検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 生理系 > 薬理学 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 病態情報医学講座 > 薬理学分野 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 病態情報医学講座 >
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 生理系 > 薬理学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804001 慢性炎症を分子基盤とした肥満・糖尿病および多臓器合併症の病態解明と治療法開発 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

薬理学 (Pharmacology), 循環器内科学 (Cardiovascular Medicine), 心血管内分泌代謝学 (Cardiovascular Endocrinology and Metabolism)

研究テーマ

心血管・内分泌代謝疾患における鉄作用, 鉄を標的とした新規治療法の開発, 心血管疾患における性ホルモン,特に男性ホルモンの意義 (鉄 (ferrum), アンドロゲン (androgen))

著書・論文

著書:

1. 池田 康将, 堀ノ内 裕也 :
8章 血液・造血器・リンパ系( 新しい薬理学),
西村書店, 2018年5月.
2. 池田 康将, 玉置 俊晃 :
Annual Review2015腎臓---腎疾患と鉄代謝異常---,
株式会社 中外医学社, 2015年1月.
3. 宮本 理人, 山根 萌, 冨田 洋輔, 石澤 啓介, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ヒト腎糸球体内皮細胞における亜硝酸塩によるAMPK-eNOS活性化経路の検討,
株式会社 東京医学社, 2014年10月.
4. 池田 康将, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- 脂肪組織肥大進展における鉄キレート剤の効果 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
5. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- NitrosonifedipineはangiotensinⅡによるマウス血管リモデリングを抑制する ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
6. 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- 亜硝酸塩による腎保護作用 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
7. 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 久住 祥子, 堀ノ内 裕也, 八木 祐子, 櫻田 巧, 石澤 啓介, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第10集, --- アンジオテンシンII刺激による細胞内遊離鉄を介した酸化ストレス増強機構 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2010年6月.

学術論文(審査論文):

1. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Mitsuhiro Goda, Keijo Fukushima, Seiji Kishi, Masayuki Chuma, Michiko Yamashita, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Izawa-Ishizawa Yuki, Licht Miyamoto, Ishizawa Keisuke, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki, Ken-ichi Aihara and Koichiro Tsuchiya :
Diphenhydramine may be a preventive medicine against cisplatin-induced kidney toxicity,
Kidney International, 2020.
2. Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Tetsuya Shiuchi, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Masaki Imanishi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deletion of H-ferritin in macrophages alleviates obesity and diabetes induced by high-fat diet in mice,
Diabetologia, Vol.63, No.8, 1588-1602, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114409,   DOI: 10.1007/s00125-020-05153-0,   PubMed: 32430665,   Elsevier: Scopus)
3. Masaki Imanishi, Yusuke Yamakawa, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Akiko Maegawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Masateru Kondo, Masatoshi Kishuku, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Hiromichi Fujino, Koichi Tsuneyama and Keisuke Ishizawa :
Fibroblast-specific ERK5 deficiency changes tumor vasculature and exacerbates tumor progression in a mouse model.,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.393, No.7, 1239-1250, 2020.
(DOI: 10.1007/s00210-020-01859-5,   PubMed: 32307577)
4. Tatsuya Tsuda, Masaki Imanishi, Mizuho Oogoshi, Mitsuhiro Goda, Yoshitaka Kihira, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Ichiro Hashimoto, Toshiaki Tamaki and Yuki Izawa-Ishizawa :
Rho-associated protein kinase and cyclophilin a are involved in inorganic phosphate-induced calcification signaling in vascular smooth muscle cells.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.142, No.3, 109-115, 2019.
(DOI: 10.1016/j.jphs.2019.12.005,   PubMed: 31882204)
5. Hirofumi Hamano, Takahiro Niimua, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keijo Fukushima, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yasumasa Ikeda :
Proton pump inhibitors block iron absorption through direct regulation of hepcidin via the aryl hydrocarbon receptor-mediated pathway,
Toxicology Letters, Vol.318, 86-91, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113812,   DOI: 10.1016/j.toxlet.2019.10.016,   PubMed: 31669099)
6. Yasumasa Ikeda, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Hirofumi Hamano, Hiroaki Watanabe, Mizuki Imao, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Hirayama Tasuku, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron accumulation causes impaired myogenesis correlated with MAPK signaling pathway inhibition by oxidative stress,
The FASEB journal, Vol.33, No.8, 9551-9564, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113746,   DOI: 10.1096/fj.201802724RR,   PubMed: 31145863)
7. Hirofumi Hamano, Marin Mitsui, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Takahiro Nimura, Naoto Okada, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Hiroaki Yanagawa, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Irinotecan-induced neutropenia is reduced by oral alkalization drugs: analysis using retrospective chart reviews and the spontaneous reporting database.,
Supportive Care in Cancer, Vol.27, No.3, 849-856, 2019.
(DOI: 10.1007/s00520-018-4367-y,   PubMed: 30062585)
8. Masateru Kondo, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Yoichi Murai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Xanthine Oxidase Inhibition by Febuxostat in Macrophages Suppresses Angiotensin II-induced Aortic Fibrosis.,
American Journal of Hypertension, Vol.32, No.3, 249-256, 2019.
(DOI: 10.1093/ajh/hpy157,   PubMed: 30351343)
9. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Toya Hiroki, Nagao Tomoko, Marin Morishita, Koichi Tsuneyama, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Kenshi Takechi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of a novel aortic dissection mouse model and evaluation of drug efficacy using in-vivo assays and database analyses.,
Journal of Hypertension, Vol.37, No.1, 73-83, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113264,   DOI: 10.1097/HJH.0000000000001898,   PubMed: 30303488)
10. Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, T Sakurada, Y Kohara, Yuya Horinouchi, E Sairyo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, M Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Suppresses Pharmacologically Induced Aortic Aneurysm Formation.,
Pharmacology, Vol.102, No.5-6, 281-286, 2018.
(DOI: 10.1159/000492577,   PubMed: 30253416,   Elsevier: Scopus)
11. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Hirofumi Hamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of a factor Xa inhibitor: fusion of basic research and a database analysis.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112445,   DOI: 10.1038/s41598-018-29008-2,   PubMed: 30022146)
12. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The uremic toxin indoxyl sulfate interferes with iron metabolism by regulating hepcidin in chronic kidney disease,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.33, No.4, 586-597, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 110922,   DOI: 10.1093/ndt/gfx252,   PubMed: 28992067)
13. Wenting Xu, Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yuki Tsuchihashi, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Methanol extraction fraction from Citrus Sudachi peel exerts lipid reducing effects in cultured cells.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 225-230, 2018.
(DOI: 10.2152/jmi.65.225,   PubMed: 30282865)
14. Katsunori Tsuda, Licht Miyamoto, Shuichi Hamano, Yuri Morimoto, Yumi Kangawa, Chika Fukue, Yoko Kagawa, Yuya Horinouchi, Wenting Xu, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Mechanisms of the pH- and Oxygen-Dependent Oxidation Activities of Artesunate.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.4, 555-563, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00855,   PubMed: 29607928)
15. Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Masashi Miyake, Tadashi Koga, Keisaku Harada, Ayako Ohshima, Toru Imai, Yutaka Kondo, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa :
Hydrocortisone administration was associated with improved survival in Japanese patients with cardiac arrest.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112397,   DOI: 10.1038/s41598-017-17686-3,   PubMed: 29263333)
16. Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hamano Hirofumi, Hirayama Tasuku, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Hideko Nagasawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary iron restriction alleviates renal tubulointerstitial injury induced by protein overload in mice,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 10621, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112368,   DOI: 10.1038/s41598-017-11089-0,   PubMed: 28878231)
17. Takeshi Mitsuhashi, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Toshio Matsumoto, Masashi Akaike and Ken-ichi Aihara :
Endothelial Nitric Oxide Synthase-Independent Pleiotropic Effects of Pitavastatin Against Atherogenesis and Limb Ischemia in Mice.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017.
(DOI: 10.5551/jat.37747,   PubMed: 28592707)
18. Kiyoe Kurahashi, Seika Inoue, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Kana Morimoto, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takeshi Kondo, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masato Miyake, Seiichi Oyadomari, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe, Hiroshi Sakaue and Ken-ichi Aihara :
The Role of Heparin Cofactor in the Regulation of Insulin Sensitivity and Maintenance of Glucose Homeostasis in Humans and Mice.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110925,   DOI: 10.5551/jat.37739,   PubMed: 28502917)
19. Keisuke Oshima, Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hiroaki Watanabe, Hirofumi Hamano, Yoshitaka Kihira, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Tasuku Hirayama, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron suppresses erythropoietin expression via oxidative stress-dependent hypoxia-inducible factor-2 alpha inactivation,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.97, No.5, 555-566, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113749,   DOI: 10.1038/labinvest.2017.11,   PubMed: 28263291)
20. Yutaka Fukunaga, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Eriko Sairyo, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Yoshiro Abe, Ichiro Hashimoto and Toshiaki Tamaki :
Topical Application of Nitrosonifedipine, a Novel Radical Scavenger, Ameliorates Ischemic Skin Flap Necrosis in a Mouse Model.,
Wound Repair and Regeneration, Vol.25, No.2, 217-223, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110118,   DOI: 10.1111/wrr.12510,   PubMed: 28090711)
21. Yasumasa Ikeda, Mizuki Imao, Akiho Satoh, Hiroaki Watanabe, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron-induced skeletal muscle atrophy involves an Akt-forkhead box O3-E3 ubiquitin ligase-dependent pathway,
Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, Vol.35, No.5, 66-76, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113750,   DOI: 10.1016/j.jtemb.2016.01.011,   PubMed: 27049128)
22. Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bilirubin exerts pro-angiogenic effects through an Akt-eNOS-dependent pathway,
Hypertension Research, Vol.38, No.11, 733-740, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 113751,   DOI: 10.1038/hr.2015.74,   PubMed: 26134126,   Elsevier: Scopus)
23. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II alters the expression of duodenal iron transporters, hepatic hepcidin, and body iron distribution in mice,
European Journal of Nutrition, Vol.54, No.5, 709-719, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 113753,   DOI: 10.1007/s00394-014-0749-1,   PubMed: 25096756,   Elsevier: Scopus)
24. Yoshitaka Kihira, Ariunzaya Burentogtokh, Mari Itoh, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia decreases glucagon-like peptide-1 secretion from GLUTag cell line,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.4, 514-521, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109948,   DOI: 10.1248/bpb.b14-00612,   PubMed: 25832631,   CiNii: 130005062264,   Elsevier: Scopus)
25. Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
A Long-Term High-Fat Diet Changes Iron Distribution in Body, Increasing Iron Accumulation Specifically in the Mouse Spleen,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.1, 20-27, 2015.
(DOI: 10.3177/jnsv.61.20,   PubMed: 25994136,   CiNii: 40020377946,   Elsevier: Scopus)
26. Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Masaki Ueno, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Smooth muscle cell specific Hif-1 deficiency suppresses angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
Cardiovascular Research, Vol.102, No.3, 460-468, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106145,   DOI: 10.1093/cvr/cvu061,   PubMed: 24623277,   Elsevier: Scopus)
27. Yuko Imamura, Shuhei Tomita, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
HIF-2α/ARNT complex regulates hair development via induction of p21Waf1/Cip1 and p27Kip1,
The FASEB journal, Vol.28, No.6, 2517-2524, 2014.
(DOI: 10.1096/fj.13-244079,   PubMed: 24599965,   Elsevier: Scopus)
28. Atsushi Morimoto, Shuhei Tomita, Masaki Imanishi, Go Shioi, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuru Takaku, Ichiro Hashimoto, Yasumasa Ikeda, Hideki Nakanishi and Toshiaki Tamaki :
Overexpressed HIF-2α in Endothelial Cells Promotes Vascularization and Improves Random Pattern Skin Flap Survival.,
Plastic and Reconstructive Surgery. Global Open, Vol.2, No.4, e132, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106138,   DOI: 10.1097/GOX.0000000000000083,   PubMed: 25289325,   Elsevier: Scopus)
29. Yoshitaka Kihira, Mariko Miyake, Manami Hirata, Yoji Hoshina, Kana Kato, Hitoshi Shirakawa, Hiroshi Sakaue, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Deletion of hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes enhances glucagon-like peptide-1 secretion and reduces adipose tissue inflammation.,
PLoS ONE, Vol.9, No.4, e93856, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0093856,   PubMed: 24705496,   Elsevier: Scopus)
30. Yasumasa Ikeda, Iori Ozono, Soichro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron chelation by deferoxamine prevents renal interstitial fibrosis in mice with unilateral ureteral obstruction,
PLoS ONE, Vol.9, No.2, e89355, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 113752,   DOI: 10.1371/journal.pone.0089355,   PubMed: 24586712,   Elsevier: Scopus)
31. Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Noriko Yamano, Maki Urushihara, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Asami Nuno, Licht Miyamoto, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shoji Kagami, Hiroyuki Kobori, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates the progression of type 2 diabetic nephropathy by exerting antioxidative effects,
PLoS ONE, Vol.9, No.1, e86335, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0086335,   PubMed: 24489716,   Elsevier: Scopus)
32. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo-Ueda, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yasuhiro Mouri, Matomo Sakari, Takahiro Matsumoto, Ken-ichi Takeyama, Masashi Akaike, Mitsuru Matsumoto, Masataka Sata, Kenneth Walsh, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling.,
Circulation, Vol.128, No.1, 60-71, 2013.
(DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.113.001533,   PubMed: 23723256)
33. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary iron restriction inhibits progression of diabetic nephropathy in db/db mice.,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.304, No.7, F1028-F1036, 2013.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00473.2012,   PubMed: 23389454)
34. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bovine milk-derived lactoferrin exerts proangiogenic effects in an Src-Akt-eNOS-dependent manner in response to ischemia,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.61, No.5, 423-429, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 113754,   DOI: 10.1097/FJC.0b013e318287d526,   PubMed: 23364610)
35. Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Shoko Fujii, Erika Tominaga, Teppei Tsuneishi, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Ken-ichi Aihara, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.386, No.1, 29-39, 2013.
(DOI: 10.1007/s00210-012-0810-7,   PubMed: 23149861,   Elsevier: Scopus)
36. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Licht Miyamoto, Shoko Fujii, Hironori Taira, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker improves tumor necrosis factor-α-induced cytotoxicity via antioxidative effect in human glomerular endothelial cells,
Pharmacology, Vol.90, No.5-6, 324-331, 2012.
(DOI: 10.1159/000343244,   PubMed: 23052181,   Elsevier: Scopus)
37. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeaki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, promotes angiogenesis via activation of the AMP-activated protein kinase-endothelial nitric-oxide synthase signaling pathway,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.41, 34256-34263, 2012.
(DOI: 10.1074/jbc.M112.353532,   PubMed: 22904320)
38. Mitsuru Takaku, Shuhei Tomita, Hirotsugu Kurobe, Yoshitaka Kihira, Atsushi Morimoto, Mayuko Higashida, Yasumasa Ikeda, Akira Ushiyama, Ichiro Hashimoto, Hideki Nakanishi and Toshiaki Tamaki :
Systemic Preconditioning by a Prolyl Hydroxylase Inhibitor Promotes Prevention of Skin Flap Necrosis via HIF-1-Induced Bone Marrow-Derived Cells.,
PLoS ONE, Vol.7, No.8, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 105965,   DOI: 10.1371/journal.pone.0042964,   PubMed: 22880134)
39. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Estrogen regulates hepcidin expression via GPR30-BMP6-dependent signaling in hepatocytes,
PLoS ONE, Vol.7, No.7, e40465, 2012.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0040465,   PubMed: 22792339,   Elsevier: Scopus)
40. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
ロスバスタチンによる脂質低下作用非依存的な形態的および機能的頸動脈硬化改善作用,
Progress in Medicine, Vol.32, No.2, 315-320, 2012年.
41. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Kaori Sawada, Noriko Yamano, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron reduction by deferoxamine leads to amelioration of adiposity via the regulation of oxidative stress and inflammation in obese and type 2 diabetes KKAy mice.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.302, No.1, E77-86, 2012.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00033.2011,   PubMed: 21917632)
42. Yoshitaka Kihira, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Basic fibroblast growth factor regulates glucose metabolism through glucose transporter 1 induced by hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes,
The International Journal of Biochemistry & Cell Biology, Vol.43, No.11, 1602-1611, 2011.
(DOI: 10.1016/j.biocel.2011.07.009,   PubMed: 21810481)
43. Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Masaki Imanishi, Yayoi Fukuhara, Yuko Imamura, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Pathophysiological Response to Hypoxia From the Molecular Mechanisms of Malady to Drug Discovery: Inflammatory Responses of Hypoxia-Inducible Factor 1 (HIF-1) in T Cells Observed in Development of Vascular Remodeling,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 433-439, 2011.
(DOI: 10.1254/jphs.10R22FM,   PubMed: 21422726,   Elsevier: Scopus)
44. Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Yoshichika Kawai, Junji Terao, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Pharmacology in health food: Metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against arteriosclerosis,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 466-470, 2011.
(DOI: 10.1254/jphs.10R38FM,   PubMed: 21436601)
45. Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yuko Matsuda, Kozo Shishido, Masahiro Yoshida, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.2, 208-214, 2011.
(DOI: 10.1248/cpb.59.208,   PubMed: 21297301,   Elsevier: Scopus)
46. Yayoi Fukuhara, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Protective effect of photodegradation product of nifedipine against tumor necrosis factor alpha-induced oxidative stress in human glomerular endothelial cells,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1, 2, 118-126, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 72667,   DOI: 10.2152/jmi.58.118,   PubMed: 21372496,   CiNii: 130004465233)
47. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Sumiko Yoshida, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine promotes angiogenesis via the activation of vascular endothelial cell function.,
Atherosclerosis, Vol.215, No.2, 339-347, 2011.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2011.01.009,   PubMed: 21315355)
48. Shunji Hashizume, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Activation of peroxisome proliferator-activated receptor α in megakaryocytes reduces platelet-derived growth factor-BB in platelets.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.18, No.2, 138-147, 2011.
(DOI: 10.5551/jat.5868,   PubMed: 21060209)
49. Takayuki Ise, Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Plasma heparin cofactor II activity is inversely associated with left atrial volume and diastolic dysfunction in humans with cardiovascular risk factors.,
Hypertension Research, Vol.34, No.2, 225-231, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.211,   PubMed: 21107326)
50. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Kazue Ishikawa, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
High plasma aldosterone concentration is a novel risk factor of cognitive impairment in patients with hypertension.,
Hypertension Research, Vol.34, No.1, 74-78, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.179,   PubMed: 20861841)
51. Yuka Sumitomo-Ueda, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Ryoko Uemoto, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Yoichiro Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II protects against angiotensin II-induced cardiac remodeling via attenuation of oxidative stress in mice.,
Hypertension, Vol.56, No.3, 430-436, 2010.
(DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.110.152207,   PubMed: 20660821)
52. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Ryoko Uemoto, Yuka Sumitomo-Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Susumu Nishio, Hiromi Kawano, Junko Miki, Hirotsugu Yamada, Yoichiro Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is inversely associated with sex-dependent diverse carotid atherosclerosis regardless of endothelial function.,
Atherosclerosis, Vol.212, No.1, 310-315, 2010.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.05.011,   PubMed: 20627295)
53. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Takashi Sato, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Hiroyuki Azuma, Kenneth Walsh, Toshiaki Tamaki, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor counteracts Doxorubicin-induced cardiotoxicity in male mice.,
Molecular Endocrinology, Vol.24, No.7, 1338-1348, 2010.
(DOI: 10.1210/me.2009-0402,   PubMed: 20501642)
54. Soichiro Tajima, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Effect of angiotensin II on iron-transporting protein expression and subsequent intracellular labile iron concentration in human glomerular endothelial cells,
Hypertension Research, Vol.33, No.7, 713-721, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.63,   PubMed: 20431588,   Elsevier: Scopus)
55. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Kazue Ishikawa, Takashi Iwase, Yasumasa Ikeda, Takeshi Soeki, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo-Ueda, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Endothelial nitric oxide synthase-independent protective action of statin against angiotensin II-induced atrial remodeling via reduced oxidant injury.,
Hypertension, Vol.55, No.4, 918-923, 2010.
(DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.109.146076,   PubMed: 20194307)
56. Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Erika Miki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker attenuates PDGF-induced mesangial cell migration in a receptor-independent manner,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.25, No.2, 364-372, 2010.
(DOI: 10.1093/ndt/gfp520,   PubMed: 19812233)
57. Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira and Toshiaki Tamaki :
Dietary nitrite ameliorates renal injury in l-NAME-induced hypertensive rats,
Nitric Oxide: Biology and Chemistry, Vol.22, No.2, 98-103, 2010.
(DOI: 10.1016/j.niox.2009.12.002,   PubMed: 20005970)
58. Masatomo Mihara, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Kiyoe Kurahashi, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Inhibition of thrombin action ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice.,
Endocrinology, Vol.151, No.2, 513-519, 2009.
(DOI: 10.1210/en.2009-0661,   PubMed: 19966184)
59. Yasumasa Ikeda, Kaori Sato, R David Pimentel, Flora Sam, J Reuben Shaw, B Jason R Dyck and Kenneth Walsh :
Cardiac-specific deletion of LKB1 leads to hypertrophy and dysfunction.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.284, No.51, 35839-35849, 2009.
(DOI: 10.1074/jbc.M109.057273,   PubMed: 19828446)
60. Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Shunji Hashizume, Ken-ichi Aihara, Takeshi Nishiuchi, Yoshio Yasumura and Toshio Matsumoto :
Decrease in plasma brain natriuretic peptide level in the early phase after the start of carvedilol therapy is a novel predictor of long-term outcome in patients with chronic heart failure.,
Acta Cardiologica, Vol.64, No.5, 589-595, 2009.
(DOI: 10.2143/AC.64.5.2042687,   PubMed: 20058503)
61. Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Rika Sugimoto, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibitory effects of adiponectin on platelet-derived growth factor-induced mesangial cell migration,
The Journal of Endocrinology, Vol.202, No.2, 309-316, 2009.
(DOI: 10.1677/JOE-08-0469,   PubMed: 19460854)
62. Ross Summer, A Christopher Fiack, Yasumasa Ikeda, Kaori Sato, Daniel Dwyer, Noriyuki Ouchi, Alan Fine, W Harrison Farber and Kenneth Walsh :
Adiponectin deficiency: a model of pulmonary hypertension associated with pulmonary vascular disease.,
American Journal of Physiology. Lung Cellular and Molecular Physiology, Vol.297, No.3, L432-8, 2009.
(DOI: 10.1152/ajplung.90599.2008,   PubMed: 19561137)
63. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Nobuyuki Takamori, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Masataka Sata, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is an independent protective factor against peripheral arterial disease in elderly subjects with cardiovascular risk factors.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.16, No.2, 127-134, 2009.
(DOI: 10.5551/jat.E695,   PubMed: 19403987)
64. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takashi Sato, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo, Takayuki Ise, Kazue Ishikawa, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen-androgen receptor system protects against angiotensin II-induced vascular remodeling.,
Endocrinology, Vol.150, No.6, 2857-2864, 2009.
(DOI: 10.1210/en.2008-1254,   PubMed: 19196803)
65. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 上田 由佳, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 近藤 彰, 田村 克也, 松本 俊夫 :
アンジオテンシンII受容体拮抗薬バルサルタンのNO bioavailability改善効果に関する臨床的検討,
Progress in Medicine, Vol.29, No.7, 1777-1782, 2009年.
66. Shusuke Yagi, Masahi Akaike, Mitsunori Fujimura, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Atsushi Kurushima, Youichi Ichikawa, Tetsuya Kitagawa, Takehiko Kimura, Takeshi Nishiuchi and Toshio Matsumoto :
Infective endocarditis caused by lactobacillus.,
Internal Medicine, Vol.47, No.12, 1113-1116, 2008.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.47.0744,   PubMed: 18552468)
67. Yasumasa Ikeda, Koji Ohashi, Rei Shibata, R David Pimentel, Shinji Kihara, Noriyuki Ouchi and Kenneth Walsh :
Cyclooxygenase-2 induction by adiponectin is regulated by a sphingosine kinase-1 dependent mechanism in cardiac myocytes.,
FEBS Letters, Vol.582, No.7, 1147-1150, 2008.
(DOI: 10.1016/j.febslet.2008.03.002,   PubMed: 18339320)
68. 赤池 雅史, 小原 卓爾, 日浅 光春, 藤村 光則, 加藤 みどり, 横井 健治, 小島 章裕, 岡崎 誠司, 井内 貴彦, 井上 利彦, 住友 由佳, 八木 秀介, 池田 康将, 岩瀬 俊, 粟飯原 賢一, 東 博之 :
高コレステロール血症患者に対するピタバスタチンの有効性 総合的脂質プロファイルに関する検討,
Progress in Medicine, Vol.28, No.11, 2745-2751, 2008年.
69. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo, Sumiko Yoshida, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Pitavastatin, an HMG-CoA reductase inhibitor, exerts eNOS-independent protective actions against angiotensin II induced cardiovascular remodeling and renal insufficiency.,
Circulation Research, Vol.102, No.1, 68-76, 2007.
(DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.107.163493,   PubMed: 17967781)
70. Shusuke Yagi, Masashi Akaike, Shuji Ozaki, Chikako Moriya, Kyoko Takeuchi, Tomoko Hara, Mitsunori Fujimura, Yuka Sumitomo, Takashi Iwase, Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Takehiko Kimura, Takeshi Nishiuchi, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Improvement of cardiac diastolic function and prognosis after autologous peripheral blood stem cell transplantation in AL cardiac amyloidosis.,
Internal Medicine, Vol.46, No.20, 1705-1710, 2007.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.46.0142,   PubMed: 17938525)
71. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Masataka Sata, Nobuyuki Takamori, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo, Hirotaka Kawano, Takashi Yamada, Toru Fukuda, Takahiro Matsumoto, Keisuke Sekine, Takashi Sato, Yuko Nakamichi, Yoko Yamamoto, Kimihiro Yoshimura, Tomoyuki Watanabe, Takashi Nakamura, Akimasa Oomizu, Minoru Tsukada, Hideki Hayashi, Toshiki Sudo, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Strain-dependent embryonic lethality and exaggerated vascular remodeling in heparin cofactor II-deficient mice,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.117, No.6, 1514-1526, 2007.
(DOI: 10.1172/JCI27095,   PubMed: 17549254)
72. Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Hiroshi Yamaguchi, Mitsunori Fujimura, Shunji Hashizume, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Intra-vascular ultrasound findings of diffuse coronary atherosclerotic change in systemic lupus erythematosus with secondary antiphospholipid syndrome,
Circulation Journal, Vol.70, No.8, 1082-1085, 2006.
(DOI: 10.1253/circj.70.1082,   PubMed: 16864946)
73. Tomonori Watanabe, Hiroyuki Fujinaga, Yasumasa Ikeda, Teruo HIgashi, Masaru Murakami, Keiji Kawahara, Ikuo Hayashi, Toshiharu Niki, Toshio Shigekiyo and Tetsuzo Wakatsuki :
Acute myocardial infarction in a patient with essential thrombocythemia who underwent successful stenting. A case report,
Angiology, Vol.56, No.6, 771-774, 2005.
(DOI: 10.1177/000331970505600616,   PubMed: 16327955)
74. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Takashi Sato, Masashi Akaike, Masanori Yoshizumi, Yuki Suzaki, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsunori Fujimura, Shunji Hashizume, Midori Kato, Shusuke Yagi, Toshiaki Tamaki, Hirotaka Kawano, Takahiro Matsumoto, Hiroyuki Azuma, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor gene knockout male mice exhibit impaired cardiac growth and exacerbation of angiotensin II-induced cardiac fibrosis.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.33, 29661-29666, 2005.
(DOI: 10.1074/jbc.M411694200,   PubMed: 15961403)
75. Midori Kato, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takahiko Iuchi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume and Toshio Matsumoto :
Aspirin inhibits thrombin action on endothelial cells via up-regulation of aminopeptidase N/CD13 expression.,
Atherosclerosis, Vol.183, No.1, 49-55, 2005.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2005.03.003,   PubMed: 16216591)
76. Yasumasa Ikeda, Hiroyuki Fujinaga and Toshiharu Niki :
Successful percutaneous coronary intervention for acute myocardial infarction caused by simultaneous occlusion of two major coronary arteries in patients with diabetes mellitus. A report of two cases.,
Acta Cardiologica, Vol.60, No.2, 225-228, 2005.
(DOI: 10.2143/AC.60.2.2005037,   PubMed: 15887482)
77. 山口 普史, 池田 康将, 藤村 光則, 森岡 将臣, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 稲山 真美, 埴淵 昌毅 :
アミオダロン肺合併症との鑑別を要したマイコプラズマ肺炎合併拡張型心筋症の1例,
Progress in Medicine, Vol.25, No.Suppl.1, 1552-1556, 2005年.
78. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Michiko Yamashita, Toshiki Sudo, Hideki Hayashi, Yoshihisa Yamada, Fuminari Endoh, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume, Midori Kato, Kimihiro Yoshimura, Yoko Yamamoto, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Disruption of nuclear vitamin D receptor gene causes enhanced thrombogenicity in mice,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.34, 35798-35802, 2004.
(DOI: 10.1074/jbc.M404865200,   PubMed: 15205460,   CiNii: 80016878495,   Elsevier: Scopus)
79. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Nobuyuki Takamori, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Shunji Hashizume, Midori Kato, Hiroshi Yamaguchi, Shuji Kato, Yasumasa Ikeda, Tomoko Arase, Akira Kondo and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is a novel protective factor against carotid atherosclerosis in elderly individuals.,
Circulation, Vol.109, No.22, 2761-2765, 2004.
(DOI: 10.1161/01.CIR.0000129968.46095.F3,   PubMed: 15148272)
80. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 山口 普史, 池田 康将, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
ビタミンD-ビタミンD受容体システムは生体における血液凝固調節因子である,
第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 420, 2003年.
81. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike, Masahiro Abe, Takashi Sugihara and Toshio Matsumoto :
Successful combination therapy--flunarizine,pentoxifylline, and cholestyramine--for spur cell anemia,
International Journal of Hematology, Vol.73, No.3, 351-355, 2001.
(PubMed: 11345202)

