検索:
徳島大学大学院社会産業理工学研究部生物資源産業学域食料科学系食料科学分野
徳島大学生物資源産業学部生物資源産業学科食料科学講座
徳島大学先端技術科学教育部物質生命システム工学専攻生命テクノサイエンスコース生物反応工学講座
徳島大学工学部生物工学科生物反応工学講座
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

分子生物学 (Molecular Biology), 応用微生物学 (Applied Microbiology)

研究テーマ

バイオマス資源を利用した機能性物質の微生物発酵生産

著書・論文

著書:

1. 安藤 晃規, 奥田 知生, 菊川 寛史, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 :
油糧微生物による種々のω3脂肪酸含有油脂の発酵生産,
株式会社 シーエムシー出版, 2021年4月.
2. 櫻谷 英治, 阪本 鷹行 :
廃グリセロールを利用した油脂発酵生産,
三恵社, 2016年11月.
3. 阪本 鷹行 :
化石燃料とキノコ酵素のややこしい関係,
日本生物工学会, 2015年.
(CiNii: 110010000775)

学術論文(審査論文):

1. Takaiku Sakamoto, Yuichi Kamegawa, Chinami Kurita, mizuho Kanoh, naomi Murakawa and Eiji Sakuradani :
Efficient production of biolipids by crude glycerol-assimilating fungi,
Bioresource Technology Reports, Vol.16, 100861, 2021.
(DOI: 10.1016/j.biteb.2021.100861)
2. Kasumi Nakagawa, Michiki Takeuchi, Mayu Kikuchi, Manami Tada, Takaiku Sakamoto, Kenji Kano, Jun Ogawa and Eiji Sakuradani :
Voltammetric in-situ monitoring of leuco-indigo in indigo-fermenting suspensions,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.131, No.5, 565-571, 2021.
(DOI: 10.1016/j.jbiosc.2021.01.005)
3. Brian KH Mo, Akinori Ando, Ryohei Nakatsuji, Tomoyo Okuda, Yuki Takemoto, Hiroyuki Ikemoto, Hiroshi Kikukawa, Takaiku Sakamoto, Eiji Sakuradani and Jun Ogawa :
Characterization of ω3 fatty acid desaturases from oomycetes and their application toward eicosapentaenoic acid production in Mortierella alpina,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.85, No.5, 1252-1265, 2021.
(DOI: 10.1093/bbb/zbaa123)
4. Takeru Koga, Takaiku Sakamoto, Eiji Sakuradani and Akihiro Tai :
Neurite Outgrowth-Promoting Activity of Compounds in PC12 Cells from Sunflower Seeds,
Molecules, Vol.25, No.20, 4748, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116242,   DOI: 10.3390/molecules25204748)
5. Kasumi Nakagawa, Michiki Takeuchi, Mayu Kikuchi, Suzuna Kiyofuji, Masami Kugo, Takaiku Sakamoto, Kenji Kano, Jun Ogawa and Eiji Sakuradani :
Mechanistic Insights into Indigo Reduction in Indigo Fermentation: A Voltammetric Study,
Electrochemistry, Vol.89, 25-30, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116295,   DOI: 10.5796/electrochemistry.20-00123,   CiNii: 130007965922)
6. Takaiku Sakamoto, Eiji Sakuradani, Tomoyo Okuda, Hiroshi Kikukawa, Akinori Ando, Shigenobu Kishino, Yoshihiro Izumi, Takeshi Bamba, Jun Shima and Jun Ogawa :
Metabolic engineering of oleaginous fungus Mortierella alpina for high production of oleic and linoleic acids,
Bioresource Technology, Vol.245, 1610-1615, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113896,   DOI: 10.1016/j.biortech.2017.06.089,   PubMed: 28673516)
7. Tomohiro Fujita, Hiroshi Kawashima, Eiji Sakuradani, Takaiku Sakamoto, Akinori Ando, Jun Ogawa and Sakayu Shimizu :
Essential fatty acids for oleaginous fungus Mortierella alpina,
Biocatalysis and Agricultural Biotechnology, Vol.8, 167-170, 2016.
(DOI: 10.1016/j.bcab.2016.08.011)
8. Tomoyo Okuda, Akinori Ando, Hiroaki Negoro, Tatsuya Muratsubaki, Hiroshi Kikukawa, Takaiku Sakamoto, Eiji Sakuradani, Sakayu Shimizu and Jun Ogawa :
Eicosapentaenoic acid (EPA) production by an oleaginous fungus Mortierella alpina expressing heterologous the Δ17 desaturase gene under ordinary temperature,
