検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 生物資源産業学域 > 食料科学系 > 食料科学分野 >
徳島大学 > 生物資源産業学部 > 生物資源産業学科 > 食料科学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1903004 高効率分解処理システム構築のための生分解性高機能バイオプラスチックの創製と評価 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 2004017 食品成分による食品用器材への微生物初期付着抑制と応用 ―食環境の微生物制御(バイオフィルム形成抑制)を目指して― >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 2004011 生物の代謝酵素を利用した環境に優しい 次世代地盤改良技術「バイオグラウト」の開発 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

酵素工学 (Enzyme Engineering), 構造生物学 (Structural Biology)

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Rumana Yesmin Hasi, Dai Majima, Katsuya Morito, Hanif Ali, Kentaro Kogure, Meera Nanjundan, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru and Tamotsu Tanaka :
Isolation of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate in plants and their chemical stabilities.,
Journal of Chromatography. B, Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, Vol.1152, 122213, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115195,   DOI: 10.1016/j.jchromb.2020.122213,   PubMed: 32615533)
2. Ali Hanif, Ryouhei Yamashita, Morishige Jun-ichi, Morito Katsuya, Kakiuchi Naoya, Junji Hayashi, Mutsumi Aihara, Ryushi Kawakami, Koichiro Tsuchiya and Tamotsu Tanaka :
Massspectrometric analysis of sphingomyelin with N-alfa-hydroxy fatty acyl residue in mouse tissues,
Lipids, 2020.
(DOI: 10.1002/lipd.12285)
3. Takafumi Itoh, Rattanaporn Intuy, Wasana Suyotha, Junji Hayashi, Shigekazu Yano, Koki Makabe, Mamoru Wakayama and Takao Hibi :
Structural insights into substrate recognition and catalysis by glycoside hydrolase family 87 α-1,3-glucanase from Paenibacillus glycanilyticus FH11.,
The FEBS Journal, 2019.
(DOI: 10.1111/febs.15161,   PubMed: 31788942)
4. Tatsuya Ohshida, Junji Hayashi, Kazunari Yoneda, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba :
Unique active site formation in a novel galactose 1-phosphate uridylyltransferase from the hyperthermophilic archaeon Pyrobaculum aerophilum.,
Proteins, 2019.
(DOI: 10.1002/prot.25848,   PubMed: 31693208)
5. Hasi Yesmin Rumana, Miyagi Makoto, KIDA Takashi, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru and Tamotsu Tanaka :
Quantitative Analysis of Glycosylinositol Phosphoceramide and Phytoceramide 1-Phosphate in Vegetables,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.65, No.Supplement, S175-S179, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115197,   DOI: 10.3177/jnsv.65.S175,   PubMed: 31619623,   Elsevier: Scopus)
6. Kodchakorn Phetsri, Makoto Furukawa, Risa Yamashiro, Yuka Kawamura, Junji Hayashi, Ryuta Tobe, Yosuke Toyotake and Mamoru Wakayama :
Comparative Biochemical Characterization of L-Asparaginases from Four Species of Lactic Acid Bacteria,
Journal of Biotechnology and Biomedicine, Vol.2, No.3, 112-124, 2019.
(DOI: 10.26502/jbb.2642-91280015)
7. Hasi Yesmin Rumana, Makoto Miyagi, Katsuya Morito, Toshiki Ishikawa, Maki Kawai-Yamada, Hiroyuki Imai, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure, Kaori Kanemaru, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami and Tamotsu Tanaka :
Glycosylinositol phosphoceramide-specific phospholipase D activity catalyzes transphosphatidylation,
The Journal of Biochemistry, Vol.166, No.5, 441-448, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113685,   DOI: 10.1093/jb/mvz056,   PubMed: 31504617,   Elsevier: Scopus)
8. Rattanaporn Intuy, Takafumi Itoh, Wasana Suyotha, Junji Hayashi, Shigekazu Yano, Koki Makabe, Mamoru Wakayama and Takao Hibi :
X-ray crystallographic analysis of the catalytic domain of α-1,3-glucanase FH1 from Paenibacillus glycanilyticus overexpressed in Brevibacillus choshinensis.,
Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology Communications, Vol.74, No.Pt 12, 770-773, 2018.
