検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 臨床薬理学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704025 個別化医療の実現に向けた,医薬品による副作用発現予測遺伝子マーカーの同定 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 病態情報医学講座 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 薬学専攻 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 病態情報医学講座 > 臨床薬理学 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

薬理学 (Pharmacology), 臨床薬理学 (Clinical Pharmacology)

研究テーマ

心腎血管疾患を標的とする薬理学的研究, 安全かつ最適な薬物療法を実践するための副作用マネジメントに関する研究

著書・論文

著書:

1.座間味 義人, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 石澤 啓介 :
あ,検査値が変わった」そのとき,薬のリスクは?(分担執筆),
株式会社じほう, 2017年6月.
2.石澤 啓介 :
徳島大学病院の最新治療がわかる本 : 安全で最適な薬物療法をサポート,
南々社, 2015年8月.
3.宮本 理人, 山根 萌, 冨田 洋輔, 石澤 啓介, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ヒト腎糸球体内皮細胞における亜硝酸塩によるAMPK-eNOS活性化経路の検討,
株式会社 東京医学社, 2014年10月.
4.土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 中西 智子, 山口 巧 :
臨床思考プロセス 薬物治療学 -最適治療への論理スパイラル-,
京都廣川書店, 東京, 2013年3月.
5.池田 康将, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- 脂肪組織肥大進展における鉄キレート剤の効果 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
6.櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- NitrosonifedipineはangiotensinⅡによるマウス血管リモデリングを抑制する ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
7.土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- 亜硝酸塩による腎保護作用 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
8.石澤 啓介, 玉置 俊晃, :
疾患モデルの作製と利用-循環器疾患,
LIFE-SCIENCE INFORMATION CENTER, 東京, 2010年8月.
9.田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 久住 祥子, 堀ノ内 裕也, 八木 祐子, 櫻田 巧, 石澤 啓介, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第10集, --- アンジオテンシンII刺激による細胞内遊離鉄を介した酸化ストレス増強機構 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2010年6月.
10.大西 秀樹, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 福原 弥生, 山口 邦久, 石澤 啓介, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第9集, --- ハイドロエチジウム蛍光分析法による細胞内スーパーオキシド検出法の評価 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月.
11.石澤 啓介, 三木 恵里加, 石澤 有紀, 大西 秀樹, Narantungalag Dorjsuren, 元林 有紀, 山口 邦久, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第9集, --- オルメサルタンはPDGFによるメサンギウム細胞遊走を抑制する ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月.
12.武田 英二, 岡久 稔也, 高橋 保子, 国清 紀子, 松村 晃子, 中屋 豊, 西 正晴, 竹谷 豊, 吉本 勝彦, 寺尾 純二, 美馬 福恵, 吉岡 昌美, 山田 静恵, 石澤 啓介, 鈴木 麗子, 藤田 知代, 新井 英一, 桑波田 雅士, 岡田 和子 :
栄養管理のチーム医療,
文光堂, 東京, 2006年4月.
13.石澤 啓介, 水口 和生, :
南山堂医学大辞典 改訂19版,
株式会社 南山堂, 東京, 2006年3月.

学術論文(審査論文):

