検索:
徳島大学大学院社会産業理工学研究部生物資源産業学域食料科学系食料科学分野
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004009 安心,安価なセラミド調製法の開発
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004017 食品成分による食品用器材への微生物初期付着抑制と応用 ―食環境の微生物制御(バイオフィルム形成抑制)を目指して―
徳島大学生物資源産業学部生物資源産業学科食料科学講座
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2004011 生物の代謝酵素を利用した環境に優しい 次世代地盤改良技術「バイオグラウト」の開発
徳島大学先端技術科学教育部物質生命システム工学専攻生命テクノサイエンスコース生物反応工学講座
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

脂質生化学 (Lipid Biochemistry)

研究テーマ

生理活性脂質に関する研究, 脂質代謝に関する研究

著書・論文

著書:

1. 森戸 克弥, 田中 保 :
3.6. 活性リン脂質 3.6.3. リゾホスファチジン酸およびホスファチジン酸,
朝倉書店, 2021年7月.
2. 田中 保 :
3.6. 活性リン脂質 3.6.2. スフィンゴリン脂質,
朝倉書店, 2021年7月.
3. 田中 保, 小暮 健太朗 :
3.6. 活性リン脂質 3.6.1. はじめに,
朝倉書店, 2021年7月.
4. 田中 保, 森戸 克弥 :
生物由来の油に関する文理融合型研究の推進 ー食事あるいは腸内細菌に由来する非動物型脂肪酸の代謝ー,
2021年3月.
5. Jun-Ichi Morishige, Ryouhei Yamashita, Tamotsu Tanaka and Kiyoshi Satouchi :
A Cleanup Method for Mass Spectrometric Analysis of Sphingosine- and Ceramide-1-Phosphate in Blood and Solid Tissue Using a Phosphate Capture Molecule.,
2017.
(DOI: 10.1007/7651_2017_6,   PubMed: 28361484)
6. J. Morishige, Tamotsu Tanaka and K. Satouchi :
A cleanup method for mass spectrometric analysis of sphingosine-1-phosphate in blood and solid tissues using a phosphate capture molecule,
Springer, May 2012.
(DOI: 10.1007/978-1-61779-800-9_4,   PubMed: 22528438)
7. 田中 保 :
ガスクロマトグラフィーによる分析,
丸善出版, 東京, 2011年12月.
8. 盛重 純一, 田中 保, 里内 清 :
リン酸モノエステル型リン脂質のMALDI-TOFMS,
丸善出版, 東京, 2011年11月.
9. 田中 保 :
アミノ酸 他30項目,
丸善, 2005年.
10. 田中 保, 里内 清 :
基礎生化学実験法 脂質・糖質・複合糖質,
株式会社 東京化学同人, 東京, 2000年12月.
11. Tamotsu Tanaka, Toshinori Hattori, Maki Kouchi, Kaoru Hirano and Kiyoshi Satouchi :
Non-methylene interrupted polyenoic acid: Structural characterization and metabolism by fatty acid chain elongation system of rat liver,
American Oil Chemists' Society Press, 1998.
12. 田中 保, 里内 清, 徳村 彰 :
PAFと高度不飽和脂肪酸,
恒星社厚生閣, 1995年.

学術論文(審査論文):