総説・解説:

1. 池田 康将 :
鉄と腎:腎疾患と鉄代謝異常,
腎臓内科, Vol.11, No.2, 146-152, 2020年2月.
(CiNii: 40022165044)
2. 池田 康将, 深田 俊幸 :
序文(特集:必須微量金属研究のパラダイムシフト),
日本薬理学雑誌, Vol.2019, No.6, 309, 2019年12月.
3. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃 :
肥満・糖尿病とその合併症における生体内鉄蓄積と鉄制限による治療応用への可能性,
日本薬理学雑誌, Vol.154, No.6, 316-321, 2019年12月.
4. 池田 康将 :
糖尿病における微量栄養素「鉄」の役割,
四国医学雑誌, Vol.74, No.1,2, 13-20, 2018年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111571,   CiNii: 120006464485)
5. Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda and Ken-ichi Aihara :
Roles of the Androgen - Androgen Receptor System in Vascular Angiogenesis.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.23, No.3, 257-265, Mar. 2016.
(DOI: 10.5551/jat.31047,   PubMed: 26522430,   Elsevier: Scopus)
6. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレス制御を基盤とする新規心腎血管障害治療薬の開発,
薬学雑誌, Vol.134, No.6, 715-719, 2014年6月.
(DOI: 10.1248/yakushi.13-00255-4,   PubMed: 24882646)
7. 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
抗酸化薬,
腎・高血圧の最新治療, Vol.3, No.2, 93-99, 2014年4月.
8. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレス制御を基盤とする新規心腎血管障害治療薬の開発,
薬学雑誌, Vol.134, No.6, 715-719, 2014年.
9. 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病と食事由来金属元素,
糖尿病, Vol.56, No.12, 919-921, 2013年12月.
(CiNii: 40019952227,   Elsevier: Scopus)
10. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineはangiotensin IIによるマウス血管リモデリングを抑制する,
腎とフリーラジカル, Vol.11, 78-81, 2013年1月.
11. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Effects of Statins on Cardiorenal Syndrome.,
International Journal of Vascular Medicine, Vol.2012, 162545, Jun. 2012.
(DOI: 10.1155/2012/162545,   PubMed: 22792467)
12. 池田 康将, 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Iron metabolism in the progression of adipocyte hypertrophy,
細胞, Vol.44, No.6, 282-286, 2012年6月.
13. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Effects of androgens on cardiovascular remodeling.,
The Journal of Endocrinology, Apr. 2012.
(DOI: 10.1530/JOE-12-0126,   PubMed: 22493003)
14. 池田 康将, 田島 壮一郎, 山野 範子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
循環器疾患と糖尿病における生体内鉄の意義,
血管, Vol.34, No.2, 75-85, 2011年7月.
(CiNii: 10029400903)
15. 冨田 修平, 今西 正樹, 櫻田 巧, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃 :
生体の低酸素応答と病態 -血管リモデリングにおける転写因子HIFの関与-,
四国医学雑誌, Vol.67, No.1, 2, 3-6, 2011年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110344,   CiNii: 40018825645)
16. Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Transforming Growth Factor-1 as a Common Target Molecule for Development of Cardiovascular Diseases, Renal Insufficiency and Metabolic Syndrome.,
Cardiology Research and Practice, Vol.2011, 175381, Dec. 2010.
(DOI: 10.4061/2011/175381,   PubMed: 21234356)
17. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 松本 俊夫 :
【慢性心不全の分子機構 新しい治療戦略を求めて】 性ステロイドと心保護作用,
循環器科, Vol.59, No.6, 579-584, 2006年.

国際会議:

1. 宮本 理人, 粟飯原 遥奈, 許文 てい, ジン 美娜, 冨田 洋介, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮からの抗メタボリックシンドローム活性を有する物質の同定,
日本糖尿病学会, 京都,
2. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Development of therapeutic agents using drug discovery tools and large-scale medical information,
FIP2019, Abu Dhabi, Sep. 2019.
3. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Utilizing Real-World Big Data in the Search for New Renoprotective Drugs,
Joint Hypertension 2018 Scientific Sessions, Sep. 2018.
4. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Drug repositioning for post cardiopulmonary resuscitation syndrome using large-scale medical claims,
FIP2018, グラスゴー, Sep. 2018.
5. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of edoxaban, a factor Xa inhibitor,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
6. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, kotoko suzuki, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa and Yasumasa Ikeda :
The effect of quercetin on aortic aneurysms in mice,
WCP2018, Jul. 2018.
7. 濱野 裕章, Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa and Toshiaki Tamaki :
Proton Pump Inhibitor Involves Abnormality of Iron Metabolism through Hepcidin Regulation,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
8. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for drugs that attenuate the anti tumor effect of bevacizumab using adverse event database,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
9. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The effect of iron on skeletal muscle atrophy in chronic kidney disease.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.112, No.1, 204-205, Dec. 2017.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2017.10.323)
10. hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Indoxyl Sulfate Disturbs Normal Iron Metabolism via Hepcidin Upregulation in Chronic Kidney Disease,
ASN Kidney Week 2017 Annual Meeting, Nov. 2017.
11. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Direct activated factor X inhibitor attenuates renal fibrosis on unilateral ureteral obstruction-induced nephrotoxicity.,
53rd Congress of the European Societies of Toxicology (eurotox2017), Sep. 2017.
12. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
FACTOR XA INHIBITOR ATTENUATES RENAL INTERSTITIAL FIBROSIS IN MICE WITH UNILATERAL URETERAL OBSTRUCTION,
THE 13TH CONGRESS OF THE EUROPEAN ASSOCIATION FOR CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS(EACPT2017), Jun. 2017.
13. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, 田淵 正樹, Masaki Imanishi, Mai Takata, Eriko Sairyo, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
NITROSONIFEDIPINE, A NOVEL ANTIOXIDANT, AMELIORATES NEUROLOGICALSYMPTOMS AND PROLONGS THE SURVIVAL IN A MALIGNANT STROKE-PRONE SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
14. Masaki Imanishi, Kyohei Tanaka, Raiki Ikutoh, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
THE EFFECTS OF FEBUXOSTAT ON ANGIOTENSIN II-INDUCED VASCULAR REMODELING,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
15. Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa and Toshiaki Tamaki :
IRON RESTRICTION PREVENTS RENAL TUBULOINTERSTITIAL INJURY INDUCED BY ALBUMIN OVERLOAD IN MICE,
54th ERA-EDTA Congress, Madrid, Jun. 2017.
16. Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa and Toshiaki Tamaki :
DIRECT FACTOR XA INHIBITOR PREVENTS RENAL INTERSTITIAL FIBROSIS IN MICE WITH UNILATERAL URETERAL OBSTRUCTION,
54th ERA-EDTA Congress, Madrid, Jun. 2017.
17. Licht Miyamoto, Fukuta Keisuke, Takahashi Rie, Umemoto Kana, Okuno Hiroko, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Fragrance of aromatic oil from peels of Citrus sudachi causes adipose browning and ameliorates glucose and lipid metabolism,
EMBO workshop, Sitges, Spain, May 2017.
18. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Indoxyl Sulfate Involves Abnormality of Iron Metabolism through Hepcidin Regulation,
Experimental Bioogy 2017, Chicago, Apr. 2017.
19. Koichiro Tsuchiya, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
A limonene-derivative from Sudachi peel activates sirt1 and improves lipid and glucose metabolism in high fat diet-fed mice.,
欧州糖尿病学会, Dec. 2016.
20. Ota Kazuma, Yoshitaka Kihira, Kishibuchi Reina, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda and Toshiaki Tamaki :
Disruption of hypoxia-inducible factor-1a deteriorates renal ischemia-reperfusion injury through dysregulation of Kv2.2-induced apoptosis in tubules.,
ASN KIDNEY WEEK 2016, Chicago, Nov. 2016.
21. Maki Urushihara, T Nagai, Shuji Kondo, Toshiaki Tamaki, Yasumasa Ikeda and Shoji Kagami :
(Pro)renin receptor-mediated ERK1/2 and Wnt signaling pathway in crescent glomerulonephritis.,
Kidney Week 2016, Nov. 2016.
22. Yoshito Zamami, Mitsui Marin, Moriguchi Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Kawasaki Hiromu, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for a preventative therapy for Bevacizumab-induced hypertension using the drug repositioning approach,
7th Scientific Meeting of Asian Society for Vascular Biology, Oct. 2016.
23. Yutaka Fukunaga, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Ichiro Hashimoto :
Topical Application of Nitrosonifedipine, a Novel Free Radical Scavenger, Ameliorate the Ischemic Skin Flap Necrosis,
Plastic Surgery THE MEETING 2016, Los Angeles, Sep. 2016.
24. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Masahiro Abe :
Pleiotropic Effects of Pitavastatin against Vascular Stress in eNOS-deficient Mice,
The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, Tokyo, Jul. 2016.
25. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
The effects of pitavastatin, a lipid-lowering agent, against aortic dissection model mice induced by L-NAME, a nitric oxide synthase inhibitor.,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide/16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan., May 2016.
26. Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa and Toshiaki Tamaki :
The new insight of iron on tissue damage in metabolic disorders.,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide/16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan., May 2016.
27. Koichiro Tsuchiya, Licht Miyamoto, Tomida Yosuke, Yamane Megumi, Tsuda Katsunori, Yasumasa Ikeda and Toshiaki Tamaki :
Dietary nitrite ameliorates glucose tolerance and hyperlipidemia in diet-induced obesity rats.,
The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan / The 9th Internatinal Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. (Seindai, Japan) 2016.5, May 2016.
28. Yasumasa Ikeda, Keisuke Oshima, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The Involvement of Iron Supplementation on Erythropoietin Expression,
Experimental Biology 2016, Apr. 2016.
29. FUKUTA Keisuke, Licht Miyamoto, TAKAHASHI Rie, Toshiaki Tamaki, Yasumasa Ikeda and Koichiro Tsuchiya :
11th IDF-WPR Congress 2016 & 8th AASD Scientific MeetingPosterEessentialoil fromsudachipealimprovesglucoseandlipidmetabolism,
2016.
30. Licht Miyamoto, Yuki Tsuchihashi, Yosuke Tomida, Megumi Yamane, Kazuya Takenokuma, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Dietary nitrite ameliorates glucose tolerance and hyperlipidemia in diet-induced obese rats,
The 6th International Conference on Food Factors, Seoul, Nov. 2015.
31. Yasumasa Ikeda, Hamano Hirofumi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bilirubin Enhances Ischimia-induced Angiogenesis Through Akt-eNOS-Dependent Signaling Pathway,
American Heart Association Scientific Sessions 2015, Orlando, Nov. 2015.
32. 宮本 理人, 粟飯原 遥奈, Wenting Xu, Meina Jin, 冨田 洋介, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 重永 章, 大髙 章, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
リモネン誘導体によるsirt1活性化を介した脂質低下作用,
日本肥満学会,アジアオセアニア糖尿病学会, 名古屋, 2015年10月.
33. Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Wenting Xu, Meina Jin, Yosuke Tomida, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Limonene-derivative Ameliorates Lipid Profiles by Upregulation of Sirt1 Activity and Expression in Cultured Cells and High Fat Diet-Fed Mice,
American diabetes association, Boston, Jun. 2015.
34. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Toya Hiroki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Novel aortic dissection model by pharmacologically-induced endothelial dysfunction,
17th International Congress on Atherosclerosis 2015, Amsterdam, May 2015.
35. Yasumasa Ikeda, Yusuke Kanai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The Effects of Bilirubin on Angiogenesis in Mice with Hindlimb Ischemia,
Experimental Biology 2015, Boston, Mar. 2015.
36. Keisuke Ishizawa, Kohara Yusuke, Sakurada Takumi, Toya Hiroki, Iki Yutaka, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates the progression of aortic aneurysms by exerting antioxidative effects,
ESC Congress 2014, Barcelona, Sep. 2014.
37. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Ferritin induces IL-1 production through inflammasome activation via NF-B-dependent manner in macrophages,
Experimental Biology 2014, San Diego, Apr. 2014.
38. Keisuke Ishizawa, Noriko Yamano, Hiroyuki Kobori, Maki Urushihara, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine prevents the progression of diabetic nephropathy via attenuating the expression of intrarenal angiotensinogen and oxidative stress,
High Blood Pressure Research 2013 Scientific Sessions, Sep. 2013.
39. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor promotes angiogenesis in response to ischemia via activation of VEGF receptor signaling pathway regardless of sex,
ENDO 2013;The Endocrine Society's 95th Annual Meeting & Expo, San Francisco, Jun. 2013.
40. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakiko Doi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Rho-kinase is involved in inorganic phosphate-induced ERK1/2 activation in vascular smooth muscle cells,
World Biotechnology Congress 2013, Jun. 2013.
41. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The effect of dietary iron restriction against diabetic nephropathy in db/db mice,
Experimental Biology 2013, Apr. 2013.
42. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Androgen Receptor is Required for Cellular Survival and Angiogenesis in Response to Ischemia via Activation of VEGF Receptor Signaling Pathway Regardless of Sex,
American Heart Association Scientific Session 2012, Nov. 2012.
43. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masataka Sata, Masashi Akaike, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin Cofactor II Promotes Angiogenesis in Response to Ischemic Hindlimb via an AMPK-eNOS-dependent Manner,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
44. Yusaku Maeda, Shuhei Tomita, Masaki Murakami, Hirotsugu Kurobe, Masaki Imanishi, Yasushi Yoshida, Yoichiro Hirata, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa, Masataka Sata and Toshiaki Tamaki :
Deficiency of Hypoxia Inducible Factor-1a in SM-22a-Expressing Bone Marrow-Derived Cells Alleviates Neointimal Formation Following Wire-induced Vascular Formation,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
45. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron Restriction Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in db/db Mice,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
46. Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-inducible Factor-1a in Vascular Smooth Muscle Cells Regulates Angiotensin -induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Mouse Aortic Media,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
47. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Eicosapentaenoic acid administration ameliorates cardiac remodeling in humans and protects against Ang II-induced cardiovascular remodeling via attenuation of oxidative stress in mice.,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
48. Hideaki Enomoto, Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Protective Effects of Iron-Restricted Food against Diabetic Nephropathy in db/db Mice,
American Heart Association High Blood Pressure Research 2012, Sep. 2012.
49. Shoko Fujii, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yuta Suzuki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in Type II Diabetic Mice,
American Heart Association High Blood Pressure Research 2012, Sep. 2012.
50. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible factor-1a deficiency in smooth muscle cell attenuates angiotensin -induced vascular remodeling in mice,
ISOTT (International Society on Oxygen Transport to Tissue) 2012, Aug. 2012.
51. Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine, a photodegradation product of nifedipine, on diabetic nephropathy in type II diabetic mice,
Experimental Biology 2012, Apr. 2012.
52. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, is a novel regulating factor for glucose metabolism and albuminuria,
Keystone Symposia: Complications of Diabetes: Mechanisms of Injury and Failure of Repair, Mar. 2012.
53. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron restriction prevents progression of diabetic nephropathy,
KEYSTONE SYMPOSIA 40th ANNIVERSARY 1972-2012 Complications of Diabetes: Mechanisms of Injury and Failure of Repair, Mar. 2012.
54. Maeda Yusaku, Shuhei Tomita, Murakami Masaki, Hirotsugu Kurobe, Masaki Imanishi, Yoshida Yasushi, Hirata Yoichiro, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa, Masataka Sata and Toshiaki Tamaki :
Deficiency of Hypoxia Inducible Factor-1 in SM-22-Expressing Bone Marrow-Derived Cells Alleviates Neointimal Formation Following Wire-induced Vascular Formation,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2012, 2012.
55. Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-inducible Factor-1 in Vascular Smooth Muscle Cells Regulates Angiotensin -induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Mouse Aortic Media,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2012, 2012.
56. Fujii Shoko, Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Nuno Asami, Suzuki Yuta, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in Type II Diabetic Mice,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2012 SCIENTIFIC SESSIONS, 2012.
57. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible factor-1 deficiency in smooth muscle cell attenuates angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
The International Society on Oxygen Transport to Tissue 2012, 2012.
58. Sakurada Takumi, Keisuke Ishizawa, Fujii Shoko, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Nuno Asami, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine, a photodegradation product of nifedipine, on diabetic nephropathy in type II diabetic mice,
Experimental Biology 2012, 2012.
59. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Smooth Muscle Cell-Specific Hypoxia-Inducible Factor-1a Deficiency Attenuates Angiotensin II-Induced Vascular Remodeling in Mice,
AHA scientific sessions 2011, Orlando, Nov. 2011.
60. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibition of Adipocyte Hypertrophy by Deferoxiamine Diabetic KKAy mice,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
61. Kazuyuki Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Glucose Metabolism of Adipocytes is Regulated by Basic Fibroblast Growth Factor via Hypoxia-inducible Factor-1a,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
62. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible Factor-1a Deficiency in Smooth Muscle Cells Suppresses Angiotensin -induced Vascular Remodeling in Mice,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
63. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Shuhei Tomita, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin Cofactor Promotes Angiogenesis via an AMPK-eNOS Signaling Pathway,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
64. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin -induced Vascular Remodeling is Improved by Nitrosonifedipine, a Possible New Class Drug Against Oxidative Stress,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
65. Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitorosonifedipine is a new class drug to improves angiotensin II-induced vascular remodeling,
European Society of Cardiology Congress 2011, Aug. 2011.
66. Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Characterization on mice lacking HIF1a gene in renal ischemia-reperfusion injury,
ISOTT (International Society on Oxygen Transport to Tissue) 2011, Washington, D.C., Jul. 2011.
67. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Estrogen action on iron metabolism,
ENDO 2011: The 93rd Annual Meeting & Expo, Boston, Jun. 2011.
68. Masaki Imanishi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Increment intracellular labile iron enhances Angiotensin-induced intracellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) expression in human glomerular endothelial cells,
World congress of Nephrology 2011, Vancouver, Apr. 2011.
69. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Smooth Muscle Cell-specific Hypoxia-inducible Factor-1a Deficiency Attenuates Angiotensin II-induced Vascular Remodeling In Mice,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2011, 2011.
70. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Masaki Imanishi, Fujii Shoko, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II-induced Vascular Remodeling Is Improved By Nitrosonifedipine, A Possible New Class Drug,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2011 SCIENTIFIC SESSIONS, 2011.
71. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible Factor-1 Deficiency In Smooth Muscle Cells Suppresses Angiotensin II-induced Vascular Remodeling In Mice,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2011 SCIENTIFIC SESSIONS, 2011.
72. Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Masaki Imanishi, Fujii Shoko, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitorosonifedipine is a new class drug to improve angiotensin II-induced vascular remodeling,
ESC Congress 2011, 2011.
73. Masaki Imanishi, Tajima Soichiro, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
INCREMENT INTRACELLULAR LABILE IRON ENHANCES ANGIOTENSIN II-INDUCED INTRACELLULAR ADHESION MOLECULE-1 (ICAM-1) EXPRESSION IN HUMAN GLOMERULAR ENDOTHELIAL CELLS,
World Congress of Nephrology 2011, 2011.
74. Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Shuhei Tomita :
Global gene expression analyses in renal ischemia-reperfusion injury (IRI) from mice lucking Hif-1a gene,
ASN RENAL WEEK 2010 EXHIBIT, Nov. 2010.
75. Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Yoshiyuki Yoshimura, Shuhei Tomita, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki :
Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine,
17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2010), Nov. 2010.
76. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor is essential for cell survival and neovascularization after ischemia.,
American Heart Association Scientific Sessions 2010, Chicago, Nov. 2010.
77. S. Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, T. Ise, Yuka Ueda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and T. Matsumoto :
Androgen Receptor is Essential for Cell Survival and Neovascularization after Ischemia.,
American Heart Association 2010, Chicago, Nov. 2010.
78. Shuhei Tomita, Masahisa Urata, Yayoi Fukuhara, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa and Toshiaki Tamaki :
Endothelial-targeted hypoxia-inducible factor-1b (HIF-1b) loss-of function alleviates the monocrotaline-induced pulmonary hypertension in mice,
American Heart Association Scientific Sessions 2010, Chicago, Nov. 2010.
79. Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitroso-nifedipine is a new class drug to protect endothelial function for overcoming organ damage,
International Society of Hypertension 2010, Vancouver, Sep. 2010.
80. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Androgen receptor participants in ischemia-induced tissue damage and angiogenesis in male mice,
23rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension Vancouver, Vancouver, Sep. 2010.
81. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
IRON DERIVATION AMELIORATES GLUCOSE TOLERANCE THROUGH REDUCTION OF OXIDATIVE STRESS AND INFLAMMATION IN DIABETIC KKAY MICE,
2010 American Physiological Society Conference Inflammation, Immunity and Cardiovascular Disease, Aug. 2010.
82. Yoshitaka Kihira, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Basic fibroblast growth factor upregulates hypoxia inducible factor 1 and glucose transporter 1 in adipose cells,
The 16th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma 2010), Copenhagen, Jul. 2010.
83. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Jun. 2010.
84. Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against cardiovascular diseases,
2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
85. Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Plasma heparin cofactor II activity is an independent determinant for cardiac remodeling in subjects with cardiovascular risk factors,
20th International Society for Heart Research(ISHR), Kyoto, May 2010.
86. Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is a novel anticardiac remodeling factor against angiotensin II excess,
20th International Society for Heart Research(ISHR), Kyoto, May 2010.
87. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Exacerbation of cell survival and impaired neovascularization after hindlimb ischemia in male androgen receptor null mice,
20th International Society for Heart Research(ISHR), Kyoto, May 2010.
88. S. Yoshida, K. Aihara, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, T. Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and T. Matsumoto :
Exacerbation of Cell Survival and Impaired Neovascularization after Hindlimb Ischemia in Male Androgen Receptor Null Mice.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
89. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, K. Ishikawa, S. Yoshida, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, T. Matsumoto and Masataka Sata :
Glucocorticoid causes vascular endothelial dysfunction through activation of mineralocorticoid receptor.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
90. Ken-ichi Aihara, T. Ise, Yuka Ueda, S. Yoshida, Yasumasa Ikeda, R. Uemoto, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Y. Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata and T. Matsumoto :
Plasma heparin cofactor II activity is an independent determinant for cardiac remodeling in subjects with cardiovascular risk factors.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
91. Yuka Ueda, Ken-ichi Aihara, T. Ise, S. Yoshida, Yasumasa Ikeda, R. Uemoto, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Y. Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata and T. Matsumoto :
Heparin cofactor II is a novel anticardiac remodeling factoragainst angiotensin II excess.,
XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010, Kyoto, May 2010.
92. Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
XX World Congress ISHR 2010 KYOTO, May 2010.
93. Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Shuhei Tomita :
Amelioration of acute tubular necrosis in ischemic acute renal failure was impaired in mice lucking hypoxia inducible factor-1 gene,
ISN (International Society of Nephrology) nexus sympojium 2010, Apr. 2010.
94. Souichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Kyoto, Apr. 2010.
95. Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Yoshiyuki Yoshimura, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki :
Effect of Angiotensin II on the intracellular labile iron concentration in HGECs,
16th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2009), Nov. 2009.
96. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Nishio Susumu, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an endothelial function-independent protective factor against carotid atherosclerosis.,
Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
97. Yasumasa Ikeda, Kaori Sato, David Pimentel, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Flora Sam, Toshiaki Tamaki and Kenneth Walsh :
LKB1 gene in myocytes plays a critical role to regulate the coordinated cardiac growth and capillary development,
American Heart Association Scientific Sessions 2009, Orlando, Nov. 2009.
98. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Ishikawa Kazue, Sumitomo Yuka, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Pitavastatin, an HMG-CoA Reductase Inhibitor, Prevents Glucocorticoid-induced Hypertension through Ameliorating Imbalance of Oxidative Stress and Nitric Oxide Production,
American Heart Association Sessions 2008, New Orleans, Nov. 2008.
99. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Ishikawa Kazue, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Takashi Iwase and Toshio Matsumoto :
Pitavastatin, an HMG-CoA Reductase Inhibitor, Prevents Glucocorticoid-induced Hypertension through Increased Nitric Oxide Production as a Pleiotropic Effect on Vascular Endothelial Cells,
Hypertension 2008 18th Scientific Meeting of the European Society of Hypertension 22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Berlin, Jun. 2008.
100. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Sumitomo Yuka, Masataka Sata, Kato Shigeaki and Toshio Matsumoto :
Heparin Cofactor II Deficiency Causes Accelerated Thrombosis and Atherosclerosis in Mice,
American Heart Association Scientific Sessions 2006, Chicago, USA, Nov. 2006.
101. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Takashi Iwase, Shusuke Yagi, Kondo Akira, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Valsartan Enhances Nitric Oxide Bioavailability and Reduces Arterial Stiffness in Patients with Essential Hypertension,
The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, 2006, Fukuoka, Japan, Oct. 2006.
102. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Fujimura Mitsunori, Shusuke Yagi, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Takamori Nobuyuki, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto :
Plasma Heparin Cofactor II Activity is a Predictor for Incidence of Peripheral Arterial Disease in Patients with Cardiovascular Risk Factors,
XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, Jun. 2006.
103. Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto :
Argatroban, a synthetic thrombin antagonist, can reduce insulin resistance though thrombin inactivation in the db/db mouse model of type 2 diabetes mellitus,
XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, Jun. 2006.
104. Ken-ichi Aihara, Takamori Nobuyuki, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Fujimura Mitsunori, Yoshida Tomonori, Hashizume Shunji, Kato Midori, Yasumasa Ikeda, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is inversely related to the severity of carotid atherosclerosis,
American Heart Association, Scientific Sessions 2003 Orland Florida USA, Nov. 2003.

国内講演発表:

1. 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 合田 光寛, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎 :
シスプラチン腎障害における鉄依存性細胞死の検討,
第93回日本薬理学会年会, 2020年3月.
2. Licht Miyamoto, Yuko Yagi, Aya Hatano, Yasumasa Ikeda, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Chronic exposure to hypoxia facilitates chemotherapy sensitivity with downregulation of MDR1,
日本薬理学会, Mar. 2020.
3. 濱野 裕章, 池田 康将, 合田 光寛, 福島 圭穣, 岸 誠司, 武智 研志, 中馬 真幸, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
シスプラチン誘発性腎障害を予防する既存薬物の同定,
第260回徳島医学会学術集会(令和元年度冬期), 2020年2月.
4. 池田 康将, 堀ノ内 裕也 :
シスプラチン腎障害における鉄依存性細胞死の役割の検討,
第23回日本心血管内分泌代謝学会学術総会【CVMW2019 心血管代謝週間 】, 2019年12月.
5. 合田 光寛, 神田 将哉, 前川 晃子, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証,
第40回日本臨床薬理学会学術総会, 2019年12月.
6. 新村 貴博, 座間味 義人, 内藤 優太朗, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
抗がん剤誘発末梢神経障害の予防薬開発を目的とした医療ビッグデータ解析および基礎研究,
第40回日本臨床薬理学会学術総会, 2019年12月.
7. 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
シスプラチン腎障害における鉄依存性細胞死の検討,
第29回日本循環薬理学会/第55回高血圧関連疾患モデル学会 合同学会, 2019年11月.
8. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄代謝異常,
第6回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 2019年11月.
9. 近藤 友宏, 宮本 理人, 福田 恵介, 高橋 梨恵, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮香気成分由来物質による糖脂質代謝の影響,
第58回 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
10. 濱野 裕章, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 合田 光寛, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
プロトンポンプ阻害剤はヘプシジンを介して鉄代謝異常に関与する,
第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月.
11. 合田 光寛, 神田 将哉, 前川 晃子, 吉田 愛美, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 池田 康将, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬探索,
第29回日本循環薬理学会・第55回高血圧関連疾患モデル学会 合同学術集会, 2019年11月.
12. 新村 貴博, 座間味 義人, 齊藤 広海, 神田 将哉, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した抗がん剤誘発心筋症予防薬の探索,
第29回日本循環薬理学会・第55回高血圧関連疾患モデル学会 合同学術集会, 2019年11月.
13. 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 合田 光寛, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
ケルセチンによる薬剤誘発性急性大動脈疾患発症抑制効果の検討,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
14. 齊藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したドキソルビシン誘発心筋炎に対する予防薬の探索,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
15. 齊藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したドキソルビシン誘発心筋炎に対する予防薬の探索,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
16. 内藤 優太朗, 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 相澤 風花, 西内 栞, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 島添 隆雄, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したオキサリプラチン誘発末梢神経障害に対する予防薬探索,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
17. 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングによる大規模医療情報データベースを用いた新規抗てんかん薬の探索研究,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
18. 村井 陽一, 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 吉田 愛美, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
シスプラチンと各種5-HT3受容体拮抗薬の併用による腎機能への影響,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
19. 神田 将哉, 合田 光寛, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する各種 5-HT3 受容体拮抗薬の影響,
第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月.
20. 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
ビッグデータを活用した新規抗てんかん薬の検討,
第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月.
21. 中馬 真幸, 合田 光寛, 新村 貴博, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 有紀, 濱野 裕章, 石田 俊介, 新村 貴博, 近藤 正輝, 坂東 貴司, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたバンコマイシン関連腎障害の予防薬探索とその有用性の検討,
第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会, 2019年11月.
22. 吉田 守美子, 池田 康将, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
心血管病におけるアンドロゲン受容体の意義,
第30回 日本性機能学会学術総会, 2019年9月.
23. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心血管病における性機能障害と男性ホルモンの心血管保護作用,
日本性機能学会第30回学術集会,シンポジウム, 2019年9月.
24. 新村 貴博, 座間味 義人, 新村 貴博, 内藤 優太朗, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した抗がん剤誘発末梢神経障害の予防薬開発,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2019, 2019年8月.
25. 新村 貴博, 座間味 義人, 新村 貴博, 内藤 優太朗, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した抗がん剤誘発末梢神経障害の予防薬開発,
生体機能と創薬シンポジウム2019, 2019年8月.
26. 齊藤 広海, 座間味 義人, 新村 貴博, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用したドキソルビシン誘発心筋炎にたいする予防薬の探索,
第30回霧島神経薬理フォーラム, 2019年8月.
27. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いたニコランジルの心肺停止後予後改善効果の検討,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
28. 内藤 優太朗, 新村 貴博, 座間味 義人, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
オキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索を目的としたドラッグリポジショニング研究,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
29. 齊藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析を活用したドキソルビシン誘発心筋炎に対する予防薬探索研究,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
30. 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用した新規抗てんかん薬の探索研究,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
31. 合田 光寛, 斉家 和仁, 前川 晃子, 神田 将哉, 吉田 愛美, 村井 陽一, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証,
第4回中四国臨床薬理学会, 2019年7月.
32. 新村 貴博, 座間味 義人, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索,
第4回中四国臨床薬理学会, 2019年7月.
33. 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 合田 光寛, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
薬剤誘発性急性大動脈疾患に対するケルセチンの効果,
第135回日本薬理学会近畿部会, 2019年6月.
34. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した薬剤性副作用の機序解明および治療薬の開発,
第29回日本医療薬学会年会 シンポジウム13, 2019年3月.
35. 武智 研志, 中馬 真幸, 石田 俊介, 坂東 寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
向精神薬の副作用対策を基盤とした臨床研究とその活用,
第139回日本薬学会年会 一般シンポジウムS48, 2019年3月.
36. 武智 研志, 中馬 真幸, 石田 俊介, 坂東 寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
向精神薬の副作用対策を基盤とした臨床研究とその活用,
第139回日本薬学会年会 一般シンポジウムS48, 2019年3月.
37. 近藤 正輝, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
キサンチンオキシダーゼ阻害剤による新規血管線維化抑制機構の検討,
日本薬学会第139年会 大学院生シンポジウムGS03, 2019年3月.
38. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連骨格筋萎縮における鉄代謝異常,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
39. 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄蓄積は骨格筋分化を抑制する,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
40. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃 :
疾患における鉄の意義と治療応用,
第92回日本薬理学会年会 シンポジウム2:必須微量金属研究のパラダイムシフト, 2019年3月.
41. 宮本 理人, Nakayama Suguru, Hatano Aya, Hattori Mana, Inoue Haruka, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
Significance of SGLT2 in glucagon secretion from α-TC cells,
日本薬理学会, 2019年3月.
42. 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ビッグデータを用いたシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
43. 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の有効性の基礎的検証,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019, 2019年3月.
44. 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の有効性の検証,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
45. 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 合田 光寛, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
薬物誘発性大動脈瘤または大動脈解離モデルマウスに対するケルセチンの効果,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
46. 新村 貴博, 座間味 義人, 川尻 雄大, 合田 光寛, 岡田 直人, 萱野 純史, 小山 敏広, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 小林 大介, 島添 隆雄, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索,
第92回日本薬理学会年会 学生セッション, 2019年3月.
47. 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 岡田 直人, 濱野 裕章, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 島添 隆雄, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用した抗がん剤誘発副作用に対する予防薬の探索,
第92回日本薬理学会年会 年会企画シンポジウム, 2019年3月.
48. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マクロファージフェリチン欠損は肥満・糖尿病における脂肪炎症を抑制する,
第48回日本心脈管作動物質学会, 2019年2月.
49. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃 :
肥満・糖尿病における鉄制御の意義,
第48回日本心脈管作動物質学会 シンポジウム4:心疾患腎代謝疾患の制御因子としての微量金属栄養素「鉄」の新たな展開, 2019年2月.
50. 藤本 望, 村田 梨菜, 村上 圭史, 藤猪 英樹, 宮本 理人, 井上 貴久, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 石澤 有紀, 濱野 修一 :
唾液中の硝酸イオンが口腔細菌に与える影響について·,
第42回徳島県医学検査学会, 2018年12月.
51. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 齊藤 広海, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースおよび遺伝子発現データベースを活用した薬剤性心筋炎に対する予防薬の探索,
第28回日本医療薬学会年会 シンポジウム, 2018年11月.
52. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 武智 研志, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
リアルワールドビッグデータを活用した新規腎保護薬の探索,
第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月.
53. 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
救急・集中治療領域において大規模医療情報データベースを活用したトランスレーショナルリサーチ,
第29回霧島神経薬理フォーラム, 2018年11月.
54. 井上 陽加, 宮本 理人, 服部 真奈, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩による脂肪組織への抗肥満的な影響,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
55. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄の関与,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
56. 斉家 和仁, 合田 光寛, 伊勢 諒, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 池田 康将, 演野 裕章, 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する脂質異常症治療薬の影響,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
57. 生藤 来希, 今西 正樹, 山川 祐介, 福島 圭穣, 前川 晃子, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎 :
大腸がん増大におけるがん関連線維芽細胞由来ERKSの役割,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
58. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 石澤 有紀, 藤野 裕道, 玉置 俊晃 :
リアルワールドデータを活用した新規腎保護薬の探索,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
59. 池田 康将, 玉置 俊晃 :
シンポジウム1「腎疾患(CKD)の治療と研究の最前線」慢性腎臓病における鉄代謝の意義と治療応用,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
60. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マクロファージ鉄の肥満・糖尿病における役割 第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2018/9/2 石川県 金沢医科大学病院北辰講堂,
第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2018年9月.
61. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した新規心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
第29回霧島神経薬理フォーラム, 2018年8月.
62. 座間味 義人, 新村 貴博, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
医療情報データベースを活用した抗がん剤誘発副作用に対する予防薬の探索研究,
第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2018年7月.
63. 土屋 浩一郎, 宮本 理人, 濱野 修一, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 津田 勝範 :
抗マラリア薬artesunateからの鉄依存活性酸素生成メカニズムの検討,
第71回日本酸化ストレス学会,第18回日本NO学会 合同学術集会, 2018年5月.
64. 池田 康将 :
シンポジウム2:「心血管系のNO/活性酸素と臨床応用展開」心腎血管代謝疾患における鉄の新たな知見,
第18回日本NO学会学術集会・第71回日本酸化ストレス学会学術集会合同大会, 2018年5月.
65. 座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
66. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
67. Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa and Toshiaki Tamaki :
Factor Xa Inhibitor Exerts a Protective Effect against Renal Injury,
第82回日本循環器学会学術集会, Mar. 2018.
68. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大規模医療情報データベース解析と基礎研究の融合による新規腎保護薬の探索,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
69. 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 岩田 悠佑, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
マウス大動脈瘤形成に対するケルセチンの効果,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
70. 今西 正樹, 近藤 正輝, 田中 恭平, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Febuxostatの尿酸合成抑制作用とは独立した血管線維化抑制機構の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
71. 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
てんかん誘発性精神症状の行動学的解析および治療薬の探索と作用機序の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
72. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した心肺停止患者に対するニコランジルの有効性に関する検討,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
73. 池田 康将 :
糖尿病における微量栄養素「鉄」の役割,
第256回徳島医学会市民公開シンポジウム 「加齢で起こる病気の検査と治療薬」, 2018年2月.
74. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤の腎保護効果,
第47回日本心脈管作動物質学会, 2018年2月.
75. 宮本 理人, 梅本 果奈, 上島 沙弥香, 友成 奈央実, 土橋 有希, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
食後生じるAMPKの新たな翻訳後修飾を介した代謝制御機構,
心脈管作動物質学会, 2018年2月.
76. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 石澤 有紀, 藤野 裕道, 玉置 俊晃 :
医療ビッグデータを活用した腎保護薬の探索,
2017年度 肥満・糖尿病クラスター・ミニリトリート, 2018年2月.
77. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害薬の腎保護効果,
第10回 心・血管クラスター・ミニリトリート, 2017年.
78. 別所 将弘, 村上 圭史, 藤猪 英樹, 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
Actinomyces spp. による硝酸イオンの還元と生理作用の検討,
第41回徳島県医学検査学会, 2017年12月.
79. 日野 咲季子, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した薬剤性腎障害に対する予防薬の探索,
西日本医学生学術フォーラム2017, 2017年12月.
80. 岩田 悠佑, 石澤 有紀, 鍵本 優有, 鈴木 琴子, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
マウス大動脈瘤形成に対するケルセチンの効果,
西日本医学生学術フォーラム2017, 2017年12月.
81. 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 鈴木 琴子, 岩田 悠佑, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによる動脈硬化性疾患発症に対する予防効果の検討,
第27回日本循環薬理学会, 2017年12月.
82. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いて新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月.
83. 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
臨床薬理学集中講座修了後の研究活動∼大規模医療情報を活用したドラッグリポジショニング研究を中心に∼,
第38回日本臨床薬理学会学術総会 臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー, 2017年12月.
84. 渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄制御機構の検討,
第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月.
85. 新村 貴博, 座間味 義人, 小山 敏広, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした心肺蘇生後症候群治療薬の探索研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
86. 座間味 義人, 小山 敏広, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して心肺停止患者の生存率向上を志向したドラッグリポジショニング研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
87. 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
88. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺停止患者の予後に与えるニコランジルの影響-大規模レセプト情報を用いた検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
89. 漆崎 汐里, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
90. 鍵本 優有, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鈴木 琴子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
急性大動脈解離易発症マウスにおけるquercetinの効果,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
91. 田中 恭平, 今西 正樹, 近藤 正輝, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットの尿酸合成抑制剤作用とは独立した血管線維化抑制作用の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
92. 渡邊 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄の役割の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
93. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎臓病における尿毒素蓄積によるヘプシジン制御と鉄代謝破綻のメカニズムの解明,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
94. 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 平山 祐, 岸 誠司, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 永澤 秀子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄摂取制限による尿細管間質障害の抑制効果の検討,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
95. 宮本 理人, 梅本 果奈, 上島 沙弥香, 友成 奈央実, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
食後のエネルギー代謝調節を担うAMPK活性制御機構,
次世代を担う創薬医療薬理シンポジウム2017, 2017年8月.
96. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素蓄積はヘプシジンを介した鉄代謝恒常性破綻に関与する,
大阪市大フォーラム, 2017年8月.
97. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年8月.
98. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺蘇生後症候群治療薬の開発を目的としたドラッグリポジショニング研究-大規模医療情報を活用した検討-,
第255回 徳島医学会学術集会, 2017年8月.
99. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
100. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
経口FXa阻害剤の腎線維化抑制効果,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
101. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤は腎間質線維化を抑制する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
102. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インドキシル硫酸蓄積はヘプシジン制御を介して鉄代謝恒常性破綻に関与する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
103. 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 玉置 俊晃 :
鉄摂取制限はタンパク過剰負荷による尿細管間質障害を軽減する,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
104. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インドキシル硫酸はヘプシジンを介した鉄代謝異常に関与する,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
105. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
FXa阻害剤は腎間質線維化を抑制する,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
106. Licht Miyamoto, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Tanaka Naonobu, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
A limonene-derivative purified from Sudachi peel upregulates sirt1 and improves lipid /glucose metabolism in HFD-fed mice.,
第60回日本糖尿病学会, May 2017.
107. 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 漆崎 汐里, 桐野 靖, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
108. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
FXa 阻害剤の片側尿管結紮モデルマウスにおける腎間質線維化抑制作用,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
109. 生藤 来希, 今西 正樹, 田中 恭平, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
アンジオテンシンII 誘発性血管リモデリングに対するキサンチンオキシダーゼ阻害剤の影響,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
110. Yasumasa Ikeda and Toshiaki Tamaki :
Excess iron on the risk of tissue injury,
第90回日本薬理学会年会, Mar. 2017.
111. Yasumasa Ikeda and Toshiaki Tamaki :
Excess iron action on risk of tissue injury,
第90回日本薬理学会年会 年会企画ナノシンポジウム 「機能性食品における薬理学」, Mar. 2017.
112. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Xa因子阻害薬は一側尿管結紮誘導性腎線維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
113. 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈線維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
114. Masaki Imanishi, 田中 恭平, 生藤 来希, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈繊維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会(長崎), Mar. 2017.
115. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 齊藤 尚子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
ケルセチンの内皮保護作用を介したマウス大動脈解離発症に対する効果,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
116. 宮本 理人, 友川 剛己, 松田 裕樹, 山根 萌, 服部 真奈, 大西 怜奈, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
身体運動時に生じる骨格筋代謝状態の変化における,中枢性調節機構の意義,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
117. 土屋 浩一郎, 池田 康将, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 玉置 俊晃 :
鉄ストレスと代謝性疾患-鉄ストレスによる疾患と,鉄ストレスによる治療,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
118. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
119. 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Angiotensin II誘発性血管リモデリングに対するfebuxostatの効果,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
120. 宮本 理人, 友川 剛己, 松田 裕樹, 山根 萌, 服部 真奈, 大西 伶奈, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎, 土屋 浩一郎 :
身体運動時に生じる骨格筋代謝状態の変化における,中枢を介した調節機構の意義,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
121. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 佐藤 明穂, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素蓄積が生体内鉄代謝に与える影響の検討,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
122. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鍵本 優有, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによるマウス大動脈解離発症予防効果の検討,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
123. 友川 剛己, 宮本 理人, 松田 裕樹, 山根 萌, 服部 真奈, 大西 怜奈, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
水泳運動負荷時に生じる骨格筋AMPK活性化の新たなメカニズム,第46回日本心脈管作動物質学会年会,
2017年2月.
124. 寒川 裕未, 福榮 千花, 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
Artesunateによる細胞傷害発現機序の解明1,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
125. 福榮 千花, 寒川 裕未, 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
Artesunateによる細胞傷害発現機序の解明2,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
126. 石澤 有紀, 福永 豊, 西良 恵理子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 橋本 一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは虚血性皮弁モデルにおいて皮弁壊死を抑制する,
第26回日本循環薬理学会, 2016年12月.
127. 高橋 梨恵, 宮本 理人, 友川 剛己, 宮武 由実子, 阪上 浩, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
脳内グリコーゲンによる代謝調節効果の検討,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
128. 福田 恵介, 宮本 理人, 高橋 梨恵, 玉置 俊晃, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮芳香成分が糖脂質代謝に与える影響,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
129. 細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 今西 正樹, 座間味 義人, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Quercetin による血管内皮細胞保護効果の検討,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
130. 佐藤 明穂, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 今尾 瑞季, 渡邊 大晃, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
鉄欠乏が骨格筋に与える作用の検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
131. 福永 豊, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 橋本 一郎 :
虚血性皮弁壊死モデルにおける抗酸化薬ニトロソニフェジピンの壊死抑制効果,
第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 2016年9月.
132. 三井 茉綸, 座間味 義人, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口としたベバシズマブ誘発高血圧に対する予防薬の探索研究,
第27回霧島神経薬理フォーラム(福岡), 2016年8月.
133. 宮本 理人, 秦野 彩, 竹之熊 和也, 土橋 有希, 矢野 友章, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
速効型インスリン分泌促進薬とSGLT2阻害薬の併用による薬効の検討,
第129回日本薬理学会近畿部会, 2016年6月.
134. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 堀ノ内 裕也, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝産物Q3GAの血管内皮膚細胞に対する短期及び長期効果の検討,
第129回日薬理学会学会近畿部会( 広島), 2016年6月.
135. 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
骨格筋分化における鉄の役割,
第129回日薬理学会学会近畿部会 (広島), 2016年6月.
136. 池田 康将, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄は低酸素誘導因子を抑制してエリスロポエチン発現を低下させる,
第59回日本腎臓学会学術総会, 2016年6月.
137. 宮本 理人, 粟飯原 遥菜, 許 文婷, 靳 美娜, 冨田 洋輔, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮における抗メタボリックシンドローム作用を有する物質の同定,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
138. 細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 宮本 理人, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ケルセチン生体内代謝産物 quercetin -3-O-β-Dglucuronideによる血管内皮細胞保護効果,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
139. 鍵本 優有, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
無機リン刺激による血管平滑筋細胞石灰化におけるrho-kinase 及び cyclophilinA の関与,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
140. 渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
慢性腎臓病におけるヘプシジン制御メカニズムの検討,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
141. 佐藤 明穂, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 今尾 瑞季, 渡邉 大晃, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
鉄過剰による骨格筋分化抑制作用の解明,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
142. Yasumasa Ikeda, Keisuke Oshima, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron Supplementation Suppressed Erythropoietin Expression through HIF-dependent Pathway,
The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, Mar. 2016.
143. 太田 和馬, 木平 孝高, 岸渕 麗奈, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
電位依存性カリウムチャネルKv2.2は腎虚血再灌流障害の軽減に関与する,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
144. 岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
HIF-1aはアポトーシス制御因子Bcl-2及びCHAC1の発現制御を介して腎虚血再灌流障害からの回復に関与する,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
145. 斎藤 尚子, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 木平 孝高, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝物Q3GAによる血管内皮細胞保護効果の検討,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
146. 青木 友里, 石澤 有紀, 高田 真衣, 田渕 正樹, 今西 正樹, 座間味 義人, 福永 豊, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
神経突起伸長および脳卒中後神経症状に対するニトロソニフェジピンの効果,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
147. 大島 啓亮, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄のエリスロポエチン発現への影響の検討,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
148. 佐藤 明穂, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 今尾 瑞季, 渡邉 大晃, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄欠乏に伴う骨格筋萎縮メカニズム,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
149. Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Wenting Xu, Meina Jin, Yosuke Tomida, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Identification of an active compound on lipid metabolism from Sudachi peel,
薬理学会(パシフィコ), Mar. 2016.
150. 宮本 理人, 粟飯原 遥菜, Xu Wenting, Jin Meina, 冨田 洋輔, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
脂質低下作用を有するスダチ果皮由来化合物の薬理作用,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
151. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 佐藤 明穂, 大島 啓亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
尿毒素は慢性腎不全におけるヘプシジン発現に関与する,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
152. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of endothelial dysfunction-induced aortic dissection model and search for a preventive strategy,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), Mar. 2016.
153. 今西 正樹, 石澤 啓介, 小原 佑介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニフェジピン光分解産物による血管リモデリング抑制効果,
第252回 徳島医学会学術集会(平成27年度冬期), 2016年2月.
154. 大島 啓亮, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄のエリスロポエチン発現への影響の検討,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
155. 今西 正樹, 石澤 啓介, 小原 佑介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンによる抗大動脈瘤機序の検討,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
156. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 鍵本 優有, 斎藤 尚子, 高田 真衣, 木平 孝高, 今西 正樹, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
高リン刺激は血管平滑筋細胞においてrho-kinase-cyclophilin A経路を活性化させる,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
157. 池田 康将, 玉置 俊晃 :
臓器障害における生体内鉄代謝の意義と鉄除去による病態改善効果,
心血管代謝週間(CVMW)(第19回日本心血管内分泌代謝学会学術総会) シンポジウム, 2015年12月.
158. 池田 康将, 濱野 裕章, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎臓病におけるヘプシジン制御メカニズムの検討,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
159. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 高田 真衣, 田渕 正樹, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの 生命予後を改善する,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
160. 斎藤 尚子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 今西 正樹, 鍵本 優有, 細岡 真由子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離発症における内皮障害の関与,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
161. 濱野 裕章, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 佐藤 明穂, 渡邉 大晃, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素によるヘプシジン制御機構,
第128回日本薬理学会近畿部会, 2015年11月.
162. 今尾 瑞季, 池田 康将, 佐藤 明穂, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
鉄蓄積によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
163. 高田 真衣, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの神経症状に対するニトロソニフェジピンの効果,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
164. 戸谷 紘基, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 鍵本 優有, 斎藤 尚子, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
大動脈解離発症における内皮障害の関与の検討,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
165. 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄欠乏は骨格筋量減少の原因となる,
第39回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2015年8月.
166. Ariunzaya Burentogtokh, 木平 孝高, 石澤 有紀, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
YC1 increased adiponectin expression in 3T3-L1 adipocytes,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2015, 2015年8月.
167. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 大越 瑞穂, 土肥 紗希子, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃 :
血管石灰化シグナルにおけるRhoキナーゼおよびサイクロフィリンAの関与,
第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2015年7月.
168. 吉田 守美子, 池田 康将, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
心血管病におけるアンドロゲン-AR系の役割,
第33回 内分泌代謝学サマーセミナー, 2015年7月.
169. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 赤池 雅史, 玉置 俊晃, 松本 俊夫 :
心血管疾患における男性ホルモンの意義,
第15回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム「知って得するテストステロンアップデート」, 2015年5月.
170. 池田 康将, Kanai Yusuke, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Bilirubin Promotes Ischemic-Induced Revascularization through Akt-eNOS Pathway,
第79回 日本循環器学会学術集会, 2015年4月.
171. 木平 孝高, 岸渕 麗奈, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎虚血再灌流障害において低酸素誘導因子が制御する因子の探索,
日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.
172. 高田 真衣, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットに対するニトロソニフェジピンの効果,
日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.
173. 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ビリルビンは虚血後血管新生を促進する,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
174. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 高田 真衣, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの生存期間を延長させる,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
175. 戸谷 紘基, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 小原 佑介, 長尾 朋子, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離発症における血管内皮機能障害の関与,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
176. 岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
低酸素誘導因子-1αは腎虚血再灌流障害においてアボトーシスの誘導に関与する,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
177. Mizuho Ogoshi, Yuki Izawa-Ishizawa, Sakiko Doi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
血管平滑筋細胞において無機リンによる石灰化シグナルにはRho-kinaseおよびcyclophilin Aが関与する,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), Mar. 2015.
178. Burentogtokh Ariunzaya, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia decreases glucagon-like peptide-1 secretion from glutag cell lines,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), Mar. 2015.
179. 池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ビリルビンの血管新生促進作用の検討,
第44回 日本心脈管作動物質学会, 2015年2月.
180. 池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ビリルビンは血管内皮細胞を活性化させて,虚血後血管新生を促進する,
第24回 循環薬理学会, 2014年12月.
181. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 長尾 朋子, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 細岡 真由子, 高田 真衣, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
新規薬剤誘発性大動脈解離モデルを用いたスタチンの効果の検討,
第24回 循環薬理学会, 2014年12月.
182. 岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
低酸素誘導因子の機能不全は腎虚血再灌流障害からの回復を阻害する,
第36回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
183. 木平 孝高, 石澤 有紀, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
高脂肪食誘発肥満に対する脂肪特異的低酸素誘導因子欠損の影響,
第36回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
184. 長尾 朋子, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
HMG-CoA 還元酵素阻害薬の大動脈解離に対する効果,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
185. 小原 佑介, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈瘤形成に対する新規抗酸化薬の効果,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
186. 岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
低酸素誘導因子の腎虚血再灌流障害に対する役割,
第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月.
187. 長尾 朋子, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離に対するピタバスタチンの効果,
第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月.
188. 池田 康将, 今尾 瑞季, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄による骨格筋萎縮メカニズムの検討,
日本鉄バイオサイエンス学会 第38回学術集会, 2014年9月.
189. 小原 佑介, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは大動脈瘤の形成を抑制する,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2014, 2014年8月.
190. 戸谷 紘基, 石澤 啓介, 小原 佑介, 長尾 朋子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管内皮障害を介する新規大動脈解離モデルの作製,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2014, 2014年8月.
191. 矢野 友章, 宮本 理人, 竹之熊 和也, 福田 恵介, 津田 勝範, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
食事による血中NOレベル変動の検討,
第249回徳島医学会, 2014年7月.
192. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
動脈硬化および虚血に対するeNOS非依存的なピタバスタチンの臓器保護効果の検討,
