検索:
徳島大学大学院社会産業理工学研究部生物資源産業学域生物生産系生物資源生産科学分野
徳島大学生物資源産業学部生物資源産業学科生物生産システム講座
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004015 高大連携による県内希少植物イシマササユリの香気成分の解析および研究開発の推進
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004010 様々な病原体を高精度且つ高感度で簡便に検出する汎用性の高い融合PCRイムノクロマトシステムの開発
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (重点)1802002 食用コオロギの機能性検証と生産システムの社会実装
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004012 大気圧非平衡空気プラズマ照射による環境中微生物に対する制御技術の基盤確立
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1803011 徳島県における新規侵入害虫の効果的な防除法の開発および簡便・確実な新規総合的害虫管理システムの構築
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (重点)1803008 徳島大学宇宙食品産業・栄養学研究センターによる 近未来型宇宙食糧ソリューション
徳島大学バイオイノベーション研究所
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1904005 光・ナノライフサイエンスに基づく野菜収穫量増加技術の開発
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1903006 光殺菌による食品を介した薬剤耐性菌の拡散防止システムの開発
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

分子生物学 (Molecular Biology)

研究テーマ

昆虫の発生と進化 (RNA interference, segmentation, cricket)

著書・論文

著書:

1. 宮脇 克行, 粟飯原 睦美, 髙橋 章, 二川 健 :
LEDを用いた近未来宇宙植物工場の開発,
株式会社 技術情報協会, 2020年4月.
2. Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji and Noriho Kamiya :
Transglutaminase-mediated in situ hybridization (TransISH) for mRNA detection in mammalian tissues,
Jan. 2015.
3. Taro Mito, Yoshiko Inoue, S Kimura, Katsuyuki Miyawaki, Nao Niwa, Yohei Sinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
Formation of new organizing regions by cooperation of hedgehog, wingless, and dpp in regeneration of the insect leg; a verification of the boundary model In Morphogenesis and pattern formation in biological systems (Sekimura et al. eds.),
Springer, 2003.

学術論文(審査論文):

