-1203, 2009.
(DOI: 10.1002/pola.23226)
32. Takeshi Mori, Tomohiro Hirano, Atsushi Maruyama, Yoshiki Katayama, Takuro Niidome, Yoichi Bando, Koichi Ute, Shinji Takaku and Yasushi Maeda :
Syndiotactic Poly(N-n-propylacrylamide) Shows Highly Cooperative Phase Transition,
Langmuir, Vol.25, No.1, 48-50, 2009.
(DOI: 10.1021/la8034837,   PubMed: 19072016)
33. Tsuneyuki Sato, Makoto Hasegawa, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Radical polymerization behavior of diemthyl vinylphosphonate: homopolymerization and copolymerization with trimethoxyvinylsilane,
Journal of Applied Polymer Science, Vol.109, No.6, 3746-3752, 2008.
(DOI: 10.1002/app.28626)
34. Misao Koyama, Tomohiro Hirano, Keiichi Ohno and Yukiteru Katsumoto :
Molecular Understanding of the UCST-Type Phase Separation Behavior of a Stereocontrolled Poly(N-isopropylacrylamide) in Bis(2-methoxyethyl) Ether,
The Journal of Physical Chemistry B, Vol.112, No.35, 10854-10860, 2008.
(DOI: 10.1021/jp800759w,   PubMed: 18686997)
35. Tomohiro Hirano, Takamasa Miyazaki and Koichi Ute :
Synthesis of heterotactic and syndiotactic polyacrylamides via stereospecific radical polymerization of N-tert-butoxycarbonylacrylamide in the presence of fluorinated alcohols,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.46, No.16, 5698-5701, 2008.
(DOI: 10.1002/pola.22864)
36. Tomohiro Hirano, Kimihiko Nakamura, Takahiro Kamikubo, Satoshi Ishii, Kanami Tani, Takeshi Mori and Tsuneyuki Sato :
Hydrogen-bond-assisted syndiotactic-specific radical polymerizations of N-alkylacrylamides: The effect of the N-substituents on the stereospecificities and unusual large hysteresis in the phase-transition behavior of aqueous solution of syndiotactic poly(N-n-propylacrylamide),
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.46, No.13, 4575-4583, 2008.
(DOI: 10.1002/pola.22797)
37. Tomohiro Hirano, Shuhei Masuda and Tsuneyuki Sato :
Hydrogen-Bond-Assisted Syndiotactic-Specific Radical Polymerization of N,N-Dimethylacrylamide in the Presence of Tartrates,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.46, No.9, 3145-3149, 2008.
(DOI: 10.1002/pola.22643)
38. Tomohiro Hirano, Yuya Okumura, Yasuhiro Fujioka and Tsuneyuki Sato :
Hydrogen-bond-assisted syndiotactic-specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide: The solvent effect on the stereospecificity,
European Polymer Journal, Vol.44, No.4, 1053-1059, 2008.
(DOI: 10.1016/j.eurpolymj.2008.02.002)
39. Tomohiro Hirano, Hideaki Ishizu and Tsuneyuki Sato :
Metal-free isotactic-specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide with pyridine N-oxide derivatives: The effect of methyl substituents of pyridine N-oxide on the isotactic specificity and the proposed mechanism for the isotactic-specific radical polymerization,
Polymer, Vol.49, No.2, 438-445, 2008.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2007.11.053)
40. Tomohiro Hirano, Takahiro Kamikubo, Yuya Okumura and Tsuneyuki Sato :
Heterotactic poly(N-isopropylacrylamide) prepared via radical polymerization in the presence of fluorinated alcohols,
Polymer, Vol.48, No.17, 4921-4925, 2007.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2007.06.059,   CiNii: 80018373606)
41. Tsuneyuki Sato, Kazuki Nomura, Tomohiro Hirano and Makiko Seno :
Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Diallyl Phthalate: Kinetics, Formation of Hyperbranched Polymer, and Iridescent Porous Film Thereof,
Journal of Applied Polymer Science, Vol.102, No.1, 408-415, 2006.
(DOI: 10.1002/app.24036)
42. Tomohiro Hirano, Yuya Okumura, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Remarkable effect of hydrogen-bonding interaction on stereospecificity in the radical polymerization of N-vinylacetamide,
European Polymer Journal, Vol.42, No.9, 2114-2124, 2006.
(DOI: 10.1016/j.eurpolymj.2006.03.023)
43. Tomohiro Hirano, Yuya Okumura, Hiroko Kitajima, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Dual roles of alkyl alcohols as syndiotactic-specificity inducers and accelerators in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide and some properties of syndiotactic poly(N-isopropylacrylamide),
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.44, No.15, 4450-4460, 2006.
(DOI: 10.1002/pola.21546,   CiNii: 80019039617)
44. Tsuneyuki Sato, Tsukasa Nakamura, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Soluble hyperbranched copolymer via initiator-fragment incorporation radical copolymerization using a trivinyl monomer,
Polymer, Vol.47, No.13, 4630-4637, 2006.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2006.02.096)
45. Tomohiro Hirano, Naoki Higashida, Hongwei Wang, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Synthesis and Characterization of Soluble Hyperbranched Polymer via Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Divinylbenzene with Dimethyl 2,2'-Azobisisobutyrate,
Journal of Applied Polymer Science, Vol.100, No.1, 664-670, 2006.
(DOI: 10.1002/app.23393)
46. Tsuneyuki Sato, Atsushi Ono, Tomohiro Hirano and Makiko Seno :
Initiator-fragment incorporation radical copolymerization of vinyl acetate and 1,2-polybutadiene as a multivinyl monomer,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.44, No.7, 2328-2337, 2006.
(DOI: 10.1002/pola.21351)
47. Tsuneyuki Sato, Kazuki Nomura, Tomohiro Hirano and Makiko Seno :
Hyperbranched Polymer through Initiator-Fragment Incorporation Radical Copolymerization of Divinyl Adipate with Allyl Acetate: Synthesis, Characterization, Dye Solubilization, Metal-Nanoparticle Stabilization, and Porous Film Formation,
Polymer Journal, Vol.38, No.3, 240-249, 2006.
(DOI: 10.1295/polymj.38.240,   CiNii: 10017314975)
48. Tsuneyuki Sato, Hiroki Nobutane, Tomohiro Hirano and Makiko Seno :
Hyperbranched Acrylate Copolymer via Initiator-Fragment Incorporation Radical Copolymerization of Divinylbenzene and Ethyl Acrylate: Synthesis, Characterization, Hydrolysis, Dye-Solubilization, Ag Particle-Stabilization, and Porous Film Formation,
Macromolecular Materials and Engineering, Vol.291, No.2, 162-172, 2006.
(DOI: 10.1002/mame.200500327)
49. Tomohiro Hirano, Hiroko Kitajima, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Hydrogen-bond-assisted stereocontrol in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide with bidentate Lewis base,
Polymer, Vol.47, No.2, 539-546, 2006.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2005.11.057,   Elsevier: Scopus)
50. Makiko Seno, Makoto Hasegawa, Tomohiro Hirano and Tsuneyuki Sato :
Radical Polymerization Behavior of Trimethoxyvinylsilane,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.23, 5864-5871, 2005.
(DOI: 10.1002/pola.21026)
51. Tomohiro Hirano, Hideaki Ishizu, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Hydrogen-bond-assisted isotactic-specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide with pyridine N-oxide,
Polymer, Vol.46, No.24, 10607-10610, 2005.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2005.09.025)
52. Tomohiro Hirano, Keisuke Tanaka, Hongwei Wang, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Effect of Nitrobenzene on Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Divinylbenzene with Dimethyl 2,2'-Azobisisobutyrate,
Polymer, Vol.46, No.21, 8964-8972, 2005.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2005.06.083)
53. Tomohiro Hirano, Hiroko Kitajima, Satoshi Ishii, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Hydrogen-bond-assisted stereocontrol in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide with secondary alkyl phosphate: The effect of the bulkiness of the ester group,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.17, 3899-3908, 2005.
(DOI: 10.1002/pola.20883)
54. Tomohiro Hirano, Hitomi Miki, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Effect of Polymerization Conditions on the Syndiotactic-Specificity in Radical Polymerization of N-isopropylacrylamide and Fractionation of the Obtained Polymer According to the Stereoregularity,
Polymer, Vol.46, No.15, 5501-5505, 2005.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2005.05.043)
55. Makiko Seno, Takahiro Yamada, Hongwei Wang, Tomohiro Hirano and Tsuneyuki Sato :
Kinetic Study of the Radical Polymerization Behavior of N-(1-Phenylethylaminocarbonyl)methacrylamide,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.10, 2013-2020, 2005.
(DOI: 10.1002/pola.20682)
56. Tomohiro Hirano, Hitomi Miki, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Direct Synthesis of Syndiotactic-Rich Poly(N-isopropylacrylamide) via Radical Polymerization of Hydrogen-Bond-Complexed Monomer,
Polymer, Vol.46, No.11, 3693-3699, 2005.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2004.12.060)
57. Tomohiro Hirano, Hiroshi Ihara, Takashi Miyagi, Hongwei Wang, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Formation of Soluble Hyperbranched Polymer Nanoparticles by Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Ethylene Glycol Dimethacrylate,
Macromolecular Chemistry and Physics, Vol.206, No.8, 860-868, 2005.
(DOI: 10.1002/macp.200400530)
58. Tsuneyuki Sato, Yukiko Arima, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Divinyl Adipate with Dimethyl 2,2'-Azobis(isobutyrate): Kinetics and Formation of Soluble Hyperbranched Polymer,
Macromolecules, Vol.38, No.5, 1627-1632, 2005.
(DOI: 10.1021/ma040127z)
59. Tomohiro Hirano, Satoshi Ishii, Hiroko Kitajima, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Hydrogen-bond-assisted stereocontrol in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide with primary alkyl phosphate: The effect of the chain length of the straight ester group,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.1, 50-62, 2005.
(DOI: 10.1002/pola.20475)
60. Tsuneyuki Sato, Hiroshi Ihara, Tomohiro Hirano and Makiko Seno :
Formation of soluble hyperbranched polymer through the initiator-fragment incorporation radical copolymerization of ethylene glycol dimethacrylate with N-methylmethacrylamide,
Polymer, Vol.45, No.22, 7491-7498, 2004.
(DOI: 10.1016/j.polymer.2004.09.019)
61. Hongwei Wang, Akiko Miyamoto, Tomohiro Hirano, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Radical polymerization of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine in water: kinetics and salt effects,
European Polymer Journal, Vol.40, No.10, 2287-2290, 2004.
(DOI: 10.1016/j.eurpolymj.2004.06.012)
62. Tomohiro Hirano, Kousuke Higashi, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Reaction control in radical polymerization of di-n-butyl itaconate utilizing a hydrogen-bonding interaction,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.42, No.19, 4895-4905, 2004.
(DOI: 10.1002/pola.20293)
63. Tsuneyuki Sato, Takashi Miyagi, Tomohiro Hirano and Makiko Seno :
Initiator-fragment incorporation radical polymerization of ethylene glycol dimethacrylate in the presence of 1,1-diphenylethylene: synthesis and characterization of soluble hyperbranched polymer nanoparticles,
Polymer International, Vol.53, No.10, 1503-1511, 2004.
(DOI: 10.1002/pi.1575)
64. Makiko Seno, Hisako Kishimoto, Satoshi Kinoshita, Toshiaki Higashiguchi, Tomohiro Hirano and Tsuneyuki Sato :
Radical polymerization behavior of vinyl phenylsufonylacetate,
European Polymer Journal, Vol.40, No.9, 2247-2250, 2004.
(DOI: 10.1016/j.eurpolymj.2004.05.025)
65. Tomohiro Hirano, Hitomi Miki, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Significant effect of hydrogen-bonding interaction on syndiotactic-specificity in radical polymerization of N-isopropylacrylamide,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.42, No.17, 4404-4408, 2004.
(DOI: 10.1002/pola.20315)
66. Kohji Masaki, Shin-ichi Ohkawara, Tomohiro Hirano, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Kinetic study of the crosslinking reaction of 1,2-polybutadiene with dicumyl peroxide in the absence and presence of vinyl acetate,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.42, No.17, 4437-4447, 2004.
(DOI: 10.1002/pola.20250)
67. Tsuneyuki Sato, Yukiko Arima, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Formation of a soluble hyperbranched polymer via initiator-fragment incorporation radical copolymerization of divinyl adipate and isobutyl vinyl ether,
Polymer International, Vol.53, No.8, 1138-1144, 2004.
(DOI: 10.1002/pi.1515)
68. Tsuneyuki Sato, Naoki Higashida, Tomohiro Hirano and Makiko Seno :
Initiator-fragment incorporation radical copolymerization of divinylbenzene and N-isopropylacrylamide with dimethyl 2,2'-azobisisobutyrate: Formation of soluble hyperbranched polymer nanoparticle,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.42, No.7, 1609-1617, 2004.
(DOI: 10.1002/pola.11065,   Elsevier: Scopus)
69. Kohji Masaki, Shin-ichi Ohkawara, Tomohiro Hirano, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Devulcanization of nitrile butadiene rubber in nitrobenzene,
Journal of Applied Polymer Science, Vol.91, No.5, 3342-3353, 2004.
(DOI: 10.1002/app.13546)
70. Tsuneyuki Sato, Masahiko Hashimoto, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Soluble hyperbranched polymer through initiator-fragment incorporation radical copolymerization of ethylene glycol dimethacrylate and α-ethyl β-N-(α'-methylbenzyl) itaconamate in benzene,
European Polymer Journal, Vol.40, No.2, 273-282, 2004.
(DOI: 10.1016/j.eurpolymj.2003.09.018)
71. Tomohiro Hirano, Kousuke Higashi, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Effect of Hydrogen-Bonding Interaction on Radical Polymerization of Di-n-butyl Itaconate,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.41, No.21, 3463-3467, 2003.
(DOI: 10.1002/pola.10957)
72. Hongwei Wang, Tomohiro Hirano, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Radical Polymerization Behavior of 3-(N-2-Methacryloyloxyethyl-N,N-dimethyl)ammonatopropanesulfonate in Water,
European Polymer Journal, Vol.39, No.11, 2107-2114, 2003.
(DOI: 10.1016/S0014-3057(03)00156-3)
73. Tsuneyuki Sato, Nobuyuki Sato, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Divinylbenzene in the Presence of Glyoxylic Oxime Ether: Formation of Soluble Hyperbranched Polymer,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.41, No.19, 3038-3047, 2003.
(DOI: 10.1002/pola.10824,   CiNii: 80016160732)
74. Tomohiro Hirano, Kousuke Higashi, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Radical Polymerization of Di-n-butyl Itaconate in the Presence of Lewis Acids,
European Polymer Journal, Vol.39, No.9, 1801-1808, 2003.
(DOI: 10.1016/S0014-3057(03)00105-8)
75. Kohji Masaki, Shin-ichi Ohkawara, Tomohiro Hirano, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Fourier transform near-infrared and electron spin resonance studies on the crosslinking reaction of liquid carboxylated poly(acrylonitrile-co-butadiene) rubber with dicumyl peroxide in dioxane,
Journal of Applied Polymer Science, Vol.89, No.8, 2095-2101, 2003.
(DOI: 10.1002/app.12338,   CiNii: 80016021393)
76. Tsuneyuki Sato, Masahiko Hashimoto, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Elementary Reaction Analysis of the Radical Polymerization of α-Ethyl β-N-(α'-Methylbenzyl)itaconamates Carrying (RS)- and (S)-α-Methylbenzylaminocarbonyl Groups,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.41, No.12, 1819-1830, 2003.
(DOI: 10.1002/pola.10722)
77. Tomohiro Hirano, Kazuhiro Furuya, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
13C NMR and electron spin resonance analyses of the radical polymerization of diisopropyl itaconate,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.40, No.24, 4513-4522, 2002.
(DOI: 10.1002/pola.10529)
78. Tsuneyuki Sato, Nobuyuki Sato, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Effect of Glyoxylic Oxime Ether on Radical Polymerization of Styrene,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.40, No.16, 2772-2781, 2002.
(DOI: 10.1002/pola.10357,   Elsevier: Scopus)
79. Tomohiro Hirano, Ryoko Takeyoshi, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Chain-transfer reaction in the radical polymerization of di-n-butyl itaconate at high temperatures,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.40, No.14, 2415-2426, 2002.
(DOI: 10.1002/pola.10316,   Elsevier: Scopus)
80. Tsuneyuki Sato, Ryuji Maeda, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Radical and cationic polymerizations of 2-(N,N-dimethyldithiocarbamoyl)ethyl vinyl ether and use of the resulting polymers as photoinitiator,
European Polymer Journal, Vol.38, No.7, 1491-1494, 2002.
(DOI: 10.1016/S0014-3057(02)00002-2,   Elsevier: Scopus)
81. Tsuneyuki Sato, Hidekazu Mukuno, Hirotaka Ishida, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Radical polymerization of vinyl thiocyanatoacetate:Participation of group-transfer mechanism,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.40, No.4, 573-582, 2002.
