検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 知能情報系 > 情報工学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 情報光システムコース > 情報工学講座 >
徳島大学 > 工学部 > 知能情報工学科 > 基礎情報工学講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > システム創生工学専攻 > 知能情報システム工学コース > 基礎情報工学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.寺尾 圭一郎, 小野 典彦, 永田 裕一 :
全プロセスによる同一集団を維持したGA-EAXの並列化,
進化計算学会論文誌, Vol.8, No.3, 100-110, 2018年.
(DOI: 10.11394/tjpnsec.8.100,   CiNii: 130006668421)
2.山吹 卓矢, 小野 典彦, 永田 裕一 :
同卓スケジューリング問題のモデル化とその動的スケジューリング,
計測自動制御学会論文集, Vol.54, No.3, 346-356, 2018年.
3.Yuichi Nagata and Isao Ono :
A Guided Local Search with Iterative Ejections of Bottleneck Operations for the Job Shop Scheduling Problem,
Computers & Operations Research, Vol.90, 60-71, 2018.
(DOI: 10.1016/j.cor.2017.09.017,   Elsevier: Scopus)
4.Yuichi Nagata :
Random Partial Neighborhood Search for the Post-Enrollment Course Timetabling Problem,
Computers & Operations Research, Vol.90, 84-96, 2018.
(DOI: 10.1016/j.cor.2017.09.014,   Elsevier: Scopus)
5.山越 幸太, 永田 裕一, 小野 功 :
TSPのためのGA-EAXにおける探索ステージ切換条件とマルチスタート戦略の提案,
計測自動制御学会論文集, Vol.52, No.4, 242-248, 2016年.
6.益富 和之, 永田 裕一, 小野 功 :
ノイズを有する関数最適化のための進化戦略,
進化計算学会論文誌, Vol.6, No.1, 1-12, 2015年.
(DOI: 10.11394/tjpnsec.6.1,   CiNii: 130005068740)
7.濱田 直希, 永田 裕一, 小林 重信, 小野 功 :
BS-AWA: Adaptive Weighted Aggregationの目的数に対するスケーラビリティの向上,
進化計算学会論文誌, Vol.5, No.1, 1-15, 2014年.
(DOI: 10.11394/tjpnsec.5.1,   CiNii: 130004965149)
8.福島 信純, 永田 裕一, 小林 重信, 小野 功 :
Distance-weighted Exponential Natural Evolution Strategyの提案と性能評価,
進化計算学会論文誌, Vol.4, No.2, 57-73, 2013年.
(DOI: 10.11394/tjpnsec.4.57)
9.Yuichi Nagata and Shigenobu Kobayashi :
A Powerful Genetic Algorithm using Edge Assembling Crossover for the Traveling Salesman Problem,
INFORMS Journal on Computing, Vol.25, No.2, 346-363, 2013.
(DOI: 10.1287/ijoc.1120.0506)
10.濱田 直希, 永田 裕一, 小林 重信, 小野 功 :
多目的連続関数最適化の解法Adaptive Weighted Aggregationの終了条件に関する一考察,
進化計算学会論文誌, Vol.4, No.1, 13-27, 2013年.
(DOI: 10.11394/tjpnsec.4.13,   CiNii: 130004965146)
11.Kazuyuki Masutomi, Yuichi Nagata and Isao Ono :
An Evolutionary Algorithm for Black-Box Chance-Constrained Function Optimization,
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.17, No.2, 272-282, 2013.
(Elsevier: Scopus)
12.上村 健人, 木下 峻一, 永田 裕一, 小林 重信, 小野 功 :
大域的多峰性関数最適化のための実数値GAの枠組みBig-valley Explorerの提案,
進化計算学会論文誌, Vol.4, No.1, 13-27, 2013年.
(DOI: 10.11394/tjpnsec.4.1,   CiNii: 130004965145)
13.Y. Akimoto, Yuichi Nagata, Isao Ono and S. Kobayashi :
Theoretical Foundation for CMA-ES from Information Geometry Perspective,
Algorithmica, Vol.64, No.4, 698-716, 2012.
