検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域医科学部門病理系疾患病理学
徳島大学医学部医学科生体防御腫瘍医学講座疾患病理学分野
徳島大学医科学教育部医学専攻生体防御腫瘍医学講座
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. 高松 直子, 大崎 裕亮, 山﨑 博輝, 黒田 一駿, 小川 博久, 上原 久典, 常山 幸一, 野寺 裕之, 和泉 唯信 :
腕神経叢エコー検査が契機となって悪性腫瘍が診断できた1例,
神経超音波医学, Vol.33, No.2, 36-40, 2020年.
(DOI: 10.2301/neurosonology.33.36,   CiNii: 130007908511)
2. Hiroyasu Okazaki, Seidai Satou, Kazuya Koyama, Shun Morizumi, Shuichi Abe, Momoyo Azuma, Yajuan Chen, Hisatsugu Goto, Yoshinori Aono, Hirohisa Ogawa, Kozo Kagawa, Haruka Nishimura, Hiroshi Kawano, Yuko Toyoda, Hisanori Uehara, Hiroyuki Kouji and Yasuhiko Nishioka :
The novel inhibitor PRI-724 for Wnt/β-catenin/CBP signaling ameliorates bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice.,
Experimental Lung Research, Vol.45, No.7, 188-199, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113984,   DOI: 10.1080/01902148.2019.1638466,   PubMed: 31298961,   Elsevier: Scopus)
3. Kazuya Koyama, Hisatsugu Goto, Shun Morizumi, Kozo Kagawa, Haruka Nishimura, Seidai Satou, Hiroshi Kawano, Yuko Toyoda, Hirohisa Ogawa, Sakae Homma and Yasuhiko Nishioka :
The Tyrosine Kinase Inhibitor TAS-115 Attenuates Bleomycin-induced Lung Fibrosis in Mice.,
American Journal of Respiratory Cell and Molecular Biology, Vol.60, No.4, 478-487, 2019.
(DOI: 10.1165/rcmb.2018-0098OC,   PubMed: 30540913)
4. Masami Kishi, Yoshinori Aono, Seidai Satou, Kazuya Koyama, Momoyo Azuma, Shuichi Abe, Hiroshi Kawano, Jun Kishi, Yuko Toyoda, Hiroyasu Okazaki, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara and Yasuhiko Nishioka :
Blockade of platelet-derived growth factor receptor-β, not receptor-α ameliorates bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice.,
PLoS ONE, Vol.13, No.12, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113268,   DOI: 10.1371/journal.pone.0209786,   PubMed: 30596712)
5. Yuishin Izumi, Ryosuke Miyamoto, Koji Fujita, Yuki Yamamoto, Hirotsugu Yamada, Tomoyasu Matsubara, Yuki Unai, Ai Tsukamoto, Naoko Takamatsu, Hiroyuki Nodera, Shinya Hayashi, Masaya Oda, Atsuko Mori, Yoshihiko Nishida, Shunsuke Watanabe, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Shigeo Murayama, Masataka Sata and Ryuji Kaji :
Distinct Incidence of Takotsubo Syndrome Between Amyotrophic Lateral Sclerosis and Synucleinopathies: A Cohort Study.,
Frontiers in Neurology, Vol.9, 1099, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113228,   DOI: 10.3389/fneur.2018.01099,   PubMed: 30619056)
6. Kazuchika Nishitsuji, Syunsuke Watanabe, Jinzhong Xiao, Ryosuke Nagatomo, Hirohisa Ogawa, Takaaki Tsunematsu, Hitomi Umemoto, Yuki Morimoto, Hiroyasu Akatsu, Koichi Inoue and Koichi Tsuneyama :
Effect of coffee or coffee components on gut microbiome and short-chain fatty acids in a mouse model of metabolic syndrome.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114533,   DOI: 10.1038/s41598-018-34571-9,   PubMed: 30385796)
7. Hirohisa Ogawa, Masahiko Azuma, Takaaki Tsunematsu, Yuuki Morimoto, Mayo Kondo, Toshifumi Tezuka, Yasuhiko Nishioka and Koichi Tsuneyama :
Neutrophils induce smooth muscle hyperplasia via neutrophil elastase-induced FGF-2 in a mouse model of asthma with mixed inflammation.,
Clinical and Experimental Allergy, Vol.48, No.12, 1715-1725, 2018.
(DOI: 10.1111/cea.13263,   PubMed: 30171733)
8. Mayo Kondo, Hirokazu Ogino, Hirohisa Ogawa, Tania Afroj, Yuko Toyoda, Satoshi Sakaguchi, Miki Tsuboi, Yoshimi Bando, Hisatsugu Goto, Koichi Tsuneyama and Yasuhiko Nishioka :
A case of pulmonary pleomorphic carcinoma with malignant phenotypes induced by ZEB1-associated epithelial-mesenchymal transition.,
Respiratory Medicine Case Reports, Vol.25, 119-121, 2018.
(DOI: 10.1016/j.rmcr.2018.07.008,   PubMed: 30112272)
9. Atsuro Saijo, Hisatsugu Goto, Nakano Mayuri, Mitsuhashi Atsushi, Yoshinori Aono, Masaki Hanibuchi, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Kazuya Kondo and Yasuhiko Nishioka :
Bone marrow-derived fibrocytes promote stem cell-like properties of lung cancer cells.,
Cancer Letters, Vol.421, 17-27, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111437,   DOI: 10.1016/j.canlet.2018.02.016,   PubMed: 29448000,   Elsevier: Scopus)
10. Koichi Tsuneyama, Kazuchika Nishitsuji, Minoru Matsumoto, Tomoko Kobayashi, Yuki Morimoto, Takaaki Tsunematsu and Hirohisa Ogawa :
Animal models for analyzing metabolic syndrome-associated liver diseases.,
Pathology International, Vol.67, No.11, 539-546, 2017.
