検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 栄養科学部門 > 医科栄養学系 > 生体栄養学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804018 宇宙世代にむけたがん予防対策のための機能性食材と治療薬の開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1803008 徳島大学宇宙食品産業・栄養学研究センターによる 近未来型宇宙食糧ソリューション >
徳島大学 > 栄養生命科学教育部 > 人間栄養科学専攻 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説]

研究活動

専門分野

保健学 (Health Studies)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 宮脇 克行, 粟飯原 睦美, 髙橋 章, 二川 健 :
LEDを用いた近未来宇宙植物工場の開発,
株式会社 技術情報協会, 2020年4月.
2. 内田 貴之, 二川 健 :
微小重力環境における筋萎縮発生メカニズムへの新展開,
北隆館, 東京, 2018年10月.
3. 増田 真志, 新井田 裕樹, 竹谷 豊, 二川 健 :
ビタミンD欠乏とサルコペニアについて,
株式会社 講談社, 東京, 2018年4月.
4. 内田 貴之, 二川 健 :
サルコペニア発症におけるメカニカルストレスの関与,
2016年4月.
5. 安倍 知紀, 河野 尚平, 平坂 勝也, 二川 健 :
骨格筋症候群(第2版)下ーその他の神経筋疾患を含めてー, --- 宇宙旅行と筋萎縮 ---,
日本臨牀社, 東京, 2015年7月.
6. 林 淳三, 木本 幸一, 鈴木 和春, 塚原 典子, 二川 健, 近藤 茂忠, 松田 早苗, 山本 孝史, 薗田 勝, 安倍 知紀 :
Nブックス 三訂 基礎栄養学,
株式会社 建帛社, 東京, 2015年2月.
7. Junji Terao, Rie Mukai, Yamashita Y., Ochi Arisa, Kohno Shohei, Katsuya Hirasaka and Takeshi Nikawa :
Chapter 7. Food Functions Preventing Muscle Atrophy.,
2014.
8. 向井 理恵, 二川 健, 寺尾 純二 :
フラボノイドによる廃用性筋萎縮予防,
2013年10月.
9. 向井 理恵, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 :
プレニルフラボノイドの生理機能性,
日本ビタミン学会, 2013年2月.
(CiNii: 110009594134)
10. 二川 健 :
管理栄養士講座 「人体の構造と機能」, --- 第8章 ---,
株式会社 建帛社, 東京, 2005年12月.
11. 二川 健 :
管理栄養士養成シリーズ5 解剖生理学 高野康夫編,
株式会社 化学同人, 京都, 2004年10月.
12. 二川 健, 浅野間 友紀, 岸 恭一 :
栄養と生体応答?遺伝子と免疫の視点から, --- 栄養と腸管免疫応答-とくにビタミンAによる賦活作用について ---,
昭和堂, 京都, 2004年4月.
13. 二川 健 :
最新「運動生理化学実験法」分子・細胞・組織レベルからのアプローチ, --- システインプロテアーゼ活性の測定法 ---,
大修館書店, 東京, 1998年7月.
14. Kyoichi Kishi, Arinobu Yamauchi, Fujiko Shizuka, Yasuhiro Kido, Takeshi Nikawa and Kazuhito Rokutan :
Serotonin in the Central Nervous System and Periphery, --- Effect of macronutrient intakes on brain serotonin metabolite as measured by in vivo microdialysis in the rat ---,
Elsevier, Tokyo, Apr. 1995.
15. Nobuhiko Katunuma, Hisao Kakegawa, Y Matsunaga, Takeshi Nikawa and Eiki Kominami :
Agents Actions:Proreases,Protease Inhibitors and Protease-Drived Peptides(JC Cheronis and JE repine,eds), --- Different functional share of individual lysosomal cathepsins in normal and pathological conditions ---,
Birkhauser Verlag, May 1993.

学術論文(審査論文):

