検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 栄養科学部門 > 医科栄養学系 > 臨床食管理学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804018 宇宙世代にむけたがん予防対策のための機能性食材と治療薬の開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804016 健康寿命延伸の実現を目指した基礎的研究 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704075 食事提供と栄養管理をパッケージ化した国際医療イノベーション >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1702001 人類の恒久的繁栄に向けた対枯渇資源対応技術の開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1803008 徳島大学宇宙食品産業・栄養学研究センターによる 近未来型宇宙食糧ソリューション >
徳島大学 > 栄養生命科学教育部 > 人間栄養科学専攻 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

骨ミネラル代謝学 (Bone and Mineral Metabolism)

研究テーマ

カルシウム·リン代謝の栄養学 (カルシウム (calcium), リン (phosphorus), 骨ミネラル代謝 (bone and mineral metabolism), 高リン血症 (hyperphosphatemia), 低リン血症 (hypophosphatemia)) (生体におけるカルシウムおよびリン代謝の調節機構の解明と栄養学的意義に関する研究を行っている.また,カルシウムおよびリン代謝異常による病態の解明と栄養管理法についても研究を行っている.)
糖脂質による腸管粘膜保護作用 (糖脂質, 腸管粘膜, カベオリン)

著書・論文

著書:

1. 増田 真志, 新井田 裕樹, 竹谷 豊, 二川 健 :
ビタミンD欠乏とサルコペニアについて,
株式会社 講談社, 東京, 2018年4月.
2. 竹谷 豊, 伊美 友紀子, 新井田 裕樹 :
リンとカルシウム,
2017年12月.
3. 竹谷 豊, 楢﨑 遙子, 伊美 友紀子, 新居 紗知 :
食事性リンと血管内皮機能障害,
医学図書出版株式会社, 2017年11月.
4. 竹谷 豊 :
サプリメント,
朝倉書店, 2017年11月.
5. 竹谷 豊 :
リンと尿路結石,
朝倉書店, 2017年11月.
6. 竹谷 豊 :
リンと筋疾患,
2017年11月.
7. 竹谷 豊 :
リフィーディング症候群,
朝倉書店, 2017年11月.
8. 竹谷 豊 :
人体とリン,
朝倉書店, 2017年11月.
9. 竹谷 豊 :
栄養障害,
株式会社 中山書店, 2017年9月.
10. 竹谷 豊 :
ビタミン欠乏症・過剰症・依存症,
朝倉書店, 2017年3月.
11. 竹谷 豊 :
食材によってリン吸収率に違いはありますか?,
株式会社 中外医学社, 2016年6月.
12. 竹谷 豊 :
呼吸器疾患,
株式会社 講談社, 2016年1月.
13. 竹谷 豊 :
臨床栄養学の概念,
株式会社 講談社, 2016年1月.
14. 竹谷 豊 :
呼吸器疾患,
2016年1月.
15. 竹谷 豊 :
臨床栄養学の概念,
株式会社 講談社, 2016年1月.
16. 竹谷 豊, 竹井 悠一郎, 谷村 綾子 :
微量元素・ビタミン不足の評価 (特集 栄養障害患者の評価),
科学評論社, 2016年.
17. 生城 浩子, 太田 好次, 瀧谷 公隆, 竹谷 豊, 津川 尚子, 堀尾 文彦, 山田 和子, 渡邊 敏明 :
第3版ビタミン・ミネラルの安全性,
2014年9月.
18. 竹谷 豊, 中尾 真理 :
CKD-MBDの管理における食事性リン,
2014年6月.
19. 竹谷 豊, 増田 真志 :
リン摂取と循環器疾患,
2014年5月.
20. 竹谷 豊, 大南 博和 :
リン不足および過剰と栄養,
2014年5月.
21. 武田 英二, 奥村 仙示, 中尾 真理, 竹谷 豊 :
抗ストレス効果を示す食品・食生活とバイオマーカー,
株式会社 シーエムシー出版, 2013年9月.
22. 新井 英一, 阪上 浩, 武田 英二, 竹谷 豊, 藤岡 由夫, 細川 雅也 :
臨床病態栄養学第3版,
文光堂, 2013年9月.
23. 竹谷 豊 :
栄養モニタリングと評価,
第一出版, 2012年9月.
24. 竹谷 豊, 福澤 健治 :
ビタミン欠乏症,
西村書店, 2012年7月.
25. Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Yutaka Taketani :
Complications and Managements of Hyperphosphatemia in Dialysis,
InTech, Nov. 2011.
26. 竹谷 豊 :
ミネラル・微量元素のトランスポーター,
株式会社 建帛社, 2011年5月.
27. 桑原 頌治, 西山 俊, 大井 彰子, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 伊藤 美紀子, 竹谷 豊, 宮本 賢一 :
リン酸トランスポーター関連分子群とリン代謝異常症,
メディカルドゥ社, 2011年3月.
28. 宮本 賢一, 竹谷 豊, 辰巳 佐和子, 伊藤 美紀子, 瀬川 博子 :
無機リン酸イオンとトランスポーター,
京都廣川書店, 2011年3月.
29. 竹谷 豊 :
食事摂取基準の活用,
株式会社朝倉書店, 2010年11月.
30. 竹谷 豊 :
栄養管理におけるビタミンK,
株式会社朝倉書店, 2010年11月.
31. 武田 英二, 竹谷 豊 :
第1章2-C ストレスと栄養,最新栄養予防・治療学,
株式会社 永井書店, 東京, 2007年1月.
32. 竹谷 豊 :
第1章2-B 単身者,最新栄養予防・治療学,
株式会社 永井書店, 東京, 2007年1月.
33. 武田 英二, 岡久 稔也, 高橋 保子, 国清 紀子, 松村 晃子, 中屋 豊, 西 正晴, 竹谷 豊, 吉本 勝彦, 寺尾 純二, 美馬 福恵, 吉岡 昌美, 山田 静恵, 石澤 啓介, 鈴木 麗子, 藤田 知代, 新井 英一, 桑波田 雅士, 岡田 和子 :
栄養管理のチーム医療,
文光堂, 東京, 2006年4月.
34. 中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 :
NST用語ハンドブック,
メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月.
35. 中屋 豊, 宮本 賢一, 坂巻 路可, 乾 明夫, 合田 敏尚, 南 久則, 川崎 英二, 長田 恭一, 佐藤 隆一郎, 長澤 孝志, 渡邊 文雄, 岡 達三, 桑波田 雅士, 髙橋 章, 竹谷 豊 :
エッセンシャル基礎栄養学,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年11月.
36. 中屋 豊, 鈴木 和枝, 馬渡 一諭, 桑波田 雅士, 竹谷 豊, 原田 永勝, 山本 浩範 :
臨床栄養学(第4版),
医学出版社, 東京, 2004年3月.
37. 庄司 有里, 新井 英一, 水野 昭, 佐々木 一, 水本 憲司, 有馬 裕史, 松浦 基, 粟根 尚美, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
新規流動食(MHN-01)および従来流動食(SBF)の食後血糖値およびインスリン分泌量の比較,
日本病態栄養学会, 2003年.

学術論文(審査論文):