1. S. Khaledur M. Rahman, Zahir Hussain, Katsuya Morito, Naoko Takahashi, Mohammad Mamun Sikder, Tamotsu Tanaka, Ken-ichi Ohta, Masaki Ueno, Hiroo Takahashi, Tohru Yamamoto, Makoto Murakami, Toru Uyama and Natsuo Ueda :
Formation of N-acyl-phosphatidylethanolamines by cytosolic phospholipase A2ϵ in an ex vivo murine model of brain ischemia,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, 159222, 2022.
(DOI: 10.1016/j.bbalip.2022.159222,   PubMed: 35988872)
2. Ali Hanif, Kobayashi Miyu, Morito Katsuya, Yesmin Rumana, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Koichiro Tsuchiya, Sango Kazunori and Tamotsu Tanaka :
Peroxisomes attenuate cytotoxicity of very long-chain fatty acids,
Biochimca et Biophysica Acta, Molecular and Cell Biology of Lipids, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117825,   DOI: 10.1016/j.bbalip.2022.159259)
3. Hasi Yesmin Rumana, Ishikawa Toshiki, Sunagawa Keigo, Takai Yoshimichi, Ali Hanif, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Keizo Yuasa, Mutsumi Aihara, Kaori Kanemaru, Imai Hiroyuki and Tamotsu Tanaka :
Nonspecific phospholipase C3 of radish has phospholipase D activity toward glycosylinositol phosphoceramide,
FEBS Letters, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117824,   DOI: 10.1002/1873-3468.14520)
4. Tamotsu Tanaka, Kazuya Koyama, Naoko Takahashi, Katsuya Morito, Hanif Ali, Momoyo Azuma, Kozo Kagawa, Hiroshi Kawano, Rumana Yesmin, Mutsumi Aihara and Yasuhiko Nishioka :
Lysophosphatidic acid, ceramide 1-phosphate and sphingosine 1-phosphate in peripheral blood of patients with idiophathic pulmonary fibrosis,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.69, No.3.4, 196-203, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117621,   DOI: 10.2152/jmi.69.196,   PubMed: 36244770)
5. Ali Hanif, Morito Katsuya, Rumana Hasi Yesmin, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Koichiro Tsuchiya, Sango Kazunori and Tamotsu Tanaka :
Characterization of uptake and metabolism of very long-chain fatty acids in peroxisome-deficient CHO cells,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1867, No.2, 159088, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116579,   DOI: 10.1016/j.bbalip.2021.159088,   PubMed: 34848380)
6. Kazuhito Tsuboi, Tatsuya Tai, Ryouhei Yamashita, Hanif Ali, Takashi Watanabe, Toru Uyama, Yoko Okamoto, Keisuke Kitakaze, Yasuhiro Takenouchi, Shinji Go, Iffat Sonia Ara Rahman, Hitoshi Houchi, Tamotsu Tanaka, Yasuo Okamoto, Akira Tokumura, Junko Matsuda and Natsuo Ueda :
Involvement of acid ceramidase in the degradation of bioactive N-acylethanolamines,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1866, No.9, 158972, 2021.
(DOI: 10.1016/j.bbalip.2021.158972,   PubMed: 34033896)
7. Hanif Ali, Ryouhei Yamashita, Jun-ichi Morishige, Katsuya Morito, Naoya Kakiuchi, Junji Hayashi, Mutsumi Aihara, Ryushi Kawakami, Koichiro Tsuchiya and Tamotsu Tanaka :
Massspectrometric analysis of sphingomyelin with N-alfa-hydroxy fatty acyl residue in mouse tissues,
Lipids, Vol.56, No.2, 181-188, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 117826,   DOI: 10.1002/lipd.12285)
8. Midori Fukui, Toshihiko Tsutsumi, Aimi Yamamoto-Mikami, Katsuya Morito, Naoko Takahashi, Tamotsu Tanaka, Tekeshi Iwasa, Akira Kuwahara, Minoru Irahara and Akira Tokumura :
Distinct contributions of two choline-producing enzymatic activities to lysophosphatidic acid production in human amniotic fluid from pregnant women in the second trimester and after parturition,
Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.150, 106471, 2020.
(DOI: 10.1016/j.prostaglandins.2020.106471,   PubMed: 32585250,   Elsevier: Scopus)
9. Toshihiko Tsutsumi, Risa Matsuda, Katsuya Morito, Kohei Kawabata, Miho Yokota, Miki Nikawadori, Manami Inoue-Fujiwara, Satoshi Kawashima, Mayumi Hidaka, Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Tamotsu Tanaka, Yasuo Shinohara, Hiroyuki Nishi and Akira Tokumura :
Identification of human glycerophosphodiesterase 3 as an ectophospholipase C that converts the G protein-coupled receptor 55 agonist lysophosphatidylinositol to bioactive monoacylglycerols in cultured mammalian cells.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1865, No.9, 158761, 2020.
(DOI: 10.1016/j.bbalip.2020.158761)
10. Rumana Yesmin Hasi, Dai Majima, Katsuya Morito, Hanif Ali, Kentaro Kogure, Meera Nanjundan, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru and Tamotsu Tanaka :
Isolation of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate in plants and their chemical stabilities.,
Journal of Chromatography. B, Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, Vol.1152, 122213, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115195,   DOI: 10.1016/j.jchromb.2020.122213,   PubMed: 32615533)
11. Tohru Hashimura, Jun-ichi Kido, Risa Matsuda, Miho Yokota, Hirokazu Matsui, Manami Inoue-Fujiwara, Yuji Inagaki, Mayumi Hidaka, Tamotsu Tanaka, Toshihiko Tsutsumi, Toshihiko Nagata and Akira Tokumura :
A low level of lysophosphatidic acid in human gingival crevicular fluid from patients with periodontitis due to high soluble lysophospholipase activity: Its potential protective role on alveolar bone loss by periodontitis.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1865, No.7, 158698, 2020.
(DOI: 10.1016/j.bbalip.2020.158698,   PubMed: 32179099)
12. Tasuku Torao, Miyuki Mimura, Yasufumi Ohshima, Kohki Fujikawa, Mahadi Hasan, Tatsuharu Shimokawa, Naoshi Yamazaki, Hidenori ANDO, Tatsuhiro Ishida, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Characteristics of unique endocytosis induced by weak current for cytoplasmic drug delivery,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.576, 119010, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114728,   DOI: 10.1016/j.ijpharm.2019.119010)
13. Smriti Binte Sultana Mustafiz, Toru Uyama, Katsuya Morito, Naoko Takahashi, Katsuhisa Kawai, Zahir Hussain, Kazuhito Tsuboi, Nobukazu Araki, Kei Yamamoto, Tamotsu Tanaka and Natsuo Ueda :
Intracellular Ca2+-dependent formation of N-acyl-phosphatidylethanolamines by human cytosolic phospholipase A2ϵ.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1864, No.12, 158515, 2019.
(DOI: 10.1016/j.bbalip.2019.158515,   Elsevier: Scopus)
14. Katsuya Morito, Ryota Shimizu, Nahoko Kitamura, Si-Bum Park, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Gut microbial metabolites of linoleic acid are metabolized by accelerated peroxisomal β-oxidation in mammalian cells,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1864, No.11, 1619-1628, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113682,   DOI: 10.1016/j.bbalip.2019.07.010,   PubMed: 31351225)
15. Rumana Yesmin Hasi, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru and Tamotsu Tanaka :
Quantitative Analysis of Glycosylinositol Phosphoceramide and Phytoceramide 1-Phosphate in Vegetables,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.65, No.Supplement, S175-S179, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115197,   DOI: 10.3177/jnsv.65.S175,   PubMed: 31619623,   Elsevier: Scopus)
16. Hasi Yesmin Rumana, Makoto Miyagi, Katsuya Morito, Toshiki Ishikawa, Maki Kawai-Yamada, Hiroyuki Imai, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure, Kaori Kanemaru, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami and Tamotsu Tanaka :
Glycosylinositol phosphoceramide-specific phospholipase D activity catalyzes transphosphatidylation,
The Journal of Biochemistry, Vol.166, No.5, 441-448, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113685,   DOI: 10.1093/jb/mvz056,   PubMed: 31504617,   Elsevier: Scopus)
17. Tatsuya Fukuta, Shintaroh Yoshimi, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Leukocyte-mimetic liposomes possessing leukocyte membrane proteins pass through inflamed endothelial cell layer by regulating intercellular junctions,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.563, 314-323, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114730,   DOI: 10.1016/j.ijpharm.2019.04.027,   PubMed: 30978483)
18. Tatsuharu Shimokawa, Mai Yoshida, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, Toshio Inagi and Kentaro Kogure :
Efficacy of high-affinity liposomal astaxanthin on up-regulation of age-related markers induced by oxidative stress in human corneal epithelial cells,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.64, No.1, 27-35, 2019.
(DOI: 10.3164/jcbn.18-27,   PubMed: 30705509,   Elsevier: Scopus)
19. Manami Inoue, Yoko Okamoto, Yuta Atsumi, Masatoshi Shiojiri, Mayumi Hidaka, Tamotsu Tanaka, Toshihiko Tsutsumi, Naoki Shirasaka and Akira Tokumura :
Addition of high load of lysophosphatidic acid to standard and high-fat chows causes no significant changes of its circulating and peripheral tissue levels but affects body weight and visceral fat mass of mice.,
BioFactors, Vol.44, No.6, 548-557, 2018.
(DOI: 10.1002/biof.1451,   PubMed: 30368958,   Elsevier: Scopus)
20. Misuzu Ishikawa, Shota Hirai, Tatsusada Yoshida, Natsumi Shibuya, Susumu Hama, Yu Takahashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, Shinzo Hosoi and Kentaro Kogure :
Carotenoid Stereochemistry Affects Antioxidative Activity of Liposomes Co-encapsulating Astaxanthin and Tocotrienol,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.66, No.7, 714-720, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113562,   DOI: 10.1248/cpb.c18-00035,   PubMed: 29962454,   Elsevier: Scopus)
21. Sheuli Afroz, Ayano Yagi, Kouki Fujikawa, M. Motiur Rahman, Katsuya Morito, Tatsuya Fukuta, Shiro Watanabe, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Lysophosphatidic acid in medicinal herbs enhances prostaglandin E2 and protects against indomethacin-induced gastric cell damage in vivo and in vitro,
Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.135, 36-44, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112025,   DOI: 10.1016/j.prostaglandins.2018.01.003,   PubMed: 29462674,   Elsevier: Scopus)
22. Manami Inoue, Kazuhito Tsuboi, Yoko Okamoto, Mayumi Hidaka, Toru Uyama, Toshihiko Tsutsumi, Tamotsu Tanaka, Natsuo Ueda and Akira Tokumura :
Peripheral tissue levels and molecular species compositions of N-acyl-phosphatidylethanolamine and its metabolites in mice lacking N-acyl-phosphatidylethanolamine-specific phospholipase D.,
The Journal of Biochemistry, Vol.162, No.6, 449-458, 2017.
(DOI: 10.1093/jb/mvx054,   PubMed: 28992041,   Elsevier: Scopus)
23. Kida Takashi, Itoh Aoi, Kimura Akari, Matsuoka Hisatsugu, Imai Hiroyuki, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Distribution of glycosylinositol phosphoceramide-specific phospholipase D activity in plants,
The Journal of Biochemistry, Vol.161, No.2, 187-195, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 117827,   DOI: 10.1093/jb/mvw060,   PubMed: 28175321,   CiNii: 1572543411731443200,   Elsevier: Scopus)
24. S Afroz, Teru Ikoma, Ayano Yagi, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Concentrated phosphatidic acid in cereal brans as potential protective agents against indomethacin-induced stomach ulcer.,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.64, No.37, 6950-6957, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.jafc.6b02884,   PubMed: 27561232)
25. Iffat Sonia Ara Rahman, Kazuhito Tsuboi, Zahir Hussain, Ryouhei Yamashita, Yoko Okamoto, Toru Uyama, Naoshi Yamazaki, Tamotsu Tanaka, Akira Tokumura and Natsuo Ueda :
Calcium-dependent generation of N-acylethanolamines and lysophosphatidic acids by glycerophosphodiesterase GDE7.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1861, No.12 pt A, 1881-1892, 2016.
(DOI: 10.1016/j.bbalip.2016.09.008,   PubMed: 27637550,   Elsevier: Scopus)
26. Mahadi Hasan, Noriko Saito-Tarashima, Koki Fujikawa, Takashi Ohgita, Susumu Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito, Noriaki Minakawa and Kentaro Kogure :
The novel functional nucleic acid iRed effectively regulates target genes following cytoplasmic delivery by faint electric treatment,
Science and Technology of Advanced Materials, Vol.17, No.17, 554-562, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 115720,   DOI: 10.1080/14686996.2016.1221726,   PubMed: 27877903,   Elsevier: Scopus)
27. Junpei Yamamoto, Midori Omura, Koichiro Tuchiya, Mayumi Hidaka, Akira Kuwahara, Minoru Irahara, Tamotsu Tanaka and Akira Tokumura :
Preferable existence of polyunsaturated lysophosphatidic acids in human follicular fluid from patients programmed with in vitro fertilization.,
Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.126, 16-23, 2016.
(DOI: 10.1016/j.prostaglandins.2016.07.008,   PubMed: 27421691,   Elsevier: Scopus)
28. Toshihiko Tsutsumi, Yoko Okamoto, Syougo Yamakawa, Cheng Bingjun, Akira Ishihara, Tamotsu Tanaka and Akira Tokumura :
Reduced rat plasma lysophosphatidylglycerol or lysophosphatidic acid level as a biomarker of aristolochic acid-induced renal and adipose dysfunctions.,
Life Sciences, Vol.157, 208-216, 2016.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2016.06.003,   PubMed: 27267499,   Elsevier: Scopus)
29. 喜田 孝史, 木村 朱里, 伊藤 葵, 山下 量平, 小暮 健太朗, 德村 彰, 田中 保 :
食品に含まれるグリコシルイノシトールホスホセラミドおよびフィトセラミド-1-リン酸,
脂質栄養学, Vol.25, 75-85, 2016年.
(DOI: 10.4010/jln.25.75,   CiNii: 1390001205191889280)
30. Ryouhei Yamashita, Yumika Tabata, Erina Iga, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Analysis of molecular species profiles of ceramide-1-phosphate and sphingomyelin using MALDI-TOF mass spectrometry,
Lipids, Vol.51, No.2, 263-270, 2016.
(DOI: 10.1007/s11745-015-4082-0,   PubMed: 26694604,   Elsevier: Scopus)
31. Toshihiko Tsutsumi, Syougo Yamakawa, Akira Ishihara, Aimi Yamamoto, Tamotsu Tanaka and Akira Tokumura :
Reduced kidney levels of lysophosphatidic acids in rats after chronic administration of aristolochic acid: Its possible protective role in renal fibrosis,
Toxicology Reports, Vol.2, 121-129, 2015.
(DOI: 10.1016/j.toxrep.2015.02.012,   Elsevier: Scopus)
32. Yoshibumi Shimizu, Yoshiyuki Morikawa, Shinichi Okudaira, Shigenobu Kimoto, Tamotsu Tanaka, Junken Aoki and Akira Tokumura :
Potentials of the circulating pruritogenic mediator lysophosphatidic acid in development of allergic skin inflammation in mice: role of blood cell-associated lysophospholipase D activity of autotaxin.,
The American Journal of Pathology, Vol.184, No.5, 1593-1603, 2014.
(DOI: 10.1016/j.ajpath.2014.01.029,   PubMed: 24641902,   Elsevier: Scopus)