1. Yuki Niida, Masashi Masuda, Yuichiro Adachi, Aika Yoshizawa, Hirokazu Ohminami, Yuki Mori, Kohta Ohnishi, Hisami Okumura, Takayuki Uchida, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Makoto Miyazaki and Yutaka Taketani :
Reduction of stearoyl-CoA desaturase (SCD) contributes muscle atrophy through the excess endoplasmic reticulum stress in chronic kidney disease,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.67, No.2, 179-187, 2020.
(DOI: 10.3164/jcbn.20-24,   CiNii: 130007894915)
2. Kanae Saitoh, Tomohiro Yoshimura1, Luchuanyang Sun, Min Yang, Yao Wang, Shigeto Taniyama, Kenji Hara, Fumihito Murayama, Takeshi Nikawa, Katsuyasu Tachibana and Katsuya Hirasaka :
Effect of dietary fish oil on enhanced inflammation and disturbed lipophagy in white adipose tissue caused by a high fat diet.,
Fisheries Science, Vol.86, No.1, 187-196, 2020.
(DOI: 10.1007/s12562-019-01374-4,   Elsevier: Scopus)
3. Tomohiro Yoshimura, Kanae Saitoh, Luchuanyang Sun, Yao Wang, Shigeto Taniyama, Kenichi Yamaguchi, Takayuki Uchida, Tsutomu Ohkubo, Atsushi Higashitani, Takeshi Nikawa, Katsuyasu Tachibana and Katsuya Hirasaka :
Morin suppresses cachexia-induced muscle wasting by binding to ribosomal protein S10 in carcinoma cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.506, No.4, 773-779, 2018.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.10.184,   PubMed: 30389140,   Elsevier: Scopus)
4. Shigeru Hiramoto, Nobuhiro Yahata, Kanae Saitoh, Tomohiro Yoshimura, Yao Wang, Shigeto Taniyama, Takeshi Nikawa, Katsuyasu Tachibana and Katsuya Hirasaka :
Dietary supplementation with alkylresorcinols prevents muscle atrophy through a shift of energy supply.,
The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.61, 147-154, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jnutbio.2018.08.014,   PubMed: 30236871)
5. Chisato Tomida, Naoko Yakagishi, Hikaru Nagano, Takayuki Uchida, Ayako Maita, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Shigetada Kondo :
VEGF pathway-targeting drugs induce evasive adaptation by activation of neuropilin-1/cMet in colon cancer cells.,
International Journal of Oncology, Vol.52, No.4, 1350-1362, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111606,   DOI: 10.3892/ijo.2018.4291,   PubMed: 29532881,   Elsevier: Scopus)
6. Takayuki Uchida, Yoshihiro Sakashita, Kanako Kitahata, Yui Yamashita, Chisato Tomida, Yuki Kimori, Akio Komatsu, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Reiko Nakao, Atsushi Higashitani, Akira Higashibata, Noriaki Ishioka, Toru Shimazu, Takeshi Kobayashi, Yuushi Okumura, Inho Choi, Motoko Oarada, M Edward Mills, Shigetada Kondo, Shin'ichi Takeda, Eiji Tanaka, Keiji Tanaka, Masahiro Sokabe and Takeshi Nikawa :
Reactive oxygen species up-regulate expression of muscle atrophy-associated ubiquitin ligase Cbl-b in rat L6 skeletal muscle cells.,
American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.314, No.6, C721-C731, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111610,   DOI: 10.1152/ajpcell.00184.2017,   PubMed: 29513566)
7. Manami Abe, Yuki Matsuo, Akiko Harada, Takayuki Uchida, Kanako Kitahata, Chisato Tomida, Katsuya Hirasaka, Shigetada Kondo, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya, Hiroshi Sakaue, Reiko Nakao and Takeshi Nikawa :
Distinct Gene Expression Profile Distinguishes Increased Metabolic Activity in Spontaneously Hyperactive Rats While Sedentary from That Induced by Exercise,
Advances in Biological Chemistry, Vol.8, No.01, 1-14, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111609,   DOI: 10.4236/abc.2018.81001)
8. ODO BAYARSAIKHAN, Nobuhiko Kawai, Hiroyo Mori, Nao Kinouchi, Takeshi Nikawa and Eiji Tanaka :
Effects of co-transfection with myostatin-targeting siRNA and ActRIIB-Fc fusion proein on skeletal muscle growth.,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.1, 1-7, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111062,   DOI: 10.20738/johb.30.1_1)
9. Hidehiro Umehara, Shusuke Numata, Shinya Watanabe, Yutaka Hatakeyama, Makoto Kinoshita, Yukiko Tomioka, Kiyoshi Nakahara, Takeshi Nikawa and Tetsuro Ohmori :
Altered KYN/TRP, Gln/Glu, and Met/methionine sulfoxide ratios in the blood plasma of medication-free patients with major depressive disorder.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 4855, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110182,   DOI: 10.1038/s41598-017-05121-6,   PubMed: 28687801)
10. Hyunwoo Ju, Taewan Kim, Chan-Moon Chung, Junsoo Park, Takeshi Nikawa, Kyoungsook Park and Inho Choi :
Metabolic Suppression by 3-Iodothyronamine Induced Muscle Cell Atrophy via Activation of FoxO-Proteasome Signaling and Downregulation of Akt1-S6K Signaling.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.5, 576-582, 2017.
(DOI: 10.1248/bpb.b16-00653,   PubMed: 28163294)
11. Hiroko Ikeda, Hikaru Souda, Anggraeini Puspitasari, D Kathryn Held, Jun Hidema, Takeshi Nikawa, Yukari Yoshida, Tatsuaki Kanai and Akihisa Takahashi :
Development and performance evaluation of a three-dimensional clinostat synchronized heavy-ion irradiation system.,
Life Sciences in Space Research, Vol.12, 51-60, 2017.
(DOI: 10.1016/j.lssr.2017.01.003,   PubMed: 28212708,   Elsevier: Scopus)
12. Atsuko Sakai, Hisayo Hamada, Keiko Hara, Kyoko Mori, Takayuki Uchida, Takashi Mizuguchi, Jun Minaguchi, Kenji Shima, Shu Kawashima, Yasuhiro Hamada and Takeshi Nikawa :
Nutritional counseling regulates interdialytic weight gain and blood pressure in outpatients receiving maintenance hemodialysis.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1,2, 129-135, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111100,   DOI: 10.2152/jmi.64.129,   PubMed: 28373609,   Elsevier: Scopus)
13. Chisato Tomida, Hikaru Nagano, Naoko Yamagishi, Takayuki Uchida, Ayako Maita, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Shigetada Kondo :
Regorafenib induces adaptive resistance of colorectal cancer cells via inhibition of vascular endothelial growth factor receptor.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3-4, 262-265, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111128,   DOI: 10.2152/jmi.64.262,   PubMed: 28954993,   CiNii: 120006408104,   Elsevier: Scopus)
14. Chisato Tomida, Naoko Yamagishi, Hikaru Nagano, Takayuki Uchida, Ayako Maita, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Shigetada Kondo :
Antiangiogenic agent sunitinib induces epithelial to mesenchymal transition and accelerates motility of colorectal cancer cells.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3-4, 250-254, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111126,   DOI: 10.2152/jmi.64.250,   PubMed: 28954991,   CiNii: 120006408102,   Elsevier: Scopus)
15. ODO BAYARSAIKHAN, Nobuhiko Kawai, Hiroyo Mori, Nao Kinouchi, Takeshi Nikawa and Eiji Tanaka :
Co-Administration of Myostatin-Targeting siRNA and ActRIIB-Fc Fusion Protein Increases Masseter Muscle Mass and Fiber Size.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.63, No.4, 244-248, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114288,   DOI: 10.3177/jnsv.63.244,   PubMed: 28978871)
16. Mayumi Takeya, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Modulation of cutaneous extracellular collagen contraction by phosphorylation status of p130Cas.,
The Journal of Physiological Sciences, Vol.67, No.5, 613-622, 2016.
(DOI: 10.1007/s12576-016-0493-9,   PubMed: 27718170)
17. Rie Mukai, Hitomi Horikawa, Pei-Yi Lin, Nao Tsukumo, Takeshi Nikawa, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto and Junji Terao :
8-Prenylnaringenin promotes recovery from immobilization-induced disuse muscle atrophy through activation of the Akt phosphorylation pathway in mice.,
American Journal of Physiology. Regulatory, Integrative and Comparative Physiology, Vol.311, No.6, R1022-R1031, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112458,   DOI: 10.1152/ajpregu.00521.2015,   PubMed: 27629889)
18. Katsuya Hirasaka, EM Mills, Haruna Marie, Bando Aki, Ikeda Chika, Tomoki Abe, Kohno Shohei, SM Nowinski, CU Lago, K Akagi, H Tochio, Ohno Ayako, Teshima-Kondo Shigetada, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
UCP3 is associated with Hax-1 in mitochondria in the presence of calcium ion,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.472, No.1, 108-113, 2016.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.02.075,   PubMed: 26915802,   Elsevier: Scopus)
19. Ayako Ohno, Arisa Ochi, Nobuo Maita, Tatsuya Ueji, Aki Bando, Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Tomoki Abe, Shigetada Teshima-Kondo, Hisao Nemoto, Yuushi Okumura, Akira Higashibata, Sachiko Yano, Hidehito Tochio and Takeshi Nikawa :
Structural analysis of the TKB domain of ubiquitin ligase Cbl-b complexed with its small inhibitory peptide, Cblin.,
Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.594, 1-7, 2016.
(DOI: 10.1016/j.abb.2016.02.014,   PubMed: 26874193)
20. Rie Mukai, Naoko Matsui, Yutaka Fujikura, Norifumi Matsumoto, De-Xing Hou, Noriyuki Kanzaki, Hiroshi Shibata, Manabu Horikawa, Keiko Iwasa, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Junji Terao :
Preventive effect of dietary quercetin on disuse muscle atrophy by targeting mitochondria in denervated mice.,
The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.31, 67-76, 2016.
(DOI: 10.1016/j.jnutbio.2016.02.001,   PubMed: 27133425)
21. Katsuya Hirasaka, Shinobu Saito, Saki Yamaguchi, Riho Miyazaki, Yao Wang, Marie Haruna, Shigeto Taniyama, Atsushi Higashitani, Junji Terao, Takeshi Nikawa and Katsuyasu Tachibana :
Dietary Supplementation with Isoflavones Prevents Muscle Wasting in Tumor-Bearing Mice.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.62, No.3, 178-184, 2016.
(DOI: 10.3177/jnsv.62.178,   PubMed: 27465724)
22. Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Kohno Shohei, Tomida Chisato, Haruna Marie, Uchida Takayuki, Ohno Ayako, Oarada Motoko, Teshima-Kondo Shigetada, Yuushi Okumura, Choi Inho, Aoyama Toshiaki, Junji Terao and Takeshi Nikawa :
Capric Acid Up-Regulates UCP3 Expression without PDK4 Induction in Mouse C2C12 Myotubes,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.62, No.1, 32-39, 2016.
(DOI: 10.3177/jnsv.62.32,   PubMed: 27117849,   Elsevier: Scopus)
23. M Sara Nowinski, Ashley Solmonson, E Joyce Rundhaug, Okkyung Rho, Jiyoon Cho, U Cory Lago, L Christopher Riley, Sunhee Lee, Shohei Kohno, K Christine Dao, Takeshi Nikawa, B Shawn Bratton, W Casey Wright, M Susan Fischer, John DiGiovanni and M Edward Mills :
Mitochondrial uncoupling links lipid catabolism to Akt inhibition and resistance to tumorigenesis.,
Nature Communications, Vol.6, 2015.
(DOI: 10.1038/ncomms9137,   PubMed: 26310111)
24. Chieko Shiota, Tomoki Abe, Nobuhiko Kawai, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Hiroyo Mori, Junji Terao, Eiji Tanaka and Takeshi Nikawa :
Flavones Inhibit LPS-Induced Atrogin-1/MAFbx Expression in Mouse C2C12 Skeletal Myotubes.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.2, 188-194, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109398,   DOI: 10.3177/jnsv.61.188,   PubMed: 26052151,   Elsevier: Scopus)
25. Hikaru Nagano, Naoko Yamagishi, Chisato Tomida, Chiaki Yano, Kana Aibara, Shohei Kohno, Tomoki Abe, Ayako Maita, Katsuya Hirasaka, Yuushi Okumura, M Edward Mills, Takeshi Nikawa and Shigetada Kondo :
A novel myogenic function residing in the 5' non-coding region of Insulin receptor substrate-1 (Irs-1) transcript.,
BMC Cell Biology, Vol.16, 8, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 114747,   DOI: 10.1186/s12860-015-0054-8,   PubMed: 25887310,   Elsevier: Scopus)
26. Ichiro Tonogai, Mitsuhiko Takahashi, Kiminori Yukata, Ryosuke Sato, Takeshi Nikawa, Natsuo Yasui and Koichi Sairyo :
Osteoactivin attenuates skeletal muscle fibrosis after distraction osteogenesis by promoting extracellular matrix degradation/remodeling.,
Journal of Pediatric Orthopaedics. Part B, Vol.24, No.2, 162-169, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109371,   DOI: 10.1097/BPB.0000000000000117,   PubMed: 25405936,   Elsevier: Scopus)
27. Arisa Ochi, Tomoki Abe, Reiko Nakao, Yoriko Yamamoto, Kanako Kitahata, Marina Takagi, Katsuya Hirasaka, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Gwag Taesik, Inho Choi, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Rie Mukai, Junji Terao and Takeshi Nikawa :
N-myristoylated ubiquitin ligase Cbl-b inhibitor prevents on glucocorticoid-induced atrophy in mouse skeletal muscle.,
Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.570, 23-31, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109380,   DOI: 10.1016/j.abb.2015.02.006,   PubMed: 25689493,   Elsevier: Scopus)
28. Nobuhiko Kawai, Katsuya Hirasaka, Tasuku Maeda, Marie Haruna, Chieko Shiota, Arisa Ochi, Tomoki Abe, Shohei Kohno, Ayako Ohno, Sigetada Teshima-Kondo, Hiroyo Mori, Eiji Tanaka and Takeshi Nikawa :
Prevention of skeletal muscle atrophy in vitro using anti-ubiquitination oligopeptide carried by atelocollagen.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1853, No.5, 873-880, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bbamcr.2015.01.024,   PubMed: 25667084,   Elsevier: Scopus)
29. Rie Hashimoto, Atsuko Sakai, Masumi Murayama, Arisa Ochi, Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Hiroaki Yanagawa, Natsuo Yasui, Mikiko Inatsugi, Daisuke Doi, Masanori Takeda, Rie Mukai, Junji Terao and Takeshi Nikawa :
Effects of dietary soy protein on skeletal muscle volume and strength in humans with various physical activities,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3, 177-183, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109381,   DOI: 10.2152/jmi.62.177,   PubMed: 26399344,   CiNii: 130005099151,   Elsevier: Scopus)
30. Chisato Tomida, Kana Aibara, Naoko Yamagishi, Chiaki Yano, Hikaru Nagano, Tomoki Abe, Ayako Ohno, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Shigetada Teshima-Kondo :
The malignant progression effects of regorafenib in human colon cancer cells.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 195-198, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111278,   DOI: 10.2152/jmi.62.195,   PubMed: 26399347)
31. Chisato Tomida, Naoko Yamagishi, Kana Aibara, Chiaki Yano, Takayuki Uchida, Tomoki Abe, Ayako Ohno, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Shigetada Teshima-Kondo :
Chronic exposure of VEGF inhibitors promotes the malignant phenotype of colorectal cancer cells.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1-2, 75-79, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111254,   DOI: 10.2152/jmi.62.75,   PubMed: 25817288,   Elsevier: Scopus)
32. Motoko Oarada, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Tomoki Abe, Takeshi Nikawa, Takashi Miki and Tohru Gonoi :
Refeeding with glucose rather than fructose elicits greater hepatic inflammatory gene expression in mice.,
Nutrition, Vol.31, No.5, 757-765, 2014.
(DOI: 10.1016/j.nut.2014.11.014,   PubMed: 25837224)
33. Hirokazu Shiheido, Takane Aoyama, Honami Takahashi, Kaori Hanaoka, Tomoki Abe, Emi Nishida, Chen Chen, Orie Koga, Masaki Hikida, Yoshio Shibagaki, Akimichi Morita, Takeshi Nikawa, Seisuke Hattori, Takeshi Watanabe and Jun Shimizu :
Novel CD3-specific antibody induces immunosuppression via impaired phosphorylation of LAT and PLC1 following T-cell stimulation.,
European Journal of Immunology, Vol.44, No.6, 1770-1780, 2014.
(DOI: 10.1002/eji.201344146,   PubMed: 24595757)
34. Taesik Gwag, Kyoungsook Park, Eunjung Kim, Chaeyeon Son, Junsoo Park, Takeshi Nikawa and Inho Choi :
Inhibition of C2C12 myotube atrophy by a novel HSP70 inducer, celastrol, via activation of Akt1 and ERK1/2 pathways.,
Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.537, No.1, 21-30, 2013.
(DOI: 10.1016/j.abb.2013.06.006,   PubMed: 23810294)
35. Tomoki Abe, Shohei Kohno, Tomonari Yama, Arisa Ochi, Takuro Suto, Katsuya Hirasaka, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Yuushi Okumura, Motoko Oarada, Inho Choi, Rie Mukai, Junji Terao and Takeshi Nikawa :
Soy Glycinin Contains a Functional Inhibitory Sequence against Muscle-Atrophy-Associated Ubiquitin Ligase Cbl-b.,
International Journal of Endocrinology, Vol.2013, 907565, 2013.
(DOI: 10.1155/2013/907565,   PubMed: 23762056)
36. Naoko Yamagishi, Shigetada Kondo, Kiyoshi Masuda, Kensei Nishida, Yuki Kuwano, Duyen T Dang, Long H Dang, Takeshi Nikawa and Kazuhito Rokutan :
Chronic inhibition of tumor cell-derived VEGF enhances the malignant phenotype of colorectal cancer cells,
BMC Cancer, Vol.13, 229, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 105896,   DOI: 10.1186/1471-2407-13-229,   PubMed: 23651517,   Elsevier: Scopus)
37. Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Sachiko Kagawa, Shohei Kohno, Arisa Ochi, Kenro Utsunomiya, Atsuko Sakai, Ayako Maita, Shigetada Teshima-Kondo, Yuushi Okumura, Motoko Oarada, Yoichi Maekawa, Junji Terao, Edward M. Mills and Takeshi Nikawa :
Cbl-b is a critical regulator of macrophage activation associated with obesity-induced insulin resistance in mice.,
Diabetes, Vol.62, No.6, 1957-1969, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106157,   DOI: 10.2337/db12-0677,   PubMed: 23349502,   Elsevier: Scopus)
38. Motoko Oarada, Takashi Miki, Shohei Kohno, Kanae Sakai, Takeshi Nikawa, Mitsutoshi Yoneyama and Tohru Gonoi :
Refeeding with a standard diet after a 48-h fast elicits an inflammatory response in the mouse liver.,
The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.24, No.7, 1314-1323, 2013.
(DOI: 10.1016/j.jnutbio.2012.10.006,   PubMed: 23333091)
39. Katsuya Hirasaka, Tasuku Maeda, Chika Ikeda, Marie Haruna, Arisa Ochi, Rie Mukai, Motoko Oarada, Shigetada Kondo, Ayako Ohno, Yuushi Okumura, Junji Terao and Takeshi Nikawa :
Isoflavones derived from soy beans prevent MuRF1-mediated muscle atrophy in C2C12 myotubes through SIRT1 activation.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.59, No.4, 317-324, 2013.
(DOI: 10.3177/jnsv.59.317,   PubMed: 24064732,   CiNii: 130004491354,   Elsevier: Scopus)
40. Kenro Utsunomiya, Kanako Owaki, Yuushi Okumura, Momoko Yano, Takahiro Oto, Eri Suzuki, Seiko Tamura, Tomoki Abe, Shohei Kohno, Ayako Maita, Katsuya Hirasaka, Shigetada Kondo and Takeshi Nikawa :
An intracellular fragment of osteoactivin formed by ectodomain shedding translocated to the nucleoplasm and bound to RNA binding proteins.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.76, No.12, 2225-2229, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106158,   DOI: 10.1271/bbb.120515,   PubMed: 23221696)
41. Rie Mukai, Hitomi Horikawa, Yutaka Fujikura, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa and Junji Terao :
Prevention of disuse muscle atrophy by dietary ingestion of 8-prenylnaringenin in denervated mice,
PLoS ONE, Vol.7, No.9, e45048, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 110158,   DOI: 10.1371/journal.pone.0045048,   PubMed: 23028754)
42. Toshihiko Nishisho, Kiminori Yukata, Yoshito Matsui, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, K Suganuma, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui :
Angiogenesis and myogenesis in mouse tibialis anterior muscles during distraction osteogenesis: VEGF, its receptors, and myogenin genes expression.,
Journal of Orthopaedic Research, Vol.30, No.11, 1767-1773, 2012.
(DOI: 10.1002/jor.22136,   PubMed: 22528802)
43. Shohei Kohno, Yui Yamashita, Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Motoko Oarada, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Akira Higashibata, Inho Choi, Edward M. Mills, Yuushi Okumura, Junji Terao and Takeshi Nikawa :
Unloading stress disturbs muscle regeneration through perturbed recruitment and function of macrophages.,
Journal of Applied Physiology, Vol.112, No.10, 1773-1782, 2012.
(DOI: 10.1152/japplphysiol.00103.2012,   PubMed: 22383511,   Elsevier: Scopus)
44. C U. Lago, S M. Nowinski, J E. Rundhaug, M E. Pfeiffer, K Kiguchi, Katsuya Hirasaka, X Yang, E M. Abramson, S B. Bratton, O Rho, R Colavitti, M A. Kenaston, Takeshi Nikawa, C Trempus, J Digiovanni, S M. Fischer and E M. Mills :
Mitochondrial respiratory uncoupling promotes keratinocyte differentiation and blocks skin carcinogenesis.,
Oncogene, Vol.31, No.44, 4725-4731, 2012.
(DOI: 10.1038/onc.2011.630,   PubMed: 22266853,   Elsevier: Scopus)
45. Shohei Kohno, Tatsuya Ueji, Tomoki Abe, Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Motoko Oarada, Akiko Harada, Ayako Maita, Akira Higashibata, Rie Mukai, Junji Terao, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Rantes secreted from macrophages disturbs skeletal muscle regeneration after cardiotoxin injection in Cbl-b-deficient mice,
Muscle & Nerve, Vol.43, No.2, 223-229, 2011.
(DOI: 10.1002/mus.21829,   PubMed: 21254087,   Elsevier: Scopus)
46. Rie Mukai, Reiko Nakao, Hironori Yamamoto, Takeshi Nikawa, Eiji Takeda and Junji Terao :
Quercetin Prevents Unloading-Derived Disused Muscle Atrophy by Attenuating the Induction of Ubiquitin Ligases in Tail-Suspension Mice.,
Journal of Natural Products, Vol.73, No.10, 1708-1710, 2010.
