検索:
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704069 LED総合プラットフォーム∼ THz LEDの開発と応用基盤技術の構築 ∼ >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1703017 健幸社会を支えるIoTを活用した医療機器・健診ヘルスケアシステムの開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704075 食事提供と栄養管理をパッケージ化した国際医療イノベーション >
徳島大学 > 栄養生命科学教育部 > 人間栄養科学専攻 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704067 複雑系微生物資源を利用したイノベーション >
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 栄養科学部門 > 医科栄養学系 > 予防環境栄養学 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

栄養学 (Nutrition)

研究テーマ

食物由来機能成分による細胞内シグナル伝達機構に関する研究 (phytochemical, 情報伝達機構 (signal transduction))

著書・論文

著書:

1. 岡﨑 光子, 饗場 直美, 髙橋 章, 馬渡 一諭, 風見 公子, 神田 あづさ, 古賀 みのり, 辻 雅子, 土屋 ひろ子, 角田 伸代, 坪田(宇津木) 恵, 寺澤 洋子, 長幡 友実, 三好 恵子, 山内 惠子, 渡邉 純子 :
栄養教育論演習(第2版),
株式会社 建帛社, 2015年3月.
2. 土江 節子, 馬渡 一諭, 橋本 弘子, 井上 久美子, 小川 万紀子, 山下(清水) 扶美, 小林 実夏, 秋吉 美穂子, 藤井 紘子, 小倉 有子, 高橋 律子, 佐川 まさの, 大瀬良 知子, 安田 敬子 :
栄養教育論(第2版),
学文社, 2015年3月.
3. 馬渡 一諭, 岡﨑 光子, 饗場 直美, 風見 公子, 神田 あづさ, 他共著者11名 :
栄養教育論演習 第2版,
株式会社 建帛社, 東京, 2015年.
4. 馬渡 一諭, 土江 節子, 橋本 弘子, 井上 久美子, 小川 万紀子, (他共著者9名) :
栄養教育論 第2版,
学文社, 2015年.
5. 土江 節子, 馬渡 一諭, 橋本 弘子, 井上 久美子, 小川 万紀子, 山下(清水) 扶美, 小林 実夏, 秋吉 美穂子, 藤井 紘子, 小倉 有子, 高橋 律子, 佐川 まさの, 大瀬良 知子, 安田 敬子 :
栄養教育論,
学文社, 2013年3月.
6. 岡﨑 光子, 岡﨑 光子, 髙橋 章, 馬渡 一諭, 風見 公子, 神田 あづさ, 古賀 みのり, 辻 雅子, 土屋 ひろ子, 角田 伸代, 坪田(宇津木) 恵, 寺澤 洋子, 長幡 友実, 三好 恵子, 山内 惠子, 渡邉 純子 :
栄養教育論演習,
株式会社 建帛社, 2012年4月.
7. Mostafa Gadelmoula, Kazuaki Mawatari, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Microbiology book series2(2), --- UVA-LED Air Disinfection ---,
Formatex research center, 2010.
8. 中屋 豊, 保坂 利男, 原田 永勝, 馬渡 一諭 :
よくわかる臨床栄養管理実践マニュアル,Ⅱ.栄養管理の実際 栄養不良と栄養管理の手順,
全日本病院出版社, 2009年3月.
9. 中屋 豊, 保坂 利男, 原田 永勝, 馬渡 一諭 :
Ⅱ.栄養管理の実際 栄養不良と栄養管理の手順,
全日本病院出版社, 2009年3月.
10. 中屋 豊, 馬渡 一諭 :
ニュートリションケア, 特集・合併症・病態の変化に合わせた栄養管理 保存期腎不全+心不全,
株式会社 メディカ出版, 2009年2月.
11. 中屋 豊, 鈴木 和枝, 馬渡 一諭, 桑波田 雅士, 竹谷 豊, 原田 永勝, 山本 浩範 :
臨床栄養学(第4版),
医学出版社, 東京, 2004年3月.
12. 上西 一弘, 海老沢 秀道, 遠藤 章二, 岡部 晋彦, 沖田 卓雄, 小野 章史, 小野 尚美, 加藤 秀夫, 金子 佳代子, 川内 美樹, 木戸 康博, 木本 眞順美, 久保田 恵, 小柏 道子, 小垂 眞, 小松 啓子, 志塚 ふじ子, 陶山 敦子, 高橋 史江, 東條 仁美, 中坊 幸弘, 中村 亜紀, 眞鍋 祐之, 馬渡 一諭, 村上 淳, 村松 陽治, 矢埜 みどり :
健康科学シリーズNEXT 応用栄養学,
講談社サイエンティフィック, 2003年12月.

学術論文(審査論文):

1. Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Takashi Uebansou, Airi Honjo, Akari Tsunedomi, Sho Hatayama, Yuri Sato, Junko Kido, Risa Nishisaka, Ayumi Yoshimoto, Tomoko Yamashita, Sachie Amano, Miki Maetani-Yasui, Hitomi Iba, Yumi Harada, Mutsumi Nakahashi, Sonoko Yamada, Yasuhiro Hamada, Tadahiko Nakagawa, Masahiro Sogabe, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Bacterial Contamination of Hemodialysis Devices in Hospital Dialysis Wards.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 148-152, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113411,   DOI: 10.2152/jmi.66.148,   PubMed: 31064928)
2. Aya Tentaku, Takaaki Shimohata, Sho Hatayama, Junko Kido, Quoc Anh Nguyen, Yuna Kanda, Shiho Fukushima, Takashi Uebansou, Taketoshi Iwata, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada and Akira Takahashi :
Host cellular unfolded protein response signaling regulates Campylobacter jejuni invasion.,
PLoS ONE, Vol.13, No.10, 2018.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0205865,   PubMed: 30321237)
3. Sho Hatayama, Takaaki Shimohata, Sachie Amano, Junko Kido, Q Anh Nguyen, Yuri Sato, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Invasion and Inflammatory Barrier Disruption Promoting Bacterial Invasion from Lateral Membrane in Polarized Intestinal Epithelial Cells.,
Frontiers in Cellular and Infection Microbiology, Vol.8, No.30, 2018.
(DOI: 10.3389/fcimb.2018.00015,   PubMed: 29441328)
4. Ayumi Yoshimoto, Takashi Uebansou, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Effect of prenatal administration of low dose antibiotics on gut microbiota and body fat composition of newborn mice.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.62, No.2, 155-160, 2017.
(DOI: 10.3164/jcbn.17-53,   PubMed: 29610555)
5. Junko Kido, Takaaki Shimohata, Sachie Amano, Syo Hatayama, Quoc Anh Nguyen, Yuri Sato, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
CFTR reduces microtubule-dependent Campylobacter jejuni invasion.,
Infection and Immunity, 2017.
(DOI: 10.1128/IAI.00311-17,   PubMed: 28784926)
6. Takashi Uebansou, Saki Kano, Ayumi Yoshimoto, Chisato Naito, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Effects of Consuming Xylitol on Gut Microbiota and Lipid Metabolism in Mice.,
Nutrients, Vol.9, No.7, 756, 2017.
(DOI: 10.3390/nu9070756,   PubMed: 28708089,   Elsevier: Scopus)
7. Takashi Uebansou, Ai Ohnishi, Reiko Kitayama, Ayumi Yoshimoto, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Effects of Low-Dose Non-Caloric Sweetener Consumption on Gut Microbiota in Mice.,
Nutrients, Vol.9, No.6, 2017.
(DOI: 10.3390/nu9060560,   PubMed: 28587159)
8. Yumiko Miyatake, Tetsuya Shiuchi, Kazuaki Mawatari, Satomi Toda, Yasuko Taniguchi, Akari Futami, Fukiko Sato, Masashi Kuroda, Mayu Sebe, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada, Yasuhiko Minokoshi, Tadahiro Kitamura, Koro Gotoh, Masaki Ueno, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Intracerebroventricular injection of ghrelin decreases wheel running activity in rats.,
Peptides, Vol.87, 12-19, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113364,   DOI: 10.1016/j.peptides.2016.11.005,   PubMed: 27825986,   Elsevier: Scopus)
9. Yanfei Hou, Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Yumi Harada, Akari Tsunedomi, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Combined treatment of UVA irradiation and antibiotics induces greater bactericidal effects on Vibrio parahaemolyticus.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.1-2, 63-67, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111155,   DOI: 10.2152/jmi.63.63,   PubMed: 27040055)
10. Quang Ngoc Phan, Takashi Uebansou, Takaaki Shimohata, Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
DNA-binding protein HU coordinates pathogenicity in Vibrio parahaemolyticus.,
Journal of Bacteriology, 2015.
(DOI: 10.1128/JB.00306-15,   PubMed: 26148713)
11. Sachie Negoro, Takaaki Shimohata, Syo Hatayama, Yuri Sato, Mari Matsumoto, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Yasuhiro Hamada, Yoshikazu Nishikawa, Shinji Yamasaki, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Campylobacter jejuni infection suppressed Cl(-) secretion induced by CFTR activation in T-84 cells.,
Journal of Infection and Chemotherapy, Vol.20, No.11, 682-688, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jiac.2014.07.007,   PubMed: 25107576,   Elsevier: Scopus)
12. Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari, Akiko Hirata, Miki Maetani, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Yasuhiro Hamada, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Simultaneous irradiation with different wavelengths of ultraviolet light has synergistic bactericidal effect on Vibrio parahaemolyticus.,
Photochemistry and Photobiology, Vol.90, No.6, 1397-1403, 2014.