European Journal of Lipid Science and Technology : EJLST, Vol.117, No.12, 1919-1927, 2015.
(DOI: 10.1002/ejlt.201400657)
9. Tomoyo Okuda, Akinori Ando, Hiroaki Negoro, Hiroshi Kikukawa, Takaiku Sakamoto, Eiji Sakuradani, Sakayu Shimizu and Jun Ogawa :
Omega-3 eicosatetraenoic acid production by molecular breeding of the mutant strain S14 derived from Mortierella alpina 1S-4.,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.120, No.3, 299-304, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jbiosc.2015.01.014,   PubMed: 25845716,   Elsevier: Scopus)
10. Hiroshi Kikukawa, Eiji Sakuradani, Masato Nakatani, Akinori Ando, Tomoyo Okuda, Takaiku Sakamoto, Misa Ochiai, Sakayu Shimizu and Jun Ogawa :
Gene targeting in the oil-producing fungus Mortierella alpina 1S-4 and construction of a strain producing a valuable polyunsaturated fatty acid.,
Current Genetics, Vol.61, No.4, 579-589, 2015.
(DOI: 10.1007/s00294-015-0481-2,   PubMed: 25782448,   Elsevier: Scopus)
11. Takashi Suetomi, Takaiku Sakamoto, Yoshitaka Tokunaga, Toru Kameyama, Yoichi Honda, Hisatoshi Kamitsuji, Isamu Kameshita, Kousuke Izumitsu, Kazumi Suzuki and Toshikazu Irie :
Effects of calmodulin on expression of lignin-modifying enzymes in Pleurotus ostreatus.,
Current Genetics, Vol.61, No.2, 127-140, 2014.
(DOI: 10.1007/s00294-014-0460-z,   PubMed: 25407463)
12. Yuki Yao, Takaiku Sakamoto, Yoichi Honda, Yasuyuki Kagotani, Kousuke Izumitsu, Kazumi Suzuki and Toshikazu Irie :
The white-rot fungus pleurotus ostreatus transformant overproduced intracellular cAMP and laccase.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.77, No.11, 2309-2311, 2013.
(DOI: 10.1271/bbb.130470,   PubMed: 24200784)
13. Takaiku Sakamoto, Yoichi Honda, Isamu Kameshita, Kazumi Suzuki and Toshikazu Irie :
Isolation and heterologous expression of the Phanerochaete chrysosporium calmodulin gene,
Mycoscience, Vol.54, No.3, 241-246, 2013.
(DOI: 10.1016/j.myc.2012.09.017,   CiNii: 10031176391)
14. Takaiku Sakamoto, Yuki Yao, Yoshifumi Hida, Yoichi Honda, Takashi Watanabe, Wataru Hashigaya, Kazumi Suzuki and Toshikazu Irie :
A calmodulin inhibitor, W-7 influences the effect of cyclic adenosine 3', 5'-monophosphate signaling on ligninolytic enzyme gene expression in Phanerochaete chrysosporium.,
AMB Express, Vol.2, 7, 2012.
(DOI: 10.1186/2191-0855-2-7,   PubMed: 22273182)
15. Takaiku Sakamoto, Hironori Kitaura, Masahiko Minami, Yoichi Honda, Takashi Watanabe, Akio Ueda, Kazumi Suzuki and Toshikazu Irie :
Transcriptional effect of a calmodulin inhibitor, W-7, on the ligninolytic enzyme genes in Phanerochaete chrysosporium.,
Current Genetics, Vol.56, No.5, 401-410, 2010.
(DOI: 10.1007/s00294-010-0309-z,   PubMed: 20532887)
16. Masahiko Minami, Kazumi Suzuki, Akifumi Shimizu, Tomohiro Hongo, Takaiku Sakamoto, Naoki Ohyama, Hironori Kitaura, Akiho Kusaka, Kenji Iwama and Toshikazu Irie :
Changes in the gene expression of the white rot fungus Phanerochaete chrysosporium due to the addition of atropine.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.73, No.8, 1722-1731, 2009.
(DOI: 10.1271/bbb.80870,   PubMed: 19661694)

総説・解説:

1. 安藤 晃規, 奥田 知生, 菊川 寛史, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 :
油糧微生物による種々のω3脂肪酸含有油脂の発酵生産,
月刊バイオインダストリー, Vol.37, No.10, 3-13, 2020年10月.