(DOI: 10.1021/np100240y,   PubMed: 20853873)
47. Motoko Oarada, Miki Igarashi, Tsuyoshi Tsuzuki, Katsuhiko Kamei, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Teruo Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa and Tohru Gonoi :
Effects of a high-protein diet on host resistance to Paracoccidioides brasiliensis in mice,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.3, 620-626, 2010.
(DOI: 10.1271/bbb.90829,   PubMed: 20208341,   Elsevier: Scopus)
48. Motoko Oarada, Miki Igarashi, Tsuyoshi Tsuzuki, Nobuyuki Kurita, Tohru Gonoi, Takeshi Nikawa, Katsuya Hirasaka, Teruo Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa and Katsuhiko Kamei :
Effect of dietary oils on host resistance to fungal infection in psychologically stressed mice,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.73, No.9, 1994-1998, 2009.
(DOI: 10.1271/bbb.90184,   PubMed: 19734677,   Elsevier: Scopus)
49. Motoko Oarada, Katsuhiko Kamei, Tohru Gonoi, Tsuyoshi Tsuzuki, Takahito Toyotome, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Ayaka Sato and Nobuyuki Kurita :
Beneficial effects of a low-protein diet on host resistance to Paracoccidioides brasiliensis in mice,
Nutrition, Vol.25, No.9, 954-963, 2009.
(DOI: 10.1016/j.nut.2009.02.004,   PubMed: 19403266,   Elsevier: Scopus)
50. Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Jumpei Goto, Kazumi Ishidoh, Chiharu Yamada, Ayako Ohno, Yuushi Okumura, Ikuya Nonaka, Koji Yasutomo, KM Baldwin, Eiki Kominami, Akira Higashibata, Keisuke Nagano, Keiji Tanaka, Natsuo Yasui, EM Mills, Shinichi Takeda and Takeshi Nikawa :
Ubiquitin ligase Cbl-b is a negative regulator for insulin-like growth factor 1 signaling during muscle atrophy caused by unloading.,
Molecular and Cellular Biology, Vol.29, No.17, 4798-4811, 2009.
(DOI: 10.1128/MCB.01347-08,   PubMed: 19546233)
51. Ibrahim Dalia Ismaeil Hemdan, Katsuya Hirasaka, Reiko Nakao, Shohei Kohno, Sachiko Kagawa, Tomoki Abe, Akiko Harada, Yuushi Okumura, Yutaka Nakaya, Junji Terao and Takeshi Nikawa :
Polyphenols prevent clinorotation-induced expression of atrogenes in mouse C2C12 skeletal myotubes.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.1-2, 26-32, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 110881,   DOI: 10.2152/jmi.56.26,   PubMed: 19262011,   Elsevier: Scopus)
52. Mayumi Mikura, Ippei Yamaoka, Masako Doi, Yuichi Kawano, Mitsuo Nakayama, Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Glucose Infusion Suppresses Surgery-induced Muscle Protein Breakdown by Inhibiting Ubiquitin-proteasome Pathway in Rats,
Anesthesiology, Vol.110, No.1, 81-88, 2009.
(DOI: 10.1097/ALN.0b013e318190b6c1,   PubMed: 19104174,   Elsevier: Scopus)
53. Masuhiro Nishimura, Mayumi Mikura, Katsuya Hirasaka, Yuushi Okumura, Takeshi Nikawa, Yuichi Kawano, Mitsuo Nakayama and Muneharu Ikeda :
Effects of dimethyl sulphoxide and dexamethasone on mRNA expression of myogenesis- and muscle proteolytic system-related genes in mouse myoblastic C2C12 cells,
The Journal of Biochemistry, Vol.144, No.6, 717-724, 2008.
(DOI: 10.1093/jb/mvn126,   PubMed: 18835828,   Elsevier: Scopus)
54. Yuko Minami, Kyuichi Kawabata, Yoshiaki Kubo, Seiji Arase, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Noriko Bando, Yoshichika Kawai and Junji Terao :
Peroxidized cholesterol-induced matrix metalloproteinase-9 activation and its suppression by dietary beta-carotene in photoaging of hairless mouse skin.,
The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.20, No.5, 389-398, 2008.
(DOI: 10.1016/j.jnutbio.2008.04.010,   PubMed: 18656335)
55. Yoshiko Nakae, Katsuya Hirasaka, J. Goto, Takeshi Nikawa, Masayuki Shono, M. Yoshida and PJ. Stowrd :
Subcutaneous injection, from birth, of epigallocatechin-3-gallate, a component of green tea, limits the onset of muscular dystrophy in mdx mice: a quantitative histological, immunohistochemical and electrophysiological study.,
Histochemistry and Cell Biology, Vol.129, No.4, 489-501, 2008.
(DOI: 10.1007/s00418-008-0390-2,   PubMed: 18264714)
56. Katsuya Hirasaka, Tokuoka Kaori, Nakao Reiko, Yamada Chiharu, Oarada Motoko, imagawa Takahiko, Ishidoh Kazumi, Yuushi Okumura, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa :
Cathepsin C propeptide interacts with intestinal alkaline phosphatase and heat shock cognate protein 70 in human Caco-2 cells,
The Journal of Physiological Sciences, Vol.58, No.2, 105-111, 2008.
(DOI: 10.2170/physiolsci.RP013007,   PubMed: 18307834,   Elsevier: Scopus)
57. Oarada Motoko, Tsuzuki Tsuyoshi, Gonoi Tohru, Igarashi Miki, Kamei Katsuhiko, Takeshi Nikawa, Katsuya Hirasaka, Ogawa Takayuki, Miyazawa Teruo, Nakagawa Kiyotaka and Kurita Nobuyuki :
Effects of dietary fish oil on lipid peroxidation and serum triacylglycerol levels in psychologically stressed mice,
Nutrition, Vol.24, No.1, 67-75, 2008.
(DOI: 10.1016/j.nut.2007.10.006,   PubMed: 18070659,   Elsevier: Scopus)
58. Katsuya Hirasaka, Kohno S, Goto J, Furochi H, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Toshio Hosaka, Yutaka Nakaya, Ishidoh K, Toshiyuki Obata, Yousuke Ebina, Gu H, Takeda S, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa :
Deficiency of Cbl-b gene enhances infiltration and activation of macrophages in adipose tissue and causes peripheral insulin resistance in mice.,
Diabetes, Vol.56, No.10, 2511-2522, 2007.
(DOI: 10.2337/db06-1768,   PubMed: 17601987)
59. Shunji Nakano, Takuya Mishiro, Sigeyuki Takahara, Hhiromiti Yokoi, Daisuke Hamada, Kiminori Yukata, Yoichiro Takata, Tomohiro Goto, Hiroshi Egawa, Susumu Yasuoka, H Furouchi, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui :
Distinct expression of mast cell tryptase and protease activated receptor-2 in synovia of rheumatoid arthritis and osteoarthritis.,
Clinical Rheumatology, Vol.26, No.8, 1284-1292, 2007.
(DOI: 10.1007/s10067-006-0495-8,   PubMed: 17205215,   Elsevier: Scopus)
60. Takayuki Ogawa, Harumi Furochi, Mai Mameoka, Katsuya Hirasaka, Yuko Onishi, Naoto Suzue, Motoko Oarada, Motoki Aakamatsu, Hiroshi Akima, Tetsuo Fukunaga, Kyoichi Kishi, Natsuo Yasui, Kazumi Ishidoh, Hideoki Fukuoka and Takeshi Nikawa :
Ubiquitin ligase gene expression in healthy volunteers with 20-day bedrest.,
Muscle & Nerve, Vol.34, No.4, 463-469, 2006.
(DOI: 10.1002/mus.20611,   PubMed: 16868939)
61. Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Naoki Sawada, Kunitaka Nashiki, Mitsuyoshi Tsuji, Kazusa Muto, H Kume, Hajime Sasaki, Hidekazu Arai, Takeshi Nikawa, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Restraint stress alters the duodenal expression of genes important for lipid metabolism in rat.,
Toxicology, Vol.227, No.3, 248-261, 2006.
(DOI: 10.1016/j.tox.2006.08.009,   PubMed: 16962226)
62. Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Naoki Sawada, Kunitaka Nashiki, Mitsuyoshi Tsuji, Takeshi Nikawa, Hidekazu Arai, Kyoko Morita, Yutaka Taketani and Eiji Takeda :
Immobilization decreases duodenal calcium absorption through a 1,25-dihydroxyvitamin D-dependent pathway.,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.4, 291-299, 2006.
(DOI: 10.1007/s00774-006-0686-z,   PubMed: 16816923)
63. Naoto Suzue, Takeshi Nikawa, Yuko Onishi, Chiharu Yamada, Katsuya Hirasaka, Takayuki Ogawa, Harumi Furochi, Hirofumi Kosaka, Kazumi Ishidoh, Gu Hua, Shin'ichi Takeda, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Hironori Yamamoto, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui :
Ubiqitin Ligase Cbl-b Downregulates Bone Formation Through Suppression of IGF-I Signaling in Osteoblasts During Denervation,
Journal of Bone and Mineral Research, Vol.21, No.5, 722-734, 2006.
(DOI: 10.1359/jbmr.060207,   PubMed: 16734387,   Elsevier: Scopus)
64. Harumi Furochi, Takeshi Nikawa, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Kazumi Ishidoh, Yuko Onishi, Takahiro Ogawa, Chiharu Yamada, Hiromi Suzuki, Akira Higashibata, Motoko Oarada, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui :
Distinct gene expression profiles in the femora of rats exposed to spaceflight, tail-suspension and dnervation.,
Biological Sciences in Space, Vol.20, No.3, 80-90, 2006.
(DOI: 10.2187/bss.20.80,   CiNii: 10018709277)
65. Yuko Onishi, Katsuya Hirasaka, Ibuki Ishihara, Motoko Oarada, Jumpei Goto, Takayuki Ogawa, Naoto Suzue, Shunji Nakano, Harumi Furochi, Kazumi Ishidoh, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa :
Identification of mono-ubiquitinated LDH-A in skeletal muscle cells exposed to oxidative stress,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.336, No.3, 799-806, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2005.08.175,   PubMed: 16154111)
66. Takayuki Ogawa, Takeshi Nikawa, Harumi Furochi, Miki Kosyoji, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Koichi Sairyo, Shunji Nakano, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui :
Osteoactivin upregulates expression of MMP-3 and MMP-9 in fibroblasts infiltrated into denervated skeletal muscle in mice,
American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.289, No.3, C697-C707, 2005.
(DOI: 10.1152/ajpcell.00565.2004,   PubMed: 16100390)
67. Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Louis Yuge, Ibuki Ishihara, Akira Higashibata, Noriaki Ishioka, Atsuko Okubo, Takashi Miyashita, Naoto Suzue, Takayuki Ogawa, Motoko Oarada and Kyoichi Kishi :
Clinorotation prevents differentiation of rat myoblastic L6 cells in association with reduced NF-κB signaling,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1743, No.1-2, 130-140, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbamcr.2004.09.013,   PubMed: 15777848)
68. Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Yuki Asanoma, Harumi Furochi, Yuko Onishi, Takayuki Ogawa, Naoto Suzue, Motoko Oarada, Toru Shimazu and Kyoichi Kishi :
Short-term hypergravity does not affect protein-ubiquitination and proliferation in rat L6 myoblastic cells,
Biological Sciences in Space, Vol.19, No.1, 3-7, 2005.
(DOI: 10.2187/bss.19.3,   PubMed: 16118477,   CiNii: 10016459395)
69. Takuya Mishiro, Shunji Nakano, Shigeyuki Takahara, Mari Miki, Yoichi Nakamura, Susumu Yasuoka, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui :
Relationship Between Cathepsin B and Thrombin in Rheumatoid Arthritis,
The Journal of Rheumatology, Vol.31, No.7, 1265-1273, 2004.
(PubMed: 15229942)
70. Takeshi Nikawa, Kazumi Ishidoh, Katsuya Hirasaka, Ibuki Ishihara, Madoka Ikemoto, Mihoko kano, Eiki Kominami, Ikuya Nonaka, Takayuki Ogawa, Gregory R. Adams, kenneth M. Baldwin, Natsuo Yasui, Kyoichi Kishi and Shinichi Takeda :
Skeletal muscle gene expression in space-flown rats,
The FASEB journal, Vol.18, No.3, 522-524, 2004.
(DOI: 10.1096/fj.03-0419fje,   PubMed: 14715702)
71. Louis Yuge, Atsuko Okubo, Takashi Miyashita, Takanori Kumagai, Takeshi Nikawa, Shinichi Takeda, Masamoto Kanno, Yukio Urabe, Masanori Sugiyama and Katsuko Kataoka :
Physical stress by magnetic force accelerates differentiation of human osteoblasts,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.311, No.1, 32-38, 2003.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2003.09.156,   PubMed: 14575691)
72. Motoko Oarada, Tsuyoshi Tsuzuki, Toshihide Suzuki, Teruo Miyazawa, Takeshi Nikawa, Guan Hong-quan and Nobuyuki Kurita :
Dietary supplementation with docosahexaenoic acid, but not with eicosapentaenoic acid, reduces host resistance to fungal infection in mice,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1622, No.3, 151-160, 2003.
(DOI: 10.1016/S0304-4165(03)00136-3,   PubMed: 12928111)
73. Mihoko Kano, Takako Kitano, Madoka Ikemoto, Katsuya Hirasaka, Yuki Asanoma, Takayuki Ogawa, Shinichi Takeda, Ikuya Nonaka, Gregory R. Adams, Kenneth M. Baldwin, Motoko Oarada, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa :
Isolation and characterization of a novel gene sfig in rat skeletal muscle up-regulated by spaceflight (STS-90),
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.1-2, 39-47, 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110676,   PubMed: 12630567,   Elsevier: Scopus)
74. Madoka Ikemoto, Yoshihito Okamura, Mihoko Kano, Katsuya Hirasaka, Reiko Tanaka, Taeko Yamamoto, Takahiro Sasa, Takayuki Ogawa, Koichi Sairyo, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa :
A Relative High Dose of Vitamin E Does Not Attenuate Unweighting-Induced Oxidative Stress and Ubiquitination in Rat Skeletal Muscle,
Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science, Vol.21, No.5, 257-263, 2002.
(DOI: 10.2114/jpa.21.257,   PubMed: 12491823)
75. Motoko Oarada, Takeshi Nikawa and Nobuyuki Kurita :
Effect of timing of food deprivation on host resistance to fungal infection in mice,
British Journal of Nutrition, Vol.88, No.2, 151-158, 2002.
(DOI: 10.1079/BJNBJN2002600,   PubMed: 12144718)
76. Takeshi Nikawa, Madoka Ikemoto, Takashi Sakai, Mihoko Kano, Takako Kitano, Tsukasa Kawahara, Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan and Kyoichi Kishi :
Effects of a Soy Protein Diet on Exercise-Induced Muscle Protein Catabolism in Rats,
Nutrition, Vol.18, No.6, 490-495, 2002.
(DOI: 10.1016/S0899-9007(02)00744-X,   PubMed: 12044822)
77. Takeshi Nikawa, Madoka Ikemoto, Chiho Watanabe, Takako Kitano, Mihoko Kano, Makoto Yoshimoto, Takae Towatari, Nobuhiko Katunuma, Fujiko Shizuka and Kyoichi Kishi :
A Cysteine Protease Inhibitor Prevents Suspension-Induced Declines in Bone Weight and Strength in Rats,
Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science, Vol.21, No.1, 51-57, 2002.
(DOI: 10.2114/jpa.21.51,   PubMed: 11938609)
78. Tsukasa Kawahara, Yuki Kuwano, Shigetada Kondo, Tomoko Kawai, Takeshi Nikawa, Kyoichi Kishi and Kazuhito Rokutan :
Toll-like receptor 4 regulates gastric pit cell responses to Helicobacter pylori infection,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.48, No.3,4, 190-197, 2001.
(徳島大学機関リポジトリ: 30592,   PubMed: 11694959)
79. Tsukasa Kawahara, Yuki Kuwano, Shigetada Kondo, Toshiro Sugiyama, Tomoko Kawai, Takeshi Nikawa, Kyoichi Kishi and Kazuhito Rokutan :
Helicobacter pylori lipopolysaccharide from type 1, but not type 2 strains, stimulates apoptosis of cultured gastric mucosal cells,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.48, No.3,4, 167-174, 2001.
(徳島大学機関リポジトリ: 83815,   PubMed: 11694956)
80. Takeshi Nikawa, Madoka Ikemoto, Mihoko Kano, Kaori Tokuoka, Katsuya Hirasaka, Shoji Uehara, Kiyoshi Takatsu, Kazuhito Rokutan and Kyoichi Kishi :
Impaired Vitamin A-Mediated Mucosal IgA Response in IL-5 Receptor-Knockout Mice,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.285, No.2, 546-549, 2001.
(DOI: 10.1006/bbrc.2001.5138,   PubMed: 11444878,   Elsevier: Scopus)
81. Madoka Ikemoto, Takeshi Nikawa, Shinichi Takeda, Chiho Watanabe, Takako Kitano, Baldwin M. Kenneth, Ryutaro Izumi, Ikuya Nonaka, Takae Towatari, Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan and Kyoichi Kishi :
Space Shuttle flight (STS-90) enhances dagradation of rat myosin heavy chain in association with activation of ubiquitin-proteasome pathway,
The FASEB journal, Vol.15, No.7, 1279-1281, 2001.
(DOI: 10.1096/fj.00-0629fje,   PubMed: 11344113,   Elsevier: Scopus)
82. Takeshi Nikawa, Madoka Ikemoto, Kaori Tokuoka, Shigetada Teshima, Alpers H. David, Yoshihiro Masui, Kyoichi Kishi and Kazuhito Rokutan :
Interleukin-1β enhances retinoic acid-mediated expression of bone-type alkaline phosphatase in rat IEC-6 cells,
American Journal of Physiology, Gastrointestinal and Liver Physiology, Vol.280, No.3, 510-517, 2001.
(PubMed: 11171635,   Elsevier: Scopus)
83. Takeshi Nikawa, Kenji Odahara, Hiroyuki Koizumi, Yasuhiro Kido, Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan and Kyoichi Kishi :
Vitamin A Prevents the Decline in Immunoglobulin A and Th2 Cytokine Levels in Small Intestinal Mucosa of Protein-Malnourished Mice1,
Biochemical and Molecular Action of Nutrients, Vol.129, 934-941, 1999.
84. Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan, Takeshi Nikawa and Kyoichi Kishi :
Macrophage Colony-Stimulating Factor Stimulates Synthesis and Secretion of a Mouse Homolog of a Human IgE-Dependent Histamine-Releasing Factor by Macrophages In Vitro and In Vivo,
The Journal of Immunology, Vol.161, No.11, 6356-6366, 1998.
85. Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan, Takeshi Nikawa and Kyoichi Kishi :
Guinea pig gastric mucosal cells produce abundant superoxide anion through an NADPH oxidase-like system,
Gastroenterology, Vol.115, No.5, 1186-1196, 1998.
(DOI: 10.1016/S0016-5085(98)70090-3,   PubMed: 9797374)
86. Kazuhito Rokutan, Shigetada Teshima, Mami Miyoshi, Tomoko Kawai, Takeshi Nikawa and Kyoichi Kishi :
Glutathione depletion inhibits oxidant-induced activation of nuclear factor-kappa B,AP-1,and c-Jun/ATF-2 in cultured guinea-pig gastric epithelial cells,
Journal of Gastroenterology, Vol.33, 646-655, 1998.
87. Takeshi Nikawa, Kazuhito Rokutan, Kayo Nanba, Kaori Tokuoka, Shigetada Teshima, Michael J Engle, David H Alpers and Kyoichi Kishi :
Vitamin A Up-Regulates Expression of Bone-Type Alkaline Phosphatase in a Rat Small Intestinal Crypt Cell Line and Fetal Rat Small Intestine,
Biochemical and Molecular Roles of Nutrients, Vol.128, 1869-1877, 1998.
88. Kazuhito Rokutan, Shigetada Teshima, Mami Miyoshi, Takeshi Nikawa and Kyoichi Kishi :
Oxidant-lnduced Activation of Nuclear Factor-Kappa B in Cultured Guinea Pig Gastric Epithelial Cells,
Digestive Diseases and Sciences, Vol.42, No.9, 1880-1889, 1997.
89. Tetsuya Hirakawa, Kazuhito Rokutan, Takeshi Nikawa and Kyoichi Kishi :
Geranylgeranylacetone induces heat shock proteins. in cultured guinea pig gastric mucosal cells and rat gastric mucosa,
Gastroenterology, Vol.111, No.2, 345-357, 1996.
90. Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan, Masayuki Takahashi, Takeshi Nikawa and Kyoichi Kishi :
Induction of heat shock proteins and their possible roles in macrophages during activation by macrophage colony-stimulating factor,
The Biochemical Journal, Vol.315, 497-504, 1996.
91. Arinobu Yamauchi, Fujiko Shizuka, Takashi Yamamoto, Takeshi Nikawa, Yasuhiro Kido, Kazuhito Rokutan and Kyoichi Kishi :
Amino acids and glucose differentially increased extracellular 5-hydroxyindoleacetic acid of the rat brain.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.41, No.3, 325-340, 1995.
92. Takeshi Nikawa, A W. Schulz, E C. Vandenbrink, M Hanusch, P Vandersaag, W Stahl and H Sies :
Efficacy of All-trans-β-Carotene, Canthaxanthin, and All-trans, 9-cis-, and 4-Oxoretinoic Acids in Inducing Differentiation of an F9 Embryonal Carcinoma RARβ-lacZ Reporter Cell Line,
Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.316, No.2, 665-672, 1995.
93. Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan, Masayuki Takahashi, Takeshi Nikawa, Yasuhiro Kido and Kyoichi Kishi :
Alteration of the Respiratory Burst and Phagocytosis of Macrophages under Protein Malnutrition,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.41, No.1, 127-137, 1995.
94. Takeshi Nikawa, G Schuch, G Wagner and H Sies :
Interaction of ebselen with glutathione S-transferase and papain in vitro,
Biochemical Pharmacology, Vol.47, No.6, 1007-1012, 1994.
(DOI: 10.1016/0006-2952(94)90411-1,   PubMed: 8147899)
95. Takeshi Nikawa, G Schuch, G Wagner and H Sies :
Interaction of albumin-bound ebselen with rat liver glutathione S-transferase and microsomal proteins,
Biochemistry and Molecular Biology International, Vol.32, No.2, 291-298, 1994.
(PubMed: 8019434)
96. Hisao Kakegawa, Takeshi Nikawa, Kahori Tagami, Hiroshi Kamioka, Koji Sumitani, Terushige Kawata, Marinka Drobnic-kosorok, Brigita Lenarcic, Vito Turk and Nobuhiko Katunuma :
Participation of cathepsin L on bone resorption,
FEBS Letters, Vol.321, No.2-3, 247-250, 1993.
97. Takeyuki Ohshita, Takeshi Nikawa, Takae Towatari and Nobuhiko Katunuma :
Effects of selective inhibition of cathepsin B and general inhibition of cysteine proteinases on lysosomal proteolysis in rat liver in vivo and in vitro,
European Journal of Biochemistry, Vol.209, No.1, 2237-231, 1992.
98. 二川 健, 勝沼 信彦 :
システインプロテアーゼインヒビターによる骨粗鬆症治療の可能性,
Clinical Calcium, Vol.2, No.4, 95-101, 1992年.
99. Takeshi Nikawa, Takae Towatari and Nobuhiko Katunuma :
Purification and characterization of cathepsin J from rat liver,
European Journal of Biochemistry, Vol.204, No.1, 381-393, 1992.
100. Takae Towatari, Takeshi Nikawa, Mitsuo Murata, Chihiro Yokoo, Masaharu Tamai, Kazunori Hanada and Nobuhiko Katunuma :
Novel epoxysuccinyl peptides A selective inhibitor of cathepsin B, in vivo,
FEBS Letters, Vol.280, No.2, 311-315, 1991.
101. Mitsuo Murata, Satsuki Miyashita, Chihiro Yokoo, Musaharu Tamai, Kazunori Hanada, Katsuo Hatayama, Takae Towatari, Takeshi Nikawa and Nobuhiko Katsunuma :
Novel epoxysuccinyl peptides. Selective inhibitors of cathepsin B, in vivo,
FEBS Letters, Vol.280, No.2, 307-310, 1991.
102. Takeshi Nikawa, Takae Towatari, Yoshimasa Ike and Nobuhiko Katsunuma :
Studies on the reactive site of the cystatin superfamily using recombinant cystatin A mutants,
FEBS Letters, Vol.255, No.2, 309-314, 1989.
(DOI: 10.1016/0014-5793(89)81112-3,   PubMed: 2676604)