33. Tamotsu Tanaka, Sachika Uozumi, Katsuya Morito, Takashi Osumi and Akira Tokumura :
Metabolic conversion of C20 polymethylene-interrupted polyunsaturated fatty acids to essential fatty acids.,
Lipids, Vol.49, No.5, 423-429, 2014.
(DOI: 10.1007/s11745-014-3896-5,   PubMed: 24659112,   Elsevier: Scopus)
34. Tamotsu Tanaka, Mayumi Ohmoto, Katsuya Morito, H. Kondo, Mai Urikura, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura :
Type 2 lysophosphatidic acid receptor in gastric surface mucous cells: Possible implication of prostaglandin E2 production,
BioFactors, Vol.40, No.3, 355-361, 2014.
(DOI: 10.1002/biof.1147,   PubMed: 24375908,   Elsevier: Scopus)
35. Yoshibumi Shimizu, Kazutoshi Murao, Tamotsu Tanaka, Yoshiaki Kubo and Akira Tokumura :
Increased lysophospholipase D activity of autotaxin in sera of patients with atopic dermatitis.,
Journal of Dermatological Science, Vol.74, No.2, 162-165, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jdermsci.2014.01.010,   PubMed: 24582488,   Elsevier: Scopus)
36. Tamotsu Tanaka, T. Kida, H. Imai, J. Morishige, R. Yamashita, H. Matsuoka, S. Uozumi, K. Satouchi, M. Nagano and Akira Tokumura :
Identification of a sphingolipid-specific phospholipase D activity associated with the generation of phytoceramide-1-phosphate in cabbage leaves,
The FEBS Journal, Vol.280, No.16, 3797-3809, 2013.
(DOI: 10.1111/febs.12374,   PubMed: 23738625)
37. Tamotsu Tanaka, K. Morito, M. Kinoshita, M. Ohmoto, M. Urikura, K. Satouchi and Akira Tokumura :
Orally administered phosphatidic acids and lysophosphatidic acids ameliorate aspirin-induced stomach mucosal injury in mice,
Digestive Diseases and Sciences, Vol.58, No.4, 950-958, 2013.
(DOI: 10.1007/s10620-012-2475-y,   PubMed: 23161268)
38. Mai Urikura, Jun-ichi Morishige, Tamotsu Tanaka and Kiyoshi Satouchi :
Phosphatidic acid production in the processing of cabbage leaves,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.45, 11359-11365, 2012.
(DOI: 10.1021/jf303515z,   PubMed: 23098184)
39. Tamotsu Tanaka, Ayaka Kassai, Mayumi Ohmoto, Katsuya Morito, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Mai Urikura, Jun-ichi Morishige, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura :
Quantification of phosphatidic acid in foodstuffs using TLC-imaging technique,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.16, 4156-4161, 2012.
(DOI: 10.1021/jf300147y,   PubMed: 22475031,   Elsevier: Scopus)
40. 田中 保, 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 德村 彰, 里内 清 :
Phos-tagを用いた活性リン脂質の質量分析,
生物物理化学, Vol.56, s37-42, 2012年.
(DOI: 10.2198/sbk.56.s37,   CiNii: 1390282679178944384)
41. Masaki Ino, Yoshibumi Shimizu, Tamotsu Tanaka and Akira Tokumura :
Alterations of plasma levels of lysophosphatidic acid in response to fasting of rats,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.35, No.11, 2059-2063, 2012.
(DOI: 10.1248/bpb.b12-00497,   PubMed: 23123475)
42. MIka Adachi, Gou Horiuchi, Natsuki Ikematsu, Tamotsu Tanaka, Shigeki Sano, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura :
Intragastrically administrered lysophospatidic acid protect against gastric ulcer in rats under water-immersion restraint stress,
Digestive Diseases and Sciences, Vol.56, No.8, 2252-2261, 2011.
(DOI: 10.1007/s10620-011-1595-0,   PubMed: 21298479,   Elsevier: Scopus)
43. Kaori Ueda, Masanori Yoshihara, Michiyasu Nakao, Tamotsu Tanaka, Shigeki Sano, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura :
Evaluation of inhibitory actions of flavonols and related substances on lysophospholipase d activity of serum autotaxin by a convenient assay using a chromogenic substrate.,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.58, No.10, 6053-6063, 2010.
(DOI: 10.1021/jf904155a,   PubMed: 20415488)
44. Jun-ichi Morishige, Mai Urikura, Haruko Takagi, Kaoru Hirano, Tohru Koike, Tamotsu Tanaka and Kiyoshi Satouchi :
A clean-up technology for the simultaneous determination of lysophosphatidic acid and sphingosine-1-phosphate by matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry using a phosphate-capture molecule, Phos-tag.,
Rapid Communications in Mass Spectrometry: RCM, Vol.24, No.7, 1075-1084, 2010.
(DOI: 10.1002/rcm.4484,   PubMed: 20213695)
45. Noriko Takuwa, Sei-Ichiro Ohkura, Shin-Ichiro Takashima, Keisuke Ohtani, Yasuo Okamoto, Tamotsu Tanaka, Kaoru Hirano, Soichiro Usui, Fei Wang, Wa Du, Kazuaki Yoshioka, Yoshiko Banno, Motoko Sasaki, Ikuyo Ichi, Miwa Okamura, Naotoshi Sugimoto, Kiyomi Mizugishi, Yasuni Nakanuma, Isao Ishii, Masayuki Takamura, Shuichi Kaneko, Shosuke Kojo, Kiyoshi Satouchi, Kunitoshi Mitumori, Jerold Chun and Yoh Takuwa :
S1P3-mediated cardiac fibrosis in sphingosine kinase 1 transgenic mice involves reactive oxygen species.,
Cardiovascular Research, Vol.85, No.3, 484-493, 2009.
(DOI: 10.1093/cvr/cvp312,   PubMed: 19755413)
46. Tamotsu Tanaka, Gou Horiuchi, Megumi Matsuoka, Kaoru Hirano, Akira Tokumura, Tohru Koike and Kiyoshi Satouchi :
Formation of lysophosphatidic acid, a wound-healing lipid, during digestion of cabbage leaves.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.73, No.6, 1293-1300, 2009.
(DOI: 10.1271/bbb.80813,   PubMed: 19502739,   CiNii: 1390282681457031808)
47. Jun-ichi Morishige, Naoki Amano, Kaoru Hirano, Hiroaki Nishio, Tamotsu Tanaka and Kiyoshi Satouchi :
Inhibitory effect of juniperonic acid (Delta-5c,11c,14c,17c-20:4, omega-3) on bombesin-induced proliferation of Swiss 3T3 cells.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.9, 1786-1789, 2008.
(DOI: 10.1248/bpb.31.1786,   PubMed: 18758077)
48. 吉積 一真, 平野 薫, 富 裕孝, 田中 保, 里内 清 :
クローブ(syzygium aromaticum L.)熱水抽出物の高脂肪食摂餌マウス脂質代謝に及ぼす影響,
生薬学雑誌, Vol.61, No.2, 79-85, 2007年.
(CiNii: 1573950401807251072)
49. Tamotsu Tanaka, J. Morishige, D. Iwawaki, T. Fukuhara and K. Satouchi :
Metabolic pathway that produces essential fatty acids from polymethylene-interrupted polyunsaturated fatty acids in animal cells,
The FEBS Journal, Vol.274, No.11, 2728-2737, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1742-4658.2007.05807.x,   PubMed: 17451430)
50. T. Yamaguchi, N. Omatsu, E. Morimoto, H. Nakashima and Tamotsu Tanaka :
CGI-58 facilitates lipolysis on lipid droplets but is not involved in the vesiculation of lipid droplets caused by hormonal stimulation,
Journal of Lipid Research, Vol.48, No.5, 1078-1089, 2007.
(DOI: 10.1194/jlr.M600493-JLR200,   PubMed: 17308334)
51. Junichi Morishige, Kanako Touchika, Tamotsu Tanaka, Kiyoshi Satouchi, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura :
Production of bioactive lysophosphatidic acid by lysophospholipase D in hen egg white,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1771, No.4, 491-499, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bbalip.2007.01.005,   PubMed: 17321793)
52. Kazuma Yoshizumi, Kaoru Hirano, Hidehiro Ando, Tamotsu Tanaka and Junji Terao :
Lupane-type saponins from leaves of Acanthopanax sessiliflorus and their inhibitory activity on pancreatic lipase,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.54, No.2, 335-341, 2006.
(DOI: 10.1021/jf052047f,   PubMed: 16417288,   Elsevier: Scopus)
53. J. Morishige, Y. Takai, K. Hirano, Tamotsu Tanaka and K. Satouchi :
Production and protein kinase C activation of diacylglycerols with polymethylene-interrupted PUFA residues,
Lipids, Vol.40, No.2, 155-162, 2005.
(DOI: 10.1007/s11745-005-1370-8,   PubMed: 15884763)
54. Tamotsu Tanaka, Hideki Tsutsui, Kaoru Hirano, Tohru Koike, Akira Tokumura and Kiyoshi Satouchi :
Quantitative analysis of lysophosphatidic acid by time-of-flight mass spectrometry using a phosphate-capture molecule,
Journal of Lipid Research, Vol.45, No.11, 2145-2150, 2004.
(DOI: 10.1194/jlr.D400010-JLR200,   PubMed: 15314093,   Elsevier: Scopus)
55. K. Hirano, H. Matsui, Tamotsu Tanaka, F. Matsuura and K. Satouchi :
Production of 1,2-didocosahexaenoyl phosphatidylcholine by bonito muscle lysophosphatidylcholine/transacylase,
The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 477-483, 2004.
(DOI: 10.1093/jb/mvh145,   PubMed: 15625317)
56. Tamotsu Tanaka, D. Iwawaki, M. Sakamoto, Y. Takai and K. Satouchi :
Mechanisms of accumulation of arachidonate in phosphatidylinositol in yellowtail: A comparative study of acylation systems of phospholipids in rat,
European Journal of Biochemistry, Vol.270, No.7, 1466-1473, 2003.
(DOI: 10.1046/j.1432-1033.2003.03512.x,   PubMed: 12654002)
57. K. Satouchi, Y. Kodama, K. Hirano, Tamotsu Tanaka and H. Iwamoto :
A lipase-inhibiting protein from lipoxygenase-deficient soybean seeds,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.66, No.10, 2154-2160, 2002.
(DOI: 10.1271/bbb.66.2154,   PubMed: 12450126,   Elsevier: Scopus)
58. Akira Tokumura, Junya Shinomiya, Seishi Kishimoto, Tamotsu Tanaka, Kentaro Kogure, Takayuki Sugiura, Kiyoshi Satouchi, Keizo Waku and Kenji Fukuzawa :
Human platelets respond differentially to lysophosphatidic acids having a highly unsaturated fatty acyl group and alkyl ether-linked lysophosphatidic acids,
The Biochemical Journal, Vol.365, No.Pt 3, 617-628, 2002.
(DOI: 10.1042/BJ20020348,   PubMed: 11982483,   CiNii: 1570854176748304256,   Elsevier: Scopus)
59. Tamotsu Tanaka, J. Morishige, T. Takimoto, Y. Takai and K. Satouchi :
Metabolic characterization of sciadonic acid (5c,11c,14c-eicosatrienoic acid) as an effective substitute for arachidonate of phosphatidylinositol,
European Journal of Biochemistry, Vol.268, No.18, 4928-4939, 2001.
(DOI: 10.1046/j.0014-2956.2001.02423.x,   PubMed: 11559362)
60. S. Nakane, Tamotsu Tanaka, K. Satouchi, Y. Kobayashi and T. Sugiura :
Occurrence of a novel cannabimimetic molecule 2-sciadonoylglycerol (2-eicosa-5',11',14'-trienoylglycerol) in the umbrella pine Sciadopitys veticillata seeds,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.23, No.6, 758-761, 2000.
(PubMed: 10864031,   Elsevier: Scopus)
61. K. Hirano, E. Okada, Tamotsu Tanaka and K. Satouchi :
Purification and regiospecificity of multiple enzyme activities of phospholipase A1 from bonito muscle,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1483, No.3, 325-333, 2000.
(DOI: 10.1016/S1388-1981(99)00190-0,   PubMed: 10666567,   Elsevier: Scopus)
62. Tamotsu Tanaka, S. Izuwa, K. Tanaka, D. Yamamoto and K. Satouchi :
Non-methylene-interrupted polyunsaturated fatty acids: Effective substitute for arachidonate of phosphatidylinositol,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.264, No.3, 683-688, 1999.
(DOI: 10.1006/bbrc.1999.1559,   PubMed: 10543992,   Elsevier: Scopus)
63. Tamotsu Tanaka, S. Izuwa, K. Tanaka, D. Yamamoto and K. Satouchi :
Biosynthesis of 1,2-dieicosapentaenoyl-sn-glycero-3-phosphocholine in Caenorhabditis elegans,
European Journal of Biochemistry, Vol.263, No.1, 189-194, 1999.
(DOI: 10.1046/j.1432-1327.1999.00480.x,   PubMed: 10429203,   CiNii: 1573387451530325376,   Elsevier: Scopus)
64. Tamotsu Tanaka, T. Hattori, M. Kouchi, K. Hirano and K. Satouchi :
Methylene-interrupted double bond in polyunsaturated fatty acid is essential structure for metabolism by fatty acid chain elongation system of rat liver,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Lipids and Lipid Metabolism, Vol.1393, No.2-3, 299-306, 1998.
(DOI: 10.1016/S0005-2760(98)00084-8,   PubMed: 9748638)
65. K. Hirano, H. Ito, H. Morihara, Tamotsu Tanaka and K. Satouchi :
Cytosolic lysophosphatidylcholine/transacylase in the production of dipolyunsaturated phosphatidylcholine in bonito muscle,
FEBS Lett., Vol.437, 193-196, 1998.
66. K. Satouchi, K. Hirano, O. Fijino, M. Ikoma and Tamotsu Tanaka :
Lipoxygenase-1 from soybean seed inhibiting the activity of pancreatic lipase,
Biosci. Biotech. Biochem., Vol.62, 1498-1503, 1998.
67. K. Hirano, A. Tanaka, K. Yoshizumi, Tamotsu Tanaka and K. Satouchi :
Properties of phospholipase A1/transacylase in the white muscle of Bonito Euthynnus pelamis (Linnaeus),
The Journal of Biochemistry, Vol.122, No.6, 1160-1166, 1997.
(PubMed: 9498560)
68. Tamotsu Tanaka, K. Shibata, H. Hino, T. Murashita and K. Satouchi :
Purification and gas chromatographic-mass spectrometric characterization of non-methylene interrupted fatty acid incorporated in rat liver,
Journal of Chromatography. B, Biomedical Sciences and Applications, Vol.700, No.1-2, 1-8, 1997.
(PubMed: 9390709)
69. Tamotsu Tanaka, K. Ikita, T. Ashida, Y. Motoyama and K. Satouchi :
Effects of growth temperature on the fatty acid composition of the free-living nematode Caenorhabditis elegans,
Lipids, Vol.31, 1173-1178, 1996.
70. Tamotsu Tanaka, Akira Tokumura and H. Tsukatani :
Platelet activating factor (PAF)-like phospholipids formed during peroxidation of phosphatidylcholines from different foodstuffs,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.59, No.8, 1389-1393, 1995.
(DOI: 10.1271/bbb.59.1389,   PubMed: 7549088)
71. T. Sugiura, A. Yamashita, N. Kudo, Tamotsu Tanaka and Akira Tokumura :
Platelet-activating factor and its structural analogues in the earthworm Eisenia foetida,
Biochim. Biophys. Acta, Vol.1258, 19-26, 1995.
72. Tamotsu Tanaka, H. Iimori, H. Tsukatani and Akira Tokumura :
Platelet-aggregating effects of platelet-activating factor-like phospholipids formed by oxidation of phosphatidylcholines containing an sn-2 polyunsaturated fatty acyl group,
Biochim. Biophys. Acta, Vol.1210, 202-208, 1994.
73. K. Satouchi, M. Sakaguchi, M. Shirakawa, K. Hirano and Tamotsu Tanaka :
Lysophosphatidylcholine from white muscle of bonito Euthynnus pelamis (Linnaeus): involvement of phospholipase A1 activity for its production,
Biochim. Biophys. Acta, Vol.1214, 303-308, 1994.
74. Tamotsu Tanaka, H. Minamino, S. Unezaki, H. Tsukatani and Akira Tokumura :
Formation of platelet-activating factor-like phospholipids by Fe2+/ascorbate/EDTA-induced lipid peroxidation,
Biochim. Biophys. Acta, Vol.1210, 202-208, 1994.
75. Akira Tokumura, Takashi Yotsumoto, T. Hoshikawa, Tamotsu Tanaka and Hiroaki Tsukatani :
Quantitative analysis of platelet-activating factor in rat brain,
Life Sciences, Vol.51, 303-308, 1992.
76. Akira Tokumura, Tamotsu Tanaka, Takashi Yotsumoto and Hiroaki Tsukatani :
Identification of sn-2-ω-hydroxycarboxylate-containing phospholipids in a lipid extract from bovine brain,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.177, No.1, 466-473, 1991.
(DOI: 10.1016/0006-291X(91)92007-7,   PubMed: 2043133,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. 田中 保 :
植物油脂中の非メチレン中断型不飽和脂肪酸:生理作用,構造解析および代謝,
福山大学工学部紀要, Vol.23, 111-115, 1999年.