(DOI: 10.1002/pola.10137)
82. Tsuneyuki Sato, Toru Takahashi, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Vinyl Polymerization with a Binary System of p-Chlorobenzenediazonium Salt and Sodium Tetraphenylborate,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.39, No.24, 4206-4213, 2001.
(DOI: 10.1002/pola.10071,   Elsevier: Scopus)
83. Tsuneyuki Sato, Masanobu Sato, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Polymerization of vinyl acetate initiated with di-tert-butyl perfumarate,
Macromolecular Chemistry and Physics, Vol.202, No.8, 1306-1312, 2001.
(DOI: 10.1002/1521-3935(20010501)202:8<1306::AID-MACP1306>3.0.CO;2-5,   Elsevier: Scopus)
84. Tsuneyuki Sato, Yosinori Maeda, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Radical Heterogeneous Polymerization Behavior of N-Methyl-α-Fluoroacrylamide in Benzene,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.39, No.13, 2196-2205, 2001.
(DOI: 10.1002/pola.1196,   Elsevier: Scopus)
85. Tomohiro Hirano, Atsushi Tabuchi, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Kinetic and ESR Studies of Ring-Opening Radical Polymerization of 1,1-Bis(ethoxycarbonyl)-2-vinylcyclopropane,
Macromolecules, Vol.34, No.14, 4737-4741, 2001.
(DOI: 10.1021/ma001962t,   Elsevier: Scopus)
86. Tsuneyuki Sato, Takayuki Oki, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Radical and cationic polymerization of 3-ethyl-3-methacryloyloxymethyloxetane,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.39, No.9, 1269-1279, 2001.
(DOI: 10.1002/pola.1104,   Elsevier: Scopus)
87. Makiko Seno, Tomoya Fukui, Tomohiro Hirano and Tsuneyuki Sato :
Kinetic and ESR Studies on Radical Polymerization Behavior of N-(2-Phenylethoxycarbonyl)methacrylamide,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.38, No.23, 4264-4271, 2000.
(DOI: 10.1002/1099-0518(20001201)38:23<4264::AID-POLA120>3.0.CO;2-3,   Elsevier: Scopus)
88. Tsuneyuki Sato, Shin-ichi Tada, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Kinetic and ESR studies on the radical polymerization of α-N-(α'-methylbenzyl) β-ethyl itaconamates derived from racemic and (S)-α-methylbenzylamines,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.38, No.22, 4137-4146, 2000.
(DOI: 10.1002/1099-0518(20001115)38:22<4137::AID-POLA140>3.0.CO;2-1,   Elsevier: Scopus)
89. Tatsuki Kitayama, Hiroko Yamaguchi, Takeshi Kanzawa and Tomohiro Hirano :
Living Ring-Opening Polymerization of ε-Caprolactone with Combinations of tert-Butyllithium and Bulky Aluminum Phenoxides,
Polymer Bulletin, Vol.45, No.2, 97-104, 2000.
(DOI: 10.1007/s002890170109,   Elsevier: Scopus)
90. Tomohiro Hirano, Tatsuki Kitayama, Jingzhe Cao and Koichi Hatada :
13C NMR Analysis of Uniform Heterotactic Oligo(allyl methacrylate) Aiming at Understanding Even-Odd Alternation in Distribution of Degree of Polymerization,
Polymer Journal, Vol.32, No.11, 961-969, 2000.
(DOI: 10.1295/polymj.32.961,   Elsevier: Scopus)
91. Tomohiro Hirano, Sachiko Tateiwa, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Temperature dependence of stereospecificity in the radical polymerization of di-n-butyl itaconate in bulk,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.38, No.13, 2487-2491, 2000.
(DOI: 10.1002/1099-0518(20000701)38:13<2487::AID-POLA200>3.0.CO;2-L,   Elsevier: Scopus)
92. Tomohiro Hirano, Tatsuki Kitayama, Jingzhe Cao and Koichi Hatada :
Unusual Distribution of Degree of Polymerization Observed for Heterotactic Oligomer of Allyl Methacrylate,
Macromolecules, Vol.33, No.6, 1926-1928, 2000.
(DOI: 10.1021/ma991725u,   Elsevier: Scopus)
93. Miroslav Janco, Tomohiro Hirano, Tatsuki Kitayama, Koichi Hatada and Dusan Berek :
Discrimination of Poly(ethyl methacrylate)s According to Their Molar Mass and Tacticity by Coupling Size Exclusion Chromatography and Liquid Chromatography at Critical Adsorption Point,
Macromolecules, Vol.33, No.5, 1710-1715, 2000.
(DOI: 10.1021/ma990518r,   Elsevier: Scopus)
94. Tomohiro Hirano, Hiroko Yamaguchi, Tatsuki Kitayama and Koichi Hatada :
Heterotactic Polymerization of Methacrylates Having C-3 Ester Group,
Polymer Journal, Vol.30, No.9, 767-769, 1998.
95. Tomohiro Hirano, Tatsuki Kitayama and Koichi Hatada :
Effect of Ester Compounds on Stereospecificity in Methacrylate Polymerization with t-BuLi/Bis(2,6-di-t-butylphenoxy)methylaluminum,
Polymer Journal, Vol.30, No.9, 736-742, 1998.
96. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano and Koichi Hatada :
Remarkable Effect of Structure of Bulky Aluminum Phenoxides on Stereospecificity of Methacrylate Polymerization,
Tetrahedron, Vol.53, No.45, 15263-15279, 1997.
97. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano and Koichi Hatada :
Remarkable Change of Stereochemistry near the Terminating Chain-End of Heterotactic Poly(ethyl methacrylate) with Conversion. Importance in Mechanistic Study of Stereospecific Polymerization with the Aid of Chain-End Analysis,
Polymer Journal, Vol.28, No.12, 1110-1111, 1996.
98. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano, Zhang Yajun and Koichi Hatada :
Highly Heterotactic Polymerization of Methacrylates - Higher Order Stereoregulation and Stereochemical Significance,
Macromolecular Symposia, Vol.107, 297-306, 1996.
99. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano and Koichi Hatada :
Chain-End Stereostructure of Heterotactic Poly(ethyl methacrylate) Prepared with t-Butyllithium/Bis(2,6-di-t-butylphenoxy)methylaluminum as Studies by 13C NMR Spectroscopy,
Polymer Journal, Vol.28, No.1, 61-67, 1996.

学術論文(紀要・その他):

1. Tomohiro Hirano, Shou Nasu, Ryota Kamiike and Koichi Ute :
Development of stereospecific living radical polymerization with UV-LED irradiation,
Bulletin of Institute of Technology and Science, The University of Tokushima, Vol.55, 44-50, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 71071,   CiNii: 110007592796)

総説・解説:

1. 右手 浩一, 平野 朋広 :
高分子反応で得られる共重合体の連鎖解析と連鎖制御,
高分子, Vol.65, No.9, 506-508, 2016年9月.
(Elsevier: Scopus)
2. 平野 朋広 :
水素結合を利用したN-アルキルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合,
高分子論文集, Vol.72, No.5, 218-231, 2015年5月.
(DOI: 10.1295/koron.2014-0083,   Elsevier: Scopus)
3. 平野 朋広 :
合成高分子のNMRスペクトルの多変量解析-オフライン二次元NMR法-,
ぶんせき, Vol.2013, No.10, 631-632, 2013年10月.
4. 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
NMRスペクトルの多変量解析による合成高分子の一次構造解析,
NMR, Vol.3, 27-37, 2012年10月.
5. Koichi Hatada, Tatsuki Kitayama and Tomohiro Hirano :
Preparation of Heterotactic Polymers and Their Properties,
Polymer News, Vol.30, No.9, 277-283, Sep. 2005.

国際会議:

1. Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Stereospecific Radical Polymerization of N,N-Disubstituted Acrylamides and NMR Analysis of Stereoregularity of the Polymers Obtained,
Federation of Asian Polymer Societies Polymer Congress 2019 (FAPS2019), Taipei, Oct. 2019.
2. Miyuki Oshimura, Ryo Kagitani, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Amino Group Modification of Poly(Vinyl Alcohol) Side Chain by Chemoselective Transesterification Using Zinc Ate Complex,
Federation of Asian Polymer Societies Polymer Congress 2019 (FAPS2019), Taipei, Oct. 2019.
3. Menghao Li, Koki Maeda, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Unusual Hysteresis in Phase Transition Behavior of Aqueous Solution of Acrylamide Copolymers Containing N-Ethylacrylamide as a Component,
Federation of Asian Polymer Societies Polymer Congress 2019 (FAPS2019), Taipei, Oct. 2019.
4. Ayano Tanaka, Misaki Senoo, Yasunari Kusaka, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Monomer Sequence Analysis of the Poly(vinylalcohol-co-vinyl acetate)s Prepared by Transesterification Catalyzed by Zinc Ate Complex,
Federation of Asian Polymer Societies Polymer Congress 2019 (FAPS2019), Taipei, Oct. 2019.
5. Tomohiro Hirano :
Stereospecific Radical Polymerization of N,N-Disubstituted Acrylamides,
International Congress on Pure & Applied Chemistry Yangon 2019, Yangon, Aug. 2019.
6. Tomohiro Hirano :
NMR analysis of stereostructure in radically prepared poly(N,N-disubstituted acrylamide)s,
ISPAC-2019 (32nd International Symposium on Polymer Analysis and Characterization), Zao, Jun. 2019.
7. Miyuki Oshimura, Tomoki Hirata, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Synthesis of (meth)acrylate copolymers from poly[phenyl (meth)acrylate] by transesterification using zinc art complex,
257th ACS National Meeting & Exposition, Orlando, Apr. 2019.
8. Yoshiro Ishikawa, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Synthesis of hyperbranched polymers by light -irradiationinitiatorfragment incorporation radical copolymerization of acrylamides with N,N'-methylenebisacrylamide -,
The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), Hiroshima, Dec. 2018.
9. Ryotaro Kizu, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Thermally induced cationic polymerization of isobutyl vinyl ether and methoxystyrenes in the presence of solvate ionic liquid,
The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), Hiroshima, Dec. 2018.
10. Minari Shiren, Momoko Tanaka, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Monomer sequence distribution in the copolymers derived from isotactic poly(methacrylic acid) by stepwise esterification: Partial neutralization by guanidine,
The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), Hiroshima, Dec. 2018.
11. Miyuki Oshimura, Tomoki Hirata, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Side chain modification of poly(phenyl methacrylate) by transesterification using zinc art complex,
The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), Hiroshima, Dec. 2018.
12. Tomohiro Hirano :
Synergy Effect of Stereoregularity and N-Substituent on the Phase Transition Behavior of Aqueous Poly(N-alkylacrylamide)s,
International Congress on Pure & Applied Chemistry Langkawi 2018, Langkawi, Oct. 2018.
13. Yasunari Kusaka, Misaki Senoo, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Structure analysis of blockiness controlled poly (vinyl alcohol-co-vinyl acetate) by NMR,
255th ACS National Meeting & Exposition, New Orleans, Mar. 2018.
14. Koto Suganuma, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute, H. N. Cheng and Tetsuo Asakura :
NMR analysis of the stereoregularity of poly(lactic acid) through the use of selective solvents,
255th ACS National Meeting & Exposition, New Orleans, Mar. 2018.
15. Koichi Ute, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura, Yudai Ishii and Ikuma Wakamatsu :
Determination of Stereoregularity of Poly(lactic acid) by Multivariate Analysis of NMR Spectra,
29th International Symposium on Chirality (Chirality 2017), Tokyo, Jul. 2017.
16. Nenji Munekane, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Cationic polymerization of vinyl ethers in the presence of Li salts,
The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), Fukuoka, Dec. 2016.
17. Yuta Ogasa, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Chemoselective radical polymerization of N-allylmethacrylamide in the presence of Li salts,
The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), Fukuoka, Dec. 2016.
18. Pohsun Yin, Junpei Hashimoto, Tadashi Segata, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
The effect of stereoregularity on phase-transition behaviors of aqueous polymethacrylamides,
The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), Fukuoka, Dec. 2016.
19. Tomohiro Hirano :
Stereoregular poly(N-alkylacrylamide)s - radical polymerization and aqueous phase transition behavior,
2016 International Symposium on Novel and Sustainable Technology, Tainan, Oct. 2016.
20. Koto Suganuma, H. Cheng, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute and Tetsuo Asakura :
Analysis of stereoregularity in poly(lactic acid) by solution NMR,
Pacifichem2015 (The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies), Waikiki, Dec. 2015.
21. Yuka Nakanishi, Yuchin Hsu, Toshiki Okubo, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Monomer sequence in the poly(methyl methacrylate-co-benzyl methacrylate)s prepared by various polymer reactions of poly(benzyl methacrylate),
Pacifichem2015 (The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies), Waikiki, Dec. 2015.
22. Daichi Yokota, Yuka Nakanishi, Mitsuhiro Nagahama, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Monomer sequence in the poly(methyl methacrylate-co-benzyl methacrylate)s prepared by stepwise esterification of isotactic poly(methacrylic acid),
Pacifichem2015 (The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies), Waikiki, Dec. 2015.
23. Fumiya Semba, Hideyuki Uozumi, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Modification of methacrylate copolymers having various monomer sequence and stereoregularity with D-glucosamine,
14th Pacific Polymer Conference, Kauai, Dec. 2015.
24. Yuta Ogasa, Tadashi Segata, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Chemoselective radical polymerization of N-allylmethacrylamide in the presence of Li salts,
14th Pacific Polymer Conference, Kauai, Dec. 2015.
25. Nenji Munekane, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Radical copolymerization of methyl methacrylate and N-methylmethacrylamide in the presence of Li salt,
14th Pacific Polymer Conference, Kauai, Dec. 2015.
26. Junpei Hashimoto, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Yoshihiro Uto and Koichi Ute :
Stereospecific radical polymerization of methacrylamide derivatives in the presence of lithium salts,
14th Pacific Polymer Conference, Kauai, Dec. 2015.
27. Miyuki Oshimura, Takahiro Hiura, Hikaru Momose, Yohei Miwa, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Preparation and Stereocomplexation of Poly(mandelic acid)s Obtained by Direct Polycondensation,
14th Pacific Polymer Conference, Kauai, Dec. 2015.
28. Tomohiro Hirano, Takuya Teramori, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Study on initiation reaction of polymerization of N-isopropylacrylamide with a bulky zincate complex,
IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2015 (IP15), Bordeaux, Jul. 2015.
29. Yuchin Hsu, Mingyeh Chuang, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Analysis of Monomer Sequence of Copolymers Prepared by Various Polymer Reactions of Poly(Benzyl Methacrylate),
28th International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2015), Houston, Jun. 2015.
30. Miyuki Oshimura, Keigo Motoyama, Hiroyuki Kitayama, Yoshihiko Ikeda, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Structural Determination of Novel Polyamine by Correlation Analysis of 1H NMR and Mass Spectra,
28th International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2015), Houston, Jun. 2015.
31. Takahiro Hiura, Miyuki Oshimura, Akinori Saito, Makoto Fukuoka, Yusuke Hemmi, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Synthesis of optically-activite poly(mandelic acid)s obtained by direct polycondensation using onium salt catalysts,
The 10th International Polymer Conference (IPC2014), Tsukuba, Dec. 2014.
32. Yuki Oda, Ryo Okazaki, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Functionalization of polyesters by transesterification in the presence of dilithium tetra-tert-butylzincate,
The 10th International Polymer Conference (IPC2014), Tsukuba, Dec. 2014.
33. Junpei Hashimoto, Tadashi Segata, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Stereospecific radical polymerization of methacrylamide derivatives,
The 10th International Polymer Conference (IPC2014), Tsukuba, Dec. 2014.
34. Chihlung Chiu, Manato Harada, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Analysis of monomer sequence of copolymers obtained by partial hydrolysis of poly(benzyl methacrylate),
The 10th International Polymer Conference (IPC2014), Tsukuba, Dec. 2014.
35. Tomohiro Hirano, Yuya Miyamoto, Shinya Amano, Kazuya Tatsumi, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Isotactic-specific radical polymerization of N-vinyl-2-pyrrolidone,
The 10th International Polymer Conference (IPC2014), Tsukuba, Dec. 2014.
36. Mingyeh Chuang, Yuchin Hsu, Chihlung Chiu, Kouji Funaoka, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Analysis of monomer sequence of copolymers obtained by polymer reactions of isotactic and syndiotactic poly(benzyl methacrylate)s,
The 10th International Polymer Conference (IPC2014), Tsukuba, Dec. 2014.
37. Yoshitaka Kurano, Yohei Miwa, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Study of radical polymerization mechanism of acrylamide derivatives in the presence of Li salts,
The 10th International Polymer Conference (IPC2014), Tsukuba, Dec. 2014.
38. Yoshitaka Kurano, Tatsuya Saito, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Effect of Alkali Metal Salts on Radical Polymerization of Acrylic Monomers,
The 13th Pacific Polymer Conference (PPC 13), Kaohsiung, Nov. 2013.
39. Ryo Okazaki, Yuki Oda, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Ring-Opening Polymerization of Cyclic Esters with Lithium t-Butylzincate in the Presence of Methacrylates,
The 13th Pacific Polymer Conference (PPC 13), Kaohsiung, Nov. 2013.