(DOI: 10.1107/S2053230X18013109,   PubMed: 30511670)
9. Saddam Md Hossain, Takahiro Tanaka, Junji Hayashi, Kazuyoshi Takagi, Yoichi Takeda and Mamoru Wakayama :
Characterization and Thermal Denaturation Kinetic Analysis of Recombinant l-Amino Acid Ester Hydrolase from Stenotrophomonas maltophilia.,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.66, No.42, 11064-11072, 2018.
(DOI: 10.1021/acs.jafc.8b04573,   PubMed: 30277765)
10. Takenori Satomura, Junji Hayashi, Tatsuya Ohshida, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima and Shin-Ichiro Suye :
Enzymological characteristics of a novel archaeal dye-linked D-lactate dehydrogenase showing loose binding of FAD.,
Extremophiles, Vol.22, No.6, 975-981, 2018.
(DOI: 10.1007/s00792-018-1054-3,   PubMed: 30206766)
11. Tatsuya Ohshida, Kohei Koba, Junji Hayashi, Kazunari Yoneda, Taketo Ohmori, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba :
A novel bifunctional aspartate kinase-homoserine dehydrogenase from the hyperthermophilic bacterium, Thermotoga maritima.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.82, No.12, 2084-2093, 2018.
(DOI: 10.1080/09168451.2018.1511365,   PubMed: 30175674)
12. Keitaro Take, Hidehisa Fujiki, Wasana Suyotha, Junji Hayashi, Kazuyoshi Takagi, Shigekazu Yano and Mamoru Wakayama :
Enzymatic and molecular characterization of an acidic and thermostable chitinase 1 from Streptomyces thermodiastaticus HF 3-3.,
The Journal of General and Applied Microbiology, Vol.64, No.4, 190-197, 2018.
(DOI: 10.2323/jgam.2017.12.002,   PubMed: 29709891)
13. Takenori Satomura, Junji Hayashi, Hiroaki Sakamoto, Takuro Nunoura, Yoshihiro Takaki, Ken Takai, Hideto Takami, Toshihisa Ohshima, Haruhiko Sakuraba and Shin-Ichiro Suye :
d-Lactate electrochemical biosensor prepared by immobilization of thermostable dye-linked d-lactate dehydrogenase from Candidatus Caldiarchaeum subterraneum.,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.126, No.4, 425-430, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jbiosc.2018.04.002,   PubMed: 29691195)
14. Saddam Md Hossain, Takahiro Tanaka, Kazuyoshi Takagi, Junji Hayashi and Mamoru Wakayama :
-derived l-amino acid ester hydrolase for synthesizing dipeptide, isoleucyl-tryptophan.,
3 Biotech, Vol.8, No.3, 2018.
(DOI: 10.1007/s13205-018-1195-1,   PubMed: 29556427)
15. 林 順司, 牟田口 祐太, 米田 一成, 大森 勇門, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
新規分岐鎖アミノ酸ラセマーゼ,イソロイシン2-エピメラーゼの構造解析,
Vitamins (Japan), Vol.92, No.3, 121-124, 2018年.
16. Junji Hayashi, Tomonari Seto, Hironaga Akita, Masahiro Watanabe, Tamotsu Hoshino, Kazunari Yoneda, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba :
-Dependent d-Amino Acid Dehydrogenase.,
Applied and Environmental Microbiology, Vol.83, No.11, 2017.