総説・解説:

1. 田中 保, 森戸 克弥 :
ペルオキシソームにおける脂肪酸酸化の役割,
生化学, Vol.92, No.5, 632-639, 2020年10月.
(徳島大学機関リポジトリ: 115398,   DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2020.920632)
2. 田中 保 :
書評 (エッセンシャル食品化学/中村宜督, 榊原啓之, 室田佳恵子 編著/講談社),
生化学, Vol.91, No.5, 735, 2019年.
3. 田中 保 :
ペルオキシソームにおける脂肪酸代謝と疾患,
生化学, Vol.90, No.1, 14-20, 2018年1月.
(DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2018.900014,   CiNii: 1573668929130936576,   Elsevier: Scopus)
4. 田中 保 :
胃腸障害に効く野菜のリン脂質,
化学と生物, Vol.49, No.3, 187-192, 2011年3月.
(DOI: 10.1271/kagakutoseibutsu.49.187,   CiNii: 1390001204200017792)
5. M. Murph, Tamotsu Tanaka, G. Mills, E. Felix and S. Liu :
Liquid Chromatography Mass Spectrometry for Quantifying Plasma Lysophospholipids: Potential Biomarkers for Cancer Diagnosis,
Methods in Enzymology, Vol.433, 1-24, 2007.
(DOI: 10.1016/S0076-6879(07)33001-2,   PubMed: 17954226)
6. M. Murph, Tamotsu Tanaka, S. Liu and G. Mills :
Of spiders and crabs: The emergence of lysophospholipids and their metabolic pathways as targets for therapy in cancer,
Clinical Cancer Research, Vol.12, No.22, 6598-6602, Nov. 2006.
(DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-06-1721,   PubMed: 17121877)
7. 田中 保 :
リン脂質の機能と分子種多様性の意義は?グリセロ型活性リン脂質の疎水鎖に求められる構造,
化学と生物, Vol.40, No.4, 219-221, 2002年4月.
8. 田中 保 :
ポリメチレン中断型不飽和脂肪酸 —細胞生物学的研究への有用性—,
脂質栄養学, Vol.10, No.1, 11-19, 2001年.
(CiNii: 1520853835054278656)
9. Tamotsu Tanaka, T. Hattori, M. Kouchi, K. Hirano and K. Satouchi :
Non-methylene interrupted polyenoic acid: Structural characterization and metabolism by fatty acid chain elongation system of rat liver,
Essential Fatty acids and Eicosanoids, Invited papers from 4th International Congress, 229-233, 1998.
10. Akira Tokumura, Tamotsu Tanaka and Hiroaki Tsukatani :
Characterization of PAF-like phospholipids formed by lipid peroxidation,
Journal of Lipid Mediators and Cell Signalling, Vol.10, 179-181, 1994.
11. Akira Tokumura, Tamotsu Tanaka, Takashi Yotsumoto and Hiroaki Tsukatani :
Formation of PAF-like compounds by peroxidation of phospholipids from bovine brain,
Journal of Lipid Mediators, Vol.5, No.2, 127-130, 1992.
(PubMed: 1525352,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1. Hirai Shota, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, Takahashi Yu, Yoshida Tatsusada and Kentaro Kogure :
Astaxanthin stereochemistry-dependent synergistic antioxidative activity of liposomes co-encapsulating with capsaicin,
The 9th Bieenial Meeting of Society for Free Radical Research (SFRR)-Asia, Apr. 2019.
2. Kohki Tachibana, Tamotsu Tanaka, Kentaro Kogure, Tatsuhiro Ishida and Keiichiro Okuhira :
Sphingosine-1-phosphate (S1P) affects the secretion of high density lipoprotein (HDL)-constituent protein,
12th International Symposium on Nanomedicine, Ube, Dec. 2018.
3. Kentaro Kogure, misuzu Ishikawa, shota Hirai, Tatsusada Yoshida, natsumi Shibuya, susumu Hama, yu Takahashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, shinzo hosoi and Kentaro Kogure :
Mechanism of Synergistic Antioxidative Effect of Astaxanthin and Tocotrienol by Co-encapsulated in Liposomal membranes,
The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
4. Rumana Hasi Yesmin, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Amounts of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate in vegetables,
The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
5. Dai Majima, Ryosuke Mitsuhashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Tocopheryl succinate liposomes regulate lipid accumulation in 3T3-L1 adipocytes,
The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
6. Hiroyuki Imai, Toshiki Ishikawa, Maki Kawai-Yamada, Makoto Miyagi and Tamotsu Tanaka :
Identification of phytoceramide 1-phosphate and its producing enzyme in plants,
The 23rd International Symposium on Plant Lipids, Yokohama, Jul. 2018.
7. Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Development of liposomes with leukocyte-like function by intermembrane transfer of leukocyte membrane proteins,
18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
8. yasufumi Oshima, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Delivery of antibody into organ and cytoplasm via faint electricity,
18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
9. Hinako Mori, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Delivery of nucleic acid medicines into pancreas by faint electricity for treatment of pancreatic diseases,
18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
10. Kentaro Kogure, Noriko Saito-Tarashima, K Fujikawa, Y Oshima, Tasuku Torao, M Mimura, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito and Noriaki Minakawa :
Effective cellular delivery of intelligent shRNA expression device by faint electricity.,
The 5th Seminar of pharmaceutial sciences and technology., Sep. 2017.
11. Tamotsu Tanaka, M Md Rahman, E Iga, R Yamashita, R Shimizu, K Tsuji, A Shimada, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Kentaro Kogure :
Plasma level of ceramide 1-phosphate and its anti-apoptotic activity.,
58th International conference on the bioscience of lipids (ICBL), Sep. 2017.
12. Kentaro Kogure, Noriko Saito-Tarashima, K Fujikawa, Y Oshima, Tasuku Torao, M Mimura, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito and Noriaki Minakawa :
Effective cellular delivery of intelligent shRNA expression device by faint electricity.,
6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC), May 2017.
13. M Md Rahman, A Shimada, Tohru Miyazaki, K Tsuji, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Characterization of the Biological Effects of Ceramide-1-Phosphate.,
第58回日本生化学会中国・四国支部例会, May 2017.
14. Kohki Fujikawa, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Faint electric treatment induces cytoplasmic delivery of functional macromolecules via changing endosome property.,
3rd International Conference on Biomaterials Science in Tokyo (ICBS2016) (Tokyo, Japan), Nov. 2016.
15. Yoshibumi Shimizu, Kazutoshi Kurano, Yoshiyuki Morikawa, Shigenobu Kimoto, Shinichi Okudaira, Tamotsu Tanaka, Aoki Junken, Yoshiaki Kubo and Akira Tokumura :
Potentials of the circulating mediator lysophosphatidic acid on development of pruritic dermatitis,
2013 FASEB Summer Research Conference, Lysophospholipid and other related mediators From Bench to Clinic-, Abstract, 50, Niseko, Aug. 2013.
16. Tamotsu Tanaka, Takashi Kida, Hiroyuki Imai, Jun-ichi Morishige, Ryouhei Yamashita, Hisatsugu Matsuoka, Sachika Uozumi, Kiyoshi Satouchi, Minoru Nagano and Akira Tokumura :
Identification of a sphingolipid-specific phospholipase D activity associated with the generation of phytoceramide-1-phosphate in cabbage leaves,
2013 FASEB Summer Research Conference, Lysophospholipid and other related mediators From Bench to Clinic-, Abstract, 25, Niseko, Aug. 2013.
17. Tamotsu Tanaka :
Bioactive phospholipids formed during digestion of plant foodstuffs and their effect on gastrointestinal integrity,
The Department of Pharmaceutical and Biomedical Sciences Research Seminar Series, Athens, Aug. 2012.
18. Morishige Jun-ichi, Urikura Mai, Tamotsu Tanaka and Satouchi Kiyoshi :
A simple method for isolation and identification of bioactive lipids having monoester type phosphate using phosphate capture molecule, Phos-tag,
Lipid Maps Annual Meeting 2012, Lipid impact on cell biology, metabolomics and translational medicine,, Abstract-p76, La Jolla (CA, USA), May 2012.
19. Tamotsu Tanaka, 盛重 純一, 近藤 宏樹, 木下 正文, 足立 美佳, 瓜倉 真衣, 里内 清 and Akira Tokumura :
Formation of lysophosphatidic acid, a wound-healing lipid, during digestion of cabbage leaves,
Keystone Symposia, Bioactive lipids: Biochemistry & Diseases, Abstract Book, 105, 京都, Jun. 2010.
20. Mika Adachi, Jun-ichi Morishige, Tamotsu Tanaka, Junji Terao, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura :
Lysophosphatidic acid in foods and herbs protects gastric ulcer in rats under water-immersion stress,
4th international conference on phospholipase A2 and lipid mediators, Vol.Final program and abstracts book, 131, Tokyo, May 2009.
21. Jun-ichi Morishige, Tamotsu Tanaka, Tohru Koike and Kiyoshi Satouchi :
Simultaneous determination of phosphate monoester lysophospholipids using phosphate-capture molecule, Phos-tag,
4th international conference on phospholipase A2 and lipid mediators, Vol.Final program book and abstract, 131, Tokyo, May 2009.
22. K. Yoshizumi, K. Hirano, H. Ando, Tamotsu Tanaka and J. Terao :
Lupane-type saponins from leaves of Acanthopanax sessiliflorus and their anti-obesity activity,
Obesity reviews, Vol.7, No.(Suppl. 2), 155, Sydney, 2006.
23. Tamotsu Tanaka, K. Hirano, T. Koike, Akira Tokumura and K. Satouchi :
Quantitative analysis of lysophosphatidic acid by matrix-assisted laser desorption time-of-flight mass spectrometry using a phosphate capture molecule,
2nd International Conference Phospholipase A2 and 8th International Congress Platelet-activating Factor and Related Lipid Mediators, 204, Berlin, Oct. 2004.
24. Tamotsu Tanaka, T. Hattori, M. Kouchi, K. Hirano and K. Satouchi :
Chain elongation of non-methylene interrupted trienoic acid in rat liver,
Prostagalndins Leukotriens and Essential Fatty Acids, Vol.57, No.2, Edinburgh, Aug. 1997.

国内講演発表:

1. 宇山 徹, Zahir Hussain, 森戸 克弥, 田中 保, 太田 健一, 上野 正樹, 村上 誠, 上田 夏男 :
cPLA2eは脳障害部位でN-アシル-ホスファチジルエタノールアミンを合成する,
第64回日本脂質生化学会, Vol.64, 272-275, 2022年6月.
2. Rumana Yesmin Hasi, Naohiro Imura, Toshiki Ishikawa, Hiroyuki Imai, Yoshimichi Takai, Hanif Ali, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru and Tamotsu Tanaka :
Distribution and characterization of glycosylinositol phosphoceramide specific phospholipase D in Brassica plants,
第64回日本脂質生化学会, Vol.64, 272-275, Jun. 2022.
3. Hanif Ali, Miyu Kobayashi, Katsuya Morito, Rumana Yesmin Hasi, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Koichiro Tsuchiya, Kazunori Sango and Tamotsu Tanaka :
Peroxisomes attenuate lipotoxicity of very-long-chain fatty acids,
第64回日本脂質生化学会, Vol.64, 43-46, Jun. 2022.
4. 森戸 克弥, 島田 明奈, 宮崎 徹, 清水 良多, 高橋 尚子, 東 桃代, 下澤 伸行, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
X連鎖性副腎白質ジストロフィー患者血漿中セラミドの分析とその主要な分子種の動物細胞への取り込みと作用,
第63回日本生化学 中国・四国支部例会, 2022年5月.
5. 北風 圭介, 坪井 一人, Md Hanif Ali, 木本 来希, 竹之内 康広, 石丸 浩靖, 山下 純, 上田 夏男, 田中 保, 岡本 安雄 :
グリセロホスホジエステラーゼ7は小胞体内腔において環状ホスファチジン酸を産生する,
第63回日本生化学 中国・四国支部例会, 2022年5月.
6. Hanif Ali, Miyu Kobayashi, Katsuya Morito, Rumana Yesmin Hasi, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Koichiro Tsuchiya, Kazunori Sango and Tamotsu Tanaka :
Metabolism and biological effect of very-long-chain fatty acid in peroxisome-deficient cells,
第63回日本生化学 中国・四国支部例会, May 2022.
7. 植野 美彦, 櫻谷 英治, 関 陽介, 上岡 麻衣子, 浅田 元子, 赤松 徹也, 宮脇 克行, 宇都 義浩, 田中 保 :
一般選抜後期日程における入学辞退率改善の取り組みーー徳島大学B学部の事例からーー,
第17回大学教育カンファレンスin徳島, 2022年1月.
8. 田中 保 :
植物スフィンゴ脂質およびその代謝酵素の産業的利用,
第3回 脂質駆動学術産業創生研究部会講演会, 2021年12月.
9. Hanif Ali, Katsuya Morito, Rumana Yesmin Hasi, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Koichiro Tsuchiya, Kazunori Sango and Tamotsu Tanaka :
Characterization of uptake and metabolism of very-long-chain fatty acid in peroxisome-deficient CHO cells,
第94回 日本生化学大会, Nov. 2021.
10. Rumana Yesmin Hasi, Naohiro Imura, Toshiki Ishikawa, Hiroyuki Imai, Yoshimichi Takai, Hanif Ali, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru and Tamotsu Tanaka :
Production of phytoceramide 1- phosphate and inositol glycan by glycosylinositol phosphoceramide specific phospholipase D activity in plants,
第94回 日本生化学大会, Nov. 2021.
11. Hanif Ali, Katsuya Morito, Rumana Yesmin Hasi, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Koichiro Tsuchiya, Kazunori Sango and Tamotsu Tanaka :
Characterization of uptake and metabolism of very-long-chain fatty acid in peroxisome-deficient CHO cells,
第62回日本生化学 中国・四国支部例会, Sep. 2021.
12. Rumana Yesmin Hasi, Naohiro Imura, Toshiki Ishikawa, Hiroyuki Imai, Yoshimichi Takai, Hanif Ali, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru and Tamotsu Tanaka :
Production of phytoceramide 1- phosphate and inositol glycan by glycosylinositol phosphoceramide specific phospholipase D activity in plants,
第62回日本生化学 中国・四国支部例会, Sep. 2021.
13. Hanif Ali, Katsuya Morito, Rumana Yesmin Hasi, Mutsumi Aihara, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Koichiro Tsuchiya and Tamotsu Tanaka :
Uptake and metabolism of very-long-chain fatty acid in animal cells,
第63回日本脂質生化学会, Jun. 2021.
14. Rumana Yesmin Hasi, Yoshimichi Takai, Hanif Ali, Kentaro Kogure, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Mutsumi Aihara, Kaori Kanemaru and Tamotsu Tanaka :
Isolation of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate from cabbage leaves and their chemical stabilities.,
日本農芸化学会2020年度中四国支部大会(第57回講演会), Sep. 2020.
15. 坪井 一人, 田井 達也, 山下 量平, 宇山 徹, 岡本 蓉子, 郷 慎司, 渡邉 悦子, Iffat Sonia Ara Rahman, 芳地 一, 田中 保, 岡本 安雄, 徳村 彰, 松田 純子, 上田 夏生 :
脳虚血モデルでのN-アシル-ホスファチジルエタノールアミンの蓄積はcPLA2eによって引き起こされる,
第93回日本生化学大会, 2020年9月.
16. Rumana Yesmin Hasi, Dai Majima, Katsuya Morito, Hanif Ali, Kentaro Kogure, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Meera Nanjundan, Toshiki Ishikawa and Tamotsu Tanaka :
Methods for isolation of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate from plant tissues.,
第93回日本生化学大会, Sep. 2020.
17. Rumana Yesmin Hasi, Dai Majima, Katsuya Morito, Hanif Ali, Kentaro Kogure, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Meera Nanjundan, Toshiki Ishikawa, Hiroyuki Imai and Tamotsu Tanaka :
Development of methods for isolation of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate from plant tissues.,
第62回日本脂質生化学会, May 2020.
18. 田中 保, Rumana Hasi Yesmin, 森戸 克弥, 小暮 健太朗, 林 順司, 川上 竜巳, 金丸 芳, 今井 博之, 石川 寿樹 :
グリコシルイノシトール ホスホセラミドの単離法の開発,
第12回セラミド研究会学術集会, 2019年10月.
19. 田中 保, 森戸 克弥, Rumana Hasi Yesmin, 林 順司, 川上 竜巳, 金丸 芳, 若山 睦, 近藤 千恵子, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
食品素材に含まれるセラミドの簡便な定量方法,
日本脂質栄養学会第28回大会, 2019年9月.
20. 宇山 徹, Binte Mustafiz Smriri Sultana, 森戸 克弥, 高橋 尚子, 川合 克久, Hussain Zahir, 坪井 一人, 荒木 伸一, 山本 圭, 田中 保, 上田 夏生 :
cPLA2eによるN-アシル‐ホスファチジルエタノールアミンの細胞内カルシウム依存的な生成,
第92回日本生化学会大会, 2019年9月.
21. 堤 敏彦, 松田 璃沙, 森戸 克弥, 横田 美帆, 荷川取 史妃, 川島 聡, 藤原 愛美, 山本 武範, 山﨑 尚志, 田中 保, 篠原 康雄, 德村 彰 :
動物培養細胞においてグリセロホスホジエステラーゼ3はリゾホスファチジルイノシトールをモノアシルグリセロールに分解するエクト型リゾホスホリパーゼCとして機能する,
第92回日本生化学会大会, 2019年9月.
22. 今井 博之, 田中 保, 石川 寿樹, 川合 真紀 :
LC-MS/MSによるフィトセラミド1-リン酸分子種の定量解析,
第92回日本生化学会大会, 2019年9月.
23. 森戸 克弥, 島田 明奈, 宮崎 徹, 清水 良多, 高橋 尚子, 下澤 伸行, 東 桃代, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
ヒト血漿の主要なセラミド及びセラミド1-リン酸分子種の動物細胞への取り込みと作用,
第92回日本生化学会大会, 2019年9月.
24. 高橋 尚子, 清水 良多, 森戸 克弥, 東 桃代, 下澤 伸行, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析による副腎白質ジストロフィー患者の血漿中セラミド分子種及び濃度の解析,
第92回日本生化学会, 2019年9月.
25. 森戸 克弥, 島田 明奈, 宮崎 徹, 清水 良多, 高橋 尚子, 東 桃代, 下澤 伸行, 西岡 安彦, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
ヒト血漿中セラミド及びセラミド1-リン酸の分子種組成と動物細胞への取り込みと作用,
第61回日本脂質生化学会, 2019年7月.
26. 道上 巧基, 福田 達也, 田中 保, 佐藤 陽一, 小暮 健太朗 :
男性不妊症治療を目指した微弱電流処理による精巣への非侵襲的薬物送達技術の開発,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
27. 真島 大, 三橋 亮介, 梶本 和昭, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸リポソームによる抗肥満効果の検討,
日本ビタミン学会第71回大会, 2019年6月.
28. 髙橋 尚子, 清水 良多, 森戸 克弥, 東 桃代, 下澤 伸行, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析を用いた副腎白質ジストロフィー患者の血中セラミド分析,
第60回日本生化学 中国・四国支部例会, 2019年5月.
29. Rumana Hasi Yesmin, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Development of methods for purification of plant sphingolipids, glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate,
日本農芸化学会2019年度大会, Mar. 2019.
30. 森戸 克弥, 島田 明奈, 宮﨑 徹, 清水 良多, 高橋 尚子, 東 桃代, 小山 壱也, 西岡 安彦, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
ヒト血漿中セラミド及びセラミド1-リン酸の分子種組成と動物細胞へ作用,
日本農芸化学会2019年度大会, 2019年3月.
31. 平田 悠真, 福田 達也, 田中 保, 真島 英司, 小暮 健太朗 :
Protein Aを用いた新規抗体修飾リポソーム調製法,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
32. 吉見 真太朗, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
がん親和性付与を目的とした単球膜タンパク質搭載リポソームの構築,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
33. 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
乳酸菌が産生するリノール酸代謝物の動物細胞における代謝と宿主脂質代謝への影響,
第9回学際的脂質創生研究部会, 2019年2月.
34. 真島 大, 三橋 亮介, 梶本 和昭, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸リポソームは3T3-L1脂肪細胞の脂肪蓄積を制御する,
第30回ビタミンE研究会, 2019年1月.
35. 小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 福田 達也, 田中 保 :
トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果メカニズム,
第30回ビタミンE研究会, 2019年1月.
36. 小暮 健太朗, 三橋 亮介, 真島 大, 福田 達也, 田中 保 :
ビタミンEコハク酸による脂肪蓄積抑制作用,
第360回脂溶性ビタミン総合委員会, 2018年12月.
37. 立花 洸季, 田中 保, 小暮 健太朗, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
HDL構成タンパク質分泌に対するスフィンゴシン-1-リン酸及びフィンゴリモドの影響,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
38. 宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
外因的に加えた極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシスへの影響,
第11回セラミド研究会, 2018年10月.
39. 田中 保, 宮城 諒, 藤原 美奈, 辻 和樹, 森戸 克弥, Rumana Hasi Yesmin, 福田 達也, 小暮 健太朗, 今井 博行, 石川 寿樹, 川合 真紀 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼD活性の分布と性質,
第11回セラミド研究会 学術集会, 2018年10月.
40. 立花 洸季, 西辻 和親, 田中 保, 小暮 健太朗, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)による高密度リポプロテイン(HDL)構成タンパク質分泌への影響,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
41. 坪井 一人, 井上 愛美, 岡本 蓉子, 日高 麻由美, 宇山 徹, 堤 敏彦, 田中 保, 岡本 安雄, 上田 夏生, 德村 彰 :
N-アシル-ホスファチジルエタノールアミン特異的ホスホリパーゼD欠損マウスの末梢臓器における関連脂質とその代謝経路の解析,
第91回 日本生化学大会, 2018年9月.
42. 堤 敏彦, 井上 愛美, 岡本 蓉子, 渥美 祐太, 塩尻 正俊, 日高 麻由美, 田中 保, 白坂 直輝, 德村 彰 :
食餌への高濃度のリゾホスファジン酸添加はマウスの体重と体脂肪を減少させる,
第91回 日本生化学大会, 2018年9月.
43. 今井 博之, 田中 保, 石川 寿樹, 川合 真紀 :
植物に存在するセラミド 1-リン酸のLC-MS/MSによる分析,
第91回 日本生化学大会, 2018年9月.
44. 立花 洸季, 田中 保, 小暮 健太朗, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
HDL構成タンパク質分泌に対するスフィンゴシン-1-リン酸及びフィンゴリモドの影響,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
45. 田中 保, 宮城 諒, 辻 和樹, 藤原 美奈, 森戸 克弥, 石川 寿樹, 今井 博之, 川合 真紀, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性質,
日本農芸化学会2018年度中四国支部大会, 2018年9月.
46. 森戸 克弥, 清水 良多, 高橋 尚子, 下澤 伸行, 東 桃代, 河野 弘, 西岡 安彦, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
ヒト血漿中セラミド及びセラミド1-リン酸の分子種組成と細胞への取り込み,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
47. 宮城 諒, 辻 和樹, 藤原 美奈, 森戸 克弥, 石川 寿樹, 今井 博之, 川合 真紀, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性質,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
48. 田中 保, 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
腸内細菌が産生するヒドロキシ脂肪酸の動物細胞における代謝,
日本脂質栄養学会第27回大会, 2018年8月.
49. 森 日向子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
膵臓疾患治療を目指した微弱電流による核酸医薬の膵臓内送達,
第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
50. 大島 康史, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理による抗体の細胞内・皮内デリバリー,
第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
51. 福田 達也, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 中谷 奈津, 田中 保, 小暮 健太朗 :
弱電流による特殊なエンドサイトーシスを利用した高分子送達の機構解析,
第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
52. 小暮 健太朗, 田中 太智, 森 日向子, 賀川 真夕子, Hasan Mahadi, 福田 達也, 田中 保 :
微弱電流処理による体内臓器細胞へのsiRNAの送達,
日本核酸医薬学会第4回年会, 2018年7月.
53. 小暮 健太朗, 三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保 :
脂肪細胞における脂肪蓄積へのトコフェロールコハク酸リポソームの影響,
日本ビタミン学会第70回大会, 2018年6月.
54. 中谷 奈津, 田中 太智, 平田 悠真, 森 日向子, 吉見 真太朗, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理と活性種(NO)とを組み合わせることによる細胞内取り込みの変化,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
55. 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
乳酸菌が産生するリノール酸代謝物の動物細胞への取り込みと代謝,
第59回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2018年5月.
56. 小暮 健太朗, 平井 将太, 髙橋 侑, 田中 保, 福田 達也, 吉田 達貞 :
アスタキサンチンと抗酸化物質の共封入リポソームによる相乗的な抗酸化効果,
71回日本酸化ストレス学会 第18回日本NO学会 合同学術集会, 2018年5月.
57. 宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
外因的に加えた極長鎖脂肪酸および極長鎖脂肪酸含有セラミドのアポトーシスへの影響,
第60回 日本脂質生化学会, 2018年5月.
58. 田中 太智, Hasan Mahadi, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
腎臓疾患治療を目指したイオントフォレシスによる核酸医薬の腎臓内送達,
日本薬剤学会第33年会, 2018年5月.
59. 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
脂質膜間移行現象を利用したリポソームへの白血球様機能の付与,
日本膜学会40年会, 2018年5月.
60. 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 賀川 真夕子, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流による特殊なエンドサイトーシスを介した体内臓器細胞への高分子送達,
日本膜学会40年会, 2018年5月.
61. 賀川 真夕子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
イオントフォレシスによる肝臓への核酸医薬送達,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
62. 平井 将太, 髙橋 侑, 田中 保, 福田 達也, 吉田 達貞, 小暮 健太朗 :
