検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部薬学域先端薬学教育研究プロジェクト
徳島大学大学院医歯薬学研究部薬学域薬科学部門総合薬学教育学系臨床薬学実務教育学
徳島大学薬学研究科薬学専攻
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

ライフサイエンス, 医療薬学, 臨床薬理

研究テーマ

植物由来Exosome like nano-particleを利活用した新規抗神経炎症治療薬の開発 (植物由来Exosome like nano-particle, 臨床研究, トランスレーショナルリサーチ, 臨床薬理)

著書・論文

著書:

1. 川田 敬 :
血液がんの便秘重症化抑制-非刺激性下剤の使用促進で,
薬事日報, 東京, 2021年10月.
2. 川田 敬 :
薬剤師が実践すべき副作用へのロジカルアプローチ ~その症状,きちんと評価できていますか?~,
南江堂, 2021年9月.
3. 川田 敬 :
第52回ASHPミッドイヤー臨床薬学会議に参加して,
2018年12月.

学術論文(審査論文):

1. Kei Kawada, Tomoaki Ishida, Toshihiko Yoshioka, Hitoshi Fukuda, Toshinobu Hayashi, Mitsuhiro Goda and Keisuke Ishizawa :
Association of non-steroidal anti-inflammatory drug use with encephalopathy development: an analysis using the United States Food and Drug Administration Adverse Event Reporting System (FAERS) and Japanese Adverse Drug Event Report (JADER) databases,
Die Pharmazie in press, 2024.
2. Toshinobu Hayashi, Mototsugu Shimokawa, Koichi Matsuo, Kei Kawada, Takafumi Nakano and Takashi Egawa :
Efficacy of 3-day versus 5-day aprepitant regimens for long-delayed chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving cisplatin-based chemotherapy.,
Expert opinion on pharmacotherapy, Vol.24, No.18, 2221-2226, 2024.
(DOI: 10.1080/14656566.2023.2288288,   PubMed: 38009903)
3. Tomoaki Ishida, Kei Kawada, Kohei Jobu, Shumpei Morisawa, Tetsushi Kawazoe, Satomi Nishimura, Keita Akagaki, Saburo Yoshioka and Mitsuhiko Miyamura :
Exosome-like nanoparticles derived from Allium tuberosum prevent neuroinflammation in microglia-like cells.,
The Journal of pharmacy and pharmacology, Vol.75, No.10, 1322-1331, 2023.
(DOI: 10.1093/jpp/rgad062,   PubMed: 37390476)
4. Hitoshi Fukuda, Yuki Hyohdoh, Hitoshi Ninomiya, Yusuke Ueba, Tsuyoshi Ohta, Yu Kawanishi, Tomohito Kadota, Fumihiro Hamada, Naoki Fukui, Motonobu Nonaka, Kei Kawada, Maki Fukuda, Yo Nishimoto, Nobuhisa Matsushita, Yuji Nojima, Namito Kida, Satoru Hayashi, Tomohiko Izumidani, Hiroyuki Nishimura, Akihito Moriki and Tetsuya Ueba :
Impact of areal socioeconomic status on prehospital delay of acute ischaemic stroke: retrospective cohort study from a prefecture-wide survey in Japan.,
BMJ Open, Vol.13, No.8, e075612, 2023.
(DOI: 10.1136/bmjopen-2023-075612,   PubMed: 37620264,   Elsevier: Scopus)
5. Tomoaki Ishida, Shumpei Morisawa, Kohei Jobu, Kei Kawada, Saburo Yoshioka and Mitsuhiko Miyamura :
Rhizome derived exosome-like nanoparticles prevent alpha-melanocyte stimulating hormone-induced melanogenesis in B16-F10 melanoma cells.,
Biochemistry and biophysics reports, Vol.35, 2023.
(徳島大学機関リポジトリ: 119182,   DOI: 10.1016/j.bbrep.2023.101530,   PubMed: 37637942)
6. Toshinobu Hayashi, Mototsugu Shimokawa, Koichi Matsuo, Masanobu Uchiyama, Kei Kawada, Takafumi Nakano and Takashi Egawa :
Effectiveness of Palonosetron, 1-Day Dexamethasone, and Aprepitant in Patients Undergoing Carboplatin-Based Chemotherapy.,
Oncology, Vol.101, No.9, 584-590, 2023.
(DOI: 10.1159/000531318,   PubMed: 37276851)
7. T Kawazoe, T Ishida, K Jobu, Kei Kawada, S Yoshioka and M Miyamura :
Analysis of Urinary Retention Caused by Selective β 3-adrenoceptor Agonists Using the Japanese Adverse Drug Event Report Database (JADER).,
Die Pharmazie, Vol.78, No.5, 56-62, 2023.
(DOI: 10.1691/ph.2023.3509,   PubMed: 37189265)
8. Kei Kawada, Tomoaki Ishida, Kohei Jobu, Shumpei Morisawa, Motoki Nishida, Naohisa Tamura, Saburo Yoshioka and Mitsuhiko Miyamura :
Glycyrrhizae Radix suppresses lipopolysaccharide- and diazepam-induced nerve inflammation in the hippocampus, and contracts the duration of pentobarbital- induced loss of righting reflex in a mouse model.,
Journal of Natural Medicines, Vol.77, No.3, 561-571, 2023.