1.Shunsuke Ishida, Kenshi Takechi, Hiroshi Bando, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Masayuki Chuma, Hiroaki Yanagawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka and Keisuke Ishizawa :
Development and pharmacist-mediated use of tools for monitoring atypical antipsychotic-induced side effects related to blood glucose levels.,
Pharmacoepidemiology and Drug Safety, 2018.
(DOI: 10.1002/pds.4656,   PubMed: 30221424)
2.Hirofumi Hamano, Marin Mitsui, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Takahiro Nimura, Naoto Okada, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Hiroaki Yanagawa, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Irinotecan-induced neutropenia is reduced by oral alkalization drugs: analysis using retrospective chart reviews and the spontaneous reporting database.,
Supportive Care in Cancer, 2018.
(DOI: 10.1007/s00520-018-4367-y,   PubMed: 30062585)
3.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Hirofumi Hamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of a factor Xa inhibitor: fusion of basic research and a database analysis.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(DOI: 10.1038/s41598-018-29008-2,   PubMed: 30022146)
4.Naoto Okada, Momoyo Azuma, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe and Keisuke Ishizawa :
Potential Usefulness of Early Potassium Supplementation for Preventing Severe Hypokalemia Induced by Liposomal Amphotericin B in Hematologic Patients: A Retrospective Study.,
Clinical Therapeutics, Vol.40, No.2, 252-260, 2018.
(DOI: 10.1016/j.clinthera.2017.12.006,   PubMed: 29305017)
5.Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toru Imai, Tsuyoshi Ito, Hidenori Sagara, Hichiya Hiroyuki, Satoru Esumi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Toshihiro Koyama, Manabu Amano, Naomi Kurata, Yoshihisa Kitamura, Hironori Nakura, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Administration of Kampo medicine through a tube at an advanced critical care center.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.1.2, 32-36, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111388,   DOI: 10.2152/jmi.65.32,   PubMed: 29593190)
6.Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toru Imai, Kanako Nagao, Masafumi Kayano, Hidenori Sagara, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Masayuki Chuma, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Toshihiro Koyama, Tadashi Koga, Hironori Nakura, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of the Benefits of De-Escalation for Patients with Sepsis in the Emergency Intensive Care Unit.,
Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, Vol.21, No.1, 54-59, 2018.
(DOI: 10.18433/jpps29737,   PubMed: 29455711,   Elsevier: Scopus)
7.Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Masashi Miyake, Tadashi Koga, Keisaku Harada, Ayako Ohshima, Toru Imai, Yutaka Kondo, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa :
Hydrocortisone administration was associated with improved survival in Japanese patients with cardiac arrest.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(DOI: 10.1038/s41598-017-17686-3,   PubMed: 29263333)
8.Shiho Sato, Yoshito Zamami, Toru Imai, Satoshi Tanaka, Toshihiro Koyama, Takahiro Niimura, Masayuki Chuma, Tadashi Koga, Kenshi Takechi, Yasuko Kurata, Yutaka Kondo, Yuki Izawa-Ishizawa, Toshiaki Sendo, Hironori Nakura and Keisuke Ishizawa :
Meta-analysis of the efficacies of amiodarone and nifekalant in shock-resistant ventricular fibrillation and pulseless ventricular tachycardia.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(DOI: 10.1038/s41598-017-13073-0,   PubMed: 28978927,   Elsevier: Scopus)
9.Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hamano Hirofumi, Hirayama Tasuku, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Hideko Nagasawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary iron restriction alleviates renal tubulointerstitial injury induced by protein overload in mice,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 10621, 2017.
(DOI: 10.1038/s41598-017-11089-0,   PubMed: 28878231)
10.Ken Konaka, Kota Moriyama, Takumi Sakurada, Naoto Okada, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kazuyoshi Kawazoe, Shuji Fushitani and Keisuke Ishizawa :
Kamishoyosan and Shakuyakukanzoto promote recovery from paclitaxel-induced neurite retraction in PC12 cells,
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.3, 20, 2017.
(DOI: 10.1186/s40780-017-0090-y,   PubMed: 28748102)
11.Kenshi Takechi, Hiroaki Yanagawa, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa, Akihiro Tanaka and Hiroaki Araki :
Evaluation of factors associated with the achievement of an optimal teicoplanin trough concentration .,
International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2017.
(DOI: 10.5414/CP203009,   PubMed: 28655381)
12.Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The uremic toxin indoxyl sulfate interferes with iron metabolism by regulating hepcidin in chronic kidney disease,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, 2017.
(DOI: 10.1093/ndt/gfx252,   PubMed: 28992067)
13.Keisuke Oshima, Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hiroaki Watanabe, Hirofumi Hamano, Yoshitaka Kihira, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Tasuku Hirayama, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron suppresses erythropoietin expression via oxidative stress-dependent hypoxia-inducible factor-2 alpha inactivation,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.97, No.5, 555-566, 2017.
(DOI: 10.1038/labinvest.2017.11,   PubMed: 28263291)
14.Yutaka Fukunaga, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Eriko Sairyo, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Yoshiro Abe, Ichiro Hashimoto and Toshiaki Tamaki :
Topical Application of Nitrosonifedipine, a Novel Radical Scavenger, Ameliorates Ischemic Skin Flap Necrosis in a Mouse Model.,
Wound Repair and Regeneration, Vol.25, No.2, 217-223, 2017.
(DOI: 10.1111/wrr.12510,   PubMed: 28090711)
15.Kenshi Takechi, Yoshioka Yurika, Kawazoe Hitoshi, Tanaka Mamoru, Takatori Shingo, Kobayashi Miwako, Matsuoka Ichiro, Hiroaki Yanagawa, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Tanaka Akihiro and Hiroaki Araki :
Psychiatric patients with antipsychotic drug-induced hyperprolactinemia and menstruation disorders,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.10, 1775-1778, 2017.
(Elsevier: Scopus)
16.Yoshito Zamami, Toru Imai, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Naoko Shiraishi, Toshihiro Koyama, Hidenori Sagara, Yasukazu Shiino, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of pharmaceutical lifesaving skills training oriented pharmaceutical intervention.,
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.2, No.1, 21, 2016.
(DOI: 10.1186/s40780-016-0054-7,   PubMed: 27606071)
17.Yasumasa Ikeda, Mizuki Imao, Akiho Satoh, Hiroaki Watanabe, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron-induced skeletal muscle atrophy involves an Akt-forkhead box O3-E3 ubiquitin ligase-dependent pathway,
Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, Vol.35, No.5, 66-76, 2016.
(DOI: 10.1016/j.jtemb.2016.01.011,   PubMed: 27049128)
18.Naoto Okada, Takeshi Hanafusa, Shinji Abe, Chiemi Sato, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of the risk factors associated with high-dose chemotherapyinduced dysgeusia in patients undergoing autologous hematopoietic stem cell transplantation: Possible usefulness of cryotherapy in dysgeusia prevention,
Supportive Care in Cancer, Vol.24, No.9, 3979-3985, 2016.
(DOI: 10.1007/s00520-016-3244-9,   PubMed: 27129837)
19.Naoto Okada, Shuji Fushitani, Momoyo Azuma, Shingen Nakamura, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Hiroyoshi Watanabe, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa :
Clinical evaluation of pharmacist interventions in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.2, 295-300, 2015.
(DOI: 10.1248/bpb.b15-00774,   PubMed: 26830489,   Thomson Reuters: Web of Science™)
20.Naoto Okada, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Keisuke Ishizawa :
Ifosfamide and etoposide chemotherapy may interact with warfarin, enhancing the warfarin-induced anticoagulant response,
International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, Vol.54, No.1, 58-61, 2015.
(DOI: 10.5414/CP202426,   PubMed: 26587904)
21.Ken Konaka, Kouta Moriyama, Naoto Okada, Takahiro Nishisako, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa :
Ephedra protects vascular endothelium cells from vinorelbine-induced cytotoxicity by preserving endothelial nitric oxide synthase activity,
Traditional & Kampo Medicine, Vol.2, No.2, 74-80, 2015.
(DOI: 10.1002/tkm2.1024)
22.Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Ken Konaka, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka and Keisuke Ishizawa :
Pemetrexed-induced rash may be prevented by supplementary corticosteroids,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.11, 1752-1756, 2015.
(DOI: 10.1248/bpb.b15-00435,   PubMed: 26521826,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
23.Kazuki Maeda, Rumi Katashima, Keisuke Ishizawa and Hiroaki Yanagawa :
Japanese Physicians' Views on Drug Post-Marketing Surveillance.,
Journal of Clinical Medicine Research, Vol.7, No.12, 956-960, 2015.
(DOI: 10.14740/jocmr2328w,   PubMed: 26566409)
24.Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bilirubin exerts pro-angiogenic effects through an Akt-eNOS-dependent pathway,
Hypertension Research, Vol.38, No.11, 733-740, 2015.
(DOI: 10.1038/hr.2015.74,   PubMed: 26134126,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
25.Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II alters the expression of duodenal iron transporters, hepatic hepcidin, and body iron distribution in mice,
European Journal of Nutrition, Vol.54, No.5, 709-719, 2015.
(DOI: 10.1007/s00394-014-0749-1,   PubMed: 25096756,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
26.Yoshitaka Kihira, Ariunzaya Burentogtokh, Mari Itoh, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia decreases glucagon-like peptide-1 secretion from GLUTag cell line,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.4, 514-521, 2015.
(DOI: 10.1248/bpb.b14-00612,   PubMed: 25832631,   CiNii: 130005062264,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
27.Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kazuo Minakuchi and Keisuke Ishizawa :
Characteristics and risk factors of interstitial lung disease induced by chemotherapy for lung cancer,
The Annals of Pharmacotherapy, Vol.49, No.4, 398-404, 2015.
(DOI: 10.1177/1060028014566446,   PubMed: 25565405,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
28.Licht Miyamoto, Yuko Yagi, Aya Hatano, Kazuyoshi Kawazoe, Keisuke Ishizawa, Kazuo Minakuchi, Shuhei Tomita and Koichiro Tsuchiya :
Spontaneously hyperactive MEK-Erk pathway mediates paradoxical facilitation of cell proliferation in mild hypoxia,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1850, No.4, 640-646, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2014.12.006,   PubMed: 25497211,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
29.Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
A Long-Term High-Fat Diet Changes Iron Distribution in Body, Increasing Iron Accumulation Specifically in the Mouse Spleen,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.1, 20-27, 2015.
(DOI: 10.3177/jnsv.61.20,   PubMed: 25994136,   CiNii: 40020377946,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
30.Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Masaki Ueno, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Smooth muscle cell specific Hif-1 deficiency suppresses angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
Cardiovascular Research, Vol.102, No.3, 460-468, 2014.
(DOI: 10.1093/cvr/cvu061,   PubMed: 24623277,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
31.Yuko Imamura, Shuhei Tomita, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
HIF-2α/ARNT complex regulates hair development via induction of p21Waf1/Cip1 and p27Kip1,
The FASEB journal, Vol.28, No.6, 2517-2524, 2014.
(DOI: 10.1096/fj.13-244079,   PubMed: 24599965,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
32.Yoshitaka Kihira, Mariko Miyake, Manami Hirata, Yoji Hoshina, Kana Kato, Hitoshi Shirakawa, Hiroshi Sakaue, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Deletion of hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes enhances glucagon-like peptide-1 secretion and reduces adipose tissue inflammation.,
PLoS ONE, Vol.9, No.4, e93856, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0093856,   PubMed: 24705496,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
33.Yasumasa Ikeda, Iori Ozono, Soichro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron chelation by deferoxamine prevents renal interstitial fibrosis in mice with unilateral ureteral obstruction,
PLoS ONE, Vol.9, No.2, e89355, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0089355,   PubMed: 24586712,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
34.Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Noriko Yamano, Maki Urushihara, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Asami Nuno, Licht Miyamoto, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shoji Kagami, Hiroyuki Kobori, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates the progression of type 2 diabetic nephropathy by exerting antioxidative effects,
PLoS ONE, Vol.9, No.1, e86335, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0086335,   PubMed: 24489716,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
35.Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Noriko Yamano, Maki Urushihara, Masaki Imanishi, Fujii Shoko, Nuno Asami, Licht Miyamoto, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shoji Kagami, Kobori Hiroyuki, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine Ameliorates the Progression of Type 2 Diabetic Nephropathy by Exerting Antioxidative Effects,
PLoS ONE, Vol.9, No.1, e86335, 2014.
36.Licht Miyamoto, Masashi Watanabe, Chiaki Taoka, Mai Kono, Yosuke Tomida, Tsuyoshi Matsushita, Masaki Kamiya, Hatsuhiko Hattori, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
A novel prodrug strategy for extremely hydrophobic agents; - Conjugation to symmetrically branched glycerol trimer improves pharmacological and pharmacokinetic properties of fenofibrate,
Molecular Pharmaceutics, Vol.10, No.7, 2723-2729, 2013.
(DOI: 10.1021/mp400133j,   PubMed: 23672178)
37.Yoshinori Iba, Koushi Watanabe, Kiyokazu Ozaki, Osamu Aozasa, Keisuke Ishizawa, Tetsuro Matsuura, Hiroshi Oyama and Tohru Masukawa :
Altered gene expression profiles associated with enhanced skin inflammation induced by 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate in streptozotocin-diabetic mice,
International Immunopharmacology, Vol.15, No.3, 614-619, 2013.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2013.01.007,   PubMed: 23339930)
38.Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary iron restriction inhibits progression of diabetic nephropathy in db/db mice.,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.304, No.7, F1028-F1036, 2013.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00473.2012,   PubMed: 23389454)
39.Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bovine milk-derived lactoferrin exerts proangiogenic effects in an Src-Akt-eNOS-dependent manner in response to ischemia,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.61, No.5, 423-429, 2013.
(DOI: 10.1097/FJC.0b013e318287d526,   PubMed: 23364610)
40.Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Shoko Fujii, Erika Tominaga, Teppei Tsuneishi, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Ken-ichi Aihara, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.386, No.1, 29-39, 2013.
(DOI: 10.1007/s00210-012-0810-7,   PubMed: 23149861,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
41.Sakurada Takumi, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Fujii Shoko, Tominaga Erika, Tsuneishi Teppei, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Ken-ichi Aihara, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.386, No.1, 29-39, 2013.
42.Licht Miyamoto, Masashi Watanabe, Yosuke Tomida, Mai Kono, Shoko Fujii, Tsuyoshi Matsushita, Hatsuhiko Hattori, Keisuke Ishizawa, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
Acute oral toxicity evaluation of symmetrically branched glycerol trimer in ddY mice,
The Journal of Toxicological Sciences, Vol.37, No.6, 1253-1259, 2012.
(DOI: 10.2131/jts.37.1253,   PubMed: 23208440,   CiNii: 40019524000,   Thomson Reuters: Web of Science™)
43.Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Licht Miyamoto, Shoko Fujii, Hironori Taira, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker improves tumor necrosis factor-α-induced cytotoxicity via antioxidative effect in human glomerular endothelial cells,
Pharmacology, Vol.90, No.5-6, 324-331, 2012.
(DOI: 10.1159/000343244,   PubMed: 23052181)
44.Licht Miyamoto, Masashi Watanabe, Mai Kono, Tsuyoshi Matsushita, Hatsuhiko Hattori, Keisuke Ishizawa, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
Cytotoxicity evaluation of symmetrically branched glycerol trimer in human hepatocellular carcinoma HepG2 cells,
The Journal of Toxicological Sciences, Vol.37, No.5, 1059-1063, 2012.
(DOI: 10.2131/jts.37.1059,   PubMed: 23038013,   CiNii: 10030876787,   Thomson Reuters: Web of Science™)
45.Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeaki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, promotes angiogenesis via activation of the AMP-activated protein kinase-endothelial nitric-oxide synthase signaling pathway,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.41, 34256-34263, 2012.
(DOI: 10.1074/jbc.M112.353532,   PubMed: 22904320)
46.Hisao Nemoto, Masaki Kamiya, Aki Nakamoto, Tsuyoshi Matsushita, Kosuke Matsumura, Hatsuhiko Hattori, Tomoyuki Kawamura, Chiaki Taoka, Shinji Abe, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
Synthesis of highly water-soluble fibrate derivatives via BGLation,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.22, No.20, 6425-6428, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2012.08.057,   PubMed: 22975299,   Thomson Reuters: Web of Science™)
47.Hisao Nemoto, Ayato Katagiri, Masaki Kamiya, Tomoyuki Kawamura, Tsuyoshi Matsushita, Kosuke Matsumura, Tomohiro Itou, Hatsuhiko Hattori, Miho Tamaki, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto, Shinji Abe and Koichiro Tsuchiya :
Synthesis of paclitaxel-BGL conjugates,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.20, No.18, 5559-5567, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2012.07.031,   PubMed: 22892212,   Thomson Reuters: Web of Science™)
48.Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Estrogen regulates hepcidin expression via GPR30-BMP6-dependent signaling in hepatocytes,
PLoS ONE, Vol.7, No.7, e40465, 2012.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0040465,   PubMed: 22792339,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
49.Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Development of a reduction-responsive amino acid that induces peptide bond cleavage in hypoxic cells,
ChemBioChem, Vol.13, 968-971, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 111913,   DOI: 10.1002/cbic.201200141,   PubMed: 22505188,   Thomson Reuters: Web of Science™)
50.Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Kaori Sawada, Noriko Yamano, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron reduction by deferoxamine leads to amelioration of adiposity via the regulation of oxidative stress and inflammation in obese and type 2 diabetes KKAy mice.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.302, No.1, E77-86, 2012.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00033.2011,   PubMed: 21917632,   Thomson Reuters: Web of Science™)
51.Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Masaki Imanishi, Licht Miyamoto, Fujii Shoko, Taira Hironori, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker improves tumor necrosis factor--induced cytotoxicity via antioxidative effect in human glomerular endothelial cells,
Pharmacology, Vol.90, 324-331, 2012.
52.Yoshitaka Kihira, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Basic fibroblast growth factor regulates glucose metabolism through glucose transporter 1 induced by hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes,
The International Journal of Biochemistry & Cell Biology, Vol.43, No.11, 1602-1611, 2011.
(DOI: 10.1016/j.biocel.2011.07.009,   PubMed: 21810481)
53.Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Masaki Imanishi, Yayoi Fukuhara, Yuko Imamura, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Pathophysiological Response to Hypoxia From the Molecular Mechanisms of Malady to Drug Discovery: Inflammatory Responses of Hypoxia-Inducible Factor 1 (HIF-1) in T Cells Observed in Development of Vascular Remodeling,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 433-439, 2011.
(DOI: 10.1254/jphs.10R22FM,   PubMed: 21422726)
54.Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Yoshichika Kawai, Junji Terao, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Pharmacology in health food: Metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against arteriosclerosis,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 466-470, 2011.
(DOI: 10.1254/jphs.10R38FM,   PubMed: 21436601)
55.Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yuko Matsuda, Kozo Shishido, Masahiro Yoshida, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.2, 208-214, 2011.
(DOI: 10.1248/cpb.59.208,   PubMed: 21297301,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
56.Yayoi Fukuhara, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Protective effect of photodegradation product of nifedipine against tumor necrosis factor alpha-induced oxidative stress in human glomerular endothelial cells,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1, 2, 118-126, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 72667,   DOI: 10.2152/jmi.58.118,   PubMed: 21372496,   CiNii: 130004465233)
57.Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Sumiko Yoshida, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine promotes angiogenesis via the activation of vascular endothelial cell function.,
Atherosclerosis, Vol.215, No.2, 339-347, 2011.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2011.01.009,   PubMed: 21315355,   Thomson Reuters: Web of Science™)
58.Soichiro Tajima, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Effect of angiotensin II on iron-transporting protein expression and subsequent intracellular labile iron concentration in human glomerular endothelial cells,
Hypertension Research, Vol.33, No.7, 713-721, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.63,   PubMed: 20431588,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
59.Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Erika Miki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker attenuates PDGF-induced mesangial cell migration in a receptor-independent manner,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.25, No.2, 364-372, 2010.
(DOI: 10.1093/ndt/gfp520,   PubMed: 19812233,   Thomson Reuters: Web of Science™)
60.Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira and Toshiaki Tamaki :
Dietary nitrite ameliorates renal injury in l-NAME-induced hypertensive rats,
Nitric Oxide: Biology and Chemistry, Vol.22, No.2, 98-103, 2010.
(DOI: 10.1016/j.niox.2009.12.002,   PubMed: 20005970)
61.Hirotsugu Kurobe, Masahisa Urata, Masaki Ueno, Masaaki Ueki, Shiro Ono, Yuki Izawa-Ishizawa, Yayoi Fukuhara, Yu Lei, Adiratna Mat Ripen, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Keisuke Ishizawa, Masashi Akaike, Frank J. Gonzalez, Toshiaki Tamaki, Yousuke Takahama, Masanori Yoshizumi, Tetsuya Kitagawa and Shuhei Tomita :
Role of Hypoxia-Inducible Factor 1α in T Cells as a Negative Regulator in Development of Vascular Remodeling,
Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Vol.30, No.2, 210-217, 2010.
(DOI: 10.1161/ATVBAHA.109.192666,   PubMed: 20007912)
62.Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Rika Sugimoto, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibitory effects of adiponectin on platelet-derived growth factor-induced mesangial cell migration,
The Journal of Endocrinology, Vol.202, No.2, 309-316, 2009.
(DOI: 10.1677/JOE-08-0469,   PubMed: 19460854)
63.Yuki Motobayashi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Adiponectin inhibits insulin-like growth factor-1-induced cell migration by the suppression of extracellular signal-regulated kinase 1/2 activation, but not Akt in vascular smooth muscle cells,
Hypertension Research, Vol.32, No.3, 188-193, 2009.
(DOI: 10.1038/hr.2008.19,   PubMed: 19262481)
64.Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Sachiyo Ohnishi, Yuki Motobayashi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Quercetin Glucuronide Inhibits Cell Migration and Proliferation by Platelet-Derived Growth Factor in Vascular Smooth Muscle Cells,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.2, 257-264, 2009.
(DOI: 10.1254/jphs.08236FP,   PubMed: 19202317,   Thomson Reuters: Web of Science™)
65.Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Soichiro Tajima, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Toward drug discovery for overcoming CKD: Development of drugs on endothelial cell protection for overcoming CKD,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.1, 14-19, 2009.
(DOI: 10.1254/jphs.08R08FM,   PubMed: 19151535,   Thomson Reuters: Web of Science™)
66.Hideki Ohnishi, Satoshi Iwanaga, Kazuyoshi Kawazoe, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Nagakatsu Harada, Kazuhiro Mori, Tomoko Tsuchihashi, Yasuko Ishikawa and Toshiaki Tamaki :
Effect of iron-quercetin complex on reduction of nitrite in in vitro and in vivo systems,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.56, No.21, 10092-10098, 2008.
(DOI: 10.1021/jf801010j,   PubMed: 18831560)
67.Yasuhisa Kanematsu, Kunihisa Yamaguchi, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary doses of nitrite restore circulating nitric oxide level and improve renal injury in L-NAME-induced hypertensive rats,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.295, No.5, F1457-F1462, 2008.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00621.2007,   PubMed: 18753302)
68.Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Big mitogen-activated protein kinase 1 (BMK1)/extracellular signal regulated kinase 5 (ERK5) is involved in platelet-derived growth factor (PDGF)-induced vascular smooth muscle cell migration,
Hypertension Research, Vol.30, No.11, 1107-1117, 2007.
(DOI: 10.1291/hypres.30.1107,   PubMed: 18250560)
69.Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Seiji Yano, Saburo Sone, Hideki Ohnishi, Keisuke Ishizawa, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The novel Src kinase inhibitor M475271 inhibits VEGF-induced vascular endothelial-cadherin and β-catenin phosphorylation but increases their association,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 112-120, 2006.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0060357,   PubMed: 16974068)
70.Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Mayumi Torii, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki :
Calcium and reactive oxygen species mediated Zn2+-induced apoptosis in PC12 cells,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 103-111, 2006.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0060342,   PubMed: 16990703)
71.Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Hideki Onishi, Yuki Motobayashi, Yuki Izawa, Manabu Ishihara, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Toshiaki Tamaki :
Effects of angiotensin II type 1 receptor blockade on the systemic blood nitric oxide dynamics in Nω-nitro-L-arginine methyl ester-treated rats,
Hypertension Research, Vol.29, No.5, 369-374, 2006.
(DOI: 10.1291/hypres.29.369,   PubMed: 16832158,   Thomson Reuters: Web of Science™)
72.Yoshiko Fujita, Masanori Yoshizumi, Yuki Izawa, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Transactivation of fetal liver kinase-1/kinase-insert domain-containing receptor by lysophosphatidylcholine induces vascular endothelial cell proliferation.,
Endocrinology, Vol.147, No.3, 1377-1385, 2006.
(DOI: 10.1210/en.2005-0644,   PubMed: 16322069,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
73.Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
ERK1/2 activation by angiotensin II inhibits insulin-induced glucose uptake in vascular smooth muscle cells,
Experimental Cell Research, Vol.308, No.2, 291-299, 2005.
(DOI: 10.1016/j.yexcr.2005.04.028,   PubMed: 15921682)
74.Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Hiroyuki Ito, Chieko Miki, Kayoko Miyama, Yoshiko Fujita, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Akira Nishiyama and Masanori Yoshizumi :
Aldosterone stimulates vascular smooth muscle cell proliferation via big mitoten-activated protein kinase 1 activation,
Hypertension, Vol.46, No.4, 1046-1052, 2005.
(DOI: 10.1161/01.HYP.0000172622.51973.f5,   PubMed: 16087789)
75.Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Seiji Yano, Saburo Sone and Toshiaki Tamaki :
A Novel Src Kinase Inhibitor, M475271, Inhibits VEGF-Induced Human Umbilical Vein Endothelial Cell Proliferation and Migration,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.98, No.2, 130-141, 2005.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0040850,   PubMed: 15937404)
76.生田 雅子, 会田 真規, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 山内 あい子 :
徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良,
医療薬学, Vol.31, No.4, 279-286, 2005年.
(DOI: 10.5649/jjphcs.31.279,   CiNii: 110001240344)
77.Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Keisuke Ishizawa, Aiko Yamauchi and Toshiaki Tamaki :
Antioxidant effects of stereoisomers of N-acetylcysteine (NAC), L-NAC and D-NAC, on angiotensin II-stimulated MAP kinase activation and vascular smooth muscle cell proliferation,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.95, No.4, 483-486, 2004.
(DOI: 10.1254/jphs.SC0040061,   PubMed: 15297771,   Thomson Reuters: Web of Science™)
78.Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami, Masao Hirose and Toshiaki Tamaki :
Dual effects of endothelin-1 (1-31): induction of mesangial cell migration and facilitation of monocyte recruitment through monocyte chemoattractant protein-1 production by mesangial cells,
Hypertension Research, Vol.27, No.6, 433-440, 2004.
(DOI: 10.1291/hypres.27.433,   PubMed: 15253109)
79.Mami Azuma, Hitoshi Houchi, Hirotaka Nishisako, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuhiko Teraoka, Toshitaka Ikehara, Takenori Kusumi and Kazuo Minakuchi :
Inhibitory action of novel arginine derivative on catecholamine secretion evoked by acetylcholine from cultured bovine adrenal chromaffin cells,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.42, No.Suppl. 1, S15-S18, 2003.
(DOI: 10.1097/00005344-200312001-00005,   PubMed: 14871022,   Thomson Reuters: Web of Science™)
80.Masanori Yoshizumi, Toshiaki Kogame, Yuki Suzaki, Yoshiko Fujita, Moe Kyaw, Kazuyoshi Kirima, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Ebselen attenuates oxidative styress-induced apoptosis via the inhibition of the c jun N-terminal kinase and activator protein-1 signaling pathway in PC12 cells.,
British Journal of Pharmacology, Vol.136, No.7, 1023-1032, 2002.
81.Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Eiko Takishita, Yutaka Nakaya, Kazuhiro Kishi, Yousuke Ebina, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Effects of losartan in combination with or without exercise on insulin resistance in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats.,
European Journal of Pharmacology, Vol.430, No.2-3, 359-367, 2001.
(DOI: 10.1016/S0014-2999(01)01405-4,   PubMed: 11711055,   Elsevier: Scopus)
82.Yukio Sugimoto, Keisuke Ishizawa, Kouichi Saitou, Genzo Suzuki, Tadatsugu Tarumi, Hiroto Nakahara, Yasushi Kirino and Chiaki Kamei :
Effect of mometasone furoate by topical application on allergic rhinitis model in rats,
Pharmacology, Vol.61, No.2, 91-95, 2000.
(DOI: 10.1159/000028386,   PubMed: 10940782)
83.Keisuke Ishizawa, Zhong Chen, Chihiro Okuma, Yukio Sugimoto, Yoko Fujii and Chiaki Kamei :
Participation of GABAergic and histaminergic systems in inhibiting amygdaloid kindled seizures,
The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.82, No.1, 48-53, 2000.
84.Yukio Sugimoto, Yoshinori Iba, Keisuke Ishizawa, Genzo Suzuki and Chiaki Kamei :
Effects of levocabastine on lipid mediator release from guinea pig lung fragments,
Acta Medica Okayama, Vol.53, No.6, 271-274, 1999.
(PubMed: 10631382)
85.Masafumi Fukinaga, Keisuke Ishizawa and Chiaki Kamei :
Anticonvulsant properties of 1,4-benzodiazepine derivatives in amygdaloid-kindled seizures and their chemical structure-related anticonvulsant action,
Pharmacology, Vol.57, No.5, 233-241, 1998.
(PubMed: 9742288,   CiNii: 80010588318)
86.Hiroshi Kakinoki, Keisuke Ishizawa, Masatumi Fukunaga, Yoko Fujii and Chiaki Kamei :
The effects of histamine H3-receptor antagonists on amygdaloid kindled seizures in rats,
Brain Research Bulletin, Vol.46, No.5, 461-465, 1998.
87.Chiaki Kamei, Keisuke Ishizawa, Hiroshi Kakinoki and Masafumi Fukunaga :
Histaminergic mechanisms in amygdaloid-kindled seizures in rats,
Epilepsy Research, Vol.30, No.3, 187-194, 1998.