総説・解説:

1. 内田 貴之, 真板 綾子, 二川 健 :
微小重力環境を利用した筋萎縮機構の研究,
実験医学増刊号, Vol.38, No.7, 82-87, 2020年4月.
2. 二川 健 :
機能性宇宙食の開発について,
宇宙・医学・栄養学, Vol.1, No.1, 72-77, 2019年10月.
3. 内田 貴之, 二川 健 :
筋ミトコンドリアによる重力感知,
生体の科学, Vol.70, No.4, 301-305, 2019年8月.
(CiNii: 40021994453)
4. 内田 貴之, 二川 健 :
微小重力環境における筋萎縮発生メカニズムへの新展開,
月刊細胞, Vol.50, No.12, 618-621, 2018年10月.
5. 中尾 玲子, 内田 貴之, 二川 健 :
サルコペニアとメカニカルストレス,
診断と治療, Vol.106, No.6, 701-704, 2018年6月.
(CiNii: 40021600161)
6. Reiko Nakao, Takeshi Nikawa and Katsutaka Oishi :
The skeletal muscle circadian clock: current insights,
ChronoPhysiology and Therapy, Vol.7, 47-57, Nov. 2017.
(DOI: 10.2147/CPT.S116569)
7. 金子 一郎, 宮本 賢一, 二川 健 :
ビタミンDと筋組織,
Clinical Calcium, Vol.27, No.11, 63(1571)-70(1578), 2017年10月.
8. Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka and Takeshi Nikawa :
Involvement of Cbl-b-mediated macrophage inactivation in insulin resistance.,
World Journal of Diabetes, Vol.8, No.3, 97-103, Mar. 2017.
(DOI: 10.4239/wjd.v8.i3.97,   PubMed: 28344752)
9. Yoshihiro Sakashita, 内田 貴之, 二川 健 :
[Impacts of physical exercise on remodeling and hypertrophy of skeletal muscle.],
Clinical Calcium, Vol.27, No.1, 79-85, 2017年.
(PubMed: 28017949)
10. Hikaru Kishimoto, 内田 貴之, Kanako Kitahata, 二川 健 :
[Plasticity of skeletal muscle against unloading stress.],
Clinical Calcium, Vol.27, No.3, 351-356, 2017年.
(PubMed: 28232649)
11. Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Shohei Kohno, Arisa Ochi, Naoko Yamagishi, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo and Takeshi Nikawa :
Ubiquitin ligase Cbl-b and obesity-induced insulin resistance.,
Endocrine Journal, Vol.61, No.6, 529-538, Mar. 2014.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ14-0048,   PubMed: 24614797)
12. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 :
免疫とインスリン抵抗性ーユビキチンリガーゼCbl-bを中心にー,
内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.38, No.1, 39-44, 2014年1月.
13. 坂東 亜紀, 真板 綾子, 二川 健 :
宇宙飛行と加齢による筋萎縮と栄養対策,
日本抗加齢医学会雑誌, Vol.9, No.3, 47-52, 2013年6月.
14. 永野 ひかる, 近藤 茂忠, 山岸 直子, 冨田 知里, 真板 綾子, 平坂 勝也, 二川 健 :
筋萎縮予防食開発の現状,
日本食品・機械研究会誌, Vol.33, No.3, 139-145, 2013年.
15. Chika Ikeda, Tomoki Abe, Atsuko Sakai, Katsuya Hirasaka and Takeshi Nikawa :
[Space flight/bedrest immobilization and bone. Space flight and bed rest-mediated muscle atrophy].,
Clinical Calcium, Vol.22, No.12, 1813-1820, Dec. 2012.
(PubMed: 23187073)
16. 近藤 茂忠, Ochi Arisa, Shohei Kohno, 安倍 知紀, Kenro Utsunomiya, Hikaru Nagano, Takuro Suto, Chisato Tomida, Naoko Yamagishi, Katsuya Hirasaka, 真板 綾子, Yushi Okumura, 二川 健 :
[Space flight/bedrest immobilization and bone. Development of inhibitors for atrophy caused by unloading stress].,
Clinical Calcium, Vol.22, No.12, 1879-1885, 2012年12月.
(PubMed: 23187081)
17. 寺尾 純二, 二川 健, 岡 達三 :
フラボノイドの生理機能性研究の展開,
ビタミン, Vol.93, 551-552, 2009年9月.
18. 原田 晃子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 二川 健 :
徳島大学栄養学発''宇宙実験''の歩みとこれから,
四国医学雑誌, Vol.64, No.5,6, 236-241, 2008年12月.
19. 山田 千晴, 平坂 勝也, 安井 夏生, 二川 健 :
ユビキチンリガーゼCbl-b による運動器の廃用性萎縮,
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, Vol.44, No.3, 163-170, 2007年3月.
(CiNii: 110006271537)
20. 鈴江 直人, 安井 夏生, 二川 健 :
骨芽細胞に対するアンローディングの影響,
骨・関節・靭帯, Vol.17, No.1, 47-50, 2004年.
21. 岸 恭一, 六反 一仁, 二川 健, 近藤 茂忠 :
生体におけるアミノ酸代謝,
肝·胆·膵, Vol.47, No.1, 9-16, 2003年7月.
22. 二川 健, 平坂 勝也, 岸 恭一, 小川 貴之, 安井 夏生 :
無重力による筋萎縮と蛋白質分解酵素,
週刊 医学のあゆみ 運動器科学の創生, Vol.205, No.3, 204-207, 2003年.
23. 二川 健 :
栄養と免疫機能:ビタミンAと腸管免疫,
臨床免疫, Vol.37, No.5, 2002年5月.
24. 岸 恭一, 二川 健, 六反 一仁 :
アミノ酸生理作用:とくにシステイン,
臨床栄養, Vol.100, No.2, 150-154, 2002年2月.
25. 平坂 勝也, 池本 円, 加納 美保子, 二川 健 :
筋萎縮を改善できる新しい宇宙食の開発をめざして,
食品基材研究会, 2002年.
26. 二川 健 :
サイトカイン受容体欠損マウスを用いた小腸粘膜免疫能に対するビタミンAの賦活効果の解析,
日本栄養・食料学会誌, Vol.54, No.4, 247-252, 2001年4月.
27. 二川 健, 手嶋 茂忠, 六反 一仁, 岸 恭一 :
代謝・免疫器官としての腸管:腸管局所免疫に対するビタミンAの効果,
小児外科, Vol.32, No.2, 167-173, 2000年2月.
28. 岸 恭一, 六反 一仁, 二川 健 :
ストレスと栄養:ストレスと蛋白質栄養,
ストレス科学, Vol.13, No.3, 86-93, 1998年12月.
29. Kazuhito Rokutan, Tetsuya Hirakawa, Shigetada Teshima, Yoko Nakano, Mami Miyoshi, Tomoko Kawai, Emi Konda, Hiroko Morinaga, Takeshi Nikawa and Kyoichi Kishi :
Implications of heat shock/stress proteins for medicine and disease,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.44, No.3-4, 137-147, Feb. 1998.
(徳島大学機関リポジトリ: 110658,   PubMed: 9597801)
30. 二川 健 :
脂溶性ビタミンをめぐる新展開:新しいF9レポーター細胞に対するレチノイドとカロテノイドの分化誘導作用とその分子機構,
医学のあゆみ, Vol.178, No.2, 111-116, 1996年7月.
31. 二川 健, 六反 一仁 :
消化器疾患ー分子生物学的アプローチ発生・生理への分子生物学的アプローチー小腸上皮細胞の分化と分子生物学:レチノイン酸とTGF-βによる分子誘導機序を中心として,
医学のあゆみ, Vol.176, No.13, 833-836, 1996年3月.
32. 二川 健, 六反 一仁 :
消化管粘膜細胞と細胞増殖因子:小腸上皮細胞と増殖因子,
G.I.Research, Vol.3, No.2, 50-56, 1995年2月.
33. 二川 健, 勝沼 信彦 :
骨吸収におけるカテプシンの役割,
Biomedica, Vol.7, No.6, 657-662, 1992年6月.
34. 二川 健, 勝沼 信彦 :
システインプロテアーゼインヒビターによる骨粗鬆症の治療の可能性,
Clinical Calcium, Vol.2, No.4, 95-101, 1992年4月.

国際会議:

1. Takeshi Nikawa :
Establishing an international institute for the development of next-generation space nutrition researchers,
The 3rd International Moon Village Workshop & Symposium, Kyoto, Dec. 2019.
2. Takeshi Nikawa :
Functional space foods improve the QOL in moon village,
The 3rd International Moon Village Workshop & Symposium, Tokyo, Dec. 2019.
3. (名) Anaytulla, Takayuki Uchida, Miki Yukari, Sugiura Kohsuke, Ohno Ayako, Reiko Nakao and Takeshi Nikawa :
Supplementation of Morin attenuates oxidative stress and muscle wasting in mouse C2C12 skeletal myotubes treated with dexamethasone,
The 7th International Conference on Food Factors(ICoFF2019)/The 12th International Conference and Exhibition on Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF2019), Kobe, Dec. 2019.
4. Takayuki Uchida, Sakashita Yoshihiro, Katsuya Hirasaka, Ohno Ayako, Reiko Nakao, Akira Higashibata, Kobayashi Takeshi, Sokabe Masahiro and Takeshi Nikawa :
The influence of skeletal muscle thermogenesis on the regulation of body temperature during ketogenic diet-induced hypothermia,
ADVANCED BIOMEDICAL ENGINEERING AND INSTRUMENTATION SUMMIT, San Francisco, Jun. 2019.
5. Yukiko Tomioka, Hidehiro Umehara, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Masuda Rumiko, Kazuaki Mawatari, Takeshi Nikawa, Akira Takahashi, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori :
Altered plasma metabolites related to one-carbon metabolism in schizophrenia.,
WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry, Kobe, Sep. 2018.
6. Takeshi Nikawa, Takayuki Uchida, Ayako Maita and Reiko Nakao :
Molecular mechanism and nutritional approach for unloading-mediated muscle atrophy,
2018 International Conference on Functional Food for improving Sarcopenia, Cachexia and Frailty, Mar. 2018.
7. Takeshi Nikawa :
Unloading induces reactive oxygen species associated signal transduction toward atrophy in skeletal muscle cells,
3rd International Symposium on Mechanobiology, Dec. 2017.
8. Takeshi Nikawa :
Unloading induces reactive oxygen species associated signal transduction toward atrophy in skeletal muscle cells,
14th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Aug. 2017.
9. Tsugita Saki, Katsuya Hirasaka, Haruna Marie, M.Mills Edward, Bando Aki, Tomoki Abe, Shigetada Kondo, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Elucidation of the interaction between UCP3 and Hax-1,
11th Asian Microgravity Symposium, Oct. 2016.
10. Takeshi Nikawa, Hashimoto Rie, Katsuya Hirasaka, Yano Chiaki, Aibara Kana, Takayuki Uchida, Tomoki Abe, Ayako Maita and Akama Kazuhito :
Effects of dietary soy protein on unloading mediated muscle atrophy,
11th Asian Microgravity Symposium, Oct. 2016.
11. Takayuki Uchida, Tomoki Abe, Ayako Maita, Reiko Nakao, Higashitani Atsushi, Kobayashi Takeshi, Sokabe Masahiro, Akira Higashibata and Takeshi Nikawa :
Microgravity-induced signal transduction in skeletal muscle cells,
11th Asian Microgravity Symposium, Oct. 2016.
12. Takeshi Nikawa :
Microgravity-induced signal transduction in skeletal muscle cells,
13th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Oct. 2016.
13. Ayako Maita, Tsugita Saki, Katsuya Hirasaka, Haruna Marie, Ikeda Chika, Akagi Ken-ichi, Tochio Hideto, Shigetada Kondo, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Calcium-Dependent Interactive between UCP3 and Hax-1,
The 27th International Conference on Msgnetic Resonance in Biological Systems, Aug. 2016.
14. Takeshi Nikawa, Hashimoto Rie, Katsuya Hirasaka, Yano Chiaki, Aibara Kana, Ayako Maita and Akama Kazuhito :
Effects of dietary soy protein on skeletal muscle volume and strength in humans with various physical activities,
Molecular Mechanisms Modulating Skeletal Muscle Development and Homeostasis in Health and Disease, Jun. 2016.
15. Uchida Takayuki and Takeshi Nikawa :
Nutritional Approarch to prevent unloading-mediated muscle atrophy,
12th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, 韓国, Oct. 2015.
16. Tomoki Abe and Takeshi Nikawa :
Capric scid up-regulates UCP3 expression without PDK4 induction in mouse C2C12 myotubes,
44th European Muscle Conference, Sep. 2015.
17. Takagi Marina and Takeshi Nikawa :
A novel functional rice against skeletal muscle atrophy caused by unloading,
44th European Muscle Conference, Sep. 2015.
18. Takeshi Nikawa, Katsuya Hirasaka and Yuushi Okumura :
Ubiquitin ligase Cbl-b is a negative regulator for insulin-like growth factor 1 signaling during muscle atrophy caused by unloading,
30th International Symposium on Space Technology and Science, Jul. 2015.
19. Shigetada Kondo, Yano Chiaki, Yamagishi Naoko, Tomida Chisato, Aibara Kana, Tomoki Abe, Ayako Maita and Takeshi Nikawa :
Chemopreventive effects of polyphenols on malignant phenotypes induced by chronic inhibition of VEGF in colorectal cancer cells,
12th Asian Congress of Nutrition, May 2015.
20. Takagi Marina, Ochi Arisa, Kitahata Kanako, Kishimoto Hikaru, Nakao Reiko, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Tomoki Abe, Hisao Nemoto and Takeshi Nikawa :
N-Myristoylated ubiquitin ligase Cbl-b inhibitor prevents on glucocorticoid-induced atrophy in mouse skeletal muscle,
12th Asian Congress of Nutrition, Vol.570, No.15, 23-31, May 2015.
(DOI: 10.1016/j.abb.2015.02.006,   Elsevier: Scopus)
21. Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Takayuki Uchida, Marina Takagi, Ayako Ohno, Shigetada Kondo and Takeshi Nikawa :
Cbl-b Is a Critical Regulator of Macrophage Activation Associated With Obesity-Induced Insulin Resistance in Mice,
12th Asian Congress of Nutrition, Vol.62, No.6, 1957-1969, May 2015.
(DOI: 10.2337/db12-0677,   PubMed: 23349502,   Elsevier: Scopus)
22. Uchida Takayuki, Takeshi Nikawa, Tomoki Abe, Kohno Shohei, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Yuushi Okumura and Mills M. Edward :
Ubiquitin ligase Cbl-b is a negative regulator for insulin-like growth factor 1 signaling during muscle atrophy caused by unloading,
12th Asian Congress of Nutrition, May 2015.
23. Rie Mukai, Naoko Matsui, Takeshi Nikawa and Junji Terao :
Dietary quercetin prevents disuse muscle atrophy of denervated mice through regulation of mitochondrial biogenesis,
12th Asian congress of Nutrition, May 2015.
24. Nobuhiko Kawai, Katsuya Hirasaka, Chieko Shiota, Takeshi Nikawa and Eiji Tanaka :
Effectiveness Of Myostatin Knockdown On Jaw Muscle Activity,
2014 IADR/PER Congress, Dubrovnik, Croatia., Sep. 2014.
25. Rie Mukai, Naoko Matsui, Takeshi Nikawa and Junji Terao :
Pre-intake of quercetin slow the progression of disuse muscle atrophy by mitochondrial dysfunction.,
XXVIIth International Conference on Polyphenols &8th Tannin Conference, Sep. 2014.
26. Tomoki Abe, Utsunomiya Kenro, Yuushi Okumura, Ayako Maita, Shigetada Kondo and Takeshi Nikawa :
Inhibition of myostatin activation prevents dexamethasone-induced muscle atrophy in C2C12 myotubes.,
The 43rd European Muscle Conference, Sep. 2014.
27. Rie Mukai, Naoko Matsui, N Matsumoto, N.T. Dang, Takeshi Nikawa, Hisao Nemoto and Junji Terao :
Anti-Oxidative Flavonoid suppresses disuse muscle atrophy in denervation mice.,
XXVIIth International Conference on Polyphenols &8th Tannin Conference., 2014.
28. Takeshi Nikawa, Arisa Ochi and Tomoki Abe :
Anti-muscle atrophy peptides/proteins,
10th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Seoul, Sep. 2013.
29. Marie Haruna, Katsuya Hirasaka, Aki Bando, Ayako Maita, Shigetada Kondo and Takeshi Nikawa :
The role of uncoupling protein 3 regulating calcium ion uptake into mitochondria during sarcopenia,
10th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Seoul, Sep. 2013.
30. Tomki Abe, Shohei Kohno, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Unloading stress disturbs muscle regeneration through perturbed recruitment and function of macrophages,
The 29th International Symposium on Space Technology and Science, Nagoya, Jun. 2013.
31. Arisa Ochi, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Rie Mukai, Junji Terao, Taesik Gwang, Inho Choi and Takeshi Nikawa :
Development of anti-ubiquitination oligopeptide, Cblin:Cbl-b inhibitor that prevents unloading-induced muscle atorophy.,
The 29th International Symposium on Space Technology and Science, Nagoya, Jun. 2013.
32. Takeshi Nikawa :
Unloading-mediated signal transducation in skeletal muscle cells,
The 22th International Rheumatology Symposium, kyoto, Apr. 2013.
33. Rie Mukai, Takeshi Nikawa and Junji Terao :
Antioxidative flavonoid quercetin suppresses disused muscle atrophy,
Society for Free Radical Research International, London, Sep. 2012.
34. Rie Mukai, Takeshi Nikawa and Junji Terao :
Antioxidative flavonoid quercetin suppresses disused muscle atrophy,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.53, S87, 2012.
35. Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Junji Terao :
Flavonoid derivatives prevent disuse muscle atrophy,
Internatinal Conference on Food Factors, Taipei, Nov. 2011.
36. Katsuya Hirasaka, Edward M Mills, Kohno Shohei, Abe Tomoki, Shigetada Kondo, Ayako Maita, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Thioredoxin 2 Binding to Uncoupling Protein 3 is Processed by Inner Membrane Peptidase in the Mitochondrial Intermembrane Space and Attenuates Generation of Reactive Oxygen Species,
7th General Meeting of the International Proteolisis Society, 米国, Oct. 2011.
37. Abe Tomoki, Katsuya Hirasaka, Kohno Shohei, Ochi Arisa, Yamashita Yui, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Cbl-b is a Crtical Regulator of Macrophage Activation Associated with Obesity-Induced Insulin Resistance in Mice,
7th General Meeting of the International Proteolisis Society, 米国, Oct. 2011.
38. Kohno Shohei, Shigetada Kondo, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Yuushi Okumura, Rie Mukai, Junji Terao, Akira Higashibata and Takeshi Nikawa :
Regulation of the Gene Expression of Cbl-b Ubiquitin Ligase in Skeletal Muscle During Unloading Conditions.,
7th General Meeting of the International Proteolisis Society, 米国, Oct. 2011.
39. Yamashita Yui, Kohno Shohei, Abe Tomoki, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Katsuya Hirasaka, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Unloading stress disturbs muscle regeneration through perturbed recruitment and function of macrophages,
40th European Muscle Conference, ドイツ, Sep. 2011.
40. Ochi Arisa, Nakao Reiko, Ueji Tatsuya, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Yuushi Okumura, Nagano Keisuke, Hisao Nemoto, Akama Kazuhito and Takeshi Nikawa :
Development of anti-ubiquitination oligopeptide, Cblin:Cbl-b inhibitor that prevents unloading-induced skeletal muscle atrophy.,
40th European Muscle Conference, ドイツ, Sep. 2011.
41. Takeshi Nikawa, Yama Tomorari, Kannmura Keita, Ochi Arisa, Abe Tomoki, Nakao Reiko, Kohno Shohei, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita and Yuushi Okumura :
Soy glycinin contains a functional inhibitory sequence against muscle atrophy-associated Cbl-b ubiquitin ligase,
40th European Muscle Conference, ドイツ, Sep. 2011.
42. Tatsuya Ueji, Ayumi Shirakata, Shigetada Kondo, Keisuke Nagano, Ayako Maita, Nobuo Maita, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa :
Crystal structure of Cbl-b TKB domain in complex with Cblin (Cbl-b inhibitor),
Acta Crystallographica Section A, Vol.67, No.supplement, C304-C305, Madrid, Aug. 2011.
43. Takeshi Nikawa, Nakao Reiko, Katsuya Hirasaka, Akira Higashibata, Inho Choi, Asashima Makoto, Edward M Mills and Yuushi Okumura :
Molecular mechanism of unloading-induced muscle atrophy and development of its countermeasures,
2nd Annual Meeting of the Korean Microgravity Society,2011, Korea, May 2011.
44. Rie Mukai, Takeshi Nikawa, Hisao Nemoto, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda, Yoshichika Kawai and Junji Terao :
Disuse muscle atrophy is suppressed by antioxidative flavonoid quercetin,
International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine, Kyoto, Jan. 2011.
45. Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Yutaka Fujikura, Moemi Hayashi, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Junji Terao :
Disuse muscle atrophy is prevented by flavonoids,
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
46. Rie Murai, Tomoyuki Kawamura, Yutaka Fujikura, Moemi Hayashi, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Junji Terao :
Diused muscel atrophy is prevented by flavonoids,
Pachifichem 2010, Honolulu, Dec. 2010.
47. Takeshi Nikawa :
Interim report of MyoLab experiment onboard ISS and its projection to the future,
7th Korea-Japan Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Sep. 2010.
48. Takeshi Nikawa :
Ubiquitin ligase Cbl-b is a negative regulator for IGF-1 signaling during muscle atrophy caused by unloading,
ユビキチンカンファレンス, Aug. 2010.
49. Rie Mukai, Hitoshi Ashida, Takeshi Nikawa and Junji Terao :
Nuclear accumulation of flavonol aglycone in cultured cells detected with a fluorescence microscope,
4th International Conference on Polyphenol and Health, Harrogate, United Kingdom, Dec. 2009.
50. Yoshiko Nakae, K. Hirasaki, J. Goto, Takeshi Nikawa, Masayuki Shono, M. Yoshida and P.J. Stoward :
SUBCUTANEOUS INJECTION OF EPIGALLOCATECHIN GALLATE INTO DYSTROPHIN-DEFICIENT MDX MICE AMELIORATES MUSCULAR DYSTROPHY,
USA, Hawaii, Aug. 2006.
51. Takeshi Nikawa, Madoka Ikemoto, Takako Kitano, Mihoko Kano, Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan, Kyoichi Kishi, Shinichi Takeda, Ikuya Nonaka, Kenneth M. Baldwin, Ryutaro Izumi and Takae Towatari :
Space Shuttle flight enhances degradation of rat myosin heavy chain in association with activation of ubiquitin-proteasome pathway,
2nd iInternational Society of Proteolysis, Munich, Geramany, Oct. 2001.
52. Takeshi Nikawa, Madoka Ikemoto, Takako Kitano, Mihoko Kano, Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan, Kyoichi Kishi, Shinichi Takeda, Ikuya Nonaka, Kenneth M. Baldwin, Ryutaro Izumi and Takae Towatari :
Speaceflight and unweighting enhance degradation of rat myosin heavy chain in association with activation of ubiquitin-proteasome pathway and antiozidative nutrient prevents muscle protein degradation in tail-suspended rats,
17th International Congress of Nutrition, Wien, Aug. 2001.
53. Takeshi Nikawa, Madoka Ikemoto, Chiho Watanabe, Takako Kitano, Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan, Kyoichi Kishi, Shinichi Takeda, Ikuya Nonaka, Kenneth M. Baldwin and Ryutaro Izumi :
Tail-suspension stimulates expression of muscle proteases and cysteine supplementation prevents loss of muscle weight in tail-suspended rats,
21th Annual Gravitational Physiology Meeting, Nagoya, Apr. 2000.
54. Takeshi Nikawa, K Tokuoka, Shigetada Teshima, Madoka Ikemoto, Takae Towatari, David H. Alpers, Kazuhito Rokutan and Kyoichi Kishi :
Synergistic effects of retinoic acid and IL-1 on expression of the bone-type alkaline phosphatase and retinoid receptors in small intestinal epithelial IEC-6 cells,
Annual Meeting of the American Association of the American Gastroenterological Association, Orlando, May 1999.
55. Takeshi Nikawa, Kazuhito Rokutan, Shigetada Teshima, David H. Alpers and Kyoichi Kishi :
Inflammatory cytokines are involved in retinoic acid-mediated maturation of small intestinal epithelial cells,
12th Federation of Asian and Oseanian Biochemists and Molecular Biologists, Tokushima, Oct. 1996.
56. Takeshi Nikawa, Shigetada Teshima, David H. Alpers, Kyoichi Kishi and Kazuhito Rokutan :
Involvement of inflammatory cytokines in retinoic acid-mediated maturation of small intestinal epithelial cells,
Annual Meeting of the American Gastroenterological Association, San Francisco, May 1996.
57. Takeshi Nikawa, Atsuko Sakai, M Emgle, David H. Alpers, Kazuhito Rokutan and Kyoichi Kishi :
Stimulatory action of retinoic acid on differentiation of rat small intestinal cells,
Annual Meeting of the American Gastroenterological Association, San Diego, May 1995.
58. Takeshi Nikawa, A W. Schulz, E C. Vandenbrink, M Hanusch, P Vandersaag, W Stahl and H Sies :
Efficacy of all-trans-β-carotene, canthaxanthin, and all-trans, 9-cis-, and 4-oxoretinoic acids in Inducing differentiation of an F9 embryonal carcinoma RARβ-lacZ reporter cell line,
2nd International Congress of Vitammins and Biofactors, San Diego, Feb. 1995.
59. Takeshi Nikawa, G Schuch, G Wagner and H Sies :
Interaction of ebselen with glutathione S-transferase and papain in vitro,
Annual Autumu Meeting of German Biochemical Society, Dusseldorf, Germany, Sep. 1993.
60. Takeshi Nikawa :
Ebselen : its pharmaceutical role as an antioxidative agent,
ドイツ フライブルク大学招待講演, Freiburg, Germany, Jul. 1993.
61. Takeshi Nikawa, Takae Towatari and Nobuhiko Katunuma :
A novel lysosomal cysteine protease:low sensitivity for E-64,
8th International Congress on Proteolysis,, Munich, Germany, Nov. 1990.