(DOI: 10.1007/s11418-023-01700-2,   PubMed: 37115471)
9. Naohisa Tamura, Tomoaki Ishida, Kei Kawada, Kohei Jobu, Shumpei Morisawa, Saburo Yoshioka and Mitsuhiko Miyamura :
Risk Factors for Anticancer Drug-Induced Hyponatremia: An Analysis Using the Japanese Adverse Drug Report (JADER) Database.,
Medicina (Kaunas, Lithuania), Vol.59, No.1, 2023.
(DOI: 10.3390/medicina59010166,   PubMed: 36676789)
10. 門田 亜紀, 加賀屋 陽子, 岡本 茉奈実, 上杉 粋世, 島﨑 玲可, 齋藤 展子, 山本 順子, 宅間 大祐, 藤田 博子, 川田 敬, 常風 興平, 宮村 充彦 :
薬薬連携を通じたアドレナリン自己注射手技獲得に対する評価,
日本小児臨床薬理学会雑誌 / 日本小児臨床薬理学会 [編], Vol.36, No.1, 100-106, 2023年.
(CiNii: 1520860631056559744)
11. Keita Akagaki, Aki Kadota, Tomoaki Ishida, Takaya Sagawa, Yoko Kagaya, Kei Kawada, Naohisa Tamura, Hisashi Shiraishi, Kohei Jobu, Saburo Yoshioka, Masaki Yamamoto, Mikiya Fujieda and Mitsuhiko Miyamura :
[Development and Assessment of a New Oral Selenium Fast-disintegrating Tablets].,
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.143, No.12, 1039-1046, 2023.
(DOI: 10.1248/yakushi.23-00101,   PubMed: 38044109)
12. Kei Kawada, Tomoaki Ishida, Kohei Jobu, Shumpei Morisawa, Naohisa Tamura, Shouhei Sugimoto, Masafumi Okazaki, Saburo Yoshioka and Mitsuhiko Miyamura :
Adverse Reaction Profiles Related to Gastrointestinal Bleeding Events Associated with BCR-ABL Tyrosine Kinase Inhibitors.,
Medicina (Kaunas, Lithuania), Vol.58, No.10, 2022.
(DOI: 10.3390/medicina58101495,   PubMed: 36295654)
13. Kei Kawada, Toru Kubo, Tomoaki Ishida, Kohei Jobu, Shumpei Morisawa, Tomoyuki Hamada, Yuiti Baba, Kazuya Kawai, Yoko Nakaoka, Toshikazu Yabe, Takashi Furuno, Eisuke Yamada, Hitoshi Fukuda, Tsuyoshi Ohta, Toshinobu Hayashi, Hiroaki Kitaoka and Mitsuhiko Miyamura :
Assisted Living and Medication Adherence in Super-aged Patients With Heart Failure in the Japanese Population.,
Journal of cardiovascular pharmacology, Vol.79, No.4, 467-471, 2022.
(DOI: 10.1097/FJC.0000000000001212,   PubMed: 34983904)
14. Kei Kawada, Tomoaki Ishida, Kohei Jobu, Shumpei Morisawa, Tetsushi Kawazoe, Motoki Nishida, Satomi Nishimura, Naohisa Tamura, Saburo Yoshioka and Mitsuhiko Miyamura :
Yokukansan suppresses neuroinflammation in the hippocampus of mice and decreases the duration of lipopolysaccharide- and diazepam-mediated loss of righting reflex induced by pentobarbital.,
Journal of natural medicines, Vol.76, No.3, 634-644, 2022.
(DOI: 10.1007/s11418-022-01612-7,   PubMed: 35257304)
15. Yanglan Ou, Kohei Jobu, Tomoaki Ishida, Shumpei Morisawa, Hiroko Fujita, Kei Kawada, Saburo Yoshioka and Mitsuhiko Miyamura :
Saikokeishikankyoto extract alleviates muscle atrophy in KKAy mice.,
Journal of natural medicines, Vol.76, No.2, 379-388, 2022.
(DOI: 10.1007/s11418-021-01590-2,   PubMed: 34997408)
16. Tomoaki Ishida, Kohei Jobu, Kei Kawada, Shumpei Morisawa, Tetsushi Kawazoe, Hisashi Shiraishi, Hiroko Fujita, Satomi Nishimura, Hitomi Kanno, Mitsue Nishiyama, Kazuo Ogawa, Yasuyo Morita, Kazuhiro Hanazaki and Mitsuhiko Miyamura :
Impact of Gut Microbiota on the Pharmacokinetics of Glycyrrhizic Acid in Yokukansan, a Kampo Medicine.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.1, 104-113, 2022.
(DOI: 10.1248/bpb.b21-00658,   PubMed: 34980772)
17. Shohei Sugimoto, Tomoaki Ishida, Kei Kawada, Kohei Jobu, Shumpei Morisawa, Naohisa Tamura, Daisuke Takuma, Saburo Yoshioka and Mitsuhiko Miyamura :
Central Nervous System Ischemia Associated with Bevacizumab: An Analysis of the Japanese Adverse Drug Event Report Database.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.12, 1805-1811, 2022.
(DOI: 10.1248/bpb.b22-00496,   PubMed: 36450533)
18. Kei Kawada, Tomoaki Ishida, Kohei Jobu, Tsuyoshi Ohta, Hitoshi Fukuda, Shumpei Morisawa, Tetsushi Kawazoe, Naohisa Tamura and Mitsuhiko Miyamura :
Association of Aggression and Antiepileptic Drugs: Analysis Using the Japanese Adverse Drug Event Report (JADER) Database.,
Biological & pharmaceutical bulletin, Vol.45, No.6, 720-723, 2022.