1. 宮本 賢一, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子, 辰巳 佐和子, 竹谷 豊 :
栄養素の代謝と生理機能,
病態栄養専門師のための病態栄養ガイドブック, 14-19,
2. 宮本 賢一, 竹谷 豊, 伊藤 美紀子, 瀬川 博子 :
ナトリウム依存症リントランスポータ-の調節機構,
Annual Review 腎臓, 216-220,
3. Shiori Fukuda-Tatano, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Ryouhei Yoshikawa, Mayu Hayashi, Maki Kishimoto, Yukiko Imi, Hisami Okumura, Kohta Ohnishi, Masashi Masuda and Yutaka Taketani :
Regulation of α-Klotho Expression by Dietary Phosphate During Growth Periods.,
Calcified Tissue International, Vol.104, No.6, 667-678, 2019.
(DOI: 10.1007/s00223-019-00525-0,   PubMed: 30671592)
4. Yukiko Imi, Norie Yabiki, Maerjianghan Abuduli, Masashi Masuda, Hisami Okumura and Yutaka Taketani :
High phosphate diet suppresses lipogenesis in white adipose tissue.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.63, No.3, 181-191, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111624,   DOI: 10.3164/jcbn.17-141,   PubMed: 30487667)
5. Tomohiro Kagawa, Mina Kozai, Masashi Masuda, Nagakatsu Harada, Otoki Nakahashi, Mari Tajiri, Ryouhei Yoshikawa, Mari Nakao, Yuichiro Takei, Masayuki Iwano, Eiji Takeda, Yutaka Taketani and Hironori Yamamoto :
24-hydroxylase gene expression in renal proximal tubular cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.500, No.2, 275-282, 2018.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.04.058,   PubMed: 29653103)
6. Chise Yamaguchi, Hisami Okumura, Haruka Esumi, Masashi Masuda, Takafumi Katayama and Yutaka Taketani :
Investigation of dose-dependent effects of fat on blood glucose, serum insulin, and appetite sensation.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 203-207, 2018.
(DOI: 10.2152/jmi.65.203,   PubMed: 30282861)
7. Ryouhei Yoshikawa, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Tomohiro Kagawa, Mari Tajiri, Mari Nakao, Shiori Fukuda, Hidekazu Arai, Masashi Masuda, Masayuki Iwano, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
The age-related changes of dietary phosphate responsiveness in plasma 1,25-dihydroxyvitamin D levels and renal Cyp27b1 and Cyp24a1 gene expression is associated with renal -Klotho gene expression in mice.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.62, No.1, 68-74, 2017.
(DOI: 10.3164/jcbn.17-20,   PubMed: 29371756)
8. Nagakatsu Harada, Maiko Okuyama, Aya Yoshikatsu, Hironori Yamamoto, Saori Ishiwata, Chikako Hamada, Tomoyo Hirose, Masayuki Shono, Masashi Kuroda, Rie Tsutsumi, Jiro Takeo, Yutaka Taketani, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Endoplasmic Reticulum Stress in Mice Increases Hepatic Expression of Genes Carrying a Premature Termination Codon via a Nutritional Status-Independent GRP78-Dependent Mechanism.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.118, No.11, 3810-3824, 2017.
(DOI: 10.1002/jcb.26031,   PubMed: 28383761)
9. Kohei Sugihara, Masashi Masuda, Mari Nakao, Maerjianghan Abuduli, Yukiko Imi, Naoko Oda, Toshiya Okahisa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Dietary phosphate exacerbates intestinal inflammation in experimental colitis.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.61, No.2, 91-99, 2017.
(DOI: 10.3164/jcbn.16-117,   PubMed: 28955125)
10. Naoko Takase, Masatoshi Inden, Shin-Ichiro Sekine, Yumi Ishii, Hiroko Yonemitsu, Wakana Iwashita, Hisaka Kurita, Yutaka Taketani and Isao Hozumi :
Neuroprotective effect of 5-aminolevulinic acid against low inorganic phosphate in neuroblastoma SH-SY5Y cells.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112434,   DOI: 10.1038/s41598-017-06406-6,   PubMed: 28720798)
11. A Takashima, Daiju Fukuda, K Tanaka, Y Higashikuni, Y Hirata, S Nishimoto, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Yutaka Taketani, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Combination of n-3 polyunsaturated fatty acids reduces atherogenesis in apolipoprotein E-deficient mice by inhibiting macrophage activation.,
Atherosclerosis, Vol.254, 142-150, 2016.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2016.10.002,   PubMed: 27744130,   Elsevier: Scopus)
12. Chisaki Adachi, Hisami Okumura, Takafumi Katayama, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Single vegetable meal content equivalence and alternative to fat for satiety: a randomised trial in Japanese women,
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.25, No.3, 478-486, 2016.
(DOI: 10.6133/apjcn.092015.25,   PubMed: 27440681,   Elsevier: Scopus)
13. Maerjianghan Abuduli, Hirokazu Ohminami, Tamaki Otani, Hitoshi Kubo, Haruka Ueda, Yoshichika Kawai, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Hiroshi Sakaue, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Effects of dietary phosphate on glucose and lipid metabolism.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.310, No.7, E526-E538, 2016.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00234.2015,   PubMed: 26786774)
14. Mari Nakao, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Kotaro Abe, Masashi Masuda, Mariko Ishiguro, Masayuki Iwano, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Dietary phosphate supplementation delays the onset of iron deficiency anemia and affects iron status in rats.,
Nutrition Research, Vol.35, No.11, 1016-1024, 2015.
(DOI: 10.1016/j.nutres.2015.09.001,   PubMed: 26475181)
15. Eiji Takeda, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, Nobuya Inagaki, Masaya Hosokawa, Kenichiro Shide, Hiroshi Maegawa, Keiko Kondo, Eiji Kawasaki, Shoko Shinozaki, Yuichi Fujinaka, Tsukasa Matsubara, Takafumi Katayama, Hajime Sasaki, Akihiro Kawashima and Hiromitsu Aonuma :
Effect of nutritional counseling and long term isomaltulose based liquid formula (MHN-01) intake on metabolic syndrome.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.57, No.2, 140-144, 2015.
(DOI: 10.3164/jcbn.14-132,   PubMed: 26388672)
16. Yuka Kawakami, Hisami Okumura, Yuko Naniwa-Kuroki, Masae Sakuma, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Flaxseed oil intake reduces serum small dense low-density lipoprotein concentrations in Japanese men: a randomized, double blind, crossover study.,
Nutrition Journal, Vol.14, 39, 2015.
(DOI: 10.1186/s12937-015-0023-2,   PubMed: 25896182,   Elsevier: Scopus)
17. Toshinori Chiba, Hirotaka Matsuo, Yusuke Kawamura, Shushi Nagamori, Takashi Nishiyama, Ling Wei, Akiyoshi Nakayama, Takahiro Nakamura, Masayuki Sakiyama, Tappei Takada, Yutaka Taketani, Shino Suma, Mariko Naito, Takashi Oda, Hiroo Kumagai, Yoshinori Moriyama, Kimiyoshi Ichida, Toru Shimizu, Yoshikatsu Kanai and Nariyoshi Shinomiya :
NPT1/SLC17A1 is a renal urate exporter in humans and its common gain-of-function variant decreases the risk of renal underexcretion gout.,
Arthritis & Rheumatology, Vol.67, No.1, 281-287, 2015.
(DOI: 10.1002/art.38884,   PubMed: 25252215,   Elsevier: Scopus)
18. Yutaka Taketani, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Sawako Tatsumi, Hiroko Segawa, Ken-ichi Miyamoto, Eiji Takeda and Hironori Yamamoto :
Niacin and Chronic Kidney Disease.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61 Suppl, S173-5, 2015.
(DOI: 10.3177/jnsv.61.S173,   PubMed: 26598845,   Elsevier: Scopus)
19. Eriko Watari, Yutaka Taketani, Tomoyo Kitamura, Terumi Tanaka, Hirokazu Ohminami, Maerjianghan Abuduli, Nagakatsu Harada, Hisami Yamanaka-Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Fluctuating plasma phosphorus level by changes in dietary phosphorus intake induces endothelial dysfunction.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.56, No.1, 35-42, 2014.
(DOI: 10.3164/jcbn.14-96,   PubMed: 25678749)
20. Hirokazu Ohminami, Kikuko Amou, Yutaka Taketani, Kazusa Sato, Makiko Fukaya, Takashi Uebansou, Hidekazu Arai, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Dietary combination of sucrose and linoleic acid causes skeletal muscle metabolic abnormalities in Zucker fatty rats through specific modification of fatty acid composition.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.55, No.1, 15-25, 2014.
(DOI: 10.3164/jcbn.14-11,   PubMed: 25147427)
21. Yuuka Morimoto, Masae Sakuma, Hiroyuki Ohta, Akitsu Suzuki, Asami Matsushita, Minako Umeda, Makoto Ishikawa, Yutaka Taketani, Eiji Takeda and Hidekazu Arai :
Estimate of dietary phosphorus intake using 24-h urine collection.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.55, No.1, 62-66, 2014.
(DOI: 10.3164/jcbn.14-15,   PubMed: 25120281)
22. Otoki Nakahashi, Hironori Yamamoto, Sarasa Tanaka, Mina Kozai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Ichiro Kaneko, Yutaka Taketani, Masayuki Iwano, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Short-term dietary phosphate restriction up-regulates ileal fibroblast growth factor 15 gene expression in mice.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.54, No.2, 102-108, 2014.
(DOI: 10.3164/jcbn.13-109,   PubMed: 24688219)
23. Shoko Ikeda, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Yuichiro Takei, Otoki Nakahashi, Mina Kozai, Sarasa Tanaka, Mari Nakao, Yutaka Taketani, Hiroko Segawa, Masayuki Iwano, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Downregulation of renal type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter during lipopolysaccharide-induced acute inflammation.,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.306, No.7, F744-50, 2014.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00474.2013,   PubMed: 24500689)
24. Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Yutaka Taketani :
Increasing dietary phosphorus intake from food additives: potential for negative impact on bone health.,
Advances in Nutrition, Vol.5, No.1, 92-97, 2014.
(DOI: 10.3945/an.113.004002,   PubMed: 24425727,   Elsevier: Scopus)
25. Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Role of nutrient transporters in lifestyle-related diseases,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.2, No.4, 409-416, 2013.
(DOI: 10.7600/jpfsm.2.409,   CiNii: 130003388626)
26. Wanjiku Violet Wanjihia, Hirokazu Ohminami, Yutaka Taketani, Kikuko Amou, Hisami Yamanaka-Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Induction of the hepatic stearoyl-CoA desaturase 1 gene in offspring after isocaloric administration of high fat sucrose diet during gestation.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.53, No.3, 150-157, 2013.
(DOI: 10.3164/jcbn.13-48,   PubMed: 24249969)
27. Yuka Kawakami, Hisami Okumura, Masae Sakuma, Yuka Mori, Chisaki Adachi, Yukie Matsumoto, Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Takafumi Katayama and Eiji Takeda :
Gene expression profiling in peripheral white blood cells in response to the intake of food with different glycemic index using a DNA microarray.,
Journal of Nutrigenetics and Nutrigenomics, Vol.6, No.3, 154-168, 2013.
(DOI: 10.1159/000354247,   PubMed: 24008923)
28. Sarasa Tanaka, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Tomohiro Kagawa, Mariko Ishiguro, Masashi Masuda, Mina Kozai, Shoko Ikeda, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Dietary phosphate restriction induces hepatic lipid accumulation through dysregulation of cholesterol metabolism in mice.,
Nutrition Research, Vol.33, No.7, 586-593, 2013.
(DOI: 10.1016/j.nutres.2013.05.004,   PubMed: 23827134)
29. Mina Kozai, Hironori Yamamoto, Mariko Ishiguro, Nagakatsu Harada, Masashi Masuda, Tomohiro Kagawa, Yuichiro Takei, Ayako Otani, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Yutaka Taketani, Ken-Ichi Takeyama, Shigeaki Kato and Eiji Takeda :
Thyroid hormones decrease plasma 1,25-dihydroxyvitamin D levels through transcriptional repression of the renal 25-hydroxyvitamin D3 1-hydroxylase gene (CYP27B1).,
Endocrinology, Vol.154, No.2, 609-622, 2013.
(DOI: 10.1210/en.2012-1647,   PubMed: 23307792,   Elsevier: Scopus)
30. Sarasa Tanaka, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Mariko Ishiguro, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Mina Kozai, Shoko Ikeda, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Hypercholesterolemia and effects of high cholesterol diet in type IIa sodium-dependent phosphate co-transporter (Npt2a) deficient mice.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 191-196, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106356,   DOI: 10.2152/jmi.60.191,   PubMed: 24190035,   Elsevier: Scopus)
31. Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Reply to Letter to the Editor ''On the role of the type III phosphate transporters in vascular calcification'',
Bone, Vol.51, No.4, 829, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bone.2012.07.006,   Elsevier: Scopus)
32. Akiko Taniguchi-Fukatsu, Hisami Okumura, Yuko Naniwa-Kuroki, Yuka Nishida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Natto and viscous vegetables in a Japanese style breakfast improved insulin sensitivity, lipid metabolism and oxidative stress in subjects with impaired glucose tolerance,
British Journal of Nutrition, Vol.107, No.8, 1184-1191, 2011.
(DOI: 10.1017/S0007114511004156,   PubMed: 21899797)
33. Takashi Uebansou, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Kikuko Amou, Sarasa Tanaka, Hidekazu Arai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Hisami Yamanaka-Okumura and Eiji Takeda :
Liver X receptor negatively regulates fibroblast growth factor 21 in the fatty liver induced by cholesterol-enriched diet.,
The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.23, No.7, 785-790, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jnutbio.2011.03.023,   PubMed: 21889884)
34. Asuka Shiota, Yutaka Taketani, Yoichi Maekawa, Koji Yasutomo, Masataka Sata, Tohru Sakai, R. Mizuno, M. Isshiki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
High phosphate diet reduces atherosclerosis formation in apolipoprotein E-deficient mice.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.49, No.2, 109-114, 2011.
(DOI: 10.3164/jcbn.10-150,   PubMed: 21980226)
35. Takashi Uebanso, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Kikuko Amou, Hirokazu Ominami, Hidekazu Arai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Ayako Tanimura, Nagakatsu Harada, Hisami Yamanaka-Okumura and Eiji Takeda :
Paradoxical regulation of human FGF21 by both fasting and feeding signals: is FGF21 a nutritional adaptation factor?,
PLoS ONE, Vol.6, No.8, e22976, 2011.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0022976,   PubMed: 21829679)
36. Kikuko Amou, Hidekazu Arai, Takashi Uebansou, Makiko Fukaya, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Effects of xylitol on metabolic parameters and visceral fat accumulation.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.49, No.1, 1-7, 2011.
(DOI: 10.3164/jcbn.10-111,   PubMed: 21765599)
37. Ayako Tanimura, Fumiyo Yamada, Akihito Saito, Mikiko Ito, Toru Kimura, Naohiko Anzai, Daisuke Horie, Hironori Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Analysis of different complexes of type IIa sodium-dependent phosphate transporter in rat renal cortex using blue-native polyacrylamide gel electrophoresis.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 140-147, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 82750,   DOI: 10.2152/jmi.58.140,   PubMed: 21372499)
38. Asuka Shiota, Takahiko Hada, Tomoko Baba, Minako Sato, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Protective effects of glycoglycerolipids extracted from spinach on 5-fluorouracil induced intestinal mucosal injury.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3-4, 314-320, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 79153,   DOI: 10.2152/jmi.57.314,   PubMed: 20847532,   Elsevier: Scopus)
39. Mariko Ishiguro, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Mina Kozai, Yuichiro Takei, Sarasa Tanaka, Tadatoshi Sato, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Thyroid hormones regulate phosphate homoeostasis through transcriptional control of the renal type IIa sodium-dependent phosphate co-transporter (Npt2a) gene.,
The Biochemical Journal, Vol.427, No.1, 161-169, 2010.
(DOI: 10.1042/BJ20090671,   PubMed: 20088828,   Elsevier: Scopus)
40. Hidekazu Arai, Naomi Awane, Akira Mizuno, Makiko Fukaya, Masae Sakuma, Nagakatsu Harada, Akihiko Kawaura, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Increasing early insulin secretion compensate adequately for hepatic insulin resistance in CCl4-induced cirrhosis rats.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 54-61, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 77532,   DOI: 10.2152/jmi.57.54,   PubMed: 20299743)
41. Takashi Uebanso, Yutaka Taketani, Makiko Fukaya, Kazusa Sato, Yuichiro Takei, Tadatoshi Sato, Naoki Sawada, Kikuko Amou, Nagakatsu Harada, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Hypocaloric high protein diet improves fatty liver and hypertriglyceridemia in sucrose-fed obese rats via two pathways.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.297, No.1, 76-84, 2009.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00014.2009,   PubMed: 19435858)
42. Emi Shuto, Yutaka Taketani, Tanaka Rieko, Nagakatsu Harada, Isshiki Masashi, Sato Minato, Nashiki Kunitaka, Amo Kikuko, Hironori Yamamoto, Higashi Yukihito, Yutaka Nakaya and Eiji Takeda :
Dietary Phosphorus Acutely Impairs Endothelial Function.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.20, No.7, 1504-1512, 2009.
(DOI: 10.1681/ASN.2008101106,   PubMed: 19406976)
43. Masae Sakuma, Hisami Okumura, Yuko Naniwa, Dai Matsumoto, Megumi Tsunematsu, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Dose-dependent effects of barley cooked with white rice on postprandial glucose and desacyl ghrelin levels.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.44, No.2, 151-159, 2009.
(DOI: 10.3164/jcbn.08-232,   PubMed: 19308269)
44. Yuichiro Takei, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Tadatoshi Sato, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Stanniocalcin 2 is positively and negatively controlled by 1,25(OH)(2)D(3) and PTH in renal proximal tubular cells.,
Journal of Molecular Endocrinology, Vol.42, No.3, 261-268, 2009.
(DOI: 10.1677/JME-08-0161,   PubMed: 19131501)
45. Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Nagakatsu Harada, Yunjie Yin, Atsushi Hattori, Tomoe Zenitani, Sayuri Hara, Haruka Yonemoto, Aki Nakamura, Masayuki Nakano, Kazuaki Mawatari, Kiyoshi Teshigawara, Hidekazu Arai, Toshio Hosaka, Akira Takahashi, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya :
Identification of cis-acting promoter sequences required for expression of the glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene in mice.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1791, No.1, 39-52, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 113301,   DOI: 10.1016/j.bbalip.2008.09.005,   PubMed: 18983939)
46. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 酒井 徹, 武田 英二 :
高リン血症と心血管,
四国医学雑誌, Vol.64, No.3,4, 114-116, 2008年.
(CiNii: 40016304858)
47. Kazusa Sato, Hidekazu Arai, Yui Miyazawa, Makiko Fukaya, Takashi Uebanso, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Palatinose and oleic acid act together to prevent pancreatic islet disruption in nondiabetic obese Zucker rats.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 183-195, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110858,   DOI: 10.2152/jmi.55.183,   PubMed: 18797130)
48. Yuko Shiba, Takashi Kinoshita, Hiroshi Chuman, Yutaka Taketani, Eiji Takeda, Yoji Kato, Michitaka Naito, Kyuichi Kawabata, Akari Ishisaka, Junji Terao and Yoshichika Kawai :
Flavonoids as Substrates and Inhibitors of Myeloperoxidase : Molecular Actions of Aglycone and Metabolites,
Chemical Research in Toxicology, Vol.21, No.8, 1600-1609, 2008.
(DOI: 10.1021/tx8000835,   PubMed: 18620432)
49. Akiko Taniguchi, Hisami Okumura, Yuka Nishida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Natto and viscous vegetables in a Japanese style meal suppress postprandial glucose and insulin responses,
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.17, No.4, 663-668, 2008.
(PubMed: 19114406,   Elsevier: Scopus)
50. Takashi Uebanso, Hidekazu Arai, Yutaka Taketani, Makiko Fukaya, Hironori Yamamoto, Akira Mizuno, Keisuke Uryu, Takahiko Hada and Eiji Takeda :
Extracts of Momordica charantia suppress postprandial hyperglycemia in rats.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.53, No.6, 482-488, 2007.
(DOI: 10.3177/jnsv.53.482,   PubMed: 18202535)
51. Yutaka Taketani, Emi Shuto, Hidekazu Arai, Yuka Nishida, Rieko Tanaka, Takashi Uebanso, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Eiji Takeda :
Advantage of a low glycemic index and low phosphate diet on diabetic nephropathy and aging-related diseases.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 359-365, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 111542,   DOI: 10.2152/jmi.54.359,   PubMed: 17878688)
52. Dai Matsumoto, Hisami Okumura, Hidekazu Arai, Masae Sakuma, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Yoshiko Tani, Yuji Morine, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Nutritional treatment of a patient with hepatic cirrhosis with the novel low glycemic index liquid food (Inslow).,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 375-380, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 111545,   DOI: 10.2152/jmi.54.375,   PubMed: 17878691)
53. Kazusa Sato, Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Makiko Fukaya, Tadatoshi Sato, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Dietary palatinose and oleic acid ameliorate disorders of glucose and lipid metabolism in zucker fatty rats.,
The Journal of Nutrition, Vol.137, No.8, 1908-1915, 2007.
(DOI: 10.1093/jn/137.8.1908,   PubMed: 17634263,   CiNii: 80018293433)
54. Naoki Sawada, Yutaka Taketani, Norio Amizuka, Masako Ichikawa, Chiharu Ogawa, Kaori Nomoto, Kunitaka Nashiki, Tadatoshi Sato, Hidekazu Arai, Masashi Isshiki, Hiroko Segawa, Hironori Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Caveolin-1 in extracellular matrix vesicles secreted from osteoblasts.,
Bone, Vol.41, No.1, 52-58, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bone.2007.02.030,   PubMed: 17448744)
55. Makiko Fukaya, Akira Mizuno, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Takashi Uebanso, Kaoru Matuo, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Mechanism of rapid-phase insulin response to elevation of portal glucose concentration.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.293, No.2, E515-22, 2007.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00536.2006,   PubMed: 17473051)
56. Yoshiko Tani, Tadashi Sato, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Naoki Sawada, Kaori Genjida, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Effects of prolonged high phosphorus diet on phosphorus and calcium balance in rats.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.40, No.3, 221-228, 2007.
(DOI: 10.3164/jcbn.40.221,   PubMed: 18398500)
57. Kaoru Matsuo, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Makiko Fukaya, Tadashi Sato, Akira Mizuno, Masae Sakuma, Hisami Okumura, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
The anti-obesity effect of the palatinose-based formula Inslow is likely due to an increase in the hepatic PPAR-α and adipocyte PPAR-γ gene expressions.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.40, No.3, 234-241, 2007.
(DOI: 10.3164/jcbn.40.234,   PubMed: 18398502)
58. Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Yutaka Taketani, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
Parafibromin tumor suppressor enhances cell growth in the cells expressing SV40 large T antigen.,
Oncogene, Vol.26, No.42, 6176-6183, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 109649,   DOI: 10.1038/sj.onc.1210445,   PubMed: 17404568)
59. K Yamamoto, N Shimizu, S Obi, S Kumagaya, Yutaka Taketani, A Kamiya and J Ando :
Involvement of cell-surface ATP synthase in flow-induced ATP release by vascular endothelial cells.,
American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.293, No.3, H1646-53, 2007.
(DOI: 10.1152/ajpheart.01385.2006,   PubMed: 17545472)
60. Hiroko Segawa, Setsuko Yamanaka, Akemi Onitsuka, Yuka Tomoe, Masashi Kuwahata, Mikiko Ito, Yutaka Taketani and Ken-ichi Miyamoto :
Parathyroid hormone-dependent endocytosis of renal type IIc Na-Pi cotransporter.,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.292, No.1, F395-F403, 2007.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00100.2006,   PubMed: 16985216)
61. Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Masae Sakuma, Makiko Fukaya, Kaoru Matsuo, Kazusa Muto, Hajime Sasaki, Motoi Matsuura, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Effects of a palatinose-based liquid diet (Inslow) on glycemic control and the second-meal effect in healthy men.,
Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.56, No.1, 115-121, 2007.
(DOI: 10.1016/j.metabol.2006.09.005,   PubMed: 17161233)
62. Yoko Mizuha, Hironori Yamamoto, Tadatoshi Sato, Mitsuyoshi Tsuji, Masashi Masuda, Masayuki Uchida, Kentaro Sakai, Yutaka Taketani, Koji Yasutomo, Hajime Sasaki and Eiji Takeda :
Water extract of Cordyceps sinensis (WECS) inhibits the RANKL-induced osteoclast differentiation.,
BioFactors, Vol.30, No.2, 105-116, 2007.
(PubMed: 18356582)
63. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, K. Muto, K. Matsuo, M. Sakuma, M. Fukaya, Hironori Yamamoto and Yutaka Taketani :
Gene expression in low glycemic index diet-impact on metabolic control,
Forum of Nutrition, Vol.59, 127-139, 2007.
(DOI: 10.1159/000107089,   PubMed: 17684409,   Elsevier: Scopus)
64. Yuka Nishida, Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Fumiaki Imamura, Akiko Taniguchi, Tadatoshi Sato, Emi Shuto, Kunitaka Nashiki, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Acute effect of oral phosphate loading on serum fibroblast growth factor 23 levels in healthy men.,
Kidney International, Vol.70, No.12, 2141-2147, 2006.
(DOI: 10.1038/sj.ki.5002000,   PubMed: 17063170)
65. 宮本 賢一, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子, 辰巳 佐和子, 竹谷 豊 :
リンとビタミンDの相互作用,
整形・災害外科, Vol.49, No.12, 1365-1370, 2006年.
(CiNii: 40015161008)
66. Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Naoki Sawada, Kunitaka Nashiki, Mitsuyoshi Tsuji, Kazusa Muto, H Kume, Hajime Sasaki, Hidekazu Arai, Takeshi Nikawa, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Restraint stress alters the duodenal expression of genes important for lipid metabolism in rat.,
Toxicology, Vol.227, No.3, 248-261, 2006.
(DOI: 10.1016/j.tox.2006.08.009,   PubMed: 16962226)
67. Hisami Okumura, Taki Nakamura, Harumi Takeuchi, Hidenori Miyake, Takafumi Katayama, Hidekazu Arai, Yutaka Taketani, Masahiko Fujii, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Effect of late evening snack with rice ball on energy metabolism in liver cirrhosis.,
European Journal of Clinical Nutrition, Vol.60, No.9, 1067-1072, 2006.
(DOI: 10.1038/sj.ejcn.1602420,   PubMed: 16508643)
68. Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Naoki Sawada, Kunitaka Nashiki, Mitsuyoshi Tsuji, Takeshi Nikawa, Hidekazu Arai, Kyoko Morita, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Immobilization decreases duodenal calcium absorption through a 1,25-dihydroxyvitamin D-dependent pathway.,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.4, 291-299, 2006.
(DOI: 10.1007/s00774-006-0686-z,   PubMed: 16816923)
69. Eiji Takeda, Yutaka Taketani, Kunitaka Nashiki, Mayumi Nomoto, Emi Shuto, Naoki Sawada, Hironori Yamamoto and Masashi Isshiki :
A novel function of phosphate-mediated intracellular signal transduction pathways,
Advances in Enzyme Regulation, Vol.46, No.1, 154-161, 2006.
(DOI: 10.1016/j.advenzreg.2006.01.003,   PubMed: 16846635)
70. Hironori Yamamoto, Yoshiko Tani, Kumi Kobayashi, Yutaka Taketani, Tadatoshi Sato, Hidekazu Arai, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, John Wesley Pike, Shigeaki Kato and Eiji Takeda :
Alternative promoters and renal cell-specific regulation of the mouse type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter gene,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1732, No.1-3, 43-52, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbaexp.2005.11.003,   PubMed: 16380173)
71. Kunitaka Nashiki, Yutaka Taketani, Tomoko Takeichi, Naoki Sawada, Hironori Yamamoto, Masako Ichikawa, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Role of membrane microdomains in PTH-mediated down-regulation of NaPi-IIa in opossum kidney cells,
Kidney International, Vol.68, No.3, 1137-1147, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1523-1755.2005.00505.x,   PubMed: 16105044)
72. Naomi Tanoue, Akira Takahashi, Keinosuke Okamoto, Yoshio Fujii, Yutaka Taketani, Nagakatsu Harada, Masayuki Nakano and Yutaka Nakaya :
A pore-forming toxin produced by Aeromonas sobria activates cAMP-dependent Cl- secretory pathways to cause diarrhea,
FEMS Microbiology Letters, Vol.242, No.2, 195-201, 2005.
(DOI: 10.1016/j.femsle.2004.11.009,   PubMed: 15621437)
73. 竹内 里美, 竹内 晴美, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊, 山田 静恵, 高橋 保子, 武田 英二 :
血清アルブミン濃度からみたNST活動の意義と改善点,
日本病態栄養学会誌, Vol.8, No.1, 23-30, 2005年.
74. Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Kaoru Matsuo, Makiko Fukaya, Hajime Sasaki, Hirofumi Arima, Motoi Matsuura, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda :
Effect of a novel palatinose-based liquid balanced formula (MHN-01) on glucose and lipid metabolism in male Sprague-Dawley rats after short- and long-term ingestion.,
Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.53, No.8, 977-983, 2004.
(DOI: 10.1016/j.metabol.2004.03.004,   PubMed: 15281004)
75. Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Kunitaka Nashiki, Tadatoshi Sato, Hidekazu Arai and Yutaka Taketani :
Inorganic phosphate homeostasis and the role of dietary phosphorus.,
Journal of Cellular and Molecular Medicine, Vol.8, No.2, 191-200, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1582-4934.2004.tb00274.x,   PubMed: 15256067,   Elsevier: Scopus)
76. Yutaka Taketani, Mayumi Nomoto, Hironori Yamamoto, Masashi Isshiki, Kyoko Morita, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto, Shigeaki Kato and Eiji Takeda :
Increase in IP3 and intracellular Ca2+ induced by phosphate depletion in LLC-PK1 cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.305, No.2, 287-291, 2003.
(DOI: 10.1016/S0006-291X(03)00750-2,   PubMed: 12745071)
77. Eiji Takeda, Kyoko Sakamoto, Kimi Yokota, Maiko Shinohara, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Hironori Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto and Mitsuo Shibayama :
Phosphorus supply per capita from food in Japan between 1960 and 1995,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.48, No.2, 102-108, 2002.
(PubMed: 12171429)
78. Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Hajime Koyama, Yutaka Taketani, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya, Eiji Takeda and Toshiaki Tamaki :
Hydrogen Peroxide Stimulates c-Src-mediated Big Mitogen-activated Protein Kinase 1(BMK1) and the MEF2C Signaling Pathway in PC12 Cells,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.277, No.11, 9614-9621, 2002.
(DOI: 10.1074/jbc.M111790200,   PubMed: 11782488,   CiNii: 80015264938)
79. Osamu Yanagida, Yoshikatsu Kanai, Arthit Chairoungdua, Do Kyung Kim, Hiroko Segawa, Tomoko Nii, Seok Ho Cha, Hirotaka Matsuo, Jun-ichi Fukushima, Yoshiki Fukasawa, Yoshiko Tani, Yutaka Taketani, Hiroshi Uchino, Ju Young Kim, Jun Inatomi, Isao Okayasu, Ken-ichi Miyamoto, Eiji Takeda, Tomoyuki Goya and Hitoshi Endou :
Human L-type amino acid transporter 1(LAT1):/characterization of function and expression in tumor cell lines,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1514, No.2, 291-302, 2001.
(DOI: 10.1016/S0005-2736(01)00384-4,   PubMed: 11557028)
80. Tomoko Nii, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Yoshiko Tani, Makiko Ohkido, Sachie Kishida, Mikiko Ito, Hitoshi Endou, Yoshikatsu Kanai, Eiji Takeda and Ken-ichi Miyamoto :
) Molecular events involved in up-regulating human Na+-independent neutral amino acid transporter LAT1 during T-cell activation,
The Biochemical Journal, Vol.358, No.3, 693-704, 2001.
81. Takehisa Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto, Keiichi Ozono, Yutaka Taketani, Kanako Katai, Akimitsu Miyauchi, Masaaki Shima, Hideki Yoshikawa, Kosei Yoh, Eiji Takeda and Shintaro Okada :
Hypophosphatemic rickets accompanying McCune Albright syndrome: evidence that a humoral factor causes hypophosphatemia,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.19, No.5-6, 287-295, 2001.
(DOI: 10.1007/s0077410190287,   PubMed: 11498730)
82. Takeharu Tonai, Kei-ichiro Shiba, Yutaka Taketani, Yasukazu Ohmoto, Kaori Murata, Masahiro Muraguchi, Hiroyuki Ohsaki, Eiji Takeda and Takehiko Nishisho :
A neutrophil elastase inhibitor (ONO-5046) reduces neurologic damage after spinal cord injury in rats,
Journal of Neurochemistry, Vol.78, No.5, 1064-1072, 2001.
(DOI: 10.1046/j.1471-4159.2001.00488.x,   PubMed: 11553680)
83. Tomoko Nii, Yutaka Taketani, Yoshiko Tani, Ichiro Ohkido, Hiroko Segawa, Hitonori Yamamoto, Kyoko Morita, Kanshi Minamitani, Masanori Minagawa, Toshiyuki Yasuda, Hiroo Niimi, Akimitsu Miyauchi, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Direct demonstration of humorally mediated inhibition of the transcription of phosphate transporter in XLH patients,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.5, No.3, 144-152, 2001.
(DOI: 10.1007/s101570170002,   Elsevier: Scopus)
84. Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto, Michiko Yoshida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Megumi Kubota, Shigeko Yoshida, Mikiko Ikeda, F Watabe, Y Kanemasa and Eiji Takeda :
The polymorphism in the caudal-related homeodomain protein Cdx-2 binding element in the human vitamin D receptor gene,
Journal of Bone and Mineral Research, Vol.16, No.7, 1256-1264, 2001.
85. Kanako Katai, Ken-ichi Miyamoto, Sachie Kishida, Hiroko Segawa, Tomoko Nii, Hiroko Tanaka, Yoshiko Tani, Hidekazu Arai, Sawako Tatsumi, Kyoko Morita, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Regulation of intestinal Na+-dependent phosphate co-transporters by a low-phosphate diet and 1,25-dihydroxyvitamin D3.,
The Journal of Biochemistry, Vol.343, No.3, 705-712, 1999.
86. Hisami Okumura, Kaori Genjida, Kimi Yokota, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, Hidenori Miyake, Seiki Tashiro and Eiji Takeda :
Daily pattern of energy metabolism in cirrhosis.,
Nutrition, Vol.15, No.10, 749-754, 1999.
(DOI: 10.1016/S0899-9007(99)00149-5,   PubMed: 10501287)
87. Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Yuka Iemori, Kyoko Morita, Takeharu Tonai, Takehiko Nishisho, Shigenobu Mori and Eiji Takeda :
A vitamin D receptor gene polymorphism in the translation initiation codon: effect on protein activity and relation to bone mineral density in Japanese women.,
Journal of Bone and Mineral Research, Vol.12, No.6, 915-921, 1997.
88. Kanako Katai, Hiroko Segawa, Hiromi Sakata-Haga, Kyoko Morita, Hidekazu Arai, Sawako Tatsumi, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto, Setsuji Hisano, Yoshihiro Fukui and Eiji Takeda :
Acute regulation by dietary phosphate of the sodium-dependent phosphate transporter (NaP(i)-2) in rat kidney.,
The Journal of Biochemistry, Vol.121, No.1, 50-55, 1997.
89. Eiji Takeda, K. Takata, H. Yamanaka, Yutaka Taketani, K. Morita, Ken-ichi Miyamoto, Masayuki Shono, S. Teshima and Kazuhito Rokutan :
Vitamin D3 elicits calcium response and activates blood monocyte-derived macrophages from patients with vitamin D dependent rickets type II.,
FEBS Letters, Vol.4, No.364, 157-160, 1996.
90. Eiji Takeda, Kazumi Takata, Hisami Yamanaka, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, Masayuki Shono, Shigetada Teshima and Kazuhito Rokutan :
Vitamin D3 elicits calcium response and activates blood monocyte-derived macrophages from patients with vitamin D dependent rickets type 2,
FEBS Letters, Vol.396, 157-160, 1996.
91. Eiji Takeda, Kazumi Takata, Hisami Yamanaka, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, Masayuki Shono, Shigetada Teshima and Kazuhito Rokutan :
Vitamin D3 elicits calcium response and activates blood monocyte-derived macrophages from patients with vitamin D dependent rickets type 2,
FEBS Letters, Vol.396, 157-160, 1996.

