検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域先端基礎栄養学教育研究プロジェクト
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域栄養科学部門医科栄養学系応用栄養学
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2104016 成長・老化を制御するミネラル栄養学の確立
徳島大学医科栄養学研究科人間栄養科学専攻
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. Masashi Masuda, Yuji Shiozaki and Makoto Miyazaki :
Chapter 10 - Lipotoxicity in the pathogenesis of chronic kidney disease complications,
Academic Press, Aug. 2023.
(DOI: 10.1016/C2021-0-02221-5)
2. 瀬川 博子, 小池 萌, 塩﨑 雄治, 宮本 賢一 :
抗老化因子を制御するミネラル栄養学-リン代謝恒常制御の重要性.,
2022年4月.

学術論文(審査論文):

1. Kazuya Tanifuji, Yuji Shiozaki, Megumi Koike, Minori Uga, Mizuki Miura, Ayami Higashi, Takaaki Shimohata, Akira Takahashi, Hisayoshi Hayashi, Noriko Ishizuka, Yasuhiro Ichida, Shuichi Ohtomo, Naoshi Horiba, Ken-ichi Miyamoto and Hiroko Segawa :
Effects of EOS789, a novel pan-phosphate transporter inhibitor, on phosphate metabolism : Comparison with a conventional phosphate binder,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.70, No.1,2, 260-270, 2023.
(徳島大学機関リポジトリ: 118209,   DOI: 10.2152/jmi.70.260,   PubMed: 37164731)
2. Sumire Sasaki, Yuji Shiozaki, Ai Hanazaki, Megumi Koike, Kazuya Tanifuji, Minori Uga, Kota Kawahara, Ichiro Kaneko, Yasuharu Kawamoto, Pattama Wiriyasermkul, Tomoka Hasegawa, Norio Amizuka, Ken-ichi Miyamoto, Shushi Nagamori, Yoshikatsu Kanai and Hiroko Segawa :
Tmem174, a regulator of phosphate transporter prevents hyperphosphatemia.,
Scientific Reports, Vol.12, No.1, 2022.
(DOI: 10.1038/s41598-022-10409-3,   PubMed: 35428804)
3. Sumire Sasaki, Megumi Koike, Kazuya Tanifuji, Minori Uga, Kota Kawahara, Aoi Komiya, Mizuki Miura, Yamato Harada, Yuki Hamaguchi, Shohei Sasaki, Yuji Shiozaki, Ichiro Kaneko, Ken-ichi Miyamoto and Hiroko Segawa :
Dietary polyphosphate has a greater effect on renal damage and FGF23 secretion than dietary monophosphate,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.69, No.3, 173-179, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117148,   DOI: 10.2152/jmi.69.173,   PubMed: 36244766,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. 増田 真志, 塩﨑 雄治, 竹谷 豊, 宮崎 淳 :
最前線 慢性腎臓病の合併症とlipotoxicity,
ファルマシア, Vol.58, No.4, 329-333, 2022年.
(徳島大学機関リポジトリ: 118681,   DOI: 10.14894/faruawpsj.58.4_329)
2. 金子 一郎, 宇賀 穂, 塩﨑 雄治, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
生体内リン恒常性を維持するビタミンD作用,
ビタミン, Vol.95, No.56, 280-285, 2021年.
(DOI: 10.20632/vso.95.5-6_280,   CiNii: 1390574047045835904)

総説・解説:

1. 谷藤 和也, 小池 萌, 宇賀 稔, 塩﨑 雄治, 瀬川 博子 :
Ca,Pホメオスタシス,
腎と透析, Vol.93, No.5, 736-741, 2022年11月.
2. 瀬川 博子, 小池 萌, 塩﨑 雄治, 宮本 賢一 :
抗老化因子を制御するミネラル栄養学-リン代謝恒常制御の重要性,
実験医学増刊∼栄養・代謝物シグナルと食品機能∼, Vol.40, No.7, 45-50, 2022年3月.
3. 谷藤 和也, 塩﨑 雄治, 瀬川 博子 :
骨を維持する栄養素,
体育の科学, Vol.71, No.11, 801-806, 2021年11月.
(CiNii: 1520572360407947392)

国際会議:

1. Yuji Shiozaki, Uga Minori, Miura Mizuki, Komiya Aoi, Tanifuji Kazuya, Koike Megumi, Ken-ichi Miyamoto and Hiroko Segawa :
Analysis of regulation of Tmem174 expression by Pi concentration and PTH signaling in opossum kidney cells.,
Physiology, Biology and Pathology of Phosphate Gordon Research Conference, Grand Galvez in Galveston, Texas, United States, Feb. 2023.
2. Uga Minori, Ichiro Kaneko, Sasaki Sumire, Koike Megumi, Tanifuji Kazuya, Yuji Shiozaki, Jurutka W. Peter and Hiroko Segawa :
The role of intestinal Cytochrome P450 in vitamin D metabolism,
22nd International Congress of Nutrition in Tokyo, Dec. 2022.