(DOI: 10.1007/s00453-011-9564-8,   Elsevier: Scopus)
14.濱田 直希, 永田 裕一, 小林 重信, 小野 功 :
被覆度を考慮したマルチスタート法による多目的連続最適化,
進化計算学会論文誌, Vol.3, No.2, 31-46, 2012年.
(DOI: 10.11394/tjpnsec.3.31)
15.Yuichi Nagata and David Soler :
A new genetic algorithm for the asymmetric traveling salesman problem,
Expert Systems with Applications, Vol.39, No.10, 8947-8953, 2012.
(DOI: 10.1016/j.eswa.2012.02.029)
16.宮前 惇, 永田 裕一, 小野 功, 小林 重信 :
多峰性景観下での直接政策探索:重点サンプリングを用いたPopulation-based Policy Gradient法,
進化計算学会論文誌, Vol.2, No.1, 1-11, 2011年.
(DOI: 10.11394/tjpnsec.2.1)
17.A. Maki, Y. Akimoto, Yuichi Nagata, Nagata S. Kobayashi, E. Kobayashi, S. Shiotani, T. Ohsawa and N. Umeda :
A new weather-routing system that accounts for ship stability based on a real-coded genetic algorithm,
Journal of Marine Science and Technology, Vol.16, No.3, 311-322, 2011.
(DOI: 10.1007/s00773-011-0128-z)
18.O. Bräysy, E. Martinez, Yuichi Nagata and D. Soler :
The mixed capacitated general routing problem with turn penalties,
Expert Systems with Applications, Vol.38, No.10, 12954-12966, 2011.
(DOI: 10.1016/j.eswa.2011.04.092)
19.藤井 宏行, 永田 裕一, 小野 功, 小林 重信 :
光学的情報τを用いた移動ロボットの設計と評価,
日本ロボット学会誌, Vol.28, No.10, 1189-1200, 2010年.
20.Yuichi Nagata, O. Bräysy and W. Dullaert :
A Penalty-based Edge Assembly Memetic Algorithm for the Vehicle Routing Problem with Time Windows,
Computers & Operations Research, Vol.37, No.4, 724-737, 2010.
(DOI: 10.1016/j.cor.2009.06.022)
21.永田 裕一, 小林 重信, 東条 敏 :
効果的な局所探索制限によるMemetic Algorithmの高速化,
人工知能学会論文誌, Vol.25, No.2, 299-310, 2010年.
(DOI: 10.1527/tjsai.25.299,   CiNii: 130000259122,   Elsevier: Scopus)
22.大嶋 彈, 宮前 惇, 永田 裕一, 小林 重信, 小野 功, 佐久間 淳 :
UV構造を考慮した適応的複製選択による実数値GAの提案,
人工知能学会論文誌, Vol.25, No.2, 290-298, 2010年.
(DOI: 10.1527/tjsai.25.290,   CiNii: 130000259121,   Elsevier: Scopus)
23.秋本 洋平, 永田 裕一, 佐久間 淳, 小野 功, 小林 重信 :
実数値GAにおける生存選択モデルとしてのMGGとJGGの挙動解析,
人工知能学会論文誌, Vol.25, No.2, 281-289, 2010年.
(DOI: 10.1527/tjsai.25.281,   CiNii: 130000259120,   Elsevier: Scopus)
24.Yuichi Nagata and Olli Bräysy :
Edge Assembly based Memetic Algorithm for the Capacitated Vehicle Routing Problem,
Networks, Vol.54, No.4, 205-215, 2009.
(DOI: 10.1002/net.20333,   Elsevier: Scopus)
25.秋本 洋平, 永田 裕一, 佐久間 淳, 小野 功, 小林 重信 :
適応的実数値交叉 AREX の提案と評価,
人工知能学会論文誌, Vol.24, No.6, 446-458, 2009年.