学術論文(紀要・その他):

1. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Kaoru Matsuo, Masae Sakuma, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Yutaka Taketani :
Gene expression in low glycemic index diet - impact on metabolic control.,
Forum Nutrition, Vol.60, 127-139,
2. 宮本 賢一, 竹谷 豊 :
食餌性リンによる血管障害,
日本透析医会雑誌, Vol.30, No.1, 128-133, 2015年.
3. Nozomi Yokoyama, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Masayuki Iwano and Eiji Takeda :
Association with Fetuin-A and Ectopic Calcification in -Klotho Mutant Mice.,
American Society of Nephrology Kidney Week 2013, Atlanta, USA, 2013.
4. Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Yuka Nishida, Tadatoshi Sato, Naoki Sawada and Yutaka Taketani :
Phosphate restriction in diet therapy.,
Contributions to Nephrology, Vol.155, 113-124, 2007.
(DOI: 10.1159/000101004,   PubMed: 17369719)
5. 竹内 晴美, 奥村 仙示, 中村 多希, 竹内 里美, 新井 英一, 竹谷 豊, 藤井 正彦, 三宅 秀則, 田代 正記, 武田 英二 :
SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討,
栄養-評価と治療, Vol.21, 573-577, 2004年.
(CiNii: 80017155664)

総説・解説:

1. 竹谷 豊 :
リンと心血管疾患,
薬事日報, No.12010, 14-15, 2018年4月.
2. 竹谷 豊, 伊美 友紀子, 多々納 浩, 福田 詩織, 増田 真志 :
児童生徒の食と健康(2)児童生徒の成長と骨の健康維持,
栄養教諭 : 食育読本, No.46, 18-22, 2017年.
(CiNii: 40021080176)
3. 竹谷 豊, 伊美 友紀子, 楢﨑 遥子, 増田 真志, 奥村 仙示 :
教授就任記念講演 慢性腎臓病におけるリン代謝異常と食事管理,
四国医学雑誌, Vol.72, No.5, 171-176, 2016年12月.
(CiNii: 120006361020)
4. Yutaka Taketani, Fumihiko Koiwa and Keitaro Yokoyama :
Management of phosphorus load in CKD patients.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.21, No.Suppl 1, 27-36, Nov. 2016.
(DOI: 10.1007/s10157-016-1360-y,   PubMed: 27896453)
5. 竹井 悠一郎, 谷村 綾子, 竹谷 豊 :
微量元素・ビタミン不足の評価 (特集 栄養障害患者の評価),
内分泌・糖尿病・代謝内科 = Endocrinology, diabetology & metabolism, Vol.43, No.3, 190-195, 2016年9月.
(CiNii: 40020965839)
6. 竹谷 豊, 伊美 友紀子, 杉原 康平 :
ビタミン・ミネラルと糖尿病,
ホルモンと臨床, Vol.62, No.3, 211-215, 2016年3月.
7. 奥村 仙示, 多々納 浩, 梶浦 大資, 山口 智勢, 増田 真志, 竹谷 豊 :
生活習慣病の要:栄養教育と実践,
Clinical Calcium, Vol.26, No.3, 101-106, 2016年.
8. 竹谷 豊 :
生活習慣病予防のための生活習慣,
めんたるへるす, No.64, 40-44, 2015年12月.
9. 武田 英二, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
新規シグナルとしてのリン酸(<特集>ビタミンB研究委員会平成26年度シンポジウム「ビタミン・バイオファクターの生理機能に関する最新の話題」),
ビタミン, Vol.89, No.8, 393-396, 2015年8月.
(CiNii: 110009978428)
10. 武田 英二, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
新規シグナルとしてのリン酸,
ビタミン, Vol.89, No.8, 393-396, 2015年8月.
11. 竹谷 豊, 伊美 友紀子, Abuduli Maerjianghan :
リンの有する新しい作用,
Clinical Calcium, Vol.25, No.7, 1015-1021, 2015年6月.
(PubMed: 26119314,   Elsevier: Scopus)
12. 宮本 賢一, 竹谷 豊 :
食餌性リンによる血管障害,
日本透析医学会雑誌, Vol.30, No.1, 128-133, 2015年4月.
13. 武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範 :
小児疾患および成人疾患からみたビタミンD栄養学,
ビタミン, Vol.88, No.10, 499-506, 2014年10月.
(CiNii: 110009891160)
14. 武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範 :
小児疾患および成人からみたビタミンD栄養学,
ビタミン, Vol.10, 499-506, 2014年.
15. 奥村 仙示, 大南 博和, 竹谷 豊, 武田 英二 :
「日本食」の食卓を科学的に評価する③ニュートリゲノミクスを用いた日本食の評価,
PRACTICE, Vol.31, No.3, 31-34, 2014年.
16. 奥村 仙示, 足立 知咲, 周 蓓, 竹谷 豊, 武田 英二 :
「日本食」の食卓を科学的に評価する②日本食を用いたボリュメトリクス(Volumetrics):エネルギー密度(ED)に注目した低エネルギーでも満腹度・満足度の高い食事,
PRACTICE, Vol.31, No.2, 159-163, 2014年.
17. 奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 :
「日本食」の食卓を科学的に評価する①食後高血糖を抑制する食事,
PRACTICE, Vol.31, No.1, 31-34, 2014年.
18. 竹谷 豊, 大南 博和, 中橋 乙起, 池田 翔子 :
ビタミンD結合タンパク質の遺伝子多型と疾患(<特集>「ビタミンと遺伝子多型」-ビタミンD-),
ビタミン, Vol.87, No.9, 506-513, 2013年9月.
(CiNii: 110009636191)
19. 中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 阿部 航太郎, 竹谷 豊, 武田 英二 :
慢性腎不全時のリン制限食を用いた栄養療法は,腎性貧血の発症進展を予防する,
四国医学雑誌, Vol.68, No.5-6, 270-271, 2012年12月.
20. 武田 英二, 山本 浩範, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
リンの栄養学 健康と疾患(解説),
香川県小児科医会会誌, No.33, 35-39, 2012年6月.
(CiNii: 40019392175)
21. 武田 英二, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
うつ病と栄養 (特集 メンタルヘルスと栄養),
四国医学雑誌, Vol.68, No.1, 3-8, 2012年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 97911,   CiNii: 40019338705)
22. 武田 英二, 山本 浩範, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
栄養素輸送システムと食品機能,
消化と吸収, Vol.34, No.2, 11-19, 2012年2月.
(CiNii: 10030299244)
23. 竹谷 豊, 福澤 健治 :
ビタミンと生活習慣病(特集:生活習慣病の栄養管理),
成人病と生活習慣病, Vol.41, No.11, 1343-1350, 2011年11月.
24. 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二, 宮本 賢一 :
ビタミンDとリン代謝, --- 加齢遺伝子とのかかわり ---,
CLINICAL CALCIUM, Vol.16, No.7, 1137-1142, 2006年7月.
25. 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
ビタミンDレセプター遺伝子多型と骨代謝,
臨床栄養, Vol.106, No.5, 580-586, 2005年5月.
26. 武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
特集「透析患者の栄養評価における新理論と新技術」Ⅰ総論:最近の栄養評価における理論と技術およびその問題点,
臨牀透析, Vol.20, No.12, 7-14, 2004年7月.
27. 武田 英二, 竹谷 豊 :
特集 - エビデンスからみた機能性食品の現状 2. 耐糖能改善食品(1)食物繊維,
栄養評価と治療, Vol.21, No.3, 237-240, 2004年6月.
28. 武田 英二, 竹谷 豊 :
生体におけるリンの役割と制御,
腎不全とリン, 17-21, 2004年6月.
29. Eiji Takeda, Yutaka Taketani, Naoki Sawada, Tadatoshi Sato and Hironori Yamamoto :
The regulation and function of phosphate in the human body,
BioFactors, Vol.21, No.1-4, 345-355, 2004.
(PubMed: 15630224,   Elsevier: Scopus)
30. 武田 英二, 新井 英一, 竹谷 豊 :
分子栄養学からみた糖尿病の予防と治療,
臨床栄養, Vol.103, No.5, 565-569, 2003年10月.
31. 武田 英二, 竹谷 豊, 三宅 秀則 :
肝疾患における低栄養の病態と治療,
肝·胆·膵, Vol.47, No.1, 93-98, 2003年7月.
32. 竹谷 豊, 武田 英二 :
重症心身障害児の至適投与熱量と栄養基質,
JJPEN輸液栄養, Vol.25, No.2, 63-67, 2003年2月.
33. 武田 英二, 梨木 邦剛, 竹谷 豊 :
ミネラルの生体での代謝と吸収,
FOOD Style 21, Vol.7, No.2, 41-46, 2003年2月.
34. 奥村 仙示, 中村 多希, 津田 紀子, 竹谷 豊, 國清 紀子, 高橋 保子, 武田 英二 :
肝硬変の栄養療法-夜食による早朝空腹時のエネルギー代謝改善効果-,
日本病態栄養学会誌, Vol.6, No.1, 17-20, 2003年.
35. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 一色 政志, 武田 英二 :
カルシウム・リン酸輸送とカベオラ,
腎と骨代謝, Vol.15, No.4, 343-349, 2002年.
36. 竹谷 豊, 大久保 公美, 小林 くみ, 武田 英二 :
炎症性腸疾患の栄養アセスメント,
日本病態栄養学会誌, Vol.5, No.1, 45-48, 2002年.
37. Eiji Takeda, Kyoko Morita, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto and Ken-ichi Miyamoto :
Renal handling of phosphate,
Calcium In Internal Medicine, 137-148, 2002.