国内講演発表:

1. 内田 貴之, 三木 裕加里, 杉浦 宏祐, 真板 綾子, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 東谷 篤志, 小林 剛, 曽我部 正博, 二川 健 :
筋肉におけるミトコンドリアタンパク質Mfn2の役割,
第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年5月.
2. 藤岡 大樹, 内田 貴之, 杉浦 宏祐, 小林 剛, 東谷 篤志, 曽我部 正博, 二川 健 :
Unloadingによる筋萎縮におけるCa2+-ROSシグナルの変化,
第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年5月.
3. 加藤 彩乃, 内田 貴之, 杉浦 宏祐, 池田 泰隆, 濱田 広一郎, 二川 健 :
細胞内エネルギー代謝経路が筋繊維タイプに与える影響,
第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年5月.
4. 川端 いずみ, 内田 貴之, 加藤 彩乃, Anaytulla (名), 内田 裕子, 森 貞夫, 森田 稔, 二川 健 :
ピセアタンノールの筋萎縮抑制効果の検討,
第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年5月.
5. 佐藤 友紀, 中尾 玲子, 山本 彩音, 二川 健 :
大豆タンパク質の摂取はケトジェニックダイエットによる体温の日内リズム乱れをの改善する,
第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年5月.
6. 二川 健 :
機能性食材による筋萎縮の予防,
第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年5月.
7. 二川 健 :
寝たきりや無重力による筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的予防法の開発,
第6回京都リハビリテーション医学会学術集会, 2020年2月.
8. 新井田 裕樹, 増田 真志, 吉澤 和香, 足立 雄一郎, 大西 康太, 大南 博和, 内田 貴之, 奥村 仙示, 二川 健, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病による骨格筋の脂肪酸代謝異常を介した脂肪毒性(Liptoxicity)は筋委縮(サルコペニア) を惹起する,
第23回日本病態栄養学会年次集会, 2020年1月.
9. 二川 健 :
月・火星の有人探査に向けて日本宇宙生物科学会の果たすべき役割,
第34回宇宙環境利用シンポジウム, 2020年1月.
10. 平坂 勝也, M.Mills Edward, 内田 貴之, Ohno Ayako, 二川 健 :
New aspect of mitochondrial uncoupling protein(UCP):Identification of UCP3 interacting proteins,
第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月.
11. 二川 健, 髙橋 章, 宮脇 克行 :
機能性宇宙食,
第63回宇宙科学技術連合講演会, 2019年11月.
12. 森 優樹, 増田 真志, 吉田 里沙, 青柳 咲紀, 大西 康太, 大南 博和, 奥村 仙示, 二川 健, 濱田 広一郎, 竹谷 豊 :
レチノイン酸によるリポファジーを介した脂肪分解への影響,
第52回日本栄養・食糧学会 中国•四国支部大会, 2019年10月.
13. 川端 いずみ, 内田 貴之, 加藤 彩乃, Anaytulla (名), 内田 裕子, 森 貞夫, 森田 稔, 二川 健 :
ピセアタンノールの筋萎縮抑制効果の検討,
第52回日本栄養・食慮学会 中国・四国支部大会, 2019年10月.
14. 二川 健 :
Unloadingストレスの感知とオルガネラ連関,
第34回日本整形外科学会基礎学術集会, 2019年10月.
15. 二川 健 :
機能性宇宙食の開発,
第66回日本栄養改善学会学術総会, 2019年9月.
16. 新井田 裕樹, 増田 真志, 吉澤 和香, 足立 雄一郎, 大西 康太, 大南 博和, 内田 貴之, 奥村 仙示, 二川 健, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病モデルラットの骨格筋における脂肪酸代謝異常が及ぼす筋萎縮への影響,
第66回日本栄養改善学会学術集会, 2019年9月.
17. 二川 健 :
無重力や寝たきりによる筋萎縮に有効な機能性宇宙食の開発,
日本食品科学工業会 第66回大会, 2019年8月.
18. 二川 健 :
廃用性筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的予防法,
第5回Neo VitamineD Workshop学術集会, 2019年8月.
19. 杉浦 宏祐, 内田 貴之, 真板 綾子, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 東谷 篤志, 東端 晃, 小林 剛, 曽我部 正博, 西良 浩一, 二川 健 :
廃用性筋萎縮におけるミトコンドリア形態変化及び酸化ストレス発生による影響,
日本筋学会第5回学術集会, 2019年8月.
20. 足立 雄一郎, 増田 真志, 新井田 裕樹, 大西 康太, 内田 貴之, 奥村 仙示, 山本 浩範, 二川 健, 竹谷 豊 :
レチノイン酸による小胞体ストレス感受性の影響,
日本ビタミン学会第71回大会, 2019年6月.
21. 三木 裕加里, 小松 明生, 内田 貴之, 中尾 玲子, 真板 綾子, 曽我部 正博, 二川 健 :
廃用性筋萎縮進展におけるミトコンドリアタンパク質Mfn2の役割,
第73回日本栄養・食糧学会大会, 2019年5月.
22. 内田 貴之, 三木 裕加里, 坂下 禎宏, 真板 綾子, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 東谷 篤志, 東端 晃, 小林 剛, 曽我部 正博, 二川 健 :
ミトコンドリアを介した無重力ストレス感知機構の解明,
第73回日本栄養・食糧学会大会, 2019年5月.
23. 二川 健 :
サルコペニアの発症機序と栄養学的治療,
第73回日本栄養・食糧学会大会, 2019年5月.
24. 二川 健 :
無重力によるミトコンドリア機能異常と筋萎縮,
第92回日本整形外科学会学術総会, 2019年5月.
25. 中尾 玲子, 宮脇 克行, 出口 祥啓, 髙橋 章, 二川 健 :
宇宙栄養・食糧関連技術の開発とGatewayへの期待,
国際宇宙探査ワークショップ(その2), 2019年3月.
26. 内田 貴之, 真板 綾子, 中尾 玲子, 二川 健 :
宇宙医学から健康長寿へ,
第221回徳島医学会学術集会, 2019年2月.
27. 二川 健, 内田 貴之, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 真板 宣夫, 東谷 篤志, 小林 剛, 石原 直忠, 曽我部 正博 :
Unloadingストレスに対する筋細胞の初期応答:酸化ストレスの重要性,
第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月.
28. 足立 雄一郎, 増田 真志, 新井田 裕樹, 大西 康太, 内田 貴之, 奥村 仙示, 二川 健, 竹谷 豊 :
小胞体ストレス誘導下におけるレチノイン酸の影響,
第51回 日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2018年11月.
29. 佐藤 友紀, 中尾 玲子, 赤間 一仁, 二川 健 :
Cbl-b阻害ペプチド高含有米の除神経性筋萎縮改善作用の評価,
第51回 日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2018年11月.
30. 三木 裕加里, 内田 貴之, 木森 有希, 坂下 禎宏, 小松 明生, 真板 綾子, 中尾 玲子, 内田 実佑, 藤岡 大樹, 小林 剛, 東谷 篤志, 石原 直忠, 東端 晃, 石岡 憲昭, 武田 伸一, 曽我部 正博, 二川 健 :
ユビキチンリガーゼCbl-bは無重力ストレス誘導性の酸化ストレスにより増大する,
第51回 日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2018年11月.
31. 二川 健 :
無重力による筋萎縮とその栄養学的予防法,
日本宇宙生物科学会第32回大会, 2018年9月.
32. 三木 裕加里, 内田 貴之, 木森 有希, 坂下 禎宏, 小松 明生, 真板 綾子, 中尾 玲子, 内田 実佑, 藤岡 大樹, 小林 剛, 東谷 篤志, 石原 直忠, 東端 晃, 石岡 憲昭, 武田 伸一, 曽我部 正博, 二川 健 :
酸化ストレスはラットL6細胞におけるユビキチンリガーゼCbl-bの発現を増大する,
日本宇宙生物科学会第32回大会, 2018年9月.
33. 二川 健 :
筋細胞における無重力ストレスのシグナル・トランスダクション,
日本植物学会第82回大会, 2018年9月.
34. 吉田 里沙, 増田 真志, 森 優樹, 新井田 裕樹, 足立 雄一郎, 大西 康太, 河合 慶親, 二川 健, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
スルフォラファンのリポファジーを介した脂肪分解効果,
Food Congress 2018, 2018年9月.
35. 小松 明生, 内田 貴之, 北畑 香菜子, 真板 綾子, 中尾 玲子, 瀬川 圭, 二川 健 :
廃用性筋萎縮を抑制するユビキチンリガーゼCbl-bの低分子阻害剤の開発,
日本筋学会第4回学術集会, 2018年8月.
36. 真板 綾子, 真板 宣夫, 奥村 裕司, 内田 貴之, 中尾 玲子, 岸本 幸治, 二川 健 :
高病原性インフルエンザ感染に関わる宿主酵素MSPLと阻害剤との複合体構造.,
病態プロテアーゼ学会, 2018年8月.
37. 二川 健 :
宇宙実験から得た抗筋萎縮栄養法,
第6回日本腎栄養代謝研究会学術集会・総会, 2018年7月.
38. 新井田 裕樹, 増田 真志, 吉澤 和香, 足立 雄一郎, 内田 貴之, 大西 康太, 河合 慶親, 二川 健, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病に伴う骨格筋の飽和脂肪酸蓄積はオートファジー不全を介して筋萎縮を誘発する,
日本ビタミン学会第70回大会(高槻現代劇場), 2018年6月.
39. 岸本 幸治, 原口 崇, 清水 健志, 井出 宗典, 宮下 知治, 大野 綾子, 二川 健, 和泉 孝志 :
酸化脂質膜受容体であるヒトG2Aは脳腫瘍細胞の上皮間葉転換様プロセスを制御する.,
第59回 日本生化学会 中国四国支部例会(口頭), 85, 2018年5月.
40. 二宮 みゆき, 木森 有希, 小松 明生, 鉄野 文香, 三木 裕加里, 北畑 香菜子, 内田 貴之, 真板 綾子, 中尾 玲子, 松井 利郎, 赤間 一仁, 二川 健 :
廃用性筋萎縮を防ぐ高機能米の開発,
第72回日本栄養・食糧学会大会, 2018年5月.
41. 二川 健 :
癌カヘキシアによる筋萎縮に有効な食材の開発,
第72回日本栄養・食糧学会大会, 2018年5月.
42. 二川 健 :
長期滞在する宇宙飛行士(宇宙人)の主食開発,
第72回日本栄養・食糧学会大会, 2018年5月.
43. 吉田 里沙, 新井田 裕樹, 足立 雄一郎, 酒井 晶子, 奥村 仙示, 大西 康太, 内田 貴之, 河合 慶親, 山本 浩範, 二川 健, 竹谷 豊, 増田 真志 :
スルフォラファンのリポファジーを介した脂肪分解効果,
第72回日本栄養・食糧学会大会(岡山県立大学), 2018年5月.
44. 木森 有希, 二宮 みゆき, 三木 裕加里, 小松 明生, 鉄野 文香, 内田 貴之, 中尾 玲子, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 曽我部 正博, 二川 健 :
無重力環境におけるミトコンドリアタンパク質Mitofusin2(Mfn2)の役割,
第72回日本栄養・食糧学会大会, 2018年5月.
45. 内田 貴之, 木森 有希, 坂下 禎宏, 真板 綾子, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 東谷 篤志, 東端 晃, 小林 剛, 曽我部 正博, 武田 伸一, 二川 健 :
無重力による廃用性筋萎縮における酸化ストレスの重要性,
第72回日本栄養・食糧学会大会, 2018年5月.
46. 二川 健 :
無重力ストレスに対する初期応答酵素(アコニターゼ)の筋萎縮における役割,
2017年度生命科学系学会合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会, 2017年12月.
47. 二川 健 :
無重力による筋萎縮の分子メカニズム,
第65回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会, 2017年11月.
48. 二宮 みゆき, 岸本 ひかる, 井田 くるみ, 越智 ありさ, 北畑 香菜子, 髙木 麻理奈, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 安倍 知紀, 赤間 一仁, 二川 健 :
廃用性筋萎縮を防ぐ高機能米の開発,
第50回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2017年11月.
49. 三木 裕加里, 内田 貴之, 木森 有希, 坂下 宏, 真板 綾子, 中尾 玲子, 小林 剛, 東谷 篤志, 石原 直忠, 武田 伸一, 曽我部 正博, 二川 健 :
無重力ストレスによる筋萎縮における酸化ストレスの重要性,
第50回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2017年11月.
50. 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 :
うつ病における血漿グルタミン,グルタミン酸,グルタミン/グルタミン酸比,
第27回日本臨床精神神経薬理学会, 2017年11月.
51. 小松 明生, 鉄野 文香, 二川 健 :
無重力による筋細胞内シグナルトランスダクション,
第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月.
52. 鉄野 文香, 小松 明生, 二川 健 :
癌カヘキシーによる筋萎縮を防ぐ機能性食材の創製,
第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月.
53. 内田 貴之, 真板 綾子, 中尾 玲子, 小林 剛, 東谷 篤志, 石原 直忠, 武田 伸一, 曽我部 正博, 二川 健 :
無重力ストレスによる筋萎縮における酸化ストレスの重要性,
日本筋学会第3回学術集会, 2017年8月.
54. 真板 綾子, 真板 宣夫, 奥村 裕司, 永野 ひかる, 有田 恭平, 平坂 勝也, 安倍 知紀, 近藤 茂忠, 二川 健 :
高病原性インフルエンザ感染に関わる宿主酵素MSPLと阻害ペプチドとの複合体構造,
第71回日本栄養・食糧学会大会, 2017年5月.
55. 二宮 みゆき, 木森 有希, 髙木 麻理奈, 井田 くるみ, 岸本 ひかる, 高津 絵梨香, 石田 祐子, 加藤 健, 越智 ありさ, 内田 貴之, 真板 綾子, 安倍 知紀, 近藤 茂忠, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 二川 健 :
坐骨神経切除による筋萎縮におけるホエイペプチドと大豆タンパク質の阻害効果,
第71回日本栄養・食糧学会大会, 2017年5月.
56. 内田 貴之, 木森 有希, 二宮 みゆき, 坂下 宏, 安倍 知紀, 真板 綾子, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 東谷 篤志, 小林 剛, 曽我部 正博, 武田 伸一, 二川 健 :
無重力による酸化ストレス産生を介した筋細胞内シグナル・トランスダクション,
第71回日本栄養・食糧学会大会, 2017年5月.
57. 木森 有希, 二宮 みゆき, 相原 知佳, 坂下 宏, 内田 貴之, 安倍 知紀, 中尾 玲子, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 :
Mfn2ノックダウンの筋肉における影響の検討,
第71回日本栄養・食糧学会大会, 2017年5月.
58. 二川 健 :
骨格筋蛋白質代謝と骨格筋量調節,
第20回日本病態栄養学会年次学術集会, 2017年1月.
59. 二川 健 :
海藻廃棄物からの次世代サルコペニア予防食の創製,
内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)次世代農林水産業創造技術「次世代機能性農林水産物・食品の開発」公開シンポジウム∼夢の進展と社会実装, 2016年12月.
60. 真板 綾子, 真板 宣夫, 奥村 裕司, 永野 ひかる, 次田 早希, 有田 恭平, 田畑 考統, 平坂 勝也, 安倍 知紀, 近藤 茂忠, 二川 健 :
II型膜貫通型セリンプロテアーゼMSPLとペプチド性阻害剤との複合体結晶構造解析,
第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月.
61. 相原 可奈, 冨田 知里, 山岸 直子, 矢野 千晶, 安倍 知紀, 真板 綾子, 二川 健, 近藤 茂忠 :
血管新生阻害薬によるがん細胞の悪性化機構の解明,
第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月.
62. 冨田 知里, 山岸 直子, 相原 可奈, 矢野 千晶, 安倍 知紀, 真板 綾子, 二川 健, 近藤 茂忠 :
VEGF受容体阻害剤による大腸がん細胞悪性化の分子機構の解明,
第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月.
63. 矢野 千晶, 冨田 知里, 山岸 直子, 相原 可奈, 安倍 知紀, 真板 綾子, 二川 健, 近藤 茂忠 :
アピゲニンによる大腸癌細胞悪性化の抑制とその分子機構の解明,
第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月.
64. 二川 健 :
Unloading環境による筋萎縮とその栄養学的治療法,
第23回アミノ酸セミナー:基礎と臨床を結ぶ会, 2016年11月.
65. 二宮 みゆき, 髙木 麻理奈, 井田 くるみ, 岸本 ひかる, 高津 絵梨香, 石田 祐子, 加藤 健, 越智 ありさ, 内田 貴之, 真板 綾子, 安倍 知紀, 近藤 茂忠, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 二川 健 :
坐骨神経切除による筋萎縮に対するホエイペプチドと大豆タンパク質の効果,
第49回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2016年11月.
66. 小西 明貴, 真板 綾子, 真板 宣夫, 次田 早希, 安倍 知紀, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 二川 健 :
廃用性筋萎縮原因酵素Cbl-bと阻害ペプチドCblinとの相互作用様式の解明,
第49回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2016年11月.
67. 二川 健 :
寝たきりや無重力環境における筋蛋白質代謝とその制御による廃用性筋萎縮の治療法開発,
第31回日本整形外科学会基礎学術集会, 2016年10月.
68. 二川 健 :
筋蛋白質代謝改善のための栄養学的アプローチ,
第2回日本筋学会学術集会, 2016年8月.
69. 真板 綾子, 真板 宣夫, 次田 早希, 安倍 知紀, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 二川 健 :
廃用性筋萎縮原因酵素Cbl-bと阻害ペプチドCblinとの複合体結晶構造解析,
第21回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2016年8月.
70. 二川 健 :
廃用性筋萎縮とユビキチンリガーゼ,
第21回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2016年8月.
71. 二川 健 :
Unloadingストレスによる筋細胞内シグナル・トランスダクション,
第34回日本骨代謝学会学術集会/第3回アジア太平洋骨代謝学会議, 2016年7月.
72. 二川 健 :
宇宙実験からわかった運動器(おもに筋)の新機能:重力センサーとしての働き,
健康寿命講座2016, 2016年6月.
73. 真板 綾子, 真板 宣夫, 奥村 裕司, 永野 ひかる, 次田 早希, 有田 恭平, 坂東 亜紀, 田畑 考統, 平坂 勝也, 安倍 知紀, 近藤 茂忠, 二川 健 :
高病原性インフルエンザウィルス感染に関わる宿主酵素MSPLとペプチド性阻害剤の複合体結晶構造,
第16回蛋白質科学会年会, 2016年6月.
74. 次田 早希, 真板 綾子, 赤木 謙一, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, Floriane Rudwill, 安倍 知紀, 杤尾 豪人, 二川 健 :
UCP3とHAX-1の相互作用様式の解明,
第16回日本蛋白質科学会年会, 2016年6月.
75. 井田 くるみ, 髙木 麻理奈, 岸本 ひかる, 越智 ありさ, 北畑 香菜子, 中尾 玲子, 内田 貴之, 矢野 千晶, 真板 綾子, 安倍 知紀, Rudwii Froriane, 近藤 茂忠, 根本 尚夫, 二川 健 :
ユビキチンリガーゼCbl-b阻害による廃用性筋萎縮予防法の開発,
第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
76. 矢野 千晶, 冨田 知里, 山岸 直子, 相原 可奈, 安倍 知紀, 真板 綾子, 二川 健, 近藤 茂忠 :
アピゲニンによる大腸癌細胞悪性化の抑制とその分子機構の解明,
第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
77. 内田 貴之, 井田 くるみ, 矢野 千晶, 安倍 知紀, 真板(大野) 綾子, 二川 健 :
無重力による筋細胞内シグナル・トランスダクション,
第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
78. 二川 健 :
筋萎縮における細胞内シグナルとその制御による筋萎縮治療,
第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
79. 二川 健 :
寝たきりや無重力による筋萎縮のメカニズム解明とその栄養学的治療法の開発,
第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
80. 二川 健 :
廃用性筋萎縮改善ペプチド,
日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月.
81. 平坂 勝也, 二川 健 :
IGF-1シグナル経路の活性化を介した廃用性筋萎縮予防法,
第30回宇宙環境利用シンポジウム, 2016年1月.
82. 山田 明徳, 二川 健 :
無重力や宇宙放射線の筋細胞における転写への影響,
精神・神経疾患研究開発費「筋ジストロフフィーモデル動物を用いた新たな治療法の開発」平成27年度武田班班会議, 2015年12月.
83. 冨田 知里, 二川 健 :
VEGF阻害薬による大腸がん細胞の悪性化とその分子機構の解明,
第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月.
84. 相原 可奈, 二川 健 :
血管新生阻害薬によるがん細胞の悪性化機構の解明,
第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月.
85. 矢野 千晶, 二川 健 :
アピゲニンによる大腸癌細胞悪性化の抑制とその分子機構の解明,
第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月.
86. 二川 健 :
無重力ストレスに対する筋細胞の応答機構,
第42回日本臨床バイオメカニクス学会, 2015年11月.
87. 井田 くるみ, 二川 健 :
廃用性筋萎縮を防ぐ高機能米の開発,
第48回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2015年11月.
88. 坂下 禎宏, 二川 健 :
無重力による筋細胞のシグナル・トランスダクション,
第48回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2015年11月.
89. 次田 早希, 二川 健 :
Hax-1とUCP3の相互作用様式の解明,
第48回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2015年11月.
90. 二川 健 :
筋萎縮を予防・治療できる新規機能性食材の開発,
第7回「栄養とエイジング」国際会議プログラム, 2015年9月.
91. 二川 健 :
骨格筋萎縮に対抗する新たな栄養学的アプローチ:タンパク質分解から酸化ストレスへ Novel nutritional approarches against skeletal muscle atrophy: From proteolysis to oxdative stress,
International Symposium on Dietary Antioxidants and Oxidative Stress in Health, 2015年8月.
92. 二川 健 :
ビタミンDと筋肉,
第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2015年8月.
93. Floriane Rudwill and Takeshi Nikawa :
Consequences of a 21-d bed rest on lipid metabolism in humans and effect of protein supplementation tested as a countermeasure,
第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会, Aug. 2015.