第46回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2014年7月.
193. 小原 佑介, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
薬剤誘導性大動脈瘤モデルに対するニトロソニフェジピンの効果,
第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年6月.
194. 池田 康将, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
アンジオテンシンIIは鉄吸収制御と生体内鉄分布変化に関与する,
第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年6月.
195. 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 石澤 有紀, 池田 康将, 山野 範子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管リモデリングにおける低酸素誘導因子HIF-1αの役割,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
196. 木平 孝高, Ariunzaya Burentogtokh, 伊藤 麻里, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腸管L細胞のグルカゴン様ペプチド-1分泌に対する低酸素の影響,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
197. 石澤 啓介, 石澤 有紀, 山野 範子, 布 あさ美, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンはeNOS非依存的に内皮障害を伴う腎障害の進展を抑制する,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
198. 今尾 瑞季, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
199. 池田 康将 :
鉄除去・鉄制限による肥満・糖尿病とその合併症の改善効果,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
200. 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
アンジオテンシンIIは十二指腸鉄輸送体発現とマクロファージ鉄量を増加させる,
第43回日本心脈管作動物質学会, 2014年2月.
201. 今西 正樹, 冨田 修平, 黒部 裕嗣, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
薬剤誘導性大動脈瘤モデルにおける平滑筋由来hypoxia-inducible factor-1αの役割,
第23回日本循環薬理学会, 2013年12月.
202. 森本 篤志, 冨田 修平, 木平 孝高, 池田 康将, 橋本 一郎, 高久 暢, 中西 秀樹, 玉置 俊晃 :
血管内皮細胞特異的HIF-2α強制発現マウスを用いた虚血皮弁モデルの作製と検討,
第22回 日本形成外科学会基礎学術集会, 2013年11月.
203. 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
肥満に伴う脂肪組織炎症に対する低酸素誘導因子の役割,
第124回日本薬理学会近畿部会, 2013年11月.
204. 布 あさ美, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 櫻田 巧, 今西 正樹, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ニトロソニフェジピンは血管内皮機能を改善することで糖尿病性腎症の進展を抑制する,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
205. 鈴木 雄太, 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
平滑筋由来HIF-1 αがアンジオテンシンII 誘発血管リモデリングに関与するメカニズム,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
206. 村上 正樹, 前田 悠作, 冨田 修平, 今西 正樹, 木平 孝高, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管傷害モデルに伴う血管リモデリングにおける骨髄由来細胞のHIF1 αの役割,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
207. 三宅 真理子, 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
脂肪細胞の低酸素誘導因子欠損による耐糖能改善メカニズムの解析,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
208. 池田 康将, 田島 壮一郎, 今尾 瑞季, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
フェリチンの炎症惹起作用,
第37回日本鉄バイオサイエンス学会, 2013年9月.
209. 村上 正樹, 冨田 修平, 前田 悠作, 今西 正樹, 山野 範子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管傷害モデルに伴う血管リモデリング形成過程には,傷害部位に動員される骨髄由来細胞のHIFが関与する,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2013, 2013年8月.
210. 山野 範子, 石澤 啓介, 小堀 浩幸, 漆原 真樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病性腎症における腎内局所アンジオテンシノーゲンに対するニトロソニフェジピンの効果,
第123回日本薬理学会近畿部会, 2013年7月.
211. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αがangiotensinⅡ誘発血管リモデリング形成に関与するメカニズムの解析,
第34回日本炎症・再生医学会, 2013年7月.
212. 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 櫻田 巧, 今西 正樹, 布 あさ美, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは血管内皮保護作用を示して糖尿病性腎症進展を抑制する,
第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
213. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 盛 真友, 松本 高広, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は性差非依存的にVEGF受容体を介して虚血反応性血管新生を促進する,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
214. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレスに起因する心腎血管障害の克服を目指す新規治療薬開発,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
215. 土屋 浩一郎, 池田 康将, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 宮本 理人, 山野 範子, 玉置 俊晃 :
糖尿病に対する鉄の関与とキレート療法,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
216. 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Hypoxia-inducible factor-1a; in vascular smooth muscle cells contributes to AT1 receptor expression in angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
217. 伊藤 麻里, 木平 孝高, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
Secretion of glucagon-like peptide-1 from Intestinal L cell in hypoxia,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
218. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
The influence of angiotensin II on duodenal iron absorption,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
219. 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Bovine lactoferrin stimulated angiogenesis in response to ischemic hindlimb,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
220. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土肥 紗希子, 今西 正樹, 櫻田 巧, 山野 範子, 小原 祐介, 長尾 朋子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Y-27632, a rho-kinase inhibitor, inhibits inorganic phosphate-induced ERK1/2 phosphorylation and ALP activity in vascular smooth muscle cells,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
221. 大園 伊織, 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
The Effects of Iron chelatoion against Renal Fibrosis in Unilateral Ureteral Obstruction Mice Model,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
222. 保科 耀司, 木平 孝高, 冨田 修平, 三宅 真理子, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Adipocyte-specific hypoxia-inducible factor-1alpha knockout stimulated GLP-1 and insulin secretions in mice,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
223. Noriko Yamano, Keisuke Ishizawa, Shoko Fujii, Asami Nuno, Masaki Imanishi, Takumi Sakurada, Yuta Suzuki, Furi Endo, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine on the diabetic nephropathy with the endothelial dysfunction,
第86回日本薬理学会年会, Mar. 2013.
224. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Low Iron Diet Limits Development of Diabetic Nephropathy In db/db Mice,
第77回日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
225. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 山野 範子, 櫻田 巧, 今西 正樹, 藤井 聖子, 布 あさ美, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは血管内皮細胞障害を伴う糖尿病性腎症の進展を抑制する,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
226. 田島 壮一郎, 池田 康将, 榎本 英明, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄制限食によってdb/dbマウスの糖尿病性腎症進展は抑制される,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
227. 土肥 紗希子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 小原 祐介, 長尾 朋子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
無機リン刺激による血管平滑筋細胞石灰化におけるRho-kinaseの関与,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
228. 木平 孝高, 冨田 修平, 三宅 真理子, 保科 耀司, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
脂肪細胞特異的低酸素誘導因子欠損マウスに観察される耐糖能の改善にはglucagon-like peptide-1が関与する,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
229. 石澤 啓介, 今西 正樹, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
Angiotensin II慢性投与はhypoxia-inducible factor-1αを介して血管リモデリングを惹起する,
第33回日本臨床薬理学会学術総会, 2012年12月.
230. 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αがangiotensinⅡ誘発血管リモデリング形成に寄与するメカニズムの解析,
第22回日本循環薬理学会, 2012年11月.
231. 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄吸収機構におけるAngiotensinⅡの効果の検討,
第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月.
232. 藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 山野 範子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Nifedipine 光分解産物であるnitrosonifedipine は糖尿病性腎症進展を抑制する,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
233. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
血管平滑筋細胞におけるHIF-1αのangiotensinⅡ誘発血管リモデリング形成およびAT1受容体発現への関与;平滑筋特異的HIF-1α遺伝子欠損マウスを用いた検討 The Role of HIF-1α in angiotensin Ⅱ-induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Vascular Smooth Muscle Cells,
第35回日本高血圧学会総会, 2012年9月.
234. 布 あさ美, 石澤 啓介, 藤井 聖子, 櫻田 巧, 山野 範子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病性腎症進展に対するニトロソニフェジピンの抑制作用,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012, 2012年9月.
235. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングにおける血管平滑筋細胞内HIFシグナルの解析,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012, 2012年9月.
236. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
十二指腸からの鉄吸収に対するAngiotensinⅡの影響,
第36回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2012年9月.
237. 前田 悠作, 冨田 修平, 村上 正樹, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管傷害モデルに伴う血管リモデリング形成過程には,傷害部位に動員される骨髄由来細胞のHIFが関与する,
第121回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
238. 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
平滑筋特異的hypoxia-inducible factor-1α欠損がangiotensin II誘発血管リモデリング形成に及ぼす影響,
第121回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
239. 池田 康将, 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
肥満進展における鉄と酸化ストレス,
第65回日本酸化ストレス学会学術集会 シンポジウム「金属と酸化ストレスの関係を探る:基礎から臨床研究へ」, 2012年6月.
240. 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 藤井 聖子, 石澤 有紀, 宮本 理人, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipine はangiotensin II 誘発のマウス血管リモデリングを改善する,
第65回日本酸化ストレス学会学術集会, 2012年6月.
241. 藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病モデルマウスにおいてニトロソニフェジピンは腎症の進展を抑制する,
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
242. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペントエン酸は酸化ストレス抑制を介して心臓リモデリングを抑制する,
日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム, 2012年5月.
243. 三宅 真理子, 木平 孝高, 平田 愛美, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
脂肪細胞における低酸素誘導因子1a欠損は高脂肪食負荷による耐糖能異常の発現を抑制する,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
244. 布 あさ美, 石澤 啓介, 藤井 聖子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
2型糖尿病性腎症に対するニトロソニフェジピンの効果,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
245. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bovine Lactoferin Promotes Angiogenesis Via Akt-eNOS Dependent Pathway in Vascular Endothelial Cells,
第76回日本循環器学会学術集会, Mar. 2012.
246. 榎本 英明, 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Protective effect of dietary iron restriction on diabetic nephropathy,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
247. 山野 範子, 池田 康将, 阪間 稔, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Accumulated iron storage in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
248. 藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 今西 正樹, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipine prevents the progression of diabetic nephropathy in type 2 diabetic mice,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
249. 冨田 修平, 高久 暢, 山野 範子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Preoperative stabilization of HIF-1 by systemic introduction of dimethyloxalylglycine (DMOG), improves skin flap survival,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
250. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
The inhibitory effects of smooth muscle cell-specific hypoxia-inducible factor-1a deficiency on angiotensin 2-induced vascular remodeling in mice,
第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
251. Manami Hirata, Yoshitaka Kihira, Mariko Miyake, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
High fat diet-induced inflammation in adipose tissues is reduced in adipocyte-specific hypoxia-inducible factor-1a knockout mice,
第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
252. 石澤 啓介, 藤井 聖子, 布 あさ美, 石澤 有紀, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineは2型糖尿病モデルマウスにおける腎症進展を抑制する,
第41回心脈管作動物質学会, 2012年2月.
253. 木平 孝高, 三宅 真理子, 平田 愛美, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
肥満に伴う耐糖能異常の発現に対する脂肪細胞の低酸素誘導因子の役割,
第41回心脈管作動物質学会, 2012年2月.
254. Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The alternation of iron metabolism in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第34回日本分子生物学会年会, Dec. 2011.
255. 池田 康将, 榎本 英明, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病腎症進展における鉄除去の効果,
腎と高血圧update, 2011年12月.
256. 高久 暢, 冨田 修平, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 中西 秀樹, 玉置 俊晃 :
PHD阻害剤の虚血皮弁生存拡大に対する効果,
第21回日本循環薬理学会, 2011年12月.
257. 谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αはangiotensinⅡ誘発血管リモデリングの形成に関与する,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
258. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発性血管リモデリングは平滑筋特異的HIF-1α遺伝子欠損により抑制される,
第34回日本高血圧学会総会, 2011年10月.
259. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペントエン酸の酸化ストレス抑制を介したアンジオテンシンII刺激による心血管リモデリング抑制効果の検討,
第34回 日本高血圧学会総会, 2011年10月.
260. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
肥満の脂肪組織における鉄の役割,
第35回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2011年9月.
261. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 松本 俊夫 :
心血管臓器におけるアンドロゲン作用の意義,
第11回日本内分泌学会四国支部学術集会 高知, 2011年9月.
262. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 久岡 白陽花, 平田 陽一郎, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Eicosapentaenoic acid-to-arachidonic acid ratio is inversely associated with albuminuria in individuals with cardiovascular risk factors,
第75回日本循環器学会総会・学術集会 パシフィコ横浜, 2011年8月.
263. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Eicosapentaenoic acid protects against angiotensin II-induced cardiovascular remodeling via attenuation of oxidative stress.,
第75回 日本循環器学会総会・学術集会 パシフィコ横浜, 2011年8月.
264. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
Hypoxia-inducible factor-1a in vascular smooth muscle cells contributes to the development of angiotensin -induced vascular remodeling,
第43回日本動脈硬化学会 総会・学術集会, 2011年7月.
265. 谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 久次米 敏秀, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
動脈硬化におけるhypoxia-inducible factor-1αの新規治療標的分子としての可能性,
医療薬学フォーラム2011/第19回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2011年7月.
266. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensisⅡ誘発血管リモデリングは血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αを介して形成される,
第119回日本薬理学会近畿部会, 2011年7月.
267. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
ヒト腎糸球体血管内皮細胞において細胞内遊離鉄はangiotensin ⅡによるICAM-1の発現を増強する,
第54回日本腎臓学会学術集会, 2011年6月.
268. 池田 康将, 田島 壮一郎, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄除去薬による糖尿病の病態改善効果の検討,
第84回日本内分泌学会学術集会, 2011年4月.
269. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
フェノフィブラートはアンジオテンシンⅡ負荷による高血圧と心筋リモデリングを抑制する,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
270. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 佐藤 隆史, 赤池 雅史, 玉置 俊晃, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
心血管リモデリングにおける男性ホルモンの作用,
第84回日本内分泌学会学術集会 シンポジウム「心血管病を内分泌・代謝面から考察する」, 2011年4月.
271. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害に対するアルドステロン受容体拮抗薬の効果,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
272. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペントエン酸は酸化ストレス抑制を介してアンジオテンシンⅡ刺激による心血管リモデリングを抑制する,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
273. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
虚血ストレスによる骨格筋アポトーシスおよび血管新生におけるアンドロゲン受容体の意義,
第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
274. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron elimination ameliorated glucose tolerance through suppression of oxidative stress and inflammation on fat in diabetic mice,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
275. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Masataka Sata, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin cofactor II enhances vascular endothelial cells function and angiogenesis,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
276. Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The alternation of iron transport-related genes in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
277. Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
bFGF and insulin differentially regulate hypoxia-inducible factor-1 alpha in adipocytes,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
278. Yayoi Fukuhara, Shuhei Tomita, Masahisa Urata, Yoshitaka Kihira, Mitsuru Takaku, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Role of HIF-1b in endothelial cells in monocrotaline-induced pulmonary hypertension,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
279. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Sumiko Yoshida, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes revascularization via endothelial cells activation,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
280. Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Erika Tominaga, Junpei Taniguchi, Shoko Fujii, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a photodegrative metabolite of nifedipine, improves angiotensin -induced vascular remodeling,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
281. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Angiotensin -induced vascular remodeling is surpressed in smooth muscle cell-specific hypoxia-inducible factor-1a deficient mice,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
282. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineによる血管リモデリング抑制効果の検討,
日本薬学会第131回年会, 2011年3月.
283. 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
Nitrosonifedipine の細胞保護効果に関する検討,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
284. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
285. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
286. 池田 康将, 田島 壮一郎, 吉田 守美子, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マウス下肢虚血モデルにおいて鉄キレート剤Deferoxamineは酸化ストレスとアポトーシスを抑制する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
287. 山野 範子, 池田 康将, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
高脂肪食負荷肥満マウスにおける鉄吸収動態の検討,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
288. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
289. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
290. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングにおけるhypoxia-inducible factor-1αの役割,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
291. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は虚血後骨格筋細胞のアポトーシスと血管新生を制御する,
第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
292. 池田 康将, 田島 壮一郎, 吉田 守美子, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Deferoxamine, an iron chelator, enhances angiogenesis through Akt-eNOS-dependent pathway in endothelial cells,
第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
293. Yuuko Imamura, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
HIF-2/ARNT control hair differentiation by up-regulating p21Waf1/Cip1,
第33回日本分子生物学会年会, Dec. 2010.
294. 木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
脂肪細胞における塩基性繊維芽細胞増殖因子による低酸素誘導因子誘導とそれを介した糖輸送担体発現誘導,
第118回日本薬理学会近畿部会, 2010年11月.
295. 田島 壮一郎, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄キレート剤 deferoxamine は内皮細胞活性化により血管新生を促進する,
第20回日本循環薬理学会, 2010年11月.
296. 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
亜硝酸塩由来血中NO動態に与える経口鉄の影響,
第22回腎とフリーラジカル研究会, 2010年10月.
297. 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 櫻田 巧, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Angiotensin II による血管平滑筋細胞の遊走および増殖に対するnifedipine代謝物の抑制作用とそのメカニズム,
第33回日本高血圧学会, 2010年10月.
298. 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 石川 カズ江, 池田 康将, 吉田 守美子, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
ピタバスタチンによる血管内皮細胞での一酸化窒素合成酵素の発現亢進作用とその機序の検討,
第33回日本高血圧学会総会, 390, 2010年10月.
299. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
2型糖尿病モデルマウスに対する鉄キレート剤による糖尿病改善効果の検討,
第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2010年9月.
300. 藤井 聖子, 石澤 啓介, 今西 正樹, 富永 えりか, 桜田 巧, 谷口 順平, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2010, 2010年9月.
301. 冨田 修平, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
動脈硬化に伴う血管リモデリングに対してT細胞のHIF-1 は抑制的に機能する.,
第31回日本炎症再生医学会, 2010年8月.
302. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
A role of androgen receptor in ischemia-induced tissue damage and angiogenesis in male,
第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会 長良川国際会議場, 2010年7月.
303. 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nifedipine代謝物によるangiotensin II 誘発血管平滑筋細胞遊走及び増殖に対する抑制作用,
第117回日本薬理学会近畿部会, 2010年7月.
304. Y. Sumiko, Ken-ichi Aihara, T. Ise, Yuka Ueda, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
A role of androgen receptor in iscchemia-induced tissue damage and angiogenesis in male.,
第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会, Jul. 2010.
305. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
アンドロゲンーアンドロゲン受容体系は下肢虚血における組織傷害防御と血管新生に必須である,
2010 年度(第 52 回)日本老年医学会学術集会 神戸国際会議場・神戸商工会議所・神戸ポートピアホテル, 2010年6月.
306. 石澤 啓介, 今西 正樹, Erika Tminaga, 堀ノ内 裕也, Takumi Sakurada, Zyunpei Taniguchi, Seiko Fujii, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Nifedipine代謝物はangiotensinⅡによる血管平滑筋細胞遊走および増殖を抑制する,
第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月.
307. 池田 康将, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 高石 喜久, 玉置 俊晃 :
徳島県名産スダチ果皮の抗生活習慣病作用,
第83回日本薬理学会年会 シンポジウム「 肥満の栄養ゲノミクスと薬理ゲノミクス」, 2010年3月.
308. 石澤 啓介, 吉栖 正典, Dortsuren Naruantungalag, 今村 優子, 池田 康将, 寺尾 純二, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチンの生体内代謝と動脈硬化予防効果,
第83回 日本薬理学会年会シンポジウム「健康食品の薬理学」, 2010年3月.
309. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
KK-Ay マウスにおける鉄キレート剤Deferoxamineによる糖尿病病態改善効果の検討,
第83回 日本薬理学会, 2010年3月.
310. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Accelerated cellular apoptosis and impaired angiogenesis after hindlimb ischemia in male mice lacking androgen receptor,
第74回 日本循環器学会総会・学術集会 国立京都国際会館, 2010年3月.
311. 福原 弥生, 冨田 修平, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 :
T細胞のHIF-1aは,動脈硬化に伴う血管リモデリングを抑制的に制御する,
第39回日本心脈管作動物質学会, 2010年2月.
312. 池田 康将, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
鉄キレート剤 Deferoxamine の血管新生左葉―マウス下肢虚血モデルにおける検討―,
第39回日本心脈管作動物質学会, 2010年2月.
313. 富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 川添 和義, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
Angiotensin IIによる血管平滑筋細胞遊走に対するnifedipine代謝物の影響,
第30回日本臨床薬理学会年会, 2009年12月.
314. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 上田 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
ミネラルコルチコイド受容体を介したグルココルチコイド過剰による血管内皮細胞障害作用,
第32回日本高血圧学会総会, 244, 2009年10月.
315. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 住友 由佳, 吉田 守美子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害におけるミネラルコルチコイド受容体の関与,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 373, 2009年4月.
316. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
Glucocorticoid Excess Causes Vascular Endothelial Cell Dysfunction through Activation of Mineral Corticoid Receptor,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
317. 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 石川 カズ江, 池田 康将, 吉田 守美子, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 阿部 純一, 松本 俊夫, 佐田 政隆 :
ピタバスタチンはERK5-KLF2経路の活性化を介して血管内皮細胞での一酸化窒素合成酵素の発現を亢進する,
第31回日本高血圧学会総会, 2008年10月.
318. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 住友 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 添木 武, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
ピタバスタチンはRac-1を介した酸化ストレス制御によりeNOS非依存的にアンジオテンシンIIによる心房リモデリングを抑制する,
第40回日本動脈硬化学会総会, 203, 2008年7月.
319. 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 住友 由佳, 岩瀬 俊, Abe Jun-ichi, 松本 俊夫 :
HMG-CoA Reductase Inhibitor Pitavastatin Increases the Expression of Endothelial NOS through Activation of ERK5-KLF2 Pathway in Vascular Endothelial Cells,
第72回日本循環器学会学術集会, 2008年3月.
320. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
Pitavastatinはangiotensin IIによる心腎障害をeNOS非依存性にrac1抑制による酸化ストレス抑制を介して改善する,
第30回日本高血圧学会総会, 205, 2007年10月.
321. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 八木 秀介, 池田 康将, 石川 カズ江, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 :
グルココルチコイド誘発性高血圧に対するピタバスタチンの効果とその機序の検討,
第30回日本高血圧学会総会プログラム, 210, 2007年10月.
322. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
血管リモデリング制御因子としての活性化ビタミンD,
第30回日本高血圧学会総会, 260, 2007年10月.
323. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
活性化ビタミンDは臨床的動脈硬化抑制因子である,
第39回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 250, 2007年7月.
324. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
活性化ビタミンDの抗動脈硬化作用に関する臨床的検討,
第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 159, 2007年6月.
325. 岩瀬 俊, 住友 由佳, 八木 秀介, 池田 康将, 粟飯原 賢一, 尾崎 修治, 赤池 雅史, 安倍 正博, 松本 俊夫, 北川 哲也 :
エリスロポイエチンを用いた新たな血管新生療法の試み,
第104回日本内科学会総会・講演会, Vol.96, No.Suppl., 133, 2007年4月.
326. 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 松本 俊夫 :
活性化ビタミンDによる血管リモデリング制御作用,
第104回日本内科学会総会・講演会, Vol.96, No.Suppl., 194, 2007年4月.
327. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
PitavastatinはAngiotensin IIによる心血管リモデリングと腎障害をeNOS非依存性に抑制する,
第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 24, 2007年2月.
328. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムによる血管リモデリング制御機構の解析,
第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 35, 2007年2月.
329. 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 :
ピタバスタチンは血管内皮機能の改善を介してグルココルチコイド過剰による高血圧を予防する,
第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 39, 2007年2月.
330. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
ApoE欠損マウスにおける血漿ヘパリンコファクターII活性の低下は酸化ストレスを増大させ粥状動脈硬化を促進させる,
第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 41, 2007年2月.
331. Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Azuma Hiroyuki, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto :
Thrombin inactivation by synthetic thrombin antagonist argatroban ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice,
The 70th Anniversary Annual Scientific Meetings of the Japanese Circulation Society, Mar. 2006.
332. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 岩瀬 俊, 北川 哲也, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞症に対する独立した防御因子である,
第28回日本血栓止血学会学術集会, 2005年11月.
333. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 佐田 政隆, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 大水 章正, 塚田 稔, 北川 哲也, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの臨床 および分子生物学的解析,
第13回日本血管生物医学会, 2005年10月.
334. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 池田 康将, 橋詰 俊二, 東 博之, 松本 俊夫 :
Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈リモデリングを抑制する,
第37回日本動脈硬化学会総会, 232, 2005年7月.
335. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 大水 正章, 塚田 稔, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
新規血管リモデリング抑制因子ヘパリンコファクターIIの分子生物学的解析,
第37回日本動脈硬化学会総会, 233, 2005年7月.
336. 粟飯原 賢一, 三原 正朋, 池田 康将, 八木 秀介, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 松下 隆哉, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
トロンビン作用の阻害は2型糖尿病モデルdb/dbマウスのインスリン抵抗性を改善する,
第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.1, 190, 2005年7月.
337. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムはドキソルビシンによる心筋酸化ストレスに対して防御的に作用する,
第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 548, 2005年7月.
338. 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 松本 俊夫 :
Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈および心筋リモデリングを抑制する,
第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 564, 2005年7月.
339. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata, Fujimura MItsunori, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Kawano Hirotaka, Yamada Takashi, Fukuda Tohru, Sekine Keisuke, Sato Takashi, Nakamichi Yuko, Yamamoto Yoko, Yoshimura Kimihiro, Watanabe Tomoyuki, Nakamura Takashi, Ohmizu Akira, Tsukada Minoru, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Heparin cofactor II is required for fetal development and attenuates cuff-injured vascular remodeling in mice,
The 37th Japan Atherosclerosis Society Annual Meeting, Jul. 2005.
340. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 北川 哲也, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞性病変進展に対する新規抑制因子である,
第102回日本内科学会総会・講演会, Vol.94, No.Suppl., 228, 2005年4月.
341. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Kato Midori, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Shusuke Yagi, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto :
Angiotensin II Antagonist Valsartan Ameliorates Nitric Oxide Bioavailability and Arterial Stiffness Accompanied with The Reduction of Blood Pressure and Pulse Pressure in Elderly Hypertensives,
第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
342. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Toshio Matsumoto :
Arterial Cuff Injury Causes Enhanced Neointimal Formation and Increased Adventitial Area in Heterozygous Heparin Cofactor II Deficient Mice,
第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
343. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン-アンドロゲン受容体系は生体の心筋防御機構である,
第42回日本臨床分子医学会学術総会, 78, 2005年.
344. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 八木 秀介, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターII欠乏マウスにおける 血管リモデリング異常の解析,
第27回日本血栓止血学会学術集会, 2004年11月.
345. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 池田 康将, 周藤 俊樹, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
ビタミンD-ビタミンD受容体システムによる血液凝固調節作用の解析,
第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 138, 2004年6月.
346. 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 山口 普史, 藤村 光則, 吉田 智則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムは生体における心筋肥大及び心筋線維化の調節因子である,
第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 96, 2004年6月.
347. 山口 普史, 七條 加奈, 松下 隆哉, 池田 康将, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 井上 大輔, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
拡張型心筋症様病態を呈したCushing病の一例,
第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
(CiNii: 110002690512)
348. 池田 康将, 山口 普史, 七條 加奈, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 木村 建彦, 西内 健 :
Torsade de pointesを合併した汎下垂体機能低下症の一例,
第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
(CiNii: 110002690511)
349. 橋詰 俊二, 池田 康将, 加藤 みどり, 山口 普史, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
核内受容体PPARαの活性化は巨核球/血小板内PDGF-BBの産生を抑制する,
第36回日本動脈硬化学会総会, 196, 2004年.
350. 粟飯原 賢一, 高森 信行, 金川 泰彦, 藤村 光則, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 池田 康将, 田村 克也, 近藤 彰, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターIIの動脈硬化抑制作用に関する臨床的検討,
第41回日本臨床分子医学会学術総会, 55, 2004年.
351. 山口 普史, 池田 康将, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 :
遺伝性出血性末梢血管拡張症9家系における臨床病型と遺伝子変異に関する解析,
第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 456, 2003年11月.
352. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 高森 信行, 金川 泰彦, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 山口 普史, 池田 康将, 加藤 修司, 荒瀬 友子, 近藤 彰, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターIIは高齢者における新規動脈硬化抑制因子である,
第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 439, 2003年11月.
353. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Fujimura Mitsunori, Sudo Toshiki, Hayashi Hideki, Yamada Yoshihisa, Yoshida Tomonori, Yamaguchi Hiroshi, Hashizume Shunji, Kato Midori and Toshio Matsumoto :
Vitamin D/Vitamin D Receptor System Regulates Antithrombogenicity in vivo,
第68回日本循環器学会総会学術集会, Mar. 2003.