40. Yuki Konishi, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Sugar Modification of Polyhydroxyurethanes Synthesized by Polyaddition of Five-Membered Cyclic Dicarbonates and Diamines,
The 13th Pacific Polymer Conference (PPC 13), Kaohsiung, Nov. 2013.
41. Tomohiro Hirano, Risa Yahata, Koto Suganuma, Tetsuo Asakura, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Multivariate Analysis of NMR Spectra of Poly(Lactic Acid),
The 13th Pacific Polymer Conference (PPC 13), Kaohsiung, Nov. 2013.
42. Miyuki Oshimura, Takahiro Hiura, Akinori Saito, Makoto Fukuoka, Yusuke Hemmi, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Direct Polycondensation of Mandelic Acid Using Onium Salt Catalysts,
The 13th Pacific Polymer Conference (PPC 13), Kaohsiung, Nov. 2013.
43. Tadashi Segata, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Stereospecific Radical Polymerizations of N-Alkylmethacrylamides in the Presence of Alkali Metal Salts and Phase Transition Behaviors of Aqueous Solutions of the Polymers Obtained,
The 13th Pacific Polymer Conference (PPC 13), Kaohsiung, Nov. 2013.
44. Miyuki Oshimura, Ryo Okazaki, Yuji Tanaka, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Ring-Opening Polymerization of Cyclic Esters with Lithium tert-Butylzincate under Mild Conditions,
IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013 (IP2013), Awaji, Sep. 2013.
45. Yu-Chin Hsu, Koji Funaoka, Manato Harada, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Multivariate analysis of C-13 NMR spectra of methacrylate copolymers prepared by copolymerization or polymer reactions,
IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013 (IP2013), Awaji, Sep. 2013.
46. Tomohiro Hirano, Tadashi Segata, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
Radical polymerization of N-alkylmethacrylamides in the presence of alkali metal salts: acceleration and stereocontrol,
IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013 (IP2013), Awaji, Sep. 2013.
47. Risa Yahata, Koto Suganuma, Tetsuo Asakura, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Tacticity analysis of poly(lactic acid) by multivariate analysis of NMR spectra,
IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013 (IP2013), Awaji, Sep. 2013.
48. Shinji Nishimae, Yoshihumi Isobe, Tomoki Yabutani, Toshio Takayanagi, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Poyion Complxes Formed between Hyper-branched Polyelectrolytes Synthesized by Ininiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization Method,
ASIANALYSIS XII The Twelfth Asian Conference on Analytical Sciences, Fukuoka, Aug. 2013.
49. Takanori Tada, Yukiteru Katsumoto, Tomohiro Hirano, Koichi Ute, Karel Gossens, Hiroshi Uji-i, Johan Hofkens, Tatsuya Shoji, Noboru Kitamura and Yasuyuki Tsuboi :
Tacticity dependence of phase separation dynamics of aqueous poly(N-isopropylacrylamide) solutions,
The 9th International Polymer Conference (IPC 2012), Kobe, Dec. 2012.
50. Risa Yahata, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura, Koichi Ute, Koto Suganuma and Tetsuo Asakura :
Tacticity analysis of poly(lactic acid) by multivariate analysis of NMR spectra,
The 9th International Polymer Conference (IPC 2012), Kobe, Dec. 2012.
51. Yuki Konishi, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Water Solubilization and Modification of Polyhydroxyurethanes Synthesized by Polyaddition of Five-membered Cyclic Dicarbonates and Diamines,
The 9th International Polymer Conference (IPC 2012), Kobe, Dec. 2012.
52. Hideki Miyamoto, Kenta Misumi, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Polymerization of Acrylic Monomers Having Acidic Proton with Lithium tert-Butylzincate,
The 9th International Polymer Conference (IPC 2012), Kobe, Dec. 2012.
53. Tatsuya Saito, Yoshitaka Kurano, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Effect of lithium salts on radical polymerizations of vinyl monomers,
The 9th International Polymer Conference (IPC 2012), Kobe, Dec. 2012.
54. Tadashi Segata, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Effect of lithium salts on the polymerization behaviors of N-n-propylmethacrylamide,
The 9th International Polymer Conference (IPC 2012), Kobe, Dec. 2012.
55. Akiko Ono, Hiroaki Yamamoto, Takeshi Mori, Yasushi Maeda, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Effect of stereoregularity and chemical composition on phase transition of aqueous solutions of poly(N-ethylacrylamide-co-N-n-propylacrylamide)s,
The 9th International Polymer Conference (IPC 2012), Kobe, Dec. 2012.
56. Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Polymerization of Cyclic Esters and Methacrylates with Lithium tert-Butylzincate: Structures of the Polymers and Polymerization Mechanism,
The 9th International Polymer Conference (IPC 2012), Kobe, Dec. 2012.
57. Takuya Anmoto, Nao Umezawa, Tomohiro Hirano, Hikaru Momose, Yukiteru Katsumoto, Miyuki Oshimura and Koichi Ute :
NMR Assignment of poly(1-vinylpyrrolidone) by statistical 2D NMR,
12th Pacific Polymer Conference (PPC12), Cheju, Nov. 2011.
58. Ryuichi Sakao, Tatsuya Naono, Seiko Asakawa, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Analysis of Stereoregularity of Methacrylate Copolymers by Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra,
12th Pacific Polymer Conference (PPC12), Cheju, Nov. 2011.
59. Takahiro Furutani, Eiichi Kaji, Toshiyuki Kaneko, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Anionic Polymerization of N-Isopropylacrylamide with t-Bu4ZnLi2 in the Presence of Alcohols,
12th Pacific Polymer Conference (PPC12), Cheju, Nov. 2011.
60. Miyuki Oshimura, Tomoko Asano, Megumi Abe, Toshiyuki Kaneko, Eiichi Kaji, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Polymerization of Methacrylates with Lithium t-Butylzincate - Living Nature and Stereospecificity,
12th Pacific Polymer Conference (PPC12), Cheju, Nov. 2011.
61. Akiko Ono, Hiroaki Yamamoto, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Synthesis and phase transition behavior of stereoregular copolymers containing N-ethylacrylamide,
12th Pacific Polymer Conference (PPC12), Cheju, Nov. 2011.
62. Keiji Minagawa, Masaki Nishiuchi and Tomohiro Hirano :
Presentation Class Synchronized with the Experiment of Organic and Polymer Chemistry,
Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2011 (ACEE2011), Tokushima, Oct. 2011.
63. Pei Cheng Chua, Malcolm A. Kelland, Tomohiro Hirano and Masami kamigaito :
Kinetic Hydrate Inhibition of Poly(N-alkyl(meth)acrylamide)s with Different Tacticities,
7th International Conference on Gas Hydrates, Edinburgh, Jul. 2011.
64. Tatsuya Naono, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Determination of Comonomer Sequence Distributions in Methacrylate Terpolymers by Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra,
24th International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2011), Turin, Jun. 2011.
65. Hikaru Momose, Ryuichi Sakao, Tatsuya Naono, Seiko Asakawa, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Configurational Analysis of Poly(methyl methacrylate-co-tert-butyl methacrylate)s by Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra,
24th International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2011), Turin, Jun. 2011.
66. Tomohiro Hirano, Hikaru Momose, Tomoya Maeda, Tatsuya Naono, Seiko Asakawa, Yukiteru Katsumoto and Koichi Ute :
Statistical two-dimensional NMR: Assignment of complicated resonances due to the carbonyl carbons of methacrylate copolymers,
24th International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2011), Turin, Jun. 2011.
67. Tomohiro Hirano :
Synthesis of stereoregular poly(N-isopropylacrylamide)s via low temperature radical polymerization and phase transition of aqueous solution thereof,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
68. Miki Shinomiya, Akihiro Morikami, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Asymmetric radical cyclopolymerization of N-allyl-N-tert-butylacrylamide in the presence of tartrates,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
69. Tomoya Maeda, Tatsuya Naono, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Characterization of methacrylate copolymers and terpolymers by diffusion-ordered NMR spectroscopy (DOSY) and multivariate analysis of NMR spectra,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
70. Ryota Kamiike, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Characterization of hyperbranched copolymer by means of multivariate analysis of 13C NMR spectra,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
71. Seiko Asakawa, Norihito Koga, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Effects of polar compounds on the monomer reactivity ratio and stereoregularity in radical copolymerization of (meth)acrylates,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
72. Akihiro Morikami, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Stereocontrol of radical polymerization of N-methyl-N-(2-pyridyl)acrylamide utilizing conformational switching,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
73. Takahiro Furutani, Hiroaki Yamamoto, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Low temperature radical polymerization of N-alkyl-α-fluoroacrylamides,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
74. Hiroaki Yamamoto, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Effect of composition on phase transition of aqueous solution of syndiotactic N-alkylacrylamide copolymer,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
75. Yusuke Hemmi, Akinori Saito, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Synthesis of uniform oligomers of D- and L-mandelic acids and copolymers of mandelic acid and lactic acid,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
76. Takeshi Mori, Yasushi Maeda, Tomohiro Hirano, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Takuro Niidome and Yoshiki Katayama :
Mimicking the phase transition of proteins with synthetic polymers,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
77. Tomoya Maeda, Kosuke Hattori, Tatsuya Naono, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Characterization of (Meth)acrylate Copolymers by DOSY -an Investigation on the Maximum Entropy Processing and Accuracy of the Determination-,
International Conference on Polymer Analysis and Characterization & 15th Symposium on Polymer Analysis in Japan, Nagoya, Dec. 2010.
78. Tatsuya Naono, Hikaru Momose, Tomoya Maeda, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Characterization of Terpolymers of Methacrylates by Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra,
International Conference on Polymer Analysis and Characterization & 15th Symposium on Polymer Analysis in Japan, Nagoya, Dec. 2010.
79. Takuya Anmoto, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano, Yukiteru Katsumoto and Koichi Ute :
NMR Assignment of Poly(1-vinylpyrrolidone) by Statistical 2D NMR,
International Conference on Polymer Analysis and Characterization & 15th Symposium on Polymer Analysis in Japan, Nagoya, Dec. 2010.
80. Hikaru Momose, Tomoya Maeda, Tatsuya Naono, Seiko Asakara, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Analysis of Monomer Sequence Distribution and Stereoregularity of Poly(MMA-co-TBMA)s by Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra,
International Conference on Polymer Analysis and Characterization & 15th Symposium on Polymer Analysis in Japan, Nagoya, Dec. 2010.
81. Tomohiro Hirano, Takuya Anmoto, Hikaru Momose and Koichi Ute :
Assignment of NMR Spectra pf Poly(1-vinylpyrrolidone) by Multivatiate Analysis,
23rd International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2010), Pohang, May 2010.
82. Tatsuya Naono, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Characterization of Methacrylate Terpolymers by Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra,
23rd International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2010), Pohang, May 2010.
83. Hikaru Momose, Tomoya Maeda, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Determination of Comonomer Sequence Distributions of MMA-TBMA Copolymers by means of Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra,
23rd International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2010), Pohang, May 2010.
84. Tomohiro Hirano, Akihiro Morikami, Shou Nasu and Koichi Ute :
The effect of the N-substituent s-trans to the C=O group of acrylamide derivatives on the stereospecificity of radical polyerizations,
11th Pacific Polymer Conference (PPC11), Cairns, Dec. 2009.
85. Hiroaki Yamamoto, Yoichi Bando, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Synthesis of syndiotactic N-alkylacrylamide copolymers - the effect of chemical composition and stereoregularity on the phase transition behavior,
11th Pacific Polymer Conference (PPC11), Cairns, Dec. 2009.
86. Hikaru Momose, Tomoya Maeda, Tatsuya Naono, Kosuke Hattori, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Characterization of methacrylate copolymers by means of multivariate analysis of 13C NMR spectra,
11th Pacific Polymer Conference (PPC11), Cairns, Dec. 2009.
87. Koichi Ute, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano, Kosuke Hattori and Tomoya Maeda :
Maltivariate analysis of 13C NMR spectra of methacrylate copolymers and homopolymer blends,
22nd International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2009), Zlin, Czech Republic, Jun. 2009.
88. Koichi Ute, Kosuke Hattori, Takeo Ikemiya, Aiko Kubokawa and Tomohiro Hirano :
Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra of MMA-HEMA Copolymers,
21st International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2008), Newark, DE, USA, Jun. 2008.
89. Tsuneyuki Sato, Kazuki Nomura, Tomohiro Hirano and Makiko Seno :
Soluble Hyperbranched Polymer Synthesis via Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization Using Allyl Monomers,
Asia Polymer Symposium 2006, Seoul, Jun. 2006.
90. Hiroko Kitajima, Tomohiro Hirano, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Stereocontrol in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide utilizing chelate-complex formation,
8th SPSJ International Polymer Conference, Fukuoka, Jul. 2005.
91. Tomohiro Hirano, Hitomi Miki, Satoshi Ishii, Hiroko Kitajima, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Hydrogen-bond-assisted stereocontrol in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide with phosphoric acid derivatives,
8th SPSJ International Polymer Conference, Fukuoka, Jul. 2005.
92. Tomohiro Hirano, Satoshi Ishii, Hiroko Kitajima, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Stereocontrol in Radical Polymerization of N-Isopropylacrylamide with Bulky Phosphates,
The 4rd International Conference on Advanced Materials Development and Performance, Auckland, Jul. 2005.
93. Tsuneyuki Sato, Naoki Higashida, Tomohiro Hirano and Makiko Seno :
Initiator-Fragment Incorporation Radical Copolymerization of Divinylbenzene and N-Isopropylacrylamide: Formation of Soluble Hyperbranched Polymer Nanoparticles,
Asia Polymer Symposium 2004, Hangzhou, Oct. 2004.
94. Tomohiro Hirano, Kazuhiro Furuya, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Radical Polymerization of Diisopropyl Itaconate as Studied by 13C NMR and ESR Spectroscopies,
IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology, Kyoto, Dec. 2002.
95. Tomohiro Hirano, Kazuhiro Furuya, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Effect of Ester Group on Intramolecular Chain Transfer Reaction in Radical Polymerization of Itaconate,
The 3rd International Conference on Advanced Materials Development and Performance, Daegu, Oct. 2002.
96. Tsuneyuki Sato, Yoshinori Maeda, Makiko Seno and Tomohiro Hirano :
Polymerization of N-Methyl-α-fluoroacrylamide with Highly Efficient Formation of Long-Lived Propagating Polymer Radicals,
Asia Polymer Symposium 2001, Toyohashi, Jul. 2001.
97. Tomohiro Hirano, Ryoko Takeyoshi, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato :
Chain Transfer Reaction in The Polymerization of Itaconates at High Temperature,
Asia Polymer Symposium 2001, Toyohashi, Jul. 2001.
98. Tomohiro Hirano, Jingzhe Cao, Tatsuki Kitayama and Koichi Hatada :
Heterotactic Living Polymerization of Allyl Methacrylate,
7th SPSJ International Polymer Conference, Yokohama, Oct. 1999.
99. Tomohiro Hirano, Jingzhe Cao, Tatsuki Kitayama and Koichi Hatada :
Heterotactic Poly(allyl methacrylate) Even-Odd Alternation in Distribution of Degree of Polymerization,
IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization, Kyoto (Japan), Jul. 1999.
100. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano, Jingzhe Cao and Koichi Hatada :
C-13 NMR Analysis of Uniform Heterotactic Oligo(allyl methacrylate) Aiming at Understanding of Polymerization Mechanism,
13th C. S. Marvel Symposium, Tucson ( U.S.A.), Mar. 1999.
101. Miroslav Janco, Tomohiro Hirano, Tatsuki Kitayama, Koichi Hatada and Dusan Berek :
Coupling of Size Exclusion Chromatography and Liquid Chromatography at Critical Adsorption Point for Discrimination of Polymethacrylates According to Their Molar Mass and Tacticity,
37th International Symposium on Macromolecules, Gold Coast (Australia), Jul. 1998.
102. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano, Hiroko Yamaguchi and Koichi Hatada :
Highly Heterotactic-Specific Living Polymerization of Allyl Methacrylate,
37th International Symposium on Macromolecules, Gold Coast (Australia), Jul. 1998.
103. Tatsuki Kitayama, Takatsune Yanagida, Tomohiro Hirano, Koichi Ute and Koichi Hatada :
750 MHz NMR Spectroscopy of Polymethacrylate,
5th Pacific Polymer Conference, Kyongju (Korea), Oct. 1997.
104. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano, Hiroko Yamaguchi and Koichi Hatada :
Anionic Polymerization of Methacrylate with Metal Phenoxide Group,
5th Pacific Polymer Conference, Kyongju (Korea), Oct. 1997.
105. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano, Hiroko Yamaguchi and Koichi Hatada :
Anionic Polymerization of a Methacrylate Having Unprotected Phenolic Hydrogen,
6th International Polymer Conference, Kusatsu (Japan), Oct. 1997.
106. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano and Koichi Hatada :
Heterotactic Living Polymerization of Methacrylate: Insight into Mechanism from Chain-end Stereostructure,
213th American Chemical Society National Meeting, San Francisco (USA), Apr. 1997.
107. Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano, Shougang He, Sebastien Urbanek, Takashi Yabuta and Koichi Hatada :
Stereospecific Living Polymerization of Functional Methacrylates with t-BuLi/Bulky Aluminum Phenoxide,
213th American Chemical Society National Meeting, San Francisco (USA), Apr. 1997.

国内講演発表:

1. 金川 拓海, 若松 生馬, 八幡 莉紗, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
1Hおよび13CのNMRスペクトルを用いた多変量解析によるポリ乳酸の4連子タクチシチー解析,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
2. 池北 尚人, 平野 朋広, 右手 浩一, 押村 美幸 :
FIDデータの多変量解析によるNMRスペクトルのノイズ除去,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
3. 坂東 宏樹, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体を用いた不可逆的重縮合による側鎖にアミノ基を有するポリエステルの合成,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
4. 渋谷 諒太, 戸田 航平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
立体規制を指向したチオウレア触媒によるrac-ラクチドの開環重合,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
5. 笠井 史也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体を用いた分子量・立体規則性の異なるポリビニルメタクリレートの側鎖変換,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
6. 平尾 有紀, 石井 雄大, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
トリフルオロ酢酸ビニルとビニルエーテルのラジカル共重合と生成ポリマーの高分子反応,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
7. 孫 瑞廷, 長谷川 惟, 藤田 洋介, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
高分子反応を利用したポリアクリルアミド誘導体の合成および1H NMRによる3連子立体規則性解析の試み,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
8. 鍵谷 遼, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体およびアミノ酸エステルを用いたポリビニルアルコール側鎖のアミノ基修飾,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
9. 李 梦豪, 前田 紘希, 平野 朋広, 右手 浩一, 押村 美幸 :
立体規則性N-アルキル置換アクリルアミド共重合体水溶液のLCST型相転移における特異な温度履歴,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
10. 藤田 洋介, 平野 朋広, 右手 浩一, 押村 美幸 :
不斉ラジカル環化重合で合成したポリ(N-アリル-N-tert-ブチルアクリルアミド)の脱tert-Bu化反応,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
11. 長谷川 惟, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
アミド交換反応を高分子反応として用いたアクリルアミド共重合体の合成,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
12. 平井 美南子, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド) ゲルの体積相転移挙動に及ぼす立体規則性の影響,
2019年日本化学会中国四国支部大会 徳島大会, 2019年11月.
13. 日下 康成, 妹尾 美咲, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
連鎖分布の異なるビニルアルコール/酢酸ビニル共重合体の合成およびNMRによる特性解析,
第68回高分子討論会, 2019年9月.
14. 日下 康成, 妹尾 美咲, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
連鎖分布の異なるビニルアルコール/酢酸ビニル共重合体の合成およびNMRによる特性解析,
第68回高分子討論会, 2019年9月.
15. 平野 朋広, 杉浦 美里, 押村 美幸, 右手 浩一 :
N,N-2置換アクリルアミドのラジカル重合 – NMRによる立体規則性解析 –,
第68回高分子討論会, 2019年9月.
16. 仲野 晋司, 木津 遼太郎, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
溶媒和イオン液体存在下でのビニルエーテル類のカチオン重合,
第68回高分子討論会, 2019年9月.
17. 平尾 有紀, 石井 雄大, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
トリフルオロ酢酸ビニルとビニルエーテルのラジカル共重合と生成ポリマーの高分子反応,
第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年7月.
18. 藤田 洋介, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
酒石酸エステル存在下での不斉ラジカル環化重合で得られたポリ(N-アリル-N-tert-ブチルアクリルアミド)の脱tert-Bu化反応,
第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年7月.
19. 李 梦豪, 前田 紘希, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
N-エチルアクリルアミドを1成分とするアクリルアミド共重合体水溶液の相転移における特異な温度履歴,
第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年7月.
20. 鍵谷 遼, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体を用いた化学選択的エステル交換反応によるポリビニルアルコール側鎖のアミノ基修飾,
第68回高分子学会年次大会, 2019年5月.
21. 笠井 史也, 平田 智輝, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体を用いた不可逆的エステル交換反応によるポリメタクリレートの側鎖変換,
第68回高分子学会年次大会, 2019年5月.
22. 仲野 晋司, 木津 遼太郎, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
Li 塩とルイス塩基からなる溶媒和イオン液体中でのビニルエーテル類のカチオン重合∼カウンターアニオンや溶媒,モノマー構造が重合挙動に及ぼす影響∼,
第68回高分子学会年次大会, 2019年5月.
23. 押村 美幸, 戸田 航平, 平野 朋広, 右手 浩一 :
チオウレアおよびグアニジン触媒によるrac-ラクチドのエピ化を利用した立体特異性開環重合,
第68回高分子学会年次大会, 2019年5月.
24. 木津 遼太郎, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
溶媒和イオン液体による成長末端の特異的な安定化を利用したカチオン重合,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
25. 戸田 航平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
チオウレアまたはグアニジン触媒を用いたrac-LAの立体特異性開環重合,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
26. 長谷川 惟, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
ポリ(N-アルキルアクリルアミド)のアミド交換反応による共重合体の合成,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
27. 平田 智輝, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体を用いたエステル交換反応によるポリフェニルメタクリレートの側鎖変換,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
28. 菅沼 こと, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, Cheng H.N., 朝倉 哲郎 :
溶媒効果を利用した溶液NMRによるポリ乳酸の立体規則性解析,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
29. 日下 康成, 妹尾 美咲, 浜前 奈未, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
Pure Shift NMRを用いたポリ(N-ビニルピロリドン)の構造解析連鎖分布の異なるビニルアルコール/酢酸ビニル共重合体の合成およびNMRによる特性解析,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
30. 押村 美幸, 鍵谷 遼, 平野 朋広, 右手 浩一 :
有機触媒を用いたアミド基を有するヒドロキシ酸およびヒドロキシエステルの重縮合,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
31. 池北 尚人, 吉田 健, 平野 朋広, 右手 浩一 :
Pure Shift NMRを用いたポリ(N-ビニルピロリドン)の構造解析,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
32. 田中 綾乃, 妹尾 美咲, 大久保 明日香, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
イソタクチックな酢酸ビニル―ビニルアルコール共重合体の分子内エステル交換反応と連鎖解析,
第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年7月.
33. 平井 美南子, 木津 遼太郎, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
Znを担持したN-ビニルイミダゾールとN-α-メチルベンジルメタクリルアミドの共重合体によるエステル交換反応,
第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年7月.
34. 長谷川 惟, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
アミド交換反応を用いたアクリルアミド系共重合体の合成,
第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年7月.
35. 大西 翔也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体を用いたエステル交換反応によるヒドロキシプロリンエステルの重合,
第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年7月.
36. 木津 遼太郎, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
溶媒和イオン液体存在下でのtrans-アネトールのカチオン重合,
第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年7月.
37. 杉浦 美里, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
tert-ブチル基を有する二置換アクリルアミドの重合と脱tert-ブチル化反応,
日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
38. 関 耕輔, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを用いたエステル交換反応の高分子への応用,
2017年日本化学会中国四国支部大会, 2017年11月.
39. 山本 寛生, 妹尾 美咲, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
酢酸ビニル - ビニルアルコール共重合体のDiffusion Ordered 2D NMR Spectroscopy (DOSY),
第22回高分子分析討論会, 2017年10月.
40. 小川 修平, 妹尾 美咲, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体の温度応答性解析および HPLC による分離,
第22回高分子分析討論会, 2017年10月.
41. 前田 紘希, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
N-イソプロピルアクリルアミド/N-エチルアクリルアミド共重合体水溶液の相転移挙動に及ぼす立体規則性と組成の影響,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
42. 石川 誉朗, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
光照射による高分岐ポリマーの合成 —アクリルアミド系モノマーとN,N'-メチレンビスアクリルアミドの開始剤組込みラジカル共重合,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
43. 若松 生馬, 石井 雄大, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎 :
NMRスペクトルの多変量解析によるポリ乳酸の立体規則性解析(5):教師データの拡張による解析精度の向上,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
44. 寺井 裕貴, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
rac-LAの立体特異性開環重合を指向したシンプルなチオウレア型有機分子触媒の設計,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
45. 戸田 航平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
rac-LAの立体特異性開環重合を指向した新規キラルグアニジン触媒の開発,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
46. 木津 遼太郎, 橋本 惇平, 宗包 稔司, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
Li塩とルイス塩基存在下でのイソブチルビニルエーテルのカチオン重合ー重合機構の考察ー,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
47. 平野 朋広 :
立体構造の制御されたポリ(N-アルキルアクリルアミド)ー合成からキャラクタリゼーションまでー,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
48. 平野 朋広 :
モノマーの錯化を利用したラジカル重合の反応制御,
第88回高分子若手研究会[関西], 2017年8月.
49. 前田 紘希, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
poly(N-isopropylacrylamide-co-N-ethylacrylamide)水溶液の相転移挙動に及ぼす立体規則性と組成の影響,
第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年7月.
50. 近藤 恵太, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
テトラtert-ブチル亜鉛酸ジリチウムを用いたポリブチレンサクシネートの合成,
第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年7月.
51. 山田 晃平, 宗包 稔司, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
LiNTf2存在下でのカチオン重合によるポリビニルエーテルの立体規制の試み,
第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年7月.
52. 平田 智輝, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体を用いた不可逆的重縮合による脂肪族ボリカーボネートの合成,
第66回高分子学会年次大会, 2017年5月.
53. 木津 遼太郎, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
N-ビニルイミダゾールのラジカル重合 – 錯形成を利用した反応制御,
第66回高分子学会年次大会, 2017年5月.
54. 平野 朋広 :
立体規則性ポリ(N-アルキルアクリルアミド)-合成,感熱応答性,キャラクタリゼーション,
第158回東海高分子研究会講演会, 2016年12月.
55. 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 :
含フラビンポリメタクリル酸の合成とその触媒作用,
第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
56. 竹内 梨絵, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
マンデル酸と乳酸からなる立体規則性交互共重合体の合成,
2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
57. 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 :
高分子反応による高分子担持型フラビン触媒の合成及び触媒機能評価,
2016日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
58. 小川 修平, 妹尾 美咲, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
種々の高分子反応により得られたビニルアルコール-酢酸ビニル共重合体の連鎖解析酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体のグラジエント溶出LCによる分析,
第21回高分子分析討論会, 2016年10月.
59. 平野 朋広, 松本 大志, 押村 美幸, 右手 浩一 :
1H NMRによるMMA-BnMA共重合体の連鎖解析 - 1種類のサンプルで決定したモノマー反応性比,
第65回高分子討論会, 2016年9月.
60. 亀谷 俊輔, 関根 素馨, 大窪 貴洋, 平野 朋広, 右手 浩一, 朝倉 哲郎 :
ボリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の立体規則性で異なるゲル化挙動とNMRによる分子レベル解析,
第65回高分子討論会, 2016年9月.
61. 押村 美幸, 寺井 裕貴, 荒川 幸弘, 平野 朋広, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 右手 浩一 :
チオウレア型およびグアニジン型有機分子触媒を用いたrac-ラクチドの開環重合,
第65回高分子討論会, 2016年9月.
62. 妹尾 美咲, 小川 修平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
種々の高分子反応により得られたビニルアルコール-酢酸ビニル共重合体の連鎖解析(2),
第65回高分子討論会, 2016年9月.
63. 菅沼 こと, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, Cheng H.N., 朝倉 哲郎 :
溶媒効果を利用した溶液NMRによるポリ乳酸の詳細な立体規則性解析,
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
64. 押村 美幸, 魚住 秀行, 仙波 史也, 平野 朋広, 右手 浩一 :
モノマー連鎖の異なるメタクリル酸エステル共重合体への糖修飾,
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
65. 寺井 裕貴, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
チオウレア型有機分子触媒を用いたラクチドの立体特異性開環重合,
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
66. 妹尾 美咲, 小川 修平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
種々の高分子反応により得られたビニルアルコール-酢酸ビニル共重合体の連鎖解析,
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
67. 許 祐菁, 莊 明曄, 平野 朋広, 右手 浩一 :
種々の高分子反応で合成したメタクリル酸メチル-メタクリル酸ベンジル共重合体の連鎖解析,
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
68. 横田 大地, 中西 由佳, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ポリメタクリル酸の段階的エステル化で生成する共重合体の連鎖制御と連鎖解析(3),
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
69. 亀谷 俊輔, 関根 素馨, 大窪 貴洋, 平野 朋広, 右手 浩一, 朝倉 哲郎 :
NMRを用いた水の分子運動性評価に基づく立体規則性の異なるポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)のゲル化挙動解析,
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
70. 平野 朋広, 橋本 惇平, 三輪 洋平, 押村 美幸, 右手 浩一 :
LiN(SO2CF3)2存在下でのビニルエーテルの熱誘起カチオン重合,
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
71. 許 祐菁, 横田 大地, 平野 朋広, 右手 浩一 :
種々の高分子反応で合成したメタクリル酸エステル共重合体のモノマー連鎖の解析,
第20回高分子分析討論会, 2015年10月.
72. 斉 傲晨, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 平野 朋広 :
ポリペルオキシド修飾シリカゲルの合成とその評価,
第5回CSJ化学フェスタ, 2015年10月.
73. 大久保 俊希, 押村 美幸, 平野 朋広, 百瀬 陽, 右手 浩一 :
グラジエント溶出LCによるメタクリル酸メチル-メタクリル酸ベンジル共重合体の分析,
第64回高分子討論会, 2015年9月.
74. 押村 美幸, 日裏 貴裕, 百瀬 陽, 三輪 洋平, 平野 朋広, 右手 浩一 :
オニウム塩触媒を用いたヒドロキシカルボン酸の直接重縮合,
第64回高分子討論会, 2015年9月.
75. 魚住 秀行, 仙波 史也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
モノマー連鎖の異なるメタクリル酸エステル共重合体への糖修飾,
第64回高分子討論会, 2015年9月.
76. 小笠 佑太, 瀬形 匡, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
Li塩存在下でのN-アリルメタクリルアミドの化学選択性ラジカル重合,
第64回高分子討論会, 2015年9月.
77. 平野 朋広, 山本 博明, 小野 綾希子, 押村 美幸, 右手 浩一 :
アクリルアミド系共重合体の感熱応答挙動に及ぼす立体規則性とモノマー連鎖の影響,
第64回高分子討論会, 2015年9月.
78. 横田 大地, 中西 由佳, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ポリメタクリル酸の段階的エステル化で生成する共重合体の連鎖制御と連鎖解析(2),
第64回高分子討論会, 2015年9月.
79. 多田 貴則, 平野 朋広, 右手 浩一, 東海林 竜也, 喜多村 昇, 坪井 泰之 :
立体規則性の制御によって加速する温度応答性高分子水溶液の相分離速度,
第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年7月.
80. 宗包 稔司, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
Li 塩存在下でのメタクリル酸メチルとN-メチルメタクリルアミドのラジカル共重合,
第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年7月.
81. 仙波 史也, 魚住 秀行, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
メタクリル酸エステル共重合体への D-グルコサミンの修飾,
第64回高分子学会年次大会, 2015年5月.
82. 横田 大地, 中西 由佳, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ポリメタクリル酸の段階的エステル化で生成する共重合体の連鎖制御と連鎖解析,
第64回高分子学会年次大会, 2015年5月.
83. 小笠 佑太, 瀬形 匡, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
Li 塩存在下での N-アリルメタクリルアミドのラジカル重合,
第64回高分子学会年次大会, 2015年5月.
84. 亀谷 俊輔, 岩本 脩成, 関根 素馨, 大窪 貴洋, 鞍野 佳孝, 平野 朋広, 右手 浩一, ボウティス グレゴリー, 朝倉 哲郎 :
高分子水溶液および高分子含水状態での高分子および水のダイナミクスに関するNMR研究,
第64回高分子学会年次大会, 2015年5月.
85. 押村 美幸, 日裏 貴裕, 百瀬 陽, 三輪 洋平, 平野 朋広, 右手 浩一 :
直接重縮合によるポリマンデル酸の合成とステレオコンプレックス結晶の作成,
第64回高分子学会年次大会, 2015年5月.
86. 薮谷 智規, 西前 真治, 磯部 能史, 山田 洋平, 髙栁 俊夫, 平野 朋広 :
カルボキシル基導入高分岐ポリマー及び活性炭を用いるヘキサメチレンテトラミンの除去,
第75回分析化学討論会, 2015年5月.
87. 寺守 拓也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体によるN-イソプロピルアクリルアミドの重合の開始反応に関する研究,
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
88. 尾田 祐貴, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
亜鉛アート錯体による温和な条件下でのエステル交換反応,
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
89. 天野 真也, 宮本 裕也, 木村 浩, 吉田 健, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
高温NMRによるポリビニルピロリドンの構造解析,
第55回高圧討論会, 2014年11月.
90. 大久保 俊希, 押村 美幸, 平野 朋広, 百瀬 陽, 右手 浩一 :
グラジエント溶出LCを用いたメタクリル酸エステル共重合体の分析,
第19回高分子分析討論会, 2014年10月.