学術論文(紀要・その他):

1.Miku Kita, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Development of hydrogen peroxide-responsive amide bond cleavage device,
Peptide Science 2013, 203-204, 2014.
2.Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells,
Peptide Science 2012, Vol.2012, 135-136, 2013.
(CiNii: 10031161576)
3.石澤 啓介 :
2型糖尿病治療に対する標的分子としてのHIF-1αの可能性,
ファルマシア, Vol.47, No.2, 160-161, 2011年.
4.南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 石澤 啓介, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 :
副賢クロマフィン細胞の細胞容積調節に及ぼす変動磁界の影響,
日本生体磁気学会誌, Vol.19, No.1, 156-157, 2006年.

総説・解説:

1.Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi and Keisuke Ishizawa :
Pharmacological approach for drug repositioning against cardiorenal diseases.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3.4, 197-201, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111115,   DOI: 10.2152/jmi.64.197,   PubMed: 28954981)
2.座間味 義人, T Niimura, 武智 研志, 今西 正樹, T Koyama, 石澤 啓介 :
Drug repositioning research to improve the survival rate after cardiopulmonary arrest - utilizing large scale Medical Claims Database -,
薬学雑誌, 2017年.
3.岡田 直人, 石澤 啓介 :
今求められているNSTと薬剤師の役割: 臨床・研究・教育を柱とするNST活動の実践,
薬事新報, Vol.2921, 1306-1310, 2015年12月.
4.今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレス制御を基盤とする新規心腎血管障害治療薬の開発,
薬学雑誌, Vol.134, No.6, 715-719, 2014年6月.
(DOI: 10.1248/yakushi.13-00255-4,   PubMed: 24882646,   Thomson Reuters: Web of Science™)
5.今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレス制御を基盤とする新規心腎血管障害治療薬の開発,
薬学雑誌, Vol.134, No.6, 715-719, 2014年.
6.櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineはangiotensin IIによるマウス血管リモデリングを抑制する,
腎とフリーラジカル, Vol.11, 78-81, 2013年1月.
7.石澤 啓介 :
腎・心血管障害における細胞内分子機構の解明とその治療法の開発,
薬学雑誌, Vol.131, No.9, 1347-1352, 2011年9月.
(DOI: 10.1248/yakushi.131.1347,   CiNii: 130001871942,   Thomson Reuters: Web of Science™)
8.Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Masaki Imanishi, Yayoi Fukuhara, Imamura Yuko, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Pathophysiological Response to Hypoxia - From the Molecular Mechanisms of Malady to Drug Discovery: Inflammatory Responses of Hypoxia-Inducible Factor 1 (HIF-1) in T Cells Observed in Development of Vascular Remodeling,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 433-439, 2011.
9.石澤 啓介, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
医療人としての薬剤師育成教育の実践, --- ∼米国の薬学教育ならび日本の医学教育から学ぶ∼ ---,
医薬ジャーナル, Vol.43, No.3, 871-874, 2007年3月.
10.玉置 俊晃, 山口 邦久, 石澤 啓介 :
薬理作用から見た健康食品,
四国医学雑誌, Vol.63, No.5,6, 170-171, 2007年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110195)
11.吉栖 正典, 石澤 啓介, 井澤 有紀, 玉置 俊晃 :
インスリン抵抗性による血管障害の細胞内情報伝達機構,
日本薬理学雑誌, Vol.128, No.3, 147-151, 2006年9月.
(DOI: 10.1254/fpj.128.147,   PubMed: 16971777,   CiNii: 10018399832)
12.石澤 啓介, 水口 和生 :
栄養管理における薬剤師の役割, --- 大学病院における栄養サポートチーム(NST)活動 ---,
調剤と情報, Vol.11, No.1, 95-100, 2005年1月.
13.石澤 啓介, 水口 和生 :
大学病院におけるNST活動と薬剤師,
薬事新報, Vol.2332, 902-905, 2004年10月.
14.石澤 啓介, 芳地 一, 水口 和生 :
大学病院における栄養支援チーム(NST)と薬剤師,
日本病院薬剤師会雑誌, Vol.40, No.10, 1245-1248, 2004年10月.
(CiNii: 80016906565)

国際会議:

1.Keisuke Oshima, Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron Supplementation Reduces Erythropoietin Expression through Hypoxia-Inducible Factor-2 alpha Inactivation via Oxidative Stress, ASN2016,
Chicago,
2.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of edoxaban, a factor Xa inhibitor,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
3.Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for drugs that attenuate the anti tumor effect of bevacizumab using adverse event database,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
4.Ishida Shunsuke, Bando Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Krino Yashishi, Nakamura Toshimi, Teraoka Kazuhiko and Keisuke Ishizawa :
Development and clinical application of management tool to monitor side effects for atypical antipsychotics,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, フロリダ, Dec. 2017.
5.Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
Psychiatric patients with antipsychotic drug-induced hyperprolactinemia and menstruation disorders,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, フロリダ, Dec. 2017.
6.Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Krino Yashishi, Nakamura Toshimi, Teraoka Kazuhiko and Keisuke Ishizawa :
Drug repositioning research aimed at improving the survival rate of patients with cardiopulmonary arrest using large-scale medical claims database,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, Dec. 2017.
7.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The effect of iron on skeletal muscle atrophy in chronic kidney disease.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.112, 204-205, Dec. 2017.
8.hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Indoxyl Sulfate Disturbs Normal Iron Metabolism via Hepcidin Upregulation in Chronic Kidney Disease,
ASN Kidney Week 2017 Annual Meeting, Nov. 2017.
9.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Direct activated factor X inhibitor attenuates renal fibrosis on unilateral ureteral obstruction-induced nephrotoxicity.,
53rd Congress of the European Societies of Toxicology (eurotox2017), Sep. 2017.
10.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
FACTOR XA INHIBITOR ATTENUATES RENAL INTERSTITIAL FIBROSIS IN MICE WITH UNILATERAL URETERAL OBSTRUCTION,
THE 13TH CONGRESS OF THE EUROPEAN ASSOCIATION FOR CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS(EACPT2017), Jun. 2017.
11.Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, 田淵 正樹, Masaki Imanishi, Mai Takata, Eriko Sairyo, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
NITROSONIFEDIPINE, A NOVEL ANTIOXIDANT, AMELIORATES NEUROLOGICALSYMPTOMS AND PROLONGS THE SURVIVAL IN A MALIGNANT STROKE-PRONE SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
12.Masaki Imanishi, Kyohei Tanaka, Raiki Ikutoh, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
THE EFFECTS OF FEBUXOSTAT ON ANGIOTENSIN II-INDUCED VASCULAR REMODELING,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
13.Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Indoxyl Sulfate Involves Abnormality of Iron Metabolism through Hepcidin Regulation,
Experimental Bioogy 2017, Chicago, Apr. 2017.
14.Yoshito Zamami, Mitsui Marin, Moriguchi Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Kawasaki Hiromu, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for a preventative therapy for Bevacizumab-induced hypertension using the drug repositioning approach,
7th Scientific Meeting of Asian Society for Vascular Biology, Oct. 2016.
15.Yutaka Fukunaga, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Ichiro Hashimoto :
Topical Application of Nitrosonifedipine, a Novel Free Radical Scavenger, Ameliorate the Ischemic Skin Flap Necrosis,
Plastic Surgery THE MEETING 2016, Los Angeles, Sep. 2016.
16.Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
The effects of pitavastatin, a lipid-lowering agent, against aortic dissection model mice induced by L-NAME, a nitric oxide synthase inhibitor.,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide/16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan., May 2016.
17.Yasumasa Ikeda, Keisuke Oshima, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The Involvement of Iron Supplementation on Erythropoietin Expression,
Experimental Biology 2016, Apr. 2016.
18.Naoto Okada, Shuji Fushitani, Takumi Sakurada and Keisuke Ishizawa :
Pharmacist interventions can improve clinical outcomes in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward,
50th ASHP Midyear Clinical Meeting, New Orleans, Dec. 2015.
19.Yasumasa Ikeda, Hamano Hirofumi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bilirubin Enhances Ischimia-induced Angiogenesis Through Akt-eNOS-Dependent Signaling Pathway,
American Heart Association Scientific Sessions 2015, Orlando, Nov. 2015.
20.Wenting Xu, Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Tomomi Yamaoka, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
The Mechanism of Citrus sudachi Peel Extract Exerts Lipid Reducing Effect in Cells,
2015.10.19-22 The 10th IAGG Asia / Oceania Congress of Gerontology and Geriatrics 2015, Chiang Mai, Oct. 2015.
21.Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Toya Hiroki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Novel aortic dissection model by pharmacologically-induced endothelial dysfunction,
17th International Congress on Atherosclerosis 2015, Amsterdam, May 2015.
22.Yasumasa Ikeda, Yusuke Kanai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The Effects of Bilirubin on Angiogenesis in Mice with Hindlimb Ischemia,
Experimental Biology 2015, Boston, Mar. 2015.
23.Hatano Aya, Licht Miyamoto, Yamane Megumi, Takenokuma Kazuya, Kono Mai, Keisuke Ishizawa and Koichiro Tsuchiya :
Dietary nitrite ameliorates glucose tolerance and hyperlipidemia in diet-induced obesity rats.,
ASMRM 2014, Taipei, Nov. 2014.
24.Keisuke Ishizawa, Kohara Yusuke, Sakurada Takumi, Toya Hiroki, Iki Yutaka, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates the progression of aortic aneurysms by exerting antioxidative effects,
ESC Congress 2014, Barcelona, Sep. 2014.
25.Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Ferritin induces IL-1 production through inflammasome activation via NF-B-dependent manner in macrophages,
Experimental Biology 2014, San Diego, Apr. 2014.
26.Licht Miyamoto, Yamane Megumi, Tomida Yosuke, Takenokuma Kazuya, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Significance of AMPK in renal protective and metabolic actions of nitrite,
international conference of food science, Kyoto, Mar. 2014.
27.Licht Miyamoto, Tomida Y, Takenokuma K, Yamane M, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Dietary nitrite ameliorates glucose and lipid metabolism in high fat diet-fed rats.,
2014 Keystone Symposia Conference, Jan. 2014.
28.Miku Kita, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Development of hydrogen peroxide-responsive amide bond cleavage device,
4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
29.Keisuke Ishizawa, Noriko Yamano, Hiroyuki Kobori, Maki Urushihara, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine prevents the progression of diabetic nephropathy via attenuating the expression of intrarenal angiotensinogen and oxidative stress,
High Blood Pressure Research 2013 Scientific Sessions, Sep. 2013.
30.Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakiko Doi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Rho-kinase is involved in inorganic phosphate-induced ERK1/2 activation in vascular smooth muscle cells,
World Biotechnology Congress 2013, Jun. 2013.
31.Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The effect of dietary iron restriction against diabetic nephropathy in db/db mice,
Experimental Biology 2013, Apr. 2013.
32.Yusaku Maeda, Shuhei Tomita, Masaki Murakami, Hirotsugu Kurobe, Masaki Imanishi, Yasushi Yoshida, Yoichiro Hirata, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa, Masataka Sata and Toshiaki Tamaki :
Deficiency of Hypoxia Inducible Factor-1a in SM-22a-Expressing Bone Marrow-Derived Cells Alleviates Neointimal Formation Following Wire-induced Vascular Formation,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
33.Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron Restriction Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in db/db Mice,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
34.Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-inducible Factor-1a in Vascular Smooth Muscle Cells Regulates Angiotensin -induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Mouse Aortic Media,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
35.Licht Miyamoto, Kono Mai, Nakagawa Takeo, Hattori Hatsuhiko, Keisuke Ishizawa, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
A Novel Hydrophilic Derivative of Probucol Ameliorates Glucose Tolerance and Insulin Sensitivity Independently of the Canonical Potency of Probucol.,
48th Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes, Oct. 2012.
36.Hideaki Enomoto, Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Protective Effects of Iron-Restricted Food against Diabetic Nephropathy in db/db Mice,
American Heart Association High Blood Pressure Research 2012, Sep. 2012.
37.Shoko Fujii, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yuta Suzuki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in Type II Diabetic Mice,
American Heart Association High Blood Pressure Research 2012, Sep. 2012.
38.Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible factor-1a deficiency in smooth muscle cell attenuates angiotensin -induced vascular remodeling in mice,
ISOTT (International Society on Oxygen Transport to Tissue) 2012, Aug. 2012.
39.Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine, a photodegradation product of nifedipine, on diabetic nephropathy in type II diabetic mice,
Experimental Biology 2012, Apr. 2012.
40.Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron restriction prevents progression of diabetic nephropathy,
KEYSTONE SYMPOSIA 40th ANNIVERSARY 1972-2012 Complications of Diabetes: Mechanisms of Injury and Failure of Repair, Mar. 2012.
41.Licht Miyamoto, Mai Kono, Takeo Nakagawa, Hatsuhiko Hattori, Hisao Nemoto, Keisuke Ishizawa, Yoshiyuki Yoshimura and Koichiro Tsuchiya :
A Hydrophilic Derivative of Probucol, Probucol-(glutaric branched-triglycerol)2 (ProBGL2) Ameliorates Glucose Tolerance and Insulin Sensitivity by Independent Mechanism of the Canonical Potency of Probucol in HFD-fed mice,
Keystone symposiaon Molecular and Cellular Biology, Jan. 2012.
42.Maeda Yusaku, Shuhei Tomita, Murakami Masaki, Hirotsugu Kurobe, Masaki Imanishi, Yoshida Yasushi, Hirata Yoichiro, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa, Masataka Sata and Toshiaki Tamaki :
Deficiency of Hypoxia Inducible Factor-1 in SM-22-Expressing Bone Marrow-Derived Cells Alleviates Neointimal Formation Following Wire-induced Vascular Formation,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2012, 2012.
43.Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-inducible Factor-1 in Vascular Smooth Muscle Cells Regulates Angiotensin -induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Mouse Aortic Media,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2012, 2012.
44.Fujii Shoko, Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Nuno Asami, Suzuki Yuta, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in Type II Diabetic Mice,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2012 SCIENTIFIC SESSIONS, 2012.
45.Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible factor-1 deficiency in smooth muscle cell attenuates angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
The International Society on Oxygen Transport to Tissue 2012, 2012.
46.Sakurada Takumi, Keisuke Ishizawa, Fujii Shoko, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Nuno Asami, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine, a photodegradation product of nifedipine, on diabetic nephropathy in type II diabetic mice,
Experimental Biology 2012, 2012.
47.Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Smooth Muscle Cell-Specific Hypoxia-Inducible Factor-1a Deficiency Attenuates Angiotensin II-Induced Vascular Remodeling in Mice,
AHA scientific sessions 2011, Orlando, Nov. 2011.
48.Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibition of Adipocyte Hypertrophy by Deferoxiamine Diabetic KKAy mice,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
49.Kazuyuki Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Glucose Metabolism of Adipocytes is Regulated by Basic Fibroblast Growth Factor via Hypoxia-inducible Factor-1a,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
50.Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible Factor-1a Deficiency in Smooth Muscle Cells Suppresses Angiotensin -induced Vascular Remodeling in Mice,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
51.Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Shuhei Tomita, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin Cofactor Promotes Angiogenesis via an AMPK-eNOS Signaling Pathway,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
52.Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin -induced Vascular Remodeling is Improved by Nitrosonifedipine, a Possible New Class Drug Against Oxidative Stress,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
53.Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitorosonifedipine is a new class drug to improves angiotensin II-induced vascular remodeling,
European Society of Cardiology Congress 2011, Aug. 2011.
54.Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Characterization on mice lacking HIF1a gene in renal ischemia-reperfusion injury,
ISOTT (International Society on Oxygen Transport to Tissue) 2011, Washington, D.C., Jul. 2011.
55.Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Estrogen action on iron metabolism,
ENDO 2011: The 93rd Annual Meeting & Expo, Boston, Jun. 2011.
56.Masaki Imanishi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Increment intracellular labile iron enhances Angiotensin-induced intracellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) expression in human glomerular endothelial cells,
World congress of Nephrology 2011, Vancouver, Apr. 2011.
57.Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Smooth Muscle Cell-specific Hypoxia-inducible Factor-1a Deficiency Attenuates Angiotensin II-induced Vascular Remodeling In Mice,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2011, 2011.
58.Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Masaki Imanishi, Fujii Shoko, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II-induced Vascular Remodeling Is Improved By Nitrosonifedipine, A Possible New Class Drug,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2011 SCIENTIFIC SESSIONS, 2011.
59.Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible Factor-1 Deficiency In Smooth Muscle Cells Suppresses Angiotensin II-induced Vascular Remodeling In Mice,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2011 SCIENTIFIC SESSIONS, 2011.
60.Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Masaki Imanishi, Fujii Shoko, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitorosonifedipine is a new class drug to improve angiotensin II-induced vascular remodeling,
ESC Congress 2011, 2011.
61.Masaki Imanishi, Tajima Soichiro, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
INCREMENT INTRACELLULAR LABILE IRON ENHANCES ANGIOTENSIN II-INDUCED INTRACELLULAR ADHESION MOLECULE-1 (ICAM-1) EXPRESSION IN HUMAN GLOMERULAR ENDOTHELIAL CELLS,
World Congress of Nephrology 2011, 2011.
62.Ayato Katagiri, Hatsuhiko Hattori, Kohsuke Yoshitoimi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Hisao Nemoto :
Modification of Medicines by using Branched Oligo-Glycerols (BGL),
Pachifichem 2010, Honolulu, Dec. 2010.
63.Kohsuke Yoshitomi, Hatsuhiko Hattori, Ayato Katagiri, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Hisao Nemoto :
Water-solubilization of Highly Hydrophobic Medicines by using Branched Oligo-Glycerols (BGL),
Pachifichem 2010, Honolulu, Dec. 2010.
64.Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Shuhei Tomita :
Global gene expression analyses in renal ischemia-reperfusion injury (IRI) from mice lucking Hif-1a gene,
ASN RENAL WEEK 2010 EXHIBIT, Nov. 2010.
65.Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Yoshiyuki Yoshimura, Shuhei Tomita, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki :
Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine,
17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2010), Nov. 2010.
66.Shuhei Tomita, Masahisa Urata, Yayoi Fukuhara, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa and Toshiaki Tamaki :
Endothelial-targeted hypoxia-inducible factor-1b (HIF-1b) loss-of function alleviates the monocrotaline-induced pulmonary hypertension in mice,
American Heart Association Scientific Sessions 2010, Chicago, Nov. 2010.
67.Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitroso-nifedipine is a new class drug to protect endothelial function for overcoming organ damage,
International Society of Hypertension 2010, Vancouver, Sep. 2010.
68.Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
IRON DERIVATION AMELIORATES GLUCOSE TOLERANCE THROUGH REDUCTION OF OXIDATIVE STRESS AND INFLAMMATION IN DIABETIC KKAY MICE,
2010 American Physiological Society Conference Inflammation, Immunity and Cardiovascular Disease, Aug. 2010.
69.Yoshitaka Kihira, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Basic fibroblast growth factor upregulates hypoxia inducible factor 1 and glucose transporter 1 in adipose cells,
The 16th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma 2010), Copenhagen, Jul. 2010.
70.Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Jun. 2010.
71.Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against cardiovascular diseases,
2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
72.Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
XX World Congress ISHR 2010 KYOTO, May 2010.
73.Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Shuhei Tomita :
Amelioration of acute tubular necrosis in ischemic acute renal failure was impaired in mice lucking hypoxia inducible factor-1 gene,
ISN (International Society of Nephrology) nexus sympojium 2010, Apr. 2010.
74.Souichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Kyoto, Apr. 2010.
75.Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Yoshiyuki Yoshimura, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki :
Effect of Angiotensin II on the intracellular labile iron concentration in HGECs,
16th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2009), Nov. 2009.
76.Yasumasa Ikeda, Kaori Sato, David Pimentel, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Flora Sam, Toshiaki Tamaki and Kenneth Walsh :
LKB1 gene in myocytes plays a critical role to regulate the coordinated cardiac growth and capillary development,
American Heart Association Scientific Sessions 2009, Orlando, Nov. 2009.
77.Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-Inducible Factor-1α ameliorates ischemic acute renal failure and has a relation with a recovery from acute tubular necrosis,
41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
78.Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Fukuhara Yayoi, Yuya Horinouchi and Koichiro Tsuchiya :
Nitoroso-nifedipine is a new class drug to protect kidney against oxidative stress,
41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
79.Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Mai Hamamoto, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Yuya Horinouchi, Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Effect of angiotensin II on iron (II) turnover in HGEC,
Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
80.Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Soichiro Tajima, Yuki Motobayashi, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Endotherial cell protective activity of nitrosonifedipine,
Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
81.Yuki Motobayashi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Sakiko Orino, Dorjsuren Narantungalag, Kunihisa Yamaguchi, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibitory effects of adiponectin on cell migration induced by insulin-like growth factor-1 in vascular smooth muscle cells,
The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics, Québec City, Jul. 2008.
82.Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Narantungalag Dorjsuren, Yayoi Fukuhara, Yuya Horinouchi, Yuki Motobayashi, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Olmesartan inhibits the TNF-α-induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells,
ISN Nexus Symposium on Diabetes & the Kidney, Dublin, Jun. 2008.
83.Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Hirotaka Nishisako, Natsuko Ise, Keisuke Ishizawa, Toshihide Kujime, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Dosase adjustment and monitoring the side effects of the anticancer drug in Tokushima University Dental Hospital,
42nd ASHP Midyear Clinical Meeting & Exhibition, Las Vegas, Dec. 2007.
84.Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Teppei Tsuneishi, Yuki Motobayashi, Hideki Ohnishi, Kunihisa Yamaguchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Inhibitory effects of olmesartan on TNF-α-induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells,
40th ASN annual meeting, San Francisco, Nov. 2007.
85.Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Maki Shimizu, Shuji Kondo, Akiko Kitamura, Yukiko Kinoshita, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
The role of extracellular signal regulated kinase 5 in the accumulation of collagen matrix in rat mesangioproliferative glomerulonephritis,
40th ASN annual meeting, San Francisco, CA, Nov. 2007.
86.Keisuke Ishizawa, Erika Miki, Arisa Hironaga, Koichiro Tsuchiya, Maki Urushihara, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker inhibits PDGF-induced cell migration in rat mesangial cells,
39th ASN annual meeting 2006, San Diego, Nov. 2006.
87.Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yoshiharu Takiguchi :
Production of nitrosonifedipine radical from nifedipine and its antioxidative activity in cultured cells,
13th annual meeting of society of free radical and biology of medicine, Denver, Nov. 2006.
88.Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki :
Dietary nitrite is an alternative source of NO in vivo,
International Society for Radical Research 13th Biennial Congress, Davos, Switzerland, Aug. 2006.
89.Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
The inhibitory effect of adiponectin on migration and proliferation induced by PDGF in rat mesangial cells,
38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
90.Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Adiponectin inhibits PDGF-induced migration and proliferation in rat mesangial cells,
第10回アディポサイエンス研究会シンポジウム(第10回記念国際シンポジウム), Osaka, Aug. 2005.
91.Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Chieko Miki, Yoshiko Fujita, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Aldosterone stimulates vascular smooth muscle cell proliferation through big mitogen-activated protein kinase1 activation,
16th scientific meeting of the interamerican society of hypertension, Cancun, Mexico, Apr. 2005.