(DOI: 10.1111/php.12309,   PubMed: 25041035,   Elsevier: Scopus)
13. Kazuaki Mawatari, Emiko Yoshioka, Satomi Toda, Sonoko Yasui, Hiroko Furukawa, Takaaki Shimohata, Takamasa Ohnishi, Masaki Morishima, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya :
Enhancement of endothelial function inhibits left atrial thrombi development in an animal model of spontaneous left atrial thrombosis.,
Circulation Journal, Vol.78, No.8, 1980-1988, 2014.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-13-1398,   PubMed: 24859498,   Elsevier: Scopus)
14. Mutsumi Aihara, Xin Lian, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Yumi Harada, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Vegetable surface sterilization system using UVA light-emitting diodes.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 285-290, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109573,   DOI: 10.2152/jmi.61.285,   PubMed: 25264046,   Elsevier: Scopus)
15. Hirokazu Takechi, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya, Megumi Asakura, Mutsumi Aihara, Hiromitsu Takizawa, Masakazu Goto, Takeshi Nishino, Takuya Minato, Yoshihito Furukita, Yota Yamamoto, Yasuhiro Yuasa, Hiromichi Yamai, Takahiro Yoshida, Jun-ichi Seike and Akira Tangoku :
Glutamine protects the small intestinal mucosa in anticancer drug-induced rat enteritis model.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1-2, 59-64, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109521,   DOI: 10.2152/jmi.61.59,   PubMed: 24705750,   CiNii: 130004822718,   Elsevier: Scopus)
16. A Rodriguez-Mateos, Akari Ishisaka, Kazuaki Mawatari, Alberto Vidal-Diez, Jeremy Spencer and Junji Terao :
Blueberry intervention improves vascular reactivity and lowers blood pressure in high fat, high cholesterol fed rats,
British Journal of Nutrition, Vol.109, No.10, 1746-1754, 2013.
(DOI: 10.1017/S0007114512003911,   PubMed: 23046999)
17. Atsushi Hashimoto, Kazuaki Mawatari, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa, Naotomo Ota, Kazuyuki Nishimura, Tsuyoshi Hirata and Akira Takahashi :
Inactivation of MS2 Phage and Cryptosporidium parvum Oocysts Using UV-A from High-Intensity Light-Emitting Diode for Water Disinfection,
Journal of Water and Environment Technology, Vol.11, No.4, 299-307, 2013.
(DOI: 10.2965/jwet.2013.299,   CiNii: 130003363029)
18. Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Hitomi Iba, Masakazu Hamano, Sachie Negoro, Shoko Asada, Mutsumi Aihara, Akiko Hirata, Zehong Su and Akira Takahashi :
VopB1 and VopD1 are essential for translocation of type III secretion system 1 effectors of Vibrio parahaemolyticus.,
Canadian Journal of Microbiology, Vol.58, No.8, 1002-1007, 2012.
(DOI: 10.1139/w2012-081,   PubMed: 22827847,   Elsevier: Scopus)
19. Thanh Tam Thi Le, Kazuaki Mawatari, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Sayaka Hayashida, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Akiko Hirata, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou and Akira Takahashi :
VP2118 has major roles in Vibrio parahaemolyticus response to oxidative stress.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1820, No.10, 1686-1692, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2012.06.019,   PubMed: 22771831,   Elsevier: Scopus)
20. Tuyet Le Thi Nhung, Hirofumi Nagata, Akira Takahashi, Mutsumi Aihara, Toshihiro Okamoto, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Masanobu Haraguchi :
Sterilization effect of UV light on Bacillus spores using TiO(2) films depends on wavelength.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1-2, 53-58, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106002,   DOI: 10.2152/jmi.59.53,   PubMed: 22449993)
21. Nakagawa Tadahiko, Nagakatsu Harada, Miyamoto Aiko, Kawanishi Yukiko, Yoshida Masaki, Masayuki Shono, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya :
Membrane topology of murine glycerol-3-phosphate acyltransferase 2.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.418, No.3, 506-511, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.01.055,   PubMed: 22285183)
22. Sonoko Yasui, Kazuaki Mawatari, Ran Morizumi, Hiroko Furukawa, Takaaki Shimohata, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya :
Hydrogen peroxide inhibits insulin-induced ATP-sensitive potassium channel activation independent of insulin signaling pathway in cultured vascular smooth muscle cells.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1-2, 36-44, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 99853,   DOI: 10.2152/jmi.59.36,   PubMed: 22449991)
23. Tuyet Nhung Thi Le, Hirofumi Nagata, Mutsumi Aihara, Akira Takahashi, Toshihiro Okamoto, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Yhosuke Kinouchi, Masatake Akutagawa and Masanobu Haraguchi :
Additional effects of silver nanoparticles on bactericidal efficiency depend on calcination temperature and dip-coating speed.,
Applied and Environmental Microbiology, Vol.77, No.16, 5629-5634, 2011.
(DOI: 10.1128/AEM.00049-11,   PubMed: 21724887,   Elsevier: Scopus)
24. Hiroko Furukawa, Kazuaki Mawatari, Kei Koyama, Sonoko Yasui, Ran Morizumi, Takaaki Shimohata, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya :
Telmisartan increases localization of glucose transporter 4 to the plasma membrane and increases glucose uptake via peroxisome proliferator-activated receptor γ in 3T3-L1 adipocytes.,
European Journal of Pharmacology, Vol.660, No.2-3, 485-491, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2011.04.008,   PubMed: 21514293)
25. Yasuo M. Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Kazuaki Mawatari, Yutaka Nakaya, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Compound K, a metabolite of ginsenosides, induces cardiac protection mediated nitric oxide via Akt/PI3K pathway.,
Life Sciences, Vol.88, No.15-16, 725-729, 2011.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2011.02.011,   PubMed: 21338613)
26. Takaaki Shimohata, Masayuki Nakano, Xin Lian, Tomomi Shigeyama, Hitomi Iba, Akiko Hamamoto, Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Masayuki Yamato, Kazuaki Mawatari, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi :
Vibrio parahaemolyticus infection induces modulation of IL-8 secretion through dual pathway via VP1680 in Caco-2 cells.,
The Journal of Infectious Diseases, Vol.203, No.4, 537-544, 2011.
(DOI: 10.1093/infdis/jiq070,   PubMed: 21177635)
27. Yasunobu Hayabuchi, Yutaka Nakaya, Kazuaki Mawatari, Miki Inoue, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Cell membrane stretch activates intermediate-conductance Ca2+-activated K+ channels in arterial smooth muscle cells,
Heart and Vessels, Vol.26, No.1, 91-100, 2011.
(DOI: 10.1007/s00380-010-0025-0,   PubMed: 21063882)
28. A Hamamoto, M Bandou, K Nakano, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi :
Differences in stress response after UVC or UVA irradiation in Vibrio parahaemolyticus.,
Environmental Microbiology Reports, Vol.2, No.5, 660-666, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1758-2229.2010.00154.x,   PubMed: 23766253)
29. Zehong Su, Masayuki Nakano, Tetsuro Koga, Xin Lian, Akiko Hamamoto, Takaaki Shimohata, Yumi Harada, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Masatake Akutagawa, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi :
Hfq regulates anti-oxidative ability in Vibrio parahaemolyticus.,
The Journal of General and Applied Microbiology, Vol.56, No.3, 181-186, 2010.
(DOI: 10.2323/jgam.56.181,   PubMed: 20647674,   Elsevier: Scopus)
30. Xin Lian, Kayo Tetsutani, Akiko Hamamoto, Masayuki Nakano, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi :
A new colored beverage disinfection system using UV-A light-emitting diodes,
Biocontrol Science, Vol.15, No.1, 33-37, 2010.
(DOI: 10.4265/bio.15.33,   PubMed: 20361521,   CiNii: 10027044058)
31. Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Keiko Yoshida, Tadahiko Nakagawa, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya :
High density lipoprotein inhibits the activation of sterol regulatory element-binding protein-1 in cultured cells.,
FEBS Letters, Vol.584, No.6, 1217-1222, 2010.
(DOI: 10.1016/j.febslet.2010.02.034,   PubMed: 20171215,   Elsevier: Scopus)
32. Hattori Atsushi, Kazuaki Mawatari, Tuzuki Satomi, Yoshioka Emiko, Toda Satomi, Yoshida Masaki, Yasui Sonoko, Furukawa Hiroko, Morishima Masaki, Ono Katsushige, Takamasa Ohnishi, Nakano Masayuki, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya :
β-Adrenergic-AMPK Pathway Phosphorylates Acetyl-CoA Carboxylase in a High-epinephrine Rat Model, SPORTS,
Obesity, Vol.18, No.1, 48-54, 2010.