その他・研究会:

1. 池田 康将 :
鉄代謝と糖尿病,
徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター 設立 10 周年記念シンポジウム, 2020年2月.
2. Yasumasa Ikeda :
The role of iron in obesity and diabetes,
Joint Symposium (Hannover Medical School- Institute of Advanced Medical Sciences in Tokushima University), May 2019.
3. 池田 康将 :
健康と微量栄養素 ー鉄の役割についてー,
市民公開講座「食と薬から健康長寿を考える」, 2018年12月.
4. 池田 裕美子, 斎藤 尚子, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
ケルセチンによる血管保護効果の検討,
西日本医学生学術フォーラム(第5回医学研究学生フォーラム), 2016年12月.
5. 池田 康将 :
慢性腎不全における鉄代謝変化と腎性貧血との関連,
第9回慢性腎臓病(CKD)病態研究会, 2016年9月.
6. 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた新規循環器治療薬の探索研究,
第23回大阪市大フォーラム, 2016年8月.
7. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江 :
雄性生体の動脈硬化形成におけるマクロファージ・アンドロゲン受容体の意義,
第6回 テストステロン研究会, 2015年9月.
8. 津田 勝範, 宮本 理人, 森本 悠里, 濱野 修一, 石澤 啓介, 木平 考高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
鉄過剰ストレスに対するニトロソニフェジピン(NO-NIF)の抗酸化メカニズム検討,
徳島医学会, 2015年8月.
9. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江, 松本 俊夫 :
心血管ストレス制御におけるアンドロゲン受容体機能の性差,
第4回テストステロン研究会, 2013年11月.
10. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
虚血耐性における性差非依存性のアンドロゲン受容体作用,
第5回核内受容体・ホルモン研究会, 2013年3月.
11. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は,虚血ストレスに対する骨格筋アポトーシス防御および血管新生に必須である,
第4回核内受容体研究会, 2012年4月.
12. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
アンドロゲン受容体は,虚血ストレスに対する骨格筋アポトーシス防御および血管新生に必須である,
第3回 核内受容体研究会 帝人ファーマ株式会社, 2011年3月.
13. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
エイコサペンタエン酸の心血管リモデリング抑制効果の検討,
第3回Tokushima Young Investigators Conference, 2011年3月.
14. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
EPAによる心血管リモデリング抑制効果の検討,
第30回心血管セミナー, 2011年1月.
15. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
虚血および血管新生におけるアンドロゲン作用の検討,
興和学術講演会, 2010年5月.
16. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 :
心血管ストレスに対するandrogen-androgen 受容体系の役割,
第2回核内受容体研究会, 2010年3月.
17. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
下肢虚血モデルを用いたアンドロゲン受容体による虚血臓器保護効果の検討,
第15回徳島内分泌研究会, 2009年11月.
18. 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 :
新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの 分子生物学的解析,
第9回四国循環器研究会, 2007年9月.