国内講演発表:

1.大森 理央, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 :
ゲノムワイド関連解析を用いたビンクリスチンによる末梢神経障害発現関連遺伝子の同定,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
2.山口 裕大, 谷垣 雄都, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 :
CYP遺伝子多型とバンコマイシンの副作用発現及び血中濃度との関連解析,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
3.座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
4.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
5.櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
腎機能がペメトレキセド治療における安全性に影響を与えるか,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018, 2018年3月.
6.座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018, 2018年3月.
7.高橋 志門, 城ヶ瀧 里奈, 高橋 撤多, 武智 研志, 座間味 義人, 相良 英憲, 石澤 啓介 :
PTSDモデルラットにおける文脈的恐怖記憶の消去に対する治療薬の探索,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
8.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大規模医療情報データベース解析と基礎研究の融合による新規腎保護薬の探索,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
9.石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 岩田 悠佑, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
マウス大動脈瘤形成に対するケルセチンの効果,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
10.今西 正樹, 近藤 正輝, 田中 恭平, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Febuxostatの尿酸合成抑制作用とは独立した血管線維化抑制機構の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
11.武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
てんかん誘発性精神症状の行動学的解析および治療薬の探索と作用機序の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
12.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した心肺停止患者に対するニコランジルの有効性に関する検討,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
13.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤の腎保護効果,
第47回日本心脈管作動物質学会, 2018年2月.
14.座間味 義人, 近藤 正輝, 阿部 奈都美, 中馬 真幸, 今井 徹, 武智 研志, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
集中治療における薬剤師教育,
第45回日本集中治療医学会学術集会 委員会企画4(CP4)「集中治療における薬剤師のポジションを考える」, 2018年2月.
15.石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
副作用モニタリング管理ツールの開発と業務効率化,
平成29年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2018年2月.
16.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害薬の腎保護効果,
第10回 心・血管クラスター・ミニリトリート, 2017年.
17.日野 咲季子, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した薬剤性腎障害に対する予防薬の探索,
西日本医学生学術フォーラム2017, 2017年12月.
18.岩田 悠佑, 石澤 有紀, 鍵本 優有, 鈴木 琴子, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
マウス大動脈瘤形成に対するケルセチンの効果,
西日本医学生学術フォーラム2017, 2017年12月.
19.石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 鈴木 琴子, 岩田 悠佑, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによる動脈硬化性疾患発症に対する予防効果の検討,
第27回日本循環薬理学会, 2017年12月.
20.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いて新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月.
21.座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
臨床薬理学集中講座修了後の研究活動∼大規模医療情報を活用したドラッグリポジショニング研究を中心に∼,
第38回日本臨床薬理学会学術総会 臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー, 2017年12月.
22.渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄制御機構の検討,
第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月.
23.石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗精神病薬を対象とする副作用モニタリング管理ツールの開発と臨床評価,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
24.濱野 裕章, 三井 茉綸, 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 岡田 直人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
アルカリ化剤はイリノテカン誘発性好中球減少症を予防する,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
25.岡田 直人, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
リポソーム化アムホテリシン B 製剤による低カリウム血症発現に関与する因子の同定:予防的カリウム製剤 投与の有用性,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
26.新村 貴博, 座間味 義人, 小山 敏広, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした心肺蘇生後症候群治療薬の探索研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
27.座間味 義人, 小山 敏広, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して心肺停止患者の生存率向上を志向したドラッグリポジショニング研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
28.石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
管理ツール導入による臨床検査値を指標とした副作用モニタリングへの効果,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
29.濱野 裕章, 三井 茉綸, 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 岡田 直人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
アルカリ化剤はイリノテカン誘発性好中球減少症を予防する,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
30.岡田 直人, 東 桃代, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
リポソーム化アムホテリシンB製剤による低カリウム血症の発現関連因子の同定,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
31.柴田 高洋, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
PCR法によるSCCmec タイピングを利用した動向調査から探る来院者とMRSAの院内 伝播の関連性,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
32.合田 光寛, 高橋 沙矢佳, 長田 武, 今西 正樹, 武智 研志, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 大塚 正人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対するSGLT2阻害薬の影響,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
33.三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
34.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺停止患者の予後に与えるニコランジルの影響-大規模レセプト情報を用いた検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
35.漆崎 汐里, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
36.谷垣 雄都, 佐藤 陽一, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
テイコプラニン投与による副作用発現および血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
37.田島 穂澄, 佐藤 陽一, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
シタラビン投与による副作用発現と代謝経路関連遺伝子多型の関連解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
38.鍵本 優有, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鈴木 琴子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
急性大動脈解離易発症マウスにおけるquercetinの効果,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
39.田中 恭平, 今西 正樹, 近藤 正輝, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットの尿酸合成抑制剤作用とは独立した血管線維化抑制作用の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
40.渡邊 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄の役割の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
41.濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎臓病における尿毒素蓄積によるヘプシジン制御と鉄代謝破綻のメカニズムの解明,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
42.池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 平山 祐, 岸 誠司, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 永澤 秀子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄摂取制限による尿細管間質障害の抑制効果の検討,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
43.濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素蓄積はヘプシジンを介した鉄代謝恒常性破綻に関与する,
大阪市大フォーラム, 2017年8月.
44.吾妻 雅彦, 長宗 雅美, 岩田 貴, 川添 和義, 石澤 啓介, 竹谷 豊, 西岡 安彦, 赤池 雅史 :
徳島大学における担当患者を用いた多職種連携教育の取り組み,
第49回日本医学教育学会大会, 2017年8月.
45.座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年8月.
46.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺蘇生後症候群治療薬の開発を目的としたドラッグリポジショニング研究-大規模医療情報を活用した検討-,
第255回 徳島医学会学術集会, 2017年8月.
47.大森 理央, 佐藤 陽一, 木口 美沙妃, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
ビンクリスチンによる副作用発現とMDR1遺伝子多型との関連性,
第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月.
48.山口 裕大, 佐藤 陽一, 谷垣 雄都, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
バンコマイシン投与による副作用発現及び血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析,
第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月.
49.座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
50.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
経口FXa阻害剤の腎線維化抑制効果,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
51.坂東 寛, 石田 俊介, 武智 研志, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
薬剤師がマネジメントする非定型抗精神病薬における副作用モニタリングの効果,
医療薬学フォーラム 2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
52.石田 俊介, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
医薬品管理モニタリングツールを活用した周術期における医薬品管理業務の効率化,
第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月.
53.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤は腎間質線維化を抑制する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
54.濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インドキシル硫酸蓄積はヘプシジン制御を介して鉄代謝恒常性破綻に関与する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
55.中本 亜樹, 岡田 直人, 濱野 裕章, 安井 苑子, 西 麻希, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 濵田 康弘, 石澤 啓介 :
頭頸部癌に対する化学放射線療法における CDDP 単独療法及び 52FU+CDDP 療法による副作用発現の比較,
第11回日本緩和医療薬学会年会, 2017年6月.
56.坂東 左奈子, 櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
エピルビシン,シクロフォスファミド投与による持続型G-CSF製剤の有効性の検討,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
57.井上 貴久, 櫻田 巧, 柴田 高洋, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗EGFR抗体薬の投与による低Mg血症発現率の比較検討,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
58.濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インドキシル硫酸はヘプシジンを介した鉄代謝異常に関与する,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
59.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
FXa阻害剤は腎間質線維化を抑制する,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
60.三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 漆崎 汐里, 桐野 靖, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
61.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
FXa 阻害剤の片側尿管結紮モデルマウスにおける腎間質線維化抑制作用,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
62.生藤 来希, 今西 正樹, 田中 恭平, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
アンジオテンシンII 誘発性血管リモデリングに対するキサンチンオキシダーゼ阻害剤の影響,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
63.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Xa因子阻害薬は一側尿管結紮誘導性腎線維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
64.今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈線維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
65.Masaki Imanishi, 田中 恭平, 生藤 来希, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈繊維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会(長崎), Mar. 2017.
66.石澤 有紀, 細岡 真由子, 齊藤 尚子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
ケルセチンの内皮保護作用を介したマウス大動脈解離発症に対する効果,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
67.井上 貴久, 櫻田 巧, 柴田 高洋, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗EGFR抗体薬における副作用としての低Mg血症発現率の比較検討,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 172, 2017年3月.
68.座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
69.今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Angiotensin II誘発性血管リモデリングに対するfebuxostatの効果,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
70.濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 佐藤 明穂, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素蓄積が生体内鉄代謝に与える影響の検討,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
71.石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鍵本 優有, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによるマウス大動脈解離発症予防効果の検討,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
72.座間味 義人, 近藤 正輝, 阿部 奈都美, 今西 正樹, 武智 研志, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
薬剤師と考える感染症治療 抗MRSA薬による抗菌薬治療,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.24, No.Suppl., SS4-1, 2017年2月.
73.今西 正樹, 松永 慎司, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
大動脈瘤形成における平滑筋由来HIF-1αの役割,
第26回日本循環薬理学会, 2016年12月.
74.石澤 有紀, 福永 豊, 西良 恵理子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 橋本 一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは虚血性皮弁モデルにおいて皮弁壊死を抑制する,
第26回日本循環薬理学会, 2016年12月.
75.細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 今西 正樹, 座間味 義人, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Quercetin による血管内皮細胞保護効果の検討,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
76.佐藤 明穂, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 今尾 瑞季, 渡邊 大晃, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
鉄欠乏が骨格筋に与える作用の検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
77.中本 亜樹, 野裕 章, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
DPP-4阻害薬ーDPP-4阻害薬間の切り替えによるLDL-Cの変動,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
78.木宿 昌俊, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介, 中村 敏己 :
消化器外科病棟における専任薬剤師のチーム医療参画に対する評価,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
79.井上 貴久, 柴田 高洋, 櫻田 巧, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗EGFR抗体薬の使用における低Mg血症の発現率の比較検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
80.坂東 左奈子, 岡田 直人, 櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
乳がん患者におけるエピルビシン,シクロフォスファミド投薬による持続型G-CSF製剤の有効性の検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
81.桑原 絵美, 岡田 直人, 高瀬 友佳子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
徳島大学病院におけるニボルマブの適正使用に向けた取り組み,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
82.田岡 寛之, 中本 亜紀, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 伏谷 秀治, 石澤 啓介 :
頭頸部癌の放射線化学療法による口腔粘膜障害,口腔内痛に対する半夏瀉心湯含嗽の効果,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
83.濱野 裕章, 中本 亜紀, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 伏谷 秀治, 石澤 啓介 :
高ビリルビン血症を伴う膵癌患者におけるGEM+nabPTX療法施行時の副作用発現状況,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
84.石田 俊介, 坂東 寛, 坂本 久美子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗精神病薬を対象にした臨床検査値を指標とする副作用モニタリング管理ツール導入による効果,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
85.櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ペメトレキセドによる骨髄抑制のリスク因子解析,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
86.岡田 直人, 中本 亜紀, 田中 里奈, 泉 侑希, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 石澤 啓介, 川添 和義 :
qSOFAスコアを用いたカンジダ血漿の重症度分類の有用性,
第55回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
87.伊勢 夏子, 武智 研志, 前田 和輝, 宮本 登志子, 片島 るみ, 阿部 真治, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
薬学病院実務実習の受講者における臨床研究・治験に関する意識と実習による変化,
臨床薬理, Vol.47, No.Suppl., S315, 2016年10月.
88.福永 豊, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 橋本 一郎 :
虚血性皮弁壊死モデルにおける抗酸化薬ニトロソニフェジピンの壊死抑制効果,
第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 2016年9月.
89.三井 茉綸, 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 石澤 啓介 :
オーストラリアのがん病棟における薬剤師業務に対する患者満足度調査,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
90.小中 健, 櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 啓介, 伏谷 秀治 :
肺がん患者におけるUGT1A1 遺伝子多型とイリノテカンの投与量に関する検討,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
91.岡田 直人, 御牧 夕紀子, 桑原 絵美, 松立 吉弘, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 久保 宜明, 石澤 啓介, 川添 和義 :
ニボルマブ投与による末梢血リンパ球比率の変化が副作用発現及び治療効果に与える影響,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
92.濱野 裕章, 中本 亜樹, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
GEM + nabPTX 療法における高ビリルビン血症が副作用発現に与える影響,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
93.中本 亜樹, 濱野 裕章, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
DPP-4 阻害薬服用患者における他のDPP-4 阻害薬への切り替えによるLDL-C 低下作用の検討,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
94.桑原 絵美, 岡田 直人, 高瀬 友佳子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
徳島大学病院におけるニボルマブの使用状況と今後の有害事象対策,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
95.櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ペメトレキセド投与後の皮疹出現は好中球減少症のリスク因子となる,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
96.座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
新規心肺蘇生薬の開発を目指したドラッグリポジショニング研究,
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 437, 2016年9月.
97.三井 茉綸, 座間味 義人, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口としたベバシズマブ誘発高血圧に対する予防薬の探索研究,
第27回霧島神経薬理フォーラム(福岡), 2016年8月.
98.座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
症例データベースを活用して新規心肺蘇生薬の開発を目指したドラッグリポジショニング研究,
第2回日本医薬品安全性学会学術大会( 岐阜), 2016年7月.
99.今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 田淵 正樹, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
脳卒中後の神経症状増悪に対するニトロソニフェジピンの効果,
第46回日本神経精神薬理学会年会( ソウル), 2016年7月.
100.柴田 高洋, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
外来診療棟を主としたMRSAの実態調査,
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム (大津), 2016年6月.
101.座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 今井 徹, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした新規心肺蘇生薬の探索研究-大規模医療情報を活用した検討-,
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム (大津 ), 2016年6月.
102.石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 堀ノ内 裕也, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝産物Q3GAの血管内皮膚細胞に対する短期及び長期効果の検討,
第129回日薬理学会学会近畿部会( 広島), 2016年6月.
103.池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
骨格筋分化における鉄の役割,
第129回日薬理学会学会近畿部会 (広島), 2016年6月.
104.池田 康将, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄は低酸素誘導因子を抑制してエリスロポエチン発現を低下させる,
第59回日本腎臓学会学術総会, 2016年6月.
105.石田 俊介, 坂本 久美子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
持参薬管理業務における周術期中止医薬品の管理ツール導入による効果,
第19回日本医薬品情報学会総会・学術大会 (町田市), 2016年6月.
106.石澤 啓介 :
救急集中治療を変える!!薬学から重症患者の治療向上に寄与するエビデンスを創り発信する.,
日本薬学会第136年会 シンポジウムS20オーガナイザー( 横浜), 2016年3月.
107.座間味 義人, 今西 正樹, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
心肺停止患者における社会復帰率の向上を志向したドラッグリポジショニング研究,
日本薬学会第136年会 シンポジスト( 横浜 ), 2016年3月.
108.細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 宮本 理人, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ケルセチン生体内代謝産物 quercetin -3-O-β-Dglucuronideによる血管内皮細胞保護効果,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
109.鍵本 優有, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
無機リン刺激による血管平滑筋細胞石灰化におけるrho-kinase 及び cyclophilinA の関与,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
110.渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
慢性腎臓病におけるヘプシジン制御メカニズムの検討,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
111.佐藤 明穂, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 今尾 瑞季, 渡邉 大晃, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
鉄過剰による骨格筋分化抑制作用の解明,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
112.堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ベバシズマブ投与患者における高血圧のリスクファクター,
日本薬学会第136年会( 横浜), 2016年3月.
113.小中 健, 花房 剛志, 田中 恭平, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 川添 和義, 石澤 啓介 :
パクリタキセル誘発性神経障害に対する漢方製剤抽出物の影響,
日本薬学会第136 年会( 横浜), 2016年3月.
114.Yasumasa Ikeda, Keisuke Oshima, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron Supplementation Suppressed Erythropoietin Expression through HIF-dependent Pathway,
The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, Mar. 2016.
115.太田 和馬, 木平 孝高, 岸渕 麗奈, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
電位依存性カリウムチャネルKv2.2は腎虚血再灌流障害の軽減に関与する,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
116.岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
HIF-1aはアポトーシス制御因子Bcl-2及びCHAC1の発現制御を介して腎虚血再灌流障害からの回復に関与する,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
117.斎藤 尚子, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 木平 孝高, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝物Q3GAによる血管内皮細胞保護効果の検討,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
118.青木 友里, 石澤 有紀, 高田 真衣, 田渕 正樹, 今西 正樹, 座間味 義人, 福永 豊, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
神経突起伸長および脳卒中後神経症状に対するニトロソニフェジピンの効果,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
119.大島 啓亮, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄のエリスロポエチン発現への影響の検討,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
120.佐藤 明穂, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 今尾 瑞季, 渡邉 大晃, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄欠乏に伴う骨格筋萎縮メカニズム,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
