検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 応用化学系 > 物質合成化学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 応用化学システムコース > 物質合成化学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704098 LED利用による高機能性有機分子の創出 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804030 研究創発を活性化する有機化合物ライブラリーの構築 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1703012 新規合成脂質を用いた機能性材料の創製とその応用 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704097 新規パイ電子系化合物の創出と有機系太陽電池への応用 >
徳島大学 > 工学部 > 化学応用工学科 > 物質合成化学講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > 物質生命システム工学専攻 > 化学機能創生コース > 物質合成化学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1802001 有機合成化学を起点とするセンシング技術の開発と応用 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

有機合成化学 (Synthetic Organic Chemistry)

研究テーマ

酵素模倣型触媒の開発, 高分子触媒の開発, 不斉触媒の開発 (有機分子触媒 (organocatalysts), フラビン (flavin), 機能性高分子 (functional polymer), 不斉合成 (asymmetric synthesis))

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Efficient Use of Photons in Photoredox/Enamine Dual Catalysis with a Peptide-Bridged FlavinAmine Hybrid,
Organic Letters, Vol.21, No.17, 6978-6982, 2019.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.9b02567,   PubMed: 31403307)
2. Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa and Mikito Yasuzawa :
Observation of the interaction between avidin and iminobiotin using a graphene FET on a SiC substrate,
Japanese Journal of Applied Physics, Vol.58, No.SD, SDDD02, 2019.
(DOI: 10.7567/1347-4065/ab0544,   Elsevier: Scopus)
3. Sakai Takuya, Watanabe Mirai, Ohkado Ryoma, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Iida Hiroki :
Flavinium and Alkali Metal Assembly on Sulfated Chitin: A Heterogeneous Supramolecular Catalyst for H2O2-Mediated Oxidation,
ChemSusChem, Vol.12, No.8, 1640-1645, 2019.
(DOI: 10.1002/cssc.201900485)
4. Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa :
Suppression of protein adsorption on a graphene surface by phosphorylcholine functionalization,
Japanese Journal of Applied Physics, Vol.58, No.5, 055001, 2019.
(DOI: 10.7567/1347-4065/ab0b37,   Elsevier: Scopus)
5. Takahiro Oonishi, Takayuki Kawahara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Greener Preparation of 5-Ethyl-4a-hydroxyisoalloxazine and Its Use for Catalytic Aerobic Oxygenations,
European Journal of Organic Chemistry, Vol.2019, No.8, 1791-1795, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113072,   DOI: 10.1002/ejoc.201801865)
6. Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Enzyme-like Regiodivergent Behavior of a Flavopeptide Catalyst in Aerobic Baeyer-Villiger Oxidation,
Chimia, Vol.72, No.12, 866-869, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113071,   DOI: 10.2533/chimia.2018.866,   PubMed: 30648952,   Elsevier: Scopus)
7. Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Advanced Flavin Catalysts Elaborated with Polymers,
Polymer Journal, Vol.50, 941-949, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113070,   DOI: 10.1038/s41428-018-0089-8)
8. Yukihiro Arakawa, Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Naoki Haraguchi, Shinichi Itsuno and Yasushi Imada :
Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations,
Chemical Science, No.8, 5468-5475, 2017.
(DOI: 10.1039/C7SC01933E)
9. Yukihiro Arakawa, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Brønsted Acid Catalysed Aerobic Reduction of Olefins by Diimide Generated In Situ from Hydrazine,
SynOpen, Vol.1, No.1, 11-14, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110086,   DOI: 10.1055/s-0036-1588790)
10. Yukihiro Arakawa, Risa Kawachi, Yoshihiko Tezuka, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Synthesis of Insoluble Polystyrene-Supported Flavins and Their Catalysis in Aerobic Reduction of Olefins,
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.55, No.10, 1706-1713, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111129,   DOI: 10.1002/pola.28536)
11. Yukihiro Arakawa, Takahiro Oonishi, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Facile Preparation of Flavinium Organocatalysts,
ChemSusChem, Vol.9, 2769-2773, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110587,   DOI: 10.1002/cssc.201600846,   PubMed: 27553682)
12. Keiji Minagawa, Mikito Yasuzawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Shingo Fujita :
Design of Effective Chemistry Laboratory Class Based on Partnership among High School, University and Graduate School,
IMPACT : International Journal of Research in Applied, Natural and Social Sciences, Vol.3, No.10, 121-124, 2015.
13. Masami Tanaka, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada :
Analysis of Interaction between Diphenhydramine and Human Serum Albumin,
IMPACT : International Journal of Research in Applied, Natural and Social Sciences, Vol.3, No.10, 81-88, 2015.
14. Keiji Minagawa, Genki Shiizaki, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Masami Tanaka :
Controlled Physical Gelation of Thermoresponsive Poly(2-propionamidoacrylic acid) Aqueous Solution,
Advanced Materials Research, Vol.1110, 96-99, 2015.