アスタキサンチンと抗酸化物質の組合せによる相乗的な活性酸素消去活性の向上.,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
63. 三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理により誘導される細胞取り込み過程の定量的評価,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
64. 大島 康史, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理を利用した機能性核酸の細胞内取り込みの検討,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
65. 三橋 亮介, 梶本 和昭, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪蓄積の抑制作用,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
66. 虎尾 祐, 大島 康史, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシス誘導に関連する因子の検討,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
67. 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
乳酸菌が産生する希少脂肪酸のペルオキシソームにおける代謝,
日本農芸化学会 2018年度大会, 2018年3月.
68. 三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪細胞の脂肪蓄積抑制効果,
第29回ビタミンE研究会, 2018年1月.
69. 小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 細井 信造, 福田 達也, 田中 保 :
α-トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果,
第357回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2017年12月.
70. 清水 良多, 山下 量平, 伊賀 永里奈, Md. Motiur Rahman, 東 桃代, 小暮 健太朗, 田中 保 :
液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析によるヒト血漿中のセラミド及びセラミド 1-リン酸の解析,
第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 439, 2017年12月.
71. Md Motiur Rahman, Erina Iga, Akina Shimada, Tohru Miyazaki, Naoko Takahashi, Mina Fujiwara, Kazuki Tsuji, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Neuroprotective activity of phytoceramide 1-phosphate on serum deprivation-induced apoptosis of Neuro2a cells,
第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 439, Dec. 2017.
72. Afroz Sheuli, Katsuya Morito, Kouki Fujikawa, Ayano Yagi, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Kentaro Kogure, Shiro Watanabe, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Antiulcer effect of lysophosphatidic acid-rich medicinal herbs and its mechanism,
第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 439, Dec. 2017.
73. 辻 和樹, 島田 明奈, 宮崎 徹, 高橋 尚子, 伊賀 永里奈, Rahman Md Motiur, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗, 田中 保 :
種々の脂肪酸残基を有するセラミドの化学合成とその生理活性,
第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 438, 2017年12月.
74. 小暮 健太朗, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 福田 達也, 田良島 典子, 田中 保, 南川 典昭 :
微弱電流処理による高分子医薬の細胞質送達と機能発現,
第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2017年10月.
75. 三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪蓄積減少効果の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
76. 虎尾 祐, 大島 康史, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシス誘導機構の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
77. 三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理により誘起される細胞内取り込みの評価,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
78. 賀川 真夕子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるsiRNAの細胞内送達と肝細胞遺伝子発現制御,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 2017年10月.
79. 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 :
ユニークなエンドサイトーシスを誘起する微弱電流を利用した機能性核酸の細胞質送達,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
80. 田中 保, 山下 量平, 清水 良多, 森戸 克弥, Md. Motiur Rahman, 伊賀 永里奈, 島田 明奈, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
血液中のセラミド 1-リン酸の分子種組成と生物活性,
セラミド研究会 予稿集, 23, 2017年10月.
81. 島田 明奈, 宮﨑 徹, 高橋 尚子, Rahman Motiur Md., 清水 良多, 辻 和樹, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシス抑制活性,
セラミド研究会, 2017年10月.
82. Md Motiur Rahman, Erina Iga, Tohru Miyazaki, Naoko Takahashi, MIna Fujiwara, Kazuki Tsuji, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Phytoceramide 1-phosphate in vegetables and its anti-apoptotic effect in animal cells,
日本脂質栄養学会第26回大会 予稿集, 187, Sep. 2017.
83. S Afroz, Katsuya Morito, K Fujikawa, A Yagi, Teru Ikoma, E Kiyokage, K Toida, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Phosphatidic acid-rich cereals as anti-ulcer foods and their mechanisms of action,
日本脂質栄養学会第26回大会, Sep. 2017.
84. 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流が誘起するユニークなエンドサイトーシスによる核酸の細胞質送達,
遺伝子・デリバリー研究会第17回夏期セミナー, 2017年9月.
85. 小暮 健太朗, 賀川 真夕子, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 福田 達也, Mahadi Hasan, 濱 進, 田中 保 :
微弱電流による核酸医薬の細胞内送達,
第26回DDSカンファランス, 2017年9月.
86. 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシスの解析,
第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
87. 宮城 諒, 喜田 孝史, 辻 和樹, 小暮 健太朗, 田中 保 :
グリコシルイノシトールホスホセラミドの抽出と精製,
日本農芸化学会中四国支部第48回公演会 要旨集, 37, 2017年6月.
88. 田中 保, Md Motiur Rahaman, 伊賀 永理奈, 山下 量平, 清水 良多, 辻 和樹, 島田 明奈, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗 :
血液中に存在する極長鎖セラミド-1-リン酸のアポトーシス抑制作用,
第59回日本脂質生化学会, 講演要旨集, 33-34, 2017年6月.
89. 喜田 孝史, 伊藤 葵, 木村 朱里, 松岡 久嗣, 藤原 美奈, 辻 和樹, 小暮 健太朗, 田中 保 :
植物におけるグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼD活性の分布と性質,
第59回日本脂質生化学会, 2017年6月.
90. 小暮 健太朗, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 田良島 典子, 南川 典昭 :
微弱電流による新規核酸iRedの細胞内送達と遺伝子発現制御,
遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム, 2017年5月.
91. 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流により誘起されるユニークなエンドサイトーシスの解析,
遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム, 2017年5月.
92. 清水 良多, 山下 量平, 伊賀 永里奈, Rahman Motiur Md., 東 桃代, 小暮 健太朗, 田中 保 :
液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析による血漿中のセラミド及びセラミド-1-リン酸の解析,
第58回日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年5月.
93. 島田 明奈, 伊賀 永里奈, Rahman Motiur Md., 山下 量平, 清水 良多, 小暮 健太朗, 田中 保 :
セラミド-1-リン酸のアポトーシス抑制活性,
第58回日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年5月.
94. 三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によって誘起されるユニークなエンドサイトーシス,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
95. 船城 凌, 渋谷 菜摘, 田中 保, 小暮 健太朗, 奥平 桂一郎 :
HepG2細胞でのスフィンゴシン1リン酸(S1P)によるアポリポタンパク質A-I(apoA-I)発現の抑制,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
96. 小暮 健太朗, Mahadi Hasan, 田良島 典子, 藤川 昂樹, 濱 進, 田中 保, 樫田 啓, 浅沼 浩之, 斎藤 博幸, 南川 典昭 :
微弱電流による機能性核酸の効率的な細胞質送達,
日本核酸医薬学会第2回年会(東京), 2016年12月.
97. 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 斎藤 博幸, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理による高分子物質の細胞質送達.,
第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(名古屋), 2016年11月.
98. 屋宜 亜耶乃, Afroz Sheuli, 生駒 照, 德村 彰, 小暮 健太朗, 田中 保 :
食物中のホスファチジン酸の抗胃潰瘍効果とホスホリパーゼA2活性化作用.,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(岡山), 2016年10月.
99. 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
細胞のエンドソーム物性変化を誘導する微弱電流処理.,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(岡山), 2016年10月.
100. 坪井 一人, Iffat Sonia Ara Rahman, 岡本 蓉子, 宇山 徹, 山﨑 尚志, 田中 保, 德村 彰, 上田 夏生 :
GDE7はリゾホスホリパーゼD型酵素としてN-アシルエタノールアミンとLPAを生成する,
第89回日本生化学会大会, 2016年9月.
101. 山下 量平, 伊賀 永里奈, 柿内 直哉, 辻 和樹, 小暮 健太郎, 德村 彰, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 田中 保 :
種々のセラミド-1-リン酸分子種の生理活性とその代謝,
第58回日本脂質生化学会, 2016年6月.
102. 松田 璃沙, 坪井 一人, 岡本 蓉子, 山下 量平, Rahman Ara Sonia Iffat, 日高 麻由美, 山﨑 尚志, 上田 夏生, 田中 保, 德村 彰 :
口腔粘膜上皮細胞に存在する膜結合型リゾホスホリパーゼD,
第58回日本脂質生化学会, 2016年6月.
103. Hasan Mahadi, Noriko Saito-Tarashima, Kohki Fujikawa, Takashi Ohgita, Susumu Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito, Noriaki Minakawa and Kentaro Kogure :
Intracellular delivery of a novel functional nucleic acid iRed by faint electric treatment for effective regulation of target genes,
第32回DDS学術集会, Jun. 2016.
104. Iffat Sonia Ara Rahman, Kazuhito Tsuboi, Yoko Okamoto, Toru Uyama, 山﨑 尚志, 田中 保, 德村 彰, Natsuo Ueda :
Glycerophosphodiesterases, GDE4 and GDE7, are novel lysophospholipase D-type enzymes generating N-acylethanolamine and LPA,
第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月.
105. 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によって誘起されるエンドサイトーシスの解析.,
日本薬剤学会第31年会(岐阜), 2016年5月.
106. 山下 量平, 柿内 直哉, 伊賀 永里奈, 田畑 優美香, 島田 明奈, 德村 彰, 田中 保 :
種々のマウス組織におけるセラミド-1-リン酸分子種とその代謝,
日本農芸化学会中四国支部第44回公演会 要旨集, 41, 2016年1月.
107. Sheuli Afroz, Teru Ikoma, Ayano Yagi, Shiro Watanabe, 德村 彰, 田中 保 :
Effect of phosphatidic acid on NSAIDs-induced stomach ulcer and its content in cereals,
日本農芸化学会中四国支部第44回公演会 要旨集, 33, 2016年1月.
108. 清水 良多, 魚住 幸加, 森戸 克弥, 大隅 隆, 德村 彰, 田中 保 :
脂肪酸鎖長の伸長と短縮反応におけるペルオキシソームの役割(口頭発表選出),
第88回日本生化学会大会, 2015年12月.
109. 辻 和樹, 伊藤 葵, 木村 朱里, 松岡 久嗣, 藤原 美奈, 喜田 孝史, 今井 博之, 德村 彰, 田中 保 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性状と分布,
第88回日本生化学会大会, 2015年12月.
110. 渋谷 菜摘, 藤川 昂樹, 田中 保 :
セラミド-1-リン酸のヒト胃由来MKN74細胞に対する小胞分泌作用,
第88回日本生化学会大会, 2015年12月.
111. 柿内 直哉, 山下 量平, 田畑 優美香, 伊賀 永里奈, 島田 明奈, 辻 一樹, 德村 彰, 田中 保 :
種々のマウス組織におけるセラミド-1-リン酸分子種とその代謝,
第88回日本生化学会大会, 2015年12月.
112. Afroz Sheuli, 生駒 照, 屋宜 彩乃, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Effect of phosphatidic acid on indomethacin-induced stomach ulcer and its content in plant sources,
第88回日本生化学会大会, Dec. 2015.
113. 藤川 昂樹, 生駒 照, 森戸 克弥, 清蔭 恵美, 徳田 一徳, 清水 太郎, 石田 竜弘, 德村 彰, 田中 保 :
ヒト胃由来培養細胞におけるリゾホスファチジン酸誘導性小胞分泌現象の解析,
第88回日本生化学会大会, 2015年12月.
114. 岡本 蓉子, 坪井 一人, Sonia Ara Iffat Rahman, 上田 夏生, 田中 保, 德村 彰 :
新規リゾホスホリパーゼD型酵素GDE4関連代謝経路のLC-MS/MSによる同定,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
115. 松田 璃沙, 坪井 一人, 岡本 蓉子, Rahman Ara Iffat Sonia, 山﨑 尚志, 上田 夏生, 田中 保, 德村 彰 :
消化管上皮細胞に存在する新規膜結合型リゾホスホリパーゼD,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
116. 田中 保, 伊藤 葵, 木村 朱里, 松岡 久嗣, 藤原 美奈, 喜田 孝史, Afroz Sheuli, 今井 博之, 德村 彰 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性質,
第28回植物脂質シンポジウム, 2015年9月.
117. 清水 良多, 魚住 幸加, 森戸 克弥, 大隅 隆, 德村 彰, 田中 保 :
脂肪酸の鎖長伸長と短縮反応におけるペルオキシソームの役割,
日本脂質栄養学会第24回大会, 2015年8月.
118. 渋谷 菜摘, 藤川 昂樹, 清蔭 恵美, 樋田 一徳, 田中 保 :
キャベツに見出されたフィトセラミド-1-リン酸のヒト胃由来MKN74細胞に対する小胞分泌作用,
日本脂質栄養学会第24回大会, 2015年8月.
119. 木村 朱里, 伊藤 葵, 喜田 孝史, 松岡 久嗣, 德村 彰, 田中 保 :
野菜に含まれるフィトセラミド-1-リン酸の分布と消化,
日本脂質栄養学会第24回大会, 2015年8月.
120. 田中 保, 藤川 昂樹, 森戸 克弥, 清蔭 恵美, 樋田 一徳, 清水 太郎, 石田 竜弘, 德村 彰 :
リゾホスファチジン酸が誘導する小胞分泌現象の解析,
第57回日本脂質生化学会, 2015年5月.
121. 藤川 昂樹, 森戸 克弥, 生駒 照, 清蔭 恵美, 樋田 一徳, 清水 太郎, 石田 竜弘, 德村 彰, 田中 保 :
ヒト胃由来培養細胞におけるリゾホスファチジン酸誘導性小胞分泌現象の解析,
日本膜学会第37年会, 2015年5月.
122. 生駒 照, 屋宜 亜耶乃, 藤川 昂樹, 森戸 克弥, 南 利夫, 德村 彰, 田中 保 :
穀物におけるホスファチジン酸(PA)含量とPAの抗消化性潰瘍効果,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
123. 伊藤 葵, 木村 朱里, 松岡 久嗣, 藤原 美奈, 喜田 孝史, 今井 博之, 德村 彰, 田中 保 :
グリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性状と分布,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
124. 田畑 優美香, 山下 量平, 伊賀 永里奈, 喜田 孝史, 安藤 千恵, 德村 彰, 田中 保 :
種々のセラミド-1-リン酸の生理活性,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 221, 2014年11月.
125. 橋村 慧, 松田 璃沙, 稲垣 裕司, 松井 寛和, 横田 美帆, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
歯周病におけるリゾホスファチジン酸の役割,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 220, 2014年11月.
126. 松岡 久嗣, 伊藤 葵, 木村 朱里, 藤原 美奈, 喜田 孝史, 今井 博之, 德村 彰, 田中 保 :
グルコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性状と分布,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 220, 2014年11月.
127. 魚住 幸加, 森戸 克弥, 大隅 隆, 德村 彰, 田中 保 :
脂肪酸リモデリング反応におけるペルオキシソームの役割,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 119, 2014年11月.
128. 橋村 慧, 松田 璃沙, 稲垣 裕司, 松井 寛和, 横田 美帆, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
大豆由来リゾホスファチジン酸の歯周病抑制効果,
日本農芸化学会中四国支部第 40回講演会, 講演要旨集, 55, 2014年9月.
129. 魚住 幸加, 森戸 克弥, 大隅 隆, 德村 彰, 田中 保 :
裸子植物に含まれるポリメチレン中断型不飽和脂肪酸の動物細胞における必須脂肪酸への変換,