国際会議:

1. Kohta Ohnishi, Moe FUJIMOTO, Maiko SAKAI, Teppei FUKUDA, Aika OHNISHI, Hirokazu Ohminami, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Yoshichika Kawai and Yutaka Taketani :
Exploration of bioactive food factors for the control of autophagy flux,
The 7th International Conference on Food Factors, Dec. 2019.
2. Maiko SAKAI, Kohta Ohnishi, Masashi Masuda, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Taichi HARA and Yutaka Taketani :
Elucidation of the molecular mechanism underlying lysosomal activation in J774.1 cells by isorhamnetin treatment,
The 7th International Conference on Food Factors, Dec. 2019.
3. Maiko SAKAI, Kohta Ohnishi, Teppei FUKUDA, Masashi Masuda, Naomi Kanoh, Hisami Okumura, Yoshichika Kawai and Yutaka Taketani :
mTORC2 signaling is critical for lysosomal activation by isorhamnetin treatment in J774.1.,
FAOPS2019, Mar. 2019.
4. Serina Kabutoya, Masashi Masuda, Yuichiro Adachi, Yilimulati Timamu, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Yutaka Taketani :
Hypervitaminosis A contributes to abnormal iron metabolism in CKD,
American Society of Nephrology Kidney Week 2018 (San Diego, CA), Oct. 2018.
5. Mayu Hayashi, Shiori Fukuda, Maki Kishimoto, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda and Yutaka Taketani :
High phosphate diet before pregnancy dysregulates phosphate metabolism in neonatal offspring mice,
American Society of Nephrology Kidney Week 2018 (San Diego, CA), Oct. 2018.
6. Yoshida Risa, Masashi Masuda, Mori Yuki, Niida Yuki, Adachi Yuichiro, Kohta Ohnishi, Hisami Okumura, Yoshichika Kawai and Yutaka Taketani :
Sulforaphane induces lipolysis via lipophagy in mouse adipocyte,
Kern Lipid Conference, Vail, Colorado, Aug. 2018.
7. Niida Yuki, Masashi Masuda, Yoshizawa Aika, Adachi Yuichiro, Yimamu Yilimulati, Kabutoya Serina, Yoshida Risa, Hisami Okumura, Yoshichika Kawai, Miyazaki Makoto, Hironori Yamamoto and Yutaka Taketani :
Abnormal lipid metabolism in skeletal muscle mediates chronic kidney disease-induced sarcopenia,
ASN Kidney Week 2017, New Orleans, Nov. 2017.
8. Hi Tatano, Hisami Okumura, D Kajiura, Masashi Masuda, A Hirayama, T Soga, M Tomita and Yutaka Taketani :
Meat and fish consumption lead to differences in plasma N-acetylaspartate and trimethylamine N-oxide concentrations in healthy men,
12th Metabolomics Society Conference, Brisbane, Australia, Jun. 2017.
9. Yukiko Imi, Masashi Masuda, Maerjianghan Abuduli, Norie Yabiki, Hisami Okumura, Makoto Miyazaki and Yutaka Taketani :
High phosphorus induces the lipolysis through endoplasmic reticulum stress,
Kern Lipid Conference, Vail, Colorado, USA, Aug. 2016.
10. Hiroshi Tatano, Hisami Okumura, Daisuke Kajiura, C Kondo, A Hirayama, Kazuaki Mawatari, Yoshichika Kawai, Masashi Masuda and Yutaka Taketani :
Exploring the impact of consuming different types of meat on metabolome profiles using a GC-MS metabolomics approach,
11th Metabolomics Society Conference, Dublin, Jul. 2016.
11. Yoko Narasaki, Sayaka Matsuura, Mayumi Morinishi, Michiyo Yamasaki, Misaki Katsumoto, Tsuneyuki Noda and Yutaka Taketani :
Development of Phosphatemic Index for Evaluation of Phosphate-containing Foods,
XVIII International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease (ICRNM2016), Okinawa Convention Center, Ginowan, Okinawa, Apr. 2016.
12. Ken-ichi Miyamoto and Yutaka Taketani :
Phosphorus content in daily foods and drinks: Does it matter?,
XVIII International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Desease(ICRNM2016)., Apr. 2016.
13. 福田 詩織, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, 中尾 真理 and Yutaka Taketani :
Regulation of a-klotho expression by dietary phosphate during growth periods.,
ASN 2015 Renal week, San Diego, Nov. 2015.
14. Abuduli Maerjianghan, Ohminami Hirokazu, Tamaki Otani, Kubo Hiroshi, Ueda Haruka, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Effect of Dietary Phosphate on Glucose Metabolism by 18F-FDG PET/CT in Rats,
75th Scientific Sessions, American Diabetes Association, Boston Convenstion and Exhibition Center, Boston MA, June 5-9, 2015, Jun. 2015.
15. Yutaka Taketani, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto, Eiji Takeda and Hironori Yamamoto :
Niacin and Chronic Kidney Disease.,
ACN2015 Asian Congress of Nutrition., May 2015.
16. S Wada, Hisami Okumura, B Zhou, Yutaka Taketani, Takafumi Katayama, Yusuke Arakawa, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Effect of hepatectomy on energy metabolism in patients with liver cancer and cholangiocarcinoma by the difference of resection volume,
12th Asian Congress of Nutrition (ACN), May 2015.
17. H tatano, Hisami Okumura, B Zhou, Yutaka Taketani, Takafumi Katayama and Eiji Takeda :
Desire for protein and sweetness is stimulated by dietary habits of high fat intake,
12th Asian Congress of Nutrition (ACN), May 2015.
18. Yutaka Taketani, Haruka Ueda, Abuduli Maerjianghan and Hironori Yamamoto :
Correction of Hyperphosphosphatemia by Dietary Phosphorus Restriction or Phosphorus Binder Similarly Ameliorates Vascular Complications and Mineral Disorders in CKD Rats,
American Heart Association Scientific Sessions 2014 Nov. 15-19, 2014 - McCormick Place, Chicago Il., Nov. 2014.
19. Misaki Katsumoto, Michiyo Yamasaki, Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
SNPs Associated with Serum Phosphorus Concentration in Japanese,
American Society of Nephrology, kidney week 2014 Nov. 12-16, 2014 Philadelphia Convention Center, Philadelphia, PA, Nov. 2014.
20. Abuduli Maerjianghan, Yutaka Taketani, Hirokazu Ohminami, Haruka Ueda and Eiji Takeda :
Dietary Phosphate is a Novel Regulator of Glucose and Lipid Metabolism,
American Society of Nephrology, kidney week 2014 Nov. 12-16, 2014 Philadelphia Convention Center, Philadelphia, PA, Nov. 2014.
21. Hisami Okumura, K Sugihara, M Yamamoto, Yutaka Taketani, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Satoru Imura, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Recovery of non-protein respiratory quotient and health related quality of life after living-donor liver transplantation,
36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Sep. 2014.
22. Hisami Okumura, Akiyoshi Hirayama, Syoko Wada, Daisuke Kajiura, Masashi Masuda, Eiji Takeda, Yutaka Taketani, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Masaru Tomita and Tomoyoshi Soga :
Perioperative serum and urine metabolome analysis in patients with hepatocellular carcinoma,
37th European Congress for Nutrition and Metabolism, Lisbon, Portugal, 2015, September 5-8, Sep. 2014.
23. Kohei Sugihara, Hisami Okumura, Arisa Teramoto, Momo Yamamoto, Yutaka Taketani, Yu Saitou, Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
The non-protein respiratory quotient as biomarker for the recover from hepatectomy in patients with hepatocellular carcinoma.,
36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Geneva, Switzerland 2014, September 6-9, Sep. 2014.
24. Hisami Okumura, Kohei Sugihara, Momo Yamamoto, Yutaka Taketani, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Recovery of non-protein respiratory quotient and health related quality of life after living-donor liver transplantation.,
36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Geneva, Switzerland 2014, September 6-9, Sep. 2014.
25. Hisami Okumura, Akiyoshi Hirayama, Ayaka Kamimura, Satomi Yamasaki, Kohei Sugihara, Yutaka Taketani, Tomoyoshi Soga, Masaru Tomita and Eiji Takeda :
Metabolome analysis after hyper- and hypoglycemic food intake in healthy young men,
Tsuruoka, Yamagata, Japan, Jun. 2014.
26. Hironori Yamamoto, Mina Kozai, Tomohiro Kagawa, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Rina Onishi, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Thyroid Hormones Decrease Plasma 1,25-Dihydroxyvitamin D Levels through Transcriptional Repression of the Renal 25-Hydroxyvitamin D3 1-Hydroxylase Gene (CYP27B1),
American Society of Nephrology Kidney Week 2013, Atlanta, USA, Nov. 2013.
27. Haruka Ueda, Yutaka Taketani, Maerjianghan Abuduli, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Lanthanum Carbonate or Dietary P Restriction Ameliorates Endothelial Dysfunction in Adenine-Induced Chronic Kidney Disease Rats,
American Society of Nephrology Kidney Week 2014, Atlanta, USA, Nov. 2013.
28. Michiyo Yamasaki, Misaki Katsumoto, Yutaka Taketani, Hisami Okumura and Eiji Takeda :
Effects of Dietary Phosphorus Load on the Postprandial Blood Glucose and Glucose-Regulating Hormone Levels.,
American Society of Nephrology Kidney Week 2014, Atlanta, USA, Nov. 2013.
29. Wanjihia W Violet, Ohminami Hirokazu, Yutaka Taketani, Kikuko Amou, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Gestational Isocaloric High Fat High Sucrose Diet Causes More Severe Metabolic Complications in Offspring than Calorie Restriction.,
American Diabetes Association Scientific Session 2013, Chicago, IL, USA, Jun. 2013.
30. Violet Wanjihia, Hirokazu Ohminami, Yutaka Taketani, Kikuko Amou, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Metabolic programming of the steroyl-CoA desaturase 1 (SCD-1) gene after gestational isocaloric high fat high sucrose diet.,
8th Asia-Pacific conference on Clinical Nutrition, Tokyo, June 9-12, 2013, Jun. 2013.
31. Maerjianghan Abuduli, Yutaka Taketani, Hirokazu Ohminami, Haruka Ueda, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Effect of dietary phosphate-loading on glucose and lipid metabolism.,
8th Asia-Pacific Conference on Clinical Nutrition, Tokyo, Japan, June 9-12, 2013, Jun. 2013.
32. Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Health effect of phosphorus: cardiovascular disease and mortality.,
8th Asia-Pacific Conference on Clinical Nutrition, Tokyo, Japan, Jun. 2013.
33. 森本 優香, 佐久間 理英, 太田 紘之, 梅田 見名子, 石川 真, 竹谷 豊, 武田 英二, 新井 英一 :
24時間蓄尿を用いたリン摂取量の把握と妥当性の検討,
第16回日本病態栄養学会年次学術集会,京都,2013年1月12日~13日, 2013年1月.
34. Hironori Yamamoto, Nakao Mari, Nakahashi Otoki, Ikeda Shoko, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
The Expression Profiling of Intestinal Nutrient Transporter and Channel Genes in Ratas with Renal Failure.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.23, 951A, Oct. 2012.
35. Nakao Mari, Hironori Yamamoto, Nakahashi Otoki, Kozai Mina, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Dietary Phosphate Restriction Prevents Renal Anemia in Chronic Kidney Disease Model Rats.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.23, 792A, Oct. 2012.
36. Hironori Yamamoto, Otani Ayako, Yokoyama Nozomi, Onishi Rina, Takei Yuichiro, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Regional Up-regulation of 25-hydroxyvitamin D 1alpha-hydroxylase (CYP27B1) Gene Is Associated with the Pathogenesis of Ectopic Calcification in the Alpha Klotho Mutant Mice,
2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2012.
37. Ikeda Shoko, Hironori Yamamoto, Nakahashi Otoki, Kozai Mina, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Induction of the Intact and C-terminal FGF23 Levels and Its Gene Expression in Lipopolysaccharide-Induced Acute Inflammation,
2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2012.
38. Nakahashi Otoki, Hironori Yamamoto, Tanaka Sarasa, Kozai Mina, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto, Kato Shigeaki and Eiji Takeda :
Dietary Phosphorus Restriction Up-regulates the Ileal Fibroblast Growth Factor 15 Gene Expression through the Vitamin D Receptor Activation,
2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2012.
39. Hironori Yamamoto, Kikuchi Hiroko, Nakao Mari, Nakahashi Otoki, Tanaka Sarasa, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
THE EXPRESSION PROFILING OF INTESTINAL NUTRIENT TRANSPORTER GENES IN RATS WITH RENAL FAILURE,
XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease, Jun. 2012.
40. Yutaka Taketani, Yamasaki Michiyo, Ueda Haruka, Mori Yukari, Tanaka Terumi, Horie Daisuke, Ominami Hirokazu, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
INTERACTION BETWEEN DIETARY PHOSPHATE AND CARBOHYDRATE ON GLUCOSE AND PHOSPHATE METABOLISMS IN HEALTHY YOUNG MEN.,
XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease, Jun. 2012.
41. Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Mina Kozai, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Regulation of Phosphate Homeostasis by Steroid/thyroid Hormones and Its Receptors,
The International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF 2011), Taipei, Taiwan, Nov. 2011.
42. Yutaka Taketani, Tan Vu Van, Eriko Watari, Tomoyo Kitamura, Abudli Maerujianghan, Terumi Tanaka, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Hyperphosphatemia Causes Endothelial Dysfunction by Inhibiting Akt-Endothelial Nitric Oxide Synthase Pathway in Chronic Kidney Disease Rats,
American Heart Association Scientific Sessions 2011, Orlando, FL, USA, Nov. 2011.
43. Mina Kozai, Hironori Yamamoto, Ayako Otani, Shoko Ikeda, Otoki Nakahashi, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
hyroid Hormones Decrease the Plasma 1alpha, 25-dihydroxyvitamin D3 Levels through Transcriptional Repression of the Renal 25-hydroxyvitamin D3 1alpha-hydroxylase (CYP27B1) Gene,
American Society of Nephrology, Kidney Week 2011, Philadelphia, PA, USA, Nov. 2011.
44. Yutaka Taketani, Tomoyo Kitamura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Elevated Extracellular Phosphate Levels Down-Regulate Both Akt and AMP-Dependent Kinase in Endothelial Cells,
American Society of Nephrology, Kidney Week 2011, Philadelphia, PA, USA, Nov. 2011.
45. Tan Vu Van, Yutaka Taketani, Eriko Watari, Tomoyo Kitamura, Ken-ichi Miyamoto, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
ole of Akt-eNOS Signal Pathway in the Endothelial Dysfunction induced by Chronic Kidney Disease with Hyperphosphatemia.,
American Bone and Mineral Research (ASBMR) annual meeting, San Diego, CA, USA, Sep. 2011.
46. Shoko Ikeda, Hironori Yamamoto, Mina Kozai, Masashi Masuda, Sarasa Tanaka, Otoki Nakahashi, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Regulation of Renal Sodium-Dependent Phosphate Co-Transporters During Lipopolysaccharide-Induced Acute Inflammation.,
American Bone and Mineral Research (ASBMR) annual meeting, San Diego, CA, USA, Sep. 2011.
47. Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Mina Kozai, Sarasa Tanaka, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
All-Trans-Retinoic Acid Inhibits Intestinal Phosphate Uptake and Type IIb Sodium-Dependent Phosphate Co-Transporter Gene Expression in Rat.,
American Bone and Mineral Research (ASBMR) annual meeting, San Diego, CA, USA, Sep. 2011.
48. Hisami Okumura, Akiko Taniguchi-Fukatsu, Yuka Kawakami, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
NATTO AND VISCOUS VEGETABLES IN A JAPANESE STYLE BREAKFAST IMPROVED INSULIN SENSITIVITY, LIPID METABOLISM AND OXIDATIVE STRESS IN IMPAIRED GLUCOSE TOLERANCE SUBJECTS,
33rd ESPEN Congress on Clinical Nutrition & Metabolism, Göteborg, Sweden, Sep. 2011.
49. Eiji Takeda, Akiko Taniguchi-Fukatsu, Yuko Naniwa-Kuroki, Yuka Nishida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Hisami Okumura :
Natto And Viscous Vegetables Improved Insulin Sensitivity, Lipid Metabolism and Oxidative Stress in Impaired Glucose Tolerance Subjects,
7th Asia Pacific Conference of Clinical Nutrition, Bangkok, Thailand, Jun. 2011.
50. Ayako Otani, Hironori Yamamoto, Yuichiro Takei, Mina Kozai, Masashi Masuda, Shoko Ikeda, Otoki Nakahashi, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Regional Up-Regulation of 25-Hydroxyvitamin D 1a-Hydroxylase (CYP27B1) Gene Is Associated with the Pathogenesis of Ectopic Calcification in the alpha Klotho Mutant Mice,
American Society of Nephrology Renal Week 2010, Denver, Colorado, USA, November 16-21, 2010, Nov. 2010.
51. Masashi Masuda, Hironori Yamamoto, Mina Kozai, Yuichiro Takei, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Ayako Otani, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
All-Trans Retinoic Acid Maintains the Blood Phosphate Levels through the Positive and Negative Regulation of Type II Sodium-Dependent Phosphate Co-Transporter Family Genes in Kidney and Intestine,
American Society of Nephrology Renal Week 2010, Denver, Colorado, USA, November 16-21, 2010, Nov. 2010.
52. Tan Vu Van, Eriko Watari, Yutaka Taketani, Tomoyo Kitamura, Asuka Shiota, Ayako Tanimura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Dietary Phosphate Restriction Ameliorates Endothelial Function in Adenine-Induced Chronic Kidney Disease Model Rats,
American Society of Nephrology Renal Week 2010, Denver, Cololado, USA, November 16-21, 2010, Nov. 2010.
53. Tomoyo Kitamura, Yutaka Taketani, Eriko Watari, Asuka Shiota, Tan Vu Van, Terumi Tanaka, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Phosphoproteomic Analysis in the Endothelial Cells Damaged by Hyperphosphatemia,
American Heart Association Scientific Session 2010, Chicago, IL, USA, November 13-17, 2010, Nov. 2010.
54. Yuichiro Takei, Hironori Yamamoto, Tadashi Sato, Masashi Masuda, Ayako Otani, Yutaka Taketani, Beate Lanske and Eiji Takeda :
Up-regulation of Stanniocalcin 2 Expression by the Abnormality of Klotho-Fgf23 Signaling and Inhibition of Phosphate-induced Calcification in Aortic Vascular Smooth Muscle Cells,
American Society for Bone and Mineral Research 2010 Annual Meeting, Toronto, ON, Canada, October 15-19, 2010, Oct. 2010.
55. Mina Kozai, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Yuichiro Takei, Sarasa Tanaka, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto, Shigeaki Kato and Eiji Takeda :
Transrepression of Renal 25-hydroxyvitamin D3 1-hydroxylase (CYP27B1) Gene Expression by Thyroid Hormone Receptor 1,
American Society for Bone and Mineral Research 2010 Annual Meeting, Toronto, Canada, October 15-19, 2010, Oct. 2010.
56. Hisami Okumura, Akiko Taniguchi-Fukatsu, Yuka Kawakami, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Effect of viscous mixed meal on glucose lipid metabolism and oxidant stress,
33th ESPEN congress, Gothenburg, Sweden, Sep. 2010.
57. Hirokazu Ominami, Kikuko Amou, Yutaka Taketani, Takashi Uebanso, Kazusa Sato, Makiko Fukaya, Hidekazu Arai, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Combined Efects of Dietary Carbohydrate and Fat on Tissue Fatty Acid Composition and Insulin Resistance,
American Diebetes Association 70th Scientific Sessions 2010, Orlando, FL, USA, June 25-29, 2010, Jun. 2010.
58. Takashi Uebanso, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Kikuko Amou, Hidekazu Arai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Ayako Tanimura, Hisami Okumura and Eiji Takeda :
Human FGF21 Is Paradoxically Induced by Both Fasting and Over-Feeding Signals - Is FGF21 a Nutritional Adaptation Factor?,
American Diebetes Association 70th Scientific Sessions 2010, Orlando, FL, USA, June 25-29, 2010, Jun. 2010.
59. Kikuko Amou, Hirokazu Ominami, Yutaka Taketani, Kazusa Sato, Makiko Fukaya, Takashi Uebanso, Hidekazu Arai, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
The Interaction of Dietary Carbohydrate and Fat on Pancreatic Islet Dysfunction Mediated by Glucolipotoxicity,
American Diebetes Association 70th Scientific Sessions 2010, Orlando, FL, USA, June 25-29, 2010, Jun. 2010.
60. Emi Shuto, Yutaka Taketani, W Kusunise, T Tanaka, D Horie, Kikuko Amou, Hironori Yamamoto, Tohru Sakai and Eiji Takeda :
Excessive dietary phosphorus acutely impairs endothelial function in healthy men,
The American Society of Nephrology 42nd ANNUAL MEETING & Scientific Exposition, San Diego, Oct. 2009.
61. Emi Shuto, Yutaka Taketani, R Tanaka, Ayako Tanimura, T Uebanso, M Isshiki, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Yutaka Nakaya and Eiji Takeda :
Postprandial Hyperphosphatemia is a Novel Risk Factor for Cardiovascular Disease by Involving Endothelial Dysfunction,
American Society of Bone and Mineral Research 30th ANNUAL MEETING, Montreal, Sep. 2008.
62. Emi Shuto, Yutaka Taketani, R Tanaka, Ayako Tanimura, M Isshiki, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Hyperphosphatemia mediates oxidative stress in bovine aortic endothelial cells,
American Society of Bone and Mineral Research 29th ANNUAL MEETING, Honolulu, Sep. 2007.
63. Eiji Takeda, Yutaka Taketani, K. Nashiki, E. Shuto and Hironori Yamamoto :
PHOSPHATE-MEDIATED INTRACELLULAR SIGNAL TRANSDUCTION PATHWAYS AND IT'S FUNCTION,
Forty-Sixth International Symposium on `Regulation of Enzyme Activity and Synthesis in Normal and Neoplastic Tissues`, Bologna, Oct. 2005.
64. M. Tsuji, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, T. Sato, K. Nashiki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda :
Postprandial changes of serum fibroblast growth factor23(FGF23) levels on high phosphate diet in healthy men,
27th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Tennessee, USA, Sep. 2005.
65. Yutaka Taketani, K. Nashiki, A. Nakamura, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediated downregulation of so dium-dependent phosphate transporter(NaPi-IIa) in opossum kidney cells,
27th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Tennessee, USA, Sep. 2005.
66. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, M. Sakuma, Yutaka Taketani, Akira Mizuno, T. Doi, M. Koganei and H. Sasaki :
Effects of palatinose-based liquid diet (Inslow) intake on substrate oxidation and second meal effect in healthy men,
27th ESPEN Congress, Brussels, Belgium, Aug. 2005.
67. Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, M. Tsuji, T. Sato, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
A novel splicing variant transcript of the renal type a sodium-dependent phosphate cotransporter (NPT2a) gene is positively and negatively regulated by 1,25-dihydroxyvitamin D3 and phex cleavable humoral factors,
26th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Seattle, Oct. 2004.
68. Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, Hironori Yamamoto, N. Sawada, M. Ichikawa, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
PTH-stimulated signaling molecules that are involved in the endpcytosis of NaPi-IIa phosphate transporter are compartmentalized and activated in caveolae-like micro domains,
26th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Seattle, Oct. 2004.
69. T. Sato, Kyoko Morita, Y. Kado, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Y. Nii and Eiji Takeda :
Decreased Vitamin D-Dependent Intestinal Calcium Absorption in Immobilized Rats,
25th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Mineneapolis,Minnesota, USA, Sep. 2003.
70. 竹谷 豊, K. Nashiki, N. Sawada, 山本 浩範, M. Ichikawa, 森田 恭子, 新井 英一, 武田 英二 :
Subcellular Localizayion and PTH-Dependent Translocation of NaPi-IIa in Renal Proximal Tubular Cells,
25th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Mineneapolis,Minnesota, USA, 2003年9月.
71. Yutaka Taketani, N. Amizuka, C. Ogawa, N. Sawada, K. Nomoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
CAVEOLIN IN THE MATRIX VESICLES RELEASED FROM OSTEOBLAST,
2003年国際骨代謝学会・日本骨代謝学会第1回合同国際会議, Osaka, Jun. 2003.
72. Yutaka Taketani, M Nomoto, Hironori Yamamoto, Kyoko Morita, M Isshiki, S Kato and Eiji Takeda :
Induction of 25-hydroxyvitamin D-1alpha-hydroxylase mRNA by phosphate depletion,
24th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, San Antonio, Texas, USA, Sep. 2002.
73. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto, M. Kubota, S. Yoshida, Zhang Honghong, Yutaka Taketani, Kyoko Morita and Ken-ichi Miyamoto :
Human vitamin D receptor gene Expression in intestine and osteoporosis,
The 2nd China-Japan International Conference on Vitamins, Shanghai, Oct. 2001.
74. M. Iida, Kyoko Morita, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Internalization pathway of renal phosphate transporter mediated chloride channel,
23rd Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Phoenix,Arizona, Oct. 2001.
75. Hironori Yamamoto, K. Kobayashi, Y. Tani, Yutaka Taketani, Kyoko Morita, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto, S. Kato, J. Pike and Eiji Takeda :
Renal cell-specific regulation of type IIa sodium-dependent phosphate cotranspoter gene expression by 1, 25-dihydroxyvitamin D3,
23rd Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Phoenix,Arizona, Oct. 2001.
76. Kyoko Morita, M. Iida, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Effect of soybean isoflavone on bone metabolism,
17th International Congress of Nutrition, Vinna,Austria, Aug. 2001.