91. 三輪 洋平, 浦川 理, 信川 省吾, 寺守 拓也, 平野 朋広, 沓水 洋一 :
重水素ラベル法による高分子末端の特性解析,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
92. 多田 貴則, 平野 朋広, 右手 浩一, 東海林 竜也, 喜多村 昇, 坪井 泰之 :
濃度によって顕著に変化するシンジオタクチック-リッチPNIPAM水溶液の相分離ダイナミクス,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
93. 多田 貴則, 勝本 之晶, 平野 朋広, 右手 浩一, 東海林 竜也, 喜多村 昇, 坪井 泰之 :
温度応答性高分子水溶液の相分離ダイナミクスの立体規則性依存性,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
94. 押村 美幸, 本山 敬悟, 北山 浩之, 池田 善彦, 平野 朋広, 右手 浩一 :
NMRとMSの相関分析による新規ポリアミンの構造解析,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
95. 大久保 俊希, 押村 美幸, 平野 朋広, 百瀬 陽, 右手 浩一 :
グラジエント溶出LCによるメタクリル酸エステル共重合体の分析,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
96. 鞍野 佳孝, 三輪 洋平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
Li塩存在下におけるアクリルアミド誘導体のラジカル重合機構の検討,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
97. 押村 美幸, 日裏 貴裕, 齋藤 彰範, 福岡 誠, 逸見 祐介, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
オニウム塩触媒を用いた直接重縮合による光学活性なポリマンデル酸の合成,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
98. 魚住 秀行, 小西 結貴, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
D-グルコサミンを側鎖に修飾した糖鎖ポリマーの合成と応用,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
99. 寺守 拓也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを開始剤とするN-イソプロピルアクリルアミドの重合 — ハロゲン-メタル交換反応を用いた開始剤効率の改善法の検討,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
100. 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
NMRスペクトルの多変量解析による合成高分子の一次構造解析,
日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
101. 魚住 秀行, 小西 結貴, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
D-グルコサミンを側鎖に修飾したポリヒドロキシウレタンの合成と応用,
第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年7月.
102. 尾田 祐貴, 岡崎 量, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを用いた末端カルボキシル基を有するポリエステルの合成,
第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年7月.
103. 橋本 惇平, 押村 美幸, 平野 朋広, 宇都 義浩, 右手 浩一 :
立体規則性の規制されたポリ[N-(2-ヒドロキシプロピル)メタクリルアミド]の合成,
第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年7月.
104. 天野 真也, 宮本 裕也, 押村 美幸, 内田 哲也, 吉田 健, 平野 朋広, 右手 浩一 :
立体規則性の規制されたポリ(1-ビニル-2-ピロリドン)の合成,
第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年7月.
105. 日裏 貴裕, 押村 美幸, 齋藤 彰範, 福岡 誠, 逸見 祐介, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
オニウム塩触媒を用い直接重縮合により合成したポリマンデル酸の熱特性評価,
第63回高分子学会年次大会, 2014年5月.
106. 鞍野 佳孝, 斉藤 辰也, 土屋 浩一郎, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
Li塩存在下でのアクリレート系モノマーのラジカル重合の機構,
第63回高分子学会年次大会, 2014年5月.
107. 平野 朋広, 瀬形 匡, 三輪 洋平, 押村 美幸, 右手 浩一 :
Li塩存在下でのN-n-プロピルメタクリルアミドの立体特異性ラジカル重合の機構,
第63回高分子学会年次大会, 2014年5月.
108. 寺守 拓也, 本山 敬悟, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを開始剤とするN-イソプロピルアクリルアミドの重合の反応機構,
第63回高分子学会年次大会, 2014年5月.
109. 押村 美幸, 岡崎 量, 尾田 祐貴, 平野 朋広, 右手 浩一 :
末端にカルボキシル基を有するポリカプロラクトンの選択的合成,
第63回高分子学会年次大会, 2014年5月.
110. 百瀬 陽, 前田 智也, 直野 辰哉, 浅川 聖子, 坂尾 竜一, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
NMRスペクトルの多変量解析によるアクリル系共重合体の一次構造解析,
第52回NMR討論会, 2013年11月.
111. 菅野 夏基, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
PTBMAから変換したMMA-TBMA共重合体とPMMAの13C NMRスペクトルの多変量解析,
第18回高分子分析討論会, 2013年9月.
112. 八幡 莉紗, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
NMRスペクトルの多変量解析によるポリ乳酸の立体規則性解析(3),
第18回高分子分析討論会, 2013年9月.
113. 西前 真治, 岸田 千紘, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 平野 朋広, 右手 浩一 :
末端官能性高分岐ポリマー電解質を用いたポリイオンコンプレックスの形成に基づく溶存有機物の回収,
日本分析化学会第62年会, 2013年9月.
114. 多田 貴則, 勝本 之晶, 右手 浩一, 平野 朋広, Karel Goossens, 雲林院 宏, Johan Hofkens, 喜多村 昇, 坪井 泰之 :
温度応答性高分子水溶液の相分離ダイナミクスの立体規則性依存性,
第62回高分子討論会, 2013年9月.
115. 菅沼 こと, 原 寛, 松田 裕生, 八幡 莉紗, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, H.N. Cheng, 朝倉 哲郎 :
モデル化合物を活用したボリ乳酸のNMR立体規則性解析,
第62回高分子討論会, 2013年9月.
116. 船岡 耕治, 原田 学人, 小野 智行, 平野 朋広, 右手 浩一 :
高分子反応で合成したメタクリル酸メチル-メタクリル酸ベンジル共重合体の13C NMRスペクトルと多変量解析による連鎖解析,
第62回高分子討論会, 2013年9月.
117. 松本 大志, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
NMRスペクトルの多変量解析によるポリN,N-ジメチルアクリルアミドの立体規則性の解析,
第62回高分子討論会, 2013年9月.
118. 瀬形 匡, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アルカリ金属塩存在下でのN-アルキルメタクリルアミドの立体特異性重合およびポリマー水溶液の相転移挙動,
第62回高分子討論会, 2013年9月.
119. 押村 美幸, 日裏 貴裕, 齋藤 彰範, 福岡 誠, 逸見 祐介, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
オニウム塩触媒を用いたマンデル酸の直接重縮合,
第62回高分子討論会, 2013年9月.
120. 松本 大志, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
poly(N,N-ジメチルアクリルアミド)のNMRスペクトルにおける多変量解析,
第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年7月.
121. 瀬形 匡, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-アルキルメタクリルアミドの重合挙動に及ぼすアルカリ金属塩の添加効果,
第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年7月.
122. 菅沼 こと, 原 寛, 松田 裕生, 八幡 莉紗, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, H.N. Cheng, 朝倉 哲郎 :
ポリ乳酸3量体モデル化合物の合成とNMR立体規則性解析,
第62回高分子学会年次大会, 2013年5月.
123. 原田 学人, 小野 智行, 船岡 耕治, 三好 恭平, 許 祐菁, 平野 朋広, 右手 浩一 :
高分子反応で合成したメタクリル酸エステル共重合体の13C NMRスペクトルの多変量解析,
第62回高分子学会年次大会, 2013年5月.
124. 八幡 莉紗, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
NMRスペクトルの多変量解析を用いたポリ乳酸の立体規則性解析(2),
第62回高分子学会年次大会, 2013年5月.
125. 三角 健太, 宮本 英樹, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを開始剤とするメタクリル酸のアニオン重合,
第62回高分子学会年次大会, 2013年5月.
126. 岡崎 量, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを用いたε-カプロラクトンとメタクリル酸2-ヒドロキシエチルの共重合,
第62回高分子学会年次大会, 2013年5月.
127. 瀬形 匡, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-アルキルメタクリルアミドの重合挙動に対するLi塩の効果,
第62回高分子学会年次大会, 2013年5月.
128. 鞍野 佳孝, 斉藤 辰也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アクリレート系モノマーのラジカル重合におけるアルカリ金属塩の加速効果,
第62回高分子学会年次大会, 2013年5月.
129. 西前 真治, 磯部 能史, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 平野 朋広, 右手 浩一 :
末端官能性高分岐ポリマーを用いたポリイオンコンプレックスの合成とその特性評価,
2012年日本化学会西日本大会, 54, 2012年11月.
130. 西前 真治, 岸田 千紘, 磯部 能史, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 平野 朋広, 右手 浩一 :
開始剤組み込みラジカル重合法を用いた末端官能性高分岐ポリマー電解質の合成とその化学的特性評価,
第2回CSJ化学フェスタ2012, 2012年10月.
131. 木村 友梨香, 中山 正道, 斉藤 辰也, 平野 朋広, 金澤 秀子, 岡野 光夫 :
立体特異性を制御したpoly(N-isopropylacrylamide)薄膜上における温度依存的細胞接着挙動の評価,
第61回高分子討論会, 2012年9月.
132. 菅沼 こと, 堀内 健, 松田 裕生, Cheng H.N., 八幡 莉紗, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 朝倉 哲郎 :
ポリ乳酸のトリアッドモデル化合物の合成,コンフォメーション解析ならびにNMR構造解析,
第61回高分子討論会, 2012年9月.
133. 八幡 莉紗, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎 :
NMRスペクトルの多変量解析によるポリ乳酸の立体規則性解析,
第61回高分子討論会, 2012年9月.
134. 菅野 夏基, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMA-TBMA共重合体から変換したPMMAの13C NMRスペクトルの多変量解析,
第61回高分子討論会, 2012年9月.
135. 小野 綾希子, 山本 博明, 森 健, 前田 寧, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ポリ(N-エチルアクリルアミド-co-N-n-プロピルアクリルアミド)水溶液の相転移挙動に及ぼす立体規則性と共重合組成の影響,
第61回高分子討論会, 2012年9月.
136. 小西 結貴, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
五員環環状ジカーボネートとジアミンとの重付加反応により得られるポリヒドロキシウレタンの水溶化,
第61回高分子討論会, 2012年9月.
137. 岡崎 量, 田中 佑志, 金子 俊幸, 加地 栄一, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを用いた環状エステルの開環共重合,
第61回高分子討論会, 2012年9月.
138. 田中 佑志, 岡崎 量, 金子 俊幸, 加地 栄一, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを用いたラクチドの開環重合,
第61回高分子討論会, 2012年9月.
139. 西前 真治, 岸田 千紘, 磯部 能史, 薮谷 智規, 髙栁 俊夫, 平野 朋広, 右手 浩一 :
開始剤組み込みラジカル重合法を用いた末端イオン性高分岐ポリマーの合成とその特性評価,
第18回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2012年8月.
140. 岡崎 量, 金子 俊幸, 加地 栄一, 百瀬 陽, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを用いた環状エステルの開環重合,
第58回高分子研究発表会(神戸), 2012年7月.
141. 宮本 裕也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
立体規則性に分布のあるポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)からのシンジオタクチックポリマーの分別,
第58回高分子研究発表会(神戸), 2012年7月.
142. 斉藤 辰也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アクリレート系モノマーのラジカル重合におけるLi塩の添加効果-重合速度・立体規則性に及ぼす影響-,
第58回高分子研究発表会(神戸), 2012年7月.
143. 小野 綾希子, 山本 博明, 森 健, 前田 寧, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ポリ(N-エチルアクリルアミド-co-N-n-プロピルアクリルアミド)水溶液の相転移挙動に及ぼす立体規則性と組成の影響,
第58回高分子研究発表会(神戸), 2012年7月.
144. 岡崎 量, 金子 俊幸, 加地 栄一, 百瀬 陽, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを用いたε-カプロラクトンの開環重合,
第61回高分子学会年次大会, 2012年5月.
145. 宮本 英樹, 浅野 智子, 阿部 愛美, 金子 俊幸, 加地 栄一, 百瀬 陽, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
tert-ブチル亜鉛酸リチウムを用いたメタクリル酸メチルとメタクリル酸tert-ブチルの共重合,
第61回高分子学会年次大会, 2012年5月.
146. 齋藤 彰範, 福岡 誠, 逸見 祐介, 百瀬 陽, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
オルトゴナルな保護基を用いた均一マンデル酸オリゴマーの合成とマンデル酸の直接重縮合,
第61回高分子学会年次大会, 2012年5月.
147. 一宮 宜也, 三好 恭平, 平野 朋広, 右手 浩一 :
メタクリル酸メチルと塩化ビニリデンのラジカル共重合に及ぼすルイス酸の効果,
第61回高分子学会年次大会, 2012年5月.
148. 瀬形 匡, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
N- n-プロピルメタクリルアミドの低温ラジカル重合,
第61回高分子学会年次大会, 2012年5月.
149. 斉藤 辰也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アクリレート系モノマーのラジカル重合におけるLi塩の加速効果,
第61回高分子学会年次大会, 2012年5月.
150. 船岡 耕治, 浅川 聖子, 直野 辰哉, 坂尾 竜一, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ルイス酸存在下のラジカル重合で得られたメタクリル酸エステル共重合体のモノマー連鎖の解析,
第61回高分子学会年次大会, 2012年5月.
151. 正木 孝二, 大河原 慎一, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ニトロベンゼン中でのニトリルゴムの脱架橋反応,
2011年日本化学会西日本大会要旨集, 2011年11月.
152. 石野 裕之, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-フェニルアクリルアミド誘導体のラジカル重合における立体特異性制御の試み,
2011年日本化学会西日本大会要旨集, 2011年11月.
153. 斉藤 辰也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アクリレート系モノマーのラジカル重合におけるアルカリ金属塩の添加効果,
2011年日本化学会西日本大会要旨集, 2011年11月.
154. 直野 辰哉, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析によるメタクリル系三元共重合体の連鎖分布の推定,
2011年日本化学会西日本大会要旨集, 2011年11月.
155. 庵本 卓矢, 梅澤 奈央, 平野 朋広, 百瀬 陽, 勝本 之晶, 押村 美幸, 右手 浩一 :
立体規則性の異なるポリマーのNMRスペクトルの多変量解析 ― 立体規則性による帰属,
2011年日本化学会西日本大会要旨集, 2011年11月.
156. 阿部 愛美, 浅野 智子, 加地 栄一, 金子 俊幸, 百瀬 陽, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アート錯体によるメタクリレート系モノマーの重合特性,
2011年日本化学会西日本大会要旨集, 2011年11月.
157. 古谷 喬大, 加地 栄一, 金子 俊幸, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
フッ素化アルコール存在下N-n-プロピル-α-フルオロアクリルアミドの立体特異性重合,
2011年日本化学会西日本大会要旨集, 2011年11月.
158. 四宮 未来, 森上 晃弘, 平野 朋広, 右手 浩一 :
酒石酸エステル存在下でのN-アリル-N-tert-ブチルアクリルアミドの不斉ラジカル環化重合,
2011年日本化学会西日本大会要旨集, 2011年11月.
159. 久保 宜也, 平野 朋広, 右手 浩一 :
メタクリル酸メチルと塩化ビニリデンのラジカル共重合に及ぼす添加剤の効果,
2011年日本化学会西日本大会要旨集, 2011年11月.
160. 斉藤 辰也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アクリレート系モノマーのラジカル重合におけるLi塩の添加効果,
第60回高分子討論会予稿集, Vol.60, No.2, 2425, 2011年9月.
161. 百瀬 陽, 上池 亮太, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析による高分岐共重合体の一次構造解析,
第60回高分子討論会予稿集, Vol.60, No.2, 3612-3613, 2011年9月.
162. 磯部 能史, 平野 朋広, 右手 浩一, 本仲 純子, 薮谷 智規 :
グリシジル基含有メタクリレート高分岐ポリマーの合成とその物性評価,
日本分析化学会第60年会, 156, 2011年9月.
163. 浅野 智子, 阿部 愛美, 金子 俊幸, 加地 栄一, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アート錯体t-Bu4ZnLi2によるメタクリル酸エステルの重合-リビング性と立体特異性の検討,
第60回高分子学会年次大会予稿集, Vol.60, No.1, 463, 2011年5月.
164. 古谷 喬大, 加地 栄一, 金子 俊幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
フッ素化アルコール存在下t-Bu4ZnLi2によるアクリルアミド誘導体のアニオン重合,
第60回高分子学会年次大会予稿集, Vol.60, No.1, 464, 2011年5月.
165. 小野 綾希子, 山本 博明, 森 健, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-エチルアクリルアミドを一成分とする立体規則性共重合体の合成と相転移挙動,
第60回高分子学会年次大会予稿集, Vol.60, No.1, 914, 2011年5月.
166. 坂尾 竜一, 直野 辰哉, 浅川 聖子, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
メタクリル酸エステル共重合体の13C NMRスペクトルの多変量解析による立体規則性の解析,
第60回高分子学会年次大会予稿集, Vol.60, No.1, 837, 2011年5月.
167. 平野 朋広, 梅澤 奈央, 庵本 卓矢, 百瀬 陽, 右手 浩一 :
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)のNMRスペクトルの多変量解析による帰属,
第60回高分子学会年次大会予稿集, Vol.60, No.1, 836, 2011年5月.
168. 関口 沙織, 平野 朋広, 西内 優騎, 右手 浩一 :
光学活性ジオール存在下でのN-アクリロイル-2-オキサゾリジノン誘導体の低温光ラジカル重合,
日本化学会第91春季年会講演予稿集, 2011年3月.
169. 前田 智也, 直野 辰哉, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
メタクリル酸エステルの二元および三元共重合体のDOSYによるキャラクタリゼーションならびに13C NMRスペクトルの多変量解析,
日本化学会西日本大会2010要旨集, 2010年11月.