(DOI: 10.4028/www.scientific.net/AMR.1110.96)
15. Yukihiro Arakawa, P Sven Fritz and Helma Wennemers :
Organocatalytic stereoselective synthesis of acyclic -nitrothioesters with all-carbon quaternary stereogenic centers.,
The Journal of Organic Chemistry, Vol.79, No.9, 3937-3945, 2014.
(DOI: 10.1021/jo500403q,   PubMed: 24758496,   Elsevier: Scopus)
16. Robert Kastl, Yukihiro Arakawa, Jörg Duschmalé, Markus Wiesner and Helma Wennemers :
Peptide-Catalyzed 1,4-Addition Reactions of Aldehydes to Nitroolefins,
Chimia, Vol.67, No.4, 279-282, 2013.
(DOI: 10.2533/chimia.2013.279,   PubMed: 23967706,   Elsevier: Scopus)
17. Yukihiro Arakawa and Helma Wennemers :
Enamine Catalysis in Flow with an Immobilized Peptidic Catalyst,
ChemSusChem, Vol.6, No.2, 242-245, 2013.
(DOI: 10.1002/cssc.201200740,   PubMed: 23161643)
18. Yukihiro Arakawa, Markus Wiesner and Helma Wennemers :
Efficient Recovery and Reuse of an Immobilized Peptidic Organocatalyst,
Advanced Synthesis & Catalysis, Vol.353, No.8, 1201-1206, 2011.
(DOI: 10.1002/adsc.201100118)
19. Haraguchi Naoki, Tsuru Keiichi, Yukihiro Arakawa and Itsuno Shinichi :
Asymmetric Transfer Hydrogenation of Imines Catalyzed by Polymer-Immobilized Chiral Catalyst,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.7, No.1, 69-75, 2009.
(DOI: 10.1039/b815407b,   PubMed: 19081948)
20. Yukihiro Arakawa, Naoki Haraguchi and Shinichi Itsuno :
An Immobilization Method of Chiral Quaternary Ammonium Salts onto Polymer Supports,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.47, No.43, 8232-8235, 2008.
(DOI: 10.1002/anie.200802800,   PubMed: 18814148,   Elsevier: Scopus)
21. Yukihiro Arakawa, Atsuko Chiba, Naoki Haraguchi and Shinichi Itsuno :
Asymmetric Transfer Hydrogenation of Aromatic Ketones in Water using a Polymer-Supported Chiral Catalyst Containing a Hydrophilic Pendant Group,
Advanced Synthesis & Catalysis, Vol.350, No.14-15, 2295-2304, 2008.
(DOI: 10.1002/adsc.200800362)
22. Shinichi Itsuno, Masahiro Chiba, Miyuki Takahashi, Yukihiro Arakawa and Naoki Haraguchi :
Asymmetric Hydrogenation of Aromatic Ketones using Polymeric Catalyst prepared from Polymer-Supported 1,2-Diamine,
Journal of Organometallic Chemistry, Vol.692, No.1-3, 487-494, 2007.
(DOI: 10.1016/j.jorganchem.2006.03.050)
23. Yukihiro Arakawa, Naoki Haraguchi and Shinichi Itsuno :
Design of Novel Polymer-Supported Chiral Catalyst for Asymmetric Transfer Hydrogenation,
Tetrahedron Letters, Vol.47, No.19, 3239-3243, 2006.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2006.03.041,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. Tagami Takuma, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Design of Flavin-Amine Integrated Catalysts for -Oxyamination of Aldehydes under Blue LED Irradiation,
Proceedigs of the LED General Forum 2018 Tokushima, 105-106, 2018.
2. 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
Thioacetalization of Aldehydes Using a Flavin Catalyst and Blue LED Irradiation,
LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 163-164, 2016年.
3. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
Flavin Catalysis with Photoredox Activity Under Blue LED Irradiation,
LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 161-162, 2016年.
4. Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Visible Light-Induced alfa-Oxyamination of Aldehydes with Flavin Organocatalysts,
LED総合フォーラム2015 in 徳島 論文集, 121-122, 2015.
5. 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
LED光を用いたフラビン触媒によるアルデヒドのチオアセタール化反応,
LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島 論文集, 147-148, 2015年.
6. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン分子を触媒とした光レドックス反応,
LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島 論文集, 145-146, 2015年.

総説・解説:

1. 荒川 幸弘 :
高分子触媒ならではの境地へ,
高分子, Vol.67, 194, 2018年4月.
2. Yukihiro Arakawa :
Flavopeptidyl-Resins That Catalyze Aerobic Oxygenations Just Like a Flavoenzyme,
Kobunshi, Vol.66, No.12, 655, Dec. 2017.
3. 荒川 幸弘 :
LED-NMRで探る光レドックス触媒機構,
化学, No.70, 60-61, 2015年11月.
4. Jörg Duschmalé, Yukihiro Arakawa and Helma Wennemers :
Peptide Catalysis,
Science of Synthesis: Asymmetric Organocatalysis, Vol.2, 741-786, 2012.