(DOI: 10.1128/AEM.00491-17,   PubMed: 28363957)
17. Junji Hayashi, Yuta Mutaguchi, Yume Minemura, Noriko Nakagawa, Kazunari Yoneda, Taketo Ohmori, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba :
Crystal structure of the novel amino-acid racemase isoleucine 2-epimerase from Lactobacillus buchneri.,
Acta Crystallographica. Section D, Structural Biology, Vol.73, No.Pt 5, 428-437, 2017.
(DOI: 10.1107/S2059798317005332,   PubMed: 28471367)
18. Junji Hayashi, Kaori Yamamoto, Kazunari Yoneda, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba :
Unique coenzyme binding mode of hyperthermophilic archaeal sn-glycerol-1-phosphate dehydrogenase from Pyrobaculum calidifontis.,
Proteins, Vol.84, No.12, 1786-1796, 2016.
(DOI: 10.1002/prot.25161,   PubMed: 27616573)
19. Tatsuya Ohshida, Junji Hayashi, Takenori Satomura, Ryushi Kawakami, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba :
First characterization of extremely halophilic 2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolase,
Protein Expression and Purification, Vol.126, 62-68, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111972,   DOI: 10.1016/j.pep.2016.05.009,   PubMed: 27215670,   Elsevier: Scopus)
20. Junji Hayashi, Shota Inoue, Kwang Kim, Kazunari Yoneda, Yutaka Kawarabayasi, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba :
Crystal Structures of a Hyperthermophilic Archaeal Homoserine Dehydrogenase Suggest a Novel Cofactor Binding Mode for Oxidoreductases.,
Scientific Reports, Vol.5, 2015.
(DOI: 10.1038/srep11674,   PubMed: 26154028)
21. Shin-ichi Sakasegawa, Junji Hayashi, Yoshiaki Ikura, Shigeru Ueda, Shigeyuki Imamura, Toshihiko Kumazawa, Atsuhisa Nishimura, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba :
Colorimetric inorganic pyrophosphate assay using a double cycling enzymatic method.,
Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.416, No.1, 61-66, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ab.2011.04.043,   PubMed: 21621500)

総説・解説:

1. Hironaga Akita, Junji Hayashi, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima :
Artificial Thermostable D-Amino Acid Dehydrogenase: Creation and Application.,
Frontiers in Microbiology, Vol.9, Aug. 2018.
(DOI: 10.3389/fmicb.2018.01760,   PubMed: 30123202)

国際会議:

1. Ohshima Toshihisa, Junji Hayashi, Akita Hironaga and Sakuraba Haruhiko :
Structuralbased engineering of an artificially created NADP-dependent D-amino acid dehydrogenase,
The 3rd International Conference of D-Amino Acid Research 2017, Jul. 2017.
2. Junji Hayashi, Ohshima Toshihisa and Sakuraba Haruhiko :
Unique cofactor binding mode of homoserine dehydrogenase from hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii,
Extremophiles 2016, Sep. 2016.

国内講演発表:

1. 川上 竜巳, 林 順司, 木下 千夏, 河瀬 智紀, 佐藤 樹夫 :
超好熱アーキア Thermococcus litoralis DSM5473 のアミノ酸ラセマーゼ BAR2 の機能解析,
日本ビタミン学会第 72 回大会, 2020年6月.
2. 大志田 達也, 林 順司, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキアPyrobaculum aerophilum由来新規ガラクトース1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼに関する研究,
日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月.
3. Rattanaporn Intuy, Itoh Takafumi, Suyotha Wasana, 林 順司, Yano Shigekazu, Makabe Koki, Toyotake Yosuke, Wakayama Mamoru, Hibi Takao :
Paenibacillus glycanilyticus FH11由来α-1,3-グルカナーゼ触媒ドメインの反応機構と結晶化,
日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月.
4. 深瀬 葵, 林 順司, 高木 一好, 豊竹 洋佑, 若山 守 :
Thermococcus kodakaraensis由来組換えβ-アスパルチルトランスペプチダーゼの諸性質の検討,
日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019年12月.