国際会議:

1. Eiji Sakuradani, Naomi Murakawa, Konomi Ueno, Takaiku Sakamoto, Yuki Soma, Yoshihiro Izumi, Takeshi Bamba, Akinori Ando, Shigenobu Kishino and Jun Ogawa :
Molecular breeding using a fatty acid hydratase from a filamentous fungus,
The 15th International Symposium on Biocatalysis and Agricultural Biotechnology, Hiroshima, Sep. 2019.
2. Naomi Murakawa, Takaiku Sakamoto and Eiji Sakuradani :
Oxidized fatty acids produced by filamentous fungus Fusarium sp.,
The 1st International Symposium on Chemical Communication(ISCC2019), Tokyo, Jan. 2019.
3. Eiji Sakuradani, Naomi Murakawa and Takaiku Sakamoto :
Production of Microbial Lipids using Crude Glycerol.,
2018 AOCS Annual Meeting & Expo, Minnesota USA, May 2018.
4. Toshikazu Irie, Takashi Suetomi, Takaiku Sakamoto, Yoshitaka Tokunaga, Yoichi Honda, Hisatoshi Kamitsuji, Isamu Kameshita, Kousuk Izumitsu and Kazumi Suzuki :
Effects of CaM on manganese peroxidase expression in Pleurotus ostreatus.,
The 10th International Mycological Congress, Bangkok Thailand, Aug. 2014.
5. Eiji Sakuradani, Akinori Ando, Takaiku Sakamoto, Jun Shima, Sakayu Shimizu and Jun Ogawa :
Microbial Production of Various Polyunsaturated Fatty Acids by Molecular Breeding of oleaginous fungus Mortierella alpina,
The 1st International Symposium on Microbial Technology for Food and Energy Security, Bangkok Thailand, Nov. 2013.
6. Takaiku Sakamoto, Yoichi Honda, Isamu Kameshita, Takashi Watanabe, Kazumi Suzuki and Toshikazu Irie :
Screening of calmodulin-binding proteins expressed during ligninolytic enzyme production.,
IUMS2011: The Unlimited World of Microbes, Sapporo Japan, Sep. 2011.
7. Yuki Yao, Takaiku Sakamoto, Yoichi Honda, Takashi Watanabe, Wataru Hashigaya, Yoshihumi Hida, Kazumi Suzuki and Toshikazu Irie :
Effects of cAMP on ligninolytic enzymes production in Phanerochaete chrysosporium.,
IUMS2011: The Unlimited World of Microbes, Sapporo Japan, Sep. 2011.
8. Toshikazu Irie, Takaiku Sakamoto, Yuki Yao and Kazumi Suzuki :
Research on signaling pathways in ligninolytic enzyme expression.,
World Congress of Microbes-2011, Beijing China, Aug. 2011.
9. Takaiku Sakamoto, Masahiko Minami, Yoichi Honda, Takashi Watanabe, Kazumi Suzuki and Toshikazu Irie :
A calmodulin inhibitor, W-7 repressed expression of ligninolytic enzyme genes.,
The 9th International Mycological Congress, Edinburgh UK, Aug. 2010.
10. Toshikazu Irie, Takaiku Sakamoto and Kazumi Suzuki :
A study on signaling pathway of ligninolytic enzyme expression,
The 9th International Mycological Congress, Edinburgh UK, Aug. 2010.