(DOI: 10.1111/pin.12600,   PubMed: 29027308)
11. Seidai Satou, Shinohara Shintaro, Hayashi Shinya, Morizumi Shun, Abe Shuichi, Okazaki Hiroyasu, Chen Yanjuan, Hisatsugu Goto, Yoshinori Aono, Hirohisa Ogawa, Koyama Kazuya, Nishimura Haruka, Hiroshi Kawano, Yuko Toyoda, Hisanori Uehara and Yasuhiko Nishioka :
Anti-fibrotic efficacy of nintedanib in pulmonary fibrosis via the inhibition of fibrocyte activity.,
Respiratory Research, Vol.18, No.1, 172, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114546,   DOI: 10.1186/s12931-017-0654-2,   PubMed: 28915889,   Elsevier: Scopus)
12. Syunsuke Watanabe, Tetsuyuki Takahashi, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Takaaki Tsunematsu, Hayato Baba, Yuki Morimoto and Koichi Tsuneyama :
Daily Coffee Intake Inhibits Pancreatic Beta Cell Damage and Nonalcoholic Steatohepatitis in a Mouse Model of Spontaneous Metabolic Syndrome, Tsumura-Suzuki Obese Diabetic Mice.,
Metabolic Syndrome and Related Disorders, Vol.15, No.4, 170-177, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113349,   DOI: 10.1089/met.2016.0114,   PubMed: 28358620)
13. Koichi Tsuneyama, Hayato Baba, Yuki Morimoto, Takaaki Tsunematsu and Hirohisa Ogawa :
Primary Biliary Cholangitis: Its Pathological Characteristics and Immunopathological Mechanisms.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1.2, 7-13, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111056,   DOI: 10.2152/jmi.64.7,   PubMed: 28373632)
14. Tetsuyuki Takahashi, Takeshi Nishida, Hayato Baba, Hideki Hatta, Johji Imura, Mitsuko Sutoh, Syunji Toyohara, Ryoji Hokao, Syunsuke Watanabe, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara and Koichi Tsuneyama :
Histopathological characteristics of glutamine synthetase-positive hepatic tumor lesions in a mouse model of spontaneous metabolic syndrome (TSOD mouse).,
Molecular and Clinical Oncology, Vol.5, No.2, 267-270, 2016.
(DOI: 10.3892/mco.2016.924,   PubMed: 27446562)
15. Akira Takashima, Shusuke Yagi, Koji Yamaguchi, Eri Takagi, Tamotsu Kanbara, Hirohisa Ogawa, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
Vegetation in the coronary sinus that concealed the presence of a coronary arteriovenous fistula in a patient with infectious endocarditis.,
International Journal of Cardiology, Vol.207, 266-268, 2016.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2016.01.057,   PubMed: 26808990,   Elsevier: Scopus)
16. 沖 良祐, 内野 彰子, 和泉 唯信, 小川 博久, 村山 繁雄, 梶 龍兒 :
約14年の経過でポストポリオ症候群が広範に進行した1剖検例,
臨床神経学, Vol.56, No.1, 12-16, 2016年.
(DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-000761,   PubMed: 26616485,   CiNii: 130005122645,   Elsevier: Scopus)
17. Toshifumi Tezuka, Hirohisa Ogawa, Masahiko Azuma, Hisatsugu Goto, Hisanori Uehara, Yoshinori Aono, Masaki Hanibuchi, Yamaguchi Yoichi, Fujikawa Tomoyuki, Itai Akiko and Yasuhiko Nishioka :
IMD-4690, a novel specific inhibitor for plasminogen activator inhibitor-1, reduces allergic airway remodeling in a mouse model of chronic asthma via regulating angiogenesis and remodeling-related mediators,
PLoS ONE, Vol.10, No.3, e0121615, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109460,   DOI: 10.1371/journal.pone.0121615,   PubMed: 25785861,   Elsevier: Scopus)
18. Hirohisa Ogawa, G Julie Ledford, Sambuddho Mukherjee, Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, J James Lee, Keisuke Izumi and W John Hollingsworth :
Surfactant protein D attenuates sub-epithelial fibrosis in allergic airways disease through TGF-β.,
Respiratory Research, Vol.15, 143, 2014.
(DOI: 10.1186/s12931-014-0143-9,   PubMed: 25472740)
19. Hisanori Uehara, Tetsuyuki Takahashi, Mina Oha, Hirohisa Ogawa and Keisuke Izumi :
Exogenous fatty acid binding protein 4 promotes human prostate cancer cell progression.,
International Journal of Cancer, Vol.135, No.11, 2558-2568, 2014.
(DOI: 10.1002/ijc.28903,   PubMed: 24740818,   Elsevier: Scopus)
20. Akifumi Honjo, Hirohisa Ogawa, Masahiko Azuma, Toshifumi Tezuka, Saburo Sone, Arya Biragyn and Yasuhiko Nishioka :
Targeted reduction of CCR4 cells is sufficient to suppress allergic airway inflammation.,
Respiratory Investigation, Vol.51, No.4, 241-249, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 105964,   DOI: 10.1016/j.resinv.2013.04.007,   PubMed: 24238232)
21. Hideki Makino, Yoshinori Aono, Momoyo Azuma, Masami Kishi, Yuki Yokota, Katsuhiro Kinoshita, Akio Takezaki, Jun Kishi, Hiroshi Kawano, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi, Saburo Sone and Yasuhiko Nishioka :
Antifibrotic effects of CXCR4 antagonist in bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 127-137, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106047,   DOI: 10.2152/jmi.60.127,   PubMed: 23614921)
22. Seidai Satou, Masaki Hanibuchi, Takuya Kuramoto, Nodoka Yamamori, Hisatsugu Goto, Hirohisa Ogawa, Atsushi Mitsuhashi, The Trung Van, Souji Kakiuchi, Shin-ichi Akiyama, Yasuhiko Nishioka and Saburo Sone :
Macrophage stimulating protein promotes liver metastases of small cell lung cancer cells by affecting the organ microenvironment.,
Clinical & Experimental Metastasis, Vol.30, No.3, 333-344, 2012.