5. 伊津野 真一, 荒川 幸弘, 原口 直樹 :
高分子固定化型不斉触媒の進歩,
化学工業, Vol.58, 269-274, 2007年.
6. 伊津野 真一, 荒川 幸弘, 原口 直樹 :
水系不斉反応で用いることのできる高分子固定化型不斉触媒,
日本ゴム協会誌, Vol.79, 448-452, 2006年.
7. Shinichi Itsuno, Naoki Haraguchi and Yukihiro Arakawa :
Recent Advances in Polymeric Chiral Ligands for Asymmetric Synthesis,
Recent Res. Dev. Org. Chem., Vol.9, 27-47, 2005.

国際会議:

1. Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada :
Thermoresponsive Polymer-Clay Nanocomposite Gels,
International Conference on Colloid & Surface Science (Okinawa Colloids 2019), Nago, Japan, Nov. 2019.
2. Yukihiro Arakawa :
Flavin-Peptide-Polymer Hybrid as a Biomimetic Oxidation Catalyst,
International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) Yangon 2019, Yangon, Myanmar, Aug. 2019.
3. Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Flavin-Peptide-Polymer Hybrid as a Biomimetic Oxidation Catalyst,
The 1st International Symposium on Hybrid Catalysis for Enabling Molecular Synthesis on Demand, Tokyo, May 2019.
4. Minari Shiren, Momoko Tanaka, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute :
Monomer sequence distribution in the copolymers derived from isotactic poly(methacrylic acid) by stepwise esterification: Partial neutralization by guanidine,
The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), Hiroshima, Dec. 2018.
5. Momoko Hara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Synthesis of Chiral Polymers Containing Sequenced Guanidino Groups in the Main Chain and Their Catalysis,
The 12th SPSJ International Polymer Conference, Hiroshima, Dec. 2018.
6. Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations,
The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2018), Hiroshima, Dec. 2018.
7. Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa and Mikito Yasuzawa :
Observation of the interaction between avidin and iminobiotin using graphene FET on SiC substrate,
31th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2018), No.16P-11-3, Sapporo, Japan, Nov. 2018.
8. Takahiro Oonishi, Takayuki Kawahara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Practical Preparation of N5-Ethylated Flavin Catalysts,
The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018.
9. Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Neutral-Flavin Catalyzed Oxidations with Hydrogen Peroxide,
The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018.
10. Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Flavin-Amine Integrated Catalysts for Dual Photoredox and Enamine Catalysis,
The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018.
11. Hazuki Kita, Ken Yamanomoto, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Enzyme-like Aerobic Oxygenations Catalyzed by a Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavin,
The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018.
12. Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada :
Science Communication Based Education Program for Graduate Students,
7th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2018), Niigata, Jun. 2018.
13. Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Aerobic Oxidations Using A Flavinium-Resin Catalyst,
The 11th Intrnational Symposium on Integrated Synthesis, Nov. 2017.
14. Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations,
The 11th Intrnational Symposium on Integrated Synthesis, Nov. 2017.
15. Taniguchi Yoshiaki, Milki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa :
Intrinsic response of protein adsorption to graphene film on SiC substrate,
Proceedings of 2017 International Conference on Solid State Devices and Materials, Sep. 2017.
16. Keiji Minagawa, Yuji Toda, Takanori Bando, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Masami Tanaka and Jem-Kun Chen :
Thermorheological Hydrogels Based on Polymer-clay Nanocomposite,
15th International Conference on Electrorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, Incheon, Korea, Jul. 2016.
17. Yuji Toda, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Masami Tanaka :
Preparation of Thermoresponsive Nanocomposite Gels Utilizing Various Amphiphilic Monomers and Clay,
2nd International Forum on Advanced Technologies, Tokushima, Mar. 2016.
18. Masami Tanaka, Hiromichi Kenmoku, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada :
Binding Property of Tripelennamine to Human Serum Albumin,
2nd International Forum on Advanced Technologies, Tokushima, Mar. 2016.
19. Yukihiro Arakawa, Tomohiro Mihara, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Flavin-Catalyzed Photoinduced Thioacetalization of Aldehydes,
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, Dec. 2015.
20. Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Facile Preparation of Flavinium Organocatalysts Utilizing Cation-Exchange Resins,
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, Dec. 2015.
21. Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Visible Light-Induced alfa-Oxyamination of Aldehydes with Flavin Organocatalysts,
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, Dec. 2015.
22. Yukihiro Arakawa, Shun Ueta, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Nucleophilic Addition to Nitrones Using Flow Microreactors,
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, Dec. 2015.
23. Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Flavin Catalyzed -Oxyamination of Aldehydes under Visible Light Irradiation,
The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2015.
24. Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Development of Facile Method for Preparing Flavinium Organocatalysts,
The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2015.
25. Masami Tanaka, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada :
Analysis of Interaction between Diphenhydramine and Human Serum Albumin,
Asia-Pacific Conference on Engineering & Applied Sciences (APCEAS2015), Osaka, Aug. 2015.