121.濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 佐藤 明穂, 大島 啓亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
尿毒素は慢性腎不全におけるヘプシジン発現に関与する,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
122.Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of endothelial dysfunction-induced aortic dissection model and search for a preventive strategy,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), Mar. 2016.
123.岡田 直人, 花房 剛志, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介, 川添 和義 :
自家造血幹細胞移植併用大量化学療法における味覚障害の発現に関与する危険因子の探索,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
124.石澤 啓介 :
「教授就任記念講演」サイエンスを基盤とする臨床薬剤業務の実践,
第252回徳島医学会学術集会(徳島), 2016年2月.
125.濱野 裕章, 中本 亜樹, 村上 明希, 田中 里奈, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
アルカリ化剤はイリノテカンによる好中球減少症を予防する,
第252回徳島医学会学術集会(徳島), 2016年2月.
126.今西 正樹, 石澤 啓介, 小原 佑介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニフェジピン光分解産物による血管リモデリング抑制効果,
第252回 徳島医学会学術集会(平成27年度冬期), 2016年2月.
127.大島 啓亮, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄のエリスロポエチン発現への影響の検討,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
128.今西 正樹, 石澤 啓介, 小原 佑介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンによる抗大動脈瘤機序の検討,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
129.石澤 有紀, 石澤 啓介, 鍵本 優有, 斎藤 尚子, 高田 真衣, 木平 孝高, 今西 正樹, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
高リン刺激は血管平滑筋細胞においてrho-kinase-cyclophilin A経路を活性化させる,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
130.池田 康将, 濱野 裕章, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎臓病におけるヘプシジン制御メカニズムの検討,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
131.石澤 有紀, 石澤 啓介, 高田 真衣, 田渕 正樹, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの 生命予後を改善する,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
132.斎藤 尚子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 今西 正樹, 鍵本 優有, 細岡 真由子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離発症における内皮障害の関与,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
133.濱野 裕章, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 佐藤 明穂, 渡邉 大晃, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素によるヘプシジン制御機構,
第128回日本薬理学会近畿部会, 2015年11月.
134.石田 俊介, 伏谷 秀治, 坂本 久美子, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 :
管理ツールによる臨床検査値を指標とした副作用モニタリングの効率化,
第54回中国四国支部学術大会(高知), 2015年11月.
135.柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 :
実態調査からみる来院者が院内MRSAの伝播に及ぼす影響,
第54回中国四国支部学術大会(高知), 2015年11月.
136.花房 剛志, 岡田 直人, 生田 賢治, 小中 健, 川添 和義, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法施行時の味覚障害に対するクライオセラピーの有用性,
第54回中国四国支部学術大会(高知), 2015年11月.
137.今尾 瑞季, 池田 康将, 佐藤 明穂, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
鉄蓄積によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
138.高田 真衣, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの神経症状に対するニトロソニフェジピンの効果,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
139.戸谷 紘基, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 鍵本 優有, 斎藤 尚子, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
大動脈解離発症における内皮障害の関与の検討,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
140.柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 :
院内MRSA分布へ来院者が及ぼす影響,
第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月.
141.西迫 寛隆, 中川 博之, 東 桃代, 岡田 直人, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 :
当院におけるカンジダ血症治療に対するガイドライン遵守率向上への取り組み,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
142.濱野 裕章, 中本 亜樹, 村上 明希, 田中 里奈, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
イリノテカンによる好中球減少症に対するアルカリ化剤の効果,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
143.辻 弥生, 佐藤 陽一, 川添 和義, 山内 あい子, 石澤 啓介 :
NSAIDsの種類及び服薬期間,頻度と発癌リスクに関するメタ解析,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
144.柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 :
実態調査からみる来院者が院内MRSAの伝播に及ぼす影響,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
145.花房 剛志, 岡田 直人, 生田 賢治, 小中 健, 川添 和義, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法施行時の味覚障害に対するクライオセラピーの有用性,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会,, 2015年11月.
146.岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 :
抗MRSA薬を用いた治療に対する薬剤師介入の有用性:プロトコルに基づく薬物治療管理と多職種介入による臨床効果及び医療経済効果,
第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月.
147.岡田 直人, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 東 満美, 川添 和義, 大髙 章, 石澤 啓介 :
徳島大学病院における模擬体験型学習を用いた実務実習の評価,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
148.池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄欠乏は骨格筋量減少の原因となる,
第39回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2015年8月.
149.石澤 有紀, 石澤 啓介, 大越 瑞穂, 土肥 紗希子, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃 :
血管石灰化シグナルにおけるRhoキナーゼおよびサイクロフィリンAの関与,
第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2015年7月.
150.岡田 直人, 川添 和義, 石澤 啓介 :
考える力の醸成を目指した実務実習の実践,
医療療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2015年7月.
151.石田 俊介, 伏谷 秀治, 前田 和輝, 渡邉 美穂, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 :
当院薬剤部における管理ツール作成による副作用情報収集の効率化,
第18回日本医薬品情報学会(岡山), 2015年6月.
152.桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 :
精神科病棟における炭酸リチウムの適正使用状況の推移,
第18回日本医薬品情報学会(岡山), 2015年6月.
153.岡田 直人, 下岡 幸恵, 東 桃代, 石澤 啓介 :
プロトコルに基づく薬物治療管理が医師の診療行動へ与える影響,
第63回日本化学療法学会総会, 2015年6月.
154.池田 康将, Kanai Yusuke, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Bilirubin Promotes Ischemic-Induced Revascularization through Akt-eNOS Pathway,
第79回 日本循環器学会学術集会, 2015年4月.
155.岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 渡邊 浩良, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
病棟薬剤によるプロトコルに基づく薬物治療管理の実践∼抗MRSA薬の適正使用に対する効果∼,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
156.西迫 寛隆, 中川 博之, 東 桃代, 下岡 幸恵, 伏谷 秀治, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 :
徳島大学病院における真菌感染BUNDLEの活用について,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
157.木平 孝高, 岸渕 麗奈, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎虚血再灌流障害において低酸素誘導因子が制御する因子の探索,
日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.
158.高田 真衣, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットに対するニトロソニフェジピンの効果,
日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.
159.小林 真也, 森山 耕太, 松田 実紗, 岡田 直人, 福壽 由法, 富加見 正樹, 森本 俊司, 川添 和義, 石澤 啓介 :
キクイモ(Helianthus tuberosus)の肝臓における脂肪蓄積抑制効果の検討,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
160.岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 渡邊 浩良, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
病棟薬剤によるプロトコルに基づく薬物治療管理の実践∼抗MRSA薬の適正使用に対する効果,
日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.
161.小倉 圭司, 平川 寛子, 森崎 巧也, 山本 純, 戎野 紘司, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 重永 章, 大髙 章 :
低酸素環境応答型アミノ酸の開発研究,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
162.池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ビリルビンは虚血後血管新生を促進する,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
163.石澤 有紀, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 高田 真衣, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの生存期間を延長させる,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
164.戸谷 紘基, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 小原 佑介, 長尾 朋子, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離発症における血管内皮機能障害の関与,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
165.岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
低酸素誘導因子-1αは腎虚血再灌流障害においてアボトーシスの誘導に関与する,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
166.今西 正樹, 井口 道代, 冨田 紀子, ツナピ パナギオタ, 松永 慎司, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
血管リモデリングにおける平滑筋由来hypoxia-inducible factor-1αの役割,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
167.Mizuho Ogoshi, Yuki Izawa-Ishizawa, Sakiko Doi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
血管平滑筋細胞において無機リンによる石灰化シグナルにはRho-kinaseおよびcyclophilin Aが関与する,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), Mar. 2015.
168.池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ビリルビンの血管新生促進作用の検討,
第44回 日本心脈管作動物質学会, 2015年2月.
169.野田 和克, 東 桃代, 西迫 寛隆, 伏谷 秀治, 佐藤 雅美, 畑 美智子, 石澤 啓介, 西岡 安彦 :
真菌感染BUNDLEの徳島大学病院での活用について,
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
170.池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ビリルビンは血管内皮細胞を活性化させて,虚血後血管新生を促進する,
第24回 循環薬理学会, 2014年12月.
171.石澤 有紀, 石澤 啓介, 長尾 朋子, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 細岡 真由子, 高田 真衣, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
新規薬剤誘発性大動脈解離モデルを用いたスタチンの効果の検討,
第24回 循環薬理学会, 2014年12月.
172.小中 健, 櫻田 巧, 柴田 高洋, 岡田 直人, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 :
大腸がんにおけるEGFR抗体薬による低マグネシウム血症の発現状況および発現因子に関する検討,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 297, 2014年11月.
173.鈴木 杏奈, 田中 里奈, 小中 健, 岡田 直人, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 :
放射線併用化学療法(シスプラチン)における腎障害の危険因子の探索,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 296, 2014年11月.
174.坂東 佐奈子, 櫻田 巧, 泉 侑希, 小中 健, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 石澤 啓介 :
胸膜癒着術におけるユニタルクとビシバニールの副作用の比較,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 296, 2014年11月.
175.坂東 左奈子, 櫻田 巧, 泉 侑希, 小中 健, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 石澤 啓介 :
胸膜癒着術におけるユニタルクとピシバニールの副作用の比較,
第53回中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
176.櫻田 巧, 柿内 聡司, 堀ノ内 裕也, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 西岡 安彦, 石澤 啓介 :
ペメトレキセドによる発疹に関与する因子の同定とステロイド追加投与の有効性の検討,
第53回中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
177.山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 川崎 彩, 山岡 朋美, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ヒト腎糸球体内皮細胞における亜硝酸塩によるAMPK-eNOS活性化経路の検討,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
178.川崎 彩, 宮本 理人, 山岡 朋美, 山根 萌, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎 :
交感神経系刺激による肝臓の糖代謝および脂質代謝の制御におけるAMPKの意義,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
179.山岡 朋美, 宮本 理人, 川崎 彩, 山根 萌, 高橋 梨恵, 石澤 啓介, 宮島 凛, 重永 章, 大髙 章, 土屋 浩一郎 :
Leptinによる骨格筋培養細胞での代謝制御作用におけるSIRT1の役割,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
180.森山 耕太, 宮髙 紘輔, 小林 真也, 松田 実紗, 岡田 直人, 川添 和義, 石澤 啓介 :
高脂肪食負荷ラットを用いたキクイモの新規機能性探索研究,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 157, 2014年11月.
181.村上 明希, 辻 弥生, 松田 実紗, 岡田 直人, 川添 和義, 石澤 啓介 :
ヒト腸管上皮細胞において枳実,陳皮抽出物がP糖タンパク質を介した薬物の排出に与える影響,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 156, 2014年11月.
182.長尾 朋子, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
HMG-CoA 還元酵素阻害薬の大動脈解離に対する効果,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
183.小原 佑介, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈瘤形成に対する新規抗酸化薬の効果,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
184.山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 川崎 彩, 山岡 朋美, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩による AMPK-eNOS 経路活性化,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
185.柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 :
PCR を用いた病院内のMRSA の動向調査,
第53回中国四国支部学術大会(広島), 2014年11月.
186.鈴木 杏奈, 田中 里奈, 小中 健, 岡田 直人, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 :
放射線併用化学療法(シスプラチン)における腎障害の危険因子の探索,
2014年11月.
187.長尾 朋子, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離に対するピタバスタチンの効果,
第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月.
188.山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ヒト腎糸球体内皮細胞におけるAMPK-eNOS経路の活性化,
第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月.
189.池田 康将, 今尾 瑞季, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄による骨格筋萎縮メカニズムの検討,
日本鉄バイオサイエンス学会 第38回学術集会, 2014年9月.
190.宮本 理人, 渡辺 勝志, 土橋 有希, 山根 萌, 田岡 千明, 松下 剛史, 笠原 真一郎, 神谷 昌樹, 石澤 啓介, 阿部 真治, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖オリゴグリセロールを用いた難水溶性化合物の物性,薬物動態,薬効の改善,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014, 2014年8月.
191.小原 佑介, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは大動脈瘤の形成を抑制する,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2014, 2014年8月.
192.戸谷 紘基, 石澤 啓介, 小原 佑介, 長尾 朋子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管内皮障害を介する新規大動脈解離モデルの作製,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2014, 2014年8月.
193.山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩による AMPK-eNOS 経路活性化,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2014, 2014年8月.
194.山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩によるAMPK-eNOS経路活性化,
生体機能と創薬シンポジウム 2014, 2014年8月.
195.矢野 友章, 宮本 理人, 竹之熊 和也, 福田 恵介, 津田 勝範, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
食事による血中NOレベル変動の検討,
第249回徳島医学会, 2014年7月.
196.小原 佑介, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
薬剤誘導性大動脈瘤モデルに対するニトロソニフェジピンの効果,
第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年6月.
197.池田 康将, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
アンジオテンシンIIは鉄吸収制御と生体内鉄分布変化に関与する,
第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年6月.
198.宮本 理人, 渡邊 勝志, 田岡 千秋, 土橋 有希, 松下 剛史, 石澤 啓介, 阿部 真治, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖オリゴグリセロール修飾による疎水性化合物の物性,薬物動態および薬効の改善,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
199.土橋 有希, 阿部 真治, 宮本 理人, 松下 剛史, 片桐 彩人, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
新規水溶性Paclitaxelの肺癌に対する抗腫瘍効果の検討,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
200.中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討-プロダクトからの分析,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
201.今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 石澤 有紀, 池田 康将, 山野 範子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管リモデリングにおける低酸素誘導因子HIF-1αの役割,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
202.木平 孝高, Ariunzaya Burentogtokh, 伊藤 麻里, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腸管L細胞のグルカゴン様ペプチド-1分泌に対する低酸素の影響,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
203.石澤 啓介, 石澤 有紀, 山野 範子, 布 あさ美, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンはeNOS非依存的に内皮障害を伴う腎障害の進展を抑制する,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
204.宮本 理人, 山根 萌, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩による腎保護作用および糖脂質代謝改善作用におけるAMPKの意義,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
205.今尾 瑞季, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
206.池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
アンジオテンシンIIは十二指腸鉄輸送体発現とマクロファージ鉄量を増加させる,
第43回日本心脈管作動物質学会, 2014年2月.
207.石澤 啓介 :
生活習慣病と薬物療法の基礎知識,
栄養改善指導支援事業 地域活動実践栄養士研修会, 2014年2月.
208.山脇 早穂, 佐藤 佑太, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
リチウム定量にあたえる共存物質の影響,
第37回徳島県医学検査学会, 2013年12月.
209.佐藤 佑太, 山脇 早穂, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
セスキテルペンラクトン誘導体の鉄依存ラジカル生成過程の解明,
第37回徳島県医学検査学会, 2013年12月.
210.今西 正樹, 冨田 修平, 黒部 裕嗣, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
薬剤誘導性大動脈瘤モデルにおける平滑筋由来hypoxia-inducible factor-1αの役割,
第23回日本循環薬理学会, 2013年12月.
211.石澤 啓介 :
生活習慣病∼その主な薬剤と栄養管理∼,
徳島県栄養士会 スキルアップ&有床診療所研修会, 2013年12月.
212.木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
肥満に伴う脂肪組織炎症に対する低酸素誘導因子の役割,
第124回日本薬理学会近畿部会, 2013年11月.
213.布 あさ美, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 櫻田 巧, 今西 正樹, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ニトロソニフェジピンは血管内皮機能を改善することで糖尿病性腎症の進展を抑制する,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
214.鈴木 雄太, 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
平滑筋由来HIF-1 αがアンジオテンシンII 誘発血管リモデリングに関与するメカニズム,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
215.村上 正樹, 前田 悠作, 冨田 修平, 今西 正樹, 木平 孝高, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管傷害モデルに伴う血管リモデリングにおける骨髄由来細胞のHIF1 αの役割,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
216.三宅 真理子, 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
脂肪細胞の低酸素誘導因子欠損による耐糖能改善メカニズムの解析,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
217.中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
218.池田 康将, 田島 壮一郎, 今尾 瑞季, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
フェリチンの炎症惹起作用,
第37回日本鉄バイオサイエンス学会, 2013年9月.
219.村上 正樹, 冨田 修平, 前田 悠作, 今西 正樹, 山野 範子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管傷害モデルに伴う血管リモデリング形成過程には,傷害部位に動員される骨髄由来細胞のHIFが関与する,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2013, 2013年8月.
220.山野 範子, 石澤 啓介, 小堀 浩幸, 漆原 真樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病性腎症における腎内局所アンジオテンシノーゲンに対するニトロソニフェジピンの効果,
第123回日本薬理学会近畿部会, 2013年7月.
221.今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αがangiotensinⅡ誘発血管リモデリング形成に関与するメカニズムの解析,
第34回日本炎症・再生医学会, 2013年7月.
222.石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 櫻田 巧, 今西 正樹, 布 あさ美, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは血管内皮保護作用を示して糖尿病性腎症進展を抑制する,
第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
223.今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレスに起因する心腎血管障害の克服を目指す新規治療薬開発,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
224.土屋 浩一郎, 池田 康将, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 宮本 理人, 山野 範子, 玉置 俊晃 :
糖尿病に対する鉄の関与とキレート療法,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
225.宮本 理人, 渡邊 勝志, 河野 舞, 冨田 洋介, 松下 剛史, 服部 初彦, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖オリゴグリセロール修飾によるフェノフィブラートの物性および薬物動態,薬効の改善,
日本若学会第133年会, 2013年3月.
226.今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Hypoxia-inducible factor-1a; in vascular smooth muscle cells contributes to AT1 receptor expression in angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
227.伊藤 麻里, 木平 孝高, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
Secretion of glucagon-like peptide-1 from Intestinal L cell in hypoxia,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
228.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
The influence of angiotensin II on duodenal iron absorption,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
229.池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Bovine lactoferrin stimulated angiogenesis in response to ischemic hindlimb,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
230.石澤 有紀, 石澤 啓介, 土肥 紗希子, 今西 正樹, 櫻田 巧, 山野 範子, 小原 祐介, 長尾 朋子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Y-27632, a rho-kinase inhibitor, inhibits inorganic phosphate-induced ERK1/2 phosphorylation and ALP activity in vascular smooth muscle cells,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
231.大園 伊織, 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
The Effects of Iron chelatoion against Renal Fibrosis in Unilateral Ureteral Obstruction Mice Model,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
232.保科 耀司, 木平 孝高, 冨田 修平, 三宅 真理子, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Adipocyte-specific hypoxia-inducible factor-1alpha knockout stimulated GLP-1 and insulin secretions in mice,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
233.Noriko Yamano, Keisuke Ishizawa, Shoko Fujii, Asami Nuno, Masaki Imanishi, Takumi Sakurada, Yuta Suzuki, Furi Endo, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine on the diabetic nephropathy with the endothelial dysfunction,
第86回日本薬理学会年会, Mar. 2013.