(DOI: 10.1248/bpb.b21-00954,   PubMed: 35650100)
19. Tomoaki Ishida, Kohei Jobu, Shumpei Morisawa, Kei Kawada, Saburo Yoshioka and Mitsuhiko Miyamura :
Juzentaihoto Suppresses Muscle Atrophy in KKAy Mice.,
Biological & pharmaceutical bulletin, Vol.45, No.7, 888-894, 2022.
(DOI: 10.1248/bpb.b22-00039,   PubMed: 35786596)
20. Shumpei Morisawa, Kohei Jobu, Tomoaki Ishida, Kei Kawada, Hitoshi Fukuda, Yu Kawanishi, Taku Nakayama, Shinkuro Yamamoto, Naohisa Tamura, Mitsuhiro Takemura, Nao Kagimoto, Tsuyoshi Ohta, Noritaka Masahira, Hideo Fukuhara, Shun-Ichiro Ogura, Tetsuya Ueba, Keiji Inoue and Mitsuhiko Miyamura :
Association of 5-aminolevulinic acid with intraoperative hypotension in malignant glioma surgery.,
Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.37, 2021.
(DOI: 10.1016/j.pdpdt.2021.102657,   PubMed: 34848378)
21. Kei Kawada, Hitoshi Fukuda, Toru Kubo, Tsuyoshi Ohta, Tomoaki Ishida, Shumpei Morisawa, Tetushi Kawazoe, Manami Okamoto, Hiroko Fujita, Kohei Jobu, Yasuyo Morita, Tetsuya Ueba, Hiroaki Kitaoka and Mitsuhiko Miyamura :
Added value of anxiolytic benzodiazepines in predictive models on severe delirium in patients with acute decompensated heart failure: A retrospective analysis.,
PLoS ONE, Vol.16, No.4, 2021.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0250372,   PubMed: 33886657)
22. Toshinobu Hayashi, Mototsugu Shimokawa, Fumitaka Mizuki, Koichi Matsuo, Kei Kawada, Takafumi Nakano and Takashi Egawa :
Efficacy of one-day versus multiple-day dexamethasone for chemotherapy-induced nausea and vomiting in lung cancer patients receiving carboplatin-based chemotherapy: a propensity score-matched analysis.,
Supportive Care in Cancer, Vol.29, No.9, 5029-5035, 2021.
(DOI: 10.1007/s00520-021-06061-8,   PubMed: 33590260)
23. Toshinobu Hayashi, Mototsugu Shimokawa, Koichi Matsuo, Hirotoshi Iihara, Kei Kawada, Takafumi Nakano and Takashi Egawa :
Chemotherapy-induced nausea and vomiting (CINV) with carboplatin plus pemetrexed or carboplatin plus paclitaxel in patients with lung cancer: a propensity score-matched analysis.,
BMC Cancer, Vol.21, No.1, 2021.
(DOI: 10.1186/s12885-021-07802-y,   PubMed: 33451299)
24. Kei Kawada, Tsuyoshi Ohta, Hitoshi Fukuda, Toshinobu Hayashi, Koudai Tanaka, Toshi Imai, Yasuyo Morita and Mitsuhiko Miyamura :
Effect of lubiprostone on vinca alkaloid-induced constipation in patients with hematological malignancies: a propensity score-matched analysis.,
Annals of Hematology, Vol.99, No.10, 2429-2436, 2020.
(DOI: 10.1007/s00277-020-04222-z,   PubMed: 32839869)
25. 中山 靖規, 太田 剛史, 川田 敬, 池 亜里沙, 津野 友里, 中島 朱也香, 加嶋 憲作 :
急性期脳卒中患者の嚥下造影検査における食物移送時間を指標とした嚥下訓練食からの離脱予測,
総合リハビリテーション, Vol.48, No.7, 671-676, 2020年.
(CiNii: 1522262179959174528)
26. Tomoaki Ishida, Kei Kawada, Shumpei Morisawa, Kohei Jobu, Yasuyo Morita and Mitsuhiko Miyamura :
Risk Factors for Pseudoaldosteronism with Yokukansan Use: Analysis Using the Japanese Adverse Drug Report (JADER) Database.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.10, 1570-1576, 2020.
(DOI: 10.1248/bpb.b20-00424,   PubMed: 32999167)
27. 石本 倫子, 川田 敬, 太田 剛史, 筒井 敬子, 岡田 由香里 :
輸血副反応報告に関する新運用導入の有用性,
日本輸血細胞治療学会誌, Vol.66, No.6, 750-755, 2020年.
28. 川田 敬, 太田 剛史, 田中 聡, 宮村 充彦 :
ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系睡眠導入薬を慢性的に服用している急性期脳卒中発症患者における安全な睡眠薬選択の検討,
医療薬学, Vol.45, No.4, 175-181, 2019年.
29. Kei Kawada, Tsuyoshi Ohta, Koudai Tanaka, Mitsuhiko Miyamura and Satoshi Tanaka :
Addition of Suvorexant to Ramelteon Therapy for Improved Sleep Quality with Reduced Delirium Risk in Acute Stroke Patients.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.28, No.1, 142-148, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2018.09.024,   PubMed: 30322756)
30. 中井 梨郁, 川田 敬, 太田 剛史, 山崎 真妃呂, 宮本 典文 :
脳神経外科病棟における薬剤師の関わり,
全国自治体病院協議会雑誌, Vol.57, No.6, 942-945, 2018年.