(DOI: 10.1038/oby.2009.145,   PubMed: 19444233)
33. Gadelmoula Mostafa, Lian Xin, Maeda Miku, Aihara Mutsumi, Kazuaki Mawatari, Hamamoto Akiko, Harada Yumi, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Yutaka Nakaya, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Suitability of ultraviolet(A)-light emitting diode for air stream disinfection,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3-4, 150-156, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111322,   DOI: 10.2152/jmi.56.150,   PubMed: 19763028)
34. hua Yin, Nagakatsu Harada, Kazuaki Mawatari, Yasui Sonoko, Hiroko Segawa, Akira Takahashi, Shuzo Oshita and Yutaka Nakaya :
L-DOPA inhibits nitric oxide-dependent vasorelaxation via production of reactive ozygen species in rat aorta,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3,4, 120-129, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111318,   DOI: 10.2152/jmi.56.120,   PubMed: 19763024)
35. Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Nagakatsu Harada, Yunjie Yin, Atsushi Hattori, Tomoe Zenitani, Sayuri Hara, Haruka Yonemoto, Aki Nakamura, Masayuki Nakano, Kazuaki Mawatari, Kiyoshi Teshigawara, Hidekazu Arai, Toshio Hosaka, Akira Takahashi, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya :
Identification of cis-acting promoter sequences required for expression of the glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene in mice.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1791, No.1, 39-52, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 113301,   DOI: 10.1016/j.bbalip.2008.09.005,   PubMed: 18983939)
36. M Nakano, Akira Takahashi, Z Su, Nagakatsu Harada, Kazuaki Mawatari and Yutaka Nakaya :
Hfq regulates the expression of the thermostable direct hemolysin gene in Vibrio parahaemolyticus,
BMC Microbiology, Vol.8, 155, 2008.
(DOI: 10.1186/1471-2180-8-155,   PubMed: 18803872)
37. Takashi Kawano, Katsuya Tanaka, Kazuaki Mawatari, Shuzo Oshita, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya :
Hyperglycemia impairs isoflurane-induced adenosine triphosphate-sensitive potassium channel activation in vascular smooth muscle cells,
Anesthesia & Analgesia, Vol.106, No.3, 858-864, 2008.
(DOI: 10.1213/ane.0b013e318163fd5b,   PubMed: 18292430)
38. Nagakatsu Harada, Haruka Yonemoto, Masaki Yoshida, Hironori Yamamoto, Yunjie Yin, Aiko Miyamoto, Atsushi Hattori, Qishisan Wu, Tadahiko Nakagawa, Masayuki Nakano, Kiyoshi Teshigawara, Kazuaki Mawatari, Toshio Hosaka, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya :
Alternative splicing produces a constitutively active form of human SREBP-1.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.368, No.3, 820-826, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.02.004,   PubMed: 18267114)
39. Qishisan Wu, Nagakatsu Harada, Aki Nakamura, Masaki Yoshida, Kazuaki Mawatari, Atsushi Hattori, Qinkai Li, Takaaki Shimohata, (名) Yinhua, Xin Lian, Masayuki Nakano, Toshio Hosaka, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya :
NO-1886, a lipoprotein lipase activator, attenuates contraction of rat intestinal ring preparations,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 61-70, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110840,   DOI: 10.2152/jmi.55.61,   PubMed: 18319547)
40. Satoru Eguchi, Takashi Kawano, hua Yin, Katsuya Tanaka, Sonoko Yasui, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Shuzo Oshita and Nobuyoshi Nakajo :
Effects of prostaglandin E1 on vascular ATP-sensitive potassium channels.,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.50, No.6, 686-691, 2007.
(DOI: 10.1097/FJC.0b013e3181583d9b,   PubMed: 18091586)
41. Hirohide Yamada, Takashi Kawano, Katsuya Tanaka, Sonoko Yasui, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita :
Effects of intracellular MgADP and acidification on the inhibition of cardiac sarcolemmal ATP-sensitive potassium channels by propofol,
Journal of Anesthesia, Vol.21, No.4, 472-479, 2007.
(DOI: 10.1007/s00540-007-0551-9,   PubMed: 18008114,   CiNii: 10020022503)
42. Katsuya Hirasaka, Kohno S, Goto J, Furochi H, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Toshio Hosaka, Yutaka Nakaya, Ishidoh K, Toshiyuki Obata, Yousuke Ebina, Gu H, Takeda S, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa :
Deficiency of Cbl-b gene enhances infiltration and activation of macrophages in adipose tissue and causes peripheral insulin resistance in mice.,
Diabetes, Vol.56, No.10, 2511-2522, 2007.
(DOI: 10.2337/db06-1768,   PubMed: 17601987)
43. Lian Xin, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Hori Emiko, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Toshio Hosaka and Yutaka Nakaya :
Vibrio parahaemolytics elevates interferon aloha production in intestinal-like epithelial Caco-2 cells,
Canadian Journal of Microbiology, Vol.53, No.9, 1084-1090, 2007.
(DOI: 10.1139/w07-075,   PubMed: 18026229)
44. Masori Maria, Hamamoto Akiko, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya :
Angiotensin Decreases Glucose Uptake by Downregulation of GLUT1 in the Cell Membrene of the Vascular Smooth Muscule Cell Line A10,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.50, No.3, 267-273, 2007.
(DOI: 10.1097/FJC.0b013e318093ec74,   PubMed: 17878754)
45. Ono Kaori, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Tohru Sakai, Ogoshi Shohei and Yutaka Nakaya :
Nucleoside and nucleotide mixture OG-VI rescues cytotoxicity induced by chemotherapeutic agents in intestinal-like epithelial cell.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3,4, 235-242, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 111518,   DOI: 10.2152/jmi.54.235,   PubMed: 17878671)
46. Masayuki Nakano, Akira Takahashi, Y Sakai, M Kawano, Nagakatsu Harada, Kazuaki Mawatari and Yutaka Nakaya :
Catecholamine-induced stimulation of growth in Vibrio species.,
Letters in Applied Microbiology, Vol.44, No.6, 649-653, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1472-765X.2007.02136.x,   PubMed: 17576228)
47. Hossein Nazari, Akira Takahashi, Nagakatsu Harada, Kazuaki Mawatari, Masayuki Nakano, Kazuhiro Kishi, Yousuke Ebina and Yutaka Nakaya :
Angiotensin II inhibits insulin-induced actin stress fiber formation and glucose uptake via ERK1/2.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1,2, 19-27, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 111490,   DOI: 10.2152/jmi.54.19,   PubMed: 17380010)
48. Kazuhiro Kishi, Kazuaki Mawatari, K Sakai-Wakamatsu, Tomoyuki Yuasa, M Wang, M Ogura-Sawa, Yutaka Nakaya, S Hatakeyama and Yousuke Ebina :
APS-mediated Ubiquitination of the Insulin Receptor Enhances its Internalization but does not Induce its Degradation.,
Endocrine Journal, Vol.54, No.1, 77-88, 2007.
(DOI: 10.1507/endocrj.K06-056,   PubMed: 17102568)
49. Nagakatsu Harada, S Hara, M Yoshida, T Zenitani, Kazuaki Mawatari, M Nakano, Akira Takahashi, Toshio Hosaka, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya :
Molecular cloning of a murine glycerol-3-phosphate acyltransferase-like protein 1 (xGPAT1).,
Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.297, No.1-2, 41-51, 2007.
(DOI: 10.1007/s11010-006-9321-5,   PubMed: 17013544)
50. A Nakamura, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Kazuaki Mawatari, M Nakano, K Tsutsumi and Yutaka Nakaya :
NO-1886, a lipoprotein lipase activator, attenuates vascular smooth muscle contraction in rat aorta,
European Journal of Pharmacology, Vol.554, No.2-3, 183-190, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2006.09.059,   PubMed: 17109854)
51. Akira Takahashi, SI Miyoshi, N Takata, M Nakano, A Hamamoto, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, S Shinoda and Yutaka Nakaya :
Haemolysin produced by Vibrio mimicus activates two Cl secretory pathways in cultured intestinal-like Caco-2 cells.,
Cellular Microbiology, Vol.9, No.3, 583-595, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1462-5822.2006.00809.x,   PubMed: 17026482)
52. Yasunobu Hayabuchi, Yutaka Nakaya, Yasui Sonoko, Kazuaki Mawatari, Kazuhiro Mori, Suzuki Mitsujiro and Shoji Kagami :
Angiotensin II activates intermediate-conductance Ca2+-activated K+ channels in arterial smooth muscle cells.,
Journal of Molecular and Cellular Cardiology, Vol.41, No.6, 972-929, 2006.
(DOI: 10.1016/j.yjmcc.2006.07.010,   PubMed: 16919291)
53. Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Keinosuke Okamoto, Fujii Yoshio, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada and Yutaka Nakaya :
Aeromonas sobria hemolysin causes diarrhea by increasing secretion of HCO3-,
FEMS Microbiology Letters, Vol.258, No.1, 92-95, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1574-6968.2006.00204.x,   PubMed: 16630261)
54. Kazuaki Mawatari, Kakui Sae, Nagakatsu Harada, Takamasa Ohnishi, Yasuharu Niwa, Kazuko Okada, Akira Takahashi, Keisuke Izumi and Yutaka Nakaya :
Endothelin-1(1 31) levels are increased in atherosclerotic lesions of the thoracic aorta of hypercholesterolemic hamsters,
Atherosclerosis, Vol.175, No.2, 203-212, 2004.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2003.10.015,   PubMed: 15262175)
55. Nagakatsu Harada, Chika Ninomiya, Yoshie Osako, Masaki Morishima, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya :
Taurine alters respiratory gas exchange and nutrient metabolism in type 2,
Obesity Research, Vol.12, No.7, 1077-1084, 2004.