1. Aya Nakai, Akihito Tanaka, Hitoshi Yoshihara, Koji Murai, Takahito Watanabe and Katsuyuki Miyawaki :
Blue LED light promotes indican accumulation and flowering in indigo plant, Polygonum tinctorium,
Industrial Crops and Products, Vol.155, 112774, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114990,   DOI: 10.1016/j.indcrop.2020.112774,   Elsevier: Scopus)
2. Yoshiyasu Ishimaru, Sayuri Tomonari, Yuji Matsuoka, Takahito Watanabe, Katsuyuki Miyawaki, Tetsuya Bando, Kenji Tomioka, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito :
TGF-β signaling in insects regulates metamorphosis via juvenile hormone biosynthesis.,
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.113, No.20, 5634-5639, 2016.
(DOI: 10.1073/pnas.1600612113,   PubMed: 27140602,   Elsevier: Scopus)
3. Y Kadomura-Ishikawa, Katsuyuki Miyawaki, Akira Takahashi, Toshiya Masuda and Sumihare Noji :
Light and abscisic acid independently regulated FaMYB10 in Fragaria x ananassa fruit,
Planta, Vol.241, No.4, 953-965, 2015.
(DOI: 10.1007/s00425-014-2228-6,   PubMed: 25534946,   Elsevier: Scopus)
4. Qing-Ri Jin, Yukiko Bandou, Katsuyuki Miyawaki, Yosuke Shikama, Chisato Kosugi, Nanako Aki, Makoto Funaki and Sumihare Noji :
Correlation of fibroblast growth factor 21 serum levels with metabolic parameters in Japanese subjects,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1.2, 28-34, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109493,   DOI: 10.2152/jmi.61.28,   PubMed: 24705745)
5. Y Kadomura-Ishikawa, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji and Akira Takahashi :
Phototropin 2 is involved in blue light-induced anthocyanin accumulation in Fragaria x ananassa fruits,
Journal of Plant Research, Vol.126, No.6, 847-857, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 105905,   DOI: 10.1007/s10265-013-0582-2,   PubMed: 23982948,   Elsevier: Scopus)
6. Katsuyuki Miyawaki, Sachi Fukuoka, Yasuko Kadomura, Hirokazu Hamaoka, Taro Mito, Hideyo Ohuchi, Wilfried Schwab and Sumihare Noji :
Establishment of a novel system to elucidate the mechanisms underlying light-induced ripening of strawberry fruit with an Agrobacterium-mediated RNAi technique,
Plant Biotechnology, Vol.29, 271-278, 2012.
(DOI: 10.5511/plantbiotechnology.12.0406a,   CiNii: 10030804744)
7. Noha Dabour, Tetsuya Bando, Taro Nakamura, Katsuyuki Miyawaki, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
Cricket body size is altered by systemic RNAi against insulin signaling components and epidermal growth factor receptor.,
Development Growth & Differentiation, Vol.53, No.7, 857-869, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1440-169X.2011.01291.x,   PubMed: 21777227)
8. Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Tetsuro Ohmori, Naoto Nakamura, Kazue Tsugawa, Katsuyuki Miyawaki, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura :
Common coding variant in the TCF7L2 gene and study of the association with type 2 diabetes in Japanese subjects,
Journal of Human Genetics, Vol.53, No.11-12, 972-982, 2008.
(DOI: 10.1007/s10038-008-0339-2,   PubMed: 19012045)
9. Katsuyuki Miyawaki, Hiroshi Inoue, Parvaneh Keshavarz, Kuniko Mizuta, Aya Sato, Yukiko Yamashita, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura :
Transgenic expression of a mutated cyclin-dependent kinase 4 (CDK4/R24C) in pancreatic beta-cells prevents progression of diabetes in db/db mice.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.82, No.1, 33-41, 2008.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2008.06.014,   PubMed: 18678431)
10. Toshihito Tanahashi, Keiko Shinohara, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Katsuyuki Miyawaki, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura :
The association of genetic variants in Krüppel-like factor 11 and Type 2 diabetes in the Japanese population.,
Diabetic Medicine, Vol.25, No.1, 19-26, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1464-5491.2007.02315.x,   PubMed: 18199129)
11. Yukiko Yamashita, Hiroshi Inoue, Keshavarz Parvaneh, Katsuyuki Miyawaki, Yuka Yamaguchi, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura :
SNPs in the KCNJ11-ABCC8 gene locus are associated with type 2 diabetes and blood pressure levels in the Japanese population.,
Journal of Human Genetics, Vol.52, No.10, 781-793, 2007.
(DOI: 10.1007/s10038-007-0190-x,   PubMed: 17823772,   CiNii: 10019776159,   Elsevier: Scopus)