31. 岡崎 弘志, 田中 広大, 川田 敬, 沼本 邦彦, 時岡 孝光 :
当院での整形外科手術における脳梗塞発症と抗血栓薬の服用・休薬の関連性についての検討,
中国・四国整形外科学会雑誌, Vol.30, No.1, 143, 2018年.
32. Kei Kawada, Tsuyoshi Ohta, Koudai Tanaka and Norifumi Miyamoto :
Reduction of Nicardipine-Related Phlebitis in Patients with Acute Stroke by Diluting Its Concentration.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.27, No.7, 1783-1788, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2018.02.013,   PubMed: 29519742)
33. 中山 靖規, 池 亜里沙, 川田 敬, 太田 剛史 :
急性期脳卒中患者における食物移送時間と嚥下障害の予後予測,
言語聴覚研究, Vol.14, No.3, 295-296, 2017年.
34. Kei Kawada, Tsuyoshi Ohta, Koudai Tanaka, Naoto Kadoguchi, Souichi Yamamoto and Masanori Morimoto :
Risk Factors of Nicardipine-Related Phlebitis in Acute Stroke Patients.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.25, No.10, 2513-2518, 2016.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2016.06.028,   PubMed: 27423368)
35. 田中 広大, 山脇 まり絵, 川田 敬, 山本 創一, 服部 暁昌 :
ビンクリスチンとイトラコナゾール内用液の相互作用を回避するための投与方法の検討,
日本病院薬剤師会雑誌, Vol.50, No.8, 1029-1033, 2014年.
36. 松本 尚子, 川田 敬, 澤田 努, 北村 和之, 早瀬 仁美 :
無医地区巡回診療への電子カルテシステムの導入 新システムを通じた薬剤師の役割,
全国自治体病院協議会雑誌, Vol.53, No.4, 568-573, 2014年.
37. 田中 聡, 服部 暁昌, 門口 直仁, 川田 敬, 小笠原 恵子 :
救急医療におけるハイリスク薬と医療安全管理 救急医療における専任薬剤師による医薬品安全管理,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.16, No.3, 301, 2013年.
38. 岡崎 由紀, 川田 敬, 服部 暁昌, 谷木 利勝, 武田 明雄 :
医薬品SPDの導入による薬剤業務の合理化とSPD職員の意識調査,
日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.13, 277, 2012年.
39. 門口 直仁, 田中 聡, 川田 敬, 高平 豊, 服部 暁昌 :
救命救急・集中治療領域におけるバンコマイシン血中濃度予測性の検討,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.15, No.2, 212, 2012年.
40. 門口 直仁, 田中 聡, 川田 敬, 高平 豊, 服部 暁昌 :
救命救急・集中治療領域におけるバンコマイシン血中濃度予測性の検討,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.15, No.2, 212, 2012年.
41. 川田 敬, 長崎 大武, 田中 聡, 服部 暁昌, 田中 照夫 :
救命救急センターにおける医薬品安全管理への薬剤師の貢献,
日本病院薬剤師会雑誌, Vol.48, No.2, 181-184, 2012年.
42. 川田 敬, 田中 聡, 公文 登代, 山本 創一, 隅田 裕夫 :
災害医療支援チームにおける薬剤師の役割,
日本集団災害医学会誌, Vol.16, No.3, 456, 2011年.
43. 岡崎 由紀, 田中 聡, 川田 敬, 長崎 大武, 服部 暁昌 :
手術室における医薬品管理体制の評価,
日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.12, 193, 2011年.
44. 田中 聡, 村田 厚夫, 長崎 大武, 川田 敬, 服部 暁昌 :
救急医療における認定薬剤師の誕生と未来 高知医療センターにおける薬剤師による救急医療支援業務,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.14, No.2, 220, 2011年.
45. 川田 敬, 長崎 大武, 田中 聡, 服部 暁昌, 寺岡 美千代 :
命救急センターにおける医薬品関連インシデントの発生状況,
日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.11, 213, 2010年.
46. 田中 聡, 川田 敬, 長崎 大武, 服部 暁昌, 田中 照夫 :
災害初動時における初期薬剤供給体制についての検討,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.13, No.2, 192, 2010年.
47. 川田 敬, 田中 聡, 服部 暁昌, 田中 照夫, 石本 倫子 :
当院における尿中乱用薬物検出キット「トライエージDOA」検査の現状,
中毒研究, Vol.21, No.4, 436-437, 2008年.
48. 川田 敬, 田中 聡, 小笠原 恵子, 寺岡 美代子, 石原 潤子 :
救命救急センターにおける医薬品安全管理への薬剤師の取り組み,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.11, No.2, 255, 2008年.
49. Yusuke Fujiwara, Kei Kawada, Daiki Takano, Susumu Tanimura, Kei-ichi Ozaki and Michiaki Kohno :
Inhibition of the PI3 kinase/Akt pathway enhances doxorubicin-induced apoptotic cell death in tumor cells in a p53-dependent manner.,
Biochemical and biophysical research communications, Vol.340, No.2, 560-566, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2005.12.039,   PubMed: 16378598)

国際会議:

1. Takahiro Niimura, Koji Miyata, Kenta Yagi, Fuka Aizawa, Kei Kawada, Mitsuhiro Goda, Yuki Izawa-Ishizawa and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of cardiovascular toxicity profile of ALK inhibitors using adverse event reporting database.,
ASCPT 2024 Annual Meeting Colorado Springs March 2024, Colorado Springs, Mar. 2024.