(DOI: 10.1527/tjsai.24.446,   CiNii: 130000137880,   Elsevier: Scopus)
26.Yuichi Nagata and Olli Bräysy :
A Powerful Route Minimization heuristic for the Vehicle Routing Problem with Time Windows,
Operations Research Letters, Vol.37, No.5, 333-338, 2009.
(DOI: 10.1016/j.orl.2009.04.006,   Elsevier: Scopus)
27.永田 裕一 :
均等に個体を分散化する適応的ニッチングGAの提案,
人工知能学会論文誌, Vol.24, No.1, 92-103, 2009年.
(DOI: 10.1527/tjsai.24.92,   CiNii: 130000098273,   Elsevier: Scopus)
28.永田 裕一 :
局所的な交叉EAXを用いたGAの高速化とTSPへの適用,
人工知能学会論文誌, Vol.22, No.5, 524-552, 2007年.
(DOI: 10.1527/tjsai.22.542,   CiNii: 10022008102)
29.永田 裕一 :
局所的多様性の損失を考慮した評価関数を用いたGAのTSPへの適用,,
人工知能学会論文誌, Vol.21, No.2, 195-204, 2006年.
(DOI: 10.1527/tjsai.21.195,   CiNii: 10022006211,   Elsevier: Scopus)
30.永田 裕一, 小林 重信 :
巡回セールスマン問題に対する交叉:枝組み立て交叉の提案と評価,
人工知能学会誌, Vol.14, No.5, 848-859, 1999年.

総説・解説:

1.永田 裕一 :
多点探索アルゴリズムの基礎と最前線,
オペレーションズ・リサーチ, Vol.58, No.12, 708-715, 2013年12月.

国際会議:

1.Kazuma Masutomi, Yuichi Nagata and Isao Ono :
An Evolutionary Algorithm for Chance-Constrained Function Optimization with Implicit Constraints,
Proceedings of the International Symposium on Soft Computing sponsored by ASPIRE LEAGUE, 1-6,
2.Yuichi Nagata :
Escherization with a Distance Function Focusing on the Similarity of Local Structure,
Proceedings of the 15th International Conference on Parallel Problem Solving from Nature (PPSN 2018), LNCS 11101, 108-120, Sep. 2018.
3.Yuichi Nagata :
Population Diversity Measures Based on Variable-Order Markov Models for the Traveling Salesman Problem,
Proceedings of the 14th International Conference on Parallel Problem Solving from Nature (PPSN 2016), 973-983, Sep. 2016.
4.Yuichi Nagata and Isao Ono :
Random Partial Neighborhood Search for University Course Timetabling Problem,
Proceedings of the 13th International Conference on Parallel Problem Solving from Nature, 782-791, Sep. 2014.
5.T. Sasaki, Yuichi Nagata and Isao Ono :
Improving Estimation Accuracy of Particle Filter by Efficient Interpolation Based on Crossover,
Proceedings of the SICE Annual Conference 2014, 1216-1221, Sep. 2014.
6.Yuichi Nagata and Isao Ono :
High-Order Sequence Entropies for Measuring Population Diversity in the Traveling Salesman Problem,
Proceedings of the 13th European Conference on Evolutionary Computation in Combinatorial Optimization (EvoCOP 2013), LNCS 7832, 179-190, Sep. 2013.
7.Yuichi Nagata and Isao Ono :
An Enhancement of Edge Assembly Crossover for the Capacitated Vehicle Routing Problem,
Proceedings of the 10th Metaheuristics International Conference (MIC 2013), 243-245, Aug. 2013.
8.Kazuma Honda, Yuichi Nagata and Isao Ono :
A Parallel Genetic Algorithm with Edge Assembly Crossover for 100,000-City Scale TSPs,
Proceedings of the 2013 Congress on Evolutionary Computation (CEC 2013), 1278-1285, Jun. 2013.
9.Kazuyuki Masutomi, Yuichi Nagata and Isao Ono :
Extending Distance-weighted Exponential Natural Evolution Strategy for Function Optimization in Uncertain Environments,
Proceedings of the 2013 Congress on Evolutionary Computation (CEC 2013), 2122-2129, Jun. 2013.