12. Kuniko Mizuta, Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Katsutoshi Miyatake, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura :
Molecular characterization of GDD1/TMEM16E, the gene product responsible for autosomal dominant gnathodiaphyseal dysplasia.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.357, No.1, 126-132, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2007.03.108,   PubMed: 17418107,   Elsevier: Scopus)
13. Taro Mito, Chiharu Kobayashi, Isao Sarashina, H Zhang, Wakako Shinahara, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
even-skipped has gap-like, pair-rule-like, and segmental functions in the cricket Gryllus bimaculatus, a basal, intermediate germ insect (Orthoptera).,
Developmental Biology, Vol.303, No.1, 202-213, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ydbio.2006.11.003,   PubMed: 17174947)
14. Yukiko Yamashita, Hiroshi Inoue, Shuhei Kawakami, Katsuyuki Miyawaki, Tatsuro Miyamoto, Kuniko Mizuta and Mitsuo Itakura :
Expression and distribution of Gpr119 in the pancreatic islets of mice and rats: Predominant localization in pancreatic polypeptide-secreting PP-cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.351, No.2, 474-480, 2006.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2006.10.076,   PubMed: 17070774,   Elsevier: Scopus)
15. Taro Mito, Haruko Okamoto, Wakako Shinahara, Yohei Shinmyo, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
Kruppel acts as a gap gene regulating expression of hunchback and even-skipped in the intermediate germ cricket Gryllus bimaculatus.,
Developmental Biology, Vol.294, No.2, 471-481, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ydbio.2005.12.057,   PubMed: 16616119)
16. Honghie Zhang, Yohei Shinmyo, Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Isao Sarashina, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
Expression patterns of the homeotic genes Scr, Antp, Ubx, and abd-A during embryogenesis of the cricket Gryllus bimaculatus,
Gene Expression Patterns, Vol.5, No.4, 491-502, 2005.
(DOI: 10.1016/j.modgep.2004.12.006,   PubMed: 15749077)
17. Taro Mito, Isao Sarashina, Hongjie Zhang, Akihiro Iwahashi, Haruko Okamoto, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
Non-canonical functions of hunchback in segment patterning of the intermediate germ cricket Gryllus bimaculatus,
Development, Vol.132, No.9, 2069-2079, 2005.
(DOI: 10.1242/dev.01784,   PubMed: 15788457)
18. Isao Sarashina, Taro Mito, Michiko Saito, Hiroyuki Uneme, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
Location of micropyles and early embryonic development of the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus (Insecta, Orthoptera),
Development Growth & Differentiation, Vol.47, No.2, 99-108, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1440-169x.2005.00786.x,   PubMed: 15771629,   CiNii: 10015427717)
19. Yohei Shinmyo, Taro Mito, Taro Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
caudal is required for gnathal and thoracic patterning and for posterior elongation in the intermediate-germband cricket Gryllus bimaculatus,
Mechanisms of Development, Vol.122, No.2, 231-239, 2005.
(DOI: 10.1016/j.mod.2004.10.001,   PubMed: 15652710)
20. Yoshiko Inoue, Katsuyuki Miyawaki, Taiki Terasawa, Kyoko Matsushima, Yohei Shinmyo, Nao Niwa, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
Expression patterns of dachshund during head development of Gryllus bimaculatus (cricket),
Gene Expression Patterns, Vol.4, No.6, 725-731, 2004.
(DOI: 10.1016/j.modgep.2004.03.010,   PubMed: 15465496,   Elsevier: Scopus)
21. Yohei Shinmyo, Taro Mito, Takashi Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
piggyBac-Mediated somatic transformation of the two-spotted cricket, Gryllus bimaculatus (cricket).,
Development Growth & Differentiation, Vol.46, No.4, 343-349, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1440-169x.2004.00751.x,   PubMed: 15367202,   CiNii: 10013585256)
22. Katsuyuki Miyawaki, Taro Mito, Isao Sarashina, Hongjie Zhang, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
Involvement of Wingless/Armadillo signaling in the posterior sequential segmentation in the cricket, Gryllus bimaculatus (Orthoptera), as revealed by RNAi analysis,
Mechanisms of Development, Vol.121, No.2, 119-130, 2004.
(DOI: 10.1016/j.mod.2004.01.002,   PubMed: 15037314)