(DOI: 10.1007/s10585-012-9540-y,   PubMed: 23011677,   Elsevier: Scopus)
23. Takuya Kuramoto, Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Sho Tabata, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Atsuro Saijo, Souji Kakiuchi, Yoichi Maekawa, Koji Yasutomo, Masaki Hanibuchi, Shin-ichi Akiyama, Saburo Sone and Yasuhiko Nishioka :
Dll4-Fc, an inhibitor of Dll4-Notch signaling, suppresses liver metastasis of small cell lung cancer cells through down-regulation of NF-kappa-B activity,
Molecular Cancer Therapeutics, Vol.11, No.12, 2578-2587, 2012.
(DOI: 10.1158/1535-7163.MCT-12-0640,   PubMed: 22989420)
24. Adel Gomaa Mohammed Gabr, Hisatsugu Goto, Masaki Hanibuchi, Hirohisa Ogawa, Takuya Kuramoto, Minako Suzuki, Atsuro Saijo, Souji Kakiuchi, Van The Trung, Satoshi Sakaguchi, Yoichiro Moriya, Saburo Sone and Yasuhiko Nishioka :
Erlotinib prevents experimental metastases of human small cell lung cancer cells with no epidermal growth factor receptor expression,
Clinical & Experimental Metastasis, Vol.29, No.3, 207-216, 2012.
(DOI: 10.1007/s10585-011-9443-3,   PubMed: 22170031)
25. Yoshinori Aono, Julie G. Ledford, Sambuddho Mukherjee, Hirohisa Ogawa, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone, Michael F. Beers, Paul W. Noble and Jo Rae Wright :
Surfactant protein-D regulates effector cell function and fibrotic lung remodeling in response to bleomycin injury.,
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, Vol.185, No.5, 525-536, 2012.
(DOI: 10.1164/rccm.201103-0561OC,   PubMed: 22198976)
26. Hirohisa Ogawa, Masahiko Azuma, Hisanori Uehara, Tetsuyuki Takahashi, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone and Keisuke Izumi :
Nerve growth factor derived from bronchial epithelium afer chronic mite antigen exposure contributes to airway hyperresponsiveness by inducing hyperinnervaiton, and is inhibited by in vivo siRNA.,
Clinical and Experimental Allergy, Vol.42, No.3, 460-470, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1365-2222.2011.03918.x,   PubMed: 22168511)
27. Ezar Hafez, Tetsuyuki Takahashi, Tokiko Nakai, Hirohisa Ogawa, Makoto Sato, Chie Takasu, Hisanori Uehara and Keisuke Izumi :
High susceptibility to zymbal gland and intestinal carcinogenesis in diabetic Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats.,
Journal of Toxicologic Pathology, Vol.24, No.4, 187-193, 2011.
(DOI: 10.1293/tox.24.187,   PubMed: 22319230)
28. Tetsuyuki Takahashi, Hirohisa Ogawa, Keisuke Izumi and Hisanori Uehara :
The solubla EP2 receptor FuEP2/Ex2 suppresses endometrial cancer cell growth in an orthotopic xenograft model in nude mice,
Cancer Letters, Vol.306, No.1, 67-75, 2011.
(DOI: 10.1016/j.canlet.2011.02.033,   PubMed: 21419570)
29. Avirmed Shiirevnyamba, Tetsuyuki Takahashi, Hongchao Shan, Hirohisa Ogawa, Seiji Yano, Hiro-omi Kanayama, Keisuke Izumi and Hisanori Uehara :
Enhancement of osteoclastogenic activity in osteolytic prostate cancer cells by physical contact with osteoblasts,
British Journal of Cancer, Vol.104, No.3, 505-513, 2011.
(DOI: 10.1038/sj.bjc.6606070,   PubMed: 21206493)
30. Hirohisa Ogawa, Masahiko Azuma, S Muto, Yasuhiko Nishioka, A Honjo, T Tezuka, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi, A Itai and Saburo Sone :
IκB kinase β inhibitor IMD-0354 suppresses airway remodelling in a Dermatophagoides pteronyssinus-sensitized mouse model of chronic asthma,
Clinical and Experimental Allergy, Vol.41, No.1, 104-115, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1365-2222.2010.03564.x,   PubMed: 20573155,   Elsevier: Scopus)
31. Tsuchigauchi Takeshi, Tetsuyuki Takahashi, Ohnishi Takamasa, Hirohisa Ogawa, Yoshimi Bando, Hisanori Uehara, Takizawa Tamatsu, Kaneda Shinya, Nakai Tokiko, Hiroshi Shiota and Keisuke Izumi :
Low susceptibility to N-ethyl-N-nitrosourea-induced transplacental carcinogenesis in Long-Evans Cinnamon (LEC) rats,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3-4, 93-98, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111314,   DOI: 10.2152/jmi.56.93,   PubMed: 19763020)
32. Akemi Sugita, Hirohisa Ogawa, Masahiko Azuma, Susumu Muto, Akifumi Honjo, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kenji Tani, Akiko Itai and Saburo Sone :
Antiallergic and anti-inflammatory effects of a novel IκB kinase β inhibitor, IMD-0354, in a mouse model of allergic inflammation.,
International Archives of Allergy and Immunology, Vol.148, No.3, 186-198, 2008.
(DOI: 10.1159/000161579,   PubMed: 18849610)
33. Hirohisa Ogawa, Shizuka Inoue, Fumitaka Ogushi, Hideo Ogura and Yoichi Nakamura :
Toluene diisocyanate (TDI) induces production of inflammatory cytokines and chemokines by bronchial epithelial cells via the epidermal growth factor receptor and p38 mitogen-activated protein kinase pathways.,
Experimental Lung Research, Vol.32, No.6, 245-262, 2006.