特許:

1. 玉置 俊晃, 池田 康将, 土屋 浩一郎 : マクロファージの浸潤抑制によるインスリン抵抗性改善剤, (2011年), 特許第2011-174001号 (2011年).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • メサンギウム細胞でのオートファジーを介した慢性腎臓病の病態解明と評価治療法の樹立 (研究課題/領域番号: 19K08705 )
  • 糖尿病性腎症病態におけるヘパリンコファクターIIの臨床及び分子生物学的意義の解明 (研究課題/領域番号: 19K08680 )
  • 亜硝酸塩による白色脂肪細胞からベージュ細胞への転換機構の解明 (研究課題/領域番号: 19K07100 )
  • 肥満脂肪組織慢性炎症におけるマクロファージH-フェリチンの機能解明と治療への応用 (研究課題/領域番号: 18K08480 )
  • グルカゴンシグナルを指標とした食餌性亜硝酸塩による抗糖尿病効果の解明 (研究課題/領域番号: 16K08550 )
  • ERK5を介した内皮間葉転換抑制機構の解明と動脈硬化性疾患予防への応用 (研究課題/領域番号: 16K08549 )
  • サルコペニアにおける鉄の意義解明と鉄制御に基づく治療法への展開 (研究課題/領域番号: 15K01716 )
  • 食事性亜硝酸によるエピゲノム修飾に対する作用と生理的役割解明 (研究課題/領域番号: 15H02898 )
  • アンドロゲン受容体を介した性差依存および非依存性心血管リモデリング制御機構の解明 (研究課題/領域番号: 25461389 )
  • 食餌性由来亜硝酸塩によるAMPK活性化機構の解明 (研究課題/領域番号: 25460332 )
  • 糖尿病性腎症における鉄代謝異常の分子機序と鉄制御に基づく新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 24591203 )
  • 鉄制御を標的とした抗糖尿病作用の分子機序の解明と新規治療因子の探索 (研究課題/領域番号: 22790864 )
  • 研究者番号(60432754)による検索