国内講演発表:

1. 中川 香澄, 竹内 道樹, 菊池 真由, 阪本 鷹行, 小川 順, 加納 健司, 櫻谷 英治 :
藍染液中で起こるインジゴの酸化還元に関わる電子伝達メカニズムの解明,
第22回 生体触媒化学シンポジウム, 2020年12月.
2. 中川 香澄, 竹内 道樹, 菊池 真由, 阪本 鷹行, 小川 順, 加納 健司, 櫻谷 英治 :
藍染液中のインジゴ還元メカニズムの解明,
日本生物工学会西日本支部大会2020(第5回講演会), 2020年11月.
3. 古賀 武尊, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 田井 章博 :
ヒマワリ種子由来のPC12細胞における神経突起形成促進作用物質,
日本農芸化学会中四国支部第57回講演会(例会), 2020年9月.
4. 東 洸希, 中村 和弘, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
油糧糸状菌のSeipin様タンパク質遺伝子の機能解析,
日本農芸化学会中四国支部第57回講演会(例会), 2020年9月.
5. 北口 直樹, 楠 真緒, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
アグロバクテリウム法を用いたシイタケ形質転換法の開発,
日本農芸化学会中四国支部第57回講演会(例会), 2020年9月.
6. 島田 良美, 下平 武彦, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 安藤 晃規, 岸野 重信, 阪本 鷹行, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 :
油糧糸状菌Mortierella alpinaの分子育種による遊離脂肪酸生産株のリピドーム解析,
日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月.
7. 中川 香澄, 多田 真奈巳, 阪本 鷹行, 竹内 道樹, 加納 健司, 小川 順, 櫻谷 英治 :
藍染液の電気化学的解析によるインジゴの測定,
日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月.
8. 村川 直美, 阪本 鷹行, 上野 このみ, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 :
糸状菌Fusarium solani D2株由来オレイン酸水和酵素の機能解析,
日本農芸化学会中四国支部第56回講演会(例会), 2020年1月.
9. 池田 雄祐, 増田 成穂, 金崎 仁志, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
アスタキサンチン生産性ラビリンチュラの探索および育種,
日本農芸化学会 2019年度西日本・中四国支部合同大会, 2019年11月.
10. 中村 悠嗣, 江口 主馬, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
油糧微生物ラビリンチュラの育種による DHA高生産株の創製,
日本農芸化学会 2019年度西日本・中四国支部合同大会, 2019年11月.
11. 坂口 悠香, 中川 香澄, 髙野 仁美, 服部 結衣, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
海洋生物共生菌によるアルキルグリセロール生産,
日本農芸化学会 2019年度西日本・中四国支部合同大会, 2019年11月.
12. 吉﨑 万莉, 井上 朋美, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
灰色かび病菌Botrytis cinerea に抗菌特性を示す微生物の探索,
日本農芸化学会 2019年度西日本・中四国支部合同大会, 2019年11月.
13. 西川 和毅, 埴淵 滉貴, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
コール酸資化性菌におけるコール酸代謝経路の解析,
日本農芸化学会 2019年度西日本・中四国支部合同大会, 2019年11月.
14. 上野 このみ, 村川 直美, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 :
油糧糸状菌Mortierella alpinaの育種による10-ヒドロキシステアリン酸生産,
日本農芸化学会 2019年度西日本・中四国支部合同大会, 2019年11月.
15. 中村 和弘, 東 洸希, 阪本 鷹行, 島田 良美, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 :
油糧糸状菌Mortierella alpinaにおけるPerilipin様タンパク質の機能解析,
第19回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2019年11月.
16. 阪本 鷹行, 村川 直美, 上野 このみ, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 :
糸状菌Fusarium solani D2株から単離した脂肪酸水和酵素の機能解析,
第19回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2019年11月.
17. 野口 愛佳, 村川 直美, 上野 このみ, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
水酸化脂肪酸生産性糸状菌Fusarium solani D2株の形質転換法の開発,
第19回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2019年11月.
18. 松家 彩恵, 阪本 鷹行, 岡久 修己, 櫻谷 英治 :
自然界より単離した酵母の醸造特性評価,
日本農芸化学会2019年度大会, 2019年3月.
19. 村川 直美, 上野 このみ, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 :
糸状菌由来オレイン酸水和酵素遺伝子の機能解析,
日本農芸化学会2019年度大会, 2019年3月.
20. 中川 香澄, 多田 真奈巳, 西林 菜華, 阪本 鷹行, 清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 加納 健司, 小川 順, 櫻谷 英治 :
藍染液中の電子伝達に関わる微生物・反応促進物質の探索,
日本農芸化学会2019年度大会, 2019年3月.
21. 中村 悠嗣, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
油糧微生物ラビリンチュラにおけるDHA生産条件の検討,
日本農芸化学会中四国支部第52回講演会, 2018年9月.
22. 大塚 拓実, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
植物寄生菌の脂質解析,
日本農芸化学会中四国支部第52回講演会, 2018年9月.
23. 多田 真奈巳, 中川 香澄, 阪本 鷹行, 清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 小川 順, 櫻谷 英治 :
藍染液より単離した微生物の解析,
日本農芸化学会中四国支部第52回講演会, 2018年9月.
24. 清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 久郷 将見, 多田 真奈巳, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 :
インジゴ還元菌におけるメディエーターの影響とその機能解析,
日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