(DOI: 10.1080/01902140600817515,   PubMed: 16908450)

総説・解説:

1. 常山 幸一, 尾矢 剛志, 小川 博久, 松本 穣, 佐竹 宣法 :
【自己免疫性肝疾患-自己免疫性肝炎,原発性胆汁性胆管炎,原発性硬化性胆管炎-】発症機序,病理 自己免疫性肝炎 自己免疫性肝炎の病理(解説/特集),
日本臨牀, Vol.78, No.1, 65-70, 2020年1月.
2. 常山 幸一, 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小林 智子, 小川 博久, 西辻 和親, 山下 理子 :
肝臓病理所見のとり方とその解釈,
法医病理, Vol.25, No.1, 1-12, 2019年7月.
3. Yoichiro Kawashita, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Shin-ichiro Yamada, Jun Higashijima, Satoru Imura, Hirohisa Ogawa, Toshiyuki Yagi and Mitsuo Shimada :
Loss of Fbxw7 expression is a predictor of recurrence in colorectal liver metastasis.,
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, Vol.24, No.10, 576-583, Oct. 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110995,   DOI: 10.1002/jhbp.500,   PubMed: 28846828)
4. 竹内 麻由美, 松崎 健司, 原田 雅史, 小川 博久, 上原 久典 :
[画像診断と病理] 胎盤分葉状解離性平滑筋腫,
画像診断, Vol.34, No.3, 252-253, 2014年2月.
5. 松崎 健司, 竹内 麻由美, 原田 雅史, 小川 博久, 上原 久典 :
[画像診断と病理] 尿膜管癌(粘液性腺癌),
画像診断, Vol.34, No.2, 138-139, 2014年1月.
6. 小川 博久 :
NGFと気道過敏性,
臨床免疫·アレルギー科, Vol.53, No.6, 631-637, 2010年6月.
(CiNii: 40017206590)

国際会議:

1. Mayuko Ichimura, Hirohisa Ogawa, Minoru Matsumoto and Koichi Tsuneyama :
Establishment of a novel dietary-induced mouse model showing steatohepatitis with severe fibrosis,
UEG Week 2019, Barcelona, Oct. 2019.
2. Koyama Kazuya, Kagawa Kozo, Nishimura Haruka, Hiroshi Kawano, Yuko Toyoda, Hisatsugu Goto, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara and Yasuhiko Nishioka :
Novel Multi-tyrosine Kinase Inhibitor TAS-115 Attenuates Bleomycin-induced Pulmonary Fibrosis In Mice.,
ATS 2018 International Conference, San Diego, May 2018.
3. Yuko Toyoda, Morizumi Shun, Seidai Satou, Okazaki Hiroyasu, Chen Yanjuan, Hisatsugu Goto, Hirohisa Ogawa, Nishimura Haruka, Koyama Kazuya, Hiroshi Kawano, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara and Yasuhiko Nishioka :
Role of Fibroblast Growth Factor/Fibroblast Growth Factor Receptor Signal in Bleomycin-Induced Pulmonary Fibrosis in Mice.,
ATS 2017 International Conference, Washington, D.C., May 2017.
4. S Morizumi, S Sato, Shinji Abe, H Okazaki, C Yanjuan, Hisatsugu Goto, Masaki Hanibuchi, Yoshinori Aono, Hirohisa Ogawa, Masaki Hanibuchi, Hisanori Uehara and Yasuhiko Nishioka :
Anti-fibrotic efficacy of nintedanib on pulmonary fibrosis via suppression of fibrocyte activity.,
ERS2016 International Conference, Sep. 2016.
5. Koichi Tsuneyama, Ryosuke Bessho, Masahiro Miki, Hayato Baba, Tetsuyuki Takahashi, Hirohisa Ogawa and Hisanori Uehara :
Hyperinsulinemia, not hyperglycemia accelerates the progression of hepatocellular carcinoma in neonatal streptozotocin induced mouse model,
Annual meeting, American Association for the study of the Liver, Nov. 2015.
6. Hisatsugu Goto, Mitsuhashi Atsushi, Atsuro Saijo, Yoshinori Aono, Hirokazu Ogino, Hirohisa Ogawa, Souji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi and Yasuhiko Nishioka :
The role of fibrocytes in the resistance to anti-angiogenic therapy in malignant pleural mesothelioma and lung cancer,
International Conference of Cancer Immunotherapy and Macrophages 2015, Tokyo, Jul. 2015.
7. Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Atsuro Saijo, Trung The Van, Yoshinori Aono, Hirohisa Ogawa, Soji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Seiji Yano, Keisuke Izumi and Yasuhiko Nishioka :
The role of fibrocytes in the resistance to anti-angiogenic therapy in malignant pleural mesothelioma and lung cancer,
ATS 2014 International Conference (Mini-symposium), San Diego, CA, May 2014.
8. Hirohisa Ogawa, Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka and Keisuke Izumi :
Surfactant Protein D Attenuates Sub-Epithelial Fibrosis In A Model Of Allergic Airways Disease Trough Regulation Of TGF-,
San Francisco, May 2013.
9. Takuya Kuramoto, Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Sho Tabata, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Atsuro Saijo, Souji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Yoichi Maekawa, Koji Yasutomo, Shin-ichi Akiyama, Saburo Sone and Yasuhiko Nishioka :
Dll4-Fc, an inhibitor of Dll4-notch signaling, suppresses liver metastasis of small cell lung cancer cells through down-regulation of NF-kappa-B activity,
14th International Biennial Congress of the Metastasis Research Society, Brisbane, Sep. 2012.