総説・解説:

1. 宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 :
メタボリックシンドローム-病因解明と予防・治療の最新戦略-, --- VI.予防・治療・管理 治療法開発の今後の展望 「メタボリックシンドロームの遺伝子治療」 ---,
日本臨床 増刊号, Vol.64, 702-706, 2006年.

国際会議:

1. Katsuyuki Miyawaki :
Disinfection system using UV light-emitting diodes~plant growth control by LED~,
宇宙栄養研究センター設立記念シンポジウム, Nov. 2018.
2. Tsunedomi Akari, Masamura Akinori, Mutsumi Nakahashi, Nishisaka Risa, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Katsuyuki Miyawaki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Disinfection system with UVA-LED for hydroponic nutrient solution,
6th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2015.
3. Makoto Mizunami, T Takahashi, A Hamada, Katsuyuki Miyawaki, Y Matsumoto, Taro Mito and Sumihare Noji :
Systemic RNA interference for the study of long-term memory formation in the cricket,
The 2nd International Conference on the Cricket / RNAi Symposium, tokushima,Japan, Mar. 2012.
4. Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Y Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji :
Genome-wide RNAi in the cricket Gryllus bimaculactus as a new model system to study gene functions,
10th Anniversary of Kazusa DNA Research Institute 14th International Workshop, Japan, Oct. 2004.
5. Sumihare Noji, Taro Mito, Y Tanaka, Katsuyuki Miyawaki, (名) Shinmyo and Hideyo Ohuchi :
Involvement of Wnt and EGF signaling systems in regeneraion of cricket legs,
8th international Conference Limb Development and Regeneration, 47, Dundee, UK, Jul. 2004.

国内講演発表:

1. 泉 匠人, 川上 烈生, 粟飯原 睦美, 白井 昭博, 宮脇 克行, 向井 孝志 :
植物養液への非平衡大気圧空気プラズマジェット照射効果,
2020年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 10, 2020年8月.
2. 原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
2019年度におけるLEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業の取り組み,
LED総合フォーラム2020in徳島, 75-76, 2020年2月.
3. 二川 健, 髙橋 章, 宮脇 克行 :
機能性宇宙食,
第63回宇宙科学技術連合講演会, 2019年11月.
4. 中尾 玲子, 宮脇 克行, 出口 祥啓, 髙橋 章, 二川 健 :
宇宙栄養・食糧関連技術の開発とGatewayへの期待,
国際宇宙探査ワークショップ(その2), 2019年3月.
5. 宮脇 克行 :
UVA-LEDを用いた植物工場の循環養液の殺菌方法について,
平成30年度LED応用技術セミナー, 2019年2月.
6. 宮脇 克行 :
植物工場における循環式水耕栽培の殺菌,
第11回日本カンピロバクター研究会総会, 2018年12月.
7. 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 永田 早紀恵, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni食中毒予防に対するUVA-LED照射殺菌の有用性について,
第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
8. 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 後藤 茉凜, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
UVA-LED殺菌システムによるCampylobacter jejuni食中毒の予防,
第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