25. 村川 直美, 加納 みずほ, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 :
廃グリセロール資化性糸状菌が生産する脂肪酸代謝産物,
日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
26. 松家 彩恵, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
エタノール生産性天然酵母の単離および諸性質解明,
第9回 日本醸造学会若手シンポジウム, 2017年10月.
27. 阪本 鷹行, 太田 里咲, 楠 美波, 高野 仁美, 櫻谷 英治 :
スクアレン生産性酵母の探索と培養条件の検討,
日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
28. 加納 みずほ, 亀川 優一, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
廃グリセロール資化性菌による微生物油脂生産,
日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
29. 上田 堅人, 大塚 拓実, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
冬虫夏草の脂質解析,
日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会(第49回講演会), 2017年9月.
30. 松家 彩恵, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
自然界より単離したエタノール生産性酵母の諸性質解明,
日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
31. 清藤 鈴奈, 竹内 道樹, 久郷 将見, 四方田 和弥, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 :
インジゴ還元能の定量的評価法を用いたインジゴ還元菌の探索及び機能解析,
日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
32. 久郷 将見, 竹内 道樹, 四方田 和弥, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 小川 順 :
インジゴ還元菌の探索及び定量的評価法を用いる機能解析,
日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
33. 井出 紗奈江, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順, 櫻谷 英治 :
油糧糸状菌 Mortierella alpina から誘導したリシノール酸生産変異株について,
日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
34. 高野 仁美, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
海洋性微生物のジピコリン酸生産性評価,
日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
35. 井本 篤志, 栗山 和也, 阪本 鷹行, 左近 静香, 泉津 弘佑, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
Phanerochaete chrysosporium における aldo-keto還元酵素AKR1,
日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
36. 櫻谷 英治, 阪本 鷹行, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順 :
リシノール酸生産を目指した油糧微生物 Mortierella alpina の分子育種,
第7回 学際的脂質創生研究部会講演会, 2017年1月.
37. 和泉 自泰, 安藤 晃規, 阪本 鷹行, 岸野 重信, 相馬 悠希, 福崎 英一郎, 櫻谷 英治, 島 純, 小川 順, 馬場 健史 :
メタボローム解析による油糧微生物の脂質生産性向上のための代謝改変戦略の立案,
第7回 学際的脂質創生研究部会講演会, 2017年1月.
38. 岡 直宏, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 團 昭紀, 濵野 龍夫 :
有用海藻Agardhiella subulataの脂肪酸分析について,
第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
39. 阪本 鷹行, 森下 賢志, 富永 康子, 濱野 百花, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順, 櫻谷 英治 :
油糧糸状菌Mortierella alpinaの分子育種によるリシノール酸生産,
第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
40. 梶浦 雅斗, 加納 みずほ, 亀川 優一, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
廃グリセロール資化性菌の探索と微生物油脂生産への応用,
第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
41. 四方田 和弥, 阪本 鷹行, 尾下 竜次, 久郷 将見, 竹内 道樹, 小川 順, 櫻谷 英治 :
インジゴ還元に関わる微生物の探索及び機能性評価,
第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
42. 富永 康子, 濱野 百花, 阪本 鷹行, 井出 紗奈江, 菊川 寛史, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 小川 順, 櫻谷 英治 :
リシノール酸高生産株の作製とその脂質解析,
第16回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2016年11月.
43. 阪本 鷹行, 富永 康子, 井出 紗奈江, 奥田 知生, 安藤 晃規, 岸野 重信, 和泉 自泰, 馬場 健史, 島 純, 櫻谷 英治, 小川 順 :
油糧糸状菌におけるリシノール酸生産株の分子育種,
第16回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2016年11月.
44. 左近 静香, 阪本 鷹行, 泉津 弘佑, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
Phanerochaete chrysosporiumにおけるCaM相互作用性アルドケト還元酵素,
日本菌学会 第60回大会, 2016年9月.
45. 亀川 優一, 加納 みずほ, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
廃グリセロールを利用した微生物油脂生産,
日本農芸化学会2016年度中四国支部大会, 2016年9月.
46. 亀川 優一, 栗田 千波, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治 :
グリセロールを利用した微生物油脂生産,
第6回学際的脂質創生研究部会講演会, 2016年1月.
47. 和泉 自泰, 安藤 晃規, 阪本 鷹行, 光永 均, 中尾 素直, 岸野 重信, 福崎 英一郎, 櫻谷 英治, 島 純, 小川 順, 馬場 健史 :
油糧糸状菌Mortierella alpinaのメタボローム解析,
第67回日本生物工学会大会, 2015年10月.