170. 磯部 能史, 上池 亮太, 平野 朋広, 右手 浩一, 林 由佳子, 本仲 純子, 薮谷 智規 :
メタクリレート系高分岐ポリマーの合成と電気化学材料 への応用,
日本化学会西日本大会2010要旨集, 2010年11月.
171. 直野 辰哉, 百瀬 陽, 前田 智也, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMR スペクトルの多変量解析によるアクリル系共重合体の連鎖解析,
第59回高分子討論会予稿集, Vol.59, No.2, 3036, 2010年9月.
172. 山本 博明, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-アルキルアクリルアミド共重合体水溶液の相転移挙動に及ぼす立体規則性の影響,
第59回高分子討論会予稿集, Vol.59, No.2, 2616, 2010年9月.
173. 関口 沙織, 平野 朋広, 西内 優騎, 右手 浩一 :
光学活性ジオール存在下での N-アクリロイル-2-オキサゾリジノン誘導体の低温ラジカル重合,
第59回高分子討論会予稿集, Vol.59, No.2, 2614, 2010年9月.
174. 森上 晃弘, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-メチル-N-(2-ピリジル)アクリルアミドのコンホメーションスイッチングによるラジカル重合の立体特異性制御,
第59回高分子討論会予稿集, Vol.59, No.2, 2615, 2010年9月.
175. 古谷 喬大, 山本 博明, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-アルキル-α-フルオロアクリルアミドの立体特異性ラジカル重,
第59回高分子討論会予稿集, Vol.59, No.2, 2613, 2010年9月.
176. 百瀬 陽, 前田 智也, 直野 辰哉, 浅川 聖子, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析によるアクリル系共重合体の一次構造解析,
第59回高分子討論会予稿集, Vol.59, No.2, 3162-3163, 2010年9月.
177. 三代木 良太, 金川 裕樹, 平野 朋広, 右手 浩一, 佐藤 恒之, 原口 将幸 :
アクリル酸tert-ブチルとジビニルベンゼンを用いた開始剤組込みラジカル共重合による可溶性高分岐コポリマーの合成と高分子反応,
第56回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2010年7月.
178. 上池 亮太, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
メタクリレート系高分岐共重合体の13C NMRスペクトルの多変量解析,
第56回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2010年7月.
179. 山本 博明, 平野 朋広, 右手 浩一 :
シンジオタクチックN-アルキルアクリルアミド共重合体水溶液における立体規則性と共重合組成の影響,
第56回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2010年7月.
180. 平野 朋広, 山本 博明, 右手 浩一 :
シンジオタクチックN-アルキルアクリルアミド共重合体水溶液の相転移に及ぼす組成の影響,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 1147, 2010年5月.
181. 森上 晃弘, 平野 朋広, 右手 浩一 :
コンホメーションスイッチングを利用したN-メチル-N-(2-ピリジル)アクリルアミドのラジカル重合の立体特異性制御,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 378, 2010年5月.
182. 関口 沙織, 平野 朋広, 右手 浩一 :
酒石酸ジイソプロピル存在下でのN-アクリロイルー2-オキサゾリジノンの低温ラジカル重合,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 477, 2010年5月.
183. 古谷 喬大, 山本 博明, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-n-プロピル-α-フルオロアクリルアミドの低温ラジカル重合,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 475, 2010年5月.
184. 四宮 未来, 森上 晃弘, 平野 朋広, 右手 浩一 :
酒石酸エステル存在下でのN-アリル-N-tert-ブチルアクリルアミドの不斉ラジカル環化重合,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 476, 2010年5月.
185. 浅川 聖子, 古賀 徳仁, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アクリレート系モノマーのラジカル共重合におけるモノマー反応性比におよぼす極性化合物の効果,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 474, 2010年5月.
186. 庵本 卓矢, 上池 亮太, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
多変量解析によるポリ(1-ビニルピロリドン)のNMRスペクトルの帰属,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 760, 2010年5月.
187. 百瀬 陽, 上池 亮太, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMR スペクトルの多変量解析による高分岐共重合体のキャラクタリゼーション,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 758, 2010年5月.
188. 前田 智也, 服部 康佑, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
DOSYによるアクリル系共重合体のキャラクタリゼーション-共重合組成の分子量依存性,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 759, 2010年5月.
189. 直野 辰哉, 百瀬 陽, 前田 智也, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMR スペクトルの多変量解析によるアクリル系共重合体の連鎖解析,
第59回高分子学会年次大会予稿集, Vol.59, No.1, 757, 2010年5月.
190. 森上 晃弘, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アクリルアミド誘導体のラジカル重合-モノマーのコンホメーションスイッチングを利用した立体特異性の制御,
日本化学会西日本大会2009要旨集, 2009年11月.
191. 上池 亮太, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析による分岐ポリマーのキャラクタリゼーション,
第14回高分子分析討論会講演要旨集, 2009年11月.
192. 百瀬 陽, 前田 智也, 服部 康佑, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析によるアクリル系三元共重合体のキャラクタリゼーション,
第14回高分子分析討論会講演要旨集, 2009年11月.
193. 前田 智也, 古賀 徳仁, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMA-HEMA共重合体のDOSYならびに13C NMRスペクトルの多変量解析によるキャラクタリゼーション,
第14回高分子分析討論会講演要旨集, 2009年11月.
194. 百瀬 陽, 前田 智也, 服部 康佑, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析によるアクリル系二元および三元共重合体のキャラクタリゼーション,
第58回高分子討論会予稿集, Vol.58, No.2, 3211-3212, 2009年9月.
195. 山岡 竜介, 宮崎 誉将, 平野 朋広, 右手 浩一 :
フッ素化アルコール存在下でのN-ブトキシカルボニルアクリルアミドのラジカル重合-錯体構造と立体特異性との関係,
第58回高分子討論会予稿集, Vol.58, No.2, 2346, 2009年9月.
196. 山本 博明, 平野 朋広, 右手 浩一 :
シンジオタクチックN-アルキルアクリルアミド共重合体の合成―相転移挙動に及ぼす共重合組成と立体規則性の影響,
第58回高分子討論会予稿集, Vol.58, No.2, 2348, 2009年9月.
197. 森上 晃弘, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アクリルアミド誘導体のラジカル重合 - モノマーコンホメーションのスイッチングによる立体特異性の制御,
第58回高分子討論会予稿集, Vol.58, No.2, 2353, 2009年9月.
198. 古賀 徳仁, 池宮 健朗, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMAとHEMAのラジカル共重合におけるモノマー連鎖のランダム化とキャラクタリゼーション,
第58回高分子討論会予稿集, Vol.58, No.2, 2331, 2009年9月.
199. 前田 智也, 服部 康佑, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMA-HEMA共重合体の13C NMRスペクトルの多変量解析ならびにDOSYによるキャラクタリゼーション,
第58回高分子討論会予稿集, Vol.58, No.2, 3458, 2009年9月.
200. 森上 晃弘, 平野 朋広, 右手 浩一 :
アクリルアミド誘導体のラジカル重合 - コンホメーションのスイッチングを利用した立体規制の試み,
第55回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2009年7月.
201. 平野 朋広, 板東 洋一, 山岡 竜介, 森 健, 右手 浩一 :
ヘテロタクチックポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の合成と相転移挙動,
第58回高分子学会年次大会予稿集, Vol.58, No.1, 516, 2009年5月.
202. 池宮 健朗, 古賀 徳仁, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMAとHEMAのラジカル共重合における共重合連鎖の規制とキャラクタリゼーション[III],
第58回高分子学会年次大会予稿集, Vol.58, No.1, 514, 2009年5月.
203. 山本 博明, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-n-プロピルアクリルアミドを1成分とするシンジオタクチック共重合体の合成ー相転移に及ぼす共重合組成の効果,
第58回高分子学会年次大会予稿集, Vol.58, No.1, 515, 2009年5月.
204. 前田 智也, 服部 康佑, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMA-HEMA共重合体の13C NMRスペクトルの多変量解析[III],
第58回高分子学会年次大会予稿集, Vol.58, No.1, 980, 2009年5月.
205. 百瀬 陽, 前田 智也, 服部 康佑, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析によるアクリル系共重合体の組成決定[II],
第58回高分子学会年次大会予稿集, Vol.58, No.1, 787, 2009年5月.
206. 那須 翔, 平野 朋広, 右手 浩一 :
水素結合を利用したN-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合, --- 液体クロマトグラフィを用いた立体規則性分布の解析 ---,
第13回高分子分析討論会講演要旨集, 125-126, 2008年11月.
207. 百瀬 陽, 服部 康佑, 元永 彰, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析によるアクリル系共重合体の組成決定,
第13回高分子分析討論会講演要旨集, 175-176, 2008年11月.
208. 皆川 綾子, 前田 朋子, 四方 俊幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の水和におよぼす立体規則性の影響,
第56 回レオロジー討論会, 2008年10月.
209. 山岡 竜介, 宮崎 誉将, 平野 朋広, 右手 浩一 :
N-ブトキシカルボニルアクリルアミドのヘテロタクチックおよびシンジオタクチック特異性ラジカル重合,
第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 2668, 2008年9月.
210. 板東 洋一, 中村 公彦, 平野 朋広, 森 健, 丸山 厚, 右手 浩一 :
シンジオタクチックポリ(N-n-プロピルアクリルアミド)の合成と相転移の協同性,
第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 2667, 2008年9月.
211. 池宮 健朗, 服部 康佑, 久保川 愛子, 古賀 徳仁, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMAとHEMAのラジカル共重合における共重合連鎖の規制とキャラクタリゼーション[II],
第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 2242-2243, 2008年9月.
212. 平野 朋広, 山岡 竜介, 宮崎 誉将, 上窪 貴裕, 右手 浩一 :
アクリルアミド誘導体のラジカル重合--フッ素化アルコールを用いた立体特異性制御,
第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 2244-2245, 2008年9月.
213. 前田 朋子, 皆川 綾子, 四方 俊幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の水和におよぼす立体規則性の影響,
第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 3147, 2008年9月.
214. 服部 康佑, 池宮 健朗, 前田 智也, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMA-HEMA 共重合体の13C NMR スペクトルの多変量解析[II],
第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 3112, 2008年9月.
215. 池宮 健朗, 服部 康佑, 久保川 愛子, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMAとHEMAのラジカル共重合における組成分布の規制とキャラクタリゼーション,
第54回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2008年7月.
216. 三代木 良太, 平野 朋広, 右手 浩一, 佐藤 恒之, 原口 将幸 :
アクリル酸tert-ブチルとジビニルベンゼンを用いた開始剤組込みラジカル共重合による可溶性高分岐ポリマーの合成,
第54回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2008年7月.
217. 池宮 健朗, 久保川 愛子, 服部 康佑, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMAとHEMAのラジカル共重合における共重合連鎖の規制とキャラクタリゼーション,
第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 163, 2008年5月.
218. 久保川 愛子, 服部 康佑, 池宮 健朗, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMAとHEMAの添加剤存在下でのラジカル共重合による共重合連鎖の規制,
第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 420, 2008年5月.
219. 服部 康佑, 池宮 健朗, 久保川 愛子, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMA-HEMA共重合体の13C NMRスペクトルの多変量解析,
第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 923, 2008年5月.
220. 那須 翔, 平野 朋広, 右手 浩一 :
水素結合を利用したN-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合ー液体クロマトグラフィーを用いた立体規則性分布の解析,
第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 424, 2008年5月.
221. 平野 朋広, 宮崎 誉将, 右手 浩一 :
N-ブトキシカルボニルアクリルアミドのラジカル重合を経由した立体規則性ポリアクリルアミドの合成,
第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 423, 2008年5月.
222. 平野 朋広, 上窪 貴裕, 中村 公彦, 右手 浩一 :
アルコールと水素結合で錯形成したN-アルキルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合,
第56回高分子討論会予稿集, Vol.56, No.2, 2809, 2007年9月.
223. 宮崎 誉将, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ルイス塩基存在下でのイミド基を有するモノマーのシンジオタクチック特異性ラジカル重合,
第56回高分子討論会予稿集, Vol.56, No.2, 2474, 2007年9月.
224. 勝本 之晶, 小山 美沙緒, 平野 朋広 :
立体制御されたpoly(N-isopropylacrylamide)の有機溶液中における局所構造と物理ゲル化,
第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
225. 平野 朋広, 石津 秀朗 :
水素結合を利用したN-アルキルアクリルアミドのイソタクチック特異性ラジカル重合—ピリジンN-オキシド誘導体を用いた立体制御,
第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
226. 中村 公彦, 谷 香奈見, 平野 朋広 :
アルコールまたはルイス塩基存在下でのN-アルキルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合,
第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
227. 板東 洋一, 平野 朋広 :
光開始によるN-イソプロピルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合,
第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
228. 宮崎 誉将, 平野 朋広 :
アクリルアミド誘導体のラジカル重合系における水素結合を介した立体制御,
第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
229. 那須 翔, 升田 周平, 平野 朋広 :
酒石酸エステル存在下におけるN,N-二置換アクリルアミドの立体特異性ラジカル重合,
第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
230. 辰巳 和也, 佐藤 勇一郎, 桒名 李果, 平野 朋広 :
酒石酸エステル存在下でのビニルモノマーの立体特異性ラジカル重合,
第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
231. 上窪 貴裕, 平野 朋広 :
アルコール存在下におけるN-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合,
第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
232. 小山 美沙緒, 奥村 雄也, 平野 朋広, 田中 丈幸, 勝本 之晶 :
立体制御されたpoly(N-isopropylacrylamide)の溶液中における局所構造,
第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
233. 石津 秀朗, 平野 朋広, 佐藤 恒之 :
ピリジンN-オキシド誘導体存在下でのN-アルキルアクリルアミドのラジカル重合ー水素結合を利用した立体制御ー,
第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
234. 宮崎 誉将, 平野 朋広 :
N-アセチルアクリルアミドのラジカル重合ー水素結合を利用した立体制御ー,
第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
235. 藤岡 靖弘, 平野 朋広, 佐藤 恒之 :
ヘキサメチルホスホラミド存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合における溶媒効果,
第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
236. 平野 朋広, 上窪 貴裕 :
N-イソプロピルアクリルアミドのヘテロタクチック特異性ラジカル重合,
第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
237. 小山 美沙緒, 奥村 雄也, 平野 朋広, 勝本 之晶 :
赤外分光法による立体制御されたpoly(N-isopropylacrylamide)の溶液中における局所構造の研究,
第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
238. 升田 周平, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
N,N-ジメチルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合,
第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
239. 石津 秀朗, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ピリジンN-オキシド誘導体存在下でのN-アルキルアクリルアミドのイソタクチック特異性ラジカル重合,
第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
240. 上窪 貴裕, 奥村 雄也, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アルコール存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合,
第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
241. 中村 公彦, 石井 里志, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ルイス塩基存在下でのN-アルキルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合,
第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
242. 中村 司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
トリビニルモノマーとスチレンを用いた開始剤組込み共重合による高分岐コポリマーの合成,
第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
243. 小野 敦士, 佐藤 恒之, 妹尾 真紀子, 平野 朋広 :
ポリブタジエンとN-ビニルピロリドンを用いた開始剤組込み共重合による高分岐ポリマーの合成,
第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
244. 野村 一樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アリルモノマーを用いた開始剤組み込み重合による可溶性高分岐ポリマーの合成,
第54回高分子討論会予稿集, 2005年9月.
245. 平野 朋広, 奥村 雄也, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
単純なアルコールを用いたN-イソプロピルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合,
第54回高分子討論会予稿集, 2005年9月.
246. 信種 裕樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
開始剤組み込みラジカル共重合による高分岐ポリアクリル酸エステルの合成と応用,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
247. 有馬 由起子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アジピン酸ジビニルとクロロ酢酸ビニルのラジカル開始剤組込み共重合による反応性高分岐コポリマーの合成,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
248. 田中 啓介, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
開始剤組込み共重合を用いたホスホルコリン基を有する水溶性分岐ポリマーの合成,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
249. 松本 直樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
N,N-ビス[2-(メントキシカルボニル)アリル]ブチルアミンの合成と重合,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
250. 長谷川 誠, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
トリメトキシビニルシランのラジカル重合の速度論的研究,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
251. 河辺 成人, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ベタインビニルモノマーの開始剤組込み共重合による水溶性分岐ポリマーの合成,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
252. 小野 敦士, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ポリブタジエンを用いた開始剤組込み共重合による可溶性高分岐ポリマーの合成,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
253. 野村 一樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
フタル酸ジアリルの開始剤組込み重合による可溶性高分岐ポリマーの合成,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
254. 奥村 雄也, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アミド基を有するビニルモノマーのラジカル重合ーアルコールによる立体制御,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
255. 石井 里志, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
かさ高いリン酸エステル存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
256. 石津 秀朗, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ピリジンN-オキシド誘導体存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのイソタクチックラジカル重合,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
257. 升田 周平, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アミノ基を有するアクリルアミド誘導体のラジカル重合ー水素結合を利用した立体制御,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
258. 北島 裕子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
N-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合ーキレート錯体形成による立体制御,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
259. 山田 高大, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
尿素残基を有する光学活性高分岐コポリマーの合成,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
260. 寺尾 翔治, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
2-メチルブチルメタクリレートとジビニルベンゼンの開始剤組込み共重合による可溶性高分岐ポリマーの合成,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
261. 中村 司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
トリビニルモノマーを用いた開始剤組込み共重合による高分岐ポリマーの合成,
第54回高分子学会年次大会予稿集, 2005年5月.