94. 二川 健 :
廃用性筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的治療法の開発,
日本食品科学工学会第62回大会, 2015年8月.
95. 二川 健 :
Unloading-mediated signal transduction in skeletal muscle cells,
12th Meeting of Bone Biology Forum, 2015年8月.
96. 次田 早希, 二川 健 :
UCP3とHax-2の相互作用様式の解明,
第20回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2015年8月.
97. 高木 麻里奈, 二川 健 :
廃用性筋萎縮を防ぐユビキチン化ぺプチドCblin(Cbl-b inhibitor)の高機能化,
第20回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2015年8月.
98. 内田 貴之, 二川 健 :
無重力ストレスによる筋細胞内シグナル・トランスダクション,
第1回日本筋学会学術集会, 2015年8月.
99. 岸本 ひかる, 二川 健 :
廃用性筋萎縮を防ぐ高機能米の開発,
第1回日本筋学会学術集会, 2015年8月.
100. 二川 健 :
筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的治療法,
日本アミノ酸学会 第6回夏のシンポジウム, 2015年7月.
101. 二川 健, 越智 ありさ, 高木 麻里奈, 北畑 香菜子, 安倍 知紀, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 赤間 一仁 :
無重力による筋細胞のシグナルトランスダクションと筋萎縮,
日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月.
102. 二川 健 :
宇宙医学:宇宙飛行に伴う医学的問題,筋萎縮とその対策,
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会,第92回日本生理学会大会 合同大会, 2015年3月.
103. 二川 健 :
無重力による筋萎縮のメカニズムとそれに有効な機能性食材の開発,
日本栄養改善学会関東・甲信越支部 第2回学術総会, 2015年2月.
104. 冨田 知里, 山岸 直子, 相原 可奈, 矢野 千晶, 安倍 知紀, 真板 綾子, 平坂 勝也, 近藤 茂忠, 二川 健 :
血管新生阻害薬による大腸がん細胞の悪性化とその分子機構の解明,
第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月.
105. 塩田 智子, 安倍 知紀, 川合 暢彦, 塩田 智子, 二川 健, 田中 栄二 :
LPS誘導性筋萎縮関連遺伝子発現を抑制しうるフラボノイドの探索とその抑制機構の解明,
第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 212, 2014年10月.
106. 川合 暢彦, 平坂 勝也, 七條 なつ子, 塩田 智子, 森 博世, 木内 奈央, 二川 健, 田中 栄二 :
アテロコラーゲンを担体とした抗ユビキチン化ペプチドによる骨格筋萎縮抑制法の開発,
第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 209, 2014年10月.
107. 二川 健 :
骨格筋の微小重力ストレス感知機構,
第87回日本生化学会, 2014年10月.
108. 二川 健 :
無重力環境での筋蛋白質代謝と栄養,
第61回日本栄養改善学会学術総会, 2014年8月.
109. 向井 理恵, 松井 直子, 二川 健, 寺尾 純二 :
ケルセチンはミトコンドリアの機能を保つことで廃用性筋萎縮を予防する,
第8回 日本ポリフェノール学会学術大会, 2014年8月.
110. 奥村 裕司, 宇都宮 健郎, 永野 ひかる, 安倍 知紀, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 :
Myostatin活性化を標的としたプロテアーゼ阻害剤はステロイド性筋萎縮を抑制する,
第19回 日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2014年8月.
111. 二川 健 :
無重力や加齢による筋萎縮とユビキチンリガーゼ,
第14回日本抗加齢医学会総会, 2014年6月.
112. 二川 健 :
廃用性筋萎縮とサルコぺニアの分子メカニズム:筋ユビキチンリガーゼの役割,
第55回日本神経学会学術大会, 2014年5月.
113. Takeshi Nikawa :
Ubiquitin ligase Cbl-b is a negative regulator for insulin-like growth factor 1 signaling during muscle atrophy caused by unloading,
International Symposium on Mechanobiology 2014, May 2014.
114. 堀川 瞳, 向井 理恵, 河村 知志, 二川 健, 寺尾 純二 :
プレニルナリンゲニンは廃用性筋萎縮からの筋量回復を促進する,
第18回日本フードファクター学会学術集会, 2013年11月.
115. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 :
ユビキチンリガーゼCbl-bによるインスリン抵抗性発症抑制機構の解明,
第34回 日本肥満学会, 2013年10月.
116. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 :
ユビキチンリガーゼCbl-bによるインスリン抵抗性発症抑制機構の解明,
第34回日本肥満学会, 2013年10月.
117. 川合 暢彦, 平坂 勝也, 七條 なつ子, 塩田 智子, 森 博世, 木内 奈央, 二川 健, 田中 栄二 :
抗ユビキチン化ペプチドによる骨格筋萎縮抑制法の開発,
第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 2013年10月.
118. 川合 暢彦, 平坂 勝也, 塩田 智子, 越智 ありさ, 安倍 知紀, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 田中 栄二, 二川 健 :
アテロコラーゲンを担体とした抗ユビキチン化ペプチドによる骨格筋萎縮抑制,
日本宇宙生物科学会第27回大会, 2013年9月.
119. 二川 健 :
廃用性筋萎縮の分子メカニズムとその治療法開発を中心に,
第1回筋骨格系リサーチワークショップ, 2013年9月.
120. 二川 健 :
宇宙生活での健康上の問題点 -宇宙生物学・宇宙医学の視点より-,
第53回日本化学会年次学術集会, 2013年9月.
121. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
ユビキチンリガーゼCbl-bと脂肪組織浸潤マクロファージの活性化,
第18回 日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2013年8月.
122. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 永野 ひかる, 前田 翼, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
ユビキチンリガーゼCbl-bと脂肪組織浸潤マクロファージの活性化,
第18回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2013年8月.
123. 平坂 勝也, Mills M Edward., 池田 千佳, 春名 真理江, 前田 翼, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 河野 尚平, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
サルコぺニアにおけるミトコンドリア内カルシウム取り込み,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
124. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 永野 ひかる, 前田 翼, 坂東 亜紀, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 :
肥満脂肪組織におけるCbl-bの役割,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
125. 永野 ひかる, 近藤 茂忠, 山岸 直子, 数藤 拓郎, 冨田 知里, 坂井 敦子, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 池田 千佳, 後藤 春樹, 山下 結衣, 坂東 亜紀, 前田 翼, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 二川 健 :
IRS-1遺伝子産物による骨格筋細胞の分化制御,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
126. 二川 健 :
「廃用性筋萎縮改善ペプチド」,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
127. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 永野 ひかる, 前田 翼, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 :
肥満脂肪組織におけるCbl-bの役割,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
128. 平坂 勝也, Mills M. Edward., 池田 千佳, 春名 真里江, 前田 翼, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 河野 尚平, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
サルコペニアにおけるミトコンドリア内カルシウム取り込み,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
129. 坂東 亜紀, 真板 綾子, 杤尾 豪人, 前山 遥, 平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真里江, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
UCP3結合領域を介したHAX-1とCa2+の相互作用解析,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
130. 前田 翼, 平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真理江, 河野 尚平, 安倍 知紀, 越智 ありさ, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 :
SIRT1発現上昇を介したイソフラボンによるサルコぺニア抑制効果,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
131. 前田 翼, 平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真里江, 河野 尚平, 安倍 知紀, 越智 ありさ, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 :
SIRT1発現上昇を介したイソフラボンによるサルコペニア抑制効果,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
132. 越智 ありさ, 後藤 春樹, 北畑 香菜子, 安倍 知紀, 真板 綾子, 平坂 勝也, 近藤 茂忠, 赤間 一仁, 二川 健 :
廃用性筋萎縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドCblin(Cbl-b Inhibitor)を含む機能性食材の開発,
第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
133. 松井 直子, 向井 理恵, 候 徳興, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 :
酸化ストレス上昇を伴う廃用性筋萎縮に対する抗酸化プレニルケルセチンの効果,
第67回本栄養食糧学会, 2013年5月.
134. 二川 健 :
卵白由来のプロテアーゼ阻害成分による筋萎縮予防法の開発,
第1回 タマゴシンポジウム, 2013年5月.
135. 坂井 敦子, 浜田 久代, 原 恵子, 森 恭子, 水口 隆, 水口 潤, 川島 周, 二川 健 :
外来血液透析患者に対する4年間の継続指導の効果,
第66回 日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
136. 二川 健 :
「脂肪組織浸潤マクロファージとインスリン抵抗性」,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
137. 春名 真里江, 池田 千佳, 平坂 勝也, 前田 翼, 越智 ありさ, 安倍 知紀, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
UCP3とHax-3の相互作用によるミトコンドリアのカルシウム濃度の調節,
第45回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2012年11月.
138. 前田 翼, 平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真里江, 河野 尚平, 安倍 知紀, 越智 ありさ, 永野 ひかる, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 :
加齢による筋萎縮に対する大豆ポリフェノールの効果,
第45回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2012年11月.
139. 堀川 瞳, 向井 理恵, 藤倉 温, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 :
坐骨神経切除マウスにおける8-プレニルナリンゲニンの廃用性筋萎縮抑制効果,
第17回 日本フードファクター学会学術集会 第9回日本カテキン学会総会 合同大会 2012, 2012年11月.
140. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 河野 尚平, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
肥満脂肪組織におけるCbl-bによるマクロファージ活性化調節機構,
第33回日本肥満学会, 2012年10月.
141. 二川 健 :
寝たきりや無重力による筋萎縮の分子メカニズム,
第34回薬効解析学研究室セミナー, 2012年5月.
142. 越智 ありさ, 中尾 玲子, 山本 容理子, 平坂 勝也, 近藤 茂忠, 長野 圭介, 根本 尚夫, 赤間 一仁, 二川 健 :
廃用性筋萎縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドCblin(Cbl-b inhibitor)の高機能化,
第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
143. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 河野 尚平, 越智 ありさ, 山下 結衣, 池田 千佳, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 :
脂肪細胞におけるCbl-bによるマクロファージ活性化制御機構,
第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
144. 二川 健 :
廃用性筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的治療,
第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
145. 永野 ひかる, 近藤 茂忠, 河野 尚平, 坂井 敦子, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 上地 達也, 上地 達也, 上村 啓太, 池田 千佳, 後藤 春樹, 山下 結衣, 坂東 亜紀, 前田 翼, 数藤 拓郎, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 二川 健 :
IRS-1遺伝子産物による骨格筋細胞の分化制御,
第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
146. 向井 理恵, 堀川 瞳, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 :
プレニル化フラボノイドによる廃用性筋萎縮の予防,
第66回 日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
147. Yamashita Yui, Kohno Shohei, Abe Tomoki, 平坂 勝也, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
Unloading stress disturbs muscle regeneration through perturbed recruitment and function of macrophages,
第34回日本分子生物学年会, 2011年12月.
148. Kohno Shohei, 近藤 茂忠, 平坂 勝也, Abe Tomoki, 真板 綾子, Higashitani Atsushi, 東端 晃, Kobayashi Takeshi, 奥村 裕司, Sokabe Masahiro, 二川 健 :
Mitochondria is a master signal inducer for unloading stress toward muscle atrophy,
第34回日本分子生物学年会, 2011年12月.
149. Abe Tomoki, 平坂 勝也, Kagawa Sachiko, Kohno Shohei, Ochi Arisa, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
Cbl-b is a critical regulator of macrophage activation associated with obesity-induced insulin resistance in mice,
第34回日本分子生物学年会, 2011年12月.
150. Ochi Arisa, Nakao Reiko, Ueji Tatsuya, 平坂 勝也, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, Nagano Keisuke, 根本 尚夫, Akama Kazuhito, 二川 健 :
High functionalization of anti-ubiquitination oligopeptide, Cblin:Cbl-b inhibitor that prevents unloading-induced skeletal muscle atrophy,
第34回日本分子生物学年会, 2011年12月.
151. 上村 啓太, 越智 ありさ, 数藤 拓郎, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 二川 健 :
Dex誘導性筋萎縮に対するCblin(Cbl-b inhibitor)の作用,
第57回日本宇宙航空環境医学会大会, 2011年11月.
152. 後藤 春樹, 越智 ありさ, 中尾 玲子, 上地 達也, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 長野 圭介, 根本 尚夫, 赤間 一仁, 二川 健 :
抗ユビキチン化ペプチドCblin(Cbl-b inhibitor)を含む機能性食材の開発,
日本アミノ酸学会第5回学術大会, 2011年11月.
153. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 河野 尚平, 山下 結衣, 中尾 玲子, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 青山 敏明, 二川 健 :
骨格筋の脂肪酸酸化への中鎖脂肪酸の作用,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
154. 乙 敬宏, 尾脇 加奈子, 鈴木 瑛里, 矢野 桃子, 奥村 裕司, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 平坂 勝也, 原田 晃子, 二川 健 :
Unloadingストレス下における筋固有の応答機構:オステオアクチビン分子の動態と役割について,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
155. 山下 結衣, 河野 尚平, 安倍 知紀, 平坂 勝也, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
骨格筋再生における機械的負荷の重要性,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
156. 上村 啓太, 山 智成, 中尾 玲子, 越智 ありさ, 数藤 拓郎, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 石堂 一巳, 二川 健 :
大豆由来ペプチドを用いた廃用性筋萎縮に有効な食材の開発,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
157. 越智 ありさ, 中尾 玲子, 上地 達也, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 長野 圭介, 河村 知志, 根本 尚夫, 赤間 一仁, 二川 健 :
抗ユビキチン化ペプチドCblin(Cbl-b inhibitor)を含む機能性食材の開発,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
158. 河野 尚平, 近藤 茂忠, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 中尾 玲子, 東端 晃, 東谷 篤志, 二川 健 :
廃用性筋萎縮の発生機序∼オミクス技術を用いた無重力応答因子の探索,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
159. 向井 理恵, 水口 八重子, 藤倉 温, 河野 尚平, 二川 健, 河合 慶親, 寺尾 純二 :
ケルセチンの経口摂取による廃用性筋萎縮予防の可能性,
第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
160. 上地 達也, 白方 あゆみ, 越智 ありさ, 乙 敬宏, 河野 尚平, 長野 圭介, 原田 晃子, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 :
IRS-1のユビキチン化阻害ペプチドとCbl-bの相互作用解析,
第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
161. 二川 健 :
無重力や寝たきりによる筋萎縮の分子メカニズム,
第43回 日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2010年11月.
162. 二川 健 :
抗ユビキチン化ペプチドと廃用性筋萎縮,
第6回機能性宇宙食研究会, 2010年11月.
163. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 河野 尚平, 加川 祥子, 市川 雅子, 原田 晃子, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 :
Cbl-bは肥満脂肪組織における炎症反応及びインスリン抵抗性発症を防ぐ,
日本肥満学会第31回, 2010年10月.
164. 原田 晃子, 松尾 侑季, 古賀 友紀, 河野 尚平, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 中屋 豊, 二川 健 :
SPORTSラットを用いた長距離走行が可能な骨格筋の糖代謝,
日本肥満学会第31回, 2010年10月.
165. 二川 健 :
寝たきりによる筋萎縮に対する予防食材としての大豆ペプチドの有効性,
大豆のはたらきin 徳島, 2010年10月.
166. 矢野 桃子, 水野 智子, 吉田 和香奈, 尾脇 加奈子, 乙 敬宏, 鈴木 瑛里, 奥村 裕司, 真板 綾子, 原田 晃子, 二川 健 :
Unloading 環境下におけるMyostatin 活性化機構,
日本宇宙生物科学会第24回大会, 2010年9月.
167. 山 智成, 上村 啓太, 越智 ありさ, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 石堂 一巳, 二川 健 :
廃用性筋萎縮に対する予防食材としての大豆ペプチドの有効性,
日本宇宙生物科学会第24回大会, 2010年9月.
168. 越智 ありさ, 中尾 玲子, 山 智成, 上村 啓太, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 長野 圭介, 片桐 綾人, 河村 知志, 根本 尚夫, 宮本 賢一, 二川 健 :
抗ユビキチン化ペプチドCblin (Cbl-b inhibitor)の高機能化,
日本アミノ酸学会第4回学術大会, 2010年9月.
169. 二川 健 :