10.Kazuyuki Masutomi, Yuichi Nagata and Isao Ono :
Extending Distance-weighted Exponential Natural Evolution Strategy for Function Optimization in Uncertain Environments,
Proceedings of the 2013 Congress on Evolutionary Computation (CEC 2013), 2122-2129, Jun. 2013.
11.Kento Uemura, Naotoshi Nakashima, Yuichi Nagata and Isao Ono :
A New Real-coded Genetic Algorithm for Implicit Constrained Black-box Function Optimization,
Proceedings of the 2013 Congress on Evolutionary Computation (CEC 2013), 2887-2894, Jun. 2013.
12.Ryo Miyazaki, Naoki Hamada, Yuichi Nagata and Isao Ono :
A New Pareto Frontier Covering Strategy in FS-MOGA for Multi-Objective Function Optimization,
Proceedings of the 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, 1-6, Nov. 2012.
13.Yuichi Nagata, Isao Ono and Shigenobu Kobayashi :
Memetic Algorithm using Selective Route Exchange Crossover for the Capacitated Vehicle Routing Problem,
Proceedings of the 9th Metaheuristics International Conference (MIC 2011), 329-338, Jul. 2011.
14.Kento Uemura, Shunichi Kinoshita, Yuichi Nagata, Shigenobu Kobayashi and Isao Ono :
A New Framework taking account of Multi-funnel Functions for Real-coded Genetic Algorithms,
Proceedings of the 2011 Congress on Evolutionary Computation (CEC 2011), 2091-2098, Jun. 2011.
15.Nobusumi Fukushima, Yuichi Nagata, Shigenobu Kobayashi and Isao Ono :
Proposal of Distance-weighted Exponential Natural Evolution Strategies,
Proceedings of the 2011 Congress on Evolutionary Computation (CEC 2011), 164-171, Jun. 2011.

国内講演発表:

1.石川 卓実, 永田 裕一, 小野 典彦 :
CMA-ESを用いたリカレントニューラルネットの構造と重みの同時最適化に関する実験的考察,
第46回知能システムシンポジウム資料, 2019年3月.
2.川岸 成輝, 岡田 直也, 永田 裕一, 小野 典彦 :
モンテカルロ大貧民プレイヤの自己対戦を用いた良好な棋譜データの抽出とシミュレーション方策の学習,
第46回知能システムシンポジウム資料, 2019年3月.
3.安部 昌俊, 永田 裕一, 小野 典彦 :
ゲーム木上の最善手に着目したシミュレーション方策の効果的な強化のための質の高い訓練データ生成手法の提案,
第31回自律分散システム・シンポジウム資料, 2019年1月.
4.下村 亮太, 永田 裕一, 小野 典彦 :
共進化的なCMA-ESによる対戦型ゲーム戦略の学習,
第31回自律分散システム・シンポジウム資料, 2019年1月.
5.下田平 真輝, 永田 裕一, 小野 典彦 :
構造進化型リカレントニューラルネットANS-TWEANNとその追跡問題への適用,
平成29年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会, 2018年1月.
6.芳賀 俊秀, 永田 裕一, 小野 典彦 :
ボナンザメソッドによるシミュレーション方策の学習とそのモンテカルロ大貧民への応用,
平成29年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会, 2018年1月.
7.富田 健市, 永田 裕一, 小野 典彦 :
共進化的ニッチング世代交代モデルによる対戦型ゲーム戦略の獲得,
平成29年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会, 2018年1月.
8.横井 拓矢, 下村 亮太, 永田 裕一, 小野 典彦 :
進化型ニューラルネットへの適用を考慮したニッチングGAに関する実験的考察,
平成29年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会, 2018年1月.
9.織田 雄大, 小野 典彦, 永田 裕一 :
車両配送問題における追加注文を考慮した配送計画システムの提案,
第12回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会, 2017年12月.
10.今宮 明則, 小野 典彦, 永田 裕一 :
MAを用いた絵画的迷路の自動生成,
第12回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会, 2017年12月.