2. Koji Miyata, Yuki Izawa-Ishizawa, Honoka Nishi, Shuto Itokazu, Tatsumi Miyata, Kaito Tsujinaka, Masateru Kondo, Takahiro Niimura, Fuka Aizawa, Kenta Yagi, Kei Kawada, Mitsuhiro Goda and Keisuke Ishizawa :
Fluoroquinolones attribute aortic diseases through endothelial dysfunction.,
ASCPT 2024 Annual Meeting, Colorado Springs, Mar. 2024.
3. Kei Kawada, Ishida Tomoaki, Morisawa Shumpei, Jobu Kohei, Higasi Youichirou, Fuka Aizawa, Kenta Yagi, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Shinji Abe, Mitsuhiro Goda and Keisuke Ishizawa :
Atractylodes lancea Rhizome-derived Exosome-like Nanoparticles Suppress Lipopolysaccharide-induced Inflammation in Murine Microglial Cells,
81st FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences., Brisbane, Sep. 2023.

国内講演発表:

1. 八木 健太, 今若 清香, 髙岡 麻佑, 岡本 尚大, 相澤 風花, 新村 貴博, 合田 光寛, 川田 敬, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
Bcr-Abl 阻害剤に対する慢性骨髄性白血病細胞の耐性獲得メカニズムの探索,
第144回日本薬理学会近畿部会, 2024年3月.
2. 石澤 有紀, 宮田 晃志, 辻中 海斗, 糸数 柊人, 宮田 辰巳, 近藤 正輝, 新村 貴博, 吉岡 俊彦, 相澤 風花, 八木 健太, 川田 敬, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
フルオロキノロン系抗菌薬による大動脈疾患リスクに関する2つの矛盾,
第144回日本薬理学会近畿部会, 2024年3月.
3. 相澤 風花, 岡林 亜美, 森山 大嗣, 八木 健太, 新村 貴博, 合田 光寛, 石澤 有紀, 川田 敬, 石澤 啓介 :
HMG-CoA還元酵素阻害剤はGST を介して抗がん剤誘発性機械的刺激応答閾値低下を改善する,
第144回日本薬理学会近畿部会, 2024年3月.
4. 宮田 辰巳, 石澤 有紀, 宮田 晃志, 糸数 柊人, 辻中 海斗, 福岡 媛乃, 相澤 風花, 新村 貴博, 八木 健太, 川田 敬, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
レボフロキサシンの血管炎症への影響,
第268回徳島医学会, 2024年3月.
5. 糸数 柊人, 石澤 有紀, 宮田 晃志, 宮田 辰巳, 近藤 正輝, 相澤 風花, 新村 貴博, 八木 健太, 川田 敬, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
杜仲葉エキスによる大動脈疾患発症抑制効果の検討,
第268回徳島医学会, 2024年3月.
6. 永尾 優衣, 佐藤 智恵美, 山川 亜弓, 山本 高成, 川田 敬, 阿部 真治 :
ビタミンDサプリメントがアレルギー性鼻炎に与える効果の検討―システマティックレビューとメタ解析―,
日本薬学会第144年会(横浜), 2024年3月.
7. 宮田 晃志, 石澤 有紀, 西 穂香, 糸数 柊人, 宮田 辰巳, 辻中 海斗, 近藤 正輝, 新村 貴博, 相澤 風花, 八木 健太, 川田 敬, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
フルオロキノロン系抗菌薬に関連した大動脈瘤解離には内皮障害が関与する,
第97回日本薬理学会年会 第44回日本臨床薬理学会学術総会, 2023年12月.
8. 川田 敬, 石田 智滉, 福田 仁, 兵頭 勇己, 浜田 知幸, 久保 亨, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 新村 貴博, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
機械学習解析を用いた心不全治療薬の年齢別有効性の検討―高知急性非代償性心不全レジストリ研究より―,
第97回日本薬理学会年会 第44回日本臨床薬理学会学術総会, 2023年12月.
9. 石田 智滉, 川田 敬, 濵田 知幸, 門田 亜紀, 森田 靖代, 福田 仁, 久保 亨, 常風 興平, 北岡 裕章 :
急性非代償性心不全患者における心臓機能に関連しない因子の生命予後に対する影響,
第33回医療薬学会年会, 2023年11月.
10. 川田 敬, 石田 智滉, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
基礎研究の力で明らかになる新たな真実:clinical questionの解決に向けて,
第33回医療薬学会年会, 2023年11月.
11. 杉本 祐悟, 合田 光寛, 石田 朋奈, 加納 菜々, 神田 将哉, 吉岡 俊彦, 相澤 風花, 新村 貴博, 八木 健太, 川田 敬, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
SGLT2阻害薬によるシスプラチン誘発腎障害の抑制効果,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2023年10月.
12. 八木 健太, 新村 貴博, 坂口 暁, 相澤 風花, 川田 敬, 合田 光寛, 石澤 有紀, 石澤 啓介 :
リアルワールドデータの医療への活用に向けて,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2023年10月.
13. 神農 麻里奈, 小川 敦, 鈴木 加奈, 萱野 純史, 神田 将哉, 辻中 海斗, 坂東 貴司, 新田 綾香, 椋田 千晶, 相澤 風花, 川田 敬, 櫻田 巧, 桐野 靖, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
処方提案受容率向上を目指した栄養輸液設計ツールの検討,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2023年10月.