5. 八田 誠二, 野々村 祐輝, 林 順司, 高木 一好, 豊竹 洋佑, 若山 守 :
Pseudomonas aeruginosa PAO1由来γ-グルタミルトランスペプチダーゼ IIのC末端領域の活性および安定性に及ぼす影響,
日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019年12月.
6. 能勢 晶暉, 西尾 啓汰, 林 順司, 豊竹 洋祐, 若山 守 :
脱脂菜種を原料に用いた酪醤醸造の検討,
日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019年12月.
7. 西田 典央, 林 順司, 豊竹 洋祐, 林 順司, 若山 守 :
Streptomyces thermodiastaticus HF3-3由来組換えβ-1,3-glucanaseの発現系の構築と諸性質の検討,
日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019年12月.
8. 田中 悠磨, 林 順司, 豊竹 洋祐, 林 順司, 若山 守 :
Komagataeibacter xylinus由来Superoxide dismutaseの融合型酵素の発現ならびに諸性質検討,
日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019年12月.
9. 加藤 耀, 立花 萌々子, 山畑 直樹, 林 順司, 豊竹 洋祐, 若山 守 :
Kluyveromyces lactisのRIM11欠損株の発酵特性,
日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019年12月.
10. 大西 敦也, 田中 貴大, 林 順司, 豊竹 洋佑, 若山 守 :
Elizabethkingia sp. TT1由来L-アミノ酸エステラーゼを用いたVal-Gly合成,
日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019年12月.
11. 大志田 達也, 林 順司, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキア Pyrobaculum aerophilum 由来新規ガラクトース 1-リン酸ウリジリルトランス フェラーゼの構造解析,
日本農芸化学会 2019 年度 西日本・中四国支部合同沖縄大会, 2019年11月.
12. 田中 保, Rumana Hasi Yesmin, 森戸 克弥, 小暮 健太朗, 林 順司, 川上 竜巳, 金丸 芳, 今井 博之, 石川 寿樹 :
グリコシルイノシトール ホスホセラミドの単離法の開発,
第12回セラミド研究会学術集会, 2019年10月.
13. 田中 保, 森戸 克弥, Rumana Hasi Yesmin, 林 順司, 川上 竜巳, 金丸 芳, 若山 睦, 近藤 千恵子, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
食品素材に含まれるセラミドの簡便な定量方法,
日本脂質栄養学会第28回大会, 2019年9月.
14. Phumsombat Putthapong, Sano Chiharu, Hibi Takao, Itoh Takafumi, 林 順司, Toyotake Yosuke, Wakayama Mamoru :
Immobilization and site directed mutagenesis of Trp525 residue of γ-Glutamyltranspeptidase from Pseudomonas nitroreducens (PnGGT) to improve Theanine production,
The Society for Biotechnology, Japan, 2019年9月.
15. 池添 浩輝, 林 順司, 豊竹 洋佑, 若山 守 :
Pseudomonas nitroreducens由来γ-グルタミルトランスペプチダーゼの構造と機能に関する研究,
日本生物工学会, 2019年9月.
16. 八田 誠二, 野々村 祐輝, 林 順司, 高木 一好, 豊竹 洋佑, 若山 守 :
Pseudomonas aeruginosa PAO1株由来γ-グルタミルトランスペプチダーゼII C末端領域の活性および安定性に及ぼす影響,
日本生物工学会, 2019年9月.
17. 深瀬 葵, 林 順司, 高木 一好, 豊竹 洋佑, 若山 守 :
Thermococcus kodakarensis由来β-アスパルチルトランスペプチダーゼ遺伝子のクローニング,発現および諸性質の解明,
日本生物工学会, 2019年9月.
18. 山田 泰蔵, 林 順司, 豊竹 洋佑, 若山 守 :
アスパラギン合成酵素を用いたβ-アスパルチル化合物合成法の検討,
日本生物工学会, 2019年9月.