国内講演発表:

1. 池田 翔子, 山本 浩範, 増田 真志, 中橋 乙起, 橋本 脩平, 向原 理恵, 中尾 真理, 竹谷 豊, 武田 英二 :
敗血症時におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析,
第14回日本病態栄養学会年次学術集会,
2. 上番増 喬, 竹谷 豊, 山本 浩範, 阿望 幾久子, 田中 更沙, 新井 英一, 大南 博和, 奥村 仙示, 武田 英二 :
コレステロール摂取はFGF21mRNA発現を抑制する,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会,
3. 大南 博和, 阿望 幾久子, 竹谷 豊, 上番増 喬, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 :
組織の脂肪酸組成に対して食餌性糖・脂質の組合せが与える影響とインスリン抵抗性への関連性,
第53回日本糖尿病学会学術集会,
4. 坂井 麻衣子, 大西 康太, 大南 博和, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
mTORC2シグナルはマクロファージ様細胞において遺伝子発現調節を介してリソソーム活性を制御する,
第92回日本生化学会大会, 2019年9月.
5. 藤元 萌, 大西 康太, 坂井 麻衣子, 福田 哲平, 大西 愛花, 増田 真志, 奥村 仙示, 河合 慶親, 竹谷 豊 :
オートファジー活性を制御する食品成分の探索,
日本農芸化学会2019年度大会, 2019年3月.
6. 吉澤 和香, 中尾 真理, 伊美 友紀子, 矢引 紀江, 新井田 裕樹, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病に伴う骨ミネラル代謝異常(CKD-MBD)における骨ー筋連関,
第22回日本病態栄養学会年次学術集会(パシフィコ横浜), 2019年1月.
7. 足立 雄一郎, 増田 真志, 新井田 裕樹, 大西 康太, 内田 貴之, 奥村 仙示, 二川 健, 竹谷 豊 :
小胞体ストレス誘導下におけるレチノイン酸の影響,
第51回 日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2018年11月.
8. 新居 紗知, 勝本 美咲, 楢﨑 遥子, 世古 千裕, 山﨑 通世, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二, 竹谷 豊 :
一塩基多型rs1697421は食後血清リンに影響する,
第22回日本臨床内分泌病理学会学術集会(徳島大学大塚講堂), 2018年9月.
9. 吉田 里沙, 増田 真志, 森 優樹, 新井田 裕樹, 足立 雄一郎, 大西 康太, 河合 慶親, 二川 健, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
スルフォラファンのリポファジーを介した脂肪分解効果,
Food Congress 2018, 2018年9月.
10. 林 眞由, 福田 詩織, 竹谷 豊, 山本 浩範 :
妊娠前における食餌性リン負荷が新生仔マウスのリン代謝調節系に及ぼす影響,
第36回日本骨代謝学会学術集会(長崎ブリックホール), 2018年7月.
11. 山本 浩範, 福田 詩織, 増田 真志, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊 :
食餌性リンはNuclear factor-E2-related factor 2を介し酸化ストレス応答・解毒関連遺伝子の発現を調節する,
第36回日本骨代謝学会学術集会(長崎ブリックホール), 2018年7月.
12. 竹谷 豊, 伊美 友紀子, 増田 真志, 山本 浩範 :
リン過剰摂取の病態栄養学,
第36回日本骨代謝学会学術集会(長崎ブリックホール), 2018年7月.
13. 甲谷 芹奈, 増田 真志, イリムラティ イマム, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病における鉄代謝異常に対するレチノイン酸の影響,
日本ビタミン学会第70回大会(高槻現代劇場), 2018年6月.
14. 新井田 裕樹, 増田 真志, 吉澤 和香, 足立 雄一郎, 内田 貴之, 大西 康太, 河合 慶親, 二川 健, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病に伴う骨格筋の飽和脂肪酸蓄積はオートファジー不全を介して筋萎縮を誘発する,
日本ビタミン学会第70回大会(高槻現代劇場), 2018年6月.
15. 林 眞由, 福田 詩織, 岸本 麻希, 増田 真志, 竹谷 豊 :
妊娠前におけるリン過剰摂取が新生仔マウスのリン代謝調節系を撹乱する,
第59回日本生化学会中国・四国支部例会(米子市文化ホール), 2018年5月.
16. 吉田 里沙, 新井田 裕樹, 足立 雄一郎, 酒井 晶子, 奥村 仙示, 大西 康太, 内田 貴之, 河合 慶親, 山本 浩範, 二川 健, 竹谷 豊, 増田 真志 :
スルフォラファンのリポファジーを介した脂肪分解効果,
第72回日本栄養・食糧学会大会(岡山県立大学), 2018年5月.
17. 林 眞由, 福田 詩織, 岸本 麻希, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
妊娠前における食餌性リン負荷が新生仔マウスのリン代謝調節系に及ぼす影響,
第72回日本栄養・食糧学会大会(岡山県立大学), 2018年5月.
18. 竹谷 豊, 木藤 有紀, 伊美 友紀子, 奥村 仙示, 増田 真志 :
2.副甲状腺ホルモン初期分泌機構とその役割 (脂溶性ビタミン総合研究委員会・第353回会議研究発表要旨),
ビタミン, Vol.91, No.3, 208, 2018年.
(DOI: 10.20632/vso.91.3_208,   CiNii: 130006694345)
19. 酒井 晶子, 阿部 航太郎, 伊美 友紀子, Yilimurati Yimamu, 竹内 綾乃, 増田 真志, 奥村 仙示, 神戸 大朋, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病における亜鉛代謝異常と亜鉛補充食の効果,
第50回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2017年11月.
20. 甲谷 芹奈, 増田 真志, 新井田 裕樹, 足立 雄一郎, 山田 あかり, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病におけるレチノイン酸の腎性貧血に対する影響,
第50回日本栄養・食糧学会 中国四国支部大会, 2017年11月.
21. 吉田 里沙, 増田 真志, 青柳 咲紀, 伊美 友紀子, イリムラティ イマム, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
肥満に対するスルフォラファンの影響,
第50回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2017年11月.
22. 多々納 浩, 奥村 仙示, 穂満 史子, 増田 真志, 竹谷 豊 :
メタボローム解析による肉及び魚摂取バイオマーカーの探索,
第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月.
23. 穂満 史子, 奥村 仙示, 多々納 浩, 増田 真志, 竹谷 豊 :
メタボロミクスによる飲料摂取バイオマーカーの探索,
第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月.
24. 福田 詩織, 山本 浩範, 中橋 乙起, 増田 真志, 竹谷 豊 :
成長期における食餌性リンによるα-klotho発現制御,
第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月.
25. 新井田 裕樹, 増田 真志, 足立 雄一郎, イマム イリムラティ, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
骨格筋脂質代謝異常が慢性腎臓病に伴う尿毒症性サルコペニア(筋委縮)を誘発する,
第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月.
26. 多々納 浩, 奥村 仙示, 穂満 史子, 増田 真志, 竹谷 豊 :
メタボローム解析による肉及び魚摂取バイオマーカーの探索,
第64回日本栄養改善学会, 2017年9月.
27. 山口 智勢, 奥村 仙示, 多々納 浩, 井端 知咲, 藤岡 真理子, 窪田 友華, 近藤 知佳, 多々納 浩, 竹谷 豊 :
デンシエット(Densiet)によるカロリー密度(CD)に注目した低カロリー満腹食の開発,
第64回日本栄養改善学会, 2017年9月.
28. 穂満 史子, 奥村 仙示, 多々納 浩, 増田 真志, 竹谷 豊 :
メタボロミクスによる飲料摂取バイオマーカーの探索,
第64回日本栄養改善学会, 2017年9月.
29. 吾妻 雅彦, 長宗 雅美, 岩田 貴, 川添 和義, 石澤 啓介, 竹谷 豊, 西岡 安彦, 赤池 雅史 :
徳島大学における担当患者を用いた多職種連携教育の取り組み,
第49回日本医学教育学会大会, 2017年8月.
30. 竹谷 豊, 楢﨑 遙子, 奥村 仙示, 増田 真志 :
食事性リンとリン負荷指数,
第62回日本透析医学会学術集会・総会, 2017年6月.
31. 山本 浩範, 香川 知博, 中橋 乙起, 石黒 真理子, 増田 真志, 武田 英二, 竹谷 豊 :
生体ビタミンD代謝の日内リズムの制御機構の解明,
日本ビタミン学会第69回大会, 2017年6月.
32. 伊美 友紀子, 矢引 紀江, Abuduli Maerjianghan, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
高リン食による白色脂肪組織量の減少,
日本ビタミン学会第69回大会, 2017年6月.
33. 竹谷 豊, 福田 詩織, 奥村 仙示, 増田 真志 :
リンと心血管疾患:リン制限は寿命を延伸する?,
第17回日本抗加齢医学会総会, 2017年6月.
34. 新井田 祐樹, 増田 真志, 吉澤 和香, Yimamu Ilimulati, 吉田 里沙, 甲谷 芹奈, 奥村 仙示, 河合 慶親, 竹谷 豊, 山本 浩範 :
骨格筋脂質代謝異常が慢性腎臓病に伴うProtein Energy Wasting (CKD-PEW) を誘発する,
第71回 日本栄養・食糧学会大会, 2017年5月.
35. 織田 奈央子, 杉原 康平, 吉本 亜由美, 上番増 喬, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
高リン食摂取は腸内環境を変化させる,
日本栄養食糧学会, 322, 2017年5月.
36. 竹内 綾乃, 石田 陽子, 増田 真志, 竹谷 豊, 羽田 尚彦, 小笠原 明恵, 奥村 仙示 :
抗がん剤誘発性の悪心・嘔吐に対するホウレンソウ由来グリセロ糖脂質の抑制効果,
第71回 日本栄養・食糧学会大会, 2017年5月.
37. 山口 智勢, 奥村 仙示, 江角 遥佳, 増田 真志, 竹谷 豊 :
血糖値・血清インスリン濃度及び嗜好性に影響を与える脂質負荷量の検討,
日本病態栄養学会年次学術集会, 2017年1月.
38. 新井田 裕樹, 増田 真志, 吉澤 和香, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病に伴う脂質代謝異常がProtein Eneregy Wastingに与える影響,
日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2016年11月.
39. 山口 智勢, 奥村 仙示, 江角 遥佳, 増田 真志, 竹谷 豊 :
生体や嗜好性に影響を与える脂質負荷量の検討,
日本栄養・食糧学会 中国・四国支部, 2016年11月.
40. 多々納 浩, 奥村 仙示, 梶浦 大資, 近藤 千佳, 平山 明由, 馬渡 一諭, 河合 慶親, 増田 真志, 竹谷 豊 :
GC-MSを用いた肉の種類別の摂取バイオマーカーの探索,
第10回メタボロームシンポジウム, 2016年10月.
41. 楢崎 遥子, 勝本 美咲, 中川 倫美, 松野 真実, 野田 恒行, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
長期的なリン利尿調節因子FGF-23を指標としたリン負荷指数の妥当性の検討,
第19回日本病態栄養学会年次学術集会,パシフィコ横浜,神奈川県横浜市,2016年1月9日~10日, 2016年1月.
42. 杉原 康平, 増田 真志, 中尾 真理, Abuduli Maerjianghan, 石田 陽子, 山本 浩範, 武田 英二, 竹谷 豊 :
リンの過剰摂取はDSS誘発性大腸炎を悪化させる,
第19回日本病態栄養学会年次学術集会,パシフィコ横浜,神奈川県横浜市,2016年1月9日~10日, 2016年1月.
43. Abuduli Maerjianghan, 大南 博和, 阪上 浩, 大谷 環樹, 上田 遥香, 武田 英二, 竹谷 豊 :
食事性のリンが糖代謝に及ぼす影響:PET/CT用いた解析,
第36回日本肥満学会,名古屋国際会議場,愛知県名古屋市,2015年10月2日~3日, 2015年10月.
44. 和田 宵湖, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 松村 晃子 :
肝癌患者における重症度及び肝切除量の違いによる肝切除前後のエネルギー代謝へ及ぼす影響評価,
第62回日本栄養改善学会学術総会,福岡国際会議場,福岡県福岡市,2015年9月24日~26日, 2015年9月.
45. 楢崎 遥子, 勝本 美咲, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
FGF-23を指標としたリン負荷指数の妥当性の検討,
第62回日本栄養改善学会学術総会,福岡国際会議場,福岡県福岡市,2015年9月24日~26日, 2015年9月.
46. 多々納 浩, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
デンシエット弁当を用いた,脂質摂取の多い食習慣が嗜好性へ及ぼす影響についての検討,
第62回日本栄養改善学会学術総会,福岡国際会議場,福岡県福岡市,2015年9月24日~26日, 2015年9月.
47. 中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更沙, 竹谷 豊 :
マウスにおいて短期間の食餌性リン制限は回腸Fibroblast growth factor 15遺伝子発現量を増加させる,
第62回日本栄養改善学会学術総会,福岡国際会議場,福岡県福岡市,2015年9月24日~26日, 2015年9月.
48. 石田 陽子, 竹谷 豊, 羽田 尚彦 :
5-FU誘導性腸粘膜障害に対するホウレンソウ由来グリセロ糖脂質の防御効果,
第62回日本栄養改善学会学術総会,福岡国際会議場,福岡県福岡市,2015年9月24日~26日, 2015年9月.
49. 多々納 浩, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 増田 真志 :
生活習慣病の要:栄養教育と実践,
第62回日本栄養改善学会学術総会, 2015年9月.
50. 梶浦 大資, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 片山 貴文, 松村 晃子, 島田 光生, 平山 明由, 冨田 勝, 曽我 朋義 :
肝癌患者における肝切除前・後の血清及び尿中メタボローム解析,
第251回徳島医学会, 2015年8月.
51. 中尾 真理, 山本 浩範, 福田 詩織, 竹谷 豊, 武田 英二 :
食餌性リンによる鉄欠乏性貧血の進展及び鉄代謝に及ぼす影響,
第33回日本骨代謝学会学術集会,京王プラザホテル,東京都新宿区,2015年7月23日~25日, 2015年7月.
52. 福田 詩織, 山本 浩範, 中尾 真理, 武田 英二, 竹谷 豊 :
食餌性リンによる腎αーklotho発現制御と異所性石灰化の発症,
第33回日本骨代謝学会学術集会,京王プラザホテル,東京都新宿区,2015年7月23日~25日, 2015年7月.
53. 木藤 有紀, 阿部 航太郎, 中尾 真理, 大西 里奈, 伊美 友紀子, 石田 陽子, 矢引 紀江, 大南 博和, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
食事性リン摂取による副甲状腺ホルモン初期分泌機構の解明,
第58回日本腎臓学会学術総会,名古屋国際会議場,愛知県名古屋市,2015年6月5日~7日, 2015年6月.
54. 山本 浩範, 池田 翔子, 糸魚川 玲子, 加藤 愛理, 小寺 里奈, 源甲斐 優美, 石黒 真理子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
急性炎症時における生体ビタミンD代謝変動の解析,
日本ビタミン学会第67回大会,奈良県新公会堂,奈良県奈良市,2015年6月5日~6日, 2015年6月.
55. 中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 阿部 航太郎, 福田 詩織, 武田 英二, 竹谷 豊 :
慢性腎不全モデルラットにおける鉄代謝異常と食餌性リンの影響,
日本ビタミン学会第67回大会,奈良県新公会堂,奈良県奈良市,2015年6月5日~6日, 2015年6月.
56. 福田 詩織, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 中尾 真理, 横山 望, 吉川 亮平, 大西 里奈, 武田 英二, 竹谷 豊 :
成長期における食餌性リンによるalpha-klotho発現制御,
日本ビタミン学会第67回大会,奈良県新公会堂,奈良県奈良市,2015年6月5日~6日, 2015年6月.
57. 和田 宵湖, 奥村 仙示, 武田 英二, 竹谷 豊, 片山 貴文, 荒川 悠佑, 居村 暁, 島田 光生 :
肝癌患者における肝切除前後のエネルギー代謝変化の検討,
第2回日本栄養改善学会四国支部学術総会, 2015年4月.
58. 和田 宵湖, 奥村 仙示, 杉原 康平, 山本 モモ, 竹谷 豊, 島田 光生, 武田 英二 :
肝癌患者における切除量が切除前後のエネルギー代謝に及ぼす影響,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
59. 多々納 浩, 奥村 仙示, 周 蓓, 片山 貴文, 竹谷 豊, 武田 英二 :
脂質摂取量の多い食習慣による食欲や嗜好性への影響についての検討,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
60. 楢﨑 遥子, 竹谷 豊, 松浦 明香, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 :
食品毎のリン負荷指数の確立,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
61. 勝本 美咲, 竹谷 豊, 山崎 通世, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
日本人における血清リン濃度と関連するSNP,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
62. 杉原 康平, 奥村 仙示, 和田 宵湖, 山本 モモ, 竹谷 豊, 山田 眞一郎, 居村 暁, 島田 光生, 武田 英二 :
肝細胞癌患者における肝切除術後予後因子としての非蛋白質呼吸商,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
63. 伊美 友紀子, 竹谷 豊, Maerjianghan Abuduli, 矢引 紀江, 谷口 由莉, 大南 博和, 武田 英二 :
リン過剰摂取による脂肪量減少の意義,
第35回日本肥満学会 シーガイアコンベンションセンター,宮崎市 平成26年10月24-25日, 2014年10月.
64. 谷口 由莉, 竹谷 豊, 大南 博和, Maerjianghan Abuduli, 伊美 友紀子, 坂田 ひろみ, 山本 浩範, 武田 英二 :
食餌性リンが摂食調節機構に及ぼす影響,
第35回日本肥満学会 シーガイアコンベンションセンター,宮崎市 平成26年10月24-25日, 2014年10月.
65. 小林 謙一, 志賀 孝宏, 滝 拓也, 石井 京子, 石田 香織, 河田 哲典, 瀬川 博子, 宮本 賢一, 竹谷 豊, 田所 忠弘, 松井 芳光, 山本 祐司 :
ビタミンB12欠乏が腎臓におけるビタミンDや無機リンの再吸収に及ぼす影響,
第87回日本生化学会大会,平成26年10月15日—10月18日,国立京都国際会館, 2014年10月.
66. 竹谷 豊 :
リン代謝調節機構の破綻と心血管疾患,
第26回腎とフリーラジカル研究会シンポジウム「臨床への展開を目指した基礎研究からの情報発信」平成26年9月20日,ウインクあいち,名古屋, 2014年9月.
67. 竹谷 豊 :
徳島大学医科栄養学科における臨床栄養学教育の展望,
第3回日本栄養学教育学会ワークショップ,平成26年8月23日 神奈川県立保健福祉大学, 2014年8月.
68. 奥村 仙示, 足立 知咲, 松村 晃子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
低エネルギー密度の日本食摂取後における男女の嗜好性に対する違いの検討,
第61回日本栄養改善学会学術総会 平成26年8月20-22日 パシフィコ横浜, 2014年8月.
69. 勝本 美咲, 竹谷 豊, 奥村 仙示 :
CKD患者におけるリン制御指導のためのリン生体利用率評価法の確立,
第61回日本栄養改善学会学術総会 平成26年8月20-22日 パシフィコ横浜, 2014年8月.
70. 山本 浩範, 大西 里奈, 福田 詩織, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 武田 英二 :
FGF23/α-klothoシグナル異常による異所性石灰化発症とFetuin-Aの発現変動,
第32回日本骨代謝学会学術集会,平成26年7月24日—26日,大阪国際会議場, 2014年7月.
71. 松浦 明香, 竹谷 豊, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 :
食品中リンの生体利用率の評価,
第57回日本腎臓学会, 2014年7月.
72. 松浦 明香, 竹谷 豊, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 :
食品中リンの生体利用率の評価,
第57回日本腎臓学会学術総会 平成26年7月4-6日 パシフィコ横浜, 2014年6月.
73. 竹谷 豊, 松浦 明香, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 :
食品毎のリン生体利用率を利用したリン制限食の可能性,
第2回日本腎不全栄養研究会学術集会・総会 平成26年6月29日 新大阪ブリックビル, 2014年6月.
74. 竹谷 豊, 森西 真由美, 松浦 明香, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 奥村 仙示, 武田 英二 :
食品毎のリン生体利用率の違いを利用したリン制限食の可能性,
第2回日本腎不全栄養研究会, 2014年6月.
75. 山本 浩範, 向原 理恵, 中橋 乙起, 香川 知博, 藤本 和輝, 中尾 真理, 青木 菜摘, 柴田 重信, 竹谷 豊, 武田 英二 :
ビタミンD代謝の日内リズムの分子機構の解明および時間治療への応用,
日本ビタミン学会第66回大会,平成26年6月13日,14日,姫路商工会議所, 2014年6月.
76. 福田 詩織, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 横山 望, 吉川 亮平, 大西 里奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
食餌性リンによる腎α-kloyho発現制限と異所性石灰化の発症,
第68回日本栄養・食糧学会大会 平成26年5月30日-6月1日 札幌市教育文化会館,酪農学園大学, 2014年5月.
77. 多々納 浩, 奥村 仙示, 周 蓓, 竹谷 豊, 武田 英二 :
油摂取の多い食習慣による嗜好への影響についての検討,
第1回日本栄養改善学会四国支部学術総会,平成26年5月17日,徳島大学大塚講堂小ホール, 2014年5月.
78. 多々納 浩, 奥村 仙示, 周 蓓, 竹谷 豊, 武田 英二 :
油摂取の多い食習慣による嗜好への影響についての検討,
第1回中四国栄養改善学会, 2014年5月.
79. 竹谷 豊 :