(DOI: 10.1038/oby.2004.135,   PubMed: 15292471,   Elsevier: Scopus)
56. Sae Kakui, Kazuaki Mawatari, Takamasa Ohnishi, Yasuharu Niwa, Naomi Tanoue, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Keisuke Izumi and Yutaka Nakaya :
Localization of the 31-amino-acid endothelin-1 in hamster tissue,
Life Sciences, Vol.74, No.11, 1435-1443, 2004.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2003.08.021,   PubMed: 14706574)
57. Asako Minami, Noriko Ishimura, Sadaichi Sakamoto, Eiko Takishita, Kazuaki Mawatari, Kazuko Okada and Yutaka Nakaya :
Effect of eicosapentaenoic acid ethyl ester v. oleic acid-rich safflower oil on insulin resistance in type 2 diabetic model rats with hypertriacylglycerolaemia,
British Journal of Nutrition, Vol.87, No.2, 157-162, 2002.
(DOI: 10.1079/BJN2001496,   PubMed: 11895168)
58. Akira Takahashi, Wada Akihiro, Ogushi Ken-ichi, Maeda Kyoko, Kawahara Tsukasa, Kazuaki Mawatari, Kurazono Hisao, Moss Joel, Hirayama Toshiya and Yutaka Nakaya :
Production of L-defensin-2 by human colonic epithelial cells induced by Salmonella enteritidis flagella filament structural protein,
FEBS Letters, Vol.508, No.3, 484-488, 2001.
(DOI: 10.1016/S0014-5793(01)03088-5,   PubMed: 11728477,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 髙橋 章, 粟飯原 睦美, 馬渡 一諭, 芥川 正武 :
近紫外線発光ダイオードを用いた殺菌システム,
食品分野における非加熱殺菌技術, 150-166, 2013年11月.
2. 中屋 豊, 原田 永勝, 馬渡 一諭 :
臨床スポーツ医学, 運動習慣形成と脳内神経伝達物質,
臨床スポーツ医学, Vol.25, No.10, 1181-1186, 2008年.
3. 中屋 豊, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 髙橋 章 :
侵襲時の栄養評価法,
機能性食品と薬理栄養, Vol.4, No.4, 215-218, 2007年9月.
4. 中屋 豊, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 保坂 利男 :
メタボリック症候群における高血圧の管理,
四国医学雑誌, Vol.63, No.3,4, 97-100, 2007年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110178,   CiNii: 40015634562)
5. Yutaka Nakaya, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Nagakatsu Harada, Hata Akiko and Yasui Sonoko :
The phytoestrogen ginsensoside Re activates potassium channels of vascular smooth muscle cells through PI3K/Akt and nitric oxide pathways,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3,4, 381-384, Aug. 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 111546,   DOI: 10.2152/jmi.54.381,   PubMed: 17878692)
6. 中屋 豊, 馬渡 一諭 :
筋肉をつけるための栄養学,
治療, Vol.85, No.11, 2993-2997, 2003年11月.
7. 中屋 豊, 馬渡 一諭, 瀧下 英子 :
肝疾患の病変と栄養管理-解決すべき問題点 「肝硬変への分割食と就寝前軽食-その効果と課題」,
日本病態栄養学会誌, Vol.4, No.1, 1-5, 2001年6月.

国際会議:

1. Yukiko Tomioka, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Masuda Rumiko, Kazuaki Mawatari, Takeshi Nikawa, Akira Takahashi, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori :
Altered plasma metabolites related to one-carbon metabolism in schizophrenia.,
WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry, Kobe, Sep. 2018.
2. Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Mayu Uyama, Tadahiko Nakagawa, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Tetsuji Takayama, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, M Yamada and M Fukuhara :
Development Of A Multi-Ring Type Roller Pump Unit Equipped To A Compact And Convenient Ascites Purification Machine For Cell-Free And Concentrated Ascites Reinfusion Therapy (CART).,
ASAIO 64th Annual Conference, Washington, D.C., Jun. 2018.
3. Aya Tentaku, Takaaki Shimohata, Sho Hatayama, Anh Quoc Nguyen, Junko Kido, Shiho Fukushima, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Induction of the unfolded protein response (UPR) decreased Campylobacter jejunin invasion,
118th General Meeting of the American Society for Microbiology, Jun. 2018.
4. Shiho Fukushima, Yuri Sato, Takaaki Shimohata, Junko Kido, Yuna Kanda, Aya Tentaku, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Campylobacter jejuni Utilized Autophagy for the Bacterial Survival in the Host Epithelial Cells,
118th General Meeting of the American Society for Microbiology, Jun. 2018.
5. Junko Kido, Takaaki Shimohata, sachie amano, sho hatayama, yuri sato, yuna kanda, aya tentaku, shiho Fukushima, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
CFTR reduced microtubule-mediated Campylobacter jejuni invasion,
52th US-Japan Cooperative Medical Sciences Program Conference on cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Feb. 2018.
6. Syo Hatayama, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
The relation of cellular Tight Junctions formation and Campylobacter jejuni invasion in intestinal epithelial cells,
51th US-Japan Cooperative Medical Sciences Program Conference on cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Feb. 2017.
7. Hiroshi Tatano, Hisami Okumura, Daisuke Kajiura, C Kondo, A Hirayama, Kazuaki Mawatari, Yoshichika Kawai, Masashi Masuda and Yutaka Taketani :
Exploring the impact of consuming different types of meat on metabolome profiles using a GC-MS metabolomics approach,
11th Metabolomics Society Conference, Dublin, Jul. 2016.
8. Tadahiko Nakagawa, Yoshifumi Takaoka, Hironori Tanaka, Kumiko Tanaka, Tetsuji Takayama, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Yohsuke Kinouchi, Toru Murashima, Satoru Yamaji, Zenji Tanaka, Masahiro Sogabe and Toshiya Okahisa :
Roller Pump Circulation System For Preventing Filter Clogging During Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy (cart).,
The 61th Annual Conference of American Society for Artificial Internal Organs(ASAIO), Chicago, Jun. 2015.
9. Tsunedomi Akari, Masamura Akinori, Mutsumi Nakahashi, Nishisaka Risa, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Katsuyuki Miyawaki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Disinfection system with UVA-LED for hydroponic nutrient solution,
6th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2015.
10. Hatayama Sho, Takaaki Shimohata, Negoro Sachie, Sato Yuri, Kido Junko, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
The denudation of lateral part promote Campylobacter jejuni invasion in Caco-2 cells.,
6th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2015.
11. Takashi Uebansou, Takaaki Shimohata, Iba Hitomi, Nishimura Kazuya, Taniguchi Yuichi, Kazuki Horikawa, Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
COMBINATION BETWEEN A FEW T3SS INJECTISOME AND A LOT EFFECTOR FOR KILLING HOST CELLS ON VIBRIO PARAHAEMOLYTICUS,
6th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2015.
12. Takaaki Shimohata, Negoro Sachie, Kido Junko, Hatayama Sho, Sato Yuri, Iba Hitomi, Mutsumi Nakahashi, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
INFECTION OF CAMPYLOBACTER JEJUNI REDUCES CFTR MEDIATED CL- SECRETION IN T-84,
6th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2015.
13. Ayumi Yoshimoto, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Mutsumi Nakahashi, Takaaki Shimohata and Akira Takahashi :
Low dose antibiotics treatment in the prenatal period affect newborns health in later life,
12th Asian Congress of Nutrition, 70, May 2015.
14. Takashi Uebansou, Ai Ohnishi, Takaaki Shimohata, Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Acceptable daily intake levels of sucralose consumption reduces fecal Clostridium cluster 4 in mouse,
12th Asian Congress of Nutrition, 70, May 2015.
15. Takaaki Shimohata, Sachie Negoro, Sho Hatayama, Yuri Sato, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Campylobacter jejuni Infection Reduces Cftr Mediated Cl- Secretion In T-84,
American Society for Microbiology 114th General Meeting, May 2014.
16. Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Simultaneous irradiation with different wavelengths of ultraviolet light has synergistic bactericidal effect on Vibrio parahaemolyticus,
48th US-Japan Cooperative Medical Sciences Program Conference on cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Feb. 2014.
17. Sachie Negoro, Takaaki Shimohata, Syo Hatayama, Mari Matsumoto, Yuri Sato, Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Suppression of CFTR-mediated Cl- transport in Campylobacter jejuni infection,
International Symposium Hannover - Tokushima Research Communication, Aug. 2013.
18. Takashi Uebansou, Hitomi Iba, Shoko Asada, Takaaki Shimohata, Mutsumi Aihara, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Regulation and effects of VP1671 (VscQ) on virulence of Vibrio parahaemolyticus,
5th FEMS Microbiology Congress, Jul. 2013.
19. Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Synergistic bactericidal effect of ultraviolet light with a combination of different wavelength,
5th FEMS Microbiology Congress, Jul. 2013.
20. Kazuaki Mawatari, Tam Thanh Thi Le, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Airi Honjo, Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou and Akira Takahashi :
VP2118 has major roles in Vibrio parahaemolyticus response to oxidative stress,
5th FEMS Microbiology Congress, Jul. 2013.