Jミルク招待講演, 2010年8月.
170. 向井 理恵, 二川 健, 寺尾 純二 :
廃用性筋萎縮に伴う酸化ストレス上昇に対するケルセチンの効果,
第63回日本酸化ストレス学会学術集会, 2010年6月.
171. 越智 ありさ, 中尾 玲子, 山 智成, 上村 啓太, 古谷 順也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 長野 圭介, 片桐 綾人, 河村 知志, 根元 尚夫, 宮本 賢一, 二川 健 :
廃用性筋委縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドの開発,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
172. 山 智成, 中尾 玲子, 上村 啓太, 越智 ありさ, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 石堂 一巳, 二川 健 :
廃用性筋萎縮に対する予防食材としての大豆ペプチドの有効性,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
173. 矢野 桃子, 吉田 和香奈, 尾脇 加奈子, 乙 敬宏, 奥村 裕司, 真板 綾子, 原田 晃子, 二川 健 :
骨格筋における無重力感知の分子機構:ユビキチンリガーゼCbl-bの発現調節について,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
174. 尾脇 加奈子, 乙 敬宏, 矢野 桃子, 吉田 和香奈, 奥村 裕司, 真板 綾子, 原田 晃子, 二川 健 :
Unloadingストレス下における生体反応機構:オステオアクチビンの発現調節と作用機序について,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
175. 松尾 侑季, 原田 晃子, 古賀 友紀, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 中屋 豊, 二川 健 :
持久的な運動に適した骨格筋における糖代謝,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
176. 河野 尚平, 上地 達也, 平坂 勝也, 原田 晃子, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 :
ユビキチンリガーゼCbl-b遺伝子欠損による骨格筋再生の遅延,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
177. 安倍 知紀, 平坂 勝也, 加川 祥子, 河野 尚平, 中尾 玲子, 市川 雅子, 真板 綾子, 原田 晃子, 奥村 裕司, 二川 健 :
Cbl-bは高脂肪食によるマクロファージの活性化を抑制し,インスリン抵抗性発症を防ぐ,
第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
178. 越智 ありさ, 中尾 玲子, 山 智成, 上村 啓太, 古谷 順也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 長野 圭介, 片桐 綾人, 根本 尚夫, 宮本 賢一, 二川 健 :
廃用性筋萎縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドの開発,
第64回 日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
179. 片桐 彩人, 神谷 昌樹, 河村 知志, 根本 尚夫, 吉富 康亮, 服部 初彦, 中尾 玲子, 二川 健, 根本 尚夫 :
抗ユビキチン化作用を有するペンタペプチドのBGL化と活性評価,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
180. 向井 理恵, 藤倉 温, 二川 健, 山本 浩範, 武田 英二, 寺尾 純二 :
廃用性筋萎縮モデルマウスにおけるケルセチンの筋重量低下抑制効果,
日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月.
181. 向井 理恵, 中尾 玲子, 二川 健, 山本 浩範, 武田 英二, 寺尾 純二 :
マウス尾懸垂モデル系におけるケルセチンの筋萎縮抑制効果,
第14回日本フードファクター学会学術集会, 2009年11月.
182. 田中 亜紀, 香川 恵子, 川添 和義, 二川 健, 寺尾 純二, 水口 和生 :
栄養学的指標に基づく漢方薬の医薬品としての品質評価,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 164, 2008年11月.
183. 田中 亜紀, 川添 和義, 二川 健, 寺尾 純二, 水口 和生 :
栄養学的指標に基づく漢方薬の評価研究,
日本薬学会年会, 2008年3月.
184. 河野 尚平, 平坂 勝也, 加川 祥子, 中尾 玲子, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 中屋 豊, 石堂 一巳, 蛯名 洋介, 岸 恭一, 二川 健 :
Cbl-b遺伝子欠損によるマクロファージの活性化を介した耐糖能異常,
第19回分子糖尿病学シンポジウム, 2007年12月.

その他・研究会:

1. 二川 健 :
廃用性筋萎縮と食成分,
第22回健康栄養シンポジウム「筋肉と食の科学 ∼健康長寿に繋げる最新研究∼」, 2020年2月.
2. 二川 健 :
国際宇宙ステーション実験からえたUnloadingによる筋萎縮の分子メカニズム,
第18回糖尿病運動療法研究会 2nd STAGE, 2020年1月.
3. 二川 健 :
無重力による筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的治療法,
第6回スペース・コロニー講演会, 2019年7月.
4. 二川 健 :
宇宙実験から得た抗筋萎縮栄養法,高齢者への応用,
第6回 臨床栄養実践協会設立記念セミナー, 2019年4月.
5. 二川 健 :
機能性宇宙食の開発,
平成30年度宇宙基地医学研究会, 2019年2月.
6. 二川 健, 内田 貴之, 真板 綾子, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 小林 剛, 曽我部 正博, 東谷 篤志, 武田 伸一 :
廃用性筋萎縮における酸化ストレスの重要性,
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神・神経疾患研究開発費「ジストロフィン欠損モデル動物を基盤とした筋ジストロフィーの新しい治療法開発」平成30年度班会議, 2018年12月.
7. 二川 健, 髙橋 章, 宮脇 克行, 出口 祥啓 :
無重力や寝たきりによる筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的アプローチ,
ナノオプティクス研究グループ 第25回研究討論会, 2018年11月.
8. 二川 健 :
無重力による廃用性筋萎縮におけるROSの重要性,
第19回運動器科学研究会, 2018年9月.
9. 二川 健 :
無重力や寝たきりによる筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的治療法,
広島修道大学健康科学部開設記念講演会, 2018年3月.
10. 二川 健, 内田 貴之, 真板 綾子, 中尾 玲子, 小林 剛, 曽我部 正博, 武田 伸一 :
無重力(Unloading)ストレスによる筋細胞のシグナルトランスダクション,
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神・神経疾患研究開発費「ジストロフィン欠損モデル動物を基盤とした筋ジストロフィーの新しい治療法開発」平成29年度班会議, 2017年12月.
11. 二川 健 :
ユビキチンリガーゼCbl-bの阻害ペプチド(Cblin)の抗筋萎縮効果,
第51回機能性食品用ペプチド研究会∼ペプチドによる筋萎縮予防の可能性∼, 2017年10月.
12. 二川 健 :
宇宙医学・栄養学∼無重力による筋萎縮のメカニズムと次世代サルコペニア予防食の創製,
''未来へのバイオ技術''勉強会「宇宙とバイオ」, 2017年9月.
13. 二川 健, 内田 貴之, 真板 綾子, 中尾 玲子 :
無重力環境で培養した筋細胞のメタボローム解析,
第2回メタボローム解析シンポジウム, 2017年6月.
14. 梅原 英裕, 渡部 真也, 木下 誠, 富岡 有紀子, 中瀧 理仁, 畠山 豊, 中原 潔, 二川 健, 沼田 周助, 大森 哲郎 :
うつ病のメタボローム解析,
第2回メタボローム解析シンポジウム, 2017年6月.
15. 二川 健 :
抗老化たん白質源としての大豆たん白質食の臨床試験に向けて∼ホエイたん白質食との相加効果と大豆たん白質の抗酸化作用∼,
公益財団法人 不二たん白質研究振興財団 第20回研究報告会(平成28年度助成課題), 2017年5月.
16. 二川 健 :
坐骨神経切除による筋萎縮に対する大豆たん白質およびホエイたん白質の効果,
公益財団法人 不二たん白質研究振興財団 第19回研究報告会(平成27年度助成課題), 2016年5月.
17. 川合 暢彦, 二川 健, 田中 栄二 :
抗ユビキチン化ペプチドによる骨格筋萎縮抑制,
2016年3月.
18. 平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真里江, 前田 翼, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 武田 伸一, 二川 健 :
加齢による筋萎縮におけるミトコンドリア内カルシウム取り込み機構,
精神・神経疾患研究開発費「筋ジストロフーに対するトランスレーショナル・リサーチ」平成24年度武田班班会議, 2012年12月.
19. 二川 健, 河野 尚平, 山下 結衣, 安倍 知紀, 平坂 勝也, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 埜中 征哉, 武田 伸一, 長野 圭介, 奥村 裕司 :
寝たきりや無重力による筋萎縮のメカニズムとその治療法の開発,
精神・神経疾患研究開発費「筋ジストロフーに対するトランスレーショナル・リサーチ」平成24年度武田班班会議, 2012年12月.
20. 池田 千佳, 平坂 勝也, 前田 翼, 河野 尚平, 安倍 知紀, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 :
筋特異的ミトコンドリア膜蛋白質UCP3の新規結合蛋白質の同定,
第44回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2011年11月.
21. 河野 尚平, 平坂 勝也, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
廃用性筋萎縮発症の分子メカニズム,
第12回運動器科学研究会, 2011年9月.
22. 平坂 勝也, 河野 尚平, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 :
ミトコンドリア由来酸化ストレスの筋特異的制御機構,
第12回運動器科学研究会, 2011年9月.
23. 二川 健 :
大豆セリンプロテアーゼ阻害剤による廃用性筋萎縮の治療∼骨格筋のセリンプロテアーゼ型ストレスセンサーの発見,
(財)不二たん白質研究振興財団 第13回(平成21年度助成研究課題)研究報告会, 2010年5月.
24. 二川 健, 岸 恭一, 埜中 征哉, 武田 伸一, 木南 英紀, 石堂 一巳, 弓削 類, Keeneth M. Baldwin :
Cbl-mediated protein ubiquitination downregulates the response of skeletal muscle cells to growth factors in space,
第4回国際宇宙ステーション利用研究テーマの国際公募採択実験, 2002年.
25. 安井 夏生, 西良 浩一, 二川 健, 岸 恭一 :
Osteoactivin : A novel glycoprotein inhibiting adhesion of osteoblastic cells to bone matrix,
ラット宇宙実験サンプルシェア研究, 2002年.
26. 安井 夏生, 西良 浩一, 二川 健, 岸 恭一 :
無重力環境における骨萎縮の分子メカニズム:宇宙遊泳ラットを用いた骨関連遺伝子解析,
文部科学省科学研究費 萌芽研究, 2002年.
27. 安井 夏生, 高田 信二郎, 中野 俊次, 二川 健, 西良 浩一 :
仮骨延長術における骨リモデリング機構の解明,
文部科学省科学研究費 基盤研究B, 2002年.
28. 岸 恭一, 二川 健, 六反 一仁 :
無重力により変動する筋肉内遺伝子群をターゲットとした新しい筋肉保護食品(剤)の開発,
文部科学省科学研究費 基盤研修C, 2001年.
29. 二川 健, 岸 恭一, 六反 一仁, 柴原 進 :
N末端法則を用いたジペプチドによる筋内ユビキチン蛋白質分解系の制御とその臨床応用,
文部科学省科学研究費 基盤研究C, 2001年.
30. 二川 健, 岸 恭一, 六反 一仁, 手嶋 茂忠, 埜中 征哉, 武田 伸一 :
無重力により発現の変動する新規筋肉内遺伝子の解析,
日本宇宙フォーラム公募地上研究, 2000年.
31. 岸 恭一, 六反 一仁, 二川 健, 手嶋 茂忠 :
廃用性萎縮筋におけるミトコンドリア遺伝子の発現異常とその栄養学的改善法,
文部省科学研究費 基盤研究C, 1999年.
32. 二川 健 :
IL-5受容体欠損マウスを用いた小腸粘膜でのIL-5とビタミンAの相互作用の解析,
文部省科学研究費 奨励研究A, 1998年.
33. 岸 恭一, 二川 健, 六反 一仁, 埜中 征哉 :
無重力による筋萎縮に有効な宇宙食の開発,
日本宇宙フォーラム公募地上研究, 1997年.
34. 二川 健, 岸 恭一, 六反 一仁, 埜中 征哉 :
蛋白質分解酵素阻害剤による無重力下の筋萎縮および骨粗鬆症の治療,
日本宇宙フォーラム公募地上研究, 1997年.
35. 岸 恭一, 六反 一仁, 木戸 康博, 二川 健 :
微小重力環境下の筋萎縮の予防に対する栄養学的アプローチ,
日本宇宙環境利用推進センターフロンティア共同研究, 1996年.
36. 岸 恭一, 六反 一仁, 木戸 康博, 二川 健 :
脳微小透析法による非特異的栄養素摂取調節構の解明,
文部省科学研究費 一般研究C, 1996年.
37. 二川 健, 六反 一仁 :
サイトカインを介した小腸特異酵素の発現とその分子機構,
文部省科学研究費 一般研究C, 1996年.
38. 岸 恭一, 六反 一仁, 二川 健 :
運動による筋傷害の成因とその予防に対する栄養学的アプローチ,
文部省科学研究費一般研究C, 1988年.