14. 岡崎 萌水, 石田 智滉, 佐川 喬也, 丸岡 由奈, 川田 敬, 浜田知幸 (名), 門田亜紀 (名), 森田靖代 (名), 久保亨 (名), 常風興平 (名), 北岡裕章 (名) :
急性非代償性心不全患者における服薬アドヒアランス不良を予測するスコアの作成―高 知急性非代償性心不全レジストリ研究より―,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2023年10月.
15. 西村 さとみ, 石田 智滉, 赤垣 恵太, 森沢 惇平, 川田 敬, 川添哲嗣 (名), 宮村充彦 (名), 常風興平 (名) :
植物由来Exosome like nanoparticles(ELNs )の医療への応用-生姜由来ELNsの抗神経炎症作用-,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2023年10月.
16. 西田 基紀, 石田 智滉, 赤垣 恵太, 森沢 惇平, 川田 敬, 川添哲嗣 (名), 宮村充彦 (名), 常風興平 (名) :
Zingiber mioga 花穂酢酸エチル抽出エキスの神経炎症抑制作用,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2023年10月.
17. 石田 智滉, 川田 敬, 濱田 知幸, 兵頭 勇己, 福田 仁, 久保亨 (名), 常風興平 (名), 北岡裕章 (名) :
急性非代償性心不全患者における生命予後に対する身体機能関連因子の影響―高知急 性非代償性心不全レジストリ研究より―,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2023年10月.
18. 南 和日子, 佐藤 智恵美, 山本 高成, 川田 敬, 阿部 真治 :
電子版お薬手帳の利用推進における問題点の検討―徳島県の薬局薬剤師に対するアン ケート調査より―,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2023年10月.
19. 山口 千早紀, 佐藤 智恵美, 永尾 優衣, 山本 高成, 川田 敬, 阿部 真治 :
ベンゾジアゼピン受容体作動薬の服用と認知機能低下の関連性評価 ―システマティック レビューとメタ解析―,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2023年10月.
20. 和田 拓也, 板倉 智史, 吉田 碧人, 山本 高成, 川田 敬, 佐藤 智恵美, 金子 美華, 加藤 幸成, 西岡 安彦, 阿部 真治 :
がん特異的抗podoplanin抗体chLpMab-23fのMPM胸腔内移植マウスモデルにおける抗腫瘍効果の検討,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知), 2023年10月.
21. 板倉 智史, 和田 拓也, 吉田 碧人, 山本 高成, 川田 敬, 佐藤 智恵美, 金子 美華, 加藤 幸成, 西岡 安彦, 阿部 真治 :
がん特異的抗podoplanin抗体chLpMab-2及びコアフコース除去抗体chLpMab-2fのin vivoにおける抗腫瘍効果の検討,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知), 2023年10月.
22. 吉田 碧人, 板倉 智史, 和田 拓也, 山本 高成, 川田 敬, 佐藤 智恵美, 金子 美華, 加藤 幸成, 西岡 安彦, 阿部 真治 :
がん特異的抗podoplanin抗体のコアフコース除去に伴うADCC増強とNK細胞活性化に関する検討,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知), 2023年10月.
23. 石田 智滉, 常風 興平, 森沢 惇平, 川田 敬, 白石 久, 赤垣恵太 (名), 菅野仁美 (名), 西山光恵 (名), 宮村充彦 (名) :
配糖体の薬物動態と腸内細菌叢の関係 -経口抗生剤負荷マウスにおけるグリチルリチン酸の体内動態の解析-,
次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2023, 2023年8月.
24. 川田 敬, 石田 智滉, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 新村 貴博, 阿部 真治, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
植物由来細胞外膜小胞を用いた 抗神経炎症治療薬の開発,
次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2023, 2023年8月.
25. 川田 敬, 石田 智滉, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 新村 貴博, 阿部 真治, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
植物由来細胞外膜小胞を用いた抗神経炎症治療薬の開発,
次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2023, 2023年8月.
26. 川田 敬, 石田 智滉, 常風 興平, 森沢 惇平, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 新村 貴博, 阿部 真治, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
植物由来Exosome-like Nanoparticles (ELNs)の医療への応用 -蒼朮由来ELNsによる抗神経炎症作用の検討-,
第143回 日本薬理学会近畿部会, 2023年6月.
27. 川田 敬, 石田 智滉, 常風 興平, 森沢 惇平, 相澤 風花, 八木 健太, 石澤 有紀, 新村 貴博, 阿部 真治, 合田 光寛, 石澤 啓介 :
植物由来Exosome-like Nanoparticles (ELNs)の医療への応用 -蒼朮由来ELNsによる抗神経炎症作用の検討-,
第143回日本薬理学会近畿部会, 2023年6月.
28. 岡崎 萌水, 柳澤 成佳, 加賀屋 陽子, 岡崎 雅史, 八木 祐助, 石田 智滉, 藤田 博子, 川田 敬, 常風 興平, 宮村 充彦 :
医薬品副作用データベース(JADER)を用いたプロトンポンプ阻害薬による血小板減少症に関する網羅的解析,
第34回日本臨床モニター学会総, 2023年4月.