9. 上田 梨紗, 阿部 千尋, 石原 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 宮脇 克行, 野地 澄晴, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
高効率 CRISPR/Cas9による SlIAA9 ノックアウトトマトの作出,
第57回日本植物生理学会大会, 2016年3月.
10. 上田 梨紗, 石原 諒典, 阿部 千尋, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 宮脇 克行, 野地 澄晴, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
CRISPR/Cas9によるトマトIAA9 遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立,
第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月.
11. 宮脇 克行, 常冨 愛香里, 後藤 茉凜, 正村 彰規, 髙橋 章, 野地 澄晴 :
完全人工光型植物工場におけるイチゴ苗大量生産システムの開発,
園芸学会, 2015年9月.
12. 常冨 愛香里, 正村 彰規, 中橋 睦美, 西坂 理沙, 後藤 茉凛, 馬渡 一諭, 下畑 隆明, 上番増 喬, 宮脇 克行, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
植物工場の養液殺菌システムの開発,
第251回 徳島医学会学術集会, 2015年8月.
13. Katsuyuki Miyawaki, Yasuko Kadomura-Ishikawa, Keishi Osakabe and Sumihare Noji :
Functional analyses of R2R3 MYB transcription factors in anthocyanin biosynthesis pathway of the strawberry,
第56回日本植物生理学会, Mar. 2015.
14. 常冨 愛香里, 中橋 睦美, 西坂 理沙, 馬渡 一諭, 下畑 隆明, 上番増 喬, 宮脇 克行, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
水耕栽培用養液の還流型殺菌システムの開発,
第67回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2014年10月.
15. 宮脇 克行, 平田 翔悟, 石川 寧子, 三戸 太郎, 刑部 敬史, 野地 澄晴 :
アグロインフィルトレーション法を用いたF3'5'H過剰発現によるイチゴ花托の着色への影響,
第32回日本植物細胞分子生物学会, 2014年8月.
16. 平田 翔悟, 上田 梨紗, 渡辺 崇人, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 野地 澄晴 :
Transcription Activator-Like Effector NucleasesによるIAA9ノックアウトトマト作製の試み,
第36回日本分子生物学会, 2013年12月.
17. 宮脇 克行, 浜岡 宏和, 角村 寧子, 三戸 太郎, 野地 澄晴 :
LEDを利用したイチゴの生長と着色の促進法の開発,
日本生物環境工学会, 2012年9月.
18. 入江 健太郎, 坂上 友梨, 福岡 幸, 宮脇 克行, 角村 寧子, 広田 恵介, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 :
アグロインフィルトレーション法を用いたRNAiによるイチゴ青色光受容体の機能解析,
第33回日本分子生物学会年会, 2010年.
19. 福岡 幸, 坂上 友梨, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 :
イチゴ「さちのか」におけるflavonoid 3'-hydoxylase (F3'H) 遺伝子の機能解析,
第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
20. Noha Abd ElGawad Youssef Aly Dabour, 板東 哲哉, 中村 太郎, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 :
Control of body size by chico and epidermal growth factor receptor, as revealed by systemic nymphal RNA interference in the cricket,
第43回日本発生生物学会年会, 2010年6月.
21. 森谷 眞紀, 山口 裕加, 藤田 由香, 棚橋 俊仁, 国香 清, 宮脇 克行, 岩田 武男, 井上 寛, 板倉 光夫 :
3番染色体短腕の関連解析探索により見出した日本人2型糖尿病疾患感受性ENDOGL1遺伝子の機能解析,
第51回日本糖尿病学会年次学術集会, 2008年.
22. 宮脇 克行, 佐藤 綾, 山下 裕紀子, 井上 寛, 板倉 光夫 :
常時活性型Cdk4を発現する2型糖尿病マウス(db/dbマウス)における膵β細胞増殖による高血糖改善効果とその限界,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会, 2007年.
23. 佐藤 綾, 山下 裕紀子, 宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 :
膵β細胞にCDK4を過剰発現させたdb/dbトランスジェニックマウスの解析,
日本糖尿病学会中国四国地方会第44回総会, 2006年.