10. Takuya Kuramoto, Hisatsugu Goto, Atsushi Mitsuhashi, Sho Tabata, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Seidai Sato, Souji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Yoichi Maekawa, Koji Yasutomo, Shin-ichi Akiyama, Saburo Sone and Yasuhiko Nishioka :
Dll4-Fc, an inhibitor of Dll4-notch signaling, suppresses liver metastasis of small cell lung cancer cells through down-regulation of NF-kappa-B activity,
AACR Annual Meeting 2012, Chicago, Apr. 2012.
11. Hirohisa Ogawa, Naoki Nishimura, Yoichi Nakamura, Yasuhiko Nishioka, Masahiko Azuma, Mari Miki, Fumitaka Ogushi and Saburo Sone :
Functionl analysis of human bronchial epithelial cell transduced with IL-12 gene by adenovirus vector,
American thoracic society (ATS) 2001 97th International Conference, San Francisco, May 2001.

国内講演発表:

1. 吉田 光輝, 近藤 和也, 大谷 環樹, 小川 博久, 宮本 直輝, 竹原 恵美, 髙嶋 美佳, 松本 大資, 河北 直也, 坪井 光弘, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 丹黒 章 :
呼吸器外科の癌免疫療法研究-CMT167マウス肺癌細胞株同所移植モデルマウスの確立に向けて-,
第37回日本呼吸器外科学会学術集会(Web開催), 2020年9月.
2. 市村 真祐子, 平 修, 松本 穣, 尾矢 剛志, 小川 博久, 常山 幸一 :
イメージング質量分析によるNASH線維化肝で増加する脂質の同定,
第109回日本病理学会総会, 2020年7月.
3. 市村 真祐子, 平 修, 松本 穣, 尾矢 剛志, 小川 博久, 常山 幸一 :
NASH線維化肝におけるpathogen lipidsの同定,
第260回徳島医学会学術集会, 2020年2月.
4. 吉田 光輝, 小川 博久, 湯浅 将生, 竹原 恵美, 宮本 直輝, 高嶋 美佳, 松本 大資, 河北 直也, 坪井 光弘, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章 :
定量的三次元CT解析から上皮内癌,微小浸潤癌を予測できるか,
第60回日本肺癌学会学術集会, 2019年12月.
5. 常山 幸一, 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小川 博久 :
自然発症メタボリックシンドローム-NASH-HCCモデルマウスにおけるプレバイオティクスによる腸内細菌叢への介入効果の検討,
第30回日本消化器癌発生学会総会, 2019年11月.
6. 吉田 光輝, 小川 博久, 湯浅 将生, 鈴木 恵美, 宮本 直輝, 高嶋 美佳, 松本 大資, 河北 直也, 坪井 光弘, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章 :
上皮内癌,微小浸潤癌の三次元画像解析,
第72回日本胸部外科学会定期学術集会, 2019年10月.
7. 尾矢 剛志, 松本 穣, 香川 典子, 山下 理子, 小川 博久, 常山 幸一 :
小腸腫瘍の1例,
日本病理学会中国四国支部学術集会 第130回スライドカンファレンス, 2019年10月.
8. 小川 博久, 吾妻 雅彦, 梅野 彩, 室富 和俊, 近藤 真代, 坂東 弘基, 常山 幸一, 西岡 安彦 :
気管支喘息における一重項酸素酸化ストレスは気道過敏性を亢進させる,
第68回日本アレルギー学会学術大会, 2019年6月.
9. 三橋 惇志, 飛梅 亮, 荻野 広和, 近藤 真代, 豊田 優子, 後東 久嗣, 吉田 光輝, 小川 博久, 軒原 浩, 西岡 安彦 :
肺多形癌における上皮間葉転換 (EMT)の検討,
第120回日本内科学会四国地方会, 2019年5月.
10. 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 小川 博久, 大曲 勝久, 常山 幸一 :
非アルコール性脂肪肝炎モデルマウスにおける肝線維化発症とコレステロール貪食マクロファージの関連,
第108回日本病理学会総会, 2019年5月.
11. 岡﨑 弘泰, 佐藤 正大, 森住 俊, 小山 壱也, 小川 博久, 香川 耕造, 西村 春佳, Yajuan Chen, 青野 純典, 阿部 秀一, 東 桃代, 後東 久嗣, 河野 弘, 豊田 優子, 上原 久典, 小路 弘行, 西岡 安彦 :
ブレオマイシン肺線維症マウスモデルにおけるWnt/B-カテニン/CBPシグナル阻害薬PRI-724による抗線維化効果の検討,
第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年4月.
12. 尾矢 剛志, 松本 穣, 小川 博久, 常山 幸一 :
胃病変,
日本病理学会中国四国支部学術集会 第128回スライドカンファレンス, 2019年2月.
13. 近藤 真代, 小川 博久, 手塚 敏史, 坂東 弘基, 吾妻 雅彦, 西岡 安彦 :
気管支喘息におけるリゾフォスファチジン酸(LPA)の役割とその阻害効果についての検討,
第1回日本アレルギー学会中国・四国支部地方会, 2019年2月.
14. 坂東 弘基, 近藤 真代, 宮城 亮, 荻野 広和, 飛梅 亮, 尾矢 剛志, 小川 博久, 河野 弘, 豊田 優子, 軒原 浩, 吾妻 雅彦, 後東 久嗣, 西良 浩一, 西岡 安彦 :
エイの刺創後に発症した皮膚Mycobacterium massiliense症の一例,
第69回日本結核病学会中国四国支部会, 2018年12月.
15. 吉田 光輝, 小川 博久, 湯浅 康弘, 滝沢 宏光, 鈴木 恵美, 山田 亮, 高嶋 美佳, 松本 大資, 澤田 徹, 河北 直也, 坪井 光弘, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 近藤 和也, 丹黒 章 :
CTでの充実径計測は妥当か,上皮内癌,微小浸潤癌におけるVINCENT3D解析と病理像の比較,
第59回日本肺癌学会総会, 2018年11月.