26. Keiji Minagawa, Mikito Yasuzawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Shingo Fujita :
Design of Effective Chemistry Laboratory Class Based on Partnership among High School, University and Graduate School,
Asia-Pacific Conference on Engineering & Applied Sciences (APCEAS2015), Osaka, Aug. 2015.
27. Yukihiro Arakawa, Takahiro Oonishi, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Novel preparation method of flavinium organocatalysts,
The 39th Naito Conference of the chemistry of organocatalysts, Sapporo, Japan, Jul. 2015.
28. Keiji Minagawa, Mikito Yasuzawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Shingo Fujita :
Attractive Materials for Engineering Chemistry Education Performed under High School/University/Graduate School Partnership,
Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2014 (ACEE2014), Kumamoto, Oct. 2014.
29. Masami Tanaka, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada :
Interaction between Drugs and Biomedical Materials. II. Binding Position of Diphenhydramine to Human Serum Albumin,
7th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, Busan, Jul. 2014.
30. Keiji Minagawa, Genki Shiizaki, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Masami Tanaka :
Controlled Physical Gelation of Thermoresponsive Poly(2-propionamidoacrylic acid) Aqueous Solution,
7th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, Busan, Jul. 2014.
31. Fumiaki Sato, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Flavin Catalysts Captured in Network Polymers,
Advanced Molecular Transformations by Organocatalysts 1st International Conference & 6th Symposium on Organocatalysis, Otsu, May 2013.
32. Yukihiro Arakawa and Helma Wennemers :
Organocatalytic Stereoselective Synthesis of Acyclic Thioesters with an All-Carbon Quaternary Stereogenic Center,
4th UK/Japan Conference in Catalytic Asymmetric Synthesis, Sendai International Center, Apr. 2013.
33. Yukihiro Arakawa and Helma Wennemers :
Construction of Acyclic Quaternary All-Carbon Stereogenic Centers with alfa-Substituted Mono Thiomalonates,
2012 fall meeting of the Swiss Chemical Society, 417, Swiss Federal Institute of Technology Zürich, Switzerland, Sep. 2012.
34. Yukihiro Arakawa and Helma Wennemers :
Efficient Recovery and Reuse of an Immobilized Peptidic Organocatalyst,
2011 fall meeting of the Swiss Chemical Society, OC90, Ecole Polytechnique Federale de Lausanne, Switzerland, Sep. 2011.
35. Yukihiro Arakawa, Naoki Haraguchi and Shinichi Itsuno :
Preparation of Polymer-Supported Chiral Quaternary Ammonium Salt by Novel Immobilization Method and Its Application to Asymmetric Alkylation,
236th American Chemical Society National Meeting & Exposition, 439, Philadelphia Convention Center, USA, Aug. 2008.
36. Yukihiro Arakawa, Naoki Haraguchi and Shinichi Itsuno :
Asymmetric Reaction with Polymer-Supported Chiral Organocatalyst prepared by Novel Immobilization Method,
3rd International Conference on Advanced Organic Synthesis Directed toward the Ultimate Efficiency and Practicability, PS-40, Otsu Prince Hotel, Japan, May 2008.
37. Yukihiro Arakawa, Naoki Haraguchi and Shinichi Itsuno :
Design of Novel Polymer-Supported Chiral Catalyst for Asymmetric Transfer Hydrogenation in Water,
12th International Conference on Polymers and Organic Chemistry, P-09-a, Okazaki Conference Center, Japan, Jul. 2006.
38. Yukihiro Arakawa, Naoki Haraguchi and Shinichi Itsuno :
Preparation of New Polymer-Supported Chiral Sulfonamides and Its Application to Asymmetric Reaction,
8th SPSJ International Polymer Conference, 27P2G1-176b, Fukuoka Convention Center, Japan, Jul. 2005.

国内講演発表:

1. 谷上 裕紀, 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 水口 仁志, 髙栁 俊夫 :
キャピラリーゾーン電気泳動法による易分解性フラビン誘導体の酸解離平衡の解析,
第26回クロマトグラフィーシンポジウム, 2019年6月.
2. 荒川 幸弘 :
反応場の特徴を活かした機能性高分子触媒の開発,
先端工学研究発表会2019, 2019年5月.
3. 谷上 裕紀, 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 水口 仁志, 髙栁 俊夫 :
キャピラリーゾーン電気泳動法を用いた易分解性フラビン誘導体の酸解離平衡解析,
第79回分析化学討論会, 2019年5月.
4. Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
N5-Unmodified flavins that catalyze enzyme-like oxidations,
日本化学会第99春季年会, Mar. 2019.
5. 亀井 健佑, 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
環状ジチオアセタール S,S-ジオキシドからカルボニルへの可視光駆動型直接変換反応,
日本化学会第99春季年会, 2019年3月.
6. 上田 祐, 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
均一系フラボペプチド触媒による酵素類似酸素酸化反応,
日本化学会第99春季年会, 2019年3月.