29. 八木 祐助, 石田 智滉, 西田 基紀, 川田 敬, 常風 興平, 荒川 悠, 山岸 由佳, 宮村 充彦 :
Spontaneous Reporting Systemを用いた医薬品の安全性の評価 ー医薬品副作用データベース(JADER)を用いたLinezolidの安全性に関する網羅的解析ー,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
30. 赤垣 恵太, 田村 尚久, 石田 智滉, 佐川 喬也, 白石 久, 加賀屋 陽子, 川田 敬, 門田 亜紀, 吉岡 三郎, 常風 興平, 宮村 充彦 :
重症心身障害児等におけるセレン欠乏症患者のQOL向上に向けた取り組み ー新規セレン内用速報錠の開発ー,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
31. 常風 興平, 川田 敬, 石田 智滉, 田村 尚久, 西田 基紀, 西村 さとみ, 藤田 博子, 川添 哲嗣, 吉岡 三郎, 宮村 充彦 :
植物由来Exosome like nanoparticles (ELNs) の医療への応用 ーニラ (Allium tuberosum) 由来ELNsの抗神経炎症作用ー,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
32. 赤垣 恵太, 田村 尚久, 石田 智滉, 門田 亜紀, 白石 久, 加賀屋 陽子, 川田 敬, 門田 亜紀, 吉岡 三郎, 常風 興平, 宮村 充彦 :
重症心身障害児等におけるセレン欠乏症患者のQOL向上に向けた取り組み -新規セレン内用速報錠の開発-,
第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2022年11月.
33. 丸岡 由奈, 白石 久, 西村 さとみ, 森沢 惇平, 岡﨑 雅史, 森田 咲美, 清水 倫子, 原 瑠美, 柳澤 成佳 彦, 岡崎 萌水, 野村 政孝, 川田 敬, 森田 靖代, 常風 興平, 門田 亜紀, 宮村 充彦 :
病院経営に対する薬剤部の取り組み -免疫チェックポイント阻害薬が医薬品購入金額に与える影響-,
第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2022年11月.
34. 川田 敬, 石田 智滉, 森沢 惇平, 常風 興平, 藤田 博子, 川添 哲嗣彦, 吉岡 三郎, 宮村 充彦 :
植物由来 Exosome like nanoparticles (ELNs) の医療への応用 -蒼朮由来ELNsによる抗神経炎症作用の検討-,
第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2022年11月.
35. 田村 尚久, 石田 智滉, 川田 敬, 常風 興平, 森沢 惇平 :
Spontaneous Reporting Systemを用いた医薬品の安全性及び有効性の評価 -JADERを用いた抗がん剤による低ナトリウム血症の解析-,
第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2022年11月.
36. 杉本 翔平, 石田 智滉, 川田 敬, 常風 興平, 森沢 惇平, 吉岡 三郎, 宮村 充彦, 宅間 大祐, 濱田 篤秀 :
Spontaneous Reporting Systemを用いた医薬品の安全性及び有効性の評価 -JADERを用いたVEGF阻害薬による中枢神経虚血の解析-,
第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2022年11月.
37. 八木 祐助, 岡﨑 萌水, 柳澤 成佳, 山口 真夏, 川田 敬, 荒川 悠, 山岸 由佳, 宮村 充彦 :
誤嚥性肺炎患者におけるprotocol-based pharmacotherapy management の実践と評価,
第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2022年11月.
38. 石田 智滉, 森沢 惇平, 川田 敬, 常風 興平, 吉岡 三郎, 宮村 充彦 :
蒼朮由来Exosome like nanoparticlesによるメラニン産生抑制効果の検討,
日本生薬学会第68回年会, 2022年9月.
39. 川田 敬, 石田 智滉, 常風 興平, 森沢 惇平, 田村 尚久, 藤田 博子, 西田 基紀, 川添 哲嗣, 吉岡 三郎, 宮村 充彦 :
抑肝散における術後せん妄に対する有用性と有効生薬に関する検討,
日本生薬学会第68回年会, 2022年9月.
40. 赤垣 恵太, 石田 智滉, 常風 興平, 川田 敬, 川添 哲嗣, 森沢 惇平, 田村 尚久, 宮村 充彦 :
Spontaneous Reporting Systemを用いた医薬品の安全性及び有効性の評価 JADERを用いた防風通聖散服用者における薬剤性肝障害の解析,
日本薬学会年会要旨集 142年会, 2022年3月.
41. 森沢 惇平, 石田 智滉, 川田 敬, 常風 興平, 田村 尚久, 中村 優李, 政平 訓貴, 川西 裕, 福田 仁, 上羽 哲也, 山本 新九郎, 井上 啓史, 宮村 充彦 :
悪性神経膠腫の開頭脳腫瘍摘出術における光線力学的診断用剤5-Amino levulinic acid製剤と血圧低下との関連,
日本薬学会年会要旨集 142年会, 2022年3月.
42. 丸岡 由奈, 川田 敬, 石田 智滉, 常風 興平, 森沢 惇平, 川添 哲嗣, 田村 尚久, 西村 さとみ, 西田 基紀, 藤田 博子, 吉岡 三郎, 久保 亨, 北岡 裕章, 宮村 充彦 :
急性非代償性心不全患者における服薬アドヒアランスと社会支援との関連,
日本薬学会年会要旨集 142年会, 2022年3月.
43. 川田 敬 :
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,
漢方製剤の臨床応用に対する科学的検証 -せん妄病態モデルマウスに対する抑肝散投与の影響-, 2021年10月.
44. 加賀屋 陽子, 門田 亜紀, 赤垣 恵太, 田村 尚久, 石田 智滉, 川田 敬, 船戸 裕樹, 片岡 晃一, 白石 久, 吉岡 三郎, 常風 興平, 宮村 充彦 :
重症心身障害児等におけるセレン欠乏症患者のQOL向上に向けた取り組み -新規セレン内用速報錠の開発-,
第48回日本小児臨床薬理学会, 2021年10月.