48. 和泉 自泰, 安藤 晃規, 阪本 鷹行, 光永 均, 中尾 素直, 岸野 重信, 福崎 英一郎, 櫻谷 英治, 島 純, 小川 順, 馬場 健史 :
油糧微生物 Mortierella alpinaのメタボローム解析,
第9回メタボロームシンポジウム, 2015年10月.
49. 湯浅 雄介, 阪本 鷹行, 清水 昌, 小川 順, 櫻谷 英治 :
ステロール生産性 Mortierella alpina の形質転換系の確立,
日本農芸化学会 中四国支部第42回講演会, 2015年6月.
50. 阪本 鷹行, 菊川 寛史, 安藤 晃規, 櫻谷 英治, 落合 美佐, 島 純, 清水 昌, 小川 順 :
油糧微生物Mortierella alpina 1S-4株におけるΔ6不飽和化酵素遺伝子をターゲットとした分子育種株の構築,
日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月.
51. 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 安藤 晃規, 島 純, 小川 順 :
オレイン酸及びリノール酸高生産を目的としたMortierella alpinaの分子育種,
第14回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2014年11月.
52. 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 安藤 晃規, 島 純, 小川 順 :
Mortierella alpinaにおけるオレイン酸及びリノール酸高生産株の分子育種,
第66回 日本生物工学会大会, 2014年9月.
53. 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 安藤 晃規, 島 純, 小川 順 :
オレイン酸及びリノール酸高蓄積性Mortierella alpinaの育種,
生物工学若手研究者の集い, 2014年7月.
54. 末冨 高志, 阪本 鷹行, 徳永 祥孝, 本田 与一, 亀下 勇, 鈴木 一実, 泉津 弘佑, 入江 俊一 :
カルモデュリン遺伝子組換えヒラタケにおけるマンガンペルオキシダーゼアイソザイム遺伝子の発現様式,
第64回 日本木材学会大会, 2014年3月.
55. 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 安藤 晃規, 島 純, 小川 順 :
油糧微生物Mortierella alpinaにおけるオレイン酸及びリノール酸生産性の向上,
日本農芸化学会2014年度大会, 2014年3月.
56. 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 安藤 晃規, 島 純, 小川 順 :
Mortierella alpinaの分子育種によるオレイン酸生産,
第4回 学際的脂質創生研究部会講演会, 2014年1月.
57. 末冨 高志, 阪本 鷹行, 徳永 祥孝, 本田 与一, 泉津 弘佑, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
ヒラタケのリグニン分解酵素発現調節機構におけるカルモデュリンの役割,
第13回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2013年11月.
58. 菊川 寛史, 浅岡 卓也, 櫻谷 英治, 奥田 知生, 安藤 晃規, 阪本 鷹行, 島 純, 小川 順 :
油糧微生物Mortierella alpina 1S-4における外来不飽和化酵素遺伝子発現による高度不飽和脂肪酸生産,
第65回 日本生物工学会大会, 2013年9月.
59. 阪本 鷹行, 矢尾 祐樹, 本田 与一, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
Gタンパク質αサブユニット遺伝子点突然変異がヒラタケのラッカーゼ生産に与える効果,
日本農芸化学会2013年度大会, 2013年3月.
60. 徳永 祥孝, 阪本 鷹行, 本田 与一, 亀田 勇, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
ヒラタケのリグイン分解酵素活性発現におけるカルモデュリン遺伝子の機能,
第63回 日本木材学会大会, 2013年3月.
61. 矢尾 祐樹, 阪本 鷹行, 岡村 沙樹, 本田 与一, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
ヒラタケのリグニン分解酵素活性発現におけるサイクリックAMPシグナル伝達関連遺伝子の機能,
第63回 日本木材学会大会, 2013年3月.
62. 熊野 翔太, 田村 美理, 小篠 貴臣, 泉津 弘佑, 阪本 鷹行, 北浦 博法, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
Phanerochaete chrysosporium自然突然変異株由来のカルボキシン耐性遺伝子,
日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月.
63. 阪本 鷹行, 矢尾 祐樹, 上田 美波, 本田 与一, 亀下 勇, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
リグニン分解酵素発現におけるカルモデュリンの働き,
日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月.
64. 阪本 鷹行, 本田 与一, 渡辺 隆司, 大山 尚毅, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
リグニン分解酵素の発現を調節するカルモデュリン相互作用タンパクの検索,
第61回 日本木材学会大会, 2011年3月.
65. 矢尾 祐樹, 阪本 鷹行, 橋ヶ谷 渉, 肥田 嘉文, 鈴木 一実, 本田 与一, 渡辺 隆司, 入江 俊一 :
リグニン分解酵素発現におけるcAMPシグナルの作用,
日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月.
66. 阪本 鷹行, 北浦 博法, 南 正彦, 上田 暁生, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
カルモデュリン阻害条件におけるPhanerochaete chrysosporiumリグニン分解酵素アイソザイム群の発現様式,
第9回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2009年11月.
67. 阪本 鷹行, 北浦 博法, 南 正彦, 上田 暁生, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
Phanerochaete chrysosporiumのリグニン分解酵素発現におけるカルモデュリン阻害剤の影響,
第54回 リグニン討論会, 2009年8月.
68. 阪本 鷹行, 南 正彦, 上田 暁生, 鈴木 一実, 入江 俊一 :
Phanerochaete chrysosporiumリグニン分解酵素発現におけるカルモデュリン阻害剤の影響,
日本菌学会 第53回大会, 2009年8月.
69. 南 正彦, 鈴木 一実, 清水 顕史, 大山 尚毅, 阪本 鷹行, 入江 俊一 :
LongSAGE法によるPhanerochaete chrysosporiumリグニン分解酵素発現に関与する遺伝子の検索,
第8回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 2008年11月.
70. 南 正彦, 清水 顕史, 鈴木 一実, 森 真理, 本郷 朋博, 大山 尚毅, 草加 明歩, 阪本 鷹行, 入江 俊一 :
Phanerochaete chrysosporiumリグニン分解酵素発現におけるアトロピン非抑制遺伝子検索,
第57回 日本木材学会大会, 2007年8月.