日本農芸化学会中四国支部第 40回講演会, 講演要旨集, 55, 2014年9月.
130. 橋村 慧, 松田 璃沙, 稲垣 裕司, 松井 寛和, 横田 美帆, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
歯周病の進行に及ぼす口腔内リゾホスファチジン酸の抑制効果,
第56回 日本脂質生化学会, 講演要旨集, 146, 2014年6月.
131. 田中 保, 生駒 照, 森戸 克弥, 德村 彰, 南 利夫 :
ホスファチジン酸(PA)の抗消化性潰瘍効果と穀類におけるPA含量,
日本農芸化学会中四国支部第 38回講演会, 講演要旨集, 24, 2014年1月.
132. 小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割,
第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
133. 畠中 貴代子, 山下 修司, 橋村 慧, 加藤 瞭典, 田中 保, 中山 泰介, 木下 肇, 原 知也, 添木 武, 佐田 政隆, 北川 哲也, 德村 彰 :
心血管病変患者血漿でのリン脂質メディエーターLC-MS/MS 分析—バイオマーカーとしての有用性—,
第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
134. 小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割,
第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
135. 山本 藍美, 田中 優, 山川 祥悟, 桑原 章, 田中 保, 苛原 稔, 德村 彰 :
ラット卵胞発育および排卵調節機構におけるリゾホスファチジン酸受容体と代謝酵素の関与,
第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
136. 魚住 幸加, 森戸 克弥, 大隅 隆, 田中 保, 徳村 彰 :
ペルオキシソーム/ミクロソームにおける鎖長短縮/伸長反応を介した脂肪酸リモデリング,
第86回 日本生化学会大会, Late-breaking abstracts (1LBA-024), 2013年9月.
137. 森戸 克弥, 大本 真弓, 生駒 照, 木下 正文, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 田中 保, 徳村 彰 :
リゾホスファチジン酸による胃粘膜保護のメカニズム,
第86回 日本生化学会大会, プログラム号, 108, 2013年9月.
138. 瓜倉 真衣, 村上 泰子, 田中 保 :
キャベツの調理過程における抗潰瘍性リン脂質の産生,
第60回 日本栄養改善学会, 2013年9月.
139. 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 田中 保, 吉本 谷博, 小池 透, 里内 清 :
Phos-tag Toyopearlを用いた生理活性リン酸モノエステル型脂質の分析法の開発,
第55回 日本脂質生化学会, 講演要旨集, 32, 2013年6月.
140. 田中 保, 喜田 孝史, 今井 博之, 盛重 純一, 山下 量平, 松岡 久嗣, 魚住 幸加, 里内 清, 長野 稔, 徳村 彰 :
アブラナ科植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼD,
第55回 日本脂質生化学会, 講演要旨集, 60, 2013年6月.
141. 田中 保 :
消化管におけるリゾホスファチジン酸産生とその生理的意義,
第55回 日本脂質生化学会, シンポジウム 講演要旨集, 14, 2013年6月.
142. 喜田 孝史, 盛重 純一, 山下 量平, 松岡 久嗣, 魚住 幸加, 里内 清, 長野 稔, 吉村 好之, 田中 保, 德村 彰 :
キャベツ葉に見出されたフィトセラミド-1-リン酸の生合成経路,
第85回 日本生化学会大会, 86, 2012年12月.
143. 山下 量平, 安藤 千恵, 田畑 優美香, 喜田 孝史, 清水 嘉文, 西迫 寛隆, 川添 和義, 田中 保, 德村 彰 :
種々のセラミド-1-リン酸分子種の細胞遊走および抗アポトーシス活性,
第85回 日本生化学会大会, 86, 2012年12月.
144. 喜田 孝史, 盛重 純一, 山下 量平, 松岡 久嗣, 魚住 幸加, 里内 清, 長野 稔, 吉村 好之, 田中 保, 德村 彰 :
キャベツ葉に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド-ホスホリパーゼD,
第25回 植物脂質シンポジウム, 86, 2012年12月.
145. 田中 保, 森戸 克弥, 木下 正文, 大本 真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 :
ホスファチジン酸によるアスピリン潰瘍抑制,
第21回 日本脂質栄養学会, Vol.21, No.2, 186, 2012年9月.
146. 田中 保, 森戸 克弥, 木下 正文, 大本 真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 :
ホスファチジン酸およびリゾホスファチジン酸によるアスピリン潰瘍抑制,
第65回 日本酸化ストレス学会学術集会, p93, 2012年6月.
147. 清水 嘉文, 小泉 恵子, 神奈木 玲児, 田中 広治, 山下 純, 田中 保, 曹 科, 鈴木 元, 村手 隆, 岩城 壮一郎, 藤井 聡, 德村 彰 :
ヒト大腸がん細胞における低酸素条件下でのリゾリン脂質およびエーテル型リン脂質の増加,
第54回 日本脂質生化学会, 262, 2012年6月.
148. 森戸 克弥, 木下 正文, 大本 真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 田中 保, 德村 彰 :
ホスファチジン酸によるアスピリン潰瘍抑制,
日本農芸化学会2012年度大会, プログラム, p83, 2012年3月.
149. 池松 夏紀, 坪井 一人, 井上 愛美, 清水 嘉文, 宇山 徹, 田中 保, 上田 夏生, 德村 彰 :
マウス全脳におけるエタノールアミン含有脂質の分子種分析と関連酵素の基質特異性解析,
第50回 日本薬学会日本薬剤師会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
150. 淺木 千佳, 佐野 真純, 田中 保, 德村 彰 :
循環血液中での血小板活性化因子(PAF)様酸化リン脂質の生成に及ぼす喫煙の影響,
第50回 日本薬学会日本薬剤師会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, p170, 2011年11月.
151. 荷川取 史妃, 藤近 加奈子, 福田 彩, 閨 真梨子, 田中 保, 德村 彰 :
種々の動物体液中のオートタキシンによるリゾホスホリパーゼD活性とタンパク量の比較,
第50回 日本薬学会日本薬剤師会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, p170, 2011年11月.
152. 閨 真梨子, 池松 夏紀, 田中 保, 安田 勝彦, 神崎 秀陽, 德村 彰 :
血漿リゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸産生の妊娠に伴う変動,
第50回 日本薬学会日本薬剤師会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, p169, 2011年11月.
153. 安藤 千恵, 喜田 孝史, 山下 量平, 盛重 純一, 里内 清, 西迫 寛隆, 川添 和義, 田中 保, 德村 彰 :
キャベツ葉中に見出されたフィトセラミド-1-リン酸の生物活性,
第50回 日本薬学会日本薬剤師会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 169, 2011年11月.
154. 清水 嘉文, 森川 美幸, 木元 重信, 田中 保, 德村 彰 :
アトピー性皮膚炎発症マウスの血液中および皮膚炎発症部で高値となるリゾホスファチジン酸の病態生理学的役割,
第84回 日本生化学会大会, プログラム号, p103, 2011年9月.
155. 田中 保 :
Phos-tagを用いた活性リン脂質の質量分析, --- フォーラム:Phos-tag技術が拓く新たなリン酸化シグナル研究 ∼生物種を越えて∼ ---,
第84回 日本生化学会大会, プログラム号, 40, 2011年9月.
156. 田中 保, 喜田 孝史, 盛重 純一, 安藤 千恵, 山下 量平, 里内 清, 今井 博之, 長野 稔, 西迫 寛隆, 川添 和義, 德村 彰 :
キャベツ葉中に見出されたフィトセラミド-1-リン酸の生合成経路と生理作用,
第84回 日本生化学会大会, プログラム号, p90, 2011年9月.
157. 田中 保, 葛西 彩香, 木下 正文, 森戸 克弥, 大 本真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 盛重 純一, 里内 清, 德村 彰 :
種々の食材のホスファチジン酸含量と胃における消化,
日本脂質栄養学第20回大会 脂質栄養学, Vol.20, No.2, 143, 2011年9月.
158. 喜田 孝史, 盛重 純一, 安藤 千恵, 里内 清, 今井 博之, 長野 稔, 田中 保, 德村 彰 :
キャベツ葉中に見出されたフィトセラミド-1-リン酸,
第52回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 講演要旨集,, p76, 2011年5月.
159. 清水 嘉文, 足立 美佳, 森川 美幸, 木元 重信, 田中 保, 德村 彰 :
アトピー性皮膚炎の新規掻痒因子としてのリゾホスファチジン酸の可能性,
第53回 日本脂質生化学会, 講演要旨集, p110, 2011年5月.
160. 猪野 真基, 大園 翔平, 清水 嘉文, 井上 愛美, 田中 保, 德村 彰 :
生理活性リン脂質リゾホスファチジン酸のラット血漿における産生および分解に及ぼす副腎摘出の効果,
日本薬学会第131年会,プログラム, 169, 2011年3月.
161. 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 葛西 彩香, 田中 保, 德村 彰, 小池 透, 里内 清 :
リン酸捕獲試薬を用いた簡易リゾホスファチジン酸分析法の食品への適用,
日本農芸化学会中四国支部第29回講演会, 2011年1月.
162. 葛西 彩香, 木下 正文, 足立 美佳, 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 里内 清, 柏田 良樹, 今林 潔, 高石 喜久, 田中 保, 德村 彰 :
種々の食材中の創傷治癒性リン脂質含量,
日本農芸化学会中国四国支部第29回講演会,講演要旨集, 28, 2011年1月.
163. 木下 正文, 足立 美佳, 葛西 彩香, 大本 真弓, 田中 保, 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 近藤 宏樹, 里内 清, 德村 彰 :
メディエーターリン脂質による抗消化性潰瘍効果,
日本農芸化学会中国四国支部第29回講演会,講演要旨集, 28, 2011年1月.
164. 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 葛西 彩香, 田中 保, 德村 彰, 小池 透, 里内 清 :
リン脂質捕獲試薬を用いた簡易リゾホスファチジン酸分析法の食品への適用,
日本農芸化学会中国四国支部第29回講演会,講演要旨集, 28, 2011年.
165. 三木 敏史, 清水 嘉文, 井上 友希子, 田中 保, 德村 彰 :
Mass spectrometric analysis of dicarboxylate semialdehyde-containing lysophosphatidylcholine produced during peroxidation of lysophosphatidylcholine by lipoxygenase,
第33回日本分子生物学会・第83会日本生化学会合同大会,プログラム, 317, 2010年12月.
166. 片山 貴大, 西本 真梨子, 清水 嘉文, 稲葉 真衣子, 田中 保, 德村 彰 :
Exposure to the surface of cultured vascular smooth muscle cells of lysophospholipid and their extracellular release,
第33回日本分子生物学会・第83会日本生化学会合同大会,プログラム, 317, 2010年12月.
167. 田中 保, 盛重 純一, 喜田 孝史, 安藤 千恵, 木下 正文, 葛西 彩香, 大本 真弓, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 :
キャベツ葉中に見出されたフィトセラミド-1-リン酸,
第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会大会合同大会,プログラム, 315, 2010年12月.
168. 山本 淳平, 山里 将士, 桑原 絵美, 清水 嘉文, 朝治 広貴, 田中 保, 桑原 章, 德村 彰 :
不妊治療患者の卵胞液におけるオートタキシンによる生理活性リゾリン脂質の産生,
第49回日本薬学会・薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,講演要旨集, 126, 2010年11月.
169. Akira Tokumura, Yamamoto Junpei, YAmazato Mssashi, Nikawadori Miki, Shimizu Yoshinobu and Tamotsu Tanaka :
Preferable production of lysophosphatidic acids having a polyunsaturated fatty acyl group by lysophospholipase D activity of autotaxin in fresh follicular fluid from patients programmed with in vitro fertilization.,
Sep. 2010.
170. 田中 保, 盛重 純一, 喜田 孝史, 安藤 千恵, 木下 正文, 葛西 彩香, 大本 真弓, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 :
キャベツ葉に見出されたフィトセラミド-1-リン酸,
第28回 日本農芸化学会中四国支部講演会 講演要旨集, 65, 2010年9月.
171. 瓜倉 真衣, 盛重 純一, 森 一弘, 横川 和弘, 葛西 彩香, 田中 保, 德村 彰, 里内 清 :
抗潰瘍作用を目的とするホスホリパーゼD活性の高い野菜の有効な摂取法,
日本脂質栄養学会 第19回大会,脂質栄養学, Vol.19, 194, 2010年9月.
172. 菊田 安至, 福島 法夫, 古川 真由美, 田中 保, 里内 清 :
ωヒドロキシ脂肪酸の定量分析,
第52回日本脂質生化学研究会,講演要旨集, 106, 2010年6月.
173. 田中 保, 盛重 純一, 喜田 孝史, 安藤 千恵, 木下 正文, 葛西 彩香, 大本 真弓, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 :
キャベツ葉中に見出されたフィトセラミド-1-リン酸,
第52回日本脂質生化学会,講演要旨集, 77, 2010年6月.
174. 片山 貴大, 西本 真梨子, 清水 嘉文, 稲葉 真衣子, 田中 保, 德村 彰 :
リゾリン脂質メディエーターのラット大動脈血管平滑筋細胞表面への露出と細胞外への遊離,
日本薬学会第130年会,講演要旨集3, 121, 2010年3月.
175. 三木 敏史, 清水 嘉文, 井上 友希子, 田中 保, 德村 彰 :
多価不飽和脂肪酸含有リゾホスファチジルコリンのリポキシゲナーゼ誘導過酸化反応に伴い生成する二次成績体の構造解析,
日本薬学会第130年会 講演要旨集3, 121, 2010年3月.
176. 三木 敏史, 清水 嘉文, 井上 友希子, 田中 保, 德村 彰 :
多価不飽和脂肪酸含有ホスファチジルコリンのリポキシゲナーゼ誘導過酸化反応に伴い生成する二次成績体の構造解析,
日本薬学会第130年会,講演要旨集3, 121, 2010年3月.
177. 木下 正文, 近藤 宏樹, 足立 美佳, 瓜倉 真衣, 盛重 純一, 里内 清, 田中 保, 德村 彰 :
キャベツの摂取によって胃の中で生じる創傷治癒因子としてのリゾホスファチジン酸,
日本薬学会第130年会 講演要旨集3, 85, 2010年3月.
178. 盛重 純一, 田中 保, 里内 清, 小池 透 :
リン酸捕獲試薬,Phos-tagを用いた生理活性リゾリン脂質の分析法の開発,
広島バイオテクノロジー研究成果発表会, 2010年3月.
179. 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 木下 正文, 足立 美佳, 盛重 純一, 德村 彰, 田中 保, 里内 清 :
消化管で生じるリゾホスファチジン酸の胃粘膜への作用,
日本農芸化学会中四国支部第26回講演会, 36, 2010年1月.
180. 足立 美佳, 盛重 純一, 田中 保, 寺尾 純二, 里内 清, 德村 彰 :
食品素材や漢方薬に含まれるリゾホスファチジン酸のラットストレス性胃潰瘍に対する抑制作用,
第48回日本薬学会/日本薬剤師会/日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
181. 猪野 真基, 大園 翔平, 清水 嘉文, 上田 香織, Tamotsu Tanaka and Akira Tokumura :
ラット血漿におけるリゾホスホリパーゼDによる生理活性リン脂質LPA産生に及ぼす副腎摘出の影響,
第48回日本薬学会/日本薬剤師会/日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, Nov. 2009.
182. 足立 美佳, 盛重 純一, 田中 保, 寺尾 純二, 里内 清, 德村 彰 :
水浸拘束ストレス負荷によるラット胃潰瘍形成に及ぼす食物やリゾホスファチジン酸の抑制効果,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
183. 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 田中 保, 小池 透, 里内 清 :
リン酸捕獲試薬,Phos-tagを用いた生理活性リン酸モノエステル型リゾリン脂質の分析,
第82回日本生化学大会, 2009年10月.
184. 田中 保, 近藤 宏樹, 木下 正文, 足立 美佳, 瓜倉 真衣, 盛重 純一, 里内 清, 德村 彰 :
野菜の消化で生じるリゾホスファチジン酸,
日本脂質栄養学会第18回大会, Vol.18, 180, 2009年9月.
185. 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 田中 保, 小池 透, 里内 清 :
リン酸捕獲試薬,Phos-tagを用いた生理活性リン酸モノエステル型リゾリン脂質の分析,
第51回日本脂質生化学会, 23, 2009年7月.
186. 片山 貴大, 西本 真梨子, 清水 嘉文, 稲葉 麻衣子, 田中 保, 德村 彰 :
リゾリン脂質メディエーターのラット大動脈血管平滑筋細胞表面への露出と細胞外への遊離,
日本薬学会第130年会, 3-121, 2009年3月.
187. 三木 敏史, 清水 嘉文, 井上 友希子, 田中 保, 德村 彰 :
多価不飽和脂肪酸含有リゾホスファチジルコリンのリポキシゲナーゼ誘導か参加反応に伴い生成する二次成績体の構造解析,
日本薬学会第130年会, 3-121, 2009年3月.
188. 木下 正文, 近藤 宏樹, 足立 美佳, 瓜倉 真衣, 盛重 純一, 里内 清, 田中 保, 德村 彰 :
キャベツの摂取によって胃の中で生じる創傷治癒因子としてのリゾホスファチジン酸,
日本薬学会第130年会, 3-85, 2009年3月.
189. 田中 保, 近藤 宏樹, 新宅 友則, 木下 正文, 盛重 純一, 里内 清, 德村 彰 :
食品の消化で生じるリゾホスファチジン酸による消化管組織修復,
日本農芸化学会2009年度大会 講演要旨集, 202, 2009年3月.
190. 盛重 純一, 高木 晴子, 瓜倉 真衣, 平野 薫, 里内 清, 田中 保, 小池 透 :
Phos-tagを用いたスフィンゴシン-1-リン酸の質量分析計による定量法の開発,
第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会 合同大会 講演要旨集, 175, 2008年12月.
191. 德村 彰, 足立 美佳, 稲葉 真衣子, 室田 佳恵子, 田中 保, 寺尾 純二 :
消化器系の管腔側から作用するリゾリン脂質の生理的および病態生理的役割,
第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会 合同大会 講演要旨集, 175, 2008年12月.
192. 田中 保, 堀内 剛, 近藤 宏樹, 松岡 恵, 盛重 純一, 平野 薫, 里内 清, 德村 彰, 小池 透 :
キャベツの消化プロセスで生じる創傷治癒ホルモン・リゾホスファチジン酸による消化管組織修復,
日本農芸化学会2008年度中四国支部大会 講演要旨集, 40, 2008年9月.
193. 高木 晴子, 瓜倉 真衣, 盛重 純一, 平野 薫, 里内 清, 田中 保, 小池 透 :
リン酸捕獲試薬,Phos-tagを用いたスフィンゴシンー1-リン酸の質量分析計による分析,
日本農芸化学会2008年度中国四国支部大会 講演要旨集, 27, 2008年9月.
194. 里内 清, 田中 保, 德村 彰 :
食品からのリゾホスファチジン酸による胃粘膜保護,
脂質生化学会研究, Vol.50, p12, 2008年6月.
195. 盛重 純一, 田中 保, 平野 薫, 里内 清 :
コノテガシワ種子に含まれるジュニペロン酸の細胞増殖抑制作用,
第49回日本生化学会 中国・四国支部例会講演要旨集, 67, 2008年5月.
196. 田中 保 :
消化プロセスで生じる創傷治癒ホルモンに基づいた抗胃腸傷害食の設計,
第4回農芸化学研究企画賞受賞者中間報告会, 講演要旨集, 3, 2008年3月.
197. 田中 保, 堀内 剛, 平野 薫, 里内 清, 徳村 彰 :
Effect of lysophosphatidic acid in digested cabbage leaf on damaged tissue,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 講演要旨集, 731, 2007年12月.
198. 炭山 隆雄, 平野 薫, 田中 保, 里内 清, 松崎 浩明 :
線虫(C. elegans)に見出されたホスホリパーゼA1,
日本農芸化学会2007年度中国四国支部大会, 講演要旨集, 35, 2007年9月.
199. 田中 保, 堀内 剛, 平野 薫, 徳村 彰, 里内 清 :
食品に含まれる創傷治癒ホルモン・リゾホスファチジン酸,
日本脂質栄養学会第16回大会 脂質栄養学, Vol.16, 164, 2007年9月.
200. 平野 薫, 吉積 一真, 辻 智子, 田中 保, 里内 清 :
ウコギ葉サポニンによるリパーゼ阻害と抗肥満作用,
第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 講演抄録, 56, 2007年5月.
201. 田中 保, 堀内 剛, 平野 薫, 徳村 彰, 盛重 純一 :
消化プロセスで生じる創傷治癒ホルモン・リゾホスファチジン酸による消化管組織修復,
第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 講演抄録, p51, 2007年5月.