7. 川原 孝之, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
N5-エチル-4a-ヒドロキシイソアロキサジンの実用的合成法とその酸素酸化触媒機能,
日本化学会第99春季年会, 2019年3月.
8. 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 光永 健二 :
科学技術コミュニケーション科目による高大院連携およびグローバル教育の試行,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2018年12月.
9. 川﨑 康平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
高分子担持型N5位エチル化フラビンの合成とその触媒作用,
2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
10. 松本 優一, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
光学活性な大環状テトラグアニジンの合成とその触媒作用,
2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
11. 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
規則的配列を有する集積型キラルグアニジンの合成とその触媒作用,
2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
12. 桑田 真廉, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
ジスルフィドを反応剤とする触媒的チオエステル交換反応,
2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
13. 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 安澤 幹人 :
SiC 上グラフェンFETを用いたアビジン-イミノビオチン相互作用の観測,
第10回「集積化MEMSシンボジウム」, 01am2-C-1-(3pp), 2018年11月.
14. 荒川 幸弘, 喜多 葉月, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
樹脂担持フラボペプチドの酸化触媒機能開拓,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
15. Yukihiro Arakawa :
Resin-supported flavopeptides that catalyze aerobic oxygenations,
67th SPSJ annual meeting, May 2018.
16. Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Development of Flavin-Amine Integrated Catalysts for Dual Photoredox and Enamine Catalysis,
日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
17. Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations,
日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
18. Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Development of Flavinium-Resins as Readily Available Oxidation Organocatalysts,
日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
19. 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
N5-無置換中性フラビン分子を触媒とする酸素酸化Baeyer-Villiger反応,
日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
20. NGUYEN THI TUYET MAI, 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
アセチルアセトンをプロ求核剤とする環状ニトロンα位の直接アセトニル化反応,
日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
21. 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
主鎖にグアニジノ基を配列したキラルポリマーの合成とその触媒作用,
日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
22. 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 :
イミノビオチン修飾グラフェンによるアビジン吸着特性の pH 制御,
第65回応用物理学会春季学術講演会(応物2018春), No.18a-C202-10, 15-057-(1pp), 2018年3月.
23. 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 :
分子修飾技術を用いたグラフェン表面のタンパク質吸着抑制,
平成 29 年度第 4 回半導体エレクトロニクス部門委員会・講演会, P10-(4pp), 2018年1月.
24. 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 光永 健二 :
学部生と大学院生のティーチングアシスタントチームによる高大院連携化学実験出張講義,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2018年1月.
25. 山野本 健, 喜多 葉月, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
酵素類似酸化能を実現する含フラビンペプチドの理論設計,
第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月.
26. 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビニウムレジン触媒を用いる酸素酸化反応,
第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月.
27. 荒川 幸弘 :
高分子の特徴を活かした高機能フラビン触媒の開発,
第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
28. 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
ジカルボジイミドとジアミンの付加反応によるキラルグアニジンポリマーの合成とその触媒作用,
第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
29. 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
樹脂担持フラボペプチド触媒による酵素類似のBaeyer-Villiger酸化反応,
第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
30. 余宮 佑輔, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
含フラビンポリ(N-アシルデヒドロアラニン)の合成とその触媒作用,
第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月.
31. 酒井 拓哉, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 :
不均一系高分子触媒として機能するフラビニウム–アニオン性キチン錯体の開発とその酸化触媒能,
第50回酸化反応討論会, 2017年11月.
32. Mai Thi Tuyet Nguyen, 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
アセチルアセトンをプロ求核剤とする環状ニトロンα位の直接アセトニル化反応,
2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
33. 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
短いペプチド鎖を有するN5位無置換中性フラビン分子触媒によるBaeyer-Villiger酸化反応,
2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
34. 藤井 博基, 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
可視光照射によるチオールラジカルカチオンの生成とその酸触媒作用,
2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
35. 桒原 和磨, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビニウムカチオンのモンモリロナイトへの固定化とその触媒作用,
2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
36. 岡本 卓真, 上田 峻, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フローマイクロリアクターを利用したキラルニトロンへの求核付加反応,
2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
37. 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 :
ホスホリルコリン修飾グラフェンのタンパク質吸着特性,
第9回「集積化MEMSシンボジウム」, 02am2-B-2-(3pp), 2017年11月.
38. 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 :
オルフェナドリンとヒト血清アルブミンとの相互作用,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
39. 荒川 幸弘, 山野本 健, 喜多 葉月, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
40. 枝連 未奈里, 田仲 桃子, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 右手 浩一 :
イソタクチックポリメタクリル酸の段階的エステル化で生成する共重合体の連鎖制御と連鎖解析:二官能性グアニジンによる部分的中和,
第66回高分子討論会, 2017年9月.
41. 杉岡 賢人, 谷口 嘉昭, 三木 翼, 田原 雅章, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人 :
SiC グラフェンを用いた親水化処理における修飾分子依存性,
第78回応用物理学会秋季学術講演会(応物2017秋), No.8a-C16-16, 15-186-(1pp), 2017年9月.
