検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 病理系 > 疾患病理学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1802003 がんの統合的診断・治療を目指した分子から組織のマルチスケール・バイブレーショナル光学顕微鏡の創成 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 生体防御腫瘍医学講座 > 疾患病理学分野 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 生体防御腫瘍医学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

病理学 (Pathology)

研究テーマ

NASH線維化の病態解明と治療法の確立 (NASHモデル, 肝線維化モデル, 高脂肪コレステロール食, マクロファージ (macrophage))

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Ayumi Fukuda, Marin Sasao, Eri Asakawa, Sumire Narita, Mei Hisano, Kazuhito Suruga, Mayuko Ichimura, Koichi Tsuneyama, Kazunari Tanaka and Katsuhisa Omagari :
Dietary fat, cholesterol, and cholic acid affect the histopathologic severity of nonalcoholic steatohepatitis in Sprague-Dawley rats,
Pathology, Research and Practice, Vol.215, No.11, 152599, 2019.
(DOI: 10.1016/j.prp.2019.152599,   PubMed: 31564568,   Elsevier: Scopus)
2. Katsuhisa Omagari, Eri Asakawa, Marin Sasao, Sumire Narita, Mei Hisano, Ayumi Fukuda, Kazuhiro Suruga, Mayuko Ichimura and Koichi Tsuneyama :
Age-related alterations of nonalcoholic steatohepatitis in Sprague-Dawley rats fed a high-fat and high-cholesterol diet.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.65, No.4, 349-356, 2019.
(DOI: 10.3177/jnsv.65.349,   PubMed: 31474685,   Elsevier: Scopus)
3. Katsuhisa Omagari, Ayumi Fukuda, Machiko Suga, Ayumi Ogata, Shinta Nishioka, Kazuhito Suruga, Mayuko Ichimura and Koichi Tsuneyama :
Peptides Obtained by Enzymatic Decomposition of Mackerel Prevent Nonalcoholic Steatohepatitis in Sprague-Dawley Rats fed a High-fat and High-cholesterol Diet,
OBM Hepatology and Gastroenterology, Vol.2, No.3, 2018.
(DOI: 10.21926/obm.hg.1803008)
4. Ryosuke Nagatomo, Yasuki Okada, Mayuko Ichimura, Koichi Tsuneyama and Koichi Inoue :
Application of 2-Picolylamine Derivatized Ultra-high Performance Liquid Chromatography Tandem Mass Spectrometry for Determination of Short-chain Fatty Acids in Feces Samples.,
Analytical Sciences, Vol.34, No.9, 1031-1036, 2018.
(DOI: 10.2116/analsci.18SCP10,   PubMed: 30078818)
5. Katsuhisa Omagari, Kazuhito Suruga, Akira Kyogoku, Satomi Nakamura, Ai Sakamoto, Shinta Nishioka, Mayuko Ichimura, Yuji Miyata, Koichi Tajima, Koichi Tsuneyama and Kazunari Tanaka :
A fermented mixed tea made with camellia (Camellia japonica) and third-crop green tea leaves prevents nonalcoholic steatohepatitis in Sprague-Dawley rats fed a high-fat and high-cholesterol diet.,
Hepatobiliary Surgery and Nutrition, Vol.7, No.3, 175-184, 2017.
(DOI: 10.21037/hbsn.2017.08.03,   PubMed: 30046568)
6. Kotaro Matsumoto, Mayuko Ichimura, Koichi Tsuneyama, Yuki Moritoki, Hiromichi Tsunashima, Katsuhisa Omagari, Masumi Hara, Ichiro Yasuda, Hiroshi Miyakawa and Kentaro Kikuchi :
Fructo-oligosaccharides and intestinal barrier function in a methionine-choline-deficient mouse model of nonalcoholic steatohepatitis.,
PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0175406, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112342,   DOI: 10.1371/journal.pone.0175406,   PubMed: 28632732)
7. Akari Minami, Mako Ogino, Noriko Nakano, Mayuko Ichimura, Atsuko Nakanishi, Toshiyuki Murai, Yasuko Kitagishi and Satoru Matsuda :
Roles of oncogenes and tumor-suppressor genes in osteoclastogenesis (Review).,
International Journal of Molecular Medicine, Vol.39, No.2, 261-267, 2017.
(DOI: 10.3892/ijmm.2017.2847,   PubMed: 28075460)
8. Noriko Nakano, Satoru Matsuda, Mayuko Ichimura, Akari Minami, Mako Ogino, Toshiyuki Murai and Yasuko Kitagishi :
PI3K/AKT signaling mediated by G protein-coupled receptors is involved in neurodegenerative Parkinson's disease (Review).,
International Journal of Molecular Medicine, Vol.39, No.2, 253-260, 2016.
(DOI: 10.3892/ijmm.2016.2833,   PubMed: 28000847)
9. Mayuko Ichimura, Miki Masuzumi, Miku Kawase, Mika Sakaki, Shizuka Tamaru, Yasuo Nagata, Kazunari Tanaka, Kazuhito Suruga, Koichi Tsuneyama, Satoru Matsuda and Katsuhisa Omagari :
A diet-induced Sprague-Dawley rat model of nonalcoholic steatohepatitis-related cirrhosis.,
The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.40, 62-69, 2016.
(DOI: 10.1016/j.jnutbio.2016.10.007,   PubMed: 27863346)
10. Mayuko Ichimura, Miku Kawase, Miki Masuzumi, Mika Sakaki, Yasuo Nagata, Kazunari Tanaka, Kazuhito Suruga, Shizuka Tamaru, Shigeko Kato, Koichi Tsuneyama and Katsuhisa Omagari :
High-fat and high-cholesterol diet rapidly induces non-alcoholic steatohepatitis with advanced fibrosis in Sprague-Dawley rats.,
Hepatology Research, Vol.45, No.4, 458-469, 2014.
(DOI: 10.1111/hepr.12358,   PubMed: 24827559)
11. Katsuhisa Omagari, Chisato Yoshikawa, Shin-ichi Inoue, Yuna Tanaka, Toshie Murayama, Mayuko Ichimura, Ayako Miyata, Sawako Mori, Mai Kamogawa, Eri Hirao, Shigeko Kato, Kazuhito Suruga and Koichi Tsuneyama :
Abdominal subcutaneous adipose tissue accumulation is positively correlated with hepatic steatosis in Sprague-Dawley rats,
Acta Medica Nagasakiensia, Vol.59, No.2, 47-56, 2014.
(DOI: 10.11343/amn.59.47,   CiNii: 130004879533,   Elsevier: Scopus)
12. Mayuko Ichimura, Shigeko Kato, Koichi Tsuneyama, Sachiko Matsutake, Mai Kamogawa, Eri Hirao, Ayako Miyata, Sawako Mori, Noriaki Yamaguchi, Kazuhito Suruga and Katsuhisa Omagari :
Phycocyanin prevents hypertension and low serum adiponectin level in a rat model of metabolic syndrome.,
Nutrition Research, Vol.33, No.5, 397-405, 2013.
(DOI: 10.1016/j.nutres.2013.03.006,   PubMed: 23684441)