21. Kazuaki Mawatari, Tam Thanh Thi Le, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou and Akira Takahashi :
VP2118 has major roles in Vibrio parahaemolyticus response to oxidative stress,
US-Japan Cooperative Medical Science Program, 47th Annual Joint Panel Meeting on Cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Dec. 2012.
22. Kazuaki Mawatari, Yuka Isumi, Minami Hirayama, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Sayaka Hayashida, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata and Akira Takahashi :
OtnA-OtnB modulate capsular polysaccharide and polymyxin B resistance in Vibrio parahaemolyticus,
112th General Meeting of the American Society for Microbiology, Jun. 2012.
23. Mutsumi Aihara, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata and Akira Takahashi :
Bactericidal Effect of Ultraviolet Light with a Combination of Different Wavelengths,
112th General Meeting of the American Society for Microbiology, Jun. 2012.
24. Hitomi Iba, Takaaki Shimohata, Masayuki Yamato, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
The effect of VP1671 (vscQ) on virulence of Vibrio parahaemolyticus,
4th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2011.
25. Kazuaki Mawatari, Yumi Yoneda, Manami Honda, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Zehong Su, Takaaki Shimohata, Masayuki Yamato and Akira Takahashi :
VPA1604, a protein containing phosphorylated tyrosine, modulates high molecular weight capsular polysaccharide in Vibrio parahaemolyticus,
4th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2011.
26. Kazuaki Mawatari, Yumi Yoneda, Manami Honda, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Zehong Su, Takaaki Shimohata, Masayuki Yamato and Akira Takahashi :
VPA1604, a protein tyrosine kinase, modulates high molecular weight capsular polysaccharide in Vibrio parahaemolyticus,
US-Japan Cooperative Medical Science Program, 45th Annual Joint Panel Meeting on Cholera and Other Bacterial Enteric Infections Panel, Kyoto, Dec. 2010.
27. Takaaki Shimohata, Masayuki Nakano, Lian Xin, Kazuaki Mawatari, Masayuki Yamato and Akira Takahashi :
Vibrio parahaemolyticus modulate IL-8 secretion through dual pathway,
110th General Meeting of the American Society for Microbiology, San Diego, CA, U.S.A., Jun. 2010.
28. Rie Tsutsumi, Kazuaki Mawatari, Katayama Erika, Yutaka Nakaya and Yasuo Tsutsumi :
Compound K produces cardiac protection by activating Akt phosphorylation.,
Experimental Biology Annual Meeting, Anaheim, California, Apr. 2010.
29. Akira Takahashi, M. Nakano, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada and Yutaka Nakaya :
Vibrio cholerae El tor Hemolysin Activates Cyclic AMT Dependent Cl-Secretory Pathways which Xaused Diarrhea,
108th General Meeting of the American Society for Microbiology, Boston, Jun. 2008.

国内講演発表:

1. 森 大樹, 森根 裕二, 横田 典子, 石橋 広樹, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常における発がんメカニズムに関する検討,
第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月.
2. 福島 志帆, 下畑 隆明, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは宿主細胞への菌の侵入および細胞内生存を促進する,
第71回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2018年10月.
3. 神田 結奈, 東山 諒, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 福島 志帆, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 柏本 孝茂, 髙橋 章 :
Vibrio Vulnificusが産生するOMVの機能解析,
第71回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2018年10月.
4. 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染によって誘導される小胞体ストレス応答は菌の細胞侵入を抑制する,
第39回 日本食品微生物学会学術総会, 2018年9月.
5. 畑山 翔, 下畑 隆明, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 中本 晶子, 首藤 恵泉, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni汚染調理器具に対するUVA-LED照射殺菌の有効性について,
第39回 日本食品微生物学会学術総会, 2018年9月.
6. 神田 結奈, 東山 諒, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 福島 志帆, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 柏本 孝茂, 髙橋 章 :
Vibrio Vulnificusが産生するOMVの機能解析,
第39回 日本食品微生物学会学術総会, 2018年9月.
7. 福島 志帆, 下畑 隆明, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
オートファジーはCampylobacter jejuniの宿主細胞への侵入過程を促進する,
第91回 日本生化学会大会, 2018年9月.
8. 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniは宿主腸管上皮細胞の細胞側面から効率的に侵入する,
第91回 日本生化学会大会, 2018年9月.
9. Ulfa Maria, Takaaki Shimohata, Shiho Fukushima, Momoyo Azuma, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Application of UVA-LED on Extended-Spectrumβ-Lactamase(ESBL) Producing Escherichia coli from Clinical Isolates,
第257回 徳島医学会学術集会, Aug. 2018.
10. 石田 快, 下畑 隆明, 木戸 純子, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniの宿主腸管上皮細胞での生存に対するコレステロールの影響,
第92回 日本感染症学会学術講演会, 2018年5月.
11. 福島 志帆, 下畑 隆明, 木戸 純子, 天宅 あや, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは宿主細胞への侵入および細胞内生存を促進する,
第92回 日本感染症学会学術講演会, 2018年5月.
12. 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 島田 光生 :
メタボローム解析を用いた膵・胆管合流異常における胆汁発癌物質の検討,
第55回日本小児外科学会学術集会, 2018年5月.
13. 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
宿主細胞内での小胞体ストレス応答(UPR)はCampylobacter jejuni感染に対する防御機構として働く,
第72回 日本栄養・食糧学会大会, 2018年5月.
14. 森 大樹, 森根 裕二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 島田 光生 :
メタボローム解析を用いた膵・胆管合流異常の胆汁中発癌物質の同定,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
15. Quoc Nguyen anh, Takaaki Shimohata, sho Hatayama, aya Tentaku, Junko kido, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Metabolic analysis of epithelial cellular metabolism during Vibrio parahaemolyticus infection,
第91回 日本細菌学会総会, Mar. 2018.
16. 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染における小胞体ストレス応答は菌の侵入を抑制する,
第91回 日本細菌学会総会, 2018年3月.
17. 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 神田 結奈, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniは菌の宿主上皮細胞への侵入および生存過程にオートファジーを利用する,
第91回 日本細菌学会総会, 2018年3月.
18. 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは,宿主上皮細胞における菌の侵入および生存を促進する,
第256回 徳島医学会学術集会, 2018年2月.
19. 木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
CFTR発現はCampylobacter jejuniの微小管を介した輸送を抑制する,
2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
20. 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染で誘導される小胞体ストレス応答は細胞内への菌の侵入を抑制する,
2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
21. 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは,宿主上皮細胞における菌の侵入および生存を促進する,
2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
22. 下畑 隆明, 木戸 純子, 畑山 翔, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
代謝産物の解析から紐解くCampylobacter jejuniの宿主細胞内生存戦略,
第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月.
23. Anh Quoc Nguyen, Takaaki Shimohata, Sho Hatayama, Aya Tentaku, Junko Kido, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Metabolic analysis of epithelial cellular metabolism during Vibrio parahaemolyticus infection,
第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2017.
24. 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Cpylobacter jejuni感染によって誘導される小胞体ストレス応答が菌に与える影響,
第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月.
25. 畑山 翔, 下畑 隆明, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
極性化腸管上皮細胞におけるタイトジャンクション形成はCampylobacter jejuniの細胞内侵入機構に影響する,
第38回 日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
26. 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 神田 結奈, 鳴滝 涼香, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染で誘導されるオートファジーは菌のクリアランス機構として働くのか,
第38回 日本食品微生物学会学術総会, 2017年10月.
27. 木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
CFTR reduced microtubule-mediated Campylobacter jejuni invasion,
日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会, 2017年8月.
28. 上番増 喬, 大西 愛, 北山 礼子, 吉本 亜由美, 中橋 睦美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
許容上限量の甘味料の摂取が腸内細菌叢と宿主へ及ぼす影響の解析,
日本栄養食糧学会, 243, 2017年5月.
29. 畑山 翔, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
宿主腸管上皮細胞のTight Junction形成が食中毒原因菌Campylobacter jejuniの侵入機構に及ぼす影響について,
日本栄養食糧学会, 244, 2017年5月.
30. 天宅 あや, 下畑 隆明, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染における小胞体ストレスの誘導,
第91回 日本感染症学会総会・学術講演会, 2017年4月.
31. 畑山 翔, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
極性化腸管上皮細胞でのタイトジャンクションによるCampylobaster Jejuniの侵入制御について,
日本細菌学会総会, 50, 2017年3月.
32. 下畑 隆明, 木戸 純子, 佐藤 優里, 畑山 翔, 神田 結奈, 福島 志帆, 天宅 あや, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni 感染はHeLa細胞におけるアミノ酸取り込みを活性化する,
日本細菌学会総会, 50, 2017年3月.
33. 馬渡 一諭, 安井 実希, 本庄 アイリ, 西坂 理沙, 枝川 美幸, 岩本 夏美, 渡邊 瞳, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 :
Screening of genes related with ultraviolet A-sensitivity by transposon mutagenesis in Vibrio parahaemolyticus,
90th Annual Meeting of Japanese Society of bacteriology, 46, 2017年3月.
34. 上番増 喬, 吉本 亜由美, 下畑 隆明, 中橋 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
食事成分の腸内細菌叢への影響を代謝産物から読み解けるか?,
日本細菌学会総会, 42, 2017年3月.
35. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 福家 慧, 寺前 智史, 藤本 大策, 田中 宏典, 三井 康裕, 北村 晋志, 岡本 耕一, 高山 哲治, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 片島 るみ, 岡久 稔也 :
模擬腹水による胸腹水濾過濃縮再静注法の教育体制の構築,
第37回日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月.
36. 玉井 瑠人, 笠井 嘉人, 田中 大基, 谷 直也, 平田 光里, 中川 忠彦, 友成 哲, 谷口 達哉, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
胸腹水濾過濃縮再静注法のクロスフロー方式の腹水濾過時の物理的刺激が腹水に及ぼす影響に関する実験的検討.,
第54回日本人工臓器学会大会, 2016年11月.
37. 多々納 浩, 奥村 仙示, 梶浦 大資, 近藤 千佳, 平山 明由, 馬渡 一諭, 河合 慶親, 増田 真志, 竹谷 豊 :
GC-MSを用いた肉の種類別の摂取バイオマーカーの探索,
第10回メタボロームシンポジウム, 2016年10月.
38. 渡邊 瞳, 馬渡 一諭, 西坂 理沙, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
透析液の細菌汚染調査と近視外LEDによる殺菌効果の評価,
第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
39. 下畑 隆明, 福島 志帆, 佐藤 優里, 扶川 留音, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 畑山 翔, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniの宿主細胞内生存戦力に関する検討,
第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
40. 木戸 純子, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
CFTR発現によるCampylobacter jejuniの侵入抑制機序の解明,
第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月.
41. 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 上番増 喬, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
紫外線LEDと次亜塩素酸ナトリウムの併用による食品殺菌装置の開発,
第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
42. 髙橋 章, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 上番増 喬, 常冨 愛香里, 中橋 睦美, 芥川 正武, 木内 陽介 :
飲料水の色が近紫外線殺菌にあたえる影響,
第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
43. 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 永田 早紀恵, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni食中毒予防に対するUVA-LED照射殺菌の有用性について,
第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
44. 下畑 隆明, 福島 志帆, 佐藤 優里, 扶川 留音, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 畑山 翔, 中橋 睦美, 上番増 喬, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
上皮細胞に侵入したCampylobacter jejuniのエネルギー獲得機構について,
第37回 日本食品微生物学会学術総会, 2016年9月.
45. 畑山 翔, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 木戸 純子, 射場 仁美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
腸管上皮細胞におけるtight junctionsの破綻は細胞側面からの脂質ラフトを介したCampylobacter jejuniの侵入を促進する,
日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会, 2016年8月.
46. 西坂 理沙, 渡邊 瞳, 馬渡 一諭, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
県内医療施設の透析液細菌汚染調査と近紫外LEDによる殺菌効果の評価,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
47. 木戸 純子, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
CFTR発現によりCampylobacter jejuniの微小管依存性侵入機構が抑制される,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
48. 吉本 亜由美, 上番増 喬, 下畑 隆明, 中橋 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
妊娠期の母親の低用量の抗菌薬摂取が子供の健康に及ぼす影響の解析,
第253回徳島医学会学術集会, 24, 2016年7月.
49. 畑山 翔, 下畑 隆明, 吉兼 道子, 天野 幸恵, 佐藤 優里, 木戸 純子, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
食中毒原因菌Campylobacter jejuniは腸管上皮細胞側面の露出により宿主内へ効率的に侵入する,
第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
50. 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 後藤 茉凜, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 原田 優美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
UVA-LED殺菌システムによるCampylobacter jejuni食中毒の予防,
第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
51. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 高岡 慶史, 谷口 達哉, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
胸腹水濾過濃縮再静注法の手技習得のための輸液製剤を用いた模擬腹水の作成,
第43回日本血液浄化技術学会学術大会, 2016年5月.
52. 常冨 愛香里, 木戸 純子, 上番増 喬, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
UVA殺菌技術を用いた植物工場における病原微生物の抑制検討,
第90回日本感染症学会総会・学術講演会, 2016年4月.
53. 西坂 理沙, 馬渡 一諭, 山下 智子, 木戸 純子, 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 :
透析液の汚染細菌調査と近紫外発光ダイオードを用いた殺菌効果の評価,
第90回日本感染症学会総会・学術講演会, 2016年4月.
54. 木戸 純子, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniの細胞侵入は細胞膜表面CFTRにより調節される,
第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
55. 下畑 隆明, 佐藤 優里, 扶川 留音, 木戸 純子, 天野 幸恵, 畑山 翔, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
代謝解析で明らかとなったCampylobacter jejuni感染による宿主細胞での特徴的なアミノ酸変動について,
第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
56. 吉本 亜由美, 上番増 喬, 中橋 睦美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Effect of low dose antibiotics administration during prenatal period on newborns postnatal health,
第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
57. 馬渡 一諭, 枝川 美幸, 岩本 夏実, 前谷 実希, 本庄 アイリ, 西坂 理沙, 渡邊 瞳, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 :
Identification of genes associated with ultraviolet-A sensitivity in Vibrio parahaemolyticus,
第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
58. 西坂 理沙, 馬渡 一諭, 常冨 愛香里, 渡邊 瞳, 上番増 明子, 下畑 隆明, 上番増 喬, 金本 優杞, 村上 明男, 髙橋 章 :
Ultraviolet-A (UVA) irradiation by light emitting diode (LED) inhibits growth of cyanobacteria,
第89回日本細菌学会総会, 2016年3月.
59. 谷 直也, 田中 大基, 末内 辰尚, 高岡 慶史, 中川 忠彦, 高山 哲治, 河野 正樹, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
イノベーション対話ツールを活用した腸蠕動音収集解析システムの開発,
第53回日本人工臓器学会大会, 2015年11月.
60. 田中 大基, 谷 直也, 武原 正典, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 中川 忠彦, 高山 哲治, 河野 正樹, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
模擬腹水を用いた胸腹水濾過濃縮装置の評価・教育システムの構築,
第53回日本人工臓器学会大会, 2015年11月.
61. 河野 正樹, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 中川 忠彦, 高山 哲治, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 村島 徹, 出口 喜宏, 荒巻 広至, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮法(CART)用装置の現状と今後,
第36回日本アフェレシス学会学術総会, 2015年10月.
62. 木戸 純子, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 扶川 留音, 吉兼 道子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniの上皮細胞侵入性に対するCFTRの関与について,
第251回 徳島医学会学術集会, 2015年8月.
63. 常冨 愛香里, 正村 彰規, 中橋 睦美, 西坂 理沙, 後藤 茉凛, 馬渡 一諭, 下畑 隆明, 上番増 喬, 宮脇 克行, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
植物工場の養液殺菌システムの開発,
第251回 徳島医学会学術集会, 2015年8月.
64. 西坂 理沙, 馬渡 一諭, 常冨 愛香里, 後藤 茉凛, 上番増 明子, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 金本 優杞, 村上 明男, 髙橋 章 :
近紫外線(ultrviolet-A)照射によるシアノバクテリア増殖抑制効果の解明,
第251回 徳島医学会学術集会, 2015年8月.
65. 畑山 翔, 下畑 隆明, 吉兼 道子, 根来 幸恵, 佐藤 優里, 木戸 純子, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniの上皮細胞への侵入は細胞のラテラル面の露出により増加する,
第251回 徳島医学会学術集会, 2015年8月.
66. 下畑 隆明, 木戸 純子, 根来 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 射場 仁美, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
CFTR regulates Campylobacter jejuni invasion in cultured cells,
日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会, 2015年7月.
67. 山下 智子, 馬渡 一諭, 木戸 純子, 下畑 隆明, 髙橋 章 :
人口透析装置汚染防止を目的とした近紫外発光ダイオード(UVA-LED)による照射殺菌条件の検討,
第89回 日本感染症学会総会・学術講演, 2015年4月.
68. 木戸 純子, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
CFTRがCampylobacter jejuniの細胞侵入性へ与える影響,
第89回 日本感染症学会総会・学術講演, 2015年4月.
69. 馬渡 一諭, 本庄 アイリ, 安井 実希, 畑山 翔, 中橋 睦美, 下畑 隆明, 髙橋 章 :
腸炎ビブリオのVP2357遺伝子変異は近紫外線(UVA)照射耐性獲得に寄与する,
第88回 日本細菌学会総会, 2015年3月.
70. Quang Ngoc Phan, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata, Mutsumi Nakahashi and Akira Takahashi :
DNA-binding protein HU coordinates pathogenicity in Vibrio parahaemolyticus,
第88回 日本細菌学会総会, Mar. 2015.
71. 畑山 翔, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 佐藤 優里, 木戸 純子, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniは腸管上皮の側部より効率的に侵入する,
第88回 日本細菌学会総会, 2015年3月.
72. Phan Quang Ngoc, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata, Mutsumi Nakahashi and Akira Takahashi :
DNA-binding protein HU coordinate pathogenicity in Vibrio parahaemolyticus,
第67回 日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2014.
73. 常冨 愛香里, 中橋 睦美, 西坂 理沙, 馬渡 一諭, 下畑 隆明, 上番増 喬, 宮脇 克行, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
水耕栽培用養液の還流型殺菌システムの開発,
第67回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2014年10月.
74. 木戸 純子, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniによる細胞侵入とCFTRの関連について,
第67回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2014年10月.