45. 川田 敬, 石田 智滉, 森沢 惇平, 川添 哲嗣, 岡本 茉奈実, 藤田 博子, 常風 興平, 森田 靖代, 宮村 充彦, 久保 亨, 北岡 裕章, 福田 仁, 太田 剛史 :
心不全患者におけるせん妄発症リスク因子の解析 抗不安作用ベンゾジアゼピン系薬剤との関連,
日本循環器学会学術集会抄録集 85回, 2021年3月.
46. 川添 哲嗣, 石田 智滉, 川田 敬, 西田 基紀, 森沢 惇平, 常風 興平, 門田 亜紀, 森田 靖代, 宮村 充彦 :
蓄積された医療情報を用いた医薬品の安全性及び有効性の評価(第2報) 有害事象自発報告データベースを用いたサイクリン依存キナーゼ4/6阻害薬に関する有害事象の評価,
日本薬学会年会要旨集 141年会, 2021年3月.
47. 森田 靖代, 石田 智滉, 森沢 惇平, Ou Yanglan, 川添 哲嗣, 川田 敬, 藤田 博子, 門田 亜紀, 常風 興平, 宮村 充彦 :
フレイル予防に有用な天然資源由来物質の探索(第10報) 十全大補湯エキスによる加齢性骨格筋萎縮予防効果の検討,
日本薬学会年会要旨集 141年会, 2021年3月.
48. Yanglan Ou, 石田智滉 (名), 石田七生 (名), 川添哲嗣 (名), 川田 敬, 森沢惇平 (名), 飯塚美知郎 (名), 藤田博子 (名), 常風興平 (名), 森田靖代 (名), 宮村充彦 (名) :
フレイル予防に有用な天然資源由来物質の探索(第8報) -糖尿病性肥満マウスに対する柴胡桂枝乾姜湯エキスの骨格筋萎縮予防効果-,
第59日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
49. 森田靖代 (名), 石田智滉 (名), 森沢惇平 (名), Yanglan Ou, 川添哲嗣 (名), 川田 敬, 藤田博子 (名), 門田亜紀 (名), 常風興平 (名), 宮村充彦 (名) :
フレイル予防に有用な天然資源由来物質の探索(第9報)-老化促進マウスを用いた十全大補湯エキスの骨格筋萎縮予防効果の検討-,
第59日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
50. 石田智滉 (名), 常風興平 (名), 森沢惇平 (名), 白石久 (名), 藤田博子 (名), 川田 敬, 菅野仁美 (名), 西山光恵 (名), 森田靖代 (名), 宮村充彦 (名), 花﨑和弘 (名) :
配糖体の薬物動態と腸内細菌叢の関係性-経口抗生剤負荷マウスにおけるグリチルリチン酸の体内動態の解析-,
第37回和漢医薬学会学術大会, 2020年8月.
51. 下元 理恵, 久保 亨, 片田 秦椰, 津村 早保, 宮地 昌文, 前田 貴之, 川田 敬, 山崎 真由美, 高原 優, 長山 真紀, 馬場 裕一, 濱田 知幸, 山中 福子, 眞茅 みゆき, 北岡 裕章 :
高知県における在宅心不全管理についての実態 提供されている医療情報の満足度と提供してほしい医療情報,
日本循環器学会学術集会抄録集 84回, 2020年7月.
52. 山中 福子, 下元 理恵, 久保 亨, 片田 秦椰, 津村 早保, 宮地 昌文, 前田 貴之, 川田 敬, 山崎 真由美, 高原 優, 長山 真紀, 馬場 裕一, 濱田 知幸, 眞茅 みゆき, 北岡 裕章 :
高知県における在宅心不全管理についての実態 疾病管理における困難経験,
日本循環器学会学術集会抄録集 84回, 2020年7月.
53. 西田基紀彦 (名), 川田 敬, 柳澤成佳 (名), 川添哲嗣 (名), 船戸裕樹 (名), 上田真由美 (名), 門田亜紀 (名), 常風興平 (名), 森田靖代 (名), 宮村充彦 (名) :
ICTを活用した医薬品適正使用サイクルの推進(第1報)-処方設計支援システム構築とその有用性-,
第30回日本医療薬学会, 2019年11月.
54. 石田智滉 (名), 川田 敬, 森沢惇平 (名), 常風興平 (名), 森田靖代 (名), 宮村充彦 (名) :
蓄積された医療情報を用いた医薬品の安全性及び有効性の評価(第1報)-JADERを用いた抑肝散服用者における偽アルドステロン症発症に対するリスク因子の検討-,
第30回日本医療薬学会, 2019年11月.

その他・研究会:

1. 川田 敬, 小松 仁美, 上田 真由美, 西田 基紀, 宮村 充彦 :
医薬品適正使用における処方チェックシステムの有用性と併用禁忌医薬品に対する取り組み,
高知県薬剤師会報, 2020年.
2. 石本 倫子, 川田 敬, 太田 剛史, 町田 拓哉, 岡田 由香里 :
検査技師から能動的な情報提供による洗浄血小板の使用推進,
高知医療センター医学雑誌, Vol.9, No.1-2, 69-71, 2019年12月.
3. 石本 倫子, 川田 敬, 太田 剛史, 町田 拓哉, 武政 雄大, 筒井 敬子, 岡田 由香里 :
検査技師から能動的な情報提供による洗浄血小板の使用推進,
こうち : 一般社団法人高知県臨床検査技師会会誌, Vol.48, No.2, 39-43, 2019年.
(CiNii: 1520575528636053888)