16. 常山 幸一, 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小川 博久 :
異なる系統で作成したストレプトゾトシン誘導肝細胞癌モデルマウスの病態比較,
第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月.
17. 森本 友樹, 小川 博久, 尾矢 剛志, 常山 幸一 :
液状化検体細胞診における迅速質量分析の有用性,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.57, No.Suppl.2, 585, 2018年10月.
18. 近藤 真代, 坂東 弘基, 香川 耕造, 西村 春佳, 小山 壱也, 佐藤 正大, 豊田 優子, 吾妻 雅彦, 小川 博久, 後東 久嗣, 西岡 安彦 :
リゾフォスファチジン酸を標的にしたアレルギー性気道炎症制御についての検討,
第257回徳島医学会学術集会, 2018年8月.
19. 市村 真祐子, 西辻 和親, 清水 金忠, 小川 博久, 常松 貴明, 梅本 ひとみ, 森本 友樹, 赤津 裕康, 井之上 浩一, 常山 幸一 :
TSODマウスにおけるNAFLDの発症およびコーヒーの投与による腸内細菌叢および短鎖脂肪酸プロファイルの変化,
第5回肝臓と糖尿病・代謝研究会, 2018年7月.
20. 國重 道大, 米田 浩人, 河野 弘, 西條 敦郎, 飛梅 亮, 近藤 真代, 坂東 弘基, 小川 博久, 軒原 浩, 後東 久嗣, 西岡 安彦 :
腸型肺腺癌の1例,
第57回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会, 2018年7月.
21. 近藤 真代, 手塚 敏史, 小川 博久, 吾妻 雅彦, 西岡 安彦 :
リゾフォスファチジン酸を標的にしたアレルギー性気道炎症制御についての検討,
第67回日本アレルギー学会学術大会, 2018年6月.
22. 小川 博久, 吾妻 雅彦, 近藤 真代, 西岡 安彦 :
神経成長因子(NGF)の難治性喘息における気道過敏性亢進に対する役割とそのメカニズム,
第67回日本アレルギー学会学術大会, 2018年6月.
23. 飛梅 亮, 荻野 広和, Tania Afroj, 後東 久嗣, 軒原 浩, 吉田 光輝, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 小川 博久, 常山 幸一, 西岡 安彦 :
上皮間葉転換 (EMT)が肺多形癌の悪性化に寄与する可能性についての検討.,
第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年4月.
24. 小川 博久, 吾妻 雅彦, 近藤 真代, 手塚 敏史, 西岡 安彦 :
IL-17/好中球は気道粘膜接着分子を障害しFGF-2産生を介した気道平滑筋肥厚を誘導する,
第66回日本アレルギー学会学術大会, 2017年6月.
25. 近藤 真代, 手塚 敏史, 小川 博久, 吾妻 雅彦, 西岡 安彦 :
リゾフォスファチジン酸はアレルギー性気道炎症の誘導に関与している,
第66回日本アレルギー学会学術大会, 2017年6月.
26. 常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 小川 博久, 常山 幸一, 石丸 直澄 :
胎児性癌細胞におけるユビキチンプロテアソーム経路による未分化性維持機構,
第106回日本病理学会総会, Vol.106, 2017年4月.
27. 手塚 敏史, 小川 博久, 近藤 真代, 豊田 優子, 佐藤 正大, 後東 久嗣, 岸 潤, 吾妻 雅彦, 埴淵 昌毅, 西岡 安彦 :
ダニ抗原誘導性のアレルギー性気道炎症および気道リモデリングはPAR-2 antagonistの投与により抑制される,
第57回日本呼吸器学会学術講演会, 2017年4月.
28. 杉谷 鮎美, 高橋 立成, 甲斐 幸樹, 市村 真祐子, 平 修, 川口 誠, 小川 博久, 常松 貴明, 常山 幸一, 野本 一博, 常山 幸一 :
A case of lipid-rich carcinoma of the breast with numerous hyaline globules(和訳中),
日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 492-493, 2017年3月.
29. 常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 小川 博久, 常山 幸一, 石丸 直澄 :
胎児性癌細胞におけるユビキチンプロテアソーム経路による未分化性維持機構,
日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 356, 2017年3月.
30. 常山 幸一, 渡邊 俊介, 高橋 徹行, 馬場 逸人, 森本 友樹, 常松 貴明, 小川 博久 :
自然発症メタボリックシンドローム-NASHモデル動物を用いた少量のコーヒー摂取による病態抑制効果の検討,
日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 441, 2017年3月.
31. 小川 博久, 常松 貴明, 森本 友樹, 常山 幸一 :
IL-17/好中球は気道粘膜上皮透過性を増加させFGF-2産生を介した気道平滑筋肥厚を誘導する,
日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 474, 2017年3月.
32. 小川 博久, 常松 貴明, 森本 友樹, 常山 幸一 :
IL-17/好中球は気道粘膜上皮透過性を増加させFGF-2産生を介した気道平滑筋肥厚を誘導する,
日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 474, 2017年3月.
33. 杉谷 鮎美, 高橋 立成, 甲斐 幸樹, 市村 真祐子, 平 修, 川口 誠, 小川 博久, 常松 貴明, 常山 幸一, 野本 一博, 常山 幸一 :
A case of lipid-rich carcinoma of the breast with numerous hyaline globules(和訳中),
日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 492-493, 2017年3月.
34. 甲斐 幸樹, 常松 貴明, 杉谷 鮎美, 高橋 立成, 小川 博久, 森本 友樹, 常山 幸一 :
コーヒーに含まれるクロロゲン酸(5-カフェオイルキナ酸:5-CQA)の抗腫瘍効果の検討,
日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 513, 2017年3月.