42. 酒井 拓哉, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 :
不均一系キチン担持フラビニウム触媒の開発と過酸化水素による触媒的酸化反応への応用,
第33回若手化学者のための化学道場, 2017年9月.
43. 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 :
ホスホリルコリン修飾によるグラフェン表面のタンパク質吸着抑制,
電子デバイス研究会(ED), 13, 2017年8月.
44. 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 :
カルビノキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用,
第66回高分子学会年次大会, 2017年5月.
45. 酒井 拓哉, 雲井 拓磨, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 :
イオン間相互作用を用いてアニオン性キチン誘導体に固定化した不均一系フラビニウム触媒の開発,
日本化学会第97春季年会, 2017年3月.
46. Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Mechanistic Aspect of Photoinduced -Oxyamination of Aldehydes Catalyzed by Flavin-Amine Integrated Molecules,
The 97th CSJ annual meeting, Mar. 2017.
47. 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 :
化学実験出張講義への外国人研究者・留学生の参加―グローバル化を目指した高大連携,
大学教育カンファレンス in 徳島, 46-47, 2016年12月.
48. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
Flavin Catalysis with Photoredox Activity Under Blue LED Irradiation,
LED総合フォーラム2016 in 徳島, 2016年12月.
49. 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
Thioacetalization of Aldehydes Using a Flavin Catalyst and Blue LED Irradiation,
LED総合フォーラム2016 in 徳島, 2016年12月.
50. 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
酵素類似の酸素酸化触媒機能を有するN(5)-無置換中性フラビン分子の開発,
第9回有機触媒シンポジウム, 2016年12月.
51. 酒井 拓哉, 雲井 拓磨, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 :
種々のカウンターアニオンを有する1,10-架橋型フラビニウムカチオンの酸化触媒能と高分子担持触媒への応用,
第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
52. 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
短いペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による酵素類似の酸素酸化反応,
第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
53. 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビニウムレジン触媒を用いる酸化反応,
第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
54. 有木 健太, 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
多孔性含フラビンポリマーの合成とその触媒作用,
第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
55. 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
可視光照射を鍵とするアルデヒドのチオアセタール化反応,
第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
56. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン分子によるフォトレドックス触媒反応系の開発,
第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
57. 粟谷 皐平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
含フラビンポリマーマイクロスフィアの調製とその触媒作用,
第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
58. 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 :
含フラビンポリメタクリル酸の合成とその触媒作用,
第49回酸化反応討論会, 2016年11月.
59. 酒井 拓哉, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 :
1,10-架橋型フラビニウムカチオンを担持した硫酸化キチンの合成と触媒的酸化反応への応用,
2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
60. 馬部 翔伍, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 直田 健, 今田 泰嗣 :
フラビン骨格を有するグルコース誘導体のゲル化と触媒作用,
2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
61. 林 晃己, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
ジカルボジイミドとジアミンの付加反応による大環状グアニジン化合物の合成とその触媒作用,
2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
62. 悴山 榛香, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
ケトニトロンとカルボジイミドによる[3+2]環化付加反応,
2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
63. 田仲 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
アキラルなジグアニジンとキラルな酸との塩形成を鍵とする不斉有機塩基触媒の開発,
2016年日本化学会中国四国大会, 2016年11月.
64. 三木 翼, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣 :
ホスホリルコリン基を有するピレン誘導体の合成,
2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
65. 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 :
高分子反応による高分子担持型フラビン触媒の合成及び触媒機能評価,
2016日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
66. 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 :
フェニルトロキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用,
高分子討論会, 2016年9月.
67. 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発,
高分子討論会, 2016年9月.
68. 押村 美幸, 寺井 裕貴, 荒川 幸弘, 平野 朋広, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 右手 浩一 :
チオウレア型およびグアニジン型有機分子触媒を用いたrac-ラクチドの開環重合,
第65回高分子討論会, 2016年9月.
69. 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
ペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による触媒的酸素酸化,
第48回 若手ペプチド夏の勉強会, 2016年7月.
70. 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 :
トリペレナミンとヒト血清アルブミンとの相互作用,
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
71. 板東 貴典, 戸田 祐次, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 :
α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた温度応答性ハ イブリッドゲルの合成,
第65回高分子学会年次大会, 2016年5月.
72. 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
空気酸化によるフラビニウム塩生成反応,
日本化学会第96春季年会, 2016年3月.
73. 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
N(5)-無置換中性フラビン分子を用いたスルフィドの触媒的酸素酸化反応,
日本化学会第96春季年会, 2016年3月.
74. 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
ブレンステッド酸触媒によるヒドラジンを水素源とするオレフィン水素化反応,
日本化学会第96春季年会, 2016年3月.
75. Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada :
Design of Flavin-Amine Integrated Catalysts for Photoredox Reactions,,
日本化学会第96春季年会, Mar. 2016.
76. 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
ペプチド鎖を有するフラビン分子による触媒的酸素酸化反応,
「有機分子触媒による未来型分子変換」 第6回 公開シンポジウム, 2016年1月.
77. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビンーアミン複合型触媒によるアルデヒドの光誘起αーオキシアミノ化反応,
「有機分子触媒による未来型分子変換」 第6回 公開シンポジウム, 2016年1月.
78. 南川 慶二, 安澤 幹人, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 :
中学・高校への化学実験出張講義におけるティーチングアシスタントの役割と継続的改善,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2016年1月.
79. 宮本 拓弥, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 :
アミノアルコールを中間体とする光学活性1,2-グアニジノチオールの合成,
エレクロトレオロジー研究会第35回例会, 2015年12月.
80. 柏木 諒, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 :
無保護α-アミノ酸からの2-イミノヒダントインのワンポット合成,
エレクロトレオロジー研究会第35回例会, 2015年12月.
81. 石坂 森一郎, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人, 田中 正己 :
リン脂質類似双性イオン側鎖を持つポリマーの合成,
エレクロトレオロジー研究会第35回例会, 2015年12月.
82. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
アミンーフラビン一体型分子の合成とその触媒作用,
2015年日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月.
83. 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
ブレンステッド酸触媒を用いたニトロンへの求核付加反応,
2015年日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月.
84. 上田 峻, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フローマイクロリアクターを用いたニトロンへの求核付加反応,
2015年日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月.
85. 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
官能基化ポリスチレンを担体とする固定化中性フラビンの触媒作用,
第30回中国四国地区高分子若手研究会 「高分子科学のいま,これから」, 2015年11月.
86. 戸田 祐次, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 :
α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いたナノコンポジットゲルの合成,
第30回中国四国地区高分子若手研究会 「高分子科学のいま,これから」, 2015年11月.
87. 渡邉 知也, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人, 田中 正己 :
フルオレン構造を有する環状リン酸エステルの合成と重合,
第30回中国四国地区高分子若手研究会 「高分子科学のいま,これから」, 2015年11月.
88. 戸田 祐次, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 :
α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた有機ー無機ハイブリッドゲルの合成,
プラスチック成形加工学会第23回秋季大会成形加工シンポジア'15, 2015年11月.
89. 渡邉 知也, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人, 田中 正己 :
フルオレン構造を有する環状リン酸エステルの合成及びその開環重合によるフィルム形成,
プラスチック成形加工学会第23回秋季大会成形加工シンポジア'15, 2015年11月.
90. 荒川 幸弘, 田上 拓磨, 三原 知大, 河内 梨紗, 大西 崇裕, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
N(5)-無置換中性フラビン分子の触媒機能開発,
第48回酸化反応討論会, 2015年10月.
91. 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
カチオン性フラビン触媒の新規合成法の開発,
第48回酸化反応討論会, 2015年10月.
92. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起α-オキシアミノ化反応,
第48回酸化反応討論会, 2015年10月.
93. 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応,
第48回酸化反応討論会, 2015年10月.
94. 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
含フラビン架橋ポリスチレンの合成と触媒作用,
第48回酸化反応討論会, 2015年10月.
95. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン触媒によるアルデヒドのα-オキシアミノ化反応,
第5回 CSJ化学フェスタ, 2015年10月.
96. 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応,
第5回 CSJ化学フェスタ2015, 2015年10月.
97. 荒川 幸弘 :
フラビン分子を有機フォトレドックス触媒とする分子変換反応の開拓,
第4回有機分子触媒 若手セミナー, 2015年10月.
98. 荒川 幸弘, 河内 梨紗, 大西 崇裕, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
官能基化ポリスチレンを担体とする固定化中性フラビンの触媒作用,
第64回高分子討論会, 2015年9月.
99. 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 :
メタピリレンとヒト血清アルブミンとの相互作用,
第64回高分子討論会, 2015年9月.
100. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起α-オキシアミノ化反応,
第31回若手科学者のための化学道場, 2015年8月.
101. 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 :
ヒドロキシジンとヒト血清アルブミンとの相互作用,
高分子学会第63回年次大会, 2015年5月.
102. 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応,
第8回 有機触媒シンポジウム「有機分子触媒による未来型分子変換」 第5回 公開シンポジウム, 2015年5月.
103. 荒川 幸弘, 大西 崇裕, 幸田 貴大, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
陽イオン交換樹脂担持型カチオン性フラビン分子の調製とその触媒作用,
第8回 有機触媒シンポジウム「有機分子触媒による未来型分子変換」 第5回 公開シンポジウム, 2015年5月.
104. 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
含フラビンポリスチレンの合成と触媒作用,
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
105. 上田 峻, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フローマイクロリアクターを用いたニトロンへの求核付加反応,
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
106. 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応,
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
107. 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン分子を触媒としたフォトレドックス反応,
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
108. 幸田 貴大, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
陽イオン交換樹脂担持型カチオン性フラビン分子の酸化触媒作用,
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
109. 大西 崇裕, 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
カチオン性フラビン分子調製法の開発,
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
110. 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
アミノ基含有樹脂へのフラビン分子触媒の担持,
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
111. 南川 慶二, 安澤 幹人, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 :
ティーチングアシスタントを主体とする高大院連携化学実験の実践と評価,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
112. 大西 崇裕, 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
陽イオン交換樹脂を利用するカチオン性フラビンの調製と触媒反応,
2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月.