75. 星山 哲平, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 中橋 睦美, 林田 麻里王, 髙橋 章, 馬渡 一諭, 池原 敏孝, 小中 信典, 木内 陽介 :
UV及び可視光照射に対する腸炎ビブリオの遺伝子発現解析,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.14-1, 229, 2014年9月.
76. 本庄 アイリ, 馬渡 一諭, 前谷 実希, 岩本 夏実, 山下 智子, 中橋 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 :
Anti-sigma factor VP2357の遺伝子変異はVibrio parahaemolyticusの近紫外線(UVA)耐性獲得に関与する,
第249回徳島医学会学術集会, 2014年7月.
77. Phan Quang Ngoc, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata, Mutsumi Aihara and Akira Takahashi :
DNA-binding protein HU coordinates pathogenicity in Vibrio parahaemolyticus.,
第249回徳島医学会学術集会, Jul. 2014.
78. 畑山 翔, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 佐藤 優里, 木戸 純子, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni 感染による腸管上皮細胞のイオン輸送に関する検討,
第249回徳島医学会学術集会, 2014年7月.
79. 星山 哲平, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 中橋 睦美, 林田 麻里王, 髙橋 章, 馬渡 一諭, 池原 敏孝, 小中 信典, 木内 陽介 :
異なる波長の光照射に対する腸炎ビブリオの遺伝子発現解析,
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.114, No.154, 19-24, 2014年7月.
80. 常冨 愛香里, 正村 彰規, 粟飯原 睦美, 馬渡 一諭, 下畑 隆明, 上番増 喬, 石崎 仁愛, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
近紫外線による水耕栽培用培養液の殺菌法の開発,
第68回日本栄養・食糧学会大会, 2014年5月.
81. 本庄 アイリ, 馬渡 一諭, 前谷 実希, 常冨 愛香里, 畑山 翔, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 :
Vibrio parahaemolyticusのkatGgene, VPA0768発現上昇は近紫外線(UVA)耐性獲得に関与する,
第68回日本栄養・食糧学会大会, 2014年5月.
82. 根耒 幸恵, 下畑 隆明, 畑山 翔, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni 感染はCFTR機能を抑制する,
第68回日本栄養・食糧学会大会, 2014年5月.
83. 馬渡 一諭, 本庄 アイリ, 常冨 愛香里, 畑山 翔, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 :
近紫外線(UVA)照射により酸化される腸炎ビブリオタンパク質の同定,
第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
84. 下畑 隆明, 根耒 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染はT84細胞におけるCl-分泌を抑制する,
第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
85. 林田 麻里王, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 星山 哲平, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 木内 陽介 :
紫外線・可視光照射により変動する微生物遺伝子の網羅的解析,
第66回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月.
86. 本庄 アイリ, 枝川 美幸, 馬渡 一諭, 前谷 実希, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 上手 麻希, 間世田 英明, 髙橋 章 :
トランスポゾン挿入変異ライブラリを用いた腸炎ビブリオの近紫外線関連遺伝子の探索,
第66回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月.
87. Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi :
Synergistic bactercidal effect of Ultraviolet light with a combination of different,
日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会日本側総会, Aug. 2013.
88. 林田 麻里王, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 星山 哲平, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介 :
DNA マイクロアレイを用いた微生物遺伝子の網羅的解析,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
89. 常冨 愛香里, 粟飯原 睦美, 石崎 仁愛, 上番増 喬, 下畑 隆明, 芥川 正武, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 正村 彰規 :
UVA-LED を用いた水耕栽培用養液の殺菌,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
90. 浅田 翔子, 射場 仁美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
腸炎ビブリオの3型分泌装置遺伝子発現は細胞接着により誘導される,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
91. 本庄 アイリ, 馬渡 一諭, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 :
VP0221とVPA1604は腸炎ビブリオの莢膜多糖類を調節し,抗菌ペプチドと補体耐性に働く,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
92. 根来 幸恵, 下畑 隆明, 畑山 翔, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni 感染によるCl‐輸送チャネルの活性変化,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
93. 畑山 翔, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
食中毒起因菌カンピロバクターによる下痢の機序に関する研究,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
94. 根来 幸恵, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni 感染とCl-輸送の変化,
第87回日本感染症学会総会・学術講演会, 2013年6月.
95. 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 松本 麻里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染によるクロライド分泌の変化,
第86回日本細菌学会総会, 2013年3月.
96. 浅田 翔子, 射場 仁美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Vibrio parahaemolyticusの病原因子 TTSS1遺伝子発現は細胞接着によって誘導される,
第65回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2012年10月.
97. 馬渡 一諭, 黒川 香菜, 本庄 アイリ, 藤井 麻未, 山本 智実, 前谷 実希, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 :
Vibrio parahaemolyticusを用いたUVA紫外線照射による殺菌機構の解析,
第65回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2012年10月.
98. Tam Thanh Thi Le, Kazuaki Mawatari, Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou and Akira Takahashi :
VP2118 has major roles in Vibrio parahaemolyticus response to oxidative stress,
日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会日本側総会, Aug. 2012.
99. 林田 沙也加, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
UVA-LEDと塩素を併用した水殺菌法の開発,
第86回日本感染症学会総会・学術講演会, 2012年4月.
100. 山本 智実, 馬渡 一諭, 林田 沙也加, 下畑 隆明, 髙橋 章 :
発光ダイオードによる近紫外線照射(UVA-LED)によるウイルスの不活化,
第86回日本感染症学会総会・学術講演会, 2012年4月.
101. 馬渡 一諭, 井角 友香, 平山 みなみ, 前谷 実希, 山本 智実, 林田 沙也加, 射場 仁美, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 髙橋 章 :
Vibrio parahaemolyticus capsular polysaccharide is modulated by two pathways, VP0220-1 and VPA1602-4,
第85回日本細菌学会総会, 2012年3月.
102. 下畑 隆明, 射場 仁美, 根来 幸恵, 浅田 翔子, 粟飯原 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
VP1680 induces IL-8 secretion in Vibrio parahaemolyticus infection,
第85回日本細菌学会総会, 2012年3月.
103. 下畑 隆明, 射場 仁美, 根来 幸恵, 浅田 翔子, 粟飯原 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
腸炎ビブリオT3SS1におけるトランスロコンの解析,
第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月.
104. 林田 沙也加, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 芥川 正武, 木ノ内 陽介, 髙橋 章 :
水中の細菌に対するUVA-LEDと塩素との併用殺菌効果,
第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月.
105. 馬渡 一諭, Yuka Isumi, Minami Hirayama, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Sayaka Hayashida, Hitomi Iba, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 髙橋 章 :
VP0220-0221 and VPA1602-1604 modulate capsular polysaccharides in Vibrio parahaemolyticus,
日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会日本側総会, 2011年8月.
106. 下畑 隆明, 廉 馨, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
腸炎ビブリオ感染は腸管上皮細胞においてMAPKsを活性化しIL-8の分泌を誘発する,
第85回日本感染症学会総会・学術講演会, 2011年4月.
107. 戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊, 志内 哲也, 箕越 靖彦 :
自発運動制御におけるGhrelinの役割,
第14回日本病態栄養学会,神奈川県横浜市, 2011年1月.
108. 戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊, 志内 哲也 :
自発運動制御におけるGhrelinの役割,
第31回日本肥満学会, 2010年10月.
109. 馬渡 一諭, 米田 由美, 本田 真奈美, 射場 仁美, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 蘇 澤紅, 大和 正幸, 髙橋 章 :
Vibrio parahaemolyticus のチロシンキナーゼVPA1604 は高分子量型莢膜多糖類(HMW-CPS)形成を調節する,
第63回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2010年10月.
110. 粟飯原 睦美, 大和 正幸, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 芥川 正武, 木内 陽介 :
異なる紫外線波長の併用による殺菌効果,
第63回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2010年10月.
111. 下畑 隆明, 中野 政之, 馬渡 一諭, 大和 正幸, 髙橋 章 :
腸炎ビブリオエフェクタータンパク質VP1680 はIL-8 の分泌を誘発する,
第63回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2010年10月.
112. Kazuaki Mawatari, Yumi Yoneda, Manami Honda, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Zehong Su, Takaaki Shimohata, Masayuki Yamato and Akira Takahashi :
VPA1604, a protein tyrosine kinase, modulates high molecular weight capsular polysaccharide in Vibrio parahaemolyticus,
日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会日本側総会, Jul. 2010.
113. 戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊, 志内 哲也, 箕越 靖彦 :
自発運動制御におけるGhrelinの役割,
3回日本糖尿病学会総会年次学術集会, 2010年5月.
114. 戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 志内 哲也, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊 :
自発運動制御におけるGhrelinの役割,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
115. 射場 仁美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 大和 正幸, 大西 隆仁, 髙橋 章 :
腸管ループを用いた腸炎ビブリオ誘発下痢機構の検討,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
116. 下畑 隆明, 中野 政之, 廉 馨, 馬渡 一諭, 大和 正幸, 髙橋 章 :
腸炎ビブリオはMAPKsを介したIL-8の分泌を誘発する,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
117. Takaaki Shimohata, Masayuki Nakano, Lian Xin, Kazuaki Mawatari, Masayuki Yamato and Akira Takahashi :
Vibrio parahaemolyticus modulate IL-8 secretion through dual pathway,
第83回日本細菌学会総会, Mar. 2010.