262. 長谷川 誠, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
トリメトキシビニルシランのラジカル重合挙動,
日本化学会西日本大会2004要旨集, 2004年10月.
263. 三木 一十三, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
N-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合‐シンジオタクチックポリマーの合成,
日本化学会西日本大会2004要旨集, 2004年10月.
264. 北島 裕子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
二座配位性ルイス塩基存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合,
日本化学会西日本大会2004要旨集, 2004年10月.
265. 平野 朋広, 石井 里志, 北島 裕子, 三木 一十三, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
N-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合ーリン酸誘導体を用いた立体制御,
第53回高分子討論会予稿集, 2004年9月.
266. 東田 直樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ジビニルベンゼンの開始剤組込み重合による高分岐ナノポリマーの合成,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
267. 奥村 雄也, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
N-ビニルアセトアミドのラジカル重合–水素結合を用いた立体制御,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
268. 下村 誠, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
AIBNを用いたジフェニルエチレン存在下でのジビニルベンゼンの開始剤組込み重合による可溶性高分岐ポリマーの合成,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
269. 野村 一樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アジピン酸ジビニルと酢酸アリルの開始剤組込み共重合による可溶性高分岐ポリマーの合成,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
270. 田中 啓介, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ニトロベンゼン存在下でのジビニルベンゼンの開始剤組込み重合による可溶性高分岐ポリマーの合成と特性解析,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
271. 山田 高大, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ラジカル重合による尿素残基を有する可溶性高分岐コポリマーの合成,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
272. 三木 一十三, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
NIPAAmのラジカル重合-水素結合を用いた立体制御,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
273. 有馬 由紀子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
高分岐ポリマーの新規合成法-アジピン酸ジビニルを用いた開始剤組込み重合,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
274. 信種 裕樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ジビニルベンゼンとアクリル酸エチルの開始剤組み込み共重合による高分岐ポリマーの合成と性質,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
275. 石井 里志, 北島 裕子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
リン酸エステル存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
276. 伊原 洋, 宮城 崇史, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
エチレングリコールジメタクリレートの開始剤組み込み重合による高分岐ナノポリマーの合成,
第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
277. 川村 直人, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アクリル酸エステルのラジカル重合-水素結合を利用した立体制御の試み,
2003年日本化学会西日本大会講演予稿集, 2003年10月.
278. 東 厚介, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
イタコン酸エステルのラジカル重合-水素結合を利用した反応制御,
2003年日本化学会西日本大会講演予稿集, 2003年10月.
279. 正木 孝二, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ニトロベンゼン中でのジエン系ポリマーの主鎖および硫黄架橋部の切断反応機構,
第52回高分子討論会予稿集, 2003年9月.
280. 大河原 慎一, 正木 孝二, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ブタジエンポリマーの過酸化物架橋反応,
第52回高分子討論会予稿集, 2003年9月.
281. 宮城 崇史, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
1,1-ジフェニルエチレン存在下でのエチレングリコールジメタクリレートの開始剤組込み重合による高分岐ナノポリマー粒子の合成,
第52回高分子討論会予稿集, 2003年9月.
282. 東田 直樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ジビニルベンゼンと N-イソプロピルアクリルアミドの開始剤組込みラジカル共重合-高分岐ナノポリマー粒子の合成,
第52回高分子討論会予稿集, 2003年9月.
283. 平野 朋広, 三木 一十三, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
水素結合を利用したシンジオタクチックポリ (N-イソプロピルアクリルアミド)の合成,
第52回高分子討論会予稿集, 2003年9月.
284. 伊原 洋, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
N-メチルメタクリルアミドとエチレングリコールジメタクリレートの開始剤組込み共重合による高分岐可溶性ポリマーの合成,
第49回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2003年7月.
285. 正木 孝二, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ニトロベンゼン中でのブタジエンポリマーの主鎖切断反応,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
286. 大河原 慎一, 正木 孝二, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
酢酸ビニルの存在下および不在下での1,2-ポリブタジエンの過酸化物架橋反応,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
287. 山田 高大, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
共役性尿素残基を有するメタクリロイルモノマーのラジカル重合挙動,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
288. 河野 宏哉, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
N-トリフェニルシリルメタクリルアミドの合成と重合,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
289. 王 洪偉, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ベタイン構造を含むビニルモノマーのラジカル重合に及ぼす加塩効果,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
290. 東田 直樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ジビニルベンゼンとN-イソプロピルアクリルアミドの開始剤組込み共重合による可溶性高分岐ポリマーの合成,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
291. 佐藤 伸行, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
グリオキシリックオキシムエーテル存在下におけるジビニルベンゼンの開始剤組込み重合;可溶性高分岐ポリマーナノ粒子の生成,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
292. 宮城 崇史, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
1,1-ジフェニルエチレン存在下でのエチレン グリコール ジメタクリレートの開始剤組込み重合による可溶性三次元ポリマーの合成,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
293. 木下 悟志, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
フェニルスルホニル酢酸ビニルの合成と重合,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
294. 東 厚介, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アセトアニリド誘導体存在下でのイタコン酸ジブチルのラジカル重合,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
295. 三木 一十三, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ルイス塩基存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
296. 橋本 雅彦, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
エチレングリコールジメタクリレートとイタコナメートとの開始剤組込みラジカル共重合による可溶性高分岐ポリマーの合成,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
297. 有馬 由紀子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アジピン酸ジビニルとイソブチルビニルエーテルの開始剤組込み共重合による可溶性三次元ポリマーの合成,
第52回高分子学会年次大会予稿集, Vol.52, No.2, 2003年5月.
298. 平野 朋広, 東 厚介, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
イタコン酸エステルのラジカル重合-分子内連鎖移動反応と立体規則性との関係,
第51回高分子討論会予稿集, 2002年10月.
299. 野上 容利, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
水-メタノール混合溶媒中でのチタノセンジクロリドによるメタクリル酸メチルの重合. テトラフェニルホウ酸ナトリウムによる促進効果,
第51回高分子討論会予稿集, 2002年10月.
300. 橋本 雅彦, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
(RS)-および(S)-α-フェネチルアミド基を含むα-エチルβ-N-(α'-メチルベンジル)イタコナメートのラジカル重合の素反応解析,
第51回高分子討論会予稿集, 2002年10月.
301. 佐藤 伸行, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
グリオキシリックオキシムエーテル存在下におけるビニルモノマーのラジカル重合挙動,
第51回高分子討論会予稿集, 2002年10月.
302. 平野 朋広, 古谷 和寛, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
イタコン酸エステルのラジカル重合-ESRスペクトルと立体規則性との関係,
第82回日本化学会秋季学会年次大会講演予稿集, 2002年9月.
303. 東 厚介, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
イタコン酸ジブチルのラジカル重合-水素結合を用いた反応制御,
第48回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2002年7月.
304. 東田 直樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アクリルアミド誘導体の高温ラジカル重合,
第48回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2002年7月.
305. 小杉 晃一, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
金属トリフラート存在下でのイタコン酸ジブチルのラジカル重合,
第48回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2002年7月.
306. 大河原 慎一, 正木 孝二, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
液状ニトリルゴムを用いた過酸化物架橋の速度論的研究,
第51回高分子学会年次大会予稿集, Vol.51, No.2, 240, 2002年5月.
307. 正木 孝二, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ニトロベンゼン中でのニトリルゴムの脱硫反応,
第51回高分子学会年次大会予稿集, Vol.51, No.2, 239, 2002年5月.
308. 野上 容利, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
水-メタノール混合溶媒中におけるチタノセンジクロリド-テトラフェニルホウ酸ナトリウム開始系によるメタクリル酸メチルの重合,
第51回高分子学会年次大会予稿集, Vol.51, No.2, 136, 2002年5月.
309. 河野 宏哉, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
N-メタクリロイルカルバモイルオキシトリフェニルシランの合成と重合,
第51回高分子学会年次大会予稿集, Vol.51, No.2, 136, 2002年5月.
310. 佐藤 伸行, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
グリオキシリックオキシムエーテル存在下でのスチレンのラジカル重合,
第51回高分子学会年次大会予稿集, Vol.51, No.2, 135, 2002年5月.
311. 橋本 雅彦, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
Racおよび(S)-α-フェネチルアミノ基を含むα-エチルβ-N-(α'-メ チルベンジル)イタコナメートのラジカル重合挙動,
第51回高分子学会年次大会予稿集, Vol.51, No.2, 134, 2002年5月.
312. 八木 兵庫, 妹尾 真紀子, 平野 朋広, 佐藤 恒之 :
α-およびβ-シクロデキストリン存在下でのN-アルキルマレイミドの不斉ラジカル共重合,
第51回高分子学会年次大会予稿集, Vol.51, No.2, 122, 2002年5月.
313. 野上 容利, 柴田 浩史, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
水-メタノール混合溶媒中でのチタノセンジクロリドによるメタクリル酸メチルの重合に及すテトラフェニルホウ酸ナトリウムの効果,
日本化学会中国四国九州合同大会(島根)要旨集, 2001年10月.
314. 王 洪偉, 永沼 宏元, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
3-(N-2-メタクリロイルオキシエチル-N,N-ジメチル)アンモナトプロパンスルホナートのラジカル重合挙動,
日本化学会中国四国九州合同大会(島根)要旨集, 2001年10月.
315. 高橋 徹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
テトラフェニルホウ酸ナトリウムを含む開始系によるビニル重合,
第50回高分子討論会予稿集, Vol.50, No.7, 1160, 2001年9月.
316. 田渕 敦司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
1,1-ビス(アルコキシカルボニル)-2-ビニルシクロプロパンのラジカル開環重合の速度論的解析,
第50回高分子討論会予稿集, Vol.50, No.7, 1152, 2001年9月.
317. 椋野 秀和, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
チオシアナート酢酸ビニルの合成と特異なラジカル重合挙動,
第50回高分子討論会予稿集, Vol.50, No.7, 1159, 2001年9月.
318. 八木 兵庫, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
α-およびβ-シクロデキストリン存在下でのN-アルキルマレイミドのラジカル重合による光学活性ポリマーの合成,
第50回高分子討論会予稿集, Vol.50, No.7, 1151, 2001年9月.
319. 永沼 宏元, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
イタコン酸α-2-(2-(2-メトキシエトキシ)エトキシ)エチルβ-エチルのラジカル重合における溶媒効果,
第50回高分子討論会予稿集, Vol.50, No.7, 1149, 2001年9月.
320. 武吉 涼子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
イタコン酸ジブチルのラジカル重合-高温における分子内連鎖移動反応の抑制-,
第50回高分子討論会予稿集, Vol.50, No.7, 1150, 2001年9月.
321. 佐藤 伸行, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ビニルモノマーのラジカル重合に及ぼすグリオキシリックオキシムエーテルの効果,
第50回高分子学会年次大会予稿集, Vol.50, No.2, 145, 2001年5月.
322. 橋本 雅彦, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
α-エチル-β-N-(α-メチルベンジル)イタコナメートのラジカル重合挙動,
第50回高分子学会年次大会予稿集, Vol.50, No.2, 138, 2001年5月.
323. 椋野 秀和, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
チオシアナート酢酸ビニルのラジカル重合に及ぼす溶媒および加塩効果,
第50回高分子学会年次大会予稿集, Vol.50, No.2, 146, 2001年5月.
324. 高橋 徹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
テトラフェニルホウ酸ナトリウムを一成分とする二成分開始系によるMMAの重合,
第50回高分子学会年次大会予稿集, Vol.50, No.2, 136, 2001年5月.
325. 永沼 宏元, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
イタコン酸α-2-(2-(2-メトキシエトキシ)エトキシ)エチルβ-エチルのラジカル重合における成長速度定数に及ぼす溶媒効果,
第50回高分子学会年次大会予稿集, Vol.50, No.2, 144, 2001年5月.
326. 八木 兵庫, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
α-およびβ-シクロデキストリン存在下でのN-アルキルマレイミドの不斉ラジカル重合,
第50回高分子学会年次大会予稿集, Vol.50, No.2, 139, 2001年5月.
327. 田渕 敦司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
1,1-ビス(アルコキシカルボニル)-2-ビニルシクロプロパンのラジカル開環重合の素反応解析,
第50回高分子学会年次大会予稿集, Vol.50, No.2, 138, 2001年5月.
328. 武吉 涼子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
イタコン酸エステルのラジカル重合-高温における異種構造の生成,
第50回高分子学会年次大会予稿集, Vol.50, No.2, 137, 2001年5月.
329. 前田 好徳, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
リビング成長ラジカルの高効率生成を伴うベンゼン中でのN-メチル-α-フルオロアクリルアミドの重合,
第49回高分子討論会予稿集, Vol.49, No.7, 1133-1134, 2000年9月.
330. 児玉 拓也, 妹尾 真紀子, 平野 朋広, 佐藤 恒之 :
α-シクロデキストリン存在下での長鎖ビニルエステルと1,2-ジ置換モノマーのラジカル不斉共重合,
第49回高分子討論会予稿集, Vol.49, No.7, 1145-1146, 2000年9月.
331. 前田 竜司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ラジカル重合におけるモノマーおよび光開始剤としての2-(N,N-ジメチルジチオカルバモイル)エチルビニルエーテル,
第49回高分子討論会予稿集, Vol.49, No.7, 1143-1144, 2000年9月.
332. 大木 隆行, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
3-エチル-3-メタクリロイルオキシメチルオキセタンのラジカルおよびカチオン重合,
第49回高分子討論会予稿集, Vol.49, No.7, 1147-1148, 2000年9月.
333. 平野 朋広, 武吉 涼子, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ラジカル重合で得られたポリイタコン酸エステルの立体規則性,
第49回高分子討論会予稿集, Vol.49, No.7, 1537-1538, 2000年9月.
334. 高橋 徹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
p-クロロベンゼンジアゾニウム塩/テトラフェニルホウ酸ナトリウム系によるビニル重合,
第46回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2000年7月.
335. 八木 兵庫, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
α-シクロデキストリン存在下でのN-ドデシルマレイミドの不斉ラジカル重合,
第49回高分子学会年次大会予稿集, Vol.49, No.2, 137, 2000年5月.
336. 椋野 秀和, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
チオシアナート酢酸ビニルの合成とラジカル重合挙動,
第49回高分子学会年次大会予稿集, Vol.49, No.2, 128, 2000年5月.
337. 田渕 敦司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
1,1-ビス(エトキシカルボニル)-2-ビニルシクロプロパンのラジカル重合挙動の解析,
第49回高分子学会年次大会予稿集, Vol.49, No.2, 128, 2000年5月.
338. 前田 好徳, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ベンゼン中でのN-メチル-α-フルオロアクリルアミドのラジカル重合におけるリビング成長ラジカルの生成,
第49回高分子学会年次大会予稿集, Vol.49, No.2, 125, 2000年5月.
339. 児玉 拓也, 妹尾 真紀子, 平野 朋広, 佐藤 恒之 :
シクロデキストリンを不斉場とした1,2-ジ置換モノマーのラジカル共重合による光学活性ポリマーの合成,
第49回高分子学会年次大会予稿集, Vol.49, No.2, 138, 2000年5月.
340. 前田 竜司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
ラジカル重合におけるモノマー及び光開始剤としての2-(N,N-ジメチルジチオカルバモイル)エチルビニルエーテル,
第49回高分子学会年次大会予稿集, Vol.49, No.2, 129, 2000年5月.
341. 福井 智也, 妹尾 真紀子, 平野 朋広, 佐藤 恒之 :
β-[N-(メタクリロイル)カルバモイルオキシ]エチルベンゼンのラジカル重合反応性,
第49回高分子学会年次大会予稿集, Vol.49, No.2, 125, 2000年5月.
342. 大木 隆行, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
3-エチル-3-メタクリロイルオキシメチルオキセタンのカチオン重合,
第49回高分子学会年次大会予稿集, Vol.49, No.2, 165, 2000年5月.
343. 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
イタコン酸ジブチルのラジカル重合における立体特異性の温度依存性,
第49回高分子学会年次大会予稿集, Vol.49, No.2, 133, 2000年5月.
344. 前田 竜司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
2-(N,N-ジメチルチオカルバモイル)エチルビニルエーテルの合成と重合,
日本化学会中国四国九州合同大会(徳島)要旨集, 1999年10月.
345. 小西 良典, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之, 小平 俊之 :
不斉場での1,2-ジ置換モノマーのラジカル共重合による光学活性ポリマーの合成,
日本化学会中国四国九州合同大会(徳島)要旨集, 1999年10月.
346. 児玉 拓也, 池住 俊哉, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 :
アリルアミン残基を含むジエンモノマーの不斉環化重合,
日本化学会中国四国九州合同大会(徳島)要旨集, 1999年10月.