11.永田 裕一 :
一般化距離尺度を用いたエッシャー風タイリング問題の網羅的解法,
計算学会進化計算シンポジウム2017, 2017年12月.
12.山吹 卓也, 小野 典彦, 永田 裕一 :
同卓スケジューリング問題のモデル化とメタ戦略を用いた近似解法の開発,
第29回自律分散システム・シンポジウム, 2017年1月.
13.田浦 拓, 小野 典彦, 永田 裕一 :
進化計算を用いた非球面カメラレンズ設計,
第29回自律分散システム・シンポジウム, 2017年1月.
14.永田 裕一 :
可変長マルコフモデルに基づく巡回セールスマン問題に対する GA の多様性指標の提案,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
15.寺尾 圭一郎, 小野 典彦, 永田 裕一 :
差分データを用いた巡回セールスマン問題のための GA-EAX の効率的並列化,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
16.西村 悠哉, 小野 典彦, 永田 裕一 :
解構造のシームレスな変異と集団の多様性維持に基づくリカレントニューラルネットの進化的設計,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
17.今宮 明則, 小野 典彦, 永田 裕一 :
GA を用いた絵画的迷路の自動生成,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
18.沖 展彰, 小野 典彦, 永田 裕一 :
実問題制約付き車両配送問題に対する配送計画システムの提案,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2016, 2016年12月.
19.齋藤 誠, 小野 典彦, 永田 裕一 :
騙し構造をもつ最適化問題への 適用を考慮したニッチングGAの提案,
計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2016, 2016年12月.
20.寺尾 圭一郎, 小野 典彦, 永田 裕一 :
大規模巡回セールスマン問題に対する交叉EAXを用いた遺伝的アルゴリズムの並列化,
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015, 2015年11月.
21.永田 裕一 :
高次の依存関係を考慮したエントロピー指標による遺伝的アルゴリズムの多様性維持,
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015, 2015年11月.
22.西野 弘将, 小野 典彦, 永田 裕一 :
多親型子個体生成手法による型付き遺伝的プログラミングの提案,
計測自動制御学会 第42回知能システムシンポジウム資料, 2015年3月.
23.堀田 駿仁, 西村 悠哉, 小野 典彦, 永田 裕一 :
構造と重みのシームレスな変異と解の多様性維持に基づく リカレントニューラルネットの進化的設計,
計測自動制御学会 第42回知能システムシンポジウム資料, 2015年3月.
24.上村 健人, 永田 裕一, 小野 功 :
非明示アクティブ制約と稜構造を考慮した実数値 GA の提案,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2014, 2014年12月.
25.永田 裕一 :
部分ランダム近傍を用いた大学時間割作成問題の解法,
進化計算学会 進化計算シンポジウム2014, 2014年12月.
26.山越 幸太, 永田 裕一, 小野 功 :
TSP のためのGA-EAX における探索ステージ切換条件に関する一検討,
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014, 2014年11月.
27.永田 裕一 :
Memetic Algorithmを用いたVehicle Routing Problemの効率的近似解法,
第11回OR学会中部支部シンポジウム, 2014年9月.
28.永田 裕一 :
多点探索の最前線,
日本オペレーションズ・リサーチ学会 2014年秋季シンポジウム, 2014年8月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 配送計画問題に対する制約指向メタ戦略システムの開発 (研究課題/領域番号: 17K00342 )
  • 多様な配送計画問題に対する自動的なメタ戦略アルゴリズム構成法の開発 (研究課題/領域番号: 25330284 )
  • 組合せ最適化問題に対する新しいメタ戦略の枠組み・逐次制約充足法の開発 (研究課題/領域番号: 22700231 )
  • 超大規模巡回セールスマン問題に対する遺伝的アルゴリズムの適用と実問題への応用 (研究課題/領域番号: 19700134 )
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた近似最適化手法の一般的設計指針と応用のための基礎的研究 (研究課題/領域番号: 14780266 )
  • 研究者番号(70334795)による検索