234.Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Low Iron Diet Limits Development of Diabetic Nephropathy In db/db Mice,
第77回日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
235.石澤 有紀, 石澤 啓介, 山野 範子, 櫻田 巧, 今西 正樹, 藤井 聖子, 布 あさ美, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは血管内皮細胞障害を伴う糖尿病性腎症の進展を抑制する,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
236.田島 壮一郎, 池田 康将, 榎本 英明, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄制限食によってdb/dbマウスの糖尿病性腎症進展は抑制される,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
237.土肥 紗希子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 小原 祐介, 長尾 朋子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
無機リン刺激による血管平滑筋細胞石灰化におけるRho-kinaseの関与,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
238.木平 孝高, 冨田 修平, 三宅 真理子, 保科 耀司, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
脂肪細胞特異的低酸素誘導因子欠損マウスに観察される耐糖能の改善にはglucagon-like peptide-1が関与する,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
239.石澤 啓介, 今西 正樹, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
Angiotensin II慢性投与はhypoxia-inducible factor-1αを介して血管リモデリングを惹起する,
第33回日本臨床薬理学会学術総会, 2012年12月.
240.今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αがangiotensinⅡ誘発血管リモデリング形成に寄与するメカニズムの解析,
第22回日本循環薬理学会, 2012年11月.
241.池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄吸収機構におけるAngiotensinⅡの効果の検討,
第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月.
242.藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 山野 範子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Nifedipine 光分解産物であるnitrosonifedipine は糖尿病性腎症進展を抑制する,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
243.Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells,
第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
244.今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
血管平滑筋細胞におけるHIF-1αのangiotensinⅡ誘発血管リモデリング形成およびAT1受容体発現への関与;平滑筋特異的HIF-1α遺伝子欠損マウスを用いた検討 The Role of HIF-1α in angiotensin Ⅱ-induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Vascular Smooth Muscle Cells,
第35回日本高血圧学会総会, 2012年9月.
245.石澤 啓介 :
循環器疾患における酸化ストレス制御を基盤とする創薬研究,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012, 2012年9月.
246.布 あさ美, 石澤 啓介, 藤井 聖子, 櫻田 巧, 山野 範子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病性腎症進展に対するニトロソニフェジピンの抑制作用,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012, 2012年9月.
247.今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングにおける血管平滑筋細胞内HIFシグナルの解析,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012, 2012年9月.
248.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
十二指腸からの鉄吸収に対するAngiotensinⅡの影響,
第36回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2012年9月.
249.渡邊 勝志, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 河野 舞, 田岡 千明, 松下 剛史, 神谷 昌樹, 服部 初彦, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖グリセロールオリゴマーによるフェノフィブラートの物性および薬物動態の改善,
生体機能と創薬シンポジウム2012, 2012年8月.
250.前田 悠作, 冨田 修平, 村上 正樹, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管傷害モデルに伴う血管リモデリング形成過程には,傷害部位に動員される骨髄由来細胞のHIFが関与する,
第121回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
251.今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
平滑筋特異的hypoxia-inducible factor-1α欠損がangiotensin II誘発血管リモデリング形成に及ぼす影響,
第121回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
252.石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 藤井 聖子, 石澤 有紀, 宮本 理人, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipine はangiotensin II 誘発のマウス血管リモデリングを改善する,
第65回日本酸化ストレス学会学術集会, 2012年6月.
253.藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病モデルマウスにおいてニトロソニフェジピンは腎症の進展を抑制する,
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
254.宮本 理人, 河野 舞, 中川 剛夫, 服部 初彦, 吉富 康亮, 石澤 啓介, 吉村 好之, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖グリセロール修飾による新規水溶性プロブコール誘導体の開発と耐糖能改善作用のメカニズム,
第55回日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
255.柏田 良樹, JIN Meina, 柴山 恵美子, 和田 悠, 石澤 啓介, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 井端 和郎 :
スダチ(Citrus sudachi)果皮の有効利用に関する研究 (5) ―3-O-Feruloyl aldaric acid 1,4-lactone methyl esterの立体構造について―,
日本薬学会第132年会, No.2, 189, 2012年3月.
256.三宅 真理子, 木平 孝高, 平田 愛美, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
脂肪細胞における低酸素誘導因子1a欠損は高脂肪食負荷による耐糖能異常の発現を抑制する,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
257.濱野 修一, 香川 葉子, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
セスキテルペンラクトン誘導体の鉄依存ラジカル生成機構の検討,
日本薬学会大132年会, 2012年3月.
258.布 あさ美, 石澤 啓介, 藤井 聖子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
2型糖尿病性腎症に対するニトロソニフェジピンの効果,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
259.宮本 理人, 河野 舞, 中川 剛夫, 服部 初彦, 吉富 康亮, 石澤 啓介, 吉村 好之, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖グリセロール修飾による新規水溶性プロブコール誘導体の開発と耐糖能改善作用のメカニズム,
日本薬学会年会, 2012年3月.
260.Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bovine Lactoferin Promotes Angiogenesis Via Akt-eNOS Dependent Pathway in Vascular Endothelial Cells,
第76回日本循環器学会学術集会, Mar. 2012.
261.榎本 英明, 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Protective effect of dietary iron restriction on diabetic nephropathy,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
262.山野 範子, 池田 康将, 阪間 稔, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Accumulated iron storage in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
263.藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 今西 正樹, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipine prevents the progression of diabetic nephropathy in type 2 diabetic mice,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
264.冨田 修平, 高久 暢, 山野 範子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Preoperative stabilization of HIF-1 by systemic introduction of dimethyloxalylglycine (DMOG), improves skin flap survival,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
265.Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
The inhibitory effects of smooth muscle cell-specific hypoxia-inducible factor-1a deficiency on angiotensin 2-induced vascular remodeling in mice,
第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
266.Manami Hirata, Yoshitaka Kihira, Mariko Miyake, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
High fat diet-induced inflammation in adipose tissues is reduced in adipocyte-specific hypoxia-inducible factor-1a knockout mice,
第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
267.宮本 理人, 河野 舞, 中川 剛夫, 服部 初彦, 吉富 康亮, 石澤 啓介, 吉村 好之, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
水溶性プロブコール誘導体による新たなメカニズムを介した耐糖能およびインスリン感受性の改善,
第244回徳島医学会学集会, 2012年2月.
268.石澤 啓介, 藤井 聖子, 布 あさ美, 石澤 有紀, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineは2型糖尿病モデルマウスにおける腎症進展を抑制する,
第41回心脈管作動物質学会, 2012年2月.
269.木平 孝高, 三宅 真理子, 平田 愛美, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
肥満に伴う耐糖能異常の発現に対する脂肪細胞の低酸素誘導因子の役割,
第41回心脈管作動物質学会, 2012年2月.
270.Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The alternation of iron metabolism in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第34回日本分子生物学会年会, Dec. 2011.
271.池田 康将, 榎本 英明, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病腎症進展における鉄除去の効果,
腎と高血圧update, 2011年12月.
272.高久 暢, 冨田 修平, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 中西 秀樹, 玉置 俊晃 :
PHD阻害剤の虚血皮弁生存拡大に対する効果,
第21回日本循環薬理学会, 2011年12月.
273.谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αはangiotensinⅡ誘発血管リモデリングの形成に関与する,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
274.櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 谷口 順平, 藤井 聖子, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 宮本 理人, 木平 孝高, 土屋 浩一郎, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
マウス血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
275.今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発性血管リモデリングは平滑筋特異的HIF-1α遺伝子欠損により抑制される,
第34回日本高血圧学会総会, 2011年10月.
276.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
肥満の脂肪組織における鉄の役割,
第35回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2011年9月.
277.櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 谷口 順平, 藤井 聖子, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineによるマウス血管リモデリング抑制機構の解明,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2011, 2011年8月.
278.今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
Hypoxia-inducible factor-1a in vascular smooth muscle cells contributes to the development of angiotensin -induced vascular remodeling,
第43回日本動脈硬化学会 総会・学術集会, 2011年7月.
279.谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 久次米 敏秀, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
動脈硬化におけるhypoxia-inducible factor-1αの新規治療標的分子としての可能性,
医療薬学フォーラム2011/第19回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2011年7月.
280.今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensisⅡ誘発血管リモデリングは血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αを介して形成される,
第119回日本薬理学会近畿部会, 2011年7月.
281.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
ヒト腎糸球体血管内皮細胞において細胞内遊離鉄はangiotensin ⅡによるICAM-1の発現を増強する,
第54回日本腎臓学会学術集会, 2011年6月.
282.池田 康将, 田島 壮一郎, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄除去薬による糖尿病の病態改善効果の検討,
第84回日本内分泌学会学術集会, 2011年4月.
283.Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron elimination ameliorated glucose tolerance through suppression of oxidative stress and inflammation on fat in diabetic mice,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
284.Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Masataka Sata, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin cofactor II enhances vascular endothelial cells function and angiogenesis,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
285.Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The alternation of iron transport-related genes in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
286.Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
bFGF and insulin differentially regulate hypoxia-inducible factor-1 alpha in adipocytes,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
287.Yayoi Fukuhara, Shuhei Tomita, Masahisa Urata, Yoshitaka Kihira, Mitsuru Takaku, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Role of HIF-1b in endothelial cells in monocrotaline-induced pulmonary hypertension,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
288.Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Sumiko Yoshida, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes revascularization via endothelial cells activation,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
289.Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Erika Tominaga, Junpei Taniguchi, Shoko Fujii, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a photodegrative metabolite of nifedipine, improves angiotensin -induced vascular remodeling,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
290.Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Angiotensin -induced vascular remodeling is surpressed in smooth muscle cell-specific hypoxia-inducible factor-1a deficient mice,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
291.今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineによる血管リモデリング抑制効果の検討,
日本薬学会第131回年会, 2011年3月.
292.堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
Nitrosonifedipine の細胞保護効果に関する検討,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
293.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
294.櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
295.池田 康将, 田島 壮一郎, 吉田 守美子, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マウス下肢虚血モデルにおいて鉄キレート剤Deferoxamineは酸化ストレスとアポトーシスを抑制する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
296.山野 範子, 池田 康将, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
高脂肪食負荷肥満マウスにおける鉄吸収動態の検討,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
297.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
298.櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
299.今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングにおけるhypoxia-inducible factor-1αの役割,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
300.池田 康将, 田島 壮一郎, 吉田 守美子, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Deferoxamine, an iron chelator, enhances angiogenesis through Akt-eNOS-dependent pathway in endothelial cells,
第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
301.Yuuko Imamura, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
HIF-2/ARNT control hair differentiation by up-regulating p21Waf1/Cip1,
第33回日本分子生物学会年会, Dec. 2010.
302.木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
脂肪細胞における塩基性繊維芽細胞増殖因子による低酸素誘導因子誘導とそれを介した糖輸送担体発現誘導,
第118回日本薬理学会近畿部会, 2010年11月.
303.石澤 啓介, 中西 智子, 柴田 洋文, 阿部 真治, 杉村 真由美, 奥村 千恵子, 吉村 好之, 佐藤 陽一, 新垣 尚捷, 川添 和義, 東 満美, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 山﨑 哲男, 水口 和生 :
徳島大学における薬学部・薬剤部連携による病院実務実習の実践,
第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月.
304.富永 えりか, 石澤 啓介, 今西 正樹, 櫻田 巧, 谷口 順平, 藤井 聖子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 阿部 真治, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
アンジオテンシンII による血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの影響,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
305.石澤 啓介 :
腎・心血管障害における細胞内分子機構解明とその治療法の開発,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
306.田島 壮一郎, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄キレート剤 deferoxamine は内皮細胞活性化により血管新生を促進する,
第20回日本循環薬理学会, 2010年11月.
307.土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
亜硝酸塩由来血中NO動態に与える経口鉄の影響,
第22回腎とフリーラジカル研究会, 2010年10月.
308.今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 櫻田 巧, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Angiotensin II による血管平滑筋細胞の遊走および増殖に対するnifedipine代謝物の抑制作用とそのメカニズム,
第33回日本高血圧学会, 2010年10月.
309.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
2型糖尿病モデルマウスに対する鉄キレート剤による糖尿病改善効果の検討,
第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2010年9月.
310.藤井 聖子, 石澤 啓介, 今西 正樹, 富永 えりか, 桜田 巧, 谷口 順平, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2010, 2010年9月.
311.冨田 修平, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
動脈硬化に伴う血管リモデリングに対してT細胞のHIF-1 は抑制的に機能する.,
第31回日本炎症再生医学会, 2010年8月.
312.今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nifedipine代謝物によるangiotensin II 誘発血管平滑筋細胞遊走及び増殖に対する抑制作用,
第117回日本薬理学会近畿部会, 2010年7月.
313.石澤 啓介, 今西 正樹, Erika Tminaga, 堀ノ内 裕也, Takumi Sakurada, Zyunpei Taniguchi, Seiko Fujii, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Nifedipine代謝物はangiotensinⅡによる血管平滑筋細胞遊走および増殖を抑制する,
第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月.
314.池田 康将, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 高石 喜久, 玉置 俊晃 :
徳島県名産スダチ果皮の抗生活習慣病作用,
第83回日本薬理学会年会 シンポジウム「 肥満の栄養ゲノミクスと薬理ゲノミクス」, 2010年3月.
315.石澤 啓介, 吉栖 正典, Dortsuren Naruantungalag, 今村 優子, 池田 康将, 寺尾 純二, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチンの生体内代謝と動脈硬化予防効果,
第83回 日本薬理学会年会シンポジウム「健康食品の薬理学」, 2010年3月.
316.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
KK-Ay マウスにおける鉄キレート剤Deferoxamineによる糖尿病病態改善効果の検討,
第83回 日本薬理学会, 2010年3月.
317.福原 弥生, 冨田 修平, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 :
T細胞のHIF-1aは,動脈硬化に伴う血管リモデリングを抑制的に制御する,
第39回日本心脈管作動物質学会, 2010年2月.
318.池田 康将, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
鉄キレート剤 Deferoxamine の血管新生左葉―マウス下肢虚血モデルにおける検討―,
第39回日本心脈管作動物質学会, 2010年2月.
319.富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 川添 和義, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
Angiotensin IIによる血管平滑筋細胞遊走に対するnifedipine代謝物の影響,
第30回日本臨床薬理学会年会, 2009年12月.
320.富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 山﨑 有希子, 木平 孝高, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
ニフェジピン代謝物はアンジオテンシンⅡ誘発血管平滑筋細胞遊走を抑制する,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
321.山﨑 有希子, 石澤 啓介, 富永 えりか, 谷口 順平, 櫻田 巧, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
アンジオテンシンⅡによる血管平滑筋細胞遊走・増殖における細胞内鉄の関与,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
322.福原 弥生, 冨田 修平, 浦田 将久, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
モノクロタリン誘導肺高血圧症モデルマウスにおける 血管内皮細胞の低酸素応答因子(HIF-1b)の役割,
第116回 日本薬理学会近畿部会, 2009年6月.
323.木平 孝高, 御園生 裕明, 石澤 啓介, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
電位依存性Kチャネル Kv2.1とKv2.2の相互作用,
第115回 日本薬理学会近畿部会, 2009年6月.
324.田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 堀ノ内 裕也, 冨田 修平, 石澤 啓介, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
Angiotensin IIによるヒト腎糸球体血管内皮細胞(HGEC)内における鉄動態の検討,
日本薬学会129年会, 2009年3月.
325.廣永 有沙, 石澤 啓介, 山崎 有希子, 野瀬 文乃, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
オルメサルタンはPDGF誘導メサンギウム細胞遊走をAT1受容体非依存的に抑制する,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 189, 2008年11月.
326.田岡 千明, 土屋 浩一郎, 神谷 昌樹, 根本 尚夫, 石澤 啓介, 山口 邦久, 滝口 祥令, 玉置 俊晃 :
水溶性Fenofibrate製剤の作成と中性脂肪低下作用の検討,
第111回 日本薬理学会近畿部会, 81, 2007年6月.
327.松村 敏彦, 宮本 由加里, 黒川 ふみ, 阿部 真治, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 川添 和義, 水口 和生 :
ラット強制水泳試験における漢方薬の抗うつ作用の検討,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 125, 2006年10月.
328.平 広範, 石澤 啓介, 廣永 有沙, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
血管内皮細胞障害におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬の保護効果,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 102, 2006年10月.
329.南 有紀, 塩田 直青子, 池原 敏孝, 庄野 正行, 石澤 啓介, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 阿部 真治, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 :
ウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす変動磁界の影響,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 76, 2006年10月.
330.川添 和義, 松村 敏彦, 黒川 ふみ, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
ラット強制水泳試験による漢方薬の抗うつ作用評価,
第109回日本薬理学会近畿部会, 30, 2006年6月.
331.安田 裕美, 坂東 美和, 細井 英司, 井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 :
ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果,
第29回徳島県医学検査学会抄録集, 27, 2005年12月.
332.西迫 寛隆, 石澤 啓介, 溝口 徹也, 桐野 靖, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
結核病棟薬剤管理指導におけるワークシートの活用とNSTとの連携,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 190, 2005年11月.
333.富永 樹, 黒川 ふみ, 石澤 啓介, 鳥井 真由美, 大山 真由美, 胡田 順子, 濱野 修一, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 :
アスピリンと非ステロイド性消炎鎮痛薬のヒト血小板凝集能へ及ぼす併用効果,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 136, 2005年11月.
334.三木 智重子, 石澤 啓介, 松村 敏彦, 木宿 昌俊, 川添 和義, 水口 和生 :
アルドステロンはBig MAP kinase 1 (BMK1)活性化を介してラット平滑筋細胞を増殖させる,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 115, 2005年11月.
335.佐々木 ひろみ, 南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 石澤 啓介, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 :
牛副腎髄質由来細胞内の一過性Ca2+増加機構に対する磁界の影響,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 126, 2005年11月.
336.井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 安田 裕美, 板東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 :
抗血小板薬におけるヒト血小板内Ca2+濃度の変動と凝集の抑制,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
337.杉本 理香, 石澤 啓介, 平 広範, 勝部 紗和子, 桐野 靖, 川添 和義, 水口 和生 :
ラットメサンギウム細胞の遊走および増殖に対するアディポネクチンの作用とそのメカニズム,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.