第17回日本病態栄養学会(シンポジウム),大阪,1月11日~12日,2014年, 2014年1月.
80. 竹谷 豊 :
Emerging roles of sodium-dependent phosphate transporters in mineral metabolism, diseases and beyond.,
日本薬物動態学会第28回年会(シンポジウム),東京,10月9日~11日,2013年, 2013年10月.
81. 山崎 通世, 勝本 美咲, 竹谷 豊, 奥村 仙示 :
食後血糖上昇および糖代謝調節ホルモンに対して食事性リンが及ぼす影響,
第60回日本栄養改善学会学術総会,神戸,9月12日~14日,2013年, 2013年9月.
82. 竹谷 豊, 山本 浩範, 奥村 仙示, 武田 英二 :
CKD-MBDの管理における食事性リン,
第58回日本透析医学会学術集会・総会(ワークショップ),福岡,6月20日~23日,2013年, 2013年6月.
83. 吉川 亮平, 山本 浩範, 香川 知博, 中橋 乙起, 横山 望, 大西 里奈, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
マウス腎α-klotho発現に与える加齢および食事性リンの影響,
第67回日本栄養・食糧学会大会,名古屋,5月24日~26日,2013年, 2013年5月.
84. 中尾 真理, 山本 浩範, 阿部 航太郎, 中橋 乙起, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
リン補給は鉄欠乏性貧血の進展を予防する,
第67回日本栄養・食糧学会大会,名古屋,5月24日~26日,2013年, 2013年5月.
85. 山本 浩範, 香西 美奈, 香川 知博, 原田 永勝, 中橋 乙起, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
甲状腺ホルモンは腎臓25水酸化ビタミンD3ー1α水酸化酵素遺伝子(CYP27B1)の転写抑制により血中活性型ビタミンD濃度を低下させる,
第67回日本栄養・食糧学会大会,名古屋,5月24日~26日,2013年, 2013年5月.
86. 香川 知博, 山本 浩範, 香西 美奈, 原田 永勝, 向原 理恵, 竹谷 豊, 武田 英二 :
ビタミンD3-24水酸化酵素CYP24A1の新たな発現調節因子の同定,
日本ビタミン学会第65回大会,東京,5月17日~18日,2013年, 2013年5月.
87. 山本 浩範, 田尻 真梨, 中橋 乙起, 香西 美奈, 香川 知博, 竹谷 豊, 武田 英二 :
糖尿病時におけるビタミンD・カルシウム代謝異常の分子機構の解明,
日本ビタミン学会第65回大会,東京,5月17日~18日,2013年, 2013年5月.
88. 山本 浩範, 香西 美奈, 香川 知博, 竹谷 豊, 武田 英二 :
CKD,
第56回日本腎臓学会学術集会(ワークショップ),東京,5月10日~12日,2013年, 2013年5月.
89. 田尻 真梨, 山本 浩範, 中橋 乙起, 香川 知博, 竹谷 豊, 佐々木 一, 武田 英二 :
糖尿病時におけるビタミンD代謝異常の解明とリン制限食の治療効果,
第16回日本病態栄養学会年次学術集会,京都,2013年1月12日~13日, 2013年1月.
90. 竹谷 豊 :
腎疾患におけるリン・タンパク質,
第16回日本病態栄養学会年次学術集会,京都,2013年1月12日~13日, 2013年1月.
91. Maerjianghan Abduli, 竹谷 豊, 大南 博和, 上田 遙香, 谷口 由莉, 山本 浩範, 武田 英二 :
長期的高リン食摂取が糖代謝および脂質代謝に及ぼす影響(会議録),
肥満研究, Vol.18, No.Supplement, 175, 2012年9月.
92. 武田 英二, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
オーダーメイド栄養学 オーダーメイド臨床栄養管理,
New Diet Therapy, Vol.28, No.2, 109, 2012年9月.
93. 山本 浩範, 向原 理恵, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
生体リン・ビタミンD代謝の概日リズムの分子機構の解明,
第30回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 193, 2012年7月.
94. 山本 浩範, 大谷 彩子, 横山 望, 香西 美奈, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
α Klotho-Fgf23シグナル異常による25-ヒドロキシビタミンD3-1α水酸化酵素(CYP27B1)発現亢進と異所性石灰化発症の分子機構の解明,
第30回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 233, 2012年7月.
95. 武田 英二, 山本 浩範, 大谷 彩子, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫 :
1.局所的CYP27B1発現亢進による異所性石灰化(第334回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会),
ビタミン, Vol.86, No.5, 358-359, 2012年6月.
(CiNii: 110009471164)
96. 武田 英二, 山本 浩範, 大谷 彩子, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫 :
局所的CYP27B1発現亢進による異所性石灰化,
ビタミン, Vol.86, No.5-6, 358-359, 2012年6月.
97. 向原 理恵, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
1-III-11 リン・ビタミンD代謝の概日リズムの解析(一般演題要旨,日本ビタミン学会第64回大会講演要旨),
ビタミン, Vol.86, No.4, 244, 2012年4月.
(CiNii: 110009437231)
98. 上田 遙香, アブドリ マルジャンハン, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
CKDモデルラットにおける血管内皮機能障害に対する炭酸ランタンの効果(会議録),
日本腎臓学会誌, Vol.54, No.3, 321, 2012年4月.
99. 大南 博和, Wanjihia Violet, 竹谷 豊, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
肝臓の脂質代謝を制御する胎生期栄養環境(会議録),
糖尿病, Vol.55, No.Supplement.1, S336, 2012年4月.
100. 十河 未来, 山本 浩範, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 大谷 彩子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
炎症性腸疾患の発症および治癒過程におけるリン摂取量の重要性(会議録),
第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 151, 2012年4月.
101. 中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 田中 更沙, 竹谷 豊, 武田 英二 :
リン制限食摂取による腎性貧血の改善効果(会議録),
第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 152, 2012年4月.
102. 森本 優香, 佐久間 理英, 太田 紘之, 梅田 見名子, 石川 真, 竹谷 豊, 武田 英二, 新井 英一 :
24時間蓄尿を用いたリン摂取量の把握と妥当性の検討(会議録),
第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 168, 2012年4月.
103. 山本 浩範, 増田 真志, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
レチノイン酸はIIb型リン酸トランスポーターNpt2b発現を抑制し小腸リン吸収を低下させる(会議録),
第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 179, 2012年4月.
104. 大谷 彩子, 山本 浩範, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫, 武田 英二 :
リン·ビタミンD代謝異常による異所性石灰化発症の分子機構の解明,
第244回徳島医学会学術集会, 2012年2月.
105. 中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 田中 更沙, 竹谷 豊, 武田 英二 :
リン制限食による腎性貧血の改善効果,
第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
106. 大南 博和, 阿望 幾久子, 竹谷 豊, 佐藤 佳瑞智, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
食餌中の糖・脂質の異なる組合せがZucker fattyラットのインスリン感受性と骨格筋の脂肪酸組成に及ぼす影響,
第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
107. 向原 理恵, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
生体リン・ビタミンD代謝の概日リズムの分子機構,
第18回日本時間生物学会学術大会, 2011年11月.
108. 武田 英二, 山本 浩範, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
エピジェネティクスと糖尿病,
第33回日本臨床栄養学会総会 第32回日本臨床栄養協会総会 第9回大連合大会, 2011年10月.
109. 竹谷 豊 :
リン代謝恒常性の破綻と血管疾患,
第50回日本栄養・食糧学会近畿支部大会, 2011年10月.
110. 大南 博和, Wanjihia Violet, 竹谷 豊, 阿望 幾久子, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
出生後の代謝応答を調節する胎児栄養状態の重要性,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
111. 竹谷 豊, 上番増 喬, 大南 博和, 武田 英二 :
ヒトFGF21は絶食・飽食シグナルを感知する栄養代謝の変化に応答する因子である,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
112. 堀江 大輔, 山田 歩規代, 谷村 綾子, 竹谷 豊, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 :
Na依存性リン酸トランスポーターとezrinとの新たな相互作用,
第84回日本生化学会, 2011年9月.
113. 竹谷 豊, 山本 浩範, 奥村 仙示, 宮本 賢一, 武田 英二 :
慢性腎臓病モデルラットにおけるリン接種制限による血管内皮機能改善効果,
第58回日本栄養改善学会学術総会, 2011年9月.
114. 竹谷 豊, ヴ ヴァン タン, 宮本 賢一, 山本 浩範, 武田 英二 :
リン制限食はアデニン誘発性CKDモデルラットにおける血管内皮機能障害を改善する,
第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
115. 山本 浩範, 増田 真志, 香西 美奈, 瀬川 博子, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
レチノイン酸はIIb型リン酸トランスポーターNpt2b発現を抑制し小腸リン吸収を低下させる,
第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
116. 山本 浩範, 池田 翔子, 増田 真志, 香西 美奈, 瀬川 博子, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
敗血症時におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析,
第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
117. 竹谷 豊 :
リン代謝制御の破綻と疾患(若手シンポジウム「ビタミン・バイオファクター研究の最前線から」,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨),
ビタミン, Vol.85, No.4, 205-206, 2011年6月.
(CiNii: 110008607902)
118. 山本 浩範, 増田 真志, 田中 更紗, 香西 美奈, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
1-II-12 All-transレチノイン酸は小腸からのリン吸収を抑制する(一般演題要旨,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨),
ビタミン, Vol.85, No.4, 218, 2011年6月.
(CiNii: 110008607926)
119. 大谷 彩子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
2-II-28 Klotho変異マウスにおけるビタミンD合成酵素CYP27B1発現と異所性石灰化発生機序の解明(一般演題要旨,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨),
ビタミン, Vol.85, No.4, 254, 2011年6月.
(CiNii: 110008607997)
120. 田中 輝実, Van Vu Tan, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
アデニン誘導性CKDモデルラットにおける食事性リン制限は血管内皮機能を改善する,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
121. 中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更沙, 向原 理恵, 池田 翔子, 橋本 脩平, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
リン制限食によるFibroblast growth factor 15遺伝子発現調節機構,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
122. 山本 浩範, 増田 真志, 香西 美奈, 中橋 乙起, 池田 翔子, 竹谷 豊, 瀬川 博子, 宮本 賢一, 武田 英二 :
レチノイン酸受容体RAR/RXRを介したナトリウム依存性リン酸輸送担体遺伝子の発現調節機構,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
123. 山本 浩範, 菊地 浩子, 中尾 真理, 中橋 乙起, 池田 翔子, 田中 更沙, 竹谷 豊, 武田 英二 :
腎不全における腸管鉄代謝異常の分子メカニズムの解明,
第14回日本病態栄養学会年次学術集会, 2011年1月.
124. 山本 浩範, 香西 美奈, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
甲状腺疾患におけるビタミンD代謝異常の分子メカニズムの解明,
第28回小児代謝性骨疾患研究会, 2010年12月.
125. 中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更紗, 増田 真志, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
リン制限及び活性型ビタミンDによるFibroblast growth factor15遺伝子発現調節,
第43回日本栄養・食糧学会 中国四国支部大会, 2010年11月.
126. 山本 浩範, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二, 宮本 賢一, 加藤 茂明 :
1.甲状腺疾患におけるリン・ビタミンD代謝異常の分子メカニズムの解明(第326回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会),
ビタミン, Vol.84, No.8, 408, 2010年8月.
(CiNii: 110007682315)
127. 山本 浩範, 香西 美奈, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
甲状腺ホルモン受容体β1を介したビタミンD-1α水酸化酵素(SYP27B1)遺伝子の転写抑制機構,
第28回日本骨代謝学会学術集会, 2010年7月.
128. 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 武田 英二 :
Klotho-FGF23シグナル異常によるスタニオカルシン2の発現亢進と血管平滑筋細胞のリン酸誘導性石灰化の抑制,
第28回日本骨代謝学会学術集会,東京,平成22年7月21日~23日, 2010年7月.
129. 山本 浩範, 香西 美奈, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
甲状腺ホルモン受容体β1を介したビタミンDー1α水酸化酵素(CYP27B1)遺伝子の転写抑制機構,
第28回日本骨代謝学会学術集会,東京,平成22年7月21日~23日, 2010年7月.
130. 中橋 乙起, 山本 浩範, 池田 翔子, 田中 更沙, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
リン代謝異常および食餌性リンによる線維芽細胞増殖因子23(FGF23)の発現変動の解析,
第62回日本ビタミン学会大会,盛岡,平成22年6月11日~12日, 2010年6月.
131. 増田 真志, 山本 浩範, 香西 美奈, 石黒 真理子, 中橋 乙起, 田中 更沙, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
腎II型ナトリウム依存性リン酸輸送担体Npt2aを介した新規ビタミンD代謝調節機構,
第62回日本ビタミン学会大会,盛岡,平成22年6月11日~12日, 2010年6月.
132. 山本 浩範, 浦川 千鶴, 香西 美奈, 増田 真志, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 山本 雅之, 武田 英二 :
食餌性リンはNuclear factor-E2-related factor 2 (Nrf2)活性化を介し,腸管解毒遺伝子の発現を調節する,
日本分子生物学会第10回春季シンポジウム, 2010年6月.
133. 大谷 彩子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
Klotho変異マウスにおけるビタミンD合成酵素CYP27B1発現と異所性石灰化発生機序の解明,
日本分子生物学会第10回春季シンポジウム, 2010年6月.
134. 阿望 幾久子, 大南 博和, 竹谷 豊, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 上番増 喬, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 :
糖・脂肪毒性の相互作用を介した膵β細胞障害の発症機序の解明,
第53回日本糖尿病学会学術集会, 2010年5月.
135. 阿望 幾久子, 大南 博和, 竹谷 豊, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 上番増 喬, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 :
膵β細胞障害の発症に対する食餌性糖・脂質の組み合せによる効果,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
136. 大南 博和, 阿望 幾久子, 竹谷 豊, 上番増 喬, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 :
組織中の脂肪酸組成とインスリン抵抗性に及ぼす食餌中の糖・脂質の組合せの影響,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
137. 谷村 綾子, 鎌田 歩規代, 竹谷 豊, 斎藤 亮彦, 堀江 大輔, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 :
血清リン濃度調節に関わるナトリウム依存性リン酸トランスポーターNaPi-IIa複合体の構造と機能,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
138. 竹谷 豊, 首藤 恵泉, 宮本 賢一, 武田 英二 :
生活習慣病の病態における栄養素トランスポーターの役割,
シンポジウム・第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
139. 谷村 綾子, 鎌田 歩規代, 竹谷 豊, 斎藤 亮彦, 堀江 大輔, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 :
血清リン濃度調節に関わるナトリウム依存性リン酸トランスポーターNaPi-IIa複合体の構造と機能,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
140. 中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更紗, 増田 真志, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
Fibroblast Growth Factor15遺伝子の発現に及ぼす食餌性リン及び活性型ビタミンD3の影響,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
141. 池田 翔子, 山本 浩範, 増田 真志, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
敗血症におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析.,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
142. 塩田 あすか, 竹谷 豊, 田中 輝実, 佐田 政隆, 山本 浩範, 武田 英二 :
リンの過剰摂取は高脂血症モデルマウスのアテローム病変形成を減少させる,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
143. 池田 翔子, 山本 浩範, 増田 真志, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
敗血症におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
144. 竹谷 豊 :
各種栄養素が血管内皮に与える影響,
ランチョンセミナー・第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
145. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 大屋 美穂, 小河 真理子, 中西 美咲, 阿望 幾久子, 保坂 利男, 山本 浩範, 酒井 徹, 武田 英二 :
ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能への影響,
第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
146. 上番増 喬, 竹谷 豊, 山本 浩範, 阿望 幾久子, 新井 英一, 竹井 悠一郎, 増田 真志, 谷村 綾子, 原田 永勝, 奥村 仙示, 武田 英二 :
FGF21はグルコースにより誘導される,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
147. 山本 浩範, 菊地 浩子, 桑原 頌治, 田中 更沙, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 佐々木 一, 武田 英二 :
腸管トランスポーターを分子標的とした腎疾患治療法の確立をめざして,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
148. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 阿望 幾久子, 保坂 利男, 山本 浩範, 酒井 徹, 武田 英二 :
食事性のリン過剰摂取は血管内皮機能を障害する,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
149. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 山本 浩範, 酒井 徹, 武田 英二 :
ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能障害,
第63回日本栄養・食糧学会大会, 2009年5月.
150. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 田中 理恵子, 一色 政志, 阿望 幾久子, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 :
ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能障害,
第12回日本病態栄養学会年次学術集会, 2009年1月.
151. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 一色 政志, 山本 浩範, 武田 英二 :
高リン負荷による血管内皮機能障害,
第26回日本骨代謝学会学術集会, 2008年10月.
152. 首藤 恵泉, 竹谷 豊, 山本 浩範, 奥村 仙示, 酒井 徹, 武田 英二 :
食後高リン血症は血管内皮機能障害を惹起し心血管疾患のリスクとなる,
第55回栄養改善学会学術総会, 2008年9月.
153. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
副甲状腺癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く,
第32回日本比較内分泌学会大会, 2007年10月.
154. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く,
第10回日本内分泌病理学会学術総会, 2006年11月.
155. 水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 国香 清, 森谷 眞紀, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
膵β細胞に高発現する新規蛋白Isletasinの機能解析,
第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年5月.
156. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンとSV40 large T抗原の相互作用による癌化機構,
第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
157. 竹谷 豊 :
糖尿病にならないための栄養の知識,
那加川町健康福祉課 講演, 2005年12月.
158. 西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
急性高リン負荷によるFGF23の応答,
中外製薬株式会社 講演, 2005年12月.
159. 西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
急性の高リン負荷によるFGF23の応答,
小児代謝性骨疾患研究会, Vol.23, 2005年12月.
160. 澤田 直樹, 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 山本 浩範, 新井 英一, 武田 英二 :
基質小胞形成におけるカベリンの役割,
日本分子生物学会年会, Vol.28, 2005年12月.
161. 竹谷 豊, 中村 麻子, 梨木 邦剛, 谷村 綾子, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 :
Ezrinによるリン酸トランスポーター(NaPi-IIa)分子複合体の機能調節,
日本分子生物学会年会, Vol.28, 2005年12月.
162. 西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
高リン負荷に対するFGF23の応答,
徳島骨代謝研究会, Vol.12, 2005年10月.
163. E. Shuto, K. Nashiki, Yutaka Taketani, M. Isshiki, R. Tanaka, A. Tanimura, Y. Nishida, H. Okumura and Eiji Takeda :
Inorganic phosphate mediates oxidative stress in bovine aortic endothelial cells,
日本生化学会大会, Vol.78, Oct. 2005.
164. Yutaka Taketani, K. Nashiki, A. Nakamura, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Role of ezrin in the Downregulation of Sodium-Dependent Phosphate Transporter(NaPi-IIa) in Opossum Kidney Cells,
日本生化学会大会, Vol.78, Oct. 2005.
165. 奥村 仙示, 谷口 章子, 西田 由香, 竹内 晴美, 首藤 惠泉, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 :
粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖値およびインスリン分泌への効果,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.52, 2005年9月.
166. 首藤 惠泉, 竹谷 豊, 西田 由香, 奥村 仙示, 新井 英一, 武田 英二 :
高リン負荷による酸化ストレスと血管内皮機能障害,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.52, 2005年9月.
167. 竹谷 豊 :
リン酸トランスポーターの調節におけるezrinの役割,
瀬戸内カンファレンス, Vol.9, 2005年8月.
168. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
Under40 Panel Discussion 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンと相互作用する蛋白の同定,
第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
169. 辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 加藤 茂明, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
フラボノイド化合物ケルセチンの骨粗鬆症予防効果とその作用機構,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
170. 西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 佐藤 匡俊, 山本 浩範, 武田 英二 :
単回リン負荷食の血中FGF-23濃度への影響,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
171. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 武田 英二 :
IIa型ナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)のエンドサイトーシスにおけるezrinの役割,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
172. Yutaka Taketani, K. Nashiki, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda :
Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediated downregulation of sodium-dependent phosphate transporter in opossum kidney cells,
日本細胞生物学会大会, Vol.58, Jun. 2005.
173. 辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 庄子 佳文子, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
オニオン生理活性成分ケルセチンの骨粗鬆症予防効果,
日本ビタミン学会大会, Vol.57, 2005年5月.
174. 武藤 佳瑞智, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 深谷 牧子, 小金井 恵, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 山本 浩範, 土井 俊夫, 武田 英二 :
内臓脂肪蓄積予防に対する糖・脂質形成の複合効果,
日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.48, 2005年5月.
175. 竹井 悠一郎, 山本 浩範, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 武田 英二 :
スタニオカルシン2のビタミンD依存性分泌制御機構,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
176. 石黒 真理子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 武田 英二 :
甲状腺ホルモンによる生体リン代謝調節作用,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
177. 辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 庄子 佳文子, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
オニオン生理活性成分ケルセチンの骨粗鬆症予防効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
178. 深谷 牧子, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
肝-門脈内グルコース感受性機構を介したインスリン分泌反応,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
179. 谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 竹内 晴美, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖およびインスリン反応への効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
180. 梨木 邦剛, 首藤 惠泉, 西田 由香, 奥村 仙示, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
高リンによる酸化ストレスを介した血管内皮細胞機能障害,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
181. 谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 竹内 晴美, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖およびインスリン反応,
日本栄養アセスメント研究会, Vol.28, 2005年5月.
182. 新井 英一, 佐久間 理英, 須浪 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 :
糖質調整流動食(インスロー)の脂肪燃焼促進効果,
日本静脈経腸栄養学会, Vol.20, 2005年2月.
183. 竹谷 豊 :
骨粗鬆症を予防するための食生活,
羽ノ浦町健康福祉課 講演, 2005年1月.
184. 松尾 薫, 新井 英一, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 佐久間 理英, 水野 昭, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(Inslow)の長期投与による内臓脂肪蓄積に対する予防効果,
日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
185. 山本 浩範, 木村 宏子, 辻 光義, 石黒 真理子, 竹井 悠一郎, 佐藤 匡俊, 宮本 賢一, 白神 俊幸, 田中 裕子, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 :
腸管ペプチド輸送担体(PepT1)を分子標的とした新たな栄養補給法の開発,
日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
186. 竹谷 豊 :
寝たきり予防の栄養学,
井川町健康大学 講演, 2004年12月.
187. 庄野 朱美, 塚口 裕康, 矢尾板 永信, 行田 正晃, 竹谷 豊, 山本 格, 土井 俊夫 :
ポドサイト細胞接着装置における脂質マクロドメインの多様性-糸球体硬化症遺伝子産物Podocinと接着因子Coxsackievirus and Adenovirus receptor(CAR)を用いた解析,
日本分子生物学会年会, Vol.27, 2004年12月.
188. 竹谷 豊 :
骨粗鬆症の病態と栄養管理,
岐阜県栄養士会岐阜支部会 講演, 2004年10月.
189. 竹谷 豊 :
骨代謝の基礎と骨粗鬆症の病態,栄養療法,
2004年度第4回CNP研究会 講演, 2004年10月.
190. 奥村 仙示, 竹内 晴美, 西田 由香, 谷口 章子, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 :
SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.51, 2004年10月.
191. 武田 英二, 竹内 里美, 竹内 晴美, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊, 山田 静恵, 高橋 保子 :
血清アルブミン濃度からみたNST活動の意義と改善点,
日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.37, 2004年10月.
192. 佐久間 理英, 新井 英一, 須波 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
糖質調整流動食インスロー摂取後の2nd meal effectの検討,
日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.37, 2004年10月.
193. Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, Hironori Yamamoto, N. Sawada, M. Ichikawa, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
Identification of target molecule of PTH-mediated signal transduction pathway that lead to the endocytosis of type IIa sodium dependent phosphate transporter,
日本生化学会大会, Vol.77, Oct. 2004.
194. 竹谷 豊 :
病気になっても寝込まない栄養学,
阿南市保健センター 講演, 2004年9月.
195. 武田 英二, 竹谷 豊, 山本 浩範 :
「高リンと血管内皮細胞機能」「リン酸トランスポーターの発現調節機構」,
第8回瀬戸内カンファレンス, 2004年8月.
196. 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 庄子 佳文子, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
オニオン生理活性成分であるケルセチンによる骨粗鬆症予防効果,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
197. 佐藤 匡俊, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
不動に伴う腸管カルシウム吸収低下機序の解明,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
198. 山本 浩範, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 佐藤 匡俊, 武田 英二 :
核内受容体を介したナトリウム依存性リン酸輸送担体遺伝子の腎特異的転写制御機構,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
199. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 武市 朋子, 山本 浩範, 武田 英二 :
IIa型ナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)活性調節におけるカベオラ様ドメインの役割:シグナル伝達と細胞骨格制御,
日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
200. 武田 英二, 竹谷 豊, 新井 英一 :
食後高血糖を抑制する機能性食品の開発,
日本小児科学会徳島地方会, Vol.122, 2004年6月.
201. 辻 光義, 山本 浩範, 三木田 愛, 佐藤 匡俊, 庄子 佳文子, 新井 英一, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
タマネギ生理活性成分であるケルセチンによる骨代謝調節,
日本ビタミン学会大会, Vol.56, 2004年5月.
202. 佐藤 匡俊, 山本 かおり, 山本 浩範, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 :
不動に伴う小腸カルシウム吸収及びPTH-ビタミンD調節系への影響,
日本ビタミン学会大会, Vol.56, 2004年5月.
203. 竹内 晴美, 竹内 里美, 奥村 仙示, 中村 多希, 新井 英一, 竹谷 豊, 三宅 秀則, 田代 征記, 武田 英二 :
SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討,
日本栄養アセスメント研究会, Vol.27, 2004年5月.
204. Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda :
Studies on the translocational regulation of phosphate transporter by PTH with reference to PKA,PKC, and ezrin,
日本細胞生物学会大会, Vol.57, May 2004.
205. 梨木 邦剛, 武市 朋子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
PTHによるナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)のエンドサイトーシス調節機構,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
206. 山本 浩範, 三木田 愛, 辻 光義, 佐藤 匡俊, 山本 かおり, 庄子 佳文子, 新井 英一, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 :
タマネギ成分,ケルセチンの骨代謝調節作用,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
207. 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の内臓脂肪蓄積防止効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
208. 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の長期投与における内臓脂肪蓄積予防,
日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.47, 2004年5月.
209. 新井 英一, 水野 昭, 竹谷 豊, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 水本 憲司, 一色 宏之, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(Insolw)摂取後の日内変動に及ぼす影響について,
日本静脈経腸栄養学会, Vol.19, 2004年1月.
210. 深谷 牧子, 佐久間 理英, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 水元 憲司, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(Inslow)摂取後の血糖上昇抑制効果の持続,
日本病態栄養学会年次学術集会, Vol.7, 2004年1月.
211. M. Ichikawa, 竹谷 豊, K. Kobayashi, K. Nashiki, N. Sawada, 武田 英二 :
ESTABLISHMENT OF THE ELISA SYSTEM FOR CAVEOLIN-1,
日本生化学会大会, Vol.76, 2003年10月.
212. Yutaka Taketani, N. Amizuka, C. Ogawa, N. Sawada, K. Nomoto and Eiji Takeda :
CAVEOLIN IN THE MATRIX VESICLES RELEASED FROM OSTEOBLAST,
日本生化学会大会, Vol.76, Oct. 2003.
213. 竹谷 豊, 新井 英一, 奥村 仙示, 武田 英二 :
平成13年度国民栄養調査からみた日本人リン摂取状況とこれからの栄養指導,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.50, 2003年9月.
214. 武田 英二, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊 :
肝硬変における耐糖能障害の病態,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.50, 2003年9月.
215. 山本 浩範, 竹谷 豊 :
フラボノイドによるカルシウム骨代謝調節,
瀬戸内カンファレンス, Vol.7, 2003年8月.
216. 武田 英二, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 深谷 牧子, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫 :
食後高血糖を抑制する新規機能性流動食の開発,
日本外科代謝栄養学会, Vol.40, 2003年7月.
217. Yutaka Taketani :
Subcellular localization and translocational regulation of type II asodium-dependent phosphate transporter (NaPi-IIa) by PTH In renal proximal tubular cells,
小児代謝性骨疾患研究 大阪国際会議場, Vol.20, Jun. 2003.
218. 佐藤 匡俊, 森田 恭子, 加堂 有紀, 竹谷 豊, 新居 佳孝, 武田 英二 :
不動に伴うカルシウム吸収低下機構の検討,
日本ビタミン学会大会, Vol.55, 2003年5月.
219. 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 深谷 牧子, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖尿病患者および耐糖能異常者における糖質調整流動食(MHN-01)の食後高血糖抑制効果,
日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.46, 2003年5月.
220. 佐藤 匡俊, 森田 恭子, 加堂 有紀, 竹谷 豊, 新居 佳孝, 武田 英二 :
不動に伴うメカニカルストレスの低下が小腸カルシウム吸収へ及ぼす影響,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.57, 2003年5月.
221. 新井 英一, 松尾 薫, 深谷 牧子, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(MHN-01)の食後高血糖抑制効果および糖質代謝改善効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.57, 2003年5月.
222. 武田 英二, 新井 英一, 庄司 有里, 粟根 尚美, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫 :
糖尿病患者および耐糖能異常者における糖質調整流動食(MHN-01)の食後血糖抑制効果,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.57, 2003年5月.
223. 竹谷 豊, 網塚 憲生, 小川 千春, 澤田 直樹, 野本 香, 武田 英二 :
骨芽細胞からの基質小胞形成にカベオラが関与する,
日本細胞生物学会大会, Vol.56, 2003年5月.
224. 新井 英一, 庄司 有里, 粟根 尚美, 深谷 牧子, 松尾 薫, 竹谷 豊, 武田 英二, 水野 昭, 土井 俊夫, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 一色 宏之 :
耐糖能異常および肥満の改善効果が期待できる新規流動食(MHN-01)の開発,
日本栄養アセスメント研究会, Vol.26, 2003年5月.
225. 武田 英二, 水野 昭, 新井 英一, 庄司 有里, 粟根 尚美, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫 :
耐糖能異常を示す経管栄養患者に対する糖質調整流動食(MHN-01)長期投与の効果,
日本病態栄養学会年次学術集会, Vol.6, 2003年1月.
226. 新井 英一, 水野 昭, 庄司 有里, 粟根 尚美, 佐々木 一, 有馬 裕史, 松浦 基, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 :
糖質調整流動食(MHN-01)飲用後の血糖上昇抑制効果,
日本病態栄養学会年次学術集会, Vol.6, 2003年1月.
227. 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 森田 恭子, 武田 英二 :
無機リン酸トランスポーターのカベオラへの局在,
(社)日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.35, 2002年11月.
228. 竹谷 豊, 奥村 仙示, 森田 恭子, 新井 英一, 武田 英二 :
食料需給表からみた日本人リン摂取量の推移,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.49, 2002年11月.
229. 武田 英二, 新井 英一, 竹谷 豊, 森田 恭子, 奥村 仙示 :
肝硬変患者における長期就寝前夜食療法の効果,
日本栄養改善学会学術総会, Vol.49, 2002年11月.
230. 中村 多希, 奥村 仙示, 津田 紀子, 新井 英一, 竹谷 豊, 三宅 秀則, 田代 征記, 水野 昭, 土井 俊夫, 武田 英二 :
肝硬変で見られる耐糖能障害の病態に関する研究,
日本臨床栄養学会, Vol.24, 2002年11月.
231. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 澤田 直樹, 森田 恭子, 武田 英二 :
カベオラを介した無機リン酸トランスポーターのホルモンによる調節,
日本生化学会大会, Vol.75, 2002年10月.
232. 竹谷 豊, 野本 真由美, 山本 浩範, 一色 政志, 加藤 茂明, 武田 英二 :
無機リン酸による25-水酸化ビタミンD-1α水酸化酵素の発現調節,
日本骨代謝学会, Vol.20, 2002年7月.
233. 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 森田 恭子, 武田 英二 :
Ⅱ型Na+依存性リン酸トランスポーターの細胞膜上の局在とPTHによるエンドサイトーシス,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.56, 2002年7月.
234. 佐藤 匡俊, 森田 恭子, 大久保 公美, 竹谷 豊, 新居 佳孝, 武田 英二 :
不動に伴う小腸カルシウム吸収低下機構の解析,
日本栄養・食糧学会大会, Vol.56, 2002年7月.
235. 竹谷 豊 :
食品学・食品加工学,
株式会社西洋フードシステムズ 講義, 2002年4月.
236. 野本 真由美, 竹谷 豊, 山本 浩範, 一色 政志, 加藤 茂明, 武田 英二 :
無機リン酸による25-水酸化ビタミンD-1α水酸化酵素の発現調節,
日本ビタミン学会大会, Vol.54, 2002年4月.
237. 山本 浩範, 小林 くみ, 竹谷 豊, 森田 恭子, 新井 英一, 武田 英二, 加藤 茂明 :
腎近位尿細管IIa型ナトリウム依存性リン輸送担体の1α,25(OH)2D3による遺伝子発現制御機構の解析,
日本骨代謝学会, Vol.19, 2001年8月.
238. 小林 くみ, 山本 浩範, 谷 佳子, 竹谷 豊, 森田 恭子, 新井 英一, 宮本 賢一, 武田 英二 :
腎近位尿細管におけるリン再吸収調節機構の解析,
日本栄養食糧学会大会, Vol.55, 2001年5月.
239. 宮本 賢一, 新居 智子, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子, 竹谷 豊, 武田 英二, 金井 好克, 遠藤 仁 :
CD98を介するアミノ酸輸送と感受システムの誘導機序,
日本栄養食糧学会大会, Vol.55, 2001年5月.