その他・研究会:

1. Tamotsu Tanaka :
Study on glycosylinositolphosphoceramide-phospholipase D in plants,
Research topics on plant lipids, Konan Research Institute Invited Seminar Series on Bioscience, Jul. 2018.
2. Tamotsu Tanaka :
Bioactive phospholipid formed during digestion of plant foodstuffs and their effectson gastrointestinal integrity,
Recent Advance in Pharmaceutical Research and Development, Nov. 2013.

報告書:

1. 植野 美彦, 関 陽介, 依岡 隆児, 和泉 唯信, 二川 健, 岡久 玲子, 石丸 直澄, 尾崎 和美, 田中 秀治, 寺田 賢治, 田中 保, 古屋 S. 玲, 上岡 麻衣子 :
令和3年度 徳島大学高等教育研究センターアドミッション部門 報告書,
令和3年度 徳島大学高等教育研究センターアドミッション部門 報告書, 2022年3月.
2. 田中 保 :
創傷治癒性メディエーターを活性成分とする抗アスピリン潰瘍食の開発,
財団法人旗影会研究助成 報告書, 2012年.
3. 田中 保 :
抗消化管潰瘍機能の強化を目的とした大豆レシチンの加工に関する研究,
飯島記念食品科学振興財団 平成20年度学術研究助成金, 2010年.
4. 里内 清, 村上 薫, 田中 保, 太田 雅也, 池口 陽子 :
福山大学生命工学部での線虫C. elegans研究,
財)日本産業科学研究所 研究報告, Vol.11, 65-75, 2002年.
5. 田中 保 :
ポリメチレン中断型脂肪酸の代謝と生理作用,
杉山産業化学研究所年報, 85-99, 2002年.
6. 里内 清, 田中 保, 平野 薫 :
黒大豆よりのリパーゼ阻害タンパク質に関する研究,
平成11,12年農林水産省農林水産業特別試験研究結果概要書, 14-17, 2001年.

特許:

1. 里内 清, 田中 保, 平野 薫 : 生理活性リゾリン脂質の分析方法, 特願2007-504730, .
2. 里内 清, Tamotsu Tanaka and 平野 薫 : Methods of analyzing physiologically active lysophospholipid, PCT Int. Appl. 2006:885730, .
3. 吉積 一真, 辻 智子, 安藤 英広, 田中 保, 里内 清 : リパーゼ阻害剤, 特願2005-171561, .
4. 吉積 一真, 辻 智子, 安藤 英広, 田中 保, 里内 清 : 新規3,4-seco-lupane型トリテルペノイドサポニン化合物, 特願2005-171553, .
5. 田中 保, 高井 誠道 : セラミドの製造方法, (2021年9月), (2022年9月), 特許第05152021JP号 (2021年9月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 極長鎖脂肪酸の可溶化技術に基づくペルオキシソーム病の病理解明 (研究課題/領域番号: 22K06114 )
  • 植物性食品に見出された植物型セラミド1-リン酸の消化吸収と生理作用の解析 (研究課題/領域番号: 19K05863 )
  • 微弱電流処理による植物の形質制御システムの開発 (研究課題/領域番号: 17K19241 )
  • 微弱電流によるナノ粒子の腫瘍内浸透・細胞取込み亢進による革新的がん治療技術の確立 (研究課題/領域番号: 17H03976 )
  • リン脂質誘導性ムチン小胞の分泌現象を利用した胃粘液増強食に関する研究 (研究課題/領域番号: 15K07430 )
  • モンゴル民族の伝統薬物調査とその有効利用に関する研究(第2次) (研究課題/領域番号: 26305003 )
  • 植物性リン脂質の消化管粘膜維持作用に関する研究 (研究課題/領域番号: 24580185 )
  • 新規膜結合リゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸産生と口腔粘膜保護 (研究課題/領域番号: 23590079 )
  • 食品の消化に伴って生じる消化管粘膜維持因子に関する研究 (研究課題/領域番号: 21580141 )
  • 野菜の消化プロセスで生じる創傷治癒ホルモンによる消化管創傷修復 (研究課題/領域番号: 19580155 )
  • 野菜に含まれる創傷治癒成分・リゾホスファチジン酸による消化管組織修復 (研究課題/領域番号: 17580120 )
  • イノシトールリン脂質の分子種改変に伴う細胞機能変化の解析 (研究課題/領域番号: 12771422 )
  • 研究者番号(90258301)による検索