報告書:

1. 植野 美彦, 関 陽介, 佐藤 健二, 野間口 雅子, 二川 健, 生島 仁史, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 古部 昭広, 松木 均, 古屋 S. 玲, 上岡 麻衣子 :
平成30年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書,
平成30年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 徳島, 2019年3月.
2. 植野 美彦, 澤田 麻衣子, 荒武 達朗, 橋本 一郎, 二川 健, 安井 敏之, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 北條 昌秀, 音井 威重, 古屋 S. 玲, 関 陽介 :
平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書,
平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 2018年3月.
3. 二川 健 :
ラット骨格筋遺伝子の宇宙フライトによる発現変動,
必須アミノ酸研究, Vol.170, 49-53, 2004年7月.
4. 二川 健, 平坂 勝也, 加納 美保子, 浅野間 友紀, 水澤 典子, 六反 一仁, 岸 恭一, 小川 貴之, 安井 夏生, 池本 円, 武田 伸一, 埜中 征哉 :
宇宙フライトラットの骨格筋で発現の増大する新規遺伝子Sfigのフローニング,
必須アミノ酸研究, Vol.166, 1-6, 2003年3月.
5. 渋谷 雅之, 木戸 博, 林 良夫, 根本 尚夫, 佐野 茂樹, 安友 康二, 東 博之, 西岡 安彦, 寺尾 純二, 二川 健, 三澤 弘明, 松尾 繁樹, 馬場 嘉信, 松本 耕三, 三好 弘一, 曽根 三郎 :
徳島大学先端医療開発研究センター設置準備室成果報告書,
2002年12月.
6. 二川 健, 池本 円, 平坂 勝也, 加納 美保子, 山本 多恵子, 田中 礼子, 鎌田 まり子, 六反 一仁, 岸 恭一 :
尾部懸垂による筋肉内酸化ストレスと筋蛋白質のユビキチン化に対するシステインの阻害効果,
必須アミノ酸研究, Vol.164, 56-61, 2002年5月.
7. Takeshi Nikawa, Madoka Ikemoto, Chiho Watanabe, Takako Kitano, Keeneth M. Baldwin, Ryutaro Izumi, Ikuya Nonaka, Shigetada Teshima, Kazuhito Rokutan, Shinichi Takeda and Kyoichi Kishi :
Development of effective space food against weightlessness-induced muscle atrophy,
The Progress Report of Ground Research Announcement for Space Utilization, Dec. 2001.
8. 二川 健, 池本 円, 加納 美保子, 平坂 勝也, 武田 伸一, Keeneth M. Baldwin, 埜中 征哉, 石堂 一巳 :
Effects of space shuttle flight on gene expresson in rat skeletal muscle,
Biol Sei Space, Vol.15, No.3, 312-313, 2001年10月.
9. 二川 健, 池本 円, 北野 貴子, 加納 美保子, 香川 和代, 武田 伸一, 埜中 征哉, 泉 龍太郎, Keeneth M. Baldwin, 手嶋 茂忠, 六反 一仁, 岸 恭一 :
微少重力環境下の骨格筋における蛋白質分解とプロテアーゼの発現,
Space Utilization Research, Vol.17, 7-9, 2001年5月.
10. 二川 健, 北野 貴子, 池本 円, 手嶋 茂忠, 六反 一仁, 岸 恭一, 泉 龍太郎, Keeneth M. Baldwin, 武田 伸一 :
重力により発現の変動する新規筋肉内遺伝子の解析,
必須アミノ酸研究所, Vol.158, 61-65, 2000年8月.
11. 岸 恭一, 二川 健, 池本 円, 渡辺 千穂, 北野 貴子, Keeneth M. Baldwin, 泉 龍太郎, 埜中 征哉, 手嶋 茂忠, 六反 一仁, 武田 伸一 :
無重力による筋萎縮に有効な宇宙食の開発,
宇宙環境利用に関する公募地上研究(平成10年度終了分)成果報告書, 241-258, 2000年7月.
12. 森永 寛子, 手嶋 茂忠, 佐藤 光恵, 近藤 和美, 二川 健, 岸 恭一, 六反 一仁 :
新規アレルギー関連サイトカイン(IgE依存症ヒスタミン放出因子)産出に及ぼすM-CSFの役割,
Ther Res, Vol.21, No.S1, S26-S2, 2000年5月.
13. 岸 恭一, 六反 一仁, 二川 健, 手嶋 茂忠 :
タンパク質必要量算定の現状と問題点,
必須アミノ酸研究, Vol.156, 1-8, 1999年12月.
14. 六反 一仁, 河合 智子, 森永 寛子, 佐藤 光恵, 楠本 健二, 河原 司, 近藤 和美, 二川 健, 岸 恭一 :
タンパク質栄養と熱ショック応答,
必須アミノ酸研究, Vol.156, 12-19, 1999年12月.
15. 二川 健, 池本 円, 渡辺 千穂, 北野 貴子, 手嶋 茂忠, 六反 一仁, 岸 恭一 :
微小重力による筋萎縮とタンパク質分解酵素,
必須アミノ酸研究, Vol.155, 37-59, 1999年11月.
16. 二川 健, 池本 円, 渡辺 千穂, 北野 貴子, 手嶋 茂忠 :
アニオン(O2-)の産生とその生理的役割,
Ther Res, Vol.20, No.s1, s66-s70, 1999年5月.
17. 河合 智子, 六反 一仁, 二川 健, 岸 恭一 :
急性ストレス負荷時の胃粘膜におけるストレス蛋白質の誘導のメカニズムとその生理作用について,
Cyto-protection Biol, Vol.16, 13-16, 1998年12月.
18. 新田 早美, 米原 小枝, 六反 一仁, 二川 健, 岸 恭一 :
高脂肪食投与ラットの体脂肪蓄積に及ぼす大豆タンパク質と運動の効果,
必須アミノ酸研究, Vol.152, 71-76, 1998年10月.
19. 手嶋 茂忠, 六反 一仁, 二川 健, 岸 恭一 :
マクロファージコロニー刺激因子によるIgE依存症ヒスタミン放出因子の誘導,
Ther Res, Vol.19, No.S1, S166-S169, 1998年5月.
20. 手嶋 茂忠, 六反 一仁, 三好 真美, 平川 哲也, 二川 健, 岸 恭一 :
レドックス感受性転写因子NF-κBによる胃粘膜上皮細胞の酸化ストレス応答,
Ther Res, Vol.18, No.S1, 185-189, 1997年5月.
21. 木戸 康博, 岡田 邦彦, 小田原 賢二, 二川 健, 六反 一仁, 岸 恭一 :
ラット腸粘膜IgA量に及ぼすタンパク質欠乏とコレラ毒素の影響,
必須アミノ酸研究, Vol.146, 40-46, 1996年11月.
22. 二川 健, 手嶋 茂忠, 坂井 敦子, 木戸 康博, 岸 恭一, 六反 一仁, David H. Alpers :
レチノイン酸による小腸上皮細胞株の分化誘導,
Ther Res 1996, Vol.17, No.S1, S125-S129, 1996年5月.
23. 平川 哲也, 六反 一仁, 手嶋 茂忠, 二川 健, 木戸 康博, 岸 恭一 :
ストレスたん白質の誘導におよぼす大豆たん白質の影響,
大豆たん白質研究会会誌, Vol.16, 4-8, 大阪, 1995年12月.
24. 平川 哲也, 山田 昌彦, 手嶋 茂忠, 坂井 敦子, 山本 孝, 二川 健, 木戸 康博, 岸 恭一, 六反 一仁 :
胃粘膜細胞のストレス反応の分子機構:グルタチオンによるストレス蛋白質遺伝子の転写調節について,
Ther Res, Vol.16, No.S1, 173-177, 1995年5月.
25. 二川 健, 山本 孝, 山内 有信, 大野 誉子, 難波 佳世, 木戸 康博, 岸 恭一, 六反 一仁 :
運動に伴うフリーラジカル傷害の抑制に対する大豆たん白質の効果,
大豆たん白質研究会会誌, Vol.15, 45-50, 大阪, 1994年12月.

特許:

1. 二川 健, 奥村 裕司, 真板 綾子 : MSPL特異的阻害剤,及び高病原性インフルエンザウイルス感染又は,増殖抑制用組成物, 特願2018-126822 (2018年7月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • メタボリックシンドロームが運動器機能に及ぼす影響と運動療法による改善機序の解明 (研究課題/領域番号: 20K09435 )
  • 海洋性カロテノイドの新規作用機序を介した筋萎縮予防効果の解明 (研究課題/領域番号: 19K11792 )
  • 筋組織内代謝変化を標的としたがん悪液質新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 19K07731 )
  • 廃用性筋萎縮を惹起するメカノ・ニュートリション・シグナル (研究課題/領域番号: 19H04054 )
  • エキソソームを介した筋萎縮発症機序の解明と新たな治療へのアプローチ (研究課題/領域番号: 19H03516 )
  • 筋ミトコンドリアによる無重力ストレス感知機構 (研究課題/領域番号: 18H04981 )
  • ユビキチン-プロテアソーム系制御による廃用性筋萎縮抑制法の開発 (研究課題/領域番号: 17K11938 )
  • 無重力ストレスに対する極初期応答酵素(アコニターゼ)の同定 (研究課題/領域番号: 16H01645 )
  • 筋収縮機能を回復するミトコンドリア・リハビリテーション学 (研究課題/領域番号: 15H04960 )
  • 血管新生阻害治療の盲点:大腸癌細胞の新たな環境適応機構とその制御法の開発 (研究課題/領域番号: 15H04931 )
  • 成長期におけるIGF-1シグナルを介した骨格筋萎縮の機序解明と治療法の開発 (研究課題/領域番号: 26463095 )
  • サルコペニア(加齢性筋萎縮)予防のための機能性マリンフラボノイドの探索 (研究課題/領域番号: 26350148 )
  • 運動抑制のみで動脈硬化・心房内血栓を自然発症するモデルラットの分子基盤の解明 (研究課題/領域番号: 25560368 )
  • 高病原性インフルエンザ感染症の新たな制御法:標的分子、ウイルス活性化酵素の発見 (研究課題/領域番号: 24591481 )
  • 廃用性筋萎縮の鍵を握るミトコンドリア生物学 (研究課題/領域番号: 24390355 )
  • 高運動習性モデルラットの表現型形成機序の解明を目指した原因遺伝子の迅速同定 (研究課題/領域番号: 23650406 )
  • 腱移行術後における骨格筋収縮力低下の病態解明 (研究課題/領域番号: 22591658 )
  • 骨格筋萎縮を予防する抗ユビキチン化オリゴペプチドの開発 (研究課題/領域番号: 21659355 )
  • 中鎖脂肪酸による筋固有熱産生機構:中鎖脂肪酸の筋特異的受容体の同定 (研究課題/領域番号: 21590257 )
  • 運動不足による筋量減少の分子機構:筋量決定サイトカインの新規活性化酵素の発見 (研究課題/領域番号: 21500632 )
  • 新規筋代謝マーカーの確立-運動療法の実効度・リスク度の簡易評価法の開発- (研究課題/領域番号: 20500579 )
  • 延長仮骨の骨癒合促進法の開発 (研究課題/領域番号: 20390401 )
  • 運動器機能の統合的制御に関する基礎的研究 (研究課題/領域番号: 20249064 )
  • 筋ジス治療薬としてのエピガロカテキンガレートの適格性と分子作用機序の研究 (研究課題/領域番号: 19591208 )
  • 運動器固有の機械的ストレス感知機構:筋・骨萎縮遺伝子の発現調節の分子システムから (研究課題/領域番号: 19500564 )
  • 筋疲労と萎縮に有効なオリゴペプチド食の開発:アミノ酸栄養からオリゴペプチド栄養へ (研究課題/領域番号: 18590218 )
  • マウス仮骨延長術における筋・骨格系組織の再生メカニズム (研究課題/領域番号: 18390418 )
  • トロンビン、肥満細胞トリプターゼは関節炎・関節破壊のトリガープロテアーゼである (研究課題/領域番号: 17591577 )
  • 運動療法の効果を仲介する中枢神経ユビキチンリガーゼの同定 (研究課題/領域番号: 17500430 )
  • IX型コラーゲンのTrp遺伝子多型は椎間板マトリクスの変性に影響を及ぼすか? (研究課題/領域番号: 16591496 )
  • 骨格筋分泌蛋白質アトラクチンによる食欲調節の分子機構 (研究課題/領域番号: 16590175 )
  • Distraction osteogenesisにおける骨リモデリング機構の解明 (研究課題/領域番号: 16390441 )
  • 肥満細胞トリプターゼ特異受容体(PAR-2)を介する関節破壊機序の解明 (研究課題/領域番号: 15591581 )
  • 筋肉衰退の抑制効果を持つペプチドミミックの設計・合成と活性評価 (研究課題/領域番号: 15510177 )
  • 運動不足による筋肉のインスリン抵抗性の分子機構 (研究課題/領域番号: 15500449 )
  • 無重力環境における骨萎縮の分子メカニズム (研究課題/領域番号: 14657368 )
  • 仮骨延長術における骨リモデリング機構の解明 (研究課題/領域番号: 14370465 )
  • N末端法則を用いたジペプチドによる筋内ユビキチン蛋白質分解系の制御とその臨床応用 (研究課題/領域番号: 13670065 )
  • 無重力により変動する筋肉遺伝子群をターゲットとした新しい筋肉保護食品(剤)の開発 (研究課題/領域番号: 13660126 )
  • 廃用性萎縮筋におけるミトコンドリア遺伝子の発現異常とその栄養学的改善法 (研究課題/領域番号: 11670071 )
  • IL-5受容体欠損マウスを用いた小腸粘膜でのIL-5とビタミンAの相互作用の解析 (研究課題/領域番号: 10770232 )
  • サイトカインを介した小腸特異酵素の発現とその分子機構 (研究課題/領域番号: 08670599 )
  • 脳微小透析法による非特異的栄養素摂取調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 08670084 )
  • 運動による筋傷害の成因とその予防に対する栄養学的アプローチ (研究課題/領域番号: 07670084 )
  • 研究者番号(20263824)による検索