19. 大西 敦也, 田中 貴大, 林 順司, 豊竹 洋佑, 若山 守 :
Elizabethkingia sp. TT1由来組換えL-アミノ酸エステラーゼの高発現系の構築と菌体反応によるVal-Gly合成,
日本生物工学会, 2019年9月.
20. 櫻庭 春彦, 大志田 達也, 林 順司, 米田 一成, 大島 敏久 :
超好熱菌由来ガラクトース1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼの構造解析,
第457回ビタミンB研究協議会, 2019年8月.
21. 長濱 伸哉, 林 順司, 里村 武範, 若山 守, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
D-乳酸分析用酵素の探索と機能解析,
日本農芸化学会関西支部例会 第507回講演会, 2019年2月.
22. 古川 慎, 林 順司, 若山 守 :
食品中アクリルアミド低減に向けたL-アスパラギナーゼ高生産乳酸菌の探索及び諸性質の検討,
第25回 日本生物工学会九州支部 鹿児島大会, 2018年12月.
23. 中本 侃, 林 順司, 若山 守 :
出芽酵母によるD-アミノ酸誘導体の発酵生産法の構築,
第25回 日本生物工学会九州支部 鹿児島大会, 2018年12月.
24. 石山 真乃介, 山畑 直樹, 林 順司, 若山 守 :
ホエイを原料とする新規酒類の開発,
第25回 日本生物工学会九州支部 鹿児島大会, 2018年12月.
25. 服部 俊, 三品 裕太, 林 順司, 若山 守 :
新規調味料「酪醬」の醸造法の検討,
第25回 日本生物工学会九州支部 鹿児島大会, 2018年12月.
26. 矢幡 翔太, 林 順司, 若山 守 :
Streptomyces属由来α-1,3-グルカナーゼに関する研究,
第25回 日本生物工学会九州支部 鹿児島大会, 2018年12月.
27. 櫻庭 春彦, 林 順司, 秋田 紘長, 大森 勇門, 大島 敏久 :
D-アミノ酸脱水素酵素の構造情報に基づく基質特異性の改変,
第70回 日本生物工学会大会, 2018年9月.
28. 牧 慶子, 田中 貴大, 高木 一好, 林 順司, 若山 守 :
L -アミノ酸エステラーゼによる血管拡張作用ペプチド( T r p - H i s )の酵素合成に関する研究,
日本農芸化学会関西支部 第5 0 2 回 講演会, 2018年2月.
29. 林 順司, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキア由来ホモセリン脱水素酵素に見出した新奇な補酵素結合様式.,
日本農芸化学会関西支部 第5 0 2 回 講演会, 2018年2月.
30. 林 順司, 山本 香李, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキア Pyrobaculum calidifontis 由来グリセロール 1-リン酸脱水素酵素に見出した新規補酵素結合様式,
日本農芸化学会2017年度合同大阪大会, 2017年9月.
31. 林 順司, 山本 香李, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキア Pyrobaculum calidifontis 由来グリセロール 1-リン酸脱水素酵素に見出した新規補酵素結合様式,
日本農芸化学会中四国支部例会, 2017年9月.
32. 古場 康平, 林 順司, 大志田 達也, 安部 展洋, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱性細菌 Thermotoga maritima 由来アスパラギン酸キナーゼ/ホモセリンデヒドロゲナーゼ融合酵素(AK/HseDH)の分子特性,
日本農芸化学会2017年度合同大阪大会, 2017年9月.
33. 林 順司, 峰村 結芽, 牟田口 祐太, 米田 一成, 大森 勇門, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
新規分岐鎖アミノ酸ラセマーゼ,イソロイシン 2-エピメラーゼの構造解析,
日本ビタミン学会第69回大会, 2017年6月.