その他・研究会:

1.池田 裕美子, 斎藤 尚子, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
ケルセチンによる血管保護効果の検討,
西日本医学生学術フォーラム(第5回医学研究学生フォーラム), 2016年12月.
2.座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた新規循環器治療薬の探索研究,
第23回大阪市大フォーラム, 2016年8月.
3.津田 勝範, 宮本 理人, 森本 悠里, 濱野 修一, 石澤 啓介, 木平 考高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
鉄過剰ストレスに対するニトロソニフェジピン(NO-NIF)の抗酸化メカニズム検討,
徳島医学会, 2015年8月.
4.石澤 啓介 :
酸化ストレス制御で循環器疾患と戦う,
薬学部だより, Vol.13, 4, 2014年1月.
5.石澤 啓介 :
「縁」と「和」が生むvirtuous cycle,
日本薬理学雑誌, Vol.141, No.3, 179, 2013年3月.
6.石澤 啓介 :
酸化ストレスと生活習慣病(4) 脂質異常症,
県薬だより-情報とくしま-, Vol.73, 23-25, 2012年9月.
7.石澤 啓介 :
酸化ストレスと生活習慣病(3) 糖尿病,
県薬だより-情報とくしま-, Vol.72, 12-14, 2012年6月.
8.石澤 啓介 :
酸化ストレスと生活習慣病(2) 高血圧,
県薬だより-情報とくしま-, Vol.71, 36-38, 2012年3月.
9.石澤 啓介 :
酸化ストレスと生活習慣病(1) 酸化ストレスの基礎,
県薬だより-情報とくしま-, Vol.70, 20-22, 2011年12月.
10.石澤 啓介 :
服薬指導ケーススタディー HPNの支援,
Clinical Pharmacist, Vol.56, 6-7, 2006年6月.
11.水口 和生, 石澤 啓介 :
Interview 薬剤業務の周辺,
カレントファーマシー, Vol.22, 5-6, 2004年12月.
12.水口 和生, 石澤 啓介 :
適切な栄養療法をサポートする NSTにおける薬剤師の役割,
GSKファーマシストジャーナル, Vol.7, 4-6, 2004年11月.
13.石澤 啓介 :
栄養サポートチーム(NST)における薬剤師の役割,
徳島県病薬会誌, Vol.73, 25-26, 2004年.

報告書:

1.石澤 啓介 :
米国における臨床薬剤師教育制度および卒後教育制度の研究,
厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究推進事業, 809-828, 2005年3月.
2.吉栖 正典, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インスリン抵抗性に対するロサルタンおよびロサルタンと運動の併用による効果-モデルラットを用いたin vivoでの検討-,
第17回 健康医科学 研究助成論文集, No.17, 124-134, 東京, 2002年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 医療ビッグデータと新規モデル動物を応用した大動脈解離発症の病態解明と予防法開発 (研究課題/領域番号: 18K06686 )
  • 血管内皮障害を基盤とする新規大動脈解離モデルの開発と分子病態の解明 (研究課題/領域番号: 15K07967 )
  • HIF-1αによるレニン-アンジオテンシン系の制御が動脈硬化形成に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 25860063 )
  • 食餌性由来亜硝酸塩によるAMPK活性化機構の解明 (研究課題/領域番号: 25460332 )
  • 血管リモデリングにおける HIF-1α の機能解析及び病態生理学的意義の解明 (研究課題/領域番号: 23790298 )
  • 糖尿病性腎症モデルラットにおける亜硝酸塩による腎保護作用の検討 (研究課題/領域番号: 22590241 )
  • 血管内皮細胞における低酸素シグナルによる炎症誘発性応答機構の解明 (研究課題/領域番号: 19590281 )
  • 神経細胞の生理機能におよぼす通信領域の高周波電磁波の影響 (研究課題/領域番号: 19510032 )
  • 亜硝酸由来の新しい一酸化窒素産生系の生理的・病態生理的役割の解明 (研究課題/領域番号: 17390066 )
  • 研究者番号(60398013)による検索