その他・研究会:

1. 川上 烈生, 髙見 直樹, 芳谷 勇樹, 味元 勇樹, 東 知里, 宮脇 克行, 白井 昭博, 吉田 雅彦, 山路 諭 :
可視光LED照射下でのプラズマ支援アニーリングした光触媒TiO2ナノ粒子の鮮度保持効果,
LED総合フォーラム2020 in 徳島, 83-84, 2020年2月.
2. 中井 綾, 村井 恒治, 田中 昭人, 近藤 宏, 渡邊 杉菜, 上番増 明子, 渡辺 崇人, 宮脇 克行 :
LED植物工場を活用した藍の生育と二次代謝物質生産の制御,
LED総合フォーラム2019 in徳島, 63-64, 2019年2月.
3. 原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業の取り組み,
LED総合フォーラム2019in徳島, P-2, 2019年2月.
4. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 吉田 雅彦, 芳谷 勇樹, 髙見 直樹, 東 知里, 山路 諭 :
可視光LEDによる光触媒ナノ複合材シートの鮮度保持効果,
LED総合フォーラム2019 in 徳島, 77-78, 2019年2月.
5. 宮脇 克行, 扶川 侑以, 川那辺 純一, 矢住 京, 松岡 洋平, 又賀 駿太郎, 礒部 信一郎 :
新規蛍光色素Fluolidを用いた蛍光in situ hybridization法の開発,
第41回 日本分子生物学会年会, 2018年11月.
6. 二川 健, 髙橋 章, 宮脇 克行, 出口 祥啓 :
無重力や寝たきりによる筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的アプローチ,
ナノオプティクス研究グループ 第25回研究討論会, 2018年11月.
7. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 芳谷 勇樹, 吉岡 誠人, 南 雄也, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助 :
LED照射下での光触媒ナノ複合材の鮮度保持機能,
LED総合フォーラム2018 in 徳島, 125-126, 2018年2月.
8. 原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業におけるテラヘルツLED応用基盤技術に関する取り組み,
LED総合フォーラム2018in徳島, P-2, 2018年2月.
9. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 芳谷 勇樹, 吉岡 誠人, 南 雄也, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助 :
LED照射下での光触媒ナノ複合材の鮮度保持機能,
LED総合フォーラム2018 in 徳島, 125-126, 2018年2月.
10. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 冨士本 賢吾, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 :
LED光触媒ナノ粒子を使った鮮度保持技術の開発,
LED総合フォーラム2016 in 徳島, 157-160, 2016年12月.
11. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 冨士本 賢吾, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 :
LED光触媒ナノ粒子を使った鮮度保持技術の開発,
LED総合フォーラム2016 in 徳島, 157-160, 2016年12月.
12. 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 冨士本 賢吾, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 :
LED光触媒ナノ粒子を使った鮮度保持技術の開発,
LED総合フォーラム2016 in 徳島, 157-160, 2016年12月.
13. 原口 雅宣, 木内 陽介, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業におけるテラヘルツLED応用基盤技術に関する取り組み,
LED総合フォーラム2016in徳島 論文集, 201-202, 2016年12月.
14. 川上 烈生, 宮脇 克行, 玉谷 元, 東 知里, 宇野 久史, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 :
LED光触媒に基づく鮮度保持技術のスケールアップ化,
LED総合フォーラム2015 in 徳島, 117-120, 2015年12月.
15. 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 後藤 茉凜, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniに対するUVA-LEDの有効性,
第8回日本カンピロバクター研究会総会, 2015年12月.
16. 川上 烈生, 宮脇 克行, 玉谷 元, 榎木 一史, 白濱 達夫, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 前田 鎮廣 :
鮮度保持のためのLED光触媒技術に関する研究,
LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島, 137-140, 2015年1月.

特許:

1. 野地 澄晴, 川那辺 純一, 宮脇 克行, 木田 琢郎, 佐々木 啓幸, 佐藤 靖夫, 平田 和弘, 金 慶日 : 3次元イムノクロマトグラフィー方式を用いた糖尿病検査診断用シート,糖尿病検査診断用デバイス,およびミオイノシトールの検出方法, 特願2013-239148 (2013年11月), 特開2015-099094 (2015年5月), .
2. 野地 澄晴, 川那辺 純一, 宮脇 克行, 木田 琢郎, 佐々木 啓幸, 佐藤 靖夫, 平田 和弘, 金 慶日 : 3次元イムノクロマトグラフィー方式を用いた検査診断用シート,検査診断用デバイス,および標識物の検出方法, 特願2013-239149 (2013年11月), 特開2015-099095 (2015年5月), .
3. 野地 澄晴, 金 慶日, 宮脇 克行, 佐々木 啓幸, 平田 和弘, 佐藤 靖夫, 平石 佳之, 三ツ森 正之 : 3次元検査診断用シート,3次元検査診断用デバイス,3次元検査診断用シートの製造方法および検査診断方法, 特願P2012284231 (2012年12月), 特開P2014126484A (2014年7月), 特許第2012-284231号 (2012年12月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ポリフェノールを活用した光殺菌の実用化に資するカビ胞子の表面電位解析技術の開発 (研究課題/領域番号: 20H02934 )
  • ゲノム編集技術を用いた高効率な新規の植物育種法の開発 (研究課題/領域番号: 25850004 )
  • 研究者番号(80380111)による検索