34. 花川 大地, 林 順司, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキア Pyrobaculum aerophilum 由来 galactose-1-phosphate uridylyltransferase の構造解析,
日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
35. 花川 大地, 林 順司, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキア Pyrobaculum aerophilum 由来 galactose-1-phosphate uridylyltransferase の構造解析,
日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
36. 大志田 達也, 林 順司, 里村 武範, 川上 竜巳, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
高度好塩菌 Haloarcula japonica 由来 2-デオキシリボース 5-リン酸アルドラーゼに関する研究,
日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
37. 古場 康平, 林 順司, 安部 展洋, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱性細菌 Thermotoga maritima 由来アスパラギン酸キナーゼ / ホモセリンデヒドロゲナーゼ融合酵素(AK/HseDH)の機能解析,
日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
38. 林 順司, 峰村 結芽, 牟田口 祐太, 大森 勇門, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
新規アミノ酸ラセマーゼ,イソロイシン 2-エピメラーゼの構造解析,
第12回 D-アミノ酸学会学術講演会, 2016年9月.
39. 大志田 達也, 林 順司, 里村 武範, 川上 竜巳, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
高度好塩菌 Haloarcula japonica由来2-デオキシリボース-5-リン酸アルドラーゼに関する研究,
日本農芸化学会2016年度中四国支部大会, 2016年9月.
40. 櫻庭 春彦, 林 順司, 牟田口 祐太, 大森 勇門, 大島 敏久 :
Lactobacillus buchneri由来分岐鎖アミノ酸ラセマーゼの構造解析,
第445回ビタミンB研究協議会, 2016年8月.
41. 林 順司, 牟田口 祐太, 大森 勇門, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
新規アミノ酸ラセマーゼ,イソロイシン 2-エピメラーゼの構造解析,
日本ビタミン学会第68回大会, 2016年6月.
42. 櫻庭 春彦, 林 順司, 山本 香李, 大島 敏久 :
好熱アーキア由来グリセロール1-リン酸デヒドロゲナーゼの構造解析,
第443回ビタミンB研究協議会, 2016年1月.
43. 瀬戸 智成, 秋田 紘長, 林 順司, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
耐熱性D-アミノ酸脱水素酵素の機能,構造解析,
日本農芸化学会中四国支部例会, 2016年1月.
44. 林 順司, 井上 翔太, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキア由来ホモセリンデヒドロゲナーゼが示す新奇な補酵素結合様式,
日本農芸化学会中四国支部例会, 2016年1月.
45. 山本 香李, 林 順司, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキアPyrobaculum calidifontis由来グリセロール-1-リン酸デヒドロゲナーゼの機能構造解析,
日本農芸化学会中四国支部例会, 2016年1月.
46. 林 順司, 牟田口 祐太, 大森 勇門, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
新規アミノ酸ラセマーゼ,イソロイシン 2-エピメラーゼの構造解析,
2015年度酵素・補酵素研究会, 2015年7月.
47. 林 順司, 井上 翔太, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキア由来ホモセリンデヒドロゲナーゼが示す新奇な補酵素結合様式,
第440回ビタミンB研究協議会, 2015年6月.
48. 津島 悠斗, 林 順司, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 :
超好熱アーキアAeropyrum pernix由来D-乳酸デヒドロゲナーゼの結晶構造解析,
日本農芸化学会中四国支部大会, 2014年9月.
49. 林 順司, 酒瀬川 信一, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 :
超好熱細菌Thermotoga maritima由来ピルビン酸オルトリン酸ジキナーゼの性質,
日本農芸化学会中四国支部大会, 2008年9月.

特許:

1. 櫻庭 春彦, 林 順司, 酒瀬川 信一 : 新規なピルベートオルトホスフェートジキナーゼ,及びその製造方法, 特願2008-152403 (2008年6月), 特開2009-17876 (2009年1月), 特許第5352788号 (2013年9月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 耐熱性色素依存性D-乳酸脱水素酵素の機能・構造解析とバイオセンサー素子への応用 (研究課題/領域番号: 18K14394 )
  • 耐熱性色素依存性D-乳酸脱水素酵素の機能・構造解析とバイオセンサー素子への応用 (研究課題/領域番号: 17H07257 )
  • 研究者番号(20802101)による検索