学術論文(紀要・その他):

1. Katsuhisa Omagari, Shigeko Kato, Koichi Tsuneyama, Hideki Hatta, Mayuko Ichimura, Chisato Urata, Yasuko Sumiyama, Ayako Nishizaki, Sakiko Hashimoto, Mai Harada, Shizuka Tamaru and Kazunari Tanaka :
The Effect of Olive Leaf Extract on Hepatic Fat Accumulation in Sprague- Dawley Rats Fed a High-fat Diet,
Acta Medica Nagasakiensia, Vol.55, No.1, 29-39, 2010.
(Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 常山 幸一, 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小林 智子, 小川 博久, 西辻 和親, 山下 理子 :
肝臓病理所見のとり方とその解釈,
法医病理, Vol.25, No.1, 1-12, 2019年7月.

国際会議:

1. Mayuko Ichimura and Koichi Tsuneyama :
Fibrosis begins around lipid-phagocytic macrophages in high fat/cholesterol/cholate diet-induced nonalcoholic steatohepatitis model,
The Liver Meeting 2019, Boston, Nov. 2019.
2. Mayuko Ichimura, Hirohisa Ogawa, Minoru Matsumoto and Koichi Tsuneyama :
Establishment of a novel dietary-induced mouse model showing steatohepatitis with severe fibrosis,
UEG Week 2019, Barcelona, Oct. 2019.
3. Mayuko Ichimura, Takeshi Oya and Koichi Tsuneyama :
Fibrogenesis of nonalcoholic steatohepatitis begins around cholesterol-laden macrophage in the experimental mouse model,
UEG Week 2019, Barcelona, Oct. 2019.
4. Ayumi Sugitani, Mayuko Ichimura, Shu Taira, Takaaki Tsunematsu and Koichi Tsuneyama :
Analysis of fibrogenic roles of liver infiltrating macrophages in a novel Non-alcoholic steatohepatitis (NASH) rat model with liver cirrhosis,
Hepatology, Vol.66, No.S1, 1099A-1100A, Oct. 2017.

国内講演発表:

1. 市村 真祐子, 大曲 勝久, 常山 幸一 :
食餌摂取による高度な線維化を伴うNASHモデルマウスの開発,
第55回日本肝臓学会総会, 2019年5月.
2. 常山 幸一, 市村 真祐子 :
免疫チェックポイント阻害薬による肝障害を来した4例の病理学的特徴,
第55回日本肝臓学会総会, 2019年5月.
3. 飯田 綾香, 甲斐 瑠衣子, 倉貫 早智, 市村 真祐子, 常山 幸一, 中村 強 :
C57BL/6Jマウスを用いたNAFLD/NASH発症モデルの作製法の検討,
第73回日本栄養食糧学会大会, 2019年5月.
4. 福田 歩美, 佐々尾 真鈴, 浅川 惠理, 成田 純令, 久野 萌偉, 駿河 和仁, 市村 真祐子, 常山 幸一, 田中 一成, 大曲 勝久 :
高脂肪・高コレステロール(HFC)食を摂取したSDラットにおける非アルコール性脂肪肝炎(NASH)発症の検討,
第73回日本栄養食糧学会大会, 2019年5月.
5. 市村 真祐子, 大曲 勝久, 常山 幸一 :
線維化を伴いうる非アルコール性脂肪肝炎を呈する食事誘導モデルマウスの確立,
第73回日本栄養食糧学会大会, 2019年5月.
6. 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 小川 博久, 大曲 勝久, 常山 幸一 :
非アルコール性脂肪肝炎モデルマウスにおける肝線維化発症とコレステロール貪食マクロファージの関連,
第108回日本病理学会総会, 2019年5月.
7. 常山 幸一, 市村 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小川 博久 :
異なる系統で作成したストレプトゾトシン誘導肝細胞癌モデルマウスの病態比較,
第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月.
8. 天野 久実, 中川 友希江, 市村 真祐子, 辻 愛, 北岸 靖子, 松田 覚 :
オウバク成分は非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)改善に関与するか?,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
9. 中川 友希江, 天野 久実, 市村 真祐子, 辻 愛, 北岸 靖子, 松田 覚 :
脂肪性肝障害に対する少量アセトアルデヒド摂取の影響,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
10. 市村 真祐子, 西辻 和親, 清水 金忠, 小川 博久, 常松 貴明, 梅本 ひとみ, 森本 友樹, 赤津 裕康, 井之上 浩一, 常山 幸一 :
TSODマウスにおけるNAFLDの発症およびコーヒーの投与による腸内細菌叢および短鎖脂肪酸プロファイルの変化,
第5回肝臓と糖尿病・代謝研究会, 2018年7月.
11. 市村 真祐子, 大曲 勝久, 常山 幸一 :
TSODおよびTSNOマウスにおける高脂肪・コレステロール食の長期摂取による肝臓への影響,
第107回日本病理学会総会, 2018年6月.
12. 井邉 有未, 市村 真祐子, 松田 覚 :
小学校低学年とその保護者を対象とした食育活動,
第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月.
13. 市村 真祐子, 井邉 有未, 松田 覚 :
親子で学ぶ食育教室の意義 ―奈良県地域栄養カレッジにおける実践例から―,
第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月.
14. 市村 真祐子, 松田 覚 :
地域住民向け食育活動『奈良県地域栄養カレッジ』実施報告,
奈良県栄養士会 研究発表会, 2017年8月.
15. 中村 禎子, 田辺 賢一, 市村 真祐子, 森田 茂樹, 大曲 勝久, 奥 恒行 :
過剰鉄による肝障害モデルラットにおけるフラクトオリゴ糖摂取の症状軽減作用,
日本栄養食糧学会, 2017年5月.
16. 菊池 健太郎, 常山 幸一, 市村 真祐子, 守時 由起, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 大曲 勝久, 安田 一朗, 原 眞純, 宮川 浩 :
monosodium glutamate投与によるNASHモデルマウスに対するフラクトオリゴ糖の効果,
肝臓, Vol.58, No.Suppl.1, A388, 2017年4月.
17. 市村 真祐子, 常山 幸一, 守時 由起, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 大曲 勝久, 菊池 健太郎 :
異なる非アルコール性脂肪肝炎モデル間におけるフラクトオリゴ糖による肝脂肪化抑制機序の違い,
肝臓, Vol.58, No.Suppl.1, A395, 2017年4月.
18. 常山 幸一, 市村 真祐子, 大曲 勝久 :
食餌誘導NASH 肝線維化モデルラットにおける肝浸潤マクロファージの性状,
肝臓, Vol.58, No.Suppl.1, A396, 2017年4月.
19. 杉谷 鮎美, 高橋 立成, 甲斐 幸樹, 市村 真祐子, 平 修, 川口 誠, 小川 博久, 常松 貴明, 常山 幸一, 野本 一博, 常山 幸一 :
A case of lipid-rich carcinoma of the breast with numerous hyaline globules(和訳中),
日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 492-493, 2017年3月.
20. 南 明里, 中野 紀子, 市村 真祐子, 松田 覚 :
食品成分の破骨細胞分化への影響,
第70回日本栄養食糧学会大会, 2016年5月.
21. 西明 眞理, 幸田 菜摘, 矢野 詩織, 市村 真祐子, 川本 忠文, 片山 吉穂 :
ガーリックオイル成分添加食投与がラットの体組成に及ぼす影響,
第67回日本栄養食糧学会大会, 2013年5月.
22. 市村 真祐子, 畑中 麻衣子, 常山 幸一, 加藤 滋子, 大曲 勝久 :
高コレステロール・高脂肪食による高度線維化を伴うNASH動物モデルの作成,
第67回日本栄養食糧学会大会, 2013年5月.

特許:

1. 市村 真祐子, 常山 幸一, 大曲 勝久 : 肝の線維化を伴い得るNAFLDモデル動物,その作製方法,及びそれを作製するための飼料, (2017年10月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)