35. 川下 陽一郎, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 東島 潤, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 小川 博久 :
転移性肝癌におけるFbxw7低発現は再発予測因子である.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
36. 手塚 敏史, 小川 博久, 近藤 真代, 吾妻 雅彦, 豊田 優子, 佐藤 正大, 岡崎 弘泰, 河野 弘, 岸 潤, 後東 久嗣, 埴淵 昌毅, 西岡 安彦 :
RAS阻害剤 (XRP44X) を用いた喘息モデルマウスにおける検討,
第56回日本呼吸器学会学術講演会, 2016年4月.
37. 常山 幸一, 小川 博久, 常松 貴明, 上原 久典 :
新生児期ストレプトゾトシン投与4CS系マウスは通常食飼育によって持続高血糖なしに肝腫瘍を発症する,
日本病理学会会誌, Vol.105, No.1, 384, 2016年4月.
38. 小川 博久, 常松 貴明, 上原 久典, 常山 幸一 :
ダニ抗原経鼻感作はIL-17/好中球を増加させ平滑筋肥厚を伴う気道リモデリングを誘導する,
日本病理学会会誌, Vol.105, No.1, 386, 2016年4月.
39. 上原 久典, 小川 博久, 常松 貴明, 常山 幸一 :
前立腺癌細胞の骨内増殖におけるlipolysis stimulated lipoprotein receptorの役割,
日本病理学会会誌, Vol.105, No.1, 466, 2016年4月.
40. 常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 小川 博久, 上原 久典, 石丸 直澄, 常山 幸一 :
染色体パッセンジャー複合体タンパク質Borealinのユビキチン分解の意義とその癌化への関与,
日本病理学会会誌, Vol.105, No.1, 548, 2016年4月.
41. 良祐 別所, 常松 貴明, 小川 博久, 上原 久典, 常山 幸一 :
自然発症2型糖尿病モデルマウスにおける膵島の外分泌腺組織への変化がβ細胞の機能不全に果たす役割,
日本病理学会会誌, Vol.105, No.1, 595, 2016年4月.
42. 和泉 唯信, 塚本 愛, 澤村 正典, 山本 伸昭, 織田 雅也, 小川 博久, 瓦井 俊孝, 佐田 政隆, 宇高 不可思, 梶 龍兒 :
たこつぼ型心筋症を合併した筋萎縮性側索硬化症の2例,
第2回日本心血管脳卒中学会学術集会, 2015年6月.
43. 手塚 敏史, 小川 博久, 豊田 優子, 竹﨑 彰夫, 佐藤 正大, 岡﨑 弘泰, 吉嶋 輝実, 後東 久嗣, 埴淵 昌毅, 西岡 安彦 :
Plasminogen Activator Inhibitor-1阻害剤 (IMD-4690) の慢性喘息モデルマウスにおける検討,
第55回日本呼吸器学会学術講演会, 2015年4月.
44. 岩坂 麻衣子, 佐藤 正大, 荻野 広和, 坂口 暁, 豊田 優子, 中野 万有里, 森住 俊, 小川 博久, 柿内 聡司, 後東 久嗣, 埴淵 昌毅, 西岡 安彦 :
Idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis (IPPFE) における間質性肺炎マーカーの検討,
第112回日本内科学会講演会, 2015年4月.
45. 稲垣 太造, 荻野 広和, 坂口 暁, 豊田 優子, 中野 万有里, 森住 俊, 佐藤 正大, 小川 博久, 後東 久嗣, 埴淵 昌毅, 西岡 安彦 :
Idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosisにおける間質性肺炎マーカーの検討,
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
46. 森住 俊, 佐藤 正大, 坂口 暁, 豊田 優子, 岸 昌美, 小川 博久, 柿内 聡司, 後東 久嗣, 埴淵 昌毅, 西岡 安彦 :
Idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosisにおける間質性肺炎マーカーの検討,
第111回日本内科学会四国地方会, 2014年11月.
47. 山子 泰斗, 後東 久嗣, 三橋 敦志, 倉本 卓哉, 田畑 祥, 西條 敦郎, 柿内 聡司, 埴淵 昌毅, 小川 博久, 上原 久典, 西岡 安彦 :
ヒト小細胞肺癌骨転移に対するRANKL標的治療におけるIGF-1の関与,
第23回日本がん転移学会学術集会・総会, 2014年7月.
48. 手塚 敏史, 小川 博久, 木下 勝弘, 埴淵 昌毅, 西岡 安彦 :
O57-4 Calpain inhibitor (Calpeptin)の喘息モデルマウスにおける検討(O57 気管支喘息 病態5,口演,第63回日本アレルギー学会秋季学術大会),
アレルギー, Vol.62, No.9, 1400, 2013年10月.
(CiNii: 110009798202)
49. 小川 博久, 泉 啓介 :
Surfactant Protein Dはダニ抗原慢性暴露による気道線維化を抑制する,
2013年6月.
50. 小川 博久, 青野 純典, 手塚 敏史, 後東 久嗣, 西岡 安彦 :
Surfactant Protein Dはダニ抗原慢性暴露による気道線維化を抑制する,
2013年4月.
51. 小川 博久, 手塚 敏史, 西岡 安彦 :
Surfactant Protein Dはダニ抗原慢性暴露による気道線維化を抑制する,
2012年11月.
52. 三橋 惇志, 後東 久嗣, 倉本 卓哉, 柿内 聡司, 佐藤 正大, The Trung VAN, 西條 敦郎, 田畑 祥, 小川 博久, 上原 久典, 秋山 伸一, 西岡 安彦, Rae Jo WRIGHT, 曽根 三郎 :
肺サーファクタント蛋白SP-Aの肺がん進展における機能解析,
日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌 = Journal of Japanese Medical Society for Lung Surfactant and Biological Interface, Vol.43, 32, 2012年10月.