347. 平野 朋広, 曹 景哲, 北山 辰樹, 畑田 耕一 :
メタクリル酸アリルのヘテロタクチックリビング重合-重合条件と立体規則性の関係,
第48回高分子学会年次大会予稿集, 1999年5月.
348. 北山 辰樹, 神澤 岳史, 山口 博子, 平野 朋広 :
かさ高いアルミニウムルイス酸存在下でのラクトンおよびラクチドのアニオン開環重合ならびに共重合,
第48回高分子学会年次大会予稿集, 1999年5月.
349. 北山 辰樹, 山口 博子, 平野 朋広, 畑田 耕一 :
かさ高いアルミニウムフェノキシドによるラクトン類の重合反応制御,
第47回高分子討論会予稿集, 1998年9月.
350. 平野 朋広, 北山 辰樹, 畑田 耕一 :
メタクリル酸エステルのヘテロタクチック重合-オリゴマーの解析,
第47回高分子討論会予稿集, 1998年9月.
351. 平野 朋広, 山口 博子, 北山 辰樹, 畑田 耕一 :
メタクリル酸プロピルおよびアリルのヘテロタクチックリビング重合,
第47回高分子学会年次大会予稿集, 1998年5月.
352. Miroslav Janco, 平野 朋広, 北山 辰樹, 畑田 耕一, Dusan Berek :
Liquid Chromatography at Critical Adsorption Point as Powerful Separation Technique for Descrimination of Stereoregular Polymethacrylates,
第2回高分子分析討論会予稿集, 1997年11月.
353. 北山 辰樹, 平野 朋広, 畑田 耕一 :
メタクリル酸エステルのヘテロタクチック重合-かさ高いアルミニウムフェノキシドのルイス酸性と重合の立体特異性の関連,
第46回高分子討論会予稿集, 1997年10月.
354. 北山 辰樹, 平野 朋広, 畑田 耕一 :
メタクリル酸エステルのヘテロタクチックリビング重合の機構-メゾ末端アニオンとラセモ末端アニオンの構造と反応性,
第73回日本化学会秋季学会年次大会講演予稿集, 1997年9月.
355. 北山 辰樹, 山口 博子, 平野 朋広, 畑田 耕一 :
t-BuLiとかさ高いアルミニウムフェノキシドによるe-カプロラクトンのリビング開環重合,
第43回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 1997年7月.
356. 北山 辰樹, 平野 朋広, 畑田 耕一 :
メタクリル酸エステルのヘテロタクチック重合-重合の立体規制に及ぼすカルボニル化合物の添加効果,
第46回高分子学会年次大会予稿集, 1997年5月.
357. 北山 辰樹, 平野 朋広, 山口 博子, 柳田 高恒, 畑田 耕一 :
側鎖にフェノール基を有するメタクリル酸エステルのアルミニウム錯体の合成とその重合挙動,
第46回高分子学会年次大会予稿集, 1997年5月.
358. 北山 辰樹, 平野 朋広, 畑田 耕一 :
ヘテロタクチックポリメタクリル酸エステルの13C NMRによる末端構造解析と重合の立体規制,
第1回高分子分析討論会予稿集, 1996年11月.
359. 北山 辰樹, 平野 朋広, 畑田 耕一 :
t-BuLiとかさ高いアルミニウムフェノキシドによるメタクリル酸エステルの立体特異性重合-生成ポリマーの構造解析と重合機構,
第45回高分子討論会予稿集, 1996年10月.
360. 北山 辰樹, 平野 朋広, 何 守鋼, Sebastien Urbanek, 薮田 尚士, 畑田 耕一 :
官能基を有するメタクリル酸エステルの嵩高いアルミニウムフェノキシドを助剤とするアニオン重合-立体特異性,モノマー選択性,位置選択性の制御,
第45回高分子討論会予稿集, 1996年10月.
361. 北山 辰樹, 平野 朋広, 畑田 耕一 :
13C NMRによるヘテロタクチックポリメタクリル酸エステルの主鎖ならびに末端の立体規則性分布の解析,
第44回高分子討論会予稿集, 1995年9月.
362. 北山 辰樹, 何 守鋼, 平野 朋広, 畑田 耕一 :
かさ高いアルミニウムフェノキシドを用いるメタクリル酸エステルの重合の立体特異性および反応性の制御,
第44回高分子討論会予稿集, 1995年9月.
363. 北山 辰樹, 平野 朋広, 柳田 高恒, 何 守鋼, 畑田 耕一 :
t-BuLi-アルキルアルミニウムフェノキシドによるメタクリル酸エステルの重合の立体特異性に及ぼすアルミニウムフェノキシドの構造の影響,
第41回高分子研究発表会(神戸)講演予稿集, 1995年7月.
364. 北山 辰樹, 平野 朋広, 何 守鋼, 畑田 耕一 :
ヘテロタクチックポリメタクリル酸エチルの末端近傍の立体規則性の13C NMRによる解析,
第44回高分子学会年次大会予稿集, 1995年5月.

その他・研究会:

1. 金川 拓海, 若松 生馬, 八幡 莉紗, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
1Hおよび13C NMR スペクトルの多変量解析によるポリ乳酸の4 連子タクチシチー解析,
19-1 NMR研究会, 2019年5月.
2. 濵前 奈未, 日下 康成, 妹尾 美咲, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ブロック性を制御された機能性高分子のパルスNMRを用いた構造解析,
18-1 NMR研究会, 2018年5月.
3. 池北 尚人, 石井 雄大, 平野 朋広, 吉田 健, 右手 浩一 :
Pure Shift NMRを用いたポリ乳酸およびポリ(N-ビニルピロリドン)の構造解析,
18-1 NMR研究会, 2018年5月.
4. 山本 寛生, 妹尾 美咲, 日下 康成, 平野 朋広, 右手 浩一 :
酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体の溶液NMRによる連鎖解析:高磁場NMR,DOSY,Pure Shift NMR,
18-1 NMR研究会, 2018年5月.
5. 平野 朋広 :
海外学会に参加しませんか?,
日本分析化学会 高分子分析研究懇談会 第388回例会, 2017年7月.
6. 石井 雄大, 中西 由佳, 武市 生馬, 八幡 莉紗, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
NMRスペクトルの多変量解析によるポリ乳酸の立体規則性(4)~メソラクチドから得られた立体規則性ポリマーを用いた解析精度の向上~,
17-1 NMR研究会, 2017年5月.
7. 山本 寛生, 妹尾 美咲, 日下 康成, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体のDiffusion-Ordered 2D NMR Spectroscopy(DOSY),
17-1 NMR研究会, 2017年5月.
8. 中西 由佳, 横田 大地, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ポリメタクリル酸の部分的エステル化で生成する共重合体の連鎖制御と連鎖解析,
15-1 NMR研究会, 2015年5月.
9. 長濱 充宏, 大久保 俊希, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ポリメタクリル酸の部分的ベンジル化とメチル化で生成する共重合体の連鎖解析,
15-1 NMR研究会, 2015年5月.
10. 記本 達也, 八幡 莉紗, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
NMRスペクトルの多変量解析によるポリ乳酸の立体規則性解析(4),
15-1 NMR研究会, 2015年5月.
11. 許 祐菁, 百瀬 陽, 平野 朋広, 王 振乾, 右手 浩一 :
ポリメタクリル酸t-ブチル部分的加水分解で得られた共重合体のモノマ-連鎖の解析,
14-1 NMR研究会, 2014年5月.
12. 平野 朋広, 八幡 莉紗, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎, 押村 美幸, 右手 浩一 :
NMRスペクトルの多変量解析を用いたポリ乳酸の立体規則性解析(2),
13-1 NMR研究会, 2013年5月.
13. 船岡 耕治, 浅川 聖子, 直野 辰哉, 坂尾 竜一, 平野 朋広, 右手 浩一 :
ルイス酸存在下のラジカル重合で得られたメタクリル酸エステル共重合体のモノマー連鎖の解析,
12-1 NMR研究会, 2012年5月.
14. 八幡 莉紗, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一, 菅沼 こと, 朝倉 哲郎 :
NMRスペクトルの多変量解析を用いたポリ乳酸の立体規則性解析,
12-1 NMR研究会, 2012年5月.
15. 菅野 夏基, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一 :
MMA-TBMA共重合体から変換したPMMAのNMRスペクトルの多変量解析,
12-1 NMR研究会, 2012年5月.
16. 百瀬 陽, 直野 辰哉, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析によるメタクリル酸エステル三元共重合体の連鎖分布の推定,
11-2 NMR研究会, 2011年12月.
17. 右手 浩一, 平野 朋広 :
アクリル系多元共重合体の一次構造解析に向けたNMR分光法の方法論,
第11回エンジニアリングフェスティバル, 2011年9月.
18. 庵本 卓矢, 梅澤 奈央, 平野 朋広, 百瀬 陽, 右手 浩一 :
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)のNMRスペクトルの多変量解析による帰属,
11-1 NMR研究会, 2011年5月.
19. 百瀬 陽, 坂尾 竜一, 直野 辰哉, 浅川 聖子, 平野 朋広, 右手 浩一 :
13C NMR スペクトルの多変量解析によるアクリル系二元共重合体の立体規則性の解析,
11-1 NMR研究会, 2011年5月.
20. 平野 朋広 :
メタクリル酸エステル共重合体などの NMR スペクトルの多変量解析,
日本分析化学会 高分子分析研究懇談会 第357回例会, 2011年5月.
21. 平野 朋広 :
N-アルキルアクリルアミド(共)重合体水溶液の感熱応答性ー立体規則性・モノマー連鎖の観点からー,
高分子学会九州地区高分子若手研究会・冬の講演会, 2010年11月.
22. 前田 智也, 服部 康佑, 百瀬 陽, 平野 朋広, 右手 浩一 :
DOSYによるアクリル系共重合体のキャラクタリゼーション - 組成の分子量依存性,
10-1 NMR研究会, 2010年5月.
23. 平野 朋広, 上池 亮太, 百瀬 陽, 右手 浩一 :
13C NMRスペクトルの多変量解析による高分岐共重合体のキャラクタリゼーション,
10-1 NMR研究会, 2010年5月.
24. 平野 朋広, 板東 洋一, 那須 翔, 百瀬 陽, 右手 浩一 :
立体規則性の異なるポリ(N-アルキルアクリルアミド)の13C NMRスペクトルの多変量解析,
09-1 NMR研究会, 2009年5月.
25. 平野 朋広 :
立体規則性ポリ(N-アルキルアクリルアミド)の合成と相転移挙動,
高分子学会北陸支部福井地区講演会, 2009年3月.
26. 右手 浩一, 平野 朋広 :
光開始ラジカル重合によるポリマーの分子構造制御, --- 立体規則性・共重合組成・新しい分析法による構造解析 ---,
第8回エンジニアリングフェスティバル, 2008年9月.
27. 服部 康佑, 久保川 愛子, 平野 朋広, 右手 浩一 :
MMA-HEMA共重合体の13C NMRスペクトルの多変量解析,
08-1 NMR研究会, 2008年5月.
28. 平野 朋広 :
N-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合-水素結合性錯体の構造と立体特異性との関係-,
08-1 NMR研究会, 2008年5月.
29. 平野 朋広 :
選択的水素結合形成を利用した立体特異性ラジカル重合,
日本化学会中国・四国支部化学講演会, 2007年12月.
30. 平野 朋広 :
選択的水素結合形成を利用した立体特異性ラジカル重合に関する研究,
第53回高分子研究発表会(神戸), 2007年7月.
31. 平野 朋広, 佐藤 恒之 :
ラジカル重合による分岐ポリマー,
高分子, Vol.56, No.5, 348, 2007年5月.
32. 平野 朋広 :
水素結合で錯化したN-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合,
2004年度東工大資源研若手フォーラム, 2005年3月.
33. 平野 朋広 :
水素結合性コンプレックス形成を利用した立体特異性ラジカル重合,
中四国高分子研究会2004-新しい高分子合成法の開発を目指して, 2004年12月.
34. 平野 朋広 :
立体構造に重点を置いたアニオンおよびラジカル重合の反応制御,
徳島大学工業会会報, No.50, 4-6, 2004年8月.
35. 平野 朋広 :
ビニル重合の立体制御,
高分子, Vol.52, No.9, 717, 2003年9月.
36. 平野 朋広 :
イタコン酸エステルのラジカル重合-分子内連鎖移動反応と立体規則性,
第17回中国四国地区高分子若手研究会-新世紀における高分子科学の発展, 2002年11月.
37. 平野 朋広 :
メタクリル酸エステルのへテロタクチックリビング重合,
高分子学会中国四国支部愛媛地区高分子懇話会-リビング重合による精密高分子合成の最前線-, 2000年11月.
38. 平野 朋広 :
高分子化合物のNMR測定と解析,
第4回共同研究成果報告会-機能性有機化合物の合成とNMRによる構造解析-, 2000年1月.
39. 北山 辰樹, 平野 朋広 :
(メタ)アクリレートの立体特異性リビング重合ならびに共重合,
第2回精密重合シンポジウム-精密重合の現状と展望講演要旨集, 1998年11月.

特許:

1. 西村 洋平, 山崎 莉紗, 右手 浩一, 押村 美幸, 平野 朋広, 鍵谷 遼 : ビニルアルコールーアミノ酸エステル共重合体, 特願2019-090181 (2019年5月), .
2. 右手 浩一, 平野 朋広, 押村 美幸, 日下 康成, 西村 洋平, 妹尾 美咲 : ビニルアルコールー酢酸ビニル共重合体, 特願PCT/JP2018/042183 (2018年11月), 特開WO2019/098247 (2019年5月), 特許第WO2019/098247号 (2019年5月).
3. 右手 浩一, 平野 朋広, 押村 美幸, 日下 康成 : ビニルアルコールー酢酸ビニル共重合体の製造方法, 特願PCT/JP2017/017409 (2017年5月), 特開WO2017/195735 (2017年11月), 特許第6447896号 (2018年12月).
4. 右手 浩一, 平野 朋広, 押村 美幸, 加地 栄一 : 新規エステル交換反応用触媒およびそれを用いたエステル化合物の製造方法, 特願2014-172501 (2014年8月), 特開2016-47799 (2016年4月), 特許第6317212号 (2018年4月).
5. 平野 朋広, 右手 浩一, 佐藤 恒之, 原口 将幸, 畑中 辰也, 大土井 啓祐 : イオン性高分岐ポリマー及び炭素ナノ材料分散剤, 特願2010-161021 (2010年7月), 特開2012-21100 (2012年2月), 特許第5676170号 (2015年1月).
6. 原口 将幸, 大土井 啓祐, 平野 朋広, 右手 浩一, 佐藤 恒之 : 高分岐ポリマー及びそれを含む組成物, 特願PCT/JP2010/061623 (2010年7月), 特開WO2011/004865 (2011年1月), 特許第5651111号 (2014年11月).
7. 百瀬 陽, 右手 浩一, 平野 朋広 : 光学活性芳香族ヒドロキシカルボン酸縮合体の製造方法及び光学活性化合物, 特願2010-107438 (2010年5月), 特開2010-285420 (2010年12月), .
8. 百瀬 陽, 右手 浩一, 平野 朋広 : 共重合体の定量方法, 特願2009-252192 (2009年11月), 特開2011-085564 (2011年4月), 特許第5531563号 (2014年5月).
9. 平野 朋広, 右手 浩一, 佐藤 恒之, 原口 将幸, 大土井 啓祐 : 高分岐ポリマーを用いた光パターニング組成物, 特願2008-186586 (2008年7月), 特開2010-24330 (2010年2月), 特許第5473270号 (2014年2月).
10. 佐藤 恒之, 平野 朋広 : 分岐状重合体の製造方法および分岐状重合体含有分散液, 特願2006-218231 (2006年8月), 特開2008-038110 (2008年2月), .
11. 佐藤 恒之, 妹尾 真紀子, 平野 朋広, 堀田 絵理, 中原 淳裕, 尾下 竜也 : ケイ素含有重合体の製造方法およびケイ素含有重合体, 特願2004-135762 (2004年4月), 特開2005-314606 (2005年11月), 特許第4568017号 (2010年8月).
12. 堀田 絵理, 中原 淳裕, 尾下 竜也, 佐藤 恒之, 妹尾 真紀子, 平野 朋広 : 複合体およびその製造方法, 特願2004-135794 (2004年4月), 特開2005-314608 (2005年11月), 特許第4451204号 (2010年2月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 溶媒和イオン液体による活性種の特異的な安定化を利用した高温カチオン重合系の開発 (研究課題/領域番号: 19K05585 )
  • ビニルポリマー側鎖の高分子反応を利用した共重合モノマー連鎖の制御 (研究課題/領域番号: 17H03069 )
  • 水素結合を利用した立体特異性ラジカル・アニオン重合と統計的2次元NMRによる解析 (研究課題/領域番号: 23750130 )
  • ラジカル活性種の直接安定化によるラジカル重合の新規反応制御法の開発 (研究課題/領域番号: 22655035 )
  • 立体構造の制御された感熱応答性ポリマーをセグメントとする新規高分子アーキテクチャ (研究課題/領域番号: 18750102 )
  • イタコン酸エステルのラジカル重合における立体制御 (研究課題/領域番号: 13750818 )
  • 研究者番号(80314839)による検索