国内講演発表:

1. 宇賀 穂, 塩﨑 雄治, 小宮 蒼, 三浦 美月, 原田 和, 東 彩生, 石川 茜, 小池 萌, 宮本 賢一, 金井 好克, 瀬川 博子 :
リン代謝調節因子Tmem174によるNaPi2a内在化機序の解明,
第56回 日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2023年10月.
2. 小宮 蒼, 三浦 美月, 小池 萌, 宇賀 穂, 濵口 ゆき, 原田 和, 東 彩生, 石川 茜, 塩﨑 雄治, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
リン感受センサーの探索,
第70回日本栄養改善学会学術総会, 2023年9月.
3. 宇賀 穂, 佐々木 すみれ, 三浦 美月, 原田 和, 小宮 蒼, 東 彩生, 石川 茜, 小池 萌, 塩﨑 雄治, 金井 好克, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
高リン血症を予防する新規リン代謝調節因子の同定,
第267回徳島医学会学術集会, 2023年8月.
4. 三浦 美月, 佐々木 すみれ, 塩﨑 雄治, 小池 萌, 宇賀 穂, 東 彩生, 長谷川 智香, 網塚 憲生, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
Tmem174はリン酸トランスポーターを調節し高リン血症を予防する新規リン代謝調節分子である,
第41回日本骨代謝学会学術集会, 2023年7月.
5. 宇賀 穂, 塩﨑 雄治, 三浦 美月, 小宮 蒼, 原田 和, 小池 萌, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
新規高リン血症抑制因子Tmem174 の発現調節機構の解明,
第77回 日本栄養・食糧学会大会, 2023年5月.
6. 塩﨑 雄治, 濱口 ゆき, 村本 愛奈, 谷藤 和也, 宇賀 穂, 三浦 美月, 小宮 蒼, 小池 萌, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
高リン負荷誘導性老化に対抗するXPR1 依存的細胞内リン酸排出機構の解明,
第77回 日本栄養・食糧学会大会, 2023年5月.
7. 三浦 美月, 佐々木 すみれ, 塩﨑 雄治, 谷藤 和也, 小池 萌, 宇賀 穂, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
Tmem174 はリン酸トランスポーターを調節し高リン血症を予防する.,
第7回日本CKD-MBD学会学術集会・総会, 2023年3月.
8. 佐々木 すみれ, 塩﨑 雄治, 小池 萌, 谷藤 和也, 宇賀 穂, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
Tmem174はリン酸トランスポーターを調節し高リン血症を予防する,
第95回日本生化学会大会, 2022年11月.
9. 三浦 美月, 佐々木 すみれ, 小池 萌, 谷藤 和也, 宇賀 穂, 小宮 蒼, 濱口 ゆき, 原田 和, 塩﨑 雄治, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
ポリリン酸は,モノリン酸よりも腎障害およびFGF23分泌に大きな影響を与える,
第69回日本栄養改善学会学術総会, 2022年9月.
10. 瀬川 博子, 塩﨑 雄治, 金子 一郎, 宮本 賢一 :
リンが関する生体機能ー成長,疾患,寿命ー,
第76回日本栄養・食糧学会大会 シンポジウム 4 ミネラルの新機能, 2022年6月.
11. 宇賀 穂, 金子 一郎, 佐々木 すみれ, 小池 萌, 谷藤 和也, 川原 滉太, 小宮 蒼, 原田 和, 浜口 ゆき, 三浦 美月, 塩﨑 雄治, 瀬川 博子 :
小腸Cytochrome P450(CYP3A)がビタミンD活性に及ぼす影響,
第54回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会 ・第7回日本栄養改善学会四国支部学術総会合同大会, 2021年10月.
12. 川原 滉太, 小池 萌, 佐々木 すみれ, 谷藤 和也, 塩﨑 雄治, 金子 一郎, 瀬川 博子 :
ライフステージに着目した生体内リン代謝の性差検討,
第68回日本栄養改善学会学術総会, 2021年10月.
13. 川原 滉太, 小池 萌, 佐々木 すみれ, 谷藤 和也, 塩﨑 雄治, 金子 一郎, 瀬川 博子 :
ライフステージに着目した生体内リン代謝の性差検討,
第75回日本栄養・食糧学会大会, 2021年7月.

その他・研究会:

1. 塩﨑 雄治, 三浦 美月, 宇賀 穂, 小宮 蒼, 原田 和, 東 彩生, 小池 萌, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
高リン血症予防に関与する新規リン代謝調節因子Transmembrane protein (Tmem) 174の同定,
第6回日本Uremic Toxin研究会学術集会, 2023年5月.
2. 塩﨑 雄治, 瀬川 博子 :
腎リン酸トランスポーターの機能制御と疾患,
第16回トランスポーター研究会年会, 2022年7月.
3. 塩﨑 雄治, 佐々木 すみれ, 小池 萌, 谷藤 和也, 川原 滉太, 浜口 ゆき, 金子 一郎, 宮本 賢一, 瀬川 博子 :
近位尿細管細胞分化におけるリン酸トランスポーターNaPi-IIcの役割,
第1回トランスポーター研究会関西西部会JTRAKansai2021∼トランスポーター研究の架け橋∼, 2021年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 細胞内リン酸排出分子XPR1による抗組織老化作用の解明 (研究課題/領域番号: 22K17800 )
  • 小腸FGF19産生・分泌を基盤とした健康長寿を目指す栄養療法 (研究課題/領域番号: 21K11594 )
  • 抗老化因子を制御するミネラル栄養学の確立 (研究課題/領域番号: 21H03375 )
  • 研究者番号(70908748)による検索