その他・研究会:

1. 阪本 鷹行, 村川 直美, 上野 このみ, 安藤 晃規, 岸野 重信, 相馬 悠希, 和泉 自泰, 馬場 健史, 小川 順, 櫻谷 英治 :
糸状菌に由来する脂肪酸水和酵素の機能解析,
酵素・補酵素研究会2019, 2019年7月.
2. 櫻谷 英治, 村川 直美, 阪本 鷹行 :
糸状菌Fusarium sp.由来オレイン酸水和酵素遺伝子の機能解析,
化学コミュニケーションのフロンティア 第5回公開シンポジウム, 2019年6月.
3. 阪本 鷹行 :
キノコは錬金術師? ∼森の分解と物質生産∼,
日本農芸化学会 中四国支部 第 28 回若手研究者シンポジウム, 2018年6月.
4. 阪本 鷹行 :
もっと知りたいキノコという名の微生物 ∼キノコがつくる薬と毒∼,
公益財団法人国際科学技術財団 「やさしい科学技術セミナー」, 2016年10月.

特許:

1. 入江 俊一, 矢尾 祐樹, 阪本 鷹行, 鈴木 一実 : 真正担子菌のラッカーゼ産生能を増加させる方法, 特願2012-265662 (2012年12月), 特開2014-108103 (2014年6月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ポリマー生産を目的とした糸状菌嫌気的脂質代謝機構の解明 (研究課題/領域番号: 20K15436 )
  • 海洋生物の腸管に共生する海洋性微生物を利用した希少脂質生産法の開発 (研究課題/領域番号: 17K07723 )
  • 研究者番号(90740332)による検索