その他・研究会:

1. 吉澤 和香, 中尾 真理, 伊美 友紀子, 矢引 紀江, 新井田 裕樹, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病に伴う骨ミネラル代謝異常(CKD-MBD)における骨ー筋連関,
第3回日本CKD-MBD研究会学術集会(御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター), 2019年3月.
2. 林 眞由, 福田 詩織, 岸本 麻希, 増田 真志, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
妊娠前における食餌性リン負荷が仔のリン・ビタミンD代謝調節系に及ぼす影響,
第3回日本CKD-MBD研究会学術集会(御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター), 2019年3月.
3. 増田 真志, 山本 浩範, Yimamu Yilimulati, 大谷 彩子, 大西 里奈, 武田 英二, 竹谷 豊 :

第2回 Neo Vitamin D Workshop 学術集会, 2016年8月.
4. 竹谷 豊 :
慢性腎臓病におけるリンとビタミンD,
脂溶性ビタミン総合研究委員会,松島一ノ坊,宮城県松島町,2015年12月4日, 2015年12月.
5. 奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 :
脂質摂取量の多い食習慣が嗜好性に及ぼす影響についての検討,
第14回日本先進糖尿病治療研究会, 2014年12月.
6. 竹谷 豊 :
リン代謝異常と血管機能障害,
第27回ROD-21研究会,名古屋市,2013年2月9日, 2013年2月.
7. 武田 英二, 山本 浩範, 大谷 彩子, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫 :
局所的CYP27B1発現亢進による異所性石灰化,
第334回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2012年3月.
8. 竹谷 豊 :
腎不全モデルラットにおけるリン制限食による血管内皮機能障害改善効果,
第30回腎と骨代謝研究会学術集会, 2011年10月.
9. 山本 浩範, 大谷 彩子, 横山 望, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 :
リン・ビタミンD代謝異常による異所性石灰化発症の分子機構,
第2回骨バイオサイエンス研究会, 2011年7月.
10. 増田 真志, 山本 浩範, 香西 美奈, 竹井 悠一郎, 中橋 乙起, 池田 翔子, 大谷 彩子, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 :
All-transレチノイン酸による腸管リン吸収への影響とそのメカニズム,
日本農芸化学会中四国支部第29回講演会/日本ビタミン学会中国・四国地区第1回講演会合同講演会, 2011年1月.
11. 中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更沙, 増田 真志, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 :
リン制限及び活性型ビタミンDによるFibroblast growth factor 15遺伝子発現調節,
第43回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2010年11月.
12. 橋本 脩平, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
生体ミネラルバランスが時計遺伝子の発現調節に与える影響,
第43回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2010年11月.
13. 竹谷 豊 :
栄養学的に見た高リン血症の問題,
第13回東海ROD研究会,名古屋,平成22年7月31日, 2010年7月.
14. 山本 浩範, 菊地 浩子, 田中 更沙, 中橋 乙起, 中尾 真理, 竹谷 豊, 安西 尚彦, 武田 英二 :
腎不全における腸管鉄代謝異常の分子メカニズムの解明,
第5回トランスポーター研究会年会, 2010年7月.
15. 竹谷 豊 :
栄養学教室における内皮機能検査,
血管不全研究会第8回学術集会,東京,平成22年4月10日, 2010年4月.
16. 竹谷 豊, 山本 浩範 :
リン酸トランスポーターの調節におけるezrinの役割,
第9回瀬戸内カンファレンス, 2005年8月.
17. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, M. Sakuma, Yutaka Taketani, Akira Mizuno, T. Doi, M. Koganei and H. Sasaki :
Effects of palatinose-based liquid diet (Inslow) intake on substrate oxidation and second meal effect in healthy men,
ESPEN27th, Aug. 2005.
18. 梨木 邦剛, 武市 朋子, 竹谷 豊, 武田 英二 :
副甲状腺ホルモン(PTH)によるナトリウム依存症リン酸トランスポーター(NAPi-IIa)のエンドサイトーシス調整機構,
徳島医学会学術集会, Vol.229, 2004年8月.
19. 佐藤 匡俊, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 :
不動応答性腸管カルシウム吸収低下機序の解明,
中国・四国骨代謝研究会, Vol.14, 2004年7月.
20. 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 武市 朋子, 武田 英二 :
PTHによるナトリウム依存症リン酸トランスポーターNaPi-IIaのエンドサイトーシス調整機構,
カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会, Vol.3, 2003年12月.
21. 武田 英二, 野本 真由美, 山本 浩範, 竹谷 豊, 一色 政志, 加藤 茂明 :
無機リン酸による25-水酸化ビタミンD-1α水酸化酵素の発現調節,
脂溶性ビタミン総合研究委員会, Vol.297, 2002年9月.
22. 竹谷 豊, 武田 英二, 森田 恭子 :
メンブレントラフィッキングによるリン輸送担体の細胞内局在化とホルモンによる調節,
腎性骨症研究会平成13年度研究報告会, 2002年6月.
23. 野本 真由美, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 :
無機リン酸による1α水酸化酵素の発現調節,
小児代謝性骨疾患研究会, Vol.19, 2001年12月.
24. 野本 真由美, 山本 浩範, 竹谷 豊, 森田 恭子, 武田 英二 :
無機リン酸による1α水酸化酵素の発現調節,
徳島Bone Forum, 2001年12月.

報告書:

1. Kunitaka Nashiki, Yutaka Taketani, Emi Shuto, Rieko Tanaka, Ayako Tanimura, Naoki Sawada, Tadatoshi Sato, Yuichiro Takei, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto, Nagakatsu Harada and Eiji Takeda :
Evaluation of anti-stress nutrients in the endothelial cells with fluorescence indicator,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Supplement, 295-296, Tokushima, Nov. 2005.
(徳島大学機関リポジトリ: 111585,   DOI: 10.2152/jmi.52.295,   PubMed: 16366519,   Elsevier: Scopus)
2. Eiji Takeda, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Yutaka Taketani :
Control of oxidative stress and metabolic homeostasis by the suppression of postprandial hyperglycemia,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52 Suppl, 259-265, Nov. 2005.
(徳島大学機関リポジトリ: 111562,   DOI: 10.2152/jmi.52.259,   PubMed: 16366512)

特許:

1. 竹谷 豊, 武田 英二 : 消化管粘膜保護剤,カベオリン遺伝子発現促進剤および抗ストレス剤, 特願2005319349 (2005年11月), 特開2007126383 (2007年5月), 特許第4839436号 (2011年10月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 運動による血清リン調節作用の解明とCKD-MBDの予防・治療への応用 (研究課題/領域番号: 19K22811 )
  • 体内リンセットポイントの分子機序解明と老化関連病変の新たな治療標的への応用 (研究課題/領域番号: 19H04053 )
  • 慢性腎臓病における脂質代謝異常による筋萎縮発生機序の解明 (研究課題/領域番号: 17K19910 )
  • エピゲノム変化を指標とした新しい食事評価研究手法(エピゲノム食事学)の確立 (研究課題/領域番号: 16H03046 )
  • 食事性リンの感知機構の解明と副甲状腺ホルモン初期分泌障害の病態概念の確立 (研究課題/領域番号: 26560057 )
  • 生体リンセンシング機構の統合的理解と生活習慣病予防への応用 (研究課題/領域番号: 25282022 )
  • 慢性腎臓病の新たな栄養指導法開発を目指したリン負荷指数の理論と技術基盤の確立 (研究課題/領域番号: 24650424 )
  • 健康から発病に至る心理的・生理的変化および栄養代謝変化の解明 (研究課題/領域番号: 24300256 )
  • ニュートリゲノミクス解析に基づく分子食育学の研究基盤の確立 (研究課題/領域番号: 22650181 )
  • 栄養素代謝バランス統合制御システムの分子基盤と生活習慣病発症にお (研究課題/領域番号: 22300237 )
  • 食生活での栄養素相互作用と臓器代謝調節ネットワーク機構の解明 (研究課題/領域番号: 21300277 )
  • 健康長寿の基盤となる新たな栄養シグナルの発見と疾病予防における役割 (研究課題/領域番号: 19680030 )
  • リン代謝調節におけるリン酸トランスポーターエンドサイトーシス複合体の構造と機能 (研究課題/領域番号: 17790554 )
  • リン過剩摂取による食後高リン血症の概念の確立と病態の解明 (研究課題/領域番号: 17650225 )
  • 無機リン酸トランスポートソームの機能制御とその破綻 (研究課題/領域番号: 17081013 )
  • 細胞外への小胞分泌機構の解明 (研究課題/領域番号: 14780548 )
  • リン生体調節を制御する複合的リン濃度感知システムの解明 (研究課題/領域番号: 13470013 )
  • 新規カルシウム・リン代謝調節ホルモン(フォスファトニン)の測定法の開発 (研究課題/領域番号: 10557096 )
  • 腎臓に存在するリン応答性転写調節因子の同定 (研究課題/領域番号: 09770845 )
  • 無機リン酸によるナトリウム/リン酸共輸送担体遺伝子発現調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 07770105 )
  • ラジオアイソトープを用いない血中1,25-ジヒドロキシビタミンD濃度測定法の開発 (研究課題/領域番号: 07557321 )
  • 研究者番号(30263825)による検索