(CiNii: 10031123267)
53. 三橋 惇志, 後東 久嗣, 倉本 卓哉, 田畑 祥, 小川 博久, 上原 久典, 秋山 伸一, Wright Jo Rae, 曽根 三郎, 西岡 安彦 :
肺surfactant protein A(SP-A)の肺癌進展における機能解析,
第21回日本がん転移学会学術集会・総会, 2012年7月.
54. Atsushi Mitsuhashi, Hisatsugu Goto, Takuya Kuramoto, Syo Tabata, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Shin-ichi Akiyama, Jo Rae Wright, Saburo Sone and Yasuhiko Nishioka :
Surfactant protein A suppresses progression of human lung adenocarcinoma in nude mice via modulating host immune response.,
第52回日本呼吸器学会学術講演会, Apr. 2012.
55. 佐藤 正大, 後東 久嗣, 倉本 卓哉, 小川 博久, 三橋 惇志, テバン チュン, 柿内 聡司, 田畑 祥, 秋山 伸一, 西岡 安彦, 曽根 三郎 :
ヒト肺がん多臓器転移モデルにおけるMacrophage Stimulationg Proteinの役割に関する検討,
第20回日本がん転移学会学術集会, 2011年6月.
56. 後東 久嗣, アデル ガブル, 埴淵 昌毅, 倉本 卓哉, 柿内 聡司, 佐藤 正大, 田畑 祥, テバン チュン, 小川 博久, 秋山 伸一, 西岡 安彦, 曽根 三郎 :
ヒト肺癌転移モデルにおけるerlotinibの宿主介在性抗腫瘍効果の検討,
第20回日本がん転移学会学術集会, 2011年6月.
57. 倉本 卓哉, 後東 久嗣, 柿内 聡司, 小川 博久, 三橋 惇志, 田畑 祥, 佐藤 正大, 前川 洋一, 安友 康二, 西岡 安彦, 秋山 伸一, 曽根 三郎 :
小細胞肺がん転移におけるDLL4-Notchシグナルの臓器特異性に関する検討,
第15回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2011年6月.
58. 吾妻 雅彦, 本淨 晃史, 手塚 敏史, 小川 博久, 米田 和夫, 葉久 貴司, 杉田 明美, 湊 義彰, 西岡 安彦, 曽根 三郎 :
徳島県における気管支喘息患者のコントロールに関する実態調査第2報,
第23回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2011年5月.
59. 本淨 晃史, 小川 博久, 吾妻 雅彦, 手塚 敏史, 西岡 安彦, 谷 憲治, 曽根 三郎 :
P3-7 アレルギー性気道炎症モデルマウスにおけるTARC-PE38の投与効果の検討(P3 動物モデル,ポスター,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会),
アレルギー, Vol.59, No.9, 1430, 2010年10月.
(CiNii: 110008084171)
60. 手塚 敏史, 小川 博久, 吾妻 雅彦, 本淨 晃史, 西岡 安彦, 曽根 三郎 :
P3-4 喘息モデルマウスの抗原感作に対するIKKβ-NF-κB経路の影響について(P3 動物モデル,ポスター,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会),
アレルギー, Vol.59, No.9, 1429, 2010年10月.
(CiNii: 110008084168)
61. 小川 博久, 吾妻 雅彦, 本淨 晃史, 手塚 敏史, 西岡 安彦, 曽根 三郎 :
O17-2 慢性喘息モデルマウスにおける気道上皮産生NGFの気道過敏性への影響(O17 アレルギー動物モデル,口演,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会),
アレルギー, Vol.59, No.9, 1387, 2010年10月.
(CiNii: 110008083999)
62. 倉本 卓哉, 後東 久嗣, 小川 博久, 三橋 惇志, 前川 洋一, 安友 康二, 柿内 聡司, 西岡 安彦, 曽根 三郎 :
小細胞肺がん転移におけるDLL4-Notchシグナルの臓器特異性に関する検討,
第14回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2010年7月.
63. 黒部 裕嗣, 菅野 幹雄, 神原 保, 楠瀬 賢也, 小川 博久, 元木 達夫, 吉田 誉, 中山 泰介, 北市 隆, 泉 啓介, 佐田 政隆, 北川 哲也 :
前屈位にて胸苦を自覚し発見された高齢者での巨大左房腫瘍の一例,
関西胸部学会学術集会, 2010年6月.
64. 後東 久嗣, アデル ガブル, 埴淵 昌毅, 倉本 卓哉, チュン バンテ, 小川 博久, 柿内 聡司, 佐藤 正大, 飛梅 亮, 秋山 伸一, 西岡 安彦, 曽根 三郎 :
ヒト肺癌転移モデスにおけるerlotinibの宿主介在性腫瘍効果の検討.,
第19回日本がん転移学会学術集会, 2010年6月.

その他・研究会:

1. 廣瀬 憲志, 宮本 千暁, 村尾 和俊, 久保 宜明, 小川 博久, 藤本 篤夫 :
顔面に広範囲に多発した偽リンパ腫の1例,
第67回日本皮膚科学会 西部支部学術大会, 2015年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 新しい気管支喘息難治化機構の解明と臨床応用 -抗原由来の肺沈着物質Xを探る- (研究課題/領域番号: 20K10429 )
  • 慢性喘息における気道上皮産生神経成長因子の神経リモデリング誘導とその治療戦略 (研究課題/領域番号: 22790932 )
  • 気管支喘息の慢性気導炎症の病態解明とその制御 (研究課題/領域番号: 20590899 )
  • 気管支喘息におけるIκBキナーゼβの役割と分子標的治療への展開 (研究課題/領域番号: 19790685 )
  • マウスモデルを用いたリウマチ肺に対する分子標的治療法の開発 (研究課題/領域番号: 18590854 )
  • 研究者番号(50403754)による検索