113. 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
フラビン分子触媒のレジンへの担持と触媒作用,
2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月.
114. 芥川 遼, 南川 慶二, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣 :
LDH固定化フラビン触媒の合成とその触媒作用,
2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月.
115. 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
含フラビン架橋ポリスチレンの合成と触媒作用,
第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月.
116. 戸田 祐次, 坂東 貴典, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 :
α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた有機ー無機ハイブリッド材料の合成,
第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月.
117. 幸田 貴大, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
陽イオン交換樹脂を利用するカチオン性フラビンの調製と触媒反応,
第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月.
118. 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 :
トリプロリジンとヒト血清アルブミンとの相互作用,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
119. 荒川 幸弘, 大西 崇裕, 幸田 貴大, 佐藤 文彬, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
高分子固定化フラビン触媒の開発,
第63回高分子討論会, 2014年9月.
120. 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘, Inas Hazzaa Hafez, Mohamed Reda Berber, 森 健 :
セチリジンとヒト血清アルブミンとの相互作用,
第63回高分子学会年次大会, 2014年5月.
121. 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
多孔性高分子固定化フラビンの合成とこれを触媒とするオレフィンの水素添加反応,
日本化学会第94春季年会, 2014年3月.
122. 荒川 幸弘, Helma Wennemers :
固定化ペプチド触媒を用いたバッチ系およびフロー条件下での不斉炭素-炭素結合形成反応,
2013年 日本化学会中国四国支部大会 若手特別講演, 2013年11月.
123. 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 :
多孔性高分子固定化フラビンの合成とその触媒作用,
第33回有機合成若手セミナー, 2013年8月.
124. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
高分子固定化型光学活性第四級アンモニウム塩の合成と不斉反応への応用III,
第57回高分子討論会, 2O17, 2008年9月.
125. 荒川 幸弘 :
高分子固定化型不斉有機分子触媒の合成と不斉反応への応用,
第125回東海高分子研究会講演会(夏季合宿), 2008年9月.
126. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
光学活性第四級アンモニウム塩の高分子への新規固定化法と不斉アルキル化反応における触媒能,
日本化学会第88回春季年会, 2J1-15, 2008年3月.
127. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
高分子固定化型光学活性第四級アンモニウム塩の合成と不斉反応への応用II,
第56回高分子討論会, 2D17, 2007年9月.
128. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
高分子固定化型光学活性第四級アンモニウム塩の合成と不斉反応への応用,
第56回高分子学会年次大会, 2M25, 2007年5月.
129. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
新規光学活性第四級アンモニウム塩の合成,
日本化学会第87回春季年会, 3C6-10, 2007年3月.
130. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
水系反応に使用可能なスルホン酸塩型高分子不斉触媒の開発II,
第55回高分子討論会, 3B08, 2006年9月.
131. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
水系反応に使用可能なスルホン酸塩型高分子不斉触媒の開発,
第55回高分子学会年次大会, 3C19, 2006年5月.
132. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
スルホン酸塩型ペンダント基を有する高分子不斉触媒の開発と水系不斉反応への応用,
日本化学会第86回春季年会, 3H4-10, 2006年3月.
133. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
水系反応で使用可能な高分子固定化型不斉触媒の創成,
第21回コンビケム研究会, O7, 2005年9月.
134. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
高分子固定化型光学活性ジアミン誘導体の合成と不斉反応への応用,
第54回高分子学会年次大会, 3Pb044, 2005年5月.
135. 荒川 幸弘, 原口 直樹, 伊津野 真一 :
高分子固定化型光学活性ジアミン誘導体の合成と不斉反応への応用,
第13回ポリマー材料フォーラム, 2PA49, 2004年11月.
136. 荒川 幸弘, 田野 恵佑, 川口 正剛, 伊藤 浩一 :
疎水性重合末端基を有するPEOマクロモノマーを用いたスチレンの乳化共重合,
第52回高分子討論会, Ipc009, 2003年9月.

特許:

1. 北尾 久平, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : ジエポキシ化合物の製造方法, 特願2015-079601 (2015年4月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • N(5)位無置換フラビン分子の触媒機能の開拓 (研究課題/領域番号: 19K05457 )
  • レジン担持アロキサジン型フラビン触媒の開発 (研究課題/領域番号: 18K05124 )
  • 酵素類似酸素添加反応の高度なエナンチオ制御を実現するフラボペプチド触媒の開発 (研究課題/領域番号: 18K05108 )
  • 高い酸化活性を有する担持型N(5)-無置換中性フラビン分子触媒の開発 (研究課題/領域番号: 25620086 )
  • 研究者番号(70709203)による検索