118. Kazuaki Mawatari, Yukina Takahashi, Nami Morikawa, Takaaki Shimohata, Akiko Hamamoto, Zehong Su, Masayuki Yamato and Akira Takahashi :
VPA1604, a protein tyrosine kinase, modulate HMW K6-polysaccharide in Vibrio parahaemolyticus,
第83回日本細菌学会総会, Mar. 2010.
119. 中川 忠彦, 原田 永勝, 吉田 将紀, 宮本 愛子, 川西 由希子, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 阪上 浩, 中屋 豊 :
脂質合成律速酵素グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ2の膜トポロジー解析,
第240回徳島医学会学術集会, 2010年2月.
120. 中川 忠彦, 原田 永勝, 吉田 将紀, 宮本 愛子, 川西 由希子, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 阪上 浩, 中屋 豊 :
脂質合成律速酵素グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ2の膜トポロジー解析,
第240回徳島医学会学術集会, 2010年2月.
121. Qinkai Li, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, 中野 政之, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Toshio Hosaka, Bayasgalan Jambaldorj, 大塚 良 and Makoto Funaki :
Chronic 5-Hydroxytryptamine Treatment Induces Insulin Resistance in 3T3-L1 Adipocytes by mTOR-dependent modification of IRS-1,
第238回徳島医学会学術集会, Feb. 2009.
122. 原口 さやか, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 髙橋 章, 髙橋 利和, 中尾 俊之, 水口 潤, 炭谷 晴雄, 土井 俊夫, 中屋 豊 :
慢性腎不全患者における早期の飢餓状態に対する就寝前夜食の効果ー間接カロリーメーターを用いた検討,
第12回日本病態栄養学会学術集会, 2009年1月.
123. 原口 さやか, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 保坂 利男, 髙橋 章, 中尾 俊之, 土井 俊夫, 中屋 豊 :
間接カロリーメーターを用いた,慢性腎不全患者における早朝空腹時の代謝状態の検討,
第62回日本栄養・食糧学会, 2008年5月.
124. 河野 尚平, 平坂 勝也, 加川 祥子, 中尾 玲子, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 中屋 豊, 石堂 一巳, 蛯名 洋介, 岸 恭一, 二川 健 :
Cbl-b遺伝子欠損によるマクロファージの活性化を介した耐糖能異常,
第19回分子糖尿病学シンポジウム, 2007年12月.
125. 中屋 豊, 安井 苑子, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 原田 永勝, Hossein Nazari, 河野 崇, 大下 修造, 古川 哲史 :
機能性食品の心血管系イオンチャネルに対する作用-Phytoestrogenのgenomicおよびnongenomic action,
長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.

その他・研究会:

1. 畑山 翔, 下畑 隆明, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 中本 晶子, 首藤 恵泉, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
UVA-LED照射による調理器具汚染Campylobacter jejuniの殺菌効果について,
第11回 日本カンピロバクター研究会総会, 2018年12月.
2. 石田 快, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniの上皮細胞内生存とコレステロールの関連,
第11回 日本カンピロバクター研究会総会, 2018年12月.
3. 辻口 舞, 下畑 隆明, 福島 志帆, 畑山 翔, 木戸 純子, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Microarrayの解析から導くCampylobacter jejuniの侵入による宿主腸管上皮細胞での脂質代謝への影響,
第11回 日本カンピロバクター研究会総会, 2018年12月.
4. 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, NGUYEN QUOC ANH, 木戸 純子, 福島 志帆, 石田 快, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
宿主細胞における小胞体ストレス応答はCampylobacter jejuniの細胞内侵入を抑制する,
第257回 徳島医学会学術集会, 2018年8月.
5. 常冨 愛香里, 畑山 翔, 下畑 隆明, 木戸 純子, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni汚染対策に向けたUVA-LEDの有用性について,
第10回 日本カンピロバクター研究会総会, 2017年12月.
6. 福島 志帆, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 天宅 あや, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniが誘導するオートファジーが菌の侵入および生存に与える影響について,
第10回 日本カンピロバクター研究会総会, 2017年12月.
7. 馬渡 一諭, 渡邊 瞳, 西坂 理沙, 中橋 睦美, 常冨 愛香里, 児島 瑞基, 野上 夏希, 牧野 美鈴, 増田 瑠見子, 下畑 隆明, 上番増 喬, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
透析液の細菌汚染調査と近紫外発光ダイオードによる殺菌効果の評価,
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.117, No.165, 13-16, 2017年7月.
8. 畑山 翔, 下畑 隆明, 天野 幸恵, 木戸 純子, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniの宿主腸管上皮細胞への侵入とTight Junctions形成の関連について,
第9回 日本カンピロバクター研究会総会, 2016年11月.
9. 木戸 純子, 下畑 隆明, 佐藤 優里, 畑山 翔, 神田 結奈, 天宅 あや, 福島 志帆, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
宿主アミノ酸輸送の変化と宿主細胞内Campylobacter jejuni生存について,
第9回 日本カンピロバクター研究会総会, 2016年11月.
10. 天宅 あや, 下畑 隆明, 畑山 翔, 木戸 純子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染で誘導される小胞体ストレスについて,
第9回 日本カンピロバクター研究会総会, 2016年11月.
11. 佐藤 優里, 下畑 隆明, 扶川 留音, 根来 幸恵, 畑山 翔, 木戸 純子, 上番増 喬, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
メタボローム解析を用いた宿主細胞内のCampylobacter jejuniのエネルギー源獲得機構の検索,
第8回日本カンピロバクター研究会総会, 2015年12月.
12. 常冨 愛香里, 下畑 隆明, 後藤 茉凜, 天野 幸恵, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 宮脇 克行, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniに対するUVA-LEDの有効性,
第8回日本カンピロバクター研究会総会, 2015年12月.
13. 木戸 純子, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 扶川 留音, 吉兼 道子, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
CFTR発現によるCampylobacter jejuniの上皮細胞侵入抑制機構について,
第8回日本カンピロバクター研究会総会, 2015年12月.
14. 下畑 隆明, 木戸 純子, 根来 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
CFTRはCampylobacter jejuniの侵入抑制に寄与する,
第7回 日本カンピロバクター研究会 総会, 2014年12月.
15. 佐藤 優里, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 木戸 純子, 中橋 睦美, 上番増 喬, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染とAutophagyの関連について,
第7回 日本カンピロバクター研究会 総会, 2014年12月.
16. 馬渡 一諭, 吉岡 愛美子, 戸田 聡美, 大西 隆仁, 原田 永勝, 阪上 浩, 中屋 豊 :
高自発走行モデル動物SPORTS ratの左心房血栓形成と発症要因の解析,
第15回徳島臨床脈管研究会, 2013年11月.
17. 根来 幸恵, 下畑 隆明, 畑山 翔, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuni感染はCFTR機能を抑制する,
第6回日本カンピロバクター研究会, 2013年7月.
18. 畑山 翔, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 :
Campylobacter jejuniによる下痢誘発機構の検討,
第6回日本カンピロバクター研究会, 2013年7月.
19. Mostafa Gadelmoula, Xin Lian, Akiko Hamamoto, Kazuaki Mawatari, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Yutaka Nakaya, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
UVA-LED suitability for air disinfection,
LED総合フォーラム論文集, 85-86, Apr. 2010.
20. Xin Lian, Miku Maeda, Masayuki Yamato, Kazuaki Mawatari, Masatake Akutagawa, Yutaka Nakaya, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
New UVA-LED surface sterilization system for vegetables,
LED総合フォーラム論文集, 83-84, Apr. 2010.
21. 粟飯原 睦美, 新谷 佳子, 廉 馨, Mostafa Gadelmoula, 大和 正幸, 馬渡 一諭, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 :
UVA-LED装置を用いた水殺菌装置の開発,
LED総合フォーラム論文集, 79-80, 2010年4月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 腸内細菌叢の活性で調節される食物由来の概日リズム振動化合物の同定及びヒトへの応用 (研究課題/領域番号: 18KK0274 )
  • メタボローム解析による抗菌薬の殺菌メカニズムとしての酸化ストレスの解明 (研究課題/領域番号: 16K11446 )
  • 腸内細菌叢プロファイル変化に対応した食物由来成分による心血管内皮傷害予防法の開発(国際共同研究強化) (研究課題/領域番号: 15KK0345 )
  • 腸内細菌叢プロファイル変化に対応した食物由来成分による心血管内皮傷害予防法の開発 (研究課題/領域番号: 15K01717 )
  • 光照射によるカンピロバクター侵入性制御を目指した新規鶏肉保存システムの開発 (研究課題/領域番号: 26560046 )
  • 心血管内皮を標的とした食物由来成分による心房内血栓形成予防法の開発 (研究課題/領域番号: 24500857 )
  • 光による食生活環境制御法の確立 (研究課題/領域番号: 23650479 )
  • 摂食調節因子による自発運動及びエネルギー代謝調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 22700693 )
  • 高自発運動ラットを用いたモノアミンによる自発運動及び内臓脂肪量調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 20700551 )
  • 腸炎ビブリオ病原因子産生の特異的翻訳調節機構による制御 (研究課題/領域番号: 17590393 )
  • 粥状動脈硬化病巣における新規エンドセリン発現上昇のメカニズム (研究課題/領域番号: 16790239 )
  • 研究者番号(40352372)による検索